5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■死恐怖症(タナトフォビア)28棺目■■■ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:17:52.59 ID:Hsnn+0K0
タナトフォビアとは死そのものや死に関連するものに対する恐怖症のことです。
このスレにはこんな人たちがいます。

1. 意識の喪失による無が怖い人
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
6. 永遠が怖い人
7. 身近な人の死が怖い人
8. 生きる事やこの世の全てが無意味に感じるのが怖い人
これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。

タナトフォビアの類義語としてネクロフォビアがあります。
しかしタナトスはもともと死を擬人化した神の名を、ネクロは死体を指すので、
ネクロフォビアというと死体、つまり他者の死を意味するときに使う習慣もあるようです。
(ただし海外では同義語として扱われています。)


スレが埋まりそうになったら新スレが立つまで書き込みを控えましょう

前スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)27棺目■■■
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1463901667/

2 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:18:42.17 ID:Hsnn+0K0
26 http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/
25 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1426906596/
24 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1407981025/
23 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1386006819/
22 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1363485515/
21 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1353093866/
20 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1343002809/
19 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1334747171/
18 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1328169846/
17 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1317728847/
16 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1297345360/
15 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1275042162/
14 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1253806110/
13 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1240933762/

3 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:19:05.10 ID:Hsnn+0K0
12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1231956257/
11 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1220627226/
10 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1204037109/
9  http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1186756061/
8  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1168783698/
7  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1159800835/
6  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146015751/
5  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136284577/
4  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/
3  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/
2  http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
1  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053/

4 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:19:23.76 ID:Hsnn+0K0
■解決方法

どれも完全な解決方法ではありません。
前スレまでに書かれていたことなど。

(1)精神疾患の一種(強迫性障害・不安神経症の延長?)だと思われるので、精神科を受診し、処方された薬を飲む
(2)時間的余裕をなくす(時間があると余計なことを考えてしまうため)
(3)子供を作る(理由的には同上)
(4)気休めになる言葉や本を探す

5 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:19:59.73 ID:Hsnn+0K0
611 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/14(木) 10:59:48 ID:wwYsQ6Ob
このスレを見てるとタナトフォビアには2種類あるな

一つは慢性的タナトフォビア
死に対する恐怖が常に付きまとい、倦怠感や疲労感、 無気力状態になるか
あるいは暗鬱で絶望的な気分になったり、悲哀や悲壮感に包まれる。
酷い場合は毎日死について考え、常に精神的苦痛を感じている場合もある。
夜や寝る前は特に症状が酷くなるため、寝たらそのまま目覚めないのではないか、などの不安が頭をもたげたり
恐怖感や不安によって心が休まらず眠れなくなるなどして睡眠障害や不眠症を引き起こす場合もある。
よって症状が重ければ重いほど必然的に日常生活に支障をきたし、死が頭から離れなくなり
常に憂鬱でやる気が出なかったり不安に悩まされることから、鬱病に近い

もう一つは発作性タナトフォビア
死に対する恐怖やイメージが瞬間的に増長してあるレベルに達したとき一種のパニック発作状態に陥る。
やはり起こる頻度に伴わずタイミングは夜や寝る前であることが多い。
症状としては発作が起きると同時に精神的苦痛と恐怖を伴いながら動悸が激しくなり
じっとしていられなくなってベッドから飛び起きたり椅子から立ち上がったり、酷い場合は叫ぶこともある。
それらの症状は大抵長くても1分程度で収まり、一度発作が起きれば次の発作がくるまでは安静である。
発作の来るタイミングは個人差があり不定期で、年に数回の人も居ればほぼ毎日発作が起きている人も居る。
日常生活については、症状が軽い場合や寝る前のみの場合は基本的に問題ないが
重い場合は公共の場や会社・学校で発作が来ないかという不安が付きまとうことから、パニック障害に近い。


もちろん、この二つを併発している場合もある

6 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:21:10.37 ID:Hsnn+0K0
315 : 優しい名無しさん 2016/07/24(日) 17:08:59.45 ID:vM8Zi/eo
普通の一般人が、末期ガンでベッドの上で死を待つ状態になったり
ISISに拉致られて数分後に首を切り落とされる状態の時に感じている死の恐怖を、
四六時中感じているのがタナトフォビアという病
死の直前になって初めて意識するような恐怖を常に意識しながら生きている
それは宛ら、何も罪を犯していなければ牢にも入っていない死刑囚の如し
娑婆にいても死への恐怖心は何時執行されるとも知れない処刑を待つ身と変わらない

タナトじゃない一般人は大袈裟にも程があると笑い飛ばすが、
こればかりはタナトを発症した人じゃないと絶対に理解して貰えないと思う

319 : 優しい名無しさん 2016/07/24(日) 22:51:36.71 ID:dJu5pmqg
>>315
これテンプレにしていいくらい完璧な代弁

私達の脳はどうしちゃったんだろうね
何でこんなに死に取りつかれているんだろう…
さっき真田丸で豊臣秀吉が「死にたくない」って喚いているのを見て自分と重なったわ

7 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 07:46:42.83 ID:KehCX/bT
スレ立て乙です。

8 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 12:46:17.16 ID:vqJ9P1Dl
おつ

9 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 00:53:33.34 ID:vUX1cUk6
嗚呼、何ともカラカラ 死に対する意識以外、日々空虚になっていく

10 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 11:55:10.31 ID:ZO8X8Eo/
宇宙と一体感があるなら死は無い。
戦うから世界が分裂して見える。

11 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 15:28:49.70 ID:JKv5PN65
死んだらどうなる?を考えると眠れない!
とてつもない虚無感に襲われる。
時々平常時にも発作のように思い出す。
実は僕は6歳の頃から、死について考えてました。
いつか死ぬ、明日かもしれない。そう考えると怖い。
でも気ずいたんです。
考えるから怖い。考えなければ
怖くないと。しかし何かの拍子に心の隙間に入り込む。
だから忙しくしていた。

by 堀江貴文(ホリエモン)

12 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 15:31:20.96 ID:JKv5PN65
私は6歳の頃から、心のうちでたえず「死ぬのが怖い」
と叫んでいた。
父や母と別れるから怖いという感情ではなく、私が完全に無になると
言う事。それがなんなのかわからないながらに、本当に冷や汗
が出るほど怖かった。
私が何億年の間、無であるイメージにのたうち回るほどに
苦しんだ。私はずっと無であり続けて何十億年後の世界は
終焉してしまう。私はなんて残酷なんだと心の中で叫び、
放心したように何もする気も起きない。こんなことが数日
に1回の割合で襲ってきた。

By 中島義道(哲学者)

13 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 15:34:36.49 ID:JKv5PN65
眠りにおちいるまえにおれは恐怖におそわれるのだ。死の恐怖だ、おれは吐きたくなるほど死が恐い、
ほんとうにおれは死の恐怖におしひしがれるたび胸がむかついて吐いてしまうのだ。おれが恐い死は、この短い生のあと、何億年も、おれがずっと無意識でゼロで耐えなければならない、ということだ。
この世界、この宇宙、そして別の宇宙、それは何億年と存在しつづけるのに、おれはそのあいだずっとゼロなのだ、永遠に!
おれはおれの死後の無限の時間の進行をおもうたび恐怖に気絶しそうだ。おれは物理の最初の授業のとき、この宇宙からまっすぐロケットを飛ばした無限の遠くには<無の世界>がある、
いいかえれば<なにもない所>にいってしまうのだということを聞かされ、そのロケットが結局はこの宇宙にたどりつくのだ、無限にまっすぐに遠ざかるうちに帰ってくるのだ、
というような物理教師の説明のあいだに気絶してしまった。小便やら糞やらにまみれ大声で喚きながら恐怖に気絶してしまったのだ。

By 大江健三郎(作家)

14 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 15:40:43.70 ID:JKv5PN65
例えば「人は死ぬ限り幸福にはなれない」。ずいぶん身も蓋もないいい様だ(笑)。しかし本当のことである。
私も子供の時分からそう思ってきた。例えば「革命してもどうせ死ぬ」ともいう。そう。どんな偉大な革命を成し遂げようが、未曽有の大事業を完遂しようが、不世出の英雄となろうが「どうせ死ぬ」という冷厳な事実の前には塵芥に等しい。
「百億年すれば全部なくなる」のである。
私は幼稚園児のときに、人のこの恐るべき運命に気がついた。だが、それを素直に周りの大人に話すと厳しく咎められた。
それでも強情に繰り返すと、大人たちは私を諭すべく、あの世だの、霊魂だの、神様だのを持ち出してくるのでウンザリしてやめた。
本当にウンザリした。そんなことを悩んでいるんじゃないんだよと叫びたくなった。
仮に霊があったとして、その霊がいつか滅ぶのなら論理的には同じことだ。仮にあの世があったとして、あの世もいつか朽ちるのであればやはり同じこと。
仮に神がいたとして、それと自分が合一できるとしても、その神もいつかは死ぬのなら結局同じなのだ。
私の戦慄はそんな気休めではおさまらないのだ。もっと恐ろしいのは、神としてであれ、霊としてであれ、天国においてであれ、永遠に生きることだ。死んで無に帰すのも怖いが、永遠に存在するのはそれと等しく恐ろしい。
存在という牢獄に永遠に内閉されることは、無に帰すことと寸分も異ならないではないか。
私は絶望し悲嘆した。
生まれてしまったことを、存在してしまったことを呪って泣いた。周囲の愚鈍な大人たちは、突如、何もかも虚しくなって泣き出す私をみて、さすがに霊や来世や神様でお茶を濁すことを諦め、
「そんなことばかり考えていると、まともな人間になれないぞ」と脅した。この作戦変更は効果覿面だった。
「なるほど、そんな風にこの世の中はできているんだな」と得心した。私はやっとわかったのである。娑婆では本当のことを語っちゃいけないんだ、と。

By 宮崎哲弥(評論家)

15 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 15:46:06.83 ID:JKv5PN65
山本彩(NMB48)は「寝る前に毎日死を考える」と告白し、「幼稚園の時からです」と語った。
そして、自身の頭の中を説明。

「自分が死んだ先にいつか時間がたったら人類も滅亡して、そしたら地球が空っぽになって、いつか太陽に飲み込まれてなくなって、
でもその太陽にも寿命があるから、太陽もいつかなくなったらどんどん星が宇宙からなくなっていく。
そしたら宇宙が空っぽになるから、自分たち人類が生まれ変わる可能性がなくなるやなって思うと…」と話した。

16 :優しい名無しさん:2016/10/01(土) 15:50:37.82 ID:FHU174wH
「YAMAHAのコピペ」ってどこまで本当なの? ヤマハ本社に聞いてきた
https://t.co/9tIIVhDYJq

17 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 08:41:44.27 ID:9kSbeRc4
体を動かしている電気が本体なのでは?
神経を電気が通っているわけですよね?
神経の無いところなら傷付いても痛くない、何も感じない。
これって電気が自分の本体という証拠なのでは?
体が死んだら電気は体を抜け出してどこかへ行くのでは?

18 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 14:11:02.84 ID:nwhIWtpg
ニコラ・テスラか・・

19 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 18:01:31.07 ID:mWOsBa/6
どんどん死が近付いてきてる‥

20 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 18:42:00.29 ID:Al+fzkEB
肝臓あたりに鈍い痛みがある
大病だったらどうしようと怖くて仕方ない
気狂いそうだ

21 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 18:52:09.88 ID:VghPI/yF
死後は生まれる前と同じ状況になると予想
意識、知能も存在しないから生まれる前のことはわからないのは当たり前だ
ただ人生で得たもの全てが失われることへの恐怖がある
言葉、思い出、知識、自分のこと、家族のこと、自分が人間であったことすらも忘れる
黒や白ではない 完全な無
どんな人間でも生まれる前を思い出すことはできない 生まれる前に黒や白、無という概念すら持てなかった 自や他という概念も 孤独だ
孤独なまま 無のまま無限の時間を過ごさなければならない
言ってしまえば原点回帰だ

22 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 18:58:56.05 ID:VghPI/yF
ただ希望はある
それは無になることで概念が失われることだ
つまり、恐怖、時間、孤独、意識それらすべても無に帰すということ
だからどれだけ死後の世界が恐ろしい世界でもそれを死んでしまった生物は認識できない
それでも人生の蓄積が失われることが最も恐い
人間、生命の尊厳が破壊されるような気分だ

23 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 19:04:54.98 ID:VghPI/yF
結局人間に生まれたことがこの上ない幸運であり不運であるということしかない
人間は全宇宙に影響を与えられる唯一の存在だ
また死に恐怖を抱く唯一の存在でもある
高い知能を持ってしまったゆえの代償であると思う
死は避けることができない
だから生きている今が大切なんだ

24 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 19:12:41.60 ID:Al+fzkEB
希望なんてないじゃん
どこが幸福なの

25 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 19:40:45.06 ID:ChkEdkN1
死というものが苦しみと捉えるからいけないのです
死に方にも色々あります
人間は人生のなかで様々な死に直面します
そのなかで記憶や潜在意識に深く残るような、恐怖を感じる死を連想してしまうのが人間です
しかし、死は人間にとって必要なものと捉えたらどうでしょうか?
睡眠や食事、呼吸と同じ段階で死も必要なのです
ですから生活するなかでの死を想像することがいいでしょう
死とは本来安らかなものなのです

26 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 19:49:37.32 ID:Al+fzkEB
>>25まぁわかる
俺は死にかけたような強い恐怖体験をしてからタナトになった
死ではなくその恐怖体験が怖いのかもしれない
ただやはり死んで無になるのはやはり嫌だよ
そのことを知覚できないとしても

27 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 21:58:01.61 ID:inGfzk3u
>>23
すごく共感する。

28 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 22:50:58.07 ID:rEGQcVQs
上にある作家や評論家などの死生観は表現力があるから、わかりやすいね
結構こういう著名人が多いとか 気が楽になる

29 :優しい名無しさん:2016/10/02(日) 23:09:09.02 ID:tuWFC05b
なるか?
俺は余計に怖くなるわ
結局何の解決もないもん

30 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 01:39:17.23 ID:c515mBA1
なんでいつかみんな死ぬのに平気で生きているのか解らん
みんなしぬ必ず死ぬいいやつもウザイ奴も死ぬ
みんな死ぬために生きている
気持ち悪い
気持ち悪いけど死にたくない
今日を永遠に繰り返すのがいい何もいらない今日を永遠に繰り返させろ
絶対死ぬよりましだから
自分が死にたいって言うまで生きらせろ
地球上の生物が死に絶えて一人になっても絶対死にたくない

31 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 06:04:07.26 ID:lV+YY6zM
>>17ですが、
>>18詳しく。
ニコラ・テスラも同じような事言っていたのですか?

32 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 15:43:06.35 ID:D2Z+VrPe
>>31
http://quasimoto2.exblog.jp/23036860/

33 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 15:54:12.56 ID:lV+YY6zM
>>32
これ俺へのレスですか?
一応リンク先にニコラ・テスラの本へのリンクはありましたが……。
これだけではちょっとわからないです。

34 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 22:24:16.98 ID:hYpA0ARx
あー死にたくない

35 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 23:19:34.21 ID:TmmLt9a9
生きたいわけじゃない。
ただ死ぬのが怖いんだ

36 :優しい名無しさん:2016/10/03(月) 23:27:17.05 ID:IDD9STBP
どぶねーずみーみたいに美しくなりーたーい

37 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 01:16:36.53 ID:lHWZpmvh
死は最悪の選択である

38 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 02:20:33.05 ID:xpht5+Xw
タナト改善のために心霊スポット行ったらやばいかな?逆に何もおきないもんなのかな?

39 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 03:35:11.28 ID:P17x+94/
むしろ霊いた方が救われる

40 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 03:56:53.28 ID:XpOZVWCy
>>33
じゃあ森公美子の話するよ

森「私ね、亡くなった親友の霊が出てきたことあるんですよ。とっても嬉しくて色んなお話したの。
また来てくれる?って聞いたら『出てくるのは難しいの。霊はその場の静電気とか湿度とか色んな条件が重ならないと出てこれないから』
って言われたの。」

どうだ?森公美子の前に現れた霊は実は科学的なことを言ってたんじゃないのか?
http://myjitsu.jp/archives/769

41 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 04:10:06.16 ID:aOSBg1hm
人なんて早くも遅くも誰もが必ず亡くなる
日々ステージ4の末期の自覚を持って自分は生かされているんだと
心から感謝して悔いの無いよう過ごす

>>40
デブは自分にだらしないから信用に値しない

42 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 04:46:07.07 ID:E3E8UQEP
電子や原子も肉眼には見えないのに実在するからね
いつか霊も客観的事実として観測される日が来る可能性はゼロではない

43 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 08:01:32.15 ID:S7wVrQGn
凄いよな、20代前半まで食欲旺盛で性欲もバリバリあった俺が、
毎日違う店に入って色んな食べ物食ったり
風俗巡りして毎日違う女抱いてた俺が、20代後半になった今
タナトにかかったというだけで食欲も性欲も失った。

美味い物を食べようって気もおきないし、
性欲に至っては精神的インポテンツになっちまった。
どんな物食ってもどんな女抱いてもいずれ死ぬと思うと、
それだけで食う気も抱く気もおきない。最近は寝つきも悪くなって睡眠薬を多用してる。

タナトって人間の三大欲求すら奪うんだな。性欲はもうアウト、
食欲はもう腹に最低限入れば何でもいいって気分になってるし
睡眠欲も自力じゃ寝付けなくなってきている。
死ぬのが怖いと思うだけでここまで、生きるのが楽しくなくなるんだな…。

44 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 10:29:48.35 ID:TEBC2PHD
「YAMAHAのコピペ」ってどこまで本当なの? ヤマハ本社に聞いてきた
https://t.co/9tIIVhDYJq

45 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 10:57:50.44 ID:xk3yCq1H
よく生まれる前と同じだよって見るけど、違う気がするな。

46 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 11:03:46.16 ID:S9trm+xF
みんな死ぬ、、、

47 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 15:29:41.99 ID:pl29HX2s
>>33です。
>>40
テスラと霊の関係がうっすらとわかりました。
ありがとうございます。

48 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 21:29:43.12 ID:YoeexT2B
>>45
中島義道の言葉を借りれば、

死を「死んでからの状態」に限定したうえで、それをまったくの無とみなすなら、そこには何ら恐ろしいものはないというわけです。
しかし、死の本来の恐ろしさは、無で「ある」ことではなく、“なぜかいったん存在してしまったものが無に「なる」”ところにあるのです。

…ってことだよなぁ

49 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 21:34:21.80 ID:Cd3iy04Z
仏教では元々何も存在してないて解釈なんだろ
存在してると勘違いしてるだけってことだろ

50 :優しい名無しさん:2016/10/04(火) 23:16:40.28 ID:FZrp1FdV
まだ就活中なんだけど
子供の頃からずっと死が怖くて、でも生きてる主な理由が死が怖いからで
少しでも不安を和らげるために彼女がほしい、彼女さえいれば肉体労働でも事務作業でもどんな仕事でもいい

51 :優しい名無しさん:2016/10/05(水) 00:04:00.48 ID:5SeHkN7v
自分は死なないと信じ込む!脳に「死の無い世界」を認識させ続ける 科学技術的に可能な線

52 :優しい名無しさん:2016/10/05(水) 00:26:20.94 ID:NN++fJgn
>>49
俺らの人生は蝶が見た夢の世界かもってやつ?

53 :優しい名無しさん:2016/10/05(水) 02:51:31.62 ID:1ZzCDbyP
>>50
おまえみたいなヤツを好きになるような女がいるとでも思っているのか。

54 :優しい名無しさん:2016/10/05(水) 03:32:40.20 ID:2yzAez2Q
100年後にはほとんどみんなシンデレラ

55 :優しい名無しさん:2016/10/05(水) 11:59:37.89 ID:pKnamhbh
みんか意識無くなる、、

56 :優しい名無しさん:2016/10/05(水) 12:00:38.97 ID:pKnamhbh
かとなを打ち間違える私も意識無くなる、、

57 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 09:58:53.97 ID:q+d2Pcfg
無ならこんなことしてる俺らは世界的に見たら人間では勝ち組の方だよな。

58 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 10:01:54.53 ID:UafGmcxg
勝ち組とか負け組とか気にしてられるレベルが羨ましい

59 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 10:30:40.40 ID:EtSO108I
ある意味恵まれてるよな 中絶で年間何億って命が捨てられる世界だ こんなこと言ってられるのも「オレ」が存在するからなんだ 自我を失いたくない

60 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 11:09:22.21 ID:UafGmcxg
命なんて考え出したらキリない。動物殺しまくって食ってるし、虫も意識的無意識的問わず殺しまくってる
ベジタリアンにでもなるか?
そもそも植物に命が宿ってないなんて考えすら人間のエゴイスティックなものにすぎない

そして人間の命なんて、地球の自然な地殻運動の上にいたというだけで消し飛ぶ
3.11の大震災みたいに
生死に意味なんてない

神がいて、一つ一つの命に意味があるなんて言う頭お花畑なやつがいるけれど、あいつらは結局自分を守るために悲惨な現実から目を背けてるにすぎない
冷酷な極悪人だよ

61 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 11:39:38.89 ID:fU+wypMw
>>60
さぁ!
あなたも神に祈りを捧げましょう。

62 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 16:32:58.85 ID:DOmJst/V
自分は何をしたいのかと考えたら
恐怖から逃げたいという結論が出た。
死はトップクラスに怖いのに
逃げられる見込みが無いというのが絶望的。

63 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 22:39:20.58 ID:br/EQ6/b
まだ20歳なのに
なんで知っている人間がよく死ぬの
会話をすることもほとんどなかったけど葬式の知らせは来るくらいの間柄の奴ら
死は近くにあるんだと数年おきに釘を刺してくるような 真綿で首を絞められるような

64 :優しい名無しさん:2016/10/06(木) 23:43:50.05 ID:Kj1NOPBM
ここ最近また発作が出始めた
死ぬのが怖いんじゃなくて、死んだら意識はどうなるの?って考えたら頭狂いそうになるんだよね
今書きながらもまた怖くなってきてるしね
でも怖さを感じないときもあるわけで、その差はなんなんだろう

65 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 00:15:53.74 ID:RWRA/owO
普段の私は、辛いことがあったら死にたいなぁとか、飛び降りたらどうなるんだろうとか思うことができている
深い意味ではなくて、軽い気持ちでそう思ってる
普段の私は、死への恐怖なんて持ってない
だけど、時々、お風呂に入ってるときとか、寝る前とか、自転車を漕いでるときとか、
ふっと、「死んだらどうなるんだろ?」って考えが降りてきて、
「意識がなくなるのかな。意識がなくなるって真っ暗になるってこと?え、何も考えられなくなるの?なら私はどこに行くの?」って考えになって、発作が起きる
大きすぎる恐怖から逃げるために、思わず身体を強く叩いたり、抓ったり、枕とかに顔を埋めて叫んだりしてしまう

発作自体は五分もたたずに治まるけど、でも、その五分が私にとってはあまりにも辛すぎる
なんでこんなに辛い思いをしなくちゃならないんだろう

66 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 00:19:14.16 ID:RWRA/owO
発作の時に効くような薬とかないのかな
精神科で貰えるような薬は薬局にはないから、漢方とかでも良い
医者に話しても軽く流されたから、もう病院に行く気にはならない

67 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 02:18:56.44 ID:AeVfFFNf
快楽も欲望も追い求めたが空虚な心は頑なに拒絶し続けた どうあがいてもスカスカ

68 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 03:35:07.82 ID:ejJ9NhY8
死んで生まれ変わったとしてもしブスやハゲだったらと思うと怖すぎ

69 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 04:05:11.05 ID:NvwbT/rq
自分が死ぬのも怖いんだけど、>>1の7の身近な人の死が怖くて怖くて仕方がない。

毎日のように悲惨なニュースを目にして、ああ、自分の子供もこうやって死ぬのかもしれない、星島のような奴に
殺されてしまうかもしれない、高齢者や飲酒運転者にひき殺されるかもしれない、寝屋川の山田のような奴に略、
私が側に居てあげられなかったばかりに、娘はむごたらしく死ぬのだと、或いはテロ・地震・死に至る病で……と。
そればかりが毎日頭をぐーるぐるする。

70 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 09:00:42.38 ID:HFN6PLAx
輪廻転生
世界中に生まれ変わりの事例が多数ある
米 ヴァージニア大学医学部 

71 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 10:54:13.74 ID:7XP6ZCst
>>69
わかる
馬鹿げてると思ってもどうしようもない
薬で頭ぼやけさせても、解決にならん
根本的な解決が必要だ
Whoの言うスピリチュアルペインてやつだ

72 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 16:35:27.43 ID:IBHYdLQ9
英男性、血中HIV完全除去に世界で初めて成功 完治に光
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00010000-clc_teleg-eurp

73 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 16:58:23.06 ID:vsD6NF/W
また新小岩で自殺か、気分悪くなるな

74 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 18:05:04.13 ID:0za4Td/I
死んだら何もかも終わり

75 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 19:23:34.51 ID:+C9dWW0s
最近朝の情報番組見てると、度々海老蔵嫁の話題が出てて、
朝からブルーになる。
ブログ更新の度にニュースにしてるのか、1週間に2、3回くらいは見るような気がする。
そのうち急に更新されなくなったりするのかなとか、
今どういう気持ちなんだろうとか色々考えてしまう。
状況が変わる度逐一放送されるのかな。
家族が朝ご飯でテレビ見てるから、イヤでも耳に入ってきてしまう。

76 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 19:59:53.40 ID:pje0V02l
末期ガン患者のニュースなんて報道するもんじゃないよね…
もうどう考えても治らないのは視聴者も本人も解ってるし
残り少ない寿命の中で絶望してるのはタナトを患った者なら十分感情移入できるし理解できる
他人の死が自分の死のように恐怖として伝わるんだから
難病やガンの類のニュースは見ていて本当に辛い…

77 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 22:10:03.02 ID:+C9dWW0s
ステージがいくつだとか、どこに転移があるとか、
これで治ったら同じような状況の人にとってすごい力になるだろうし、
もし治らなくてもこんなに頑張ってたという証みたいなものになるし、
世の中に影響力あるから放送してるんだろうけど、
朝からキツい。
タナトじゃない人達はこういう報道があっても、
そんなにブルーになったりしないもんなのかな。
スレ的におかしな話かもしれないけど、
タナトじゃない人はこの報道をどういう気持ちで見てるのか知りたい。

78 :優しい名無しさん:2016/10/07(金) 23:53:36.31 ID:0za4Td/I
絶対に頑張る

79 :優しい名無しさん:2016/10/08(土) 15:17:55.68 ID:aQcg/gF1
>>77
末期癌がプラセボで治っちゃった人てけっこういるらしいよ?

80 :優しい名無しさん:2016/10/09(日) 00:44:23.80 ID:m/ONGerJ
魔の時間帯だ 不眠症気味でモヤモヤ 眠りは浅い

81 :優しい名無しさん:2016/10/09(日) 03:03:10.60 ID:+bINMUf8
タナトの人は幽霊を信じる?
信じる と実在する は違うけど、
実在の証明の方法は置いといて、
もし幽霊が実在するなら、
あの世があるということだから
むしろ好ましいじゃないですか
幽霊には意識もあると思われるし

82 :優しい名無しさん:2016/10/09(日) 11:12:30.32 ID:tmnrDvaF
信じられないし信じられても救われない
この時代この国を生きた俺はいなくなる

83 :優しい名無しさん:2016/10/10(月) 09:59:28.11 ID:zbnWSS6S
霊感ある人には悪いけど本当に羨ましい。目に見えない限りは信じられないんだよ。

84 :優しい名無しさん:2016/10/10(月) 10:34:50.75 ID:DEC7etel
youtubeでヒーラーの「さだじぃ。」さんの動画観てみたら?タダだし。
気の集め方や気の見方教えているけど
俺動画観てたらオーラらしきものが見えた。
治療受けた人の中には霊が見えるようになった人もいたと
言っていたような。
ただ、さだじぃ。さん本人らしき人が2chに降臨していて
叩かれて怒っていた。人格的には普通の人なのかな?

85 :優しい名無しさん:2016/10/10(月) 16:13:34.96 ID:CtdQdWXb
どんな人間でも絶対に死ぬという悲しい事実

86 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 05:37:57.33 ID:z6JH5ZK9
死んだらどうなるかなんて考えなきゃいいだけの話じゃん。
どうせ考えたってわからないんだし。

87 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 05:49:30.62 ID:7JLCsZjT
>>86
自分の症状に対しても同じこと言って見れば?

88 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 12:57:18.46 ID:zVtgKp0N
死ぬのが怖いっても大抵理解されない
孤独だ

89 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 13:47:00.42 ID:Ksji350J
>>65
わかる。
私も、死んだら、「この自分」はどこにいくの?と、考え本当に発狂する。
大声で叫び暴れ回ってしまう。
想像することがいけないんだとわかってるけど、想像してもしなくても必ずいなくなる恐怖。
相談してもわかってもらえないこと、多いよね。なんでこんなふうに感じるようになってしまったんだろう。脳天気に生きている人もいるのに。

90 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 13:49:36.29 ID:Ksji350J
何がむなしいって、何をしても幸せな気持ちになれないこと。
自分は、自分で言うのもなんだけど、容姿も悪くないし、優しい旦那がいるし、可愛い娘も生まれたし、家族も義理の両親もみんな素敵な人だし、文句のつけようがない人生。
でも、そんなの関係ない。いずれ死んでしまうんだから…と考えて、いつも不幸な気分になる。

91 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 13:51:17.86 ID:Ksji350J
人に尽くせば、この恐怖もなくなるかな?
つまり、自我に執着するから苦しいのであって、他者も自分であるというくらいに大切にし助ける人生を歩めば、この恐怖から解放されるかな?

92 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 13:53:49.04 ID:Ksji350J
お風呂に入っているときや寝る前に発作を起こしやすい、というのがみんな共通していて不思議。一人を意識する時間だからかな?

本当になんとかしたいよー。

93 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 16:28:54.08 ID:dK9oJw9X
勉強したり受験したり働いたり出世したりといった向上心を失う事。
遊んだり食べたり話したりといった楽しさを感じられなくなる事。

この2つは、タナトフォビアの副産物として起きる
二次被害としては最大のダメージがあります。
「死んだら全て無駄、何を成し遂げても意味がない」という
観念に縛られ、無気力・無関心・無感動になっていく。
年齢や状況によってはその後の人生設計すら踏み外す危険性があります。

94 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 16:36:28.67 ID:49q2T6pR
>>91
中島義道:生きていく理由はないと思う。いかに懸命に生きても、いずれ死んでしまうのだから。
     他人のために尽くしても、その人も死んでしまうのだから。

…てな感じで、少なくとも虚無感は解消できないと思う

95 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 17:35:11.15 ID:Ksji350J
>>91
中島義道は本当に絶望的な考え方するよね。
共感してしまう自分がいるんだけど。
みなさん普段どうしてます?この虚無感…。

96 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 17:35:57.57 ID:Ksji350J
間違えた。>>94

97 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 17:37:11.02 ID:Ksji350J
死んだら何もないのかもしれないけど、今こうして感情もっている自分はいるわけで。こんな負の感情ばかりもっている今がもったいないと感じる。どうすりゃいいのー。

98 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 17:43:24.37 ID:zVtgKp0N
哲学者ってあんまいい生き方してないと思う
頭で考えてばかりで沈鬱になってる人が多い

99 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 19:51:51.17 ID:wpmHpR3G
観念的なものより痛みや苦しさ、死ぬ間際の混乱と絶望が怖い
何者にも生まれ変わりたくないな
人間も動物も大半は恐怖と苦痛に満ちた死に方をするから

100 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 19:56:17.99 ID:zVtgKp0N
ボケたらいいんじゃね
それも俺は怖いけど

101 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 20:48:22.02 ID:4xFw1hNr
タナトである自分を受け入れる 無理して世間についていってもそれは本当の自分じゃ無い

102 :優しい名無しさん:2016/10/11(火) 22:28:29.04 ID:FeeU8F/E
人生やり直したい

103 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 03:02:02.29 ID:xw5skeTq
>>92
最怖なのは独り暮らしで真夜中にふと起きた時だろ

104 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 05:39:26.84 ID:Gn2gM/BA
俺が三才の時に見た記憶のある夢二つあって。
一つ目は人間死んだらどこに行くのか?寝る瞬間てなんなんだろう?自分が死んだことに気づくのか?

二つ目は大きな洞穴の中に女が一杯いて毎日違う女とセックスをするって夢を見てたwもちろんまだ精通も無いのに。勃起はしてたかもw
かなって欲しいwwww

105 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 11:08:43.63 ID:kBve2PGW
周りとテンションが違うから居心地が悪い。

106 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 12:33:19.60 ID:ZPS1iBBz
>>99
人生はまるで罰ゲームだ。死に際し、こんなに苦しむのだから。

107 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 12:33:57.53 ID:ZPS1iBBz
死ぬだけでも怖いのに、死に際の苦痛も怖い。

108 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 13:42:20.49 ID:m1hN3TQW
>>98
じゃあ、逆に?人生楽しんだもの勝ちって生き方をしたいかというとそうでもない。
性格的なもんだろうね。

109 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 15:39:42.72 ID:wOOhCVNp
タナト発病する前に帰りたい

110 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 20:19:16.10 ID:ox6waWOO
>>109
本当そうだよ。
タナトフォビアにかからない人がいるなんて不公平だ。

111 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 20:49:31.73 ID:32NN23Rn
家族みんな大好きだから悲しい

112 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 21:09:22.29 ID:ox6waWOO
比較的幸せな人がなりやすいのかな。

また発作が起きそうでやばい。

あのほっさの苦しみわかる人いる?

自分はどこに行くのって想像して行くうちに体中の毛穴が開いてぶわってなって意識かパンクしてたすけてー!!!!って大声でのたうちまわるの。
なんでこんな苦しむんだ。永遠に生きたいよ。
それか、こんな考え方しない自分になりたい。

113 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 21:10:20.18 ID:ox6waWOO
比較的幸せな人がなりやすいのかな。

また発作が起きそうでやばい。

あのほっさの苦しみわかる人いる?

自分はどこに行くのって想像して行くうちに体中の毛穴が開いてぶわってなって意識かパンクしてたすけてー!!!!って大声でのたうちまわるの。
なんでこんな苦しむんだ。永遠に生きたいよ。
それか、こんな考え方しない自分になりたい。

114 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 21:10:42.13 ID:ox6waWOO
マジ助けてほしい。

なんかいいほんとかない?

115 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 22:59:25.59 ID:zfkJZdNf
霊を信じる人って、結局死に対する恐怖があるからだと思う。

でも、本来は関係ないんだろうね。
霊 = 死っていう固定概念なんとかしようぜ

116 :優しい名無しさん:2016/10/12(水) 23:03:38.06 ID:zfkJZdNf
霊を信じる人がバカにされるように、死について恐怖を感じている人が現代では
同じように馬鹿にされているような気がする。
死んだら無になることをいい加減、絶対に受け入れろ的な。
もうちょっと相談できる所やコミュニティがあってもいいんじゃないのかなぁ。

117 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 00:05:06.65 ID:OtTj6xkY
そのコミュニティが宗教なんじゃねーの

118 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 03:10:04.95 ID:+FbAfaEj
自我
存在
宇宙
我思う故に我在り?
ではなぜ思う自我が在るのか
何のために宇宙は存在してるのか

今朝通勤途上の歩道で踏み潰された子持ちのメス蟷螂を見た

蟷螂は何処へ行ったのだろうか

119 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 08:31:29.78 ID:2O0VOk15
>>112
幸せと言ってもいわゆる勝ち組タイプではないと思うけどどうかな。
俺は健康でのんびり出来ればいいので、そういう意味では昔はとても幸せだった。

120 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 09:31:42.13 ID:Ymgr51QU
幸せの尺度、タナトの症状も人それぞれ しかし、苦しみは共有したいし理解する努力はしなけりゃもっと虚しい

121 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 10:29:05.49 ID:AGlUGbU3
>>120
確かにそうだよな、死への恐怖すなわち永遠の無への恐怖は霊を信じるのと似てる次元があって、笑い話にされたりするからなかなか共感してもらえる人がいないのが辛いな

122 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 11:53:45.24 ID:VuCc6+br
余命宣告されたら案外諦めて悟れるかなあ…

123 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 14:58:37.48 ID:gKL7CTa8
笑い話どころかしょうもない説教がはじまるから人には言わない。

124 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 19:17:50.21 ID:bn7iAkEr
>>123
それな

125 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 21:11:45.48 ID:bn7iAkEr
死の恐怖を持っているからこそ、反宗教・宗教の話題、
不老不死の話題、オカルト信じますか系の話は気疲れする。
もうちょっと素朴な気持ちで、純粋な気持ちで
物事を見れたら良いのだが。
死の恐怖を極端に持ちやすい人はもう脳の構造がそうなのか

126 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 21:53:51.48 ID:+bWZtF+Z
今日病院にいったんだけど、きつかったな
車椅子でもう長くなさそうな老人やらが沢山いた
自分も何れこうなるのだろうと思うと怖い
でもみんな看護士に丁寧にあいさつして、秋の気候になりましたななんて呑気にお喋りしてた
沢山の身内を失い、自身も死が遠くないことを知っている
俺よりもよっぽど死を知ってるはずなのに

俺は発狂してそうだ。
生きることがこんなに大変だとは
皆強すぎる

127 :優しい名無しさん:2016/10/13(木) 23:02:46.46 ID:vHrAK9TM
つらいわー

128 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 00:57:54.37 ID:4r/2jPfK
仙国T師(一休さん)臨終の言葉は、大ぜいの弟子に囲まれ「死にとうない、死にとうない。」でした
悟りを極めたはずの禅師の言葉に、弟子が驚き聞き返すと「ほんまに、ほんまに」だったそうです。

129 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 03:29:20.46 ID:OWwaoceu
この世界について何もわからないまま死ぬのが本当に辛いです
産まれなきゃ良かったと言えばそれまでですが、産まれなかったら永遠に世界は無だったわけで
産まれたからこんな贅沢な悩みを抱えることが出来たとも言える

130 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 03:30:53.63 ID:OWwaoceu
私は発症が幼稚園のとき

131 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 03:35:09.75 ID:OWwaoceu
布団に頭から潜って身を震わせたよ
死んだらどうなるの?
ボクはいなくなってもこの世界は変わらず続くの?
じゃあボクはどこへいくの?

132 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 11:21:46.84 ID:Z9ox2shO
脳梗塞やって意識戻らない80後半の祖母がいるんだが自分含め親戚みんなで代わり番こで夜通し見てるのよ
んで行くたびに肩で息してるわけ、二週間前まで元気に話してたのに
親戚達は大人だから余裕なのかもしれんが成人したばかりの自分には今の症状(軽いタナト)も相まってめちゃくちゃ苦しい
元気なころに温泉連れていってやったり菓子作って持ってってやったり出来る限り喜ぶことはしてやれたんだがこの人の死をそれでも受け入れられる気がしない

歳を重ねると死への恐怖も薄れると聞くが親戚達を見てるとそれが正常とは思えないし絶対にそうなりたいとは思わない
て言っててもそうなるんかね

133 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 15:57:35.29 ID:EDmTgP/6
>>128
一休さんは酒も女もやる破戒僧だったから
この世の快楽を失いたくなくて死にたくないって言ったんだと
俺は思っている。

134 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 17:23:06.08 ID:JKOrJHfU
思い残す事があったら死にたくなくなるんだろうな
老後の楽しみなんか見つけない方がいいんだなきっと

135 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 22:43:16.26 ID:xYVA7UsN
科学が何かしら学問が発達しようと、死への恐怖は解消されねぇんだろうなぁ

136 :優しい名無しさん:2016/10/14(金) 23:25:36.45 ID:jiZvHGU8
冷や汗出る

137 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 00:26:03.70 ID:4YocYFQH
常々死の恐怖がよぎるけど寝る前が特にキツい
一人きりの暗い部屋がそうさせるのかな

138 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 00:29:27.51 ID:4YocYFQH
何よりリアルじゃ誰にも言えないし共感されないのがな
書き込んだら少し楽になったよ

139 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 03:55:41.53 ID:wDpeJicR
>>133
いや、一休さんなりの最後のギャグ(公案)だったのでは?

140 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 08:28:16.85 ID:UsmHHsTE
>>129
産まれてこないことが最高の贅沢
貧乏くじを引いて産まれてきたことが最悪の不幸

141 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 09:36:47.90 ID:wJOHNmhU
歳を取る度に死のイメージが濃厚になりつつある。
一日一分一秒が過ぎるのすら怖くて、勿体無くて仕方がない。
体が衰えていく自分、癌を告知される自分、孤独死して誰にも見つけられず死体が腐敗していく自分。
色々な自分の末路や最期を想像する回数が日に日に多くなっていく。
どんなに忘れようとしても、気にせずに生きようとしても脳の隅にこびり付いて離れない。

何も気にせず毎日友達や家族と笑ってた若い頃の自分に戻りたい。
死を意識せず生きるには遅すぎる。もう自分は歳を取りすぎた。

142 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 14:52:15.54 ID:kaN5laoH
まあ、生まれてきたことはある意味勇者だよね。

143 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 14:53:41.56 ID:kaN5laoH
>>141
うーん。ビールでも飲んで秋をたのしもうよ。

144 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 18:41:37.63 ID:tlMAWG6W
>>141
20代でもこんなんやわ
昔から勘がいいとか賢いとか言われてきたけど、もしそのせいならバカの方がよっぽど素晴らしい

145 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 20:37:02.79 ID:PRZyG4L6
諸行無常が死の恐怖として強迫観念になってる人おる?

146 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 21:42:07.87 ID:rZxAKS4+
いやそれはここの住人的にはデフォだと思ってたが

147 :優しい名無しさん:2016/10/15(土) 21:54:03.70 ID:wDpeJicR
死にとうない!死にとうない!!

148 :優しい名無しさん:2016/10/16(日) 05:08:57.37 ID:UA53WZg5
うつ病になってずっと抗うつ剤を飲んでてそれを断薬したらタナトになっちまった
脳が出してるホルモン(セロトニン?)が死の恐怖を忘れさせてくれる
しかし長く抗うつ剤を飲んでると自力でホルモンを出せなくなってしまう
うつになる前はできるだけ若い内に死にたいと思ってたのに皮肉なものだな

149 :優しい名無しさん:2016/10/16(日) 08:09:41.42 ID:BXR271rp
死の恐怖
https://youtu.be/xeBHERwFNNY

150 :優しい名無しさん:2016/10/16(日) 22:44:21.88 ID:DxDlr326
本当は自分の主観が大事なんだと周囲から馬鹿にされても思うしかないよ

151 :優しい名無しさん:2016/10/17(月) 00:28:50.54 ID:bX6zLwqr
>>132
おばあちゃんの手と自分の手を見比べてみな ルーツって腑に落ちるよ

152 :優しい名無しさん:2016/10/17(月) 19:14:35.07 ID:XwW73QuF
発症したの幼稚園とか小学生とかいるけど、それただ死を認識しただけか意識し始めただけでしょ

153 :優しい名無しさん:2016/10/17(月) 21:21:42.86 ID:to0pZkLj
あれまぁ、健常人がタナトを否定し、理解できないと同じ思考回路だね
君タナトじゃないんでないの

154 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 00:18:00.77 ID:5ul97ytF
冷静でいられる期間になるとさ、あのゾワッとした感覚が全く思い出せないんだよね(辛かったのは覚えてるんだけど)
んで今度はまた死に直面したときあの感覚が来るのが怖くなる。
自分が死ぬことを忘れるんじゃないかって思うようになる。
思い出すのも忘れるのも嫌っていう。森岡正博が言ってたのってこの感覚か。

155 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 15:12:14.33 ID:r7boHFsf
間違った生き方していると死ぬのが怖くなるらしいよ。
そして未来や過去ばかり気にして今をないがしろにするのが
間違った生き方らしい。

156 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 15:24:30.85 ID:Uv7N5lMW
まぁ一理あるかもな
俺を含めここに書いてるやつらでいい生き方してるやついなさそうだもの

157 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 15:25:57.67 ID:pwhm/4ML
日本の自殺者て毎年三万人前後て聞くけど少なくとも自殺者はタナトじゃないってこと?

158 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 15:27:56.20 ID:Uv7N5lMW
そりゃね。自殺志願者よりタナトの方が少ないと思うよ

159 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 15:30:56.37 ID:Uv7N5lMW
でも確か自殺未遂した半分以上がやらなきゃ良かったと思ってるとか
そこで初めて生きていることの有り難みを知る訳だね

160 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 15:31:26.50 ID:ziaEEZYI
凡人なんて今だけ考えてすぐ離婚みたいなのとどっちかだよ。
まあ中には、懸命な人も存在するけど。

161 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 23:00:24.67 ID:OPXVTLMT
恐怖症のランキングだと死よりもピエロとか雷が怖い人が多いのね
それが日常生活に支障きたしたりするってことはこの何とも言えない恐怖感が先にあって
死の恐怖は後についてんじゃないかなぁって思う
でもタナトって人に言いづらいから正確には違うのかもな

162 :優しい名無しさん:2016/10/18(火) 23:09:10.40 ID:uyWSvbdX
ピエロやらは普通の人は怖く感じないのにってのが前提にある気がする
死は誰しも怖いものだから一々言わないってのもあるんじゃないか
そこから日常生活に支障きたすレベルはタナトになるわけだけども

163 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 00:04:21.74 ID:yXgZzI8T
自分以外の人が死んでしまうのが怖いっていうのもタナトに含まれますかね?
過去その思いが強くなり周りが死ぬ前に自分が死んでやろうと自殺未遂して生死の境をさ迷いましたが…

164 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 01:52:22.79 ID:jh/U8GVK
知らんけど自分勝手だな
あんたが死んだらあんたの家族はどう感じると思う?
あんたは家族が大事なんじゃなくて自分が大事なだけじゃん

165 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 07:17:26.38 ID:yXgZzI8T
>>164
昔からダメな奴だ早く死ねと言われてるので家族はなにも思わないと思います

166 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 10:39:04.61 ID:ekGZ1ITt
世界各国の宗教事情とか物事とか知りすぎて何もかも信じられない

最後に言いたい。
現実には存在しないというのはその人の勝手だろうけど、押し付けてくるのはなぜだ?
相手の死に対する虚無感と恐怖感も知らずに。
それが宗教じゃないか?

167 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 11:05:20.91 ID:aTLxnF3j
死の恐怖に対していくらか楽になったけどまだ何か引っかかるってのはさ
誰でももつ普通の死にたくないって感情にタナトで得た恐怖感の知識が加わるせい何じゃないかと最近考えてる
ってことはタナト克服の方法は考えないことじゃなくて死に対してのイメージ自体を変えることなんだろうな
それができないから辛いわけだが

168 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 13:17:33.84 ID:q7E9+NV0
科学者も常識人もカウンセラーも結局死の虚無感や恐怖感については冷たくて、答えじゃなくてもいいけどアプローチを出せないんだよな。

どう考えても"死のことはわからない"って考えたほうが正しいような気はするんだよな

あと人生は無意味だっていう言葉もある一つの意味としては確かな気はするよ、なぜなら自分が謙虚である、客観的に物事を冷静に見れてるという一つの印にもなるからね。

でも自分の人生には意味があってしっかり生きていけるんだと考えなければ、それ以外には自分のやることや楽しい事にも本当は意味がないし、それが絶対に正しいのだから、自分の思考もそういう方向に変えなきゃいけないよというヤケクソで強引な虚無感に陥るんだよな

死の恐怖から遠ざかりたいから理屈をこねる。

正直人間が宗教も作れないような動物に進化してればなぁとマジで思うよ

169 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 15:06:39.65 ID:0jL/HENc
いや、無知なだけでしょ
死の考察なんて相当されてるよ
アルフォンスデーケンでも調べてみたら?

170 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 16:47:12.72 ID:ekGZ1ITt
キリスト教の聖書にある
”コヘレトの言葉”っていうのが結構虚無的で唯物論的なんだよなぁ・・・・

171 :優しい名無しさん:2016/10/19(水) 22:17:22.21 ID:zg+s/53W
死が怖いってのは体感だから知らない人からしたら対処しにくいだろうな
ピータン食ったことない人がピータンの不味さ理解できるわけないし

172 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 01:31:40.75 ID:H8kufKxY
>>4767
今週も駄目でしたね…来週も下手すると危い…

173 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 11:35:40.17 ID:NdXyq0j1
>>5の両方のタナト持ってたけど最近パニック発作の方は克服できたからその方法書いとくわ

1、「死」とか「無になる」とかの単語や辛い話、宇宙の話を聞くと発作が来るから避けてたけど、それをあえて見る。
避けてた話題にどんどん突っ込む。

2、今まで楽しいと思ってたことををやめる。今は楽しくないんだからやる理由がない。趣味もやめる。
楽しいことも考えないようにする。俺はお笑いが好きだったけど見るのやめた。
快楽から冷めたときパニックが来たから始めっから快楽は求めない。

3、時間的余裕があるときは何もしない。テレビもネットもしない。何かしなきゃいけない焦燥感にかられるけどなんもしないで座ってる。
これも忙しい→暇になった時パニックが来るからできるだけ暇にする。
どうしても何かしたかったら終活してみる。掃除していらないものどんどん捨てる。

4、落ち着いてきたらタナトの感覚を自分で思い出そうとする。ちょっとづつ何が怖かったのかわからなくなってくる。

考えないようにしてたから考えた時怖い、だから自分からパニック発作を起こす環境を作った。
これを今年の8月後半から続けてパニック発作を起こせなくなってきた。
1個くらい参考になるかも。

174 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 11:47:00.24 ID:NdXyq0j1
あと食生活には気をつける
ジュースお菓子も酒も娯楽だからやめて、ジャンクフードも食わない。
料理しろとまでは言わんができるだけ病院食とか老人が食べそうなもの選ぶ。

175 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 12:05:46.50 ID:X+sIu++2
なんかね、窮屈なんだよね
自分の物事や人生の意味や解釈とかについてそれなりに考えた事を言いだすと、現実的でないとか、宗教やってんの?とか、スピリチュアルだとか言いだす輩が多い。だから死の恐怖に真っ直ぐに思惟深くして向き合うしかないと考えてる。
まあ唯物論、虚無主義が蔓延している世界であり、死後を無だと思っている人がダントツで多い世の中だから仕方ないとは思うけど。

まあ生きてる人間が怖いと思えない人は空想の世界に浸っている友達のできないコミュニケーションもできない人なんだろうね。人付き合いが得意で好きなことも勉強できる奴は大体物事を現実的に考えるし、鬱とかタナトフォビアの輩なんか知ったこっちゃないだろうな。
何もかも文化も物事も人も信じられなくなった。できることなら、この不信感を伴う虚無感だけを忘れて好きな事とか勉強とか、人との関わりを深める事をとことんやりたい。
真面目なタナトフォビアは一つとしてこういう
感じだったりするんじゃないの?

176 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 12:58:25.66 ID:ROHOs4aP
>>173
俺もわざと何回も向き合おうとしてるけど、辛いばっかで一向によくならん
ストレスで余計に体力無くなってきた

177 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 15:35:08.70 ID:IylA6+tH
>>166
天才科学者のほとんどは神を信じてるみたいね

【科学者の9割が「神を信じている」…国連調査 アインシュタイン、マックス・プランクなど著名科学者はなぜ神を信じるのか】
http://itest.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476936902/-100

178 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 18:29:44.07 ID:W9gz7sxK
>>177
アインシュタインは人を欺いて集める事をする宗教を嫌う不可知論者だよ。宗教は弱さの表しだと言ってたからな
神つっても非人格的なシステム的な神だと思うよ

179 :優しい名無しさん:2016/10/20(木) 19:21:52.53 ID:yZ0v2cyT
タナトに陥りやすい人は思考や認知の歪みがあるかも。
それを少しずつ改善していけばいいんじゃないのかな。

180 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 04:04:37.35 ID:7ONUForL
天才数学者の岡さんも独自の宗教的な考え方を持ってたよね
凡人には理解できない感じだったけど
彼らにしか見えない、分からないものもあるんだろう

181 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 05:04:01.96 ID:eqtD2ScY
>>179
根本的に違ってんだよなあ
認知を改善してなんになる?
タナトにとってそれはすなわち自我の死のようなもの
認知症の老人に神の存在を刷り込ませるかのごとき愚行

そして彼は去勢された馬のように生きるのか?
真理は閉ざされたままだ

182 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 12:06:24.70 ID:qJ9tr5Z8
>>180
岡先生は自我は幻つってたな

183 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 13:44:16.77 ID:aWV1VIK/
>>182
仏教的な人だね
でも盲目的に信じるような人ではないから、そこに並々ならぬ哲学とか論理があるんだよね
数学の論文も数学者ですら難しくて中々理解できないの書くような天才だから、普通の仏教信じてますて人とは全く違う

184 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 13:55:09.19 ID:98w9nrBJ
>>183
論理的に考えても自我は幻でしょ。

185 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 14:37:57.60 ID:aWV1VIK/
>>184
読解力なさすぎ

186 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 15:24:14.91 ID:1oqLgAc8
なんかある研究で自我を否定した論文を自我は存在すると思っている人に読ませたらなんか脳活動に影響が出たっていう話があったな。

187 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 16:42:28.60 ID:y8D2pTeA
>>180
本当の賢い人って基本的に一方的な考え方に拘らず様々な方面の考えを持ってるからね

188 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 17:05:13.99 ID:98w9nrBJ
>>184
http://world-fusigi.net/archives/7935929.html

189 :優しい名無しさん:2016/10/21(金) 17:12:05.14 ID:98w9nrBJ
>>185

190 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 07:02:10.81 ID:U/wYAh0o
自由意志が錯覚だとしたら
自我は幻ってことになるね。
でも『モーガン・フリーマン 時空を超えて』で言っていたと思ったけど、
自由意志は無いと思うと人は、やることがいい加減になるんだって。

191 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 12:22:56.07 ID:KAiAlrcO
>>164
>あんたが死んだらあんたの家族はどう感じると思う?

ただ、この世が唯物論的な世界であるとするならば、
自分が死んで自我が消滅すると同時に、自分にとっては
家族どころか全世界が消滅してしまうんだよね

客観的には存在していても、自分が認識できない世界なんて
「主観的には」存在していないのと同義だからね

192 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 13:50:54.01 ID:PPoJgaes
>>191
だからそれが自分勝手だっていってんだよアホ
お前から見た家族は消滅しても、家族は生きてんだよ
自分勝手に死んだやつのせいで、辛い想いをしなくてはならない
タナトって優しい人が多いかと思ってたけどとんだ間違いだったみたいだ

193 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 20:32:00.73 ID:cQMlsBtp
恐怖って感情の前では喜怒哀楽なんて塵みたいなもんだよ

194 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 21:25:39.04 ID:KAiAlrcO
>>163
タナトの人の名誉のために言っておくが、俺はタナトじゃないよ

日常生活がままならなくなるような発作も無いし、>>163みたいに自殺未遂するまで思い詰めることも無い
自分や家族の死が怖くないわけではないが、死ぬこと自体に対しての心境は「生物だから仕方ない」という諦観に近い

あくまでも「死んだら(おそらく)無になる」ということについて時おり虚無感を抱いてしまう程度であり、
その虚無感に関してここの住人に共感を覚えるからこのスレを覗いてる

だから、心配しなくても自殺する気などさらさら無いが、仮に俺が先に死んだら悲しむであろう家族も、
いずれは死んでしまって、感情や俺に関する記憶も消え、人々の記憶からも消え、生きていた痕跡も消え、
やがて来る地球の死や宇宙の終焉、いや、それを待つまでもなく訪れるであろう人類という種の絶滅によって
子孫も死に絶え、最初から存在しなかったのと同じことになってしまうんだなあ…と思うと、確かに、
何もかもどうでもいいような心境になってしまいそうになることはある

だからといって自暴自棄になれるわけでもない小市民なんだけどね…

>>164のあなたのレスは正論だと思うし、皮肉ではなくあなたのような真っ直ぐな人は嫌いじゃない
むしろ憧れてしまうから、ついつい、頼りになる兄貴に甘えるようにして自分の思いをぶつけてしまった
すみません

195 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 21:27:25.75 ID:KAiAlrcO
失敬、>>194>>192へのレスです

196 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 22:00:52.18 ID:+VLh87ru
>>194なにいってんだ
俺は余裕がないだけだよ
自分や大切な人間の死が嫌だ
避けられない自然の摂理なのに
だから必死に死を否定してんだよ
どうしようもねー

197 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 22:53:55.42 ID:cQMlsBtp
前スレとか眺めてて気づいたけどさ
タナトになる人って多分他人の痛みとか喜びをわざわざ想像するタイプの人だと思うんだ

198 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 23:00:49.16 ID:AXKtHjbf
人間は完全にひとつの考え方で生きているわけじゃあない。
大体はいくつもの矛盾するような考えを持っている。

199 :優しい名無しさん:2016/10/22(土) 23:59:36.39 ID:tEp55n7J
久しぶりに思いっきりなった
怖かった

200 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 01:27:35.71 ID:xiv3R9nO
>>197
まさにその通りすぎて辛い
ニュースで知らない人が死んでも勝手に死ぬ瞬間を想像して、自分もいずれそうなるのかと哀しみに暮れてしまう

201 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 03:13:51.59 ID:Fuk2Cpvk
恐怖症について悩んでいる人のためのHP
https://goo.gl/Yt64Hi

202 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 06:40:37.17 ID:NfYfQvW5
>>200
ISISの処刑動画を見た時も自分の感想が他の人と違うんだなって思いしった
他の人がグロいとか残酷とか許せない、って書き込みしてるのに
自分だけはその処刑される人に感情移入して、
数分後に死んでしまう自分を想像したり
生きたまま無理矢理首を切り落とされる痛みを想像したり
首を切り落とされてから何秒で意識を失うんだろう?無になるんだろうと想像したり
そんな想像ばかりして自業自得なんだけど恐怖で嘔吐したり…

グロ画像やグロ映像は何見ても平気なんです
タナトになって死=無と知って怯えに怯えてしまってからは
死体はどんなに無惨でも、ただの物体としか感じなくなってしまって…
それよりも生きていた人が死ぬ瞬間、有が無になる瞬間、
意識も人格もある人間がただのタンパク質の固まりになる瞬間の方が
想像すると何倍も怖く、気持ち悪くて仕方がないてす

203 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 09:29:16.51 ID:0TlrFN9I
伊集院光も死ぬのが怖いらしいね。
お化けとかUFOのようなオカルト嫌いの人だけど、
死については結構慎重な姿勢を感じる。
http://d.hatena.ne.jp/adgt/20111109/1320787466

204 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 15:00:22.36 ID:6Kb38W7k
おまえはすでに死んでいるてセリフがあるが俺らもすでに死んでいるかもしれんよ?
イヤホンして大音量で音楽聞きながら歩いている時、背後から飲酒運転の大型トラックが
原則なしで俺に突っ込んできたら俺はおそらく事故に巻き込まれたこともわからず一瞬で即死するだろう
その死んだ瞬間にパラレルワールドみたいに別の世界に移行して
そのまま世界は今までどうり何事もなかったように継続している
よく哲学的に「人の死は確認できるけど自分の死はなない」て言うけど俺らは昨日すでに死んでいるかもしれんぞ?

205 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 18:16:08.61 ID:CVt/cVK0
そんなん信じられたら苦労しないね

206 :優しい名無しさん:2016/10/23(日) 23:25:16.61 ID:UT8JCLoJ
いつの日か自分がいない世界が来るなんて信じられない。いつか無になるなんて怖すぎる

207 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 00:51:04.09 ID:7FIHpLXM
いつか世界もなくなる
怖くて仕方ない

208 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 09:55:18.26 ID:wRr+y7XD
最近しばらく慢性的タナトみたいな感じで、治まってきたのに
寝る前にふと発作性タナトになりかけた。
「こうして生きてるけど、俺もいつかいなくなる」っていうイメージで
ものすごいゾッとした。

209 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 12:21:03.68 ID:snWvtT85
不老不死になれば良いけど
あと何年かかるんだろう

210 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 16:08:46.29 ID:1xsZhnWv
今世紀では無理だろうね

211 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 16:36:41.77 ID:7FIHpLXM
ここ数日から慢性化してきてる
突発も怖い

212 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 17:46:09.96 ID:sZ0eyZLy
タナトの症状ばかり話題になってるけど、その他の日常生活はどうなの?
まともな社会生活送れてる?
そこにヒントがあるかもしれない

213 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 19:40:18.77 ID:jYfZhNA2
タナトって一日何百回て手を洗わないと気が済まない人や電車のつり革持てない人のような病的な拘りみたいに
他の人から見たらどうでもいいようなことなのに気にしちゃう一種の神経症?

214 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 20:47:31.83 ID:LbQSmXRf
>>213
自分が死ぬことって殆どの人間は凄く怖い事なんじゃないかな。
ただ、いわゆる普通の人は自分がいつかは死ぬってこと忘れているだけで。

215 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 20:50:04.24 ID:Y5hNYKFS
生ある者は必ず死あり。

自然の摂理には何人も逆らえません。

死ぬまでが恐怖であり。
死ねば無!永遠の無。

216 :優しい名無しさん:2016/10/24(月) 22:21:48.50 ID:jYfZhNA2
>>214
一般の人も電車の吊革は雑菌だらけって知ってるよ?

217 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 01:09:31.80 ID:0FysivVf
1日手を何百回洗わないと気がすまないのなら洗えばいいし、つり革は持たなきゃいい。
死は必ず来るし考えないようにするのは無理。

218 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 01:24:31.50 ID:uh4qEI4U
PLAYBOY誌会長のヒュー・ヘフナー(86歳)は今まで1000人以上の美人モデルと寝たと豪語し
今もロスの豪邸にたくさんのプレイメイツ達と一緒に共同生活している
3年前には60歳年下の26歳の美人モデルと3度目の結婚をしたばかり
ちなみに下の方もバリバリ現役だという
86歳だともう死は現実のものとしてカウントダウン状態でこれだけの成功者なら老いても頭脳はキレっキレで
凡人のそこらのボケたじいちゃんよりも死の恐怖やいろんなことに敏感だと思うんだが
ヒュー・ヘフナーは何故タナトフォビアにならんの?

(恩年86歳のヒュー・ヘフナー)
http://livedoor.blogimg.jp/yumejian13/imgs/c/8/c86c72e0.jpg

219 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 05:22:17.94 ID:lHj46Wez
怖くない人は本当に怖くないみたいよ
こればっかりは人による

220 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 11:29:12.31 ID:t1TjVC7c
人によって怖いものや嫌いなものは違うからなあ。

221 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 13:58:01.63 ID:dXbmi69e
宝くじが当たったら消えるだろうか
好きな人と相思相愛になれたら消えるだろうか
わからない怖い

222 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 18:45:43.78 ID:9blQHK/L
じゃあ金かせいでみりゃいいじゃん
愛し合えばいいじゃん
分からん言って考えててもとかそりゃ分からんままだよ

223 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 22:22:37.19 ID:VqZD8IA8
どうせ死ぬんだと考えるとなんもやる気が起きない

224 :優しい名無しさん:2016/10/25(火) 23:54:29.87 ID:M91pmYXu
やっぱり寝る前が一番キツいな
起きて働いてる時なんか脳裏によぎっても特に恐怖に感じないのに
暗い部屋で一人ポツンとしてると自分が消えてしまいそうな錯覚に陥ってしまう

225 :優しい名無しさん:2016/10/26(水) 00:29:13.90 ID:2Un9g296
風呂と寝る前が危険

226 :優しい名無しさん:2016/10/26(水) 01:42:23.40 ID:jQGBajAC
>>224
似た感じ
通勤中とか死の事しか考えてない
仕事始めればなんともなくなる
寝る前に死ぬ事考えてないパニック起こす
入眠剤がないとまともに寝れん

227 :優しい名無しさん:2016/10/26(水) 08:25:43.05 ID:+p2lgr99
>>218
リア充だからじゃないの。

228 :優しい名無しさん:2016/10/26(水) 16:40:58.85 ID:J7s+usks
>>221
金があっても何も変わらないよ
高い物を買った時は確かに嬉しい
夜の街で飲んでホステスやキャバ嬢と話してる時は楽しいし
風俗で遊び回ってる時は凄く気持ちいい

でも、その時だけだ
買った物に見飽きた時、風俗店から出ていった時
話し終わって別れた時にまたすぐにいつか死ぬという現実が脳裏を過る
結局は現実逃避できる時間が、他のタナトの人より少し多いだけでしかないんだよ
金を持ってるか持ってないかの差なんて
金をいくら持っていたって布団に入って寝る時には
他のタナトの人と同じように死の事を思って恐怖に震えるのに変わりはないんだ…

229 :優しい名無しさん:2016/10/26(水) 17:03:00.33 ID:J7s+usks
だから>>226の言う通り、金がなくても仕事とか趣味とか
何かに集中したり没頭できればその間だけは死を忘れられるよ
俺は貧乏な頃からタナトになって、金を持った今でもタナトのままだが
貧乏も裕福も味わった俺が確信した一つの真理は、
人生を楽に生きるには金ではなく、いかに死の事を忘れて生きるか、
上手く現実逃避しながら、現実逃避する時間を長引かせながら生きていけるかだ

金があればある程度死の事を忘れる手段を増やせる
ただ、それだけだ…それ以上は金を持つ事の特権や優越感なんて、俺にとっては全くない

230 :優しい名無しさん:2016/10/26(水) 20:16:14.80 ID:+A07W+VU
まだタナトじゃないな・・
http://i.imgur.com/ysJ0n12.jpg

231 :優しい名無しさん:2016/10/27(木) 00:12:54.00 ID:owDZYY2O
あーダメだ
やっちまった

232 :優しい名無しさん:2016/10/27(木) 21:13:29.96 ID:KLX7XMLs
今日初めてタナトって言葉知ったけどこんな自分とドンピシャな人たちが居たことにびっくりしてる・・・

寝る前や夜中に突発的に発作が来るとか宇宙の話をされると気が狂いそうになるとか
母も旦那も心の底から理解はしてくれなかったからこの場所にこれて良かったよ

233 :優しい名無しさん:2016/10/27(木) 22:35:50.80 ID:+C6YFWa/
タナトって自己中な奴らって誰か書き込みしてたの思い出した。ホンマそうやと思う、もちろん俺も含めてやけど。

234 :優しい名無しさん:2016/10/27(木) 23:54:34.89 ID:owDZYY2O
>>233
自分が居なくなった世界って逆に考えたら自分中心だよな
ありがとう、ポジティブになれたわ

235 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 09:29:35.91 ID:w2Q3WXSs
よくさ、うつ病の人と会話したりすると、なんでそんな思い詰めてるの?!なんでそんなネガティブにとらえちゃうの?!笑 って不思議にならない?

だから、タナトフォビアも、認知の歪みなのかなあって思いはじめた。

乳幼児期にさ、泣いてすぐ世話してもらった赤ちゃんは、世界や周囲の人たちを信頼するようになるけど、ほおっておかれた子たちは、大きくなっても、世界や周囲に不信感があるっていうじゃん。

だから、自分たちの感じ方は、どこかのタイミングで勝手に作られたものなんだよね。こうして死ぬことを極度に恐れるのも…。

認知の歪みってことは、治せるってことなんじゃん?

問題は、そのなおしかたがわからないんだけどね…。
森田療法じゃ、恐怖と徹底的に向き合って、感情を受け入れて行くってあるけど…。
自分はパニックが怖くて全然試せないw

236 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 15:06:54.08 ID:xhrngt4k
>>229
これ。死の恐怖を管理するのは結局、自分しかいないんだと思えば気が楽になる。

気になることがあったんだが、
ちなみに、タナトフォビアの人が全身麻酔が必要な手術を受けてみて、
終わった後にその間の手術中の無意識を考えてゾッとしたりとかはないのか?

237 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 17:01:23.82 ID:VkjS/PlU
>>236
全身麻酔したことあるけどそん時はあんなタナってない時期だった
でも手術終わったあとタナってクソ怖かった
痛いし薬でぼっーとするし寝るのも怖かった
麻酔自体は一瞬の事だったからあんまり怖くなかった

238 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 17:28:58.85 ID:w2Q3WXSs
>>236
全身麻酔やったことあるけど、ほんと気づいたらベッドの上だった。
麻酔落ちるまでが、焦ってたかも…。息苦しくなってきて、せんせー!苦しいんですけど私大丈夫ですか?!:(T-T):なんていってた。先生へ?って顔してたけど。
何とかタナトフォビア乗り越えたいわ。所詮感じ方、考え方の違いだし、きっと変えられるって信じて毎日なんとかパニック怖がりながらも生きてる。みんなもがんがれ。

239 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 22:17:45.08 ID:GjAA77Gu
全身麻酔って本当に時間が飛ぶんだよね。マスク付けて静脈から麻酔入れられたら、
気が付いたら病室のベッドの上。いや、気が付いたという認識すらなかったかも。
俺の場合、麻酔を入れられた直後に眠くなったとか意識失ったどころか、瞼を閉じた感覚すらなかった。

全然眠くもなくて、目をパッチリ開けていたのに1秒後には
目を閉じた記憶がないのに目を閉じていて、しかも病室にワープしていた。と言った方が正しい。
一瞬前まで唾で濡れていた口の中がね、カラッカラなの。しかも鼻や尿道にさ、管入れられてんの。
本人の感覚からしてみればいきなり瞬間移動してベッドの上に移されて、
一瞬で鼻や股間の中に管がワープしてきたとしか言いようがない異常な感覚ですよ。

三途の川?そんなもん見ないよ。何しろ本当に「一瞬」としか言いようがないんだから。
目が覚めた直後、むしろそれを体験したせいで、ああ、あの世なんて本当にないんだな…。と
理屈ではなく心で実感してしまって、医者と家族の前で咽び泣いたんだから。
あの時皆は命が助かった事に安堵して泣いたんだな、と思ってるだろうけど違うんだ。
死んだら、あの「一瞬」が無限に続くのか、それともそれすら感じられない無なのか、
と考えてしまって恐怖と絶望に震えて咽び泣いたんだ…。

240 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 23:04:09.48 ID:tnzvcH9u
俺も死にかけてからそう思うようになった
幽体離脱とか臨死体験とか所詮夢に過ぎないんだろうて思うようになった
それならもう何もかも真っ暗、不安でたまらない

241 :優しい名無しさん:2016/10/28(金) 23:06:15.71 ID:tnzvcH9u
でも虫の知らせみたいのはあるかもしれん。メカニズムはわからんが
普段全く連絡とらない親が、俺が死んだ夢を見たとかいうくだらない理由で大阪から東京まできたから

242 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 08:36:55.56 ID:uGuIXBvi
確かに世の中分からない事だらけだから
この世界に神様がいるかもしれないし、来世があるかもしれないって話は
理解出来るんだけど
何故か自分が死んだら無になるって事に対する強い確信だけは揺らがない。
昔死の恐怖で心臓がおかしくなったけど、その衝撃が記憶に強く残ってるから
なのか。
親から結婚しろだの言われるけれども、可愛らしい奥さんも可愛い子供も
結局は俺を無になる事からは救ってくれない。
本当に人間ってのは凄いよどんなに愚かと言われる人間でも立派に死んでいくんだか
らね。

243 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 19:20:46.14 ID:r6Pk6fiQ
克服すると言うことは、自分自身を偽ることになるんちゃうかな?まあ克服のしかたによるけど。
自分は自分の考え方を変えたくない。だから恐怖と付き合うことにした。

244 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 20:40:39.21 ID:JnK/BJCa
>>242
ケンシロウの「お前はすでに死んでいる」てのは名言だね

245 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 21:35:19.14 ID:LoJxI7lz
いつの日か絶対に死ぬという恐ろしい事実

246 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 22:07:56.08 ID:sViqLrNU
宝彩って瞑想家はタナトを瞑想で克服したそうだ。
自分は永遠の存在だと思うようになるらしい
ただし、これは脳の大錯覚なのかもしれないと本人も認めている
それでも心穏やかで幸せに生きられるようになったとか

247 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 22:09:44.80 ID:sViqLrNU
女の人だけど、阪大出てるし論理的な考え方もできる人だ。気になったら調べてみるといい
因みに今言ったことは「楽しもう。瞑想」という瞑想入門書に書かれていた

248 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 22:54:49.22 ID:LoJxI7lz
もうカウントダウンは始まってる。怖すぎる

249 :優しい名無しさん:2016/10/29(土) 23:04:47.36 ID:v93dEWYG
生まれた時から始まってるんだよ

250 :優しい名無しさん:2016/10/30(日) 04:20:21.70 ID:v7UfSjXD
お前ら生きてるの面倒くさくないか?
自ら急がなくともその時死は来るぞ

だから毎日、今日が最後だと思って一日を過ごすことが
悔いの無い人生を送ったと思えるように思いたい

251 :優しい名無しさん:2016/10/30(日) 14:42:31.92 ID:JZjLGYH8
死ぬのは怖くないけどセックルとかオナヌできなくなるのがやだ
これもタナト?

252 :優しい名無しさん:2016/10/30(日) 17:20:13.90 ID:qgUM58LK
違うね
それは老いに対する嫌悪だろうね
誰しも持ってるもの
だからみんな金つぎ込んでアンチエイジングなんてしてる

253 :優しい名無しさん:2016/10/30(日) 20:32:04.32 ID:S5XRlMmH
最近、枯れるっていいことのような気がしてきた
以前は物欲があったけど、最近はなくなって楽になった
思うようにならないのが人生なんだと思えるようにもなってきた
でも、やっぱり死ぬのはこわいな

254 :優しい名無しさん:2016/10/30(日) 22:08:41.47 ID:6i8rQOyZ
>>250
ありきたりワロタ、タナトなめすぎだわ

255 :優しい名無しさん:2016/10/30(日) 23:25:11.68 ID:5pNQzkX1
兆単位の資産持ってる富豪は、なぜその資産を不老不死の研究に投じないのだろうか・・・

256 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 06:27:50.03 ID:sd/qZHeq
タナト本当にどうしたらええんや
小林真央とか見てると本当に強いと思う
ブログでは明るく書いてるけどどれ程の恐怖、不安、苦痛があるんだろう
俺はどんな死に方をするんだろう
怖い、本当に怖い
神はヒトラーだなんて言った医者もいたが、そんな生易しいもんじゃない
いるとしたら悪魔だ。人の悲劇を見て笑ってるに違いない
いるわけねーんだ神なんて
でも信じたい。でないと本当に死ぬのが怖い

257 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 08:10:26.48 ID:cttUHjRw
死も怖いが永遠も怖くね?
どんなポジティブ思考の奴でも1000年くらい生きたあたりで
あらゆることやりつくしちゃってアパシーか鬱で地獄の苦しみになるんじゃないか?

258 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 13:43:36.31 ID:bLKP9z6o
眠っていられたら永遠でも大丈夫。
肉体的な苦痛なんかがあると無理かもしれんが。

259 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 15:15:43.21 ID:JjqSEfaW
小林さんが可哀そうなんて言うけど
多分色んな人と接してきて思うけど
あんまり怖く無い人もいるんじゃ無かろうかと思う。
死んだ後の事を考えず生きてる時だけに意識を集中していられる人って
多分いると思う。
後別に小林は可哀そうと思わんよ、皆遅かれ早かれ無になる。
結局は旨く死について考えない様にして生きていくしか無いんだろうね。

260 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 15:39:23.15 ID:xEpKd922
よくアンビリーバボーなんかで九死に一生を得た人の再現ドラマとかやったりして
たしか日本人で日航機の墜落含め昭和の歴史的事故や惨事のほとんどに巻き込まれたのに
危機一髪で助かったり免れたとかいう有名な人がいたけど
そういう人もそのつど運命の奇跡に歓喜しつつ結局は最後は無になるわけ?
その人とか絶対神(宇宙?)に焦らされて遊ばれてるだろ・・

261 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 16:22:36.87 ID:pUY2Kyoj
>>259誰も可哀想なんて言ってないよ
自分もいずれそうなるのが怖いってだけ
タナトじゃないね君

262 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 17:00:12.59 ID:Rdn5cQgf
死を意識するからこそ、家族や友人、周りの人たちとの時間を大切にできる。他人に対して優しくなれる。日々起きる生き物の死について思いを馳せることが出来る。
私の中では死について私なりに考えて答えを出し克服したけど、思えば悩んでいた時の方が良かったのかもしれない。深く命を慈しむことが出来たし、身の回りにあるものの尊さを噛み締めることが出来たから。

263 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 17:40:21.45 ID:ftm7AbuA
最近私これっぽい

264 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 18:14:54.27 ID:YMU4y4G5
>>262そう言えることが有りがたいことだよ
苦しんでる人はそんな余裕ないから
日常生活に支障来すレベルになるとそんな甘言吐いてられない

265 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 20:17:51.71 ID:eE7gaqYD
タナトかどうか自分でもよくわからないんだけど。

皆さん、葉っぱのフレディってよんだことありますか?
もし読んだことあるひと感想教えてください。

266 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 20:22:03.85 ID:eE7gaqYD
私は期待して読んだんですが、少し違和感がありました。

267 :優しい名無しさん:2016/10/31(月) 23:22:01.17 ID:YMU4y4G5
前読んだかな
サークルオブライフみたいな感じで命は巡りめぐるよって感じの絵本だった気がする
直接読んだ方がいいと思うけど、俺には救いにはならなかったな

268 :優しい名無しさん:2016/11/01(火) 20:47:37.48 ID:bb6clnNp
NHKEテレ1 11月4日(金) 20時00分〜20時45分 『団塊スタイル』
「誰にでも訪れる“死”どう考える?」

死を意識することで輝いて生きるがん患者や、
多くの人の最期を看(み)取ってきたキリスト教のシスターを通して、
生きること死ぬことの意味を、美輪明宏さんとともに考える

人は誰しも生まれた瞬間から死を迎えるその時がやって来る。
今回は、2つのリポートを通して死について考える。
一つは「がん哲学外来」と呼ばれる集い。
がんを患っている人達が互いに語り合うことで、
死の不安を乗り越え生きる元気を取り戻してゆく。
もう一つは、多くの人の最期を看(み)取ってきた
キリスト教のシスターが見つめてきた生と死の真実。
独自の死生観を持つ美輪明宏さんとともに、
死を通して生きる事の意味を考える。

269 :優しい名無しさん:2016/11/02(水) 01:20:54.98 ID:9dX3DnIX
三輪明宏は天草四郎の生まれ変わりなんだよね
本人が言ってたから

270 :優しい名無しさん:2016/11/02(水) 05:55:25.27 ID:MD9oDGHK
さぁねー。本人が意図的に嘘をついてる。若しくは自覚なくそう思いこんでるだけって可能性が高いけど、もしかすると本当にそんなことがあるのかもしれない
くだらんスピリチュアルに逃げるだけの番組にはならないなら見てみたい

271 :優しい名無しさん:2016/11/02(水) 13:21:39.46 ID:yOz4/k0c
>>246
脳内麻薬が出ていて脳が錯覚を起こしていようが、
死の恐怖から解放され、心穏やかで幸せに生きられるようになったのは、正直うらやましい。

272 :優しい名無しさん:2016/11/02(水) 17:51:55.69 ID:/4ocYKoN
じゃあ瞑想練習してみれば?
御釈迦様なんて典型的なタナトだし、それを乗り越えた代表的な人だしね

273 :優しい名無しさん:2016/11/03(木) 21:18:35.65 ID:3IxO3cpZ
正確に言うと未知恐怖症なんだと思う、自分
死は確実に自分に降りかかるから一番怖いしすぐ発作が来るんだけど、他にも宇宙に関する話題とか、
母親の胎内にいたころとか、遥か未来の地球とか、そういう「知りたくても知ることができない」事柄に対して
物凄い恐怖を感じるんだよ・・・タナトにかかってて同じような人きっと多いと思うんだけど・・・

274 :優しい名無しさん:2016/11/03(木) 21:21:07.08 ID:eVsqoy/9
みんな夜はよく眠れてるの?

275 :優しい名無しさん:2016/11/04(金) 17:41:49.48 ID:3q6MXZWL
>>273
自分の体を形成している細胞はなぜ存在するのか?
とかでも発狂出来るよな

276 :優しい名無しさん:2016/11/04(金) 18:00:32.40 ID:B+UVNubQ
人間に寿命があるってことは死に時、
引き際があるってことじゃないでしょうか。
自分も外の世界も法則通りに動いているのだから
その人にふさわしいタイミングで死に時が来るはず。

277 :優しい名無しさん:2016/11/04(金) 18:46:47.27 ID:ai8LAIWE
子供の頃に難病で死ぬのもそのタイミングってことになるわけだが。

278 :優しい名無しさん:2016/11/04(金) 22:12:58.39 ID:UalFR/GM
>>275
それは考えたことなかったけど、ヤバい予感しかしない…

未知恐怖症と書いたけど、「自己喪失恐怖症」のほうがより正確かもしれない
自分の死はもちろん、宇宙も胎内の記憶も遥か未来の話も、そこに自分(の意志)が存在しないことが受け入れられない
考えただけで目の前が真っ暗になって、発狂発作が来るほどに怖い

自分に自信がなく臆病、けれども自己愛や自尊心が強いタイプがなりやすいらしい
当たってるからどうしようもない…時間かけて自分を変えていくしかないのか…

279 :優しい名無しさん:2016/11/04(金) 23:20:59.11 ID:EPkXSA1+
久しぶりにタナ

280 :優しい名無しさん:2016/11/05(土) 00:45:39.53 ID:nY4D85Zw
>>273
補食動物がライオンなんかに食われる時ほとんど痛みはなくて恍惚状態で死んでいく(ドーパミンだかエンドルフィンだかが大量に出る)らしいが
人間も最期はそういう何らかの秘密機能があるかもしれんぞ?
死んだ瞬間にパラレルワールドに移動するとか。

281 :優しい名無しさん:2016/11/05(土) 13:32:00.02 ID:nY4D85Zw
心理学者のポール・ジャネが提唱した「ジャネーの法則」によると
俺たちの人生は体感的には19歳ですでに終わってるらしいな・・
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

282 :優しい名無しさん:2016/11/05(土) 15:28:57.84 ID:SvPCSPbV
このスレの人達って死を題材にした作品は見れるの?
例えばファイナルディスティネーションとかデスノートとか

283 :優しい名無しさん:2016/11/05(土) 15:37:41.10 ID:Pn34v8vI
>>282
むしろDawn of the Deadや死霊のはらわたみたいな死んでも生き還る系がいいね
ゾンビって実在するのが確認されたみたいだし

284 :優しい名無しさん:2016/11/05(土) 23:07:24.46 ID:LcyKaBbW
そういうの信じられる人はいいね
本当に何もかも真っ暗だよ
いいことあっても全て失われるんだと想ったらいいことすら苦しみの材料になる

285 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 03:35:18.96 ID:eh2kXyYs
生まれ変わりとかは、「まあアニメだからw」みたいな感じで流すけど若干興醒めはするね。
あとタナトのみと言うより鬱なんで面倒くさそうなのはパスw

286 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 05:49:51.97 ID:JLDJ2QkV
誰もお前に興味ねーよ

287 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 07:39:08.56 ID:0XHkn6No
>>283
>>284
>>285
ありがとうございます

288 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 09:01:56.02 ID:JLDJ2QkV
>>286
書きこむとこ間違えた

289 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 10:47:04.45 ID:d25NAOMW
無が怖い

290 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 15:48:15.71 ID:CTRvtKGr
催眠術かなんかで「お前は絶対死なない」と暗示をかけてもらうしかないな
普通の人は遠い未来のいつかには自分は死ぬらしいでも今すぐのことじゃないからそんなに心配しなくてもいい来世もあるしーと軽い気持ちで生きている

291 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 15:59:12.42 ID:TqFgSY0C
遠い未来って意外とすぐ来るんだよなあ…

292 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 17:24:53.28 ID:SYE0PX5G
ゆく年くる年の除夜の鐘見た時よく思うけど人生なんて初日の出70回くらい見たら終わっちゃうんだよなぁ・・

293 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 20:32:22.22 ID:/AyvnY6l
>>292

それその あと何回ってやつわりと地味にくる。

294 :優しい名無しさん:2016/11/06(日) 21:39:04.25 ID:SYE0PX5G
>>293
特別マリンスポーツでもやってない一般人だと海に泳ぎに行くのなんて一夏に一回だから
残りの人生で海で太陽浴びてはしゃぐ体験もせいぜい数十回なんだよなぁ
たまに俺の最後の晩餐のメニューは何だろとか思うわ。

295 :優しい名無しさん:2016/11/07(月) 00:42:18.05 ID:1KXTD6ah
タナトになるタイプって、例えばデジカメとかPCとか買う時にヨドバでカタログ全部持ってきてあれこれ性能とか調べてから買うタイプじゃね?
つまり事前にいろいろ詮索しちゃうっていう。

296 :優しい名無しさん:2016/11/07(月) 03:08:45.20 ID:T03LSZld
>>294
タナトだと純粋に太陽浴びてはしゃぐ経験すらもうできないんだよなぁ
>>295そうだけど、事実だからね
老いて病んで苦しんで死ぬ
これは抗いようのない真実だから
この他に可能性あるなら教えてくれよって話

297 :優しい名無しさん:2016/11/07(月) 03:35:20.28 ID:9Qutrsyb
ホントお前らどんだけ負けず嫌いなんだよww精神科の薬物は衝動性の
コントロールにしか効果を期待できないなんて早々わかるだろ。それに
箱物なんて建てたら俺が税金を払わないといけないわけで、少し頭の回
る奴なら消費税以外は嫌がるだろ。( 知能の戦い p126)

298 :優しい名無しさん:2016/11/07(月) 15:30:04.85 ID:w5XA+1tJ
タナトに悩むようになって10年程たったけど、最近は死を待つのが怖すぎていっそ一思いに死ねたら
楽になれるんじゃないかと思う一瞬があって自分が怖い
本気で実行するような焦燥はまだないけど、発作タナトが来てるときに同時にぼんやり考えてるときがある
死にたくない、死が怖い、それなのに死が楽にしてくれると考えそうになる
もうこれ鬱入ってんのかな

299 :優しい名無しさん:2016/11/07(月) 15:56:24.73 ID:uqhD+4Ly
死ぬのが怖いのって、もう何も出来なく、何も感じられなくなるのが
怖いからっていうのが一つの理由じゃないかな。
だったら、やりたいことなくなるくらいやりたいことやって
感じたいこと飽きるくらい感じまくったら
死の恐怖軽減できるんじゃないかな。

300 :優しい名無しさん:2016/11/07(月) 20:37:54.63 ID:M9yQx3Fk
>>299
やりたいこと、感じたいことを飽きるまでやりつくす自信があるか?

301 :優しい名無しさん:2016/11/08(火) 08:42:35.26 ID:eCoJtqlx
>>300
全く無い!!(ドンッ!!)
タナトのせいか安全第一でなるべく危険そうなことは避けたいです。

302 :優しい名無しさん:2016/11/08(火) 15:33:23.25 ID:lrhcFODO
>>301
じゃあ絶壁のクライミングとか命綱無しの綱渡りとか無理系?

303 :優しい名無しさん:2016/11/08(火) 17:13:11.40 ID:eCoJtqlx
>>302
もちろん無理ですけど
むしろできる人の方が少ないのでは。

304 :優しい名無しさん:2016/11/08(火) 17:22:41.02 ID:Y9S7RYft
自分は高所恐怖症だから絶対無理w

305 :優しい名無しさん:2016/11/08(火) 21:49:53.39 ID:lrhcFODO
>>303>>304
じゃあこことか歩けないぽい?
https://youtu.be/ZmDhRvvs5Xw

306 :優しい名無しさん:2016/11/08(火) 22:09:23.98 ID:pkynQTNV
命綱なしで高い所渡ったり、自分の生活基盤失うほどの大金や債権を賭けて
ギャンブルしたり、そういう人間が羨ましい。成功した時は麻薬にも匹敵するような
嬉しさや快感、脳内物質が駆け巡るんだろうな。
俺はそれを味わえる事は一生ないだろうから素直に羨ましい。
恐怖や不安や地獄を味わったからこそ、そこから逆転した時の快感は濃厚なものになる。

理屈は解ってる。でも死を引き換えにしてまで、それを味わいたいとは思わない。

307 :優しい名無しさん:2016/11/09(水) 01:22:01.55 ID:r7RMJLDx
>>305
動画見ただけで不安定になるw

308 :優しい名無しさん:2016/11/10(木) 16:32:33.45 ID:DrqaLRhB
3.11のとき、揺れがひどい場所にいて、死を覚悟したときパニックになり叫んでいた
タナトはもっと昔からかかっていて、でも本当に死に瀕したときには案外受け入れられるものかもしれない、と
期待していたのに、実際は無様なものだった
あの時死んでたら、馬鹿みたいにパニック起こしながら逝ってたと思うと己が情けない
いつか死ぬ時もそうやってパニック起こして怖がりながら死ぬのかと思うと、本当に情けないし怖い

309 :優しい名無しさん:2016/11/11(金) 00:51:04.89 ID:yM3qJ1xR
トランプは死の恐怖とかあるのかな?

310 :優しい名無しさん:2016/11/11(金) 19:01:09.35 ID:NTf8utcp
【こごう流タナトフォビアの克服法】
自分が死んで無になること←これを受け入れつつ、日頃の活動に意義を見出す方法

個体としての使命を、以下の様に考える
人類⇒個体という関係性を
個体⇒細胞のように考える

つまり自分の体にある細胞が「自分」というもののために常に生き死にしているように、自分も人類という名の個体の細胞であると考える。

ひとつ細胞と違う点として、自己分裂ではなく、セックスによって自らのコピーを残すこと、さらにコピーした異なる個体の世話面倒(養育)により、コピーのコピー(孫)を作成することに優位な環境設定の2つを使命として与えられているので、

社会的地位
経済的余裕

の獲得を目指すことに、意義が生じる

これで俺はタナトフォビアが10%弱まった

311 :優しい名無しさん:2016/11/11(金) 22:55:17.66 ID:flB9nu4N
2年前にタナト発症して、うつ状態になって、3か月位でタナトはおさまったんだけど
未だにうつ状態が治らないんだけど、これってうつ病なのかな。だとしたら最悪だ
タナトは本当に恐ろしい

312 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 05:12:50.37 ID:Rqm9R5kA
人生にやる気が見出せない。どうせいつか死ぬのに、何故頑張るの?
死んで全てが無になれば自分が努力した事も、勉強した事も、出世した事も、
屈辱に耐えて偉くなった事も、他人の何倍も苦労して金を稼いだ事も、
数多くの友人や親兄弟、妻に子供との数え切れない幸せな思い出も、全てが無駄になってしまうのに。
死んでしまったら自分の為に葬式で泣いてくれる人の事も、墓参りに来てくれる人の事も、
自分の事を忘れないでいてくれる人の事すら自分自身は認識できなくなってしまうというのに。

こうやって文字に起こすと斜に構えた中二病の戯言にしか見えない。
自分でもそう思うし、現実でこんな事言ったら笑われるか怒鳴られるかの二択だろう。
そんな事自分でも解っている。でも、やる気がなくなるのを止められないんだ。
あの世があれば、死んだ後に意識があれば、自分と自分の周りを客観視できれば、
こんな事にはならなかったのに。死んだら全てを失うのは辛すぎる。

313 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 07:44:30.38 ID:CpLTKPCc
良い大学入るのも良い会社入るのも将来の安定の為
何故安定したいのか?不安を抱えたくないから、安心していたいから
突き詰めれば金が欲しいのも仲間や友達を求めるのも、全てがそう
不安も心配もなくストレスを溜めない生活が「ずっと続いてほしい」からだ
だが死は、そのずっと続く安心を容易く奪う…それも永遠に

314 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 11:35:43.73 ID:0IQRyPog
モーガン・フリーマン 今回も軽く発狂w どこまで連れて行ったくれるのか楽しみになるのー

315 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 11:44:29.26 ID:zK0vK8Sn
無が怖すぎる

316 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 11:52:34.61 ID:+Q/UWRey
まぁ無を体験することは有り得ないからびびるだけ無駄なんだけどね
有りがちだけど、無が怖いって人のイメージには無を観測してる主観が存在しちゃってるんだよね

317 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 20:54:23.29 ID:e+qbf/PQ
無駄の話をすると死んだら全てが無駄だから。

318 :優しい名無しさん:2016/11/12(土) 21:09:11.81 ID:e3ZkX3jW
いやそういう話じゃないから。
頭悪いのはパス

319 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 00:38:48.33 ID:CVbnU6OI
>>312
そう思いつつも君はマックでポテトやエビカツバーガー食べてる瞬間は味覚の快楽に集中してるだろ
人生なんてそんなもん
http://ncode.syosetu.com/n2943j/ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be20a4887bc3d3353f527d3636c44e3)


320 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 03:27:11.34 ID:kovnFee8
>>312-313
俺はもう必要最低限の賃金を手に入れて
必要最低限の衣食住で暮らしていければそれでいいと思いながら毎日生きてるよ
タナトにかかって、死んだらそれまでの功績も財産も人脈も全てパーだと気付かされてから
生き甲斐を失っちまったんだもん…何をしても楽しくないし面白くない
働いたり苦労したりといったマイナス面だけでなく見て聞いて遊ぶというプラス面でもやる気がおきない
本当に起きて働いて家帰って飯食って寝るだけの人生さ、それ以外の事をやる気がおきない

本当は働かずに生活保護貰って寝て起きるだけの屑みたいな人生でも構わないと思ってるんだよ
この世に生まれて死の恐怖を味わって死ぬ事自体、死んだら何も残せない事自体屑みたいなもんだからな
じゃあ何故働いてるのかというと、生活保護じゃ人間ドック受けれない(受ける為の金が貯まらない)からだよ
半年に一度の人間ドックを受ける為の金を貯金する為に働いているようなもんだな
人間ドックの結果聞いて体のどこにも異常はない、と言われる瞬間だけは今の俺でも嬉しく感じる
目的などなく、生きる為に生きてるというか、生きながら死んでるというか、そんな人生だよ…

321 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 06:54:30.79 ID:uHY8I6OA
そういう話なんだけどね。
恐怖をやわらげる方に考えていくと無気力になっていくのが厄介。

322 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 08:20:56.39 ID:Y5VuYicU
「体験し得ない無に怯えることが無駄」という文脈と、
「死んでしまうんだから全て無駄」と言う文脈における無駄の意味合いは全く違うよ
分からないならまぁ仕方ないけど、もう少し考える練習した方がいいよ

323 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 09:16:15.48 ID:bF9/Q5LV
もともと恐怖症は(常人から見て)整合性がない感覚なんだけどな。
昔から哲学者が死は体験できないと言っているけど何の救いにもならない。

324 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 21:59:31.90 ID:Q3OWRW+U
将来の不安とか孤独感とかそういった負の感情が、死恐怖症がスイッチ(きっかけ)となって
重症化(パニック発作が起きる)してる感はある・・・
あとで冷静になって考えるとそう思う。問題はパニック起こしてるときに正気でいられないことだ・・・波が収まるのを待つしかない

325 :優しい名無しさん:2016/11/13(日) 22:04:43.10 ID:Q3OWRW+U
あ、逆か?無意識の不安感が死恐怖症を重症化させてるのか?
よくわからん。とにかく発作は辛いしもう疲れた。ほんとどうしたら治るんだよこれ

326 :優しい名無しさん:2016/11/14(月) 00:09:32.71 ID:aYL9JwT2
何もかもひきづって生きて行く 虚しいけど

327 :優しい名無しさん:2016/11/14(月) 07:13:43.98 ID:PNUzsAwj
多分薬とかでは対症療法にならないから、根本的な価値観を変えてゆく必要があるだろう
小手先の方法ではどうにもならない

328 :優しい名無しさん:2016/11/14(月) 15:54:50.06 ID:5s1SFfV/
変わりたくないという気持ちが死にたくない、につながっているような
気がする。みんな好かれている自分、快適な自分を維持したい。
変わることに抵抗せず流れのままに変わっていければ
死ぬのも怖くなくなりそうな気がする。

329 :優しい名無しさん:2016/11/14(月) 15:56:28.19 ID:5s1SFfV/
もうひとつ言うなら自分の好きな自分を維持したいって感じかな。

330 :優しい名無しさん:2016/11/14(月) 16:37:50.38 ID:Evi8BJMD
今日大きな病院に検査に行って来たけど、患者のほとんどがご老人だった。近い将来自分にも老いがやってくるのだと思い怖くなった。死にたくない老いたくない

331 :優しい名無しさん:2016/11/15(火) 11:51:21.00 ID:47wuAjfT
親戚が一人死んだ
親はどうしても俺に葬式に出てほしいそうだが葬式なんかいったら発狂しそうだよ
これからバイトの面接だけどもうマジ無理

332 :優しい名無しさん:2016/11/15(火) 16:40:19.91 ID:NLPrlEdu
終わりと始まり

死後は解明されている
道は開かれているが、虚壁をやり過ごせずそこに到達できない
虚壁とは知らないうちに植えつけられてしまった価値観

常識を疑い続けろ

333 :優しい名無しさん:2016/11/15(火) 16:48:57.62 ID:KuPHPf34
今日はタナで午前3時に1回目覚めてしまった
最悪だった

334 :優しい名無しさん:2016/11/15(火) 20:38:04.99 ID:zgQE9p7f
なんていうか、死に対する恐怖というのは、
多数派の意見が正しいと信じ込んでしまっているからという事と、
現代の日本にある多数派の意見が素晴らしいとされてしまう傾向だと思うんだよね。
そういうのに一喜一憂してしまうから、死の虚無的な恐怖を感じやすく
なったりするんだと思うんだよ。
もし、死んだら無になるという意見に10000人分のいいね!がされていたとする。
日本のインターネット人口は1億人近く。それから計算すれば、割合的に1%にも満たないんだよ。
全員が全員そう考えてるわけじゃないだろうから、死について極端な見解を持つ必要はないと思う。

でも、俺も虚無主義者で、タナトフォビアだし、
これでタナトフォビアの全てが解決するとは毛頭思ってはいない。
虚無主義者として究極的に
俺が言えるのは、死ぬ事に対する虚無的な恐怖を忘れないと、
人は生きていけないという事だと思う。

335 :優しい名無しさん:2016/11/15(火) 23:51:30.15 ID:pmIKvhXu
>>328
なんとなく共感できるよ
もう長いこと自己の消失を恐れているけど、結局一番怖いのは自分の人生そのもののような気がするんだ
子どものころは純粋に「死それ自体」を怖がってた、それを段々とこじらせてしまった気がする
もういい大人なのに、今生きている自分の足元が不安定すぎて、そのまま無になってしまうことが異常に怖いんだ
現在進行形で未練を残しているというか

336 :優しい名無しさん:2016/11/16(水) 00:50:42.51 ID:kMiG1cmQ
他人の死なんて考える余裕無い 自我の消失を何としても阻止したい 俺は「オレ」を失いたくない

337 :優しい名無しさん:2016/11/16(水) 22:31:01.60 ID:8mxyBMlz
42歳なんだが、明日死ぬかもしれないと最近良く思う。なにか自分のエネルギーが減って来ているような。

338 :優しい名無しさん:2016/11/17(木) 02:44:41.41 ID:ZV+acmWF
40越えると癌恐怖症も併発しそうで怖い
ちょっと胃が痛くなったり血便出るだけで恐怖に震えそう
その内毎月胃カメラ飲んだり肺のCTスキャン取らないと気が済まなくなりそうで怖い
癌家系の人にとっては笑い事じゃないんだよな

339 :優しい名無しさん:2016/11/17(木) 12:14:28.82 ID:hH839Gtk
死ぬのは怖いけど
どうせ死ぬんだからと思うと
大抵の悩みは気にならなくなる。

340 :優しい名無しさん:2016/11/18(金) 20:21:00.48 ID:Iw9WxVtT
生活が退屈になると何故か自分から死とか無を思い出して怖くなる
凄まじい虚無感

341 :優しい名無しさん:2016/11/18(金) 21:01:56.23 ID:zavVTmEu
さっき放送された『ダウンタウンなう』で宮本亜門さんが
交通事故で死にかけたときの話をしていました。
こんなに気持ち良く眠れたのは初めてという気分になって
このまま逝ってもいいかな、と思ったそうです。

342 :優しい名無しさん:2016/11/18(金) 21:10:50.68 ID:maS/rfLV
それも人によるんじゃない
気持ち良いと言う人もいれば、死に怯える人もいる

343 :優しい名無しさん:2016/11/19(土) 13:29:09.92 ID:fWtax/l+
びびってるヘタレもいる

344 :優しい名無しさん:2016/11/19(土) 13:39:45.03 ID:zC/OI19V
まだ二十代なのに四十年後、五十年後の自分を想像してしまう
六十代七十代になった自分、老いて残り少ない寿命に怯える自分を想像してしまう
その前に四十代でガンで死ぬかもしれないし、
三十代で事故に巻き込まれて死ぬかもしれない
一つだけ言える事は、十年後も二十年後も、おそらく死ぬまで
自分は常に死の事を考えながら生き続けるのだろうなという事だ

345 :優しい名無しさん:2016/11/20(日) 09:43:04.14 ID:ZeqCQR5v
もうさ、生きていても全然楽しくない
飯食ってても遊んでても友達や親兄弟と会話してても
いつも死の事を考えてしまうんだ
普通の人ならこんな時何も考えないで目一杯精一杯楽しんでるんだろうなって思うと
自分はいったい何やってんだろうって自己嫌悪に陥る
辛い事だけじゃなくて楽しい事まで普通の人のように感じる事ができなくなっているんだ
死の事を考えなければいいのは解ってる、でもダメなんだ
蛇口をいくら締めても落ちてくる水滴のように、思考に漏れてくるんだ…

346 :優しい名無しさん:2016/11/20(日) 21:05:17.97 ID:/uKKpQES
全部、すごいよくわかる。
つねに頭の片隅にあるんだよね…。
はたからみたら、すごい恵まれた人生なんだけど、頭の中はつねに恐怖。
この恐怖がない人も居てうらやましすぎる。
一度気づいたらもうだめなのかな?
誰か、タナトフォビアの専門家とか、いないわけ?本人がタナトフォビアで、なんとか解決した人!
共感できるレスおおいのはいいんだけどさ、そろそろ解決方法を、知りたいんだよ…。

347 :優しい名無しさん:2016/11/20(日) 21:08:57.56 ID:/uKKpQES
親に相談したら、自分もそりゃ怖いけど、そこまでならないな…。多分、死ぬまで怖いまんまだと思うよ、とか身も蓋も無いこと言われた。
誰かどうにかしてくれ。
創価学会にはいってるけど、なかなかよくならん。
あれ、二代目会長の戸田せんせーって人、タナトフォビアっぽいんだよね。ほんよみあさってたら、家族が死ぬのが恐ろしい、でも、自分が死ぬことかんがえたら、体が震えてとまらなかったって書いてあった。
結局最後は信仰で解決したっぽくて、自分もそうなりたくて、色いろたたかれてるけど信仰してる。

348 :優しい名無しさん:2016/11/20(日) 21:11:55.25 ID:/uKKpQES
キリスト教にも入ってるんだけど、どうしても天国を信じられない…。
仏教では無始無終っつって永遠に生命を繰り返してるらしい。年取ったら、違う器に魂がうつる、みたいな。死んだらまず宇宙にとけこんでまた生まれるのをまつらしいんだ。
ただ、自分はこの自我が消えることが怖いから、それもまた受け入れがたい。
どうすりゃいいんだよ。くそみたいな世の中だ。なんで終わりがあるんだよ。この世界が大好きなのに。矛盾してけど。

349 :優しい名無しさん:2016/11/20(日) 21:12:26.24 ID:/uKKpQES
タナトフォビアの解決策まとめよう。

350 :優しい名無しさん:2016/11/20(日) 23:42:02.06 ID:O6Q9niJc
http://masakun.com/tanato-phobia/
死後無になる恐怖。「タナトフォビア」になってしまう原因と克服法?

351 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 00:17:22.85 ID:ZD7axj0T
死ぬの怖いって言いながら、実際は生きることを怖がってない?
俺はそうなんだけど

352 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:20:38.67 ID:FWkLz61z
朝起きて真っ先に思うのは
「まーだ生きてる…」

353 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:23:52.67 ID:iWfl+f1y
今日学校ですが寝れそうもありません

354 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:28:08.94 ID:NyoyXis/
無になることを受入れるとか無理やろ

355 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:32:23.35 ID:NyoyXis/
>>350みて思ったけど、ほんと、脳にダメージあるだけで人って変わっちゃうんだよね…まじ自我ってなんやねん。
ただの電気信号だなんて…
人工知能が発達してるけど、自分たちもそういう機械とかわらんちゅーこと?
人間ってなんなんだよ…。

356 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:44:18.07 ID:NyoyXis/
http://kusowaro2ch.doorblog.jp/archives/29984590.html

こいつの気持ちよくわかる。タナトの恐さ知らないとかうらやましすぎる。
ああでも知っても知らなくても見んな死ぬんだよな。くそ。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f2c519fe5384e767e1c9e99abdcfc293)


357 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:44:59.80 ID:NyoyXis/
解決方法はー

358 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 01:46:05.62 ID:NyoyXis/
自分という意識の不可解さ。

359 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 10:32:14.45 ID:Bibq9BXA
意識の深いところから、自分の存在は永遠だと確信できるようになるしかないだろうね
例えば臨死体験の幽体離脱とか
それが脳の錯覚に過ぎないとしても、深いところから信じられるようになれば治るだろう

360 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 18:01:16.22 ID:NyoyXis/
お腹痛い

361 :優しい名無しさん:2016/11/21(月) 21:03:30.01 ID:nSn2fDIz
しかしまあ何というスカスカ具合 地に足着いて歩いたのは遠い昔になった

362 :優しい名無しさん:2016/11/22(火) 00:17:43.19 ID:mFdDnX8S
本当に怖い。

alsとか考えたら最近余計につらい

363 :優しい名無しさん:2016/11/22(火) 03:46:15.96 ID:CflF3YnL
そんな怖さどころじゃない
なぜ宇宙は存在するのか?
それは私が死んだ後も客観的には続くのであろうが、
私が認識できない故に無に等しいのではないか
そもそも存在とはなんなのか?
この世界が「在る」のは何故なのか?

死んだら無になるのか?では無とはなんだ?

364 :優しい名無しさん:2016/11/22(火) 05:23:02.38 ID:jsGj2dqH
私を認識できないことが、永遠に続くなんて!
なんて残酷!
恐ろしい!
助けてくれ!
誰か頼む

365 :優しい名無しさん:2016/11/22(火) 08:18:47.36 ID:HHvUvaEQ
この世は解らない事ばかりだ
何故人間に意識があるのかも解らないし、
この世の不可解さを理解できるほど知能が進化したのかも解らないし、
死んだらどうなるのかも解らなければ我々には百年後、千年後の未来がどうなっているのかも解らない

あの世がないと解るのも怖いし、自分が死んだ後のこの世がどうなるか解らないのも怖い
解る事も、解らない事も、両方怖い

366 :優しい名無しさん:2016/11/22(火) 12:32:59.11 ID:QDTmYhnj
なんだろうね
宇宙が出来る前は何があって、始まりはどこにあるんだろうね
始まりの前には何があったんだろうね
存在とはなんなんだろうね
こんなこと俺らが生きてる間には解決されない
もがき苦しみ答えを得ずして死んでいくだけなのか
もし創造主のようなものがいたとしたなら、悪魔よりも冷血だとしか言いようがない
滅茶苦茶だよ世の中

367 :優しい名無しさん:2016/11/22(火) 13:08:07.85 ID:IoibMjed
人間が他の生命体と圧倒的に違う所は、
知識欲・探究心・好奇心がある事だ。
知りたい解りたい納得したい。
知ったが故に後悔する事でも、知らずにはいられない。
自分が死んだ後に何が起きるのか知る事が出来ないのが我慢できない。

この世の歴史の全てを未来に渡り地球が爆発するまで知りたい。
人類が最後の一人になるまで滅亡を見届けたい。
そんな事を言う科学者や歴史研究家は決して少なくない。
自分もそうだ。老いて、食欲や性欲や無くなるのは構わない。
でも知識欲が無くなるのだけは嫌だ。知る事を放棄したら人間は猿と同じだ。
死んだら何も知れなくなる事が、何よりも無念だ。

368 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 19:55:47.69 ID:hNKd8Dcv
マジレスするとタナトフォビアも不安神経症や鬱病派生の一種だから、死生観とか関係なしに改善できるぞ

そもそも過度の症状が出てる時点で、常態より精神衛生が乱れていることを自覚しろ
どれだけ軽度でも自覚しない限り精神面の不調は治せないぞ
まずは生活習慣を見直して、自律神経を整えること!セロトニンを増やすことから始めろ
身体が不健康だと脳内物質も滞ったままで悪化するぞ

369 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 20:04:28.55 ID:hNKd8Dcv
・姿勢が悪い(猫背など。脳に血液が行き辛くなりパニックが起きやすい身体になる)
・食生活が悪い(栄養の偏りはNG)
・睡眠の質が悪い(不健康の象徴。精神不調の根源)

ここらへん自覚症状が薄いと不安神経症がどんどん悪化する
タナトが重症化して、鬱病やパニック障害と併発してる奴も大勢いる

370 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 20:39:37.68 ID:VsjZsL9N
自覚はあるけど治らんぞ
いい睡眠とりたくても、不安のせいでとれない
規則正しい生活したくても不安のせいで送れない

371 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 21:00:26.79 ID:lJHBa54u
>>368
ありがとう。本当にありがとう。
たしかに、睡眠とかたりてないとき悪化してるような気がする。
調子いいときはたしかに発作もないもんなあ。
本当にありがとう。意識してみる。

372 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 21:26:25.13 ID:WwCf6VD2
不安が薄れるとやる気がなくなる。

373 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 22:33:20.43 ID:VsjZsL9N
むしろやる気ないで済むなら羨ましいわ

374 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 22:57:22.54 ID:lJHBa54u
怖くないならやる気もなくてかまわないよ

375 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 22:57:50.89 ID:lJHBa54u
もし>>368のほかにも、こうしたら楽になるってのあったら書いていってくれ

376 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 23:32:54.61 ID:uWd8F/ur
>>371
発作が起きんから、夜眠れるし、調子ええんちゃう? 逆ちゃう?

377 :優しい名無しさん:2016/11/23(水) 23:59:56.54 ID:lJHBa54u
>>376
うーん、そうなのかなら。
でも疲れてるとさ、死んだあとのことを想像しすぎて、パニックになるまでかんがえちゃわない?
今はそんな疲れてないから、死ぬのがこわーって思ってはいるけど、助けてー!!!ってパニックにはなるまでは、思考を進めないですんでる。
日常生活が充実してるときも、発作起きない。暇すぎて暇すぎてしょうがないとき発作起きる。

378 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 00:01:09.68 ID:9OlVzA3n
タナトフォビアになるやつって、真面目過ぎるんだよなあ…。ばか明るく、なりたい。

379 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 00:59:07.00 ID:ZI1CE7Jh
本当の事を知りたい、って欲求でパンクしそうだ その本当の事ってのも幻

380 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 04:19:52.04 ID:jsF65mn4
いつか死を一分後に控えた自分が存在するということに震える

381 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 05:06:40.91 ID:0iTKWHNv
>>367
それはエゴ(自我)の抵抗だわ
色即是空が真実、君のその思考は全て幻想
この世界は生まれてもいないし滅しもしない

382 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 08:29:02.33 ID:9OlVzA3n
>>380
発狂しながら死ぬ人もやっぱりいるよね…。
いやだなあ、いやだなあ。助けて。

383 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 10:48:02.65 ID:9qD2mlkl
>>381それは結局逃げなんだよなぁ
宇宙の果てには何があるか
宇宙の前には何があったか
なぜそういったものは存在するのか
途方もない話だけどそこから逃げちゃ終わりだよ

384 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 15:26:02.09 ID:0iTKWHNv
>>383
人間原理
http://jein.jp/jifs/scientific-topics/513-topic34.html

385 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 18:08:38.65 ID:9OlVzA3n
100年後には私は存在しない…。
存在しない時間が永遠に続く…。
うわあああ
ああああうああい、あ

386 :369:2016/11/24(木) 21:33:06.47 ID:URXd8zk4
>>371
物は試しと思って実行してくれ
>>5のような症状が出ているなら重症化する前に改善したほうがいい

死への異常な恐怖がパニックを引き起こしているんじゃない。逆だ
パニックを引き起こしやすい体が、異常な死の恐怖を覚えさせているんだ
身体からの不調のサインなんだよ

精神衛生上の不調を治したいなら、健康的な身体を手に入れるのが一番手っ取り早い
逆に健康的な生活を送っていても症状が改善しない場合は、心療内科を受診したほうがいい
先天的な問題(脳内物質の滞りなど)の可能性がある

>>370
それ重度の不安障害に片足つっこんでるから、意地張らずに心療内科に行け
もしくは内科行って睡眠薬だけでも手に入れろ

387 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 21:41:01.53 ID:9OlVzA3n
>>386
まじありがとう。たしかに、人の気持ちってのは結局脳の電気信号。健康なら、健全な精神になるってのは、すごい納得。
夜更かししない。和食中心。運動。けんこうな

388 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 21:42:27.03 ID:9OlVzA3n
>>387
きれちゃった。
健康な生活送るのを心掛けてみる。
ここは、どうしてもたなとで調子悪い人しか集まらないけど、前向きなレスはめっちゃありがたい。

389 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 22:03:07.94 ID:Ug7dfKVm
我々は皆、少なくとも生殖年齢までは死なずに生き延びた個体の子孫。

よって、総体的に「生への執着心が強い」傾向を持つ遺伝子を引き継いでいると思われる。

それだけに、死を恐れる気持ちもまた強いのではないだろうか。

そのあげくにタナトフォビアを発症して、死の恐怖から開放されるために自殺を考えるという
本末転倒な状態になるほど思い詰めてしまうのは皮肉な話だけど…

390 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 22:25:35.29 ID:9qD2mlkl
>>386
これは正しい
このスレ見てても分かるように、思考や観念に飲まれてしまって根本的な問題に気づいてない人が多い
死ぬのが怖いんじゃない
怖いから死を想起するんだ

391 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 22:28:56.93 ID:9qD2mlkl
>>386あと>>370俺だけど、既に重度の不安障害だよ
タナトもその中の問題の一つに過ぎない
薬飲むだけで発作くるから薬も中々飲めない
頭で構造は大体分かってきてる。ただ、いかんともし難いものがある
コントロールできんのや

392 :優しい名無しさん:2016/11/24(木) 23:01:00.61 ID:ZI1CE7Jh
色々試したり、経験する事で景色は変わる それでも動かし難いのは自己の消失なんだよオレはオレを失いたくない

393 :優しい名無しさん:2016/11/25(金) 20:36:00.52 ID:FbhOfx98
まあ、死や無に恐怖する事が異常なのかどうかやけど?
俺はなんとか人前では、パニックは抑えられてるから日常生活は普通にいける。一人の時は、吐く程ヤバい時がある、
でもそれでいいと思っている。

394 :優しい名無しさん:2016/11/25(金) 20:47:30.97 ID:eOa7q+Jp
自我がなくなるのも怖いけど
肉親がなくなるのも本当に怖い
特に母がなくなった時耐えられそうもない

395 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 00:55:43.55 ID:fUEurna3
死んで「無」になるのも恐怖だが、「永遠」てのも同じくらい怖くね?
10代の多感な頃は新鮮でワクワクしたような体験も30も過ぎれば人生のたいていの事は経験積みで色褪せてくる
もし永遠に生きる運命なら1000年くらい生きた時点で新しい発明や出来事に対しても今までの経験からだいたい予測できてもうそんなに興奮しなくなる
これが無限に生きるとしたらたぶんどこかの時点で気が狂うだろな
もしかしたら不二一元論や仏教が言うようにワンネスとか輪廻とか意識(真我)は永遠かもしれんが
一回リセットするために自我は消滅するって可能性はあるんじゃね?

396 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 03:17:58.94 ID:p82vGzui
よくアニメやSF映画で金も権力も全てを手に入れた悪役が世界征服に乗り出すなんて事があるが、
あの思考は荒唐無稽かと思ったがある意味リアルなのかもな
金も権力も手に入れて、世界中の美味い物食って世界中の美女を抱いて
遊べる事も全部遊んで、見たいものも読みたいものも知りたい物もやり尽くしたら
もう後は生身で空を飛ぶとか、人間の身で犬の超嗅覚とか虫の複眼とか手足が六本みたいな
決して人の身では味わえない感覚や体験ぐらいしか、新しい発見や刺激を感じる事はできないだろう

397 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 05:35:12.14 ID:zNhdAiWG
朝から死のこと考えて思わず書き込んでしまった。
21歳なんだが、もう歳を取るのが怖い。
大学出て子供産まれたとしても子供の成長と共に自分の死も近づくんだと考えてしまう。
私が生きている間に不老不死、もしくは死後の世界が解明されてほしい。
死後が無と知ったら余計に辛いのだろうけど。

398 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 11:34:46.51 ID:/dwoua6F
世界は同じことの繰り返しでは無い。
どんどん変わっていく。
もしかしたら死なないことが当たり前の時代が来るかもしれないし、
自分の気持ち・考え方が変わって
死ぬ頃にはもう死ぬのなんて怖くなくなっている、
なんてこともあるかもしれない。

399 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 13:44:27.31 ID:fUEurna3
>>398
もし人間の命が永遠になって1000年後のイチローも衰えないから毎年3割打率で活躍してたとする
でも野球ファンは「ああ、イチロー今年も3割打者キープしてるね」で終わってしまいイチローのプレイに対して興奮しなくなる。
イチロー本人もマンネリ化してきて野球へのモチベーションがなくなってくるだろな。
そこでイチローは野球を辞めて心機一転バスケットを始めこれまた持ち前の資質と向上心から超一流のプロバスケット選手になる。が、また1000年も続けたあたりで観客もイチロー本人もバスケットに飽きる。
そうやってイチローは新鮮な体験を求めるために次々と職業を変えるようになり吉牛の店員やホームレスも体験するが、その内1000年も経たない内に職業や立場こそ変えても
「あれ?この経験のパターンて以前も体感したような・・」てなり、人生の経験自体に体制が出来てアパシーになってゆく。
最後はこの先も「永遠」てことに気が狂うってしまうのでは?
で、世界では今度は逆に自我(エゴ)を無くす方法や苦しまずに自殺出来る薬が求められるかもしれん。
永遠も怖いわー

400 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 14:37:17.98 ID:gU4BQ6CC
眠っていればいくらでも時間は過ぎるからね。
1000年後なら覚醒と眠りを使い分けられるんじゃあないか。

401 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 15:33:39.72 ID:zeRWuh3n
俺が永遠の命が保証されてる時代に生まれたら
世界中の書物を読んで回るだろう。人の数だけ物語があって
人が生きている限り新しい本、新しい物語は作られていくからね。
全ての人間が生きる事にマンネリ化して思考が画一化されない限り、
見飽きた物語ばかりになる事はない。
読書好きのタナトだと、こういう事を思ってしまう。

402 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 15:57:07.87 ID:fUEurna3
>>401
寿命が一億年くらいならそういう趣味の楽しさもいつかは死ぬというゲームオーバーがあるから鮮度を失いながらも多少は持続するかもしれない
でもさ、仮に月収100円しか稼げない能力の超貧乏人がいてそついつは月に1円しか貯金できないとする
でも寿命が「永遠」ならその貧乏人もいつかはトランプのような金持ちになってしまう
ピザデブブサの極み極致の男がいてそいつは佐々木希みたいな美人と付き合いたいと思っている
もし「永遠」なら今の世界のイケメンの基準も飽きられてピザデブブサの極み男が逆にモテる時代が必ずやってくるよ
そうなると全ての人があらゆる人生のパターンと価値観を経験することになるから早かれ遅かれ
いつかはアパシーになって全ての人がいずれはパラノイアになるか死を希求するだろな
俺は無宗教だがそう考えると釈迦の説いた「輪廻から解放されることが本当の幸せ」てのはあながち的を得てると思うわ。

403 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 17:09:36.91 ID:gqqWgpzm
死にたくないよ

404 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 20:33:03.80 ID:PxuCLAlZ
>>401
わかる。
俺も本好きなので、読みたい本を全て読むには人生はあまりにも短すぎるという焦燥感を常々抱いている。

405 :優しい名無しさん:2016/11/27(日) 21:40:39.91 ID:OL0eoM0G
>>401
言い方変だけど割りと健康なタナトだね

406 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 06:55:04.38 ID:o12XNazS
本当に寿命が1000年くらいに延びたら…
まず妊娠や出産が法律で規制されるだろうな
寿命が80年の頃と同じペースで人が増えていったら間違いなく短い期間で世界中が破綻するから
殺人も厳罰になり、どんな理由があっても一人殺しただけで死刑確定になり
人々は老いによる死よりも、病気による死や事故による物理的ダメージでの死に怯えるようになる

それと寿命1000年の医療技術が確立された後に生まれた世代と、
その前に既に生まれている世代で確執が生まれ、恨みや喧嘩が絶えなくなると思う
寿命を1000歳にする技術が、老化やテロメアの損傷を遅れさせる技術だとするならば、
生まれた瞬間にその技術の恩恵を受けた赤子は、丸々1000年の寿命を手に入れられるが
その技術が完成した時に20歳の若者は、既に250歳に相当する年齢を使い切ってる事になる
40歳なら500年、60歳なら750年だ…今まで以上に老人の若者への嫉妬は酷くなるだろう

407 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 09:38:47.54 ID:EVoclmxt
結局延命治療が確立しても死ぬのに変わりはないんだよな

408 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 13:00:49.65 ID:nB/Oo10P
問題は未来になく今にある
たとえ永遠の命を手に入れても君らはずっと不安を抱えてるだろうよ
だって問題はそこにないもん

409 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 13:27:26.32 ID:yTdKki/l
とりあえずワロタw

410 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 13:57:07.44 ID:STFIVqnl
>>406
寿命に限りがなく人間が永遠に生きるとしたらどう予測する?

411 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 15:30:52.42 ID:UlqenU8T
寿命が無限になったら別の問題が発生するだろうね。
>>406も言ってる新しい生命、人口の問題
定年退職がなくなるという事だから就職雇用の問題もあるし
生命保険や葬儀屋にとっては老衰で死ぬ人間がいなくなるというのはかなりの痛手となる。
金持ちは金を持ったまま、権力を持った者は権力を持ったまま決して死なないから
財の再分配や世代交代もなくなり、弱肉強食の格差社会がさらに極端化する。

412 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 17:05:30.62 ID:STFIVqnl
>>411
宇宙も無限に広がってるから無限に移住すれば大丈夫、ひとつの星は何十億人までって定員制にすればよい
が、アパシー化(無気力・無感動)は避けられない。
そうなると今まで記憶や自我を消して生まれた時と一緒の状態に戻る装置をSONYとかが開発するかもしれんが
そうなるとそれは「死」と一緒だから、やっぱり生命に寿命があるのは宇宙(神?)の最善策じゃないか?

413 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 17:15:49.89 ID:F/iNPUtq
>>408
そうだよ。
解決できるのは死ぬ覚悟だけだ。

414 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 17:16:53.66 ID:ZrvkpARm
特定の記憶だけ消去できる技術が欲しい所だね
結局の所「飽きる」事が永遠を生きる者にとっての最大の敵だから
飽きた事すら忘れるぐらい記憶を自由に消去できたら
それは無限の楽しみを手に入れたのと同じだ
自我や性格を司る記憶はそのまま、趣味やレジャーの類の記憶だけ消す
見た本やテレビ番組や遊んだゲームの記憶だけ、消去する
これなら目の前に一冊の本しかなくても、何度でも楽しめる

415 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 17:23:04.72 ID:ijeGRHg7
タナトじゃないの多すぎ
そんな空想は違うとこでやってくれ

416 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 20:05:29.83 ID:tuyZm/ha
空想してもええんやで、タナトフォビアなんやから。

417 :優しい名無しさん:2016/11/28(月) 22:59:19.13 ID:zPGtyFMW
死は、決して、人生に意味を与えるものではない。
死は、人生から意味を奪い取るものであり、われわれが死を待つだけの存在ならば、人生には何の意味もない。

418 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 03:05:56.47 ID:IOrXVwOb
ママのカレーライスがいちばんおいしい

419 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 15:33:09.14 ID:MUnJdFS6
今の意識も単なる電気信号にすぎないんやで!

420 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 17:49:27.84 ID:umvUmdGx
狂っているのはアンタなんだって言われても気付かないフリ

421 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 21:30:31.47 ID:/zmRs8TS
もう長年、子どもの頃からタナトかかってるけど、やっぱり体調良いときや生活が充実してるときには比較的収まってるんだよな
つまり疲れると口内炎できる人がいるだろ、俺は口内炎とやらにはなったことがない
その代わりにタナトにはなるわけだ・・・
口内炎のほうがマシだとは言わないが・・・なんでこんな風に生まれついちゃったんだろうな・・・
まぁそんなこと言いだしたら生きてるだけマシって話になるんだが・・・
とりあえず世の中のタナトへの理解が低いのは辛い
人間、共感してもらえないと鬱になりやすいという性質があるっていうのによ
タナトになった時点で鬱病にもかかったようなもんだよこれじゃあ・・・

422 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 22:32:15.97 ID:cAUwWwJA
不老不死の世界を肯定的に描いた…というより、「不死は良いことではない。命には限りがあるからこそ尊いのだ」
という考えを徹底的に叩きのめすテーマで書かれているのが、グレッグ・イーガンの『ボーダー・ガード』。

無数の人工宇宙に、「宝石」(思春期から成人までの間にニューロン単位でシームレスに脳と入れ替わる機械)
というテクノロジーによって不老不死となった人類が10の16乗も存在している時代。

主人公・ジャミルが出会った異常に量子サッカーの強い女性・マルジットの正体は、7千数百年前に、「宝石」の開発によって
無限に増え続ける人口の受け皿となる「新世界」(人工宇宙)を創造した科学者だった…。

423 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 22:35:58.64 ID:cAUwWwJA
「このテクノロジーの特質とはまったく無関係に、敵意をいだく人々もいた。その人々は要するに、不死に反対していたのよ」

ジャミルは声をあげて笑った。「どうして?」

「一万年にわたって築かれてきた脆弁は、ひと晩で消え失せたりしないから」マルジットの答えは冷淡だった。

「それまでの人類の文化という文化は、死と折りあいをつけるという問題に、膨大な量の知的努力を注ぎこんでいた。
大半の宗教は、死についての手のこんだ嘘を築きあげ、死をじっさいとは違うものに見せかけてきた――もっとも、人生のほうについて嘘をついた宗教もいくつかはあったわね。
そして、哲学の中でもっとも宗教と縁遠いものでさえ、『死が最後には勝利する』と主張せざるをえなかったので、ゆがんだものになってしまった。
それはもっとも極端な、そしてもっともわかりやすいかたちの自然論的誤謬だったけれど、それがわかっているからといって、不死への攻撃がやんだりはしなかった。
どんな子どもにも、死は無意味で、不意に起こる、不当な、言葉にできないほどいやなものであることはわかるだとしたら、その逆を信じることが、高邁な思想の証明になるというわけ。
作家たちは何世紀ものあいだ、不死人が死にあこがれ、殺してくれと懇願するという、ひとりよがりで禁欲的な寓話を書いて、不死でない自分をなぐさめてきた。
死が追いはらわれたという現実に突然直面させられたすべての人に、いままでは死がこわくないふりをしていただけだと告白しろといっても、無理だったでしょう。
じっさい、自称倫理哲学者たち――その大半は、列車が遅れたとか、ウェイターが無愛想だったとかいう程度のことが、人生で経験した最大の問題だというような連中だったけれど――が、
この忌まわしい不死という病によって人間の精神が破壊されるといって嘆きはじめた。人間には魂を鍛えるために、死と苦悩が必要なのだ! 心底ぞっとするような自由と安全ではなく!」

424 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 22:41:22.17 ID:cAUwWwJA
ジャミルはにやりとした。
「とんだ道化がいたもんだ。だけど結局は、もちろんそいつらもプライドを捨てたんだろう? もしふたりで砂漠をさまよっているとき、
きみが前方に見たという湖は蜃気楼だとわたしがいったとしたら、わたしは最後に失望しなくてすむように、自分の意見にあくまでもこだわるだろう。
でも、いざそこに着いて、自分が間違っていたとわかったら、わたしはその湖から水を飲むよ」

マルジットはうなずいた。
「不死に反対していた中でも、もっとも声が大きかった人の大半は、結局はおとなしくなったわ。けれど、もっと巧妙な反対意見もあったの。
好もうと好むまいと、人間が現に生物学と文化を発達させてきたのは、死に直面していたからに他ならない――さらに、歴史上のほとんどあらゆる正義のための戦い、
価値ある犠牲は、苦難や、暴力や、死に対してのものだった。これからは、そんな戦いは不可能になってしまう、というのね」

「たしかに」当惑しつつジャミルはいった。「だがそれこそは、そうした戦いに勝利したということじゃないか」

425 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 22:42:01.40 ID:cAUwWwJA
マルジットはおだやかな声で、
「そうよ。こんな反対意見はたわごとだもの。そして、それを求めて何世紀も、何千年紀もかけて戦う価値のあったものは、手にいれる価値があったというのが、
わたしの変わらない信念よ。理想のために日々働くことや、ましてそのために死ぬことが崇高でありえるのは、理想の達成それ自体もすばらしいことである場合だけ。
その逆の主張は高邁な思想なんかじやなくて、一種の偽善にすぎないわ。目的地に到着することより、その途中の移動に意味かおるというなら、そもそも旅に出るべきではないのよ。
わたしがこうした話をすると、グレイスも同意した。ふたりして、“悲劇主義者”と名づけた連中の話をして笑ったわ――この連中は、来るべき時代を、殉教者も、聖者も、
革命家もいない時代だといって非難していた。第二のガンジーも、第二のマンデラも、第二のアウン・サン・スー・チーも、決してあらわれないだろうとね。
たしかに、それは喪失にちがいはないけれど、そうした偉大な指導者たちは、永遠のヒロイズムにふさわしい背景に必要だからといって、人類に永遠の悲惨さを運命づけようなんてしたかしら? 
まあ、中にはそんな人もいたかもしれないけれど。でも、その背景にされた人々は、たまったものじゃないわ」

426 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 22:44:23.38 ID:cAUwWwJA
「死が人生に意味を与えることは決してない。つねに、それは正反対だった。死の持つ厳粛さも、意味深さも、そのすべては、それが終わらせたものから奪いとったものだった。
けれど、生の価値は、つねにすべてが生そのものの中にある――それがやがて失われるからでも、それがはかないからでもなくて」

427 :優しい名無しさん:2016/11/29(火) 22:46:29.16 ID:cAUwWwJA
けれど、あなたにこんな話をしたのはまちがいだったし、沈黙を守っていられる力をとり戻すのはひと苦労だわ。
わたしはふたつの世界の境界に立っているの、ジャミル。わたしは死を覚えていて、これからもそれは変わらない。
けれど、わたしのいまの仕事は、その境界の見張りよ。わたしの覚えていることが、あなたがたの世界にふたたび広まらないようにしておくこと」
   
「わたしたちの心は、あなたが考えているほど弱くない」ジャミルは反論した。「なにかを失うことについても、みな無知じゃない」
    
マルジットは真剣にうなずいた。
「あなたのお友だちのチュソクは姿を消して(注:他の人工宇宙へ移った)、無数の他人の一人になった。それがいまのやりかた。
どこまでも深く広くなる人間関係のジャングルに埋もれて、いつまでも同じセリフを機械的にしやべりつづけることになるのを、そうやって防いでいる。
それがあなたたちにとっての、ささやかな死――こんないいかたをしたからといって、馬鹿にしていると思わないでね。
だけど、わたしはほんとうの死も知っているの。そして、信じてちょうだい、そのふたつの死は、同じものではないわ」

428 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 01:46:42.44 ID:sP5jSjiL
ヘリクツはいいから死んだら終わり

429 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 03:03:01.66 ID:G8iS7QXy
>>428
どこが屁理屈なのか答えてもらえないだろうか、パキシル君。
私は君のような、無知蒙昧な癖に人の描いた事を否定するだけのような奴が一番許せない。
きちんと読んで、きちんと反論したまえ。

430 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 04:02:47.37 ID:lJvNGFPH
こういうの書くやつはタナトじゃないんだよな
タナトってもっとシンプルで強烈なもの
死ぬのが怖い
本当にそれだけなの
死をテーマにした小説は沢山ある
けれどもタナトレベルの体感的な死の恐ろしさを語ってる著者は少ない
大江健三郎とかはガチのタナト

431 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 06:50:30.90 ID:LLjVab8b
あの世を作れば安心では?

432 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 09:19:19.37 ID:s/3FnH0Z
人は必ず絶対死ぬ こんな常識を疑ってるだけ 肉体の消滅は受容するが自我の消失はなんとか避けられるかなと感じた

433 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 10:41:16.13 ID:UykLjsXZ
個人的に生死への問題に対して慎重になれない考えが存在しないのが悔しい感じがする。
だからある程度のことは自分の頭で考えるしか他はないと思う

434 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 13:09:37.84 ID:SqFfT57s
とりあえず日本語勉強し直した方がいいよ

435 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 15:27:30.50 ID:j9W37LIO
タナトを和らげるには「今にある」しかないだろ
ビックマックにかぶりつこうとしてる瞬間はそうそう死後のことは考えてない
歩いてる時は歩いてることに集中するといい、自動思考してるから妄想に支配される

436 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 16:24:56.02 ID:3CmpcDlS
強欲だから未来を見る。

437 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 17:46:37.58 ID:SqFfT57s
でも強欲だからここまで発展した
今を生きるだけなら動物が一番うまい
彼らはタナトにはならんし、悩みもない
だがそれだけ

438 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 19:29:48.97 ID:3CmpcDlS
じゃあ俺は動物を目指そう。
いくらテクノロジーが発達したって
不幸になるんじゃ意味が無いと思う。

439 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 19:41:10.93 ID:SqFfT57s
こんなとこ書き込んでる時点で口だけだ
ぐだぐだ言わず瞑想でもすればいい

440 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 20:14:38.61 ID:na5Ou4UY
>>435
夜、寝る時はどうしたらいいの?
何かしながらは眠れないよ?

441 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 20:48:11.00 ID:mkGMc8PC
幽霊に会いてえなあ。嘘か本当かは別として霊感ある人って見えるのがもうウンザリするほど嫌いでこんな能力いらない。普通の人が羨ましいって大多数は思うらしいけど。

442 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 20:49:40.98 ID:mkGMc8PC
見えないものを信じるのって難しいなあ。ここにいる人も外国で生まれて幼い頃から宗教叩き込まれてたらこんな悩み抱えて無かったかもね。

443 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 21:04:21.07 ID:5eEtiUtY
他人が亡くなったニュース見ただけで発作が起きるようになった
もうやだもうやだもうやだもうやだ最近悪化してるし最悪だ

444 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 21:21:08.42 ID:9ITUkaTY
葉っぱのフレディ
あれは非常にタナト的でオススメ
不思議なことに読まなければいいのにまた読んでしまう

445 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 22:26:27.87 ID:s/3FnH0Z
焦燥感が止まらない イライラしてるだけで中身は空っぽ

446 :優しい名無しさん:2016/11/30(水) 22:32:10.85 ID:5eEtiUtY
葉っぱのフレディなら読んだことあるけど
今の精神状態で読んだら発作不可避だわ・・・泣き叫ぶレベル

447 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 00:55:44.58 ID:Z+oGNNSy
>>441
当たり前やろ
殆どの人間に理解されず病気だと言われる
それがどれほど辛いことか

448 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 01:13:36.21 ID:pzYvgJpL
>>440
布団の中で呼吸を観察する
4-7-8呼吸法でググるといい

449 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 02:15:45.22 ID:FfsE0cCh
>>441 >>447
俺なら幽霊がどんなに見えようが苛立ちはしないけどなあ。
普通の人にとっては幽霊なんて見えたら恐怖と絶望だけど、
タナトにとってはむしろ安堵と希望だよ。

だって幽霊がいる&見える=死後の無を否定できるんだから。
強盗に殺されるのはゴメンだが、幽霊になら殺されてもいい。
それならむしろ死後に希望を抱いて死ねるだろうな。
実は俺にしか見えていない幻覚だった、じゃあ困るから
俺の意識がはっきりしている時に、昼間の明るい時に憑き殺して欲しい。

450 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 02:39:28.88 ID:7A0wszYD
外国人も死ぬの怖い人はたくさんいるみたい。
death is scary. Fear of. deathとか、さがすとたくさんでる?

451 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 03:26:24.44 ID:Z+oGNNSy
>>449
それは見えたことないからだよ
人間いつも無いものねだりさ

452 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 03:47:52.40 ID:un2bOMWz
けどやっぱ今から幽霊来ると思うと普通に恐怖八割だわ

453 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 07:24:39.71 ID:95Ht///8
俺タナトじゃ無いけど、
今の科学でも死後の世界があるか無いかは分からないんだろ?
それならタナトの人達は死を考えない様にすれば終了なんじゃないの?

454 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 07:27:16.13 ID:3h7n601Y
自分も霊感ゼロだから、見える人がうらやましい。
葬式に出るたびに、あちこちをしっかり観察するけど、何も見えん!!

本物の霊能者がいるなら、一度でいいから霊視受けたいな。
そしたらタナト治るかもって思う。

455 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 07:45:44.81 ID:MP3rI31B
深く考えても仕方ない。
だけど、この考えに甘えるわけにはいかないから、死の恐怖を感じながら、
死について考えるという堂々巡りをしてる。
結局は死について恐怖するのも自分のプライドが関係してる所もありそう

456 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 15:31:15.41 ID:8kPYXnAI
>>454
普通にいるだろ
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/t/o/t/totalmatomedia/20131211233826_1_1.jpg

457 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 16:38:53.21 ID:2WOV/bCR
>>456
やめろや

458 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 17:42:05.19 ID:MP3rI31B
おかしな話だと思われるかもしれないけど、
霊=死後の世界がある みたいな考えに拘るから
逆に死の恐怖が増幅するんじゃない?

459 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 19:01:46.85 ID:Qjs0K1Ee
なんとも言えない閉塞感
ある時点から後には自分の自我が
世界を五感で観測している自我が無くなる
どうやったってある時点で無くなる
閉塞感に押し潰されそう

460 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 19:06:20.95 ID:3H5KddB5
これを読んでタナトから脱出
読んでみてね。

再会―死んだ家族にもう一度逢える 霊能者平田照美さんの物語

461 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 19:21:30.46 ID:MP3rI31B
神も魂も霊もいない。そして、
タナトフォビアを理解してくれる人などいない。
未練がましい、みじめなただの馬鹿だ。
無を受け入れろ。食わず嫌いするな。

462 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 20:19:21.14 ID:5KLdwQ2r
生まれてこなければ死を恐れることも無いのに
生まれてしまうとなぜ死を恐れるようになるのか。
不思議である。

463 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 20:30:03.39 ID:sfEA6dri
>>461的はずれ

464 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 21:22:50.88 ID:qG3ELBU9
絶対に死ぬという事実、、

465 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 22:29:06.13 ID:pDIvX3sf
>>441
わかる
幽霊がいるなら死と言うのも幾分怖くなくなる気がする
結局は死んだらなんにもなくなるって思うから怖いのかな
幽霊みたいがために心霊スポットなるものに行きまくったけど、結局は一回も見られてないから、やっぱりいないのかな
いてほしいなあ、見たいなあ

466 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 22:53:55.09 ID:xjpvTCuw
>>453
俺の場合は考えたくなくても勝手に浮かんできてパニック発作になる
俺にはもう死についてのんびり考えるような、そんな余裕はない、鬱と一緒になって死にたいと死にたくないが交互にきて気が狂いそうだ

467 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 23:24:05.99 ID:QBcVfUMc
最後のベッドで)それで、結局‥‥意識が自分で支えられなくなっていくということは‥‥僕にとっての死なんです。
 これまで僕は、意識というのは死とは別物だと思っていたんです。ところが‥‥ほとんど一致だということがわかってきましたね。
まず‥‥ほとんど一致だなあ。つまり‥‥ついおとといまでは、かなり高級な意識を話していたんです。そういう高級な意識を押し出して‥‥それについて‥‥論じるということが、ああ、かなりできなくなってきたわけです。
そうすると、低俗な意識も論じられなくなる。それが死にも一緒につながってくるんだなあ‥‥。そういうことがわかってきたんですね。

468 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 23:34:54.03 ID:wqiBk96O
タナトで真剣に試行錯誤する それがオレに与えられた使命 ミッションだと言い聞かせている

469 :優しい名無しさん:2016/12/01(木) 23:59:21.28 ID:QBcVfUMc
>>467
 岩井先生が腹腔内の癌(ニューロ・エンドクライノーマ)に罹っていたことが判明し、しかも検査認定後まもなく葡萄膜炎で半ば失明状態になったのは、1985年の夏のことだった。
しばらくして先生から電話をもらった。声はいつものように太く、低かった。あの、いつものお得意カンツォーネが上手な響きわたる声だ。
ところが中身はただならない。「癌にかかりましてね、いつ死ぬかわからない。ついては頼みたいことがある」というのだ。
 すぐに吉祥寺のお宅に駆けつけたところ、「松岡さんからいろいろ聞いてもらい、ぼくはせいいっぱい答えるので、その言葉を記録してほしいんです。途中でぼくが死んだら、あとは松岡さんの裁量にまかせます」。
 なんということなのか。先生が死に向かって語りたい?それをぼくが受け止める?最後のインタヴューをしてほしい?とんでもないことだ。

470 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 00:51:23.49 ID:1WJ4W2wR
>>465
これはどう解釈する?
回収騒ぎになった某学習塾のパンフレットだが、もしトリックだとしても塾の売名行為のためにこんなことをする必要がある?
大学受験のためにどの塾を選ぼうとしてる高校生が縁起でもないこんな写真見たらこの塾は選ばないだろうな、トリックの可能性は低いと思うぞ。
http://blog-img.esuteru.com/image/article/201307//7203b852bb0f1a8516842954ad06c796.jpg

471 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 02:38:13.39 ID:epqoJbAs
魂の存在を少しでも肯定しないと正気が保てない
死ぬことそのものより無という概念が怖い
永遠とか無限なども考えるだに恐ろしい

472 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 03:43:09.57 ID:ioOxMShC
俺だって信じたいさ
でも考えれば考えるほどあり得なさそうなんだよ
ボケた老人の自我はどうなってる?
寝ているとき私はどこにいる?
そのまま目覚めなければ存在は終わりか?
大震災、人災などで簡単に命は消え行く、何の意味が?理由が?
地球が生まれる前私はどこにいた?
人口はどんどん増えてきてる
私はどこから来てどこへ行くの?

473 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 03:53:03.95 ID:hR/pK7RU
身近な人間の死は本当に堪える
いずれは自分の番というのを改めて認識させられる

474 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 08:30:54.25 ID:sn0EoYiK
>>470
これってただ単にこの女の子の彼氏が後ろに隠れて彼女のアソコを愛撫してる
だけだろ?

475 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 13:15:54.75 ID:F9qZ9ADF
死の恐怖感や虚無感にヤケクソになって、無神論者・唯物論者を装って
同じ死の恐怖を感じている人を合理的・世間的な感じに貶めてやりたくなる時がある

476 :優しい名無しさん:2016/12/02(金) 16:53:24.47 ID:F9qZ9ADF
本当にいい加減にしろと思う。死んだらどうなると思う?みたいな話する奴。
死んでみたらいいじゃねーかよ

477 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 01:38:22.16 ID:M69nqwCj
狂っているのは自覚しているが 死んでみりゃいーじゃんにはワロタ

478 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 02:38:28.73 ID:pAWY5pYp
爆報フライデーで故ユッコの特集やってた
急がなくても人は必ず亡くなるのに

479 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 02:38:45.97 ID:kjWPHM8c
タナトフォビアの団体というか、コミュニティみたいなものはないんですかね

480 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 02:43:29.71 ID:kjWPHM8c
それが宗教だったりするのかもしれないけど、この現代社会において、オカルトや神秘性無しに現実的に死を直視しようというコミュニティがあってもいいと思うんですが

481 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 05:20:00.84 ID:PoKXt5Wu
死を隠蔽することはかなり問題視されていて、死の教育というのは注目されてきてるよ
アルフォンスデーケンとか日本では有名かな

482 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 08:36:06.97 ID:cU8Wo5XY
>>481
やっぱり日本の場合、タナトフォビアが受け入れられづらいのは穢れを嫌う文化があるからなんですかね

483 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 10:23:36.37 ID:gBz7yP6e
タナトフォビアって友達ができない人とか、周囲に馴染めないという悩みを抱えている人がなりそう。
偏見かもしれないけど、人間関係が充実してる人は生きた証を人々に残せるみたいな感覚がありそうだから、死に対する恐怖みたいなものはないと思うんだ

484 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 13:47:09.49 ID:CBypMjea
>>470
あ、これ前にどっかのスレで見たな
幽霊の手で影ってできるんだろうか?とかそんなことばっか考えてたわ
信じたい気持ちはものすごくあるんだけど、実際生で見ないと信じきれない
でも、こんな人間だから生で見ても、どうせ幻覚だろうとか思ってしまいそうで嫌だ

485 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 13:48:17.50 ID:CBypMjea
>>483
はい、友達いません
電話帳は家族と職場と、よくわからん通信販売の会社の番号だけだ

486 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 18:54:23.55 ID:gBz7yP6e
釈迦やキリストなどの偉い人の死生観を
タナトフォビアなりに疑った事ある?
「それが真実だとは限らんでしょ」みたいな感じに。

487 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 20:05:07.67 ID:r5zQZAWF
>>486
釈迦は典型的なタナトだと思うよ
あの時代にあって、王族だから何不自由なく暮らし考える時間も多かったんだろう
それが生老病死へと意識を向かわせ、結果出家したんだろうよ
キリストは知らん

488 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 20:25:22.27 ID:gBz7yP6e
キリストや釈迦の死生観が常に正しいし、真実であり真理であるとは限らないからね
死生観はさまざまだし、そのどれかに良くても悪くても真理である事を見いだすのは危険だ

しかも、人生の無意味さを受け入れられるのは友達や信頼できる仲間がいる事に他ならないような気がする。
だからそういう部分もあるから、孤独を受け入れて、死について考えざるを得なくなるんだ。
一番悔しいのが、個人的にタナトフォビアは頭の悪く、価値の悪い人だと思われてる事。

489 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 22:18:49.57 ID:Lf9wrqjR
>>423

>それまでの人類の文化という文化は、死と折りあいをつけるという問題に、膨大な量の知的努力を注ぎこんでいた。

>大半の宗教は、死についての手のこんだ嘘を築きあげ、死をじっさいとは違うものに見せかけてきた

>哲学の中でもっとも宗教と縁遠いものでさえ、『死が最後には勝利する』と主張せざるをえなかったので、ゆがんだものになってしまった。

>作家たちは何世紀ものあいだ、不死人が死にあこがれ、殺してくれと懇願するという、ひとりよがりで禁欲的な寓話を書いて、不死でない自分をなぐさめてきた。

確かに、そのとおりだよなあ…

490 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 23:03:26.16 ID:r5zQZAWF
>>488んーまぁ普通の人から見たら気持ち悪いだけだろうね
「そんなこと気にしてる暇あるなら人生もっと楽しんで有意義に過ごせばいいのに」
この言葉は論理的に考えても正しい
だけど死に取りつかれたタナトは中々そこから出られない

491 :優しい名無しさん:2016/12/03(土) 23:35:17.29 ID:z+b+0Z+V
なんかよくわからんのだが、このスレにいる人は皆が皆パニックに悩んでるわけじゃないのか?

>>5も読んだけど、俺は発作性タナトフォビアってやつらしいから死について考えるだけで辛い目に合うし
できれば死について考えないようにしている(それなのに勝手に思い浮かぶから辛いんだが)

けどこのスレに長文書き込んでる人は大して怖がってないように見えるし、むしろ死について考えたがってる感じだ
死について考えるのが好きって感じに見える

それとも慢性型タナトフォビアの人なのか?だから、発作が来ないからひたすら死について考えてるのか?

492 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 00:50:39.63 ID:rmXKIJM2
>>478
岡田有希子が自殺した後、フジテレビの夜のヒットスタジオ(生放送)に岡田有希子の霊体が現れたという
生放送中だから視聴者から「岡田有希子の霊が画面に映ってるぞおい!」ていう電話が全国から殺到したっていう

493 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 01:21:08.81 ID:rmXKIJM2
結局タナラーって詮索気質なんだろうな
買い物なんかも衝動や直感やなんとなく買うなんてことはあまりなくて
デジカメひとつにもヨドバでカタログ全部持って帰って吟味してから買うタイプだろ?

494 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 01:24:43.21 ID:F8thc5p5
評論や哲学ごっこしたい奴は他にスレ作ってここから出ていけよ

495 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 10:08:23.78 ID:+XFGwfyr
人によって違うからな。
克服していこうとしているかどうかもあるし。
克服するにも宗教とかに行くのか、忙しくして考えないようにするのかで違うし。

496 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 10:50:21.96 ID:e3B5JcOQ
釈迦の死生観は確か
「死後の世界があるかどうかなんて分からんじゃろうし、とにかくそういう事を
考えてまうから心に迷いが生まれるんじゃ、考えんとき」と"無記"を主張したんだよな。
もう無記でいいと思うよ。タナトフォビアを解消する、っていう意味で。

497 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 12:23:09.69 ID:e3B5JcOQ
死の恐怖を持っている人の思想や信念を煽るような嘘記事出てきやがれってんだ

498 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 14:31:15.54 ID:e3B5JcOQ
>>493
真実を求めるまでとことんやらないと気がすまない感覚だろ?

499 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 17:45:43.82 ID:a59ICwOh
>>491
俺も発作あるよ
つーか不安障害あるからタナトもその中の一つに過ぎない
ここの人らは殆ど日常生活はまともに送れてると思う
緊迫感がないもの

500 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 20:52:48.21 ID:e3B5JcOQ
>>499

一応まともに生活は送れてるんだが、死の虚無的な恐怖を感じながら
どこかヒヤヒヤしながら生活してる。

501 :優しい名無しさん:2016/12/04(日) 21:38:31.61 ID:36dLrfSr
寝る瞬間とか、そのまま死んでしまうような気がして怖くて寝られないわ

502 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 01:07:01.47 ID:fjJVBMDd
俺も睡眠は怖いよ このまま目が冷めなかったどうしようと怯えながら寝ている

503 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 01:20:20.44 ID:DSPfBh7q
そう、それなんだ
それが一番恐怖なんだよね、寝る瞬間のあのカクッと落ちる瞬間
あれがくるたびに、ビクッとして強制的に目が覚まされる
結局マイスリーのんでも寝付けない
だれかとこと恐怖を分かち合いたい

504 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 03:29:31.38 ID:fjJVBMDd
眠りたくないけど今日も仕事へ行かなきゃならんから仕方なく眠るよ
おやすみ ちゃんと目が覚めますように・・・

505 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 04:09:01.23 ID:+5jCQpH6
すげーわかるわ
眠気が来たら不安発作起きてたわ
今は少しましになったけどめっさ辛いよな。悪夢ばっかみるし

506 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 07:15:15.59 ID:SGheg9q8
>>504
仕事何時から?寝るの遅すぎない?大丈夫?

507 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 12:44:51.90 ID:9UXkION6
おすすめできるかどうかは知らないけど、
住職の筬島さんのブログが少し参考になるかもしれない。
Googleで「ぐーぐーぱんだ」とかで検索してみ

508 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 14:20:48.06 ID:Fn+Oc72y
寝落ちたまま目覚めないかもしれない恐怖感を
後から思い返すと馬鹿だなって思えてたのに
最近昼間まで鬱っぽくなって否定できなくなってきた
とにかく考えに取りつかれると本気でそう思っちまうんだよな

509 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 15:45:57.21 ID:k9EAY1Fn
人生辛くなってくれば寝るときに
寝たらそのまま目が覚めなければいいのにな、
と思うようになるよ。

510 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 16:16:11.52 ID:t6uw5Tou
ちょっと身体に不具合あるともう駄目だわ
ガンとか不治の病を妄想してしまう
夜が怖い、死は畏怖

511 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 16:17:17.81 ID:ZrdZJP9p
俺の場合逆だな
若い頃は目覚めなきゃいいのに
死にかけて死の恐怖を覚えてから死にたくないになった
よく死にたい死にたい言うてるのは無知で視野が狭い。ある意味幸せだった。
死に救いを見いだせていたから

512 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 16:58:55.06 ID:Fn+Oc72y
>>509
死にたくない衝動に対して死にたい衝動を提示されると困るわ
正直どっちも嫌だよ
死に憑りつかれてるという意味では同じだろ
俺はもう死なんてどうでもよくなりたいんだよ

513 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 17:11:43.46 ID:4JtpFwm8
客観的事実に主観的な事実は包括される。
この考えでいくと、脳の働きが停止すれば、深い眠りに近い"無"であることは
ほぼ、確実である。だから、魂といったものも無く、死後の世界はないし、無である。
そして、永劫回帰といった一回生の連続という都合の良い考えがあるが、
カオス理論によって、完全にもう一度の生というものが完全に否定できる。
よって死後の世界、死後の生、転生、来世はなく、ほぼ100%
死後は無であることが証明されている。人生に意味はない。
そして、あなたが年を取っても、生まれつきの人間関係の築きにくさがある限り、
あなたのことを思ってくれる人や、好きになってくれる人など存在しない。
親や家族といった存在も、自分だけ良ければよく、あなたのことを思ってくれる人
など存在しないのである。
あなたのために思ってくれる、してくれる、神様のようなもの、人なんていないのである。
人は汚い。悪である。そして死ねば無である。
あなたは最初から無だったも同然。あらゆるあなたのすること全ては無意味なのである。
って誰かが科学者だったか哲学者だったか証明してたな。真実だよこれは。

514 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 17:12:27.84 ID:4JtpFwm8
いないものはない。いないものは永久にないまま。全て脳にたまたまうまく残っているだけ。
ダメなものはダメ。寂しくてもダメなものはダメ。当たり前。死ねば無。

515 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 17:36:03.54 ID:F/i2TLDs
>>479
ツイッターおすすめ

516 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 17:46:21.56 ID:fjJVBMDd
>>506
9:00からだよ 眠いけどなんとか今日も仕事終えられたわ
こんな生活してたら絶対長生きできないな 皮肉なもんだ

517 :優しい名無しさん:2016/12/05(月) 23:56:33.02 ID:5+iuK0xm
無駄な長文ばっかで中身があるものないな
この程度かい

518 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 00:02:32.85 ID:NgqMYgJw
タナトになってからは心の貧乏ゆすり 安心する事が出来なくなった

519 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 02:46:37.19 ID:+KOT7bQr
人生の3分の1が睡眠て不思議じゃね?
例えば神様なり宇宙なりがこの世界を創ったとして睡眠込みで人生90年じゃなくて
人間は睡眠しなくていい身体で人生60年でもよくないか?
そうなると「睡眠」に何か秘密があるような気がするわ
例えば俺たちは実は水槽の中の脳か、あるいはこの人生はゲームの中の単なる仮想現実で
真のプレイヤーがデータセーブしてる時が俺らの睡眠状態とか・・

520 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 04:22:39.13 ID:L4osBm0p
今を精一杯過ごしていたら死んだらどうこうなど
何の根拠も無いくだらない発想などしない

521 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 05:15:34.93 ID:p+vjxY3k
分かるわ
そんなこと自分に言い聞かせながら生きてるんだよね
口だけでさ。本当に今を生きてるやつはそんな時間こんなスレこねーもんな

522 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 08:26:04.67 ID:Wu2nVtmY
俺は精一杯なんて生きたくない
できるだけ楽したいし、自分のやりたいことだけやって生きていきたい

そもそも、精一杯生きてたらこの世のことについて考えられなくなる
本当はそれが一番恐ろしいのかもしれないよ
精一杯生きて、死に際になってやっと考えられる時間ができるんだろう?
それじゃもうすでに時遅しなんだよ

死について考えて自分なりに理解、納得したい

523 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 09:47:35.43 ID:UGOVpXLM
極論として、考えない方がいいなら人間の考える能力要らないじゃんってことになるわけで。
他の動物って何考えて生きてるのかわからないけど。

524 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 11:41:24.83 ID:WRtpfif7
ヤフー知恵袋、教えてgooは死の恐怖を解消するのにはどうにもならんからな。
死の恐怖を和らげてくれるような回答者に依存したり、
死の恐怖を煽るような回答者にムキになったりしたら、
ダメだ。

525 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 15:28:11.92 ID:cnxdI+At
>>522
君は神風特攻隊にはなれないよ
なれても途中でエンジントラブルを装って不時着するタイプ

526 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 17:04:58.08 ID:q1NJrVlr
死んだら無→何で無?→心も魂も記憶も人格も脳内の電気信号にすぎない→人間も物でしかない

これに気付いた時発狂しそうになった
死ぬのが怖いとかあの世がない事よりもこっちのほうがショックだった
要するにロボットと人間の違いなんて無機物か有機物の違いでしかないって事じゃないか
体の中に機械が入ってる電気で動く物体か血が流れてて内臓が入ってる物体か、
その程度の違いしかなくて俺たち全員ただの物じゃないか…

527 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 17:26:14.93 ID:Wu2nVtmY
>>525
特攻だなんて、そんな愚かな行為したくもないけどね
同じ立場になったら、なんとしてでも逃げようとするし
そういった人間に親近感を覚えるし、讃えるね

528 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 21:03:36.22 ID:gzgITBdi
高校生の頃、特攻隊員として出撃している夢を見たことがある。

唯物論者でありながら「前世で実際に体験したことなんじゃないか」と思ってしまうくらい妙にリアルな夢で、
目前に迫った死への恐怖もとてつもなくリアルでおぞましく感じられた。

まだ若くて健康な肉体が自爆攻撃を強要されて間も無く四散させられるという理不尽さへの怒り、悲しみ、絶望の中で、
とにかく「死にたくない」「どこへどうやって逃げようか」ということをグルグル考えているうちに目が覚めたが、
しばらく放心状態だった。

529 :優しい名無しさん:2016/12/06(火) 22:07:43.25 ID:WRtpfif7
タナラーって波があるよね。
「死後の世界とか、生まれ変わりとかあるんじゃね」っていう時と、
「死んだら何もない。まさに生まれ変わりも霊界もない無。」っていう時があるんだよね。
それはなかなか否定できんじゃろう

530 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 01:43:21.88 ID:phqLn4HH
>>526
例えば交通事故で自分の腕が切断されて地面に転がっていた場合、痛くても意識はしっかりしてるなら
その腕を見て「あぁ・・俺の腕だ・・」てほとんどの人がなると思うけど
毎朝トイレでウンコした時に便器の中を見て「あぁ・・俺のウンコが・・」とはならない
自分の身体から離れてしまうと爪や髪の毛やウンコは無視するのに腕だったら自分の所有物感が強い、ならどこまでが自分かと思うわ。
未来に科学が発達して脳みそと電極だけで生きていける状態になったとしても
脳みそなんてたんぱく質とかで出来てるんだし電気信号で記憶やら感情が機能してるだけ
そうなると本能という電気信号が死や無は怖いってプログラムで動作してるだけなんだよなぁ・・

531 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 06:55:21.69 ID:dNNUTFeN
そう、唯物論に沿ったら結局は脳の問題

532 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 11:57:14.20 ID:6eLlV/jW
でも、その考えでいったら脳の化学反応の積み重ねをうまく集めてそれらをうまく何らかの機械や物に収束できたら、その体で生きていけるんじゃね?っていう
だけどこのやり方は矛盾があるから、唯物論が完全に正しいし、他の間違いを認めない根拠にはならない

533 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 11:58:56.33 ID:6eLlV/jW
脳による動きじゃなくて、脳内で起きてる化学反応の組み合わせで考えた方がいいかも。脳にあるような働きが他の物にあったり、他の物で再現できるのかどうか
死の恐怖もあるから、死は永久の無っていうのは何となく矛盾してるし、俺としては受け入れがたい

534 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 15:41:15.30 ID:LDGx2rzE
>>530
腕は自分の意思で動かせるし気持ちいいとかの感覚あるし
切断されたらもう生えてこないから失ったらショックなんだと思う。
あと切断した痛みもキツそう。
ウンコはそもそも体の一部じゃなく食べたものが栄養吸収された
残りカスだし。

535 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 18:22:49.87 ID:EaeQs0K5
若い頃は多少霊感があったから、死が怖くなかったけど、
最近、霊って残像みたいなもので、結局は消えてなくなるものだとわかってきて、また死が怖くなってきた
不思議な力がある人は確かにいるし会ったこともある
でも、それも霊感というより、人間が動物のころ持ってた本能をそのまま持っている感じ
普通の人でも背後の人の気配って見えてなくても分かる 力がある人は遠く離れた人の気配や雰囲気も分かる

536 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 18:29:20.63 ID:rC1lYdg3
ツイッターで話した人で、50代後半の人でも死が怖いっていうのがあるらしい。
50代後半つったら還暦やろ。考えるわ。。。。
霊がいないという現実を見ない方がタナトフォビア的には幸せなんだろうか。。。。

537 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 18:29:46.22 ID:rC1lYdg3
絵描いてる人はタナト持っていそう

538 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 20:13:41.37 ID:2we1JmGy
やっぱり信仰を持つしかないわ、それ以外救われない
死を頭で理解しようとしちゃだめだ
信じることで恐怖が緩和される

539 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 20:34:58.46 ID:KKknTMsb
生きている限り死の恐怖に苛まれ続けるなら
恐怖からの解放は死しかないという

540 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 21:59:04.79 ID:RUHBZ0M0
>>536
寝たきり90歳女性のお言葉
     ↓
「まだ死にたくないの・・。もっともっと生きていたいの。
今までなんとなく信じていた冥土や極楽なんて場所は
本当はおとぎ話の中の世界なんじゃないかと思うのよ。
きっと、極楽も天国も実際には何処にもないのよ。
ワタシ・・焼かれて骨になっておしまいなの?
この部屋の窓から見える桜が全部散ったらワタシは死ぬのかしら・・
嫌よ!そんなの絶対に嫌だわ。
もっともっと、もっともっと生きたいのよ。
お願いだから必ず延命治療をしてね。」

http://towardthelastgoodbye.blog136.fc2.com/blog-entry-181.html?sp

541 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 22:12:49.64 ID:+JHo6L4o
>>540
リンク先の最後の文が正しいとすると、タナトは自我が正常に働いていないということになるね。

>それでも、人間は多くの歳を重ねても、また死に近い身体状況に置かれていても、
>自我が正常に働いている限りは、自分という人間が明日にはこの世にはいない。
>などとは決して認知しないような都合のいい脳を持った都合の良い生き物なのかも・・。

542 :優しい名無しさん:2016/12/07(水) 22:13:00.20 ID:zv8Ng0oT
頭おかしいと思われるかもしれないけど、どうか聞いてほしい。
長年、タナトフォビアで悩んでいました。
今も怖いし、夏に発作がひどかったときは、叫び回って暴れるのが止まらなかった…。
宗教がんばっても、なかなかよくならない。
でも、最近2chで勧められて、ニールドナルドウォルシュの神との対話って本を読んだら、だいぶ楽になってきた。
今日届いて読みはじめたんだけどね笑
懐疑的なタナラーにも、納得できるような対話形式でかかれている。
まあ、始まりは、神様に怒りの手紙を書いてた著者が、急に無意識にペンが動いて、その言葉が神のものだったっていう感じで、うさんくさい感じなんだけど…笑
でも、読み進めると、すごく納得できるんだ。
私、まだ怖いままだし、説得力ないかもしれないけど、同じ悩みを持つ皆さんにもぜひ読んでみてもらいたい。
タナトフォビア乗り越えて、人生謳歌しようよ。私もそうしたいし、痛いくらいわかる同じ悩みを抱えたこのスレの人たちにも、そうなってほしいな。

543 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 01:13:55.28 ID:EeK/GnSY
丹波哲郎て生前自ら「私は霊界の宣伝マン、死後の世界は必ず存在する」て言ってたけど
丹波さん亡くなった後幽体になって宣伝に来ないのは何故?

544 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 04:38:47.01 ID:iJOZewFQ
寝るぞおらあ! 酒のミスぎてベロべロだから恐怖なぞくそくらえよ

545 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 07:01:31.47 ID:F4O82rdC
>>542
オススメの本教えてくれてありがとう!
読んでみよう

546 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 12:52:34.28 ID:d7zCs+Rt
死後の世界なんてあるわけ無い。待ってるのは無無無

547 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 13:55:04.37 ID:OxXtoTGM
>>542
それも「神との対話」も読んだ事あるな。

個人的には、ここの人には、禅とかお勧めかな。生死を明らめるというね。
ただ、今の仏教界は形骸化しているから、きちんと修行出来る所や正師が、
極端に少ない、という点が問題かな。

正師につかないのなら、かえって禅などやらない方がマシかもしれないしね。
間違った事を覚えるぐらいなら、何も知らない方がましというね。

548 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 13:55:29.49 ID:OxXtoTGM
>>542
その「神との対話」も読んだ事あるな。

個人的には、ここの人には、禅とかお勧めかな。生死を明らめるというね。
ただ、今の仏教界は形骸化しているから、きちんと修行出来る所や正師が、
極端に少ない、という点が問題かな。

正師につかないのなら、かえって禅などやらない方がマシかもしれないしね。
間違った事を覚えるぐらいなら、何も知らない方がましというね。

549 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 13:55:43.36 ID:OxXtoTGM
連投すみません。

550 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 15:20:36.13 ID:Mkardf3m
従姉妹が学校で習っているような内容です。
キリスト系の大学ですが 死の教育とかやっているそうです、授業で。

551 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 16:56:23.83 ID:I9hoURH2
今ある生から逃げてるから死にばかり目が行くんじゃないの?
いつか死ぬことよりも、今生きてることに目を向けろよ、喚いても変わらないぞ、何も変わらない

552 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 17:44:00.01 ID:iJOZewFQ
いつか必ず死んで無になるのなら
人生とは何なのかと考えてしまう

553 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 18:44:42.57 ID:oliVPkcv
正師って仏教では今の時代少ないよね。
ちょっと昔なら友松円諦とか鈴木大拙とかいたけどさ。
でも最近有名になってる苫米地英人って言うお坊さんはどうなの?
宮崎哲也さんとかにも認められた凄い人らしいけど。

554 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 18:48:32.09 ID:Mkardf3m
私も もっと早くから 

従姉妹のキリスト系の大学に通っていたら良かったのかもしれない。。

555 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 19:11:23.13 ID:I9hoURH2
>>552
人生をかけて残したいものが見つかってないからそう思うんじゃないの
つまり、「いつか死んだら無になる」という価値観を持った時点で、お前の人生は無なんだよ
人生とかいう主観の固まりは自分で意味づけることで意味を持つんだよ

556 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 19:12:32.42 ID:v0Peil+N
>>553
確かに正師は今は少ないですね。
ところで、苫米地英人って僧侶だったんですか?確か脳機能学者だった気がするのですが?

557 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 19:17:04.06 ID:v0Peil+N
>>553
何にせよ、苫米地英人さんに関しては、あまり多くを知らないので、私には解りません。
すみません。

558 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 19:24:01.74 ID:Cyid+hJZ
ブッダは確か「死んだらどうなるかわからんから、とりあえず今を生きろ」っていう答え
なんだろ?生きるために生きてるんだから、自分の意思に反して死が訪れることはないよ。
根拠はないけど。
確固たる何かの信念を持て。難しいけどさ

559 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 19:39:43.02 ID:I9hoURH2
>>558
そうなんだよなー
なんかこのスレ見てると、ここにいる人たちは自分の人生に迷ってるように見える
死とは人生の終着点、すなわち死を考えることは人生を考えることと同義
だから死を恐れている人は、自分の人生を恐れているに等しいと自分は思ってる

ブッダが「死んだらどうなるかわからんから、とりあえず今を生きろ」と結論づけたのなら
「人生どうなるかわからんから、とりあえず今を生きろ」と言ったも同じということだ

560 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 19:41:24.73 ID:jAT2i781
それなら他の動物の方が優れている。

561 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 22:07:01.30 ID:VGQJdwyI
>>543
インチキ霊能者のトリックを暴きまくった事で有名なハリー・フーディーニも
死ぬ間際に妻に、死後の世界があったら必ず連絡をすると言い残して死んだが
妻に連絡が来る事はなかったそうだ

ちなみに彼がオカルト暴きに必死になっていた動機は、
自分でも暴けない正真正銘の本物の霊能力者を見つけだして
亡くなった母の霊を呼び出して欲しかったからだそうだ
あの世や霊を「信じない」のではなく、「信じたかった」からオカルトハンターになったそうだ…

562 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 22:23:13.07 ID:ndyNYTo7
タナトフォビアの人って、ものすごく利己的で、自己中心的で、疑り深くて、悲観的だよな。
自分にこだわりすぎるから、そんなに怖いんだよ。
他人と寄り添おうとせず、常に孤立してる。自分の考えが最も素晴らしいと思い、他人を見下す。だから、誰も深く関わりたがらない。
自分の考えが、感情が、すべて。その苦しみは自分が望んで作りだしてるものだと思うね。
もっと、人と関わって、愛し合った方がいいと、思う。自分しか、あるいは自分を愛してくれる人しか愛せないから、そんなにわびしい人生を送っているんだよ。

563 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 23:11:42.34 ID:TLHBETKB
>>561
信じたかった、か。俺もそうだよ。
あの世や生まれ変わりや神や幽霊を、信じたいよ。
何故信じないではなく信じたいのか?無になりたくないから、
無になるのを認めたくないからだよ。

あの世なんてねーよ死んだら無だよ無wwwって笑いながら言ってる、
信じたいではなく最初から信じていない人が羨ましいよ。
その人は病気を抱えたり瀕死の重傷を負うまで、死の恐怖を味わう事はないだろうから。
俺はオカルトを信じないが、信じないからこそ死が怖い。いや、無が怖い。
そして、信じないからこそ信じたいのだ。言葉にするとおかしいが。

564 :優しい名無しさん:2016/12/08(木) 23:14:40.72 ID:7AjdCr0p
無理して人に寄り添うなんて偽りの人生はまっぴらゴメン 死に向き合って真剣に思考するよオレは

565 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 00:01:37.32 ID:tEc7T6c2
真剣に思考できるんなら恐怖症じゃない気がするんだが。テンプレ読んでんの?
>これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。

566 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 00:46:08.18 ID:bOfyARc1
町内会に出席すると俺以外は60代70代の爺様ばっかりなんだけど
皆生き生きしてるんだよね
彼らはもう身近に迫った死が怖くないのだろうか 聞いてみたい(んなこと聞けるわけないけど)

567 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 01:27:14.42 ID:yJ4dZhWK
母が死ぬ間際に死んだら化けて現れるね、って約束されて、結局現れなかったけど、そんなひょいひょい現れることできたら現世との交流し放題だし霊体が仮にあったところで出来ないのかなとも思った
もちろん死後が無という可能性も否めないが。
でも死後が無だろうがなんだろうが死ぬの怖い

568 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 01:38:10.36 ID:0TKAPM2L
>>562
それは違うと思う。色んなケースがある。こんなクソみたいな考え素晴らしいなんて思わないよ。今を懸命に生きてる人の方がよっぽど素敵だよ。それにむしろ死に触れてから感情的になった。

569 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 01:45:56.95 ID:FpuQKr7G
>>562
はげしく同感。
もちろん俺も含めてタナトフォビアとは自己中。

570 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 01:51:41.32 ID:0TKAPM2L
というか最近は死だけでなく感情すらも怖くなってきた。魂がないとすると恐ろしく無機質な世界に思えてくる。喜怒哀楽がただの化学反応だし。そう考えると人間って頭脳の発達のために考え過ぎるリスクを負ったバグみたいな存在だな。

571 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 06:12:35.45 ID:vXWrNDkk
年寄りでも人間て自分はすぐには死なないと思って生きているんだよ。
実際に自分が死ぬとなると、え?俺死ぬの?って以外に感じる方が普通。

572 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 06:57:40.32 ID:KH1qJ/9T
いいたいことわかるんだけどさ、利他的であってもそれって
死から目を背けてるだけじゃないの?

573 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 09:05:18.94 ID:aZqg1G2a
>>572
ほら、そうやって思うじゃん。
利他的であったって、意味ないんだ…どうせ終わるんだ…って、考えに捕われている。
行動する前から利他的になろうともしない。
それが利己的なんだよ。
自分のことしか、考えない、自分の考えがすべてでそれを、かえられない、かえたくないと思ってる限り、過度な恐怖はおさまらないよ。

574 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 14:55:27.85 ID:SJxoziYa
死んだらどうなるかわからんけど、生きる事そのものが目的だから、生きろっていう
考え方であった方が健全だろうな。

皆さん、死は怖いだろうけど、しっかり死には向き合いましょう。
>>562さんの言うとおり、
死の恐怖を出来る限り抑えるためにも、好きな事、向き合ってくれる人を
大切にしましょう。

575 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 14:57:42.90 ID:SJxoziYa
多分、タナトフォビアってぼっちとか人に馴染めない人がなりやすいと思うんだよ
人に馴染めないから、常に非現実的(目の前の事以外の宇宙とか、
予測不可能な出来事(人生とか、死とか))な事を考え出すんだよ。

利己的というか、ただ自分を相手に表現する術がないだけ。良くも悪くも
人とは関わったほうが良い。

576 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 19:07:54.15 ID:KH1qJ/9T
人と関われば関わるほど、人間のことが嫌いになるんだよね

577 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:07:26.68 ID:XkQjYcse
最後には運命だから仕方がないと諦めはつくっていうのはあるけど、
まあ、大抵は実際に死にそうになったら俺達と似たようなもんだよ。

578 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:19:27.71 ID:tt3TO0Dj
自己啓発型解決策ありがトゥース

579 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:20:56.13 ID:LeMqDW0K
>>577
同じであってほしいと願っているだけ。
同じように恐怖を感じていてほしいと願っているだけ。
人は本当はもっと自由だ。
恐怖感じない自分になれる。心からこれを知ることができれば。
同じ気持ちの人をここで求めたりネット上で、探し回っているうちは何も変わらない。

580 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:23:38.42 ID:XkQjYcse
そんなこと言っても実際に見てるからね。

581 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:25:58.75 ID:LeMqDW0K
今の思考は、いつのまにか親や社会から植付けられたものだ。
あまりにも自然なので自分のものだと勘違いしている。
その恐怖も、自分で生み出してしまっている。
みんなには、愛や希望を感じる力が、最初から備わっているにも関わらず。
愛や希望は作り出せるものだ。
怖い、恐怖を感じたくない、と思っている時点で、あなたは恐怖を感じる自分を作り出している。
おそらく、恐怖を感じることで、生の喜びを見出だしたいのだろう。
しかし本来喜びは不安がなくても感じられるものだ。
自分の心は自分で自在に動かせる。
同調する人を探すのはやめて、自分自身の本当の喜びを探求するといい。

582 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:27:21.12 ID:LeMqDW0K
>>580
見たものがすべてなのか?
自分をそうやってまた、不安に追い込む。

583 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:31:28.78 ID:XkQjYcse
俺は他人からかなり快活だと思われているんだけどな。
人によってはどこか二重性があると見抜くみたいだが、それでもこんなのだとはかんがえていないだろう。

584 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 21:36:41.23 ID:tt3TO0Dj
モーガンフリーマン始まりますよ 復習の時間ですよ

585 :優しい名無しさん:2016/12/09(金) 22:34:36.17 ID:ulTzVF8H
出産してから半年間死に囚われてて検索してたどり着いた
生についての強烈な体験から、
子の立場が今の私の立場になり、父母の立場になり、祖父母の立場になり…
という連鎖に気づいちゃった感じ。
至極当たり前なんだけど本当に今更気づいちゃった。
わけがわからなすぎて人に言えないけど、ここにいる人ならわかってくれるかな。怖い。

586 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 02:19:50.89 ID:EgWvsx1D
>>585
>検索してたどり着いた 生についての強烈な体験から、
子の立場が今の私の立場になり、父母の立場になり、祖父母の立場になり…
という連鎖に気づいちゃった感じ。

まだ学生(男)だからよくわからないです、kwsk!

587 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 03:50:23.92 ID:LkxTTTlL
世の中は自分が中心で回ってる訳ではないので
いなくなっても何も変わらなく時間だけが過ぎていく

588 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 04:03:55.55 ID:/zZbJiMk
自我があるから死ぬのが怖いんだと思う。

589 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 10:56:27.92 ID:6nkrUAEU
>>573
一理あると思う。

科学的にも、利他的な行為をする…つまり他人に親切にすると、オキシトシンというホルモンが分泌されて、
多幸感や高揚感を得られることがわかっている。
これが、一銭の得にもならないにもかかわらず熱心にボランティア活動を行う人が絶えない理由であり、
ボランティア業界には「ランナーズ・ハイ」ならぬ「ボランティア・ハイ」という言葉まであるらしい。

さらに、オキシトシンが分泌されると、セロトニン神経の活性化→神経伝達物質セロトニンの分泌という流れになり、
脳の状態が安定し、心の平安や平常心を保つことにも寄与する。

過剰な死への恐怖や厭世観が脳のはたらきによって生み出されているのなら、利他的な行為をすることによって
脳内神経伝達物質やホルモンの分泌を改善するという物理的な手段で解消できる可能性もあるのではないだろうか?

590 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 13:06:55.87 ID:UKFwet/a
それが死の間際まで持続してくれるならいいけどな
そうじゃないと思ってるから、死について考えているわけで

591 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 14:46:11.10 ID:pZiSSpGd
そろそろ宗教という薬をうたないとこれからの人生ずっと真っ暗だよ。洗脳されんのもありじゃね。

592 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 16:47:32.51 ID:2blQVc5Z
老人になるからって一人称が「わし」になったり語尾に「じゃ」とか「のう」を付ける訳がないし、
一度固まった人格は洗脳でもされない限りそう簡単に変わったりしない。
自分は良くも悪くも気が若くて、性格も人格も喋り方も10代後半の頃から変わらない。
外見がどんなに変わっても、若者口調のまま他人と接し続けるつもりだ。

それでも運動した時、内臓の不調を感じた時、身体の重さやだるさを感じた時に
確実に「老い」を実感する。自分は確実に、死に向かって突き進んでいるのだと。
不思議な物だ。性格は10代の頃から変わっていないし変わるつもりもないし変わりたくないのに、
肉体はどんどん変わり果てていく。自分の顔にほうれい線が出来ていたのを見た時に絶望的な気持ちになった。

身体が老いていっても、精神は全く老いない。20年前、30年前が昨日の事のように感じる。
だから、怖い。時間が経つのが怖い。変わらないのに変わっていく。変わりたくないのに嫌でも変わる。
そして、もうすぐ消えてしまう。心は10代のまま、肉体は70代80代になり、この世から消滅する。
それが解っていてもどうする事も出来ないのが悔しい。

593 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 17:20:39.27 ID:m2C1zNlH
なにもしないままうだうだいうんじゃない。
行動しろ。かわれ。

594 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 17:25:59.83 ID:pmgX9AoY
このスレの趣旨を解っていながら偉そうに人に説教する
>>593みたいな奴の方が理解できないな
お前は変わったのか?行動したのか?

595 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 19:31:27.77 ID:m2C1zNlH
>>594
多分、自分を見ているようだから、いらいらするのだと思う。
こんなに怖がっていても意味がないじゃないか、と思う。
自分はタナトフォビアでも、なんとかしたいと思っている方だから、こうしてうだうだ言っている人を見ると、いらいらするし、なんとかしてあげたいし、自分もなんとかなりたいと思う。
だから、なんとかする方法や、タナトフォビアがありながらも、充実して生きる方法を考えていこうよ。

596 :優しい名無しさん:2016/12/10(土) 19:33:31.81 ID:m2C1zNlH
スレ読んでると、体の調子を整える、宗教にはまる、紹介された本を読む、利他的になるって、いろんな方法があるだろ。そっちの方向も考えていこうぜ。恐怖の共有も大事だけどさ。共感してるだけじゃかわれないとおもうんだよ。

597 :585:2016/12/10(土) 23:34:32.87 ID:YDPzR2br
>>586
強烈な感動と共に主役のバトンを渡してしまった、みたいな感覚。
死が怖いと悩み相談しながら矛盾するけど、子の身代わりになら迷いなく死ねる。
そこは価値観が本能に塗り替わってしまった。テンプレ3でも子を持つことを勧められてたけど、ある意味正しいと思う。

ただ、私は20代半ばだけどここの皆さんより本当に幼稚で、永遠に続く若い日常を疑ってなかった。
父母を送らなくてはならないし、子を置いて逝く日が来る。いつか来る終わりを突きつけられた感覚で、その時に自分の心が耐えれない気がして恐れてる。
子か最愛の夫に先に逝かれた日を想像すると吐く。
産後の悩みから広がった話で悪いけど、実は愛する他者の死が怖いというのは私の心の問題だったかも。

598 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 00:45:01.85 ID:OPMukBPb
風俗行って獣のように夢中で抱きあってる間だけ忘れてる
それ以外の時間は全てタナトがまとわりついてる
よくアートや文学の世界では「SEX=死」て表現されるけどセックスの度に小さく死んでるてことかもしれん

599 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 03:14:15.95 ID:ilgqshaC
セックスとタナトは似ている
快楽に溺れている時だけは全てを忘れていられるほど気持ち良いが、
射精した後は全てが虚しくなる

タナトを患っている俺にとっては
食事をしている時、親兄弟や友人と話している時、仲間と遊んでいる時
生活の全てが、死の恐怖を忘れる為の現実逃避に他ならない
食べ終った時、別れた後にはまた死の恐怖が脳裏を横切るんだ

600 :サラリーマンは、朝からばんまで奴隷のように働け!:2016/12/11(日) 04:35:21.54 ID:OZJkht0b
俺は、酒飲んでシコシコ中は気持ちいいが、出すもの出したら死んでもいいと思う
普段は、死ぬの怖いが・・・・・・・・

601 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 07:15:09.20 ID:WibnLtEg
発作的なものは変えようがないよ。

602 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 07:31:42.00 ID:UTC6bGKZ
>>600
なんだよそのハンドル名

603 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 13:54:25.49 ID:nW7Jcf/H
そういえば海外(特に欧米あたり)でタナトフォビアで有名な人ってあまり聞かんなぁ
一応、リタ・オラという英国の女性歌手がそうらしいねんけど

604 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 14:24:22.06 ID:UTC6bGKZ
それはやっぱり宗教の影響が強いんだと思うわ

605 :優しい名無しさん:2016/12/11(日) 22:42:48.10 ID:yOiMigDg
何かを信じる事、って云われても、死んだらすべておしまいを信じちまったらどうすんだよ!

606 :優しい名無しさん:2016/12/12(月) 01:40:21.99 ID:dMU5TOyi
>>604
キリスト教やイスラム教のような一神教は死後に天国のようなものを想定してるが
仏教はむしろタナラーが恐れる「無になること」「輪廻しないこと」がいちばん幸せ(ニルバーナ)だだと言っているぞ?

607 :優しい名無しさん:2016/12/12(月) 03:53:10.91 ID:GmQI+1zq
自分が死刑囚で明日死刑が執行されると想像してみてください、どんな気分ですか?すごく怖いでしょう
明日が何十年か先になり動ける範囲も独房からどこへでもとなりますが、基本的に私たちは死刑囚の状態と変わらないのになんで死の恐怖を感じられない人がいるのか不思議です

608 :優しい名無しさん:2016/12/12(月) 07:06:13.30 ID:5FVEiwPx
>>606
仏教ってすでにこの世が無(空)であるから、死も怖くないって論理じゃなかった?
そのような信仰とタナトじゃ別物な気がする

タナトの人は意識がある、存在すると明確に感じているわけだし

609 :優しい名無しさん:2016/12/12(月) 16:26:42.63 ID:5u/Fs78l
無の怖さ
永遠の怖さ
宇宙の不可思議さ
この世の不条理さ

一つだけでも気分が悪いのにこれら全部の事を考えるともう気が狂いそうになるんだよね
最近は物体・空間・現象を含むこの世全ての無意味さまで考えるようになってさらに鬱になった
神も造物主もいなくて、宇宙も地球も生命体も、勿論人類も「偶然」生まれただけで
「たまたまこういう風に作られていっただけ」でこの世全ての存在に意味も価値もない

意味のある物などこの世に一つも無く、地球はたまたま人間が生まれるように作られて
我々は偶然生まれて、誰が何をどれだけ悩み嘆き怒り怯え泣き叫んでも、どうする事も出来ず
たかだか70、80年、運が良くても百年ちょっと生きたら強制的に全てを無に還される
人類が絶滅したら、こうした意味とか価値を考える知的生物すらいなくなり
観測する者すらいなくなったら、この世は本当の意味で無意味になる

610 :優しい名無しさん:2016/12/13(火) 02:57:03.94 ID:KU7n+atp
死や無について考えると最終的にはこの世とは何なのかとか宇宙とは何なのかとかそういうところに行くんだよねえ

611 :優しい名無しさん:2016/12/13(火) 03:41:43.66 ID:SIaz6mdb
自分の意識が無になるのがなんでみんな怖くないんだろう
回りの人にこの怖さが伝えられないのがもどかしい

612 :優しい名無しさん:2016/12/14(水) 18:39:02.78 ID:KriR3cpA
死について考え詰めると鬱になってまうよね

難しいだろうけど、
精神的な健全さを考えれば自分の信じたいものを信じればええと思う。

613 :優しい名無しさん:2016/12/14(水) 23:57:37.24 ID:nicKbStO
>>510
わかるわあ
胃が痛かったりすると胃ガンじゃないかとか、頭が痛いと脳腫瘍じゃないかとか、とにかく悪いほうに悪いほうに考える
そんでそのまま死んじゃう気がして怖くなるんだよ
コワイコワイ

614 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 02:18:07.66 ID:lUZhot3b
>>613
もうじゅうぶん生きただろ、あとの人に道をゆずれ。

615 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 09:13:02.38 ID:uwwh5CMr
そいえば生きる事に意味が無い理由は
この世には生まれられなかった中絶された命とかが可哀そうだからって
ひろさちやさんが書いてた。

616 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 09:29:03.04 ID:oJ7Z6NJM
>>615
ソースどこよ

617 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 13:47:03.48 ID:8bWC4vmX
>>611
普通の人も考えた事はあって、でも考えて解決する事じゃないから保留してるんだろ
保留してる間に性欲やら食欲やら仕事やらで死の恐怖を忘れてるんだろな

618 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 16:03:03.90 ID:3Jniyj33
>>617
この世を楽しく生きる事に一番重要なのは、死を意識しない事。
この世で一番の勝ち組なのは、死の現実を知らずに生きている者。

金持ちや権力者でも死に怯えて生きているなら不幸だし、
低学歴でも低所得者でも宗教信者でも中東のテロリストでも、
死を考えず、死を知らず、神や生まれ変わりを信じて生きているのなら勝ち組だ。

619 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 17:39:17.81 ID:HgsuGoBU
何かに没頭している間だけ忘れられる ふと我にかえるといつかこの世を去る時が来るって発作が襲いかかって来る コントロール不能

620 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 19:35:39.99 ID:z/YPMwlM
不老不死って実現できないのかね

621 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 21:33:10.26 ID:yAthEHyg
【JR大阪環状線】電車飛び込み自殺があった時の駅構内アナウンス【森ノ宮駅】
https://youtu.be/rGQ840KfCRM

622 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 22:26:07.58 ID:oJ7Z6NJM
多分、もうすでに死後の世界や生まれ変わりというものが
存在しないことと、それらがこれからも存在しないことは証明されてるんでしょ?

623 :優しい名無しさん:2016/12/15(木) 22:38:34.88 ID:EFbHY+gN
死恐怖症を患っていながら、自死を選んだ人っているのかな
いつの時代なのか、男なのか女なのか、黒人なのか白人なのか黄色人種なのか、
すごい気になる

624 :優しい名無しさん:2016/12/16(金) 17:16:30.77 ID:nC/jGh/8
死が怖いなら再生医療等の研究機関に入ればいいんじゃない?

625 :優しい名無しさん:2016/12/16(金) 17:54:51.57 ID:MEs0E30K
真実が解明されても、自分の中の真実を信じて生きるほかないぜ

626 :優しい名無しさん:2016/12/16(金) 18:25:51.22 ID:gvAwHqDc
無無無

627 :優しい名無しさん:2016/12/16(金) 20:59:11.31 ID:Gk0JZLH8
イプセンの人形の家でノラが自我に目覚めた場面は
タナトの人が死こそがこの世で最も重要な事であると分かったのと似てるね。

628 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 01:02:35.92 ID:3JC2hUJM
死んだらそこで終わりで先も続きも何も無い事や、
人間は脳ありきで、記憶や感情や自我や意識や魂等の
人を人足らしめる全てを司る物の正体は脳内の微弱な電流に過ぎないという事実を、
今の日本に生まれると大人になるまでに大概の人は知りたくなくても知ってしまう

それを知った時は控えめに言っても、映画のマトリックスのネオが
培養カプセルから起き上がって仮想現実から目が覚めた時のような衝撃や
パンドラの箱を開けてしまった時のような後悔が、脳内を駆け巡るだろう
それを聞いて何も感じない人は、死をまだ対岸の火事だと思っている人だけだ
パンドラの箱は最後に希望が残ったが、これを知った先には絶望しか残っていないのだから

629 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 05:15:49.69 ID:5TMflxwH
エリザベス・キューブラー・ロスの本を読んでみよう

630 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 06:58:24.59 ID:t0z9PyLg
でもさ、人間はほとんど感覚器官だけでしかこの世界を感じ取れないわけで
死んだ後のことなんて究極的には わからない で判断できると思うんだよ

ということは少し希望が出てくるとは思わない?

631 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 08:12:34.88 ID:xqDRxwhI
>>630
死んだら無も、天国がある、地獄があるも思い込みな気がするんだよね。
表面的な唯物論的な解釈とか、宗教的な解釈とかやろうと思えばいくらでもできるから、死後の事は分からないっていう考えの方が健全だと思う

632 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 09:36:11.29 ID:zc7XDi9L
あった方がみんなが幸せになれるもんな
どんなに成功してもいつか死にます。死んだら無です。おわり。
なんて悲しすぎる

633 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 11:55:29.22 ID:xqDRxwhI
個人的に

永遠なんてない = 死んだら無
人生一度きり = 死んだら無

の方程式は成り立たないような気がするんだよな。
永遠なんてないっていうのに関しては、永遠の無もないと言えるわけだから。

そして
死んだら無ってなると自暴自棄になったりする人っていうのはどうしてもおるから。
やっぱり限りある命の中で、
その限りの中で何かを自分なりに作ってそれをロマンかつ目標として生きるから。
でもその限りある最後が無とは俺は思えない。
というか、自分たちの死は存在しないのかもしれないよ?

634 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 11:56:47.87 ID:xqDRxwhI
主観的なものの研究が進めば
もっと自分の方針というものが立てやすくなるような気がする。
ヘタレみたいな事言うけど

635 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 12:09:14.08 ID:CVqZgOIj
走馬灯(パノラマ的記憶再現)は、臨死体験に特有のものではありません。
側頭葉に病因を持つてんかん患者では、しばしばパノラマ的回想が見られます。

一方、てんかんの研究中に脳の各部を電気刺激する方法を開発したウィルダー・ペンフィールド博士は、
側頭葉のシルヴィウス溝を刺激すると過去の様々な記憶を思い出すことを発見しています。

しかし、臨死体験のパノラマ的回想には鮮明な情感が伴うので、これが特徴だという人もいますが、
ペンフィールド博士の研究では、側頭葉を刺激した際の記憶の再現にも強い情感を伴うことがあると述べているので、
これも必ずしも臨死体験だけに見られる特徴ではないようです。

つまるところ、臨死体験の際のパノラマ的記憶再現も、側頭葉の電気刺激による記憶再現と同じシステムで発現する脳の機能であり、
極端な危機に対して反応的に側頭葉が刺激され、様々なことを鮮明に思い出すことにより、本人が死に瀕する不安や苦痛から
逃れようとしていると考えられるのです。

636 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 12:10:18.96 ID:CVqZgOIj
もう一つ注目すべきことは、過去を回想することは老人によく見られるということです。
アイオワ大学のラッセル・ノイエス博士は、この点に注目しています。

老人の場合、過去の回想はその意味を確かめるという役割も担っています。
つまり、老人が現実の生活や社会から離れて過去に意味を見出そうとする行為に臨死体験のパノラマ的回想が似ていると言うのです。
それによって限りある人生(=死)を受け入れ、心の平安を保とうとするのです。

死の恐怖で危機に瀕した人は「時のない瞬間」に安全を求めると思われます。
人が自分の過去の体験の中に入り込んでいる時には、死は存在しなくなります。
このため、過去の経験、特に喜びに満ちた体験は意識に不安をのぼらせません。
殊に子供の時の想い出はそうです。その頃は体験も強烈で、人生の中でも悩みを知らない頃だからです。

このように自分の意識を想い出にのめりこませることは、離脱現象も伴います。
つまり、自分は事故現場では第三者になっているのです。
死んだ自分や嘆き悲しむ家族を自分は雲の上から見ることによって、死の恐怖を自分のものではない事として考えることにより、
不安を和らげようとするのだと考えられます。 

この「体から抜け出て自分を見下ろしている」という感覚は解離性障害の症状ですが、これもまた側頭葉への電気刺激により
人工的に再現することが出来ます。

637 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 13:16:22.98 ID:t0z9PyLg
>永遠なんてない = 死んだら無
>人生一度きり = 死んだら無
>の方程式は成り立たないような気がするんだよな。
>永遠なんてないっていうのに関しては、永遠の無もないと言えるわけだから。

人間の言葉ってこういうパラドックス?が生まれるからすごい不完全だよね
本当にパラドックスが存在しているのか、言葉が制約をかけているのかわからない
言葉で理解しようとしてはだめで、でも体感も脳に依存しているわけだから
結局のところ死ぬまでわからない

638 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 13:26:07.77 ID:xqDRxwhI
>>637 考えた二つの方程式を矛盾を理由に否定してるってことなのかな?
人の考えってそれぞれだから、正しいもクソもないじゃん。
多数派の人間が死んだら無って考えてるのを
理由にして死生観を押し付けるのは意味がないと思うよ
タナトフォビアの人間は周囲に理解されてないんだからさ。

639 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 13:47:00.70 ID:t0z9PyLg
>>638
いや、否定じゃなくって 永遠なんてない → 永遠の無もない → じゃあ無と有が永遠に繰り返されるのか
って話だと冒頭の永遠なんてないに矛盾しちゃうから、そもそも人間の言葉は
この世を表現するにはあまりにも非力だって伝えたかっただけ

言葉足らずですまぬ

640 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 13:48:58.46 ID:xqDRxwhI
>>639
僕も感情的になってごめん。やっぱり死の恐怖があるから、
自分なりに考えられる事はある程度言っておきたかったから。

641 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 14:13:10.65 ID:xqDRxwhI
とにかく、人生が一度だろうと、神様がいようがいまいが、死後の世界があろうがなかろうが、
生と死という概念が幻だろうと、
わしらには関係ないから、今を生きなあかんのやで、ってことか

642 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 14:13:26.26 ID:v4MW8Egk
がん細胞狙い薬運ぶ技術開発 岡山大グループ、林原の細胞活用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00010000-sanyo-sctch

643 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 14:29:14.45 ID:xqDRxwhI
「死んだら永遠の無なんだ」っていう思い込みに襲われるんだよな時々。思い込みでしょ、
と冗談交じりに感じても言っても、またこの思い込みは湧き上がって来る。非常に厄介だぜ。

644 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 21:18:05.54 ID:hW4OD7H5
そいえば皆はこの事親に言ったりした?
俺は親父に数年前に言ったら、因みに親父も死後の世界は無いと思ってるし
宗教は死の恐怖を和らげる為の方便と思ってるみたいだけど
人間は皆とても弱い存在だからお互いに大事にしなくちゃいけないんだよって
言ってた、因みに俺はその時25位で親父も消滅する事に耐えられなくて泣いてた。
俺はこれに陥る迄障害者の人とかに優越感を持ってたけど、俺は自分が消える事を
全然考えて無かった、無限の過去と無限の未来に挟まれた自分は何と空しい存在で
ある事かを知らなかった。

645 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 21:26:44.85 ID:xqDRxwhI
>>644
祖父は無神論者というか「死ねば終わり」という唯物論者だったかな。
父親は一度死について考えてた時期もあったらしく、それに関する本も
読んでたんだけどね。ちなみに不思議なこと(UFO、幽霊)に関しても自分は
体験してないけど、興味があるらしい人なのね。
でも、父親は死んだらどうなるかは分からないつってたけど、
無になる可能性も否定できないなと言ってたな。

最近俺としてはヨーガの考え方で死は存在しないっていうのもあるらしいから
ちょっとそれも参考にしてみる。

646 :優しい名無しさん:2016/12/17(土) 23:04:31.94 ID:zc7XDi9L
死は存在しない...

よければ詳しく教えていただきたい

647 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 03:25:33.53 ID:ce/c6TVH
魂不滅論じゃね?
客観的に死はそこら中に存在してんだろ

そんなことより誰か教えてください

存在とは何?なぜこの世界は在るのでしょう?
理由が知りたい。無ではなく有であるわけを、また無に帰するわけを。理を

648 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 04:03:03.11 ID:gK95VPRB
>>646
これ読むといいよ
https://www.amazon.co.jp/dp/4839701601/ref=cm_sw_r_tw_awdo_x_QTyvybMBTSDF0

649 :サラリーマンは、朝から晩まで奴隷のように働け!ばか!:2016/12/18(日) 05:13:27.43 ID:zwhHdWvk
どうなるか、わからんが死んじゃうものは、死んじゃうから
酒飲もう

650 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 14:02:51.94 ID:rmD5mB3o
人ってタナト的な死の恐怖を感じてしまうと、人生の無意味さに耐えられなくなるんだろうな。
タナト的な死の恐怖を感じない人は人生の無意味さに耐えて、ある程度自立した生活ができる。

http://www.akita-u.ac.jp/hkc/eventa/item.cgi?pro2&78
参考までに

651 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 14:52:03.55 ID:rmD5mB3o
>>651
ごめん
http://www.akita-u.ac.jp/hkc/eventa/item.cgi?pro2&78

652 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 14:52:34.90 ID:rmD5mB3o
>>651
2&と78の間の;を消せばいい

653 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 17:27:58.05 ID:rmD5mB3o
俺らは記憶というものがなくなっているだけであって、人生を繰り返してるだけなのかもしれないよ?

654 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 18:27:31.18 ID:gK95VPRB
>>653
それ、140年ほど前にニーチェがすでに示唆してるよ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%8A%AB%E5%9B%9E%E5%B8%B0#/issues

655 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 18:27:31.77 ID:rGGS5A+p
それはそれで怖い。

656 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 18:54:00.66 ID:rmD5mB3o
死んだら何もない、無は断見、
死んでも魂が残るというのが常見、
ってのはここにいるみなさんは知っとる?

657 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 22:34:42.49 ID:eNFEOBgf
快楽を追い求めて狂ってヤッたり、読み通りに事が進んで優越感に浸っても、覚めた後の感覚は正に亡骸

658 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 23:10:44.62 ID:owuJVM0a
常見でも断見でもない「空」の教えが真理であーる。ってか

659 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 23:16:04.77 ID:rmD5mB3o
>>658
その考えでええよね。
タナトは死について考え出したら幸せになれへん

660 :優しい名無しさん:2016/12/18(日) 23:24:29.64 ID:87cFHzUI
デジタルのように、この世界も0と1のような情報で構成されているのかもしれない

661 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 03:51:40.40 ID:qD+MpGAG
生物は死んだらおわり
人だけは特別だとか変な偏見持たないほうがいい
生きている今を精一杯過ごすことを考えろ

662 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 04:22:43.50 ID:s3pkElEs
理屈抜きの烈しい恐怖に犬も食わないアドバイスは不要

663 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 07:18:27.36 ID:nNz7tWeq
>>661
人だけが特別ではなくて、生物すべてが特別だったらどうよ?

664 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 09:32:43.23 ID:5IPoryzV
慢性的なのは考え過ぎる性格性質を弱められれば改善する余地があるけど、
発作的なのはどうしようもない。

665 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 14:16:45.24 ID:sktnxWd9
死んだらどうなるかなんてわからんじゃろ
中道じゃぼけ。今を生きるんじゃ。

666 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 19:45:24.81 ID:XKUnREPv
間近に迫って来た、耐性があるのか恐怖は薄い

667 :優しい名無しさん:2016/12/19(月) 20:50:57.00 ID:jHP6j9CH
クラシック聴くと、この作曲者もあの作曲者も死んだんだ
って感じてツライ

668 :は、:2016/12/19(月) 22:10:08.99 ID:huMtbFS2
後人生26年かなあ〜〜〜心臓悪いし
医者は、60代は大丈夫だって
70−54=16年!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

669 :優しい名無しさん:2016/12/20(火) 02:30:14.19 ID:+EzaisJ3
あと十日余りだけど無事に年を越せる人もいれば亡くなる人もいる

670 :優しい名無しさん:2016/12/20(火) 13:19:18.89 ID:rdKHGipn
>>669
恐ろしいこというねw

671 :優しい名無しさん:2016/12/20(火) 14:41:43.48 ID:FkhiUtWg
死ぬ時、死んだら、安心が無くなるのが怖い。

672 :優しい名無しさん:2016/12/20(火) 19:49:47.22 ID:Ick9o5YJ
実際に先日近所のおばさんが亡くなったよ。

673 :優しい名無しさん:2016/12/20(火) 21:02:11.11 ID:AT61Xkah
諸行無常と死の恐怖は両立できそうな気がしてきた

674 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 02:31:06.64 ID:N5nzEkM3
かなりの信者でもやっぱり死ぬ直前になるともしかしたらって恐怖するんだろうな。結局タナトにかかる時期が違うだけで皆いずれ発症すんだろうな。

675 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 02:36:22.81 ID:N5nzEkM3
かなりの信者でもやっぱり死ぬ直前になるともしかしたらって恐怖するんだろうな。結局タナトにかかる時期が違うだけで皆いずれ発症すんだろうな。

676 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 03:56:46.95 ID:0fXf+xFu
昨日体の感覚がなくなってパニック起こして救急車呼んだわ
もう無理

677 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 09:34:38.55 ID:aAvSYn+e
投げやりな気分がどうしてもぬけない 何をしても集中が続かない

678 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 13:07:31.31 ID:v33JaU0P
>>675
瞑想するとええ

679 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 14:01:42.10 ID:v33JaU0P
アスペがタナトになったらきついやろな。

680 :優しい名無しさん:2016/12/21(水) 21:18:03.55 ID:hPWkqUfQ
タナトの人達に教えておいてあげたい。
俺の友達にもタナトの人がいたんだけど、
創価学会って言う宗教組織に入り修行をしていたら死の恐怖が消えたって
人がいたよ。
皆も入ってみたら?

681 :優しい名無しさん:2016/12/22(木) 03:23:49.78 ID:3X9QPnO9
>>676
こんなふざけたヤツには救急車を有料にして欲しいわ

682 :優しい名無しさん:2016/12/22(木) 04:08:21.92 ID:NCpMtAsg
>>681ふざけてなんてないよ
今も痛みがない感覚が鈍い
この苦しみ変わってくれ

683 :優しい名無しさん:2016/12/22(木) 09:07:28.71 ID:15dQjNef
>>680
創価は死んでも入らん

684 :優しい名無しさん:2016/12/22(木) 09:27:07.26 ID:XUcC3wRa
社会に飼い慣らされた番犬より野良犬の方が性にあっているがタナトの発作の時は何かに助けを求めている自分がいる その何かがハッキリしないのが問題だ

685 :優しい名無しさん:2016/12/23(金) 10:40:32.82 ID:fcc8kkpa
死んだら無になるだけだと信じ、虚無的な恐怖感を感じている時の自分、
死んでも無にはならないのではないかと信じ、前向きな気持ちになっている時の自分が
両方存在しているんだよなぁ

686 :優しい名無しさん:2016/12/23(金) 17:20:08.00 ID:QbBZW5zD
これなのかな。辛い。

687 :優しい名無しさん:2016/12/23(金) 22:21:59.79 ID:W1SC68D2
もう死後の世界があるかどうかなんてわからんやん、ええかげんにしてくれと
イライラしている自分もいる

688 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 01:23:26.43 ID:kkVhhKk6
>>687
わかる
耐えられないくらい酷いなら大人しく頓服の抗不安薬飲んだ方がええよ
俺はそれでだいぶ落ち着く

689 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 01:32:48.12 ID:A2wR7lIk
最初から存在してるものってないよな。皆初めは無から生まれてきたんだから。あれ、無からは何も生まれなくね?もうわけわからん

690 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 01:56:18.30 ID:kkVhhKk6
ある哲学者は、無から有になることも、有から無になることもありえない、故に人は死なないって言ってた。
しかし正直俺にはいまいちわからん。
その人は死ぬのは怖くないがボケるのは怖いとか
結局タナトの怖さてボケる怖さの方なんだと思う
私という存在の不安

691 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 16:31:48.09 ID:Zg7HXiE+
タナトフォビアは食生活改善すると治るみたいなのどっかで聞いたな

692 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 16:35:47.76 ID:Zg7HXiE+
>>691
調べ直したらあっさり見つかったわ
http://scramble-talk.com/thanatophobia-1200

693 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 17:50:26.27 ID:LixB+lDl
死んでしまったら、確かに、
今までの記憶や自己といったものは消えてしまうだろう。
だが、その状態がいつまで続くのかは分からない。さすがに永遠の無ではなかろう。

694 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 20:34:03.33 ID:E7XD4fcY
>>693アホ?

695 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 20:43:17.53 ID:YcFGuDvl
>>685
後者のあなたは人間が持つ普通の生存本能だから
前者のあなたが勝ったら自殺まっしぐらだろうね

まあタナトの人は自殺できないから、両者の葛藤が死ぬまで続くのだが

696 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 22:11:44.88 ID:61E9ABt8
愛に対する感度も落ちた 何に対しても関心をもてない 自我に対する執着だけ異常 狂っている

697 :優しい名無しさん:2016/12/24(土) 23:11:07.77 ID:LixB+lDl
>>694
お前もな、お前には死の恐怖は解決できないね

698 :優しい名無しさん:2016/12/25(日) 00:03:45.74 ID:eNqe5+BY
タナトに朗報
キリストて死んだのに今日復活したらしいぞ

699 :きちがい32年!:2016/12/25(日) 00:12:41.44 ID:0FGwjeha
でも、障害者年金もらって遊んでくらして、楽しい人生だな。だから死ぬのが恐いんだ

700 :優しい名無しさん:2016/12/25(日) 02:25:11.97 ID:XRxrG/or
死ぬのは怖いけど、死んだら怖いすら思えなくなるのが何とも言えない

701 :優しい名無しさん:2016/12/25(日) 17:08:53.08 ID:pziDrsxJ
両親や祖父が死んでいなくなるのが嫌だから先に早く死にたいけど自殺が怖い
2年連続で父方母方の祖母が亡くなってから一層親や祖父の死に目を見たくない、残されるくらいならさっさと死にたい、と強く思うようになった
でも自殺も怖くてできない

702 :優しい名無しさん:2016/12/25(日) 18:24:59.82 ID:cUVKi+w5
https://www.youtube.com/watch?v=VlRtyZq0yms
唯物論の方へ

703 :優しい名無しさん:2016/12/26(月) 00:13:45.57 ID:Ie4jThR2
全身麻酔を受けたタナトフォビアの方へ質問。
意識のない状態を想像して、逆に死の恐怖は増幅しましたか?

704 :優しい名無しさん:2016/12/27(火) 03:10:01.85 ID:TZuhQX/i
アマゾンの未開の部族、ナフォバ族のようなインディアンやオーストラリアの原住民アポリジニたちの中にタナラーはいないんだってさ。

705 :優しい名無しさん:2016/12/27(火) 04:24:40.83 ID:5+tjvlrR
先に死んだもの勝ち
あとに残された方が辛いよな

おまえら親御さんよりも先に逝くな今を堪えろ

706 :優しい名無しさん:2016/12/27(火) 17:21:41.11 ID:6/OhIBLa
>>703
俺は変わらない
全身麻酔も寝ることも同じくらいこわい

707 :優しい名無しさん:2016/12/27(火) 22:10:15.71 ID:rk7KaUU5
みんな、赤ちゃんを見ると恐怖するって感覚わかる?
赤ん坊ってまだ記憶の積み重ねもなく、人格も形成されてないから
単なる空っぽの肉の塊でしかないわけで、自分もそうだったことを考えると
人格なんてものは所詮、生まれは消えを繰り返す希少性もなく
特別なものでなんでもないと恐怖してしまう

708 :優しい名無しさん:2016/12/27(火) 22:38:43.92 ID:mORFKlzO
>>707
とは違うけれど自分より若い子供や赤ちゃんを見ると、自分より未来があるんだろうなぁってなる事はある

709 :優しい名無しさん:2016/12/27(火) 23:16:07.47 ID:gTqd7LPI
ヒトが猛獣のキバや爪の代わりに知能を発達させたのは種の生き残りのための戦略

それ以前に有性生殖(=生殖を終えた個体の死)による進化の加速を選択したのも種の生き残りのための戦略

皮肉な事に、この二つの要素を併せ持つことによってタナトに悩まされることに…

710 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 02:26:28.90 ID:FpUZaNfG
>>701
私はもう20年近くそんなことを考えて生きていて
実際に祖父も死に、自分自身がどんどん死に向かって近付いているので
毎日が地獄であり、先に死んだり消えたりしたいんだけど
怖くて死ねないので生き地獄の日々は続いて行く
たぶん自分が死ぬまで

711 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 05:17:00.81 ID:iAjcloqr
>>707
「色即是空」って釈迦が2000年も前から口をすっぱくして言っているわけだが・・

712 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 08:09:17.27 ID:c/3Bc6CB
古い宗教はその時代のものだからなあ。
真理かも知れないが救いにはならない。
今は寿命も違うし。

713 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 09:39:09.64 ID:cScv5mp7
>>711
赤ん坊怖くないの?

714 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 15:18:15.01 ID:P7oZaXXk
最近怖くなくなった

715 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 15:41:44.88 ID:5xouOe3N
>>712
仏教の初期の経典『阿含経』に『毒矢のたとえ』という有名なエピソードがある。

ブッダが弟子に

『死後の世界はありますか?』『生まれ変わりはありますか?』

と問われてこう答えたといいう

『ある人が毒矢に射られたとする、すぐに治療しなければならないだろう。
ところが医者にかかる前に、
「一体この毒矢を射た人は誰か?どんな名前の人か?身長は?
どんな顔の人で、どこに住んでいた人か?どんな弓で射たもので、どんな矢じりがついていたのか?」
と言ったような理論を追求していたら、結局、死んでしまうだろう。』

『それとおなじで世の中は有限か無限か?霊魂と身体は同一かそうでないか?
人間は死後も存在しているのか?
そのような問題に答えたところで私達の苦なる人生の解決にはならない。
そのようなことがはっきりしたら修行すると言うのは正しくない。
世の中が常住か、常住でないかについて見解を持ったところで私たちの老死・憂い・苦痛・嘆き・悩み・悶えは依然としてここにある。
私はいま、現実のこれらの老死・苦を超えることを説くのだ。
悟りに達すればそのようなことは気にならなくなるであろう。』

つまり、世界観とか自我とか死後の世界とか、そんなこと考える暇があったらほかにやることがあるだろ、
今の現実を大切に生きれば、そういうことは気にならないよ、と。

716 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 15:56:27.14 ID:c/3Bc6CB
気になるよ。
介護とかあるからね。

717 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 18:16:13.54 ID:M90x/gL3
自分は偉大だと思っているから
自分の死は大事(おおごと)だと思うっていうのはあると思う。

718 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 18:28:49.31 ID:M90x/gL3
自分は大したことないと思っていれば災難が降りかかろうが
死ぬと思おうが大したことないことだと思うのでは。
これって大物の考えだよね?
逆に自分は偉大だと思っていると災難が降りかかれば
おおごとだ、死ぬと思えばとんでもないことだ、となる。
自分は大物だと思うと小物になって
自分は小物だと思うと大物になるのでは?

719 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 20:00:09.97 ID:49YRLVSz
そんな大物に出会ったことはないな。
大抵の人間は程度の差はあるが自分の損得を元に考えて生きている。

720 :優しい名無しさん:2016/12/28(水) 20:14:07.31 ID:QvMAieps
動物は自分と自分の子供の命を優先するように出来ているんだろう。
自分にはある程度客観的になれる人でも子供は非常に重要なものと考えてしまう傾向がある。

721 :優しい名無しさん:2016/12/29(木) 02:00:28.90 ID:g+1eKcMy
ふとしたことでスイッチがはいってパニック
どうにか騙し騙し生きていくしかない

722 :優しい名無しさん:2016/12/29(木) 04:43:22.31 ID:3KQVYbmZ
久々にデカいのがきた。駄目だ眼が覚めて眠れない…

年末年始とか、誕生日とか
時間の経過を意識する時期は辛い
時が経つのが早い…

723 :優しい名無しさん:2016/12/29(木) 05:43:37.97 ID:3Y4cja3I
この存在の不安だけはどうしようもない
薬やらで一時的に不安を紛らわせることはできるが根本的解決にはならぬ
霊魂だとかそういう超科学的な意味を廃しても、魂というもののレベルの深い痛みであると言える
どういったアプローチをとるべきか
ヨガや仏教では身体感覚に帰る、余計なものを棄てるという解決法をとってきた
西洋医学では脳内物質のコントロールというアプローチ
結局頭で考えてみても上っ面を撫でるだけ
苦しいねこれ本当に

724 :優しい名無しさん:2016/12/29(木) 08:42:21.31 ID:pfD0XCLs
祖父にガンが見つかった
お見舞いに行ったら、普通に元気でほっとした
その日の夜、大きな発作が来て、市販の薬(ウットとか)を飲んで何とか眠りにつくことができた
今までは真っ暗な中で寝てたけど、無音だと死のことを考えてしまうことが分かって、テレビをタイマーセットして寝たりしてる
市販薬でも割とないときつい、くらいまできてるから、本当の安定剤飲んだら完全に依存するだろうな

725 :優しい名無しさん:2016/12/29(木) 16:52:10.05 ID:MiCdnm46
ドナドナのメロディーが心の根底に流れている おめて面はノンキなオヤジ

726 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 02:07:42.03 ID:/TH3fU4j
100日カレンダーの男はタナト?

727 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 03:22:49.92 ID:/CnHgQSE
タナトと言う名のクズ
お前らみたいの消えても誰も気にしないから

728 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 07:31:32.52 ID:YmiiuWNl
自分が消えるのが怖いだけで他人がどう思うとか考える余裕すらない

729 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 08:10:36.13 ID:0sB3wbBW
>>727
お前よりクズはいないから安心しろ

730 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 08:20:56.90 ID:3v4KXRam
自分はテンプレでいう7です
四六時中不安で仕方ないです

731 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 10:56:40.77 ID:cBMZ4A6a
親は大事にしないとね

732 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 21:51:34.47 ID:bAo2TxEY
>>730
7は「ネクロフォビア」のほうが通じるときもあるよ
タナトフォビアもネクロフォビアも大体同義だけど強いて分けるなら程度

733 :優しい名無しさん:2016/12/30(金) 21:53:37.41 ID:bAo2TxEY
あとネットで調べるときは
「ネクロフォビア」だとFFの敵が出てくるから「ネクロフォビア 恐怖症」とかがいい

734 :優しい名無しさん:2016/12/31(土) 00:51:30.07 ID:CiPJgq9i
【決定論】脳は物質だから意識は必然に過ぎない◆254
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/philo/1481436306/

735 :優しい名無しさん:2016/12/31(土) 04:22:15.32 ID:XvpnX+sk
タナトと言う名に逃げてるクズ
お前が存命可能な時間分かるよな

736 :優しい名無しさん:2016/12/31(土) 12:50:12.98 ID:+fCwa268
>>735
さようならクズ

737 :優しい名無しさん:2016/12/31(土) 16:04:23.37 ID:s7fzUrOj
あああああ辛い

738 :優しい名無しさん:2016/12/31(土) 21:41:15.07 ID:WvcCjDbu
タナトはクズくん語感がいいというか
次は2行目になんて書くんだろうと楽しみになって来た

あーー年が明けるまた死が近づく嫌だ

739 :優しい名無しさん:2016/12/31(土) 22:10:51.31 ID:DB8NtKp3
一休さんを思い出すよ。

740 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 00:07:56.53 ID:v82tmjtG
今年も最初に書き込むスレはここ。去年もそうだったし、来年もそうなるだろう。
誕生日と正月は、嫌でも一年時間が経過した事を、寿命が一年縮んだ事を認識させる。
後何回自分は正月を迎えられるだろうか。

741 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 00:42:00.72 ID:3Tl3UFhk
あけおめ。今年も一緒に苦しもう。

742 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 00:47:44.01 ID:D6CGku55
あけおめ 、

743 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 00:59:28.29 ID:SurjOQf5
めでたい感覚はタナトになってからは無くなった お正月が楽しかった頃が幻のよう

744 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 01:53:21.83 ID:SEH7pWJS
「人は必ず死ぬ」
「自分の人生は自分しか生きられない」
「人生は一度限りである」

今、生きていることに感謝し、
かけがえのない命を大切に
精一杯この今を生き切りたい!

745 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 03:03:46.14 ID:NTTzqvVq
>>744
嫌いじゃないで。

746 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 07:17:05.79 ID:z6f2cm7N
>>744
それができたらまぁ理想だよね
そうはいかないのよ

747 :サラリーマンは、朝から晩まで奴隷のように働け!ばか!:2017/01/01(日) 08:41:48.04 ID:6QGqvBxL
新年はげましておめでとうございますたーべーしょんしこしこ
今年もよろしくお願いしまんこ

酒の飲まないとやってられんわ

748 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 08:59:03.69 ID:dFwWURQW
冥土の旅の一里塚か…

749 :優しい名無しさん:2017/01/01(日) 20:14:19.17 ID:eJ6CJku/
「他人からの評価」が気になってしょうがない人がすべき3つのこと
http://clear33.com/post-327

>ある方の名言をご紹介します。

>「大事なのは自分の評価だけです。
>他人の評価を得るために生きていれば、
>死ぬ直前にすべてが妄想に過ぎなかったことに
>気付くでしょう。」

750 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 01:05:53.48 ID:I88Lauqj
このスレの人はまだ正月映画で「 君の名は。」がロングラン上映してるから観にいくといいよ、死生感が変わるから。

751 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 01:18:25.49 ID:W+yDaaAo
>>750
ぱっと見若い子向けの青春劇にしか見えないんだけどそんなにも良いのか〜
参考までに>>750さんはおいくつの方だろう?

752 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 01:36:29.62 ID:I88Lauqj
>>751
27です
http://world-fusigi.net/archives/8612162.html

753 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 01:49:09.62 ID:NIrMtquz
焼きそばパン買って来いや!

754 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 01:51:39.81 ID:W+yDaaAo
>>752
記事まで丁寧にありがとう!
自分と同じアラサー世代の人がそう言ってて見てみようって気持ちになりました

しかし寝る前は怖くなってつい携帯開いてしまうな

755 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 06:55:43.32 ID:vhKXeAhu
映画やらで変わる程度ならいいね
かなり軽度だ。別に皮肉ってる訳ではない
健全な精神で羨ましい

756 :精神科教授 龍沢哲史 ◆r4pv1Hbong :2017/01/02(月) 07:06:00.99 ID:09TITkEh
おはようございます!

757 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 09:07:24.49 ID:+LWs3uLR
「君の名は。」観るんだったら「ガタカ」のほうが観てほしい

758 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 09:15:29.11 ID:gyx3gaWr
>>752
物質から精神が、という順番が現代科学の見解とあるけど、物質はエネルギーが固まったものでしょう
精神から物質が、という順番でも現代科学的に間違っていないのでは?

759 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 16:18:15.40 ID:W0lu/yvO
どんどん老いていく。怖い

760 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 19:57:12.26 ID:VAs+ZgiQ
興奮(ワクワク、期待)を求めるのをやめたら
今に在れて、安心できた。

761 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 23:12:51.74 ID:I88Lauqj
タナトには認知療法がいいのでは?
たぶん認知の歪みだから。

762 :優しい名無しさん:2017/01/02(月) 23:19:38.68 ID:RCIk8Zwe
終活lifeとかいう雑誌をコンビニや本屋にたくさんおくの
お願いだからやめてほしい

763 :優しい名無しさん:2017/01/03(火) 02:34:16.79 ID:YaE4928N
こわい、こわい、パニックだどうしようもない

764 :優しい名無しさん:2017/01/03(火) 02:38:32.64 ID:nve300BS
>>762
生前に葬儀の見積もりくらい取っておけ
不要な物は早期に処分し遺族の迷惑は最小限

765 :優しい名無しさん:2017/01/03(火) 09:12:55.15 ID:BlpHi7pf
>>761
それタナトなの?ってレベルの軽度なら認知療法でいいだろう
ある程度重症になると薬やらに頼るしかない
不安障害だよ

766 :優しい名無しさん:2017/01/03(火) 22:31:45.99 ID:Man9XhU4
怖い。

767 :優しい名無しさん:2017/01/03(火) 22:55:15.77 ID:Man9XhU4
この世界からいなくなるってどんな気持ちなのかな

768 :優しい名無しさん:2017/01/04(水) 07:53:46.24 ID:okfV+v7z
いつか自分のいない世界がやってくる

769 :優しい名無しさん:2017/01/04(水) 14:07:34.19 ID:tl8aHfHN
>>768
これ、本当にこわくて眠れない

770 :優しい名無しさん:2017/01/04(水) 15:19:42.55 ID:osxepekr
自分がいないのに世界なんて認識できないよ
俺は自分がなくなること自体が怖い

771 :優しい名無しさん:2017/01/04(水) 16:07:26.02 ID:okfV+v7z
自分の存在しない世界なんて想像できない。怖すぎる

772 :きちがい32年!:2017/01/04(水) 22:55:42.65 ID:eEbPol6k
さっき、歩道で信号待ちしてたら、知らないじいさんがいきなり倒れた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
救急車呼んで、救急隊が来たからすぐびびって帰って来た!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
びびったぞ!

773 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 02:42:31.42 ID:/c0dYen2
>>770
この俺が死んでこの世から消え去っても
あなたは気づかないし世の中なにも変わらない

774 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 02:50:49.69 ID:PhJSpYqg
結局生き物って長期間かけて偶然出来ちゃっただけのもんでその中でも人間は余計に考える力を得たお気の毒な種。全て化学反応に過ぎないのか。オエ、気持ち悪い

775 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 03:11:52.57 ID:595AZKV0
植物にも意識はあるらしいな

776 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 03:28:11.58 ID:595AZKV0
>>774
http://world-fusigi.net/archives/8020883.html

777 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 09:02:14.37 ID:5b99677p
>>773
そんなことは俺にとっては些末なこと
他者や世界がどうなることよりも、私という意識が無くなるのが怖いんだよ

778 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 09:04:41.22 ID:5b99677p
>>774
こういう人ってさ、宇宙ができる前は何があったと思う?
そもそもの始点はどこにあったと思う?
始点の前は?
そういうこと考えたことある?
なんちゃって物質主義者嫌い

779 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 09:39:13.37 ID:PhJSpYqg
>>778
いや、そうだったらやだなぁって思っただけ。タナトはネガティヴ思考に走るからね。考えた所で正解はないしな。ごめんね。

780 :優しい名無しさん:2017/01/05(木) 16:16:53.87 ID:7nNXnbfN
なんか長い夢を見てるみたい

781 :優しい名無しさん:2017/01/06(金) 03:51:01.66 ID:B8svltBz
>>777
だから、あなたが死んでも誰も何も困らない。
見えない敵と戦っている人なのかな。

782 :優しい名無しさん:2017/01/06(金) 07:28:31.28 ID:MH3AbY5z
宇宙で考えたら地球が無くなってもどうということはないんだよね。
恐ろしい。

783 :優しい名無しさん:2017/01/06(金) 08:41:29.20 ID:Hnkb1oyK
>>781
自分が死んだ時点で自分が世界を認識出来なくなって世界も死ぬと同義だから誰も困らないって言ってるのよく分からん。
死後の世界を信じてる人なのかな。

784 :優しい名無しさん:2017/01/06(金) 10:08:54.44 ID:i8clyv3R
>>783
そうみたいだよね
俺の言ってる意味も理解できないみたいだす

785 :優しい名無しさん:2017/01/06(金) 15:37:50.08 ID:52AfO726
発作が無い自分のタナトは軽症なのかな

786 :優しい名無しさん:2017/01/07(土) 01:23:11.15 ID:nK8Kjdbu
葬儀のCMや駅で「○○家」の案内板持ってる人

787 :優しい名無しさん:2017/01/07(土) 02:15:27.05 ID:PYgUXhMh
どうやって寝るんだ……
安心して眠りたいよ

788 :優しい名無しさん:2017/01/08(日) 02:58:20.81 ID:5XKJz3Qc
そのうちに嫌でも永遠に眠れるよ

789 :サラリーマン(社畜)は、朝から晩まで奴隷のように働け!ばか!:2017/01/08(日) 15:51:36.87 ID:d8JGrENN
怖いど〜

790 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 02:53:05.95 ID:2Ws+vRpP
末期ガンのステージ4で心の準備する時間ある方が辛いのかな

791 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 05:51:32.25 ID:6YM5VMrW
>>703
亀だけど
全身麻酔というのは、ただ寝てる状態とは全く異なるわけです。
睡眠時にあるような脳の活動はないし、人口呼吸がなければ自ら呼吸することもできない。
クオリア的な観点から見たら死んでる状態と変わらないのではと思いました。
はっきり言って、恐怖です。今でも、全身麻酔を受ける前と今の自分が同一の自分であると断言することができません。

792 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 07:48:30.77 ID:BL+8GqUz
それ言い出したら昨日の自分と今日の自分が同一なんて保証もないわけで
たとえば仮に輪廻転生というものが存在したとして、記憶もなく、遺伝子も違う私は私なのか?
俺もそういうことかんがえちゃうから結局宗教にすら救いを求められん

793 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 10:06:44.57 ID:9foo/IpM
もう少し冷静に物事を考えられるようになりたい。

794 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 11:43:15.92 ID:9foo/IpM
自分の人生が死によって嘘になってしまうのが怖い

795 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 13:58:19.42 ID:7nqLXTt+
>>792
その通りっすね
ただ、少なくとも自然にただ睡眠を取るということと全身麻酔ではこういう違いがありますねってことを言いたいわけだが

796 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 15:50:25.81 ID:HV24w712
恐怖も快感も脳の同じ部位で処理されるらしい。
じゃあ快感断ちしたら恐怖から逃れられないだろうか。
覚者と言われたジッドゥ・クリシュナムルティも
快楽を求めている限り恐怖からは逃れられないと言っていた
気がする。

797 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 16:30:00.64 ID:2Ws+vRpP
今年の桜を見る事ができない人もいる

798 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 17:07:15.47 ID:lwIpbcqT
>>796
恐怖も快感も全くないてどうなの
それは生きてて楽しいの、幸せなの?
生きてると言えるの?

799 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 18:06:45.73 ID:aB/PrUN7
俺も若い頃そうだった
死ぬのが怖くて夜親に泣きながら「人間はどうして死んじゃうの」と訴えたりした
時は流れ祖父が亡くなり父と母も相次いで亡くなり孤独になった
今は死が全く怖くない
死ねばまた会えるような気がする

死が怖い人は今の世界に満たされてる証だよ

800 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 18:48:45.88 ID:Mi1t85z0


801 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 22:29:54.34 ID:gLRk3WsA
資格の勉強してる時だけは恐怖から逃れられる

802 :優しい名無しさん:2017/01/09(月) 23:21:36.45 ID:TjgdoLrZ
子供の頃から周りの人が死ぬたびに悪化していく

803 :優しい名無しさん:2017/01/10(火) 03:12:13.18 ID:sJNeMsIk
タナトになる人てみんな洞察力鋭かったり頭いいだろ?
暴走族やドカチンやラーメン屋のオヤジとかタナトにならないと思う。

804 :優しい名無しさん:2017/01/10(火) 13:16:18.65 ID:Io39pcrP
職業で決めつけるのはどうかと思うけど、内向的で考えすぎるタイプは多いだろう
俺も勉強はかなりできた方だけどこんな辛い想いするならバカで明るい方が絶対良いと思う

805 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 02:13:18.47 ID:qfP+K8gS
タナトなんて世間でいうクズ

806 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 03:39:25.82 ID:2d57yC27
クズとか、人より劣ってるとかってのは偏見がすぎるだろ
俺らみたいな人間が将来不老不死を実現させて人類に多大な貢献をしてやるんだから

807 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 09:04:29.89 ID:sd8iDIjh
世間がどう思っても関係ない。

808 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 09:59:02.41 ID:Hqo6//XK
だよね、世間がどうとか気にしてられるのが羨ましい

809 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 11:53:39.08 ID:EU04vB8U
怖くない怖くない頑張ろう

810 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 16:10:19.90 ID:BvAJ4R7k
人って味わいたい感情を味わうものだと思う。
俺は負けて悔しい、勝てそうも無くて無力感、を良く味わうんだけど
幼い頃弟によく負けていてそういうのが気持ち良くなっちゃったから
望んでそれを体感しているんだと思う。
(気持ち良いといっても嫌な気分でもあるから厄介。)
タナトの人は心のどこかで恐怖、焦り、絶望を求めていないか
自問自答してみるといいのでは?

811 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 18:46:19.61 ID:pEKvK0pQ
遥か遥か大昔にさ、インドにいた法蔵菩薩(漢訳名)という修行者が悟りを開くときにこう誓ったんだと。


「我れ無量劫において 大施主となって あまねく諸々の貧苦を救わずんば 誓って正覚を成ぜじ」

(意味)
私はこの先いつまででも、
大いに恵みを施す主となって、
貧しく苦に苛まれている多くの者を、一人のこらず救えないというならば、
誓って覚りを得ることはありません。


救うというのは、死んだ後に苦しみが一切なく楽を極めた仏国土、つまり極楽浄土に蘇らせることをいうんだと。
法蔵菩薩は悟りを開いて阿弥陀仏という仏になったので、その誓いも成就されてるんだと。
だから死ぬことなど怖くもなんともね、だって死んだら極楽浄土への往生が約束されてるんだかんね。

812 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 19:48:09.58 ID:Auak3pVP
そういうの信じられるならいいね

813 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 21:26:36.35 ID:EU04vB8U
んー怖い。でも頑張る

814 :優しい名無しさん:2017/01/11(水) 22:21:08.97 ID:R+txn+Rg
生じたものは必ず滅するのが自然の摂理。
死ぬのは当然なのに死にたくないなど摂理に反したことをいうから迷いの生存を繰り返すことになる。
死んだ後再び母胎に宿っては生を受けまた死ぬのを繰り返すのだ。
何度も死を経験する羽目に陥るのだ。
「死にたくない」ではなく「死ぬのは当たり前」と思えばこの輪廻のサイクルから解脱することができる。解脱したら死んだら二度と再生することがないのだ。
不死の門とは不生の門でもあるのだ。

815 :優しい名無しさん:2017/01/12(木) 05:55:47.94 ID:HHtIRk3+
輪廻とかそういうのなんの根拠もないじゃん
なんの根拠もないことを受け入れられる人は頭が幸せだと思うわ

816 :優しい名無しさん:2017/01/12(木) 07:58:25.81 ID:QslH11YE
いいよね、羨ましい

817 :優しい名無しさん:2017/01/12(木) 18:22:30.94 ID:UkvqtANC
とりあえず根拠のないことを当たり前だと
どこかで思っておけばいいんじゃないのかな

それで一生のすべてを過ごせるかと思うと難しさはあるよね

818 :優しい名無しさん:2017/01/12(木) 18:23:15.60 ID:UkvqtANC
もしかして、タナトの皆さんは
矛盾に敏感だったりするやろ?

ありふれた事聞いてごめん。

819 :優しい名無しさん:2017/01/12(木) 22:53:50.72 ID:5kD5E/ky
矛盾というか、非科学的な事や、理屈で説明できないことは信じられない人は多いんじゃないかな
できる事なら神様や死後の世界を信じたい

820 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 06:34:07.74 ID:VHQG2lMY
50年後の世界に自分はいない

821 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 10:05:05.46 ID:Dy+35w+i
>>819
だよねー。俺も信じたくて色々しらべるけども中々陳腐なものが多くて…

822 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 11:00:02.45 ID:hnmOAteH
調べれば調べるほど「唯物論が正しい」という確信が深まって行くだけ…

823 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 13:16:53.29 ID:GirZDvx6
中立的な立場っていうのはいいかもしれん。
死んだらどうなるか分からんよ、というね。
でも、死の恐怖について我々が話せないのは、
死んだら無になるよ、みたいな反応を恐れてるからじゃないかな。
死んだら無になるけど、俺は神様やあの世を信じてる人がいてもいいとは思う
みたいなスタンスならいいけど、
ましてやそう考えなさいとかそう信じなさいみたいになると
解決はできないだろうけど、心は落ち着かないだろうな

824 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 14:42:18.40 ID:HuTM2st6
そんな観念的な問題じゃないよ
もっと本能的な恐怖だよ。まぁわからん人にはわからんだろうな

825 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 18:51:20.18 ID:hnmOAteH
中2女子が飛び降り自殺か 「楽しいままで...」 さいたま市
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170113-00000852-fnn-soci

12日午前10時半ごろ、さいたま市の中学校の校舎の下で、中学2年の女子生徒が倒れているのが見つかり、死亡した。
女子生徒の遺書には、「いじめや家族間のトラブルではない。楽しいままで終わりたい」などと書いてあったということで、
校舎から飛び降り自殺したとみられている。


須原一秀的な動機だな…

826 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 19:46:37.90 ID:VHQG2lMY
怖い。

827 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 20:38:37.96 ID:HnmdeQlz
>>825
遺書の内容が本当だったらすごい
100日カレンダーの話みたい

828 :優しい名無しさん:2017/01/13(金) 21:33:34.71 ID:HuTM2st6
思春期だからこういうことしちゃうのかねー
まぁある意味幸せな生涯だったのかね
スピリチュアル的に言うならば自殺は禁忌らしいけど
人生くっそ辛いのに死ぬのは許さんとか滅茶苦茶だわさ

829 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 00:22:04.13 ID:CZOMR/78
http://mindhack2ch.com/articles/92017.html

830 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 04:26:16.35 ID:pYgrXlgF
平均寿命からして自分の残り時間分かるよね
医師も海老蔵の嫁なら最善を尽くすだろうが一般人なんか寿命ですで終わり
地獄の沙汰も金次第、中には生き地獄より死を選択する人もいる。

831 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 05:10:02.06 ID:TEYPD0+w
その辺調べると妄想に駆られたようなブログが出て来たりヤフー知恵袋では根拠示さず罵倒の嵐でげんなりするわ
自分は唯物論信じないけどどっちの意見もそういうやつ多いから人間ってクソみたいにできてるなと思う

832 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 11:25:07.85 ID:exYy9K+b
スピリチュアルでも唯物論でもええから、ちゃんと頭のいい人が論理的に語って欲しい。
唯物論も一見論理的に見えて、ただの偏屈な印象論なのが多い
まぁネットでブログ書いてるようなのにそこまで質を求めちゃいかんのだろうが

833 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 12:17:22.35 ID:tlaTslZ1
>>831
知恵袋などの質問サイトなどを見てたら病むよね

834 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 13:29:14.75 ID:tlaTslZ1
「死ぬ前の苦しみや恐怖、孤独は怖いけど、
死んでしまったら永遠の無になるんだから怖くないよね?」

そういう事じゃねーんだよなぁ。。。。。。。

835 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 14:59:35.18 ID:aVCHoalL
永遠ってのが恐ろしい。受け入れられない。永遠の時間とか空間とか宇宙の最期(最後も何もない永遠)とか想像すると発狂しそうになる。

836 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 20:02:24.66 ID:tlaTslZ1
死の恐怖にこだわってしまっているのではないかという可能性もあるよね
なんか、だから逆に嘘の恐怖が強まって心の負担が強くなるっていうか

837 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 20:19:09.39 ID:MmU7n9GA
扁桃体が人より敏感なだけと言えるかもよ
不安をがなくなれば死への恐怖も和らぐ

838 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 21:19:04.53 ID:aezj6L1c
美輪明宏の言う事は信じていいのだろうか…

839 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 21:37:17.53 ID:YKtUghex
何も考えずにテレビを観ていた時、美輪さんが映ったら
気持ち良くなったことがあるので
何らかのパワーは持っているのではないかと思っている。

840 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 23:21:23.94 ID:tlaTslZ1
死んだらどうなるかなんてわからん。
深く考えたって仕方がない。

841 :優しい名無しさん:2017/01/14(土) 23:55:54.12 ID:tlaTslZ1
なんというか、
「死の恐怖を克服、改善するには扁桃体を落ち着かせると良い」
とかってなると、
どうも唯物論的、唯脳論的な感じが出てくるから、
逆に死の恐怖が強まっちゃうんだよねw

そういう考えもあるのか、程度でいいのかな

842 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 00:14:38.46 ID:0uyG3/2c
死んだら21グラム減るだけ

843 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 00:56:15.22 ID:a5BOZwKP
死んだら学校も会社も行かなくていいし、老いに脅えることもないってポジティブにとらえてみるのはどう?

844 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 01:17:28.96 ID:O9HNis+4
>>843
いいねそれ 俺は死よりも恐れてるものあるから置き換えてみます

845 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 02:57:09.91 ID:RD3O5Dv0
な〜に、そのうち実体験でわかるよ。

846 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 12:16:05.02 ID:OnagijDk
人生は全く同じことの繰り返しではない。
今までは死ぬの怖かったかもしれないけど、
これからも死ぬのが怖いとは限らない。

847 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 12:40:39.05 ID:GjeOSXIP
>>841
すんげーわかるよ
不安障害持ちで、嫌々薬を飲むんだけどやっぱり効くんだよね
有り難いけども、結局俺は脳の産物に過ぎないのかと落ち込む訳なんだよ

848 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 16:31:28.82 ID:LjVjBO6f
【悲報】100年後にはみんな死んでる
http://chaos2ch.com/archives/4736037.html

849 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 22:09:20.45 ID:r6XCDlID
ガンの苦しみとか絶対調べたらあかんな…
俺はどんな死にかたするんだろう…死ぬのも死ぬ過程も怖くてたまらん
人生て地獄以外の何物でもない…
ネガティブになんてなりたくねーよポジティブになれる情報あるならくれよ…

850 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 22:22:31.36 ID:IiuE4eOr
いつの日か絶対に死がやってくるのに平然と生活してる人がいる事が信じられない

851 :優しい名無しさん:2017/01/15(日) 23:31:17.64 ID:L/IA90eb
死後がなんたらーと言うなら、麻酔科医のハメロフさんのこと調べてみては?
スピリチュアルとは違う観点から迫っているので面白いんじゃないんですか

852 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 01:42:37.03 ID:y2Bgs9Yb
死ぬのはわかってるからこの突発的な発作をどうにかしてくれ

853 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 01:57:39.79 ID:UT5JiHY+
>>851
発作起きた時見てみたけど気分が楽になったわ、こういう専門家の楽観的な考え方見るの結構良いかもね、ただホーキングの主張思い出してすぐブルったけど

854 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 02:03:17.99 ID:99RSkhbL
>>849
それ突き詰めてくとやっぱ釈迦の理論に行き着くよ
俺は仏教徒でもないし無宗教だけど必ず人間は死ぬということに納得できなくて
聖書の解読書やら般若心経の意味やら俯瞰の位置からいろいろ読んだけど
やっぱり釈迦の行きついた考えが合理的だと思うわ、輪廻とかせずに「エゴが消えて無(ニルバーナ)」になるのが幸せだと思う。
全ては無から生まれたんだからさ、最初に戻るだけだよ。

855 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 02:09:07.89 ID:wefmgand
凄く関係ないだろうけど、5億年ボタンも苦手なんだ
真っ暗なところでひとりぼっちなのが駄目。怖くてたまらない
私にとって死はそのイメージがあるから怖いんだと思う

発作が出たらとりあえず身体を抓る。強い痛みで紛らす
それでも駄目なら、市販薬で興奮やイライラを抑える薬があるからそれを飲む
発作は5分〜10分で治まるから、それを耐えればまた普段通りでいられるんだけど、その短時間があまりにも辛い

タナトって不安障害なのかな
病院行ったらしかるべき処方してもらえるのかな

856 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 02:17:43.50 ID:Qm6XRzk7
突然死が怖い人いますか?
自分は突然死が怖くてタナトに
なりました。確率的にそうそう
ある事じゃないとわかっていても
常に考えて怯えてる状態です。強烈な
ストレスで頭皮も薄くなり、スポーツで
心臓に負担がかかるから身体を動かす
事もろくに出来ない状態です。

857 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 03:07:46.82 ID:KnAVfwK+
>>855
そんなの病気じゃない
バカにつける薬はありません

858 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 15:47:17.66 ID:SiX2BeXR
死が人間を平等にしてくれる。
多分タナトフォビアは幸せを得過ぎた人達。

859 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 16:18:00.62 ID:8lvscIgB
>>858
幸せだったことはないけどな

860 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 16:29:50.90 ID:4/IZld+z
>>858
いや、普通に脳の不安感じる部分が敏感なだけやで
寧ろ暗い人の方が多い

861 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 19:08:38.37 ID:X/ZbyOK+
>>847

でもさ、
薬飲む前と飲んだ後の自分の考えてることはほぼ同じっていう認識も不思議よね。
気持ちは落ち着くけど

862 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 20:17:00.87 ID:cqwIS3gU
一番最悪なのは死んだ500年後くらいに不老不死の技術が確立されて皆が永遠の命を手に入れること。俺らが歴史で可哀想な人扱いされることになる。

863 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 20:24:14.92 ID:4/IZld+z
>>861
通ってる整体の先生曰く、不安を司る部分と人間的な理性を司る部分が違うからだそうだ
魂なんてものを信じたいけどね俺としては
輪廻なんてあってもさ、記憶も遺伝子も違う俺は俺なの?とか思って不安と絶望でいっぱい

864 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 21:22:42.97 ID:X/ZbyOK+
魂や神を信じていないけど、別に否定しているわけでもないっていう人もたまにいるよね

865 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 21:40:19.45 ID:sXQWoWV7
友達が死んで人生でいちばん死を身近に感じて

数日パニックを起こして泣いていたら家族に「そんなんだと○○(死んだ友達)に笑われるよ」って言われた
なんか違和感というか根本的なズレを感じた

866 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 21:48:54.46 ID:pgvngX3s
>>862
地球か宇宙か滅ぶまで生きるのか…
なんかそれも。

867 :優しい名無しさん:2017/01/16(月) 21:58:50.22 ID:4/IZld+z
>>865いいなぁ無意識レベルであの世を信じてるんだろうな…事実がどうであれ、そう生きられた人間は勝ち組よ…

868 :優しい名無しさん:2017/01/17(火) 00:00:55.74 ID:ZG7RPls8
神山さんは生前「たまに思い出してくれればいい。亡くなったら、ただのカルシウムだよ」と話していたそうで、
「葬式無用、戒名不要」と伝えていた。
葬式は行わず、近親者のみで見送った。「お別れの会」なども故人の意向で一切行わない予定という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000074-dal-ent

869 :優しい名無しさん:2017/01/17(火) 01:17:40.65 ID:KE7wFHdS
>>867
イギリスの哲学者ダグラス・ハーディングが考案した「頭がない方法」ていう奇妙な実験やってみるといいよ
https://youtu.be/98CindnEs58
https://youtu.be/AyXUmekiw6I
https://youtu.be/ToEI6iZZPYY
https://youtu.be/EWp0hpzCRYs
https://youtu.be/lHE7YDBNW4w
https://youtu.be/Fl9_2Yx7HTM
https://youtu.be/8dllIYj2Bog
https://youtu.be/Hv7MkVxTrJE

870 :優しい名無しさん:2017/01/17(火) 12:55:03.03 ID:YXcyUwtR
>>869まだ途中までしか見てないけど、私なんてものは元々存在してないてことでしょう?
仏教、気功、マイルドフルネスと同じような考え方
俺は怖くてたまらないんだよ、俺はこの有限の幻想に過ぎない自我を愛しているから

871 :優しい名無しさん:2017/01/17(火) 19:49:37.84 ID:zWZ+Cua9
うーん、あるとも言えるし、ないとも言える
ないとも言えるし、あるとも言える
みたいなくだりやろか

872 :優しい名無しさん:2017/01/18(水) 02:31:17.38 ID:x5hdsyJN
誰だって死ぬんだよ、ただそれだけのこと。

873 :優しい名無しさん:2017/01/18(水) 11:15:58.50 ID:DYq+HKLq
みんな死ぬから、とか言うのは慰めにならない

874 :優しい名無しさん:2017/01/18(水) 13:00:53.16 ID:TfbyLeqv
自分の子供が突然死んでも皆死ぬんだと割り切れるくらいなら凄いけどね。

875 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 07:22:22.34 ID:oKmIqdma
脳が作り出した幻想に過ぎないんじゃないかな
脳が死んだら何もなくなる

876 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 07:43:33.40 ID:+E8GEP/n
エバン脳外科医の臨死体験知らないのかな
脳が活動停止状態でも幻想は見るよ

877 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 13:28:16.75 ID:7XdRX/vI
タナトはいろんなことを
勝手に結びつけちゃう性質の人がなったりするんじゃないのかな。
そして、何もかも無駄だと感じて何もできなくなってしまう。

878 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 16:13:13.67 ID:2m2sfMIo
死にたくない

879 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 16:33:26.66 ID:3obO0RH+
タナトがまったく無いんだが。
自我の構造がそんなに大した構造じゃないから、自我なんて錯覚だし、ある条件が揃うと発生するだけの私という自己認識。
死んだらこの自我発生の条件が崩れるから、自ずと私という自己認識も消える。そんだけのことだから、寝ることも楽しい。寝るとき、私という自己認識条件の何らかが抜け落ちて、時間空間物質が一瞬消え去る。そして目が覚めるとまた元どおり。こりゃ面白い。

880 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 16:39:16.11 ID:3obO0RH+
>>850
平然と生活しないと死ぬまでに
悲惨な状態で暮らさねばならないからね

881 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 17:01:42.84 ID:OA1ylM7I
じゃあ来んなよ笑
俺も昔はそんなこと偉そうにいってたわ
これはならないと理解できないよ

882 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 17:13:34.00 ID:3obO0RH+
>>881
小学生の時はあったからわかるよ。ただ改善されることもあるんだよなぁ。まぁ改善するにも才能やら運は必要だがな。

883 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 17:16:35.23 ID:OA1ylM7I
こんな嫌らしいアホがタナトだったとは思えんわ笑

884 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 20:40:44.34 ID:E6G/87c+
ツイッターで同じタナトフォビアというか、死に対して恐怖を感じている人と
DMで話すとかどう?改善されるかどうかは分からないけど。

個人的にこれは効果があった。
くさい言い方すると、人の輪も広がる感じがした。

885 :優しい名無しさん:2017/01/19(木) 23:36:26.99 ID:S1q9crHX
>>884
それ考えたけど相手が発作出てるときに自分も発作出そうで怖い

886 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 01:41:34.06 ID:9KtcnAt8
>>883
タナトのまんまおっさんになる方がアホだと思う。

887 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 03:53:20.02 ID:YCp8A5Jk
タナトの事を家族に話した事ってある?話そうにも家族がその怖さを知ってしまうと思うと出来なくて結局一人で抱え込んでしまう

888 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 11:41:23.44 ID:qT1nOVSX
>>886
そうだね、はよ巣に帰りなさい
>>887
話しても大抵理解されないか、家族も病む可能性あるね

889 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 12:26:17.56 ID:FEmAQYFK
タナトなんて、自分の何らかの特殊な特性だと考えてる
恐怖に陥りやすい時もあるし、それは仕方ない
と割り切ったら少し気が楽になった

890 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 12:38:43.91 ID:QBSOfxlJ
むしろ子供の頃のほうが、
実際の死が遠いからか、
死んでも平気みたいな感じなんだけどな。

891 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 14:29:52.27 ID:BOyxJH3j
死ぬの怖くなけりゃ
人生どんなに楽なことか!

892 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 14:33:39.28 ID:SErHYtCI
神や霊や天国や生まれ変わりが本当にある世界に生まれたかった

でも本当に神がいたら科学がこんなに発達して神の座を脅かしたり
人間が調子に乗りすぎるのを神が許すとは思えないから
この世はこんな風に発展してなかったのでは?なんて考えたり

霊を視認できる世界だったら街の中も家の中も霊だらけで鬱陶しそうだとか
生まれ変わりが確定・保障されている世界だったら受験に失敗したとか
金持ちの家に生まれなかったとか、そういった事で簡単に自殺する人が世界中で増え
今の世の中より十倍以上自殺する人が増えるのかな、とか想像してしまう

こういう想像や考え方をする事自体、良くも悪くも自分は今の時代の人間なんだよな…
素直に神を信じていたりあの世があるかもしれないと思いながら生きていけた昔の人が羨ましいよ

893 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 15:47:39.36 ID:BOyxJH3j
神を現実的に考えるのなら宇宙の法則、だろうな。
そういう意味では科学は神の力。

894 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 18:24:40.96 ID:x7hpZ2bb
あー無が怖い

895 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 20:01:55.35 ID:ZmC+qG+C
死にたくないアル

896 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 20:18:22.45 ID:BOyxJH3j
快楽が、喜びが、幸せが、安心が絶たれるのが嫌だから死にたくない。

897 :優しい名無しさん:2017/01/20(金) 22:20:42.26 ID:qT1nOVSX
身近な人の死を看取ったひといるか?
どんな感じだった?

898 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 00:50:43.08 ID:/6p/2Vwu
>>897
電車で飛び込み自殺の頭がない死体を見たよ
太ってたオッサンらしかったけど単なる肉の塊で哀れだなって思った
快速電車が止まって哀れみと怒りしかわかなかった ちょっと吐き気もした

899 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 01:27:25.66 ID:lamIaNoL
>>897
祖母を看取った
末期癌でなにもわからなくなっていてボロボロだった
中学生だったが周りの大人が落ちついた頃にさらにタナトが酷くなった
今でも思い出してはこわくなって何もやる気がおきない

900 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 02:04:47.93 ID:EyPN8BKP
おまいら意識がなくなることが怖いくせに、いっちょまえに睡眠はとるんだよな?

901 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 03:25:25.44 ID:RwvAN1pD
>>892
何故神や霊や天国や生まれ変わりが無い世界だと思うのか
現代の科学で神の座を脅かしてるレベルだと思うのか気になる
もしかして死んだ先って自分の思った通りの結果に分岐したりしてね

902 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 03:54:53.61 ID:a631QRQq
>>900
睡眠みたいに意識が一時的になくなるのは怖くないけど死による永遠に意識が消える事が怖い。
睡眠と同じだって言う奴もいるけど次に起きれる確信があるとないとじゃ違うと思う。死を体験してない事での未知の怖さもあるけど

903 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 11:50:01.13 ID:zHmjKhgs
>>899まじか…俺も祖母がそろそろ危ない
怖くて仕方ないわ
>>900寝るのも恐いよ
今はまだましだけど、意識を失うのが怖くて眠いのに怖くて寝れないみたいな時期があった

904 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 12:22:39.39 ID:P4NWHObt
>>903
死の後の無がこわいのはもちろん、
癌でもうすぐ死ぬ患者に高いお金を払ってベッドにはりつけて、薬の副作用でなにもわからなくなって、幻覚や痛みで苦しんでいる所を思い出すと、
なんで自殺はいけないんだと疑問に思う

905 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 12:55:57.54 ID:zHmjKhgs
>>904
最近だと癌は治療するなって考え方もあるよね
自殺はわかんねーな
海外では安楽死認められて来てるからゆくゆくは日本も認められるかもしれないね
だけど俺は死ぬの怖いから生の苦痛と死の恐怖に板挟みで発狂しそうだよ

906 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 14:41:12.63 ID:OPjtZSBK
オカルトのせいでこれになったかもしれない

907 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 17:37:27.90 ID:otbSjMBf
夢にもタナトな自分が出てくる

908 :優しい名無しさん:2017/01/21(土) 22:22:53.12 ID:eFT1FTOr
トウジョウナイトは平和でね

909 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 02:20:37.10 ID:Uguj4AnJ
これから生まれてくる子供たちはよりいっそうタナトにかかりやすくなるだろうね
これだけ科学が発達してるし、しかもその情報がスマホで即手に入る環境だし
きっと2030年あたりで輪廻転生とか死語の世界は〜なんて言ってたらちょっと危ない人と思われるか
古臭い考えですねとひとこと頂くかもしれない
経験上俺のおばあちゃんが仏様について語り出したときや職場のおばさんが小さい頃は霊が見えてた
今でもそれを信じ続けていると言い出した時には昔の人ってこういう考えなんだなーって聞いてて苦痛だった
心霊番組も今ほとんど見ないし、信じてるのはごく少数

でも時代が変わって来ている、そしてこれはチャンスなのかもしれない。
みんながみんな死について考えるっていうのは大事なことだと思う
もちろん、今までみたいなファンタジーじゃなくリアルな死後についての考え

2030年がもうすぐやってくる、死は回避できないとしても何かしらの小さな可能性が出てくるはずだ
今だと、ロボット化、電脳化、IPSによる寿命拡張、
今でこそ上であげた様な事はそれこそバカバカしいSFのものだと笑われるだろう
けど100年後はどうだろうか、無理だねという人もいればあり得るかもしれないという人が過半数を超えるんじゃないか
そうして徐々に死から遠ざかってやがて完全な死のない世界を実現できることは不可能じゃない
正直中学2年生が考えそうなことだな(笑)と笑われるだろう、けど俺は今の死後は無だとか無じゃない生まれ変わるとか
そんな空想議論よりはよっぽど有意義だと思う。

もちろん保険として死後の理想を考えることも必要ではあると思う
無から生まれてきた宇宙があるんだから人が死んで必ずしも無にはならない
それこそ生まれ変わりや、死後という世界が待ってる
けどこれを議論するのは違うだろう。

まずできるだけ今を生きる。死なないように、将来生きやすいように今をがんばろう
そうすれば例えば5年後、超トンデモ科学「000」が発見されましたなんてことがあるかもしれない。

910 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 02:53:08.58 ID:UjeVmwIe
>>909
お前みたいのと世間一般人とは違うのだよ

911 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 03:32:23.62 ID:jW6L/2To
こんな事考えてると戦時中の人にブン殴られそう

912 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 04:05:54.76 ID:hDSXY414
>>902
でも二度寝大好きだろ?
朝方4時くらいに尿意で起きちゃって寝ぼけ眼のままトイレに行って
寝ぼけ眼のまま温かい布団に戻って目覚ましなるまでもう三時間眠れる・・て思いながらまた眠りに落ちる時得した気分じゃないか?

913 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 08:08:27.87 ID:3pkUSHIE
頭が働いていないときは恐怖はなくなるからな。
でも、一度目覚めると不安で眠れなくなる場合もある。

914 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 14:26:37.87 ID:Ez7ppvLx
タナトフォビアについて調べてたら不安になる記事でタナトフォビアって出してたせいで余計に不安になった
哲学ニュース 宇宙で出るはず

915 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 14:34:44.07 ID:Lva3DQtW
>>909んー結局どんなに科学が発達しても恐らく解決せんよ
脳みそいじくればある程度不安は消せるだろうけど、根本的な存在の不安は無理だろうね

916 :優しい名無しさん:2017/01/22(日) 19:47:57.34 ID:Ez7ppvLx
自分でも気にするのはおかしいはずなのになぜか死ぬ原因になりかねないことが頭に残ってるんだ 考えたくないのに
もう一度いうけど タナトフォビア 強迫性障害 予言 の検索結果2ページ目に出てくる哲学ニュースnwkの記事ね

917 :優しい名無しさん:2017/01/23(月) 00:26:47.09 ID:oqleqwOc
久々にタナトって来てしまった
寝る前はホント駄目だ

918 :優しい名無しさん:2017/01/23(月) 04:31:08.00 ID:uavxJLkN
こいつら人生舐めきってるよな
リアルならワンパンされて涙目だろ無駄に生きるな

919 :優しい名無しさん:2017/01/23(月) 05:43:28.93 ID:MS8cj6ub
>>908 >>910 >>918
最近またパキシルが調子に乗り始めてるな
もう5年くらいになるか?こいつが粘着し始めてから

920 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 00:57:31.47 ID:6PPP5JYZ
君達は死後もう一度よみがえるのだ。

世界の終わりにイエス・キリストが再臨し、あらゆる死者をよみがえらせて裁きを行い、永遠の生命を与えられる者と地獄に墜ちる者とに分けるのだ。
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/057seisho4.jpg

父なる神を信じ、幼子のように素直な心でいて善行を積む者には永遠の命が与えられる、ということを肝に銘じておくべし。

921 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 01:48:33.93 ID:apK/nVQJ
こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい

922 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 16:02:39.01 ID:uxzYWy4v
>>920
あのさぁ、信じない者は地獄に落とすとかどんだけガキなんだよ
人間の親でさえ、子供がどんなに反抗しても無償の愛を注いだりするんだよ?
愛に溢れた神たるイエスがそんなひねくれたガキみたいなことするわけない
信じてない人間も一生懸命生きてんだよ

そういう風に考えればこういう教えがいかに想像力のない凡夫の妄想かわかるよね
脅迫的に信じさせて利用することしか考えてない

923 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 17:11:24.92 ID:ZA8ZSyLl
私も無になることって何って考えたら、答えなんか見つからないのにあれこれ考えて寝られないときがあります。輪廻転生論でもあの世がある論でもなんでもいいから、一生かけて私を洗脳してほしいと旦那にはつたえてあるw

924 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 18:18:05.08 ID:d9gkkKDS
年齢的には何歳ぐらいがタナトピークになるのかな。自分は30だけどこれ以上悪化させたくないわ

925 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 18:31:10.73 ID:UNur3zbz
死ねば悪化しなくなるから大丈夫だよ、もうちょいの辛抱。

926 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 18:33:23.09 ID:ZGsFq8pd
>>925
死んでも死にたくないなどと無明のうちにとらわれている限りは
輪廻転生でまた母胎に宿って生まれを受けまた死を恐れながら死ぬからね

927 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 18:58:11.31 ID:AWRvAjux
また適当なことを笑

928 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 20:28:23.88 ID:d9gkkKDS
無の恐怖

929 :優しい名無しさん:2017/01/24(火) 21:05:39.63 ID:UNur3zbz
怖さを感じないのが無だから大丈夫じゃん

930 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 02:11:38.02 ID:S16Zmyf3
「誰でも子供の頃になる」っていう模範回答腹立つ
じゃああんたは癌になったり死刑宣告受けても正気でいられるのかと

931 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 02:23:56.97 ID:S16Zmyf3
死に恐怖してる側からすれば「タナトフォビア」という病気として
扱われるのも納得いかない

死に恐怖してる死刑囚に対してタナトフォビアなんて病名をつけないのは
「死ぬのは非常に怖いこと」っていう共通認識があるからでしょう

死刑囚と同じ立場である私たちが死に恐怖するのはなぜ病なんだろうか
一般の人は死のリアリティを感じていない

932 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 02:46:07.87 ID:ljBgF8QN
眠れない...
何で自分は自殺願望とタナトの発作が交互に出るのだろう
何か別の病気なのかな?

933 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 02:55:38.02 ID:n61QVlTv
無が怖いって言うけどまず心とか魂なんて物は存在しないんだから意識はどこに行くのかって視点で言えば今の時点で無でしょ、そういうのは全部脳の働きで作られた物、哲学ゾンビと同じだよ

934 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 03:00:11.16 ID:RPA2bitT
これって病気だったの?

935 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 03:35:37.28 ID:CpwO9wqs
42731
42731
42731

936 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 11:12:35.23 ID:ljBgF8QN
>>933
って事はやっぱり人間もロボットと同じで、電源が切れたら(=死亡)、無でしかないって事なのかな
たまに前世の記憶がある子どもとかいるけれど、あれは何の理屈なんだろう

937 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 12:27:49.82 ID:2NagojA3
>>933
まぁ俺もかねがねそう思うけど、魂が存在しないって根拠は?
結局それも印象論なんでは?

生命は所詮分子のスープが偶然混ざりあってできたものに過ぎない
では、そもそもの始まりとは何だったのか?
全ての始まりの前には外には何があったのか
そう考えると存在というのはやはり神秘なんだよな
勿論安っぽい宗教やスピリチュアリズムを肯定するわけではない
もっと厳密に科学的に語られる分野になってほしい

938 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 12:40:16.35 ID:7Zyc1Ceq
薬で治るものじゃないから病気ではない

939 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 17:33:18.47 ID:7k8lQUQ8
いや、一種の不安障害だから抗不安薬は効くよ
根本的解決にはならんけど

940 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 17:51:06.84 ID:B+/BTgSM
>>933
お前みたく今の時点で無でしょとか心も意識も記憶も感情も全部脳で作られた物とか
言って平気な顔してる奴が一番むかつくんだよ

自分で言ってて怖くないの?それを言ってるお前も、脳がなくなったら無になるんだよ?
自分で書いてて吐き気を催したり震えて涙が出そうになった事はないの?
俺は何度もあるよ、何しろ最初にタナトの発作が起きたのは脳の事を調べていた時だからな

人間という存在全てが脳髄でしかなく、人が人を司る意識・記憶・自我全てが
脳髄の中の微弱な電流、電気信号でしかないと知った時のショックと恐怖と絶望、お前に解るか?
それを知って泣き叫んで、怒り狂ったその感情すらちっぽけな電流でしかないんだぞ…
誰の例外もなく俺もお前も電気信号だし、構成する材料が有機物なだけのロボットでしかないんだよ

もう一度聞く…怖くないのか?

941 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 17:52:53.90 ID:0iaCQK0w
死ねば解決。悩む甲斐がない。

942 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 18:49:05.42 ID:7k8lQUQ8
>>940
タナトでない人間に何言っても無駄
所詮俺らは少数派だからね

943 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 19:31:09.83 ID:ljBgF8QN
タナトでない人間が羨ましい
自分は10歳頃、突然頭に死の事がよぎったのが最初だった
天国の存在を肯定したくて、いろんなサイトを巡った。死ぬのが怖すぎて不安から逃れる為に自○しようとした
あの時死んでおけば良かったという気持ちと死ぬなんて恐ろしいという気持ちが入り混じって心が壊れそう

944 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 19:42:02.22 ID:+dI9xJVG
死を考えるのは前提として
タナトな人って所謂宗教みたいな魂を信じてる人だよね?
もしそうならちょっとファンタジーみたいな理想的なのを感じてたい人で

信じない人は現実的な人だと思う

945 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 20:33:29.21 ID:czn0bfZl
全っ然違う。宗教も魂も信じてない。信じてたらタナトになる訳がない。
現実的かと聞かれたら誰よりもリアリストだ。
神も霊もあの世も信じず、脳が全てだと理解していて、
死の先に無しかない事を認めているからこそ、タナトになったんだ。
むしろ現実主義者でなければタナトになんかなる訳がない。
夢想主義だからこそ、オカルトを信じるのだから。

946 :優しい名無しさん:2017/01/25(水) 20:40:44.43 ID:fPXkGE8w
そうだね。
論理的で現実主義だからタナトになる
あの世とか魂とか信じたいさ、でもそこそこ頭良いから馬鹿な創り話は信じられないのさ
熱心な信者に色々聞いてたら大抵答えられなくて怒り出すからね
別に貶めたい訳でなく気になるから信じたいから聞いてるだけなのに

947 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 01:22:53.54 ID:94eqVh6m
これって死を意識しだしたら駄目なんだなって分かって不意に死について考えたらすぐ何か他の事を寝るまでやって回避するって生活してたら大分立ち直れたわ

948 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 02:00:47.29 ID:5PNq0g1z
1週間程入院するんだが
寝たきりでタナトの発作がきたら
気をまぎらわすものもなく
どうなってしまうのか……

949 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 02:49:03.45 ID:8fJYYuHb
>>937
人間に自由意思なんて無いことについてはどう思う?
死んだら無になることと同じレベルで虚無感に襲われると思うんだが・・
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/jiyuu.html

950 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 03:48:09.91 ID:YiFvu6IU
>>949
こういうのはあまり怖くならないな
だって死ぬのが怖い、自由意思がないと感じてるあなたはそこにいるじゃない
そしてその自分を大切に思ってるからこそ君はタナトになったり、虚無感を感じてるんじゃないの?

951 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 11:09:36.90 ID:3vCoRViC
ひとりの人がイエスのもとに来て言った。「先生。永遠のいのちを得るためには、どんな良いことをしたらよいのでしょうか。」
イエスは彼に言われた。「なぜ、良いことについて、わたしに尋ねるのですか。良い方は、ひとりだけです。もし、いのちにはいりたいと思うなら、戒めを守りなさい。」
彼は「どの戒めですか。」と言った。そこで、イエスは言われた。「殺してはならない。姦淫してはならない。盗んではならない。偽証をしてはならない。
父と母を敬え。あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
この青年はイエスに言った。「そのようなことはみな、守っております。何がまだ欠けているのでしょうか。」
イエスは、彼に言われた。「もし、あなたが完全になりたいなら、帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」
ところが、青年はこのことばを聞くと、悲しんで去って行った。この人は多くの財産を持っていたからである。
それから、イエスは弟子たちに言われた。「まことに、あなたがたに告げます。金持ちが天の御国にはいるのはむずかしいことです。
まことに、あなたがたにもう一度、告げます。金持ちが神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」
弟子たちは、これを聞くと、たいへん驚いて言った。「それでは、だれが救われることができるのでしょう。」
イエスは彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。」

952 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 12:14:00.90 ID:aRS4rm4M
普通の人は、死に対してフィルターがかかってるんだと思う
良い意味で鈍感なんだと思う
そのフィルターが無いか微弱なのがタナトなんだと思う

953 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 12:22:42.57 ID:2EDsk+gA
仏陀(目覚めた人)が説法を躊躇していたときに、梵天(世界の創造主)が説法を勧めたという話(梵天勧請説話)です。
中村元著『ゴータマ・ブッダ』では「耳ある者どもに甘露(不死)の門は開かれた。〔おのが〕信仰を捨てよ」と訳されています。

信仰を捨て見解に固執しないこと。
そうすれば死は生きるものにとっては当たり前のことであり何も恐ることはありません。
「甘露の門は開かれた」、とは「死を恐れない境地の門は開かれた」、という意味です。

954 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 14:56:05.40 ID:+qIh09LY
>>940

餅つけ 気持ちはわかるが我々はタナト同士 互いに労ろうや

955 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 15:38:39.51 ID:ao08bbbN
死ねば静まる

956 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 16:31:10.87 ID:NoJykHcq
仏教では
常見 = 死後の世界がある
断見 = 死後の世界も魂も神もない、永久的な無だ
っていう考えがあるらしいけど、
それに偏らず生きていこうってのが

957 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 16:33:11.91 ID:PnaTTcLg
>>951
>>953こういうの抵抗なく受け入れられるならタナトなんてならんよねー羨ましい
色々穴だらけだよ

958 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 16:49:31.72 ID:NoJykHcq
なんていうか、タナトフォビア的な虚無感を思い出して時々陥ってしまうのが辛い。
平気な時は平気なんだが、何か死の恐怖を煽るような考えにぶつかったり、思い出したりすると、
またあの恐怖が襲ってきて、生活はできるが、好きな事に対する意欲などが萎える。辛い。
そして、誰かと会話する意味もなくなり、不信感も出てくる。

疑問に思うのが、死んだらどうなるかは分からないっていう考えがなぜ馬鹿だと思われるのか。
そういう人達にこの恐怖を解消する方法なんて思いつくのかという怒りを感じる。
自分が自分なりの考え、死生観を持ちつつ生きているのに、なぜ否定されなければならないのか。
相手にしない方がいいのだろうか。
自分なりの宗教観があって、絶対なんてないと割り切り、
様々な考えがある事を認める生き方の方が不安は少ないんじゃないか。
この考えがなかなか理解されないのが辛い。人に理解してもらおうとするのはおこがましいことだが。

959 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 17:10:58.52 ID:ao08bbbN
みんな死ぬんだから大丈夫。大丈夫じゃなくても死ぬから大丈夫。

960 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 17:17:30.44 ID:PnaTTcLg
>>958そういうのはあんま相手にせんほうがいい
労力の無駄。それよりもそこそこ考える力のある友人を一人でも探した方がいい。

現代の潮流として死後なんてあるわけないが流行ってるけど根拠は何もない
勿論推論としては無い可能性の方が高くはあるが、結局憶測に過ぎない

結局あるって断言してるやつも、ないって断言してるやつも一緒なんだよ
前者は宗教を信じ、後者は科学っぽい俗説を信仰してるに過ぎない
正に思考の放棄

961 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 18:36:55.54 ID:xfDwgsSp
>>958
俺もこの前知り合いに新しい宗教にでも入ったの?って馬鹿にされたんだけどやっぱ宗教のせいがあるんじゃないかな
宗教になると全部とは言わんが金がらみの話や押し売りして来るのもいるし日本だと無神論多いからそういうのになると敬遠されて…ってなる

962 :優しい名無しさん:2017/01/26(木) 18:53:29.28 ID:F61VSBxy
>>960
ありがとう。少し気が楽になったよ。

963 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 00:24:47.85 ID:VkaTZTeW
死の恐怖もありつつ、人と色々なところで分かち合っていこうとしてたら、逆に距離感が近過ぎて相手に気がつかずに不快感を与えていたんだなぁという落ち込みと、またこの恐怖を持ったまま、ある程度堪えなければならないのかという不安感を感じるのみである

964 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 10:16:54.13 ID:mbq0qieo
2月はタナトが酷くなる

965 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 11:05:41.49 ID:5Hab5u6C
死後の世界とかどうでもいい
発作が起きたときにどうすればいいか教えろ

966 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 13:16:30.19 ID:lS2exU7L
>>965頓服薬飲むか腹式呼吸でもしてれば?
発作きたら、じゃなくて普段から規則正しい生活送ってるかどうかの方が重要
カフェインやら辛いもの避けるとかね

967 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 15:25:53.12 ID:Npc/hijI
>>966
俺は抗不安薬全く効かないし、呼吸を意識すると余計に怖くなる
辛いの苦手だし、カフェインもお茶以外は全く摂らない
それでも発作収まらないから、もうこれは体質のようなものではないかと半ば諦めている

968 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 15:39:43.28 ID:BC6Lpq5P
>>967
ちゃんと日光浴びて運動して栄養バランス良くとって、夜寝てる?
それでダメ、薬もダメなら結局死の恐怖と自分なりに向き合っていくしかない
死後の世界なんてどうでもいいとか言ってるけど、そういうところに問題あるから発作きてんじゃねーの

969 :優しい名無しさん:2017/01/27(金) 22:33:32.21 ID:VkaTZTeW
中立的に物事や死の考えについてみる、というのが大切だし理想なんだろうけど、
時々死について考えてた辛い気持ちが蘇って逆に辛くなってしまう

970 :優しい名無しさん:2017/01/28(土) 15:46:08.88 ID:DXrBLLif
このスレは無恐怖症はっきりわかんだね

971 :優しい名無しさん:2017/01/28(土) 22:28:49.05 ID:FpgDY7CH
虚無感に憑依されてたな
無が普通なんだ、みたいな。(タナラーに配慮して、これが正しいとは限らないとしとく)
そして何もできなくなるみたいな。

コーヒーの飲み過ぎが原因なのかな

972 :優しい名無しさん:2017/01/28(土) 22:34:22.14 ID:FpgDY7CH
なんていうか、"無"っていうから色々と恐怖を生むんだと思う。
記憶や自我がなくなる事に対する恐怖の対象としての"無"と、
執着もなく、精神が成熟した状態としての"無"があるとしたら、

後者は"無"ではなくて、"静寂"と考えるべきじゃないのかな
そう考えた方が死は少し受け入れやすいのかも...

よくわからんね。
少なくとも不安な思いを起こさせないように体調は管理した方がええね

973 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 00:31:50.83 ID:z/AHAhB3
そういう観念的な解決法はあんま意味をなさないと思う
結局怖いもんは怖いんだもん

974 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 00:33:17.59 ID:z/AHAhB3
どれだけ上手くいっても老いて病んで苦しんで死ぬわけだし、ボケて自我がなくなってくのも怖い
元々そんなこと思わない鈍感な人間だったのにもう滅茶苦茶だわ

975 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 06:23:47.53 ID:hO/HJB+f
心を落ち着かせるのはいいことなんだけど、無気力になりやすいんだよね。

976 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 08:40:09.24 ID:Rnbb6nhT
http://i0.wp.com/kaigai-matome.net/wp-content/uploads/2015/08/img1440205800.jpeg

977 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 10:13:36.54 ID:7C1U8CVF
高学歴のタナトフォビアなんているんだろうか

978 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 12:12:12.86 ID:s0aK6ep3
>>977
学歴はあんまり関係はないと思うけど、
大学卒業以前に発症して進学できなかったり中退する人もいるだろうね。

979 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 12:22:11.65 ID:gGoqUxg+
高いIQのタナトフォビアなんているんだろうか

980 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 14:20:31.63 ID:ZvQd61mF
>>979
IQが高ければ、論理的に物事をよく考える事が出来るので、死の恐怖というのも執着心だと気づいて、すぐに収まるはず。

だいたいタナトフォビアになる人はiqが90~100ぐらいじゃないかと思う

981 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 14:23:51.68 ID:flfyQ+FA
>>979
釈迦

982 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 14:26:01.57 ID:c0Yzxkd1
>>977
また荒れるかともだけど一応早稲田
うつ状態であんま勉強できなかったけどら勉強自体は割りとできるほうだったよ
もう脳みそも大分劣化したけどね
実際高学歴かどうかは関係ないとおも
内向的で考えすぎるタイプか否かじゃないか

983 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 14:53:25.31 ID:ZvQd61mF
なんかネットで調べてみると、
慶應でタナトっていう人もいたな。

984 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 15:55:12.44 ID:hO/HJB+f
子供が若死にしても現実ではよくあること。
でもそんなのは慰めにならない。

985 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 17:03:28.39 ID:RUfJQQ9m
誰だって死ぬんだよ、ただそれだけのこと。

986 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 18:12:42.58 ID:U2t6Hc7i
死にたくないです

987 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 19:50:34.81 ID:ZvQd61mF
タナトフォビアに男女だとか、生まれてきた時代はあんま関係ないよね

988 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 20:13:43.69 ID:3Qxg7wvL
んー時代や文化は関係あるんやない
近代以前の神やあの世が当たり前だった時代は今よりは発症しにくかったろう
ニーチェに代表されるように生きる意味を喪失したり、虚無感に襲われたりするのが増えたのは近代以降でしょう

989 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 21:54:29.85 ID:edgzwWBh
暴走族だったがラーメン屋のチェーンで成功した元ヤンキーや10トン車全面に歌舞伎町のような電装でデコレーションしたトラック野郎とかはタナラーになりにくいみたい
やっぱりタナラーは宮崎哲弥のような洞察力に優れた知識人に多いらしいね

990 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 22:14:27.58 ID:ZvQd61mF
>>989
タナラーになりにくい、とは言うけれど、
やっぱり少なかれいるんでしょ?

991 :優しい名無しさん:2017/01/29(日) 22:29:26.48 ID:xNUtSWMF
>>980
ある意味凄いわ IQでタナトを解説して頂くとは思わなかった

992 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 00:03:52.17 ID:40Yn5jmT
いや、論理とか考え方でどうなるならタナトじゃないよ
もっと本能的な恐怖だよ
その程度でよくなるなら堀江も宮崎も大江健三郎もタナトなんかとっくに乗り越えとる
そういう知識と経験豊かな人間でさえも越えられないもんなんだよ

993 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 02:25:09.45 ID:2bL5qVNd
友達も恋人も死ぬまでいっしょにいたくない

994 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 02:28:42.07 ID:5kUUVdK0
死の恐怖'を征服するもっともよい方法は、
諸君の関心を次第に広汎かつ非個人的にしていって、
ついには自我の壁が少しずつ縮小して、
諸君の生命が次第に宇宙の生命に没入するようにすることである。

――志茂田景樹

995 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 03:13:47.71 ID:nuT+JMpX
びびりのヘタレ

996 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 03:20:32.54 ID:mLWVTTB8
IQより時代や環境とか年齢じゃないか変わってくるのは

997 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 04:06:29.81 ID:moy1YZTe
なんか体が死にそうな勢いだ

998 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 04:43:46.51 ID:R7DgjD1Q
>>994
これと似たようなこと今してるよ
おかげでトラブルは減ったけど気の抜けた人間になった

999 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 08:21:47.18 ID:lIZV8e7b
新スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)29棺目■■■ [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1485732035/
保守必要なんでしたっけ?

1000 :優しい名無しさん:2017/01/30(月) 08:38:05.62 ID:O8aRBgcv
1000なら不老不死

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 122日 7時間 20分 13秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

276 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)