5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

純文学5誌総合スレ第58巻目 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 19:40:33.76 ID:oIbyE1Fp
前スレ
純文学5誌総合スレ第57巻目 [無断転載禁止]
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1475322287/

主に「新潮」「群像」「文藝」「文學界」「すばる」に掲載された作品について語るスレです。

「早稲田文学」「三田文学」「江古田文学」
「太宰賞ムック」「GRANTA JAPAN with 早稲田文学」掲載作品の話題も可です。

新人賞受賞作 芥川賞受賞作を各論で批評することもOKです。
文芸誌の感想は、書いても書かなくてもOKですが、あるとなお可です。
受賞作決定前の候補作の批評は普通に本人・出版社工作員のステマと見做されますから気をつけてください。

文芸誌の話題にとどまらず、新人賞選考委員の評価・クレームなどもOKです。
さらには文学のありかた、これからの文学は、そもそも文学とは? といった総論や大きなテーマも歓迎です。

応募者の小説のUPや、その感想を書いたり、推奨されていた「まだ見ぬ新人へのエール」は、荒らしが横行しているため基本的にNGとします。
れつだん先生をはじめ、ワナビやKindle作家の話題は禁止です。

多くの人が理解しうる言葉で書き、有益な議論のできる空間にしましょう。

2 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/01(火) 19:41:53.51 ID:mgNW6TC6
文芸誌発行部数
http://www.j-magazine.or.jp/index.html

    14年10〜12月 15年1月〜3月 4月〜6月  7月〜9月  10月〜12月 16年1〜3月  4月〜6月  7月〜9月
新 潮  9167部   9067部    9100部   10807部  8740部 9420部   9983部    8400部
文學界  9800部   19934部   10534部   16667部 10000部   10000部   10000部   10000部
すばる  7000部   7000部    7000部     9000部   7000部   7000部   6667部   6000部
群 像  7000部   8000部    7334部    6334部   7000部   6000部   6667部   7333部

3 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 19:52:42.68 ID:oIbyE1Fp
12月号文芸誌内容 セブンネットやe-honより

文學界 特集:書をもって町に出よう。
新 潮 評論:手塚治虫
群 像 群像新人評論賞発表 多和田素子新連載

4 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/01(火) 20:13:53.86 ID:mgNW6TC6
補足:新潮の手塚論の書き手は筒井康隆。
ソース
http://d.hatena.ne.jp/flow2005/

5 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/01(火) 21:04:50.07 ID:mgNW6TC6
前スレ埋まったのでage

6 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 21:06:43.60 ID:oIbyE1Fp
>多和田素子

原文ママな。

7 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 21:07:42.87 ID:oPueTdon
瞬発力では負けるな、やはり(苦笑)

8 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/01(火) 21:08:47.25 ID:mgNW6TC6
そういえば忘れていた。>>1乙。

>>6
Amazonでも多和田素子になってた(笑)

9 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 21:11:16.36 ID:oIbyE1Fp
雑談スレで以前に三島由紀夫の「永すぎた春」が話題になってて面白そうだから買ってきた。
今月読む。

10 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/01(火) 21:15:41.64 ID:mgNW6TC6
Aさんが傑作と褒めていた作品だね。

11 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 21:16:14.77 ID:oPueTdon
>>1
乙です〜

12 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 21:18:43.09 ID:oPueTdon
読むものいっぱいだ☆

13 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 21:23:35.91 ID:oIbyE1Fp
中村文則の教団Xも、第一部だけ読んで図書館に返した。
続きを読まなくては。
これを読まないと、文学界6月号掲載の「私の消滅」を読み始められん。

14 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 22:59:18.10 ID:r/KM38JI
>「永すぎた春」

傑作と褒めた覚えはないがww金閣寺のほうがましといってなかったかww

15 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 23:00:33.34 ID:r/KM38JI
教団Xの第二部読まないと「N氏の復讐」のパロディもわからんしなww

16 :吾輩は名無しである:2016/11/01(火) 23:04:25.52 ID:r/KM38JI
>「私の消滅」

俺の「罪と罰」の電気ショック療法はこれからの影響で書いてるからなwwうんこには適当過ぎると指摘されたがww

17 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 06:22:05.65 ID:ZIWB8GiI
世の中は偉大なるかなけつのあな

18 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/02(水) 19:26:50.25 ID:8XAO6VT6
>>14
そ、そうだったか。曖昧な記憶で書き込んでスマン、Aさん。。

19 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/02(水) 19:53:58.31 ID:8XAO6VT6
>>14
ああ、金閣寺の方が好きだとしながらも、傑作「だろう」とは言っているお。
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1474430504/195

他に名作多数って感じかな〜?

20 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:19:49.13 ID:CtzqprlF
今日は絲山秋子の「ニート」を読んだ。
ニートに貢ぐ女の話だった。
貢ぐ人の気持ちは分からなかったけど、本作を読んで分かった。

「金というのは自由のへたくそな方便である」という一文が気に入った。

21 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:25:13.74 ID:CtzqprlF
「ニート」収録短編「ベル・エポック」は、婚約者を亡くした女「みちか」とその友達の話。
みちかが遠くへ引っ越すので荷造りし二人が別れるまでを淡々と描いている。

重い内容だがサクサク読める短編ばかりで雰囲気を出しててうまいと思った。

22 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:32:11.80 ID:+ZhPf70m
>傑作「だろう」

婚約期間の長い恋人の倦怠や波乱を描いた傑作「だろう」であってそれがダメならダメだろうなww作品自体が傑作の意味じゃないわww
まずあんなに女が簡単に引っかかるのが嘘っぽいww

23 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:33:10.33 ID:CtzqprlF
文芸誌ばかり読んでてもしょうがないから、文庫を読む期間に入っている。
この時期は話題がないな。

24 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:35:06.71 ID:CtzqprlF
>>22
記憶さんは「永い春」を褒めてたので読んでみたくなったんだけどね。
三島でAのお勧めは何かい?

25 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:36:21.07 ID:cP8D9Rkh
朝吹の連載は終わったのかな

26 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/02(水) 20:37:40.36 ID:8XAO6VT6
地味にまだやってるよ。

27 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:39:24.20 ID:+ZhPf70m
>三島でAのお勧めは何かい?

記憶喪失もお手上げの「春の雪」に挑戦してみるといいかもなww

28 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/02(水) 20:41:43.42 ID:8XAO6VT6
>>25
新潮11月号で連載8回目だね。

29 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:43:51.91 ID:cP8D9Rkh
特に読みたいのは現代文学では朝吹真理子ただ一人
本に早くならないかな

30 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:44:56.48 ID:CtzqprlF
>>27
えっ、読書の天才・記憶さんがお手上げでは俺には無理だろう。
(Aも読書天才だが)
準備体操で薄いのから着手するよ。
「金閣寺」「仮面の告白」「潮騒」、タイトルは忘れたけど他に短編集なら読んだ。

31 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 20:47:47.95 ID:CtzqprlF
朝吹の連載もレズ風味だったな。
現代はそういうのに理解を示さないと。

32 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/02(水) 20:59:05.40 ID:8XAO6VT6
「流跡」は本当に美しい小説だったな。

33 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:04:50.15 ID:+ZhPf70m
>タイトルは忘れたけど他に短編集

憂国かww

34 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:05:21.59 ID:CtzqprlF
朝吹を鑑賞できる人多いな。確かAは評価してなかったよな。

35 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:09:46.18 ID:+ZhPf70m
朝吹の連載物は視点があっちこっち行き過ぎて書けてないだろ、ネタ切れのネタ探しなのかページも内容も薄っぺら過ぎるわなww

36 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:11:27.86 ID:hXJsTOzM
読書の天才(笑)

37 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:12:12.53 ID:CtzqprlF
>>33
ああ、「花ざかりの森・憂国」読んだわ。「憂国」は切腹の話で凄かった。
他に短編集「真夏の死」を読んだことあった。内容はまったく覚えていない。
今のところ、三島ではやっぱ「金閣寺」が一番好きだな。

昨日、ブクオフで「永すぎた春」と「命売ります」を買ってきた。

38 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:14:16.83 ID:CtzqprlF
俺が記憶さんを読書の天才と呼ぶのは、円城の「エピローグ」を鑑賞し評価できてるからだ。

39 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:17:12.26 ID:+ZhPf70m
円城の「エピローグ」もどこまで鑑賞してるかわからんぜ、奴は性別すらちんぷんかんぷんなんだからなwwww

40 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:21:12.13 ID:CtzqprlF
彼は「エピローグ」を天才たちの読物と言ってたな。

41 :吾輩は名無しである:2016/11/02(水) 21:23:14.88 ID:CtzqprlF
来年の1月から、カラ兄を読むぜ。高い山に登る心境だ。

42 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 04:58:19.60 ID:QusLGH2s
やっぱりAがいるほうが盛り上がるな。

43 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/11/03(木) 06:21:50.69 ID:hbN8AtM/
高い山を登りたいならジャン・ジュネの「泥棒日記」を読むといい。
あれぞまさに文学が到達した一つの極北であり私の愛読書でもある。

44 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/11/03(木) 06:36:58.44 ID:hbN8AtM/
「金閣寺」が読めたなら「春の雪」も読めるだろう。

45 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 07:02:20.30 ID:OIpc/vrS
>>43
ほほう、「泥棒日記」をチェックしておくよ。サンクス。

>>44
そうなのか、分かった。参考になる。

46 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 07:04:46.46 ID:OIpc/vrS
群像70周年記念特集号に再揚されてた三島由紀夫の「岬にての物語」は
挫折したけどな。。
そのうち最チャレンジするか。

47 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2016/11/03(木) 08:01:39.21 ID:yjmt9xIL
女中との関係。
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1325367/439553/109523127
 
あなたの恋愛マップも世界のどこかに位置付けられる。
松浦亜弥 : SKY PerfecTV! (200411-2): http://youtu.be/SLKGz5YT0LE

我々はカップルから知識が欲しいのだ。
それがないのならば泥沼になる。
女は実は恋愛を語る言葉を持たない。男が発信力を持っている。
若者はマルクス主義(女の共有)から説明している。
ブルジョアが現状維持を求めるのに対して、プロレタリアートは、我々の方が恋愛に詳しいと主張したのだ。
女は搾取されることしか知るないが、男は搾取する側とされる側の二つの見方をしている。
性的搾取と階級搾取がこのシーンに存在するのだ。
【子育てが女に居場所を作るだろう】
女は何かの力に目覚めているんだろう。
男はこの力を利用して戦っているんだ。
抑圧は抑圧によって破壊される。
セックスがお金だってことが分かるだろ?
恋愛に詳しければこんなこともできるんだ。
【知っているから資本家なんだろ】
男たちは「知っている人」に頼っているんだ。
恋愛論も医学も法律学も我々の知識に頼っている。
マルクス主義者もみんな頼ってくるんだ。
力の発信源というのはどうしても生まれてしまう。

48 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/03(木) 17:41:51.86 ID:KQAK6j6H
綿矢りささんインタビュー:BOOK SHORTS
http://bookshorts.jp/watayarisa

そういえば長嶋有の連載目当てで立ち読みした週刊文春にも、りさの短いインタビューが。

49 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/03(木) 18:14:12.78 ID:KQAK6j6H
毎日出版文化賞に島田雅彦氏ら-yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000022-jij-soci

>第70回毎日出版文化賞(毎日新聞社主催)の受賞作が3日付で発表された。
>▽文学・芸術=島田雅彦「虚人の星」(講談社)

50 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 18:35:49.05 ID:OIpc/vrS
>>48
りさたむ顔変わったね。

51 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 18:55:59.08 ID:QusLGH2s
>>50
髪型のせいでは。あと、少しふっくらしたかな。出産後じゃ仕方ないか。

52 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 18:59:06.71 ID:QusLGH2s
コンビニ人間七刷。美しい距離二刷だった。 売上を伸ばしているようだ。

53 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 19:03:25.57 ID:OIpc/vrS
>>51
えっ、出産したのか。りさたむ、おめでとうございます。

54 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 21:37:34.99 ID:OIpc/vrS
今日は絲山秋子「ニート」収録短編「へたれ」を読んだ。
解説によると主人公の男は、へたれだそうだ。
自分もへたれだからか(?)、主人公のどこがへたれなのか最後まで気がつかなかった。

次は同時収録の「愛なんかいらねー」を読む。
解説によると、スカトロ的短編だという。やるな、絲山さん。

55 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 22:09:31.24 ID:KwllpbeI
幻冬舎が文芸誌販売始めたけどどんな感じですか?

56 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 22:18:47.06 ID:OIpc/vrS
>>55
エッセイばかりで創作がないから買わなかった。
敬遠はしてない。
ネット書店ではどこも売り切れてますね。

今後創作が載って、月評様の対象になるのかには注目しています。

57 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/03(木) 22:22:46.41 ID:KQAK6j6H
>>55
中村文則の新連載『神』は不時着した飛行機を崇める村の話で面白そうだったよ。
住民はけっして村の外には出ては行けないっていう設定も曰くありげで、なんかワクワク
させる。

今後面白そうな中短篇小説が載るなら買うかも。

58 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 22:28:29.85 ID:OIpc/vrS
>>57
「神」って創作?
創作もあるのか。

59 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/03(木) 22:34:34.98 ID:KQAK6j6H
>>58
あるお。
ところで幻冬社のホムペを何気に見たら、
>狂気の沙汰に思われた新文芸誌「小説幻冬」。なんと、重版決定!
とあった。意外。

60 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/03(木) 22:39:39.30 ID:KQAK6j6H
わ、もうwikipediaに記事ができてる。。
https://ja.wikipedia.org/wiki/小説幻冬

61 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 22:45:27.93 ID:OIpc/vrS
買っておくと何十年後かに価値が出るかな?

62 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 22:58:16.31 ID:KwllpbeI
わぁっ!小説幻冬って、パピルスとか今までの文芸誌を一緒にした物かよ?
パピルス無くなったのはちょっと残念だわ。

63 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 23:32:47.80 ID:OIpc/vrS
小説幻冬の小説ラインナップだそうです。

【小説】
あさのあつこ/有川浩/上田秀人/小川洋子/岸惠子/窪美澄/小松亜由美/さだまさし/澤田瞳子/島本理生/田郁/中村文則/西澤保彦/能町みね子/葉真中顕/原田マハ/東川篤哉/万城目学/増田俊也/真梨幸子

64 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 23:35:27.74 ID:KwllpbeI
純文学が好きなんですけど、純文学といえばどの文芸誌なんですか?

65 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 23:36:04.40 ID:OIpc/vrS
パピルス、いつの間にか休刊してたのか。
いや、一種のリニューアルか。

66 :吾輩は名無しである:2016/11/03(木) 23:38:04.69 ID:OIpc/vrS
>>64
そりゃあ、文學界と新潮だろうよ。
芥川賞候補もたくさん出している。

67 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 12:12:35.40 ID:4zH7oRfC
明日はすばるの発売日

68 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 17:04:30.36 ID:GprPpPNu
群像が一番好きなんだが、あまり話題に出ないね…

69 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 18:21:36.83 ID:ykGVxvP4
>>68
70周年記念特集号が出た時は話題になったお。

70 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 18:23:31.12 ID:ykGVxvP4
すばる12月号の表紙がUPされてた。
芥川賞候補入りに駆け込ませた感がある。

https://mobile.twitter.com/subaru_henshubu/status/794381949980659712/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw

71 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/04(金) 18:40:50.49 ID:81ruD9vX
野良ビト、新潮社から月末に単行本が出るみたい。

72 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 18:46:36.43 ID:4zH7oRfC
芥川賞候補入りするだろうか。
野間新次第?

73 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 18:57:39.49 ID:ykGVxvP4
>>72
候補になっても落ちると思うけどね。
新潮からこの4作は候補になる可能性が高そう。

山下澄人「しんせかい」(「新潮」7月号)
木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」(新潮8月号)
高橋弘希「スイミングスクール」(新潮8月号)
高尾長良「みずち」(新潮9月号)

74 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 18:59:14.98 ID:ykGVxvP4
新潮の予約が尼で始まってるけど、1000円以上する。
期待できそうかね。

75 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 18:59:32.73 ID:4zH7oRfC
>>73
うん、内容的に落ちると思う。でも応援したい。

76 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 19:25:10.98 ID:4zH7oRfC
>>74
新潮も芥川賞に向けて、気合いを入れているのだろう。
最後の追い込みだ。

77 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 19:30:05.60 ID:M/Vd/AOz
ほんと記憶喪失は幸せだよな、読書してりゃ社会の役に立ってると思ってんだからww

78 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 20:33:59.63 ID:ykGVxvP4
精神障害のある者は、息するだけでも仕事なのさ。

79 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/04(金) 22:17:15.34 ID:81ruD9vX
Amazonに文学界12月号の表紙がUPされていたのでザッとまとめた。

・「書を持って町へ出よう」特集 
村田沙耶香 堀江敏幸など

・関川夏夫×高橋源一郎『「坊っちゃん」の青春、現代の青春』対談

☆創作
・西村賢太新連載『雨滴は続く』

・加藤秀行「キャタピル」

・諏訪哲史「蝸牛邸」

・椎名誠「泥濘の車」

80 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 22:17:33.14 ID:ykGVxvP4
文学界12月号の内容と表紙が尼でUPさえていた。
西村賢太、新連載だってよ。

▼新連載 西村賢太「雨滴は続く」 現代の「濹東綺譚」、開幕!
▼創作 加藤秀行「キャピタル」 諏訪哲史「蝸牛邸」 椎名誠「泥濘の底」
▼特集 書を持って町へ出よう
角田光代・サンキュータツオ・関野吉晴・高野秀行・古市憲寿・堀江敏幸・村田沙耶香ほか
▼詩と写真の大胆コラボ
二階堂ふみ×太賀

81 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 22:18:27.99 ID:ykGVxvP4
ははは、メイさんとダブったか(笑)

82 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/04(金) 22:21:26.75 ID:81ruD9vX
てへへ(笑)///

83 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 23:06:08.80 ID:K/IspDCY
小説宝石っていう文芸誌、官能小説の文芸誌ですか?

84 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/04(金) 23:10:31.16 ID:81ruD9vX
>>83
ちがうよ。ググった限りではミステリー系。

85 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/04(金) 23:11:43.26 ID:81ruD9vX
ああ、今月号の特集ではそういうのを扱っているみたいね。

86 :吾輩は名無しである:2016/11/04(金) 23:15:54.15 ID:ykGVxvP4
オールと宝石は官能ってイメージがあるよな。

87 :(@∀@) 【東電 66.6 %】 ◆ANOSADJXD6 :2016/11/05(土) 00:25:07.02 ID:yfImZfPD
問題小説と宝石は、増刊号で官能小説特集をやることがありましたが、
普通の読物雑誌ですよ。
私、小中学校時代オール讀物と小説宝石を毎月買って教室で読んでましたが
怒られたことは一度もありません。
高校の時、SFアドベンチャーを読んでて先生に「お前!そんなものを…」
と言われたことはありますが。
先生アナタさては「S&Mスナイパー」と間違えたんじゃないだろうな、
どうなんだ、と質したら赤面して黙ってしまいました♪

88 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 07:45:38.47 ID:yoNUg8R2
>>87
>オール讀物と小説宝石を毎月買って教室で読んでましたが

つわものですな!

89 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/05(土) 18:33:49.89 ID:qXVr1jKP
綿矢りささん新刊「手のひらの京」 3姉妹の心情に託す 古都の不思議な魅力
http://www.sankei.com/life/news/161102/lif1611020015-n1.html

>「たとえホラーみたいな悲観的な話になってもユーモアは入れていきたい。
そういうきつい状況を突破していくような話を書きたいなあ、と思うんです」

90 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/05(土) 18:38:47.63 ID:qXVr1jKP
新潮12月号の尼説明文が「手塚治虫」→「手塚治虫のエロティカ」に更新されている。

91 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 18:45:28.68 ID:yoNUg8R2
>>89
りさたむ、一気に顔が崩れてて悲しい。

92 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 18:54:01.72 ID:krmdOTU/
朝吹のほかはどうでもいいね

93 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 19:26:09.99 ID:58XQDK6t
図書館に置いてあるけど、読んだことないわ。
誰が読んでんだろうな。
つーか、売れてるのかね、図書館以外で。

94 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 19:28:12.61 ID:OiaImJy3
古本屋で見かけたから買ってる人はいるだろう。

95 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 19:52:21.69 ID:yoNUg8R2
芥川賞取った時、6万部は最低出てるよね。
購入者は、ほとんどその時の人たちじゃね?

96 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 20:47:42.17 ID:yoNUg8R2
新潮のラインナップ発表マダー?

97 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 20:49:47.62 ID:5HZj3l4Z
>りさたむ、一気に顔が崩れてて悲しい。

ゾンビみたいな面してるなww

98 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/05(土) 21:12:36.85 ID:qXVr1jKP
>>96
過去三ヶ月、Twitterで表紙が公式発表された日を追うと、
11月号は10月1日、10月号は9月5日で、9月号は8月2日。
そろそろ来てもおかしくない頃合い。
たしかに遅い。

99 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 21:37:34.26 ID:OiaImJy3
>>98
土日は来ないだろ。

100 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 21:38:07.50 ID:OiaImJy3
100

101 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 21:54:17.26 ID:yoNUg8R2
誰か原稿遅れているのかな?
今回は1000円以上するし、執筆者が多そう。

102 :吾輩は名無しである:2016/11/05(土) 22:15:25.63 ID:yoNUg8R2
今日は絲山秋子の「愛なんかいらねー」を読んだ。(「ニート」収録)
スカトロ趣味が高じて身を滅ぼした男が主人公。
女を見つけてスカトロを強制する話。
刺激的で変わった話だった。

103 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/05(土) 22:19:22.54 ID:qXVr1jKP
>>102
感想乙。スカトロものかあw面白そうだね。
鹿島田真希もそんなの書いてたな。

104 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 08:56:23.27 ID:ErKCyxrg
あっちもこっちもBとMayが時間決めて書き込んでるだけだからつまんないな。

105 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 09:06:51.05 ID:o9llA/6x
なんか運営方針があるらしいし
このスレ終わらせていいと思う
誰も管理したがらない人にやらせた方がいい

106 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 10:01:34.86 ID:yZVM2ibD
文芸誌販売前はいつもこんなもんだろがwwいつも盛り上がってるほうが異常だわなww

107 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 10:36:46.54 ID:mhY+oTga
以前は一日中、時期問わずスレ盛り上がってたよ。
あの書き込みしてた名無しさんたちどうしたんだろう…。

108 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 10:59:30.28 ID:rJVZY2Dk
ID表示が導入されて以降、大半の書き込みがBとmayによるものだとわかったし
もともとそんなに人はいなかったよ

109 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 11:40:59.22 ID:RYpkkTf5
今年の7月末頃、「今月いっぱいで来れなくなる」って言ってた人何人かいたよ。
「仕事が忙しくなって」って言ってた人が二人いた。
Nさんも消えた。Pもあまり来なくなった。

もともと人が多いわけでもなかったから、一人でも抜けると大きい。

110 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 11:48:21.34 ID:RYpkkTf5
今だけでも6人もいるやんけ。
人はぼちぼちいるけど、そんなにネタがなくて書き込まないだけだろう。
文芸誌とは……という議論にしたって、もう過去スレで語りつくした。

この時期といったら、文芸時評について語るしかないのだが、
ウケは悪く、あまりそれで盛り上がりたくないという人の方がほとんどだ。

ラインナップを発売日前にUPしてもさほどレスもつかず盛り上がらなくなった。
皆、文芸誌に冷めてきてるんだろう?

111 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 12:02:59.81 ID:rJVZY2Dk
もう自己欺瞞はやめようよ
自演だったんだよ
ID表示でそれがわかっただけでも収穫だった

112 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 12:06:21.30 ID:RYpkkTf5
>>111
また消極的なことを言う荒らし君か。

誰かが文芸誌についてレスをする。
それに俺がこまめにレスをするというスタイルは1巻から変わらんけどな。

113 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 12:36:39.73 ID:rJVZY2Dk
なんだBか
俺はかなり久しぶりに来たし荒らしではないよ
自演に失望して出ていった人たちもいることくらいはわかっているだろうに

114 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 12:39:08.10 ID:RYpkkTf5
新潮12月号の表紙がUPされましたぜ。
https://mobile.twitter.com/Monthly_Shincho/status/795039322692980736/photo/1

115 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 13:05:32.81 ID:o9llA/6x
自演した過去があるのによく堂々と一巻から変わりませんよなんて言えるな

116 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 13:42:25.98 ID:mhY+oTga
仲間割れとスタンスの違いか。

117 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 14:10:29.30 ID:xlpST3V/
乃木坂46 高山一実 小説『トラペジウム』 雑誌ダヴィンチ


お前ら、読んでる奴おるか?

118 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 14:12:46.60 ID:o9llA/6x
気持ち悪いで思考停止した

762 住人B ◆04IPYV3Pv6 sage 2016/11/06(日) 13:28:53.62 ID:CHhZPdmH
本スレ気持ち悪いな。
文芸誌の話題は盛り上がらないで、コテ批判の話ばかりで伸びる。
文芸誌関連のレスにだけレスしよう。

119 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 15:13:50.44 ID:ie8ggKv2
レマルクは、「西部戦線異状なし」が有名な反戦作家として知られている。
映画化もされた「凱旋門」も有名で、主人公の外科医はブラックジャックのモデルだろう。
そんな彼は恋愛小説も書いている。
三船敏郎が出たグランプリを参考にしている「モンテカルロに死す」がそれだ。
死にいたる病とされた肺炎を患う若い女性と引退間近のレーサーを主人公にしている。
年老いたレーサーが肺病病みの年若い女性との結婚生活を夢見て、危険なレーサー引退後の安定した生活を計画する。
女はその計画を軽蔑する。
そして二人に悲劇が訪れる。
ジェフ・ベックの名作ブロウ・バイ・ブロウはこのイメージがある。
レマルクは、最後にこのしっとりとした隠れた名作をものにした。

120 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/06(日) 15:51:47.52 ID:fZEWKjoZ
>>114
新潮、手塚治虫のエロ絵を表紙にするって。。オイw
編集部への反論ツイートに草。

まあ、とりあえずざっくりラインナップ書いとくよ。
『新潮』12月号

△創作
服部文祥「息子と狩猟に」(130枚)
平野啓一郎「肉声」(戯曲)
玄月「楽園」

綿谷りさ+万城目学+森見登美彦「愛しんどい京都」
梯久美子「甦る幻の島尾日記――『死の棘』その前夜」

121 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 16:13:35.26 ID:mhY+oTga
>>120
服部文祥って誰?と思ったが。登山家の人か。
枚数といい、芥川賞狙いなのかな。

122 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 16:15:21.92 ID:ie8ggKv2
パガニーニの24の奇想曲は、バイオリニストに速弾き超絶技巧を要求するが、
弓を使えるため不可能ではない。
ところが、ギターは指で弦を弾くため速弾きが難しい。
ジェフ・ベックのスキャッターブレインで、ギタリストはパガニーニに近づいた。

123 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 16:16:46.45 ID:mR9yGj9d
新潮バカじゃねーねかww俺が手塚ファンだからって特集組めば褒めてくれるとでも思ったのかよww
赤字続きならいっそ漫画雑誌に変えロッテのww

124 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 16:22:54.83 ID:mR9yGj9d
バカじゃねーねかww⇒バカじゃねーのかww

125 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/06(日) 17:47:16.50 ID:fZEWKjoZ
http://gunzo.kodansha.co.jp/43086/48004.html
群像12月号もキタ。
舞城王太郎の新作か。

126 :吾輩は名無しである:2016/11/06(日) 23:52:53.75 ID:0h9Du+wI
舞城はこの群像のが芥川賞候補になりそう

127 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 05:14:21.93 ID:I8lQVoVs
>>126
もうならないんじゃないかな。
覆面作家だし、旬は過ぎた感じ。

128 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 08:11:08.82 ID:vlh6RQiB
>>126
舞城、新潮9月号でも100枚書いてるんだよね。
そっちより群像掲載新作の方が芥川賞候補に近いのか。

129 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 08:46:57.90 ID:WBkiRPEK
リア充や仕事忙しい人は必然的にいなくなるよ。

毎日2chに連投してるひとたちって無職、ニートか精神病か現実逃避したいだけの人でしょう。
彼女や友達付き合いもしないで毎日2ch連投は悲しすぎるよなあ。
BとかPとかmayとか。

130 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 14:30:57.25 ID:gLuWGkWx
文芸誌で発表された作品が単行本で発売され文庫化までされた時、
作品自体は加筆修正でどの程度変わるものなのですか?

131 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 17:54:18.51 ID:I8lQVoVs
吉田修一が芥川賞の選考委員だってさ!

132 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 18:25:47.05 ID:HOmRHvGe
>>131
完全に売れ線の作家やん

133 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 18:53:47.12 ID:vlh6RQiB
>>130
そこまで一人の作家を追ったことないから分からないな。

134 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 19:16:32.91 ID:03J/YGYW
吉田修一より、町田康や阿部和重の方が適任な気がする

135 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 19:48:30.97 ID:vlh6RQiB
新潮を本屋でパラ見してきた。
手塚治虫の未発表エロイラストが巻頭に何ページか載ってた。
筒井康隆の手塚治虫論は、たった2ページだけ。

新潮は尼で売り切れてプレミアついてるな。
手塚治虫マニアが買うのだろう。

136 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 19:52:48.90 ID:I8lQVoVs
各社ともあの手この手で売上伸ばすのに必死だな。

137 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 21:10:00.45 ID:vlh6RQiB
実際は徐々に部数下がってってるんだけどね。

138 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/07(月) 21:37:12.99 ID:H0M6kBSh
今村夏子の「あひる」20日に単行本が出るようだ。
Amazonにページが。

139 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 21:47:01.05 ID:vlh6RQiB
>>138
本当だ。情報サンクス。書き下ろし2本か。気になるな。

「あひる」内容紹介

【新たな今村夏子ワールドへ】

読み始めると心がざわつく。
何気ない日常の、ふわりとした安堵感にふとさしこむ影。
淡々と描かれる暮らしのなか、綻びや継ぎ目が露わになる。

あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。
一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。
おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、
揺れ動く子供たちの心の在り様を、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。

出版社からのコメント

あの第155回芥川賞候補作、待望の単行本化!
文学ムック「たべるのがおそい」創刊号に掲載された注目の表題作ほか、書き下ろし2編を収録

140 :吾輩は名無しである:2016/11/07(月) 22:22:18.75 ID:I8lQVoVs
売れ残ってるたべおそ1がいよいよ買う人いなくなるな。
たべおそ2も大量に売れ残っていたが。

141 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 09:00:38.23 ID:/Gz7vLZD
804 :

吾輩は名無しである

2016/11/08(火) 08:59:51.54 ID:/Gz7vLZD

>>795

なんかわかる。ふたりのコテがずっとしゃべってるから
仲間外れにされた気分なんだよね。

142 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 11:47:39.94 ID:6EiQWlIl
文学界出身の吉田修一が芥川選考になってより文学界のごり押し体制が強固になったなwwカブールの園決まりだなwwwwwwwwww

143 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 18:30:26.69 ID:Z03uC0EY
次の芥川賞はカブールか。

144 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 18:58:45.39 ID:CXmXOAPp
加藤の新作も候補に来そうだよなww

145 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/08(火) 19:01:28.97 ID:Idw+NYTS
お、野間文芸賞は堀江敏幸『その姿の消し方』(新潮社)が取ったようだ。
新人賞は戊井か。
http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/2016noma3sho.pdf

146 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 19:12:44.70 ID:Z03uC0EY
>>144
加藤、押されてるよね。来月図書館から借りて読むわ。

>>145
戊井が取ったか。戊井は何回も芥川賞落ちてるから、野間新くらいもらわないとね。
木村、残念。来年、野良ビトで野間新を目指そう!

147 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 19:26:26.55 ID:GegO1Rqt
>>145
のろい男か。

148 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 19:37:06.41 ID:GegO1Rqt
>>144
候補狙ってそうだけど、俺はもういいや。

149 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 19:54:53.34 ID:E2elZ5CY
>>142
カブールの園は面白そうだが、露骨に文學界を押すとかそんなことはしないだろう
宮内悠介の作品は『ヨハネスブルグの天使たち』しか読んだことがないが注目している
ただ、『ヨハネスブルグ〜』はエンタメ寄りだった気がするけどカブールはどうなのだろう
まだ読んでいないので教えて欲しい

150 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:04:13.83 ID:CXmXOAPp
>露骨に文學界を押すとかそんなことはしないだろう

又吉、羽田、さやか、死んでいない者と押してるだろがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

151 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:04:28.09 ID:GegO1Rqt
エンタメというかSFの人だな。

152 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:15:41.83 ID:Z03uC0EY
カブール読んだけど、コテコテの純文学風。
玄人純文学読者向き。
自分には合わなかった。

153 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:23:11.28 ID:GegO1Rqt
玄人向けといえば乗代くん(笑)
再起動と本物の読書家。どちらかが候補に入ればおもしろいな。

154 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:29:23.47 ID:Z03uC0EY
コンビニが万人向けだから、次は玄人向けがきそう。

155 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/08(火) 20:35:33.21 ID:Idw+NYTS
>>154
となるとやはりカブールかな。
あるいは久々の受賞作無しとか。

156 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:39:18.18 ID:CXmXOAPp
不景気に受賞作無しはないだろww芥川効果でいまやさやかも売れっ子だぜwww

157 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:41:18.59 ID:GegO1Rqt
意地でも受賞作は出すだろう。
じゃないと人件費のぶん赤字だよ。
選考委員10人で1000万円。

158 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/08(火) 20:42:48.67 ID:Idw+NYTS
たしかに。受賞作無しは5年前の145回以来ないからな。

159 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:49:47.70 ID:GegO1Rqt
新人賞ですら無理やり出してるくらいだからな。何かしら受賞作は出すだろう。

160 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:51:37.85 ID:GegO1Rqt
候補作発表、12月中旬くらいかな。

161 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 20:59:44.27 ID:Z03uC0EY
>>160
楽しみだな。

162 :吾輩は名無しである:2016/11/08(火) 21:46:53.21 ID:MVDH6dZi
東ロボ君東大を諦める(笑)

自然言語処理はやっぱり難しいよな

163 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 07:36:14.03 ID:MVbpSBrB
>>139
今村夏子の本は表紙がかわいくて好き。

知恵袋で高橋弘希の短冊流しは本出ないんですか。
と質問している人がいた。是非とも本を出してあげてほしい。

164 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 10:38:11.85 ID:vxz0SUGc
短冊流しは短くて他の作品を入れないと無理だな

165 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 10:43:47.17 ID:MVbpSBrB
>>164
あなたのとスイミングがあるだろ。

166 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 10:50:57.25 ID:MVbpSBrB
あなたの中の忘れた海はよかったけど、新潮の二作はイマイチだったかな。

167 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 18:42:52.39 ID:ptF/+FfA
高橋君、さくさく書いてるよね。
「スイミングスクール」が芥川賞候補になるかな?

168 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 18:47:03.04 ID:ptF/+FfA
文学界11月号と群像11月号を図書館から借りてきた。
カブールは合評でも取り上げられてるな。
それから読む。

169 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 20:14:27.44 ID:js4envG2
文学界12月号読んだので雑感を一つ。
以下、ネタバレ注意。


西村賢太『雨滴はつづく』1回目は同人時代→デビューするまでの話。
短篇が文芸誌に転載され、喜びのあまり自作の掲載誌を十数冊も買う貫多w
あと、同人仲間たちの独特な空気も描かれていて割と興味深い。
月1の会合の際、彼ら最近の芥川賞受賞作をけなすことで
盛り上がったのだという。。
初期の話はこれが始めてなのかな? なんか新鮮で面白かったよ。

作中で触れられている、20代の頃留置場に入れられた
経験を書いた短篇「春は青いバスに乗って」も
読みたくなった。

170 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 20:15:06.30 ID:js4envG2
(つづき)
月評、ふくだももこ『えん』二人は「エロソーシャルな関係」だとあって
ナーンカ複雑な気分。ホモソーシャルの対義語の意味で言ってるっぽいけど、
いくらなんでも「エロ」はないんじゃないかwwオイw

『熊狩り』木村朗子が大岡昇平と比較して(!)褒めている。期待できそう^^
中原昌也はどちらも高評価していたな。文壇からの評判がいいってのは
本人も昔言ってたような。

171 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:24:52.59 ID:ptF/+FfA
>ふくだももこ『えん』二人は「エロソーシャルな関係」

(笑)

>中原昌也はどちらも高評価していたな

中原、先月は短編を2誌で書いてたよね。
高評価されたのは、文学界掲載「悲しみの遺言状」?
それとも文藝掲載の方?

172 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 20:28:04.81 ID:js4envG2
>>171
>高評価されたのは、文学界掲載「悲しみの遺言状」?
それとも文藝掲載の方?

両方だった。前者の書き手は批評的で優れているとか何とか褒めてて、
木村は安定したベテランの技だと。

173 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:28:16.44 ID:MVbpSBrB
>>169
青バスおもしろいよ。西村賢太作品の中では5本の指に入るおもしろさ。
ちなみに青いバスって捕まったとき乗るアレね。

174 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:31:12.98 ID:ptF/+FfA
>>172
文藝に載ってた中原の短編、暗かったけどな。タイトルは忘れた。
この暗さがいいって人もいるんだろうね。

175 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:33:49.83 ID:MVbpSBrB
>>174
ああ、なんか暗かったよね。

176 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:38:37.02 ID:MVbpSBrB
熊狩り芥川賞候補入らないかな。ちょっと短いけど。

177 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:41:01.01 ID:ptF/+FfA
>>176
熊狩りそんなにいいんだ。読むのが楽しみだ。

178 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 20:45:14.40 ID:ptF/+FfA
このスレの芥川賞候補作予想

山下澄人「しんせかい」(「新潮」7月号)
木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」(新潮8月号)
高橋弘希「スイミングスクール」(新潮8月号)
高尾長良「みずち」(新潮9月号)
宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)
加藤秀行「キャピタル」(文學界11月号)
岡本学「再起動」(群像11月号)

179 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 21:02:26.10 ID:MVbpSBrB
本物の読書家もすみっこに入れてあげて。

180 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 21:25:32.29 ID:ptF/+FfA
更新 このスレの芥川賞候補作予想

山下澄人「しんせかい」(「新潮」7月号)
木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」(新潮8月号)
高橋弘希「スイミングスクール」(新潮8月号)
高尾長良「みずち」(新潮9月号)
宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)
加藤秀行「キャピタル」(文學界11月号)
乗代雄介「本物の読書家」(群像9月号)
岡本学「再起動」(群像11月号)

181 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 21:30:41.58 ID:js4envG2
すばる..........w

182 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 21:39:32.99 ID:MVbpSBrB
すばると文藝はほんとに相手にされてないよね(苦笑)

183 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 21:46:24.05 ID:MVbpSBrB
>>180
山下と加藤以外全部読んだな。

184 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 21:51:13.97 ID:ptF/+FfA
山下飽きた。

185 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:06:31.65 ID:MVbpSBrB
谷崎由依とか月評や合評では取り上げられているのに、芥川賞候補とは無縁だよな。
やはり川上弘美パワーなのかな。

186 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 22:12:26.10 ID:js4envG2
川上はカブールを推しそうな気がする。

187 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:12:43.37 ID:ptF/+FfA
候補になる人はいつも決まってるよな。
ならない人は全く相手にされない。

188 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:25:26.37 ID:MKmDCAgq
芥川賞候補作予想、新潮大杉だろw

189 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:27:05.87 ID:ptF/+FfA
新潮は今期、芥川賞候補にすべりこませるために決死隊を組んでるんだよ。

190 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:30:42.62 ID:MVbpSBrB
新潮最近取れないもんね。

191 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:30:49.75 ID:MKmDCAgq
>芥川賞候補にすべりこませるために

無理だろうな、その前に自演出来レースの三島賞をどうかしろって話だろうがwwアレがどうかならないうちは文学界のごり押しが続くだろうぜwwwwww

192 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:32:45.51 ID:MVbpSBrB
お、Aじゃないかw
美女とのセックスは終わったのかい?w

193 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:41:34.75 ID:loSeN5hh
何か今回の芥川賞候補候補総じてレベル低くないか?

194 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:43:41.21 ID:ptF/+FfA
>>193
低い低い。

195 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:44:19.38 ID:MKmDCAgq
>美女とのセックスは終わったのかい?w

人妻とはいまのところBどまりだなww

196 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:47:14.23 ID:MVbpSBrB
>>193
滝口本谷のときよりも小粒だよな。

197 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:51:38.01 ID:MVbpSBrB
>>195
なんだ、かわいいな。変態セックスでもしてるのかと思ってたよ(笑)

198 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:52:24.25 ID:ptF/+FfA
もう人材が枯渇してきている。

199 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:53:01.57 ID:MKmDCAgq
Bで変態と言われてるがなwww

200 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 22:54:06.94 ID:js4envG2
199

201 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/09(水) 22:56:46.37 ID:js4envG2
Bってディープキス?

202 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 22:58:18.21 ID:ptF/+FfA
メイさん……

203 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:01:56.05 ID:MKmDCAgq
wwwwww

204 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:03:02.57 ID:MVbpSBrB
なんかほんと、汚れなくて美しいよ。
自分も昔はそんなころがあったのに、
いつの間にか普通のセックスに飽きて変態プレイを…(苦笑)

205 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:08:19.03 ID:6LAcncol
>>180
全然面白いラインナップじゃないな
なんかこう、飛び道具がないっていうか

206 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:09:49.62 ID:ptF/+FfA
>>204
イトヤマのニート収録短編「愛なんていらねー」を読むといいよ。変態だぞ。

207 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:10:51.21 ID:ptF/+FfA
文學界で連載されてる「最後の晩餐」は、人生の最後に何を食べたいかという話だけど、
自分の場合は「最後の一冊という時が来たら何を読もうか」と、本のことをよく考えるな。

208 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:11:52.76 ID:MVbpSBrB
>>206
イトヤンは初期しか読んでないや。
また読んでみようかな。

209 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:13:52.65 ID:MVbpSBrB
>>207
死刑囚になったら考えるわ(笑)

210 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:19:15.11 ID:ptF/+FfA
群像11月号の創作合評は、カブールと高樹のぶ子の「オンライン飛行」の2作しか扱ってないな。
いつもは3作だよね。

211 :吾輩は名無しである:2016/11/09(水) 23:24:17.07 ID:MVbpSBrB
>>210
ぱっとしたのがなかったのだろう。

212 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 01:02:02.26 ID:wLHscyYe
群像は在日でコケタからなww

213 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 06:24:54.61 ID:3GctbWL/
あいつらそもそも言うほど差別されてないからな
ブラジル人ならまだ関心あるが

214 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 06:44:02.68 ID:cbjdKT1t
>>212
新人で二刷いけばいいよ。

215 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 07:43:36.72 ID:UFi7FzSA
平野の芝居読んだ人感想よろしく

216 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 09:39:02.55 ID:qVGdWDhZ
>新人で二刷

在日が買ってるって話だぜ、しかも二刷分でもう資金不足とはなwwwwwwwwwww

217 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/10(木) 18:04:08.58 ID:TMjqIdak
『新潮』の最新号が緊急重版とな。

218 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 18:11:49.14 ID:HvN8jdeM
>>215
平野には興味ないからなあ。

>>217
ふだん文芸誌を読まない層が買っているのかもな。

219 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/10(木) 18:16:41.11 ID:TMjqIdak
>>218
又吉の時と一緒やね。

220 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 18:28:39.72 ID:cbjdKT1t
>>217
本屋何ヶ所か寄ったけど、たくさん置いてあったよ?
増刷ニュースで売り込むパターンかな。

221 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 20:07:13.86 ID:WT3cl3qR
島田もそうだけど詩心がないでしょ平野
戯曲なんてのは詩心ですよ
大江もしょぼいものかいてたけど安部には全然およばなかったな

222 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 20:21:47.50 ID:WT3cl3qR
安部の書いた戯曲全部集めたわ
ちょつとしたマイブームだね

223 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 20:49:03.06 ID:RjtkDz5d
『壁』に挿入されてる詩が好き

224 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 21:01:17.87 ID:ZGKBkNk7
>『新潮』の最新号が緊急重版とな。

オークションじゃ倍の値段で落札されてるなww本屋に在庫あるのになww手塚効果なんだろうが、あのクズのクソ平野は自分の戯曲効果だと宣伝してるんだろうなww

225 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 22:07:13.07 ID:HvN8jdeM
書店で中身見たら気が済んで棚に戻すよ。
ネット書店では中身見れないから買うのだろう。

226 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 22:15:25.03 ID:n/W5nnAf
やっぱ小説だけで部数稼ぐのは無理なんだな

227 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 22:29:24.16 ID:HvN8jdeM
尼でプレミアついてるね。やっぱ矢野さんはやり手。

228 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 22:32:58.83 ID:JRzOT7z0
近くの書店だと一冊しか入荷しないから早く行かないと絶対に買えないという。

229 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 22:41:29.70 ID:cbjdKT1t
>>225
実際立ち読みでじゅうぶんだったな。

230 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 22:49:43.39 ID:HvN8jdeM
群像11月号の創作合評のカブール評読んだ。合評担当者全員一致で絶賛してるな。
特に片岡義男の、このコメントが気になった。

「よく書けています。ですから、これを書くために著者が使った労力に
釣り合うだけの労力を、読むほうも使うべきじゃないかなと、ふと思うんです。
ただ漠然と読んでいるだけでは、何か申し訳ないような気がするんですね。」

さらーっと読んで、合わないとだけ思ったのでグサッとくるな。

231 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:05:02.73 ID:JRzOT7z0
読めばわかるけど宮内悠介の作品は参考文献がとても多い。
労力をつぎ込んでいるのはすごくよくわかるんだけど、
逆に言うと参考文献をまとめた状況に少しばかりSFの味付けをしてみました的な作品ばかりで、
物足りない人はすごく物足りないと思う。
宮内悠介自身の顔が見えてこないというか、これ、どこかで読んだことあるような、というか。

232 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:09:34.25 ID:JRzOT7z0
それから宮内悠介にかこつけて言っちゃうけど、今の論壇ってあまりにITに疎い人たちばかりで、読者と断絶が起きている気がする。
上田のときもそうなんだけど、ITと聞くと新しいと無闇に飛びついてしまったり。
はっきり言って、それは論壇のコンプレックスでしかない。
ITのリテラシーは論壇よりも若い読者の方が遥かに上だろう。

233 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:11:04.31 ID:cbjdKT1t
>>231
それ、再起動にも言えるね。カブールもそうだけど、どこかで読んだような感じ。

234 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:11:54.69 ID:qgLNWt4b
宮内悠介は星新一本に解説かいてるなw

235 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:12:21.60 ID:cbjdKT1t
>>231
SFの味付けというか元々SFの人なので。

236 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:15:34.78 ID:JRzOT7z0
>>235
それは知ってるよ。
宮内悠介には注目しているから。
『ヨハネスブルグの天使たち』とかもそうだったでしょ。
あれはエンタメ寄りだけど、よくある中東のSFって感じだった。
細部を固めるために参考文献を読んでいるのだと思うのだが、
肝心のストーリーやギミックがなんかどっかで見たことあるな、って感じのものばかり。

237 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:16:20.75 ID:cbjdKT1t
誰か登山家と加藤の読んだ人いる?

238 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:20:19.39 ID:qgLNWt4b
しかし宮内のスペース金融道は読めたもんじゃねーなwww

239 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:25:00.77 ID:JRzOT7z0
『再起動』もITが入ってなかったら非常に微妙な作品じゃないか。
文壇や出版社のITコンプレックスって思いのほか強いものなんだね。

240 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:25:58.03 ID:HvN8jdeM
>>237
加藤のは来月読むよ。図書館から借りて。
またエリートの嫌味が充満した作品かなあ。

241 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:26:30.13 ID:JRzOT7z0
出版社じゃなくて編集者

242 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:27:01.45 ID:cbjdKT1t
>>238
え、ほんと?
図書館で予約してるよ…。

243 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:27:53.26 ID:HvN8jdeM
石田千が合評で、「カブールはいい映画になりそう」だって。

244 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:31:50.12 ID:JRzOT7z0
>>243
宮内悠介の作品は全部そんな感じだよ。
メディアミックスを睨んで作っていると思うし、
本人も翻訳されたいとインタビューで語っていたからね。
無国籍性もそこにうまく作用している。
売れることを非常によく考えて作っていると思う。
ただ、その器用さが嫌らしいなと思うときも多々あり。
本質的に商業作家なんだと思うよ。

245 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:33:29.07 ID:cbjdKT1t
まあエンタメの人だしな。

246 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:36:57.47 ID:HvN8jdeM
>>244
文學界編集部はメディアミックス狙いか。

カブール読んだときはピンとこなかったけど、
合評であらすじ読むと面白そうなのにな。

一方で新潮は手塚治虫マニア狙い。

247 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:37:01.21 ID:cbjdKT1t
なんだか文學界も新潮も行き詰まっている感じだな。

248 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:40:41.38 ID:JRzOT7z0
宮内悠介の作品って確かに無国籍的で今風で凄くカッコイイんだけど、そこ止まりなんだよ。
カッコイイ風景、カッコイイ物語、カッコイイギミック、カッコイイ思想を並べてみました的な。
ここで村上春樹を出すと嫌な顔をする向きもいるだろうけど、
同じ無国籍風で売れまくっている村上春樹の作品は、同じように無国籍風で昔風にいうとスカしてるんだけど、
それだけじゃなくて、心に浸潤してくる何かがある。

249 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:44:05.42 ID:HvN8jdeM
春樹は無国籍風なのが海外でも受けているんだよな。
宮内は海外進出できてるの?

250 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:46:41.73 ID:cbjdKT1t
>>248
ユング心理学の故・河合隼雄先生も村上春樹の小説を誉めていた。
心理学的にもすぐれた部分があるのだろう。

251 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:46:41.80 ID:HvN8jdeM
>>247
だって新潮は8400部に下がったからな。
ショックだよ。増刷効果で部数の巻き返しを狙いたいところだろうな。

252 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:48:15.66 ID:cbjdKT1t
>>251
小説で勝負してほしいよな。

253 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/10(木) 23:49:59.34 ID:TMjqIdak
ここで売れた分、新年号には気合いを入れて欲しい所。
できれば去年並のクオリティでw

254 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:51:01.92 ID:JRzOT7z0
宮内悠介の作品からは心に浸潤してくる何かみたいなものを感じたことがないんだよね。
確かに作品は面白いけど優等生的で顔が見えないというか。
何かはみ出しているものとか作り物じゃない闇のようなものがない感じ。

255 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:52:01.24 ID:JRzOT7z0
>>250
村上春樹の作品は基本的にユング心理学まんまだからな

256 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:53:11.33 ID:JRzOT7z0
>>246
純文でメディアミックス狙いもいいと思うよ

257 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:55:50.78 ID:cbjdKT1t
>>254
岡本学もそんな感じ。ストーリーはおもしろいけど、心の闇とか人間味がないんだよな。

258 :吾輩は名無しである:2016/11/10(木) 23:58:10.71 ID:JRzOT7z0
>>257
岡本はデビュー作の架空列車からして闇なんか一切なくて、社会的状況に合わせて小説を書くタイプってわかったからな
そういう小説はどこまでいってものっぺりしている

259 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 00:04:52.52 ID:Fp12+jkt
岡本学の「架空列車」は春樹みたいな文体だったな。
群像編集部は春樹の影を探している。

260 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 00:12:50.63 ID:VNAOIYiJ
>>259
影っていうより後継者探しをしている感じ。業界全体が。

261 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 00:24:26.01 ID:n/s0LIug
『架空列車』は西村の『苦役列車』が流行っていたあたりだから付けられた題だと思うけど、
もともと群像に掲載されたときの題は『失われた架空』だった。
で、この失われた架空って、震災直後のフィクションの意味が問われたときによく言われていたことで、
なんでこんな誰しもが考えていたようなチンケな内容で受賞したのかと当時は結構な人が思っていたはず。
早稲田出身で大学教授だしコネなんだろうということで話は落ち着いたが。

262 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 00:28:35.33 ID:VNAOIYiJ
経歴だけで採用されそう。
そういえば宮内も早稲田だね。

263 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 00:34:29.10 ID:Fp12+jkt
架空列車の内容は忘れた。印象が薄かったんだな。

264 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 08:12:41.81 ID:iO+mkpuq
群像の今月号掲載の舞城は芥川賞候補くるかな?

265 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 08:17:50.08 ID:Fp12+jkt
>>264
来るかもしれんし来ないかもしれん。

266 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 08:21:38.33 ID:KTr+Ijjq
舞城は授賞式出ないからまあまずない

267 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 08:35:36.15 ID:8sxteL36
れつだん先生の作品について語ろう!
https://kakuyomu.jp/users/retsudansensei

268 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 08:37:33.46 ID:iO+mkpuq
>>180
加藤は12月号では?

やっぱ宮内のカブールが芥川賞最有力かなぁ
おかげで掲載号がAmazonでプレミア価格になってて手が出せない…
前回の村田もだけど最近芥川賞受賞する作品の掲載号は候補発表前からプレミア価格であることが多い
それだけ業界からも注目されてるってことか?

269 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 09:11:29.04 ID:KTr+Ijjq
野良ビトかカブールと予想
ただ、昨日書いたとおり、俺は宮内にはもうちょい顔を見せて欲しいと思う

270 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 09:15:57.18 ID:KTr+Ijjq
それこそ純文学の賞を狙うならもっとオブセッションというかね

271 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 09:16:25.33 ID:hJKgmkpE
>>268
たった2000円で手が出せないもなにもないだろ

272 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 09:20:52.57 ID:hJKgmkpE
ちなみに神保町に足を運べば定価より安く買える店があるぞ

273 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 11:46:06.43 ID:VNAOIYiJ
>>264
候補来ても最後だろう。

274 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 11:46:47.12 ID:VNAOIYiJ
>>268
このスレの影響さ(笑)

275 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 11:47:17.48 ID:hJKgmkpE
あら、偽物が

276 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 11:50:48.93 ID:hJKgmkpE
>>274
てか、本当に文芸誌の発行部数が少なすぎなんだと思う
近所の中規模な本屋だと群像、文學界、新潮しか入荷しない上、すべて一冊ずつ
エンタメの方は結構入荷してるみたいだけど

277 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 14:01:23.53 ID:VNAOIYiJ
小説幻冬は売れてるみたいだけど、小説BOCは売れ残ってるね。

278 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 16:53:54.59 ID:5yqi6Ob1
ジャンプやマガジンですら部数減らしてるんだから仕方ないべ。

279 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/11(金) 18:20:49.87 ID:gIuwJpE4
マガジンはこの前100万部を割ってたな。
こうもなると編集も又吉、押切もえ、壇蜜、手塚らへんを起用したくはなるわな。
でもそれだって一時しのぎにしかならないのが悲しい。

280 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 19:38:48.12 ID:nVb2nZmQ
>>271
定価が1000円しないのに、その倍の金を出すのは負けた気がしない?

281 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 20:29:40.04 ID:tphUhf5u
>>280
絶版ならそんなの序の口
写真集とか画集なんて絶版になると10倍とかざらだぞ
バックナンバーがあるならそっちを買えばいいけど

282 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 21:06:25.16 ID:Fp12+jkt
文芸誌一冊買うのに2000円も出したくないよ(笑)

283 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 22:51:25.13 ID:VNAOIYiJ
小さい古書店で100円で売られていたりするのにな。
春頃の群像二冊買ったわ。

284 :吾輩は名無しである:2016/11/11(金) 23:06:09.02 ID:Fp12+jkt
文學界11月号に西村賢太がエッセイを寄稿している。
日本文学振興会の主催で始動した、あの「人生に、文学を。」の第一回講師の話が来て、
二つ返事で引き受けたんだってな。
そういえば、あったな。炎上したプロジェクトが。

285 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/11(金) 23:27:57.43 ID:gIuwJpE4
あったね、なんかもう懐かしい。
賢太が講師って面白い人選。

286 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 06:47:44.20 ID:MEiCwNxe
>>282
文芸誌スレでこの書き込みか。
やっぱりもう文芸誌はダメなんだね。

287 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 07:24:33.95 ID:cxxEK9Kw
そんなにお金ありません。2000円使うなら、文芸誌2冊買います。

288 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 07:39:00.43 ID:iKaxXqAz
新潮、連載ばかりで他に読むのないじゃん

289 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 07:53:52.62 ID:iLeTPaV8
どうしても読みたい作品が入っているなら高くても買うけど、どうしても読みたい作品とはなかなか巡り会えない

290 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 08:17:22.15 ID:cxxEK9Kw
>>288
確かに。

>>289
>どうしても読みたい作品

そういう傑作や佳作は年に1〜2回読めればいい方。
そのために多くの、そこそこの作品を文芸誌で読み漁る。

291 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 08:42:34.36 ID:EYuzbt3Y
短編特集のほうがよっぽど買う気がする。

292 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 08:58:03.26 ID:iLeTPaV8
>>291
同じだ
作家の数を増やしてほしい

ちなみに俺は基本的に文芸誌はたまにしか買わず、ほとんど図書館で読む
いい特集や作品があったら少し高くなっていても買う
2000円程度なら余裕かな

293 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 09:28:53.20 ID:xU5SjiHm
コンビニ人間が九刷だ。ガンガレ村田さん!

294 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 09:30:38.02 ID:MEiCwNxe
しかし、このスレもなかなか特異だよね。
世間がトランプ一色なのにトランプのトの字もない。
浮世離れしている。

295 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 09:35:35.64 ID:cxxEK9Kw
トランプより文芸誌さ。

296 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 14:11:44.64 ID:kv2G4giP
農家はトランプ支持だろうけど、ぶっちゃけどうでもいい。
平和でさえあれば。

297 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 15:02:15.52 ID:xU5SjiHm
平和で読書ができれば何より。

298 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 15:34:12.02 ID:MEiCwNxe
平和のためには政治のことも考えないと

299 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/12(土) 16:31:00.06 ID:rsiTBq64
ま、そりゃそうだけど一応純文学5誌総合スレッドなので..........。
政治の話題は雑談スレとかそっちでやればいいんじゃね。

300 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 16:31:33.83 ID:rsiTBq64
300

301 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/12(土) 16:32:59.21 ID:rsiTBq64
とと、コテ付け忘れた。
意外とブックオフにもあったりするんだよね、文芸誌。

302 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 16:47:39.27 ID:xU5SjiHm
ブックオフに結構置いてあるよ、文芸誌。 ただ高いから買わない。小さい古書店で100円とかで売ってるから、そっちで買う。
最近は群像を二冊と新潮一冊買ったよ。今年の春頃のやつ。

303 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 16:48:05.84 ID:iLeTPaV8
mayさんやっぱりそうだったのか

304 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/12(土) 16:49:08.23 ID:rsiTBq64
>>303
ああ、あのスレのことだね。そうだよ。

305 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 16:59:02.77 ID:cxxEK9Kw
情報だが、新しい文芸誌が創刊される。文芸誌というより、
たべおそみたいな文芸ムックかね。

草獅子 11月23日発売 1800円+税
http://soushishi.liondo.jp/

【創刊特集】終末。あるいは始まりとしてのカフカ

<創作・論考>
暁方ミセイ 荒木優太 井口時男 くれよんカンパニー
仲俣暁 堀季何 村形明子 村松真理 ほか

306 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 17:00:50.91 ID:xU5SjiHm
最近文芸誌の創刊が流行ってるのかね。

307 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 17:04:58.34 ID:cxxEK9Kw
生き残れるかだな。
たべおそは今村夏子の影響でしばらく持つだろうけど。

308 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 17:13:47.09 ID:cxxEK9Kw
今月の文學界を図書館でパラ見してきた。
特集「書を持って街へ〜?」が良さそう。
家以外の場所で本読むの好きだから、参考になりそうだ。
読書カフェやバーの紹介もあるそうだ。買うわ。

309 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 17:18:02.89 ID:VqZE5yv2
mayは勝手に他人の建てたスレで埋め立てしといて、ここが不利益になると雑談スレでやれとか図々しいだろ

310 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 18:22:52.70 ID:MEiCwNxe
>>305
同人だなこれは

311 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 18:23:24.83 ID:cxxEK9Kw
おかしいと思って我慢できなくて肖像画を外したジニのようなものだろ。

312 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/12(土) 18:28:12.74 ID:rsiTBq64
>>311
そうです。

草獅子、興味を惹かれる作家はいないな。

313 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 21:51:37.25 ID:lyGFlelP
テレ東の家、ついて行ってイイですか? 見てたら

松本 富生先生が出てたぞ。


朝鮮南部慶尚南道三千浦市実安洞生まれ。明治大学文学部卒。1972年日本国籍取得。
1986年「野薔薇の道」で文學界新人賞受賞。

野薔薇の道 下野新聞社 1990.10
風の通る道 下野新聞社 1995.12
慟哭の余笹川 濁流を呑む男 下野新聞社 1999.1
生命のかぎりに 下野新聞社 2003.7
愛は理解の別名なり 文学的に語る人権問題と心のありかた 雁塔舎 2004.2
恩愛の絆 無窮花の国から 勉誠出版 2006.12

314 :吾輩は名無しである:2016/11/12(土) 22:40:15.33 ID:MEiCwNxe
誰?下野新聞だから栃木か

315 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 11:49:50.77 ID:fHMAjaFh
>>130
それは知らんけど、文學界の編集者は何回も原稿を書き直しさせて完成度が上がったら誌面に掲載する。
5誌で一番そこは徹底している。
そのたたき上げが芥川賞受賞者の連発につながっているに違いない。
だから特に文學界掲載作を読む時は、どんなにつまらなく感じても、
何回も書き直して形になったんだと言い聞かせて読むことにするんだ。
ここの住人たちから一番人気あるのは何だかんだ言って文學界なのは分かる気がする。
どんなに表紙がダサく、特集の路線が迷走していても。

316 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 13:27:30.44 ID:FkkpQvRM
単行本→文庫でタイトルがかわってる場合が結構あるよな。

317 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 13:44:31.52 ID:X81NA0T0
人気があるのは文學界ではなく新潮ではないかなあ。
宮内工作員がやってきましたね。

318 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 16:15:20.03 ID:FkkpQvRM
新潮は部数落ちてるんじゃなかった?

319 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 18:36:43.34 ID:bIi3kLyx
新潮、薄くなったよね?
紙の質のせいかな?

320 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 18:48:55.82 ID:fHMAjaFh
新潮の紙質は良い方。
文學界も薄いよ。紙質は、すばると群像あたりも悪い。わら半紙だこりゃ。
文藝は日陰においといても数ヶ月経つと黄ばんだ。

紙質の良さ
新潮>文學界>>>すばる=群像>文藝

321 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 19:05:57.79 ID:X81NA0T0
河出の紙質は本当によくない

322 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:03:04.95 ID:fHMAjaFh
文學界11月号掲載 砂川文次『熊狩り』感想

『市街戦』の主人公Kが移動になった村での不条理もの。
Kの前任者は、熊に襲われて亡くなったという。その割には、
職場や村には「何かがあった」という不気味な雰囲気がないので、変だなあと思いながら読み進めた。
Kは『市街戦』のラストで、戦闘に生きる意味を見出した。
しかし戦闘が終われば、先の人生は退屈が待っていて絶望していたよな。
本作では、その心情が綴られているわけではないけれど、とにかく逃げ出したい一心なのは伝わってくる。
Kはいつも、その場から逃げたいと願っている。その傾向は変わらない。
正直、話の前半はすごく退屈だった。絶望を抱いた男の、どんな物語を聞かされるというのか、
また閉塞空間から閉塞空間への逃亡か? とうんざりしていた。
が、一風変わった不条理な「熊狩り」という風習の実態が立ち上がっていくにつれ、引き込まれていった。
最後まで読めば面白い作品なのだが、前半が退屈なので、
途中で読むのをやめる読者が少なからずいるのでは、という危惧はある。

【以下、ネタばれあり】
その村は、かつて熊が何人もの人を襲って以来、
出て行く人が絶えず過疎になっていってる。対策で脱出する人を殺す政策をしている。
その風習は「熊狩り」と呼ばれている。
Kは着任当初、その村から出て行く願望があったが、熊狩りを目にしてからというもの、
村を守りたいという使命感が湧いたところで物語は終わる。
風習そのものが不条理だけれど、何よりKの心に不条理なものがある。
そこに生きがいを見つけるか、と驚愕した。

自分は、純文学5誌主催の新人賞の中でも、特に文学界新人賞受賞者の2作目までは
なるべく読むようにしているけれど、たいてい受賞作よりつまらない。
2作目のハードルを感じていた。
が、砂川氏は、受賞作を超える出来栄えの作品を受賞第一作に持ってきて実力を示した。
中々、できることではない。今後も注目していきたい作者だ。

323 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/13(日) 20:13:28.28 ID:zlvWv0P+
感想乙。
文則の新連載も閉鎖的な村を描いていたのを思い出したな。
話だけ聞くとずいぶん寓話的な設定っぽいね。時評でも言われてたけど、砂の女の現代版的な。
>対策で脱出する人を殺す政策

村ぐるみとはいえ、........警察にバレてないのが不思議(笑)

324 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:19:10.96 ID:fHMAjaFh
>>323
警察もグルだからバレないのかな…?
せっかく後半面白いのだから、もっと膨らませてページ数稼いで良かったかもな。

閉塞的な村という設定が流行っているのかもしれない。

325 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/13(日) 20:23:24.47 ID:zlvWv0P+
>>324
海外ドラマにもそんなのがあったね。あっちは町レベルだけど。
現代が閉塞的だと、小説もまた閉塞的になるのだろうか。

326 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:29:56.41 ID:fHMAjaFh
すまん、熊狩りの冒頭ざっと見返したら、村でなく町だった。。

327 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:31:43.02 ID:bRdgWfDz
新潮に朝吹の連載は載ってましたか

328 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/13(日) 20:32:49.87 ID:zlvWv0P+
町ぐるみか。ますます闇が深いな。

329 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:33:21.11 ID:FkkpQvRM
>>324
枚数的に物足りない感じだったよね。

330 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/13(日) 20:34:14.15 ID:zlvWv0P+
>>327
載ってますよ。

331 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:35:10.90 ID:FkkpQvRM
谷崎由依の舞い落ちる村もそんな感じだったな。

332 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:36:18.29 ID:bRdgWfDz
そうですか
来年あたりには本になりますかね

333 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:36:23.15 ID:FkkpQvRM
文學界風に皆アレンジしてそう。

334 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:38:01.89 ID:FkkpQvRM
>>332
あの枚数じゃ本になるのいつになるかわからないよ。
連載も不定期だし。

335 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:39:00.21 ID:fHMAjaFh
既出感バリバリでは、芥川賞候補は無理かもな。

336 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:41:26.14 ID:FkkpQvRM
>>335
カブールも再起動も既出感バリバリだから大丈夫だ。

337 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:45:03.04 ID:fHMAjaFh
今回の芥川賞レースに乗る可能性のある作品は、
ひょっとして全体としていつもよりレベル低い……?
芥川賞選考委員がボロくそにけなし、受賞作なしもありえるってやつ?

だったら野良ビトの人に取ってもらいたい。

338 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:53:02.40 ID:FkkpQvRM
>>337
選考委員10人で1000万も金かけてるのに、受賞作なしは有り得ない。
無理やりにでも出すだろう。

339 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 20:55:47.67 ID:FkkpQvRM
>>320
群像はひどいよな(笑)マジで藁半紙。

340 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 21:04:41.55 ID:SB5sAbrS
俺も野良ビト押し
今回はあまりレベルは高くない
低いところで安定している

341 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 21:15:33.86 ID:fHMAjaFh
>>339
70周年記念特集号くらい、わら半紙はやめて欲しかった(笑)
数ヶ月で黄ばむよ。。
表紙の紙もぺらぺらだし。。。

>>340
野良ビトは人称の工夫もあるし、来るかもな。
映画化ばえもする内容だ。

342 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 21:17:18.09 ID:FkkpQvRM
野良ビトよかったよな。

343 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 21:19:58.19 ID:FkkpQvRM
>>341
70周年記念号は本当にやる気なかったよな(笑)

344 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 21:27:05.29 ID:fHMAjaFh
谷崎由依の「舞い落ちる村」、面白そうだな。読んでみたくなった。

345 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 21:31:38.28 ID:fHMAjaFh
文学界11月号掲載の下半期同人誌優秀作のページ数がいつもより短い。
たった8ページしかない。
原稿用紙に換算すると、25〜30枚くらいか。
よほどテーマ主義な粒なのかもな。読むのが楽しみだ。
今年の上半期同人誌優秀作「ぱちぱち」はスレでかなり盛り上がったっけな。懐かしい。

346 :gun44:2016/11/13(日) 21:58:50.98 ID:M8mnAJIU
正にこれぞ純文学
https://www.youtube.com/watch?v=L31OvDsxV-w

347 :P ◆.uKag/vUmY :2016/11/13(日) 22:21:42.69 ID:kO10IKxM
ほんまでっか?

348 :吾輩は名無しである:2016/11/13(日) 22:31:40.22 ID:fHMAjaFh
>>346
?

349 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/13(日) 22:39:54.73 ID:zlvWv0P+
まあ単なる業者の宣伝レスか何かと思われ。
勢い順だけ見て来たのだろう。

350 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 03:49:15.36 ID:nEbZxSqJ
>>344
円城と同時受賞した文學界新人賞の作品。彼女はその前の回にも最終に残っていて、なんかの映画みたいと選評されていた。既出感あるような作品だけど、今でもとても印象に残っているよ。

351 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 06:33:46.60 ID:EldFMw+I
谷崎由依はなんかな。
ブルジョア感がなあ。

352 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 06:40:36.24 ID:nEbZxSqJ
翻訳家らしい小説、という感じ。
時評や合評で取り上げられていても、芥川賞関係者からは見向きもされないのはそのせいかもしれない。
文學界出身なのに気の毒ではある。一度消えていたが復活してまた小説を書きはじめたので、宮下奈都のようにいつか日の目を見る日がくるといいな。

353 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 08:20:55.99 ID:ON8hvJv9
谷崎由依は、先月号の文藝に360枚の長編を書いてたけど、
芥川賞レースに乗るのを諦めたのかもな。

354 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 08:22:02.54 ID:WCBg1Kad
どう頑張っても
自民社民連立政権時代があって
社民党は消費税にも原発にも与党にいたとき賛成したww
これは動かせない事実だからな。
やはりほんとのブレーキ役は共産党だな
自民つうのは節操ない奴ら
なんで自民が野合批判してんのかな
おまえら自民は、公明党と連立してるし
昔は社民党と連立してたろ

つくば市長選挙の開票結果
五十嵐立青、無所属、新、当選、4万69票。  共産推薦
飯岡宏之、無所属、新、3万5346票。  自民推薦
大泉博子、無所属、新、1万6180票。  民進推薦

おめでとう共産党市長!

355 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 09:26:15.19 ID:EldFMw+I
文學界は好きだが他の文芸誌よりも凄いと感じたことはないな。
むしろ退屈だ。

356 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 10:47:00.78 ID:gPniAuCH
>>352
すばるでちょくちょく書いてたから一時期消えてたイメージないわ

日和聡子、青木淳悟、荻世いをら、喜多ふありとかも何故か芥川賞候補にならないよな
墨谷渉、広小路尚祈は何度か候補になって今も書いてるのに最近は全然候補にならない
村田も何故か芥川賞候補にならない人だったけど、文學界に載ったら一発で受賞w
すばるは新人~中堅作家の中編がよく載ってるのに全然芥川賞候補に引っかからない

357 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 10:55:07.66 ID:nEbZxSqJ
>>356

ここ数年のすばるでは書いてるけど、一時期消えていたよ。

358 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 10:59:04.29 ID:nEbZxSqJ
>>356
村田はコケシが担当だったからな。

359 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 12:17:06.26 ID:GsPKZfsh
>>356
すばるはエンタメのイメージが強い
文藝は他誌よりもレベルが低い
これが原因だろうな

360 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 14:04:43.44 ID:VKtBClE9
>>322
市街戦のKは自衛官、熊狩りのKは国家公務員の総合職っぽいから、
違う人物なんじゃないか?

361 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 14:05:44.11 ID:s193OSdA
文芸誌に掲載された作品が単行本化される時もタイトルが変わったりする事ありますか?
新潮って、本の中に次号予告は載せて無いんですか?載せてるのであれば最新号だと何ページに載ってますか?

362 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 15:38:59.18 ID:nEbZxSqJ
>>361
ミエコのあこがれはそうだね。新潮は次号予告載せてないよ。

363 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 15:59:35.88 ID:nEbZxSqJ
>>359
出身の李と木村が野間新の候補に入ってるから必ずしもそういうわけではないかと。
まあ両方ともエンタメ風だからという理由はわからないでもないけど。

364 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 17:22:35.03 ID:b8aqOI+s
文学界の今の表紙が嫌!

365 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 17:33:31.11 ID:ZTkcZiNd
みえこは千里眼事件の真相くらい調べようぜww

366 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 17:38:20.26 ID:nEbZxSqJ
>>364
わかる。

367 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/14(月) 17:49:54.88 ID:l2ZWeFRC
表紙だけなら『新潮』が一番好きかも。
文学界は一昔前の絵も禍々しくてアレだったよね。

368 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 18:26:28.07 ID:ON8hvJv9
>>360
なるほど。了解です。

369 :吾輩は名無しである:2016/11/14(月) 21:01:11.00 ID:ON8hvJv9
二瓶さんは地味にすばるで書いてる。
月評での評価も悪くない。報われてほしいね。

文学界で受賞して、すばるで書かせてもらうケースが多い。

370 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 09:25:09.91 ID:HbTh94oR
大盛りがコネって暴露したのって谷崎だっけ?

371 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 09:38:30.83 ID:EUScZter
京都コネシスターズ疑惑あったな。
でも藤野が芥川賞取ったから何も言われなくなっちゃった。

372 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 09:47:38.99 ID:XZ/AmlCd
民進 共産

長時間労働規制法案に罰則 衆議院に提出へ

大手広告会社の電通が社員に違法な長時間労働をさせていたとして、厚生労働省が捜査していることを受けて

民進党は、国会に提出している長時間労働を規制するための法案に罰則を追加する修正案をまとめ、共産党などと共同で衆議院に提出することにしています。

http://k.nhk.jp/knews/20161115/k10010769081000.html

373 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 16:52:07.30 ID:qTepeBQW
京都絡みは小説以外でもコネがめちゃくちゃ多そうなんだよな
文化庁が京都に移転したらますます酷くなりそうだわ

374 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 21:36:06.64 ID:pT39YEH3
在日集で臭すぎるだろ、このスレはwwwwww

375 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 21:38:12.93 ID:pT39YEH3
374
誤爆だわwwwwwww

376 :吾輩は名無しである:2016/11/15(火) 23:04:17.43 ID:EUScZter
びっくりした

377 :P ◆.uKag/vUmY :2016/11/15(火) 23:23:24.50 ID:nZ3ycMLT
こいつは僕に言いたかったみたいね。ほんとキショいよなー。気にしないで続けて下さい。

378 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 00:13:32.35 ID:F6NdB6Aq
また自演か

379 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 05:23:59.75 ID:RgEz/kvm
>>371
懐かしいなw

京都の同じ出版社のアルバイト女性二人が受賞。
三人目もいたけど騒ぎになっておじゃんになったという。

今でも検索するとブログで書いていた人の記事が出てくる。

380 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 09:32:24.33 ID:Irl6bjoq
京都コネシスターズの3人目って結局どうなったのかな

381 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 14:43:49.10 ID:RgEz/kvm
消えた。

382 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 18:53:01.40 ID:QFcyxJkG
文學界11月号掲載 杉本裕孝『弔い』感想

『ヴェジトピア』で受賞した作者の三作目。
主人公の佐藤三朗は妻を亡くして二年が経とうとしている老人。
娘は三十歳で仕事を生きがいにした独身者。
通信教育で、終活めいたことをしている。
エンディングノートという、自分についてや家族について、介護治療、葬式・墓、
残された人へのメッセージを書いて添削を受けるのだが、嘘を書いている。
妻は生きていて、娘は結婚していて孫がいる、と。
主人公にとって現実は辛く、愛する妻の死は受け入れられないのだ。
どんどんエンディングノートに虚構を築いていく。

383 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 18:54:08.19 ID:QFcyxJkG
(うづき。以下、ネタばれあり)
山崎ナオコーラの「美しい距離」と同じで、夫の視点でのみ書かれているので、
妻の気持ちは分からないままだ。
佐藤三朗は、妻の愛した庭を自分も愛し世話するようになる。このシーンが印象的だった。
そうすることが弔いになると信じてせっせと世話をし、
弔っていくことが残りの人生の生き方になるのなら悲しさを帯びた美談になった。
けれど、娘によって、実は妻は離婚しようと考えていたと告げられ主人公の世界は暗転する。
あーあ、なぜ言ってしまうんだ、知らない方が良かったのに。
自分のお墓の中まで、この秘密を持って行けば良かったのに……。
これだけ夫に愛されているのに、なぜ離婚したがっていたのか理由は謎のままなので、想像するしかない。
そこに、いま流行りの熟年離婚の病巣が垣間見れる。
主人公は、エンディングノートにスラスラ綴っているように現実の妻には
自分の気持ちを伝えて来なかったのかもしれない。
妻の側も、夫に歩み寄れなかった。
庭弄りが妻の趣味で、後に夫も同じ趣味を持つようになるものの、互いの愛情は育まなかったのだろうな。
そういう定型どおりの想像しかできない。
二人の人物がいて、片方の視座しか分からない手法だと、
半分は読者が想像することで物語を完成させるしかない。それもまた文学を読む醍醐味だ。

妻の愛が冷めてたことを知って、主人公自身の気持ちも冷め、妻の死を受け入れ、「弔い」は終息する。
現実的で、よくまとまった話だけど、さびしい終わり方だった。

384 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/16(水) 19:06:02.92 ID:IHnSnTkM
感想乙です。少し前の同誌に載ってたCredoもそうだったけど、
こういう現実的で暗い話の需要があるんだろうかな、と。

正直、自分には苦手な内容っぽけど、
色々と経験して歳を食った人が読むと感慨深いものがあるのかもね。

385 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/16(水) 19:11:02.45 ID:IHnSnTkM
訂正:
苦手な内容っぽけど→苦手なタイプの小説みたいだが、

386 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 21:37:23.79 ID:iM4NjqQp
谷崎と藤野の区別がつかない

387 :吾輩は名無しである:2016/11/16(水) 21:48:53.29 ID:QFcyxJkG
>>384
年とったら食えなかった刺身が好物になるようなもの、というのもあるな。
自分の内面がいま暗いからか、暗い話が体温に合う(笑)

>>386
翻訳家が谷崎、芥川賞作家が藤野。

388 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 00:09:45.76 ID:yMXEiP3K
文藝賞の町屋さん
もともと役者やってたと聞きました。

389 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 05:23:22.85 ID:5AOiONaA
>>388
元々町田康とも知り合いだよね。
前にツイッターで一緒に写ってる写真載せてた。
受賞決まってから削除したみたいだけど。

390 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 08:58:29.77 ID:EW8nzQC+
なんだコネ受賞かよ

391 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 11:34:32.52 ID:iDczi6ur
文学界はコネばっかりだろがww

392 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 12:36:02.25 ID:CTysWKjl
てかガチでそういうコネばかりだから地方在住者の受賞は珍しいわけだな

393 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 13:53:31.85 ID:m/bzAcVn
友人のT氏と音楽を一緒に始めることになりました。ギターとベースということで。
https://twitter.com/retsudan1986/status/799108275987845120

394 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 17:22:14.54 ID:S0pjmVe9
朝吹の連載のやつ
早く文庫にならないかな

395 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 17:50:08.75 ID:a9haFmkV
ただでさえ斜陽業界なのにコネだらけでは余計につまらん作家ばかりになるのも当然だわな

396 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 17:58:23.27 ID:i305WrCb
コネでデビューさせるなら公募文学賞の意味が無くなる
雑誌は本気で才能を発掘する気が無いんだろうか

397 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 18:07:59.93 ID:0bFVw3PY
>>394
気が早いぞ。10年先じゃね?w

398 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 18:54:13.13 ID:6YpH2kX8
二、三年はかかるか
待つけどね

399 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 19:02:01.41 ID:EpfYaOFR
>公募文学賞の意味が無くなる

そりゃ数千人から選ばれたといやあ宣伝になるわなwwwwwwwww

400 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 19:17:44.54 ID:nQCLu00k
受賞者に実力が無ければ賞の権威が下がっていき、宣伝にもならなくなる
新潮が人気なのは受賞者がその後も活躍してるからだろうに

401 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 19:24:04.45 ID:yAy9Y6Sz
十年以上2ちゃんねるでコテハンやってて、三度警察に相談して一度弁護士に相談した話

作者 RETSUDAN SENSEI

エッセイ・ノンフィクション

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882063676

402 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 19:42:07.02 ID:EpfYaOFR
新潮のどこが人気なんだよwwクソ平野はコネデビューで三島賞を落とした又吉に褒められてマチネが売れてニコニコ顔の恥知らずwwwwwwww
朝噴もコネデビューでいまやネタ切れで小説が書けないクズ作家だろがwwwwwwww

403 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 20:21:55.35 ID:ZlBnUGkF
新人賞の話な

404 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 21:27:38.68 ID:EpfYaOFR
だから新潮出身で活躍してる作家って誰よwww滝口といわれると微妙だわなwwwwww

405 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/17(木) 21:42:09.75 ID:nx8OkLlm
有名どころだと中村文則、たなしん、
最近なら小山田浩子、上田、高橋か。

406 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 21:44:16.96 ID:0bFVw3PY
>>404
滝口君!って言おうと思ってたとこだ。芥川賞もゲットして活躍してるやんけ。
文学界でも、滝口君、文学部潜入ルポ特集あったしな。
ちまちまと短編も発表している。

あと、やっぱり高橋弘希だな。

407 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 21:45:05.69 ID:EpfYaOFR
誰に有名なのか疑問だが一般的知名度ではたなしんくらいだろう、それも受賞会見でだがなwww

408 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 21:50:40.88 ID:0bFVw3PY
たなしんは長編書くようになってから読まなくなったな。
中短編の作家って印象だけど、長編は面白いの?
政治小説?ばかり書いてるよね?
最近の作品では「夜蜘蛛」と「死体」ぐらいしか読んでない。

409 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/17(木) 21:53:19.25 ID:nx8OkLlm
宰相Aは割と面白かった。今年すばるに中編書いてたな。

410 :吾輩は名無しである:2016/11/17(木) 21:55:00.79 ID:0bFVw3PY
>>409
宰相Aは十数ページ読んで挫折した。

411 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 03:10:04.60 ID:jHZcnlya
クズどもが。

412 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 08:03:10.02 ID:SrPYAYfm
小谷野先生がツイートしている。
新潮と群像に、「放置プレイありがとうございます」だって。

413 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 11:42:40.27 ID:fc4AjnfL
小谷野は亀井の見舞いは行ったんだろうな、ハグしてやれよ、好きな人と告白されて調子に乗りやがってwww

414 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/18(金) 17:05:32.85 ID:EfkInoMV
芥川賞作家・綿谷りさの12年<後編>-早稲田ウィークリー
https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-watayarisa2/

一方、栗原は数日前に「もう芥川賞も近いのに出来が悪い」とツイートしてたのだった。

415 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 18:36:16.43 ID:SrPYAYfm
>>414
栗りんもカブールや野良ビト読んでるんだな。

416 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 18:38:37.56 ID:BO+ZLrEm
IDEpfの奴うるさい。

417 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 18:47:41.12 ID:OmqawdlT
俺じゃねーかwwwwwwwwwwww

418 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 20:55:17.68 ID:qm6jdIq5
ワロタ

419 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 21:21:12.46 ID:SrPYAYfm
文学界11月号掲載 中原昌也の「悲しみの遺言状」読了。

妄想のエピソードでつないで一本にしたような短編。
最近の中原は暗いので、もう読むのをやめようと思っていたけど月評で高評価だというから読んだ。
こんなオトナのおもちゃがあったらいいなとシュールな妄想をするくだりがいかがわしかった。
中原は不謹慎でおふざけがあった方が読める。

でも、主人公が街で意味もなしに老婆を見て殺したいと具体的に妄想するシーンはいただけない。
主人公は犯罪者予備軍めいている。
といったら、「罪と罰」はどうなんだ、という話になるのだけれど。難しい。

420 :吾輩は名無しである:2016/11/18(金) 21:23:41.82 ID:IAtcVlUa
中原はギャグないと逆にきつすぎる

421 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/18(金) 21:37:36.33 ID:EfkInoMV
だよな。

422 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 10:06:29.17 ID:k8epyt6c
「アメトーーク! 読書芸人」は影響力大 オススメ本が続々と売り上げ上位に【文芸書・ベストセラー】
Book Bang 11/19(土) 7:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161119-00521647-bookbang-ent

11月6日〜11月12日のAmazonの文芸書売り上げランキングが発表され、
第1位は第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの『コンビニ人間』となった。
第2位は平野啓一郎さんの40代の切なすぎる恋愛を描いた『マチネの終わりに』。
第3位は東野圭吾さんのミステリー仕立ての恋愛小説『恋のゴンドラ』となった。

今週は11月10日のテレビ朝日の番組「アメーーク!」で行われた「読書芸人」企画で取り上げられた
本の上位進出が目立った。1位の『コンビニ人間』(前週7位)はピースの又吉直樹さん、
オードリーの若林正恭さん、オアシズの光浦靖子さんの3人が「今年読んだオススメの5冊」に選出しており、
2位の『マチネの終わりに』(前週34位)も同様に又吉さん、若林さんが選出している。

423 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 10:07:27.15 ID:k8epyt6c
多和田さんに独文学賞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00000007-jijp-int.view-000
時事通信 11/19(土) 9:20配信

先駆的な作品を生み出す作家に贈られるドイツの文学賞、
クライスト賞の今年の受賞者に多和田葉子さん(56)が選ばれ、ベルリンで18日記者会見した。
日本人の受賞は初めて。

424 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 11:21:10.45 ID:6Z+k8kz4
【十年以上2ちゃんねるでコテハンやってて、三度警察に相談して一度弁護士に相談した話】
第一章 創作文芸板
第一話 小説投稿サイト

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882069959/episodes/1177354054882069962

425 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 12:44:29.89 ID:YeB3GTbD
くだらねえうんこ小説だわwwwwwwwwwwww

426 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/19(土) 18:02:00.62 ID:GEmhVr9q
【文学賞記者日記2016 11/18 第29回小説すばる新人賞贈賞式レポート】
http://news.ameba.jp/20161118-1197/

427 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 21:05:07.27 ID:k8epyt6c
文學界11月号掲載 渡谷邦『籠崎さんの庭で』

2016年下半期同人雑誌優秀作で、たった8ページしかない短編。
ある新婚夫婦は引越し先に、隣の広い庭が見えるアパートを選ぶ。
最初は隣の家――「籠崎さんの庭」を、夫婦で覗いて楽しむ。
やがて妻は家事をしなくなり、籠崎家夫人と仲が良くなり、その庭の手入れをするようになる。
それで夫は不安になったり、それでも妻を受け入れようとする……という筋。
庭、覗きと、よく使われるモチーフで、またか!
でも、夫婦関係の不穏さが醸しだされていた。
庭というのは、いじればいじるほど応えてくれるのが魅力なのだろう。
報酬のある庭いじりと報酬のない家事が対比させられている。
分かりやすいメリットがないことを続けるのは難しい。それもまた、人間らしさなのかもしれない。

選評を読みたいのだけれど、三田文学に掲載されている。
文學界でまとめて読めたらいいのに……。
そのうち、受賞作も三田文学掲載になるのかな。

庭を大道具にした短編が今年は多い。
例えば、小山田浩子氏は二本も書いている。「広い庭(文學界8月号)」と「どじょう(GRANTA JAPAN with 早稲田3)」を。
野見山潔子氏の九州芸術祭文学賞受賞作「黒い湿った土のにおい」も庭を扱っている。
これだけ重なってると、各作家の個性勝負になってくる。

428 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/19(土) 21:14:25.19 ID:GEmhVr9q
感想乙です。地味そうだけど、ヴェジトピアの人の三作目と比べると
日常を描いたいい作品の様な印象を受けた。あれは暗そうだし。

ちょうど掲載誌を借りたところだし、せっかくだから読んでみようかな。

429 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 21:19:11.92 ID:k8epyt6c
籠崎さん〜も暗い雰囲気の話だけどね。
想像するしかない部分が大きい。

430 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 21:28:45.40 ID:c1HKSgSo
純文のつまらなさが詰まったような作品だよ

431 :吾輩は名無しである:2016/11/19(土) 21:36:47.67 ID:k8epyt6c
つまらないといえば、つまらないな。
どこが評価どころなのか気になるので選評を読みたいのだけど。
三田文学を立ち読みできる書店が近所にないので、いっか。

432 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 02:39:52.35 ID:/X1/YaHE
今期は不作なので久々の芥川賞受賞者なしあるで

433 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 08:25:59.61 ID:onOdyLah
そうか。残念だな。
村田や又吉で儲けたから、一回受賞作なしでも持つのだろうね。

でも、鹿島田が取った時もレベルが低かった気がする。

434 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/20(日) 19:05:25.84 ID:iJB4oJLe
<文學界2016年11月号掲載 砂川文次『熊狩り』感想>
三十代前半の国家公務員「K」が主人公の話で、
上の命令によりX県のTという小さな田舎町に異動されたKが、
やむなく関わる羽目となったT町の奇妙な風習を描いたカフカ的短篇であるね。

評判通り序盤はつまらなかったが、町に囚われて以降、警官の「I」と密かに
脱出計画を立てる展開はサスペンス映画的で面白かった。
時評でも言われてたけど、設定は安部公房「砂の女」の現代verという感じか。
主人公の名前や不条理な雰囲気などは割とカフカを意識してる様に思える。

中々読ませる短篇だったけれど、結局町からは出られないのだ……という
結末は何だかピンとこなかったよ。海方面から逃亡を試みるって発想、
誰か考えつかなかったのだろうか? みんな、山から逃げて撃たれてるしな。

ま、寓話小説にツッコミ入れてもしゃーないか(苦笑)。

435 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 19:21:15.92 ID:c2fe6Tvx
>>434
そういう設定をしっかりしないと、いつまでも頭に引っかかって物語に没入できないよね

436 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 19:22:20.12 ID:rDWySKj+
ここネタバレあんのか もうみんとこ

437 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 19:32:43.91 ID:onOdyLah
自分はラストの不条理感が良かったよ。

438 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/20(日) 19:36:36.56 ID:iJB4oJLe
>>435
うん、穴があると気になるな(笑)
感想では触れなかったが、結局そこに留まる決意ってのも「砂の女」のオチと同じだし。

>>437
ある種の爽やかさはあったね。

439 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 21:13:18.04 ID:onOdyLah
群像2016年11月号掲載 岡本学『再起動』感想

IT企業の経営に失敗した二人組、「クォーター」と「僕」は、新興宗教「リブート(再起動)教」を立ち上げる。
悩み根拠のない罪悪感など、生きていくうちに重く心に宿って生きづらくさせる機能をオフにして、
再起動を目指す宗教団体だ。
「僕」は、人のもとで働くのが嫌なのだ。それで新興宗教を立ち上げて信者たちの会員費などで生活しようとする。
でたらめの信条を作って信者に信じ込ませ、
再起動のための修行の場を提供する。再起動者が出るシナリオはない。
ところが、再起動者が続々と出てしまい、でたらめの教えが本物になっていく、という筋。
再起動すると、あらゆる悩みがなくなるのだが、悟りを開いたというより無能者で、
生存機能以外のすべてがオフになっていて意志がない。

主要人物にこのような台詞があった。
――仏教を開いたブッダは『悟り』という境地に達した。この『悟り』が、現代的に言うと、
再起動にあたると考えることはできませんか。
こうやって宗教が出来ていくんだなって話。

440 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 21:14:45.04 ID:onOdyLah
(つづき)
「僕」たちは、再起動するのに必要な修行だと主張して、ルーティンワークを信者たちにさせている。
自分だったら、ここで胡散臭いと思ってリブート教には入らない。
世の中の仕事は、クリエイティブなものばかりではない。単純作業の繰り返しもある。
だったら、このような作業中心の仕事をしている人たちの中から、悟りを開くものが続々出てしまう。
多少の突っ込みはあるものの、全体として面白く読めた。
作者は大学準教授で、クリエイティブな日々を過ごしていて、機械的な作業は絶対に耐えられない人種だと予想がつく。
その代わり、クリエイティブな仕事なら、何でもこなすのだろう。
新興宗教も立ち上げられそうだ、と思ったほどだ。
展開がスピーディーで、サクサクとあっという間に読了してしまった。
でたらめが本物になっていってしまうのが、いかがわしくて良い。

岡本学の作品を読んで、初めて面白いと思った。
180枚の中篇だけれど、もっと枚数を増やして書き込んで欲しかった。
例えば、事務員の女性信者は、「想像力が邪魔なので、再起動したい」と興味深いことを言う。
なぜそう思ったのか、これまでのどう生きてきたのかを知りたい。
「僕」たちとの絡みが、もっとあっても良かった。

まだ、完成した一本の作品というより、素材という気がしないでもない。
成長が楽しみな作者ではある。

441 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/20(日) 21:22:56.37 ID:iJB4oJLe
感想乙です。「熊狩り」より面白そうだね。

442 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/20(日) 21:48:19.83 ID:iJB4oJLe
『新潮』の例の号、増刷分もネット書店で在庫切れかあ。。

443 :吾輩は名無しである:2016/11/20(日) 22:06:36.93 ID:onOdyLah
今月号の新潮、買うほどかなあ?

444 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 06:39:06.72 ID:hT2S35FH
444

445 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 06:41:30.99 ID:hT2S35FH
>>443
書店で売れ残っているよ。

446 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 07:50:41.25 ID:5oR5xxDg
書店で中身見たら、レジに持っていく気がなくなるのだろう。

447 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 19:37:43.15 ID:/L+Xs7Hi
火花が漫画になるそうなww

448 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/21(月) 19:40:32.93 ID:T2amrSMG
又吉直樹「火花」を武富健治がコミカライズ、次週スピリッツで連載開始
http://natalie.mu/comic/news/210142

ホントだ・・何とも言えない感じの絵だね。

449 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 19:50:07.63 ID:hT2S35FH
もう飽きたよ…。

450 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 20:44:03.39 ID:5oR5xxDg
今日は西村賢太の文學界新連載「雨滴は続く」を読了。

同人誌の会費を年六万払って在籍し、書いた作品「墓前生活」がいきなり同人誌優秀作になって、
同人仲間から「小説家きどり」と言われ、やっかみを受けるのが何とも言えず切ない……。
これは凄いことで、同人誌優秀作は半年に一回、五百冊くらいの同人誌の中から選ばれるという。
この賞を取っても、文壇で生き残るの厳しさも具体的に描かれたところで「続き」になった。
実際の作者の活躍ぶりをみると、そのとおりになぞっていくのだろうけど楽しみな連載だ。

ポンと出の人があっさり成功してしまうのを見ると、才能の残酷さも感じるね。
同人誌優秀作は、気が向いたら読むことにしているけれど、中には文學界新人賞より感動を誘う受賞作がある。
本賞の舞台裏を知れて興味深かった。ますます注目していきたい賞だ。
「墓前生活」や、同人誌から抜ける前に、
同人連中が心底嫌がりそうなうんと汚い作と称する2作目「けがれなき酒のへど」を、読んでみたくなったよ。

451 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 21:34:31.88 ID:hT2S35FH
同人誌とか買って読んでる人いる?

452 :吾輩は名無しである:2016/11/21(月) 21:55:50.20 ID:5oR5xxDg
>>451
たまに買ってるよ。
でも文芸同人誌はなかなか手をつけられなくて積むことになるので、もう購入はストップしている。
小説系でなくエッセイやノンフィクション、評論なら手をつけやすい。
中には、面白そうでもたった二十数ページなのに800円以上も値段つけられたのが売られている。
それが同人誌。

でも、余命○ヶ月と宣告されて入院ということになったら何を読みたいかというと、
無名の人の文章系同人誌だな、と最近考えている。

453 :吾輩は名無しである:2016/11/22(火) 07:59:39.88 ID:ejdMLm6H
>>448
小説読まないで漫画で読んだら負けって気がする。

454 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/22(火) 18:31:23.54 ID:BRTszsEa
わかる。まあ、読んだ事はないけど気になるって層を狙ってるのだろうな。
漫画ならわかりやすいし(笑)

455 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/22(火) 20:15:16.89 ID:BRTszsEa
作家の読書道 第178回:宮内悠介さん
http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi178_miyauchi/

456 :吾輩は名無しである:2016/11/22(火) 22:03:16.68 ID:ejdMLm6H
>>455
長い記事なので1ページ目だけさらっと見た。
宮内は金髪なんだね。

457 :吾輩は名無しである:2016/11/22(火) 23:36:03.71 ID:qvhgjln0
エンタメの人感あるな

458 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 03:27:02.62 ID:oB9CTiWr
宮内誉めるのはいいが純文にもってくる人って文章読めない人なんだって思う

459 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/23(水) 07:20:22.20 ID:fLsHQ505
ああ、ゴメン。>>455はわざわざ貼らなくてよかったかな。
「カブールの園」が割と話題になっていたし、気になる人もいるかと
思ったんだが。。

や、それとも宮内を純文誌に載せた編集への........?

460 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 07:41:40.52 ID:AYfB0AK1
>>459
宮内を褒める編集や批評家たちだろう。
群像の創作合評でも褒められていた。

461 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 08:22:45.92 ID:2lFxog3+
このスレが好きで、カフェの二人とも仲良くしたいと思って、何度か書き込んでみているのだけれど、うまくいかない。
自分はもうここにいる資格がないのかもしれない。
他のスレでは普通に会話できるのに、なんだか悲しくなる。

462 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/23(水) 08:30:21.42 ID:fLsHQ505
>自分はもうここにいる資格がないのかもしれない。

そんな訳はないよ。
むしろこっちが至らなくて、悲しい気分にさせて済まない。

463 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 09:09:08.47 ID:AYfB0AK1
そのスレが好きということが何よりの居る資格さ。

464 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 09:18:49.61 ID:koq7pnae
エリンギ批判が出てるなw

宮内以外にロクなのいないもんな。

村田、又吉みたいに苦労人が好きなんだろうエリンギは。

俺も特別好きじゃなきけど、宮内応援する。
親の仕事の都合で子供の頃から学校転々として苦労してるところや
仕事で体壊したりとか自分に
似ているから、報われてほしいなと思う。

465 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 10:23:12.90 ID:VTYYJVYT
何か勘違いしている人がいるけど、宮内は賞を取りまくっているし、十分報われているでしょ。
ただ純文学の人じゃないってだけで。

宮内を受賞させたいのは、エンタメやSFなどのジャンル小説と純文学とのボーダーを無くしたいという思惑がある人たちだよ。
それがいいか悪いかどうかはわからないけど、そうなると売れるか売れないかが評価されるようになるので、つまらない純文学作家の大半は消えるよ。

466 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 10:29:38.47 ID:ofPvoBFV
弁護士ドットコム、で今回の手塚の新潮について取り上げられてる。

467 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 10:30:59.47 ID:ofPvoBFV
上田がだめだったから次は宮内、とSF書く人を押してるだけでしょ。
村田もそうだったし。

468 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 10:32:23.64 ID:5kP2L0wk
>>461
「うまくいかない」が書き込みに否定的な意見がつくことを指しているのなら、そんなのは気にすることない
いろいろな人がいるのだから、否定的な意見が出るのは普通のこと
むしろ、そのような意見がなくなってしまうほうがよほど怖いよ
ファシズムみたいだもん

469 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 10:35:57.04 ID:VTYYJVYT
>>464
野良ビトはいいと思うがなあ。
いずれにせよ、カブールも野良ビトも含めて、今回のレベルの低さは隠しようがない。

470 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 10:37:53.20 ID:VTYYJVYT
>>467
どうしてそういう作家を推すのかということを考えなきゃ。

471 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 13:35:10.93 ID:AYfB0AK1
加藤秀行が今月の文學界に書いてる「キャピタル」は芥川賞候補になるとAが予想してたな。
200枚前後もあるぞ。随分ページ割いたな。編集部から期待されてるのが分かる。
やっぱりまたエリートの嫌味が漂う話だった。
プールつきの庭のある部屋で豪遊しているシーンからスタートする。
エリートの嫌味でも面白ければ良いのだけど、のめりこめなかったので読むのをやめた。

472 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 13:51:21.63 ID:GjcKhsz/
文章へたでいいなら新本格載せりゃいいやん
まあ米澤とか呼んできそうだが

473 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 14:20:16.42 ID:mBTHcnbe
今年の太宰治賞を受賞された、夜釣十六さんにお会いしました。
ムックは以前本屋で読んだので、どこかで拝見した顔だな……と思っていたら、まさかの本人でした。スタンプをいただいて、お話しさせていただきました。
とても腰の低い、美人なお方です。
宝物にします。ありがとうございます。
https://twitter.com/retsudan1986/status/801280378463846404

474 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 15:21:51.00 ID:r/0Qhxr7
作家に会っていちいち美人とか言うのセクハラじゃないのか

475 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 15:33:14.35 ID:mBTHcnbe
大畑は存在がセクハラ

476 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 15:44:33.39 ID:AYfB0AK1
夜釣十六の太宰賞受賞作を読もうと思ってて読まずじまいだ。

477 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 19:47:04.07 ID:sffbrejn
>>414
これ見て綿矢りさ、ますます嫌いになった

478 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 20:44:43.47 ID:AYfB0AK1
島田雅彦に失恋したんだよね?

479 :吾輩は名無しである:2016/11/23(水) 21:23:13.24 ID:AYfB0AK1
文藝冬号掲載 藤野可織『愛犬』

幼い「私」は、母の友人の女性の家によく遊びに行く。
その家の狭い庭には、皮膚病を患った柴犬がいる。
家庭に歪みがあってインテリアを白に統一した場合、現われる柴犬だった。……という筋。
ただれた皮膚の状態の描写がグロかった。
あまり面白くなかったけど、この作家は短編を量産するといいんだろうね。
その中には、たまに面白いものもある。

480 :吾輩は名無しである:2016/11/24(木) 05:47:42.01 ID:mUSG3Ya0
>>465
取りまくっている、というほどではない。直木賞は二回ともボロクソ言われて落選。これで芥川賞取れば話題にもなるし、やつらを見返せるよな。

481 :吾輩は名無しである:2016/11/24(木) 05:50:06.43 ID:mUSG3Ya0
>>470
新潮・文學界はSF好き。そして、とにかく売ることしか考えていないってだけ。

482 :吾輩は名無しである:2016/11/24(木) 08:07:16.41 ID:O8k5wyTi
赤字だからな。
新潮はこないだまで部数が1万部以上あったのに、8千部台に落ち込んだしな。

483 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/24(木) 22:37:30.00 ID:eVvY9Nwd
織田作之助賞:最終候補5作が決まる
http://mainichi.jp/articles/20161122/k00/00m/040/043000c

>木内昇「よこまち余話」(中央公論新社)
▽桜木紫乃「裸の華」(集英社)
▽崔実(チェ・シル)「ジニのパズル」(講談社)
▽津原泰水「ヒッキーヒッキーシェイク」(幻冬舎)
▽綿矢りさ「手のひらの京」(新潮社)

484 :吾輩は名無しである:2016/11/25(金) 18:46:45.49 ID:zsjcQ3u+
>>483
綿矢が取ってほしいな。

485 :N ◆.a7VUr.VD. :2016/11/25(金) 22:42:28.87 ID:m40x0YS3
雑談スレから記念マキコ。

486 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 06:03:48.47 ID:ewiF89+J
Nさんこんにちわ!
時々ここにも来て下さいよ〜

487 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 14:11:27.07 ID:8o9wIJQT
Nwwwwwwwwwwwwwwwwww

488 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 14:32:48.70 ID:ULGpfYLN
結局、ここにはみんな書きたがらない。

489 :P ◆.uKag/vUmY :2016/11/26(土) 14:50:19.92 ID:DB89crsy
僕とかが書くと荒れるからね(笑)

490 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 14:59:59.90
ピースはおれのこと嫌いなの?

491 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 15:01:08.47 ID:sH9sIzk2
>>480
他の作家と比べたら取りまくっているよ
新人賞しか取れない作家が大半なんだから

492 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 15:05:59.13
あーそれわかる

493 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 15:12:46.11 ID:rdy0nxEN
>>489
君の場合はこのスレに限らず。

494 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 15:43:54.00 ID:cLrM1NQ9
>>489
NG

495 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 15:50:19.51 ID:rdy0nxEN
ジュンク堂で青が破れるの冒頭と文藝掲載の対談のチラシが置いてあった。
何ヶ所か書店まわったけどどこも平積みだった。
このスレ出身の作家さん、本が売れるといいね。

496 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 15:51:44.85 ID:rdy0nxEN
コンビニ人間十刷。テレビの力はすごいな。

497 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/26(土) 18:32:14.53 ID:F13BHOpD
アメトークに取りあげられると売れる法則。

そうだ、12月に出る『新潮』1月号、930円と普段より50円安くなってるね(e-honソース
この値段になるのは2015年8月号以来だ。
編集、さては大きな部数減に焦りでもしたのか(笑)
バックナンバーを見るに1030、980、930円と小刻みに変動している。

文学界は970円でずっと一貫しているな、1万部固定の部数の如く。

498 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 19:20:28.17 ID:sH9sIzk2
アメトークじゃなくても、メディアに露出すれば売れる
だから、出版社はもっと作家をテレビに出したり、芸能人を使って純文をアピールするべき

499 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 19:22:00.50 ID:HlMgUPI4
最近はBとMayの文學界推しが強くなったな
お金でももらっているのかしら

500 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/26(土) 19:25:39.30 ID:F13BHOpD
500。
>>499 んな訳あるかよw邪推すんなってwwwしばしば話題に登ったというだけだぜいw

501 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 19:28:43.43 ID:rdy0nxEN
>>497
ブランチで紹介してた消滅世界のほうがコンビニより売れてる。

502 :吾輩は名無しである:2016/11/26(土) 20:33:13.78 ID:ewiF89+J
文学界12月号 対談『坊ちゃん』の青春、現代の青春
高橋源一郎×関川夏央 読了。

二人はしきりに、「現代の『坊ちゃん』はなぜ出ないのか」と嘆き節だった。
『坊ちゃん』の魅力を挙げ、現代文学に足りないものの例を指摘していた。
現在の文学は「細かい金額を書かない」のだと言う。
具体性なのだろうね。
それを、「書き手は、自分の作ったキャラに興味がないのだ」とも語っていた。

確かに、近頃の文学は主人公や他の登場人物の名前や年齢などが曖昧で、
しばらく読んでからやっとこそっと明かされるな。他にも人物造形が足りない。
そういう投稿作ばかりなので、源一郎はうんざりしているようだ。
投稿作だけでなく、文芸誌掲載作自体、人物造形が足りないまま終わる作品が少なくない。

でも、中には西村賢太など、具体的に書いてる作家もいるではないか。
源一郎は、自身が選考委員をしている文学賞の最終選考に残った作品を、
気がなさそうに褒めてる印象がしていたけれど、やっぱり絶対的に満足しているのではないんだな。

503 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 06:11:24.76 ID:xWZrfoiS
〜マスコミが報道しないニュース、警察が捜査しない犯罪〜


■PIAやサントロペなど大手パチンコ店の大当たりはすべて管理されたものです■

パチンコ、パチスロの大当たりは、すべて管理されてるので偶然の大当たりは1回も無いです。
コイン1枚、玉1個から完全に管理されています。
パチンコ店の幹部社員は打ち子とサクラの管理と出玉操作が仕事。
大当たりは、「割制御」による自動的な大当たりか、幹部社員が「割制御」の確率と出玉を変更させて強制的に大当たりさせたのかしか無いです。
「割制御」を使えば「大ハマリ」、「大当たり」、「大当たりの単発」、「大当たりの連チャン」を自由自在にできます。
「割制御」の確率を変えれば、特定の台を20秒後に大当たりさせることができます。
社員は、打ち子には連チャンさせて勝たせて、打ち子ではない人には単発か最低の出玉にして大負けさせる。
打ち子がサクラになったり、サクラが打ち子になったりします(ある投稿漫画に「今、パチンコ店に客が7人ぐらいしかいないけど、あれ全員サクラなんだよね」って投稿がありました)。
パチンコ店のバイト店員や平社員たちにはもちろん秘密。

「割制御」とは↓
パチンコチェーンのSVやってるけど質問あるかな?
http://channelz.blog.fc2.com/blog-entry-3934.html


■PIAとサントロペの女性店員の皆様へ■

PIAとサントロペの女性店員は全員、うなじが見える髪型だけど、うなじが見える髪型をするように命令されてるの?
強制的にうなじを露出させるのは性的虐待、セクハラです。
うなじは性的な事を連想させる部分なので、これを強制的に露出するように命令してるPIAとサントロペは異常な会社だ。
低学歴の低脳が幹部にいて、仕切ってんだろうなと思う。
他の企業や公務員の女性労働者に、うなじを露出するように命令したり強要したら、性的虐待、セクハラで裁判になるってるよ。
モデルやタレントではない女性にうなじを露出させるなんて普通では考えられない事だからね。
PIAとサントロペで強制的にうなじを露出させられてる女店員は、やばい人たちの下で働いているって気がつこうねw

504 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/27(日) 06:51:26.16 ID:4zwpnu1j
>>502
感想乙です。ぼくはUPしても大丈夫なクオリティだと思うよ。

そうだ、長嶋有が群像1月号に「もう生まれたくない」
新潮1月号には「Mr.セメントによろしく」
の二作を書くってさ。ツイッターより。

505 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 09:11:18.77 ID:KDb79Ze3
ガラケーでついったとか見られない記事あるのでうpしてくれると助かる。

506 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 12:10:35.95 ID:I1q7tzRz
じゃあ今度から貼るときそうするよ。

507 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 17:22:59.41 ID:uSyGXL+N
いつも本を読んでるんだけど、他人に「最近何読んだ?」と聞かれると本のタイトルや著者名すら
全く思い出せないって、変ですか?
読んでる途中の本ですらタイトルや著者名を忘れてしまってる時もある。
読んだ本の内容は覚えてるんだけど、タイトルや誰が書いた本なのかは
俺の中では二の次になってる。

508 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 17:46:08.62 ID:I1q7tzRz
でも、1丁目スレに貼る朝日新聞の記事は量が多いのでその記事のうpだけは難しいや。

>>507
人それぞれさ。

509 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 18:41:03.74 ID:I1q7tzRz
2016.11.27 16:01更新
【産経新聞文芸時評12月号】主人公の2類型 早稲田大学教授・石原千秋
http://www.sankei.com/life/news/161127/lif1611270028-n1.html

佐々木敦「新・私小説論」(群像)を読んだのだが、どうもこのところ調子がおかしい。
先月はほぼ野口武彦『三人称の発見まで』の紹介、今月はほぼ金谷武洋『日本語に主語はいらない』の紹介。
佐々木敦の本を数冊読んで期待が大きかったから、
2カ月連続で読書ノートみたいな文章を読まされてとまどっている。

「群像新人評論賞」は当選作は「該当なし」で、掲載された「優秀作」2篇はいずれもショボイが、
「選評」はいい。「評論は、小説(家)自身が知らないことについて考えること、
知らないことをまさに知らないという開放性を損なうことなく書くことであろう」(大澤真幸)、
「漱石の作品を批評するとは、見のがされてきた細部をそのなかに見いだし、
織りこまれた襞(ひだ)を開いてみせることである」(熊野純彦)と。
「小説を読み換える系」の論文や評論の極意を端的に述べている。

510 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/27(日) 19:40:27.36 ID:4zwpnu1j
>>509
またもや評論にしか触れていないパターンだね。
小説が低調ぎみだったのが伺える。

さて、群像1月号の予告がe-honに来ていたので貼っておくね。
長嶋有 長編一挙掲載 大特集:50人が考える「美しい日本語」 
野間賞、野間新人賞発表

511 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 22:26:16.67 ID:2mxSMVNv
野生時代っていう文芸誌はどんな感じですか?
月刊誌ではないですよね?

512 :吾輩は名無しである:2016/11/27(日) 23:05:56.13 ID:5F72lw+n
>>511
いわゆる純文畑ではないんじゃないの?

別に差別とか貶める意図はない
日本の文学村は文芸誌と文学賞、特に新人賞を主催してる出版社を中心としたギルドのような趣があるが
角川はこのシステムのなかでは異端気味だ

513 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 01:49:38.87 ID:tvU1PYsD
神奈川や関東にあるPIA、サントロぺなどの大手パチンコはすべの大当たりを幹部店員がやってます

大当たりさせる操作はほんの1〜2秒です

偶然の大当たりは1回も無いです

これを利用してパチンコ、パチスロをしてる打ち子、サクラの台に大当たりさせています

PIA、サントロぺには打ち子、サクラが1000人以上います

打ち子、サクラは普段はバイトや生活保護で暮らしてる低収入の人が多いです


もう一度言うけどPIA、サントロぺなどの大手パチンコは偶然の大当たりは1回も無い店です

すべての大当たりはモニターを見てる幹部社員が大当たりさせています

パチンコ台パチスロ台の大当たり確率、設定はまったく関係ないです


「割制御」で大当たりは自由自在↓
パチンコチェーンのSVやってるけど質問あるかな?
http://channelz.blog.fc2.com/blog-entry-3934.html

514 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 06:07:54.42 ID:LnVcLmqk
>>238
超同意。

最初の章読んだだけで読むのやめたw

ヨハネスブルグもひどいのかな。読もうと思っていたけど、読む気なくした。

515 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 07:29:49.92 ID:UJhAKGh/
野生時代じゃないよアフォー!
野性時代だよアフォー!
小説も時事も評論随筆もあるよアフォー!
ラノベとかもあったりするよアフォー!
面白いよアフォー!

516 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 09:40:41.00 ID:87ZjCpNq
野性時代とすばるは編集長が変わり、西村賢太を切ったらしい(本人がイベントで言ってた)
だから野性時代は西村の日記なくなってから読むのやめたし、すばるも
もう買うことないだろうな。

517 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 19:02:36.97 ID:/t1r1/iP
西村、集英社を儲けさせたのに……

518 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 19:20:48.52 ID:/t1r1/iP
西村の処女作「墓前生活」を収録している文庫は、『どうで死ぬ身の一踊り』 だよね?
尼でポチろうとしたら、2012年発売の文庫なのに、中古でも定価と同じ価格だ。
文学界12月号の新連載で処女作について触れていたから、
読みたい人が多いのだろうな。

519 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 19:40:41.08 ID:IALB7Ok/
『どうで死ぬ身の一踊り』は講談社文庫もあるだろう、あっちはもっと高いのかww

520 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:06:51.07 ID:LnVcLmqk
>>518
幻冬舎文庫にも墓前生活は入っているよ。

521 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:13:24.56 ID:/t1r1/iP
>>519
尼で検索しても、講談社文庫のはヒットしないお?

>>520
情報サンクス!

522 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:18:56.24 ID:wm/7mC2O
https://www.amazon.co.jp/dp/4062762536/

523 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:22:50.09 ID:/t1r1/iP
「墓前生活」目当てで、新潮文庫と幻冬舎文庫のどっちを買うか迷うな。
新潮文庫はしおりの紐がついてるのが好きなんだよな。

講談社文庫はヒットしないのだけど、まさか廃刊になったのかな?

524 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:25:04.04 ID:LnVcLmqk
>>523
版権移動したから。

525 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:26:27.82 ID:/t1r1/iP
>>522
おおー、サンクス!
講談社文庫でポチるわ!
『墓前生活』と『どうで死ぬ身の一踊り』を両方読めて、
ちなみにマケプレで1円なのでオトクだよな!

526 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:26:49.94 ID:LnVcLmqk
私の恋人が二刷だった。アメトーク×又吉効果は偉大だな…。

527 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:27:15.14 ID:/t1r1/iP
>>524
なるほど!

528 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:32:20.17 ID:/t1r1/iP
今日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」で「火花」が、
「鈴木先生」で知られる漫画家によって漫画化(シャレではありません)してるんだってな。
冷やかしで立ち読みでもするかな。
まさか、紐で縛られて中身見れないことないよね。
誰か読んだかな。

>>526
私の恋人、面白くなかったけどな。

529 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:45:21.29 ID:LnVcLmqk
>>528
アメトークもある程度売れてる作家とか同じような作家しか紹介してないからな。
これ推薦してください、とかあるんだろう。
面白いつまらないは関係なく、売りやすいのを選んでいるだけな気がする。

530 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 20:46:28.45 ID:LnVcLmqk
>>528
なんかもう飽きたよ、又吉。

531 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 21:13:47.58 ID:/t1r1/iP
又吉は火花一本でずいぶんひっぱるな。

532 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/28(月) 21:18:46.30 ID:aTmBGi3a
次回作はいつ書くんだろうか。一発屋に終わらないといいね。

533 :吾輩は名無しである:2016/11/28(月) 22:16:29.81 ID:/t1r1/iP
過去スレで来年書くって噂なかった?
ソースは分からんけど。

534 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 01:19:50.24 ID:glawpXgF
>>532
火花だぞ
一発屋だよ

535 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 03:38:16.63 ID:hmDHsQ9M
>>514
ヨハネスブルグはスペースほどひどくない。
でも特別おもしろくはないので、表題作で読むの終了w
SFならやはり円城と伊藤がいい。

536 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 06:21:40.66 ID:6avS1kB0
西村ほどの作家を干す編集部が増えてきているのは興味深い。
事情はよく知らないけど、西村は扱いにくいのかもしれない。
すぐ編集と喧嘩になりそうだ。
今は、喧嘩しながら良い作品づくりができる編集者がいなくなってきているということか。

作品はつまらなくても、人として扱いやすい大人しい作家だけ相手にしたいのだろうな。
編集者である前にサラリーマンでいたい根性の現われだ。

西村を切るご時勢に、逆に連載させるエリンギを見直した。

537 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 07:31:33.65 ID:hmDHsQ9M
>>536
群像と喧嘩して出禁や新潮矢野が嫌いとかは日記だけではなくテレビやラジオでも言ってるからなw
文學界は前の編集長の田中さんがエリンギに話つけてくれたと日記に書いてあったよ。
小説現代とかは講談社でも群像と部署が違うからずっと連載してる。

538 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 09:45:54.52 ID:jeCDoBYW
>>529
芥川賞とその候補か三島賞とか賞がらみばっかりやん。
馬鹿みたいだよなw
本屋大賞が売れなくなってきたから、次はテレビとコラボ。

539 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 11:40:00.96 ID:s5x5xSmW
>マケプレで1円なのでオトクだよな!

1円かよww俺は新刊で買ったからなww西村は無名時代から知ってるからなww

540 :吾輩は名無しである:2016/11/29(火) 19:04:50.17 ID:6avS1kB0
>>539
Aが西村ファンだったとは意外だ。芥川賞取る前から目をつけてたんだな。

541 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 03:09:48.41 ID:6X68nb2T
>>516
すばるの女性編集者たちは西村の担当皆嫌がって…みたいなことをしゃべってたよな。

542 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 04:06:37.22 ID:cURTZwYx
PIAサントロぺは打ち子に大当たりさせて裏金を何億円も作ってる犯罪組織です。

打ち子はサクラをすることもあります。

PIAサントロぺの大当たりはアホ幹部がパソコン操作して大当たりさせたものしか無いです。

大手のパチンコ台、スロット台は大当たり抽選してないです。

PIAサントロペなどの大手パチンコ店は割制御で自動管理してます。
大当たりさせるときはパソコンを1、2回クリックするだけ。
PIAサントロペの幹部社員は打ち子に大当たりさせて、打ち子の出球管理が主な仕事。
PIAサントロペは、その気になれば、すべての台を1日中、大当たり連チャンさせることも簡単にできるし、逆にすべての台を1日中大当たり無しにすることも簡単にできる。
ジャグラー7000回転で大当たりゼロもできるし、ジャグラーを開店から閉店までずっと1ゲーム連チャンさせることもできる。
これが現実。
設定、確率はまったく関係ない。

543 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 06:11:25.10 ID:WEQ3Dy+p
>>541
ああ、若い女性相手だとナンパするかも。
新潮の西村+藤野対談でも、「結婚してなかったらお付き合い願いたいのに〜」
のようなことしゃべったたような気が。
うまくあしらうのが難しいのかもな。

544 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 06:29:42.63 ID:WEQ3Dy+p
職場でも、風俗通いが盛んな人は、周りの女性社員たちも同じように接するのが日常になる。
まさか西村…?

545 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 07:45:47.61 ID:6X68nb2T
>>543
本谷との対談ではセックスしたいって本人目の前にして言ってたからなw

546 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 08:21:15.33 ID:WtFwLSjS
西村のセクハラはなんでセクハラにならんの?

547 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 08:30:20.72 ID:6X68nb2T
キャラクターだろう。同じことを言ってもセクハラって言われる人とそうじゃない人がいる。

548 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 09:11:30.43 ID:ZOVjOwKs
西村は実際会って話してみると好きじゃなくなる。
作品は好きだが、身近な人間として、仲良くはなれないタイプ。
ケンカとかそういうんじゃなくて、付き合いづらい。
外づらいいからテレビやファンの前ではいい顔してるけどね。

549 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 09:18:48.64 ID:G4RZh9Fb
俺が目を付けた作家はあとに芥川賞をとっているなwwwwww西村もそうだが、たなしんもデビューから知っていたからなwww

550 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 09:30:51.97 ID:6X68nb2T
>>549
そりゃ文芸誌読んでる人なら知ってるだろう。

551 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 10:15:45.17 ID:G4RZh9Fb
知ると目をつけるの意味がお前にはわかってるのかww

552 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 10:54:32.32 ID:6X68nb2T
やっぱAがいると楽しいなw

553 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 13:03:46.30 ID:5KYbhsWK
>>548
てか、付き合いやすい作家とかいるのかな
基本的にみんな一癖二癖ある変わり者だろう

554 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 15:27:27.04 ID:6X68nb2T
編集者も変わり者ばかり。

555 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 15:28:00.10 ID:6X68nb2T
555

556 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 16:18:33.96 ID:bGmMrzs2
人気者の俺がいると勢いが上昇するからなwwwww

557 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/30(水) 17:02:09.89 ID:xm/NjzVc
Aさん元気だね(笑)
さて、毎日の時評がきてたので貼っておくよ。
文芸時評:11月 文学のゾンビ化 社会的「文脈」依存がもたらす=田中和生
http://mainichi.jp/articles/20161130/dde/018/070/018000c

アメリカ合衆国の次期大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプが勝利した。
平均的な白人男性の本音に訴えかけて支持を伸ばしたトランプと、女性や様々(さまざま)
なマイノリティーに配慮する立場から、安定した支持を得た民主党のヒラリー・クリントンによる
選挙戦は、かつてないほどアメリカ社会が分断され、その支持者同士に深い断絶があることを示した。
一方の支持者には、もう一方の支持者が自分たちの生活や生存を脅かす、まったく異質な「ゾンビ」の
ような存在と感じられたのではないか。

そんなことを思ったのは、昨年芥川賞を受賞してテレビでよく姿を見るようになった、羽田圭介の長篇(ちょうへん)
『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(講談社)を読んだからだ。震災後の現代日本を舞台にして、作者はホラー映画で
よく知られる、人間に喰(く)いつく生ける屍(しかばね)「ゾンビ」がある日突然出現し、噛(か)みつかれた人間が
ゾンビ化して社会が混乱していく様子を描いている。
等身大の人間が右往左往し、なんとか解決策を探るゾンビ小説としても楽しめるが、そのゾンビは多義的である。



ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161130/dde/018/070/018000c#csidx219efbb0eae786399cae7a716d254d9
Copyright 毎日新聞

558 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/30(水) 17:08:19.88 ID:xm/NjzVc
(コピペ一部ミスっちまった。。orz)
池澤夏樹の個人編集による『日本文学全集』(河出書房新社)などで古典文学の
再評価が進んでいるが、真価は現代文学に結びつけられて傑作を生んだときに問われることになる。
その意味で、京都の大きな屋敷に住み、赤染衛門の古い家集を愛読する女性を描いた、
諏訪哲史の短篇「蝸牛邸(かぎゅうてい)」(『文学界』)が注目に値する。
幼くして両親を亡くし、莫大な資産をもつ家の養女となり、ピアノ教室をしているというその女性「津由子」は、
いわば漫画的な設定をあたえられた主人公だからである。
(中略)耳の蝸牛管のイメージが生々しい、傑作短篇である。
それ以外では、服部文祥の中篇「息子と狩猟に」(『新潮』)が、狩猟をする男の価値観を
通じ、生き物としての人間の生の意味を問うているところが、群像新人評論賞の優秀作である
川口好美「不幸と共存−−シモーヌ・ヴェイユ試論」(『群像』)は、思想家について語りながら
文学としか言いようのない一節が見えるところが、それぞれ新鮮だった。
(以上。高村薫『土の記』についての部分は割愛)

559 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/11/30(水) 17:43:11.65 ID:xm/NjzVc
連投スマソ。

村上春樹さん新作、来春刊行へ 2千枚の本格長編 3年10カ月ぶりの長編小説
http://www.sankei.com/life/news/161130/lif1611300038-n1.html

新潮社によると、この新作は原稿用紙約2千枚に上る本格長編で、全2冊となる。
タイトルや内容、詳しい発売日については後日改めて発表するという。

560 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 19:07:22.02 ID:WEQ3Dy+p
>>558
「息子と狩猟に」(『新潮』)、面白そうだね。

561 :吾輩は名無しである:2016/11/30(水) 23:52:24.25 ID:WEQ3Dy+p
火花の漫画版を立ち読みした。原作の雰囲気は出ていた。
小説版でも読めなかった人向け。

562 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 05:09:43.66 ID:1yPaNKNs
>>561
俺も立ち読みしたw

絵ばっかりだったな。とりあえずあの漫画を読んで小説も読んでみよう!と思う人はいなさそう。

563 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 18:14:42.69 ID:nHnEDJC1
>>559
2000枚って……
ピンチョンに対抗する気かい?

564 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 19:06:20.19 ID:qdrC28/3
(朝日新聞文芸時評)狩りの小説 2016年11月29日23時42分
http://www.asahi.com/articles/ASJCX4H24JCXUCVL011.html

服部文祥の「息子と狩猟に」の一節。冬山で射止めた鹿を解体するくだり。
都会の狩猟愛好家が小学生の息子を連れて鹿狩り。熊も出る。すきがあっては命取り。
それに合わせて文章にも無駄がない。ドライな客観描写の連続。
山崎豊子の医学小説や新田次郎の山岳小説などを思い出す。

上村亮平の「よっつの春」も「狩りの小説」。しかも鹿狩り。
題名は鹿が「ツノをつくるにはよっつの春がいる」ところに由来する。
でも「息子と狩猟に」と反対に、狩られる側に心情移入する。
そのうえ、すきだらけ。よい意味で。まるでぼんやりした水彩画みたいな。

今の世の中は「息子と狩猟に」と「よっつの春」との化かし合いなのかもしれない。

今月の2本
●服部文祥「息子と狩猟に」(新潮12月号)
●上村亮平「よっつの春」(すばる12月号)

565 :大畑:2016/12/01(木) 19:33:16.86 ID:kDuAZjuY
よろしく

566 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 20:35:50.12 ID:RnZJCYIJ
太宰の斜陽など、貴種の話はひとつのジャンルとも呼ぶべき作品群を構成しているけど俺はあまり好きじゃない
しかし、アニメから文学に至るまで、主人公は何かしらのエリートである場合が多いのだよねえ

567 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 21:43:58.52 ID:qdrC28/3
>>566
そういわれてみれば……

568 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 21:45:31.66 ID:qdrC28/3
服部文祥「息子と狩猟に」(新潮12月号)は芥川賞候補になりそうかな?
他の時評でも取り上げられてたね。

569 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 21:49:26.99 ID:pLy9Wbp6
>>566
いや書いてる人がエリートだし
エリートの私小説だぞ?

570 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 22:31:36.12 ID:qdrC28/3
上田の新作キター!

新潮1月号 尼より

内容紹介
 新作一挙掲載 上田岳弘「塔と重力」
 尾崎真理子「情熱か受難か 谷川俊太郎」(評伝)

571 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 23:17:26.49 ID:RnZJCYIJ
上田はまた同じ話っぽいな
新潮の掌編を広げた感じだろうか
今度は風呂敷畳めるのか注目

572 :吾輩は名無しである:2016/12/01(木) 23:18:34.53 ID:RnZJCYIJ
>>569
太宰以外にも貴種流離譚とか色々あるじゃん

573 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/02(金) 05:23:21.32 ID:SB8xCjeS
東京新聞:[文芸時評]服部文祥「息子と狩猟に」 加藤秀行「キャピタル」 佐々木敦
http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/jihyou/CK2016112402000275.html

服部文祥(ぶんしょう)の「息子と狩猟に」(『新潮』12月号)では、テレアポ詐欺
チームのリーダー加藤のパートと、小学六年の息子を連れて奥秩父に狩猟に出かけた倉内の
パートが交互に描かれていく。
(中略)
特筆すべきは、どちらのパートもディテールが詳細に描き込まれていることだ。テレアポ詐欺の
最前線はどうなっているのか、電話口での舞台さながらの寸劇の模様や、詐欺チームの
複雑な指揮系統や役割分担、耳慣れぬ専門用語が矢継ぎ早に記される。狩猟にかんしても、
狩り場での諸注意から動物との距離の取り方、しとめた獣の処理や料理の仕方などに多くの言葉が費やされている。

574 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/02(金) 05:30:18.68 ID:SB8xCjeS
(つづき)
加藤秀行の「キャピタル」(『文学界』12月号)は、デビュー以来この作家が描き続けてきた
「高度資本主義社会における勝ち組たちの憂鬱」を更に一歩推し進めた中編である。
コンサルティングファームで働く須賀は会社から七年間勤務した報償として一年間の
「サバティカル=一時休養」を与えられ、ある成り行きによってタイのバンコクに滞在している。
そこにファームの元先輩社員で現在はファンドに勤める高野から連絡がある。

(以下あらすじが続く。中略)

勝ち組中の勝ち組たちの物語と言えるが、ここにも好ましいリアリティーがある。
私のコンサルや投資会社の知識は詐欺や狩猟と同程度だが、それでも登場人物たちの
逡巡(しゅんじゅん)や苦悩は理解出来た。
文体にはそこはかとなく村上春樹からの影響を感じるが、比喩は春樹ほど上手(うま)くない。過去への戻り方も
行き当たりばったりで計算が甘い。しかし、ここまで書けていれば秀作と呼んでよいだろう。

575 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 06:00:17.32 ID:HZcjloRN
>>564
よっつの春は読んだから、なんか言いたいことわかる。

576 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 06:02:06.93 ID:HZcjloRN
>>568
登山家小説話題性はあるからな。候補になったら読んでみようかな。

577 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 06:03:51.44 ID:HZcjloRN
>>574
加藤も候補にきそうだな。読む気しないけど。

578 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 09:24:25.38 ID:d/4bGFQW
>>572
そりゃあそうだろ
でも貧乏の話も多いだろ

579 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 13:23:03.22 ID:ooe2voWQ
貴種と言えば、中世以前の最低でも公家移譲の血筋のことだろ?

580 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 15:15:01.40 ID:vvysH8gu
話なんていくらでもあるしどうでもええな

581 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/02(金) 18:33:45.32 ID:SB8xCjeS
<講談社文庫 円城塔「道化師の蝶」感想> 記憶さんの感想を代理うP。
「道化師の蝶」と「松ノ枝の記」の二編からなる。いずれも傑作だ。
特に「道化師の蝶」は幻想小説かくあるべしというべき傑作であり、
芥川賞最高傑作だといってもいいだろう。必読である。
これを理解できない読書家など文学はやめてしまった方がよい。
「松ノ枝の記」もSF魂を感じさせる面白い短編で、思わず涙が流れてしまった。

582 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 18:46:53.60 ID:zV/Zizno
>>581
相変わらず中身が何もないな

583 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 20:21:36.01 ID:BvPNk4vA
>>581
どう傑作なのか説明してごらん?

584 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/02(金) 20:28:55.73 ID:SB8xCjeS
>>583
この感想は自分が記憶さんの代理でUPしたんだけど、
もしその辺りが気になるのなら、彼に雑談スレで訊いてみて下さると助かります。

585 :P ◆.uKag/vUmY :2016/12/02(金) 20:42:36.63 ID:zctibJ6H
そうそう。記憶はけっこう真剣に答えるよ。

586 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 20:44:50.81 ID:GQ7cVnJQ
ああ、俺が聞いてきた。レスポンスはまだない。
記憶さんは今いないのかもな。

587 :記憶喪失した男(中部地方):2016/12/02(金) 21:24:36.35 ID:8Q31h5Vl
えっとね。ちょっと待って。

588 :記憶喪失した男& ◆WSFRN7wyiQ :2016/12/02(金) 21:30:41.68 ID:8Q31h5Vl
短編「道化師の蝶」は、ことばをちょっとある定型にはめていじっただけで、
文脈、物語の筋が見事に現実崩壊している。それでいて、人間の認識からは破綻しない。
物理宇宙ではありえないが、ストーリーラインは守って文章がつづられている。
これはのちの作品、「エピローグ」で発展され、「プロローグ」刊行記念対談で、
円城塔は、SFと純文学のちがいは、単語の種類が異なるだけで文章の形式は同じであると答えている。
そのとおり、「道化師の蝶」は幻想小説として認識されるように選択された単語で構成された物語である。
このような物語の作り方をしているのは、おそらく多くに作家が無意識に行っているのだろうが、
円城塔は、まるで明確な物語作成アルゴリズムが存在し、それを利用しているかのように明白に、
普通の現実宇宙の物語を幻想小説に変換している。そこがみごとだ。

589 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:33:02.83 ID:VNCZ2yz4
2ちゃんねるってスレッドをageることを
「保守」っていうじゃない
そういうとこからもう洗脳なんだよね
普通保守するなんて単語思いつくか?
それに2ちゃんねるが「ニダーラン」ってゲームサイト作ったんだがあれなんてもっとあからさまだぞ
要するに浪人がない時代○っていう
課金特典があったんだが
○を貰うためにゲームやらすわけ
ニダーランなんて嫌韓思想ふりまいたゲームなんだから
おもいっきりニダーwwwとか韓国人を模したキャラを叩き潰したり
走らせたりするゲームなんだから
アイテムも「キムチニダニダ」「テポドン危険」みたいな
おもいっきり洗脳なんだよね

590 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:33:18.26 ID:VNCZ2yz4
つまりさなんか
韓国が反日ゲームつくったみたいなニュース見たことあるような気するが
2ちゃんねるってそれと同レベルなことしてるわけさ

591 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:33:47.19 ID:VNCZ2yz4
もっとあからさまだよ
ゲームクリアしたら特典出すんだから

592 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:33:58.17 ID:VNCZ2yz4
カルト洗脳だよこれ

593 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:34:24.78 ID:VNCZ2yz4
んでだな
もうお試し○なんて誰も使わないし
だったら浪人買うわって話で
ニダーランなんて過疎ゲーなのよ
アップデートもしてないし
なのになぜか狼板でずっとニダーランをやろうみたいなスレをあからさまなbotがずっとたてつづけてるわけだ
あきらかなカルトのやり方やんか

594 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:34:42.04 ID:VNCZ2yz4
つまりどこか
保守はかっこいい韓国は敵だみたいな自民を支持しよう保守最高みたいなのを
はたまたゲームまでつくって
あからさまに植え付けてるわけさ

595 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:36:03.65 ID:VNCZ2yz4
ほかにも色々気づいたとこあるんだが
まああんまいうと
組織がやってきて口封じされてしまう
命がけだよこっちは
カルトの汚いやり方にだまされるな!

596 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:37:17.19 ID:VNCZ2yz4
でお試し○を貰うために
洗脳ゲームやらせて
あー韓国は敵だ!韓国には厳しくしないとな
韓国はバカだバカにしてもいいんだ
で、仕上げにまとめサイトが自民は韓国を追い出すぞーとかようわかんねーデマでバカを洗脳するわけだ
実際は日韓合意で韓国に10億とかあげてんだけどな安倍

597 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:39:20.56 ID:GQ7cVnJQ
>>588

581の感想と合わせて下記のようになりました。
これで感想ブログにUPしていいですか?

記憶喪失した男<講談社文庫 円城塔『道化師の蝶』感想>

「道化師の蝶」と「松ノ枝の記」の二編からなる。いずれも傑作だ。
特に「道化師の蝶」は幻想小説かくあるべしというべき傑作であり、
芥川賞最高傑作だといってもいいだろう。必読である。
これを理解できない読書家など文学はやめてしまった方がよい。

短編「道化師の蝶」は、ことばをちょっとある定型にはめていじっただけで、
文脈、物語の筋が見事に現実崩壊している。それでいて、人間の認識からは破綻しない。
物理宇宙ではありえないが、ストーリーラインは守って文章がつづられている。
これはのちの作品、「エピローグ」で発展され、「プロローグ」刊行記念対談で、
円城塔は、SFと純文学のちがいは、単語の種類が異なるだけで文章の形式は同じであると答えている。
そのとおり、「道化師の蝶」は幻想小説として認識されるように選択された単語で構成された物語である。
このような物語の作り方をしているのは、おそらく多くに作家が無意識に行っているのだろうが、
円城塔は、まるで明確な物語作成アルゴリズムが存在し、それを利用しているかのように明白に、
普通の現実宇宙の物語を幻想小説に変換している。そこがみごとだ。

「松ノ枝の記」もSF魂を感じさせる面白い短編で、思わず涙が流れてしまった。

598 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:41:07.29 ID:VNCZ2yz4
日本における賭博の禁止、持統天皇以来、
西暦689年のスゴロク禁止令に始まる、1327年の歴史を誇るんです、
近代法にも、受け継がれている。
貴女方、天皇が決めたことを破るんですか?
賭博がなぜ禁じられてきたか、もっと重く受け止めてもらいたい。
そこで新たにカジノを作るとは
自民は朝敵だろ

599 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:45:19.11 ID:GQ7cVnJQ
>>598
ここは文芸誌スレです。スレ違いではないですか?

600 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 21:48:43.99 ID:VNCZ2yz4
>>599
じゃあなんで文学板に
朝日】 アサヒるって何?5 【テレ朝・NHK・TBS
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1479741701/
こんなスレがあるんですか?スレ違いではないですか?

601 :記憶喪失した男& ◆WSFRN7wyiQ :2016/12/02(金) 21:55:33.25 ID:8Q31h5Vl
>>597 いいよ。

602 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 22:01:04.70 ID:zV/Zizno
記憶の感想って本当に内容がないな
円城が意図的に文章を入れ替えるプログラムをつくって物語を書く実験をしているのはインタビューで明らかになっているし
そうした明確なアルゴリズムを多くの作家は無意識にではなく明確に意識して書いている
ワナビーをやったことがあるならこれくらいわかってなきゃおかしい
他の作家をアルゴリズムがないと貶しておいて円城をageる感想はこれで破綻する

603 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 22:01:22.06 ID:GQ7cVnJQ
>>601
サンクス。

604 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 22:02:16.42 ID:GyB5g4+3
れつだんの感想も中身がないよね

605 :吾輩は名無しである:2016/12/02(金) 22:08:55.50 ID:GQ7cVnJQ
れつだん、感想上手になってきてたよ。

606 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 03:04:43.61 ID:92YavdEg
>>588
結局何が言いたいのかわからない
それのどこが傑作なんだ?

607 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 03:10:34.06 ID:MYZWJCa8
つまり道化師の蝶は読む価値が無い、と言っているようにしか聞こえない

608 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 08:44:58.90 ID:US1cmX8D
幸運

609 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 09:02:44.46 ID:I39vGxKI
>これを理解できない読書家など文学はやめてしまった方がよい。

小説の性別も理解できない奴のいうことかよwwwwwwwwwwwwwブーメランだろがwwwwwwwwwww

610 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 09:29:59.63 ID:ledG5MMA
自民議員がカジノ法案審議中に突然「般若心経」唱え出して

自民党の谷川弥一衆院議員(75)=長崎3区=が11月30日に衆院内閣委員会で行われた「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」
(通称カジノ解禁法案)の質疑中に、突然「般若心経」を唱え出してその解釈を語り出していたことが2日、分かった。

 同法案の「負の部分」としてハマった人が言い訳をすることへの対抗として「宗教」を挙げ、般若心経を唱えて
そして読経を終えると、般若心経の解釈について説明を展開していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000161-sph-soci

611 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 10:45:06.19 ID:hEUzWplD
>>576
服部のは、狩猟親子とオレオレ詐欺やってる男たちが出てくる話。
オレオレが仲間割れで人を殺して山に捨てに行って狩猟親子と出会って…みたいな話。鹿の解体シーンは生々しかったけど、あとは先が読める展開だから、読んでいても楽しさはない。息子が都合よく書かれすぎな気がする。

612 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 13:34:28.57 ID:hQirYq++
>>611
では芥川賞候補入りは難しいか。

613 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 14:00:56.65 ID:RzLppJ8E
服部って有名な登山家なの?
だったら有名人枠で候補になるかもね。

614 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 16:46:28.44 ID:hQirYq++
でも服部の、図書館で借りて読んでみるわ。

615 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/03(土) 17:06:16.72 ID:FyMloQat
文芸誌2017年1月号(新年号)暫定まとめver.2
・『新潮』
新作一挙掲載 上田岳弘「塔と重力」
尾崎真理子「情熱か受難か 谷川俊太郎」(評伝)
・『群像』
長嶋有 長編一挙掲載「もう生まれたくない」
大特集:50人が考える「美しい日本語」 野間賞、野間新人賞発表
・『文学界』
新年創作特集|対談:筒井康隆×都甲幸治(東大イベント再録)
吉村萬壱「生ゴミ」|長嶋有「Mr.セメントによろしく」
・『すばる』
吉村萬壱「沼」

616 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 20:10:10.47 ID:hQirYq++
>上田岳弘「塔と重力」

「双塔」の長編バージョンじゃね?

617 :吾輩は名無しである:2016/12/03(土) 20:45:05.43 ID:wV0eggOJ
>>616
やっぱりそう思うよね
>>571でも指摘されてたけど

618 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 01:18:38.22 ID:KTlQGp7r
そういえば上田が日経のプロムナードという連載コラムで
自分の作品がマンネリと言われる事に対して書いてたな
まさか本人の耳まで届いてるとは思わなかった

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO05773030W6A800C1NZ1P00/

619 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 02:35:54.20 ID:DhcCBPth
マンネリやめない宣言はいいのだが、このままだとジリ貧なのでは

620 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 06:49:49.96 ID:/XAdqLH3
2ch管理人のバイトをしてる人たちは才能のない売れないライターたちです

人数は400人ぐらいです

2chは人がほとんどいないんです

2chの書き込みのほとんどは、2ch管理人のバイトをしてる才能のない売れないライターたちの書き込みなんです

このライターたちはおそらく、ひろゆきの部下的な立場だと思われるので、ニコニコ、週刊プレイボーイなどの周辺にいる人たちだろうと推測できる


■そして2ch管理人はハッキングとストーカーの犯罪をしてます。ハッキングは普通にしてます。自宅やネカフェへのストーカーはたまにしてます。

■2chは誰がどのスレを見てるかリアルタイムで分かるようになってます。書き込みをしなくても見てるだけで2ch管理人に、どこを見てるかリアルタイムで分かるようになってます。

ここが重要
これは犯罪です

621 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 06:59:55.57 ID:aJXfnrBp
上田はわざとマンネリしてるのかと思った。
何書いても、肉の海スープ出してくるやんけ。
オハコのつもりにしか見えない。

622 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 12:20:18.97 ID:NAmCdVsi
上田さんには1000枚の長編を書いて欲しい。
そんでピンチョン(笑)ぐらいに成長して欲しい。

623 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 17:09:55.13 ID:PqZ0YYP6
高校の時に友人が面白いからと貸してくれた小説と、十五年ぶりに再会しました。
絶版だし中古はなかなかないしで、ようやっと入手しました。
作者氏はもう作家業を引退しているそうです。

https://twitter.com/retsudan1986/status/805309864947814400

624 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 18:56:02.79 ID:XgvyCSCm
引退してねーしwww
https://www.amazon.co.jp//dp/B00VLMRYQO/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1480845103&sr=1-1

625 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 22:14:43.38 ID:aJXfnrBp
上田は苦手だけど、「双塔」だけは良かった。
その長編バージョンだったら図書館で借りて読んでいいや。

626 :吾輩は名無しである:2016/12/04(日) 22:20:03.35 ID:aJXfnrBp
「野性時代」といえば、大沢在昌が「売れる作家の全技術」を連載してた時があって、
そこだけ立ち読みしてたな。
「純文学は絵に例えると、水墨画です」と言ってて微妙に思った。
ぼや〜としてるってことかね?
確かに文芸誌掲載創作は、設定のはっきりしてないぼや〜とした曖昧な描写が粋みたいな風潮がある。
主語をボカし、名前もボカし、かなり枚数が進んでから少しは明らかにするなど、他。

627 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 01:54:01.89 ID:4WWbmR6K
水墨画という喩えは、エンタメの要素が少ないという意味では?
大沢には明らかに、表現を曖昧にしようという意図があったことは確かだろうが。

628 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 06:15:08.97 ID:HKHn/REj
>>618

ん?どこに書いてある?
スマホだと見れない記事かな?

上田のしゃべりはおもしろいから結構好き。

629 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/05(月) 06:20:16.80 ID:k2PxHX4r
>>628
PCでググってみたら色々書いてるみたいだけど、
会員登録しないと見れないみたい。

630 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/05(月) 06:22:55.33 ID:k2PxHX4r
マンネリズム 上田岳弘

これまでに4つの中編を発表した。「やっぱりデビュー作の『太陽』が一番だよね」
「いや『惑星』が斬新でしょ」「洗練という意味では『私の恋人』だね」
「『異郷の友人』で初めて読み通せたよ」「やめちまえ、このマンネリ野郎」等々の
感想をいただいた。嬉(うれ)しくなったり、あんまりじゃないかと憤慨したりしつつ、
人からの評価を気にしすぎてはいけないと身を引き締める。
しかし、自分の本を読んでくれた人からの感想の概…(こっからは登録しないと無理)
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05773030W6A800C1NZ1P00/

631 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 06:44:25.79 ID:sLEjB4oT
会員登録すれば無料で月10本まで記事が読めるよ。

632 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 06:45:25.85 ID:mA3Fca2P
野性時代、2012年5月号だけ買って積みあがった本の下の方にあったw
「星新一に学ぶショートショートの作法」特集目当てで買って読まずじまいw
気になる人はポチったらいい。

大沢在昌が「売れる作家の全技術」第11回も載ってて、そこを読み返した。
いいと思った箇所。

・情報を血肉にする。

・追体験させるにはどうしたらいいか。
 数字やデータや状況描写だけでな何か、人の心を揺さぶるものを書く。

・読者が小説を読むということは、理解をしたいということ。

633 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 06:46:33.53 ID:mA3Fca2P
まあ言うは簡単、行うは難しいんだろうけどね。

634 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/05(月) 19:00:17.33 ID:k2PxHX4r
Amazonに文学界1月号のラインナップが来てたよ。

▼筒井康隆ロングインタビュー 創作の秘術を明かす(聞き手・都甲幸治)
▼柄谷行人×佐藤優 111年目の坂口安吾
▼亀山郁夫×中村文則 ドストエフスキーと「悪」
▼新年 小説の饗宴
曽野綾子「最後の一人」/三木卓「寝台自動車」/保坂和志「猫がこなくなった」/
青来有一「小指が燃える」/松浦寿輝「ポリンスキー監督の謎あるいは……」/
吉村萬壱「生ゴミ」/長嶋有「Mr.セメントによろしく」/いしいしんじ「旅館一海」/
松尾スズキ「ものまねのある風景」

635 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 22:55:45.41 ID:mA3Fca2P
>>634
ベテラン勢すぎて興味をそそられんわ。

636 :吾輩は名無しである:2016/12/05(月) 23:36:16.57 ID:pt8WMSMD
聞き手が都甲幸治というのはすごいな

637 :吾輩は名無しである:2016/12/06(火) 00:08:49.98 ID:doAAHFYq
月評で三田文学の短編2本が評価高かったから買った。
目取間俊「露」を読んだけど、クライマックスのいいところで沖縄弁語りになって解読不能に……。
他の短編も読み始めたけど、半径数メートルの話でつまらん。
月評様はいつから評価が甘くなったんだ。

638 :吾輩は名無しである:2016/12/06(火) 06:35:57.41 ID:doAAHFYq
すばるが表紙とラインナップをHPでUPしている。
綿矢りさと高橋弘希が創作を書いてるな。

639 :吾輩は名無しである:2016/12/06(火) 08:51:04.47 ID:Haepft0B
>>638

綿矢の、タイトル見ただけでまたやばそうな感じだなw
全体的に新潮や文学界と作家がかぶるね。
同じ人ばかりでつまらん。。。

640 :吾輩は名無しである:2016/12/06(火) 18:35:05.12 ID:doAAHFYq
群像はHPでラインナップをUPし、
新潮はツイッタでUPした。

本屋ですばるパラ見して、綿矢と高橋のページ数が多目だったら買う。

641 :アイ:2016/12/06(火) 19:16:20.01 ID:JwBWTnhh
【速報】小池百合子支援の7人、自民党が除名処分!さよなら

自民党東京都連会長の下村博文幹事長代行は6日、党本部で記者団に

先の都知事選で党方針に反して小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区の区議7人を同日付で除名したと明らかにした。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6223265

おもしれー内ゲバだな
小池百合子も小池百合子に投票したやつも
ただ自民党内で内ゲバおこしただけやん
まあ一番ゴミなのは自民党なんだけど
小池フィーバーを利用して
んでそろそろだなって落ち着いてきたら除名
最低の悪魔だよ
利用して利用しおわったらポイ捨て
まあこれが自民党だわな

642 :吾輩は名無しである:2016/12/06(火) 19:26:21.58 ID:doAAHFYq
アイさん誤爆ですか?

643 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/06(火) 19:26:46.04 ID:24ihIYge
新潮、阿部和重の新作がちょっと気になる。

644 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/06(火) 19:29:09.15 ID:24ihIYge
>>642
(それとは別人。政治スレ乱立してる人だ、下げた方がいい。)

645 :アイ:2016/12/06(火) 19:34:54.08 ID:JwBWTnhh
>>644
だまれ在日

646 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 03:04:36.54 ID:IZC6ADUL
>>638
すばるも小すばと一緒で、若返りを目指してるのかも。海外文学のページがなくなってしまう?のが寂しい。

647 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 03:09:11.79 ID:IZC6ADUL
>>640
ちなみに高橋弘希だけ立ち読みしてきた。
ストーリー的には特別おもしろさはない。
ただ、やっぱり彼は死の香りを描くのがすごく上手い。

648 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 06:23:56.04 ID:nlEYSLT0
ぽくぽく

649 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 06:48:52.74 ID:nLNJLLWT
>>641
君のレスが文学と、どのように関わってるのか、説明してくれませんか?

650 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 07:06:03.68 ID:ucrb4/8J
>>647
10ページ前後の短編なのかな?
今日、見てくるけど。

651 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 07:07:57.69 ID:ucrb4/8J
>>649
その人は無視の方向で

652 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 09:59:10.50 ID:IZC6ADUL
>>650
高橋くんのは16ページ。綿矢りさのも短そうだったよ。

653 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 10:02:21.30 ID:IZC6ADUL
群像の合評、舞城と服部、加藤の作品を取り上げ。
服部と加藤のはいまいちな扱いされてた。(舞城のとこは読んでない)服部の作品は読んでいたので言いたいことなんかわかるよ、と思った。

654 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 10:06:04.50 ID:IZC6ADUL
>>625
ぺらぺらめくってみたら、東京タワーとスカイツリーの文字が。

上田の250枚は読むのつらそうだから、誰か読んだら感想よろ。

上田ファンの方よろしく。

655 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 10:11:24.25 ID:IZC6ADUL
↑ごめん230枚だった。

656 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 10:12:49.04 ID:IZC6ADUL
文學界だけ買ったので、またあとで、内容書くね。

657 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 11:50:41.00 ID:IZC6ADUL
というわけで、文學界なんだけど、月評様だけ読んだ。
お二人とも今回までで担当終了なんですね。お疲れ様でした。次は誰がやるんだろ。
下半期ベスト5にお二人とも野良ビトをあげていてくれて嬉しかった。 芥川賞候補になるといいな。

658 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 11:53:18.67 ID:IZC6ADUL
ついでに月評様も>>653と同じく服部、加藤とも評価低かった。加藤のは村上春樹風らしい。
読む気ないので誰か読んだら感想よろ。

659 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 12:13:57.58 ID:IZC6ADUL
コンビニ人間50万部いったんだ。すごいね。

660 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/07(水) 13:51:30.38 ID:ZQ5MIMpH
文學界1月号を少しだけ読んだ。
筒井康隆インタビューがけっこう刺激的で面白かった。
だかしかし、どう面白かったか要約するのは難しいので、具体的な雑感は
伏せておくね。

次号は松浦理英子の新作長編が載る模様。

661 :May ◆gnhRUgKoeR6v :2016/12/07(水) 14:01:20.87 ID:ZQ5MIMpH
新潮、阿部和重が久々に書いてるから(評論のぞく)、どんなんだろうと
書店で見てみたらポケモンGOについてのエッセイだったから
拍子抜けしたよ。なんだ、小説じゃないのか........orz

662 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 15:33:32.04 ID:ynSwAMFH
在日かよ

663 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 18:49:06.23 ID:+Cm/TBhn
コンビニ人間
文庫はいつ出ますか

664 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 18:52:48.32 ID:+Cm/TBhn
又吉のツイッター死んでますね

665 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 18:54:05.68 ID:ZQ5MIMpH
>>663
とうぶん先になると思われる。火花がまだなってない位だし。

666 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 18:56:43.66 ID:+Cm/TBhn
そうですか、わかりました

667 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 19:43:18.82 ID:ucrb4/8J
>>654
ではやはり「双塔」の長編バージョンなんだな。
「双塔」面白かったから図書館で借りて読んでみようかな。

668 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 19:44:48.15 ID:ucrb4/8J
今月は無理に買わなくてもいいやと思うものばかり。

669 :吾輩は名無しである:2016/12/07(水) 23:12:37.64 ID:fif9o76n
新潮の紙質変わったな。
前の方が良かった。
上田岳弘さんは芥川賞の候補に入るだろうな。

670 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 08:10:04.80 ID:Z6H6VASB
新潮は経費削減か。

671 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 11:00:17.24 ID:yljKaG2F
芥川賞とれるかもポイント2016下半期(5点以上)

1ポイント
○芥川賞または直木賞候補経験者○新聞&週刊読書人の月評対象作(ただし公募新人賞作品は2分の1ポイント)○群像合評対象作○文學界新人小説月評担当、石川、木村の上半期ベスト5作品○文學界にて発表作
※除く、デビュー26年以上の作家、300枚以上の作品

点候朝読毎産東群週石木文
数補日売日経京像刊川村學
9○○○○○×○○○×○宮内悠介「カブールの園」文学界10月号
7○○○×○○○××○×山下澄人「しんせかい」新潮7月号
7○○○○××○○○××高橋弘希「スイミングスクール」新潮8月号
6××○××○○○○○×木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」新潮8月号
6×○○○×○○○×××服部文祥「息子と狩猟に」新潮12月号
5○×○××○○×××○加藤秀行「キャピタル」文學界12月号

672 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 17:35:54.13 ID:PRZO5lDn
>>671
おお、集計乙です! この表、マジで凄い。
カブールがトップか。穫ってほしいな。

673 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:23:09.11 ID:Z6H6VASB
>>671
乙!サンクス!
宮下は恐らく取るかもな。
あとはW受賞があるか、あるとしたらどれかだな。

674 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:24:10.85 ID:Z6H6VASB
新潮の本文も藁半紙になった(笑)

675 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:40:35.22 ID:PRZO5lDn
文学界1月号、三木卓の短篇「寝台自動車」を読んだ。
物語性を求める人には合わないだろう。
冒頭に仕掛けがあるのが好印象だった。ネタバレは避けるけれど
なるほど、そうくるかー、と。

一言で言うと、感染症にかかった作者の入院のことを描いた私小説だ。
すごく淡々とした地味な話。けど、そのまどろんでいるような素朴な語りに加え、
行間からうかがえる終末的な感覚が何とも心地よかったよ。
>「もう、おしまいらしい。そういう日が近く来るとずっと思ってきた。
<その時>はもうじきだが、しかし今日ではない。医師にいわれても、その気分は同じである。
今日ではなく明日以降に実現するが、今すぐではない」
という一文が染みた。理由は伏せる(笑)
『震える舌』以外の作品も読んでみたいな、と。三木卓の文章は妙に合う。

676 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:41:05.57 ID:XA2ryP3+
長良タソが入ってない、やり直し

677 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:47:08.13 ID:Z6H6VASB
>>675
感想乙です。

678 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:50:06.52 ID:Z6H6VASB
山下はもうないと思う。高橋は玄人向けすぎる。
消去法でいくと、宮内と木村のWかな。

679 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:56:32.52 ID:WLMKGyMF
俺の予想的中驀進中だわなww

680 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 19:57:37.51 ID:Z6H6VASB
Aは宮内の単独受賞を予想するの?

681 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 20:57:53.86 ID:ou3raAo9
舞城のトロフィーワイフはどうだろう。候補くるかな。

682 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 21:31:43.65 ID:J6CaFeH6
候補くると思う!
https://www.youtube.com/watch?v=QrOo8yYJp9g

683 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 23:03:13.26 ID:ZpBsrdH4
木村は仮に候補になっても、受賞はないだろう。
本人は切迫した思いで書いてるんだろうけど、
左翼界隈の中でもさらに一部の人間にしか受け入れられない直接的で感傷的な内容は付いていけないよ。
群像で野間新の候補になった木村の別作品の選評出てたけど、保坂が痛烈に批判してた。
もちろん保坂はリベラル寄りだけど、そういう人にすら受け入れてもらえない。
同じくリベラルの島田も源一郎も多和田も支持をせず、支持したのは星野だけっていうね。
(見る目はなくても、星野は作品をうまくディストピア小説として昇華させる実力はあるからまあいい)

684 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 23:13:04.98 ID:ZpBsrdH4
俺の中では、木村は百田尚樹の左翼バージョンとしか思えない。
仮想敵を小説の中の都合のいいガジェットとして動かし、
趣味の悪い戯画化で強調する様なんかは百田のカエルの楽園と一緒。

685 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 23:33:55.16 ID:Z6H6VASB
野良ビトの中で猫が虐められるから保坂は好きじゃないだろう。

686 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 23:39:11.30 ID:yljKaG2F
>>676

>長良タソが入ってない、やり直し

4点以上作品まで拡張バージョン。ご参考までに。

芥川賞とれるかもポイント2016下半期ベスト10

1ポイント
○芥川賞または直木賞候補経験者○新聞&週刊読書人の月評対象作(ただし公募新人賞作品は2分の1ポイント)○群像合評対象作○文學界新人小説月評担当、石川、木村の上半期ベスト5作品○文學界にて発表作
※除く、デビュー26年以上の作家、300枚以上の作品

点候朝読毎産東群週石木文
数補日売日経京像刊川村學
9○○○○○×○○○×○宮内悠介「カブールの園」文学界10月号
7○○○×○○○××○×山下澄人「しんせかい」新潮7月号
7○○○○××○○○××高橋弘希「スイミングスクール」新潮8月号
6××○××○○○○○×木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」新潮8月号
6×○○○×○○○×××服部文祥「息子と狩猟に」新潮12月号
5○×○××○○×××○加藤秀行「キャピタル」文學界12月号
4××○××○○○×××乗代雄介「本物の読書家」群像9月号
4○×○×××○○×××高尾長良「みずち」新潮9月号
4××○○××○×××○小山内恵美子「御堂の島」文學界9月号
4○××××○×○×○×舞城王太郎「Would You Please Just Stop Making Sense?」新潮9月号

687 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 23:43:21.19 ID:Z6H6VASB
>>686
おおー、サンクス!乙です!
舞城のはトロフィーワイフよりWould You Please Just Stop Making Sense?の方が可能性あるのか。

688 :吾輩は名無しである:2016/12/08(木) 23:46:36.53 ID:Z6H6VASB
服部文祥の「息子と狩猟に」は出来がいいよ。

岡本学の「再起動」は今回無理か。

689 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 06:26:51.18 ID:IeSgnYsa
ありいがとなああ

690 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 07:05:50.46 ID:xpNL+NlD
どこのなまり?

691 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 09:41:26.40 ID:GHyd9/83
舞城は新潮のより群像のワイフのほうがおもしろい。
新潮のはあまりにつまらなすぎ。

ラストで候補になるかもな。まあ覆面のままなら受賞はないが。

692 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 20:20:40.35 ID:1l6/dBky
舞城はこれまで4回候補になってるな。
たしかに候補入りは今回がラストチャンスになりそうだ。
6回目でとったの、これまで1人しか居ないと聞くからね。

693 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 20:23:28.18 ID:lVBoVeYt
>>688
服部さん本の雑誌にもエッセイ書いてたな。

694 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 20:27:02.06 ID:xpNL+NlD
舞城の新潮に載ってたやつは数ページ読んで挫折した。

695 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 20:46:23.93 ID:lVBoVeYt
>>694
俺も(笑)

696 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 20:56:24.62 ID:JUqJWKtY
舞城はデビュー作しか読んでないので推理小説家かと思ってた
他の作品は純文学的な感じなんか

697 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:05:17.35 ID:1l6/dBky
デビュー作以外なら芥川候補に選ばれた「好き好き大好き超愛してる」は
読んだことあるよ。
まあまあ面白かったけど、そんなに純文学的な感じはしなかった。

純文誌にけっこう書いてて、三島賞貰ったり芥川賞候補に選ばれたりしてるから、
文壇からはそこそこ評価されてるんじゃないかな?

698 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:11:32.34 ID:lVBoVeYt
>>696
好き好きははじめて芥川賞候補になったやつだね。俺は結構好きだった。あとは三島賞の阿修羅ガールとか芥川賞候補になったのは読んだよ。
ここ数年のは読むのがつらくなってきて、読んでない。

699 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:16:18.55 ID:j5QJ7GIj
舞城は覆面作家だから無理無理

700 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:17:24.89 ID:WL877jDZ
おまえら長良タンについても語れ
初の平成生まれ受賞になるかもしれないんだぞ

701 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:19:10.98 ID:lVBoVeYt
もともとメフィスト出身だから、異色ではある。最近は珍しくもないけどね。宮内もエンタメからだし。

702 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:21:11.57 ID:lVBoVeYt
>>700
肝心の小説がおもしろくないからなあ。
経歴だけならずば抜けてるけど。

703 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:22:47.46 ID:WL877jDZ
>>702
平成生まれ
京大医学部
20代女子

経歴は確かに完璧だな

704 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:24:05.79 ID:xpNL+NlD
舞城は、新潮2013年1月号掲載短編「Good But Not Same」だけ読んだことがある。
作家の憂鬱を書いていたな。リアルで面白かった。
もしかして私小説かメタフィクションなのかな?と思ったけど、
なにせ覆面作家だからどう解釈したら良いか分からない。

ちなみに、新潮2013年1月号といえば、芥川賞候補作となった戌井昭人「すっぽん心中」、
村田沙耶香の単行本未収録作にして転換点となった短編「生命式」も収録されていて、貴重な号だ。

短編執筆陣は他に、青山七恵、中村文則、前田司郎、西村賢太、津村記久子、その他。
今思えば、豪華な号だった。

705 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:26:06.27 ID:xpNL+NlD
長良タンの「みずち」は個人的には好きだな。
純文学としての佇まいを感じた。

706 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:26:15.15 ID:emGhGpem
>>700
肝心の作品がクッソ面白くないから無理

707 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:27:21.69 ID:emGhGpem
長良をありがたがる精神がわからん
あまりにもつまらんじゃないか

708 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:40:42.76 ID:xpNL+NlD
話題になってるので、過去スレの長良たんの「みずち」感想、再揚するね。
こんな話だと思っていただければ。

685 : 吾輩は名無しである2016/08/08(月) 18:54:42.61

新潮9月号掲載、高尾長良の「みずち」感想

文章自体は読みやすい三人称で美文だ。
病院で事務職に就いている主人公の一井(男)は、若いうちに母親をガンで亡くしている。
母親のことばかり頭にある。妻が妊娠し、その両親にその良い知らせをしにゆくのだが、
唐突に毒づきたくなって、妻の親に「妻の妊娠した日は、計算が合わない」と話す。
すぐに、「嘘です」と訂正するんだけど、何でそんなことを言ってしまったのか謎だ。
(親の若すぎる死から来たストレスがそうさせたのか?)
それ以来、妻は毒を心に宿す。
妻が、言葉で不満を夫に投げるのはよくある光景かもしれないけれど、
一井の妻はそうしない。貯まったお金で般若のお面を買って、夫の前でたまに装着するのでかえって怖い。

一井の母は、生前はカトリックの教会に通っていたが、
母とって、聖書に出てくる蛇は何だったのか?と疑問が投げられている。
恐らくそれがきっかけで、妻と共にその教会に通うようになる。
物語は、たまに教会での教えを挿みつつ進行する。
一井たちの日常と教会での教えはリンクしてなくてちぐはぐしている。一井が、教会での教えに空疎なものを感じているのは伝わってきて、
そこだけは共感できた。
(つづく)

709 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:41:38.07 ID:xpNL+NlD
686 : 吾輩は名無しである2016/08/08(月) 18:55:45.87

(つづき)
ラストで、一井は蛇を見つけて小石を投げる。
親族の死や、空疎な教会、生まれてくる命もある一方で死ぬ命もある不公平など、
さまざまなものへの怒りを表象している。
「みずち」とはなんだろうと思って検索してみた。竜を指すという。人生のどうにもならない状況が主人公にとって竜の象徴なのかなと。
森鴎外の「雁」のラストを彷彿とした。
登場人物たちの心情は綴られていない。
自分は一人称の心情小説として、怒りや絶望をストレートかつ粘っこく綴られたいる方が好みなので、面食らった。
本作は、結果としての行動や象徴から心情を読み取るしかないけど、
作者が意図的にそのようなあり方の小説として表現したのだろう。
ストーリーの筋としては面白くないけど、文学としての風流な佇まいがある。
(以上)

710 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:42:27.42 ID:lVBoVeYt
どの作品も本になってないね?
候補決まってから出すのかな。

711 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:45:55.37 ID:WL877jDZ
>>709
普通に作品も良さそうじゃん!
経歴は申し分ないし
これは長良タンくるで!

712 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:46:52.90 ID:xpNL+NlD
木村の野良ビトは本になったはずだお。
野良ビトやジニのパズルは左翼な方々には物足りないのかもね。

713 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:48:11.55 ID:mRdv75Ax
そういや「あひる」けっこう売れてるみたいね

714 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:52:26.79 ID:lVBoVeYt
>>713
どこも平積みで置いてある。こちあみ文庫版も売れてるみたいだよ。

715 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:52:46.11 ID:xpNL+NlD
芥川賞と関係ないのだけど、大江健三郎の「遅れてきた青年」を尼でポチって今日届いた。
なんだこれ、すごい分厚いぞ。「同時代ゲーム」並に……。
600ページ近くある。面白いんかいな。。

716 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:57:23.72 ID:xpNL+NlD
このスレの芥川賞候補作予想(>>686とほぼ同じだけど)

山下澄人「しんせかい」(新潮7月号)
木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」(新潮8月号)
高橋弘希「スイミングスクール」(新潮8月号)
高尾長良「みずち」(新潮9月号)
乗代雄介「本物の読書家」(群像9月号)
宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)
加藤秀行「キャピタル」(文學界11月号)
岡本学「再起動」(群像11月号)
服部文祥「息子と狩猟に」(新潮12月号)

>>686は次スレのテンプレに貼っていいっすよね。
芥川賞の季節なので。

717 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:59:44.68 ID:j5QJ7GIj
>>711
とりあえず読んでから言え

718 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 21:59:54.84 ID:lVBoVeYt
>>712
11月30日に発売していた…。

719 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 22:03:20.57 ID:xpNL+NlD
野良ビト良かったから木村の他の本も読みたくなったけど、
デビュー作の「海猫ツリー」ななまり言葉バリバリで読みにくいってレスがあった。

720 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 22:08:33.85 ID:lVBoVeYt
>>719
海猫つまんなかったよ。すばる文学賞は基本的に退屈路線だから。
野間新のやつはどうだろ。

721 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 22:12:19.99 ID:lVBoVeYt
>>716
突出したのなくて大混戦だな。候補発表いつ頃だろ。
加藤と山下以外は読んだが。

722 :吾輩は名無しである:2016/12/09(金) 22:15:40.97 ID:xpNL+NlD
木村の「聖地Cs」と「イサの氾濫」を読んでみたい。期待大。

723 :吾輩は名無しである:2016/12/10(土) 09:15:46.57 ID:8ReQfgNg
>「遅れてきた青年」

駄作だろうww俺のは旧版なので500ページだが放置してるわww

724 :吾輩は名無しである:2016/12/10(土) 09:17:49.07 ID:cGSb/4ce
芥川賞下半期の候補作発表は去年が12月21日で、
14年が20日、13年も20日だったから、
今回も20日前後に来るだろうな。

ちなみにそれ以前は1月初旬発表だった様だ。

725 :吾輩は名無しである:2016/12/10(土) 16:40:32.90 ID:JPBwTGId
評論家のための評論しやすい小説ばかり。
狙ってんのかお互い癒着して。革命家も産めない肉体のない言葉、、乾いた言葉を。
去年見たSEALDSの何倍も何倍も薄めた小さなセカイ系とやら。
セカイ系の正体は地球上の規模じゃねえ。
このセカイの小さな島国辺境の、空想されたせ・・か・・い・・やめろ。

726 :吾輩は名無しである:2016/12/10(土) 17:38:11.75 ID:n1obm+7r
>>725
そんなに野良ビトとジニは×っすかw
ジニはともかく野良ビトはまずまずじゃないっすか?w
ちょっとホームレス&猫賛美なのが偏ってるけどw

727 :吾輩は名無しである:2016/12/10(土) 19:05:57.81 ID:n1obm+7r
新潮12月号掲載 服部文祥「息子と狩猟に」読了。

猟をするために父子で山に入って鹿を追うストーリーと、
オレオレ詐欺グループの悶着が交互に平行して進む構成。
クライマックスになるにつれ、二つの物語が少しつづリンクしていき、ついに邂逅し……、という筋。
読みながら、この父子とオレオレ詐欺の犯人は遭遇するのだろうと分かってくる。
どう出会い、何が起きるのかという高揚感を抱きながら読み進められた。
エンタメ風で読ませるだけでなく、重要な問題提起も包含された社会派文学だった。
なぜ猟で獣を打って食べてもいいのに、人間を殺してはいけないのか、そして人間は食べてはいけないのか。
そんな問いを投げている。
ふだん考えたことがないので、え、そういうものじゃん、で思考停止(笑)に陥った。
それを書くなら、もっと哲学的に長々と説得させて既存の価値観を揺さぶって欲しかったけど、そこまでにはいたらず。
どちらかというと、父子の猟の話の方がイメージをつかみやすい。
オレオレ詐欺グループの加藤の幼少時の素朴だった頃の話があって、この人物が気になった。
もっと悪役ヒーローとして活躍させてから、父子との邂逅を迎えても良かった。
金を不正に儲けて、その金はどう使っているのか。
ある週刊誌で過去にオレオレ詐欺をしていたことのある男のインタビューが載ってて読んだことがあるけど、
一晩で風俗に使い果たしていたと話していたな。
金をたくさん貯めている老人たちからふんだくって社会に還元するという善を行っていると、
作中で書かれてあった。彼らなりの考えがあるのだろう。そこをもっと掘り下げて深みをだせば、
さらーっと一回読んだだけで、「ああ面白かった」で終わらなかっただろうに。
せっかくストーリーは読ませるのに、思想が足りないので軽い読み物になってしまっていて惜しい。
中堅、ベテラン勢は、そこらへんをしっかり書く。

728 :吾輩は名無しである:2016/12/10(土) 19:12:34.75 ID:cGSb/4ce
>>727
感想乙です。

729 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 14:27:42.21 ID:3B9jb3kr
保坂の文学界の猫小説ひどいなw
えさだけやって飼い主づら。
こういうひとがいるから近所が迷惑するんだよな。

730 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 19:57:40.96 ID:Gl+E1IXF
>>729
猫キチガイがすぎると気持ち悪いね。

731 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 20:47:57.29 ID:Gl+E1IXF
MONKEY vol.11 ともだちがいない!雑誌– 2017/2/15

内容紹介
2017年の一冊目となるMONKEYは、「ともだちがいない! 」と題した特集をお贈りします。
独りでいることを強みとした作品を収録。
また特集以外では、2月の長篇刊行が発表された村上春樹が、10月にアンデルセン文学賞の受賞式で行なったスピーチの全文(日本語と英語)を本邦初掲載!

CONTENTS

チャールズ・ブコウスキー 訳 柴田元幸
短編「アダルト・ブックストア店員の一日」
詩「カーソン・マッカラーズ」 「俺の電話」

エミリー・ミッチェル
短篇「スマイル・レポート」
短篇「私の娘と彼女の蜘蛛」
村田沙耶香インタビュー 聞き手 柴田元幸
伊藤比呂美インタビュー 聞き手 柴田元幸

リュドミラ・ウリツカヤ
短篇「退役した恋人」 訳 沼野恭子

村上春樹 アンデルセン賞スピーチ
ハンス・クリスチャン・アンデルセン 短篇「影」 訳 菅原克也

732 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 21:40:14.00 ID:HOywA9A8
>>731
ブコウスキーの短篇が面白そう。なんとなくタイトルがw
しかし来年の2月発売予定なのか.......忘れてなかったら買うかも

733 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 22:02:42.47 ID:Gl+E1IXF
リアルで友達いてもうぜえしいらねー。孤独上等!
特集「ともだちがいない!」はそんな俺にぴったりだな。

734 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 22:09:59.18 ID:HOywA9A8
.......すまんね。

735 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 22:30:21.07 ID:HUg+KvaT
上田
木村
加藤
原口
服部

受賞は上田か原口

736 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 22:35:22.89 ID:Gl+E1IXF
原口?

737 :吾輩は名無しである:2016/12/11(日) 23:22:57.55 ID:kRJq4srY
長良タンが居ない、やり直し

738 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 04:16:23.34 ID:qlBcg2Rc
>>733
俺も友達いない。でも無理して人付き合いしてた頃より精神的に楽。本が友達さ。

739 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 04:20:10.03 ID:qlBcg2Rc
>>729
小姑みたいな感想だなwww
まあ確かに飼い猫でもないのにエサだけあげて、家に来なくなった、探せとか身勝手な話ではある。

740 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 06:47:26.38 ID:1wf1tqKC
たしかに保坂には引くものがある。
木村も保坂ほどではないけど猫信者。猫信者同士は反発するのか。
「猫が幸せでない社会は、人間も幸せになれないのです」だもんな。
すべては猫基準。

同じ磁極は反発する。
いや、木村は保坂のことそんなに意識してないかもなw

741 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 06:56:54.96 ID:qlBcg2Rc
>>735
上田のは今月号掲載だから夏の芥川賞候補だな。

742 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 13:37:01.41 ID:5cXzevl7
長良タンと舞城のダブル受賞かな

743 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 14:36:13.50 ID:xrfnXDcZ
ダブル受賞だと本が売れないのではないか

744 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 17:08:01.60 ID:5cXzevl7
そういや長良タンも半覆面作家だよね

745 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 17:12:42.03 ID:3qw5mEOk
長良は顔写真出してるから覆面てわけではないだろ。

746 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:01:21.31 ID:a7+AqKDP
萬壱の文學界の新作読んだ。
小人がたくさん出てくる話。萬壱らしき作家の奇想もので、
まあつまらなくはないが、途中からのグロ描写がえげつなくて不愉快だった

大江をネタにしてる部分もあって、実名出すのは流石にまずい気がしたよ
本人が読んだら(まず、なさそうだが)怒るんじゃね?

747 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:22:50.91 ID:1wf1tqKC
萬壱の短編はハズレが多そう。

748 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:34:30.41 ID:rYD2vwJS
どんなネタなん?

749 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:42:33.41 ID:a7+AqKDP
>>748
床から小人がわらわら出てきてダルいので、ちょうど
そばにあった『大江健三郎 作家自身を語る』のDVDボックスの空ケースに
まとめて入れて......という。
寒がっているようなので電子レンジに(以下略

750 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:42:40.15 ID:1wf1tqKC
小人がたくさん出てくる話だって。

751 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:52:45.29 ID:3qw5mEOk
長嶋と萬壱の今回の文學界の短編はいまいちだったな。

752 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:55:26.96 ID:1wf1tqKC
来月号の文學界の予告、何て書いてあるか教えて頂けませんか?

753 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 18:57:56.23 ID:a7+AqKDP
2月号予告
松浦理英子「最愛の子ども」
孤独で非力な女子高校生3人の作る疑似家族。
それを眺めて楽しむ同級生たち。
異才4年ぶりの新作、230枚一挙掲載!

754 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 19:00:16.38 ID:3qw5mEOk
西村の短編面白かったな。
そのうち矢野氏も登場するのだろうか。

755 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 19:00:34.19 ID:1wf1tqKC
>>753
ありがとう。

756 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 19:02:00.46 ID:1wf1tqKC
>>754
面白そうだな。図書館で読むよ。
矢野氏をぜひ出してほしい(笑)

757 :sage:2016/12/12(月) 19:23:24.45 ID:SuoINh+A
https://www.youtube.com/watch?v=xHx5MbIGEoY

https://www.youtube.com/watch?v=8fPmkq1CkCU

https://www.youtube.com/watch?v=PR6r40GbIfk

758 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 21:22:57.55 ID:1wf1tqKC
名物書店員選!春樹以外でノーベル賞に近い日本人は? R25 12/10(土) 7:09配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161210-00000004-rnijugo-life

日本人では春樹氏以外に「ノーベル文学賞」に近い作家はいないの? 
3人の“名物書店員”に聞いてみると――。

まず、「本屋大賞」の実行委員でもあるオリオン書房ノルテ店(立川)・白川浩介さんが挙げたのは、
なんと石原慎太郎氏。

続いて聞いたのは、こちらも「本屋大賞」実行委員の丸善ラゾーナ川崎店(川崎)・高頭佐和子さん。
彼女が推すのは、詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家として幅広く活動する谷川俊太郎氏。

最後に、岩手県内に9店舗を展開する「さわや書店」(盛岡)で 数多くのイベントを仕掛けてきた栗澤順一さん。
彼は高橋克彦氏に期待したいと言う。

他にも、「ノーベル文学賞に近いかも?」という作家として、
『薬指の標本』がフランスで映画化されるなどヨーロッパでの人気も高い小川洋子氏、
ロックな作風が国境を超える力を持つという古川日出男氏らの名前が挙がった。

759 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 21:47:45.45 ID:rYD2vwJS
春樹以外なら多和田洋子しかいねえよ

760 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 21:58:42.15 ID:1wf1tqKC
春樹はスラスラ読める影で難解な謎がたくさんちりばめられている。
(石原千秋の「謎解き村上春樹」をパラ見して圧倒された)
それでノーベル賞逃すのかな?

761 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 22:11:10.55 ID:rYD2vwJS
あ、多和田葉子だっあ

762 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 22:11:31.65 ID:rYD2vwJS
ミスタイポばっかだな
もう不貞寝するわ

763 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 22:13:34.12 ID:w0SR2NRc
本屋の店員ほどあてにならんもんはない

764 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 22:13:42.75 ID:1wf1tqKC
どんまい

765 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 22:37:00.76 ID:3bxR9fBI
小川はともかく古川はないだろ

766 :吾輩は名無しである:2016/12/12(月) 23:54:46.83 ID:m+gT/d4t
高橋克彦もないよ
岩手出身で地元だから挙げたのだろうが

767 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 07:18:10.95 ID:8zdYwaHD
R25の記事だからなあ。

768 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 07:26:17.26 ID:aMAwWKhZ
新潮の原 節子「手帖抄」感動したわ ほかの文章がみなゴミに見える

769 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 07:39:05.44 ID:8zdYwaHD
>>768
じゃあ上田の新作読み終わったら読んでみる。

770 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 14:05:14.19 ID:DXzCEiyN
大型書店の小説単行本コーナーの棚で見かける聞いた事も無い著者が聞いた事も無い出版社から
カバー付きで表装も凝った作りの本で3000円くらいの強気価格設定で売ってる本、アレって、
なんなんですか?
ただ、小さな出版社が売れ無い著者の作品で利益を出すためには付加価値を付けて高額で売らないと
利益が出ないから仕方なくやってるんですか?

771 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 15:35:21.07 ID:V/k08yf/
窪塚洋介

相変わらずなんで、言わずもがなだけど、言うね、権力とマスゴミから流れてくる情報は、その全てが俺たちを洗脳するためだよ。
もう本当のことなんて1つもないんじゃないかな。じゃあ何の為に洗脳するの?戦争できる国にしたくてしょーがねーからだよ。
欲まみれのヨダレが垂れてきててホントうぜえな。

https://twitter.com/AMATORECORDZ/status/758967425362567169

窪塚陽介「日本死ねが流行語らしいけど遅いだろ!?だって日本、とっくに死んでんじゃん!笑」


「日本死ね」が流行語らしいけど、遅いだろ!?だってとっくに死んでんじゃん!笑

生きてるのは国民だけだよ。
立ち上がれるのは生きてるやつだけ。

日本政府なんてとっくに死んでただろぅ?

今なんか一目瞭然でこの国の為の政府じゃないじゃん!て説明してる切なさよww

https://twitter.com/AMATORECORDZ/status/807874384593465345

772 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:32:08.80 ID:8zdYwaHD
>>770
分からん。
普通、弱小出版社は絶対赤字出さないように大手よりギラギラしてるはずだけどな。

773 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:34:47.46 ID:ZRGaVh25
>>771
黙れ、この死にぞこない!

774 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:38:50.92 ID:tRrzLcl6
>>773
人にそんなこといえるなんてお前最低だな
死んだ方がいい人間なんていないんだよ

775 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:40:09.93 ID:CLi4VwOr
賢太の「雨滴は続く」二回目読んだ。今回も面白かった。
群像編集者の蓮田に、あまり期待しないでねと言われ、「………」と黙る所がリアル。
二人の微妙な温度差が描けている。
これから、貫多がどういう風に爆発するのか期待(笑)

安定して読める連載/作家があるとほっとするな。

776 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:45:49.08 ID:tRrzLcl6
自民が勝手に自滅したな

「都民ファーストの会」結成=自民除名の区議5人―東京都豊島区

7月の東京都知事選で小池百合子知事を支援したとして自民党都連から除名された豊島区議5人は13日、新会派「都民ファーストの会豊島区議団」の結成届を竹下広美議長に出した。

本橋弘隆区議が幹事長を務める。これに伴い自民党豊島区議団の議席は14人から9人に減る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000108-jij-pol

777 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:47:47.60 ID:4T5WcD8/
水原涼のチャンピオンが候補にならなかったことに疑問を抱きました。筆力も発想力も20代のものとは思えない程だったのに話題にすらならず……

778 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:51:29.23 ID:zCzUg66j
>>777
影媛のほうが不遇だろ

779 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:52:38.31 ID:8zdYwaHD
>>777
書き続けていればそのうち候補になるさ。
俺は前田さんが候補にならないのが不思議だ。

780 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 18:54:02.46 ID:8zdYwaHD
>>775
それも図書館で読むわ。

781 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 19:28:55.29 ID:ftGdLWXf
候補?いつの?

782 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 20:08:14.45 ID:8zdYwaHD
>>781
影媛は152回の候補作だお。
去年の今頃の。

783 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 21:23:48.61 ID:ButkBUxG
カブールの園

1月13日発売。

モロに狙ってんなw

784 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 21:26:17.45 ID:ButkBUxG
高橋のスイミングスクールも1月31日発売。
短冊流し収録らしい。

あとは山下のしんせかいはもう単行本出てるな。

785 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 21:50:25.00 ID:8zdYwaHD
文学界と比べて新潮は太っ腹だね。出世払いだ。

786 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 22:03:16.56 ID:8zdYwaHD
上田君の新作「塔と重力」を読んでる。
SFでなく恋愛小説だな。セクロスシーンがぎょうさんある。
なのに色気がないな。心にズドンと重力が来ない。
でも体操のようではあるけど、セクロスシーン連発のおかげで飽きないで読み通せる。

787 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 22:05:23.98 ID:CkyiCJZC
文學界はカブールイチオシで新潮は数打ちゃ当たる戦法なんじゃないか。群像は候補決まってからみたいな。

788 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 22:16:40.63 ID:8zdYwaHD
この半年間、決死隊を組んだ新潮さんには楽しませてもらったよ。
次期もがんばってほしい。

789 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 22:27:24.55 ID:06RrBlmm
バリバリワッフル

790 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 22:30:02.99 ID:QgAG1s71
このスレに文學界推しが増えたのは東浩紀が新人賞選考委員になったからかなあ
カブールみたいなSFが受賞すればやりやすくなるからなあ

791 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 22:39:17.71 ID:UE+MAkBR
迷子の迷子の在日くんwww
ピースの国籍どこですか?祖国を聞いてもわからないwww
名前を聞いたら二つある
ふぁんふぁん ファビョーん ふぁんふぁん ファビョーんwww
タカってばかりピースくん
日本人ころすため 野党を支持するピースくんwww
わんわん わわん わんわん わわん

792 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:01:31.02 ID:8zdYwaHD
文學界を押してるわけではないんだけどね。
ここ半年で新潮4冊も買ってる。文学界は1冊しか買ってない。
あとは図書館で借りてる。
文学界掲載作は語りやすいのだよ。新潮はつかみどころがない。

野良ビトなんか、面白かったとしかいいようがない。
語る余地を作者が埋めてしまったというか、すべて語ってしまっててな。

793 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:06:47.76 ID:zCzUg66j
>>792
すばるはシカトなんですか!

794 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:07:52.11 ID:OSDiRbzp
カブールそんなにいいの?

795 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:10:27.42 ID:8zdYwaHD
>>793
すばるはここ半年で2冊買ったお。
良ければ絶賛し、悪ければ酷評している。
今月号すばるは、綿矢りさと高橋弘希の短編を読みたい。
けど、それしか読みたいものがないので、来月図書館で借りて読む。
たぶん、感想を書く。

796 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:12:13.17 ID:8zdYwaHD
>>794
評論家や同業者受けしてるな。
このスレではつまらなかったという意見がほとんどだ。

797 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:16:53.97 ID:8zdYwaHD
仕方がないよ。
新潮さんが本妻で、文学界と群像は愛人だからさ。
文藝とすばるは歳の差が親子並に離れてて対象外っつーか。

798 :吾輩は名無しである:2016/12/13(火) 23:46:45.42 ID:5+jcNOTU
>>795
綿矢のは通り魔の話で
高橋のはセクロスする話

799 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 07:56:59.34 ID:W8NxAatE
>>798
情報サンクス!

800 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 08:26:08.63 ID:n2MFsXpN
800

801 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 18:54:32.56 ID:A4c/Rxlc
織田作之助賞、綿矢・木内・桜木といった芥川賞直木賞作家を抑えて
ジニのパズルが受賞。

802 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 19:04:44.16 ID:n2MFsXpN
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/keizaisenryaku/0000383969.html
ほんとだ。ジニ、好きだったから嬉しいな。

U-18の方は13歳の子がとったのか。

803 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 19:38:44.42 ID:u8BkyXhN
>>802
経済戦略局ってなんかすごいネーミングだなw

804 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:02:31.35 ID:W8NxAatE
ジニより綿矢や木村の方が絶対いい。
審査員、見る目ないなw

805 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:32:42.63 ID:ng2JHg2F
>>803
大阪は鶴橋とか色々あるからな

806 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:32:58.30 ID:u8BkyXhN
>>804
木村は候補に入ってないが。

807 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:42:13.99 ID:bHsNjSZg
スイミングスクールが普通に受賞ぽいですね芥川賞は。
んで次の回は上田さんと新潮の新人が対決、と。

808 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:48:29.47 ID:W8NxAatE
上田はどうかな。
震災で好きだった女性が亡くなって、ずっとそれを引きずる男の話で、
上田にしては珍しい恋愛小説だ。
次々と色んな女性と寝るものの、亡くなった女性が忘れられず、
永遠の存在になってるという内容だ。
そのわりには味気ないんだよね。
あと残り20ページはこれから読む。どう盛り上げて風呂敷を畳んでくれるかだけど。

809 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:53:32.33 ID:u8BkyXhN
今月号は対象に入らないでしょう。

810 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 20:56:56.22 ID:W8NxAatE
もちろん、上田は次回の話さ。

811 :吾輩は名無しである:2016/12/14(水) 21:50:12.39 ID:3007LUeE
別に女性の死亡原因が震災である必要はない
村上春樹やそれより昔の堀辰雄の時代からあるありふれた話
ギャッツビーだと女性が死んでいないので
未練がましくパーティーを開き続ける

812 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 01:04:22.51 ID:v1JJRK3+
上田さんは微妙。微妙。

813 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 07:21:06.90 ID:6G62m0CD
>>798
綿矢は読んでないが、高橋のはセックスどころか、青年が年上の女性に淡い恋心みたいなものを
抱いたが失恋した、という話。
S大は埼玉大学だよね。彼も目指していたのかな。

814 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 08:05:57.32 ID:7ZFUYZHh
年上の女性への淡い恋か。いいね、いいね。

815 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 08:39:56.18 ID:KuuTMLGN
文芸:この1年 心を書かぬ『コンビニ人間』 石原千明・早稲田大教授/
リービ作品は現代の最前線 田中和生・法政大教授
http://mainichi.jp/articles/20161212/dde/018/040/073000c

小谷野がベスト10に入っててワロタ

816 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 09:04:11.66 ID:9/COrU/G
>>815
ガラケーで見られないからベスト10貼ってくれると嬉しい。

817 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 09:25:13.43 ID:KuuTMLGN
>>816 おk。
 <石原千秋さんの10選>
李龍徳『報われない人間は永遠に報われない』(河出書房新社)
--今のマウンティングばやりを見事につかまえており、期待している
鴻池留衣「二人組み」(『新潮』11月号)
--欲望される自分に生の証しを感じる人物を書いた。相当な力量。
小谷野敦「細雨」(『文学界』9月号)
--考える人系の私小説。この伝統の火を消したくない。『コンビニ人間』のまるで対極
滝口悠生『死んでいない者』(文芸春秋)--必然を追ってきた近代文学に対して、本作は
生きているのは単に確率と偶然の問題だと読める
崔実『ジニのパズル』(講談社)
--制服(に象徴される種々の抑圧)の残酷さを描く学校小説の先鋭化
中村文則『私の消滅』(文芸春秋)
--心の問題は脳科学に還元されつつある今(略)フロイト的に人間関係の問題に向かっている。
心は人間関係にありというアナクロニズムがいい
蓮實重彦『伯爵夫人』(新潮社)--戦前の男根中心主義(父権制社会を象徴的に言ったもの)を
具体的に描いたのは見事
村田沙耶香『コンビニ人間』(文芸春秋)
--近代文学史に残る画期的作品になるかもしれない。「○○について考える主人公」が
いわゆる純文学を支えてきたが、この主人公はマニュアルに従って働いている時が最も
充実し、考えることを放棄している。自分の空虚さに悩まず「私はコンビニだ」と言っている。
小説はもう心を書かなくなるのか。そのターニングポイントになるのでは。
山崎ナオコーラ『美しい距離』(文芸春秋)--明らかに従来と書き方を変えてきた。
妻を看病する夫を描き、それはまだ一般化されていない。死に際でないと人間は
美しい距離を取れないという逆説がいい。
綿矢りさ『手のひらの京』(新潮社)--観光都市を内側から生活空間として書いた。
ただ、あまりに短い。この3倍は書いてほしい。

818 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 09:38:27.26 ID:KuuTMLGN
(つづき)
<田中和生さんの10選>
絲山秋子『薄情』(新潮社)--鮮やかに現代の群馬を描く。
東京が舞台の作品が多い中、珍しい。作者は登場人物に誠実だ。
川上弘美『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社)--SF的で異様だ。
彼女は日常を描いてきた作家だが、原発事故後、何十万年単位の日常を書く責務を
感じているのでは
桐野夏生『バラカ』(集英社)--震災後の日本が真っ二つに分断されているからこそ、
原発事故以降の表現としてリアリティーがある。原発があるから日本はこうなるという
SF的な小説だ。
崔実『ジニのパズル』(講談社)--日本がいろいろな意味で内向きになっている今、面白い。
日本での学校の場面が非常に鮮やかで、かつて書かれたことがない。
そこに現代史の問題が結びついた。
辻原登『籠の鸚鵡』(新潮社)--内面がなく、悩まない人物がドラマを作っている。それが面白い。
津島佑子『ジャッカ・ドフニ』(集英社)--作者の到達点を示す。言葉を限界まで使っている。
津原泰水『ヒッキーヒッキーシェイク』(幻冬舎)
--文章が強く、引きこもりのイメージが全く変わる。
村田喜代子『焼野まで』(朝日新聞出版)
--原発事故を背景に、がんの放射線治療に行く人物は、作者自身を思わせながら客観的で、
その描き方が美しい距離だと思う。
吉田修一『橋を渡る』(文芸春秋)--『悪人』の頃からそうだが、(地の文を)わざと
書いていないと思う。このまま行くと、日本は未来の子供を搾取する世界になってしまう話だが、
そこに感情移入できること自体がおかしいと読者が感じれば世界が変わる。
作者のそういう言葉の差し出し方に期待
リービ英雄『模範郷』(集英社)--現代文学の最前線だ。エッセー風で私小説的だが
「私」は容(い)れ物に過ぎず、中国語と英語と日本語を架橋する。日本語の領域を広げている。
(以上)

819 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 09:44:25.40 ID:9/COrU/G
>>817
ありがとう。伝統の日を消したくないとかワロタ。

820 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 09:45:27.34 ID:9/COrU/G
伝統の火だったなw

821 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 09:47:35.63 ID:9/COrU/G
手のひらの京は確かに短いよな。もっと長編にすればよかったのに。

822 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 11:40:13.26 ID:6G62m0CD
なんだかんだで新潮新人賞は評価が高いな。
以前の勢いはないけど。

823 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 16:40:30.62 ID:ms4c6NeE
>>818
津原泰水が他の顔ぶれと比べて異質だな
もちろん良い意味で
津原はもっと評価されるべきだと思う

824 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 17:56:12.93 ID:v1JJRK3+
津原はむしろ過大評価されてると思うんだが。。。

825 :吾輩は名無しである:2016/12/15(木) 18:18:02.02 ID:7ZFUYZHh
千秋は新人賞の選考委員より目利きだからなあ。

826 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 01:53:53.98 ID:BL/tEap5
なにも気にしない

827 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 06:33:20.07 ID:iN9d4MSj
上田の「重力と塔」読了。

震災(阪神大震災)で好きだった女性・美希子を亡くし、自身も生き埋めになって助け出された男性・田辺が主人公。
三十代をすぎるまで震災のフラッシュバックに苦しむ。
美希子をいまだ愛しながらも別のセックスパートナー(1号)と寝ている。
一時的に手管にたけた人妻とも関係を続けた。
1号と寝ながらもおせっかいな友人のすすめで美希子の代わりの女性を次々紹介され、10人以上にのぼる。
……という筋で、SFではなかった。
未来を幻視する妄想シーンもあるけど。

上田にしては珍しく、風呂敷を畳んでいたよ(笑)
ネタばれになるのでこれ以上は話さないけど。

828 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 06:40:57.86 ID:NytsQoA3
たたむように編集者に言われたんだろ(笑)

それにしても震災ネタなんてまだやってる作家結構いるんだな。

もうお腹いっぱいだよ。なんだか気が沈むんだよね。

829 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 06:41:19.19 ID:iN9d4MSj
主人公は美希子とは寝たかったのに寝れなかった。
手に入らない人なのでかえって他の目の前の女性たちより存在がのしかかって忘れられない。
永遠の存在であるかのように。そういうのあるよなって、そこだけは共感できた。

前半は田辺は軽く世を渡って時々セクロスもし……って調子で重くなかったけど、
クライマックスになるにつれ震災の苦しみや経験の重力が感じられた。
でも、重すぎたね。そして、軽やかに重力を振り切って未来に生きようとする様は静謐だった。

830 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 07:05:31.18 ID:NytsQoA3
目の前の女性が手に入らないって高橋弘希もそんなの書いてたな。
受験生だからもっと控えめで淡い感じだったけど。

831 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 07:08:04.29 ID:+9YZbLeg
上田も転換期なのわかってるんだろうな。
今のままでは芥川賞もらえないし、仕事も行き詰まると。

832 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 09:04:21.49 ID:bh33XlZ+
>>830
珍しくセクロスもしてたよな

833 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 09:38:02.85 ID:NytsQoA3
>>832
してないで振られてたし。

834 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 14:27:27.00 ID:ztxpaJHo
おおお!俺の大好きな愛国百田尚樹さんがあああ

『海賊とよばれた男』大コケ!! 『永遠の0』から“興収5割減”の惨状

ジャニーズを代表する演技派、V6・岡田准一の主演映画『海賊とよばれた男』(山崎貴監督)が
12月10日に公開初日を迎えた。作家・百田尚樹氏の同名ベストセラー小説が原作とあって、大ヒットが期待されていたが、「出だしから、まったくの期待はずれでした」(配給会社スタッフ)という。

 興行通信社の発表によると、初週の映画ランキングでは、同日公開である『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』と
『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』がそれぞれ1位

百田氏原作の『海賊とよばれた男』関係者は『今回も大ヒット間違いなし』と期待していたといいます」(同)

 しかし、フタを開けてみれば、初週の興収は『永遠の0』の約半分に留まった。

「こんな低空スタートでは、前作越えどころか足元にも及ばない結果になる可能性が高い。
原作が上下巻に渡る大作なだけに、無理やりまとめた感に不満を抱いた客が多かったようです」(同)

 ほかにも、「岡田くんに綾瀬はるか、染谷将太などキャストは豪華なのに、内容が薄くてもったいない」

「岡田くんの演技はさすがだっただけに、脚本が惜しい」といった意見が多く、「原作をもっと生かせる構成にしていれば、今とは違う評価が得られていたかもしれない」(同)との指摘も出ている。

「もう1つ、“殉愛騒動”で、百田氏に不信感を抱く人が増えたというのも、興収が伸び悩んだ原因と考えられるかもしれません。14年に百田氏が手がけた
故・やしきたかじんさんと妻・さくらさんのノンフィクション本『殉愛』(幻冬舎)について

読者ややしきさんの関係者から『一部捏造された内容ではないか』という指摘が噴出し、ネットが大炎上。
百田氏は、多くの人々から疑惑の目を向けられるようになり、アンチが急増したんです。ネット上にも、『百田が嫌いだから、映画は見ない』といった声が散見されています」(同)

 船出したばかりの『海賊とよばれた男』が、早々に沈没しないことを願うばかりだ。

https://www.cyzowoman.com/2016/12/post_123045_1.html

835 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 18:42:33.09 ID:M06pK18M
>>827
読了乙です。
>セックスパートナー(1号)
なんかロボみたいなネーミングセンスだなw

836 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 20:13:47.93 ID:iN9d4MSj
>>835
いや、勝手に俺がつけたあだ名だw

837 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 20:28:43.74 ID:M06pK18M
>>836
wそうだったか

838 :吾輩は名無しである:2016/12/16(金) 23:10:17.37 ID:yIfShVfd
新潮の紙質は1月号だけかわるって知ってた?

839 :P ◆.uKag/vUmY :2016/12/16(金) 23:26:26.54 ID:7YOOkP2A
まじで?

840 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/17(土) 02:10:07.28 ID:iH8jAL2e
芥川賞候補の発表はそろそろかね。

841 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/17(土) 02:12:12.91 ID:iH8jAL2e
>>724
20日前後か、待機。

842 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/17(土) 02:22:22.09 ID:iH8jAL2e
「カブールの園」と「スイミングスクール」はほぼ確定だろ。
この二作から読むわ。

843 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 02:29:50.58 ID:UklPjQs0
>>842
実際、受賞もどっちかだろうな
ダブルもあるかも?

844 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 07:52:47.59 ID:FCB64pj8
木村君の野良ビトは駄目か><

845 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 11:28:20.07 ID:n66/s2yY
>>807
こんな感じかな

846 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 13:21:31.13 ID:ra23UdLO
小説すばるの木下古栗の連載読んできた。
第三回鳥貴族。

面白かったけど、エンタメに行っちゃった感たっぷりで
残念。

847 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 16:19:06.10 ID:FCB64pj8
>>846
第一話は純文ぽかったのにな。

848 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 16:24:11.69 ID:PZY5djUH
純文学と純文学っぽさって同じなのか?

849 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 16:44:32.18 ID:FCB64pj8
文章がうまくてオチがないと純文ぽい気がする。

保坂基準!?(はっ!

850 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 17:18:25.39 ID:FCB64pj8
純文学の定義は曖昧になってきている。

851 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 18:35:26.31 ID:H5prOuWy
るろうにけんしんはブサヨ漫画だ焼き払え!
なにが「拙者!相手が切り掛かってきたからといって拙者も武器持ちやり返したら争いの火種はきりがなく」
バカヤロー
逆刃刀で守れんのか?

852 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 18:37:37.21 ID:5txDROGW
まだセックスの話書いてる作家いるんだ
そろそろノーセックスで人類滅亡させろよ

853 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 18:59:44.04 ID:FCB64pj8
中村文則なんてセックスシーン書きまくってるよ。
教団Xは乱交やらなんやら多過ぎ。

854 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 19:07:16.55 ID:Piydg5YD
いしいしんじ「旅館一海」読了。
とらえどころのない土着幻想(?)的な一人称短篇だった。
衝動的に電車に乗り込んだ主人公の「俺」が海辺の旅館に泊り、
露天風呂の中で謎の美女と何度もまぐわったり、温泉に浸かって考え事に
耽ったり、うまい海の幸を堪能するという筋だ。なんか羨ましいなオイw

微妙に通俗的だけれど、まあ悪くはなかったよ。旅館の奇怪な雰囲気はよく伝わって来る。
こういう不思議なところを訪れてみたいものだ。

855 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 19:21:18.45 ID:FCB64pj8
>>854
噂をすればw

宮下奈都『羊と鋼の森』が映画化、2018年に公開だってね。

856 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 19:30:16.23 ID:Piydg5YD
そういや宮下のデビュー作も単行本化されとったな。

857 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 19:34:58.42 ID:CghcX76U
縫わんばならんは候補きそうだな、って思ってたら本当にきてビックリした
高橋はやっぱり候補か
野良ビトは外れたな

858 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 19:35:24.65 ID:FCB64pj8
「静かな雨」か。今更だな。デビュー当時に本にしてあげれば良かったのに。

859 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 19:48:18.06 ID:FCB64pj8
こういう発表ならあったけど。フライング発表でもあった?釣りか。
候補作発表は月曜じゃないかな。

公益財団法人日本文学振興会
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/media/index.html

•第156回(平成28年下半期)芥川賞・直木賞の選考会は、平成29(2017)年1月19日(木)に行います。
取材のお申し込み等はこちらからお願いします。

860 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 20:06:55.15 ID:lXFto2mU
>>854
あらすじだけだといしいの三浦海岸生活に内田百闢Iなイメージをちょっと取り入れた感じなのかな

861 :吾輩は名無しである:2016/12/17(土) 20:29:08.45 ID:FCB64pj8
年末恒例ミステリランキングが続々発表! 気になる1位は?【文芸書・ベストセラー】
Book Bang 12/17(土) 8:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161217-00523255-bookbang-ent

12月5日〜12月11日のAmazonの文芸書売り上げランキングが発表され、
第1位は米澤穂信さんの青春ミステリ〈古典部〉シリーズの最新作『いまさら翼といわれても』が獲得した。
第2位は年末恒例のランキングムック『このミステリーがすごい!  2017年版』。
第3位は第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの『コンビニ人間』となった。

862 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 05:28:11.88 ID:SyL0CxOf
大佛次郎賞に浅田次郎氏  時事通信 12/18(日) 5:05配信

 第43回大佛次郎賞(朝日新聞社主催)は浅田次郎氏(65)の
「帰郷」(集英社)に決まったと18日付で発表された。
 賞金200万円。贈呈式は2017年1月30日、東京都千代田区の帝国ホテル東京で。

863 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 07:26:59.74 ID:Yrd9NNFe
>>858
佳作だったから本にならなかったんだよ。
ちなみにそのときの受賞作は介護入門w

864 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 08:37:08.39 ID:dfZB04is
新潮1月号の原節子幻の自筆エッセイを読んだ。
品がある。
やっぱ帝国軍人は厳ついな。

865 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 09:38:17.30 ID:1c2YdM2I
>>863
モブノリ、才能はずば抜けてんのに
書かないのもったいないよな

866 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 09:46:52.62 ID:Ti6JOBuB
一応ローペースで書いてはいるみたいだね。
調べた限り、ここ三年の発表作はこんな感じ。
すばる2014年8月号 「中島らもが生きていたなら、山口冨士夫の死と、今もどのように
向き合い続けているのだろうか」(評論)
すばる2015年1月号 「桜井にスターバックスができる日」(掌編)
すばる2016年8月号 「モハメド・アリの言葉を読む」(エッセイ)

867 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 10:22:41.06 ID:1c2YdM2I
>>866
てか単行本、介護入門の一冊しか出してなくね?w

868 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 10:24:41.34 ID:Ti6JOBuB
>>867
一応内田裕也との共著があるっちゃあるw

869 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 12:24:53.95 ID:dfZB04is
「静かな雨」読みてー!

870 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 17:45:33.98 ID:bMeZjnpc
667 名前:(@∀@) 【東電 77.0 %】 ◆ANOSADJXD6 [sage] :2016/12/18(日) 17:02:20.30 ID:Ffp6VnXp
私は、基本的な医療費控除以外のことに関して、国から給付や優遇措置を
受けてますこの先手帳はもらうかもしれませんが。
アレを持ってると映画や展覧会、飛行機が
安くなりますからね♪
収入を失っても税申告はしましたし、国の各種年金、保険も確定次第期末まで
払い込んでいます。信販会社や証券会社の信用等級を落とすような違反や
支払遅延をしたことはこの15年一度もありません。
だから障害者特権使うのは当たり前なのです♪

私は病人で先がありません。定職も、大きな利殖資産もありません。
ですから、自宅や家族の暮らす住宅を担保に入れでもせんかぎり、銀行は
私なんかに一銭だってお金を貸してはくれません
じっさいのところ、私というニンゲンは甘えて生きるしかないのです。

871 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 18:22:31.96 ID:dfZB04is
文學界2016年1月号掲載 三木卓『寝台自動車』感想

主人公は高齢の男性で、敗血症を患っている。それだけでなく、
心臓の中にある金属に菌が付着していて、取り除く必要がある。
取り除けないのなら、心臓を開いて金属ごと取り除かなければならない。
大動脈弁が消耗したので、このまま放置しておくと早晩死ぬことになるというので、
二年前にTAVIという治療を受けた。金属製の装置を脚の大動脈から差し入れて
心臓の弁まで動脈伝いに運ぶ手術である。
――ここまでが男の病状の説明であるが、窮地にいたっていて痛々しい。
男は夢と現実を行ったり来たりしていて、もはや何が現実なのか分かっていない。

必要最低限の感情や情報のみ取り込んだ簡易な文体で紡がれた短編だ。客観的でもある。
どのくらい客観的かというと、作中で作者が説明している。

>窮地に陥っている。どうしてそういうことになるか、実感として切実な気分はわいてこない。

だから大変な試練に遭遇している男の話なのに、負荷なくスラスラ読ませてくる。

872 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 18:23:31.45 ID:dfZB04is
あと、そんなに気に留めるべきエピソードではないのかもしれないけれど、自身があって隣のベッドの老人男性が、
どさっと主人公のからだの上に乗っかってきたシーンはユーモアがあった。
ラノベだとお約束で、美少女が男主人公に降って来て(ぶつかる、道で拾うなど)、二人はうまいこといく。
逆に、美少年が女主人公に……という展開もあり。
けれど純文学作品となると、ナチュラルに老人の上に老人(しかも同性)が降ってくる(笑)と、
個人的にハイな気分になった。
この降ってきた老人は個性的だ。短い短編の脇役なのに強い印象を読者に残す。
食事が終わるとすぐに、「飯はまだか」ととなえる人で、愛嬌がある。
このように、細部のエピソードにまで余念がない。

自分は大病を患って大手術をした経験はないけれど、幾人かの親族や友人知人を見舞ったり看取ったりしてきてはいる。
それらの経験と重ねて読むことができた。
自分が大病を患ったとしても、主人公のように、頑張って体力をつけるように点滴だけでなく固形物を
口から摂取しようという基本的な教訓も含んでいた。

闘病ものは、さいきんよく文芸誌でよく読むようになってきた。今後も増えていくのだろう。
闘病ものの手本となる短編である。
大病を患っていることや、現実と夢を行ったり来たりしていること自体が、夢だったらいいのにな。
同じ状況になったら、「俺、心臓に菌飼ってるんだ」と見舞い客にギャグを飛ばしたいと思った次第である。
(どん引きされるか……)
主人公からしたら窮境だというのに、楽しく読ませていただきました。

以上

873 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 21:23:24.24 ID:Ti6JOBuB
感想乙です。あの老人の挿話はいいよね。
一カ所だけ誤字が。自身→地震

874 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 22:04:43.33 ID:dfZB04is
芥川賞候補作の発表、明日の早朝かな?

875 :吾輩は名無しである:2016/12/18(日) 22:08:47.46 ID:Ti6JOBuB
19日は来月だね。今週の火曜20日、遅くても21日に来ると思う。

876 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 01:54:11.09 ID:PfUzHc24
491 名前:ブルーアイリス ◆1pVQTmlaVU :2016/12/19(月) 00:04:14.42
はい、本人登場です。今、去年購入した「小説を書くための基礎メソッド」
の冒頭を読み返したんだけど、意思と技術、と前書きに書いてあって考える。
意思は自分のスイッチが入れば、強くある。技術は?というと書き慣れていない
からどうも雑になるな、と30枚書いて思う時もある。稚拙とか上手いと、純文学
読んでいる人間に言われても、私は純文学を読む気になれないので、そのあたりの
共通知は持たないまま、読んで面白い小説、面白い中で少し何か考えられる思想を
練り込んで、やっていきたいかな、と思う。

877 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 07:26:49.00 ID:usikrYHY
今日は芥川賞候補作の発表なかったね。

878 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 09:05:04.95 ID:EFmlkwIL
芥川賞候補作品の発表は12月20日(火)ですよ。

879 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 11:48:57.98 ID:fT/ypjnQ
>>876
遂に中島が降臨したのか

880 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 12:52:42.43 ID:EFmlkwIL
文藝次号の予告

李さんと金子さんがコンスタントに書いている。
楽しみだ。


文藝 2017年春季号
雑誌 A5 ● 512ページ
ISBN:978-4-309-97909-0 ● Cコード:
発売日:2017.01.07(予定)
予価1,404円(本体1,300円)

【小説】長編一挙掲載・羽田圭介/佐々木中/李龍徳/金子薫ほか【特別対談】渡辺直己×斎藤美奈子【新連載(論考)】湯川豊【特集】追悼・柳瀬尚紀

881 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 16:27:44.42 ID:YWQu1SuX
>>880
おお、情報トンクス!

羽田の新作が気になるね

882 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 18:20:35.22 ID:usikrYHY
>>880
豪華な号だな。楽しみだ。

883 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 18:34:48.39 ID:anMiRaSj
佐々木中ってまだ小説書いてたのか

884 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 18:35:46.63 ID:mHuQJJlW
正直羽田さんは才能ないような。。。
長編は諦めて川端賞狙った方が良さそう

885 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 18:39:07.51 ID:usikrYHY
そんなに群像で連載してたコンテクスト〜つまらなかったのか?

886 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 21:15:38.48 ID:usikrYHY
犯罪件数とは、社会の不満がある意味で数値化したものだ。
今の日本はかつてないほど格差社会になってるが、なぜ顕著な犯罪増加とならないかわかるか?
様々に理由はあるが、一つはインターネットのお陰だ。
インターネットが、人々の不満のはけ口となっている。
……素晴らしい発明だよ。これによって、社会にはびこる不満は少しであるがガス抜きされている。
……実にありがたい。そう思わないか?
犯罪までは向かわない、ほどよい不満で保たれている。

――教団Xより

887 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 22:10:38.22 ID:anMiRaSj
>>886
てかほんとブンソクってペラペラだよな

888 :吾輩は名無しである:2016/12/19(月) 22:37:46.97 ID:usikrYHY
888

889 :(・x・) ◆JSPf4VvHXo :2016/12/19(月) 23:45:58.00 ID:7t0vBe0D
あのさー、「インターネット」単にって米国がつくったインフラだよね。
インターネット云々の用法が適当すぎる。
現実にはSNSなんて重大なリアルの犯罪の温床でもあるでしょう?

軸見には現実を読み解く能力が致命的に欠けている。
ブンソックの熱心な読者は取り敢えず○○ちゃっていいかも?と思えるよ?

890 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 00:30:25.63 ID:wJx1+nUn
・中村文則➰西加奈子➰又吉直樹➰村田沙耶香

この文壇コミュニティがキモい!知能指数85ぐらいをさまよう作家の繋がり程鬱陶しいものはない!

891 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 04:11:39.77 ID:QDUTDwQ3
>>890
しゃーないじゃん。売れてるヘイトか。君が台頭して欲しい人は誰?

892 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 04:24:46.85 ID:QDUTDwQ3
東電さんとPさんの、レイシズム云々‥‥っていうと乱暴だな、この板におけるスタンスのステイトメント‥これもまた乱暴か、
まーともかく、尻窄みにしないで、次の議論を読んでみたいな。

リアルで会った事もある同士だから、ちゃんちゃんで済ませるし、済ますだろうけど、跳ねるような演出もしてみてよ。

893 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 04:28:17.18 ID:QDUTDwQ3
はい、この話題ヤメます。
って、都合の悪いときに引っ込めるパターンを使うのは見飽きたなー。
たまには鍔迫り合いをせい。

894 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:10:12.72 ID:gA7JI95d
芥川賞候補きたな!

加藤・岸・古川・宮内・山下の5名。

895 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:13:45.52 ID:IIEz53QW
岸政彦とか大穴すぎるwやっぱり本命は宮内か。加藤はものすごい優遇されてるな。

896 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:15:02.92 ID:gA7JI95d
縫わんばってそんなに評価高いのか。
俺は読むのつらかったが。

897 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:18:21.18 ID:IIEz53QW
直木賞のうぶかたは狙ってるなw
話題性バツグンだもんな。

898 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:20:52.57 ID:gA7JI95d
やっぱり新潮と文學界しかないなw

899 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:23:24.31 ID:IIEz53QW
フライデーvs文春で今空気悪いからなw
講談社は意図してはずしてそう。
直木賞でも講談社入ってない。

900 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:23:45.41 ID:gA7JI95d
900

901 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 05:24:53.48 ID:gA7JI95d
>>899
芸能ネタを文芸にまで引っ張らないでほしい。

902 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 06:49:15.26 ID:IIEz53QW
ヤフコメで砂川さん押している人いたな。
ほんと加藤なら砂川さんのほうがいいよ。

903 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 06:50:15.57 ID:gA7JI95d
とりあえずビニール傘を読んでみよう。
95枚じゃ受賞はなさそうだが。

904 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 06:52:36.61 ID:gA7JI95d
例の選評サイトの方、もう欄を作ってあるw

いつも仕事が早いな。お疲れさまです。

905 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:20:56.55 ID:uyMzobBH
■第156回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)

加藤秀行『キャピタル』(文學界12月号)
岸政彦『ビニール傘』(新潮9月号)
古川真人『縫わんばならん』(新潮11月号)
宮内悠介『カブールの園』(文學界10月号)
山下澄人『しんせかい』(新潮7月号)

906 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:22:33.75 ID:uyMzobBH
野良ビトや長良は入らなかったか〜(泣)

907 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:38:56.17 ID:gA7JI95d
>>897
西村賢太が候補になったときは逮捕歴なんて書かれてなかったのにな。
モロに狙ってる感があって嫌だね。
森見も星野が声優やってるアニメ絡みで選ばれたのかな。
売る気満々なのは結構だけど、ゲスさが見えてしらける。

908 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:39:26.66 ID:U96dN0D5
実質宮内と山下の対決になりそうなシフト
文春の希望は宮内受賞だろうな
又吉が受賞したときの作為的な候補選出を彷彿とさせる

909 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:40:31.43 ID:IIEz53QW
>>908
だろうね。

910 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:42:07.96 ID:gA7JI95d
宮下単独か宮下+山下でほぼ決定だな。

911 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:42:59.31 ID:uyMzobBH
高橋君は候補にならなかったか。
まあそれがいい。
無駄に候補になって芥川賞取れる作品を書いた時にチャンスを逃すことになる。
長良もな。

912 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:45:52.69 ID:uyMzobBH
とりあえず俺は山下の「しんせかい」読むわ。
変にいつもみたいに視点スイッチ入っててあざとくないだろうね?

>加藤秀行『キャピタル』(文學界12月号)
>岸政彦『ビニール傘』(新潮9月号)
>古川真人『縫わんばならん』(新潮11月号)

ここらへんはつまらなくて挫折したのばかり。

913 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:50:31.52 ID:gA7JI95d
駄作とまでは言わないけど出来のあまりよくないスイミングスクールで候補にならなくて
よかったよ。もったいない。

914 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:54:36.03 ID:IIEz53QW
カブールでお腹いっぱい。読みたいのないから他はパスだな。

915 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 07:58:11.22 ID:uyMzobBH
野良ビトの人はすばる出身だからなあ。
すばる出身者は芥川賞に弱いのかもな。

916 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:12:14.39 ID:b1xfbD+S
>>915
すばる出身で芥川賞授賞したのって金原ひとみくらいじゃないか
すばる掲載授賞でもたなしんが最後?

917 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/20(火) 08:13:40.23 ID:6YuT5gzC
それにしても「短冊流し」を候補にして「スイミングスクール」を見送るの怪だな。
今回は候補作は六作、久しぶりに七作来るかとも思ったが、わずか五作だったのも個人的にはサプライズだった。

918 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:14:46.45 ID:wJx1+nUn
縫わんばならんはやはり入ったな。あれ大好きや

919 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:20:54.38 ID:gA7JI95d
>>916
一応奥泉光が最終に残ってすばるでデビューはしてる。
あとは辻仁成。

920 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/20(火) 08:21:52.78 ID:6YuT5gzC
あと又吉栄喜ね。

921 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:22:55.11 ID:uyMzobBH
>>917
ポッポの予想を教えてくれよー

>>918
へえ、玄人だな。

922 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:23:01.13 ID:gA7JI95d
ほんとだ。すばるは候補になったのも受賞もたなしんが最後w

923 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:25:18.61 ID:IIEz53QW
>>922
それであのラノベや少女漫画好きの女編集長に変わったからなおさら芥川賞は遠いよ。

924 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:28:10.20 ID:gA7JI95d
山下澄人ってもう50歳なんだ。

925 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:34:19.27 ID:CQnL/Da/
宮内って速筆だよな。
下半期だけで今回の候補作以外にエンタメSF3作品を出版してる。

926 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 08:38:43.24 ID:j9Bp25e4
中身はひどいけどな。
スペース金融道とか最初の章だけ読んで図書館に返したw
買わなくてよかったと思ったよ。

待ち人数多いわりにはすごい早くまわってきたから変だとは思ってはいたが。

927 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 09:05:43.79 ID:9LhVwxen
誰だよ新潮新人賞が勢いなくしたって言ったの

928 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 09:06:15.51 ID:b1xfbD+S
宮内は筒井康隆みたいなエンタメも純文学もSFもいける作家になるのだろうか

929 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 09:07:38.49 ID:j9Bp25e4
>>927
去年の恐竜があまりにもひどかったから仕方ない。

930 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 09:12:42.14 ID:ZDzkY77t
見事に男ばかりだなw

931 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/20(火) 09:40:01.45 ID:6YuT5gzC
>>921
これから読むお。

>>930
全員男は第98回以来29年ぶり。

932 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 09:46:56.38 ID:b1xfbD+S
>>919
もう何年前だよって感じだな
文藝も創作に力いれはじめて一年経ったけど芥川賞に関してはずっと空振りだな
山下澄人の砂漠ダンスが最後?
でもアメトークの読書芸人で光浦が文藝掲載作を紹介しまくって売れてるみたいだしあんまダメージないのかも

933 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 10:08:55.99 ID:j9Bp25e4
文藝は李さんが野間新候補になったし、鳥打ちとかグローバライズがアメトークで
宣伝されてるから、そこそこ売り上げあるんじゃない。
古栗ですら二刷いってたし。

934 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 10:12:51.63 ID:IIEz53QW
すばるは漫画が好調だから、文芸関係はどうでもよさそう。
文藝はやたら押し押しで頑張って売ってる感じはあるよ。

935 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 10:36:53.35 ID:TdH78Ugc
村田の消滅世界も河出だし、
単行本はわりと売れるの出してる。

芥川賞候補にならなくてもガンガン売ろうという姿勢はよいと思う。
あ、河出信者ではないよw

936 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 12:08:09.20 ID:RgPKxKsz
トランプ現象があって、なんか加藤の予感がしなくもないな
宮内は一回目、山下はいつも通りでインパクトがない

937 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 12:41:10.88 ID:7QNAwchn
宮内は人工知能とかネット系で現代を描くのだが、この辺は少し食傷気味だな。
人工知能やネットに現代性があるのは明らかなんだし、もうひと工夫欲しいところ。

938 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 13:26:07.68 ID:X+3slnnl
俺の予想どおりカブールと加藤きたろうがww

939 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 13:27:07.08 ID:X+3slnnl
ハトピッポの予想なんか当たったこともねーもんなww

940 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 13:28:56.88 ID:U96dN0D5
縫わんばならんの古川は平成生まれかと思ったけどギリギリ昭和か
平成生まれ初の芥川賞作家はまだ出てこないな

941 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 13:39:45.64 ID:TclkL66Z
今回は受賞作なしでいい

942 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 13:55:18.74 ID:cg2mOat0
>>938
加藤なんか予想にしてなかったじゃんかよ、A。

943 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 14:10:42.86 ID:Ldwd5DS6
Aって部下の手柄も自分のものにしてそうなタイプだよね。

944 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 15:08:34.40 ID:qzGw8F/p
候補作掲載の文芸誌、図書館で余裕で借りられたw
どんだけ人気ないんだよ、文芸誌w

945 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 15:09:47.97 ID:u78LeM0o
いや、自分の手柄をアピールするけど
周りに見透かされ嫌われるバイトリーダーみたいなもんだろ、Aは

946 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 15:51:26.29 ID:wJx1+nUn
縫わんばならんじゃね?
俺はビニール傘が好きなんだけどあれは短い

947 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 15:52:18.71 ID:ClcMrAKo
ビニール傘読んだけど、特におもしろくはなかった。

これなら野良ビトや再起動のほうがまだおもしろくて読むごたえある。
いい加減有名人枠で無理やり押し込むのやめてほしい。

朝からヤフコメでビニール傘押してるひといたけど、あれ絶対本人か嫁じゃないかと思うw

948 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 16:05:43.36 ID:FuX18Xgj
どれが取っても売れなそう。

949 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 16:11:03.43 ID:1O3huqHS
二人組じゃないのか

950 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 16:12:00.83 ID:DRSCwUE7
950

951 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 16:17:56.58 ID:FuX18Xgj
SFばっかりでつまらん。

952 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 16:18:45.30 ID:DRSCwUE7
ちょっと早いが次スレ
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1482218107/

953 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 16:23:00.22 ID:FuX18Xgj
岸政彦『ビニール傘』(新潮9月号)

岸政彦 龍谷大学教授
「李信恵さんの裁判を支援する会」事務局

しばき隊リンチ事件を知っていた北田暁大 - 岸政彦にも関与の疑惑が浮上
htt p://critic20.exblog.jp/25655070/

954 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 18:55:31.55 ID:uyMzobBH
>>952
乙です!

955 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 18:58:47.16 ID:uyMzobBH
二人組みの方が面白かったけどな。
文学としては縫わねんばの方が上なのか。

956 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 19:01:29.20 ID:uyMzobBH
これから読むポッポや名無しさんたち、感想楽しみにしてるぜ!

957 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:01:05.15 ID:uyMzobBH
「早稲田文学 2016年冬号」
【特集】 快楽の館 La Maison de rendez-vous

篠山紀信インタヴュー 聞き手・市川真人

翻訳 [新訳]快楽の館(抄) アラン・ロブ=グリエ【訳・千葉雅也】

若き妻の日記  一九五七‐一九六二年(抄) カトリーヌ・ロブ=グリエ【訳・解説・堀千晶】

【短篇競作】
藤野可織 眠りの館
墨谷渉 快楽菩薩
高原英理 ブルトンの遺言
樋󠄀口直哉 白と黒のフードコート

958 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:01:44.69 ID:uyMzobBH
つづき
【論考】
椊島啓司 快楽の館へようこそ
斎藤環 フェイクの空間、祝祭の時間
後藤繁雄 快楽の館へようこそ
觀城樓主人 想像の快樂の進歩(再録)
中森明夫 快楽図鑑 快楽の勝利
小谷野敦 快楽と言い訳
壇蜜 快楽を縫いつけて
木下古栗 快楽の舘
丹尾安典 快楽先生水難始末
岸政彦 俺の感情は俺だけのものだ。
大塚英志 濃度の薄い世界
松田青子 インク残量の喜び
藤田貴大 館に行ってきた、快楽の。
亀山郁夫 黒く輝ける直方体の神
山本貴光 失敗は蜜の味——ゲームの快楽について
松浦寿輝 「太陽宮」の魅惑
山田航 回文の快楽
大山顕 快楽のチェルノブイリ
小林エリカ ラジウム・パレス
メレ山メレ子 異能の目を持つ者が、世界を美しくしてくれる
菊地成孔 音楽
金井美恵子 快楽? の? 館って?

959 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:04:11.79 ID:wJx1+nUn
二人組は読みやすいけど欠点も多かった。無駄な学校批判なんかやらずに1人称で書けば候補になってたかもしれないけど。

960 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:21:10.43 ID:uyMzobBH
俺も「受賞作なし」と予想しようかな。
まずは山下の「しんせかい」読んでみるけど。

961 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:23:21.15 ID:o9jcyyJD
しんせかい中身なさすぎw
エンタメ誌に載っていてもいいくらい軽い読み物。
いつまでも芥川賞受賞できないのがよくわかる。

962 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:25:41.19 ID:o9jcyyJD
しんせかいと傘は大阪弁。縫わんばも方言もの。
最近流行ってるのかな。

963 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:25:51.54 ID:uyMzobBH
そうなのか。ではまた無駄死にだな。山下……

964 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 20:28:38.70 ID:uyMzobBH
>>962
方言使いだと無駄に迫力を感じるw

965 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 21:02:39.27 ID:DRSCwUE7
古栗はまた変態的なものを書きそうだな。
あと何気に壇蜜が書いてる(笑)

966 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 21:08:44.98 ID:uyMzobBH
壇蜜、起用されすぎ。

967 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 21:22:17.39 ID:DRSCwUE7
編集から好かれてるんだろうなw

968 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 21:32:12.01 ID:uyMzobBH
お色気作戦w

かくいう俺も、文春から3巻まで出てる「壇蜜日記」読みたい。。
1巻は読んだ。つまらなかったけどな。
なんか気になる。

969 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 21:45:45.64 ID:DRSCwUE7
e-honに新潮と群像の予告が来てた。

・新潮は 舞城王太郎 岸政彦
・群像は 青山七恵短編 はあちゅうデビュー小説

970 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 21:57:34.80 ID:uyMzobBH
はあちゅう知らないな。ググっちゃった(笑)

でもほんとはね、おじちゃん壇蜜の画像に萌えるんだ。

971 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 23:00:02.04 ID:7QNAwchn
はあちゅうデビューしたのか嫌われまくりそう

972 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 23:18:39.03 ID:Ybog0ET+
Twitterで「芥川賞候補」で検索すると岸真彦のことばっかりつぶやかれてる
次に多いのが宮内
山下、加藤、古川はあんまりない

973 :吾輩は名無しである:2016/12/20(火) 23:39:25.74 ID:uyMzobBH
ああ、新潮さんが岸感想をたくさんRTしてたな。

974 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 00:11:20.60 ID:u+iP6Xxh
マジで今回受賞作無しなんじゃね?

975 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 00:25:29.02 ID:DXO6Ww/x
又吉と村田で稼いだから今回受賞作出さなくても良いのだろ。

976 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 00:54:53.08 ID:FMYFV/cw
加藤の候補はレスしてるぜww過去スレ読んでみろ、俺だww俺の手柄を横取りされるほうが多いわなww又吉200万部の予想レスも在日Cに俺だと横取りされそうになったからなww
いまだ奴の予想レスは未確認だからなwww

977 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 01:09:57.32 ID:DXO6Ww/x
そういえばA、加藤が芥川賞取るとはいってないけど候補入りは予想してたな。

978 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 01:18:39.56 ID:DXO6Ww/x
過去スレでなく、このスレ>>144で予想してる。
「来そうだよなww」と断言してるわけではないけど。

>>144
144 : 吾輩は名無しである2016/11/08(火) 18:58:45.39 ID:CXmXOAPp

加藤の新作も候補に来そうだよなww

979 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 05:16:03.99 ID:PvkPBv1d
>>976
そういうところがうっとおしいんだよ。
オレがオレがって他にも予想してたひといたしさ。
超絶上から目線キャラは結構だけど、他のコテも叩かれるから迷惑。

980 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 05:57:35.12 ID:1amM6Ar0
とにかく今回は誰にも受賞して欲しくないな

加藤はもう似たような話しか書かないし飽きた
つまらなくはないんだけど(まあ面白くもない)。

981 :ポッポ ◆jZ7.BdWLyLNS :2016/12/21(水) 06:10:33.28 ID:Jld0UY3p
同意、今回こそ受賞作なしで。
芥川賞作家の量産、安売りはもう勘弁。

982 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 06:38:56.71 ID:YUvpaXou
>つまらなくはないんだけど(まあ面白くもない)。


どの作品もこんなのばっかw
候補作選ぶ人間を変えたほうがいい。

983 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 07:26:19.83 ID:DXO6Ww/x
>>979
>他のコテも叩かれるから迷惑

ほえ?Bはよう分からん。

984 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 07:27:28.45 ID:DXO6Ww/x
今回、受賞作なしには賛成。

985 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 07:39:38.13 ID:88LKrskx
今回宮内が受賞してしまうと次回上田の受賞は可能性が低くなる。
SFが続けて受賞するのはないと思うから。

つまらないなりにやましたあたりが無難に受賞かな。
読みやすさだけは一番。
縫わんばは発行予定もないし、おそらく一般人には売れない。

選考委員10人で1千万。+もろもろの経費を合わせると意地でも受賞作は出すだろう。
受賞作なしという意見には賛成なんだけどね。
もう一年に一回とかでもいいくらいだよ。

でも選考委員と作家と出版社のための賞だからw
としあえず古い体制のまま続くだろう。

986 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 07:40:03.02 ID:DXO6Ww/x
「受賞作なし」で終了したら盛り上がらないな。

987 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 07:43:10.92 ID:DXO6Ww/x
上田の「塔と重力」は珍しく風呂敷を畳んでいるし芥川賞狙いだろう。
セクロスシーンも満載だ。

988 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 10:41:19.76 ID:4Wt08KOe
読売には候補作載らない

989 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 10:47:10.79 ID:n6bfG/im
や、文芸月評のことだろう

990 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:07:31.53 ID:Jzb+cxeP
今号のブルータス面白い。
佐々木敦×中原昌也の対談とかなかなかでした。

991 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:15:26.04 ID:n6bfG/im
>>990
それ気になってたんだ。よし、買うか

992 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:33:26.63 ID:Jzb+cxeP
買ってもいいレベル。まだ全部読んでないけど。

993 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:42:32.28 ID:CUQeKfKi
このスレ144かよwwwwwwww
候補に来そうだよな、は来るだろうの予感を含んでるだろww

994 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:44:22.61 ID:CUQeKfKi
オレがオレがで鬱陶しいならオレを超えるレスでもしてみやゃいいんじゃねーのかwwwノーナシの嫉妬のほうが鬱陶しいwwwwww

995 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:48:53.52 ID:NUcwfxBj
Aのそういうところが嫌で過疎ってるんじゃね。
誰も嫉妬なんかしてないし。
オレを超えるレス?何それ。笑っちゃうよ。

996 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:55:39.51 ID:CUQeKfKi
スーパースターAの予想

153回の又吉の芥川賞を予想し的中
火花の200万部を予想し的中
154回の本谷と文学界候補作のダブルを予想し的中
155回の文学界候補作の受賞を予想し的中
156回のカブールと加藤の候補を予想し的中

この偉大な業績を超えたものは誰もいないわなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
くやしいのうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

997 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:57:13.31 ID:CUQeKfKi
俺のスーパースターぶりにたじろいでアホなレスを書き込めず過疎ることに俺の責任はないからなあwwwww

998 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 11:59:45.29 ID:n6bfG/im
A、元気だな(笑)

とりあえず次スレ
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1482218107/

999 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 12:01:44.10 ID:CUQeKfKi
スーパースターAの的中保留予想もひかえているからなwww

カブールの芥川賞
川端賞の予想

1000 :吾輩は名無しである:2016/12/21(水) 12:02:31.93 ID:Jy+8JM6Q
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 49日 16時間 21分 59秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

246 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)