5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■死恐怖症(タナトフォビア)27棺目■■■ [無断転載禁止]©2ch.net

1 :優しい名無しさん:2016/05/22(日) 16:21:07.88 ID:tcswmfY1
タナトフォビアとは死そのものや死に関連するものに対する恐怖症のことです。
このスレにはこんな人たちがいます。

1. 意識の喪失による無が怖い人
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
6. 永遠が怖い人
7. 身近な人の死が怖い人
これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。

タナトフォビアの類義語としてネクロフォビアがあります。
しかしタナトスはもともと死を擬人化した神の名を、ネクロは死体を指すので、
ネクロフォビアというと死体、つまり他者の死を意味するときに使う習慣もあるようです。
(ただし海外では同義語として扱われています。)


スレが埋まりそうになったら新スレが立つまで書き込みを控えましょう

前スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)26棺目■■■
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/

2 :優しい名無しさん:2016/05/22(日) 16:25:02.81 ID:tcswmfY1
25 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1426906596/
24 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1407981025/
23 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1386006819/
22 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1363485515/
21 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1353093866/
20 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1343002809/
19 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1334747171/
18 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1328169846/
17 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1317728847/
16 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1297345360/
15 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1275042162/
14 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1253806110/
13 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1240933762/

3 :優しい名無しさん:2016/05/22(日) 16:26:25.02 ID:tcswmfY1
12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1231956257/
11 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1220627226/
10 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1204037109/
9  http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1186756061/
8  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1168783698/
7  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1159800835/
6  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146015751/
5  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136284577/
4  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/
3  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/
2  http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
1  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053/

4 :優しい名無しさん:2016/05/22(日) 16:27:28.55 ID:tcswmfY1
■解決方法

どれも完全な解決方法ではありません。
前スレまでに書かれていたことなど。

(1)精神疾患の一種(強迫性障害・不安神経症の延長?)だと思われるので、精神科を受診し、処方された薬を飲む
(2)時間的余裕をなくす(時間があると余計なことを考えてしまうため)
(3)子供を作る(理由的には同上)
(4)気休めになる言葉や本を探す

5 :優しい名無しさん:2016/05/22(日) 16:28:41.14 ID:tcswmfY1
611 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/14(木) 10:59:48 ID:wwYsQ6Ob
このスレを見てるとタナトフォビアには2種類あるな

一つは慢性的タナトフォビア
死に対する恐怖が常に付きまとい、倦怠感や疲労感、 無気力状態になるか
あるいは暗鬱で絶望的な気分になったり、悲哀や悲壮感に包まれる。
酷い場合は毎日死について考え、常に精神的苦痛を感じている場合もある。
夜や寝る前は特に症状が酷くなるため、寝たらそのまま目覚めないのではないか、などの不安が頭をもたげたり
恐怖感や不安によって心が休まらず眠れなくなるなどして睡眠障害や不眠症を引き起こす場合もある。
よって症状が重ければ重いほど必然的に日常生活に支障をきたし、死が頭から離れなくなり
常に憂鬱でやる気が出なかったり不安に悩まされることから、鬱病に近い

もう一つは発作性タナトフォビア
死に対する恐怖やイメージが瞬間的に増長してあるレベルに達したとき一種のパニック発作状態に陥る。
やはり起こる頻度に伴わずタイミングは夜や寝る前であることが多い。
症状としては発作が起きると同時に精神的苦痛と恐怖を伴いながら動悸が激しくなり
じっとしていられなくなってベッドから飛び起きたり椅子から立ち上がったり、酷い場合は叫ぶこともある。
それらの症状は大抵長くても1分程度で収まり、一度発作が起きれば次の発作がくるまでは安静である。
発作の来るタイミングは個人差があり不定期で、年に数回の人も居ればほぼ毎日発作が起きている人も居る。
日常生活については、症状が軽い場合や寝る前のみの場合は基本的に問題ないが
重い場合は公共の場や会社・学校で発作が来ないかという不安が付きまとうことから、パニック障害に近い。


もちろん、この二つを併発している場合もある

6 :優しい名無しさん:2016/05/22(日) 17:57:12.14 ID:pAT/Oh3+
>>1


7 :優しい名無しさん:2016/05/24(火) 10:56:45.48 ID:9geTbK5o
メタルマックス2のラスボスのセリフ、特に倒したあとのセリフは
ストレート過ぎてタナトに結構来る。

8 :優しい名無しさん:2016/05/25(水) 18:04:58.60 ID:daxzJxm8
wikiで戯れに人間を検索したら、ヒトという項目が
人間の事をあくまでヒト科ヒト目の猿から進化したただの生物・動物として
どこまでも客観的かつ淡々と説明しているページで、読んでて怖くなった
まるで人間以外の何者かが、人間の事を他の動物と同じ扱いで解剖しているような感じ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%88

でもそれは事実で、こういうの読むと人間も他の虫や魚や動物よりほんの少し頭が良いだけで、
たまたま運良く地球で一番数多く幅広く分布できただけの動物にすぎないんだよな
人間も何百万年も進化してようやくここまで上り詰めてきたけれど、
これだけ進化しても結局は脳なんてちっぽけな内臓に、入れ物に未だ囚われてる存在でしかなくて
脳に頼らなくても意識や自我を存続させる手段を構築できない限りは
人間がどこまで進化しようとも、科学がどこまで発展しようとも死という恐怖から逃れる術はない訳で…

9 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 01:28:12.96 ID:rZ8CMWGA
毎日人間の意味とか意義とか考えてしまう…
どうして自分が存在しているのかずっと考えていると鬱になってくるよ
神様でも何でもいいから誰かから答えがほしい

10 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 03:17:43.14 ID:wP9hjI9q
生きてる価値の無いヤツは自らケジメつけろって事
そう言って欲しいんだろ

11 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 09:44:25.60 ID:DFu2b2pv
小池龍之介氏の「いま、死んでもいいように」って本、
読んでみて(俺は)良いと思った。

12 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 11:32:20.96 ID:rZ8CMWGA
>>10
そうじゃなくて、人間が造られた理由とかそういう答えがほしいんだよ
自分で意味を考えろなんて気が狂うわ

>>11
なるほど。探して読んでみる

13 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 14:19:05.71 ID:Fg2X7nze
>>12
解るけどね、そういうので悩んでる人って本質的な問題は別の場所にあることが多い
小池龍之介の考え方は俺も好き
原始仏教的な考え方だよね

14 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 16:38:19.21 ID:YqoWiZtG
>>13
本質的な問題か…
考えたこともなかったな
少し自分を見つめ直すのもありなのかもしれない

15 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 20:35:42.29 ID:Skn1VgiO
>>14ある弟子が釈迦に問いました。
「死後の世界はあるのでしょうか?死んだらどうなるのですか?」

釈迦は答えました。
「知らん。そんなことよりも今体に刺さってる矢を抜いたらどうかね?」

16 :優しい名無しさん:2016/05/28(土) 20:48:17.69 ID:rZ8CMWGA
>>15
良い例えだな
とりあえず今を生きるしかないんだよな…
いろいろとありがとう

17 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 09:49:51.09 ID:+dEYdeiG
わかってくれるか微妙な話だけどさ、
"永遠と無常"の考え方がタナトに結びついちゃって、
やってる事(趣味、勉強など)やするべき事に対して、
"永遠なんてないんだ、死んだら無になるだけなんだ"みたいな考えに陥って、
萎えてしまって、何も楽しめなくなって怖くなってしまう、
っていうのって経験としてないかな?
永遠なんてないみたいなくだりで何か変な葛藤を覚えたりしてさ。
永遠も怖いけど、分かってくれる人いるかな。

18 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 12:44:57.24 ID:Lmz9KcSK
>>17
最近の子に有りがちなタイプだよ
恩師はそれは何かを本気で頑張ったことない人が自分への言い訳で使うってさ
耳痛かったけどその通りだと思ったね

19 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 12:55:36.99 ID:S3nleXvn
>>17
死んだら築き上げた功績が全て自分で認識できなくなる事による
空しさ・無駄・無意味を嘆く人ですね…同じ苦しみを抱える人はこのスレにもいっぱいいます

過去ログからだとこの人とか
http://hissi.org/read.php/utu/20150608/bnU0QzR1Ry8.html

前々スレのこれや
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1426906596/413
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1426906596/443

前スレのこの辺りの書き込みもそうですね
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/295
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/300
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/345
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/630
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/687

20 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 15:50:06.19 ID:+dEYdeiG
>>18
何かを頑張っていたり、打ち込んでいたりすれば、永遠とか、無常とかいう言葉は思いつかずに、
その今やっている事、目の前の事に集中するかもしれませんね。


でもやっぱり僕としては、自分なりに苦しんで恐れつつも考えてきた事だし、
これからの一生において考える時期は出てくると思うんですよ。
タナトってかかってしまったら一生付き合わなくてはならない思考癖なのかなと。

21 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 17:24:14.38 ID:FrZDmCA+
意識が何なのかわかってない事を知ることで
無じゃない可能性も少しは信じられるようになるかもしれない

22 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 20:24:52.09 ID:r0+Bn2+I
そうだね、脳科学者が突き詰めた結果スピリチュアルを信じるようになったケースもあるからね

23 :優しい名無しさん:2016/05/29(日) 22:30:24.90 ID:UNv1+bWB
調度いいスレ見つけてしまった
最近ほぼ一日中死について考えてて発狂してしまいそうだ
まだまだ若いのにさ
先の短い老人は何を考えて生きてるんだろう

24 :優しい名無しさん:2016/05/30(月) 04:05:17.13 ID:YVgcpvLN
先が短いのは意外とあなたの方かも知れない
死の順番に年齢は関係ない

25 :優しい名無しさん:2016/05/30(月) 08:36:34.38 ID:1/r1sVWH
ザ・ハイロウズの「千年メダル」、「不死身の花」、「死人」も
解釈次第ではタナトに結構来るよね。

26 :優しい名無しさん:2016/05/30(月) 09:24:03.24 ID:FxF7lrHo
10代の頃は人生長いと思っていたけど
20代が終わって三十路に入ってから考え方がガラッと変わった
人生は短い、しかも恐ろしく早い
10歳から20歳になるまでの十年間と20歳から30歳になるまでの十年間は決して同じ早さではない
これから先さらに体感時間は加速していくという確信じみたものすら感じる
気が付いたら棺桶に片足突っ込んでいる年齢に達するのなんて、本当にあっという間だ

27 :優しい名無しさん:2016/05/30(月) 10:02:49.53 ID:UjldIs9Z
誰でも死については考える
ただ、>>23のように死にとりつかれてたら病気だよね
結局人生無駄にして、もう死んでるも同然になってしまう

28 :優しい名無しさん:2016/05/30(月) 14:58:11.32 ID:ctw3TpJH
タナトフォビアのテンプレに
「身体的には生きているのに、精神的に死んでいる状態」
と入れても過言ではないな

>>26
本当にそうだな
自分も30代になってから、時間が経つのが早いの何の
結婚していないけど、終活ばかり考えてるよ

29 :優しい名無しさん:2016/05/30(月) 15:19:19.82 ID:P+lIOqjm
ガキの頃は起きる出来事全てがイベントみたいな物だから
その分印象にも記憶にも残るし、
毎日が楽しかったから時間の経過も遅く感じていたのよ
友達と遊ぶのも夏休みも誕生日もお祭り行くのも全てがイベントだ
が、中学とか高校とか大学を卒業してさ、就職というイベントをこなしたら
ここから一気に良い意味でも悪い意味でも、イベントがなくなる

毎日働いて帰って寝て、たまに飲んだり暇潰しするだけの単調な毎日
人生がルーチンワーク化してイベントがなくなると、
時間の経過が恐ろしいほど早く感じるようになる
これは仮に就職に失敗して無職ニートになったとしても変わらないと思う
毎日会社に行くのも毎日働かず家にいるのも同じ事で、
新しい出来事が何も起きず自らアクションも起こせなくなったら
それが時間が加速して人生が短く感じる最初の第一歩だ

30 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 00:30:22.22 ID:HdrPaXfk
20過ぎたら自分の将来が、
30過ぎたら自分の働いている職場での最終的な役職すら見えてくるしな。
もう残された人生の大きいイベントなんて結婚と昇進ぐらいしかない。
モテない独身で才能もなかったら後は平坦なレールの上を老いるまで進むだけだ。
あ、悪いイベントならあるな。親の死とかリストラとか癌の告知とか。

毎日違う場所に行って違う事をしたり飽きを感じたら新しい事にチャレンジ出来れば
毎日がイベントみたいな物だから、年齢の増加に比例した時間が早く過ぎる感覚も抑えられるだろうが
そんなのは金に余裕があって、かつ仕事にも縛られていない人物しかありえない。
つまり宝くじの一等が当たった無職か親の遺産を数億受け継いだ金持ちのボンボンぐらいだな、
歳を取っても時が加速せずにいられるのは。

31 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 02:40:17.35 ID:+yyTPyfz
中学すら不登校って人生詰んだな

32 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 11:47:57.49 ID:eeG8L1b9
>>31苛められてんのか?
無理に中学いく必要は無いけど、なんかしといた方がええぞ。
学校行かなくてもできることは沢山ある
自分から逃げ続けたらえらいことになる
と経験者のおじさんは言っておく

33 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 21:13:33.29 ID:0QfjzGNL
タナトをマイナス思考と結びつけるのはちと古いと、体と意識の変革期がそこまで来てるのに、現在二十代なら何らかの恩恵は確実にあると思うよ

34 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 22:25:24.12 ID:R2rWAbtY
>>33
ちょっとなにいってるかわかんない
俺20代だけど何の恩恵あんのさ
しんどいだけやぞ

35 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 22:34:40.72 ID:R2rWAbtY
>>33
科学技術の進歩を言ってるの?
俺にとってはそれは救いにはならない
死ななければ良いという話ではないんだよ

36 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 22:42:19.85 ID:wpLgYxB/
>>33
タナトフォビアになってから色々調べたおかげで
宇宙の始まりは無じゃないとか、存在の謎とか、心の哲学とか、
自由意志とか、量子力学とか、シンギュラリティとか色々知れて
何か分かった訳じゃないけど、断絶された無のイメージにから
そうじゃない可能性も感じられて楽しくなってきたよ。
誰かが無だって言ってたことをそのまま信じてたけど
その根拠なんて無いことが理解できた。
あと、人に優しくなれた気もする

37 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 23:06:29.66 ID:R2rWAbtY
>>36
でもそれが確実とも限らんわけじゃん?
俺はネガティブな可能性の方に引かれてしまう

38 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 23:29:12.08 ID:wpLgYxB/
>37
もちろん確実じゃないし、たまにそっちに引っ張られるこもあるけど
前は本当に何も知らなくて、漠然と無だと思い込んで不可避で逃げ場がなかったから
わからないって言うことを知ることで、無じゃない可能性が生まれて落ち着いた。
もともと知識足りなかったからこその改善だったかもしれないけどね。
あと単純に、不安感やネガティブな感情は脳のセロトニン不足からくると思って
太陽浴びたり運動したりする習慣も始めたから、そこら辺も大切かも。

39 :優しい名無しさん:2016/05/31(火) 23:37:12.72 ID:R2rWAbtY
>>38
なるほど、さんくす
本読みたいんだが、体調悪くて中々読めんのよな
俺も運動はちょこちょこやってんだけど

40 :優しい名無しさん:2016/06/01(水) 00:27:06.27 ID:c+ALyTKm
>39
wikiで心の哲学のあたりを読んで、
タナトフォビアが無になることを恐れる「人の意識」がとても不思議で
何なのかよくわかってないこと理解した上で、
臨死体験の話とか虫の知らせの話とかを見たら、そういうこともあるかもしれないなって思えたよ。
最近の話だとエベン・アレグザンダーの臨死体験とかいいかも。
宗教的な死後の世界とか、オカルトとかスピリチュアルみたいなことは
まだまだ、そのまま信じることは出来ないけど、
生きていればそのうち何か体験したり、信頼できる人からそういう話を聞けるかも
って期待している部分もある。

死について考えないように、一生懸命生きろって言う人もいるけど
俺の場合は、ずっと頭にあの無の恐怖がこびりついてて無理だった。
そういう場合は、納得できるまで知識入れることが対処になるかもしれない。
たぶんタナトフォビアは何となく唯物論者で科学主義者な人がなりやすいと思うんだけど、
そういう人がいきなりオカルト的な死後の世界を信じるなんて無理だと思うし、俺も無理だったから、
とりあえず科学的にも意識が不思議で謎だってことを理解することをおすすめしたい。

41 :優しい名無しさん:2016/06/01(水) 03:43:18.74 ID:/+pGegMM
誰だって死を迎える
だとしたら今を精一杯生きるしかない

42 :優しい名無しさん:2016/06/02(木) 14:29:32.83 ID:ZbiYTPQQ
永遠の無になるのが怖い=快感を失うのが怖い
死ぬ時の苦痛が怖い=そのまんま苦痛が怖い
結局、快感原則。

43 :優しい名無しさん:2016/06/02(木) 18:02:33.86 ID:atrhSWHJ
>>42
わかってないな
タナトじゃないでしょ君

44 :優しい名無しさん:2016/06/02(木) 20:40:22.38 ID:kfFgM4Ic
私は15歳までは人生長かったし楽しかった。でも高1でタナトになってから一切楽しくない
今は18歳高卒バイトフリーターだけど夢も希望もなにもない

45 :優しい名無しさん:2016/06/02(木) 20:44:37.34 ID:vhJGSfKW
流れぶった切るようで悪いが…
おれは18歳としたことがある

46 :優しい名無しさん:2016/06/02(木) 21:32:03.64 ID:atrhSWHJ
>>44
バイトできる元気あるなら、自分の世界を広げてみよう
図書館行って色んな本読んでみるとか、行動してみる
君はまだ何も知らない
絶望するにはまだ早い

47 :優しい名無しさん:2016/06/03(金) 17:00:15.23 ID:WB8KkHBe
千年後にも人間は「ああ、人生はなんという辛いものだろう!」と嘆きつづけるに違いない。
そしてまた同時に、今と全く同じように死を恐れ,死ぬことをいやがるに違いない。

―チェーホフ「三人姉妹」より―

48 :優しい名無しさん:2016/06/04(土) 14:51:09.43 ID:KmR8JQ7e
人生頑張って生きても百年って短いよなあ。
健康に気を使い、適度な運動も欠かさず、夜更かしせず、
酒も煙草も飲まず吸わずに塩分も糖分も過剰に取らず、運良く癌にもならずに済んで、
下手な勉強や仕事以上に考え苦労し、甘えずダラけず身体に気を使って、ようやくの百歳だ。

百歳まで生きたら二百歳まで、二百まで生きたら五百まで、五百まで生きたら千年と…
おそらく人間の寿命がいくつであろうが、何千何万年と生きられるようになったとしても
やっぱり同じ事を言い続けるんだろうな。老いたくない、死にたくないって。

49 :優しい名無しさん:2016/06/04(土) 18:55:26.65 ID:lBxInGUN
>>48
そう、だから仏教では、今日を今を生きなさいって言う
何百年何万年生きるとかは実はどうでも良いこと

50 :優しい名無しさん:2016/06/04(土) 19:28:40.15 ID:jbDj11lm
この病気で病院行ってる人いる?
薬貰った人とか
発作起きたときに飲める頓服的なのがほしい

51 :優しい名無しさん:2016/06/04(土) 20:18:14.90 ID:lBxInGUN
>>50
不安障害だろうから、ベンゾ系の不安薬は貰えるだろうけど、あんま頼りすぎるのもよくない

52 :優しい名無しさん:2016/06/06(月) 20:10:26.66 ID:cBiCnfnr
精神医学は怖い。
人間は只の物質の塊として扱ってるから

53 :優しい名無しさん:2016/06/06(月) 23:07:23.82 ID:DOBu2mWl
自分よりも人の死が怖い、怖いから人が死ぬのに出くわす位なら自分が先に死んだ方がマシって思うんだけどこれもこの病気?

特にファンでもなんでもない芸能人とかでも訃報を聞くと滅茶苦茶怖くて心臓ばくばく
親族が亡くなった時はし一年近く悪夢(夢に出てくる)不眠症になり一時期は円形脱毛になった

54 :優しい名無しさん:2016/06/06(月) 23:21:19.89 ID:th86ZkOP
>>53
タナトやろーね。
俺も家族死んだらやばいだろうな・・・
周りからだ悪くしてる人多いからおびえてる

55 :優しい名無しさん:2016/06/06(月) 23:24:38.67 ID:bKfB2vV3
最近は人工知能の進歩が著しいが
それと同時に人命が大幅に軽くなってしまうような感じがして怖い
AIによって今までとは質の違う
戦争や災害が起きて容易に人が死ぬんじゃないかという不安もあるが
それ以上にAIの能力が人間を遥かに凌駕してしまって
人間の存在価値が無くなってしまうんじゃないかというのが怖い

まだ全く実害は出ていないのにすでに何もかもが虚しい
何をやっても意味が無いんじゃないかと思って自我が崩壊しそうになる

56 :優しい名無しさん:2016/06/07(火) 03:24:56.00 ID:LMjl3t48
>>50
こんなの病気なんかじゃない
今の年齢からしてあと生きて何年か分かるだろ

57 :優しい名無しさん:2016/06/07(火) 14:09:10.14 ID:W8b1KB8O
だーめだ、何をしても楽しくない。タナトを発症してから趣味が長続きしない。
何をしても「どうせ死んだら全部無駄になる」と思うと馬鹿馬鹿しくなる。
働いていても、偉くなってもどうせ死ぬのに俺は何やってるんだろう?と思ってしまい
真面目に働こうとか出世してやろうって気持ちがてんで湧かない。
働かないと食えなくなるから、食えないと餓死するから、死にたくないから働いてるだけだ。

この世の全てがどうでもいいし、自分以外の誰が偉くなろうが嫉妬すらしない。
必要最低限の金さえ貰えて必要最低限の食事をして必要最低限の栄養さえあれば構わない。
生きる事に喜びも、悲しみも、苛立ちも、不安も、向上心も、何も感じない。
それでも「死にたくない」って感情だけは常にはっきりとあるんだ。
もうこんな思考に陥りながら生きている時点で、「生きながら死んでいる」のと同じなのにね。

58 :優しい名無しさん:2016/06/07(火) 19:07:05.35 ID:xCFSxgkz
タナってやっぱり、自分の中に利己的な、悪の部分があるからなるんだと思います。
タナを治すっていうことを目標にして、そのためにはどんなことをすればしていけば治るかを考え、実行すればいいと思います。
今自分がほんとにやるべき、利己でないことをしていけば、目標に近づけると思います。
タナの人には「自分」、そして今の「目標」がある。
「タナを治す」っていう目標です。
何よりも、これを目標にするべきだと思います。自分の利己主義がタナを作っているんだと思う。それを捨てる行動をしていけば目標に近づく。
それ(行動)が何なのかは人それぞれだと思いますが。
目標があれば、頑張れると思います。

59 :優しい名無しさん:2016/06/07(火) 20:23:02.53 ID:vBk2YmZ5
俺これが発症した時は1週間位まともに眠れなくなって
余りの恐怖に心臓の鼓動もおかしくなったよ。

60 :優しい名無しさん:2016/06/08(水) 02:31:47.12 ID:C/08Em7B
死んだら終わり
すべてが消えてなくなる

61 :優しい名無しさん:2016/06/08(水) 20:31:10.06 ID:qDsHtYTg
ホンマでっか、中々興味深かったな
死後の世界を体験した?みたいな脳外科医で何だかちょっと安心した

62 :優しい名無しさん:2016/06/08(水) 21:44:04.31 ID:vANWv9dD
発作が起きて落ち着かない。
「死ぬのは明日かもしれない」という恐怖に怯える日々が死ぬまで続くのかと思うと疲れる

63 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 15:46:33.70 ID:Azv38T/4
小林麻央の癌のことで海老蔵が記者会見開いてるの見て背筋が凍るほど怖くなった
小林麻央、俺より年下だよ?その年齢で癌って一体どういう事だよ…どれだけ運が無いんだよ

癌なんてふざけた病気が末期状態からでも完治できる時代にならない限りは、
30代越えたら来年生きていられる保障なんてどこにも無いんだよなあ…
白血病とか骨肉腫でさ、20代どころか10代で、それどころか二桁にも満たない年齢の子供ですら
癌で死んでるのがいるんだよな…僅かしかいないとか癌家系じゃないとか、
そんなの実際に癌になるまでは誰にも解らないし気休めにもならないんだよ…

64 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 17:33:25.50 ID:aJmhnxBM
>>63
気持ちはとてもわかる
今や二人に一人はがんになるそうだ
最近若い人が亡くなるニュースをよく見るのでほんと怖い
神も仏もありゃしねー

65 :ニュー速VIP君 ◆8QXm00ah.. :2016/06/09(木) 17:33:45.60 ID:L+6fSOYx
統合失調症は生きてる価値がない
統合失調症は死ね
統合失調症は地震で潰れて死ね
統合失調症は精神病院に隔離されろ
統合失調症患者は社会の迷惑
統合失調症患者は害悪
統合失調症患者は低学歴
統合失調症患者は低脳
統合失調症患者はすぐファビョる
統合失調症は2chやるな
統合失調症はキチガイ
統合失調症はアスペ
統合失調症は自殺しろ
統合失調症はクズしかいない
統合失調症は頭が悪い
統合失調症は頭がおかしい
統合失調症は自殺しろ
統合失調症は悪いところしかない
統合失調症は不快
統合失調症の奴らは自殺してしまうのが最善策だぞ
統合失調症患者は自殺するのが最善策だぞ
糖質は自殺するのが最善策だぞ
統合失調症患者は犯罪者
統合失調症患者は詐欺師
統合失調症患者は死ぬのがいいぞ
統合失調症患者は自殺が一番
統合失調症患者は自殺が一番だ
統合失調症患者は一番自殺が有効
統合失調症患者は今すぐ自殺しろ
呪われて死ね

66 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 17:47:35.50 ID:Pu5l6Yr2
子供は産まれる親を選べないからな
自分の血筋が癌家系だったと知った時の恐怖、
身内が癌になった時の絶望、癌で亡くなった時の悲しさ
俺がまさにそうだよ…父方母方の祖父祖母全員死因が癌って何かのギャグかよ
親父も煙草吸わないのに肺癌になって治療してるんだよ
俺もまだ二十代なのに癌の事心配して毎年最低2回は
胃カメラやCTスキャンしないと不安で仕方ないんだよ…

67 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 17:55:34.08 ID:aJmhnxBM
>>66
ほんとにね・・・
俺のじいさんは10代から70まで一日3箱吸ってたのに、80過ぎても元気だからね
俺らがどう感じようと、人間の意思なんて全く尊重されないのが自然の摂理だもんね
人間は明らかに失敗作だと思うよ俺は

68 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 20:06:18.71 ID:mjpXYXtt
>>63
怖いよね。
自分もこのスレのことが頭をよぎった。
若くてもなる人はなるけど、年取ると定期検診の数も増えてイヤでも死が近づいてると思い知らされる。
うちは親が毒親で絶縁してるから詳細は知らないけど、
高齢で金にも困ってるらしいし足もない用だから病院なんてなかなか行けないと思うんだけど、
ガンにもならず、他の病気にもならずピンピンしてるらしい。
に対して、麻央なんてまだ若くてあんな小さな子供いるのに症状進んだガンだなんて、
この世はなんて不公平なんだと思ったよ。
彼女何とか助かってほしい。
代わりにうちの親連れてってほしい。
ともかく、いずれは皆死ぬってことが、こういう出来事があるたびに思い知らされる。

69 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 21:01:22.68 ID:3/nw7nNC
こんなスレがあったんだな。
俺は40代だけど、人生の折り返しに来たんだなと思うと、死が怖くなってお風呂とかベッドの中で叫んでしまう。
最近うちの小学生の子供が「死んだらどうなるの?」って泣きそうな顔で聞いてくるから、そんな時は輪廻転生の話をしてる。
きっと輪廻転生なんて無いんだけど、どうせ生前の記憶なんて無いんだから、死=無=リセット、だから嘘とは言えないからね。
それに自分のDNAを継いでいる子供達がいわば自分の分身だから、すでに輪廻しているとも言えるのかな。俺たちは輪廻を繰り返しながら命を繋いでいる大きな生命体なんだ、と考えると少し心が軽くなる気がする。

70 :優しい名無しさん:2016/06/09(木) 22:18:27.48 ID:3/nw7nNC
この質問に対する回答が素晴らしいと思ったんだけど、みんなどう思う?
http://sp.okwave.jp/qa/q6421977.html

71 :優しい名無しさん:2016/06/11(土) 02:47:45.90 ID:g/Du02TS
人生は一度だけで輪廻転生なんて都合のいい解釈

72 :優しい名無しさん:2016/06/12(日) 21:20:45.20 ID:SLMdF/MC
死ねば全て解決するじゃん。
怖いのは死に切れなくて障害負って生きることになること。

73 :優しい名無しさん:2016/06/13(月) 03:31:05.84 ID:gnt698Pf
そんなのは気合が足りない
行くなら躊躇しないで一気に行け

74 :優しい名無しさん:2016/06/13(月) 03:52:19.93 ID:yl2KQXzI
>>70
寺田心 父親 やりすぎ 虐待 母親 家庭環境 しつけ うざい 苦手 悪魔 大泉洋 やりすぎ 2ちゃんねる 唐澤貴洋 闇
寺田心 炎上 加藤浩次 不自然 ガイジ 批判 伊集院光 嵐 チンコ ウザい 嘘くさい プロ子供 ツイッター 長谷川亮太

75 :優しい名無しさん:2016/06/15(水) 04:24:52.47 ID:AjHWtZ80
南海トラフ地震が起きたら多くの人が心の準備すら無く人生を終える
ここの連中でも居場所によっては消える人いる

76 :優しい名無しさん:2016/06/15(水) 05:06:02.14 ID:EipM8Pua
何を今さら

77 :優しい名無しさん:2016/06/15(水) 17:36:29.03 ID:5nsh8/l1
自分はまだ祖母が生きているから
普通に老人まで生きられたなら
死ぬ順番は次(祖母)の次(親)の次(自分)だけど
この順番が早まって行くのが怖い。

どうしよう、自分の番は必ず来るのにな。
子どもなんか出来たら自分の順番が早まる気がする。

78 :優しい名無しさん:2016/06/15(水) 19:46:38.76 ID:HdHi95Kn
三十代後半にもなると全てが怖い
若い頃は気にもしなかった身体の不調、内臓の痛みが全て不安になる
胃が痛くなると胃癌かと思い、下痢が続くと大腸癌を、舌に口内炎が出来ると舌癌を、
咳が続くと肺癌を疑ってその度医者に行かないと気が済まなくなる
タナトから、所謂癌ノイローゼって奴を併発してしまったようだ

解ってるんだよ、こんなの気休めだって事は
そして癌って奴は全体的に『痛みが発生する頃はもう手遅れ』で、
治した後も転移がほぼ無い初期癌の状態で医者に見つけてもらうには
頻繁に胃カメラやらCTスキャンやら人間ドックやらを
身体の調子が悪くなる前にやるしかないって事もな
金がもっとあったら三ヶ月に一回、いや一ヶ月に一回は人間ドック受けてもいいのによ…
金の無駄遣いというか、浴びる放射線の量的に余計癌になる確率上がってしまうかそれじゃ…

79 :優しい名無しさん:2016/06/15(水) 20:10:15.73 ID:ymD8d55X
例え、輪廻転生があっても、今現在の記憶と人格が失われるなら、
自分にとって、それは消滅するのと同じ事だ。

80 :優しい名無しさん:2016/06/15(水) 21:57:54.82 ID:5nsh8/l1
>>78
すごくよくわかる
歳を取るほどそうなるね
最近は乳癌で死ぬ人が多いから恐怖でしかない

81 :優しい名無しさん:2016/06/16(木) 00:33:35.90 ID:WPiDdo17
あなたは死なないわ
わたしが守るもの

82 :優しい名無しさん:2016/06/16(木) 02:23:27.24 ID:SAKs+V1Q
>>78
砂時計の砂が落ちていくように人は生きられる時間が減っていく
昨日より今日、今日より明日、明日より明後日と。

83 :優しい名無しさん:2016/06/16(木) 14:29:44.11 ID:VShWcHHR
>>79
そうなんだよね。でも来世があると思っている人達は死をさほど恐れていない気がする。イスラム国の奴らとか。

84 :優しい名無しさん:2016/06/16(木) 18:41:10.35 ID:UDKbYiQB
>>83
コーランを信じて自爆テロを起こすような人達は、
今現在の記憶と人格を持ち越したまま、来世に行けると思っているのではないかな?

85 :優しい名無しさん:2016/06/16(木) 23:26:40.68 ID:lu7bSkNr
イスラムは輪廻の思想はなかったはず
あの世(天国)でアッラーの側に支える的な感じやったと思う
だから死ぬことも殺すことも怖れない
くそやけどな

86 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 11:11:35.52 ID:tnM2BJln
死ぬとはつまり消滅する事だ。
今こうやっている自分が消滅する、何という事だ!

87 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 11:12:57.57 ID:tnM2BJln
今の記憶も人格も全て失われる。何て恐ろしい事なんだ。

88 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 12:35:35.38 ID:F9yugAga
>>87
昨日の夕飯覚えてる?もう体験してるよ

89 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 19:57:46.09 ID:in+SCcLk
東大病院の人が「人は死なない」という本を出して、話題になったが、
実際、死ぬとどうなるんだろうな?意識って。

90 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 19:59:17.99 ID:in+SCcLk
>>88
つまり、意識は実在なので消滅せず。記憶や人格などは実在でないから消滅すると、
そういう事?

91 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 20:01:46.51 ID:in+SCcLk
>>88
だとしてもやっぱり死ぬのは恐いな。記憶と人格を失うのも。

92 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 20:20:55.32 ID:5vOlQCuW
>>91
自分がコントロール出来ないってのも怖いのかも。
昨日の夕飯は今思い出せなくても、思い出そうとすれば自分でどうにかできるけど、死んだらどうにもできないよね。

93 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 21:53:06.88 ID:vV6pZzxS
自殺した人もいる。即身仏になった人もいる。
人が死の恐怖や苦痛に克つことは可能だという証拠だ。

94 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 22:13:14.44 ID:ZNuQ2mq9
『おかげさまで生きる』東大病院医師に霊感セミナー疑惑…ヤバすぎる思想と版元の責任
http://biz-journal.jp/2015/04/post_9562.html

同誌によれば、昨年春、東大病院内に矢作氏が顧問で、矢作氏の教え子である東大病院のI医師が代表を務める「未来医療研究会」が発足。
ここが“スピリチュアル業者”による霊感商法の営業の場になっており、浄化効果のある「水晶の粉」や宇宙と繋がることができる
「ミュージックローション」などが売られているという。

病気の治療にやってくる患者の不安につけこんで、非科学的なオカルト思想をふりまき、怪しげな商品を売りつける行為が国立病院の中で行われ、
その場所を医師が主宰していた──。


東大医師のベストセラー『おかげさまで生きる』がオカルトすぎる
http://lite-ra.com/2014/09/post-476_3.html

どうやら、センセイは、“霊媒師”に母親との“交霊”をしてもらったことで、コロッと霊の存在を信じてしまったようなのだ。
前後を読むと、矢作センセイはこのスピリチュアル系の本を書いていることもこの霊能師にしゃべっており、
その際に「コールドリーディング」されたとしか思えないのだが、東大教授ともあろう人がこれだけで、完全に霊の存在を「確信」してしまったのである。

実は矢作センセイの母親は一人暮らしで、入浴中に心臓発作で倒れ、その遺体は死後3日後まで発見されなかったという。
以来、ずっと自責の念に駆られていた矢作センセイにとって“母親の霊からの語りかけ”は救いであり、自分が信じたかったというだけだろう。

95 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 22:13:47.22 ID:ZNuQ2mq9
憑依、守護霊、前世にUFO…東大医学部教授のオカルトがとまらない
http://lite-ra.com/2014/09/post-479_3.html

結局、矢作センセイのオカルトには常に親族の死がついてまわっている。
母親の死をきっかけにオカルトに目覚め、弟の死をきっかけに憑依や霊障へとその“信仰”をエスカレートさせていった。
そこには、東大教授としての知性も、“科学の本質”のひとつであるはずの批判的視点もまったく感じられない。
そういう意味では、人間が弱ったときにどうオカルトにつけこまれるかをセンセイが体現しているといってもいいだろう。

しかし、矢作センセイが問題なのはただ、個人的にオカルトにすがっただけではないことだ。
センセイのオカルト信仰は数多くの本になって出版され、多くの読者に読まれている。
しかも、それがただのオカルト本では絶対にありえないような売れ行きを見せているのは「東大医学部教授」「附属病院救急部・集中治療部部長」という
ブランドによるところが大きい。
個人がどんな思想をもとうと自由だが、東大医学部教授という肩書きを利用してそのオカルト信仰を広めようとするのは職業倫理上、問題があるといわざるをえない。
 
そして、この責任は矢作直樹という人物を「救急部・集中治療部部長」という要職につけている東大付属病院にもある。
考えてみてほしい。救急・救命治療というのは、まさに命の危険にさらされた患者たちが助けを求めてやってくる場所なのだ。
その責任者に「私たちの本質は肉体ではなく魂ですから」などとうそぶく医師が就いていたとしたら、あなたはそんな病院のことを信用できるだろうか。

96 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 23:09:47.25 ID:GiNBdBT2
物理学者でもスピリチュアル肯定している学者の方いますね、保江邦夫氏
矢作氏とも知り合い

97 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 23:16:27.30 ID:Q7qSQb2V
>>94
まさかそんな事が行われていたとはな。

98 :優しい名無しさん:2016/06/17(金) 23:21:09.20 ID:Q7qSQb2V
>>94
実際オカルトってどうなんだろうな。信じたい、という本人の願望でしかないのだろうか。

99 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 00:22:05.40 ID:w5WRAySp
こういうスレだし絶対ウソと切言はしないけど
思想が具体的になればなるほど論理に無理が出てきて
フィクションの箱庭で遊んでるだけになるし
といって霊が存在する、だけに留めるのは何も語ってないに等しい訳で
死に対する回答として満足出来そうには思えんな

100 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 04:34:40.70 ID:9JL+ZLaP
びびってんじゃねえぞ!明日は我が身だから

101 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 14:46:29.69 ID:9ZYekIzA
死に臨した者が人生の走馬灯や体外離脱等を体験するのは、死後の世界が存在する証拠ではなく、
人類は太古の昔から、臨死体験者たちが語るそれらの話(実は脳内現象に過ぎない?)から逆算して
死後の世界を想像し、あると思い込んできただけ…という説もあるね

つまり因果関係が逆だと

102 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 15:15:06.58 ID:vhM+DkUi
麻生氏 いつまで生きるつもりだ…高齢者について講演会で

http://mainichi.jp/articles/20160618/k00/00m/040/145000c

麻生太郎財務相(75)は17日、北海道小樽市で開かれた自民党支部大会で講演し、
「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、
『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と述べた。高齢者らの反発も予想される。



↑の発言ね、麻生さんが本当に言いたい事は、
金は使わなきゃ意味ないんだから死ぬ前に自分の為に使えるだけ使え、
無意味に貯めこむなって事なんだろうけどこれは失言だったね…

ニュー速板だと確かに90過ぎて何言ってんだって突っ込みレスが多かったけどさ、
俺は90過ぎても100歳過ぎても生きたいよ…
大往生とか悔いが無い人生や年齢なんて、タナトにはないんだよ

103 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 16:13:15.35 ID:KgNaCtza
麻生さん好きだわ。言葉はきついけど人情あるし
最近の日本人は表面的な字面でしか物事判断できなくなっちゃったよね
これは実は非常に問題なんだけどな

104 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 21:42:51.82 ID:8OccJRdH
何時まで生きるつもりかと聞かれたら、何時までも生きたいと答えるだろう。
百歳まで生きようが千歳まで生きようが関係ない。
過去になったら一秒前も一万年前も同じ一瞬でしかないのだから。
人間が現在を生きる事しか出来ない以上、
例えどんなに罵られようが老害と呼ばれようが生き続けたい。

105 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 22:29:58.21 ID:M3RA1WDq
霊って最初に誰が言い出したんだろう?
アメリカにもエクソシストがいるくらいだから、霊(魂)の存在は信じていたわけだよな…

霊ってタナトフォビアの人間が考え出した逃げ道ではなかろうか
例がいると信じれば楽になると思って

106 :優しい名無しさん:2016/06/18(土) 22:52:06.06 ID:d2BO1OwF
>>105死んだらどうなるか、なんてのはタナトに限らず人間の根本的な疑問の一つだよ

埋葬という習慣は原始時代からあったし、死という概念が確立された以上その後のことに疑問を抱くのは至極自然だろう

死ぬのが怖くない人なんていないよ
うつとか感情麻痺してる人は違うけど、全うな感性を持ってる人なら誰でも怖い

ただ、タナトの人は死の恐怖にとりつかれて日常生活回らないってだけで
大小の問題であるだけさ。
普通の人は今日生きることに意識が行くから、死にあまり意識がいかないだけ。

そういう人でも肉親や自らの死が迫ってくればタナトの様相を呈することもある

言うなればタナトは感情の処理が下手な病気
強迫性障害とか、不安障害に該当するものだろうね

107 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 00:28:46.81 ID:L2P+CndU
>>104
老いれば死が怖くなくなるなんて言うのは嘘だからな、そんなの人によるとしか言えない
死に怯える老人は俺も祖父が狂乱するのを間近で見てきたし、ここの書き込みでも多く見てきた
世間では長く生き続ける老人を批判したり、老人は死を恐れないという間違った風潮を蔓延させているが、
俺は生に執着する老人を少しも醜いとは思わないし、むしろ尊敬している

当たり前じゃないか、だって死んだら無になるんだぞ?消えてしまうんだぞ?
怯えない方がおかしいし、嫌がって抵抗して泣き叫んで当然だし、
最後の最期まで死に抗い、生にしがみ付く姿勢は生物として当然の本能だ
そこを否定するのは生命体の本質を否定するのと同じだ

だから俺も出来る限り寿命を延ばしたいし、
どんなに身体中が老いてガタガタになっても生きる事を諦めたくないし
一秒でも寿命を延ばせるなら泥を啜っても土下座しても知らない男のチ○ポ舐めてでも延ばしたい
プライドで長生きなんか出来ないんだからな、恥に塗れてでも長生きする事を選ぶさ

108 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 00:53:48.56 ID:+XPvDt9w
んー、じゃあここで有名な話を一つ
死の受容について研究している有名な医者がいました。
エリザベスキューブラーロスて有名な人なんだけど、終末期の患者が如何に死を受容するか看取って研究してたんだよね
んで、こうやったら死は受け入れやすいって本を出してた訳

でも、いざ自分が死に際になると、取り乱す、取り乱す。
神様はヒトラーとまで言って、ふてくされて、スピリチュアルに傾倒するようになった

ここから学べることは、観念的な死と、経験的な死は全く違うということ

健康な人は自分が死ぬとは観念的には分かっているけど分かってない

タナトの人はそこへの感性が無駄に発達してんだろうね

109 :X:2016/06/19(日) 01:39:12.26 ID:rupJyrUE
◆◆◆神がプログラムしていた人類歴史・預言・神の裁き◆◆◆

http://blogs.yahoo.co.jp/honest_and_hawk/55615652.html
↑ヨハネの黙示録 20世紀〜現代 解説

http://synchronicity7.seesaa.net/article/433130959.html
↑神による歴史のプログラム シンクロニシティ-共時性-【概説】

http://macrospirit.seesaa.net/article/432830420.html
↑裁き マクロ精神分析

http://individualspirit.seesaa.net/
↑個体精神分析 精神の病を克服する

裁き出てるで
◆◆◆

早く見て確かめて、気づいてね。 「永遠の命」

110 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 07:33:41.35 ID:a3clRfkn
幼い頃から死について考えてたと思う
それまで漠然と死んだら天国にいくものだと思ってたけど
ある時急に、死んだら無なんだって閃くように感づいて
祖父に確認しにいったな、死んだらどうなってしまうのって
サンタクロースなんていないって気づくよりも先に、天国なんてないと知ってしまったよ

111 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 10:42:31.09 ID:L2P+CndU
サンタがこの世にいない事やウルトラマンや仮面ライダーが嘘っぱちで、
中に人が入っている事を知った時も子供心に大した驚きはなかった
別に幼い頃からマセていたとか達観していた訳じゃないが、
魔法も超能力もないなんて面白く夢が無い世の中だ、
もっと未知の力や現象がある世界のほうが面白いのに、みたいな残念さは感じていたな
今の時代だと中二病扱いされるんだろうけど

ただ、幽霊もあの世も神も生まれ変わりも無いと知ってしまい、悟ってしまった時は
本気で絶望したな…部屋の中で無の恐怖と知ってしまった後悔と死から逃れられない無情感が
ない交ぜになって、床にへりつくばって絶叫し号泣して、親が飛んできたのを今でもはっきり思い出せる
これだけはね、知りたくないし知ってはいけないパンドラの箱だよ…
知らないで生きている方が絶対に幸せな人生を送れると断言できる
無知は罪じゃない、むしろ知ってしまう方が罪だ

112 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 13:11:15.41 ID:2Fw3mTMF
死が怖い。サファイア@umiauroraliveが死ねばいいのに。

113 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 13:17:47.83 ID:2Fw3mTMF
間違って書き込んでしまいました。ごめんなさい。
死を怖がる必要はありません。人間はみんな死ぬからです。
どうしても不安なら、サファイア@umiauroraliveに「サファイア死ね」とリプを送ると寿命が延びるという暗示をかけると
心に余裕が生まれるかもしれません。やってみてください。

114 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 13:22:16.64 ID:2Fw3mTMF
https://twitter.com/umiauroralive

私はサファイア@umiauroraliveの張本人です。
このアカウントに「サファイア死ね」とリプを送ることでサファイア@umiauroraliveの寿命が縮むと同時にあなたの寿命が延びると暗示をかけてください。
不思議だと思われるかもしれませんが、それであなたが幸せになるなら本望です。
暗示というのは実際に効果があると実証されています。やってみる価値はあると思います。

115 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 15:35:38.76 ID:DFmI8QeK
死ぬのは凄く怖いし苦しい。
生まれてこなければこんな目にあわずに済んだのだが、
なぜ人は子供を作るのだろうか。

116 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 16:42:14.35 ID:oijz9ZQB
そんなに人間は簡単に死なないので安心してください。
死のことを考えるのはやめましょう。

117 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 17:21:50.30 ID:1pKpbIx6
藁をも掴むように助かりたがっているのに
神様や天国の話にはまったく耳を傾けない。
そう言った話は全力で否定する。
まるで自らが望んで苦しみのどん底に向かうかのように。

藁をも掴みたいほどに助かりたがっているあなたが
今まで何か1つでも掴もうとしたものはありますか?

あなたが藁をも掴んで今の苦しみから助かりたいのなら
大川隆法氏の「神秘の法」あたりから読み進めることをお勧めします。

118 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 18:02:13.69 ID:TEcif7Eu
>>107
この記憶と人格で生きる事が出来るのは、この人生一回限り。
死ねば記憶も人格も消滅する。
だから、死を恐れるのは当然だろう。何せ、自分が消滅してしまうんだから。

119 :優しい名無しさん:2016/06/19(日) 19:58:23.47 ID:nTFySbPS
死が怖いという感情が抽象的すぎて分からない
他の例で例えるとどういう感情ですか?

120 :優しい名無しさん:2016/06/20(月) 03:41:58.05 ID:PPSlaA5T
いつ自分の番が来るのか全校の予防注射の順番を待ってる感覚

121 :優しい名無しさん:2016/06/20(月) 05:15:30.60 ID:RgOqDH8U
>>117
前半は割りと同意
でも大川はないわー。
あの憑依芸見て君ら信者はどう思うの?

122 :優しい名無しさん:2016/06/21(火) 04:23:05.03 ID:7wp6Rr9y
その時がきた!
生きてるからには必ず死ぬ

123 :優しい名無しさん:2016/06/21(火) 10:00:30.38 ID:Aa38u1g3
小林なんちゃらがガンになったって言ってるけど
俺達だって癌にならなくても数十年で無になるんだぞ?
俺達の体は確実に老化していってるからな。
俺達は皆死刑囚だと言う事を忘れるな。

124 :優しい名無しさん:2016/06/21(火) 23:24:16.65 ID:UXJ5x+PF
ほんまにこいつだけは克服できんわ・・

125 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 01:28:03.25 ID:HV4OY2sB
>>106
その通り
自分は強迫性障害と不安神経症両方持ってるし、離人症もある
どれが先になって後から併発したのかはわからないけど

ただこのスレの多くの人は

強迫性障害
不安神経症
離人性障害
パニック障害
解離性障害

のいずれか、または複数を併発していると思う

これらの病気を根治出来たらタナトフォビアもましになるかな?

126 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 01:55:19.50 ID:ncaOfqax
小学生の時からのタナト。
あれだけ苦しんでいたのに、妊娠中はパタリと収まり元気に生活できてた。
が、出産後はまた元通り。

思うに女性ホルモンが出まくっていた時は調子が良かったみたいだ。
何の関係が?と不思議だけど、何とか継続的に女性ホルモン増やせないかな……。

人間ってホルモンバランス次第かもしれない。

127 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 02:30:46.90 ID:jbfgly9q
>>126
割とそうかもしれないな
ホルモンバランスで人間の状態ってかなり変化するし
腸内環境よりもホルモンバランスの方が大事かもしれん

128 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 09:42:41.27 ID:Imh2xqXH
>>126
毎年妊娠し続けたらええやん

129 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 17:08:26.55 ID:CdR2rvoT
大豆イソフラボンがどうのこうのっていのは?

130 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 20:37:15.09 ID:fwj8uDrl
>>117
ワラを掴むんかいっ!

131 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 20:43:58.99 ID:tUhiHAlB
>>114
やはり暗示をかけるのはやめてください。
人の不幸を願うことは自分の寿命を縮めることになるらしいです。

132 :優しい名無しさん:2016/06/22(水) 23:49:34.69 ID:X0J9D0O9
女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は胎児を育む働きを持ち、
妊娠から出産にかけて分泌量が増えますが、出産を境に急減します。

すると母親の脳では神経細胞の働き方が変化し、不安や孤独を
感じやすくなるのです。

133 :優しい名無しさん:2016/06/23(木) 03:37:49.60 ID:g1QAxzwc
癌と分かった時がステージ4の末期とか今や普通
人によってマメに検査してるか病気知らずを自慢してるかの違い
播種までいかなくても血行転移やリンパ節転移があれば
確実にファイナルカウントダウン!

134 :優しい名無しさん:2016/06/23(木) 03:44:32.75 ID:5KUgt3Fi
だから金さえあれば半年に一回は人間ドック行くっちゅうねん、勿論PET検査込みでな
胃と肺と腸なんか三ヶ月に一回見てもいいくらいだ
別の病院に行って適当な理由付ければ胃カメラや大腸カメラなんて簡単に受けれるからな
実際金持ちの中年はそれぐらいやってる人もいる

135 :優しい名無しさん:2016/06/23(木) 16:54:41.41 ID:SKBsAw3f
でも人間が生きる事は皆ムダだと思わないの?
はっきりいって人間の一生なんて飯食って排泄して交尾して寝て病気になって死ぬ
だけだからね。

136 :優しい名無しさん:2016/06/23(木) 19:05:29.91 ID:75Ul8tJB
私は今一億円を貰うより今死ぬほうが一億円を貰うよりも嬉しいです。
死の恐怖は全く感じません。私の今の感情は死亡願望か希死念慮というものでしょう。
タナトフォビアとは相対するものですね。

137 :優しい名無しさん:2016/06/24(金) 03:31:46.57 ID:W+cXwZ+G
生きるに価値の無い人ほど生に執着してる

138 :優しい名無しさん:2016/06/24(金) 07:45:13.48 ID:oPm8loMD
生きる価値がないとか思ってる人は仏教でも学べばいい
知らない人は仏教は諸行無常、ニヒリスティックなもんだと勘違いしてるけど、違うからね
諸行無常の先の生きる喜びを学ぶためにある

139 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 17:13:17.82 ID:VoxRtayU
このスレの人が蝉について考えたら気が狂いそう

140 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 17:23:01.14 ID:qvA5sRW+
ここに居る無職は働けよ
自分は働いたらタナト治った
死ぬの怖いどころか死にたいもん

141 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 17:31:46.69 ID:aURWiAVM
ちょっとスレチかもしれないが死ぬと今の記憶も人格も消滅する。
では、一体今生きている意味は何なんだろう?という事を考えたりしませんか?

結局消えてしまうのなら、それは最初から存在しなかったのと同じ事なんじゃないかと思うと、
虚無感に襲われるというか、今生きている、この無意味感みたいな気分になる。

そんな事ないですか?
生きている意味などあるのだろうか?

142 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 18:38:00.35 ID:nEaTl34l
それは良く分かる。
俺は正直な所今死ぬのと後数十年して死ぬ事は殆ど変わらない事だと思う。
そしてただ存在してる事が不思議でならない。
何故ある一定期間物質の変化の様子を観察し続けるのか分からない。

143 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 20:05:42.71 ID:9xFFXZDN
>>142
今死ぬのと後数十年経ってから死ぬのも、宇宙が誕生してからの時間に比べれば、
全く差が無い、どちらも一瞬の事でしょう。

では何のためにこんな事をやっているのか?

144 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 20:21:37.29 ID:9xFFXZDN
今、こうやって生きている、この無意味感は何なのか?

145 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 20:43:25.58 ID:r/4zedWa
人生は死ぬまでの暇潰し

146 :優しい名無しさん:2016/06/25(土) 23:01:58.63 ID:tjI8sZnv
まさに前スレのこの書き込みのような状態だな>生きる事の無意味感

909 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2016/04/30(土) 17:09:09.34 ID:EGCBm/4V
自分が中学生の頃は己が特別ではない事に気付いて、
大人になってもどこにでもいる一山いくらの働き蟻の一匹にしかなれないんだろうなと
将来を既に達観して諦めていたが、タナトにかかってからはそこからさらに考え方が悪化した

幽霊も神もあの世もないと知って、死んだら続きも希望もない無になって消えると気付いて、
何故そうならなければならないのかと脳の事とか物質や物理や科学の事も色々調べて、
調べれば調べるほど今の科学の限界では、現在の時代の人間ではどうにもならないと打ちのめされて、

その途中で宇宙の事も色々知ってしまって、
人間も生命も地球も宇宙も全ては偶然そう作られてしまっただけで、
全ての生まれし者にも物にも世界にも意味なんてなくて、
神の見えざる手とか宇宙の意思みたいな超然とした存在や概念なんてないんだなあと思い知らされて、
自分だけではなく全ての人間も、全ての生命も、全ての惑星も、この銀河系全部ですら、
特別でもなければ選ばれてもない等しい塵芥でしかないと気付いてしまって…
虚無感や厭世観というのはこうして心の中に巣食うんだなと理解したよ

300 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2015/09/19(土) 21:19:36.24 ID:qFdjbnM5
死=無 何をしても最後は無意味 全てパー 
金持ちになっても勉強して頭良くなっても社長になっても総理大臣になっても全部パー
これを自覚して悟ってから何をやっても楽しめない遊べない面白くない
漫画アニメゲーム 競馬麻雀パチンコ 映画ドラマ舞台 スポーツ旅行音楽
何をやっても「いつかは死ぬ」「死んだら全部無駄になる」と思うと楽しくなくなる
ネットで拾った↓の漫画がまさに今の俺の心境だ…それでも死にたくないし、無になるのだけは耐えられない

ttp://i.imgur.com/c79SPVa.jpg

147 :優しい名無しさん:2016/06/26(日) 06:01:44.05 ID:0bQa83pG
タナトの事を笑う人もいるけど
死の問題は重大な問題だよ、あのパスカルも死の恐怖によって
数学を捨てた位だからな。

148 :優しい名無しさん:2016/06/26(日) 09:55:40.57 ID:qWwrCYYO
死んだら何も出来なくなると思うから怖い。
やりたいのは気持ち良いことや楽しいこと。

149 :優しい名無しさん:2016/06/26(日) 11:51:48.51 ID:8ZhsBfkE
無神論は非論理的です。この世界の物理法則とは全く違う世界が無いとは言い切れないからです。
「あの世が存在しない。神が存在しない」と断定するのは非論理的です。
せめて「あの世が存在するのかは分からない。神様がいるのかは分からない」という不可知論の立場を取ってみてはどうですか?
「前世の記憶」で検索すると、そのような記憶を持った人は確かにいるそうですし、
超常現象(自分が知覚できないもの)は全く存在しないと言い切るのは非論理的ではないでしょうか。

150 :優しい名無しさん:2016/06/26(日) 13:22:16.18 ID:v1TK3qAm
>>149
「シミュレーション仮説」というものがあります。

文明が発展していけば、いつかは宇宙そのものをシミュレーションするレベルまで到達できると考えられる。
そして、そのようなレベルに到達した文明は、娯楽・研究・その他の目的で“シミュレーション宇宙”の創造を必ず行うであろう。
なお、シミュレーションであれば、いくつもの宇宙を並行して創れるし(例えば数十億個創られる可能性も)、何度でも繰り返し試行できる。
また、仮想宇宙内の宇宙でも、同様の文明がいつかは発生する(仮想宇宙の中で、さらに仮想宇宙が生まれる)可能性もある。

つまり、「真の宇宙の数…1」/「仮装宇宙の数… ∞(無限大)」ということになるので、私たちの宇宙が真の宇宙である可能性は
「1/∞」(=限りなく「ゼロ」に近い)となる。
よって、我々の住む宇宙は、ほぼ100%に近い確率で、何者かが創造したシミュレーテッドリアリティである。

…という説です。

なお、エドモンド・ハミルトンの小説『フェッセンデンの宇宙』の“極小宇宙”のような物理的実態を伴うものであれ、
ダニエル・F・ガロイの『模造世界』のようにコンピュータ上のプログラムで再現されたものであれ、
この世界がシミュレーテッドリアリティだとすれば、必然的に、それを造った者が存在することになるので、
創造論や人間原理宇宙論との親和性が高い仮説です。

殊にこの世界が「プログラム」であるとすれば、“バグ”の存在も避けられないでしょう。
そのようなバグが、物理法則に反する超自然現象…奇跡、超能力、霊能力、臨死体験、前世の記憶…などの形で表出するのかもしれません。
(映画 『マトリックス』では「デジャヴの原因はバグ」だとされていました) 

さらに、バグに限らず「シミュレーションを実施している者(我々から見れば神に匹敵する存在)が意図的にシミュレーション内に干渉する」
ことによっても、これらの超自然現象は起こり得る可能性があります。

そして、シミュレーション実施者が「このシミュレーション・プログラムは失敗だった。中止して新しく作り直そう」と考えたら…
我々は一斉に消滅してしまいます。

151 :優しい名無しさん:2016/06/27(月) 03:44:54.69 ID:nZfFCQRO
死に急がなくても向こうからやって来るし
じたばたしても死からは逃れられない。
だったら、自分のタイミング決めようとなる。
絶版だけどマニュアル読んでおいたほうがいいよ。

152 :優しい名無しさん:2016/06/27(月) 16:04:07.94 ID:jZTmT8ov
焦燥感ハンパねー!死はのがれようが無いと諦めとるが焦りが止まらん

153 :優しい名無しさん:2016/06/27(月) 16:26:04.81 ID:OfvjBBH7
こんなスレというか症状名?があったとは知らんかった。
毎晩死や無とは何かとかどうせ死ぬのに生きてる意味はとか考え込んで
最終的には今すぐか明日にでも自分は死ぬんじゃないかと思い込んでしまう。
昼間はほとんど考えないんだけど…。

154 :優しい名無しさん:2016/06/27(月) 16:32:49.17 ID:vyNYAQHu
勿論俺も不可知論とか知ってるけど
どういう訳かそれでも自分が死んだら無だと思う
そして自分は化学物質の集合体でそれ以外は何も無いと思う。

155 :優しい名無しさん:2016/06/27(月) 20:07:49.46 ID:GtBsyq9K
該当者じゃないのに書き込んですまんが

・この症状の人は天寿全うする死も怖いの?
・死んだら無になるだけと思うが死後に耐えがたい何かが待ち受けてると思ってるの?
・現世が充実しててそれを失うのが怖いの?

156 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 07:58:21.52 ID:U7LrWL9M
>・この症状の人は天寿全うする死も怖いの?

いつか死んでしまうってのが怖い

>・死んだら無になるだけと思うが死後に耐えがたい何かが待ち受けてると思ってるの?

有ったらあったで怖いし永遠の無も怖い

>・現世が充実しててそれを失うのが怖いの?

それも有るかもしれないけど、タナトの人が充実してると言えるのか疑問

157 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 11:49:01.14 ID:JUdaxOZI
暮らしが充実していようが一生使い切れない金や皆が平伏す身分や名誉を手に入れてようが、
怖い物は怖いし手に入れれば手に入れるほど全てを失うのが怖くなる
死は本当の意味で全てを失うんだからな

始皇帝やエジプトの王が不老不死を求めていた事から考えても
死の恐怖は乞食にも王にも平等に訪れるし、遥か昔からタナトフォビアはあったのが解る

158 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 13:57:07.53 ID:YnW3VGAp
>>155
1 怖い。
2 無が怖い。何かが待ち受けてるならまだマシかもしれない。
3 それはない。むしろ充実したまま死ねたら孤独に死ぬよりは良いと思う。

無になる理由やタイミングは自分で選ぶことができなくて
かつ絶対に避けられないっていうのが何より怖い。

159 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 14:47:32.50 ID:U7LrWL9M
「死ぬのが怖い」と自分が言うと
タナトでない奴は「おれらは苦労していてそんなことを考えられる暇が無い
おまえは幸せ者だ」と言われる。
いやお前みたいに単細胞でないんで、なんも考えずに働ける
おまえこそ幸せだよねと言いたい。そしたら
「死んだら無か魂が残るのか分からないから考えるだけ無駄」
といわれるだろ?でも不可知論で落ち着けるほど自分は狂信者ではない

160 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 16:52:33.63 ID:KbdVhgW7
逆に考えたらいいのでは
もし自己が死ななかったら親族に置いていかれ天涯孤独
親しくなる者もことごとく居なくなっていく
八百比丘尼(ヤオビクニ)みたいなもん
一方、死ねばどんな損や汚点や後悔や失敗もリセットされる
90くらいで親族に大往生だったネーと看取られるのをよしとすべし

161 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 17:04:20.17 ID:gFngbKQW
俺が死の恐怖に怯えてた時は奇妙な考えたたくさん浮かんだ。
人類の文化は全て死から目を逸らす為のものとか。
人類の争い事は全て自分が死ぬ存在である事を見ないから起こるとか。
一番不思議なのは自分が死ぬ事を前から知っていた筈なのに
あの時は物凄い落ち込んで1週間以上眠れなかった。

162 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 19:21:56.83 ID:KbdVhgW7
閉所に閉じ込められて絶対に脱出することも救出されることもない
あるいは絶対に解放されないとわかっている拷問
または怪我や病気による止むことのない苦痛

もし死というシステムがなかったら・・・?

163 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 19:35:16.53 ID:KbdVhgW7
ま、本当に死にたくないと真剣に考えてる人は
神仙を目指すといいよ
仙術、仙道、高藤聡一郎とかいった単語で検索だ
周天法で気を練り陽神というものを作り出すのところに死から遠い存在になるカラクリがある
一般の気功は仙術、吐納導引の残りカスみたいなもん

164 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 19:44:42.54 ID:KbdVhgW7
高藤本は大事な部分は隠しているが概要を知るには充分

165 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 21:32:02.96 ID:XsQTHfWL
生命の進化を遡ると、生命誕生から約20億年は無死の世界でした。

いわゆる一倍体と呼ばれる大腸菌のような生物は遺伝子のセットをひとつしか持たず、その遺伝子を複製により二倍にし、
その後分裂を起こし、それぞれがまた一倍体になってゆくように増殖します。

遺伝子をコピーし、倍、倍、倍と増えてゆく―、そこには親も子もありません。
ここには死が存在しませんでした。

しかし、今から約15億年前に二倍体細胞生物(遺伝子の組み合わせを二つ有す生物)、すなわち、オスとメスという
父親と母親からもらった遺伝子を両方もっている生物が出現し、そこに初めて死が現れてきました。

なぜ、死がプログラムされなければならなかったのでしょう。

もし死がなかったら、私たちヒトは無限に増殖を繰り返しこの地球上に溢れ、食べ物と住む場所を失ってゆくことが想像できますが、
これは本質的な死の必要性にはなり得ません。
食べ物を作り出し、住む場所を開拓すれば良いわけですから……。

では、何が本質なのでしょう―。

私たちが生きてゆく間に、その生命のもとであるDNAは活性酸素や食物のなかの発ガン性物質などのストレスによりキズつき、
このキズが時問とともに蓄積されてゆきます。
生殖細胞がキズを負うと、それは子孫に引き継がれます。

また、キズついた古い個体(親)とキズを受け継いだ子孫が再び合体する可能性もあります。
すると集団のなかにキズが蓄積される「遺伝的荷重」が起こり、種が絶滅する可能性が非常に高くなります。

これを安全に回避するためには、ある時間生きてDNAがキズついた個体は、そのDNAを個体ごと消去するシステムをつくっておけば良いわけです。
つまり、再生系と非再生系の体細胞のどちらにも、ある程度の期間が経つと死ねるプログラムを書き込んでおけば、遣伝的荷重による種の絶滅を防げるわけです。
これが生物学的な理由となります。

私たちが死ななければならない理由は、ただそれだけです。

166 :優しい名無しさん:2016/06/28(火) 23:10:19.73 ID:jAV67AEm
どのような物をもってこようがタナトフォビは克服はできへん。

167 :優しい名無しさん:2016/06/29(水) 06:43:24.19 ID:uHrwhwN3
>>165いやいや、それはhowであってwhy ではない
なぜ命は存続しようとする志向性を持つのか
まずはそこからだ

168 :優しい名無しさん:2016/06/29(水) 14:21:48.90 ID:FiLGf5cM
>>166
>>162で解消でんがな

169 :優しい名無しさん:2016/06/29(水) 16:29:04.57 ID:+RHJaART
俺はそんなに小難しい話はよく分からないけど
世の中にはこんなにも美しい自然や芸術がたくさんあって
死んだらもうそういう物が見えなくなるってだけで凄い空しいな。
人間って存在がこんなにも悲しい物と最初から知っていればもっと人にも
優しくしたんだけどな。

170 :優しい名無しさん:2016/06/29(水) 19:36:01.79 ID:Zusqpyhs
>>168
せやね。
ほんまにしんどいわ

171 :優しい名無しさん:2016/06/29(水) 19:47:00.30 ID:Zusqpyhs
タナトフォビアの奴らは皆、頭賢いやろ?

俺も頭賢く生まれたばっかりに、タナトフォビアになったんやって自分に言い聞かせてるで。

172 :優しい名無しさん:2016/06/29(水) 21:49:06.85 ID:+RHJaART
一応は進学校に通ってたけど
別に学者になる程の頭脳なんて持って無いし
俺の場合は強烈に自己愛が強い以外は殆ど他人と変わらないと思う。

173 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 02:30:31.97 ID:GE4m5Ej+
無駄なIQだけは持ってるが賢くはない。
絶対に逃れられない死に怯えて生き続けるとか愚の骨頂じゃん。

174 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 06:13:47.64 ID:d6u/GUZa
中卒無学無教養のろくでなしだけど死の事を知ってから
哲学とか医学科学、宇宙の事に無駄に詳しくなった

死んだら無→何故無に?救いはないのかと思って色々調べた途中で
科学の事や医療技術の事、脳の仕組み等を理解して
結局どうする事もできなくて、諦めるしかないという現実を直視した後に
強烈な空しさ、厭世観に囚われてしまい

死んだらこの世で成し遂げた全てに意味がない、そもそもこの世とは何か?意味とは何か?
地球や宇宙も含むこの世の全ては偶然生まれただけで存在に意味とか目的を見出してるのは
全宇宙の全ての生命の中でも我々人間だけじゃないのか?と考えたり、
意味もなく偶然生まれただけだと思うと人類も生命も地球も宇宙も全銀河系も
凄く空しくちっぽけで哀れな存在に見えてきて、
自分もその中の一つの塵以下の原子の一粒に過ぎないと自覚したら涙が出てきて…

まあそんな事を年がら年中考えたり調べたりしていたら自然に哲学的になってしまった訳です
死の本質に目を向けなくて、タナトになっていなかったらこんな考え方や性格になっていなかったし
今も何も考えず気楽に生きていたんだろうなって思う

175 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 15:44:38.82 ID:gpA0EmS3
でもタナトかかえながら安易に宗教に飛びつかない人は
賢い・偉いと思うよ。
オレなんてカルト宗教にひっかかりそうになったことあるもん。

176 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 17:08:51.95 ID:tRzwyUVe
因みにどの宗教ですか?
俺の母親なんて多分三つ位は新興宗教を出たり入ったりしてる。
お金は貢いで無いから害は無くて良いが。
お前等の親はどうなの?
因みに俺はいつか適当な新興宗教に入っても良いと思ってるよ
俺は宗教には興味が無いけどそこにいる人間には凄く興味があるからさ。

177 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 17:26:08.94 ID:e380d+zb
>>175
自分は神様信じられないんだよ。
子供の頃家庭環境とか学校環境とか色々ひどかったんだけど、誰も助けてくれる人はいなかった。
それ以外にも世の中にはひどい状況で誰にも助けてもらえず自殺とかニュースであったりする。
もう大昔から宗教戦争もなくならない。
神様いたらそもそも宗教間で殺し合いとか絶対ないし、世の中のひどい状況の人も助けてもらえず自殺なんてないはず。
それ以前に誰も神様見たことないし。
…っていう状況から宗教信じられない。
地獄に仏みたいな体験した人や、
昔から窮地に追い込まれると不思議と何かに誰かに助けられるって状況があった人なら信じられるのかもしれないけど。
本当は何かにすがれたら楽だと思うよ。

178 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 18:24:23.28 ID:gpA0EmS3
>>176
のじま医院です。いちおう病院らしいですが、
院長が精神世界に傾倒した挙句
自分はメシアだ究極の存在だとか言い出しました。
以前あった2ちゃんのスレでこいつは危険と言われているのを見て
関わるのやめました。

>>177
そのリアリストぶりには憧れる反面、辛そうだとも思います。
俺は馬鹿なんでオカルト的なもの結構簡単に信じちゃいます。
いずれ死ぬという恐怖と絶望から抜け出したいという気持ちから
藁をもすがる感じで。

179 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 18:55:03.57 ID:tRzwyUVe
所謂神は何故沈黙せるか?って奴だな。

180 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 23:06:16.31 ID:/Z83v8yc
70、80歳ぐらいなってまだタナトフォビアのままやったら嫌やなー。

181 :優しい名無しさん:2016/06/30(木) 23:38:14.27 ID:Pl+Gv/cW
神が全能で愛にあふれているなら、なぜ理不尽に死ぬ人々がいるのか?

そもそも神が人間のように考え、人間に干渉し、個々の人生を救ったり裁いたるするというのは不自然ではないのか?

百歩譲って神が存在するとしても、人には計り知れない思考を持っており、人間とは意思疎通さえ困難なのではないか?

182 :優しい名無しさん:2016/07/01(金) 06:39:46.95 ID:ajqvFCbq
神もあの世も幽霊も生まれ変わりもない絶望的な世界に生まれてしまったと嘆いているけどさ、
俺思うんだよ、ではもし本当に神が、造物主が存在する世界だったとしたら?

もしそんな世界だったとしたら、俺達人類はこんな風に好き勝手やれるはずなかったと思うんだよ
ギリシャ神話でもキリスト教でもイスラムでも何でもいいから宗教の神とか神話とか見てみ?
人間なんて神の僕どころか家畜みたいな扱いだから
人が勝手に創造して作った神ですらそうなんだから、現実に神が存在したら
自由に考えさせたり、好き勝手に遊ばせたり、神に逆らったりする権利を人間に与えると思うかい?

まず間違いなく一定以上の科学水準を人類には与えないだろうと思うんだよ
軍隊なんて皆殺し、戦車やミサイルは神の雷で全て破壊、
全人類が一人一人監視されてて危険な思想を持つ者はその時点で抹殺か洗脳
当然インターネットなんて作らせないし、そのレベルに達する科学技術すら与えない
神に監視されながら人類は永久に中世とか江戸時代レベルの生活を強いられて過ごすんじゃないかと思う

全能の神なんていなきゃいないで絶望だし、いたらいたでこうやって皆でネットで語る事すら許されない
そう考えるとどっちにしろ絶望なんだよね…

183 :優しい名無しさん:2016/07/01(金) 06:52:25.65 ID:y+CC9Jh7
俺は別にあの世や神を信じてはいないけど、スピリチュアルに傾倒している人曰く、人間中心でなく世界全体で考えた時にこの世界は完璧にできてるんだとさ

184 :優しい名無しさん:2016/07/01(金) 13:28:53.23 ID:Z/xyb8uk
神話に出てくる人格を持った神は人間の想像の産物、
宇宙を支配している法則やありてありしもの全てで神という
話は聞いたことがある。

185 :優しい名無しさん:2016/07/01(金) 17:16:04.07 ID:CcdR2EPT
神からすれば生命がある地球も生存しようがない死の星も同じようなものだよ
知性や文明が特別なものだと人間が勝手に思ってるだけで
永遠といってもいいサイクルの中で物質が常に形を変えて存在し続ける

186 :優しい名無しさん:2016/07/02(土) 16:38:15.71 ID:oHtZ1DXK
タナトの人は死を恐れるけど、宗教に救いを求めない人がほとんどだと思う
なぜなら死は信じているけど、神は信じていないから
神様が死から救ってくれないことを知っているからなんだよね
だから宗教を信じられる人が羨ましいと思うね

187 :優しい名無しさん:2016/07/02(土) 22:41:53.75 ID:l5tAEoIO
>>161
>人類の文化は全て死から目を逸らす為のものとか。
人類の争い事は全て自分が死ぬ存在である事を見ないから起こるとか。

全く奇妙なことだとは思わないし、どちらかと言えば一般論じゃないの ほとんどのことは種の保存欲求と自然淘汰で説明できるでしょう
言うと疲れるから言わないだけで、皆思ってるでしょ え 違うのかな
実際>文化は全て死から目を逸らす為のもの こういう仮説ってあるよ社会学の分野で 名前なんだったか忘れたけど

188 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 03:16:27.07 ID:2m83zJNy
ビビッてんじゃねえぞ
ヘタレ野郎

189 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 04:35:15.12 ID:CTTvKKE4
自己中心的であるから自分が死ぬのが怖いんじゃないかな?
自分が主役であろうとするのをやめようと決心すると
いろいろなことが気にならなくなる。

190 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 10:26:54.09 ID:wP3eh/fm
自分がいなければ何も認識できないから自分が中止にならざるを得ない。
子供は自分の代わりだしね。

191 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 11:00:57.97 ID:CTTvKKE4
いや、なんというか何でも自分が主役、物事の中心じゃないと
気が済まない人いるじゃん?そこまで酷くなくても
大抵の人は多少はあるんじゃないかな?そういう気持ち。
そういう状態から
抜け出すだけでもかなり違うと思うよ。

192 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 14:48:42.59 ID:Pz7QtWGq
それは的外れ…とまでは言わないが、ここの人たちの書き込みを見る限り、逆に、
子供の頃に持っていた万能感を喪失した時というか、
成長して知識を得、自分と世界の関係を客観的に見られるようになった結果、
「自分は決してこの世界の主役(特別な存在)などではなく、その他大勢の中の一人に過ぎない」
「自分も、自分の人生にとっては脇役である他の人たちと同じように、死んだら自我と記憶が永久に失われる」
と気づいた時にタナトが始まった…というケースが多い気がする。

逆に、自分がこの世界の中心的存在であり、自分だけは死後も意識が消滅せずに存続する…と思い込むことができれば、
タナトにはならないかもしれない。

むろん、そうでなくとも、子供を作ればゲノムを残せるし、場合によってはミームも残せる。
多くの人は、そのようにして擬似的・代替的な不死を得ることで慰められ、死を受け入れられる心境になるのかもしれない。

だが、死後に何を残そうが、自分が消滅すれば認識できなくなってしまう。
それは、主観的には世界が存在しなくなることと同義だ。

そして、自分が残した子孫や社会的な功績・名声なども、永遠ではない。
宇宙的な時間のスケールで見れば、それらは自分よりも少しだけ長生きするに過ぎない。

…と、そこまで掘り下げて考えずにいられない人がタナトになってしまうように思える。

193 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 15:26:13.71 ID:wP3eh/fm
普通の人は死後の世界などはないと言いながら、死んだら残されたPCのエロが恥ずかしいとか言っている。
死んだら自分にはわからないから恥も何もない。
そういうところが違う。

194 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 16:29:18.59 ID:pnoDEspA
名声や子孫を残そうが死んだ奴にとっちゃ1秒も1兆年も変わらん
ぜーんぶ消えるんだよ間違いなく。何の価値も無い
誰が産んでほしいと言った、痛いだけですよあんなのー

195 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 16:52:26.12 ID:W6CaQar3
何十億とか何兆年なんて前から宇宙があってさ、
宇宙なんて音も空気も光も何もない、まさに死と闇を象徴する世界でさ、
そんな宇宙が何万何億光年とかいう馬鹿げた広さもあってさ、
そんなに広いのに知的生命体が存在する惑星は地球しかなくてさ、
その地球なんて宇宙全体から比べれば塵の一粒にも満たないちっぽけな星で
蠢いている文字通りの塵芥が我々でさ、

その何兆年なんて宇宙の歴史の中でたった70年や80年なんて
宇宙にとっちゃ瞬きにも満たない時間だけ生きて、死ぬ
そして一度死んだら二度と復活できない
人間って一体何なんだろうね…

196 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 17:24:19.81 ID:6Re+G2Lq
結局ご先祖様があの世から見てくれているというのも
悪い事をしたら地獄に落ちるというのも全部犯罪を抑止する為の戯言でしかない。

勉強して良い会社に入って出世するのも有名になったり金を稼ぐのも
結婚して子供を生むというのも生きている間だけの自己満足と暇潰しでしかなく、
死んだ先が等しく永遠の無である以上どんな人生を送っても報われる事は無い。

それでも未だに、意味が無いと解っていても神棚を拝んだり神社にお参りに行く人は多いし
子供の為に遺産を残す親も多い。自分が死んだ後は子供のその後の事など解らなくなると承知の上で、だ。
先進国で最も無宗教、無神論者が多い日本。死後に救いも何も無い事を自覚している国民の数も同じく多い。
にも関わらず、オカルト的な行動やゲン担ぎをする人の多さも先進国随一だ。

これはオカルトが「無い」と解っていても、「でもあってほしい」「あったらいいな」という
希望的観測を望みながら生きている人がまだ多いからだと思われる。
死の事も「死んだら無」と解っていても、「でも死後の世界はあるかもしれない」「あってほしい」と
思いながら生きている人がまだそれなりにいるのだろう。この状況が、
今の世代が全員亡くなった後はどれくらい変わるのだろうか…。

197 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 21:07:33.68 ID:uhlzsgVa
>>191
お前は脇役生きとけよ、それがお似合い

198 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 21:32:05.24 ID:2A7JwgET
いや上の人はそうするべきだって言ってるよ・・ 

自分はたぶん自己愛ある だから生きることとか死ぬ事とか考えやすいんだと思うわ 自己愛って言うか、特別意識ある
最近海外の人達もこの世界はシュミレーションとかよく言ってるよね アメリカ人とかアバウトに見えて気になった部分には基○外かってほどつっこんで行くから、こういう考えが蔓延したら結構洒落にならない気がする

199 :優しい名無しさん:2016/07/03(日) 21:52:46.29 ID:Yq9YxQb5
普通は自分が死ぬ病になると意外に感じるらしい。
今なの?俺本当に死ぬの?ってなる。

200 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 04:11:08.56 ID:h8eDkb2E
死んだ子の年を数える

201 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 10:07:13.96 ID:3ByJD8ii
>>192
それもすこし違う
子供の頃からタナトの人も沢山いる
感性の鋭い子とか特にね
でも親は真面目に取り合わなくて孤独な苦しみを抱える
作家とか評論家とかけっこういるよ

思春期の自我の発達、子供の頃の万能感の喪失という体験からタナトに目覚める人もいるだろうけどね

202 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 14:56:30.29 ID:f13IzCrB
万能感の喪失はあくまでタナトの二次被害の一つに過ぎない
最初の切っ掛け、一次被害はやはり死んだらそこで全て終わりだと理解した時だ
死んでも続きがあったり救いがあったり幽霊やあの世があるのなら
こんなにタナトは増えていないし、死に怯える者も少ないだろう

タナトになり、そこから死のメカニズムを調べて人体や脳の事を
調べていく内に、人間の正体、人格や魂がただの脳内に流れる微弱な電流でしかないと
悟り、人間もただの有機物でしかないと悟り、ロボットと人間との差なんて
構成材料が無機物が有機物かの違い程度でしかないと悟り、
人間がただの「物」でしかないと嫌と言うほど思い知った後に
>>146>>174>>195のように宇宙の事まで含めて、
この世の全てに意味も目的も価値も無い事に絶望する

万能感を失ったからタナトになるのではない
タナトになったから万能感を失い、厭世観に取り付かれるのだ
初めに「死」ありきだ…いや、「無」ありきと言った方が正しいか

203 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 15:06:53.58 ID:3ByJD8ii
>>202
それは適当すぎ
そんなら世の中全員タナトだよ笑
タナトっていうのは死に取りつかれた不安障害だから、子供から大人になる過程で死を学ぶ機会があったとしても全員がタナトになるわけではない

万能感の喪失とタナトは関連付けられんよ

204 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 16:49:38.36 ID:Oye2MZ7o
外国でテロリストに殺された人とか死ぬほんの少し前まで今日自分が死ぬなんて考えもしてないんだよなあ
日本飛び出して海外で働くなんてそれなりに努力して辛い思いもして価値のある人間になったんだろうに
神様の気まぐれでいきなり無差別殺人の犠牲者になって積み上げて来た能力も丸ごと使えなくなっちゃうなんて
人一人の人生ってその程度の価値しかないんだろうかって思っちゃうなぁ
まぁ交通事故やら血管系の病気やらでの突然の死なんて世界中に溢れてるんだろうけど

205 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 17:10:36.22 ID:mE3ZaeFw
ある意味人類皆タナトフォビア。

206 :優しい名無しさん:2016/07/04(月) 17:20:17.31 ID:Oye2MZ7o
神様の気まぐれってのは言葉のあやってやつで俺自身は無神論者だから
死んだら真っ暗闇で自分が死んだのにも気が付かないって思ってる。
だってそうじゃなくて全ての生き物に魂があって死後の世界に生前の生き方が
ある程度反映されるんなら女子高生にトイレで産み落とされてそのまんま死んだり
無脳症で産まれて来た赤ちゃんなんてのはあの世で反映するためのこの世の人生すら無い訳で。
まあせいぜい無節操にセックスするとえらい事なりますよって世間に警告する程度の
役割になるくらいか。それにしたって赤ちゃんに罪はないし障碍児なんて
両親どんだけまともな人でも生まれる時は生まれるし。
死ぬのは怖いからあの世とか神様とかあって欲しいなって強烈に思うんだけど
考えれば考えるほど神様なんかいないって結論になっちゃうんだよな

207 :優しい名無しさん:2016/07/05(火) 10:16:30.33 ID:ppbzY/ZU
>>206
わかる
信じたいから色々調べるけど調べるほどに都合の良い空想にしか見えなくて絶望する

何でも信じられる楽観的なバカに生まれたかった。

208 :優しい名無しさん:2016/07/05(火) 16:58:23.92 ID:i8xlDZNV
そして調べれば調べるほど、地球だけでなく宇宙も含めたこの世全てが
人間が恐怖を感じる事なく生きていくのに都合の悪い世界である事に、
つまりオカルトや超常現象の類の介在を許さない夢も希望もない世界である事に絶望する

なんで神も悪魔も霊も仏もあの世も生まれ変わりも、
魔法も超能力もないような世界に我々は生まれてしまったんだろう
俺はありとあらゆるオカルトや超常現象がある世界のほうが楽しいし、
神や幽霊や生まれ変わりがある世界で「あってほしかった」し、『生まれたかった』

209 :優しい名無しさん:2016/07/05(火) 20:12:12.57 ID:1idX8R+2
ここのみんなは何が起こっても生きたいと思う?

自分は、人生詰んでて、死んだら楽なのに死ぬのが恐くて、逡巡してる。

210 :優しい名無しさん:2016/07/05(火) 20:47:32.45 ID:FBJ25mo3
>>209
そうやで、せやから厄介なんやで。

ただもうひとつ厄介なのは、死んだ後のことも想像するから怖いんやで。永遠無限に続く時間と言えばええのか・・・

俺はタナトフォビアのフルコンボやからなあ・・・

211 :優しい名無しさん:2016/07/05(火) 20:59:19.21 ID:FBJ25mo3
生き続けるのもいややし、死ぬのも嫌やし・・・

212 :優しい名無しさん:2016/07/05(火) 21:54:44.33 ID:cTPHHKPO
永遠無限に続くは恐らくただの錯覚
あの世があるなら意識はあるだろうし、なければ何もないそれだけ
真っ暗な時間が永劫に続くなんてあり得ない
君ら毎日寝るでしょう?
夢見てない時は意識はどうなってる?

213 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 00:59:53.65 ID:cqBhfs5M
>>209
死ぬ恐怖感以上に死にたいと思えるほど苦痛の状態なら
生きたくはないかも

でも死ぬな

214 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 01:03:37.55 ID:Xst8l+1C
俺自身は死ねば意識は消滅、無になるだけやけど、その他世界は時間は永遠に続くやろ? 怖いねん。
まあ、時間の概念はっちゅう話になるけど・・・

215 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 03:50:10.69 ID:tNoCF5oL
>>209
誰かに背中を押して欲しいんだよな
ホームの前に並んでいれば誰かアタックしてくれる

216 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 08:19:18.05 ID:ijvKLwK3
>>207
死んだらいつの間にか霊界にいるとか、いきなり研究所で目が覚めて
今のは違う人生の疑似体験でしたみたいな、そんな都合の良い事ばかり考ちまうんだよな
むしろ死んだら意識だけあって身体の五感が全て無い永遠の闇だったらどうすんだ、
5億年ボタンみたいな世界だったらどうすんだ?都合の悪い事も考えろよってな

>>208
俺は所謂神の見えざる手というか、絶対者とか超越者的な存在がいて
そいつらが宇宙とか惑星とか地球とか人間を作ったんだと思っていたかったんだよ
別に奴隷とか従属願望がある訳じゃないんだが、そういう人間とは文字通り次元が違う、
人間では計り知れない存在が宇宙を管理している方が安心できると思ってたからなんだな
だから人間どころか、地球や宇宙まで偶然生まれただけで
そこに意思も意味も目的も理由もないと理解した時が一番絶望したね…自分の死よりも絶望した

217 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 08:19:45.02 ID:ijvKLwK3
>>214
俺の場合は知的生命体に生まれたが故の我欲って奴でな、
自分が死んだ後も世界が発展していくのを、
科学や医学が発達していくのを見れないのが耐えられないのよ
いつかはアニメやSF映画に出てくるような科学技術が実現するだろうし、
その内癌やエイズも虫歯を治療するのと同じ感覚で治せるほど医学のレベルも上がるだろう
不死とは言わずとも不老に近い延命治療が実現する日も来るのかもしれない
でも、その頃まで俺は間違いなく生きていない

食欲も性欲も歳を取れば衰えていくだろうし、それは別にいらない
でも、知識欲だけは、この知りたい解りたいという人間特有の欲だけは、抑えようがないんだ
せめて死後幽霊になって世界のその後を見届ける事が出来れば良かったんだがそれも叶わない
人間の最後の一人が絶滅するまで、人類の歴史が終わるまで俺は観測したかった

218 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 11:35:15.74 ID:c5q3KACC
>>214
「無」ってことが分かってないように思える
無ならその他世界が永遠に続くことを観測することはまずない

まぁ理屈でどうなるもんじゃないよねこの漠然とした不安はね

219 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 18:35:05.77 ID:IUGADTDn
人間より上位の存在はいないとは言い切れない。

220 :優しい名無しさん:2016/07/06(水) 21:23:06.39 ID:UaeOzw8l
>>217
気持ちはわかるで。でも俺は、その先のことも想像するからアカンねん。

>>218
わかってんねん。わかってるけど想像してまうねん。

221 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 04:41:56.52 ID:Ox8x0aaQ
びびってねえで覚悟決めろ

222 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 07:24:15.49 ID:1sf5asTJ
>>221
三次元アリのお話、調べてみてね

223 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 17:05:43.30 ID:12Tp92rV
>>219
俺もそれは考える
皆人間が最も発達した存在だと考えてるけどその根拠は薄弱
困ったときに手を差しのべてくれる都合の良い神なんかは信じていないが、人間の能力を越えた存在は有りうると思う

「健全な」人間には五感がある
しかし、上位の存在からすれば五感しかない障害者なのかもしれない

224 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:06:16.13 ID:lrpo24CF
死ぬのが恐い癖に、自殺出来たらなあと考えている。おかしいのは自分でも解ってる。
ただ、死ぬことが出来れば、この恐怖からも解放されるし、もう苦しまなくても済む。
でも、死ぬのが恐い。

225 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:07:59.93 ID:lrpo24CF
森田療法では、生の欲望、死の恐怖、を教えるらしいが、
自分にとっては、どちらも何かの呪いでしかない。

226 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:24:46.95 ID:12Tp92rV
>>224ビートたけし「人間はな、死ぬのが怖すぎると死にたくなるんだよ」

あの人は本当によく見えてる

227 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:34:34.03 ID:EDfg/3JT
>>226
なにこのレス、前もどこかで全く同じ書き込みを見たことがある

228 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:34:36.88 ID:/UpeouZB
>>224
>>226
真実を突いてるね。
同じ気持ちだよ。
余命宣告された人が自殺するって話もあるけど、
端から見たらなんてアホな、というかバカバカしい話だと思うと思うが、
でもなんだろう、死期は自分で決めたいという気持ちなのか、
じわじわ死に向かっていくのが耐えられないというか…。
手足一本ずつ切り落としていくくらいなら、ひと思いにやってくれという気持ちに近いかな…。

229 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:57:21.26 ID:lrpo24CF
やっぱり自殺にあたって最も障害となるのは、手段ではなく、死の恐怖、心理的抵抗だよ。

230 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 18:59:28.90 ID:lrpo24CF
>>226
タナトフォビアの人って、本当に自殺してしまう事があるらしいね。
死ねば死の恐怖から解放されると考えて。

しかし、ビートたけしは流石だな。

231 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 22:13:21.21 ID:FlUBEoWP
俺これになってからあんまり女に対して興味を抱かなくなった。
俺がタナトになった時はそれまで女が良い物だと思っていたけど
俺が死んで無になる運命を前にしては何の役にもたたないと分かって
愕然としたよ。俺はこのまま童貞のまま死んでも恋愛しなくて死んでも
その事自体を後悔する事は無いと思う。
なんで人は恋愛しない事や童貞を悩んだりするんだろう
お前は死ぬんだぞ、死んで無になるんだぞって思うや。

232 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 23:26:02.33 ID:12Tp92rV
>>231
わかるよ。一切のことが楽しめない
破滅に向かっているのに何がたのしいってんだ
分かってるおかしいのは俺だって
頭では分かってるけどどうしようもない
苦しい助けてくれ

233 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 23:34:55.72 ID:a35DutRi
無になるって考えると怖いよ。
男でも女でもなく、日本人でもなく、年寄りでも若者でもなく、名前もなく、人間でもなく、生物ですらない。
あらゆる属性がなくなってしまう。
生前あったすべてのことが無意味になる。
家族との関係ですらすべて無になる。
こんなことを夜に考えると怖くなる。

234 :優しい名無しさん:2016/07/07(木) 23:42:16.42 ID:EDfg/3JT
音楽療法とかどう?
リズムある軽快で楽しい音楽を聴きながら、顔のエキササイズをする、という療法
顔を動かすのがポイント
恐らく表情を作ったり、筋肉質を動かしたり、変顔したりする事が脳を騙すことになって、いい物質を分泌させるのだと思う
効果は多少あると思うよ
1ヶ月〜数ヶ月くらい続けてみるといいんじゃないかな

235 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 00:07:51.22 ID:d3hmUfRN
取り敢えずやりたいと思ったことをなるべくすぐやることにしている。
死んで無駄になるのにやりたいんだからそれだけの価値がある。

236 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 03:17:56.41 ID:HA0QRTVL
>>233
夜寝ている時が同じ状態でしょ
気が付くと朝になってる、その間は意識無く全く分からない。

237 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 03:48:38.76 ID:Ej1LlCGs
俺はこれから先の時代タナト患者はどんどん増えると思う
信仰の力は失われ、神や霊魂を信じる事が出来なくなるほど科学が発達しすぎた
今の中年、老人の世代が最後のアニミズム世代だと思っている

ここから先の世代は全員、生まれた時からスマホ片手に簡単に何でも調べられるし
小学生の頃にはサンタクロースの正体が親だと知ってしまうのと同じくらい簡単に、
あの世や生まれ変わりがない事や死んだら無だという事を理解してしまうだろう

幼少期の頃から無の恐怖に囚われ生き続ける者はそれだけで人生に陰りを落とす
>>231-233の言う通り、勉強して良い学校に入って良い会社に就職しようとか
偉くなろう、金を稼ごう、人の上に立とう等の向上心、出世欲、名声欲等の
全ての「やる気」が死んだら全て失われるので無意味、と思い込むと湧かなくなる

虚無感と厭世観に心を縛られ無気力無感動無関心になり、
何をしても楽しめない遊べないが、死ぬのは怖くて仕方がないから生きているだけ
毎日何の生き甲斐も面白さも見出せず、ただただ生き続けるだけの、「生きながら死んでいる」状態
タナトになる若者が増えるという事は、そんな若者が増えるという事なのだ

238 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 07:38:22.95 ID:e0/MiD0t
http://www.roushiweb.com/category4/entry69.html

239 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 08:36:30.09 ID:MxOq4L+D
>>237
なんかラピュタの文明を思い出すな…。
シータが言ったこと。
栄えすぎた文明はいずれ滅びるのかな。

240 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 08:47:42.18 ID:d3hmUfRN
文明が進めば薬とかでなんとでもなると思う。

241 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 10:45:40.81 ID:JVsQfwsB
>>240
俺はならないと思うよ
脳内物質コントロールすればどうとでもなる、そういう物質主義が現代の精神疾患とも大きく関わりあるように思うけどね
俺も薬服用してるし、ベンゾは確かに効くけど根本的解決にはならない

242 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 11:31:45.13 ID:/+hgw5O2
最悪、眠ってるうちに何か処置されたら本人には全然わからないからな。
今は倫理的にありえないが社会で問題になるほど増えるとしたらどうなるかわからない。

243 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 11:36:22.82 ID:B90q4Vd8
死が怖い今までそんなこと考えて無かったのに急に怖くなってきた病院とかいった方が良いのだろうか...

244 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 14:39:26.33 ID:JVsQfwsB
>>242
安楽死は少しずつ認められてきてるよ
ただ、精神疾患はまだ認められてない

245 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 16:50:28.11 ID:DJ6Qlw/C
全ては脳、認識されてはじめて思考する、認識されなけれは゛無いのと一緒

246 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 21:56:08.91 ID:CuNe70d9
タナト発作来てない時にこのスレ見ると穏やかな気持ちになれるね

247 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 23:14:39.53 ID:ScYGFcAj
>>236
中島義道の言葉を借りれば、

「死」が「無意識」と違うのは、死からは覚めることがないというただ一点だけなのです。

死が恐ろしいのは、無になるからではなく、「あとから」それを確認する視点をもちえないからなのです。

他人Fが死んでしまっても、私は「Fは死んでしまった」と語る視点をもてるけれども、
私が死ぬということは「私は死んでいる」と語れる視点を失うのみならず、
「私は死んでいた」と語れる視点さえも失うということなのです。

いったん死んでしまうと、私は永遠に「俺は死んでいた」と語る時を迎えることはなく、
ふと目覚めたら、他人から「死んでいたよ」と報告される時を迎えることがない。

死が恐ろしいのは、無になるからではなく、「あとから」それを確認する視点をもちえないからなのです。
もちえないからなのです。

248 :優しい名無しさん:2016/07/08(金) 23:32:54.84 ID:d3hmUfRN
これって何もする気がなくなるけれど、それでも少しでもやりたいことをやったほうがいい。
時間は取り戻せない。

249 :優しい名無しさん:2016/07/09(土) 05:04:41.00 ID:ShRphagE
未来を考えるから永遠の無って恐ろしいんだろうな。
未来は予想に過ぎなく、今しか存在しないってことに気付ければ
恐怖しないで済むかもしれん。

250 :優しい名無しさん:2016/07/09(土) 12:32:26.42 ID:lK9am3mL
俺は今しか存在しないって事のほうが逆に怖いし悲しいし空しいよ
過去は人の記憶の思い出の中にしか存在しないというのもそうだが、
一秒前も百年前も過ぎてしまえば同じってのが空しすぎる
古い記憶なら古い記憶なほど濃密に感じる事もないし、
過去になってしまえば頭の中でゆっくり反芻する事もできない

人間が体感で「今」しか感じ取れないから、どんなに生きても生きた感じがしないんだ
百年生きた老人の中にだって十分生きた感じがしない人だっているし、
人間がいくら長生きしても生き足りないと感じるのは死を恐れるのもあるが、
「今」しか体感できないから、結果的に長生きした人ほど自分の身体が衰え
寿命が残り少なくなる事だけをリアルタイムで実感し、「損」しか感じとれないからだ

251 :優しい名無しさん:2016/07/09(土) 16:50:54.66 ID:9dZXlotN
長生きした人のほうが死の恐怖感から遠ざかってる気がするから
若くして恐怖感たっぷりで死ぬより年取ってポックリがいい。

252 :優しい名無しさん:2016/07/09(土) 17:00:59.94 ID:jHjC4NfR
夏目漱石やゲーテのような偉人でさえも死を恐れた
恐らく誰にもどうにもならん

253 :優しい名無しさん:2016/07/09(土) 23:45:09.58 ID:4AI7nk+0
前スレより

寝たきり90歳女性「もっともっともっともっと生きたいの・・」
http://towardthelastgoodbye.blog136.fc2.com/blog-entry-181.html

友人A子の御母堂様(90歳)は特養の空き待ちで現在は老人保健施設に入居されている。
昨年までは介助者付きでの車椅子での外出も可能であったが、今年になってからは徐々に衰弱してきて、
本当の寝たきり状態になってしまったそうな。
以前の月に一度の介助者付きでのデパート等への外出の折りには、
「この歳まで生きたんだから、もういつ死んでもいいわ。早く、あの世のおじいさんがお迎えに来てくれないかしら。
もう生きるのに飽きちゃったわ。だから、そのときがきたら無駄な延命なんて絶対にしないで、
静かにあの世に行かせてね。オーホッホ」

等々の軽口を叩いていたのだが、寝たきりになった途端に・・

「まだ死にたくないの・・。もっともっと生きていたいの。今までなんとなく信じていた冥土や極楽なんて場所は
本当はおとぎ話の中の世界なんじゃないかと思うのよ。きっと、極楽も天国も実際には何処にもないのよ。
ワタシ・・焼かれて骨になっておしまいなの? この部屋の窓から見える桜が全部散ったらワタシは死ぬのかしら・・
嫌よ!そんなの絶対に嫌だわ。もっともっと、もっともっと生きたいのよ。お願いだから必ず延命治療をしてね。」

とA子が会いに行く度に懇願するようになったらしい。

母親が寝たきりになる前のA子は、
「ハイハイ、お母さんはもう充分に生きましたです。平均寿命も過ぎたので、もう生きる時間については元を取りました。
近いうちにお父さんが必ずお迎えに来ると思います。その折にはいつでもご自由に、心おきなく彼の世のお行きくださいませ。
イーヒッヒ」
などと、冗談風な口調で受け答えをしていたのだが、今は、「死」という言葉は禁句になってしまったのだという。
(中略)
世間では、高齢になればなるほど死への恐怖は消え失せて行くかのごとく思われている部分もあるが、
何歳になろうと死への恐怖が消滅することは有り得ないと思う。

254 :優しい名無しさん:2016/07/10(日) 03:22:13.36 ID:8R3KG1wA
絶望した!御母堂様に絶望した!

255 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2016/07/10(日) 09:56:43.35 ID:7oFfydqw
人口知能で死について予測してもらいたいわ

256 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2016/07/10(日) 11:33:10.61 ID:KlKWfA7t
>>250
>「今」しか体感できない
>「損」しか感じとれない

これ凄くよく解るわ
俺も三十路後半になって明らかに肉体が疲れてきて、段々老いを実感してきたけど
精神年齢は完全に10代のままなんだ、心は一番若い頃の一番良い時で止まっているんだ
オナニーしてると勃ちの角度や固さ、射精した時の勢いや量も明らかに10代の頃と違うと解る
10代の時の身体の軽さや最大限に勃起した時のチ○コの固さや反り、気持ち良さを
はっきり覚えているから、余計にただ衰えていくだけの今の自分に腹が立つし、直視できない

自分の事をワシと言ったり語尾に じゃ を付ける老人なんて漫画の中にしかいない
実際の年齢は60、70越えてても精神年齢は10代20代のままの老人なんていくらでもいると思うぞ
それは幼いとか馬鹿という事ではなくて、自分は変わってないし、変わりたくないのに
嫌が応でも肉体だけが勝手に老いていってしまい、そのギャップに苦しんでいるという事なんだよね
誰だって好きで老いていく訳じゃないんだよな…誰だって望めるなら永遠に若くありたいし、死にたくないはずだ

257 :優しい名無しさん:2016/07/10(日) 21:01:31.80 ID:N+odYako
もう苦しい耐えられない怖い恐怖で吐くしもう辛い

258 :優しい名無しさん:2016/07/11(月) 06:45:33.91 ID:kpOJMeMG
このスレに書き込んでる人って比較的若い人達だろうね ちょっとイヤな言い方すると、まだ年齢的に若いからそんな浮世離れしたことを言ってられる
>>231
わかるわかる、おれも童貞なんだけどさ、それもまじかよ!って言われる程度の年齢
自分も10代の時からそういう動物的な欲求といずれ死ぬ事実との関連性について一人で考えてきたよ
いやおれ容姿はいいからチャンスは普通にあったのさ笑 だけど何か嫌なものを感じたっていうのが本当のところなんだよね
たぶん行為したら最後、ある種の感性が永久に失われるっていう予感。懸念
普通こういう漠然とした不安を掻き消すために、理性と本能の整合性を図ろうとするために行為するんだろうけど、(実際皆こんなこと頭で考えてないだろうけど)、おれはそれは逆に真の意味では生き死にに不誠実なんじゃないかと思った。19歳くらいのとき。

で当時の予想通り、世の中の非童貞(つまり普通の人達)は総じてこのスレのような、理性と人生の事実に関する話ができない、そういう頭思考への切替を終えたんであろうことを強く感じる。
まあ話自体はできるんだけど、なんていうかこっちの感性・クオリアが伝わってないというか。表面をするーって通り過ぎていく感じ
つたわらない。何か「自分はもう間に合ってますのでお気になさらずに〜」という感触
だから個人的な結論、
童貞を捨てればたぶん終着点としての死の恐怖や不安はなくなるんだと思うよ
あと単純に多数派になるってことで社会性も勝手に身に着くんだろうね
こんなことを書き込むとまあ馬鹿にされるんだろうけど、そういうリアクションも含めて自分は
タナトフォビアと貞操との関連性、また純粋な死に対する観念を忘れた多数派による暗黙の了解を確信してる。
誰も言わないけどさ、子供を抜けて社会人になればなるほど、死については語れなくなっていくんだよ。他人にも自分にも。
なんか語っちゃったけどこんなことネットでしか話せないから

259 :優しい名無しさん:2016/07/11(月) 23:03:47.05 ID:JTlW+3Wd
>だから個人的な結論、
>童貞を捨てればたぶん終着点としての死の恐怖や不安はなくなるんだと思うよ
>あと単純に多数派になるってことで社会性も勝手に身に着くんだろうね

童貞捨てて30余年の50歳子持ち既婚者から言わせてもらえば、それは童貞の幻想です

260 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 14:28:52.68 ID:sPstNWGF
死にたいけど、むっちゃ恐い。

261 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 14:30:18.03 ID:sPstNWGF
死んだら楽になれるのに、死の恐怖がな・・・
本能なのか何なのか・・・

262 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 18:37:35.75 ID:snsh2oph
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖いもう嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ

263 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 18:39:20.52 ID:snsh2oph
あああああああああああああああああああ

264 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 18:49:02.59 ID:KIUdreGJ
ここの人たちにお聞きしたいのですが、学生時代に人を虐めたことはありますか?
理由はなぜですか?楽しかったですか?

265 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 20:07:45.04 ID:Ys4LESX/
この病気かもしれない。無が怖い

266 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 20:17:20.03 ID:kqQ3pTUr
>>258
気持ち悪い
童貞こじらせすぎ

267 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 22:34:22.57 ID:q91fHDc0
つか>>258は最後の一行が全て

268 :優しい名無しさん:2016/07/12(火) 22:49:29.51 ID:0VWUfTWD
>>258
>童貞を捨てればたぶん終着点としての死の恐怖や不安はなくなるんだと思うよ
>あと単純に多数派になるってことで社会性も勝手に身に着くんだろうね

そんな都合の良い話は無い。
たかが脱童貞に夢を見すぎ。

>世の中の非童貞(つまり普通の人達)は総じてこのスレのような、理性と人生の事実に関する話ができない

視野狭窄もいいところ。
劣等感の裏返しの歪んだ選民意識も気持ち悪い。

とっととソープに行け。


あと、酷い悪文も何とかしろ。

269 :優しい名無しさん:2016/07/13(水) 02:11:49.60 ID:bHnB+1BV
クズどもあげとくぜ!

270 :優しい名無しさん:2016/07/13(水) 16:05:37.81 ID:Qn0iNYC/
http://leisure-bonds.com/wp-content/uploads/2014/03/tsuyosatoha2.jpg

271 :優しい名無しさん:2016/07/13(水) 19:02:18.87 ID:uFVVKRnp
>>270
タナトはこの文脈と関係ない
そんなことで安心できるなら有難いことだよ

272 :優しい名無しさん:2016/07/14(木) 15:03:26.73 ID:+IaAi9Xw
何の薬がタナトに効くのだろうか…

273 :優しい名無しさん:2016/07/14(木) 15:52:29.81 ID:JvPlVYjH
寝る暇が無いほど忙しく生活する、若けりゃ、女とヤリまくって子沢山でほぼ解消、後はお察し

274 :優しい名無しさん:2016/07/14(木) 16:39:01.86 ID:SVI/6SCg
>>273
馬鹿のすることだな
なんの解決にもなってない
そんなことするからお前みたいな親をもった子供は更に苦労する
そしてお前は更に苦しむこととなる
馬鹿なりに考えろ

275 :優しい名無しさん:2016/07/14(木) 16:41:10.91 ID:SVI/6SCg
>>272
人によるけどデパスなどベンゾジアゼピン系の抗不安薬は即効性がある
ただ、ベンゾは長期の服用は危ないと言われている
余計に酷くなったという症例も
医者とよく相談すること
間違っても個人輸入で勝手なことはするな

276 :優しい名無しさん:2016/07/14(木) 19:59:25.28 ID:GO5DvQLP
日々仕事に追われて、忙しくしてるとその日の終わりに発作が来るな俺の場合。 だけど暇すぎても来るんだなこれが笑。
まあ、どういう状態、状況を作ろうが、タナトフォビアは引っ込んではくれんやろ。
だからみんな辛いんやで。

277 :優しい名無しさん:2016/07/15(金) 19:21:23.41 ID:KwUkKq2O
「死んだ後は無になる」と考えると怖くなるというのは
人間の脳がそのようにインプットされているからです。
インテリジェントデザインという言葉があるように、この世界は非常に緻密に出来ているので
逆に言えばそのようにインプットされているのには何か意味があるのでしょう。
「死んだ後もあの世はある」と考える人は、死ぬことに対して特に恐怖は感じないといいます。その意味を考えてみてはいかがでしょうか?

278 :優しい名無しさん:2016/07/15(金) 19:55:38.72 ID:0RAfWw+H
心配すんな、死の概念が無いバーチャで一件落着!脳に夢見させればコワいもん無し

279 :優しい名無しさん:2016/07/15(金) 21:41:53.58 ID:YrVBaGot
何でどんどん人間が死んでどんどん人間が生まれてくるんだろう。
これから生まれてくる子供もどんどん死んでいく事を考えると胸が苦しい。
この宇宙の最後がどうなるのか知りたかった
次に宇宙が生まれるのか知りたかった
世界は有限か無限か知りたかった

280 :優しい名無しさん:2016/07/15(金) 22:21:16.95 ID:nNYnVzFB
子供を生んでも、その子もいつか無になると思うと辛くて申し訳なくて結婚も出来ない
自分が無になるのも嫌なのに、自らいずれ無になる命を作る事などもっと出来るはずがない
子供は自分の分身だから作れば死の恐怖が薄れるなんて言ってる人がいるが信じられない
何人子供を生んでも、子供は子供、自分は自分だし意識や感覚を共有できる訳ではない
魂や生まれ変わりが存在する世界だったら子供を作る事に何の躊躇いもないのに…

281 :優しい名無しさん:2016/07/16(土) 00:49:48.85 ID:q8p1B8Ss
この世は変化しなければならない。
仮に全く変化がないならそれは時間の止まった世界だから。
生まれたものはいつか滅びる。
わかっていても恐ろしい。

282 :優しい名無しさん:2016/07/16(土) 18:58:56.26 ID:H6ZG1N8B
無になるのが怖すぎる

283 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 09:14:45.31 ID:ftIIgjmu
40代50代になったらタナト治るのかな

284 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 09:49:39.26 ID:H7FFsytu
>>283
治らんで。

285 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 12:40:23.24 ID:TzOxdwL2
わからんで。

286 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 13:27:49.50 ID:DFA/g4sq
一昨日病名を知った、発症は幼稚園児のときで小中と苦しんだから長かったけど、名前があって仲間?がいるとわかって少し嬉しい
今は死んでもいいとは思うけど自分はその後が怖い
自分という存在が無くなる、自分を知ってる人もいなくなる、地球すらなくなったらどうなる?…無が怖い
ここ読むと死んだ後を考えて日常の全てのやる気がなくなる症状もあるんだね

287 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 14:28:10.34 ID:ftIIgjmu
毎日怯えてる

288 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 21:34:35.35 ID:ftIIgjmu
苦しい

289 :優しい名無しさん:2016/07/17(日) 23:53:43.03 ID:B3NvNUc7
無理にやる気を出さないといけないから疲れるね。

290 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 03:28:53.00 ID:JflP/fJF
>>286
そりゃそうさ
死んだら全部なくなる
今頑張ることに何の意味がある?ってなると一切のやる気もなくなる

今を一生懸命生きるのが一番とは言うけどね…言うけどね…救いが欲しい

291 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 05:35:08.87 ID:JcGZcxPi
誰でもいいから殺したかったなんて動機で道行く人を刺したり
車で何人も撥ね飛ばしていく通り魔のニュースを見る度に外に出る事すら怖くなる
フランスで84人もトラックで轢き殺したなんてニュース見て背筋が凍った

そんなのに出くわすのは飛行機が墜落するレベルの不運だというのは解っている
家の中にいたって隕石が落ちてくるかもしれんし、
311のような大地震なんか起きたら尚更回避不可能だしな
結局どこで何をしてようが死ぬ時は死ぬと解ってはいるんだが、
未だに人込みは嫌いだし夜道を一人で歩くのも怖い
大の男が何言ってるんだと笑われるだろうな…それでも怖い物は怖いんだ

292 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 13:19:37.77 ID:dV1JkqiZ
まあ、何が怖い言うてもその時が、1分1秒確実に近づいてるし、回避不可能と言うことやね。

293 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 15:11:02.19 ID:BFJonUBz
どうしていいか分からん

294 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 17:14:44.97 ID:IG0fE7Zl
>>270
これより前の「生きるとは恐怖を克服すること」の方がわかるわ。
死からは逃れられないから克服すること必要がある。

295 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 17:57:33.50 ID:S8pM4LY3
>>292
まあいずれは死ぬだろうけど
いつ死ぬかっていうのはきっかり決まっていることじゃないんじゃないかな。
行動次第では寿命が延びたりすることもあると思う。

296 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 19:17:08.12 ID:K4/SnTAP
>>295
そう、いつかはわからんけど、でも必ず死ぬ。例外はない。

297 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 20:04:59.87 ID:IG0fE7Zl
風呂に入ると症状が出て困る。

298 :優しい名無しさん:2016/07/18(月) 22:42:22.90 ID:BFJonUBz
発作無いだけ自分はマシなのかな。でも何してても「無」について考えてしまう

299 :優しい名無しさん:2016/07/19(火) 04:14:03.78 ID:I/+Eg0v3
俺は昔族に入ってた、縄張りやいざこざで鉄パイプや金属バットでぶっ叩いてた。
今さら死なんて怖くもなんともない。

300 :優しい名無しさん:2016/07/19(火) 04:24:30.34 ID:45BnM2fK
自分も昔は喧嘩しにゲームセンター荒らししてたわ。
年上にも喧嘩売って集団でやられたこともあった。

物理的な恐怖よりも精神的社会的な恐怖を経験してからは
びくびくするようになってしまったけど。

今じゃ電話で問い合わせするのすら恐怖すぎてできない

昔は怖い者知らずで幸せだったな・・

301 :優しい名無しさん:2016/07/19(火) 08:13:24.58 ID:EOHdZUFI
自分はすぐには死なない、自分は生き残る、という根拠のない自信があるうちは死を実感しにくいものだよ。

302 :優しい名無しさん:2016/07/19(火) 08:40:33.87 ID:Kjs5/3Yt
無になるの怖い

303 :優しい名無しさん:2016/07/19(火) 19:58:58.30 ID:PxRZ9pmU
生きるの怖くて自殺したいのに死ぬのも怖いから八方塞がりw
>>1の中では4に該当するのかも

このタイプは死後の主観的世界について今の状態でも理解できるような説明をされたら怖くないんだろうか

304 :優しい名無しさん:2016/07/20(水) 02:38:24.80 ID:Jtg7Orj9
>>303
信じるか信じないかだよそこは
死後の世界があるって言う人は沢山いるけど、それを客観的に証明はできない
実際に自分が死後の世界を体験したとしても、人によってはその体験を脳のイタズラと捉えることもあるだろう

305 :優しい名無しさん:2016/07/20(水) 03:10:53.72 ID:sJGVpl65
久しぶりにねこぢる草みたけど、やっぱこれはすごいわ ここの人達におすすめは・・しないんだけど、まあ知らない人は参考に きっと心にくるものがあると思う
ユーチューブで cat soupで探すとみられるよ

306 :優しい名無しさん:2016/07/20(水) 17:18:40.35 ID:LshEt8yd
なんとか薬で恐怖心抑えてる。その場しのぎだけど

307 :優しい名無しさん:2016/07/20(水) 21:25:47.29 ID:pWtv140K
>>275
ベンゾジアゼピンの離脱症状は、マジで人生を破壊するからね…
http://ameblo.jp/momo-kako/entry-10817465683.html

308 :優しい名無しさん:2016/07/23(土) 03:04:04.83 ID:Cvg8m0tr
誰も書き込まなくなると
みんな死んだのかと

309 :優しい名無しさん:2016/07/23(土) 18:52:16.58 ID:askOi0Gd
生きとるよ。

310 :優しい名無しさん:2016/07/23(土) 23:02:31.86 ID:no/zsaIE
なんとか今を充実させて恐怖を打ち払おうとしてるが、
後で反動で余計恐ろしくなる。
不意に泣いてしまう。

311 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 12:38:10.39 ID:4UR15znt
完全に信じてる訳ではないけど、知り合いの霊能者に話を聞いてきた

バスに乗ってると綺麗な光が空に登ってったんだって
その人以外も何人か光を見たらしいんだけど殆んどの人は見えず
後日のニュースでそこは殺害現場だったと分かったんだとか
眉唾だけどけっこう色んな人に頼りにされてる人でズバズバと当てる人だからもしかしたら本当かも
その人は人生楽に生きなさいって
自殺と他殺だけはだめだよって言ってた

312 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 13:22:24.89 ID:vIx61wDL
死が怖いのは本能だから当然だろ
何を訳わからん事をいってんだ?
怖くても我慢しろよ そんくらいよ

313 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 13:29:28.75 ID:8cok1iMG
まるで、地獄を見るためにあるが如くの本能

314 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 15:15:23.84 ID:4UR15znt
>>312タナトはその怖さが尋常じゃないの
俺は数年前に発症したから君みたいに理解できないのもよくわかる

315 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 17:08:59.45 ID:vM8Zi/eo
普通の一般人が、末期ガンでベッドの上で死を待つ状態になったり
ISISに拉致られて数分後に首を切り落とされる状態の時に感じている死の恐怖を、
四六時中感じているのがタナトフォビアという病
死の直前になって初めて意識するような恐怖を常に意識しながら生きている
それは宛ら、何も罪を犯していなければ牢にも入っていない死刑囚の如し
娑婆にいても死への恐怖心は何時執行されるとも知れない処刑を待つ身と変わらない

タナトじゃない一般人は大袈裟にも程があると笑い飛ばすが、
こればかりはタナトを発症した人じゃないと絶対に理解して貰えないと思う

316 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 17:29:11.25 ID:WG+U09B/
311は自分に言い聞かせてるんやで。

317 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 17:45:14.71 ID:2R2tjfPs
もう命が助からないなら、せめて安らかな最期を迎えたい—誰しもがそう思うだろう。

しかし、「死」というものほど、理想と現実が大きくかけ離れるものはないという。
数々の死に立ち会ってきた医師たちでさえ、こう口を揃える。

「大きな声では言えないが、自分の患者さんの最期を見て、死ぬのが心底怖くなることは少なくない」と。

318 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 19:25:49.11 ID:ZSBFZuhc
怖すぎて死にそう

319 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 22:51:36.71 ID:dJu5pmqg
>>315
これテンプレにしていいくらい完璧な代弁


私達の脳はどうしちゃったんだろうね
何でこんなに死に取りつかれているんだろう…
さっき真田丸で豊臣秀吉が「死にたくない」って喚いているのを見て自分と重なったわ

320 :優しい名無しさん:2016/07/24(日) 23:06:45.15 ID:yFCgEdM4
>>316
312の間違いやね。すんません。

321 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 00:14:26.18 ID:gLRkZP61
多くの人は自分が死ぬ病だと言われるとビックリするらしい。
若いならともかく年寄りでもね。
それくらい死を他人事だと考えている。

322 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 00:32:03.94 ID:WWGz50z2
>>321
普通の人はそこまで他人事なんだ…
だからワイドショーとかで故人の特集とか出来るんだね
ああいうの自分の事のように思えてしまって怖くて仕方がない

323 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 01:06:47.74 ID:FblVvoyp
それは一つの現代の特徴と言われてる
終末期も病院で過ごすことによって、死が秘匿されてしまう
で、普通の人は自分は死なないと思ってる訳ね
頭では分かってるけど心では分かってないて状態

まぁでもそれが一概に悪いこととは言えない
俺らみたいに過剰に死を怖れ生の喜びを実感できないよりはよほど良いだろう

論理的に考えれば、死を怖れることで、死を回避できるわけでも、不安が減るわけでもないのだから、一般人のように死を忘れて生きた方が良い

それができないのがこの病気なんだけどね

324 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 01:45:00.92 ID:gLRkZP61
死後を無と言う人は多いけど、
なぜか自分の死後でのこの世との関わりを考えている方が普通なんだよね。
そんなもん死後が無なら何もわからないのに。

325 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 03:33:58.45 ID:dkJsCWs/
>>311
マジで胡散臭いぞ
そんなやつ等はテキトーな事を言ったもの勝ち状態の世界

自死も他死も老衰も生きていた人が亡くなる共通の出来事

326 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 13:27:41.39 ID:pHZh+XnL
>>325まぁ、それが普通だよ
信じてなんていうつもりもないし、俺もあんま信じてない

でも、ネットじゃなくてその人と向かいあって話して分かることもまたあるんだよ
一人で頭んなかぐるぐる考えるんじゃなくて、色んな人と会った方が良い

327 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 13:29:47.09 ID:pHZh+XnL
>>325
まぁそれが普通だよ
俺もあんま信じてない

でも、ネットでなくて、現実で人と会って話すことで分かることもある
一人で頭んなかぐるぐる回るよりも、色んな人と会って話した方が良いよ
オカルトとかそんなんは関係なくね

328 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 13:30:46.00 ID:pHZh+XnL
いやん二重投稿はずかし

329 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 16:21:13.48 ID:WWGz50z2
>>323
最近、「終活」という言葉があるけど、あんなの怖くて出来ない
自分の死後の事なんか考えてよく皆平気だよね

330 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 16:44:20.19 ID:ck++6yvK
死を受け入れることができる人って凄いよね。自分なんか毎日怯えてる

331 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 20:18:25.40 ID:3MwNc+yP
>>319
やっぱアノ場面に反応するんが我等真性タナト

332 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 22:15:47.49 ID:fXm4iQuA
以前もここで書いた事あるけど自分がタナトになった切っ掛けになった場面は
漫画のデスノートのキラが死ぬ回ですね…
あれは漫画としてではなく、一人の神もあの世も生まれ変わりも信じていない人間が
死に至るまでの恐怖と絶望の描写としても見事に仕上がりきっていると思います

自分の犯した罪も忘れ醜く顔を歪め生にしがみ付いて、
見開きで死に顔を写したページの次ページが「死後の無」を連想させる真っ黒なページ…
そして小学生も読んでいる天下の少年ジャンプで、「あの世など無い、死んだ後は無」と言い切る
実際あれを自分が読んだ時はまだ小学6年生でしたが、あの回を読んだせいで
何で死んだら無なんだ?と色々調べて事実を知って、タナトを発症しましたから…
デスノートのあの回のせいで、タナトフォビアになった若者は自分以外にも数多くいると思うんですよね…

333 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 23:24:32.76 ID:8tSM6Kx6
>>332
自分もこの話で心抉られた・・・

334 :優しい名無しさん:2016/07/25(月) 23:36:09.11 ID:+0BZbUrp
M・ラマー・キーン著『サイキック・マフィア』
http://plaza.rakuten.co.jp/inunohanasaki/diary/200806100000/

霊能力商売の内幕暴露。騙される事を望む人々。

副題は「われわれ霊能者はいかにしてイカサマを行ない、大金を稼ぎ、客をレイプしていたか」。
1976年に米国で刊行された本。
30年以上も昔の、しかも外国の内幕暴露本ですが、全く現代の日本でも状況は変わらないと思います。
出版されるや、米国で当時かなり話題になった本だそうですが、日本でも広く読まれて欲しい本です。

所謂、「霊だの守護霊だのと交信できる」と主張する自称霊能力者のイカサマ師ぶりが余す事無く書かれている本です。
それもその筈、著者は当の霊能力詐欺師だった人物なのです。
(中略)
霊能力詐欺は将に“業界”と言うべきものになっており、詳細なカモリストが既に全米を網羅する形で完成されていて、
そのファイルは詐欺師各々の“財産”となっているのです。
ですから、亡くなった家族の名前どころか、およそ知りえないような些細な事(家の間取りやらペットの名前やら)すら
霊能力詐欺師は予め把握しているのです。
これでは「守護霊様のお告げ」とやらが百発百中なのも当たり前。  


奇跡を演出する事前調査「ホット・リーディング」
http://www.nazotoki.com/hot_reading.html

ホット・リーディングとは、事前調査した情報を使って超常的に情報を読み取ったように装うテクニックのことである。
コールド・リーディングのような即席の読心術よりもインパクトがあり、「奇跡」を演出するためには欠かすことのできない重要テクニックだ。

以下では、実際に使われているものの一部をご紹介しよう。

335 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 03:17:11.56 ID:hSzrcuML
>>330
いつまで生き続けなければならないのか苦に思わないのか
スタートが出生でゴールが老衰ならば途中棄権やリタイヤも可能なんだよ
自らの意思とは別に蛍の光が聞こえお迎えも来るし

336 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 07:38:22.56 ID:LKptd4K1
>>335
タナトの人はね、スタートの前とゴールの後を見てるんだよ

337 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 09:04:35.22 ID:vhflG0sP
さぁ今日も1日ガンバっていこう、声に出して言ってみよう!意外と元気出るよん

338 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 09:08:30.36 ID:bJUvHf/W
永遠に生きるとすればそれは死んでいるのとほぼ同じだろうね。
死や滅びの必然性は昔から多くの人が語っていて、おそらくそれは正しい。

しかし理屈で(完全には)解決できないところに不幸がある。

339 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 14:16:26.35 ID:6XHD8wQy
発作きた・・・苦しい

340 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 15:28:57.69 ID:j4W9ZvOb
>>338心は理屈ではないからね
心理学の不完全さはそこにあるように思うよ

341 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 16:27:27.62 ID:6XHD8wQy
発狂しそう

342 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 16:51:20.50 ID:9k7VXspZ
何もかも忘れてゆっくり眠りたいが持ち時間が減る。

343 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 17:18:13.92 ID:j4W9ZvOb
俺は寝るのも怖い
死と睡眠は近いものだと思うから

344 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 17:40:33.65 ID:6XHD8wQy
死ぬのが怖くて今を楽しめないなんて本当もったいないと思うのに悩んでばっかり

345 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 19:22:59.14 ID:HT1E9wRf
老人は早く死ねとか俺は老いて体の自由が利かなくなってきたら自殺するなんて
ほざいている若者がネットの世界では凄く多いが、ふざけるなと思う
俺は100歳になっても身体がガタガタになっても食欲や性欲が消え失せても、

そ れ で も 生 き て い た い

普通の人達が、死の直前になるまで死ぬとはどういう事なのかを考えないのと同じように
彼らも自分が老人になった時の事を、40、50年後の自分を想像しないだけなんだ
自分が年寄りになった時に、難病や癌を患った時に自分が若い時に言っていた暴言を思い出すんだ

俺は年寄りを邪魔だとは思わないし、生に執着する姿を醜いとも思わない
何故なら全ての老人達は間違いなく、未来の俺達なのだから
生きたいと、死にたくないと強く願うのならば
長く生き続ける人達に尊敬や羨望こそすれど差別や嫉妬をしてはならない

346 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 20:42:37.32 ID:j4W9ZvOb
>>345
そうだね、そこらへんの感性は俺ら優れてるんだろうよ
でも何も考えず、他社を傷つけることすら厭わないような人間の方が幸せに生きられるよね

347 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 21:26:34.66 ID:7luv8cen
>>344
ホンマやね。で俺は、楽しまなあかんやんって焦ってまうねん。ほんで発作来て・・・
堂々巡りやねん。

348 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 22:26:18.81 ID:vhflG0sP
心配すんな!狂ってんのは死を無視して人生を謳歌されてる方々

349 :優しい名無しさん:2016/07/26(火) 22:56:30.68 ID:bJUvHf/W
動物的に弱肉強食で行くか、人として欲望や恐怖に打ち勝つか。
どちらにもなれないのが自分だ。

350 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 00:08:33.85 ID:xL05CVio
病院勤務の母に話を聞いたら少し楽になれた
結構みんな死んでもいいから好きなもの食べるって言って次の日死んだり本当に死って軽いらしい
自分も老後そんな風に悟れるといいな

351 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 02:26:36.17 ID:rSsOBQaR
仏壇にお供え物したり、墓参りして死んだ家族に話しかけたり、
火葬場の煙突から上る煙を見つめながら、娘にお爺ちゃんは天国に上っていった、なんて諭したり、
死んだ○○があの世から見守ってくれている、なんてシチュエーションを体験した人いるでしょう?
体験してなくてもドラマでそういうシーンを見た事はあるでしょう?

自分は、あれが駄目なんです
タナトフォビアになって死の現実を知ってから、幽霊やあの世や生まれ変わりが無いと知ってから、
人間の性格・自我・記憶・魂の正体が脳の中の微弱な電流にすぎないと知ってしまってから
死に関わるありとあらゆる希望的観測が、出来なくなってしまったのです
ご先祖様が見ていてくれる、みたいな気休め程度の事でも拒絶反応と絶望感が押し寄せてくるのです…

つまり、死者に対して仏壇を拝んだり墓参りをするのは全くの無意味で
どんなにあの世から見ていてほしいと願っても死んだ人は無に還ってしまっていて、
完全に消滅してしまったという印象が強くこびり付いて離れないのです
普通の人にとっての知人の死のイメージが「別世界への別離」とか「しばしの別れ」だとするならば、
自分にとっての知人の死のイメージは「原子レベルでの完全な消滅」「絶対的かつ永遠の無」です

352 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 02:27:26.19 ID:rSsOBQaR
続きです

数年前に高校の同窓会に出たら、当時の親友が一人事故で亡くなっていたと聞いて
(○○もあっちで楽しくやってんだろうな)みたいな事を他の人達は空気を読んで言い始めたのですが、
自分の中ではそれを聞いた瞬間に、○○は完全に「消えて」しまった、「無」になってしまった
自分の知ってる○○も、○○の知ってる自分ももう存在しないし、絶対に知覚する事は出来ないんだと
そんなイメージが一気に脳裏に焼き付いて、飲み食いしていた物を全て吐き出してしまいました…

その時と同じような思いを、自分も立て続けに味わう羽目になるでしょう
まずは祖父と祖母、次に父と母、最後に歳の離れた兄…
家族が死んでも自分は、「無になったから出会えない、想いを馳せる事すら出来ない」と思い続けるのです
そしてたまに無になった家族の事を思い出す度に悲しみと悔しさと怒りがない交ぜになった感情のままむせび泣くのでしょう
その時が来るのが、たまらなく怖い…死を曖昧な物でなく、直視して考えるのがこんなにも残酷だなんて…

「亡くなった身内が見ていてくれる」と思いながら生きていくのと
「亡くなった身内はただのタンパク質で今は物言わぬただの炭素物質」と思いながら生きていくのでは
全然違います…自分の家族は父母兄も含めて全員前者の考え方ですが、自分だけが後者なのです
勿論皆が空気を読んで前者の振りをしているだけなのかもしれませんが…
死の事に、こんな情の無い無機質な考え方をしながら生き続けるようになってしまったのが辛いです

353 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 03:27:16.47 ID:Fk4S2bic
細けえ事はいいんだよ
死んだら終わり、すべてが消えて無くなる。

354 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 09:56:35.01 ID:wWnvUb3+
>>344
>>347
人生を無駄に出来ないという強迫観念のようになっているんだと思っている。
でも“死後は無”の考えに取り憑かれるとしまうと全てが無駄にも思えるから、無駄に出来ないという考え自体が矛盾したものになるし、堂々巡りになる。

355 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 14:32:38.70 ID:RA3fGPCl
そう、だから一番良いのは、死後に対する真っ暗なイメージを変えること
まぁこれが難しい俺もできてない
スピリチュアルとか宗教を簡単に信じられるほどバカでもないから困ったものだ

356 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 15:33:08.07 ID:xL05CVio
カウンセリング受けようかなぁ

357 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 16:43:22.18 ID:rSsOBQaR
あ、直系の子じゃないから150億づつ折半じゃなくて200億と100億なんだ
まあこの金額だともはや50億なんて誤差でしかないけど

どうせ使い切れないし

358 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 16:44:27.97 ID:rSsOBQaR
すみません誤爆です

359 :優しい名無しさん:2016/07/27(水) 16:53:34.35 ID:xL05CVio
発作きた・・・家にひとりだし苦しい

360 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 00:32:54.70 ID:iG6cLgHR
ひびんなよ
どうせみんな死ぬんだよ
それまでがどんな人生であれ最後は圧倒的な恐怖と後悔と孤独と絶望を味わいながらたった独りでみんな死んでいくんだよ
死はそれまでの生とは無関係に平等なんだよ

361 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 00:38:54.86 ID:iG6cLgHR
今まで二度死にかけたから分かるんだよ
あの孤独感はあまりにも圧倒的
周りに家族が見守っていてもそんなの関係無くたった独りの絶望的な孤独感
オマエ等タナトとやらが感じている恐怖などまるでヌルい

362 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 00:45:08.46 ID:iG6cLgHR
スーッと世界が薄れて行くあの感覚
全ての事がなんだったのか分からなくなり溶けていくあの感覚、、、
いつかもう一度はあの感覚を味わなければならないと思うと心底憂鬱だ

363 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 00:54:49.13 ID:gIndOFUA
どんだけ古いんだよ今時死が平等とか、脳ミソ保管事業くらいはオレがするよん

364 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 02:19:04.04 ID:vwBZJedX
相模原の事件みたいにある時サクッと刺されてこの世から消える

365 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 04:05:01.19 ID:q4LmR/4f
>>362自分だけが可哀想とか、孤独とか典型的な残念なやつだね
俺も死にかけてからタナトになったけどね、みんなしんどいんよ
じゃなきゃこんなとこ来ないよ
時分だけか、苦しい、悲しいてのは大城な間違い

366 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 04:07:00.42 ID:q4LmR/4f
訂正。
自分だけが、苦しい、悲しいてのは大きな間違い
それ故に君は余計に孤独を深めていることに気づいた方が良い

367 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 09:16:20.74 ID:xMOuTjdw
全身麻酔受ける時に点滴から麻酔流されると
まず耳がザーって鳴って1秒後ぐらいに視界がザラザラの灰色→意識なし

死ぬときもこんな感じなのかなーと思った。

368 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 13:18:17.00 ID:blV1HqrV
俺はお恥ずかしながら自分を世界最高の存在と思っていたんだけど、
自分より凄い人を知ってしかもその人より凄い人たちがわんさかいると
わかって自分ってこの程度なんだと思うようになったら結構楽になった。
自分が世界最高の存在だと思っていた時は死ぬ時とてつもなく
大きいものが失われると思って凄く怖かったけど、
自分が大したこと無いと思ったら死ぬ時失われるものも
大したこと無いと思えて楽になった。

369 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 13:48:21.51 ID:pdJwvhlD
死に方のコツという本を読んだら楽になれた
まだ読んでない人は読んでみることをおすすめする

370 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 21:46:23.12 ID:vwBZJedX
鶴見先生の完全マニュアル読んで選択しておく

371 :優しい名無しさん:2016/07/28(木) 23:29:21.05 ID:YacDr+hf
次の世代に託すとか未来の人類の為にとかこれから生まれてくる子供の為に、
みたいな言葉が全て無意味に聞こえる
その為に死んでいった武士や軍人が過去に全世界で何千万人も何億人もいたのは解っているし
その人達の尊厳を傷付ける気も馬鹿にするつもりも毛頭ないが、
それでも死んだら全て終わりだと思うとどうしてもそう感じてしまう

次の世代の若者の為にいくら尽くしても、それを見届けたり観察できなければ何の意味もない
人の為に、国の為に、これから生まれてくる命の為に戦った果てに得られる物は永遠の無
こんなの酷すぎる…どうしてあの世や幽霊が存在しないんだと本気で思う
この世界は平等ではないというけれど、俺はあの世こそ平等ではなく歴然とした差があってほしかった
天国も地獄もあってほしかったし、この世で善行を積んだ者こそあの世で報われてほしいし、
この世で殺人鬼になった者にだけあの世では永遠の無を迎えてほしかった
死=無が誰に対しても平等だなんて、他のこの世のどんな不条理よりも酷すぎる…

372 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 02:17:19.38 ID:xD/KZyHP
おまえみたいの一人いなくなったところで世の中なにも変わらない

373 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 05:37:19.13 ID:re7cb8CS
未来を望むからそれが断たれるであろう死を恐れるのではないでしょうか?
そして、今が満たされていないと感じるから
未来を望むのではないでしょうか?

374 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 05:39:11.10 ID:re7cb8CS
満たされていないと思うから欲があり、
欲があるから満たされていないと感じる、この悪循環ではないでしょうか?

375 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 07:47:49.57 ID:v4WpOh3y
そりゃあ煩悩を捨て去れば怖くなくなるだろうけど坊さんだって簡単には出来てないからね。

376 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 15:38:15.13 ID:esj4iYg3
相模原の事件で発作起きかけた
ありえんわ

377 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 16:06:04.56 ID:SSSY9AG3
あれのニュース見すぎて発作きた

378 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 16:59:49.52 ID:SSSY9AG3
発作激しすぎて死にそう

379 :優しい名無しさん:2016/07/29(金) 23:20:52.63 ID:HtdcHMSe
Twitter見てみたらタナトフォビアだらけワロタww
あー無が怖い

380 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 03:03:57.20 ID:rgQwtJqN
寝てる状態が無、死んだらこんな感じだよ。

381 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 07:28:59.15 ID:G2BrwN+q
必死に生きてやる

382 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 08:31:34.76 ID:jR60Geru
又、新しい1日がはじまるー

383 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 12:29:29.95 ID:357KXbEw
行き着くところは宗教なんだろうがなあ。

384 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 15:11:28.92 ID:w0DTNVv8
昔はのんびりする時間が好きだったけど今はその感覚がなくなって苦しいわ。
時間の無駄が気になって余計に時間を無駄にする。

385 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 20:02:42.56 ID:G2BrwN+q
親の死考えたら悲しくなる

386 :優しい名無しさん:2016/07/30(土) 23:56:15.77 ID:CPziBmhw
強がってみる。そういうのも一つの手やと思う。

387 :優しい名無しさん:2016/07/31(日) 00:56:46.45 ID:Jru5sWIr
余命宣告とかされたら発狂する

388 :優しい名無しさん:2016/07/31(日) 12:15:39.62 ID:SiF8g77F
>>387
余命一年です

389 :優しい名無しさん:2016/07/31(日) 17:09:08.97 ID:Jru5sWIr
こんな思いするくらいなら生まれたくなかった

390 :優しい名無しさん:2016/07/31(日) 22:16:43.68 ID:ZeZOu0nN
無が怖すぎる

391 :優しい名無しさん:2016/07/31(日) 22:41:01.07 ID:Jru5sWIr
わかる

392 :優しい名無しさん:2016/07/31(日) 23:57:40.43 ID:Uu59FjaK
皆、寝不足には気をつけるんやで。

393 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 00:38:39.27 ID:VDLnqBwi
千代の富士が死んだんやで

394 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 17:20:33.55 ID:ijiyBfs1
レクサプロとジプレキサでだいぶ良くなった

395 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 17:57:45.19 ID:WjScCgrx
ここ最近、このまま死んでもええなあって思えるぐらい安定しとったのに、nhkのモーガンフリーマンが出とる番組見て発作きたわ。アカンと思うても見てまうねん。

396 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 18:06:08.69 ID:El6gC5om
こないだじーちゃんばーちゃん達のお墓に墓参りしてきた。
正直友達もいないし、親戚付き合いもほぼない。自分を愛してくれる親族もどんどん少なくなってる。

自分が死んだら誰がこうやって参ってくれるんだろうと思ったら壮絶な気持ちになった。

397 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 18:13:36.17 ID:1+lG2EFK
さっきまで死んでもいいって思えてたけどまた不安になってしまった

398 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 20:28:13.27 ID:sBOxCkrB
>>396
わいもやでー
親くらいしかおらんし独身やし死んだら無縁さん確実や
まあ死んだ後のことなんかどうでもええわ
仮にあの世があっても現世のしがらみは全部捨ててせいせいしたいくらいやで
そうは言うても寂しい人生で泣けるけどなー

399 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 22:23:18.29 ID:2Z5X14Fe
自分も死んでもいいやって思う日が多いけど
そういうときに限って、ものすごく幸せそうなカップルや
ほんわかした家族が目に入ってしまう。
人間として生まれたからには結婚して子供に恵まれて…
家族に看取られたいって思ってしまって、またしょうこりもなく1日を生きるって感じだわ。

400 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 22:31:34.56 ID:AEz1EBZT
死んだら何もかも終わり

401 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 23:21:16.34 ID:L9u1Dr24
俺は子供は欲しくない。
おそらく死恐怖症と根は同じ。

402 :優しい名無しさん:2016/08/01(月) 23:52:10.14 ID:XIl6+VI6
自分の子供を持つ事はタナト発症時から論外、自分が生き延びたいのに?って感じ、世間ではひとでなし判定

403 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 00:31:40.00 ID:F3FnntqK
>>399
俺は幸せそうな家族やカップルを見る度に、
でもこの人たちもいつか無になってしまう…無になったら互いに認識もできないし想い続ける事も出来ない
どうして幽霊や天国がある世界にこの世を作ってくれなかったんだ、と思ってしまう

>>401-402
自分が無になる事が怖くて恐ろしくて仕方がないのに
そんな自分がいつか無になると分かりきっている生命を作る、なんて
とんでもなくエゴでおこがましい大罪にも等しい申し訳なさを感じてしまう…

この世に自我と記憶と人格を持って生れ落ちた時点で、無になって消え失せるという
これ以上は有り得ないほどの罰を背負わされているのが人間なんだ
その事を強く意識している人なら、簡単に子供を作ろうなんて言える筈がない

404 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 07:23:02.71 ID:9YNqX/zd
>>403
種を残す。

頭が賢くなって知恵ついて理性が働くようになっても、本能のそれがゆるさんのやで。

405 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 07:32:05.24 ID:qrojTFgq
うちは子ども2人いるんだけど、上の子(中2)はタナトとは無縁っぽく、
小さいころからすぐに友達できるし、いつも楽しく明るく過ごしてる。
自分は中2なんて、死ぬことばっか考えてたからエライ違いだ。

しかし下の子が、歳離れててまだ4歳なんだけど、早くもタナト兆候あり。
しょっちゅう「死にたくない」「まだ家族みんな死なないよね?」って言ってくる。
特に夜寝る前がひどくて、こないだは突然号泣し始めた。
ああ、自分がこの世に産み落としたばっかりに、自分と同じ苦しみを
この子にも味わわせてしまうのか…と思ったら、本当に申し訳なく感じたよ。

406 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 08:56:24.43 ID:yhtvX02x
解決策って結局は「考えるな」しか見当たらない。

407 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 13:48:39.77 ID:THJCjhZ9
>>405理解できないな
俺は子供にこんな苦しみ体験してほしくないし、親としてきっと子供にも苦労かけると思う
異性には割りともてるほうだけど、絶対やだ
家族なんて

408 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 14:16:16.27 ID:5w2TkDqn
>>405
前スレで書いたんだけど、うちの子もそうなんだ。
今9才。
少しずつ現実で楽しいことが増えてきたせいか、前より頻度は減ったけどでもまだ時々出てくる。
前よりそのものずばりの質問を口にすることは減ったけど、
例えば何かのニュースに出てきた人、何かの偉人、例えばQさまとか見てて問題に出てきた人とか、
そういうのを見てまず一番先に出てくる質問が、
「この人まだ生きてるの?」
「この人もう死んだの?」なんだよね。
普通は何をした人かとかそういうものが一番気になると思うんだけど、
こういう質問が一番最初に出てくる時点でまだ恐怖なんだろうな。
これも前スレに書いてた人いたけど、自分が克服出来てないのに子供にどんなアドバイスもしてあげられないし、年齢的にも嘘が通る年齢ではないし、
質問された人物に対して全て生きてるよって答えるのもおかしいし、
どうしていいか自分でもわからないよ。
子供にも申しわけなさでいっぱい。
子供も一生恐怖を人より感じながら生きていくんだろうな…。

409 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 15:06:54.29 ID:THJCjhZ9
そうだよ。自分がどうにもできないのになんで子供作るんだろ
女が子供欲しがるのは本能らしいけど自分勝手としか俺は思えない
幼少期はまだいいだろう
大人になって老いて病んで確実に死ぬのに
その経験からは誰も逃れられないのに


誰か納得のいく説明してくれや

410 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 16:45:44.40 ID:nGbs0VrR
もう疎遠だけどスイーツの女友達ばっかりに囲まれてきたけど
彼女ら全員見事に適齢期に結婚してるわ
あの子らからしたら、自分たちみたいなこういう考えの人間なんざ
「キャハハwwwうっざ」みたいなもん。
子供産みたいのも「みんな産んでるし」「ママになりたいし」
「旦那やカレのことすきだしーw」
くらいなもんだ
あと考える時間なんかないくらい彼女たちは忙しくて
日々が楽しいんだろうって思う。
だって彼女たちは自分が好きだからな。
だから自分の血を引く子供+自分が大好きな男の子供
産むことになんのためらいもないんだろう
自分が死んだあとのその子供の人生のことなんざまったく考えることはない

411 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 16:53:12.05 ID:+hWOkE8S
自分勝手だとは思うが自分は子ども欲しい
子どもも苦しむかもしれないがその子も子どもを産んで行けば自分が死んだ後も自分の血が受け継がれるし

412 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 16:54:57.76 ID:yhtvX02x
子供が病気にでもなれば死について考えるようになるよ。
俺達とはキッカケが違うだけ。

413 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 16:58:06.56 ID:uEtNeNyP
>>408
うちの子(7歳)も同じこと言ってる。
まあ結構前から言い出してるんだけど
まだ不安とか恐怖より謎・探求心って感じだなぁ。

今は何故人間は200歳まで生きられないのかが知りたいらしい。

414 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 17:24:04.29 ID:+hWOkE8S
今日死ぬのが怖すぎて心臓が痛くなって驚いた
このまま死ぬのかと思った

415 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 17:38:33.54 ID:THJCjhZ9
>>411
よくこういう言うやつ多いけど理解できないんだよね
そこまで苦しんでまで自分の血を残すことに何の価値があるの?
苦しみが連鎖するだけじゃん
今を幸せに生きてこその価値でしょう?
だから、人生は素晴らしいものだ、価値あるものだと心から思っている人間が親になるのは分かる
きっと良い親になるだろう
でもタナトだとか人生を悲観してる奴が子供作ってもいい親になるわけないし、負の連鎖になるだけやん
みんななに考えてるのかほんと理解できない

416 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 17:41:18.23 ID:THJCjhZ9
世間体だとか、一時の逃避のために子供造ろうと思ってんならまじでやめろ
俺の親がそうだったから分かる
親も子供も悲惨なことになるから

417 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 17:49:25.23 ID:yhtvX02x
多分ここにいる人の共通点として辻褄が合うとか納得がいくとか終始一貫とかを好むのがある気がするんだが、
人間の頭脳限界を考えたほうがいいな。

418 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 18:11:05.39 ID:zjOn3/EF
>>410

スネてもしゃーないで。

世の中斜めに観てもタナト楽にはならんやろ。

419 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 18:27:08.23 ID:zjOn3/EF
タナトフォビアでも結婚して、子供欲しいやったら、子供産んで、普通やろ?

子供がタナトフォビアぽい? それは賢この子やで。

420 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 20:11:25.83 ID:THJCjhZ9
お前はアホそうやけどな

421 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 20:57:00.87 ID:gSVeoYBC
意識って電流なんだろ?
なら将来的に、意識のみを機械に移し変えることも可能だと思うんだよね。

この技術の確立前に生まれるか、後に生まれるかだよすべては

確立後は半永久的に生きられるわけだから、タナトは激減するだろう。
肉体も人工肉体(当然可能と思われる)で、病気もなく超人的なこともできるようになる。
もし死にたくなったら、死ぬこともできる訳だし。

我々はとんでもなくツイてないのだよw
人類の歴史のショッパナに生まれてしまったせいで、この技術の恩恵を受けることができなかった。
あの恐竜ですら一億五千万年も歴史が続いたことを考えると、我々はおそらく一千万分の一程度のハズレくじを引いてしまったのだ。

422 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 21:03:01.02 ID:Gfg+GG3M
>>421
そうして移し替えられた意識は本人といえるかどうか、、、
どこでもドア理論

423 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 21:27:39.40 ID:p0iY0d/y
意識を移し替えたら生まれ変わりと変わらくね?

424 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 21:48:35.40 ID:gSVeoYBC
意識のみを本人の肉体から分離させて機械に落し込むイメージね。
ジョニーデップの映画のように

425 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 21:50:38.95 ID:+hWOkE8S
発作が激しくて死にそう

426 :優しい名無しさん:2016/08/02(火) 22:24:48.99 ID:+hWOkE8S
みんな普通の生活送れてる?自分は死が怖すぎて引きこもり&不登校になっちゃった

427 :優しい名無しさん:2016/08/03(水) 01:19:15.61 ID:iegkEKsF
>>423-424
SF映画でもクローン技術を使って悪の親玉が自分自身の意識を移し変えたりしてるよね
そしてそういう事やる親玉は、何故かそれで安心している
しかも必ず、これで私が滅びる事は絶対無いとか、
何度殺してもその時の記憶を持ち越したまま蘇れるとかそういう台詞を吐く

馬鹿じゃねえの?何百何万人お前のクローンがいようが、お前は死んだら終わりなんだよ
クローンの肉体が遺伝子レベル原子レベルで同じでも、
記憶も寸分違わず完全に同じになるように移植できたとしても、
それはお前と全く「同じなだけの赤の他人」なんだよ
お前の脳が機能停止した瞬間にお前と寸分違わぬ他人があービックリした!今俺死んだ?とか言ってさ、
お前は生き返る事も出来ずにその声を聞きながら無に還っていくんだよ

>>421
だからさ、重要なのは意識や記憶だけじゃなくて
この自我、クオリア、自己同一性を機械に移植できる技術だよ
それが確立されなかったらどうしようもないし、移植する意味がない

俺の俺による俺の為の俺にしか解らない俺が俺を俺は俺だ!と思うこの感覚
俺には解らないけど他人にも必ずあるであろう、この認識
これこそ自我だ この自我を脳を経由しなくても存在させられるようになればタナトという病気も半減するだろう
どちらにしろ俺達はその恩恵を受けられる時代に生まれていないがね

428 :優しい名無しさん:2016/08/03(水) 02:58:27.71 ID:W5avEP+Z
みんな必ず死ぬんだよ

429 :優しい名無しさん:2016/08/03(水) 03:13:50.71 ID:dbIWvkXC
>>427
それを人は魂と呼ぶんでないの
オカルトな意味じゃなくてね

430 :優しい名無しさん:2016/08/03(水) 08:15:17.75 ID:don8ZtF6
昨夜タイタニックの映画を久しぶりに見たら、
溺死するイメージが自分の中で何度もリピートされて、眠れんかった…

死が怖いのに、なぜか死を扱った映画や本を無性に手にとりたくならない?
テロ、大災害、飛行機の墜落事故とか、調べなくてもいいのに調べてしまう…
自分で自分の首を絞めているようなもんなんだけど。
無意識のうちに、死への恐怖をシミュレーションしたがっているんだろうか。

431 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 04:26:09.03 ID:tqxq2v24
自らが亡くなってもこの世に未練があると幽霊になってさまようと
昨日の心霊番組で怖がらせようとやってたけどそれは無いね
そんなのが可能なら仕返しで憑かれて生命奪われる人がいても不思議ではない
だから死んだら終わり生きてるうちにやっとかないと

432 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 09:07:05.88 ID:6VGCtvdN
心霊番組って実況スレ見てると解るけど今では完全に物笑いの種のギャグ番組扱いだよね
それだけ無神論が徹底されて霊も神もいないと多くの日本人が認識しているって事だけど

そういや今は宗教国家のエジプトでも8人に1人は無神論者になってるらしい
向こうでは無神論者は徹底的に差別され、学校も辞めさせられ家も借りられないそうだ

http://mainichi.jp/articles/20160803/dde/007/030/046000c

ニュー速+板で早速この話題で神のいるいない宗教の必要性云々でスレが爆伸びだけどさ、
自分は神のいるいないはどうでもいいし、宗教や信仰もどうでもいい
人間が神が粘土をこねて作った神を真似た存在でも、
ただの性行為の結果作られた知能の高いタンパク質の塊でもどっちでも構わない

ブラウン管や気化熱冷却サイクルの原理が解らなくても
皆テレビや冷蔵庫を使ってきたのと同じように、
脳とか内臓、人体の仕組みを理解してなくても人間は生きていくし生きてきた
今自分がこうして生きて、見て聞いて考え、意識と記憶と自我が存在する事に何の疑いも無いし
それが神の力による物なのかどうかで激論したり喧嘩するのは全く無意味な事だ

何者が何時に何故人類を作ったかなんて、
ましてやそれを神が行ったかどうかなんて極めてどうでもいい事なんだ

433 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 09:07:42.07 ID:6VGCtvdN
>>432の続き

ただ一つだけ自分が言えるのは
『どんな理由で誰が作った命だとしても、生まれた以上は絶対に死にたくない』
これだけだ

自分は、魂の正体が神の分身でも脳の中の微弱な電流でも機械の中の電気プログラムでも何でもいいし
生き続ける事が出来るのなら神の奴隷にでも
マトリックスみたいな電脳空間の中のアバターにでも何にでもなってやる
突き詰めれば、神を信じる信じないかなんて自分にとってはその程度の事でしかないんだ

どんな科学や物理現象だろうが超常現象や神や宇宙人のおかげだろうが何だろうが
今こうして我々は「有」るし、有ってしまった以上は「無」になりたくない
「有」り続ける事が出来るならその原理や理屈は問わない、ただ「無」になるのだけは絶対に嫌だ
これだけだ、たったこれだけの理由だけで皆神や幽霊やあの世を信じようとするんだ

そしてそれは自分もそうだ…こうしてダラダラと長文を書いているのは
何かを書いている時だけが、思考している時だけが無の恐怖を紛らわせるからだ
気取った事書いてるが自分も無にだけはなりたくないんだ…

434 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 10:09:42.13 ID:FQnvSM1b
無になるのも嫌やけど、永遠、永久有り続けるのも嫌やけどな。

435 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 12:37:34.18 ID:tqxq2v24
>>433
薬丸が言ってたぜ、じたばたするなよってさ。

436 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 14:08:26.83 ID:aStC1l2l
死って、本当はそんなに怖くないとは思うんだよね。
要は、眠ってたり全身麻酔かけられたりしてる時と同じで、意識のない状態。
それが二度と目覚めないってだけでさ、意識がない以上は恐怖も何もないよね。

怖いのは、意識があって自分の死を認識している状態なんだ。
意識があるから恐怖を感じるだけ。それはどの動物も同じだと思うけど。
だから、意識がなくなるその瞬間までどうしたって恐怖はなくならないよ。
何か生きがいでも見つけて、ごまかしごまかし生きてくしかないよね。

437 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 14:13:45.76 ID:QUGbqcMk
気が済むまで楽を得たい感じたい

438 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 14:16:15.39 ID:NL93NSuv
朝から田舎の家の草刈り、一息ついてこのスレ来たけど空虚感ハンパね〜、環境変われば考え変わるかなとか甘かったわ

439 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 16:02:06.61 ID:sCvIG+M9


440 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 16:13:38.48 ID:PwUps+r8
死んだらすべての答え合わせとかあるのかね? この答えあわせって考え方が現世的だとは思うけど・・どうなんだろ
答えって あるのkな

441 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 17:59:51.93 ID:ntNM0IC9
>>440
無いと思う
例え死後の世界があったとしても相変わらず分からない事だらけだと思う
死んだらスーパーパワーを得るなんて思えないよ

442 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 18:07:56.32 ID:sCvIG+M9
無無無無

443 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 18:26:25.62 ID:kursCpZK
本物の死はフィクションとは全然違うな。

444 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 20:07:43.10 ID:sCvIG+M9
自分の意識が無くなってからの無が怖すぎる

445 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 21:52:34.79 ID:9uVpLhm7
>>436
>それが二度と目覚めないってだけでさ、

そこが最大の問題

446 :優しい名無しさん:2016/08/04(木) 22:47:54.80 ID:ntNM0IC9
>>444
寝るのも怖いのか?
同じことだよ

447 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 04:09:29.36 ID:r226v0Nt
>>446
滅茶苦茶怖いよ
死を思い浮かべるからね

448 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 04:11:27.37 ID:r226v0Nt
>>433無駄に長い
死ぬの怖いで済む話じゃん

449 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 04:20:44.02 ID:ebty930Z
死ぬの怖いが死ぬ苦しみが怖い それさえなければ何も死とかこわくない

450 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 04:36:22.30 ID:KugC7a8o
死んだらその時点で終わり
電車や飛び降りや焼身なんかはキツイぞ

451 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 10:47:17.80 ID:cHVF34SC
>>448
>こうしてダラダラと長文を書いているのは
>何かを書いている時だけが、思考している時だけが無の恐怖を紛らわせるからだ

と言ってるでしょ

452 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 12:07:51.96 ID:iR78QMSk
死にたくないな

453 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 14:29:32.70 ID:lGwXDOCV
旧約聖書の「コヘレトの言葉」から


「なんという空しさ なんという空しさ すべては空しい」1-2

「死後どうなるかを、誰が見せてくれよう」3-21

「既に死んだ人を、幸いだと言おう」4-2

http://www.yoyoue.jpn.org/bible/ecc.htm

454 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 21:10:24.09 ID:iR78QMSk
みんな死ぬ

455 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 22:11:32.87 ID:wQ/88XBi
どうせ100年後は私以外はみんなみんないなくなってるからどうでもいいよ

456 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 22:36:16.09 ID:iR78QMSk
怖すぎる。助けて

457 :優しい名無しさん:2016/08/05(金) 22:40:49.39 ID:wQ/88XBi
死ねば楽になるよ
死の恐怖から逃れるために死を選ぶ
面白い面白い面白い面白い面白い

458 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 03:28:28.79 ID:whr/KgII
そう死んだら身も心も消えて無くなる
周囲のあなたに対する記憶も風化

459 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 04:45:51.08 ID:KOTGlhNL
充実した1日を過ごすのは、ほんま難しいわ。

460 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 09:47:17.30 ID:YzOcitLB
そもそも充実感がわからなくなっている。
一般的にはそのとき楽しいか後の世に残るようなことをする(その両方だと更に良い)んだろうが…
子育てを生き甲斐にしている人の気持ちはわかるが子供は欲しくないし、袋小路。

461 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 10:20:46.28 ID:9JMNswqc
>そのとき楽しいか
どうせいつか死ぬと思うと何も楽しくない
それどころか勉強して東大に入っても大手企業に入って死に物狂いで働いて出世しても
どんなに偉くなったとしても、大金や地位や名声が手に入ったとしても
「『死んだら全て無駄になる』」と思うと本当に心の底から努力する気が起きない

>後の世に残るようなことをする
上記の理由と同じで、自分が歴史の教科書に乗るような偉人になったとしても
何千年の未来まで語り継がれていく英雄的存在になったとしても
死んだら無で、それを自分が観測も認識もできないのなら文字通り何の意味もない
織田信長もアインシュタインもレオナルドダヴィンチもイエス・キリストだって、
死んだ瞬間にあの世から見守る英霊にも神にも悪魔にもなれずに無に還ったんだ
そう考えると、全ての後の世に繋がる善行や偉業なんて、全てどうでもよくなってくる


だからもうこれから一生、自分は充実感や生き甲斐を感じる事はないだろう
ただ毎日死にたくないから食べていけるだけの生活費と食費だけ得て、
何十年かして無になるのを待つだけの人生だ
冗談でも何でもなく、億単位の大金が宝くじで当たったとしてもこの虚無感は変わらない
タナトになった時点で、死の先が無であると知った時点で人生から「楽しさ」なんて概念は消え失せたんだよ

462 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 11:43:32.93 ID:gNnfwE1G
461のカキコを見て、ますます憂鬱になっちまった…。

でも、本当にそうなんだよな。
善行とかボランティアしてる人も、突き詰めてみれば他人のためというより
自分自身の生きがいを持つためのようにも見える。
金儲けもボランティアも、結局は人生に意味を持たせるための行動に過ぎず、正義も悪もない。

463 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 11:46:58.51 ID:MOUt8WZj
子供産みたいって人いるけど
80年位動いて死んで無になる存在を世に放って何の意味があるの?

464 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 12:59:11.16 ID:gNnfwE1G
意味っていうか、生殖は生物に備わった本能だからな。
子孫繁栄と自己保存は、生物の二大本能だから、子を産むのも死を怖がるのも
どっちも生き物としては自然なことだと思う

465 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 13:32:04.45 ID:Y9Ws0K1r
>>461
で?
東大入ったの?
一生懸命働いたの?
名誉手に入れたの?
一つでも成し遂げてから嘆いたら?
なにもしてない癖に虚しいて今日日子供でも言わないよ

466 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 14:10:45.50 ID:aKppaHTo
>>465
そういうお前はどうなんだ?
わざわざタナトのスレに来て他人を煽って何が面白いんだ?

467 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 14:25:04.83 ID:s5gRskeN
ID:Y9Ws0K1rは下記の通り煽り屋だからスルーしたほうがいい。

http://hissi.org/read.php/utu/20160806/WTlXczBLMXI.html

以前もパキシルって粘着荒らしがいたけど、
このスレって妙な奴に絡まれる事が多いね。

468 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 14:34:23.67 ID:al7bPaHt
>>465
はっきり言ってスレ違いです。ここはむしろ傷の舐め合いの場だから。
死の事実の上に、つかみどころのない人生苦がある。「一生懸命に働こう」という掛け声は無駄に感じられるのでないか。
>>466
同感。

469 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 14:45:36.15 ID:Y9Ws0K1r
煽りっちゃまぁ煽りだけど事実だよ
やる前からなに意味ないてきめつけてんの?
やるだけやって脅えろよ
井の中の蛙どころか、蛙の中の寄生虫だぞ
自覚ないんだろうけど

470 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 16:16:49.69 ID:YzOcitLB
俺もリアルではそんなことを言っているよ。

471 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 18:39:27.45 ID:X/Z3N9aL
死が無なら怖いっておかしくね?
死後に地獄に行くなら怖いというのは分かるが、無になるなら怖がる理由ないだろ。
ここの奴らは馬鹿なのか?

472 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 18:48:51.18 ID:p2FbkhrJ
無になること自体は怖くないと思うが、
無になると「思う」のは怖いと思うよ、普通に人間の心理として。

473 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 19:14:48.72 ID:bm5R0v/+
>>471
ここの奴らは、賢過ぎるんやで。

474 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 19:33:00.04 ID:b42eSm4s
死ぬの怖くなかったらソッコー自殺するねw
生きていたくないわ、こんな世界。

475 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 20:06:50.76 ID:aTHhSEH+
>>473
ここの人達は、賢くて創造力が豊か過ぎる人がほとんどだと思う


忘れてしまったのだけど
何かの媒体で「見えるものより見えないものを恐れているのは滑稽だ」という台詞があって
私達もそうだなと思った

夏って戦争関連の話やお盆で死が身近だよね
すごく嫌だな

そもそも、お盆て誰が始めたんだと思う?
何で幽霊が家に帰ってくるんだろう
お盆をする人はみんな幽霊の存在を信じているんだよね

476 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 21:11:07.22 ID:p2FbkhrJ
仮に幽霊がいるとして、別にお盆とかお彼岸にしか帰ってこられないわけじゃないと思う。
ただ、生きてる人間は日々の生活に追われてるから、何かイベントでもないと、
ゆっくり死者に思いを馳せる余裕がなかなか持てないだろうね。

ちなみに、このスレにいる人は基本的に死後の世界を信じてないんだと思うけど、
世界各地で報告されてる、前世の記憶を語る子供たちについてはどう?

477 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 21:39:14.12 ID:YzOcitLB
高い所だって落ちそうもなければ怖くはないはずだけどな。
でもかなりの人は安全でも怖がる。
先に本能的な恐怖があるんだよ。

478 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:04:18.97 ID:8bszvr83
>>477
口くっさいな君!

479 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:16:07.28 ID:aTHhSEH+
>>476
前世ってどうなんだろうね
私はあたかも戦時中に生きていたような記憶があるよ
江戸時代とか他の大陸の前世でもなく、なぜか戦争中の日本に記憶が縛りつけられてる
トラウマだからなのか知らないけど、自分の頭がおかしいわ

480 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:36:19.96 ID:whr/KgII
>>465さんはごもっともな事言ってる
やる事やってから文句言えって感じ

481 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:58:36.23 ID:9JMNswqc
>>465 >>480
受験勉強だけはしました
自分語りになるとさらに長くなるから書かなかっただけで
大学受験の矢先に父と祖父が立て続けに癌で亡くなったんだ

死んだら何もないと知ったのは中学生の時で、もう20年くらい前になるけど
当時のネット黎明期に興味本位で幽霊や天国の事を調べたらそんな概念も世界もないとか
脳が全てを司るから云々、とかそんな事が書いてあるHPを色々見てしまった
でも、まだ若かった当時の自分は死んだら先も未来もない事を知っても何の恐怖も沸いてこなかった
今考えればあの頃が一番幸せだったし一番楽しく毎日を生きられた

それから高校を出て、受験戦争に身を投げたのも親に少しでも楽をさせてやりたいという思いからで
少なくとも当時の自分は間違いなくその思いを胸に秘めて毎日頑張っていた
高校3年の時に、子供の頃よく家に遊びに来てくれたお爺ちゃんが癌で亡くなった
火葬場で骨になったお爺ちゃんを骨壷に入れている時、ふとネットで調べた死の事を思い出した
そしてそれから1年もしない内に、大学受験に身を投じる矢先に父の身体にも癌が見つかった

482 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:59:02.15 ID:bm5R0v/+
ここでは、嘆いても、文句言うても、ええんちゃう?

483 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:59:11.88 ID:9JMNswqc
闘病している父の為にも自分は毎日猛勉強していた
でも最初は強気だった父が、癌が既に転移していた=もう助からないと解った途端
物凄く弱気になったんだ…怖い、まだ死にたくないって母に泣き付いていたのをはっきりと覚えてる
その父の弱気な姿を毎日見ている内に、また中学生の時に調べた死の現実を思い出してしまい
父も死んだら無になるのか?父が草葉の陰や天国から見守ってるなんて事は有り得ない?
父がもうすぐ消えてしまう?死ぬというより、消えてしまう?と思い始めて、
そこで本格的にタナトフォビアを発症してしまったんだ

正直言って、このタナトフォビアのせいで受験勉強にかなりの影響があった
死の恐怖その物もそうだし、生きる「意味」についても深く考えるようになった
自分が受験しているのは良い会社に入る為で、良い会社に入るのは親の為だけど
その親がもうすぐ死ぬ?死んだら自分が頑張る意味は?いやそもそも自分だけではなくて、
この世全ての森羅万象に意味なんてあるのか?地球も生命体も人の営みも、偶然出来て偶然そうなっただけなんじゃないか?
こんな事を毎日考えながら勉強しても身が入る訳がなく、希望した大学には尽く落ちた
そして、父が亡くなった

484 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 22:59:37.52 ID:9JMNswqc
結局2浪して、希望していた大学とは違う大学に入って普通の会社に入社して今に至る
父が死んだ時点で自分が大学に入る意味はもうほとんど失われていたけど、
それでも母の為、そしてタナトを自分が勉強を怠けた言い訳にしたくないから意地で続けたような物だった
タナトを発症した直後は死の恐怖の発作の方が強かったが、
10年以上これと付き合った今では厭世観の方が強くなっている
その今の気持ちを正直に書いたのが>>461で、昔の記憶を掘り起こして書いたのがこの長文です

母には自分がタナトを患っている事を今も黙っているし、
自分がペシミズムの塊で生きる事に価値も意味も見出せない性格なのも勿論隠している
それでも今もよく電話をかけてくるんです、楽しそうに話しかけてくるんです、良い歳して子離れしないんです
そんな母も、もうすぐ無になる日が来ると思うと、怖いし腹が立つし気が狂いそうになるんです…
死んだ親が天国で見守ってくれるとか人の生き死に意味はあったと思える人と、
死んだら無になるし見守ってもくれない、人は偶然生まれて偶然無に変えるだけで
誰の人生にも意味なんてないと思っている人では、身内の死に対するショックが全然違うんです
そして自分は、後者なんです…もう二度と前者のような考え方をする事は出来ないまま一生を過ごすんです…

これだけ長くなってしまったけど、こういう事です
意味がない人生なんて嫌だけど、「死=無」が違うと証明されない以上は
この世の全てに意味を見出す事が最早出来ないようになってしまったんです…

485 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 23:03:55.87 ID:7CQ5fz0w
>>480
>>458みたいな事ほざいてる癖に何言ってるんだお前
お前も以前ここや過食嘔吐スレ荒らしてたパキシルと同類だよ

486 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 23:18:15.48 ID:aTHhSEH+
>>484
お疲れ様

私達は死が無だと悟った時に発症したんだよね
たぶんみんなそう

そして、どうせ無になるならと悲観して
大事な人を失う恐怖にとらわれ
今を愉しく生きる事が出来ない
それこそが有限の人生を無駄にしているのだが

487 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 23:23:38.74 ID:YzOcitLB
近いうちに100%死ぬ人には励ましの言葉も慰めの言葉もかけられなくなるな。

488 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 23:40:59.73 ID:WbqNcpAv
2003年に立った最初のタナトフォビアスレッドから
ちょくちょくここに書いています。先日ついに四十路を越えました。
覚悟はしていたけど平均寿命の半分に到達したかと思うと
恐怖も不安も、二十代のあの頃とは全然違う。

何より理屈ではなく身体で、心ではなく物理的に死が近づいているのを実感する。
老いや疲れという形で。毎年の健康診断の結果が怖くて仕方がない。
人間ドックにも欠かさず行くようになりました。行かないと不安で押し潰されそうになるからです。
いつか、内臓のどこかからガンが見つかる日が来るでしょう。ガン家系ですし。
その時私は私でいられる自信がない。いつかその日が来たら、ここで愚痴らせてください。

489 :優しい名無しさん:2016/08/06(土) 23:57:30.28 ID:bm5R0v/+
ホンマに遺伝はこの禿げ頭だけで勘弁してくれや。

490 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 01:28:25.36 ID:5szVxjTs
>>488
口くっさいな君!

491 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 11:09:22.02 ID:URJhGcW5
俺は貪欲だった。いくら手に入れてももっと欲しい、
誰よりも沢山手に入れたいと思っていた。
こんなことだから絶対死にたくないと思っていたんだと思う。
大事なのは足るを知ることだと思った。
足るを知ればこれだけ生きたんだからもう死んでもいいやと
思えるようにもなると思う。

492 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 11:20:08.47 ID:G/zv6P64
生き延びるのに全力で挑戦し続ける事がモチベ、こんなチンケな思いじゃなかなかタナトは克服でき無い

493 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 14:45:16.54 ID:3ssfO0z+
欲はあったほうが良くないか。
俺は健康以外はどうでもよくなってるけど、余計に悪化してる気がするんだが。

494 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 16:12:16.02 ID:Ih5IcIMI
>>493
そのへんはバランス難しいなあ。個人の性格もあるしな。

495 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 16:35:56.60 ID:lBgIoYkz
足るを知ることは大事だよ。
俺の場合は何に対しても貪欲すぎて満足できなくて
死すらどうにかできないかと考えてしまうからタナトになったかも。

タナトっていつかも分からない未来のことを怖がりすぎて
今を軽視する傾向はあるんじゃないかなと思う。

496 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 17:47:20.41 ID:w02hfB9W
やっぱり宗教に頼れたら最強なんだけどな。
いろんな宗教に興味持ったけど、どれにもハマれない。
誰でもいいから死後の世界を信じさせてくれないかと、切実に思う。

497 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 18:08:30.62 ID:40S8UrpC
四苦を無くしたいという欲をなくせればいいけどとてもそこまでは行けない。

498 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 23:44:01.91 ID:Y49cJM8R
本当にあの世がある、生まれ変わりがあると実証されたら
今の世界情勢や宗教観念はどのように変わるだろうか?
自殺者は今より増えて、イジメや生活困窮だけでなく
今の生活がつまらない、みたいな下らない理由でビルから飛び降りる人間も増えるだろうし
殺人への忌避や倫理観が今より軽薄になって通り魔や強盗も今より多くなると思われる
どうせ生まれ変われるならいいやと犯罪者が死刑を恐れなくなるという問題点もある

ただそれを差し引いてもタナトフォビアの数は激減するだろう
死を恐れる=無を恐れる者にとっての唯一無二にして最高の救いになるのは間違いない
一番怖いのは宗教国家が暴走して戦争でも起こしかねない事だな

499 :優しい名無しさん:2016/08/07(日) 23:48:43.28 ID:5szVxjTs
頑張って心霊スポット巡りでもしーや
幽霊おったら死後もなんかあることの証明になるやろ

500 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 02:59:42.89 ID:xJT8UyH/
>>498
あの世なんてない死んだらそれでおわり
わけ分からぬ妄想はチラシの裏にでも書いとけ

501 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 07:05:01.50 ID:ylv3lii8
>>500
お前のような否定するしかしないパキシル野郎こそチラシの裏にでも書いとけ
>>478 >>490のような意味不明な煽りもな

502 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 09:06:56.95 ID:xoGOwD0+
そもそも
>どのように変わるだろうか?
と仮定の上で話している思考ゲームだろうに。
あの世は絶対にある!!と断言してる輩が暴れてるならともかく
仮定が前提のネタ話まで否定してたら話が止まってしまう。
俺はそういう話は嫌いだからやめろ、って言いたいのなら
ID:xJT8UyH/は最初からそう書けばいい。

503 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 10:24:49.61 ID:/8yLml28
>>496
俺は宗教以外も信じきれない。
人生を充実させようという考えにも、 逆に人生は暇つぶしって生き方にもハマりきれない。

504 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 13:24:46.45 ID:nHDNKkLb
>>503
わかるわー、ぼんやりとした不安と何とかなりそうかもの淡い期待はあるけど、「信じる」って事は薄くなったな、何もかも程々で上の空の状態がほとんど多い

505 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 16:45:49.50 ID:cERijTev
>>481
ちょいちょい見かけるけどあなたとは感性が似てそうだ 
自分も中2,3の頃そういうHP見つけてしまって、それまで考えることのなかったこと考えるきっかけになったよ
あの頃のHPってサイトのデザインとかセンスよくてなぜか魅かれてしまったんだよなあ・・
基本的に反出生とその論拠について自分の感じたことを書いてたんだけど、かなり論理的で文体もうまくて引き込まれてしまったんだよなあ
そして今、当時の彼の年齢はとっくに越えて、いまだに摂理と1人葛藤してる自分がいる苦笑 そうだよなあかなり衝撃だったんだよなやっぱり
似たような人がいてうれしいよ

506 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 16:56:15.33 ID:tAFc76C6
死は安定を崩すものだと思う。だから受け入れ難い。

507 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 17:54:38.67 ID:xJT8UyH/
>>501
どちらさんか知らないけどあなた関係ない

508 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 18:45:03.96 ID:ylv3lii8
>>507
関係なくはねえよ、お前みたいな煽りに来るだけの奴はこのスレに不必要
人の書き込みをきちんと読まずに妄想呼ばわりしているしな

509 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 19:01:43.89 ID:xoGOwD0+
>>507
>>502に私が書いたコメントは無視ですか?
最初に勘違いして>>498を訳の分からぬ妄想扱いしたのは貴方でしょう。
仮定の思考実験なんて今の今までこのスレッドで何度も書く人はいた。
それらも全部無駄だと断ずる気ですか?
他人の書き込みに茶々を入れたり水を差すだけなら控えてもらいたい。

510 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 19:33:47.84 ID:jKtLX61a
死後の世界があったり、生まれ変わりがあったり、不死身になったりしても他の悩みが出来るだけなんだよ。
それがわかっているのに死ぬのが怖いから我ながら嫌になる。

511 :優しい名無しさん:2016/08/08(月) 22:21:43.05 ID:jZMVWHaO
治りました。

512 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 00:04:45.05 ID:gIhcMg8n
だ、か、ら!
みんなで幽霊をさがすんだ!
幽霊がいれば死んでも無じゃないことの証だぞ!

513 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 00:46:24.67 ID:Dld/1wVT
>>511
俺もそういう時期もあったな。

514 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 01:02:39.52 ID:kK4Hz+GC
精神病の連中は普段から恐怖心・猜疑心でいっぱいだからなんでもない事に関連付けてビクビクしてる

515 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 01:16:09.45 ID:SBvRy+bK
日本の女は就業率が低いのがよくないと言われてきた。

516 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 18:21:58.22 ID:JKNfHBMk
>>513
まあ、薬飲んでるから完治って訳ではないけだね笑

517 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 18:41:50.13 ID:20puuZQP
これでも見て落ち着け!

ザ!世界仰天ニュース前世の記憶&死後の世界SP…1度死んだ哀川翔が見た奇跡の川
2016年8月10日(水) 21時00分〜21時54分日テレ
http://www.ntv.co.jp/gyoten/

518 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 19:14:36.86 ID:aOjefUXT
とりあえず見てみるよ。
でもさ、結局は自分で体験しないと100パーセントは信じきれないんだよなぁ

519 :優しい名無しさん:2016/08/09(火) 21:54:24.13 ID:StsqSQxJ
無怖いよ

520 :優しい名無しさん:2016/08/11(木) 07:58:12.44 ID:ogHZEIcj
怖すぎる

521 :優しい名無しさん:2016/08/11(木) 18:24:55.44 ID:ogHZEIcj
死にたくない

522 :優しい名無しさん:2016/08/12(金) 14:15:19.72 ID:29SFGHmJ
何もかも無意味に思える

523 :優しい名無しさん:2016/08/12(金) 22:09:56.91 ID:IqjE06iB
>>522
事実何もかも無意味だからしかたない

524 :優しい名無しさん:2016/08/13(土) 00:11:48.62 ID:x2SbAdxV
それでも死ぬまでは、生きていくんやで。

525 :優しい名無しさん:2016/08/13(土) 05:54:28.77 ID:JbWROGuF
お前たちそれでも本当に侍の国の民の末裔なのか
もののふたるもの死は常に覚悟すべし
この薄ら汚い百姓どもが 土民どもが

526 :優しい名無しさん:2016/08/13(土) 09:42:46.58 ID:g9HoJrN8
江戸時代の武士の人口比率は3〜5%程度。

日本人の大多数は農民の子孫です。

527 :優しい名無しさん:2016/08/13(土) 21:33:31.36 ID:L0sqjxgC
自分の意識が無くなっても存在し続ける世界があるとか怖すぎる

528 :優しい名無しさん:2016/08/13(土) 21:59:37.44 ID:HmhCrTLw
人間原理じゃないけど、この世界が存在してるのは自分が生きてそれを認識しているからで、
自分の意識がなくなれば、世界は存在しないのと同じだと考えるようにしてみてはどうだろう。
そういう意味では、人間は一人一人が神なのだ。

529 :優しい名無しさん:2016/08/13(土) 22:55:37.89 ID:SDRqrmpi
なんて孤独な神なんだ

530 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 01:11:10.99 ID:fzxzxZPF
今体験してるのはVRやで
死んだ瞬間に目覚めて「とある時代のとある生物の追体験ツアーは如何でしたでしょうか?またのご利用お待ちしております。」
ってナレーターの声が聞こえて目覚めるんやで。
そんでそれを永遠の回数繰り返すんやで。

531 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 01:26:33.38 ID:gwT0ZoZ/
そう考える人はまじで増えると思う

532 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 02:10:53.06 ID:CfXJgF0b
>>530
それは次の人生のどっからはじめるんや?

533 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 03:13:50.16 ID:fzxzxZPF
>>532
意識と自我の芽生えた瞬間からスタートやで

534 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 03:50:57.87 ID:h3e27ooL
>>530
映画とか創作物の見すぎです
脳化社会の弊害やな
地に足ついて生きましょう
農業とかやったらタナトだいぶよくなると思うよ。みんなやらんけどね

535 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 06:08:57.07 ID:GV1zMklI
>>534
地に足つけてっていうのも大事やと思うけど、真面目な見も蓋もないこと考え込むよりも、こんなんやったらエエなみたいなの妄想した方がええやん。

536 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 06:28:43.63 ID:zWG5GOke
妄想に逃げられるならそもそもこのスレッドに書いていないし、
タナトフォビアにもなっていない。
ここに集まり書いている人達は、あの世を信じず、幽霊を疑い、生まれ変わりを否定し、
誰よりも死に対して向き合いすぎたからこそタナトフォビアになったのだから。

一般人のように死後の無に気付いても、それを忘れて生きる事が出来ない。
いつか必ず自分の身にも降りかかるからこそ、その事実と恐怖を
気にしないで生きていく事が出来ない。逆に言うならば、
妄想やオカルトで気を紛らわせるのなら、それはタナトではない。

537 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 06:37:59.60 ID:PMWDVcoW
>>536
百も承知やで。

538 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 10:21:49.34 ID:OI/vNNT8
死にたくないよ

539 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 14:55:20.58 ID:hX7V/3oU
>>522
恐怖もだけどこれを何とかしたい。
せっかく生きてるのに半分死んでいるみたいになる。

540 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 15:44:39.79 ID:jpKhtyNE
書いても仕方ないかもだけど、まぁ一つ。
東大出てハーバードで教授していた、俺が人生で会った中で一番頭良い人の言葉なんだけどね
俺があるとき、>>522みたいなこと言ったの

そしたら呆れたような顔して、
「どうして意味なんてやる前から分かるんですか。意味なんてものは自分の後ろにできるものです」

って言われたの。
その人も頭良すぎて、気も優しくて色々苦労してきた人だからこそこの言葉が胸に響いた

んで最後に会ったとき、「死んだほうがマシかと思ったことは何度もあったけれど、60越えた今は、生きてきて本当に良かったと思う」
って言ってた。綺麗事や嘘が嫌いな人だから本当にそうなんだと思う
こんなとこに書いてもきっと伝わらないだろうけど一応。

541 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 15:50:19.97 ID:jpKhtyNE
あと、直接自白はしなかったけど、その人もうつ気質でタナトっぽかった
飯食べに行っても、霞を食べて生きられたらいいのにとか言うし、
水槽で泳いでる魚介類が捌かれただけで悲しくなって店出るような人だから

542 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 17:15:15.48 ID:fzxzxZPF
どうせ100年後はワシ以外はみんな死んどるから全部どうでもええわ

543 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 17:58:30.45 ID:lmkY5IQ5
生死についての考察みたいなのは昔から沢山の人がしていてそれぞれ一理あるけど頭では解決しない。

544 :優しい名無しさん:2016/08/14(日) 18:20:55.42 ID:OI/vNNT8
全員が絶対に死ぬ事実怖すぎる
自分がいない世界怖すぎる
無怖すぎる

545 :優しい名無しさん:2016/08/15(月) 05:02:58.02 ID:FkI7FIlg
もう寝るで。

546 :優しい名無しさん:2016/08/15(月) 05:05:54.98 ID:9BN/+oJS
相手の為に一人になるのも怠いし組織的に抗争するのも怠い

547 :優しい名無しさん:2016/08/15(月) 12:50:25.04 ID:DwrBqWa4
食事もシャワーもオシャレも全てが無意味に思えてきた…

548 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 00:38:25.41 ID:UfDdS6rV
恐怖からくるパニック、でいろいろ考え込んでからの虚無感。

これはアカンよね。まずは恐怖心抑えたい。

549 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 00:44:59.06 ID:wSxpW3cz
パニ障とかもある意味生きたい意思強すぎみたいのはあるもんね

550 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 00:47:39.38 ID:wSxpW3cz
>>530
そうゆうイメージも確実にイデア界(?)にあるよね

551 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 00:51:22.03 ID:wSxpW3cz
>>544
そんな思いつめないで
あなたのいない世界 は私は知らない

552 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 00:51:45.29 ID:wSxpW3cz
は、私は知らない

553 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 21:11:27.77 ID:/bZPVELM
俺の場合死後の世界なんて言われてもどうも受け止められないのは
昔死の恐怖で何週間も眠れなくなった体験とその怖さが強烈過ぎたからかもしれない。
この世界は良く出来すぎているって言われる、物理法則的にね。
だから宇宙は無限に出来ているのだろうって話がある。
俺が死んだ後無限に宇宙が出来るとすると本当に怖い、無限の時間無になるってのは
一体何なのか。

554 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 22:12:52.38 ID:bvjus8/S
生まれる前に戻るってことだろうね。
俺達が生まれる前には137億年あったらしい。
人間の感覚なら無限みたいな長さだろう。
どう説明しても怖いけど。

555 :優しい名無しさん:2016/08/16(火) 22:58:44.26 ID:wSxpW3cz
>>553
あなた頭良さそう、
アインシュタインとか読んで見れば(;´Д`)

556 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 00:43:44.21 ID:VqRJR7Fd
>>553
それは無になることを観測してる自分がいることを想定してるから怖いんじゃないかな
無になれば、観測することもないから怯えることも苦しむこともない
まぁ、理屈じゃないよねこーいうのは

557 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 01:18:33.21 ID:JnGcTRqu
人生って長い気がするけど、実際にはとても短い期間なんだとわかってしまうと辛いな。
一生のうち睡眠や労働や余暇が何時間とか、残り時間はどれくらいとか、ああいうのは怖い。

558 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 04:46:32.00 ID:mZe3zwQf
ホンマに人生あっちゅう間やで。パニックっとる場合ちゃうねんけどな。

559 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 07:32:50.65 ID:7Vfo/rE7
>>421
太陽が滅んだ後どうすんの?

560 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 07:53:27.05 ID:7Vfo/rE7
無→有→無→?

561 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 13:12:58.51 ID:iV30A1uy
死は無になることだとしたら
死を恐れなくなることは可能なハズ。
だってマイナスじゃないんだから。

562 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 13:52:03.60 ID:l/8FrblH
生まれてしまうと、死の恐怖などの苛まれる事になる。簡単に自殺もできない。
生きている事が、これほど恐ろしい事だとは気が付かなかった。

563 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 13:53:23.97 ID:l/8FrblH
言っている事が何かおかしいのは認めます。
でも今の自分は、死も生も恐ろしい。

564 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 13:53:57.87 ID:l/8FrblH
生まれてしまうと、死の恐怖などに苛まれる事になる。簡単に自殺もできない。
生きている事が、これほど恐ろしい事だとは気が付かなかった。

565 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 13:54:26.92 ID:l/8FrblH
連投すみません。

566 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 14:20:46.76 ID:ojQA9tCR
>>564まぁ、多くの人がこれに気づくよね
そこからどう生きるか
ここから別れてくる
ただ、死に怯え死んだように生きるも一つ
何か意味を探して動いてみるも一つ
君ら次第

567 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 14:44:12.35 ID:Th3d/8kB
生きていると、どんな辛い目や、恐い目に遭うか解らない。
生きているって恐ろしい・・・

568 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 17:49:49.34 ID:zesOEWhl
死にたくないのに死にたいという意味不明な感情

569 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 18:32:49.73 ID:rA6xsSYh
子供の頃は、怪談や幽霊に本気で怯えて泣き叫んだ
夜中に布団の中で震えながら幽霊なんていない!いるはずがない!!と
念仏のように唱え続けて眠れないまま朝方になってた、という記憶もある

今思えばあれは大きな間違いだった、過去に戻れるなら子供の頃の自分に言ってやりたい
本当に恐ろしいのは、幽霊が「いない」事なんだぞ、と「いる」ほうが絶対に幸せなんだぞ、と…

570 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 19:39:27.64 ID:ahUgIjKZ
子供が朝方まで布団の中で起きてる?
ふーん あそう へー

571 :優しい名無しさん:2016/08/17(水) 21:08:06.83 ID:nacKng9i
え別に子供でもそれくらいはあるでしょ。

572 :優しい名無しさん:2016/08/18(木) 03:48:16.13 ID:pchJvLry
人身事故が多いけどわずか数秒で今いた人が消え去る
人生詰んだ末の究極の行為だろうけどなんだかなあ

573 :優しい名無しさん:2016/08/18(木) 16:39:30.85 ID:Hhq4Pktk
タナトフォビアじゃない人なんていないはず

574 :優しい名無しさん:2016/08/18(木) 16:55:27.85 ID:OJZcpkPD
この空虚感はどうにもならない、なんかスカスカ

575 :優しい名無しさん:2016/08/18(木) 23:17:07.96 ID:ZZr1TW1E
一日一回は必ず死ついて考えるんだけど発作とかは特になくても十分タナトだよね?

576 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 02:24:00.04 ID:6ukuX2mB
誰だっていつか死ぬんだよ ただそれだけのこと。

577 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 03:20:30.82 ID:37nx0u9s
存在って結局何なの?
なんでこの世界は在るの?
なんで俺が生まれる前から在って死んだあとも在るの?
もうやだ。意味わからない
宇宙って何なのよ?そもそも無から有が生まれるの?

578 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 03:34:51.31 ID:qYXwCpYx
>>577さぁねー人類の根本的な疑問だね
宇宙物理でも勉強したら、ちょっとは分かるようになるのかな
ある哲学者は無から有は生まれない
逆に、有から無になることもないと言ってた
それ故に人は死なないと
俺にはいまいち理解できなかったけど
その人は禅を好んでいた。もしかしたらそこにヒントがあるのかもしれない

579 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 05:58:45.62 ID:XyctSKx5
>>578
禅は自分も結構本は読んだが、自分の知っている人も、
「人は死なない」と言っていた。

ただ、自分が解らなのは、現実問題、過去から現在まで、実際たくさん人は死んでいる、
という現実があって。

そして、自分も、幼少期以前の生まれる前の記憶なども無いという事実もあって、
そんな中で、「人は死なない」とか言われても、全く納得出来なくて、
やっぱり死んだら、記憶が無くなって無になるんじゃないの?と思ってしまう。

しかし、禅をやっている人達が、みんな嘘を言っているとも思えなくて、
やっぱり、悟りを開くぐらい修行しないとダメなのかな?

580 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 06:03:15.77 ID:XyctSKx5
>>578
禅は自分も結構本は読んだが、自分の知っている、禅の修行を一通りやった人も、
「人は死なない」と言っていた。

ただ、自分が解らなのは、現実問題、過去から現在まで、実際たくさん人は死んでいる、
という現実があって。

そして、自分も、幼少期以前の生まれる前の記憶なども無いという事実もあって、
そんな中で、「人は死なない」とか言われても、全く納得出来なくて、
やっぱり死んだら、記憶が無くなって無になるんじゃないの?と思ってしまう。

しかし、禅をやっている人達が、みんな嘘を言っているとも思えなくて、
やっぱり、悟りを開くぐらい修行しないとダメなのかな?

581 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 06:08:47.83 ID:XyctSKx5
自分は、「死ぬ」という事は、今持っている記憶が無くなる事だと思っている。

「自分」というものは、今持っている、これまでの記憶によって担保されているものであって、
死んで記憶が無くなれば、「自分」も消えて無くなるんだと思っている。

しかし、禅者の多くが、「人は死なない」と言うのは、何故だろうか?

582 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 06:11:07.20 ID:XyctSKx5
自分は、「死ぬ」という事は、今持っている記憶が無くなる事だと思っている。

「自分」というものは、今持っている、これまでの記憶によって担保されているものであって、
死んで記憶が無くなれば、「自分」も消えて無くなるんだと思っている。

しかし、禅者の多くが、「人は死なない」と言うのは、何故だろうか?
自分には、それが解らない。

583 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 06:11:28.49 ID:XyctSKx5
連投すみません。

584 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 07:22:58.75 ID:/szQ0Ofq
親が死んでいなくなるのも怖い…

585 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 10:35:17.77 ID:hFtJR8J7
その、人は死なないと言っている禅者のブログなんだけど、この部分なんだ。
中段に、「人は死にません」と書いてある。


禅友に贈る書
コメント76
http://blogs.yahoo.co.jp/karupapa21sei/68152832.html

586 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 10:38:08.35 ID:hFtJR8J7
でも実際、過去から現在にかけて、たくさん人が死んでいる訳で、
そんな事言われても、訳が解らなくなる。

ちなみにID変わってるけど、自分は、ID:XyctSKx5です。

587 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 10:54:05.55 ID:hFtJR8J7
しつこいかもしれないけど、もうひとつ紹介させて。
原田祖岳という人が言った事をまとめたらしいんだけど。

仏教は何を説いているか
http://www7b.biglobe.ne.jp/~zuiun/104nanio.htm

中段少し上の、三、生命持続(せいめいじぞく)の項で、

人間だけではなく鳥獣虫魚にいたるまで、
いやしくも自我の意識がはたらくまでに発達した生命体は、
個々の生命体として無限に持続進展するものである、
というのが生命持続の意味である。

と、説いている。
しかし、その後を読んでいくと、

だから生命持続というのは、
業力相続ということであって、業力は不滅である。
私たちは自己の霊肉というものが存在しているように思っているけれども、
実はただ業力相続の上にあらわれている所の一種の幻影にすぎない。

とも書いてあって、また訳が解らなくなる。

588 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 11:17:04.74 ID:HujgKeFg
そういうのは「死の定義」の問題だろう。
大雑把に言えば脳死は死か?と同じようなことで。

589 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 11:29:31.81 ID:hFtJR8J7
>>588
なるほど、定義の問題か。確かに、どこまでが「生」で、どこからが「死」なのかは、
人間が勝手に決めてる事だからね。

余談だけど、飽くまで自分の場合はだけど、自分は脳死は、自分の死と扱っても良いと思う。
記憶や人格が無くなったら、それはもはや自分ではないと思う。

590 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 12:09:38.96 ID:uB1P3Y/S
いや、脳死は本当に人の「死」なんだろうか?
また解らなくなってきたな。

591 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 12:12:34.16 ID:uB1P3Y/S
いや、脳死は本当に人の「死」なんだろうか?
また解らなくなってきたな。

592 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 12:12:48.58 ID:uB1P3Y/S
すみません。

593 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 12:44:08.75 ID:uB1P3Y/S
いや、脳死は本当に人の「死」なんだろうか?
また解らなくなってきたな。

594 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 14:13:26.80 ID:6ukuX2mB
数年先にその時が来るよ

595 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 15:10:13.45 ID:T6Cif2LP
>>589連投やめてくれ笑

死の定義で思い出したや
俺らタナト(まぁ一般人も)が恐れてるのは自我の喪失なんだよね当たり前だけど

で、自と他を区別してるのは脳の機能なんだ。
ある脳科学者が脳に障害を負って、その機能が損傷してしまった
すると彼女は自分が溶けて世界と一つになるような感覚を何度も体験したらしい
不思議と恍惚感とともにね。

悟りに至った人は世界と一つになったとかよく言うよね、それに似てる

そういう発言から推測すると、元々世界は一つであって、自我は仮宿に過ぎないものなのかもしれない

それ故に人は死なないということになるのかもしれない

現代人は自我が発達し過ぎた故に、自我に執着してしまうようになったのだろうか?

しかし、どんな理屈を並べても自我は大臣だしこの私を喪失することは恐怖でしかないよね笑

596 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 15:11:26.23 ID:T6Cif2LP
ミス。自我は大事ね

597 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 15:15:31.37 ID:/szQ0Ofq
誰も皆100%死んでしまう事実って怖いよね

598 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 15:15:44.04 ID:T6Cif2LP
例えば「千の風になって」という曲があるよね
ネタみたいにされてるけど、「私のお墓の前で泣かないでください。そこに私はいません。千の風になって吹き渡っています」

これも先述の感覚と酷似してるように思う

ニーチェが思い悩んだ末にたどり着いた「自然に帰れ」もそうなんじゃないかと思う。彼も仏教を絶賛していたはず

長々とすまんが一応書き連ねておく

599 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 15:19:07.00 ID:jvIXTXqM
ラカンじゃね?

600 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 15:25:20.13 ID:T6Cif2LP
調べたら元はルソーだった。
最近は本も読まないからちょっと記憶があやふやになってるな
まぁ誰が言ったかはここでは大事なことではないから

601 :優しい名無しさん:2016/08/19(金) 16:57:55.51 ID:jKPgieff
大抵の人は死から逃れようとして足掻きいろいろ考え作り出すが、
死こそが究極の解決なのではなかろうか。

602 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 02:34:13.90 ID:6lpw/Bek
とにかく自我が消滅するのが恐ろしい
こうなると宗教信じるしか無くなる?
魂の存在の確証を得たいが科学の力ではどうにも…

603 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 13:30:28.53 ID:pkiyg0K3
>>595
その脳科学者って、ジル・ボルト・テイラーの事だよね?

604 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 14:42:04.54 ID:ziXEhUWK
世界は物質で溢れている。
人間も又物質の塊である。
人間と言う生命を成り立たせるには、化学物質を良い状態に保たなくちゃいけない
人間年を取るとそういう事が出来なくなる
そして最後は機能が停止し物質はバラバラになる。
これが全てだ、そもそも仏教は人間の死の恐怖が作り出し物だから
安心させる為に嘘八百並べますわな。

605 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 16:52:59.76 ID:AKjRew6u
本来の仏教なんて今では知ることは出来ないけれども、輪廻は分解されて再構成的なものだからむしろ現代風だよ。

606 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 17:44:16.41 ID:bqyceKTz
>>604
その考えはあまりにも軽薄すぎる
確かに、仏教は存在の不安を出発点にしたものである
しかし、そこからの過程は、少なくとも原始仏教は科学的かつ現実的
釈迦は死後の世界について言及しなかったし、悟るまでは如何に自分が救われるかそれしか考えていなかった
彼は宗教とかどうでもよかったんだよ
ただ、救われたかった
色々修行した結果たどり着いた理論、体系があまりにもよくできていたため、弟子に受け継がれ仏教という教えになり、そこから色んな解釈が生まれ宗教になったに過ぎない

607 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 17:44:41.94 ID:bqyceKTz
>>603
ごめん名前までは覚えてないや

608 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 17:58:20.71 ID:bqyceKTz
>>604君のような適当な物質主義者は今多いよね
まぁ気持ちは分かる。でも思考を放棄してはならない。考えてくれ

生命は分子のスープから偶然産まれたという考えが現代科学の主流である
では、分子はどこから産まれたか
宇宙のできる前は何が存在していたか?
その前は?
物質主義によってそこを語ることはできなくないだろうか

実は「その前」「何が」と問うこと自体物質主義的だ
物質は時間と空間があって初めて存在することができる
我々人間の感じうる3次元、4次元的世界観が世界の全てと何故語ることができるのか?
そういった決め付けこそ印象論的で非科学的な決めつけに過ぎないのではないか?
科学は素晴らしいものだ。しかし、絶対ではない
科学の、人間の及ばぬ世界はまだまだ広がっているということに気づかねばならない

609 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 18:05:46.84 ID:ziXEhUWK
何が軽薄なのか分からない。
俺そんなに変な事書いたかな。
もしかして生物学とか進化論とか知らない人なの?

610 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 18:13:08.77 ID:bqyceKTz
君は科学を宗教してるに過ぎない
それは君の嫌いな新興宗教とやってることは変わらないんだよ

611 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 18:41:29.51 ID:bqyceKTz
すまない、攻撃的な言い方になってしまったことは謝る
みんな死ぬのが怖いそれは変わらないよね

612 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 19:33:27.48 ID:ziXEhUWK
>>611 
君が正しいと思うよ、誰でも苦痛が好きな人間はいないから
瞑想でもして死の恐怖を取り除きましょうって事だね。
後もう一つ聞きたい事があるけど、釈迦は確か輪廻に対しては若干肯定的だったよね
確か当時の六師外道とかからの教えを彼なりに纏めたんだろうね
でも今の時代進化論とか色々な事が分かる様になったから輪廻なんてあんまり信じ
られないと思うんだよ、そして死後の世界への想像ももっと広がりを持った物に
なってると思う、するとこの世で善を為しても死後の世界に反映されない可能性が
人々にはかなり高い様に感じられるんじゃ無かろうか?
そうするとこの世においては快楽のままに突き進む道が良く思われるんじゃ無いか
しら?そしてその広がりを持った死後の世界を前にしては人殺しさえも本人が
強くしたいと望むのなら別に良いって事にはならない?

613 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 19:42:27.48 ID:fLYeQ+kn
取り敢えず死を避ける方法か自我を存続させる方法を具体化したい、目的は「オレ」を失いたくないんだ

614 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 20:16:22.01 ID:8P+pCCH7
>>612俺も輪廻とかは信じられないよ正直
例え輪廻があったとしても、間違いなくこの平成を生きる日本人としての私は失われてしまうしね

この世の無価値感故の快楽主義てことだね?
本人が本当にそれで満たされるならいいんじゃない
所謂世間的に悪行を成してる人でも困らず生きてる人もいれば、善人でも酷い人生を送る人もいるそれは事実だ
自然災害、人災、病気
人の命なんて意味もなく簡単に消え去る

だから、君が生きたいように生きればいいと俺は思うよ
でも、人を殺して満たされることなんて絶対無いと思うけどね
様々な殺人事件が起こってるし、戦争で沢山殺人が行われてるけど、満たされている人は一人もいないと思うよ
サイコパスを含めてさえ

殺人は純粋な欲求からではなく、苦しみからの逃避としての行為と考える
自殺もそうだしね

例えば宅間守は死刑まで一回も反省することなく死んだ。
では彼にとって本当に幸せな行動だったか?

酒鬼薔薇にしても、最近の神奈川の障害者殺人もそう

彼らについて一様に共通してるのは、自分自身が見えてないということ
殺すことで満たされると勘違いしてるに過ぎないということ

酒鬼薔は確か「絶えられない存在の透明さ」みたいなことを言っていた
本当に透明(無)なら耐えられない苦痛なんて存在しない
耐えがたい苦痛があるのにも関わらず、見えてない、若しくは見ようとしないからこんな矛盾した言葉が出てくる

最初の話に戻そう
「この世は無価値だからやりたいようにやってもいいじゃん」
この世の無価値感が苦しみの根源であるのに、やりたいようにやったところで苦しみの根源は消え去らない

615 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 20:24:03.30 ID:8P+pCCH7
それが分かってるからタナトフォビアの多くは無気力になる

616 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 20:30:21.24 ID:8P+pCCH7
そしてそれを超えた人間を超人若しくは覚者と呼ぶそうだ。
タナトにかからない人を超人とは言わない
ただの無知だ
タナトを経験し乗り越えて行く人こそニーチェの言う超人ではなかろうか

617 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 20:59:12.53 ID:ziXEhUWK
そいえば善悪で思い出したけど、
例えばある聖人がいてその人は世の中に対して一見良い事をして
とても皆から愛されて死んでいった。
そして時代が下り、どうし様も無い悪人がその聖人の本を読んで憎しみにかられて
人々を何等かの方法で殺して殺して殺しまくった
すると果たして聖人の行いは良い行いだったのだろうか?
それとも悪い行いだったのだろうか?
私がもし良いと言われる行いをした世界全体と私が良い行いをしなかった世界全体
を先の未来迄含めて知る事が出来ないのにどうしてその行いが善や悪と言えるのか?

618 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 20:59:57.91 ID:KOr8oYpZ
正しい生活は正しい日本語から

619 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 21:14:25.28 ID:AKjRew6u
輪廻はそのまま生まれ変わるわけじゃあない。
エネルギー保存則みたいなもの。

620 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 21:41:04.46 ID:y6U2vqYL
とにかく死んだら終わり

621 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 21:41:27.79 ID:ziXEhUWK
>>614 君は自分が言ってる事が正しいって思うの?
そもそも人間が生まれてから本当に知っている事は
自分の頭の中で記憶していた事を思い出したり
イメージが思い浮かんだりと言った事なのに
一回も会ってもいない宅間守や酒鬼薔薇の事迄よく分かるね。
更にいえば心理学の知識があって何かを言っているのかもしれないけど
その心理学だって正しいって根拠は無いからね。

622 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 21:50:08.00 ID:USzzQ9yT
小麦は「毒」?: 小麦のグルテンがあなたの健康をむしばんでいる
http://www.amazon.co.jp/dp/B00UJRGK4Y/

「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事
http://www.amazon.co.jp//dp/4837957552

小麦は食べるな!
http://www.amazon.co.jp//dp/4537260335

ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット
http://www.amazon.co.jp//dp/4087604330

小麦に含まれてるグルテンは脳を炎症させます。→精神病、ウツ病の原因に。
O型とB型は小麦を食べると腸に血が集まりアレルギーのようになり吸収が遅くなりタンパク質を脂肪として吸収してしまうため太ります。
炭水化物(小麦、米)=砂糖
小麦はドクです。


日光や光を浴びるとウツ病が治り体も健康になります。
波長が660nmの赤い光を浴びると体の痛みが和らぎます。
光を浴びてビタミンDを作らないと健康になれないです。
https://www.amazon.co.jp//dp/B00BAOC8LY/


統合失調症は砂糖(米、小麦などの炭水化物)を食べない(量を少なくする)、光に当たる、でかなり治ります。

623 :優しい名無しさん:2016/08/20(土) 23:11:01.28 ID:8P+pCCH7
>>621君は善悪や正誤に拘るね
まぁ普通なんだけど笑

俺の思うところ書いたけど、正直善悪や正誤なんてどうでもよい
生きるのが辛く、死ぬのが怖い
救われたい
それにつきる
そこまで来て初めて仏教やら、犯罪者の気持ちが何となく分かるようにはなってきた気はするが、君の言うように間違いかもしれない
そんなことは俺にとってあまり大事なことではない

624 :優しい名無しさん:2016/08/21(日) 10:46:59.12 ID:CCxT9iy+
永遠と無常を意識していない状態の方が、幸せを感じたりまたは落ち着けるような気がする。
永遠を意識すると、最終的に気が遠くなるし、受け入れられない。
無常を意識すると、最終的にいつか物や事は終わるっていう意味で死の恐怖に結びつく。
あるがままに物事を楽しめてる、受け入れられてる状態がいいんじゃないのかな。
難しいけれど。

625 :優しい名無しさん:2016/08/21(日) 16:20:52.21 ID:QjTllvUj
人間の一生は花火
刹那に咲いて消え行く光を美しいと感じる人もあれば、
寂しさや虚しさを見いだす人もある
そこに正誤なんてない
君が見たように世界は色付く
それだけのこと

626 :優しい名無しさん:2016/08/21(日) 16:58:08.23 ID:BaO4WCib
キューブラー・ロスという有名な死の研究者は知ってますか? 
「死の瞬間」などの執筆で知られる彼女は、死後の生や輪廻転生に肯定的でした。 
彼女の著書や講演に勇気付けられ、自らの死を克服した人は数多くいます。 
しかし、今や亡き者となってしまった彼女が、 
死の数ヶ月前に辿りついた結論は、世に余り知られていません。 
それが余りに恐ろしいものであったため、親族が口を噤んでしまったからです。 
彼女が辿りついた結論とは、「死後の生はなく、死後の無もない」というものでした。 
つまり、人間は「死ぬ瞬間の光景、感情、痛みを感じながら、そこで時間が停止する」 
状態になるのだそうです。 
時間が停止するので、意識を失うことはありません。無にはなれません。 
大抵の人が死の瞬間は苦しみます。 
死ぬ瞬間のその苦しみを永久に感じ続けるのです。 
生前自分の死を受け入れていた彼女も、 
この結論に辿りついて以来、気が狂ったように叫び、 
その瞬間が来るのを恐れ続けたといいます。 

627 :優しい名無しさん:2016/08/21(日) 17:19:46.38 ID:QjTllvUj
>>626
エリザベスはしってるけど、その意識が無くならず時間が停止するって根拠はどこにあるの笑
全く科学的でもないし、スピリチュアル的ですらない
彼女ほど聡明ならそこに至った経緯を書けるはずだ
老いによって認知機能が障害してたのなら話は別だが

628 :優しい名無しさん:2016/08/21(日) 19:53:37.55 ID:LjwWqKkN
瀕死の人ですら意識失うんだから
死んだら無だろ

629 :優しい名無しさん:2016/08/21(日) 19:58:42.50 ID:LjwWqKkN
>>626
それにこれ、本当の話なの?何か嘘くさい気が。
どっちみちお前は相当性格悪いっていうイメージだが

630 :優しい名無しさん:2016/08/22(月) 00:30:57.50 ID:Z2hWfT7R
魔の時間帯だよな大体これから寝るまでがイヤ−な感じ

631 :優しい名無しさん:2016/08/22(月) 00:39:05.20 ID:9sR0yyxR
>>629
ソースも出さないし、ただの嫌がらせだろうね
全く現実味のない話だし
ほんと根性腐ってる

632 :優しい名無しさん:2016/08/22(月) 08:03:34.81 ID:t08syjOf
まあ、「永久に続く」と言うと語弊があるが、死ぬ瞬間には「永久に近く」感じるほど主観時間が大幅に延びてしまう可能性は否定できないかも…
                    


88 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/02/02(月) 09:38:37.11 ID:HieEdm/U0202.net
   死にそうな時って時間がスローになるっていうけれど、あれは脳が通常より高性能になって普段は100枚のコマを200枚として処理してるわけだ

   で死ぬ瞬間ってのはさらに脳はオーバーフローして極限まで時間を分割しようとして処理枚数をどんどんあげてくと感覚的には無限に近い時間を感じるよね

   っていつも思ってる


92 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/02/02(月) 09:43:15.84 ID:ESs3QLT10202.net
   客観的にみたら一瞬のようなことでも本人の時間的感覚が何倍にも引き伸ばされる瞬間は普通に生きててもあるな

633 :優しい名無しさん:2016/08/22(月) 09:10:06.47 ID:ojWALpRA
それと永遠は全く違う
不安にとりつかれてる自覚ある?

634 :優しい名無しさん:2016/08/22(月) 14:40:54.47 ID:hGWLHPqG
今は完全に克服した18なんだけど小3くらいの時完全にこれでした
慢性的の方だと思います

幼少時にこれになる人って心理的にどういう特徴があるんでしょう

635 :優しい名無しさん:2016/08/22(月) 20:30:36.68 ID:Z2hWfT7R
>>634
克服の方法を是非教えて下さい、お願いします

636 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 08:01:15.47 ID:5mtnaluJ
ただの妄想、ifの話で申し訳ないけど
みんなはもしあの世やら生まれ変わりやらが本当に存在したら
タナトフォビアにならなかったと思う?幸せに生きていけたと思う?

俺はたぶん駄目だと思う、生まれ変わりが証明されたとしても
今の記憶を持ってる今の俺は消滅するのと変わりないから意味ないし、
天国とか地獄があるとしても、俺は地獄に行く方ばかり想像してしまう
どこの国の神話でも地獄ってさ、何万何億何兆年も体を焼かれるとか切り刻まれるような
見ただけで身が震えるような時間責められるんだよね
その数字想像するだけで気が狂いそうになる…5億年ボタンとか大嫌い

それに幽霊でも何でもさ、無限に意識を持ち続けられるとしても、
地球はいつか太陽に飲みこまれて消滅してしまうんだよ
それでも生き続けられるとしても回りは暗黒の宇宙だぞ?
俺嫌だよ、ジョジョのカーズみたいに生きながら考えるのやめるなんて…

637 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 08:39:40.86 ID:Mdwkbp3d
タナトフォビアって暇になると思い出しちゃうだろ?
俺はニートになった時に否が応でも暇な時間が生まれてしまってそこで考え続けた結果克服できた

638 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 10:07:44.14 ID:n8ipDe6b
>>636
自分は地獄に行くに違いない…
そう思っているあなたも念仏することで死後は極楽浄土に往生できます。
阿弥陀仏を心から信じましょう、そうすれば阿弥陀仏のおはからいで自然と南無阿弥陀と念ずるようになります。

『仏説阿弥陀経』(現代語訳)
http://mjj.or.jp/amidakyou/amidakyou2
極楽浄土がどんな世界か記載されています。

639 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 10:50:18.18 ID:z/89jrI3
>>638こういうのは死の恐怖をまぎらわすための創作にしかおもえんのよ

640 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 15:01:27.08 ID:7u796GDz
まだ途中までしか読んでないけど気になったので貼っとく。
http://www.mumyouan.com/e/eo-i.html

641 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 16:08:14.02 ID:lzGLzemH
やがて来る死の存在に目を背け過ごすけど残念ですが僕が生きていることに意味は無い

642 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 17:25:42.98 ID:ydNNtphF
面白き事もなき世を面白く すみなすものは心なりけり それでもスカスカ

643 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 19:48:57.43 ID:9QrUHWKz
>>636
本当にねぇ
なんで岩や気体みたいな無機物から意識と自我をもった人間が出来たんだろうね

俺は生まれて気づいたら自分という自我があった。つまりはいつからこの世にいるか分かって無いし多くの人が自我の覚醒の瞬間なんて分かってないだろうと思う
俺は死後については今の俺が死んだ瞬間に違う自我としてまた生まれるんだろうと思っている
勿論それは今の自分とは何の関係も無い存在としてだから生まれ変わりとは言えない

644 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 19:55:15.09 ID:jA0SYLlh
この世は地獄で誰もが罪を背負って生まれたから苦しむという説で辻褄は合うよ。

645 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 20:06:49.60 ID:9QrUHWKz
生老病死は逃げられない苦で因果によりずっとそれは繰り返し続く。
例え生まれ変わりたくないと思っても無理で生老病死の輪廻はずっと続く。
この苦の輪廻から外れる事を解脱という。
生も苦と考える仏教のいうことは共感出来る部分があるがなぜそんな苦を与えられているかの説明が無い。
キリスト教は原罪という説明をしてくれるがおとぎ話過ぎてピンと来ない。

困ったもんだ、、、

646 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 20:19:13.31 ID:xqaMQ5vS
風呂で目を瞑りながらシャワーを浴びると毎度死の恐怖が襲ってくる
水難に遭ったことないのにそうなるから本当に意味が分からない
前世は水回り関係で死んだのかなとか思ってもそんな記憶あるわけないし

647 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 20:22:15.98 ID:9QrUHWKz
脳の記憶野も確認されてるから前世の記憶とかはないやろなぁ
母親のお腹の中にいたときになんかあったのかもしれん

648 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 20:26:30.78 ID:jA0SYLlh
その「なぜ」の説明は人間に理解出来ない理由ならあってもなくても同じだけどね。
この世あるいは宇宙の仕組みが人間に理解可能というのは無理がある。

649 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 20:40:31.34 ID:lzGLzemH
とにかく笑えれば
最期に笑えれば

650 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 21:19:39.15 ID:xqaMQ5vS
お腹の中というより、産まれてすぐ肺炎か何かで生死の境を彷徨ったらしい
その時に死んでたら楽だったのかなと昔は思ったけど、
死んで途方もない時間を無の中で過ごす(?)よりも、
何かがある今を楽しんだ方が良いのかもしれないとも感じている

でも死ぬのは怖い

651 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 21:50:58.15 ID:Lpu+eRg1
>>632
辛く苦しい目に遭って、ひたすら「早く終わってくれ」と願っている最中は、時間の流れが物凄く遅く感じるよね。

断末魔の苦しみがあるとしたら、傍から見れば1〜2分の苦痛でも、主観的には1時間くらい苦しみ続けるように感じる
…ということはあり得るかも知れないね。

でも、実際の死の間際には脳内麻薬が分泌されて、その苦しみを打ち消してくれる…と信じたいところだが、
須原一秀さんなかは色々研究した結果、「自然死は苦しい」という結論に達して自死を選んだんだよね…

652 :優しい名無しさん:2016/08/23(火) 23:31:44.00 ID:ydNNtphF
焦燥感がトマラナーイが止まんねー

653 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 08:10:35.39 ID:MIu0KDRB
みんな死ぬんやで。安心しなされ

654 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 15:23:51.67 ID:WyA51ht8
>>621
そんなこと言われたら2ちゃんにカキコできないわな

655 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 17:14:49.17 ID:e37E2VX5
不老不死の人生を考えると適当なところで死ぬのはいいことだとわかるが、それでも怖いというのが…

656 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 19:21:29.23 ID:KhPZK/Rr
どうせ100年後はみんないないんだから全部どうでもいいのです

657 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 20:41:42.37 ID:9uXzHXkW
今日自分自身が狂っているのを理解した 世の中とは異次元にいるのはある意味死んでる状態

658 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 21:25:00.35 ID:2CxZ3dcQ
死ぬこと以前に生きるのが怖い。
ほんとに何なんだ、この世界は…いくつになっても馴染めない

659 :優しい名無しさん:2016/08/24(水) 23:19:50.92 ID:MIu0KDRB
発作が無かったらタナトじゃないのかな

660 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 00:02:55.06 ID:4hCv3Szy
寝るときの意識失う瞬間が怖い

661 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 01:36:36.29 ID:BIWpDJxm
>>1>>660

騙されたと思って1〜4読むといい↓
http://yukosait.blog21.fc2.com/blog-entry-71.html

662 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 02:11:27.04 ID:Jnj9d1rG
>>661
スピとか信じられないんだけど、こういう科学では全く説明の出来ない例がけっこうあるんだよねぇ
医者はどう考えるんだろうか

663 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 02:19:18.12 ID:BIWpDJxm
>>662
俺もスピの99%は怪しいと思うけど上に貼った人の体験談と、あと名前忘れたけどTEDで講義した女性脳科学者の体験談はかなり信用度高いと思う。

664 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 02:24:22.66 ID:wJ1ESejN
例えば上座仏教を例にとると、ブッダは死後の世界のことについて、死後の世界があろうがなかろうが善行を積むことが死の恐怖を和らげてくれるということを説いている
死後の世界があるかどうか、実際に死んでみないと分からないが、あった場合は極楽に行けるし、なかった場合でも生きている間幸せになれるから、取るに足らない問題だと
問題にならない問題と言われてるらしい

665 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 07:54:55.81 ID:1ZGm7vuV
パスカルの賭けと同じような感じか。
それは特定の宗教の教義に沿って善悪の判断をして生きることが前提になるからなあ…

666 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 09:47:49.29 ID:+X6QGmxh
狂っている自分を隠しつつ日常の生活を送る 一生懸命隠してるつもりでも他人の目には何かヤバい樣に見えてるのが解る それがウザい

667 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 12:49:31.55 ID:nUhixupe
誰だって時期がくれば死ぬんだよ
くだらない事に何ビビッてんの

668 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 14:18:16.13 ID:LYjPwHw8
年を重ねれば恐怖なんてなくなるかもね

669 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 16:13:18.28 ID:ouKpZtX5
>>667君もいつかわかるよ
今はそれでいい
>>668そうとも限らない

670 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 21:38:17.10 ID:T0vdOUp7
>>668

年を重ねるほど恐怖は増す
目は曇り足は竦むものだよ

671 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 22:02:28.76 ID:adisIxYR
[総合]
2016年8月25日(木) 午後10:00〜午後10:25(25分)

終末期医療の現場で活動を広げる「臨床宗教師」。
本職の僧侶や牧師が、死にゆく患者の話に親身に耳を傾け、
安らかな死へと導く。
医療と宗教を融合する取り組みの現場に密着出演者ほか

【ゲスト】大津秀一,壇蜜,【キャスター】松村正代

672 :優しい名無しさん:2016/08/25(木) 23:07:14.84 ID:+X6QGmxh
静かにカウントダウンが進んでいる それが苦しい

673 :優しい名無しさん:2016/08/26(金) 08:08:10.40 ID:U55pWWTi
病院行って薬処方してもらった方がいいのかな

674 :優しい名無しさん:2016/08/26(金) 11:04:00.44 ID:UTbDQVpW
科学も宗教もタナトフォビアを解決する事は一切できない。
我々のやる事なす事なんかに喜びや悲しみがあっても、それは何の意味も持たない。
何の必要性も持たない。意味なんてないんだから。絶対に。
家族も友達もいない自分の事を想像し、同時にずっと死後の無を想像しなさい。

675 :優しい名無しさん:2016/08/26(金) 12:08:11.32 ID:JMbpWR0Q
般若心経の一説ですな 受け止める心が正常じゃないと何を言われてもカラカラ

676 :優しい名無しさん:2016/08/26(金) 19:13:17.16 ID:U55pWWTi
寝てる時だけ忘れらられて幸せだわ

677 :優しい名無しさん:2016/08/26(金) 21:01:30.25 ID:Xj0W6OJE
>>673
発作があまりにも酷いんやったら、クスリでもなんでも試してみたら?
それで少しでも楽になるんやったらええやんか。恐怖からの発作、パニックは俺も理解できるしなあ。
それさえ軽くなってくれたらって思うやんか。

678 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 01:07:55.96 ID:pndvhBQu
自殺を試した回数は2回(首吊り)。
何回ぐらい未遂するものなのだろうか?
もっとも、動機は「未知の死が怖いあまりに死を選ぶ」ではなく、心身の静養の失敗が原因であるが。

679 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 05:02:47.24 ID:0iTGrNI/
>>675
そういうことだね
タナトの人は死にとりつかれて正気を失っている
>>674みたいに死にとりつかれてることにも気づかずに、自分の出した答えが絶対だと勘違いしている。無明

680 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 09:31:24.95 ID:vtT5IEZo
普通レベルなら恐怖症じゃあないから当たり前だけどね。

681 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 09:34:23.74 ID:p8PFR0gB
結局考えても分からない、でええのんちゃう?
大体タナトフォビアって思考が嫌でも自動的に動き出すから、感情に悪影響を及ぼしてると思うのよ

682 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 16:17:51.43 ID:2lGybCCA
親が死んだら立ち直れんわ…

683 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 16:47:01.80 ID:UW9tuhYv
死ぬことより死に怯えてる今が嫌なんだって気づくと
タナトの問題と現実の問題を切り離して考えられるから生活はできるようになる

684 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 17:40:40.95 ID:VKJgqqLX
タナトフォビアの人って人生を短期的に見過ぎな気がする。
2年後の生活と今の生活がどうかなのも分からないのに、とりあえずそんな事考えても仕方ないようにする事かな。
でも明日死んでるんじゃないかと考えるとまた恐怖は増すかもしれないのでなんとか根性で抑えろ

685 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 20:01:27.56 ID:6R3kFmh5
この空虚な心と重たいカラダをどうにか引きずって生きて来たが何も残せそうに無い 全て幻

686 :優しい名無しさん:2016/08/27(土) 22:27:17.27 ID:SjgJitan
露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢

687 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 12:19:28.57 ID:BZGCYHO/
酒飲んでオナニーしたら落ち着いたわ

688 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 14:02:53.63 ID:TiAWugFS
臨死体験のある科学者「死んだら無、死後の世界はない」
NEWS ポストセブン 8月28日 7時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160828-00000010-pseven-life

689 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 15:42:19.52 ID:r+Hf6z5/
死んでも生きた証は残る

690 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 15:56:42.50 ID:fOv3ARi+
>>688

うーん、編集者もなぜこのタイミングで死後の世界について聞くのか謎なんだよな。

ただ、とある科学者に死後の世界はありますか?とその人個人としての見解を聞いただけな気がする。
少なくとも死の恐怖から虚無感で辛くなってい
る人には効果的ではない話題だと思う

691 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 16:22:56.43 ID:/wk15cBq
>>688レベル低すぎないか
全然科学的じゃない
この人の個人的見解にすぎない
神はいますと同じくらい信憑性ないんだけど
立命館レベルの教授ならこの程度か

692 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 18:11:04.63 ID:X/9fWZya
あるかどうかは分からないと割り切って、今に重きを置いて生きたほうが俺は健全だと思う

693 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 18:28:54.19 ID:v2Shqt7L
日本の女はレベル低すぎないか

694 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 18:45:06.97 ID:SIUshGPC
>>692
自分や親しい人の死が現実味を帯びるとそうは行かないんだよね。

695 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 20:13:40.37 ID:RODx69rH
>>688
>自らも臨死体験がある立命館大学名誉教授の安斎育郎氏は「科学者の立場」という前提でこう話す。
>死んだら無に帰す。残念ながら、死後の世界はない。でも、それを思い描くのは人間の自由です。

安斎育郎のwiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%96%8E%E8%82%B2%E9%83%8E

>安斎自身は「世の中にはまだ科学でもわからない事がたくさんあり、急いで決めずに調べていけばよい」
>「科学のなすべき役割と宗教の役割は別。それぞれにそれぞれの持分がある(ただ、お互いに侵してはいけない領域もある)」
>という柔軟な姿勢をとっている。著書の中では、「自分は科学で全てが解決できると考えるほど頑迷な人物ではない」と自身を評している


>死んだら無に帰す。残念ながら、死後の世界はない。

>世の中にはまだ科学でもわからない事がたくさんあり
>科学で全てが解決できると考えるほど頑迷な人物ではない

この人言ってる事矛盾してない?死んだら無と決め付けている時点で
科学で全て解決できると思い込んでいる科学教の科学信者じゃん

696 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 21:19:38.63 ID:X/9fWZya
>>695
なんかウソ入ってそうだよね
編集者の捏造?

697 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 21:22:53.80 ID:/wk15cBq
>>695
まぁあんま頭よくないよね
死語の世界がないという決めつけ自体根拠ないのに

東大医学部出た医者、矢作だったかな?
は死語の世界を肯定しスピリチュアルに傾倒している

これも科学的根拠はないし眉唾だけど、文字で遊んでる学者とちがって、現実的に山ほどの患者の生死と向き合ってる医者の方が信頼はできる

698 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 22:10:06.12 ID:XadZOz0Z
>>697

>>94,>>95参照。

残年ながら矢作氏は、患者の死、そして、相次いだ肉親の死…という現実と向き合うことに耐え切れず、
自らが“信じたかった”ファンタジーの中に逃げ込んでしまった人。

そして、霊や死後の世界を信じるようになったきっかけも、コールドリーディングを使って交霊したように見せかける
自称“霊媒師”にコロっと騙されたことによる。
科学知識や論理的思考力に欠ける人々が、霊媒師に“言い当てられた”ことに驚いて安易に霊の存在を信じてしまう経緯と
なんら変わらない。

699 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 22:16:18.05 ID:X/9fWZya
やっぱり考えても仕方のないものは仕方ないよ、それを基本にしていかないとやっていけんよ。

700 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 22:17:12.91 ID:/wk15cBq
>>698なるほど、確かに少しがっかりではあるな
この記事書いてる記者も攻撃的で感心できたものではないけどもね

701 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 22:20:33.64 ID:/wk15cBq
俺は勿論こういうスピリチュアルなものを信じるわけではないけど、この記者もそうだけど、スピリチュアルや心霊というものを聞いたとたん毛嫌いして真っ直ぐに見つめて見るということが出来ない人が多い

死語の世界肯定派にしても否定派にしても、頷ける記事や書物がないのが残念でならない

702 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 22:21:25.10 ID:/wk15cBq
なにか良いものを知ってたら教えてほしい

703 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 22:31:42.99 ID:X/9fWZya
やっぱりこういう話題は良い話題と悪い話題が出てくるからね、生きていく上でそういう事にぶつかっていくのだろうとは思う。
だけど安斎育郎先生が科学にはわからない事があると割り切っているのに、死んだら無になるという旨の発言をしたらそれは残念な気がする。基本は不可知論者の俺にとっては。

704 :優しい名無しさん:2016/08/28(日) 23:10:47.07 ID:1jZluGXm
オレは「オレ」を失いたくない オレの感覚がオレの全て

705 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 01:42:53.52 ID:oQvCq1XI
確かに色々な現象を見ていれば、死語の世界なんて死の恐怖を軽減するためのおとぎ話に思える
しかし、これも単なる推測でしかなくて、科学的な根拠はないし、科学的に解明することは不可能
科学は客観的に観測できるものしか解明できない
臨死体験や幽体離脱を脳のイタズラと言うことは可能だが、それが真実かは誰にもわからない

706 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 07:18:18.13 ID:4kEdN+1G
矢作氏は最初、ついに死後の世界を医者が肯定したか〜と思って期待したんだけど、
最近、どんどん怪しくなってきたな・・

某スピリチュアルカウンセラーもそうだけど、スピに覚醒するきっかけとして
やはり「肉親の死&霊視体験」が大きいよね。
肉親が死んで、とてつもない不条理を感じて苦しんでいた時に、
たまたま受けた霊視があたったら、傾倒してしまう人は多いだろうな。

我々タナトに死後の世界を信じさせてくれるような霊能者は、いないもんだろうか。

707 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 08:24:27.48 ID:Tzt4p7dv
あの世があっても延長戦にしかならないし、
無限だとしても地獄なら悲惨なだけ。
無限でなおかつ安楽な世界って"無"なんだよね。

708 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 09:01:44.65 ID:FFwS5J+f
やっぱり今、この瞬間に重きを置くべきだと思うよ。死後どうなるかは考えても仕方ないし

709 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 09:06:38.18 ID:FFwS5J+f
>>706
霊能者はあてにならないよ

710 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 10:34:22.09 ID:LJZFg2Kn
>>708
皆わかっとるんやで。たぶん。
けど、怖ーて怖ーて、気になってしゃーないんやで。

711 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 11:08:38.56 ID:YML2tU2y
ちなみに、上の方に貼ってあった、末期がんが治った話だけど、
その人に限らず、がんが奇跡的に自然退縮する例はいくつも報告されている。
その多くが、原因不明の高熱を数日間出した後なんだそうだ。がん細胞は、熱に弱いから。

どんなに奇跡的な現象でも、本当に科学的に説明できないものは意外に少ない。
本当にあの世とか神があるなら、もっと大々的にアピールしてくれればいいのに、何でこんなに消極的なんだろ。
正しい知識があるというなら広めたほうが、宗教戦争とかテロとかも減るはずじゃないか?

ということをつらつら考えるほど、結局、万物に意味なんてないのだという結論にたどり着くのだった。

712 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 11:34:30.78 ID:Tzt4p7dv
>>711
上位の存在がいても人間に説明する必要を感じなければ説明はされないし、されても理不尽な理由なら救いはない。
牛に人間に食べられる意味があるんだと説いても牛には何の足しにもならない。

713 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 14:17:35.69 ID:+apwUvPe
どんなに無駄な抵抗をしようが確実に死ぬという怖すぎる事実

714 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 14:48:17.95 ID:v37WzoiK
>>711
プラセボでも病気は治る例はあるから癌はそういう力が働いたとして、その末期癌の女性が危篤の時病室の外にいた医師の会話や
家から出る夫の行動を見聞きしていて回復した後その内容が合致したことについてはどう説明する?

715 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 15:17:03.44 ID:OIDvuflP
>>711いやいやまだ科学的に説明出来ないことは多いよ
無知を恥じよ

716 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 18:31:10.41 ID:FFwS5J+f
死ーーん

717 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 20:11:08.64 ID:/L4qufcc
今日「オレ」はまだ生きてる カラーの世界

718 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 21:56:43.95 ID:tL1TWwH/
俺も怖いけど、99で逝った曾婆ちゃんは笑って死んでいった。
「100までもう少しだったなぁ」って言って。
俺も年を経れば考え方が変わるのかな、とちょっと思ったな。

719 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 22:24:01.90 ID:sIqEK/E5
死ぬことそのものが怖いんじゃないんだ
無に期すことが怖い
存在とか宇宙のことが何もわからないまま
死んで無になることが何より恐ろしい

720 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 22:43:06.58 ID:Gts9fgpO
いつからこのゲームに参加しているのかわからない
いつまでこのゲームが続くのかわからない
どうすればこのゲームに勝ててどうすればこのゲームで負けるのかがわからない
そもそもこれが何のゲームかわからない

721 :優しい名無しさん:2016/08/29(月) 23:28:59.22 ID:OIDvuflP
>>718
人による
そういう人もいれば、怯えながら死ぬ人もいる
このままいけば俺は明らかに後者だ

722 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 03:17:36.53 ID:BeBLWBYl
>>720
意味も解らず生まれて
目的も解らず生きて
理由も解らず老いていって、
何も解らないまま死んでいく

アンパンマンのマーチより歌詞抜粋

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ
何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終わる そんなのは嫌だ

723 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 04:31:13.15 ID:++kPrdc4
そうだ嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも
あぁアンパンマン優しい君は
いけ皆の夢守るため

アンパンマンの夢は誰が守ってくれんだろうね
俺は優しくなくても悪人でもいいから自分が救われたいわ

724 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 12:23:02.76 ID:CKdOpEHH
発作が無い軽度タナトの人って存在するの?

725 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 14:23:31.99 ID:Bz2sVzim
>>724
山本彩とか
http://20buddhism.net/nmb-yamamoto-sayaka/

726 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 16:49:42.97 ID:DklicdR2
阿弥陀仏を10回、心から念じた人は死んだ後に極楽浄土という楽園に行けるよ。

阿弥陀仏の極楽浄土に生まれた人には、一切、苦しみはなく、ただ、色々の楽しみだけがある。だから極楽というのである。
至る所に「七宝の池」がある。
池には八功徳水が満々と湛えられ、池の底には金の砂が敷き詰められている。
池の中には、車輪のような大きな蓮華が咲き、華の色は、青・黄・赤・白、色々あって、それぞれが、青光・黄光・赤光・白光を放って、まことに絶妙で、香りも芳醇である。
周囲には、金・銀・財宝で飾られた階段があり、登った上にそびえたつ宮殿楼閣は、金や銀、水晶や瑪瑙などの宝玉で荘厳され、天空からは、常に心地よい音楽が流れ、ときどき妙華が降ってくる。
絶えず涼しい風が、そよそよと吹いて、宝石で彩られた並木や網飾りが揺れて、それらが奏でる音色は、幾千かの楽器を同時に演奏するようである。
また、オウムやカリョウビンガなどの色々な鳥がいて、和やかな美しい声で尊い法を説き、聞いたものはみな、心に歓喜が起きるのである。
日々、応法の妙服を着て、百味の飲食を食べて楽しむのである。

727 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 17:56:30.33 ID:Sn07uDeQ
>>726

極楽は自分で作るものだよ

728 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 18:13:36.98 ID:CKdOpEHH
nmbの山本さんマジかよ。ちょっと親近感湧いたww

729 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 19:31:16.09 ID:ESLJYoMx
山本彩もか
確かにアイドルにしては少し浮世離れしてるとこはあるね

730 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 21:05:32.81 ID:SaSaapVr
アンパンマンといえば、やなせ先生の晩年の悲嘆ぶりを思い出す…(´・ω・`)


「来年までに俺は死ぬんだよね」

「朝起きるたびに少しずつ体が衰弱していくのが分かるんだよね」

「これはもうしょうがない。俺94歳になっちゃったんでね」

― 先生、お水とか飲みますか? 少し休みますか?(゚Д゚;)

「まだ死にたくねぇよ…」

「面白いところへ来たのに、俺はなんで死ななくちゃいけないんだよ」

731 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 21:21:09.02 ID:Sn07uDeQ
>>730 辛い

732 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 22:28:39.69 ID:ESLJYoMx
>>730
90くらいまで生きてもやっぱそうなんだ…俺らに救いはないのか

733 :優しい名無しさん:2016/08/30(火) 23:07:19.10 ID:r8O0HSEU
>>727
温泉に入ってかがむと極楽に浸れるよ

734 :優しい名無しさん:2016/08/31(水) 00:13:20.42 ID:UeBFZFU4
今「オレ」はまだ生きてる 雑音の中

735 :優しい名無しさん:2016/08/31(水) 10:16:23.67 ID:t05L+dub
思ったんだけど、死に感する話題とかを見ないようにすれば
タナトフォビアの恐怖は半減した。
タナトフォビアは主観的な恐怖もしくは虚無感に過ぎず、
それが本質的に他者と一致するかと言われるとそれは違うという事
に気付けば気は楽になると思う。

736 :優しい名無しさん:2016/08/31(水) 17:40:21.73 ID:pqEsVqL6
ブラックバイトするといいよ。体を限界まで酷使するんだ
むしろ逆に氏にたく、、、、

737 :優しい名無しさん:2016/08/31(水) 22:47:01.83 ID:4OYPy0jd
みんな最後には死ぬ。そして無になる

738 :優しい名無しさん:2016/08/31(水) 22:54:54.39 ID:0xg/Lz8K

sssp://o.8ch.net/gcd5.png

739 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 00:04:44.25 ID:IRlrTjZO
今日「オレ」はまだ生きてる オレの感覚で世界を味わいたい それを失いたくないんだ

740 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 00:31:11.88 ID:nTXgVRxJ
もう何年も朝スッキリ目が覚めることがなくなったな。
たまに全て忘れて眠りにつけるような日があるんだが、朝には一定の暗さが戻っている。
死に関する夢も見た記憶はないのに。

741 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 04:31:49.10 ID:LTq/VJnO
例年今日に命を絶つ子が多いみたいだけどここで命乞いしているやつ等はクズ
人生詰んだ大人としての根性見せなよ

742 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 05:30:03.98 ID:vasUvk/3
>>741
頭悪すぎて怒りすら沸いてこない

743 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 11:20:00.17 ID:5AwzjFHY
100年後の世界に自分は存在しない。怖すぎるわ

744 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 20:17:43.04 ID:0+O3VjwC
>>735
でもYahoo!ニュースで否応なく訃報みて思い出すよね。いつか死ぬって。

745 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 21:19:59.44 ID:Z/zLEF22
「ひとりでできるもん!」の初代・舞ちゃんが死んじゃったね…

彼女の意識も記憶も、永久にこの宇宙から消え去ってしまった…

746 :優しい名無しさん:2016/09/01(木) 21:51:09.23 ID:5AwzjFHY
怖すぎるわ

747 :優しい名無しさん:2016/09/02(金) 03:50:26.01 ID:bMXsO+19
海老嫁の麻央のコメント見ると自らの死を覚悟している。
発覚時に手術と抗がん剤治療を拒否した時点でゴールは見えた。
転移もあるだろうし年内もつかどうか。

748 :優しい名無しさん:2016/09/02(金) 07:40:30.04 ID:PZuQK/Gd
タナトフォビアにおすすめの本はないだろうか

749 :優しい名無しさん:2016/09/02(金) 21:54:17.83 ID:yMg+EDBw
永遠の無が待っている

750 :優しい名無しさん:2016/09/02(金) 23:17:34.36 ID:MM5/XheU
いやな気分よ、さようならって本が気になってるんだけど、
タナトにも向いてるかな?
ちょっと高いけど買ってみるかな

751 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 00:31:32.77 ID:nDqovJXe
ドストエフスキーの小説

752 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 00:34:57.13 ID:ENK7EDlq
>>749
無にはならない
遺灰や遺骨は分解還元されて何かの材料になる
もっとも遺骨は墓の下に入るから直ぐには還元されないが

753 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 03:51:57.28 ID:ySVi8xzF
>>750
続編の「フィーリングGoodハンドブック」の方がおすすめ
分厚くてまだ読めてないけど、13章に死の恐怖への対処法が載っている

754 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 04:51:23.52 ID:1Nh0OzB8
>>737
終わらない夏休みと思えば最高やん!
もう宿題もやらなくていいんやで!

755 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 05:49:06.44 ID:Ex+AGHM5
向上心がタナトには良くない気がする。
競争においては大事なものだろうけれど
底無しの欲望みたいなものだから
あると死を受け入れにくくなると思う。

756 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 09:22:48.94 ID:nkT/qkoN
向上というよりは現状維持だな。

757 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 13:09:10.35 ID:/xy+9wAe
死んだら記憶も無くなるんだろうか。

758 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 13:13:55.79 ID:/xy+9wAe
それって、凄く恐い事じゃないか?
記憶が無くなってしまうなんて。

759 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:26:14.37 ID:Ex+AGHM5
思い出の方が今よりいいと思っているから
記憶を失うのが怖いんじゃないかな?

760 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:29:01.66 ID:/xy+9wAe
>>759
いや、ただ単に人格というものは記憶によって裏付けられてると思っているからです。
記憶が無くなれば、この自我も人格も消滅するだろうと思っているからです。

761 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:29:09.82 ID:Ex+AGHM5
俺は黒歴史ばっかりだし
記憶に縛られて未来を決められていると思っているから
記憶なくしたい。それでも生きていけるのならばね。

762 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:29:20.51 ID:/xy+9wAe
>>759
いや、ただ単に人格というものは記憶によって裏付けられていると思っているからです。
記憶が無くなれば、この自我も人格も消滅するだろうと思っているからです。

763 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:31:00.55 ID:Ex+AGHM5
>>760
記憶がなくても今の感覚はあるんじゃないかな。
瞑想ってそういうものを目指すようだし。

764 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:31:18.29 ID:/xy+9wAe
連投すみません。

765 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:31:49.16 ID:/xy+9wAe
>>763
そうですか。そうかなあ・・・

766 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 14:43:44.51 ID:izaUYYtV
みんな例外なく死ぬからなあ
その事実が怖すぎるわ

767 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 15:49:34.69 ID:jtsdGZRH
685
〔わたしは〕死を喜ばない。〔わたしは〕生を喜ばない。
しかして、雇われ者が報酬を〔待つ〕ように、〔為すべきことを為して、死の〕時を待つ。
686
〔わたしは〕死を喜ばない。〔わたしは〕生を喜ばない。
しかして、正知と気づきの者として、〔為すべきことを為して、死の〕時を待つ。

パーリ聖典小部 テーラーガーター
http://www.j-theravada.net/sakhi/thera-g-2.html

768 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 16:33:08.62 ID:RrVieLaD
>>760
仏教では自我と真我とわける
自我は幻想に過ぎず消滅するけど真我は永遠と説く

つっても自我の消滅がいやだっつーの

769 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 18:57:42.31 ID:4bmE9w2U
自我はあると思えばある、ないと思えばないというよくわからないものだと思ってる。
なんか自由意志を否定する文章を読ませるテストをしたら読者がマイナスな気持ちになったとか

770 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 19:28:10.54 ID:izaUYYtV
君も僕もみんな無になる運命

771 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 20:53:55.33 ID:YNbQPn4y
「オレ」の感覚、これが全て 有り難い説教や眠れないほどの死の恐怖も「オレ」が在ってこそなんだ

772 :優しい名無しさん:2016/09/03(土) 20:57:07.70 ID:ErT9w3bw
また生まれ変わるのと、このまま無になるのはどっちがいいのだろう

773 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 01:03:00.98 ID:ic//3rmw
>>771
デカルトとか好きだろ?
安心しろ、人間に自由意志なんてないから。
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/jiyuu.html

774 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 02:17:10.77 ID:xMu8SVv0
>>773
そんな屁理屈どうでもいんだよ
ただ私の感覚が失われるのが嫌なだけ

775 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 02:28:44.64 ID:ic//3rmw
>>774
その「私の感覚」てのが幻想だから。
不二一元論を調べてみるといいよ。

776 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 02:38:28.23 ID:xMu8SVv0
>>775
わかってねーな。
理屈じゃないんだよ
そうやって言語で構造を解明してもどうにもならんものがあるんだよ
君もいつかわかるさ。人は死ぬからね

777 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 04:04:19.22 ID:NOgBsgcl
死んだら尾張

778 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 08:05:53.71 ID:lijIUBS/
>>775
君は自分の意志で2ちゃんでレスしてるんじゃないのかい?

779 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 12:41:20.84 ID:P9HKURew
逆に無が怖くない人なんて存在しているのかな

780 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 12:47:04.83 ID:ic//3rmw
>>778
http://world-fusigi.net/archives/8413104.html
http://world-fusigi.net/archives/8280766.html

781 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 14:42:25.48 ID:B/TcF1dz
疲れる。

782 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 15:33:06.86 ID:mVfKEav+
>>780
どうでもいいけど君ソースの出どころが浅すぎ

783 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 17:41:45.43 ID:P9HKURew
どんなに良くできた人間でも必ず最後は無になる事実

784 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 19:37:47.99 ID:s09N16b5
>>779
不幸な人は無になりたいと思うんじゃないかな。

785 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 20:42:14.90 ID:FFX/YpD6
あんまり死について怯える必要は無いよ。
人間自然に生きるのが一番良いって考え方があるだろ?
あれって今の科学では凄く良い所があるって言われてるじゃん?
それなら自然が用意してくれる死が悪い筈が無い。
無になる事が悪だと考える人間の考えが間違ってるんだよ。
そして今生きてる事は様々な生命の犠牲の上に成り立ってるから心の底から感謝して
生きて死んで無になりなさい。

786 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 20:55:19.38 ID:Qzf0cDvT
>>785
なんも見えてねーな
話にならん

787 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 20:57:49.97 ID:B/TcF1dz
自然て弱肉強食のことじゃあないか。

788 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 21:16:27.53 ID:Yn3Dwhq2
狂っているのは自覚しているが他人から基地外視されるのは心外

789 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 21:22:39.14 ID:7mtxofqX
自然は苛酷

790 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 21:38:16.78 ID:kiXo70j6
ああ

791 :優しい名無しさん:2016/09/04(日) 21:38:17.12 ID:ic//3rmw
>>783
最新の科学ではダークマターとか「無」からエネルギーが生まれることが解ったって。

792 :優しい名無しさん:2016/09/05(月) 00:31:29.82 ID:Pgt6pHbT
>>791
そしてエネルギーから質量を持つ物質が生まれる

空即是色

793 :優しい名無しさん:2016/09/05(月) 07:15:20.12 ID:qyIiDQME
転生科学を調べてごらん
もしかしたら助けになるかも

794 :優しい名無しさん:2016/09/05(月) 14:10:06.53 ID:txhbF3ZO
苦しいね。

795 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 03:13:05.59 ID:5JcHmiY7
通過電車にアタックするくらいの気合入った子はいないの?

796 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 16:33:39.44 ID:HBV+fft0
ホンマに怖い。けど、コイツと戦って生きていくで。何にも頼らんと。

797 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 16:57:30.14 ID:+aQWz0T2
生きる意味って何だろうね?死んだら無になるのに、毎日しんどい思いをしながら生きて、
それでも最後は無になる。そう考えると虚しくなる。

生きる意味って何だろうね?

798 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 19:08:11.54 ID:bRt/cm+R
受験に落ちた時、出世コースから外れた時、中卒でろくな仕事に就けない時、
孤独を感じた時、金も頭も体力もない自分を自覚した時、三十路を過ぎた時
もう自分はこれ以上は上のステージに上がれない、一生このままなんだと自分で認めた時

人間は色々な状況やタイミングで人生に虚しさを感じ、人生を諦める
その中でもタナトフォビアにかかった場合の副産物である「何をやっても最後は無になる」という思考は
一番強烈に厭世観に囚われ易く、老若男女貧富の差すらなく誰でも陥る可能性があるから厄介なのだ

いくら勉強や努力をしても、大金や地位を手に入れても、歴史の教科書に載るような偉人になったとしても
最期はそれを自分で感じる事も出来なくなり、幸福感や優越感も味わえず、
死後に自分を称えてくれる者の感謝の言葉や墓参りに来て泣いてくれる遺族の叫びも解らない
「何もかもが無意味」になるという事実を受け入れるのは、人生においてあまりにも残酷すぎる

799 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 19:36:05.51 ID:02EXMuiI
馬鹿でも入れる高校や大学あったでしょ
君がその道を選んだだけじゃないの

800 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 20:37:27.89 ID:ByNF6E7I
オレの辞世の句は「コンチキショー」の連続であの世に行くと決めている それがオレがオレで在る証

801 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 20:44:16.90 ID:bRt/cm+R
>>799
上の三行は私の事を書いているのではありませんし、自分語りでもありません
そう勘違いさせたのなら申し訳ない

802 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 20:47:23.66 ID:02EXMuiI
あー君の創作ポエムか
経験してないことをさも事実のように語るのは誉められたことではない

死、存在の不安に取りつかれてるに過ぎない

803 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 21:27:26.34 ID:MeE8XMsH
ID:02EXMuiI
↑この上から目線野郎は何なんだ?
過去のパキシルといい、このスレをageて書き込む奴はろくなのがいねぇな

804 :優しい名無しさん:2016/09/06(火) 21:38:59.91 ID:02EXMuiI
上から目線なのは悪いけど事実だ
そこを越えるか抜け出すしかない

805 :優しい名無しさん:2016/09/07(水) 03:20:53.21 ID:TPvXfrKv
大抵の人は超えた気になる程度だね。
近いうちに死にますよと医者にでも言われたら吹き飛ぶくらいの感じ。

806 :優しい名無しさん:2016/09/07(水) 03:56:08.49 ID:KVTPUbYo
火葬場で焼かれてる最中生き返るとかイヤすぎる
これもタナト?

807 :優しい名無しさん:2016/09/07(水) 05:22:30.35 ID:XBnX0vhR
それは違うね
不安神経症っぽいけど
死ではなく苦痛を恐れてるから

808 :優しい名無しさん:2016/09/07(水) 07:00:41.22 ID:832i4tNy
匿名掲示板は馴れ合いの場

809 :優しい名無しさん:2016/09/07(水) 23:06:25.28 ID:cW6cvpZ9
今日「オレ」はまだ生きてる ボンヤリと

810 :優しい名無しさん:2016/09/09(金) 00:15:34.78 ID:BH6L+w96
科学的な追究はこれからも続くだろう 理性では押さえてるが焦燥感が止まらない

811 :優しい名無しさん:2016/09/09(金) 13:34:33.58 ID:tyrKJlYO
ボクは死にましぇん!!

812 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 00:56:17.98 ID:T8hJcfve
今「オレ」はまだ生きてる 自分自身を引き摺りながら

813 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 04:46:04.13 ID:VDwXhdUX
今は若い子でも平気で電車に身投げするのに
ここにはビビッているようなのしかいないの

しかも気に食わないと誰でもパキシル扱いw
ヘタレマジで痛いのに

814 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 06:43:53.99 ID:ICTL2TOg
若い時は死ぬ実感がないから怖くなりにくい。

815 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 10:27:31.63 ID:OIvcaPz3
俺、6、7才頃からタナトフォビア。

816 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 11:44:05.08 ID:XYT4omtj
>>815
私は17才から。
叔父さんの死に顔みてから。
最近、叫ぶことはなくなったけど
時々心臓がぎゅっとしめつけられる。

817 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 13:21:35.35 ID:InhJS9ya
>今は若い子でも平気で電車に身投げするのに

自殺の大多数はうつ病等により正常な脳機能(判断力)が奪われた状態で行われるので勇気とは関係無いし、自殺者数で言えば最も多いのは50代。
以下、60代、40代、30代、70代の順で続く。
20代の自殺者数は50代の約半分で、10代では更にその6分の1。
ただし、若い子の自殺は大々的に報道されたり注目されたりするので印象が強くなるが、中高年が自殺しても話題にならないだけ。

白髪三千丈ではないが、むしろ長く生きれば生きるほど死への恐怖が澱のように蓄積してくる実感がある。

818 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 15:03:02.54 ID:jMmzJX9r
死の恐怖って、本当厄介だよな。この本能的な恐怖は。

819 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 15:47:33.14 ID:wekV0Ky7
>>813
ビビってるって台詞、ageて書き込んでいる、他人を無意味に煽る
全部過去のパキシルの言動と合致してるのに何言ってんの?
本当にパキシル呼ばわりされたくなかったら、まずこのスレッドで他人を煽るのを止めたら?

820 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 19:17:46.14 ID:FxNw3Yjf
自殺は現在の苦悩から逃れようとして、死に解放を見る快楽主義の結果
タナトは死という結果に対し恐怖を感じるのであるから
この両者を比較するのは全くナンセンスだは

821 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 19:23:03.43 ID:akgGlYyB
>>819
アホに構うな
どうみても低学歴の社会的弱者やんけ

822 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 20:37:01.04 ID:T8hJcfve
タナトは11才から、世界が変わったそこから行きつ戻りつ、堂々巡り

823 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 21:16:13.42 ID:PuLp9oc3
今迄タナトで自殺した人ってどの位いるんだろう。
自分は発症した時はこの虚無を抱えて生きるのが苦しくて本気で自殺しようと
思ったけど、何とか症状が治まって生きてるけど・・・
まっ結局生きても後数十年で無になるんですけどね。

824 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 22:26:38.89 ID:akgGlYyB
>>823
それタナトとは違うくね
普通のうつっぽい

825 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 22:55:02.72 ID:rCWzL8qL
高学歴になると自然とこういう書き込みをするようになるんだろうな
そんな人間の心の不可逆性も自分が人生の意味を考え始めたきっかけ

826 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 22:58:41.29 ID:akgGlYyB
たぶん関係ないよ
憶測だけで思考を進めるのは危ないよ
ここにいる人そういうの多いけど地に足ついて生きた方がいい
じゃないと絶望に呑まれるよ

内向的な人間の悪いところだ

827 :優しい名無しさん:2016/09/10(土) 23:00:38.18 ID:akgGlYyB
内向的なこと自体は悪いことではない
ハマるとものすごい能力を発揮するけど、踏み外すととことん妄想に呑まれてく

828 :優しい名無しさん:2016/09/11(日) 03:31:51.43 ID:HkjScjJ/
死んだら自分は無になるとする
でも世界は在るよね?

自分が世界からいなくなるのなら存在していた意味は?
そもそもなぜこの世界は存在しているのか?宇宙とはなんだろうか?

結局万物は形を変えて存在してるのかもね
でも死んだら全てが知覚できなくなるとしたら到底受け入れられない話だね

纏まりなくてすみません

829 :優しい名無しさん:2016/09/11(日) 04:08:40.25 ID:c+67M8Zu
だれでも死ぬんだよ、そして身も心も無になるの。
周囲の人達の記憶も時間と共に薄らいでなくなる。

830 :優しい名無しさん:2016/09/11(日) 05:34:35.22 ID:xJc2SZ64
アメリカではね、輪廻転生を科学的に研究してる
中々面白いよ
全く知らない国の言語を話したり、知り得ない情報を何故か知っていたり
信じる信じないではなく、真実はどうなっているのか偏見なしに科学的に検証する心掛けが素晴らしい
頭んなかでぐちゃぐちゃやるより勉強してみたらいいかもね

831 :優しい名無しさん:2016/09/11(日) 13:59:31.94 ID:c+67M8Zu
死んだらおわり

832 :優しい名無しさん:2016/09/11(日) 20:31:39.35 ID:nXDGhEx4
>>830
研究の進展に期待したいね。

ただし、あまたの「“自称”霊能者」や「“自称”超能力者」同様、怪しい「“自称”輪廻転生者」も
ゴロゴロいると思われるので、そういった輩に騙されないかが心配。

「ちゃんとした科学者ならそんなニセモノに騙されるわけが無い」と思う人もいるかも知れないけれど、
オカルト・バスターでプロ・マジシャンのジェームズ・ランディが送り込んだ弟子にコロっと騙されて
本物の超能力者だと信じてしまい、三年間もの間、莫大な研究資金を無駄に投入し続けてしまった挙句、
ランディにネタばらしされて大恥をかいたマクダネル超心理学研究所の科学者たちの前例もあるからね。

マクダネル超心理学研究所〜超能力研究の黒歴史〜
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n65587

833 :優しい名無しさん:2016/09/11(日) 22:38:35.18 ID:fQR07lSY
>>832まぁそういう失敗もしながら科学は進歩してきたんだよ
失敗しないことなんてない

834 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 02:09:14.38 ID:Cz4r+GNd
タナラーてたぶん自我(エゴ)が強すぎるんじゃないか?
すごい美味しいもの食ってる瞬間や映画館でめちゃ怖い斬新なホラー映画に引き込まれてる時はタナトに囚われてない瞬間もあるだろ?
https://www.amazon.co.jp/dp/B01E9VRATE/ref=cm_sw_r_tw_awdo_x_56y1xbV4P59KK

835 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 02:15:46.14 ID:nZYzCsDa
何言ってんだ
タナトはエゴの病気だよ
自我に執着しすぎるが故に失われることを極度に恐れる
それがこの病気

836 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 02:19:14.46 ID:nZYzCsDa
あぁ自我に執着していても死が見えてない人はまだ大丈夫
死を意識する視点と自我への執着この二つがあるとタナトになる
死はいつの時代にだって溢れている
でも現代は個人主義だからタナトが増える

837 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 04:04:53.66 ID:tq4Pf3Te
小林麻央も手術適用外の末期ガン
検査診断時の再検査を不服として担当医や知り合いの医者のせいにしてるけど
情報小出しにして自らを正当化するのは違うでしょ
セカンドなりサードなり納得するまでハシゴするのが当たり前
疼痛出てるし年内もつのかなあ

838 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 04:34:49.21 ID:nZYzCsDa
誰のせいとか正しいとかどうでもいいんだよ
問題は死ぬということ

839 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 08:13:10.51 ID:nZYzCsDa
アルフォンス・デーケン
死の哲学、科学者
幼い妹を病でなくし、祖父は目の前で銃殺された経験がある
自身もガンの経験をもつ

840 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 13:49:51.93 ID:Cz4r+GNd
死の恐怖や死後の世界よりも子供の頃からもっと不思議だったのは
何でこの世界が「在る」のか。
あらゆる物質や宇宙や全てが「無い」でもよかったのに何で「在る」のか不思議だ。
偶然発生したとしても偶然が「在る」こと自体意味不。

841 :優しい名無しさん:2016/09/12(月) 23:31:27.96 ID:ghsV2N6W
それを説明しようとすると人間原理になってしまうのか

842 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 02:50:12.96 ID:yyBulEZb
>>840
俺も結局この考えに行き着いた

存在とは何かを知る前に死ぬという事実が辛い

843 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 04:12:28.94 ID:+MmA+UDx
本気で勉強もしてないのにそんなこと言っちゃだめ
やる前からできないとごねる子供と一緒

844 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 04:13:34.46 ID:+MmA+UDx
意味を語る前に無知だということに気づいて

845 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 09:22:31.15 ID:CRwQBXQb
自我の消滅を避けるテクノロジーを開発したい、出来そうで出来ないもどかしさ

846 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 12:53:35.91 ID:XUOSJCkJ
>>845
自我を無くしたところにニルバーナがあるんじゃないの?釈迦的には。

847 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 13:30:00.06 ID:pThxiqH5
>>846
自分は数冊、仏教の本を読んだ程度だけど、どうもそうらしいね。

848 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 13:32:07.77 ID:pThxiqH5
自分が生きている事が、色んな人にとって、害悪なんだけど、恐くて自殺が出来ない。
死ぬのがとても恐い。だが自分は、害虫だ。
マジで最悪だ、自分は。

849 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 13:39:36.43 ID:pThxiqH5
>>846
自分は数冊、仏教の本を読んだ程度だけど、どうやらそうらしいね。

850 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 18:46:33.17 ID:iun2eQSL
ニルヴァーナって釈迦の最後の事でしょ?
自我を無くすってのは修行の段階である事なんじゃ無いの?
後悟り=自我の無い状態を瞑想で作るって訳でもないんでしょ?
複雑でよう分からんわ。

851 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 19:02:09.97 ID:cdGuvjux
>>850
そうですね。
数冊、仏教の本を読んだ程度で出しゃばりました。すみません。
>>847の内容は間違っているかもしれないので、今後はお気になさらないで下さい。

852 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 19:03:45.14 ID:cdGuvjux
それよりも、自分にとっては、>>848の内容の方が重大でした。さて、どうしようも無いな。

853 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 19:04:59.29 ID:cdGuvjux
>>850
そうですね。
数冊、仏教の本を読んだ程度で出しゃばりました。すみません。
>>847と、>>849の内容は間違っているかもしれないので、今後はお気になさらないで下さい。

854 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 19:05:33.90 ID:cdGuvjux
連投すみません。

855 :優しい名無しさん:2016/09/13(火) 20:14:06.40 ID:CRwQBXQb
狂っている「オレ」が引き寄せたか、変てこ祭り

856 :優しい名無しさん:2016/09/14(水) 01:54:21.93 ID:ZuAaFfQz
この人最近テレビで見ないけどこういう人ってタナトの悩みとか微塵もないんだろうなぁ・・
https://pbs.twimg.com/media/ClFqMkaUgAAxQAz.jpg

857 :優しい名無しさん:2016/09/14(水) 10:37:29.37 ID:+jWA6mpk
自分のクソさ加減がはかれる良スレ

858 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 00:15:28.86 ID:fw0wRiF3
今「オレ」はまだ生きてる、と呟いてみる

859 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 01:19:56.06 ID:LXoCiHMO
自分が好きで今がつまらなくはない人ほど失うことに恐怖するよな。言い方を変えれば幸せってことなのか。

860 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 01:41:39.32 ID:u1IkFcCa
いや、病気で大変だけどそれでも死にたくねえ
寧ろ幸せ立った頃の方が死を怖れなかった

861 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 01:49:43.36 ID:vzH+cp+m
スイスと日本の違いは地下壕にアサルトライフルとチーズがおいてないところ

862 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 02:03:02.41 ID:Z+AfBt+J
純粋な興味なので、失礼だったらごめんなさい。

私はもし『死ねない』としたら、
生き続けなくてはいけないという事が、逆に怖いんですが…

タナトフォビアをお持ちの方は、生き続けたいと思っているんですか?
それとも、それとは別で、死ぬという事が漠然と怖いんですか?

863 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 02:22:13.86 ID:LXoCiHMO
>>862
自分だけ生き続けるのは辛いけどかといって今までのあらゆるものが無に還るのも嫌。とてつもない我が儘ですよね。ほんとに天国は良くできてると思う。

864 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 19:59:47.70 ID:7PSYp5uU
俺が不思議なのは人間がこの世界に誕生したのは
奇跡の様なものだって話があるじゃん?
それなのにどうして無意味な形を取ったんだろうって思う。
数十年生きて無になる形をとったんだろうって。
世界は存在しなくても良いのに、存在した世界はどうして無意味なんだろうって思う。

865 :優しい名無しさん:2016/09/15(木) 23:53:39.88 ID:DCqFMybc
まあ、人間は脳ミソが発達し過ぎた・・これにつきるんやないかな。

866 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 00:46:57.49 ID:tygS4zZK
>>863
死んだらエゴ(表面意識)は消滅するけど真我としの自分は永遠らしいよ
つまり睡眠中に夢を見ていない深い眠り(ノンレム睡眠)の状態に近いってさ。

867 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 01:04:54.43 ID:vsEouu7J
狂っているのが世の中なのか「オレ」なのか?又、頭こんがらがってる

868 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 06:17:09.74 ID:el0dGIq+
>>866
真我は永遠とかよくいうけど、夢を見てない睡眠状態て初めて聞いた
結局それって「無」やん
意識も記憶も何もない
何の救いもないじゃん

869 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 12:33:08.52 ID:yQa4tL9I
だからここの連中はアホなんだって
自然が与えてくれる物に何一つとして悪い物は無い。
だから死んで無になるのは良い事。
生かされている事に感謝して死んで無になりなさい。

870 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 14:15:09.56 ID:el0dGIq+
お前が一番アホそうやけどな笑

871 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 15:37:59.77 ID:EnCupVsA
>>869
アホって言うかやることなくて暇なだけでしょ

872 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 16:43:33.47 ID:ccy1dJKr
人事だと思ってるんだよ。
自分の子供でも死にそうになったら、どうして自分の子供がこんな目にとか言い出すよ。

873 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 18:59:35.32 ID:SJhUKuIf
だったら死にそうな自体に直面してから考えれば良い
死んだらどうなるかばかり考えていると良くないことが本当に起きた

874 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 19:02:17.90 ID:EnCupVsA
>>856
タナトの悩みがあるから俺は普通の人より上なんだぜって感覚が幼稚である
そういうどうでもいいタレント引き合いに出す時点でたかが知れている
悩むなら逃げるな戦えよ 解明しろよ

875 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 19:42:26.01 ID:LB8h8lAz
自分の親も親戚も友達の親も近所の人も年寄りだから嫌でも考えさられる。

876 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 21:19:04.10 ID:rHU9WyGC
なんか、例えとして私は死んだら無になるというか眠るようなものとは思ってるけど、タナトフォビアのようなものを持っていて、いちいちそういう事を人から聞いたり、見たりしたくないっていうのは無い?

877 :優しい名無しさん:2016/09/16(金) 22:13:27.26 ID:A78/E4mj
>>876
人から聞いたり見たりしなくても自分で四六時中考えちゃうからなあ…

878 :優しい名無しさん:2016/09/17(土) 00:15:03.33 ID:rKuy5mix
「感謝」「戦え」も遠い昔になった、この空虚感は堪え難いもうスカスカ

879 :優しい名無しさん:2016/09/17(土) 00:57:26.95 ID:BLHq80Y/
最近のVRゲームて凄いよ、少し高かったけどVRセット買ったら風俗行く必要なくなって結果貯金できるようになたわ
http://m.youtube.com/watch?v=wSQVAtFGxuU&guid=ON
10月にSONYからプレステ4用の最新高性能VRセット出るけどちどんどん進化してけばVRの世界と現実の世界に差がなくなって
水槽の中の脳の理論みたいに永遠に生きれるようになるとこのゲームやりながら直感したわ。

880 :優しい名無しさん:2016/09/17(土) 03:08:43.61 ID:4A3xwpSL
この程度で二次元の方がいいとかないわ

881 :優しい名無しさん:2016/09/17(土) 19:34:03.14 ID:+TGh/zGX
無が怖い、の場合は
あまり刺激を得ないように慣らしていけば
(味の薄いものばかり食べるようにするとか)
軽減できるかも。

882 :優しい名無しさん:2016/09/17(土) 19:47:03.97 ID:oacDA9GO
>>881
(味の薄いものばかり食べるようにするとか)←ワロタw

883 :優しい名無しさん:2016/09/18(日) 00:57:44.95 ID:Te+aaiaT
>>881
オカ板で見たんだけど食物や水を一切とらず太陽エネルギーだけで生きているって人が世の中にはけっこういるらしいよ。

884 :優しい名無しさん:2016/09/18(日) 01:02:22.02 ID:wRbWu1Ap
既に人生が味気ない物になってまーす

885 :優しい名無しさん:2016/09/18(日) 01:04:10.46 ID:HfOmBeg9
誰もいないときには

黄色テントウと青ハナムグリが来てくれた

まさかそうか工作員じゃないよねw

さすがに違うだろうw

ビートルズを嫌いになっても、ビートルを嫌いにならないでね


あなたは本物だって

黄色テントウも青ハナムグリも言ってくれた

886 :優しい名無しさん:2016/09/18(日) 01:07:09.65 ID:HfOmBeg9
蚊さえ居ない高層階の部屋なのになw

立て続けに

黄色テントウと青ハナムグリが室内に現れた

同居人は入院中で

もうずっと一人って時に

こちらが一人になったら、もっと来るつもりだろうw

887 :優しい名無しさん:2016/09/18(日) 22:41:23.76 ID:Te+aaiaT
今週のジャンプでこち亀最終回だって
あの両津勘吉も永遠じゃなかったんだな・・

888 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 01:59:00.86 ID:aodTUrql
>>862
死んだあと無になることが100%証明されたとして、の話だが それに比べたら「死ねない」ほうが良い

889 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 03:10:38.34 ID:KJpK7XAZ
踏み切りで脱輪し車から非難しても倒れた電柱に当たって死亡とか
同じく転倒した自転車を電車が跳ね飛ばして近くにいた本人に当たり死亡ってのがここ最近
定められた運命ってのは回避できないよう周囲を固められている

890 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 03:17:54.04 ID:f7o2eb3B
>>889
この映画見るといいよ
https://www.amazon.co.jp/dp/B0056A1OVS/ref=cm_sw_r_tw_awdo_x_lNT3xb81RFYWP

891 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 04:43:14.12 ID:GIc+7KFU
できれば万能な神のような存在になりたい。そうしたら世界中を旅して回り、宇宙のあらゆる星をめぐり、この世界に生まれてきた生命の存在意義を解き明かしたい

892 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 07:36:17.20 ID:AQIZj4vs
わかるわ。いつか理解できる日が来ることを望む。そのためには死んで無だとどうしようもないな。

893 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 08:17:10.44 ID:YfUOM4ca
解き明かすほど勉強してんのか?
口だけっしょ

894 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 09:21:21.57 ID:ECwMaRZ5
オレは「オレ」の感覚を失いたくない、神なんかは興味無い、自分でしか味わえない感覚、これが全て

895 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 11:32:55.58 ID:cVDUflfk
ならば「ジェイムスン教授」方式で
http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%B3%E6%95%99%E6%8E%88

896 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 15:10:37.12 ID:DdP9mFyQ
>>892
ちょっと長いけど映画ディープインパクトのモデルにもなった
惑星発見家の木内鶴彦のインタビュー読んでみるといい、非常に興味深い話だ。
@http://fukumama.exblog.jp/13338038
Ahttp://fukumama.exblog.jp/13338056/
Bhttp://fukumama.exblog.jp/13338065/
Chttp://fukumama.exblog.jp/13338070/
Dhttp://fukumama.exblog.jp/13338082/
Ehttp://fukumama.exblog.jp/13338093/
Fhttp://fukumama.exblog.jp/13338105/
Ghttp://fukumama.exblog.jp/13338114/
Hhttp://fukumama.exblog.jp/13338142/
Ihttp://fukumama.exblog.jp/13338149/
Jhttp://fukumama.exblog.jp/13338172/
Khttp://fukumama.exblog.jp/13338188/
Lhttp://fukumama.exblog.jp/13338204/
Mhttp://fukumama.exblog.jp/13338227/

897 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 18:20:13.55 ID:eLLSMMic
永遠の快感を望むから死にたくない。

898 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 20:54:30.21 ID:M6YxBNm7
眠りにつくのと同じだけ。しかし永遠に目覚めることは無い

899 :優しい名無しさん:2016/09/19(月) 21:16:25.74 ID:9nR37xIX
自分が生きてる間に解明されればなーと他力本願
科学の進歩が唯一の安定剤

900 :優しい名無しさん:2016/09/20(火) 00:19:00.40 ID:2cShdxz4
何とかしなければと気がせいて、何も出来ないのが情けない

901 :優しい名無しさん:2016/09/20(火) 02:15:09.43 ID:aEh6fKXp
生きているのが苦痛で面倒くさい、人生を途中棄権したい。
夜眠りに就いたなら、そのまま目覚めることなく消え去りたい。

902 :優しい名無しさん:2016/09/20(火) 10:21:08.56 ID:ommd3KTr
結局タナトは負け戦なんだよ。
死自体は決して消えないからね。

903 :優しい名無しさん:2016/09/20(火) 21:11:05.04 ID:qKf7w9HR
昔は輪廻転生を信じてたけど、子供ながらに「人類が滅亡したらどうなるんだろ」とか思って怖くなってた
今も寝る前とか独りぼっちになるとそんな事ばかり考えて発狂しそうになる時がある

904 :優しい名無しさん:2016/09/21(水) 04:11:51.52 ID:HVU99yIH
寝れないよ、また新たな一日が始まってしまう
日が暮れてようやく終わったと思ってたのに。

905 :優しい名無しさん:2016/09/21(水) 08:25:55.73 ID:xuPdNO2/
ハツカネズミがゲージで回転ランさせられる、そんな日常はゴメンだ

906 :優しい名無しさん:2016/09/21(水) 15:48:27.73 ID:aNq+YS2J
>>903
ノーベル物理学賞博士リサランドールの多次元理論によれば
死んだら別の宇宙に行くからこの宇宙とはリンクしてないから君はそっちの宇宙で新たに輪廻するよ

907 :優しい名無しさん:2016/09/21(水) 16:01:10.21 ID:/2nQ/Gtb
自我を保てる輪廻転生があるなら、今過去世の記憶があるはずだがな。
過去世の記憶は忘れるって説もあるが。

908 :優しい名無しさん:2016/09/21(水) 16:49:42.37 ID:aNq+YS2J
>>907
この宇宙(地球)の魂のほとんどはは生まれたての新入生らしいね
だからまだ前世のプログラムはない
多次元に生まれ変わった次回の人生では君も今回の自我の記憶は残ってるよ

909 :優しい名無しさん:2016/09/21(水) 17:14:54.09 ID:/2nQ/Gtb
>>908
だったらいいんだがなー。
ヤバ気な時代だし今、過去世の記憶があって欲しかった。

910 :優しい名無しさん:2016/09/22(木) 00:33:31.86 ID:n36BfhXS
前も言ったけど興味あるなら転生科学で検索してみ
中々面白いよ

911 :優しい名無しさん:2016/09/22(木) 04:38:20.34 ID:Qho3gCfA
もうなんだかスピリチュアルな感じになっておりますねここ

912 :優しい名無しさん:2016/09/22(木) 09:51:57.28 ID:6iosoHQk
なんか意識高い系の人しか書き込めない雰囲気

自分はシンプルに
いつどこでどうやって死ぬのか
ポックリ逝くのか長い闘病生活で苦しんで死ぬのか
必ずいつかはその日が来るんだと思うと
怖くて怖くてたまらなくなるっていうだけなんだけど

913 :優しい名無しさん:2016/09/22(木) 11:20:47.54 ID:n36BfhXS
そこはみんな一緒だよ
君と他の人が違うのは、怖いからこそ何か調べてみようとか学んで克服できないだろうかと考えるか否か

914 :優しい名無しさん:2016/09/22(木) 23:05:16.20 ID:qxOv9uug
スピリチュアル上等 タナトに関わる事なら何でもいい 今夜もスカスカで眠りに就く

915 :優しい名無しさん:2016/09/22(木) 23:49:43.50 ID:ppSzpX6N
例え転生があったとしてもあの世的なものがあったとしても
実際死んでみないと分からない訳で
いざ死んで無になったら「信じていたのに騙された!」と思うこともない
何かを信じて死の恐怖を和らげることは生きてる間は有効

916 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 01:33:07.49 ID:D0pwqmrY
>>896
この人が嘘を言ってなければ全てが丸く収まるんだがな
嘘かどうか証明する術がないのだよな

917 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 02:10:45.89 ID:WBL1Cy/z
>>915
そういうこと
だから心の底から信じてればまず救われる
でも信じられんわハゲ

918 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 06:15:52.13 ID:llZv26jY
色々スピ関係みてきたけど芸能界の自称見える人は全員嘘なのかな。江原とかみわとか。

919 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 09:09:41.38 ID:x3X3ADXa
そういうのは難しい問題だな。
実際に見えたり聞いたりしても幻覚幻聴と区別はできない。
目の前に死んだお爺さんの幽霊が出て来て、
あの世はいいところだよと教えてくれても、
それが幻なのか本当に霊界からやって来たかは自分にはわからない。

920 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 09:45:18.14 ID:WBL1Cy/z
そだね。科学では解明不能
例えば幽体離脱して、意識ないときに現実の状況がわかったと言う例もあるけれど、
考え方によっちゃ、偶然だとか、無意識に脳が働いてたとか言えなくもない

921 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 18:51:57.52 ID:yk/ByBrR
例えば今俺がこの瞬間死んだ祖母の霊と出会えたとしても、
楽しく会話してあの世はあると祖母から言われたとしても
それは他人からしたら幻覚でしかないんだよなあ…

俺は当たり前だが薬物の類なんてやっていないし酒も煙草もしないし
今までの人生で幻覚の類を見た事は一度もない
そんな俺が、10時間ぐっすり寝て完璧な状態で、
明るい真昼間のトリックの介在する余地のないだだっ広い場所で
幽霊を見たとしても、それを「俺しか見てなかったら」やはり俺が変人扱いされるんだろうな…

幻覚はどこからどこまでが幻覚なんだろう?
100人が100人同じ幽霊を同時に見たとしても、集団幻覚扱いされる可能性の方が高いだろうし
俺はオカルトは信じてないが、仮に非科学的な現象を目の当たりにしてしまった時に
それをどう捉えるか、という心の準備と覚悟だけは常に備えておきたいと思っている

922 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 21:43:00.14 ID:4KFva6UU
霊は物的では語れないからね。

俺のばあちゃんの話ですが旦那が戦時中満州に行ってたらしい。

ある日、旦那がカゴのような物に担がれ家に帰って来た鮮明な夢を見た。

余りにおかしな鮮明な夢だったから
日にちも覚えてた。

後に現地からの手紙で旦那が戦死した連絡。
戦死した日と夢の日が同じだったらしい。

ばあちゃんは不思議な事も有ると言っただけで。
霊に関して何も言わなかった。

霊を信じる人なら旦那が知らせに帰って来たと言うだろう。

否定的な人は単なる偶然の夢。

923 :優しい名無しさん:2016/09/23(金) 22:00:36.86 ID:oHihZvSC
大多数の人にとって普段は潜在している能力だが、人が死ぬ時などに発信される強烈な感情を近親者が受信することが間々ある。
つまり、「虫の知らせ」=テレパシーであり、霊も死後の世界も存在しないが、超能力は実在する。

…という可能性もある。

924 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 04:19:47.34 ID:Jjyjl4nn
虫の知らせはあるかもな
一回がちで死にかけた時に、何の知らせもしてないのに親が急に大阪から東京まで飛んで来た
普段滅多に連絡しない関係ないのに
理由が俺が死んだ夢を見たからだとさ
それからそういう類いのものを少し信じるようになった

925 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 09:20:34.14 ID:6YwIKGaz
そういう類の物を信じる様になったって本気か?
俺だって両親に対する不安な夢は見るけど実際は起こらない。
そして皆そんな夢は見てるんだよ、たくさんの人間が見るんだから
そういう事が実際起こる奴も少数いる、俺はただそれだけだと思うけど。
宝くじを何億枚も買えばそりゃ当たるわなって話だと思う。

926 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 10:32:54.65 ID:Jjyjl4nn
まぁそれはとても論理的で全うな考えだと思うよ
でも自分が実際にそういう経験すると考え方は多少変わる

927 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 10:39:09.02 ID:Jjyjl4nn
ただ、虫の知らせの可能性は信じてるが死後の世界や霊魂ともなると話は別だ
科学では未だ解明されてないシグナルが飛んでるだけかもしらんと思ってるから
だからタナトなのは変わらん

928 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 13:19:13.93 ID:uhDjY2x7
本人が信じられれば根拠は問題ではないよ。
あの世があったとして、この世の法則が通用するかわからないから、この世の常識ではおかしいことでもあり得るわけで。

929 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 15:24:14.57 ID:ket5nCLJ
>>916
>>919
ハーバード大学の脳神経外科の権威エベンアレクサンダーの臨死体験はどう解釈する?
この人、臨死体験で見た事と現実がリンクしていたことが証明されているし
元々エリートで金持ちだから嘘言って多少の取材料貰って小遣い稼ぎとかありえないと思うし
むしろハーバード大の権威ならこんな体験発表したら逆に医師としての評価を落とす可能性もあり嘘だったらまったく得がないと思うんだが・・
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/131128_1.html

930 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 15:33:22.11 ID:Jjyjl4nn
いや、頭よくてもころっと間違ったり騙されたりする例は沢山ある
勿論そういう臨死体験は少なからずあるし、ハーバードは輪廻転生すら科学的に研究もしてる
可能性はある、だけど絶対とはやはり言えない

コペルニクス的転換があるまで天動説が主流だった。
それを唱えていた当時の学者達はバカだったか?
そんな訳ない、当時の天才達が考え抜いた答えだった。でも間違っていた
そんなことはよくあることだよ

931 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 15:44:43.89 ID:ket5nCLJ
>>930
君が見ていない時もそこに月はあると?

932 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 19:47:06.78 ID:ykrapc2B
すべては、人間で在るがゆえの苦悩やのう。

933 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 22:19:32.22 ID:bmGN+E5I
死は極めて主観的な問題だから、人に相談して解決できるものではないと思う。
現在のところ、自分が安心できたり、不安になれたりする話題に
向き合っていくしかないと思う。

934 :優しい名無しさん:2016/09/24(土) 22:58:33.42 ID:HmQzuk62
絶対に死ぬという確定事項が怖すぎる

935 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 00:19:30.31 ID:oEnyIXHa
せっかく何事もなく寝てたら死ぬ夢かよ。

936 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 00:27:39.76 ID:EIF0tAPT
人工的には死の無い世界は創造出来そう 脳に少し細工したらやれる しかしこの空虚感は拭えない

937 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 00:49:17.34 ID:Y1ml/ABW
>>929
夢のある話ではあるが、、
その話が本当だということの確証を得るにはまだ足りない
個人的な主観に立ってみれば所詮伝聞による想像にしかならないよ

938 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 03:19:21.12 ID:tLH1+3qn
てか有無が本当に解明されたとしても俺達に伝わることはないよな。伝わったら自殺テロの嵐になりそうだし。つまりどうあがいても死ぬまでに納得できるものは無さそうだな。

939 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 09:33:27.73 ID:DjrCY3+F
科学的に死後の世界や魂が証明されても俺はタナトだと思うよ
問題は結局今の自分のなかにある

940 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 09:45:42.31 ID:FHf1FvvA
わかる。生まれ変わりやあの世があったとしても俺は自殺なんてしないし、死にたくない。
だって俺は俺だし、今の俺が好きだから。
今の性格の今の人格の今の体格の今の国籍の今の性癖の、今の俺が好きなんだから。

生まれ変わっても次も日本人に生まれる保証なんてない訳だし、下手すりゃ動物や魚や虫になるかもしれないだろ?
今の俺は運良く人並みに優しく喧嘩もせずマシな性格になれたけど、
生まれ変わったら子供を虐待するようなDQNや人殺しも平気でやるような極悪人になるかもしれない。
そんなの嫌だ。俺は、生まれ変わっても、俺のまま、俺であり続けたい。

941 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 13:30:23.24 ID:fB+j7Iap
>>939>>940
それ、真の君の願いではなく、その思考が君本体だと思わせてるエゴの仕業だよ。

942 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 14:30:16.38 ID:DjrCY3+F
真我だのエゴだのそういうの聞きあきた
俺は希望に生きたいそれだけ
真我もそう願ってるさ

943 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 15:33:41.69 ID:d4B5s8Ye
この世界からいなくなるとか怖すぎる‥

944 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 17:20:48.75 ID:fB+j7Iap
>>940
>だって俺は俺だし、今の俺が好きだから。
今の性格の今の人格の今の体格の今の国籍の今の性癖の、今の俺が好きなんだから。

>生まれ変わっても次も日本人に生まれる保証なんてない訳だし、下手すりゃ動物や魚や虫になるかもしれないだろ?
>今の俺は運良く人並みに優しく喧嘩もせずマシな性格になれたけど、
生まれ変わったら子供を虐待するようなDQNや人殺しも平気でやるような極悪人になるかもしれない。

↑全てエゴの勝手な推測と幻想。
例えば君があれだけ絶対的に好きだった初恋の人、アイドル、駄菓子etc..今はそれほどでもないだろ?つまり君のエゴが作り出していたものは幻想だよ。
今絶対だって思ってる事や好きな事かが30年後も同じ価値観なのかな?
もちろん君は「死の恐怖や理不尽さは絶対だろ!」と言うかも知れんがそれもエゴが作り出した幻想だよ。

945 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 18:58:51.25 ID:oEnyIXHa
幻想でも幻覚でも夢でも実感があれば当人には大差ない。

946 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 20:57:20.27 ID:T/EPAOET
死の恐怖から己を守るために
自分というものに執着しちゃうから
迷いが生まれるってことでしょ

947 :優しい名無しさん:2016/09/25(日) 21:14:41.10 ID:DjrCY3+F
>>944そんな押し付けがましい言い方で誰も分かるわけないよね
それこそエゴだよ

948 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 00:58:50.88 ID:ETS2b220
エゴや幻想何でも上等 タナトに関心あるならそれでいい 今夜はフワフワ泡のよう

949 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 07:06:08.57 ID:VLVt7SH7
アニメとかゲームとかでスゲーってなる時あるけど現実世界の方がよっぽど凄いよな。普段考えないだけであって。

950 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 11:49:48.34 ID:iNfzd347
全然関係ない話するけど、
物質の組み合わせをかなり複雑化していけば、
それは人間のような知能や自我を持つのではないかと思った

951 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 11:53:06.54 ID:beG9Pyrs
それが今最も有力な言説でしょ
分子のスープから有機体が生まれ、とても長い年月をかけて進化して脳が発達し、自他を区別する能力がついて自我となった
そう考えるとこの私にはなんの意味もない偶然の産物だと苦しくて仕方なくなるけどね

952 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 12:19:53.43 ID:Rrr1Wyem
>>949
ほんま、無からこんだけ出来たんやからな。せめて江戸時代くらいに生まれて極楽浄土を信じられたらよかったのに。

953 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 16:42:24.30 ID:66mGItao
死んだことに気づかないのが一番怖い

954 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 20:34:55.01 ID:4ScamX3j
せめて、死が恐怖の対象ではなく、素晴らしいものだというふうに価値観を置き換えられれば
生きるのが楽にならないかなあ…。

死を素晴らしいものだと思い込ませてくれるような決定的な事例があればな…。

955 :優しい名無しさん:2016/09/26(月) 23:44:16.66 ID:hzTa/v6b
死への恐怖からネットをふらふらと巡っていたらここへ辿り着いた

突然で申し訳ない
成人迎えて少しした者だが、死への恐怖を抱いてから胸のあたりに生活に支障がないレベルの違和感が夜に近づくにつれて(昼間でもたまに)感じるようになった
同じような症状の人がいたら教えてほしい

956 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 00:18:18.95 ID:fBAL7UCb
それくらいの症状ならまだマシだと思うよ
ここには絶叫したり号泣したりする猛者?もいるから
ちなみに俺は死について考え過ぎて、パニックになって頻脈発作が起きたりした
今はもう治ったが

957 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 00:45:01.39 ID:mqeqizG1
>>954

>>896

958 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 01:40:30.26 ID:byDmuqIs
>>954
どういう風に素晴らしいのかにもよるけど、素晴らしいんやったら俺すぐに死んでまうよw

959 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 01:43:34.02 ID:B1SqTfC4
レスありがとう
マシってことは胸の違和感はパニック障害になるまでの過程(タナトフォビアの症状の中の一つの段階?)ってことなのかな?
自分が言ってる胸の違和感ってのが曖昧な表現すぎて変にアドバイスできなくさせてしまってるかもしれんが

あと眠りにつく瞬間に心臓が止まったと錯覚してびっくりして目が覚めるってのはタナトフォビアの症状にあったりするのかね

質問ばかりで不快に思わせてしまったら申し訳ない

960 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 01:55:43.23 ID:EIM6D+64
この時間帯になると家族が明日起きてこないんじゃないかとか自分が死んだ後どうなるのか想像して4時半くらいまで眠れない
日中は平気
宇宙のことを考えると怖いって人いるけどあんな感じ。宇宙は怖くないのに死ぬことも死を連想するものも怖い
急に悪化した

961 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 04:35:06.40 ID:mqeqizG1
タナラーって認知症は怖くないの?
軽い認知症じゃなくて家族や自分の名前やさっきご飯食べた事も忘れちゃうくらいの認知症。
ほとんど今の自我がなくなるのと一緒だと思うんだが。

962 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 04:46:52.96 ID:iLQ9BI1G
タナラーって笑
こえーよ。認知症は勿論一切の病気が
俺が不安障害だからってのもあるが

963 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 07:19:31.86 ID:diqSIJn0
他人事なら悟ったような台詞はいくらでも言えるんだけどね。

964 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 09:23:26.37 ID:whapH7Cy
>>950
そして、今生物を構成している有機物以外の物質でも
そこから生命ができあがるものとしての複雑な組み合わせに近いものを
作ることができれば、ある意味生命はできるんじゃないかと思う
だとしたら、ロボットとかに自我はあるのかどうかっていう

まあ、死について触れる機会の少ない現代だからこそ、この手の話題は
慎重になるべきだと思うよ。

965 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 09:43:24.24 ID:De3/Biww
人工的に自我は作れるかって話でしょ
人工知能は結局プログラムでしかないからほど遠いけど、いつか可能になるんかね
やだな

966 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 12:08:54.09 ID:whapH7Cy
全然関係ない話するけど、
生物の体というものは進化(変化)するけど、
生物の知能は進化(変化)しないんじゃないかと思う。

例えとして、高度な地球外生命体がいたら
多分タナトフォビアのような思考や感情を持っている生命体は出てくると思う。

967 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 17:54:54.65 ID:De3/Biww

原始人から現代人に知能の変化ないっていってんの?
進化論真っ向から否定すんのか

968 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 22:44:30.72 ID:fBAL7UCb
>>961
元ドリフターズのいかりや長介さんがその症状抱えてたな
死ぬのが怖いの高じてボケるの怖くなったとか
まあ結局亡くなられたのだが、、あの人はまだ生きてるような気がしてならない

969 :優しい名無しさん:2016/09/27(火) 23:41:27.92 ID:c+XnTa1l
>>961
むしろボケた方が死の恐怖を感じなくなるような気がする…。

970 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 00:34:40.97 ID:BGeIJRhq
それは死んだら死ぬの怖くないっていってるのといっしょだよ

971 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 00:51:38.96 ID:jnmx+WXR
すっげー不思議に思うのは、例えば何でもいいけど10〜20年くらいの間一回も自分の意識上に上がらなかった思い出(記憶)てあるじゃん?
小学生の頃の隣のクラスの印象薄くてほとんど面識なかった奴とか、幼い頃だけやってた早朝テレビアニメの合間に流れた地方CMとか
ふとしたきっかけで20年ぶりくらいにそれらを見るきっかけがあってそれを覚えてたってこと。
好きなことや印象深いことなら意識に上がらなくても覚えてるてのは解るけど、どうでもいいような記憶も写真とかきっかけがあれば意識に甦る、
そういう過去の記憶てどうでもいいことまで記憶してるのなら莫大なメモリーが必要だと思うけど
人間の細胞なんて日夜生まれ変わっているのにそういう記憶がどこにメモリーされてるか不思議だわ。死後の世界と関係あるかもしれんよ?

972 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 02:30:08.10 ID:rrM4RJyY
全ては脳に戻ってくる 今日はダラダラ不眠症

973 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 02:32:36.55 ID:gFhcdPWz
>>969
人間が認知症やボケるのは死の恐怖から逃げるためなのかも知れない。

974 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 03:37:33.42 ID:UBN1MMtl
まあなんていうか冒険が終わってほしくないよな。続きがあって欲しいわ

975 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 06:17:06.46 ID:rI63lnzt
>>57

「死にたくない」があるね

976 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 18:48:52.55 ID:lLgUF8L7
文化や倫理を完全否定して、強制的に唯物論を教え込むような社会が出来上がったら
マジでどうなるんだろうかと考える時がある
簡単に言うと、アニメやドラマなどの文化というもののない世界

977 :優しい名無しさん:2016/09/28(水) 20:51:26.77 ID:2IenQms9
おまえ自分で何言ってるから分かってんの?

978 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 00:02:22.16 ID:43y20+9a
いやはや何とも、今日はモヤモヤで終わり

979 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 06:46:37.29 ID:dgdhilS0
>>977
あのさ、俺にもう構わないでくれないかな。
俺の言いたい事意味分からなくてもある程度推測できるんじゃないの?

唯物論って虚無的な考えに結びつきやすいから、ある意味文化も倫理も道徳もこの考えで無くなってしまうかもしれないと考えられるだろ。

980 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 07:46:07.45 ID:59994cdl
いや、現代日本なんて殆ど唯物的やん
だからタナトやうつこんな多いんやろ
アニメやドラマなんてあっても、架空の創造物に過ぎないて一部の危ないやつ以外分かって見てるし
つか文化の代表格にアニメやドラマ出してる時点で色々おかしい

981 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 09:53:21.83 ID:K7p3/t9k
むしろ日本でこれほどアニメや漫画が世界に認められるほど発展したのは
無神論や唯物論者が他のどの国よりも多いからだと思った
フィクションの中には幽霊も神もあの世も生まれ変わりも全てあるからね
現実に無いから、ありえないからこそ、本当はあってほしいと望んでいるからこそ
色々な想像や願望を多くの人が具現化して世に出した結果が、今のサブカルチャー人気だと思っている

982 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 10:07:45.07 ID:59994cdl
んーそれはどうかな
日本は八百万の神とか妖怪とかいうように昔から色んなものに想像力を働かせて物質以上のものを見てきた
創作物が豊富なのは想像力豊かな民族だからだと思うよ
物質主義や無神論が主流になってきたのは開国して西洋の思想を取り入れてからだから
そのお陰で色んな病気を克服してきたと同時に生きる意味も喪失してきた

983 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 10:12:43.26 ID:59994cdl
日本の天才数学者岡潔は日本人は「情」の民族だって言ってたけど俺もその通りだと思う
だからこそ現代の物質主義的な潮流が肌に合わない人達が一つの逃げ道として作り出したのがサブカルチャーじゃないのかな
エヴァンゲリオンなんて正にそこら辺の葛藤が描かれてると思うけど
あんま好きじゃないけどあれ

984 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 11:16:59.79 ID:F3jDBTOh
>現実に無いから、ありえないからこそ、本当はあってほしいと望んでいるからこそ

これは凄く良く解る。否定するのと希望するのは別だからね。
例えば科学者に死後の世界はありますか?と聞いたり
今の若者に幽霊や天国や生まれ変わりってあると思う?と聞いたら
ほとんどの人が、「ない」と答えるだろう。

でもそう答えた人に、じゃあ貴方は死んだ後何もない無でいいと思ってるのですか?とか
無であってほしいと願いますか?と聞いたら
これも「そんな訳ない」とか「そんなの嫌だ」と答えるだろう。
もしくは「嫌だけど、仕方ない」とか「思いたくないけどそう思うしかない」という諦めか。

無神論者だろうが何だろうが死後の無については皆、
思ってるけど思いたくないし認めてるけど認めたくないし
生まれ変わりや霊なんて無いと笑っていても、
心の底では有ってほしいと願っているんだよ。
無くていいと願っているのは余程自分の生き方に自信や矜持があって強く生きた者だけだ。
そんな人だって、死の間際に目の前の無を意識したら、恐怖に震えながら死ぬのだから。

985 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 11:38:46.55 ID:59994cdl
大方の人間はね
でも永遠の命なんていらない終わらせたいて思ってる人も少なからずいる
自殺する人なんて大抵そうなんじゃないか

986 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 13:07:37.10 ID:vdGRlNJB
突き詰めればタナト患者と一般人の差なんて
死を常に意識しているかしていないかの程度でしかない
死んだら終わりという事や無の恐怖を、解っているのはどちらも同じだ
それを考えないように踏み込まないようにしているのが一般人で、
どんな時でも死が頭の片隅にこびりついて離れないのがタナト患者なのだ
親や身内の死、事故からの生還、癌を患う等切っ掛けさえあれば
誰だってタナトフォビアになる可能性はある

987 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 14:32:50.58 ID:59994cdl
少し違う
死を恐れない人もいる
例えばある哲学者は自殺した訳だが、うつだとか人生に疲れたとか何か不都合があった訳ではない
老後苦しむよりは今死んだ方が効率的だという理由から自殺した
幸か不幸か死の不安を感じない性質の人もいる

988 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 15:48:38.58 ID:vxHekFgY
>>984
>今の若者に幽霊や天国や生まれ変わりってあると思う?と聞いたら
ほとんどの人が、「ない」と答えるだろう。

いやいや、大槻教授みたいな人を抜かせばほとんどの一般人は死後の世界や幽霊は漠然と何の根拠もなく信じてるっしょ?
その証拠に大部分の人は夜中にひとりで墓地や心霊スポットへ行けないと思うわ。
逆にタナラーは死後の世界や幽霊は信じてないから心霊スポットも余裕だろ。

989 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 16:06:46.49 ID:ydm08L7f
幽霊を見たいというのはあるな。
実際に見ても幻覚と区別は出来ないが。

990 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 17:32:00.94 ID:q8lFDZGA
このスレでも以前幽霊に会いたいから
夜中の墓場や廃墟、心霊スポット巡りをしているが未だに幽霊に会えない
なんて嘆いている人や、過激なのだと犯罪だからやらないが
墓荒らしをして呪われたい、幽霊に殺されるのなら死後の世界があると
納得しながら死ねるのだから悔いはない、なんて書いてた人もいた

991 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 19:24:39.17 ID:59994cdl
何気なくfacebook見てたら自分が死んだ時にアカウント引き継ぐ機能みたいなのあって一気に気分悪くなった

992 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 20:32:09.41 ID:3smvkVEe
確かモーリス・パンゲだったと思うけど
日本人は古来より死後の世界の事に興味が無く
現在だけにしか興味が無いって話じゃ無かったか?
でもこれも大多数の日本人はそうであって
昔から無の恐怖に怯えていた人もいたって事なんやろうか?

993 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 20:39:09.01 ID:3smvkVEe
俺は上で おまえ自分で何言ってんのか分かってんのって聞いた者だけど
やっぱりこのスレは色々おかしい奴がいる。
唯物論と鬱病がどうして結びつくのか分からん。
俺の想像だけど鬱病になる人って人の気持ちとかを気にしすぎてなる人が多いでしょ?
俺にはどうしてもそれだと唯物論と結びつかないんだけど。

994 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 20:45:28.14 ID:59994cdl
>>993
ニーチェとか読んでみたら?
ちょっとは理解できるかもよ

995 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 22:05:34.69 ID:LhuPWAFD
>>994
我想うゆえに我ありとかいうやつ?
死後の世界があると思うやつには死後の世界が現象化するというやつか

996 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 23:01:33.97 ID:Bx5Dy4vK
それデカルトや笑
色々勉強してみそ
自分がこう思う感じる、だけでは世界は広がらないぜ

997 :優しい名無しさん:2016/09/29(木) 23:51:30.88 ID:43y20+9a
次スレたのむ!今日もまたボンヤリとまどろむ

998 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 00:07:57.85 ID:yqjrB86U
>>991
あーあるね。
死後の処理を誰に頼みますか?ってやつだよね。

999 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 00:50:31.45 ID:BNXSUg2C
【画像】女の競泳水着の?さwwwこの競泳水着??すぎて抜きまくったwwww
https://t.co/D5je5sNrew

SNSで「裸の写真送って」と言われたら?ある美女の返答が天才すぎると話題に(画像)
https://t.co/BbOIP3rXi9

1000 :優しい名無しさん:2016/09/30(金) 01:41:02.88 ID:Hsnn+0K0
新スレを立てました

■■■死恐怖症(タナトフォビア)28棺目■■■
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1475165872/


このスレの315と319をテンプレに追加し、

>>17-19 141 >>146 174 202
>>231-237 >>371 >>461 >>798
のように何度も書かれてきた、
生きる事やこの世の全てが無意味に感じるのが怖い人 を1のテンプレに追加しました


レスアンカー規制によりお見苦しい文章になったのをお許しください

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 130日 9時間 19分 56秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


297 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)