5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【金字塔】横溝正史 第参章 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無しのオプ:2017/02/07(火) 00:11:53.77 ID:98WVF9Ic
よろしくお願いします。
前スレ
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1472647710/

2 :名無しのオプ:2017/02/07(火) 02:54:49.95 ID:Yyy0Nc0n
>>1
スレ立て乙骨

3 :名無しのオプ:2017/02/07(火) 11:27:32.75 ID:kiCtCFAP
>>1


4 :名無しのオプ:2017/02/07(火) 23:04:18.36 ID:R3Y85Z+K
乙です

5 :名無しのオプ:2017/02/08(水) 17:14:38.13 ID:J0NXXWde
1000人の金田一耕助ってイベント本当に楽しそうね!岡山までは遠いな〜!って思ってたらニューヨークまで行ってるしどんだけアクティブなのよ
イベント参加した事ある人いるかな?

6 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 00:34:07.66 ID:7U0j+u60
金田一関係のイベントまで開催されてるんだ。
自分は横溝正史は金田一しか読んだことない。
『蝶々殺人事件』って有名だけど面白いの?

7 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 02:02:22.51 ID:B4G5wfjh
面白いからぜひ読むべき。

8 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 07:13:35.05 ID:ODeZNRM8
2017年に至って尚、横溝正史を語るというのは
さすがに無理があるだろう

9 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 09:31:18.56 ID:UMw9Jgrt
そうか?

10 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 17:05:03.59 ID:k0afxh42
悪魔が来たりてさ、何も風神だか雷神の彫刻に火炎太鼓のスタンプ作る必要なくね?
身体検査でもするなら別だけどさ、コンパクトにスタンプだけ作ればレコードスイッチ入る
仕掛けしてる訳だしそのどさくさの間に処分出来るし、停電の暗い中彫刻取りに席立って
押して又戻すとかSUPER無駄で危険な行為だと思うけども、しかも火炎太鼓の印で何で
皆おののくのかいまいち説得力が無いわ、火炎太鼓が暗示めいたモノなら同じ年頃奴が
身近にいるんだからバレバレじゃんね

11 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 17:15:28.28 ID:Sr4B/nFP
>>火炎太鼓のスタンプ作る必要なくね?

死仮面の強引さの足元にも及びませんが・・・・・

12 :名無しのオプ:2017/02/09(木) 18:53:32.67 ID:KeanYPVj
>>10
>彫刻に火炎太鼓のスタンプ作る必要なくね?
>身体検査でもするなら別だけどさ

されたら誰にも復讐できないまま終わるから、用心するのは大事

>火炎太鼓の印で何で皆おののくのかいまいち説得力が無いわ

印の本当の意味もそうだが、「子爵の生死を占う場で、子爵が自殺前に手帳にわざわざ書き残した紋章」が突如出てきてら怖いよ

13 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/09(木) 21:44:01.26 ID:KX58VUvQ
ふと思うた、蝶々は本格ミステリとしては面白いが、由利先生が正攻法な名探偵キャラな
せいもあって、理詰めで堅苦しいとの印象を持たれぬかと。

14 :名無しのオプ:2017/02/10(金) 08:51:37.87 ID:aH5NYC6L
>>10
色々細かいこと言いたかったが
SUPERで噴いてしまい割と全てどうでも良くなった
SUPER無駄で危険な行為を楽しむジャンルだよ

15 :名無しのオプ:2017/02/10(金) 12:56:04.68 ID:r5XamDmU
Kindle合本、半額だよ!

16 :名無しのオプ:2017/02/10(金) 22:33:57.52 ID:q+GmdZqq
ちょうど笛読み終わった。映画版テレビ版とごっちゃになってあれ?と思いつつも引き込まれる展開で一気に読んでしまった
自分もあの風神雷神はリスク大と思った。暗闇の中でデカいの持って移動も大変だしもともと殺す予定無かったんだし判子で十分かと
電気ついたら皆あわてて二階に行くから隠すゆとりはありそうだし芋に彫っていざとなったら食っちまうとか
というか砂占いの装置がいまいちイメージできないけど錐つけた円盤の下に像を差し込めるのかとも思う

17 :名無しのオプ:2017/02/10(金) 22:37:34.60 ID:q+GmdZqq
ええと初めて書き込んだけどこのスレはネタバレOKなの?
あと火焔太鼓が現れたのは錐つけた円盤の下とは限らなかったな。差し込む必要はないか

18 :名無しのオプ:2017/02/10(金) 22:59:34.25 ID:8zofQdjh
つうか木彫り彫れてブラインドタッチで独語タイプ打ててあれもこれもやれて、
フルートまで吹けて犯人のスペックスゴくね?
金田一もいつのまにかスタンプ作れてるし

19 :名無しのオプ:2017/02/10(金) 23:15:05.74 ID:+1ZQwDRY
まー、1万年に一人という大天才の 精神的奇形児ですからぁ(棒

20 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 04:46:05.74 ID:xN9OuGmG
>>17
そんな大したネタでもないし動機部分に触れなきゃ別にいいんじゃね?
じゃないと何も話せないぞ、ネタバレ駄目とかなると又発行順とか表紙の話題ばかりでツマンネ
てかネタバレされて困るようならこんなスレ来てないでさっさと読めって感じ

21 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 10:04:25.92 ID:B7+loLBg
>>16
同じく昨夜笛読了。今は笛がアツいのか…?

kindle合本、もうちょっと安くなるのを待ってますわ

22 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 10:55:57.04 ID:iKfVd9wk
>>18
毎度犯人はすざましい能力や目撃されない強運の持ち主ですからなあ
特に笛での犯人はあれですからそんなに器用に素早くあれこれできるのか疑問に思う
>>20
ありがと。確かにネタバレ無しだと会話にならんね。そか表紙や発行順中心の時代もあったのか
先人の労苦に敬意を表しつつネタバレは基本気にせずそれなり配慮でのぞむことにします
>>21
悪魔の笛はなぜ流行る?奇遇ですなあ。時間があれば感想など書いてください

23 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 11:01:50.62 ID:g8OZ+IKA
まぁヒロインがブサなのは評価出来るなヒロインって美少女にしがちだから

24 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 16:16:36.26 ID:Bmjlm3Se
>>16
>暗闇の中でデカいの持って移動も大変だしもともと殺す予定無かったんだし判子で十分かと

その疑問については作品中で触れてたよ
「最初から判子でよかったじゃない」と菊江のセリフがあり金田一が説明してる

>芋に彫っていざとなったら食っちまうとか

芋判かw
時代が時代だから、犯人が使用する前に誰かに食われるかもしれんリスクがありそうだw

25 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 19:12:48.19 ID:5OdTVvGQ
幾らなんでも蒸かさないと喰えんよ・・・・・

26 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 19:56:42.02 ID:UvLfXF2n
ドラマの影響で脳内で駆け回ってくれたヒロイン役の檀ふみさんと、指輪を食べさせられたウツボカズラが読んでいてなんか愛おしく思えてしまった。 >笛
別荘でのチョメチョメは、想像すると…(´・ω・`)

27 :名無しのオプ:2017/02/11(土) 20:42:13.01 ID:14HziQO9
>>24
芋は持ち歩くのも変だし置いておいたら食べられる危険性があるけど風神雷神像なら置いてても食べられる事はないからな

28 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/11(土) 21:26:35.43 ID:wqgEP4im
笛は近日中にNHKプレでオンエアーされるかもしれぬゆえ、
再読=予習にはグッドタイミングかもなー。
キャスティングの公表が待たれるところだ。
最大の注目点は、やはりヒロイン美禰子を原作準拠でいけるか否か。

29 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 12:33:36.92 ID:3AC9sXd4
>>24
あの金田一の説明を読んだ上での疑問。殺害が突発的かどうかと像にするか判子にするかは直接関係無いのでは?
脅すだけの予定でも、芋を厚さ二センチにスライスし火焔太鼓を彫ってポケットに忍ばせておく方が様々なリスクを回避できると思う
戦場で死線くぐり抜けてきたようだし生でも食える、問題は食っちまう時にボリボリ音がしそうなことだ

30 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 12:55:27.78 ID:xX3x9OKS
風神雷神像なら犯人にとっては無料だけど、当時の東京なら芋はまだまだ貴重だから勿体なかったのかもねw

というのはさておき、そんな難しく考える事ではなく、単純に芋判なんて頭に浮かばなかっただけで「掘って作るといえば木、像の底なら部屋に置いておけるし材料費もタダ、お〜俺ってすげ〜天才かも」ってその程度の理由じゃないの?
俺もこのスレ読むまで芋判なんて思いつかなかったぞ

31 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 13:03:17.64 ID:m1nlPAiG
芋なんか持ち歩いてたら、菊江が「あらまたおじゃが!」と騒ぐじゃないか

32 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 13:18:25.05 ID:WvYTZ/Z0
子爵も死んで他も殺しまくって消費量激減するんだから芋の2cm位何でもないだろ

33 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 14:52:04.22 ID:4g8aT3sA
>>32
一日中買い出しに奔走して帰ってきても夜ご飯はお茶漬けだよ、芋2センチだって貴重だよ

34 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 15:03:18.84 ID:ciMRvNXt
ちょっと焼き芋食べたくなってきた

35 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 18:01:26.35 ID:WvYTZ/Z0
笛は詰め込みすぎだなタイプライターの下りも要らなかったと思うわ

36 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 20:28:59.36 ID:nZ4QBV0z
それよりもA=X、B=Xだから、滅多に見つかるはずのない替え玉探しも案外簡単とか推理しておいて、
結局犯人が飯尾と椿子爵、両方と知己を得たのは偶然だったのがちょっと引っかかった。

37 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 21:23:07.49 ID:Tmn32Y/G
芋は加熱しないと食えません!人間には十分消化できないんです。サルやイノシシじゃないんです。
トロロ芋なら良いが。でも子の場合は砂だらけになってこれまた食えません。じゃりじゃりですわ

38 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/12(日) 22:42:42.37 ID:3LvPLaKn
芋判ネタはワロタ。
事件は凄惨なものばかりにもかかわらず、本陣の密室トリック、
獄門や手毬唄の見立て殺人等、読み方によっては笑えるもの多し。
ただし、兄妹による近親相姦が招いた悲劇とテーマがあまりに深刻過ぎて、
笛は笑いどころが皆無と言い得る。
勿論、横溝御大はどの作でも、金田一のキャラ以外にはユーモアを意図はしていないで
あろうが。

39 :名無しのオプ:2017/02/12(日) 23:26:40.88 ID:IZQOlvMp
毎度毎度死に様のダイナミックさはじわじわ来る

40 :resumi:2017/02/13(月) 02:33:24.61 ID:U6uRJnGy
https://goo.gl/cNjLLK
本当だよなー。。

41 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/02/13(月) 07:28:05.71 ID:bjavoe0t
僕思うんてつ
文庫本はもっと変色しにくい紙にしないとって
敢えて紙の本を選んてゆ人って、製品として大切に保管したい人たと思うんてつ
そしていつか誰かに、コレクソンを褒めて貰いたい、凄いと思われたいって、皆心の中て思ってまつよね
ても本棚に保管してまつてもヤケてたやカッカリ…
紙質上けて紙の本の価値を高めた方か良いと思うんてつ
何と言っても場所を取やない劣化しない電子書籍は強いてつよ
十年後は電子書籍圧倒的になってゆんさないてつか?
今の紙質さ、勝てないてつよ

42 :名無しのオプ:2017/02/13(月) 08:08:21.62 ID:3rsYthXE
でも、それだと本の価格が上がらない?

43 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/02/13(月) 08:58:30.80 ID:bjavoe0t
てもても、売れないかや、在庫抱えて倉庫代とか、かさむんさない?たかや高くなってゆんさない?
紙なんて変色しにくい紙に変えてもそんな高くなりまてん
高くなゆ原因はそこさないんてつ
昔も今も、紙の価格はさ程変わってないんてつ
ここ20年、配送費や人件費も同して、物価上昇率に対して文庫本は異常に高いんてつ
漫画のコミックスはここまて価格変わってないかや、文庫本を上手く捌けない出版社の問題なんてつ
売れないと普通の企業は内容量をわかやないように減らしたり、値上けすゆのにも相当に覚悟しまつ
ても出版社は、売れないかや値上けしてんたよ、という開き直りの傲慢さかありまつ、たかやこんなにポンポン値上けてきゆ
売れないのは時代とか作品の問題とか、電子書籍のせいにしてゆ
本の品質は最重要てそ
今の時代、わさわさ紙の本を選んてゆ消費者のニースに応えてない
一度倉庫に戻ってきまつた本のヤケをカットして再利用、違う本屋に並へてゆ
あれに当たりまつた時の怒りは物凄いてつよ
消費者をナメてゆ
あと、シャケットのセンスもとうにかして欲しいし、新潮は講談社や文春のようにピカピカの表紙を導入すへきてつし、逆に他は新潮の紐栞を見習って欲しい

44 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/02/13(月) 09:02:55.25 ID:bjavoe0t
ハートカハーの紙は上質て変色しにくいてつよね
小さい文庫本は安価たかや、すく変色すゆ
ミトユスペックの文庫本か、僕は買いたいてつ…

45 :名無しのオプ:2017/02/13(月) 13:09:07.52 ID:h7pEVH6t
紙ヤケといえば、ペーパーバックなど日本の文庫とは比較にならないほどひどい
ところが、最近、ペーパーバックにも紙質改善の大きな動きがあって、現在、小説以外の
専門的な本 (ノンフィクション、歴史、科学解説書など) は、中性紙 (acid-free paper) を
使った出版物が急速に増えている

ここ数年、文庫では岩波の紙質が良くなったように思う、また、角川の藁半紙みたいな紙
は、意外なことに紙ヤケしにくかったりする
うちの本棚で一番紙ヤケがひどいのは中公文庫、ただし、最近は改善の兆しが見られる

46 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/13(月) 17:09:01.02 ID:yP/awU0i
文庫で紙質が一番良いのは講談社文庫じゃね?
創刊時はセールスポイントだった。
残念ながら横溝作品の収録は無い。

47 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/02/13(月) 19:27:51.04 ID:bjavoe0t
中公文庫、凄くわかゆ(^_^;)
新品は綺麗てつけと汚くヤケゆ
岩波は紙質は良いかもしれまてんけと、上部の汚さか異常
あれ、ホント意味わかんない
講談社って、紙質良かったんてつね
実感てきないてつ…
角川は、岩波程さないてつけと、上部かキサキサて汚い、と思ってたんてつか、あれのお陰て上部ヤケか目立ち難いという利点かありまつ

48 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/13(月) 20:54:56.25 ID:VTMylraq
>>39は、特に犯人の死に様に顕著か。
本陣は「それ」がトリックそのものなわけだが。

49 :名無しのオプ:2017/02/13(月) 21:16:18.61 ID:3rsYthXE
てつまつくんは文庫本に詳しいね

50 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/02/13(月) 21:17:42.91 ID:fITgD+Ll
うん…恥つかしなかや、否定はてきまてん

51 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/14(火) 20:40:42.09 ID:8Dyz0sW3
サンデー毎日最新号の下記の記事は、一応要チェックかもなー
昭和のテレビ「横溝正史シリーズ−西岡善信が明かす古谷一行の金田一秘話」
ペリー荻野 毎日放送「横溝正史シリーズ」、工藤栄一監督

52 :名無しのオプ:2017/02/23(木) 00:49:53.17 ID:5Y91nH4Y
通貨ペア
ユーロドル

先ほど見事なロスカットを頂きました
1247万円

本日、開店前にホームセンターに並んで
ロープを買って
自宅で逝きます

ありがとうございました

53 :名無しのオプ:2017/02/23(木) 20:48:13.22 ID:rWZBfPaz
オウム真理教に殺害された坂本堤弁護士(深夜自宅に押し込まれ一家皆殺し)が住んでいた団地の他の住人(7世帯)は、
全員事件の起こる半年前より後に越してきた人達だった。

そのうち五世帯が創価の会員世帯。
神奈川県警は初動捜査の段階で、この住人達全員に行動確認をかけていた。
その矢先に城内康光県警本部長の婦警へのセクハラ疑惑や
生活安全課の警視がノミ屋(もぐりの馬券売り場)を開帳していた疑惑が突然次々と出始めて、
行確をはずしたら、マスコミからの疑惑追及は止まった。

それで勢いの付いたオウムは脱会信者の家族らを次々とVXガス(今度の金正男殺害で使われたのと同じもの)で襲撃。
当時の官房長官だった野中広務は
北朝鮮詣でから帰ると出所不明の大量の金を政界にばらまき始めて、自民党の実質的な党首におさまり
公明党を政権へ引き込んだ。

ネトウヨもいないし、韓流ブームもまだ無い頃だったけど、あの頃から俺達の国はもうおかしかった。

54 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 10:22:51.42 ID:Msj21qit
すみません、
横溝正史は戦時中は小説で軍靴の音を嫌っていますが
戦後の犬神家の一族では佐清を指して戦前の男は皆こうだったのだと
謹厳実直な性格を回顧しています
戦前戦中戦後、良い面も悪い面もあったということでしょうか?

55 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 11:13:27.45 ID:wtgC6/Ch
そうでしょうねとしか言いようがない

56 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 11:25:46.07 ID:Msj21qit
>>55
最近は右翼とか左翼とか分断する傾向があって
でも横溝氏でも戦時は感じてた嫌な部分と
戦後の自由主義に嫌気が指したところがあって
それで戦後に戦前戦時の良い部分も再評価する事もあった、って事なんでしょうかねー
反戦の橋田壽賀子ですら、
おしんで戦後は何でも自由自由、
自由だから女付き合いも自由って事なんですかね、って
男の性にふしだらな所を批判してるんです
難しいですよね
水木しげるも反戦の人ですが作品に東條英機の霊が出たら敬服してますから
やっぱり、日本男子、軍人の気骨は褒めてるって事でしょうね

57 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 12:25:18.91 ID:wtgC6/Ch
なんでもかんでも反戦9条があれば大丈夫中国が攻めてきても反撃するな
というのと
この前の戦争は日本にとってよくなかった戦争をできるだけしないで日本を良くしたい
というのはイコールじゃないからね

58 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 12:31:42.37 ID:Msj21qit
まあ一番今のネトウヨを作ったのが
戦後の反戦派作家なんでしょうねえ
山崎豊子だって反戦唱えながら遺作では自衛隊に焦点を当ててるじゃないですか
反戦を訴えるにはそれと同時に戦争と向き合い
その向き合う過程で高揚した部分に毒されているのではないかとも思うんです

59 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 13:13:01.31 ID:K6u37mT9
何事にも両面あるんだね

60 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/27(月) 21:43:19.27 ID:ZOxaf+gG
しかし、戦前の日本を否定ではないかもしれないが、
作家横溝御大の場合は、やはり戦後〉戦前〉戦中でしょ。
何しろ自由にミステリの創作が可能になったのだから。
この辺の歓喜の様はエッセイからも明らか。

61 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 21:45:24.06 ID:11fBFOJ4
とうに既出の話題ではある

62 :名無しのオプ:2017/02/27(月) 21:56:41.12 ID:+loN2OJO
創造は制約から生まれるというし
統制政治が横溝の想像力を多いに醸成させたのは否定できないよね
乱歩は戦後にしぼんだようだけど(´・ω・`)

63 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/02/27(月) 22:30:31.77 ID:ZOxaf+gG
いかに横溝御大とはいえ、本陣や蝶々クラスの作品構想が、
そう短期間に成立したとは思えぬゆえ、戦時中に練りに練ったはず。
この辺の創作過程も興味深いものがあるが、
創作ノートの類は刊行されていないんだな。
清張作品の「黒い手帖」のような簡略なものでもあればと思うた。

64 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/02/28(火) 00:27:29.68 ID:usviZ7HK
手塚治先生とか、明かりの灯ゆ大阪の街を見て戦争か終わった!これかやは漫画書き放題たって嬉しかったそうてつか、鬼畜米兵の統治下てまともに夢を追えゆと思ってたんてそうか
結果的に成功しまつたわけてつか、敗戦に絶望しない神経かわかりまてん
普通不安て不安て仕方ないと思うのてつか

65 :名無しのオプ:2017/02/28(火) 18:59:23.62 ID:OCC8PLxI
>>63
芋助です。その説はワロていただき光栄です。
横溝御大(この響き好きなので使わせてもらいます)の創作ノートはあるのですか?
ググると存在しなさそうですが…

66 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/01(水) 00:03:26.53 ID:wB89W5xo
刊行物どころか、横溝御大の創作過程は大乱歩や清張先生と比較しても
詳らかになっていないでしょ。

67 :名無しのオプ:2017/03/01(水) 03:10:49.51 ID:Q+ohtkKA
横溝正史読本見たら大分思想は分かるだろ
新聞エッセイ集もあった

68 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/01(水) 20:58:10.92 ID:wB89W5xo
読本やエッセイからわかるのは、御大のおおまかな創作姿勢や考え方かと思う。
(特に本格ミステリに関するもの)
個別作品に関する記述は少ない。
楽屋裏は見せない主義なのか、そんなものは読者は面白くないと思ったのか?

69 :resumi:2017/03/01(水) 21:39:17.25 ID:DpKTgfsI
https://goo.gl/CEXoRo
うわー、結局原因これだったのかー。

70 :名無しのオプ:2017/03/03(金) 04:25:08.67 ID:kyi6JIoV
取材エッセイなどは確かに知らないが
本人があんまりそういうネタの切り売りで売りたくなかったんだろうね
今で言うと芸能人のプライベートの切り売り、炎上商法みたいなもので
これは言い過ぎだけど自分からセルフプロデュースするよりかは作品書いてた方がマシだと
それに清張ブームで随分長い間、意気消沈してたようだし
とても自分の作品の舞台裏なんて言える雰囲気では無いでしょう

71 :名無しのオプ:2017/03/03(金) 05:16:48.41 ID:akIJRLDd
「斜陽」に感銘を受け新作を構想し、ほとんどの人間関係やプロットは出来上がって、
太宰に対抗して「落陽」ってタイトルで予告までしたのに、
何かが脳内でストップかけて筆が止まり、行き詰まって近所を散歩していたら、
植村泰一少年がフルートの練習をしていたのに出くわして、
「ゆ!び!・・・だぁ!!!」
と猛然と「悪魔が来りて笛を吹く」を書き出したという話が大好きだ

72 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/03/03(金) 05:48:27.89 ID:7qmiENGU
ウケゆ!
推理小説好きのサガには勝てない横溝先生カワイイ(^^)

73 :名無しのオプ:2017/03/03(金) 08:29:13.09 ID:0FkCkuIj
>>71
落陽なんてちょっともじった便乗パクリだろって批判で注目されようと思ったけど
そこはタイトルにもこだわる先生だからね、
やっぱりそういう商法はあかんだろうと思い止まったのだろうね

74 :名無しのオプ:2017/03/03(金) 08:31:10.91 ID:0FkCkuIj
でも定期的に火がつく太宰と違って
横溝先生はたまにメディアが特集しても全然火がつかないな

75 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/03(金) 12:12:15.90 ID:cShBiDGi
というか、代表作(金田一シリーズのみなのが残念だが)は角川文庫でロングセラー
として完全に定着。今更、PRの要無しかと。
最近でもBSでのドラマ化はあるし、CSでの再放送は盛んだが、
横溝原作ドラマを地上波で見かけなくなったのは単に規制強化の関係でしょ。

76 :名無しのオプ:2017/03/03(金) 21:37:34.59 ID:PQ50+ioq
新作作っても石坂古谷は超えられないからな

77 :名無しのオプ:2017/03/04(土) 02:32:38.16 ID:C5aj0nv1
>>73
「落陽」じゃ安直過ぎて、カストリ雑誌の連載みたいだもんなw

78 :名無しのオプ:2017/03/04(土) 08:33:05.00 ID:BPMH+2PR
構想時は、メインは没落貴族の乱れた性関係だったろうからな。それに流行りの帝銀事件を加味すれば充分面白い。
だが80点では発進できないのが当時の横溝。「指」で100点の感触を得るまで神憑り的な何かがブレーキかけてたのか。
凄いよなー。

79 :名無しのオプ:2017/03/04(土) 08:42:15.24 ID:P9eH3XWD
悪魔の寵児の三太記者が好きなんだけどニッチな作品なので知名度低くて残念
早苗?さんだったっけ、相手役も妖艶な幼さがあって良かったねー

80 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/04(土) 23:54:49.00 ID:uKZZxmjI
悪魔の寵児は、あのえげつないトリック(ザーメンねた)では映像化出来ないしなあ(w
かと言うて、あのくだりをカットするのも難しい。
映像化の機会に恵まれない作は、それなりに読み継がれても知名度が低くなり、
おのずから話題になることも少なくなるのは致し方あるまい。

81 :名無しのオプ:2017/03/05(日) 11:24:25.38 ID:QBHVjCiU
>>80
書斎魔神さん、悪魔の寵児に興味あります?
自分も中古書店で買ったんですけど買って最後まで読まない横溝作品もある中で
あれだけは1日と読み離れる事もなくちゃんと読了したんですよ
横溝氏も評価されないのが残念と仰っていたようですが
あれは風間氏が女性実業家が好きと言ってる面でも
女性は昔から活躍してた証左の第一級の資料ですよ
色々と個性的なキャラクターと謎が謎を呼ぶストーリー展開に振り回されるんですよねぇ

82 :名無しのオプ:2017/03/05(日) 11:46:15.40 ID:ESaeaDLt
jet漫画では、あのトリックはカットされてた?

83 :名無しのオプ:2017/03/06(月) 03:28:31.76 ID:I/WUQvVM
>>80
あんたは低脳だって聞いた
マジか?

84 :名無しのオプ:2017/03/06(月) 08:55:12.36 ID:Zjw6yvGO
>>83
その表現っていいの?
書き換えられてる?

85 :名無しのオプ:2017/03/06(月) 09:29:10.04 ID:1K3Zq3gp
トンデモ本と同程度。

86 :名無しのオプ:2017/03/06(月) 10:55:19.88 ID:mtKF74zH
角川文庫も昭和の何年代かのは変色してなくて真っ白っけのがあるよね

87 :名無しのオプ:2017/03/06(月) 21:50:28.41 ID:idDAWp27
この作家のどこが好きかって聞かれると
他所者を受け付けない田舎の因習などの世界観

だからという訳ではないが都会が舞台の作品は好きになれない

88 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/06(月) 23:58:05.08 ID:CsiQNFC9
>>87のような「東京もの」否定という者は、横溝作品読者にも結構多いかと思う。
確かにあの濃厚な横溝テーストは封建的な田舎を舞台にしてこそ、より活きて来る
という感はあり、代表作・傑作とされるものは殆ど「田舎もの」(w

さて「悪魔の寵児」は春陽文庫収録作品と被らず角川文庫でしか読めない。
その意味では貴重な「東京もの」、
作品数が絞られた後の金田一耕助ファイルシリーズにもセレクトされてはいる。
俺の手元には杉本画伯が表紙カバーを担当した緑背旧版があるが、
表紙からエロ全開(w
久々に再読してから、評価してみたく思う。
金田一東京もの中でも、特にえげつない感が強く、今までは再読を拒むものがあった。
幽霊男、吸血蛾、白と黒、支那扇の女等々は再読もしたのだが。

89 :名無しのオプ:2017/03/08(水) 02:35:41.29 ID:8jRCkwEG
「悪魔が来りて笛を吹く」って
金田一さんが調査のために神戸へ行ったりするけど、
殺人の舞台は東京よね

90 :名無しのオプ:2017/03/08(水) 06:01:24.93 ID:ri4/pNpZ
そう。

91 :名無しのオプ:2017/03/09(木) 02:17:45.93 ID:oTx2EJPp
淡路島で尼さん一人殺されてるけどね。

92 :名無しのオプ:2017/03/09(木) 19:12:13.86 ID:Rwstyow2
東京を舞台にした作品もけっこう好きだな。
金田一1巻目の『本陣殺人事件』でも、別に「黒猫亭事件」が収録されているからこそ
金田一がどんなふうに生活しているのかが分かるし、戦後、焼け跡で復興を遂げつつ
ある東京と人々の熱気なども伝わってくる点がいい。

金田一が活躍した戦後は、日本が世界にも類を見ない高度経済成長を遂げた時代。
このことはホームズが活躍した英国の絶頂期ビクトリア時代と同様、大きな特徴を持つ
時代背景として作品の中にも刻印されている。

黒猫亭は獄門島のすぐ後(昭和22年)の話で、このころ金田一は彼のパトロンでもある
風間俊六の世話になり、大森の松月という割烹旅館の離れ座敷に居候している。
翌年には八つ墓村の後、金田一は銀座三角ビルの最上階に事務所を構え『死仮面』の
事件調査にあたっている。
死仮面の舞台は川島女子学園という学校で、金田一があの風体で女子高に出入りする
様を想像するだけでも何となく可笑しい。

『女王蜂』は月琴島と東京という、島の因習と都会のモダンをミックスした興味深い舞台を
用意している。このころ(昭和26年)になると、戦後の荒廃ぶりはすっかり影を潜め都会の
華やかさが描かれるとともに、金田一は新聞社の宇津木慎介に人物調査を依頼するなど、
自身の情報網を拡大していることも分かる。

昭和30年前後になると、金田一は世田谷区緑ヶ丘のアパートに事務所を兼ねた住居住い。
このころの事件には、『扉の影の女』、「トランプ台上の首」(『幽霊座』に収録)、『三つ首塔』
など、けっこう面白い作品がある。
夜の風俗やエロ・グロ世界を描くことの多い都会編の中でも、「扉の影...」や「トランプ台..」は、
カタギの生活圏を舞台にしているため、ゴテゴテした風俗描写がなく、これはこれでスッキリと
読みやすい作品になっている。

昭和35年『白と黒』の時代になると、冒頭、日本シリーズをTV観戦する話で始まり、事件現場
は団地という、もはや戦後ではない現代社会に突入している。
一時は社会派推理小説に押され、苦汁を嘗めた横溝作品ではあるものの、そこには期せずし
て、戦後日本の社会復興の様が刻まれているのだった。

93 :名無しのオプ:2017/03/09(木) 19:17:04.54 ID:Rwstyow2
さらに、もうひとこと加えておくと――
田舎を舞台にした作品だけを評価した場合、金田一登場以前、戦前から終戦直後まで書かれ
た由利麟太郎シリーズの作品が無視されることになってしまう。

女怪盗との対決を描いた『幻の女』、謎の美少年を養子にしたことで次々と怪事件がひき起こ
される『仮面劇場』、刑務所を脱走した怪人白蝋三郎が活躍する「白蝋変化」(『花髑髏』収録)
など、戦前の横溝作品には、戦後の金田一シリーズとはひと味もふた味も違う、別の面白さを
備えたスリラー小説が色々と控えている。

(金田一スレでない)横溝正史スレとしては、できるだけそうした由利先生シリーズや、初期の
幻想風味が強い横溝作品なども、積極的に取り上げていくようにしたい。

TV版金田一シリーズなど、由利先生シリーズの話を無理やり金田一に交代させ、由利作品の
存在を塗り潰すようなことまでしているため、私たちがこうした場所で積極的に由利麟太郎の
名前を取り上げ、忘れないようにしないと、横溝ファンからもどんどん由利先生の名前が消えて
いってしまうという事態にもなりかねない。

白髪のダンディーな中年紳士、由利麟太郎の勇姿をTVで拝める日は、果たして来るのだろうか…
https://pbs.twimg.com/profile_images/448330014702854144/JVW0JDBq.jpeg

94 :名無しのオプ:2017/03/09(木) 21:30:36.91 ID:kZuA57yk
>>93
由利先生物の映像化って
見たことがない映画の「蝶々失踪事件」と
石坂浩二の土曜ワイド劇場「蝶々殺人事件」くらいかな

95 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/09(木) 23:37:46.19 ID:l7oeWwzY
東京メインの作品は数多いのに、代表作・傑作にまで名を連ねるのは笛ぐらい。
病院坂は晩年における渾身の力作なのはわかるが、冗長に過ぎた。
全盛期に完成させておけば、もっとコンパクトに纏まった佳作足り得たのでは
ないかと惜しまれるものあり。

96 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 01:05:47.51 ID:ii9gYSpW
>>95
芋助です。病院坂いいですよね。数年前に読みましたが、どこでか忘れましたが落涙しました。
映画の記憶はもっとおぼろげですが、うまく処理したなあと読了後に思いました。
ただまあ冗長なのは確かです。どうコンパクトにできるか考えながら読み直したいと思いつつ、長さに怖気づいて手が出せません。
今月中に悪魔の寵児を読もうと思っています。またご高見を賜りたいです。
>>92
含蓄ありすぎて言葉が出ません。落ち着いて考えて愚見を申し上げ、あらためてお教えいただきたいです。

97 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 06:01:32.16 ID:0Rjl/qMq
良く、「老いの繰り言」などとも言うが、晩年作は冗長でまいったw
仮面舞踏会などは長すぎて途中で放逐してしまい、10数年後にふと思い出して
結末を読んだくらいだが、しかも大して面白くなかったな(笑)

98 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 07:05:34.35 ID:8cfL5UQx
>>94
> 石坂浩二の土曜ワイド劇場「蝶々殺人事件」

この作品なども、金田一を演じている石坂浩二が由利先生役をやっているため、
これまた由利麟太郎の影が薄くなる原因に一役買っているんだよね

金田一の蓬髪にお釜帽のトレードマーク同様、由利先生の特徴である若い白髪
の容姿は、ぜひ映像化でも実現して欲しいと思う

99 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 08:11:19.64 ID:8cfL5UQx
病院坂は自分も好きな作品で、早く読み終えてしまうのが惜しくて読むペースをセーブ
しながら読了した記憶がある。

戦前の家父長制の中で生きてきた著者と、私たちのように戦後の核家族化の世代では
家や一族というものに対する理解や頭脳に大きな隔たりがあるためか、本書冒頭の血縁
関係の複雑さはパズルさながら。
こんな奇妙な人間関係をサラリと描いてしまう横溝先生スゲーと唸るところから、自分は
この作品に魅了されたような気がする。

前半の舞台となる昭和28年といえば、金田一はまだ松月に居候し八面六臂の活躍をして
いた時期にあたる。
当時の映画を観ていると、戦後派を意味するアプレゲールやアプレということばが流行し
盛んに口にされていたことが分かる。
この物語の犯罪が起きるのも、こうしたアプレの若者たちジャズバンドで、世間の大人達
からすれば、無軌道な若者たちが起こした猟奇犯罪ということになるのだろうと思う。

前半は、ことばにも古い言いまわしが多用されており、それが当時のまだ薄暗い場所が
多く残されていた東京の風景と相まって時間の隔たりを感じさせられる。

後半は一転、高度経済成長を遂げビルが林立する昭和48年の明るい風景に一転する。
時は春、桜が満開の時期というのだから前半とのコントラストも鮮やか。

そうした現代(作品発表当時)の風景の中で、金田一と等々力探偵のコンビも戦友といった
渋い関係に変り、双方とも第一線で活躍していたころにはないある種の倦怠がうかがえる。
個人的には、こうした金田一の晩年の姿を作品として残してくれたことに感謝したい。
それもこれも、1970年代の横溝正史復活という奇跡的できごとがあったからこそ成立した。

本書後半、金田一はあるトラブルに見舞われるのだが、一説によれば、横溝正史はそこで
金田一を死亡させるつもりではなかったのか、という話も囁かれている。
あるいは、作者の中では死んでいて、読者に死を知らせていないだけなのではないか。
横溝正史ほどの作家になると、豊富な人生体験や知識が作品にも反映されており一筋縄で
いかないようなところがあると思う。

100 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 08:16:10.82 ID:aKB55JQs
>>97
仮面舞踏会は笛などの没落華族に対し繁栄華族を描いた面白さ、横溝御大らしからぬ犯人は良かったと思います。
ですがむしろ、飛鳥公爵のけっこう食べてるように思えるたったこれだけの朝食とか、忠僕?の旺盛な食欲とか、食べ物が印象に残ってます。
>>98
びっくり箱殺人事件はどう思われますか?
30年前に読んだ時はわりと面白かった気がします。

101 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 08:24:09.56 ID:j53B6aOh
(´・ω・`)社員のヌードをホームページに掲載しているリコーの子会社が
あるがな
https://goo.gl/5ekT6a (超100キロ級デブ女子社員ヌード)
https://goo.gl/UJ2PTh (20代のイケメン社員ヌード)
https://goo.gl/srwC3j  (50代のおばさん社員ヌード)

わしはリコーの弱みを握っとるからこんなものばらまけるがなw

リコーがもみ消しを図る不祥事
https://goo.gl/z897ya

102 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 08:33:23.36 ID:8cfL5UQx
>>100
> びっくり箱殺人事件はどう思われますか?

好きですよ。
以下、前スレで書いた自分の発言を編集し採録。

--------
いま 「びっくり箱殺人事件」 を読んでいるところで、徳川夢声をモデルにした一座の
ドタバタ劇で、始めから終わりまでコミカルな文体で突き進むも、結末はまだ不明。
短編かと思い読み始めたら、けっこう長編だね。

ちょうど読了したので感想を書くと、予想以上にトリックがしっかりしていたのと話の
辻褄もきっちりと噛み合っており、ミステリーと物語が予想外に上手くできていること
に感心した。 (ただし、先生の作品らしく相変わらず動機は弱い)

ヒッチコックの映画 『ハリーの災難』 みたいに、さまざまな偶然が折り重なり犯罪が
遂行されていくのに加え、文体がふざけた調子なので、トリックも犯人も見極め難い。

脂ののった作家が軽く流したような作品ではあるものの、あの当時(昭和23年) この
作品を書けたミステリー作家は、やはり国内には横溝正史しかいなかったと思う。
18章あるタイトルのほとんどが有名な映画から借りたもので、そうした点もオシャレ。

おっと、あと、びっくり箱の方には金田一は出てきませんね。

103 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 08:34:59.86 ID:8cfL5UQx
>>102  誤記訂正

採録 → 再録

104 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 11:09:05.96 ID:umYTG76h
「びっくり箱殺人事件」自分も面白かったです
「呪いの塔」などの戦前作品に出て来る魔都東京の雰囲気がいいですね
「黒蘭姫」や「幽霊座」も同じような雰囲気
後年の東京作品がエログロになってしまったのが残念です

105 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 15:19:09.95 ID:P4gdR66/
ここ10レスほど内容濃すぎてわくわくが止まらない
そして皆何となく影響が見て取れる物言いをなさるね

106 :resumi:2017/03/10(金) 17:02:15.83 ID:ELwQfDq2
これは本当なの?
ショックすぎる。。
https://goo.gl/9SNb6l

107 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 19:01:34.01 ID:Wo+lQCx7
芋助です。
>>102
ここにつけるレスではなかったですね。すみません。金田一以外の流れのつもりでした。
再録ありがとうございます。「相変わらず動機は弱い」 は受けました。
トリック、辻褄もしっかりしてますか。御大は傑作でもそこが……だったりですが、こんなおふざけ的作品で意外な気がします。
というかそれが御大の凄みなんでしょうね。読み返したくなってきましたが、後回しにします。
>>92と同じ方でいらっしゃいますか?それならコテハンを名乗られてはいかがでしょうか?
私はこのスレは新参で、何十年前に読んだり観たりの作品が大半です。
いろいろご見解をうかがいたいですが、やり取り増えるとわかりにくくなりますし、ぜひご検討ください。

108 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 19:12:13.50 ID:Wo+lQCx7
>>104
やっぱり評価されるべき作品なんですね。うれしくなってきました。
私はクリスティなど洋物に続いて金田一を読んだので、御大の雰囲気を味わいつつもトリックや辻褄にモヤモヤ感がありました。
びっくり箱はおぼろげな記憶ながら面白かったのはモヤモヤがなかったからかもしれません。

「黒蘭姫」最近読みました。金田一の事務所が出てくるのがうれしいです。
デパート内の喫茶店でそのトリックはしんどいのでは…と思いましたが、全体的にはまあまあ面白かったと思います。

109 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 19:17:35.77 ID:PGZO9Xbz
>>105
私もそうです。興奮気味で長文連投してしまいました。
「影響が見て取れる物言い」とはどういう意味でしょうか。

あらためて>>102さんへ
さんざん既出の話題ばかりでしょうが、お時間があれば新参者にお付き合いくださいませ。

110 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/10(金) 19:37:57.00 ID:7REFfF1S
迷路荘、仮面舞踏会、病院坂、悪霊島はいわゆる横溝ブームというものが
なければ現存する形では存在しなかったと思われるので、
ファンとしては、出来栄えはともかくとして、残っただけでも良しとすべきかもしれぬ。
当時の空気としては、あの横溝御大の新作が読めるというだけでも非常に嬉しい
気がしたものである。
このところのレスは俺も面白く読んでいるが、少し気にかかった点を数点記してみたく
思う。
・仮面舞踏会の犯人を横溝作品にしては異例と評したレスがあるが、「白と黒」未読?
自分は新刊で読んだ時は、またこの犯人パターンかという感があり、驚きは少なかった。
元を辿れば御大が愛読したエルのYに行き着くのであろうが。
・金田一の行く末に関しては、横溝御大自身がテレビ出演インタビュー時に
「行方知れずになりにけり」にすると明言していたし、病院坂のラストそのままでОK
かと思う。そのまま読んでおけば良し。
上記インタビュー時には、アガサの「カーテン」が話題になっており、
金田一はポワロのようにはしないという(前記したYの探偵役レーンの最後も同様だが)
示唆も込められていたように思う。
・由利先生シリーズのクローズアップは俺もかねてから主張しているところである。
まず、三津木&等々力ものと併せて集成して欲しい。
横溝御大の生んだ名探偵は金田一のみに非ずということを広く知らしめて欲しく
思うている。
・最後に何とも軽妙なびっくり箱だが(w
本作の角川文庫の紙質が妙に良かった(白っぽい感じ)だったのを記憶している向きは
いるだろうか?

111 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 20:24:51.99 ID:PJsPyOyT
犬神家の一族で女は力で制した方が服従させられる事を佐武は分かっているのだ
というような事が書かれていますが今だとそういうのは書けないですよね
でも女王蜂のヒロインは乱暴されそうになったら大声上げるわよとも相手の男に毅然とした態度を取っていますし
画一的に女は弱いものとして書かない所は好感が持てますね
悪魔が来たりて笛を吹くの君江さんですか、あの人もなかなか知的な大人っぽさがあって好きでした

112 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 20:28:07.58 ID:PJsPyOyT
>>104
中編だと扉の影の女も僕は大好きです。
人面瘡も良いですね。

113 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 20:32:14.64 ID:PJsPyOyT
>>92
扉の影の女はやっぱり面白いですよね。
冒頭の枯れ木の表現を「ほうきを逆さにしたような」という表現はすぐに絵が浮かんで好きです。
三つ首塔も完読しました。やっぱりラストシーンが泣けますね。

114 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/03/10(金) 20:35:39.22 ID:QJhFLZjL
レヘユか高過きて、ついてゆけない(/_;)

115 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 20:52:48.62 ID:PJsPyOyT
横溝作品は基本的に短編でも男女のドロドロが絡んでますので
そういうのが苦手な方にはおすすめできません
女王蜂でも女性同士の恋愛を「邪恋」と表現してますが今の感覚だと言い過ぎだと言われるでしょうね
横溝作品は息を吐くようにポンポンと性的倒錯を挟んできます

116 :芋助:2017/03/10(金) 21:06:22.00 ID:bLu0GjCq
>>110
70年代生まれなので、その当時の雰囲気は知りませんでした。
けど、なんとなくですがわかる気もします。仮面舞踏会の解説は少し感動した記憶があります。
白と黒は30年前に読みましたが団地のドロドロだったかなくらいしか記憶ありません。
印象は読んだ順番にもよるのでしょうか。最近「また心臓弁膜症の少女か」と思ったりしました。

117 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 22:16:18.75 ID:h4eI9VNF
物語として一番面白かったのは八つ墓村
ミステリーとしてはイマイチかも知れないけど
冒険小説としては傑作だと思う

里村典子役を能年怜奈でドラマ化して欲しいな
そして寺田辰哉役を俺で(笑)

118 :名無しのオプ:2017/03/10(金) 22:30:01.74 ID:PJsPyOyT
>>117
あのヒロインも今だと人権団体から抗議来そうですね
随分とやりにくい世の中になりました

119 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 11:22:52.07 ID:3BwRTm2U
映画化してもなかなか原作を上回ることは出来ないよね
比較的良い出来だったのは映画「悪魔の手毬唄」
磯川警部役と犯人役の俳優さんの演技が素晴らしかった
温泉旅館の息子の演技が棒だったのはご愛嬌

120 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 11:37:26.97 ID:zxV1QBhr
しかし、中の人は歌名雄どころではない数奇な人生を送っていて、それはそれで味わいが

121 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 12:26:15.46 ID:3w/igbZD
wikiで北公次について調べたけど確かに数奇な人生だね
でも俳優としての才能は無かったのかもな

122 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 13:03:33.10 ID:BZSAU+qi
>>119
あの悪魔の手毬歌だけは原作を超えていた
横溝先生もスタッフから太鼓判の出来と聞いて納得してたみたいだしね

123 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 13:46:11.85 ID:BTq4D+4K
何にでも太鼓判押すお方じゃなかったの?

124 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/11(土) 15:09:13.40 ID:RH0NWqSf
獄門の三姉妹がОKなら、BSなら典ちゃんのキャラ原作準拠で大丈夫でしょ。
本陣の鈴ちゃんも。
ただし、のんちゃん起用は大人の事情もあって無理かと。
あの子なら典ちゃんにも鈴ちゃんジャストフィットしそうで残念な感はあるが。

125 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 15:22:32.53 ID:yTGwDxh2
うん、「悪魔の手毬唄」は良かった。
山村のロケ地、俳優陣、脚本ともに原作をうまく生かした作りになっていた。

手毬唄の岸恵子、犬神家の高峰三枝子の両者は、さすが大女優の貫禄で、
原作を上まわる魅力を画面から放っていたと思う。

ミステリー系の日本映画では、松本清張の映画ではあるものの『砂の器』、
『天城越え』なども、奇跡的に監督の実力を上まわる良作に仕上がっている。

砂の器 (1974年)
https://www.youtube.com/watch?v=2P4QIeJm440

126 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 17:36:26.18 ID:IMlolM8T
>>123
そうだよ、おおらかだよね
おおらかすぎて「作者も太鼓判」が全くアテにならない作家というイメージ
でも逆に作者がどう言った言わないを気にせずファンがファンサイトやブログで
あれは好きだあれは嫌いだと個人的な感想を純粋に言い合える感じがして有り難い
有り難う横溝先生と思う

自分は映画の手毬唄がどうにも嫌で
一般的には評判がいい作品だと知って吃驚したくらい
市川崑の石坂金田一は断トツで犬神家が好き

127 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 18:47:47.56 ID:xLVCKHuT
>>123
市川版手毬歌見たら分かる
自分はテレビドラマ版の6話分のだったかな、
あれは原作のに過剰な演出足した感じで駄目だった
かなやんがこの家は呪われてる〜って感じに言うのウザかったな

128 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 18:49:59.03 ID:xLVCKHuT
>>125
砂の器よかったねー
作者の清張をしてあれは映画じゃないと出来ないと言わしめたからね
中居正広版のも良かったよ

129 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 21:49:32.40 ID:Ns9w8RiE
あの映画は加藤 嘉が自分の息子を庇って
涙ながらに発した「そんな人知らねー」という台詞が印象的

130 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 23:29:35.84 ID:0z9xj1i2
悪魔の手毬唄は
@古谷一行の連ドラ全6話 A市川崑・石坂の映画版 B稲垣版の2時間ドラマ
3つを見たけど原作への思い入れが強すぎるせいかどれも微妙に感じて
今のところ「これがダントで好き」という映像作品がない。

古谷連ドラは時間も十分にあってか切るとこ切りつつ丁寧に出来事を追っていて
人間関係も自然と頭に入ってくるし事件の内容とその性質を汲んで作られていると感じる。
青池リカの配役も演技も一番しっくりくる。ただ上の御方も仰る通り歌名雄がクドい。
千恵子と里子のいい子ぶりを演出するような会話シーンを入れ過ぎたし、
全体的に青池兄妹とその周辺の若者がスポコンのような雰囲気で若干邪魔に感じた。
人となりをしっかり描くことでより悲しみを誘う効果はあると思うが
もう少し控えめにして4〜5話にまとめられたら丁度良かったのではと。

市川崑の映画はただでさえ時間がないのにしょっぱなから余計なシーンを入れ、
その後もトータルでドラマと同等かそれ以上かというほど余計なシーンまみれ。
必要性の分からない無駄設定も多く放庵の人物像も崩壊。
歌名雄は連ドラの熱さに女々しさを足したような人物でいちいちピーピー泣き喚き気持ち悪い。
予告で「里子が殺された〜」という一言を入れてしまうあたりもちょっとどうかと。
「市川崑の映画」としても「金田一耕助が主人公の映像作品」としてもかなり苦手で
二度三度と見る気にはなれなかった。

稲垣版は押さえるところは押さえてあの時間にうまく収めつつ
ひたひたと迫るおそろしさや犯人の愚かさ悲しさを出せていて全体的には悪くないが
自供シーンが激しすぎて困惑した。
それだけならまだしもそれに対して最後の千恵子と歌名雄の会話シーンの雰囲気が
あまりに軽くチグハグである程度は悲壮感レベル合わせろよと思った。
連ドラや映画の歌名雄の熱さを少し分けてもらったら丁度いいんじゃないかと。
そしてあそこまで口頭で全貌を解き明かす時間をたっぷり取れるなら
放庵殺害の動機をただの口封じと説明し片付けるのではなく
犯人に仕立て上げるにはこれ以上ない人物であり真犯人がそれを狙った旨加えてほしかった。
本筋と関係ないがコントのようなウィッグも地味に気になった。誰も止めなかったのかアレ。

131 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 23:32:34.18 ID:0z9xj1i2
基本的に亀の湯の人々に喋らせ過ぎないでほしい。

映画と小説は違うし長編を2時間そこそこでという場合
描き切れない部分があろうというのは大前提だけど
原作にある何かを省く以上に原作にない設定やシーンを足していて
且つそれが終盤に向けて生きているとも思えず終わると
「いやあんなの入れるくらいだったらもうちょっとさ…」になる。

132 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/03/11(土) 23:39:28.54 ID:GFvyl2q4
脚本の荒たけて映画を語って欲しくないんてつけと…
市川手毬歌、あの寒々しい、それていて懐かしい昭和の雰囲気なんか最高てそ
脚本も、あんな複雑な人間関係をまとめあけまつたたけて合格てそ

133 :名無しのオプ:2017/03/11(土) 23:41:35.84 ID:0z9xj1i2
ああでもこうして改めて書き出してみると
手毬唄はどれも良心的に作られてる方かな。

古谷連ドラの八つ墓村や女王蜂、
渥美清主演の映画八つ墓村なんか酷かったもんな。

134 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 00:04:03.63 ID:/mVO8Hff
>>128
>清張をしてあれは映画じゃないと出来ないと言わしめた

そりゃクライマックスでは捜査会議と演奏会を同時進行させつつ
演奏会の音楽がそのまま回想シーンのBGMになるんだから凄いわ
そりゃあんな事は映画でしか出来ないよ

135 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 00:19:11.06 ID:e+QPX1cT
スレ違い甚だしいが、最近橋本忍は「幻の湖」について、
なんであんな怪作を作ってしまったんですかと訊かれ、
「砂の器が凄すぎて、私に意見できる人が映画界にいなくなってしまったのです」
と言っていた。確かに寅さん八つ墓村でも好き勝手やってた感じだな

136 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 00:36:49.56 ID:NluW6JpS
>>135
渥美金田一って主人公のビジュアルで不評なのかと思って
そんなの全然気にならんわいと観てみたけど
最後の犯人のビジュアルの方が大問題だわな
完全にハロウィンパーティー

渥美版に限らず八つ墓村は割とどれも犯人の動機や末路がなおざりになっていることが多くて悲しい
そこが重要だと思うんだけども
典子カットは致し方ないと思うわ
手毬唄の日下部カットもね

137 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 01:54:05.09 ID:SZS3pCFh
>>129
これね

138 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 02:01:03.77 ID:SZS3pCFh
>>130
稲垣版のつまらなさは異様だった
ヒロインの御殿がチープだし犯人の霊体が湖の向こうに遠ざかっていくCGも陳腐
八つ墓村はむちゃくちゃ面白かったのにな
あの稲垣手毬歌からもう稲垣金田一はやっていないしそれは相当、叩かれたんだろうな
ある意味では横溝ブームに終止符を打ったのが稲垣手毬歌
あれせいで金田一作品=作るの恥ずかしいみたいな風潮が出来た

139 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 02:09:42.16 ID:SZS3pCFh
>>135
>>136
八つ墓村はやっぱり影丸穣也の漫画版が傑作だなあ
NHKの番組で真山仁が「あの影丸穣也の八つ墓村」と横溝ブームの象徴にあげていて
それから通販で買って読んでみたけど確かに迫力と論理が高い次元で面白かった。
原作を踏襲しつつかつなぞる訳でも無く改変の部分にも読んで納得できる説得力を持たせるという
流石にブームの火付け役になったと言われるだけの傑作だよ

140 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 07:50:33.71 ID:lUK7tcDA
>>138
まじかい
感じ方は人それぞれなんだなあ
自分は石坂版悪魔の手毬唄、期待値高かったのもあるけど結構がっかりして
他はまあこんなもんかなという感想なんだけど
確かに稲垣版はあれ以降途絶えてるな

稲垣版は八つ墓村は勿論他も全体的に良い仕事してたんで
一度躓いたくらいでめげずに粘ってほしかった

ゆかり御殿みたいな変なセンスやCG丸出しの部分は
悪魔の手毬唄に限らず稲垣版全体にちょくちょく見られたんで
最初は気になってたが段々気にならなくなってたな

141 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 09:29:01.40 ID:5rfaL3eR
八つ墓村は金田一耕助役を石坂浩二で映像化して欲しかった
その上で内容的に原作に忠実な八つ墓村を見たかった
洞窟の出口での典子とのシーン、糸を使った宝探しのシーン、
実の父親とのシーン、春代の告白のシーン等々

洞窟の中でいきなり犯人が鬼のメイクに変身するとか
無駄な演出は要らないので、原作に忠実な映画「八つ墓村」が見たい

142 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 09:54:06.12 ID:gGD5dHyE
映像化したものよりも先に原作を読んだ場合、
自分の頭の中で登場人物の容姿をイメージしますが、
そのイメージを遥かに超えてきたのが犬神家の一族の坂口良子
本当に可愛らしかった

でも娘がAVに出演したりして、今頃天国で泣いているだろうなあ

143 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 09:58:59.99 ID:e+QPX1cT
坂口は珠世のつもりでオファー受けたらしいけどw
衣装合わせでモンペ渡されて唖然としたって

144 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 10:55:29.50 ID:hnZdlpXA
>>140
あの悪魔の手毬唄の現代版ドラマ化という事で期待し過ぎた面はあるかもしれない。
先入観なしのまっさらな気もちで見たら面白かったかもね

145 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/12(日) 13:50:41.44 ID:yp8Yd147
各映像化作品の評価が人によって大きく分かれているのが面白い。
初期のミステリ板では、松竹八つ墓=完全NG、古谷金田一シリーズ手毬唄=良、
ATG本陣の志乃ちゃんの旦那金田一逝ってよし!…等々の定番の評価があった。
まあ、いかにも原作信奉者多数の頃らしいかと(これが決して悪いわけではない)
今思うと、松竹八つ墓ぐらい脚色を加えてしまうと、
最早、原作と比較してどうこう言うても仕方ないという感もある。
横溝作品は映画の素材に過ぎず、
ゆえに、このような行為そのものに対する批判というのは有りかと思う。
(余談ながら、清張先生の「砂の器」などはよりこの点が顕著。
ミステリとしては見せ場の一つである堕胎トリックの完全カット、
原作にはない父子の巡礼シーン、世代交代を示唆するラストの改変等々、
映画は別物化していると言い得る)
横溝作品代表作中では、笛が東映映画版(西田金田一逝ってよし!)も古谷金田一も、
共に出来が芳しくない。
原作準拠(特に自称悪魔退場のラスト)での再度の映像化を期待しているのだが、
前に話題になったNHKBSでのドラマ化はぽしゃってしまったのか?

146 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 16:08:23.41 ID:sqoHnHYr
三つ首塔、たった今読了しました。

金田一耕助の出番が少ないのね、これ。

147 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 16:19:10.99 ID:M8RSo2N8
三つ首塔の金田一については、出番の多さではなく珍しく人命を救ったことの方を評価してあげよう

148 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 19:28:40.39 ID:hnZdlpXA
三つ首塔はキチガイが多過ぎる
夜歩くよりはマシだがそれでもヤバイ
黄金の指紋は好き

149 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 20:08:04.67 ID:icP40319
エロ描写が多いせいかちょっと苦手な系統だったなぁ >三つ首塔
金田一が出てきた時ものすごくホッとしました。

150 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 21:07:30.77 ID:hnZdlpXA
>>149
悪魔の寵児でエログロ言われるならあれはもう乱痴気ですかね。
主人公自体がレイプされた話を後々なりそめの切っ掛けみたいに話してるじゃないですか。
レイプされても真心が裏にあると分かったら全て正当化されるんですかね。
何か色々倒錯していて自分はこんなの十代に読まなくて良かったと心底思いましたよ。
100%学校の図書館には置いていけない類の本ですね。

151 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 21:28:01.39 ID:y+lvXfHT
落とされた枯れ井戸の中でも死体横目にパコパコしてたのって三つ首塔だっけ?

152 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 22:30:03.46 ID:hnZdlpXA
幣原さんが戦後、総理大臣になった時に記者がまだ生きていたのかと驚いたらしいけど
横溝先生も宅に訪問した角川春樹氏に驚かれたというね(笑)
家族の人が出ると思ったらまさか本人が出たという

153 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 22:30:50.69 ID:hnZdlpXA
>>151
そんなことしてません
する気もないほど二人は衰弱していました

154 :名無しのオプ:2017/03/12(日) 22:51:51.99 ID:M8RSo2N8
>>151
おそらく自身の潜在意識の中にそういうシーンを望む願望があったのだと思う

155 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 00:37:43.72 ID:e1aanyS7
>>151>>153
いや、俺もしてたと記憶してたぞw
こんなことしてたら死んでしまうみたいな科白を覚えているんだが
>>154
151ではないが俺も言われてみれば助平な潜在意識のなせる業かもしれんので、読み返してみるわ

156 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 01:18:15.70 ID:mxd4ljc0
本当に読んで書いてるのか疑わしいなw

157 :154:2017/03/13(月) 02:10:06.70 ID:0sWZ1XlZ
いま『三つ首塔』を読み直してみたら、穴蔵の中での情交シーンあった。
音禰さん、このあたり(包み隠さず)かなり赤裸々に手記へ綴っているんだね。

  「あなた……あなた」
  とつぜん、私は激しい情熱の嵐につつまれた。
  「あたしを抱いて……あなたの強い腕で力いっぱい抱きしめて……」
  「よし!」
  男は懐中電灯の灯を消すと、暗がりのなかでいきなり私を抱きすくめた……。
  こうして真っ暗な地の底で、奇妙な私たちの愛情の生活がはじまったのだ。
                       (中略)
  生きてふたたびここから出られないかもしれないという棄て鉢な気分と、地底の
  暗闇という異常な環境が、私たちから、人間なみの羞恥やたしなみをむしりとって
  しまったのだ。生きているうちに、たがいの愛情の泉を汲みつくそうと、私たちは
  暗闇のなかで、二匹の飢えた野獣のようにからみあってはなれなかった。

こうやって抜き書きしてみると、(女性の手記らしく)うまく露骨なことばを避け、文章で
表現しているためか、生々しいシーンという印象は薄いかも。 (言い訳ですがw)

158 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 02:18:39.74 ID:0sWZ1XlZ
ただし、死体が投げ込まれるのは上のシーンから七日ほど経ってから。
そのころには二人とも衰弱しているため、助平なことはしなかっただろうと思う。

159 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 04:11:44.70 ID:t/ImEwEM
>>152
失礼な話だよな、当時まだ70才くらいでしょう?
確かに当時の平均寿命は超えてるけど、生きてる人は生きてるって(笑)

160 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 09:33:39.51 ID:VkYQKRZC
(´・ω・`) 「超一流企業」が公式サイトに社員ヌード掲載しとるがな
https://goo.gl/GefcMp
わしは会社の弱みを握っとるからこんなものばらまけるがなw

その会社がもみ消しを図る見苦しい不祥事
https://goo.gl/fz1pHu

161 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 10:49:21.06 ID:UeOm1ev5
>>158
死体が投げ込まれるまではさんざんやりまくって、飢えもあったがそれで衰弱してたw
そこで飲食を得られたのだが、「音禰、次は自重しようや(苦笑)」というセリフがあったから
意識的に自重しないと、死体のそばでもやりまくる勢いはあったようだw
いや、うらやましい

162 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 12:13:46.17 ID:40gcRYb8
いやほんとお盛んで読んでいてクラクラした >三つ首塔

163 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 12:39:53.23 ID:0sWZ1XlZ
自分みたいにリアルにものを考えてしまう人間としては、そんなロマンチックな
空想にふける気はしないなぁ....

おそらく実際にそういうことが起きたら、井戸の底は数日で糞尿の臭いが充満
して、非常に不衛生かついたたまれない状態になっていると思う

164 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 14:08:40.28 ID:7TnMUr5s
ロマンチック…?

165 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 16:51:13.26 ID:7/HrxcW4
三つ首塔はまだ読んだことないや
以前古谷一行のドラマを見た際
原作の面白さが全く想像できないくらいわけ分かんない内容でそれ以来何となく後回しにして今日に至る

お嬢様がある日突然見知らぬ男との結婚を条件に莫大な遺残の相続人に指名されるが
相手の男と思わしき人物は即行殺され
自分を強○した男に連れ回される形で
遺産相続に関わりのある親族達の痴態を見て回る大冒険みたいな話だっけ

166 :芋助:2017/03/13(月) 17:05:20.71 ID:MQd8mu5D
>>165
だいたいそんな感じですね。

死体が持参した赤ん坊の頭ほどのおむすび5、6個もいちゃつきながら食べてた気がします。
井戸の描写は記憶にないですが、二人プラス死体でも余裕な広さだったんでしょうか。
全体的には、推理小説としては微妙ですが、冒険小説としては楽しめ、一人称語りから横溝御大の芸風の広さを味わえる傑作と思います。

167 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:12:02.21 ID:7hKWZHoj
何だか、頭の弱いハーレクインちっくな話だけどなぁw

168 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:36:07.32 ID:khjr4JOa
>>155
井戸の中に落ちて上から蓋された話でしょう?
パコパコは八つ墓村の洞窟での主人公と典子の話では
闇が二人の羞恥心を奪ったという描写

169 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:37:54.79 ID:7/HrxcW4
長い作家人生の中でこういう物を書いたこともあった、くらいの気持ちで読むならアリなのかな
自分のようなにわかや初心者に積極的に勧めたり
一般に向けて映像化するにはやや危険な気がする

170 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:38:43.54 ID:khjr4JOa
>>157
なるほど、してたんだ。
確かに横溝先生は性的描写の詩的表現がうまいんだよなぁ

171 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:40:59.30 ID:khjr4JOa
三つ首塔に出てきた全身に金粉を塗ると皮膚呼吸が出来なくなるというのは現代科学で否定されている
布にクロロホルムを染み込ませて相手を昏睡させるのも有り得ないとか

172 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:42:47.20 ID:XL6gIgja
>>166
いちゃつきながら食べてたんじゃなく、女が衰弱してたから男が一度咀嚼したやつを食べさせてた…って書き方だったよ

173 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 17:49:57.54 ID:7/HrxcW4
>>171
まあ横溝作品に限らずそういうのは多少は仕方ない
当時そう信じられていたり定説みたいに言われていたわけで

174 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 18:15:01.61 ID:QIwIsdCx
手鞠唄は色々印象違うもんだね
自分は映画見たあと原作読んだから映画の方が良かったかな

犯人の最後の告白と磯川警部の気持ちがきちんとでてて良かった。
告白しときながら千恵子を襲うのか当時はらはらした。

唯一は道のトリック解きは映画に入れて欲しかったかなー
あと原作の最後の放火はムチャ過ぎる気がしたかな

175 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 18:22:11.70 ID:knlIvlz8
三つ首塔は真野響子と黒沢年雄の暑苦しさがぴったり
脇役の方たちも毒々しいし食あたりしそう
ある意味原作を超えたのはこのドラマかも知れない

176 :芋助:2017/03/13(月) 19:08:24.35 ID:MQd8mu5D
>>171
それショックです。佐智君もこの手で珠世さんを気絶させたので?!
>>173
まあそうですけど確か「おれ飲み込んじゃったあ」とか楽しそうに食べてた気もします。

177 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/13(月) 19:16:01.59 ID:u/1pQj76
三つ首や寵児のような超通俗小説も書け、それなりに読ませてしまうのがエンタメ作家
としての横溝御大のある意味での「凄さ」と言えるかもしれぬ。
本格ミステリ作家としての「顔」を好む向きは抵抗感ありかもしれぬが
(俺も当初はそうだった)
だが、仮にも(?)ミステリである三つ首で超自然現象を示唆するようなことだけは
止めて欲しかった。
非常に御大らしからぬものあり。
戦前の「かいやぐら物語」のような狙って書いた幻想譚ならともかく。

178 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 21:59:24.18 ID:pxxkGnqo
三つ首塔
そもそもあんな動機で何人も人を殺すかよ普通
殺人現場に置いてくる「モノ」に疑問を感じた
あの犯人がなんでそんな真似をするんだよって

179 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 21:59:55.81 ID:L7j8DlJ3
>>176
Q1: クロロホルムで人間を気絶させることはできるか?
「できません」

 クロロホルムをハンケチに数滴垂らして、相手にそれを嗅がせて気絶させるというシーンはラノベに限らず良く出てきますが真っ赤な嘘です。
 クロロホルムで気絶させるには相当量を吸引しなければならず、ハンケチに染みこませて口元に押し当てるだけでは絶対に気絶しません。
 (気分は悪くなるかもしれませんが……)

 さらに、クロロホルムを気絶するほど吸引すると、腎臓や肝臓に回復不能な障害が発生することがあるので、「気絶→腎不全→死亡」となりやすいです。
 また、クロロホルムが肌に触れると爛れるので、口元に押し当てたりすれば酷いことになります。
 最悪、火傷のような一生消えない傷痕が残ります。
 現在、クロロホルムが人体麻酔用に使われることはありません。
 希に動物の麻酔に使われることはあります。
http://www.raitonoveru.jp/howto/64a.html

180 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 22:54:34.22 ID:bexMIfOz
動機と言えば獄門島もひどかったような気がする。

181 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 23:00:43.88 ID:0sWZ1XlZ
いくら動機がしっかりしていても殺人はいかんよ!

182 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 23:16:38.31 ID:L7j8DlJ3
悪魔の寵児の犯人の動機は同情に値するが何なら直接恨みの本人を殺ってしまったらよかった
あの風間某だっけ、愛人3人やられても素知らぬ顔って感じだったな
ハッピーエンドなのに全く感動しなかった(笑)
三つ首塔はぶるわー(´;ω;`)ってなったんだが

183 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 23:23:04.15 ID:e1aanyS7
>>172
だからさ、そういうのも変形エロ描写なわけよ
俺みたいなエロ好きは作者が仕掛けたエロスは余さずすくい上げるから三つ首塔は好きな作品だけど、人によっては抵抗あるだろうね
ただ、他の作品ではほとんどエロスは感じないので、たまにはこんなのも書いてみるか的作品だったのかもしれない

184 :名無しのオプ:2017/03/13(月) 23:26:15.97 ID:L7j8DlJ3
横溝作品の悪漢がよく「うっふっふ」って笑うけど今ならただのオカマだな

185 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 08:14:14.60 ID:xfDkp1la
うっふっふって金田一耕助も笑ってた気がする
お釜帽って原作でもかぶってたかなあ?

186 :芋助:2017/03/14(火) 08:23:29.02 ID:rpFVZnQ7
>>167
そう言われたらそうかもしれませんね。
10年ほど前に読んだのに犯人が全く思い出せませんが、音彌があまり賢くなさそうたなあと思った記憶があります。
珠世さんほど策士でなくてもいいですが…

187 :芋助:2017/03/14(火) 08:29:17.31 ID:rpFVZnQ7
>>185
金田一も含め多数の人が「うっふっふ」でした。大げさにいうと横溝御大お気に入りの表現なんでしょうか。
男だと何となく気味悪いと思いました。「迷路の花嫁』で男がそう笑ってたような気がしますが、思い出せません。

188 :芋助:2017/03/14(火) 08:34:26.91 ID:rpFVZnQ7
>>179
ありがとうございます。一通り読みました。勉強になりました。ライトノベル作法研究所には笑いました。
そういえば青酸カリでも直後に発症しないとどこかで読んだ気がします。創作では便利に使われるが実は違うというのはいろいろあるんでしょうね。

189 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 09:21:24.84 ID:BSuhv3aC
>>186
ちょっとあの懐中時計の裏に指紋付着させるやり方は今読むと引きますね
作中でも珠世は相当犯人扱いされてはいましたけど

190 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 09:23:31.49 ID:BSuhv3aC
>>188
カルシウムなども不足してイライラするレベルだと本当は死んでしまうそうですよ
筋肉や心臓はカルシウムを栄養に動いてますから
これが不足するという事はもう死ぬ寸前です
イライラの原因は自律神経などでしょうね

191 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/14(火) 12:25:31.30 ID:jos9GQEb
音禰ちゃんは今の評価ならヤリマンで決まり。
なぜか横溝スレのねらーには人気無いんだよなあ。
珠世さん、智子さん、早苗さん等のヒロインキャラはそれなりに人気はあるが、
鈴ちゃん、典ちゃん、鶴ちゃん等のロリコンキャラに支持は集中する。

192 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 12:48:07.57 ID:yi6lhXqI
昼休み設定か

193 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 13:33:57.69 ID:H7t2Dcz5
クソコテはNGにして反応するなよ

194 :芋助:2017/03/14(火) 21:29:50.39 ID:vzZUpZug
>>191
音彌は活発でヤリマンでいて意外と従順で、男にとってある種理想的な女性かと思ったら人気ないんですね。
珠世さんのような策士だと気が休まる暇がなさそうです。
典ちゃんは途中からキャラ変わってるようなのは気になりますが、人気あるのはわかる気がします

195 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 22:44:43.34 ID:KV4g2Kg8
クソコテの名無しのオプをNGにしたらミステリー板全体がスッキリした

196 :名無しのオプ:2017/03/14(火) 23:04:08.03 ID:0Bjw2geL
頭が良くて惚れた女に一途で困った時は助けに現れる、おまけに床上手(多分)な高頭君は個人的には理想の男だけどね

197 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/15(水) 00:01:06.23 ID:tKgkqC3P
芋助氏は典ちゃん推しということは意外にAKBグループレベルの子好きとか?
案外にしたたかな珠世さん、音禰ちゃん等は当初から美女設定だが、
典ちゃんの初登場時は、まさにトホホ・・・な状態。

198 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 03:32:54.35 ID:nLoOAcYO
>>171
谷崎潤一郎の「金色の死」という作品にそういう描写があって、それが広く流布されたのが
原因じゃないかと、俺は思ってるw

199 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/03/15(水) 06:30:30.02 ID:aDbgeFBG
芋助さん、わかりやすくコテ入れてくたたい

200 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 08:04:26.14 ID:iDR+yObm
美女やブスが登場するのはよくあるというか普通のことだけど
ブスがヒロイン的ポジションだったり
精神的な変化からブスに見えなくなったりするあたりが凄いと思ってる

男性が書く小説でそういう展開はあまりない気がする
自分が知らないだけかもしれないけど

美女もヒロインだったり被害者(死亡)だったり犯人だったりで
美女が出てきたら大体こういう役割っていうパターンがあまりないし
事件自体は勿論毎回どんな女性が出て来、どんな動きをするがが楽しみ

201 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 10:56:15.17 ID:IyzOgxNQ
>>194
レイプで服従させて理想的も何も無いだろ

202 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 11:04:37.86 ID:IyzOgxNQ
ウェルクの肩こり幽霊が問題になってるけどガチで幽霊いると思うんだよなー
独裁者は死ぬ間際に自分が謀殺してきた人間の霊にうなされて死ぬというし
霊というのが幻覚だとしても見たという人間には確かに幻覚でも見えているんだよ
だからミツ首塔に幽霊が出てきたのもあながち非科学的ではない
むしろ科学をつき詰める程に霊的存在が確実な物として現れる

203 :芋助:2017/03/15(水) 18:17:33.51 ID:RHZij6Xg
>>197
AKBは一人として顔と名前が一致しませんのでよくわかりません。
また典ちゃんがロリコンの間で人気あるのはわかると申したかったので、別に推してません。
ついでに言うと音禰(間違えてました)も理想的と思う男性もいるだろうという意味です。
そもそも横溝御大の作品は読んでてそういう方向に感情が行かないです。アブノーマルな人だらけなので感情の窓が閉まるのでしょうか…

204 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 18:21:55.98 ID:Attfl3Nk
608: 超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 2017/03/14(火) 01:25:00.56 ID:lvs0nlhy
わかりまつた
久々にあれ、やりまそうか

明日、japはキューハに負けまつ

外れれは僕の面目丸潰れ
まともな神経なやもう出てこれない
名無しの当てすっぽうとはリスクか違う事はおわかりてつね
100%当たゆ
たかや、言えゆ

205 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 18:26:30.21 ID:kKO4YMWv
【陰謀論・ジャッジ批判】後輩選手の快挙を受け入れられない悪質ユヅリストたち
https://togetter.com/li/1089886

206 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/15(水) 19:00:07.32 ID:nXgn1zJR
金粉ネタだと、まず映画007シリーズ「ゴールドフィンガー」の金粉美女死体が
思い浮かぶが、
劇中では金粉ダンサーは通常呼吸のため一部塗らない部分を残すといった説明がされ
いたような。あれも法螺話か。

俺は>>202氏のように金田一が理外の理としたことを心霊現象を即肯定したものと
までは思えぬ。テレビ古谷金田一シリーズでは音禰の幻覚のように描かれていた。
>>202氏は昔ベストセラーになった「脳の中の幽霊」のような趣旨を言いたいのかも
しれぬが。この線に沿って考えれば、確かに心霊現象と称されるものは実在すると
言ってもよいわけだが。
とにかく本邦ミステリ史上の巨匠である横溝御大に、増してや金田一シリーズで
こういう紛らわしいことは書いて欲しくはなかった。
これやるならむしろ大乱歩の方かと思うていたが、明智探偵譚にはスーパーナチュラルを
示唆するようなものは無し、「人間豹」が?付きかもしれぬが(w

207 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 19:48:12.15 ID:Attfl3Nk
怖いお話怪談のお話して?

208 :名無しのオプ:2017/03/15(水) 23:21:01.29 ID:eQSC/fZ0
気狂い荒らしの性根は、治らんよね

209 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 02:17:11.08 ID:Oz7+oGIN
つのだじろうの「八つ墓村」「犬神家の一族」「悪魔の手毬歌」はぶっ飛んだ内容でおもしろい

210 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 03:03:50.42 ID:AIcpALcm
被災者いない?
震災幽霊とか見てまてん?
聞きたいー

211 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 06:51:15.54 ID:AIcpALcm
津波て死んた娘か出てきまつたとか、そういう怖い体験ありまてんか?

212 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 16:03:54.40 ID:wEWd3Z08
幽霊より生きてる人間の方が怖いのよ〜

213 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/16(木) 18:28:43.17 ID:A4k2oVnb
横溝作品の漫画化は、影丸穣也の八つ墓村の後は大ヒットしない不思議。
漫画の素材としても良と思うのだが、原作小説や角川映画を初めとする実写作品の
存在感がいまだに強烈過ぎるせいか。
アニメもないな。

214 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 20:42:24.84 ID:4YKFzMlo
ささやななえやJETのマンガはヒットしたんじゃないか?

215 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 22:42:32.71 ID:7k2haaax
俳句のとおりとか
手毬唄のとおりとか
見立て殺人の何が面白いのかわからない
まして自分で創作した手毬唄とか意味不明

216 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/16(木) 23:13:17.07 ID:A4k2oVnb
〉大ヒットしない
そこそこな当りではなく、この点こそ問題かと。
HRとシングルの差だわな。

>>215は横溝作品に対し「それを言っちゃあ、お終いよ」感あり。
多くのミステリ特に本格ミステリは、ある種の「メルヘン」なのだから。

217 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 23:21:49.88 ID:AIcpALcm
津波て死んた娘か出てきまつたとか、そういう怖い体験ありまてんか?

218 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 23:24:22.69 ID:n+K1psoR
自分が本当に殺したい人をカモフラージュするために
全く関係ない人をぶっ殺すとかありえないシチュエーションが多いよね
この人の作品

219 :名無しのオプ:2017/03/16(木) 23:33:12.23 ID:B0oB1pLS
一人二役系のトリックもやたら多い

220 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 05:05:28.78 ID:GGe8ojMY
>>217
親父が家に帰ったら自分の葬式してたとか実話であるよ、遺体も顔面綺麗なままだったらしいから
遺族も適当過ぎるよな、まぁ気が動転してるのと思い込みからだろうけど、じゃその遺体誰やねん
って所がミステリー

221 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 05:35:11.26 ID:iVeOK8q7
>>218
ありえなくもないんじゃね?
世の中にはまったく知らない赤の他人をころす奴もいれば、毒薬飲ませるのが好きな奴もいる

222 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 07:50:05.86 ID:70oCzb/W
>>215
昔の事例になぞらえて法を説く仏教説話の影響かも
過去の因縁話が馴染みやすい、というのもあったんじゃないのかな

223 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 08:27:59.49 ID:4bsNGiF7
向田邦子がシナリオ講座に通っていたころ、双子の兄弟が入れ替わるという
ミステリーを書いたところ、講師からこれはあり得ないと一蹴されたらしい

ところが後日、実際に双子の兄弟が入れ替わっていたという事件を新聞記事
で見つけ、自分のシナリオに問題がなかったことが判明し溜飲が下がったと
いう話をエッセイに書いていたのを読んだことがある

224 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 09:56:57.93 ID:4kOW6mXV
石坂版金田一耕助のwikiのページにシリーズ内の登場人物について
「金田一の知人として登場するのは第二作の磯川警部と最終作の推理作家(横溝正史)」
とありますが
ここで言う最終作というのは2006年の新犬神家なのか1979年の病院坂のことなのか
病院坂であるならご本人が出演したという事なのか役者が横溝役を演じただけなのか
ご存知の方おられますか

225 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 10:33:45.42 ID:K5alACeT
>>218
横溝に限らずクリスティをはじめ、ミステリー読めばいくらでもあるよ

226 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 10:34:56.32 ID:j1Rcdxr6
>>224
病院坂で横溝正史が横溝正史役ででている。
実の奥さんも奥さん役で出ている。

227 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 13:09:14.44 ID:ZtOKQiGl
獄門島って

もし復員詐欺の男が島に来なくて
月代に婿取らせていたら
その後どうなっていたかと昔から思ってた
金田一が島に渡る船の中で千万太の戦死告げても
和尚達がヒトシが死んでいるの知っていたら、ああそうくらいで終わっていたのか

つか、ヒトシがさっさと死ねば良かったのか…
可哀想だな、ヒトシ

228 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 13:53:12.38 ID:D8Ek1Y9O
ちまたって名前すっごいかわいい☆と昔から思ってました
ちまた
ちまたさん
ちまさん
かわうぃ〜☆

229 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 15:10:09.67 ID:K5alACeT
血股さん
皮良い〜☆

230 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 17:18:20.01 ID:4QESX2X6
>>227
まぁ和尚は島民の信仰も厚いから分鬼頭の志保に島の実権握られても
そんな感じだけど嘉右衛門一派はそうは行かないから和尚だけズルいよな
まぁちゃんとそこら辺は最後に罰当てて来れたけど

231 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/17(金) 17:19:26.12 ID:6uz4djSy
横溝御大が本格ミステリは伏線を確認しながら再読はすべしとしながら、
繰り返しの再読に疑問を呈しているのは、獄門や手毬唄のような傑作でも
3回以上の読書になると状況の不自然さ等の粗が目について来てしまうという点
を懸念したのかもなー。

232 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 17:23:04.19 ID:q/EFZQq7
繰り返しの再読

233 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 17:25:02.60 ID:4QESX2X6
まぁ獄門島も犬神家みたいに理不尽な遺言書残せば良いだけだったしな

234 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 20:44:27.22 ID:NP16fAMl
津波て死んた娘か出てきまつたとか、そういう怖い体験ありまてんか?

235 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 21:31:32.46 ID:NP16fAMl
もし自分か死んた事に気付いてないんなや、悪いてつけと、パカ過きてそっとウケゆ(^_^;)

236 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 22:17:50.58 ID:nDzSN9x5
三つ首塔の犯人は音禰のことが可愛いのに
なんで音根の持ち物を犯行現場に置いてきたりしたの?

237 :名無しのオプ:2017/03/17(金) 23:58:58.68 ID:4kOW6mXV
>>226
なるほど
有り難うございます

238 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 01:16:56.37 ID:81sy3tnl
>>236
そこ自分も疑問に思った

239 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 05:15:46.17 ID:6To2uVON
三つ首塔って金田一が宿屋の天井裏からメモの切れ端見るけるやつだっけ?
そっちのが首傾げた記憶ある

240 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 06:40:47.49 ID:3M8vGmDb
震災ては僕にお世話になりまつたてそ…?
今その借りを返して欲しい…

241 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 11:47:51.22 ID:kZ/mC3rp
この作家ってさ
調子こいて映画にも出ていたよね
あれは自分から出たいと言ったものなのか、
それとも話題作りのために製作者側から提案されたものなのか、どっち?
どちらにしても物凄い棒演技だった(笑)

242 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 13:02:25.39 ID:JDab8Sq4
以下、横溝正史のエッセイ「タレント業失格」より抜粋
                      *[ ]内は私の補足,空行は中略した箇所を示す.

年老いて、つねに胸の痼疾(こしつ)におびえていなければならぬ私、しかも十年以上も
世間から忘れ去られ、訪(おと)なうひとさえたえてなかった私にとっては、一日にひと組
の客に会ってさえ疲労をおぼえるのである。

私は年寄りだから、どうしても一日に一度は昼寝をしなければ体が持たない。一時から
三時までは寝床の中だから、客に会う時間はどうしても三時半以降ということになる。

ひとたび外出となると大変である。
乗り物恐怖症の私は[電車に一切乗れず]以前自動車に乗るにさえ体内にアルコール
を注入しておく必要があった。

そのつぎに困るのは脚である。
いったん靴をはき、劇場なり、テレビ局なり、デパートなりのすべすべした床のうえを歩く
となると、自分の脚がいかにおぼつかないものであるかを思いしらされ、階段の上り下り
など醜態の極みである。

[それでも人前に出るのは]出版社の商魂におどらされたわけではない。かくも熱烈に私
のブームを支えてくれるおびただしい読者諸賢のためにも、少しは大衆のまえに顔を出し
ておかねばならぬだろうという、義務感みたいなものからである。結果は悪くなかった。

私もいささか得意でいたのだが、噫(ああ)、無残十月九日から十日へかけて、痰に血が
まじるに及んで、タレント業失格の烙印をおされたようなものであると私は思いしらされた。
残念至極。

243 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 17:23:49.08 ID:8tSClQHe
>>241
角川春樹が「一緒に出ましょうよw」って言ったんじゃね?ww

244 :resumi:2017/03/18(土) 17:26:56.55 ID:QqHu+J/p
https://goo.gl/znnSuW
これは、普通にショックでしょ。。
本当なの?

245 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 17:59:53.67 ID:ThpzZe9x
横溝正史は市川版犬神家の那須ホテルの主人役だったけど若林さんの死体発見した
女中のはるちゃんが悲鳴あげるシーンで駆けつけなかったのが残念だわ
三谷幸喜主人役の2006年リメイク版では駆けつけてたけど

246 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 21:36:26.74 ID:4N2pq3St
あえて作品名は言わないけど
物語の語り手が犯人とか邪道にもほどがある
何が叙述トリックだ
ただのインチキじゃねえか(笑)

247 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/18(土) 21:53:40.03 ID:2bEov6CX
>>246
御大は由利先生シリーズと金田一シリーズとでメーントリックとして使い回してるな。
前者は屈指の代表作の一つ、後者もコンパクトに纏まった佳作だが、
前者はメーン意外にもトリックてんこ盛りで楽しめるし、
後者は怪奇でスリリングなムードも充溢で読ませるものがある。
俺的には具体的にタイトルを記しても無問題という感があるのだが。

248 :芋助:2017/03/18(土) 22:16:15.46 ID:f/O7L8Mx
書斎魔神様もおっしゃってますが、ご意志を尊重して作品名を伏せたままで
>>246
おっしゃる通りですし、相似形が何ペアおんねんとも思いました。
私は今年二十年ぶりに読みましたが、ああいう死体が多いことしか覚えておらず、犯人も終盤までわからずその意味では楽しめました。
犯人がわかると、うわその手かよ、クリスティのその手かよと憤慨したのは否定しません。
ですがやはり、戦後の荒廃した世相を背景にした屈折した登場人物、最初さえ突破すれば巧みな展開に引きこまれ
ほとんど一気に読んでしまいました。これで可ならなんでもアリと言われればそれまでですが
私は横溝御大の快作に数えたいと思います。

249 :名無しのオプ:2017/03/18(土) 22:46:19.30 ID:JDab8Sq4
自分も由利先生、金田一ともに読んでいるけど、どちらも横溝作品の名作に
挙げられる代表作だけあり、ネタが割れても読書は楽しめたので良しとしたい。

叙述トリックには横溝作品以外にも面白いものがいくつもあり、タイトルを挙げ
られないのが残念。
アドベンチャーゲームの場合、ザッピングという複数視点でプレイするシステム
もあり、犯人の行動を別人物の視点から眺められ面白かったりする。

しかし世界一有名なあの作品は、ネタバレしてるし、まだ読んでないんだよなぁ...

250 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 02:25:15.71 ID:WS8vEnU4
>>246で挙げられているのはマイナーな作品でしょうか
比較的有名な作品で映像化されていたりするものしょうか

251 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 02:46:39.88 ID:n4hR5oR1
>>246
アクロイド殺しのことですか?

252 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 02:55:33.15 ID:t0K8CUuv
クリスティの「アクロイド殺し」か、数年前にミステリーchで放送してたな(笑)

253 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 08:33:26.30 ID:pT9+B/QK
一人二役モノは多いけど
なぜか二重人格モノはないよね
東野圭吾のプラチナデータみたいな

254 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 09:55:32.46 ID:A8Frp+Z7
悪霊島の映画がそうだった。
もっとも映画自体は大したことなく、今では見ることが難しいビートルズの主題歌だけが聴きどころ。

255 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 12:57:42.32 ID:s6xo7RDH
>>254
おいおい、あの映画は岩下志麻マニアにとっては至高だろ!
「疑惑」と共に永久保存すべき逸品である(断言

256 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/19(日) 13:21:08.51 ID:V6pgkUxS
話題にあがっていた横溝御大の叙述トリックメーンな二長編は、
やはりそれゆえにあまり映像化のチャンスには恵まれていないな。
古谷金田一シリーズでは、文字どおり犯人を見せないための苦心の
キャメラワーク、このトリックの面白さを映像化するのは無理かと思う。

257 :名無しのオプ:2017/03/19(日) 23:58:47.97 ID:lRvwuiqb
>>253
人面瘡の扱った作品は二重人格ぽくなかった?大昔に読んだ曖昧な記憶だけど

258 :名無しのオプ:2017/03/20(月) 17:07:37.59 ID:agfs5Ga6
孫と孫を結婚させるとか
孫と甥を結婚させるとかいう展開がちょいちょいあるってどうなのか

本人らが承知の上で付き合いリスクを覚悟で一緒になるというならまだしも
爺の都合や思い入れで当人もよく知らないまま、知った後も強引にって

一応いとこ以上離れた親類はセーフだそうだし
薬嗅がせて気絶や金粉みたいに小説ですからで流して楽しめたらいいんだけど
ハッピーエンド後に起こる悲劇を連想してしまい
せめて好きな相手と結ばれてよかったと
その一点については本当に救われたという気にいまいちなれない

兄弟姉妹は絶対的なタブーとして描かれているだけに

259 :名無しのオプ:2017/03/20(月) 18:42:38.35 ID:wf17/Vum
うちの父方の爺ちゃんは、好きな女性と駆け落ちまでしたのに双方の親が
同棲している住宅まで押しかけ、無理やり生木を裂くようにして二人の仲を
引き裂かれてしまったらしい

その後、爺ちゃんは無理やり嫁を取らされるものの、両親から別れさせられ
た女性のことが忘れられず、夫婦仲はあまりしっくりいかず、私の父がまだ
三歳のころ、胃潰瘍でポックリ死んでしまった

爺ちゃんの嫁にされた婆ちゃんの方もかわいそうで、年を取ってからも私の
母に、自分は嫁に行っても、結局、爺ちゃんからは可愛がってもらえなかっ
たと、最後までこぼしていたという

戦前の家父長制というのは、とにかく、そんなふうに親や親戚が権勢を張り
個人の自由恋愛など許されていない時代だったんだよね

大正時代を代表する大衆画家の竹久夢二なども、妻と別れ同棲した恋人、
彦乃とはむりやり仲を引き裂かれている
東京に連れ戻された彦乃は、その後、夢二と会うことを許されぬまま、結核
で短い生涯を終えたという

260 :名無しのオプ:2017/03/20(月) 19:05:04.11 ID:ZLPfy7d9
因襲って奴だな
横溝作品のほぼ全てに共通するキーワードだ

261 :名無しのオプ:2017/03/20(月) 19:45:01.02 ID:h28T0kjW
>>258
>孫と孫を結婚させるとか
>孫と甥を結婚させるとかいう展開がちょいちょいあるってどうなのか

横溝小説だけの空想の事実ではなく、日本だけではなく外国でも昔は名家や金持ちの家ではよくあった
財産や家名を守るために、変な親戚が増えないように

262 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/21(火) 20:01:57.81 ID:kfZt/eeH
禁断というのはスリルとサスペンスを孕んでいるゆえ、
御大の描く世界はこれが充満しているのも魅力のひとつ、
今読むと、怖いもの見たさの興趣あり。
確かに戦前や戦後間もなくの頃なら、
そんな事もあるなぐらいの感じだったのかもしれぬが。

263 :名無しのオプ:2017/03/21(火) 21:12:45.10 ID:PbjpgSxL
語り手が犯人も面白いけど、
俺は湖泥みたいな○○○な犯人が登場する作品も好きだな…
二重人格という訳では無いけど、
○○○に見せかけて実は○○○○だったみたいな感じの犯人

264 :名無しのオプ:2017/03/22(水) 04:54:34.07 ID:Vaft6Aq8
いとこ同士が禁忌ってのは韓国の価値観ね。

265 :名無しのオプ:2017/03/22(水) 08:41:32.43 ID:YYQrkU6h
兄弟姉妹が駄目という認識がありその理由も分かっていれば
法律上セーフでも極力避けるし周りも手放しで祝福できない結婚だとは思う

とにかくできるだけ遠い方が良いし本能的にもそれを求めてる
出会いも多く身分の差も昔ほど露骨で絶対的なものはないから
あえてする理由がなくリスクしかない

266 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/22(水) 19:52:31.71 ID:rEVsZDXo
「湖泥」はインヴィジブル・マンってやつか。
俺は本陣は春陽文庫が初読だったのだが、百日紅と本作も収録されていた。
当時はどうしても格違いな本陣と比較してしまい印象いまいち。
単独で見ればコンパクトに纏まったそれなりに面白い作かも。

267 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 02:02:22.67 ID:3d1jOFod
結局、戦前から書いてる探偵小説作家で、今でも生き残ってるのは江戸川乱歩と横溝正史だけだな(´・ω・`)

268 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 09:59:08.73 ID:28alyHAh
生き残ってるって、作品がか

夢野久作とか

269 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 12:46:46.38 ID:AcgE/6T3
渡辺温、佐左木俊郎、大阪圭吉など期待が持てそうな作家は、
みんな若いうちに無くなってしまっているからねぇ....

270 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 16:27:01.43 ID:t8k0Dd++
天才は短命みたいなんは嘘だな
才能ある人が早くに亡くなればそりゃ惜しまれるが
中には早くに亡くなったことで死語に「天才化」したような
冷静に考えたらどうなのかという持ち上げられ方をする有名人も多々在るし

才能と気力のある人にはできるだけ長く健康に生きて活動してほしい
それでも評価される人物こそ真に才能ある作家と認められ得る気がする
例え途中や晩年にあれ?という時期があってもそれはそれ

271 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 16:41:14.92 ID:hJFfCGio
金田一耕助コスプレ姿で聖地観光ができるぞ!倉敷
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0323/oks_170323_5284033867.html
http://direct.otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2017/03/kindaichi02.jpg
http://direct.otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2017/03/kindaichi03.jpg
http://direct.otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2017/03/kindaichi01-600x400.jpg
http://direct.otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2017/03/kindaichi05-600x421.jpg
倉敷市は他にも多くの事件の舞台となっており、毎年金田一耕助関連の
イベントが年に数回行われておりファンにとってはいわゆる聖地。

272 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/23(木) 20:07:35.79 ID:6E8aAWuA
横溝御大や大乱歩以外の戦前や戦後間もなく活躍した作家の著作も
国書あたりの頑張りで読むには苦労しない時代ではある。
長きに渡りマニアックな人気がある夢野久作は勿論、
香山滋、海野十三、小栗虫太郎等には、今もそれぞれに濃いファンが存するのでは?
さすがに黒岩涙香とかはないだろうが(w

273 :芋助:2017/03/23(木) 21:40:02.81 ID:FRm0blyM
>>271
岡山県出身なのに恥ずかしながら一度も行ってません。大学進学時に岡山を離れたせいもありますが。
両親から「千人の金田一耕助は参加者が少なくて困ってるらしいからお前も出てやれ」と言われてますがなかなか…

274 :芋助:2017/03/23(木) 21:44:42.16 ID:FRm0blyM
日本史質問スレで
>昔は庶民が温泉宿に長居して湯治したりしてたイメージがあるんだけど、実際はどうだったのですか?
>長いこと家を明けて、仕事も休んで、温泉宿に逗留するなんて結構お金もかかるはずだし、庶民層でそんな事が出来てたんでしょうか?
>金持ちや作家なんかがやってるのはわかるけど
という質問がありました。『悪魔の手毬唄』を読みましょう、と言いたくなりましたよ。

275 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 22:39:34.43 ID:fnQkiQkE
昔は、温泉につかることも病気の治療の一つだったんだと思う。
今のように、温泉旅行が純粋な娯楽になったのは最近のこと?

それに、家族経営の自営業の場合、主人ではなく、従業員(父や兄が経営者)でも
結構融通が利いた?

アニメでセレクタという作品がある。それでは、血のつながった兄と妹が好き会っていて
作品の世界観も「二人の恋=善で、反対する者は悪人扱い。
カナオが実在していて、あのアニメを見ていればどう思っただろうか。

あと、手毬歌で、里子を幸せにするにはどうすればよかったのか。
ゆかりや金田一が皮膚科の医者の紹介を口実に事件が深刻化(1人目の犠牲者まで)するまでに
村からだして、リカが自殺した後は、東京に出たカナオと生活させる。
カナオのスカウト自体、本当にスターにするつもりより村から出すための口実だから。
横溝作品のキャラの中では、里子の協力者は誰がふさわしいか。

276 :名無しのオプ:2017/03/23(木) 22:45:33.24 ID:fnQkiQkE
門川春樹事務所が出した「蘇我の娘の古事記」。
蘇我入鹿の隠し子の話だけど、どことなく横溝ワールドに似ている。

277 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/23(木) 23:03:00.10 ID:6E8aAWuA
〉門川(w
こんな軽い突っ込みはともかく(w
妄想アニオタ乱入中かと。
テクスト準拠で語れや、と思わざるを得ないものあり(w

278 :名無しのオプ:2017/03/24(金) 02:31:31.84 ID:qGxIIu+b
>>264
馬で言うと、血量50%の危険な配合だな(笑)
韓国じゃなくても、血が濃すぎて駄目だな、人間には。

279 :名無しのオプ:2017/03/24(金) 02:49:44.82 ID:qGxIIu+b
>>274
農閑期の農家なんかは骨休みに良く温泉を利用してたよ、そういう湯治場は
自炊も出来たから、そんなにお金もかからなかったかもね。
当時の都会のサラリーマン等の事情は知らないが、温泉転地療養だったら
今でもある、ガンに効くという田沢湖近くの玉川温泉とか、キ●ガイに効く
山形奥地の●●温泉とかな。

280 :名無しのオプ:2017/03/24(金) 23:18:29.47 ID:Uf/ywcSd
青空文庫の岡本綺堂 『温泉雑記』 が、昔の湯治の様子を描いており、なかなか面白い
チャチャッと読める短い随筆とはいえ、さすが綺堂の技が光る

岡本綺堂 『温泉雑記』
http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=49557

281 :名無しのオプ:2017/03/24(金) 23:38:28.30 ID:+nDIS6Pq
玉川温泉は敏感肌のぼくには合わなかったです(笑)
強酸性泉とかむしろ体に悪いんじゃないの?

282 :名無しのオプ:2017/03/25(土) 01:16:58.16 ID:CUtlf0tD
あたし小さい頃からいとこ同士は結婚できるって知ってたわよ☆
あたしにはいとこのお兄ちゃんがふたりいるの
たかしくんとおさむくん
あたしよりぐらい8つ9つ年上でねぇ
やっぱり女の子って思春期になると
同じ年頃の男の子より年上の男性に憧れるものじゃない?
中学生のときはたかしくんとおさむくんに会うと、
そのおとなっぽさにきゅんってすることがあったわ☆
けっこん…とかちょっと妄想してきゃあってなることもあったのよ☆
でもふたりともさっさと結婚しちゃったけどね☆
たかしくんのお子さんはふたごなのよ
ふたごってのも横溝先生ちっくよねぇ

283 :名無しのオプ:2017/03/25(土) 01:25:28.55 ID:CUtlf0tD
いとこ同士の結婚なんてちょっと前までは普通だったみたいよね
いとこ同士は鴨の味って言うじゃない
管直人も奥さんがいとこよね
アインシュタインもそうだし
無理やりミステリ板に結びつけるとエドガー・アラン・ポーも奥さんいとこだったはずよ
あとお笑いマンガ道場の漫画家の富永一朗さんとか
芥川 比呂志とか
ざっと思い出せるだけでもまだいるわ

284 :名無しのオプ:2017/03/25(土) 02:54:54.51 ID:5N41vljh
>>281
あそこはガン患者、それも治る見込みのないのが藁をもすがる気持ちで行く
最終地だろ、実際、予後は悪い。

285 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/25(土) 12:36:56.32 ID:+4MQyNFX
確かに狂綺堂の「温泉雑記」は面白い。
まったりしたタイトルながら後半は十八番の怪談話へ。

生粋の関西人ちゅーか、神戸っ子な横溝御大による生粋の江戸っ子綺堂風な作は
「川獺」か。

286 :名無しのオプ:2017/03/25(土) 15:15:43.80 ID:g4MW/z4U
この人は江戸川乱歩のゴーストライターしてたんだよ
ビビった?知らなかったよね、残念!

287 :名無しのオプ:2017/03/26(日) 09:21:28.00 ID:I8lxsRRs
犬神製紙とか風間組って会社四季報に載ってないけど上場してないの?

288 :名無しのオプ:2017/03/26(日) 11:30:25.35 ID:B4HP2dMy
うん、上場してないワンマン経営の会社
あと、犬神製紙じゃなく犬神製糸だから

289 :名無しのオプ:2017/03/26(日) 22:44:30.34 ID:I8lxsRRs
株主総会に頭巾を被った役員登場で大荒れに!

290 :名無しのオプ:2017/03/27(月) 13:02:27.81 ID:7rxx/Oav
頭巾を取ったら収まるかと思いきや更に荒れる結果に

291 :名無しのオプ:2017/03/29(水) 09:26:53.00 ID:JOiq65X+
獄門島って

もしヒトシの戦死が早々と知らされていたら
金田一は島に渡って何もする事無かったのかね?
チマタの頼みは胸の内に収めて三姉妹にバカにされながら島を去ったのだろうか?

292 :名無しのオプ:2017/03/29(水) 13:18:22.32 ID:G2OJr9U/
>>291
千万太の頼みの意図を探って
三姉妹が殺される必要性がないことが確認できたら去るんじゃないかな

293 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/29(水) 19:16:34.86 ID:AsZeDrt1
金田一の最終的な所感は、
(そうだ、それでいいのだ。ここは他国もののながく住むべきところではない)
とあるから、>>292の書いてる線だろうな。
これでは文字どおり「お話」にならないわけだが(w

294 :名無しのオプ:2017/03/30(木) 22:18:47.01 ID:y7t5sk0o
未読なんだけど『女が見ていた』って面白い?
金田一物でも由利先生物でもないから
なかなか手が出せなくて

295 :名無しのオプ:2017/03/31(金) 08:24:26.94 ID:FwzOmRIl
呪いの塔の話題があまり無いけど
個人的に好きな作品の1つだ
特に前半の軽井沢編は立体型迷路の複雑怪奇さや
登場人物の心理的葛藤など見所多い

296 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/31(金) 19:18:54.62 ID:HwOHLqPA
「女は見ていた」「呪いの塔」といったノンキャラ長編も十分に面白く読ませるものあり。
俺は金田一東京ものより高評価している。
横溝御大は構成力に長けた稀代のストーリーテラーゆえ、
キャラに頼らずとも書ける人なんである。
短編の傑作「探偵小説」もノンキャラ作品だし、そもそも戦前には「鬼火」「蔵の中」等の
魅力的な作品群が多数。

297 :名無しのオプ:2017/03/31(金) 19:25:39.03 ID:wVn58iYt
『女が見ていた』は、冒頭を少し読みエログロ系の臭いがしたので買うのをやめた
由利先生も金田一も登場しない作品では、終戦直後の短編集『刺青された男』がおすすめ
怪奇探偵から本格推理へ転じようとしている横溝正史の変貌の過程が見られる作品集

『呪いの塔』は購入してあるものの、まだ積ん読状態
横溝作品は面白い本が途切れた時の非常物資なので、簡単に崩すわけにはいかないのだ
(現在、まだ手元の本は潤沢で、3冊の本を並行して読んでいるところ)

「呪いの塔」については、下の前スレでも話題になっている
(専ブラユーザーは、URLを右クリックしWebブラウザから開かないと発言が読めないかも)
https://echo.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1472647710/123-132

298 :名無しのオプ:2017/03/31(金) 19:29:34.70 ID:wVn58iYt
> 短編の傑作「探偵小説」

この作品は、上で紹介した短編集『刺青された男』に入っている

299 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/03/31(金) 22:54:16.00 ID:Vgxk+HDw
俺の「探偵小説」初読はマエストロ鮎編の鉄道ミステリ集。
正直言うて、当初は何だ金田一出ない?感大だったが、
御大の語りの上手さとホームズ譚風トリックが炸裂、
謎解き短編ミステリの醍醐味を堪能したものである。
現在はいわゆる横溝ブーム時にゲットした既出の角川文庫を所有。

300 :名無しのオプ:2017/03/31(金) 23:18:25.78 ID:mIHU+2dR
「あんなに怖かったことはほんとうに生まれてはじめてでした」から始まって
「ほほほほほ」で〆る、ギャグかと思ったが違うんかw

301 :名無しのオプ:2017/03/31(金) 23:26:39.62 ID:tSywTLky
『女が見ていた』はエログロなのか
買ってみよう

302 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/01(土) 00:03:32.37 ID:PXDuVISf
まあ、皮肉混じりだろうが、
良き謎解きミステリそのものが、良く出来たギャグと言えなくもないかとは思う(w

〉『女が見ていた』はエログロなのか
それ、ちゃうでぇ(w
横溝御大が我流でウールリッチやってみた都会ミステリ。
Evaluation: Average.

303 :名無しのオプ:2017/04/01(土) 00:11:39.02 ID:0klLwJy4
「探偵小説」って、読む前にクイズでトリックを知ってしまった俺(笑)
Evaluation: Average.

304 :名無しのオプ:2017/04/01(土) 01:24:38.28 ID:pzf/Pdfl
>>297
情報ありがとう!
『女が見ていた』はエログロ要素含むのか…
エログロは『三つ首塔』読んだ時のトラウマがあるから不安だな笑
『刺青された男』は面白そうなので読んでみようと思う

305 :名無しのオプ:2017/04/01(土) 09:45:10.80 ID:PZDz0f3Q
ウイリアムアイリッシュの名作と同名の「幻の女」
作品名に釣られて読んだけど糞つまんなかった(笑)

この作家、結構駄作も多いな
良いアイデア浮かばないまま
生活のために無理矢理書いていたみたいな感じか

306 :名無しのオプ:2017/04/01(土) 13:46:31.59 ID:EjCOXvze
>>305
大抵の作家は駄作もたくさん残している
横溝正史の場合は、横溝ブームを受け角川春樹が過去作品を次々と発掘し
片っ端から書籍化していったため、駄作まで含めたほぼすべての作品が読め
るという幸運に我々が欲しているというだけの話

ただし「幻の女」は大好きな作品で、当時の日本に、これだけモダンなスリラー
小説を書ける著者はほとんどいなかったはずで、乱歩とは違うテイストがいい

あの芥川龍之介だって、駄作をいくつも書いていて、以下に紹介する「女体」や
「妖婆」など、思わずニヤニヤしながら読んでしまうような作品も残している
両作品とも、駄作ゆえに濃い芥川ファンからは愛されているような一面がある

女体
http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=114
妖婆
http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=184

307 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/01(土) 19:36:48.05 ID:OsoQIGi3
「幻の女」はあの時代に美少女怪盗を描いている点だけでも凄いかも(w
今、脚色してアニメ化すればウケそうだ。

308 :名無しのオプ:2017/04/02(日) 16:29:24.73 ID:HZ2rbRBB
この作家
読み手を引きこむ物語書きとしては一流かもしれないけど
ミステリー作家としてはどうなんだろう?

角川映画で上手くブームに乗ったという面もあるのではないだろうか?

309 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/02(日) 19:15:56.31 ID:eCDne5HJ
天才芥川の駄作として紹介されている2作は、
横溝風というよりは乱歩風と綺堂風な感あり。

310 :名無しのオプ:2017/04/07(金) 08:08:44.59 ID:dyeqeBNQ
市川崑版の犬神家、古い方も2006年のリメイクも
細長いトカゲの様な木の枝の様な物が描かれた絵を松子が拝むシーンがあるが
あれは一体何を描いたもので
あのシーンを入れることで何を表現していたんだろう

原作を読めば意味が分かるかと思ったが読んでも分からんかった
最後まで「ああ、あの絵はこれのことか」と思えるような部分はなかった

311 :名無しのオプ:2017/04/08(土) 01:04:15.99 ID:5MRXDxRk
イズナ様とかいうやつだっけ?
東北とか田舎によくあるゲテモノ信仰の一種だよな

312 :名無しのオプ:2017/04/08(土) 01:24:34.98 ID:2vNwB98q
>>308
ミステリー作家として日本の最高峰でしょ
坂口安吾も日本人で世界に通用するのは横溝正史だけだって言ってるし

313 :名無しのオプ:2017/04/08(土) 02:18:01.05 ID:8vnqV+KW
>>311
ググってみた
何だかいかにも昔の田舎に蔓延っていそうなよく分からん信仰で
あまり真面目に読む気になれなかったが
犬神とか狐とかいう言葉がちょいちょい出てくるから
犬神という名字にからめて用いたんだろうかね
何かが憑いてる家系ってなことで

314 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/08(土) 19:56:30.33 ID:JzZ0C6dU
民俗信仰ネタなら、おしら様とか書いて欲しかったが、
東北舞台の横溝作品って無いな。
金田一というネーミングにも関わらず、北海道も無い。

315 :名無しのオプ:2017/04/09(日) 21:04:57.34 ID:Hsfdgl0k
この方の作品には静馬という名前がよく出てくるんだね
犬神家以外はそれほど有名でないから
結局横溝正史で「静馬」と言えば犬神家の青沼静馬というのが一般のイメージだろうけど

何か思い入れのある名前なのかね
過去のインタビューか何かでそれについて語ったことなどないか
誰か御存知ないか

316 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/09(日) 22:13:33.91 ID:WAvzT2v1
横溝御大は、いわゆるブーム時にはよくテレビや雑誌のインタビュー等に応じており、
新聞・雑誌にエッセイの連載もしていたが、
自作をはじめとしたミステリに関して多く語ることはあっても、
登場キャラの設定、ネーミング等に関しては、殆ど言及せず。
金田一にさえ簡単にコメントする程度であった。

317 :名無しのオプ:2017/04/09(日) 22:29:17.61 ID:m/Gl+dhm
手毬歌の歌名雄は、横溝の早死にした兄貴の名前だな。

318 :名無しのオプ:2017/04/10(月) 07:22:57.26 ID:mripRW1v
静馬
早苗
由紀子
ここら辺がよくあったような気がする

319 :名無しのオプ:2017/04/10(月) 08:02:39.26 ID:BF3WjB9H
早苗なんか主人公の初恋(?)の相手なんだから大事にしてもらいたい

320 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/10(月) 19:32:28.73 ID:AoDEd707
三津木記者は横溝御大が嘗て愛読した作家三津木春影に由来するネーミングだけど、
あくまで、それだけの話。
御大にとり登場キャラはミステリを書くための記号や操り人形であり、
(これは本格ミステリを書く場合の基本線とも言われるが)
読者が思う程に強い思い入れは無いように見える。

321 :名無しのオプ:2017/04/11(火) 00:21:02.89 ID:lHzDFTjK
>>317
>歌名雄は、横溝の早死にした兄貴の名前

原作読んでも歌名雄に対する作者の強い愛情を感じるな(´・ω・`)

322 :名無しのオプ:2017/04/11(火) 04:24:57.42 ID:si0AnrKr
五郎も早逝した次兄の名。
正史少年と仲がよかったのは、この五郎の方で、
五郎が結核で命を落とすまで看病し続けた。

323 :名無しのオプ:2017/04/11(火) 10:08:14.54 ID:SowA/BTG
カナオさんは子供を残さずに早死にしたが、長生きしていたら
カナオさんから見た横溝正史なんかが聞けたのに。

小夜子も多いな。

324 :名無しのオプ:2017/04/11(火) 14:26:47.31 ID:MCInqFmN
二松学舎の資料に犬神家の構想メモがあって、
登場人物の名前が変わっていく変遷が読めるよ

と言いつつ中身を忘れてしまったんだが、もともと
「丑(うし)」「午(うま)」といった動物系の名前に
統一する予定で静馬というキャラを作ったものの、
けっきょく佐兵衛のモデルの信州の片倉「佐」一の
名前に基づいて佐武佐智佐清になったとか。

横溝正史研究の桜部落特集読むと、当時の作品の
登場人物の名前はほとんどご近所の住人で済ませて
るんじゃないかとすら思ったわw

325 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/11(火) 18:02:13.02 ID:6u+fvh2G
まあ、歌名雄萌えも結構だが(w
手毬唄の印象キャラはリカ&里子母娘で決まり。
しかし、物語的には御大の「コマ」に過ぎない展開。

326 :名無しのオプ:2017/04/11(火) 19:07:50.07 ID:oY6GlO85
>>324
> 「丑(うし)」「午(うま)」といった動物系の名前に統一する予定

そのままやってたら磯野家の一族みたいになってたw

327 :名無しのオプ:2017/04/11(火) 23:39:44.94 ID:GtVvaBmH
磯野家の一族ってwwと笑いかけたが
一時期出回ってた「尼崎事件をサザエさんで例えると」という話を思いだし萎んでしまった

328 :名無しのオプ:2017/04/12(水) 00:37:15.50 ID:5dbyNAeN
さっき「スン子」で検索したら、ララァ・スンの画像が出てきたわww

329 :名無しのオプ:2017/04/12(水) 13:03:10.81 ID:GU2+Hbuz
もし、里子に赤痣が無かったらと想像するだけで、
俺の血がたぎり騒ぐ

330 :名無しのオプ:2017/04/12(水) 14:22:16.70 ID:YQkhLE7L
普通、赤痣だからこそたぎると思うが

331 :名無しのオプ:2017/04/12(水) 14:52:44.50 ID:UTL31Qj5
分かる、痘痕も笑窪よ
あんなに気立てが良い娘だし顔立ち自体は整ってるから
一度深く付き合ったら痣さえも愛しく思えて離れられなくなりそう

もし当時想い合う男がいたら
あんな役を買って出はしなかったのではないか、
もっと別な形で犯人を止めたのではないかとか
いやそれでもやはり何もかも諦めあの役を買って出たろうかとか
考えても仕方ないことを時々考える

332 :名無しのオプ:2017/04/12(水) 14:56:05.83 ID:GU2+Hbuz
心臓弱い里子や春代に何を期待出来るのやらやらやら

333 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/12(水) 22:04:47.98 ID:hYvMQbHI
横溝作品に登場する魅力的な少女(女性ではなく)キャラは病弱か知障というのが
多い感あり、そうでなければ犯人だったり(w

334 :名無しのオプ:2017/04/13(木) 00:21:48.12 ID:ifnK5oGw
まあ小説だからな・・・性格やキャラクター、容貌、等々が極端化されがちなんだよw

335 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/13(木) 04:30:13.32 ID:6Ym6+RBe
池沼をあすこまて魅力的に書けゆのか凄いてつ
池沼度か高過きゆとたたのパカキャヤになりまつしね…
完全知障さなくて、幼い精神年齢くやいの池沼たかや、読者も好感を持てまつ

336 :名無しのオプ:2017/04/13(木) 19:57:33.58 ID:H8qoSyvI
金田一がいなかったら、里子が少女探偵になる展開もあったかもしれない。
他の作品でも、名探偵がいない世界だったら、自分自身が事件の謎を解かざるを得ないから。

実際、金田一がいることで、本来ならばもっと活躍できるキャラでも受け身の訳に
甘んじているが、それでも、シリーズの中心になる名探偵がいるから続いてきた面もある。

337 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/13(木) 21:15:52.84 ID:DmPvhrVo
里ちゃんどころか車井戸の鶴ちゃんは少女探偵そのもの(w
短編ゆえ他の萌えキャラと比べて知名度が低いのが残念。

338 :名無しのオプ:2017/04/14(金) 18:55:40.34 ID:1QEMxeEh
里子鶴子鈴子は人気あるのに
典子はあまり話題に上がらないのな…
新家のお嬢さまが日に日に美しくなっていく描写に
心ときめいたもんだが
利口系は人気無いのか

339 :名無しのオプ:2017/04/14(金) 20:00:42.48 ID:EATSPFnJ
「悪魔の百唇譜」の百唇譜って
女性器の写真を集めたメモ
だとばかり思っていた。

340 :名無しのオプ:2017/04/14(金) 20:32:14.16 ID:bcYkB9JE
某有名脚本家が百唇譜を作ってたのは有名だよね (^^;
小説だと、英国ヴィクトリア朝の紳士が女を買いまくった一部始終を微細に記録してた
「わが生涯の秘密」とかいうのがあるな。

341 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/14(金) 20:53:36.46 ID:D61TZJW3
典ちゃんは利口系どころか、お頭弱め系でしょ。
異例なハッピーエンドを辿るので、
薄幸な鈴ちゃんら三人の方が印象深いのかもなー。
しかし、典ちゃんも映像化作品や漫画ではスルーされたり、ちょい役だったりという
悲劇(?)には見舞われているとも言えるが(w

342 :名無しのオプ:2017/04/15(土) 04:24:29.99 ID:iUriJVgO
小ぶりで華奢な典子とタツヤの営みを覗き見た豊満な春代が激しく嫉妬し
屋敷に帰ってきたタツヤに襲い掛かる
典子の小ぶりな胸と違い豊かな胸の春代に圧倒されるタツヤ
2人を相手にし痩せ衰えるタツヤに疑問抱く美也子

343 :名無しのオプ:2017/04/15(土) 13:16:42.58 ID:V3/990Uz
やめいw

344 :名無しのオプ:2017/04/17(月) 21:41:16.92 ID:iJpvEZ3X
金田一と由利麟太郎が
一緒に事件に挑む話を
読みたかった

345 :名無しのオプ:2017/04/17(月) 22:22:53.33 ID:U1C0fqH7
そう、たしかにそういう話はあっても良かったと思う

346 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/18(火) 21:49:42.17 ID:N9GmwYmW
俺も>>344-345と同様に一作ぐらい(短編でもいい)は見てみたかったが、
御大はこういうキャラ立ち狙いの作は書く気はなかったでしょ。
名探偵も、所詮、ミステリ作品の「コマ」に過ぎないし。
ミステリの趣向としては名探偵対決という手もあるが、
両雄並び立たずというか、どちらかを真犯人設定にでもしないと面白味無しかと。
片方が単発キャラだが、黄色い部屋や大乱歩の蜘蛛男を想起されたし。

347 :名無しのオプ:2017/04/18(火) 23:07:36.52 ID:fqWQPYu8
金田一の話に、三ッ木耕助が出てくるのも
楽しそう。
でも、どちらも耕助だから名前が
こんがらがるかw

348 :名無しのオプ:2017/04/19(水) 13:03:18.78 ID:lucOPFzo
三ツ木俊介とか南条一郎とか多門修とか
いろいろ居て分からなくなる

349 :名無しのオプ:2017/04/19(水) 13:05:49.63 ID:lucOPFzo
磯川警部と等々力警部が直接会ったのは
首括りの金田一行方不明になった時だけだっけ?
笛吹きに時は手紙でのやり取りだけだったと思うが

350 :名無しのオプ:2017/04/19(水) 17:21:12.07 ID:NUFVgBVC
坂口良子のバカ娘、逮捕されたな

351 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/19(水) 23:00:52.27 ID:19gVVhVN
病院坂でも等々力警部と磯川警部の共演はない。
拾遺で作者(横溝御大)に「岡山のほうからも磯川警部からたびたび照会があったが・・」と記されているのみだ。
金田一にとっての盟友と言い得るこの二人の警部の共演作を読んでみたかったという
気持ちは俺もわからぬではないが、御大の構想には無かったかと思う。
警視庁と岡山県警の合同捜査ネタでミステリとして面白いアイデアでもあれば別だが、
マエストロ鮎じゃあないからなあ(w

352 :名無しのオプ:2017/04/19(水) 23:04:41.31 ID:uKvALxEo
何しに来たんだ
この馬鹿

353 :名無しのオプ:2017/04/19(水) 23:23:10.86 ID:MVwGLn9M
両警部の対面は「堕ちたる天女」だな。

354 :名無しのオプ:2017/04/20(木) 00:13:27.49 ID:VjpnSjdK
えーと、磯川、等々力両警部が顔を合わせる作品は 『貸しボート十三号』 で読んだ記憶が....
ということで調べてみたところ、うん、「堕ちたる天女」 にありますね。
ただし両警部が対面するのは、事件結末ほんの数ページだけというアッサリしたもの。

355 :芋助:2017/04/20(木) 00:37:27.29 ID:p+zMmQYg
千社札殺人事件が実現しなかったのは残念です。

356 :名無しのオプ:2017/04/20(木) 17:31:30.31 ID:vuA2xUr9
DNA鑑定・インターネット・携帯電話
これらが普及してから、推理小説は
書きにくくなってしまった。
横溝作品も、これらが無い時代だから
成立する話ばかり。
あと最近じゃ、ドライブレコーダーと
街中の監視カメラもそうだね。

357 :ich1:2017/04/20(木) 17:45:09.40 ID:DIrN9lr7
https://goo.gl/fSbVMj
これは嘘でしょ?本当だと嫌だなー。。

358 :暴力団米村組 組長:2017/04/20(木) 19:28:26.73 ID:l3yrwdER
(´・ω・`)社員のヌードをホームページに掲載しているリコーの子会社が
鳥取にあるがな
https://goo.gl/sBPGbj
https://goo.gl/XtY5np
わしはリコーの弱みを握っとるからこんなものばらまけるがなw

リコーは慰謝料3千万円出せ! ゴルァ
https://goo.gl/fz1pHu

鳥取のリコーの担当者は、この問題で東京のリコー本社から
いろいろ言われているそうだなww

10年前の2007年3月、「社員ヌード」の件で
リコーはプロバイダに圧力をかけ、強制解約させられネットができなくなったが
別のプロバイダに加入しまたリコーに悪質な嫌がらせを現在もしている。

359 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/21(金) 00:31:19.05 ID:lYuDlESS
〉病院坂でも等々力警部と磯川警部の共演はない。
この点はОKな。
「堕ちたる天女」ねぇ、貸しボート読んでるが、全く記憶に無し。

360 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 00:46:42.45 ID:991TU2bi
書斎はKの文字化けが好きだな。ニヤニヤ

361 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 01:41:46.57 ID:kaXmuCgh
>>350
市川崑監督の映画
犬神家、獄門島、女王蜂に出てた頃の坂口良子のかわいさといったら!!!!

362 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/21(金) 05:18:03.00 ID:2BlkFxQF
そ、そっと待って!!
凄いアイテアを思いついたんてつ
今は探偵事務所や法律事務所も、優秀さないと、やっていくのに大変てつよね
CMや広告ても、散々宣伝されていまつよね
そこてとうてそう
「金田一法律事務所」や「明智探偵事務所」にしたや、お客さんに選はれゆのてはないてそうか!
近くに、川井法律事務所、山下法律事務所、金田一法律事務所、かあったや、ますはとれを選ひまつ?と言うお話てつ

363 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 11:02:53.67 ID:mU9leSjj
>>361
下宿の娘や旅館の女中などの脇役がヒロインよりかわいいのの嚆矢だな
他の例としては映画スパイダーマンの下宿の娘とヒロイン

364 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 12:36:22.10 ID:+F1EgTta
>>362
既に「ホームズ探偵事務所」と言うのが実在してるみたいだから、儲かってるかどうか調べてみたらどうだいw

365 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 18:54:40.32 ID:BSvfm7gQ
横溝ファンとしては、金田一の防御率の低さはいつも身に染みているから、
金田一○○事務所には仕事を頼みたくない、というか、むしろ避けたい

身辺保護を金田一に頼んだりしたら、自分が惨殺死体になるのが関の山
「悪魔の降誕祭」では、いきなり依頼人が金田一の事務所で死んでるし....

366 :超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/21(金) 20:34:08.73 ID:2BlkFxQF
>>364
先を越されまつたか…考えゆことは皆さん同してつね…

>>365
てもても、明智探偵事務所なや、頼みたいと思うんてつ

367 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 22:19:56.50 ID:9+P5l7TM
特に本格長編では防御率の高い探偵というのはあんまりいないだろ
倒叙ものばかりなんてのも除いて

368 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 22:42:43.24 ID:IPHE6kRM
869 名前:超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/20(木) 06:57:28.92 ID:CoiOqmeE
o(・@・)o
870 名前:超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/20(木) 08:49:43.34 ID:CoiOqmeE
ちゅぱっっちゅぱっo(・@・)oちゅっっっぱちゅっっぱ
はやきゅ…あやまっちぇぇ…きゅたたぁいぃはーぅーo('@')o
884 名前:超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/21(金) 02:48:34.08 ID:2BlkFxQF
ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅ!!!!!!!o('@')o
886 名前:超電少年てつまつマン ◆VZ06MJxOCbt1 :2017/04/21(金) 07:54:26.84 ID:2BlkFxQF
ぴゃやきゅぅ

あやまりゃなみゅぴょ

ないぴゃうしょ?o('@')o

369 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 22:49:58.88 ID:IPHE6kRM
サンプルたらなっk

370 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 22:52:45.26 ID:IPHE6kRM
これ見て異常だと思わない人は居ないよねw

371 :名無しのオプ:2017/04/21(金) 23:20:22.69 ID:a6ORqsON
キチガイじゃから仕方がない・・・・・

372 :名無しのオプ:2017/04/22(土) 14:41:52.29 ID:TT91+ew7
今の時代に金田一が探偵事務所を
やっていたら、浮気や不倫の
追跡調査をやってるんだろうなw

373 :名無しのオプ:2017/04/22(土) 15:58:44.24 ID:mWBmtG3M
そして不倫相手との逢い引きに使われたホテルで
世にも奇怪な事件が…

374 :名無しのオプ:2017/04/22(土) 20:39:46.97 ID:U2QHVgYY
>>371
きがちがってるでしょ

375 :名無しのオプ:2017/04/22(土) 20:46:31.72 ID:U2QHVgYY
髑髏検校つまんない
横溝作品ではじめて途中で投げ出したわ

376 :名無しのオプ:2017/04/22(土) 21:42:18.52 ID:o66xF2s+
>>375
山田正紀がインスパイアされて書いた作品が「天動説」だそうだから、ずっと興味があったんだけどな

377 :名無しのオプ:2017/04/23(日) 08:27:25.74 ID:WFC+ruHk
髑髏検校はまだ積んだまま
読んだら感想を書いてみたいと思う

378 :名無しのオプ:2017/04/23(日) 22:56:20.46 ID:WFC+ruHk
髑髏検校読み始めたけど、けっこう面白いじゃん
以前から感じていたとおり、横溝正史はひじょうに語彙が豊富かつ文章力のある作家で、
時代劇の古い言いまわしや文章のリズムなど堂に入っており、読んでいて気持ちがいい
たとえば、時代劇が好きな読者であれば、こんな語り口の文章にはシビれるだろうと思う

----
ざあーつと生暖かい一陣の風が頬をなでたと見るや、今まで鏡のようにないでいた海面に、
百千の海蛇が頭をもたげるよう、泡立った波が舷(ふなばた)を洗って、あの一点の黒雲が、
見る見るうちに空いっぱいに拡がっていった。
嵐なのだ!
しかも、筆にも言葉にも尽くしがたいほどのひどい嵐なのだ。

―― 櫓も取られ候、櫂(かい)も奪われ候、我等は最早なすすべもなく、小舟に運命を託す
身とは成り果て候。飆風(ひょうふう)はなおいつ鎮まるとも覚えず。暗澹(あんたん)たる空。
恐ろしき疾風(はやて)、丈余の波、我等は幾度か地獄の口を眺めし心地致し候 ――

379 :名無しのオプ:2017/04/24(月) 13:16:04.40 ID:z9laQrbf
いつも不思議に思うのだが、
犬神家で静馬は犬神家屋敷初めて行ったんだよね
家の中で何がどこにあるのかとか知らないだろうし
松子はそんな静馬見て変だとは思わないのかと
それ以前に実の親子なんだから本人の癖とか仕草ですぐバレると思うのだが

380 :名無しのオプ:2017/04/24(月) 13:56:23.24 ID:sNZRnwqB
クセや仕草はともかく、松子佐清親子が住んでいたのは東京

381 :名無しのオプ:2017/04/24(月) 15:34:59.37 ID:ZUMR/Bmq
>>379
ドラマだったか映画だったか
映画だったら何年版かも忘れたが
戦争のショックで以前の生活の記憶が曖昧になってるとか
性格が変わってしまったとか言われて
不憫であまり追及できなかったという台詞があったよ

原作ではそこまで言ってはいないけど
ふっと疑いを持つこともあった、それだけに手形が合ったとき嬉しく同時に疑ってすまなかったとも思ったと
そういう旨述べてるからね
本人だと信じたい気持ち、疑って結果本人だった場合酷く傷付けてしまう怖さ、
自分以外の親族が疑いの目で見ていて(当然ちゃ当然だが)自分しか味方がいないこと、
前線で戦うというのが経験のない者には到底想像理解できないものであろうことなんかが重なって
疑うこと自体が苦しく松子夫人自身考えたくなかったんだろうし
トドメに手形一致があったからね

不審な点が結構あっても手形を覆すレベルの決定的な何かでない限りは
もうなるべく考えないようになっていったんだろう

382 :名無しのオプ:2017/04/24(月) 15:35:46.03 ID:ZUMR/Bmq
あれ、その台詞あったの原作だったかな
自信なくなってきた
読み直そう

383 :名無しのオプ:2017/04/24(月) 20:33:33.78 ID:IyjHV2um
オレだよ

青沼静馬だよ

384 :名無しのオプ:2017/04/24(月) 21:13:16.21 ID:imSj/3zz
我々はカールビンソンを一発で撃沈させられる!
http://www.bbc.com/news/world-asia-39686427

385 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 10:40:46.01 ID:6ITel+a0
>>381
現代のオレオレ詐欺もそういう心理なのかもね

386 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 10:41:22.96 ID:e+sDNFhs
悪霊島の越智竜平特製のサンドイッチ
貸しボート13号ボート部寮母特製のライスカレー
手毬唄お幹さんが精魂込めて作ってくれた鮎の塩焼き、胡桃のこごりと、豆腐の味噌汁&水蜜桃

金田一シリーズで食してみたい食べ物一覧

387 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 10:48:00.16 ID:e+sDNFhs
犬神家で身内が遺言書発表の際に
佐清の頭巾を取らせる様仕向けなければ
本物の佐清が静馬と入れ替われて
少なくとも若林以外は死なずに済んだかもしれんね…
静馬は本物の佐清が確実に死んでいるものと思い込んでいたのだろうか?

どう考えても、素顔晒した佐清が帰ってきたら致命的なのだが

388 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 13:05:33.18 ID:lfO9Nzqf
>>387
静馬、原作だと映像作品に見られるような狂気じみた復讐の鬼でもなく
根っからの悪人でもなかったようだからね

最初から全力で乗っ取る気満々だったわけじゃなく
ただ恨みはあったから
どうなるか分からんが胸糞悪い、何だあいつらちょっと引っ掻き回したろかくらいのノリだったんじゃないか

そもそも彼は遺言状の中身が自分や珠世が優遇する内容だなんてことはまだ知らなかったし
(佐清が揃わないと発表できないらしいということだけ新聞や噂で知ってそれで名乗ってみたんだっけ)
佐武を始めとした殺人も予期せず起きたものだからね
佐武殺害事件までは佐清に叱られショボンだったと言うし
色々な出来事、本当に“恐ろしい偶然”が重なって少しずつ乗っ取る方向へ行ったという事だな

389 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 13:28:05.97 ID:GMxDO+cn
あんな絶世の美女、億万長者なら俺なら姪でも行くけどな
静馬は俺より良識人

390 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 17:55:28.56 ID:0PAqTwJM
もう十分苦しんだ、もういいじゃないかPart3 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1474985176/

【自殺】死にたい人が集まる場所 2【雑談】 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1491405846/

もう限界が近づいて来てる人のスレッド203 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1486274289/

人は幸せになる為に生まれた訳ではない! 勘違いするな、甘えん坊ども![無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1490257718/

まったく意味のねえ糞人生なんぞ消してやるよ! [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1491842048/

さあ!死のうじゃないか甘ったれども! [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1491833191/

【旅立ち】樹海への道 Part1 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/cafe50/1489927435/

そろそろ楽になろう これ以上の生き恥に意味なし [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1492663759/

なら、お望み通り死んでやるよ!確実にな! [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1492790860/

391 :名無しのオプ:2017/04/25(火) 17:56:18.48 ID:0PAqTwJM
究極オカルト・互いの肛門を存分にしゃぶり合う男達 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1493087023/

肛門が臭い店員が土下座させられてるのを見た会 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1492778200/

肛門に指を突っ込んで全裸で歩いてる奴ちょっと来い [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1491150539/

四つん這い尻を突き出し肛門にデンデン太鼓二本 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1466495904/

公共トイレで大爆音させながら脱糞する人々 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1464799099/

【恐怖】大オナラしたはずが全部ウンチだった [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1463201431/

己の肛門に己の顔を突っ込んだ男の話 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1462866542/

【驚愕】空に 肛門 が浮かんでいた Part1 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1451276588/

392 :ich1:2017/04/26(水) 07:15:02.27 ID:Z+1LnXLx
https://goo.gl/Y4tSAe
これは嘘でしょ?
本当なら落ち込むわ。。

393 :名無しのオプ:2017/04/27(木) 21:59:13.12 ID:h3hQauk5
>>375-378
『髑髏検校』 に併録されていた 「神変稲妻車」 も面白かった。
というか、髑髏より神変の方が2倍くらいボリュームがあり登場人物も多く話も複雑。

物語の舞台は江戸中期、田沼意次・意知(おきとも)親子が権勢を極めた田沼時代。
賄賂で財を築き上げた意知が寵姫珊瑚の求めに応じ、信州高遠の新宮家に伝わる
家宝みすずの笛の献上を要求したことが発端となり、やがて三つ巴の争いが始まる。

物語の主人公は新宮家の跡取り、弦之丞と妹の小百合。
この双子の兄妹が、やがて家宝みすずの笛をめぐり数奇な運命をたどることになる。
妖術使い、謎の浪人者、忍びの少年、女芸人一座、盗っ人、山窩(さんか)など善悪
入り乱れた登場人物のあいだで翻弄される弦之丞と小百合の運命、そしてみすずの
笛と一揃いになるという残り二本の笛の行方はいかに。

「神変稲妻車」は、いわゆる伝奇小説と呼ばれる時代物で、次々と場面が入れ替わり
ながら早いテンポで話が進み、物語全体の雰囲気は国枝史郎の長編小説に似ている。

別のたとえでは、和風RPGをプレイしながらストーリーを追う感覚にも近いように思う。
三本の笛を探すという目的、弦之丞と小百合がたどる運命というものが大きな軸となり、
その軸にそって小さなストーリーが次々と展開していく点などは、RPGをプレイしながら
様々な町や村をめぐりゲームを進めていく感覚に近い。

悪く言えば、始めと終わりの辻褄さえ合っていれば、その間のストーリーの流れはどう
でも良いようにできているというか、作者自身がRPGをプレイするようなアドリブ感覚で
話を作っているような感じなんだよね。

国枝史郎の場合は、そうした行き当たりばったりの書き方が災いし、伏線を回収できず
未完に終わった小説が多い一方、さすが横溝正史はミステリー作家だけあり、伏線の
回収はキッチリつけて終わらせている。(終盤かなりご都合主義な展開だけどw)

394 :名無しのオプ:2017/04/28(金) 12:39:46.76 ID:oBqydHrh
「髑髏検校」はまあまあ面白いけど、短くてコクが足りないね
もっとおどろおどろしくしつこい描写が読みたいのにあっさり終わった
ストーリーはまんまブラム・ストーカーのドラキュラだから、先も読めるし

「神変稲妻車」の方がたしかに面白いが、こちらはちょっと長すぎw
テンポはいいんだが同じような展開の繰り返しがだれるところがある
章ごとの場面転換がうまくてテンポはすごくいいね

395 :名無しのオプ:2017/04/28(金) 21:10:34.61 ID:6dOh4CZI
「髑髏検校」は当初数年の連載予定だったところが、前年(昭和13年)に成立した
国家総動員法による紙の配給統制の影響で、雑誌『奇譚』が休刊、それを受けて
連載が半年で打ち切りとなり、無理に結末をつけたため、結果、話が尻すぼみと
なってしまったものらしい
そうした事情を知ると、それなりの結末に纏めてあるのはさすがと言うべきかも

日本で吸血鬼ドラキュラの翻訳が出版されたのは昭和31年なので、横溝正史が
「髑髏検校」を書く時には、原書を読んで参考にしたとのこと
平井呈一訳でドラキュラを読んだ現代の読者からすると、先の展開が予想できて
もの足りない部分もあるだろうけど、当時(昭和14年) の読者には、これはこれで
かなり斬新な伝奇小説だったのではないかと想像している

今のところ横溝作品にハズレなしという嬉しい状況が更新中で、この作家の懐の
深さをあらためて実感させられている

396 :名無しのオプ:2017/04/29(土) 01:01:01.06 ID:g7wrH2Yq
>>395
「奇譚」自体は翌年まで続いてて、十蘭が「顎十郎」を連載してるけど。

397 :名無しのオプ:2017/04/29(土) 18:48:24.81 ID:QR8yw0bP
>>395-396
横溝正史「髑髏検校」が雑誌「奇譚」にどう連載されたのか図書館で調べてみたけど
よく分からなかった
ネットを調べていたら、昭和15年6月号「奇譚」を手に入れたという話も見つけたので、
昭和15年7月号まで続いていたという話には信憑性がある

横溝関連の資料に記載されている「髑髏検校」の初出が、昭和14年でなく昭和15年
であれば、雑誌休刊のため無理に結末をつけたという話の辻褄は合うのだけど....

『髑髏検校』 の幽霊原稿
http://kakeya.world.coocan.jp/ys_pedia/study/ys_study_dokuro_kengyo.html

398 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/04/30(日) 22:58:54.33 ID:rlxz0i9M
しかし、髑髏検校の正体は初読時にはビックリかと(w
この歴史キャラを悪役設定にしたのは御大とプータローぐらいか。
もっと長くてもそれなりに読ませる作になったかとは思う。
この点は御大も残念な感あったかも。

399 :名無しのオプ:2017/05/01(月) 04:56:42.61 ID:DUurNxDw
「奇譚」の創刊は昭和14年で、「顎十郎」も横溝の「髑髏検校」も、その号から始まっている。
駆け足で終わらせた理由が掲載誌の廃刊のせいというのが、横溝の記憶違いというだけのこと。

400 :名無しのオプ:2017/05/01(月) 14:29:30.44 ID:DGTXBU6k
『髑髏検校』は戦後の短尺版でしか読めない時期が続いて、
戦前の長尺版で読んだ読者たちから惜しまれていた。都筑道夫もその一人
(長尺版を戦後初めて再録した「推理界」に記述がある)。
長尺版はその後、桃源社等から本になって今では読める。
450枚というのは、この長尺版の半ペラの枚数に相当する。

401 :名無しのオプ:2017/05/01(月) 16:56:15.67 ID:Mh/e2CBr
漫画もあるんだな
http://web.manga-oh.com/single/index/B0000000142
横山まさみちってエロ漫画「やる気満々」の人だよな?

402 :名無しのオプ:2017/05/01(月) 18:40:39.21 ID:QkIzvBCg
散歩のついでに書店に寄ったら 「横溝正史研究 6」 が出ているのを見つけた
こういう作家個人を扱った雑誌が6号まで続いているのもスゴイけど、うちのような田舎の
書店にまで入荷しているのもさらに驚き

せっかくなので、「髑髏検校」について何か書かれていないか探して見たものの、今回は
戦後の活動をクローズアップした特集なので、残念ながらめぼしい情報は無し

403 :名無しのオプ:2017/05/01(月) 18:55:43.40 ID:4OtmQiq3
なんで載ってないなら書いたのさ

404 :名無しのオプ:2017/05/01(月) 21:06:14.41 ID:QkIzvBCg
いちばん言いたかったのは 「横溝正史研究 6」 が出ているよという報告だからね
髑髏検校については、「横溝正史研究 7」 に期待しよう

405 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/05/01(月) 22:48:49.30 ID:FZJi3fIS
現代ものミステリ作家(本格ものに限定せず)としては、
今も超一流評価なのは文句無しな御大だが、
髑髏は勿論のこと、ヒット作佐七をはじめ、時代小説はイマイチなものばかり。
相当数の作品を残しながらも、時代小説家としては認識されていないのは仕方ないか。

406 :名無しのオプ:2017/05/03(水) 00:55:11.17 ID:TJ6DTJcp
ドクロ検校ってネーミングも
ドラキュラに似てるからこれもパロディなんだな
凝ってて結構

407 :名無しのオプ:2017/05/03(水) 01:09:08.24 ID:fubzJhpR
結局、今の倍の長さの『髑髏検校』なんてものは始めからなかったってこと?

408 :名無しのオプ:2017/05/03(水) 17:04:32.23 ID:DSxxBDoI
女王蜂読み終わったけど
文彦の年齢おかしいな
数えで17歳らしいけど、10歳くらいの印象

409 :名無しのオプ:2017/05/03(水) 18:29:23.86 ID:4s+ejH1M
年齢がおかしいというから何かと思った
年齢の割に言動がおかしいという旨を仰有っているんだね
自分も最近読んだばかりだけど確かにかなり幼い子供の言動だね

稲垣吾郎のドラマでは当時14歳の俳優を使って
さらにそこよりちょい下くらいの演技というか、
小学校高学年くらいのような印象だったので大して違和感はなかったけど
原作では高校生、なのにやたらと駄々をこねトムソーヤの冒険を読み真似事をしているからね

欣造はただの陰弁慶で片付けてるけど知的な障害か何かあるんじゃなかろうか

十代も半ばになれば下の毛ボーボーだからね
どれだけ甘やかされて育ったとしてもありゃ十代後半の男の言動じゃない

ついでにいうと智子も若干幼い印象
いかにも老獪というようなオッサンの縄張りに単身で向かい
オッサンと二人きりになり相手が用意し勧めて来た酒を飲むなんて
どうなん

410 :名無しのオプ:2017/05/04(木) 07:21:29.40 ID:VwjRNdb4
>>408
昔読んだ少女マンガ版では小学生だった
そりゃ変えるよね

411 :名無しのオプ:2017/05/04(木) 08:48:19.95 ID:M2kuEca7
『女王蜂』では満年齢(かぞえより二つ下もあり)にしたから感覚がつかめなかったんだろう。
結局、かぞえ年表記に戻しちゃったし。

412 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 05:07:52.88 ID:JoqgPkDL
改めて観ても早苗がブス過ぎる

413 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 08:00:40.66 ID:nJYeCmF9
どの早苗だ

414 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 09:00:28.41 ID:bo8nEf+7
大原麗子をブス呼ばわりとは是れ如何に

415 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 10:28:00.55 ID:RvD1cqvt
三つ首島はじめて読んだぞ

416 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 10:41:26.16 ID:u8UEAvhf
俺は獄門塔読んだ

417 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 14:21:50.61 ID:TrQO+4OH
>>407
関連資料との照合をせずに、拡大解釈した人騒がせだったか。

418 :名無しのオプ:2017/05/05(金) 14:48:39.49 ID:ddduhTPt
>>412-413
早苗、由紀(子)、珠[タマ]●(●には、世とか子とか色々入る)
はあちこちに出てくるw

419 :書斎魔神 ◆Faci8xkPLw :2017/05/05(金) 18:58:09.89 ID:g0DtS2oU
昨晩、BSプレで獄門の再放送あったのか。
まあ、あのテンションは1度見ればお腹一杯(w
それより笛は企画倒れか?
原作準拠(自称「悪魔」こと犯人の独白、そして倒れ去る)のラストシーン
(東映版も古谷金田一シリーズも大幅に脚色していた)を期待しているのだが。

420 :名無しのオプ:2017/05/06(土) 07:52:08.84 ID:4zEWGH7B
早苗はブスだけど、お志保はこっちのが美人だな

421 :名無しのオプ:2017/05/06(土) 07:54:02.20 ID:4zEWGH7B
間違えた、お小夜

422 :名無しのオプ:2017/05/06(土) 08:57:52.09 ID:4zEWGH7B
復員詐偽兵が辰蔵さんだったね

423 :名無しのオプ:2017/05/06(土) 10:58:02.88 ID:SUbVEere
石坂映画版は竹蔵が小林昭二
古谷二時間版は和尚が名古屋章
今度のシンゴジラ版は嘉右衛門が瑳川哲朗
なぜ獄門島には隊長が必要なのか

424 :名無しのオプ:2017/05/06(土) 12:25:28.59 ID:4zEWGH7B
今更だけど、張り子の吊り鐘が同じ大きさだったら焦っただろうな

425 :名無しのオプ:2017/05/12(金) 07:27:57.36 ID:kpSw2GL3
「迷路荘の怪人(惨劇)」長編、短編、中編の順に全部読んだ
中編は大事な場面に金田一がいないのが痛い
長編は後期長編によくある無駄な描写が多い
短編はちょっと物足りないけど纏まってはいる
長編をスッキリさせれば名作の中に入れたかも知れない

426 :名無しのオプ:2017/05/12(金) 12:05:42.97 ID:ej9nXzoz
長編は描写が細かくてゆっくり世界にひたれる
中編は適度な描写で探偵が出過ぎてない
短編はすっきりコンパクト感が楽しめる

と前向きにとらえると3倍楽しめる

427 :名無しのオプ:2017/05/12(金) 18:49:16.58 ID:AwyuKv9K
金田一耕助が犯人を虫けら呼ばわりした
極めて珍しい作品だよね、迷路荘は
まあ、金田一作品の中で最も残酷で惨めで悲惨な死に方したけどさ…

428 :名無しのオプ:2017/05/12(金) 19:52:13.95 ID:CDAeEY0V
迷路荘おもしろそうだなー
ドラマから見てみよう

429 :名無しのオプ:2017/05/12(金) 20:03:47.18 ID:6GZkvAR+
約10年の沈黙のから復活後の長編は、どれも冗長で正直言って途中で読んでて飽きた
ものもある、仮面舞踏会とかなw

430 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 05:51:15.12 ID:mxJV5X8Y
仮面舞踏会の犯人がわかる所の描写は、おお!と思ったけどな

431 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 10:15:40.45 ID:asxOB18o
ご本人も仰ってなかったかな
仮面とか病院坂とかちょっと長すぎたかもしれない、丁度良い長さってあるねみたいなことを
対談をまとめた本か何かで

432 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 11:05:57.36 ID:t/WYE9kb
あの頃になると締め切りに追われずに楽しんで書いてるからね
俺は無駄と言われてるような描写も好きよ

433 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 11:13:54.27 ID:4OEpvnw2
笛吹くは淡路島行きの件が好きだと書いてるよね。

「あそこは読者はじりじりするとこだろうけど、悠々と筆を進めてて我ながらアッパレ」

434 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 12:34:07.71 ID:8Bpvjp2f
文章が上手いから、冗長な展開でも読ませるんだよ

435 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 14:14:18.79 ID:KzNJu5ed
文章の素養もない理系人間が趣味で好きな本を読み漁ってただけでこれほどの作家になれるということに勇気を与えられる

436 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 14:30:44.75 ID:SvSkGqTL
仮面舞踏会は、自分も犯人が登場するあたりのシーンがおもしろかった
横溝正史の場合、いなかの因習やおどろおどろしい雰囲気が好きというファンが多いため、
病院坂のような都会や仮面舞踏会の軽井沢などを舞台にした作品を好まない人も相当数
いるけど、ミステリー以外の小説も好む人間にとっては、横溝正史のねじれた人間関係と
奇妙な犯罪は独特だし、それだけでも横溝作品を読む楽しさを堪能できるところがある

一方、冗長な展開というのは海外の有名な作品にも多く、ドストエフスキーのカラマーゾフ
では冒頭人間関係の説明が冗長なうえ大審問官という長い告白シーンがあるし、トルストイ
の戦争と平和も、戦争に対する長い考察が挟まっていたり、ナポレオンのフランス軍に蹂躙
されたモスクワをピエールが延々とさまよう姿が描かれていたりもする

レ・ミゼラブルなどは脱線に次ぐ脱線だらけで、物語の本筋とは関係ない、ワーテルローの
戦い、修道院の歴史やらパリの下水道の話やらが、どれも中編小説なみの長さで挟まって
くるため、短縮版でなくオリジナル版を読もうとすれば、そういった脱線を楽しむ覚悟がないと
とても読めないような小説となっている

メルヴィルの白鯨はさらにスゴイことになっていて、この作品はクジラの博物誌を読まされて
いるようなもので、小説を読むつもりで手にとると、挫折すること請けあいというシロモノ

437 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 14:43:02.86 ID:SvSkGqTL
>>435
> 文章の素養もない理系人間が趣味で好きな本を読み漁ってただけ

横溝正史って日本の古典作品について詳しいし、雨月物語や俳句からの引用なども
豊富で、むしろ文学青年の文系人間というのが自分の印象
理系に進んだのは、勉強ができ親の希望や生活のために選んだのだろうと見ている

438 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 14:43:12.52 ID:1UPYcDGp
横溝正史は読書量はハンパじゃないからなぁ。
それに追いつくだけでも並大抵のことじゃない。

439 :名無しのオプ:2017/05/13(土) 16:49:49.21 ID:IIbGtcL1
山田風太郎の医学生時代の日記など読んでると
理系出てるから文章の素養がないってわけでもないし
文系出てるから文章の素養があるってわけでもないよなあ
特に昔の人は読書量が今の若い人の比じゃないし
松本清張や池波正太郎は山本周五郎は小学校しか出てないのに大作家だ

440 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 01:51:25.16 ID:wtybK/CU
>>437
家業も進学先も薬学関係だっけか
なのにその時得た知識を生かすというか
嫌な言い方をすればひけらかすようなトリックや犯罪はなく
民話や因習や俳句やらが多分に扱われていて
不気味で胸糞の悪い話なのに救いのある最後が用意されていたり
根底には普遍的な人の良心とか家族の幸せを願う気持ちとか、
正しいかは分からないながら敢えて濡れ衣を着て人をかばわんという自己犠牲の精神とか
そういうものを感じさせる内容なんだよな

映像作品にも大方それは反映されていて
ただの気持ち悪さ怖さだけを追求したようなものは少ない
金田一が登場する話は特に金田一の存在感自体が一つの救いのようになっていて
そこが他にはない、横溝作品があれほどまでにヒットし流行し
今も世代を越え永く愛されている要因だと思う

441 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 02:08:16.81 ID:wtybK/CU
深夜のテンションでちょっと長めの書き込みしたら案の定とっ散らかった内容になった

442 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 04:37:25.22 ID:Sq7fl4KG
>>431
小林信彦との対談で長すぎると言ったのは『白と黒』と『仮面舞踏会』。
『悪霊島』は500枚にしたい、とも(『病院坂』は書き始めたばかりだった)。

443 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 07:41:24.70 ID:L4QZUZVf
>>442
エッセイでも言ってたね
病院坂は年を取ってクドくなり筆を省略するのを忘れたって
単行本にした時にかなり削ったらしいけど

444 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 16:21:33.65 ID:ZnFNSe7C
>>443
病院坂は冒頭の人物歴史長かったけど読み終わると冒頭の方がおもしろかった感じした

445 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 16:24:13.65 ID:ZvFbG+OP
悪霊島は前半書き込みすぎたせいか、後半駆け足になったのが惜しい

446 :名無しのオプ:2017/05/14(日) 16:48:33.15 ID:KpTL+22d
後半は死期を悟って早足になったのかも知れないな

447 :名無しのオプ:2017/05/15(月) 11:47:23.24 ID:z6TUrgeF
金婚式まで行って子や孫に囲まれて
残っている話を見聞きする限りでは幸せな一生を送られたようで他人事ながら嬉しい

話が少し逸れるけど横溝先生に限らず小説に限らず
創作物と実生活って対照的なこと多々あるよね

逆にいつも美しくて理想そのものみたいな世界を描いている人間が
私生活ひっちゃかめっちゃかだったりするし

そういう人間だから書けるのか
書いているうちに逆へ行くようになってしまうのか
卵が先か鶏が先かみたいな話になるけど

448 :名無しのオプ:2017/05/15(月) 17:47:26.46 ID:NFReg8C6
自分にないものを想像の世界で作り出すんじゃね?

449 :名無しのオプ:2017/05/15(月) 20:15:54.50 ID:1Fc5hQRD
生い立ちは幸せとは到底言えないし、横溝家も亮一さんが亡くなったことで途絶えてしまったがな

450 :名無しのオプ:2017/05/16(火) 03:23:13.97 ID:FWMy7+Lg
昔は死別含め家族との別れが今よりずっと多かったしね
しかしご自身の抱える事情は複雑でも
おおらかで周りの人を大事にして良縁を引き寄せるような
そういう御方だった気はする

451 :名無しのオプ:2017/05/16(火) 04:54:52.78 ID:l3inWkTS
孫はいるけどね、亮一氏の女兄弟の方に。

452 :名無しのオプ:2017/05/16(火) 05:14:05.05 ID:bTlvq1eL
マガジンのあれか?

453 :名無しのオプ:2017/05/16(火) 05:57:32.64 ID:SFgXFW4c
悪霊島は初読時は島の異様な雰囲気と
何が起きるか分からない不気味さにワクワクしたけど、
さすがに今読むとくどいね上巻
亀さんのくだりとかグダグダ長すぎる

454 :名無しのオプ:2017/05/16(火) 07:37:38.84 ID:ymblBcNp
>>451
亮一氏にも娘が二人いる

455 :名無しのオプ:2017/05/18(木) 12:06:05.51 ID:jEBw9VJ9
>>454
婿養子迎えてはいないのかな

456 :名無しのオプ:2017/05/18(木) 15:49:32.12 ID:wW3SSzQt
お孫さんが何人いるかは知らないが
少なくともお子さん三人授かったんだから
小説並みの呪われた一族的悲劇にでも見舞われない限り横溝家自体はそうそう絶えないのでは

457 :名無しのオプ:2017/05/18(木) 19:25:10.38 ID:BVec2NuB
>>455
迎えていない
横溝の血筋が絶えたわけではないが、横溝正史を本家とする横溝家は絶えたことになる

458 :名無しのオプ:2017/05/18(木) 19:49:28.19 ID:BoeQWLWR
女性は嫁ぐと名字が変わるから、横溝姓の人がいなくなる。

459 :名無しのオプ:2017/05/18(木) 20:37:07.16 ID:D6Q273aZ
孫でも曾孫でも、作家になる時にはシェリー・ディクスン・カーみたく横溝姓を使ってほしい

460 :名無しのオプ:2017/05/19(金) 16:10:02.73 ID:82qZ1dKq
>>459
スティーヴン・キングの息子のジョー・ヒルのように
自ら恃む所すこぶる厚い人であれば、そんなことはしないだろうな
三船美佳のような人なら、いそいそと横溝をペンネームにしそうだけど

461 :名無しのオプ:2017/05/19(金) 20:41:10.48 ID:LsgeakiP
>>324
>横溝正史研究の桜部落特集読むと、当時の作品の
>登場人物の名前はほとんどご近所の住人で済ませてる

御大は桜部落の人情味溢れる人々と本当に仲良くなって
東京帰るのを残念がったぐらいだから

462 :名無しのオプ:2017/05/19(金) 20:44:12.93 ID:LsgeakiP
>>453
>さすがに今読むとくどいね上巻

下巻はもっとグダグダだけどなw
初読時の「御大衰えたり!」の失望感は大きかったよ(´・ω・`)

463 :名無しのオプ:2017/05/19(金) 23:38:56.18 ID:vAN0C/p3
>>460
ジョー・ヒルの場合、お父さんがまだ現役でいるから、さすがキング名は使いづらい
幸田文も森茉莉も田中光二も、ものを書き始める時すでに父親は亡くなっていたからね

464 :名無しのオプ:2017/05/20(土) 18:33:49.01 ID:OqsoCHTp
現在、横溝姓は亮一氏の未亡人だけ。

465 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 01:15:48.50 ID:nzNwUSi6
>>463
ジョー・ヒルは親が現役かどうかでなく、親の名でなく自分の力で認められたかったからと言ってるよ
作家に限らず、親の現役中に本名デビューの方が普通でしょ
本名ならあえて変えるのはジョー・ヒルのような心持ちだろうけど
姓が違うのに、有名な親や祖父の性を使うなんて、普通は恥ずかしいんじゃないか

466 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 02:50:20.36 ID:b2UDM14R
横溝というと他には、レーサーと有名ケーキ屋がいるな、偶然だが両方神奈川。

467 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 05:57:09.96 ID:GJUFk/jP
>>465
> ジョー・ヒルは――親の名でなく自分の力で認められたかったから

正直なところ、そういったコンプレックスを抱えたまま父親とおなじホラー小説のジャンルに
進出するというのは、私の見方では、逆に、「人間が小さいなぁ・・・」と思ってしまうけどね
(ある意味、父親と比較されることから逃げた、とも言えるわけだからね)

むしろ、Joseph King Jr. といったペンネームを使ってくれた方が、名は体を表わすのとおり、
読者は作者の正体や実力を把握しやすいし、父親の作品と比べながら読める楽しさもある

仮に横溝姓を使いミステリーを書いたとしたら、当然、横溝正史と比較されるのは明らかだし、
七光りと同程度の厳しい目も注がれることになるはずだから、そういった諸々のことをすべて
引き受ける覚悟も必要になるはずなんだよね

そんな横溝姓の子孫が現われたとしたら、自分なら興味津々で作品を手に取ってしまうなぁ

468 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 08:57:34.82 ID:v6hRJ8ls
それくらいのことで人間が小さいだなんて思う人の方が人間小さいのでは

469 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 09:29:39.44 ID:Y4nvzHvm
>>468
人間が小さいというかただのバカたな

470 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 14:33:54.72 ID:nzNwUSi6
いやあ、やっぱりジョー・ヒルみたいな方が好きだな
横溝の孫でミステリ作家でデビューでーすみたいなのが出てきても
本名ならいいと思うけどね

471 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 14:41:02.39 ID:nzNwUSi6
>>468-469
ごめん、なんか傷つけちゃったみたいだね

472 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 15:01:25.41 ID:Z14MCYaq
傷つけるってメチャ上から目線の言葉だよな

473 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 15:02:20.26 ID:Pc3jkUzf
何で>>467へのレスを自分へのレスと勘違いしたのだろう?ああ勘違いじゃないのか

474 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 16:23:42.79 ID:+mezJ6pe
>>471
468と469はお前にレスつけてない思うが

475 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 16:25:10.18 ID:+mezJ6pe
ああ 俺も勘違いしたわ
ちょっとした叙述トリックに引っかかった気分

476 :名無しのオプ:2017/05/21(日) 21:47:48.89 ID:Tg4v1HSI
わけわからんちん

477 :名無しのオプ:2017/05/22(月) 12:12:18.70 ID:+LB2+vbK
なんか笑った

478 :名無しのオプ:2017/05/24(水) 02:04:11.63 ID:TKjJfuWc
>>447
横溝正史の生い立ち、知ってる?

「悪魔の手毬唄」が事実をもとにしたフィクションだってこと、知ってる?
もちろんあんな凄惨な連続殺人事件は現実には起きなかった(当たり前だ!)
でも「手毬唄」は正史の一族をモデルにして創作されたものなんだよ

「手毬唄」の主な登場人物にはすべてモデルがいる
名前は変えてるけどね
でもある登場人物には実在の人物の名前をそのまま使ってる
歌名雄っていう変わった名前の登場人物が出てきたでしょ
あれは正史の異母兄の名前なんだよ

「手毬唄」に限らず、正史が、
不倫の恋が惨劇を引き起こすっていう物語をいくつも創作したのはなぜか?
正史の両親の不倫の恋がもとになってるんだよ
正史は「罪悪感を抱いて生きてきた」と語ってる
もちろん正史自身にはなんの罪もない
でも両親の道ならぬ恋によって悲劇が起こったんだ

「手毬唄」ではなんの罪もない人(たち)が殺されるけど
あれは正史の罪悪感の表れなんだろうね
殺されてる人たちのモデルは正史(と弟たち)だからね

正史は言葉を濁してたが、実在の異母兄の歌名雄さんも不幸になったらしい
「手毬唄」ではラスト、ある人物が歌名雄に「強く生きてください」と語ってた
あれこそ正史の心からの願いだったんだろう
でも実在の歌名雄さんはどうなったか、正史は「語りたくない」と…

479 :名無しのオプ:2017/05/24(水) 03:32:51.39 ID:nsO5lzo3
横溝の両親は今風に言うとダブル不倫だよね、それで岡山から駆け落ちして
神戸に居ついた。
歌名雄は脚気で死んだ。

480 :名無しのオプ:2017/05/24(水) 06:26:58.18 ID:8rdMirwd
>>478
>>322

481 :名無しのオプ:2017/05/24(水) 14:26:14.40 ID:Kqm1rqWZ
「私生児」を描き続けた作家だと言える。
純文学の作家なら正当に評価されるのに、基本的に軽く見られるミステリー作家
だから無視されて来た。

それから、当時のミステリーでは、私生児は、家の秩序を乱す悪役として描かれることが
多かったけど、横溝の作品では、いくつかの例外を除けば、同情的に描いて
犯人にするにして周囲が悪いように書いた。
最近のサスペンスでは、犯人を善人に描くものが多いけど、そうした作品の元祖でもある。

482 :名無しのオプ:2017/05/24(水) 17:08:00.45 ID:9yyjujBT
>>478
大変熱くなられているようだがひけらかしている情報は大方既出のものだし
そこで言われている幸福というのは
晩年に向かい本人の力によって得た幸福を指しているのではなかろか

483 :名無しのオプ:2017/05/25(木) 09:08:13.84 ID:ZUwPjbT4
私は、>>478 を興味深く読ませてもらった

横溝正史の両親の生い立ちから結婚、その後の不倫に至った事情、さらには
異母異父までふくめた兄弟姉妹の構成まで、そのあたりの事情に詳しい人は、
ここで大いに知識をひけらかし、そのあたりの話をもっと色々教えてほしい

484 :名無しのオプ:2017/05/25(木) 12:20:41.37 ID:fvi0Sp3S
横溝小説は、直接なトリック以外だと、やたらに近親相姦が出てくるイメージあるなあ。

485 :名無しのオプ:2017/05/25(木) 20:08:30.19 ID:lhdh88VK
>>483
本当に興味があるのならエッセイ読めばいいのに

486 :名無しのオプ:2017/05/25(木) 23:05:03.83 ID:ZUwPjbT4
>>485
興味あるなら関連本読めじゃ、こういった掲示板を利用して誰かと話をする意味ないじゃん
あと、ボケ防止の為にも、できるだけ生きている人間と会話を楽しんだ方が頭の体操になる

もちろん、どんな本が参考になるのか、具体的に書名を教えてくれるのでも結構

487 :名無しのオプ:2017/05/25(木) 23:28:06.29 ID:Xv6Jobto
入手以来20年近く何度も読み始めてはノらなくて数ページでやめている3冊
「迷路の花嫁」「女が見ていた」「びっくり箱殺人事件」のうち、
迷路の花嫁をついに読了! 読み始めの印象より面白かった。
大人向け金田一モノで普通に入手できる作品は、やっと全部読んだかな??

488 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 00:39:41.22 ID:1gZ7qgh/
うちにあった「迷路の花嫁」の文庫本は乱丁本で、いきなりクライマックスから
始まってたのをうっかり読んでしまったww

489 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 01:18:00.26 ID:vgF1jEuy
>>486
『横溝正史自伝的随筆集』
歌名雄の件は、その解説で指摘されている。

490 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 01:33:26.11 ID:PhQaoRP1
>>486
その分じゃボケるの早そうだ

491 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 02:20:40.25 ID:YbZgImsi
>>487自己レス
「女が見ていた」もついに読了!
なんか唐突な終わり方。

492 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 07:57:45.35 ID:eKgGnyTs
>>489
> 『横溝正史自伝的随筆集』

ありがとう、地元の図書館に収蔵していることが分かったのでそのうち目を通してみます
一方、電子書籍でも 『探偵小説昔話』 と 『探偵小説五十年』 が出ているのでそちらも購入予定
(ただし講談社の値引セール待ちですね)

クリスティーやカーの作品を積んだままなので、しばらくはそちらの消化に専念しますが....

493 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 09:01:56.53 ID:eKgGnyTs
『迷路の花嫁』 は、冒頭の事件があったのち次々と登場人物が加わり場面が入れ替わっていくため、
最初は話を追っていくのが大変なんだけど、やがて各人の人間関係が明らかになってくると、一気に
全体が見渡せるようになり、そこから後は、女性たちが不遇な環境から脱出しようとする早い展開が
待っており、どんどん読み進めてしまう
この作品では、めずらしく金田一もなかなか良い仕事をしていると思う

「びっくり箱」 の方は、文章全体が軽いノリでふざけた調子なのでトリックも適当かなと思っていたら、
最後まで読み終えると全体の構成が予想外にしっかりしていたことに逆に驚かされた
あと角川文庫版の場合、評判の高い短編 「蜃気楼島の情熱」 も併録されているので、まずはこちら
の作品だけでも読んでみる価値はあると思う

494 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 11:54:49.53 ID:aBM6CTCi
びっくり箱は面白かったよ
都会的な横溝ワールドが楽しめた
蝶々や呪いの塔の東京編や黒蘭姫に幽霊座の雰囲気が近いかな

495 :名無しのオプ:2017/05/26(金) 14:12:10.89 ID:YbZgImsi
>>493
> 最初は話を追っていくのが大変なんだけど、(中略)
> どんどん読み進めてしまう
本当にそんな感じで、途中からは何度となく挫折してたのがウソのようにサクサク読めたw
まだ事例を追加できるし、泣かしの要素も強いので、案外連続テレビドラマ向きかも。
> 「蜃気楼島の情熱」 も併録されているので、まずはこちらの作品だけでも
ありがとう。実は「蜃気楼島」のほうだけ先に読んである。
「人面瘡」と一緒になってるほうの文庫でも持ってるし。
「びっくり箱」の文庫、どっかしまいこんじゃってて、すぐに読めないorz

>>494
「呪いの塔」もなかなかはまらなくて、途中、飛ばし読みのままだから、これも課題。
まあ、ジュベナイルと時代小説もまだ大部分積ん読状態なんだけどw

496 :名無しのオプ:2017/05/27(土) 23:35:29.56 ID:KCKexAkR
迷路の花嫁は、女性の描き方が少し古い(昭和30年ごろの作品)のが気に入らない
女性読者もいるかもしれないけれど、それさえ我慢すれば結構楽しめる。
特に女性蔑視の印象もないし。
主人公の作家がだんだん大人物になっていくのが楽しいので、どちらかと言えば男性向き。
あと、迷路の花嫁は、冒頭の花嫁ではなく、彼女の異母妹のような。それとも、連載当初は、
冒頭の花嫁をメインにするつもりだったけど予定が変わった?

「迷宮の扉」に載っている短編「動かぬ時計」
多分、戦前の作品を角川文庫に入れたと思うけど、父親と2人暮らしの少女に「実の母親」
(華族か大金持ちの奥様)から毎年プレゼントが届けられるものだけど、「父親」(どちらかと言えば
貧乏人)は、少女の実の父親?
お屋敷の下男がお嬢様を妊娠させたことも考えられるけど、それでも、下男に押付けるなんて
少しあり得ないし(親戚に預けるのが普通?)。普通に里子に出すにしても、両親が揃った家に預けるし。
ちなみに、少女は、「白と黒」の小夜子の原型。

497 :名無しのオプ:2017/05/29(月) 18:21:19.40 ID:aduWwTOS
ミステリーを愛する皆さんにお知らせ
日産自動車栃木工場上三川寮
管理人は合鍵を使い従業員の部屋に無断で侵入。
抜き打ちで従業員の私物を全て調べるブラックの中のブラック企業。
ブラック企業。
期間工に不審な攻撃を加えたとされる悪の一味。
主な悪人は日産栃木工場塗装課の長谷川、宮崎、瀬尾、照井、柏倉。

このコピペによる日産の悪事の拡散は日産正社員の断固たる要望である。自分は不自然に感じている。

一連の騒動になぜか「押川定和」が関与している。
押川がどんな自分かは検索すれば無数に出てくる。

498 :名無しのオプ:2017/05/30(火) 05:41:34.06 ID:JC8z8A+3
紀行ミステリーの走りみたいな作家さんになるのかな
出だしの舞台となるその土地の紹介で何か惹きつけられる

499 :名無しのオプ:2017/06/01(木) 09:08:53.23 ID:vo/CADZp
>>497
コピペにあれだが
一人称自分女キモい

500 :名無しのオプ:2017/06/01(木) 10:06:16.97 ID:E2xzXSx1
幽霊男、読み終わったけど、何だかなぁ。
ところで三ぶはなんて読むんだ?みぶ?サブ?

501 :名無しのオプ:2017/06/01(木) 10:37:15.63 ID:zJhUdiTQ
読み方で思い出したが
にょかい なのか
じょかい なのか
どっちなんだろう

どちらでも良く特に決まってないとか書かれているのを
以前どこかで読んだような気がするんだが
そんなことあるんだろうか
モヤモヤする

502 :名無しのオプ:2017/06/01(木) 12:40:06.23 ID:r1qEVyO6
>>500
さぶ

>>501
じょかい

503 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 05:43:01.94 ID:UZhdElTk
悪魔の降誕祭

これは、クリスマスだよね?

504 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 07:31:28.00 ID:cF2NQYOD
でなきゃ何だと言うんだ

505 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 18:33:59.07 ID:WlPntrYW
そうなのか?
こうたんさいって読んでたわ!

506 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 18:47:13.02 ID:nDDAhtZi
九十九と書いてつくもと読む!
降誕祭と書いてChristmasと読む!

507 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 19:26:57.51 ID:SrHbWCuG
作者はタイトルにルビ振ってないんだから「こうたんさい」でいいと思うよ

508 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 19:47:54.39 ID:XKs9jtvt
ガタガタ言わずに文庫本買うたんさい

509 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 20:22:33.00 ID:M09E1hQL
電子版の奥付には、本のタイトルに「こうたんさい」とルビが振ってあるよ

510 :名無しのオプ:2017/06/02(金) 21:13:02.47 ID:VHFSVCg9
電子版じゃなくてもルビは振られてる
http://i.imgur.com/cpl3R4B.jpg
http://i.imgur.com/vwIryKD.jpg

511 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 08:16:10.35 ID:zby/tU6v
本気と書いてマジみたいなもんか
降誕祭と書いてクリスマス

512 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 08:43:57.71 ID:9TsYu68n
そもそも処女作が「恐ろしき四月馬鹿(エイプリルフール)」

513 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 09:12:55.54 ID:Tj8js5Sm
>>512
どうしてそういうタイトルになったかは中島河太郎の解説に書かれている

514 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 09:30:50.71 ID:zby/tU6v
そうだった
そもそも四月馬鹿だ

話は変わるけど
いくつか江戸川乱歩名義で発表した作品があるのを昨日知った
そしてそれが後に横溝正史の作品として改めて本になってるとか
どういう経緯でそうなったんだよと
何かよく分からないけど笑ってしまった

515 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 09:34:58.06 ID:NZ4MvYOn
>>509-510が「こうたんさい」とルビがあることに言及してるのに>>511-512はどうしてそれをスルーして「クリスマス」だと言い張ってるのか

516 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 09:50:32.77 ID:bHrTfgF/
悪魔が来りて笛(フルート)を吹く

犬神家の一族(ヤツラ)

ト モ コ
女王蜂

517 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 10:02:36.06 ID:HXYP8Mmb
>>515
え…

518 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 10:02:42.40 ID:zby/tU6v
>>515
いや自分は半ば冗談というか
一連の全部軽いノリの戯れだと思うんだけど…
クリスマスだと思ってた方が少数且つただのうっかりだろう

519 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 10:15:39.82 ID:88F5Qm80
>>503
>>504
>>505

520 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 10:19:40.24 ID:88F5Qm80
失礼。
>>503を「降誕祭って、クリスマスという『意味』だよね?」と解釈した>>504が、
ツンデレ風味に回答したところ、>>505で「読み方」を尋ねていた事が分かり、
後はネタ合戦というありふれた流れだと思われる。

521 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 11:15:02.24 ID:+jEHULJF
書籍では、こうたんさい
カセット文庫では、クリスマス

522 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 11:46:21.48 ID:5iQBrXgV
もう降参たい

523 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 12:29:36.54 ID:gi+LHaOr
もし、原作の登場人物の役になれるとしたら
誰になりたい?
俺は、悪霊島の藤田刑事か霧の山荘のアロハシャツ男かな

524 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 14:00:53.84 ID:88F5Qm80
獄門島、了沢

525 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 20:18:11.42 ID:PkurIxQ7
三つ首塔の音禰

526 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 21:38:34.55 ID:tDW4F87C
仮面舞踏会読了。
通勤時に文庫を持ち歩くのに重くて苦労し、内容も和製マープル登場あたりから辟易してしまった。
でもエピローグが読み応えがあったので少し立ち直りました。

>>523
Y先生

527 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 21:42:32.49 ID:ykgsibc/
当然、辰也。

「魔法科高校の劣等生」のアニメに登場する美幸の「お兄様」という
声を聴いていると典子を思い出してしまう。

美幸は10代だけど。

でも、典子も思い切って10代にすれば萌え度が増したのに
20代後半にしたのは、戦前に起こった要蔵の事件に年齢を合わせる必要があるからかな。
あと、典子も多治見家の末娘にすればよかったのに。

528 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 23:01:42.52 ID:2ns609bs
辰也なんか絶対嫌だろ普通
心臓弱いと耐えられんわ

529 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 23:27:09.23 ID:5iQBrXgV
ん? 辰弥?
ということは、まずは、体中むちゃくちゃに火箸を当てがった跡が必要ですね....

530 :名無しのオプ:2017/06/03(土) 23:57:47.69 ID:J91u+oQG
美也子になった方が面白そうだよな

531 :名無しのオプ:2017/06/04(日) 00:07:23.89 ID:JWhKu7lG
面白くても死ぬのは嫌だ

165 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)