5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

純文学5誌総合スレ第38巻目 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 22:08:04.58
前スレ
純文学5誌総合スレ第37巻目
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1457326770/

主に「新潮」「群像」「文藝」「文學界」「すばる」に掲載された作品について語るスレです。

「早稲田文学」「三田文学」「江古田文学」
「太宰賞ムック」掲載作品の話題も可です。

新人賞受賞作 芥川賞受賞作を各論で批評することもOKです。
受賞作決定前の候補作の批評は普通に本人・出版社工作員のステマと見做されますから気をつけてください。

文芸誌の話題にとどまらず、新人賞選考委員の評価・クレームなどもOKです。
さらには文学のありかた、これからの文学は、そもそも文学とは? といった総論や大きなテーマも歓迎です。

推奨されていた「まだ見ぬ新人へのエール」は、荒らしが横行しているため基本的にNGとします。
多くの人が理解しうる言葉で書き、有益な議論のできる空間にしましょう。

2 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 22:26:31.74
文芸誌発行部数
http://www.j-magazine.or.jp/index.html

    08年4月〜6月 7〜9月 10〜12月 15年1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
新 潮   11000  9100部  9167部  9067部    9100部 10807部   8740部
文學界   12000  9800部  9800部  19934部   10534部 16667部  10000部
すばる    8000  7000部  7000部  7000部    7000部  9000部 7000部
群 像    8000 7000部  7000部  8000部    7334部  6334部 7000部

3 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 22:36:57.14
文芸 2016年 春季号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B000DZIDA6/

新潮 2016年 04 月号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BVRJ81C/

群像 2016年 04 月号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BCF92JG/

文学界 2016年 04 月号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BVRJ7TA/

すばる 2016年 04 月号 [雑誌]
https://www.amazon.co.jp/dp/B01C349WFO/

早稲田文学 2016年春号 (単行本)
https://www.amazon.co.jp/dp/448099307X/

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03
https://www.amazon.co.jp/dp/4152096055/

4 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 23:12:07.96
前スレ1000で、
「1000ならスレが細々と続きますように」と入力したけど誰かに先を越された(笑)

5 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 23:13:33.48
わるいな

6 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 23:15:36.31
君だったのか。うめてくれてありがとう。

7 :吾輩は名無しである:2016/03/15(火) 23:27:43.03
西村賢太スレにすばる2月号に掲載されてる対談
西村賢太×玉袋筋太郎「師匠を語る」は面白いか聞きにいったらまあまあだという。
読んでみるわ。

8 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 03:57:44.59
>>1
乙です。

9 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 05:42:51.89
おはよう\(^o^)/

10 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 06:01:30.54
おはよう!

11 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 06:08:17.98
おはよう!
早く目が覚めたらからすばる2月号の西村賢太×玉袋筋太郎「師匠を語る」
を読んじゃったよ。
少し頭が冷めてから後でプチ感想でもうpする。

12 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 06:24:49.55
前スレでチェーホフの話題になったけどチェーホフスレがあるんだな。

13 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 06:42:12.75
>>12
ありますよ〜。
ロシア文学のスレ結構あります。

14 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 06:49:18.73
文学版って多様だな。
今度チェーホフスレを読んで来る。

15 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:04:13.86
すばる2月号の西村賢太×玉袋筋太郎「師匠を語る」 感想

西村の仕事量に驚いた。
ひと月で、小説5本・エッセー4本の計230枚は書いてるという。
2015年で、小説は短篇集2冊・編書1出してるけど、それでもぜんぜん食えないんだって。
芥川賞作家でも生活がギリギリでサバイバル。厳しいんだな。

あと、西村のルーツに少し触れることができた。
田中英光がすごい酒豪なので西村もそれを真似して飲むようになり、
特訓して一升瓶飲めるほどになった。憧れから。

何かに傾倒する情熱って良いね。
それがあるから今の西村賢太があるのだから。
くれぐれも藤澤清造の真似して野たれ死にしないで下さい。

16 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:08:45.67
酔っ払って公園で凍死するほど今は寒くないから大丈夫だよ。

17 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:11:58.40
暖冬だからね。変な気候になったものだ。

18 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:13:30.48
そういえばよく道で酔っぱらって寝てる人っているよね。

19 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:15:58.28
酔っ払って早朝の公園のベンチで3時間寝たことならある。

20 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:21:12.80
西村、怒ってテレビのレギュラー番組降りなければ良かったのに。
収入源だったのに。
でもゆずれないものがあったんだろうな。

21 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:30:34.82
>>20
あの番組は安いらしいよ。

22 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:41:18.70
では西村的には降りても惜しくなかったんだな。

23 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:47:53.68
ろくでもない死に方をするのが作家って気がする。

24 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:50:06.68
>>23
らもとか?

25 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:53:17.41
>>24
らももそうだね。ああゾクゾクする(笑

26 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:56:56.56
酔っ払いはらも化心配だよね(苦笑)

27 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 08:58:33.66
でも自分は畳みの上で死にたいんだ(笑

28 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:01:41.96
対談の感想も書いていいんだね。
今度書くよ。

29 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:03:34.89
>>28
楽しみにしてるぜ!

30 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:05:05.74
賢太の対談はきどってなきて読みやすい。
業界ネタばれもしれくれるから嬉しい。

31 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:11:07.93
気取ってる対談て例えば誰?

32 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:21:31.21
>>31
群像の人生の意味特集とか少々(笑)

33 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:22:26.24
すばる2月号の西村賢太×玉袋筋太郎「師匠を語る」 感想
つけたし

業界ネタばれといったら次のコメントも興味深かった。

「文芸の編集者って、ころころ異動するんだよね。――部署そのものが換わるんだよ。
昔はもっとスパンが長かったらしくて、だから作家と編集者がじっくり付き合って、
共同作業のようにして作を生む感じもあったんだろうけど……。
最近では、ようやく少し気心が知れたかなっていうころに編集者が移動になる。
僕、最初の頃は右も左もわからないから、編集者をわりと頼りにしてたんです。
けど、紙切れ一枚で、一年ぐらいですぐ異動でしょう。だんだんとそういうサラリーマンに、
こっちの生殺与奪権みたいなのを無意味に握られてるのが腹立っちゃてね。」

編集者が1年で移動か。
だから一人の作家を長期間に渡って育てられないんだな。
システムの問題だよ。

34 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:32:21.20
新人が見捨てられるのは編集者の引き継ぎがうまくいかないからだと聞いたことがある。

35 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:34:13.08
編集者Aさんは誰々さんのファンでもBさんはその作家の作風嫌い!ってなるかもしれないもんな。

36 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:36:17.80
新しく担当編集になった人もたいへんだよね。
自分の担当作家の作品を全部いちから読まなきゃならないんだろ?
まあそれが仕事といっちゃ仕事だろうけど。
編集者は小説を立て続けに何本も読むの苦ではないだろうし。

でもデビュー時からついてくれてる担当編集者なら、
その作家の作品を随時読んできたという積み重ねがあるけど。
手間が省ける。

37 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:40:19.55
まあコケシ・又吉コンビと、元すばる編集者・新庄耕コンビの例もあるけどね。
異動になった編集者についてくってやつ。

38 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:45:47.70
特に文学界がそういうシステムそうだ。

デビューした作家は担当編集者が変わる前に即効で2〜3作載せなて波に乗っておかないと厳しいな。

39 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:48:11.88
田中さんがエリンギに変わるとき賢太載せてくれるように頼んだらしいね。

40 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:50:08.64
>>37
コケシは又吉ファンだったからまだしも新庄はツイてたよな。小説誌に異動する人ばかりじゃないからな。

41 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:51:13.11
賢太は特別だなー。わかるけど。
おかげで文学界に載ったとき読めるのは嬉しい。

42 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:52:43.83
コケシもすぐ他に異動になっちゃうのかな

43 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:53:02.29
六角堂は名作。

44 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:54:17.82
>>43
そうなんだ。読んでみるよ。

45 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:55:24.92
矢野さんとか編集長クラスは別なのかな。
5年10年やってる人多い気がする。

46 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 09:58:39.39
新潮は編集長変わらないよね。

47 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:01:42.76
>>35
編集部あるあるだろうw

48 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:02:51.34
作家残酷物語だな

49 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:43:10.49
今度は西村が荒らしてクソスレ化かw

50 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:46:16.57
別に荒れてないじゃん。

51 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:49:10.44
西村w

52 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:51:23.50
>>49が荒らしたいだけ。

53 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 10:53:00.22
編集者ネタ投入されて困るのは…。

54 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:12:26.86
無闇に作家や編集者が書き込んでると想像して喜ぶのやめない?それ書いてる本人は面白いんだろうけど、周りの人は不快になるだけだから。

55 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:24:06.71
ごめん言いすぎたかも知んない…

56 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:24:08.54
>>15
>>33の西村対談の感想を投下したのは西村ではないよ。
住人Bだよ(泣)
好意的な感想書くときはコテつけようかな…

57 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:25:57.84
>>54
実際おれ元売れない作家だし似たような人は書き込んでると思います。

58 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:29:13.81
編集者さんはお昼から出勤だしまだ活動してないと思う。

59 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:32:05.03
>>57
それは素晴らしい!作家自身が書き込むなんて想像するだけで不快になるという事が言いたいのではないんですよ。
>>56の例みたいに書く人がいちいちステマと見做されるのを避けなければいけないとしたら、その労力は無駄だし、そのエネルギー別の方向に向けた方が建設的なのではないかという事です。

60 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:34:14.67
この話はやめましょうか。普通に話しましょう。

61 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:35:52.95
>>59
才能ないって分かったから今はまったく書いてないですけどね。
担当編集者も俺の作風は好みじゃないらしく見捨てましたし。
>>47のレスは俺のです。現場の現状です。

62 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:36:54.70
>>60
はい。

63 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:38:14.73
面白いので、どんどん書けばいいと思います^^

64 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:44:48.79
午後は読書するよ。

65 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:45:41.27
どういうジャンルを書いてたの。

66 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 11:51:37.93
>>65
くだらないと思われても無理はない日常ものです。
日常の中のきらめきや発見を切り取りたかったんです。
あんなことレスしちゃったけど見捨てられてとうぜんだったんです。

67 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 12:09:13.82
俺名無しの中島だけど、このスレは俺が潰す。

68 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 13:16:11.46
日常のきらめきや発見って純文学の王道じゃないの?

69 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:00:25.91
だよね

70 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:05:07.75
>>66
タヒとか村田みたいのより、普通のやつが読みたいんだけどね。
流行りじゃないのかな。

71 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:07:31.28
>>54
ネタだから、深く考えないで。

72 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:16:41.36
>>70
いまどきのある文芸誌編集者は日常ものよりSFやFTの混じったエンタメ要素の濃い作風を好むんだよ。
そういう編集者多いんじゃね。

73 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:18:11.98
編集者の好み偏りすぎだろ。

74 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:19:46.24
グランタの感想を見ても、化けたり、異世界へ行ったり、駄々こねたり、
うんざりするようなのばかりで、滝口のが一番まともに見える。
滝口はまだ日常を味わい深く書き切れてないが、変におかしくするより
日常と真面目に向き合って創造性を加味し高尚な文体で書いてくれたら、
受けると思う。
つーか、こういうのが一番難しいのか。

75 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:19:55.04
上田や村田沙耶香押してるの見ると、SFが読みたいんだろうね。

76 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:22:16.82
>>74
滝口の描写のねちっこさには好感がもてるけどな。

77 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:32:06.54
普通なの書いてください。

78 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:39:22.76
いまの文壇では文体や設定の拡張が求められてるんだろうな。

79 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 14:44:35.07
石原が芥川賞の選考委員をしてたとき、今時の作家は風俗を書かないと言っていたらしい。
なら、ずばりニート小説を書くべき。
夏目漱石の「虞美人草」は明治のニート小説で、ヘミングウェイの「日はまた昇る」は、
第一次大戦後のアメリカン・ニート小説なんだよな。
夏目のは饒舌でうんざりするが、ヘミングウェイのほうは寡黙でかっこ良い。
滝口あたりが、アラサー、アラフォーのニート小説を書けばいいのにな。
「日はまた昇る」は、何も起きない、いわゆる、つまらない小説なのだが、
当時の若者ファッションにも影響したみたいだし、おもしろいと思う。
でもな、高校生のころ「虞美人草」を読んで大学受験勉強が嫌になったのを思い出すんだよな。
帝大出て外交官試験浪人で30才近くまで無職かよって絶望したのを覚えてる。

80 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 15:10:00.74
>>79
>ずばりニート小説を書くべき。

いまどきの編集者はニートに共感できないからボツだろう。
でも俺はニート小説を読みたい。

81 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 15:18:35.62
糸山がすでに書いてるらしいよ。
「ニート」って題の小説で。
今度読んでみようかな。

82 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 15:23:40.52
「ニッポニア・ニッポン」はニート小説ですよ。

83 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 15:29:54.19
>>82
それも読んでみるわ

84 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 15:35:54.60
>>83
IP/NN 阿部和重傑作集 (講談社文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4062770407/

85 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 15:54:33.15
>>84
サンクス

86 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 18:32:46.05
グランタ掲載 大前粟生「彼女をバスタブにいれて燃やす」感想

【あらすじ】
彼女がキリン(?)のような生き物に変身してしまう。そんな彼女を殺して
シチューや焼肉にして、食べられないところはバスタブに入れて燃やしてしまう。
ごめんなさいと半わらいしながら新しい彼女をつくろうとおもった、という話。

【感想】
どう反応して良いのやら困惑するしかない、の一言。
もっと普通の作品を読みたい。

これはグランタの公募プロジェクト最優秀作品だ。
選ばれると、グランタに載るだけでなく、英語に翻訳され世界に羽ばたくチャンスがある。
具体的な選評はない。ただ、「作品の完成度や新規性、そして翻訳されても伝わる要素について
話し合った結果、最優秀作を決定しました」とだけある。
選考を担当したのは、若手編集者ら9人。

何が評価されたのか読み取ることはできないけれど、個性的な文体かな?
漢字で書いてもいいようなところをひらがなで書いているのが目立つ。
知能に障害のある男が主人公だとは書いていないが、そうなのかもしれない。
だからそのような文体を選択したのだろう。
ワセブンはそういうの好きだな。
参考に、一部の文章を以下にうpする。

87 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 18:34:20.19
(つづき)
【文章うp】
 汗がとけ、においのなかにべつの液となった。
液は筋肉がふれ、すれ、手ばなしの力が暴力にきしみあう泡となり、
熱の露となって部屋をおおった。
煙霧で目はみえなくなり、セックスの音にかきけされた針はたくさんをきざんだ。
ゆれる体と頭はしびれ、あまくなり、私たちは煙霧そのものであるかのようで、
火がうかんだ瞬間にミカはふかくすい、ふかくはき、部屋は視界をのけものにした。
目いがいの器官がするどくなり、彼女のうぶ毛がふれると濡れた。
煙霧にたらしたたばこでしろくなった部屋。
目をつむっても瞼のうらは漂白される。

88 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 18:34:58.31
以上です。

89 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:02:05.56
これが英文だとせんせいにawkwardとか言われて書き直しになりそうだ

90 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:03:34.92
感想を積極的に投稿してくれる人が増えたのはすごく嬉しい\(^o^)/

91 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:07:50.43
翻訳するとこんな感じ?

Sweat was removed and became the different liquid in a smell.
Muscle fall, and grind the liquid and is the bubble that power of the leaving unfinished creaks for violence,
Of the heat became bare, and covered the room.
I lost my eyesight of the eyes by haze, and the needle lost by a sound of the sexual intercourse ticked away a lot.
We have the shaking body and head numb and become sweet, and we seem to be haze itself,
It was deep, and Micah breathed it at the moment when fire floated and it was deep and wore it, and the room excluded view.
Eyes いがいの organ became sharp and got wet when her downy hair touched it.
The room which became white by the cigarette which I hung down for haze.
The other side of eyelids is bleached even if I close my eyes.

92 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:09:27.70
>>90
君の感想も楽しみにしてるぜ!

93 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:18:26.61
>>91
英語として変

94 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:21:39.08
難しい

95 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:27:23.22
グランタで普通の小説滝口だけ?

海外勢に期待するか。

96 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:27:24.28
酷評さんマダー?

97 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:29:08.02
>>95
朝井リョウと西かなこは飛ばして海外勢のに入った。

98 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:29:08.75
早稲田文学は、怪奇ものが好きなんだな。
ストーリーも文章も。
これが文学ニッチなのかな?

99 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:31:00.60
>>98
だろうな。普通の小説は編集者に人気ない。

100 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:31:34.48
100

101 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:37:47.51
Sweat was removed 汗が取り除かれたという意味になり、第三者の行為
became the different liquid in a smell. 取り除かれた汗が、でなく汗の付着していたものが変化になる smellは抽象名詞で使えない
Muscle fall, 筋肉が落ちて地面に激突した意味になる
grind the liquid 水溜りが落ちた筋肉にかき回される
is the bubble muscleは複数なのか概念なのか矛盾している
that power of the leaving unfinished creaks for violence,
Of the heat became bare, and covered the room. bareは形容詞だし、意味が通らない

なんかいろんな文法無視した詩みたいになっている

102 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:37:57.25
滝口以外は、変なのを書かせれたんだな。
作家さんも苦労してんなw

103 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:40:40.59
文体がホラーでどうする?w

104 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:47:39.99
短編書くのは難しいんだろうね。
作者の力量が残酷なまでに分かってしまう。

105 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:52:11.54
そういや、abさんごも早稲田文学だったよな。
早稲田文学がそうなのか純文学系の編集がそうなのかようわからんが、
日本語の解体を目指してるのかね。新しい日本語文法を創ろうとしてる?
もし、字面の新奇性だけで評価してしまってるとしたら、たぶん編集者はかなり疲れてるなw

106 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 19:54:21.40
若い編集者9人が選んでいるっていうからパワフルでしょう。

107 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:06:16.28
>>87は文体の拡張になってるのか?

108 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:13:36.69
難しいと分かっているから化けたり異世界言ったり煙に巻いてごまかすのだろう

109 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:15:50.31
普通の小説を書いて下さい。

110 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:18:40.71
西村賢太も川上未映子も早稲田文学からだよね。
そうすると、早稲田文学は部数比較だと最近の芥川賞作家発掘の確率が高い。
メジャーな文芸誌でもないから、実験してるのかな。
それなら、実験結果の検証が必要でしょうね。
>>87 の良し悪しの判定は無期保留かな。

111 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:19:38.63
西村賢太w

112 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:21:54.65
西村賢太は違うよ。
同人誌から文學界への転載だよ。

113 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:22:04.11
ただ>>87は悪文めいていて、かえって迫力はある。
作家の実力はセックス描写で解るというしな。
それに知能に障害のある男の一人称ならアリかもしれない。

114 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:22:48.16
頼むから読んでないやつは読んでから書き込んでくれ。

115 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:24:36.54
早稲田文学って黒田・ミエコ以外に出身者いたっけ。

116 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:25:16.05
感想への感想や反応はアリだよ。
グランタ買って感想書いてるのは、ここでは一人しかいないのだから。
反応してやらないとかわいそうだろ。

117 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:25:43.76
>>110ってニワカさん?w

118 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:26:38.06
>>115
彼女ら以外は目立たないな。

119 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:27:48.16
ソローキンのイメージしかないw

120 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:28:40.23
>>116
さすがに>>110みたいなまぬけは勘弁。て話。

121 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:29:16.59
「アルジャーノンに花束を」の文体を彷彿するな。
知能が劣っているときは、ひらがなだらけなのに、
頭が良くなってくにつれて漢字や難しい表現が増えていった。

122 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:33:25.99
グランタのウリツカヤの感想、もし読んだらお願いします。

123 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:38:44.85
>>122
おk

明日17日の夜は、オルハン・パムク「窓から眺める」の感想をうpするよ。
長文にはならない。

124 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:46:15.63
毎日読んでるの?

125 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:47:22.64
群像が人生の意味で取り上げたチェーホフは、幻想や怪奇に逃げずにプロットで落としてるのは凄いね。
しかも、毎日短編を書いてたって、才能と言う名の狂気みたいなもんだな。

126 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 20:49:40.46
>>124
うん。1本7〜20ページ以内の短さだからすぐ読み終わるしな。

127 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 21:17:58.60
>>125
しかも病身の状態で書いてたってのが凄いよな。

128 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 21:28:44.48
チェーホフはどの作品も味わい深い。

129 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 21:37:12.69
チェーホフを読む決意をした。

130 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:11:13.76
そんなに気負わなくても大丈夫。

131 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:24:37.53
感想うp予告

3月17日(木曜) 
 18時〜18時半頃 グランタ掲載 オルハン・パムク「窓から眺める」

3月18日(金曜) 
 18時〜18時半頃 グランタ掲載 イー・ユンリー「夢から夢へ」
 19時半〜20時頃 群像4月号掲載 人生の意味特集【評論】若松英輔「幸福論」

 

132 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:28:56.15
自分を追い込んでる感じがして最高。

133 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:29:26.81
期待しています!

134 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:33:05.65
そうなんだよ(笑)
書き込んだからには読まなきゃならない。
読むために書き込んでる。
買ったからには読まなきゃね。

135 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:36:00.54
オルハン・パムク「窓から眺める」は実はもう読み終えている。
若松の「幸福論」は半分読んだ。

136 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:42:43.83
チェーホフは食べられるのか?

137 :吾輩は名無しである:2016/03/16(水) 22:45:29.68
おいしそうだね。

138 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 01:53:16.81
細かい時間まで書き込む几帳面さ。

139 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 06:42:40.41
おはよう!

140 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 07:02:03.76
おはようございます!

141 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:08:19.48
たまには同人誌臭い創作を読みたくなってきた。
傷ありの代物でいいから。
今年一回は三田文学買うかな。

142 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:21:25.46
おはよう\(^o^)/

143 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:21:44.33
変態

144 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:22:29.98
143は141へのレス

145 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:23:52.58
>>142
おはよう!
今日は起きるの遅かったね。

146 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:25:44.18
起きてたけど、ご飯作って食べてたり洗濯してたらPCひらくの
遅くなった\(^o^)/

これから出かけるよ。

147 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:27:50.90
いってらっしゃ〜い

148 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 08:36:32.05
読売新聞は文芸時評UPをやめたんだな。

149 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 10:08:15.07
たまには原石を眺めたくなる。

150 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:29:56.55
>>148
読んでるひといなさそうだと思われてるんじゃ。

151 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:40:55.51
西村や桜木紫乃が書いてた同人誌を取り上げてもおもしろい。

152 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:43:59.13
>>150
読んでる人はここにいるんだぜ
わかって欲しいが無理か〜

153 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:44:12.68
文學界は同人誌のコーナーなくなっちゃったんだよね。
なんかつまんないよ、文學界。

154 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:45:25.22
>>153
加藤とかタヒじゃないんだよね。

155 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:46:00.39
三田文学に引っ越したよな。

156 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:47:32.13
俺は加藤が三作目を書いたら読んでもいいと思っている珍しい読者w

157 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 11:51:53.41
文学界は月評様だけは毎月読みたい。
以前は一人の月評様につき1ページの配分だったけど、
いまは2ページの見開き配分になった。
良い采配だよ。

158 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:06:09.37
中島!

159 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:06:22.34
大畑!

160 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:07:53.10
新人は原石だという話があるな。
未加工のダイヤモンドは美しい宝石になることをはっきり約束するものを内部に秘めている。
デビューした新人も同じなんだろう。デビューしたからにはな。
ダイヤモンドをカットするには、技術がいる。
新人を磨くのに編集者のブラッシュアップは欠かせないはずだが、
下手にやって小ぶりになってくすんだ光を放っているだけのようなのばかりが見受けられるものばかりになった。
それとも、原石の段階で小ぶりだったのか。
それとも編集者が育てなくなったから、編集者の好みに合わせて自分で自分をブラッシュアップしておかしなことになってしまったのか。
さらには、編集者の任期期間は西村の対談によるとたった一年だというから、新人を育てる技術が身につかないままオサラバということになっているのか。

161 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:12:02.98
まあ彼は喧嘩別れも多いから(苦笑)
異動は会社によるよ。

162 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:13:56.22
文学界は異動が激しそうだな。

163 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:21:19.18
エリンギは確か文學界の編集部員をずっとやっていて、田中さんの異動で繰り上げで編集長になったんだよね。

164 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:30:55.17
じゃあエリンギ育てる技術はあるはずだよな。

165 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:32:50.62
そういう人事異動ってのはある程度大きな会社・事業体は普通しないんだけどな。
精通しているからってそうすると業者と変な馴れ合いや力関係が出来て厄介なこともある。
メリット・デメリットを考えるとデメリットの方がおおいから、一度外に出してあれこれさせてみてから、戻すなら戻す。
そうしないと市場センスが硬直化してもダメになるまで行く。河出みたいに常に倒産の恐怖に怯えなければならなくなる。
矢野優の例?あれはまあ新潮社は中小企業で人がいないから仕方ないってことでだろうw

166 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:33:32.54
>>164
エリンギになってから新人も二作目書く人増えた気がする。

167 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:37:11.63
編集といえば、週刊文春では新谷が編集長復帰してからスクープ連発だな。
花田とはタイプが違うが、危ない橋を渡るのが好きな編集者みたいだな。
文芸誌では新潮の矢野が長く編集長に居座ってて、最近まあまあ好調だね。
長けりゃ良いってものでもないが、長いと売上の良いとき悪いとき、
評判の良いとき悪いときの経験が積まれるので、持続的に改良しようとする意思があるなら、
長い経験があったほうが良いかもね。

168 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:40:20.47
大手と中小の両方働いたことがある。
中小企業は小さい分、アットホームで小回りがきくイメージがあったけど、
そうでもなかったな。大手より厳しかった。育つのが自己責任でな。
リストラの対象になるのにみんな絶えずおびえててライバル心をむき出しにしてくる人ばかりだった。
大手の方が新人への教育は細やかで密接だったよ。
出版社も同じかな?

169 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:42:56.94
>>166
うん、さいきん文学界掲載作が芥川賞に選ばれるケースが増えてるし、
エリンギはできる男だよ。

170 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:44:16.38
>>168の答えはすでに>>167がレスしてるな。

171 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:44:33.91
中小企業は同族経営で組合が無いから、下には厳しい。
大手で組合があるところは、酷いことすると下から突き上げを食らうので、
上から強制しにくい。

172 :住人C:2016/03/17(木) 12:46:03.29
2週間かかると思った仕事が思わぬ幸運に出会い2日で終わったのでまたよろしく
あ、これ以降は名無しに戻るよ

173 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:48:29.91
>>172
C!
おかえりなさい。
うれしいよ(泣)
名無しに戻るのはわかった。

174 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:51:51.53
また有益な感想や意見を期待してるぜ!

175 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 12:54:31.94
ちょっとこの小説「包帯と地球」の感想聞かせてくれないか。おれのじゃない。無断の他薦だ。

女の子が書きたがるメルヘン系ポエムではかなりの完成度を誇ると思うんだが。
芥川賞狙えると思う。

包帯と地球〜メグルオモイデの夢物語
https://kakuyomu.jp/works/4852201425154953853

176 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 12:56:43.27
おかえりなさい。
俺は好意的な感想を書くときは住人Bコテつけるよ。
とりあえず群像とグランタの感想は引き続き名無しでいくけど。

177 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:09:59.40
>>175
一話目だけざっと目で追ったけどライトノベルとしては悪くないね。
同人誌で売ってたら俺なら買うレベル。
いま文芸誌と2ちゃんw読むのに忙しいから、一日一話のペースで読ませてもらうよ。
それから感想をUPする。
でも改行が多いし芥川賞は無理なんじゃないかな。

記憶も文芸誌か何か本読んだら、ここに感想書き込んでいいんだよ。

178 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:11:38.95
記憶が過去スレですすめてたのは「ガラスの動物園」だったっけ?

179 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:20:56.82
なぜか前スレが消えている。
見たい人はデスクトップ版ので見てくれ。

前スレ
純文学5誌総合スレ第37巻目
http://desktop2ch.net/book/1457326770/

180 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 13:23:24.60
>>178
「ガラスの動物園」って題名には記憶があるが、何だったのかさっぱり覚えてないぜ。

181 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:25:34.88
記憶が「ガラスの動物園」すすめてた気がしてだいぶ前にポチったけどまだ読んでないw

182 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 13:36:22.51
いや、おれ、「ガラスの動物園」読んでないよ。
同題名の素人作家の作品じゃないかな。

183 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:38:01.88
町田康 - ガラスの動物園
http://youtu.be/JhjZAOhnpvU

184 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:40:07.38
>>182
ガクッ

185 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:42:20.97
記憶ってこっちに引っ越してきたのか

186 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 13:44:53.40
引っ越してはいないぞ。おれはもともとここの住人だといっただろう。

187 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:45:23.67
>>185
いや、前からいたよ。
たまにしかレスしないけど。
本人は過去スレで、もともとここの住人だと断言していた。

たまに過去ログ漁るとたまに記憶のレスがある。
雑談スレが本拠地なんだろうけど。

188 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:58:32.52
一応指摘しておくけど、記憶のレスはローカルルールに抵触しているね。みんながいいなら別にいいけど。

189 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 13:58:56.53
>>175の話ね

190 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:04:20.98
>>188
スレがやや過疎ってるからいいよ別に。
記憶が貼ったネット小説、読めなければ読めないと言うし、
読む気がおきたら読むし。
一応、記憶は文芸誌読んだ経験あるしな。
新潮に載ってた舞城の小説。

191 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:04:45.88
了解です

192 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:12:23.66
>>190
「十七八より」も読んだぞ。
ローカルルールっていつ作ったんだ。おれのいない間に勝手に作られても知らんがな。

193 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:14:47.83
おれは純文学っぽい話題の時に、このスレ住人の意見を聞きにくることがあるだけだ。

194 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:19:33.51
おい、おれのスレ利用にローカルルール違反とかいうやつがいるんで、
おれはこのスレのローカルルールの議題に再度、異議を出したい。

純文学系の話題を質問に来てはいけないのか。いつそうなった?

195 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:21:36.35
>>175が純文じゃなくてラノベだから抵触って話ではないの?

196 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:21:44.50
なんだ、この>>1のクソルールは。
受賞前の批評がこのスレの主話題だろうが。それを否定して何しろってんだ。

197 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:22:54.60
違います。以下のルールに抵触しているという話です。

>>1
>推奨されていた「まだ見ぬ新人へのエール」は、荒らしが横行しているため基本的にNGとします。

198 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:22:55.32
>>195
きみはこれを純文学ではなくラノベだと批評するんだね?
その根拠は?

199 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:23:03.68
まあまあそう怒らずに

200 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:24:24.62
>>198
いや、読めばわかるでしょう。

201 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:25:44.39
>>197
「まだ見ぬ新人」ってことばがそもそも、おれが丸山健二スレですすめられて読んだ「まだ見る書き手へ」を
モチーフにしたものだろう。
荒らす気はないのだが、そのローカルルールが本気なら、おれはこのスレには来ないだろうな。
いつからそうなった? ポッポが追い出されたとかいうあれか。

202 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:27:16.67
ていうか>>175は今回は許されるって話になったんだからそれでよくね?荒れるなよ記憶。

203 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:28:12.40
第二次戦争勃発かw

204 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:30:48.35
おれは荒れてはいない。
このスレにローカルルールなどという面倒くさいものがあることを知らなかったが、
人気スレの利権にたかる純文学の悪習を反映しているようで、本当に醜いので、
なんとかしてほしい。異議を出す。

205 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:34:13.81
そもそもカクヨムって純文学のカテゴリーがないから
単純にカテゴリーエラーなんじゃないの?

206 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:34:39.09
むしろ人気スレの利権にたかる醜い連中を牽制する目的で設定されたルールなんだけどな。このスレの住人には小説を書いてる人も沢山いるけど、その小説について言及するのはみんな我慢しているよ。みんな大人だからね。

207 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:35:34.06
ワナビが大量に押し寄せると一時期のように荒れてしまうからね

208 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:35:53.67
大人になれよ記憶

209 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:36:39.63
>>205
カクヨムに「純文学」のタグをつけて作品を発表しているやつらはたくさんいる。
この作品はタグはまったくない。
「純文学」ジャンルは人気がないので(書き手はいるが読み手がいない)、ジャンルになってない。

210 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:39:09.67
>>209
>>175は純文タグがついていないし、童話めいたSFとのタグもあるし、ジャンルはSFだし、
文体も一般的な純文学のものからは遠いので、純文学とは呼べない気がするけどなあ。

211 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:43:21.89
「童話めいたSF」は純文学ではなかったのか。
おれには純文学が何なのかさっぱりわからない。

212 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 14:44:57.04
俺もわからないけど、これは違うだろうなってのはわかるよ
情況証拠的にこれは純文学ではなさそうって感じかな

213 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:53:03.56
もう一度、流し読みしてみたのだが、
まったく面白くはないのだが、光るものがあるとすると、文体なんだ。
文体で推すなら、純文学かなと思うんだけど。

214 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 14:58:17.21
うーむ。昨日、あまりにもつまらないものを読みつづけたために、
これを過大評価しただけかもしれない。
そこんとこの評価をこのスレに聞きに来たのだが。

215 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 15:01:23.89
あまりこういうことを書くのもよくないが、
やっぱりウェブ小説より市販されている小説の方が明らかにクオリティが高いし面白いと思うよ。

216 :記憶喪失した男(愛知県):2016/03/17(木) 15:05:30.86
>>215
いわれなくてもわかってる。800万文字も二日で読んで、いけると思ったのは八十分の一の九作だ。
これは九作の一つだ。

217 :175:2016/03/17(木) 15:43:22.22
>>175は俺だが、1ルールの「まだ見ぬ新人へのエール」は記憶の言うとおり廃止したほうがいいのかね?
スレのみんなの意見をもう少し聞きたい。「まだ見ぬ新人へのエール」は禁止という文言は俺が決めたのではないが。

ただ、記憶はほんのたまにしか来ないし荒らすわけではないので、たまになら異例でいいかという気持ちがある。
できたら文芸誌の感想を書いたり求められるのがいいけどね。

218 :175→177、190:2016/03/17(木) 15:45:23.05
175でなく177と190のレスをした者です。
すみません。

219 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 15:51:33.13
>これを過大評価しただけかもしれない。

いや、記憶がこう言ってるから一件落着ってことで
1ルールはそのままで良いってことでいいかな?

220 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 15:57:02.27
ここから通常運行で

221 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 16:17:04.92
まだ見ぬ新人をやるにしてもハードルは必要だよね。
ネットの自由投稿サイトは、構想・推敲ゼロのものが多すぎる。
紙に書いてあるものは、校正が入るので、それなりのレベルはクリアしてる。
同人誌やフリーペーパーに掲載された小説で、その紙媒体がある程度信用できるなら、
ここで見てみたい。ポッポみたいなスレ貢献度の高いコテのもたまにはおk。

222 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 16:24:37.76
222

223 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 16:24:51.59
そこらへんは「基本的に」という文言を解釈する事で対応可能だと思うので、その都度フレキシブルにやって行きましょう。この話は出来れば終わりで…

224 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 16:25:27.56
頻繁にだときついけど、たまにならおkにしてもいいのではと自分も思う。

225 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 16:28:15.25
うん、終わりで。
177は後日175の感想をうpするのなら1レスのみにして終わりということで。

226 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 18:07:08.50
最近文芸ニュースがないね。

227 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 18:11:54.54
百田が、経歴詐称問題で活動を自粛することを発表した“イケメン経営コンサルタント”ショーン・マクアードル川上氏の後任として、
フジテレビの新報道情報番組「ユアタイム〜あなたの時間〜」のキャスターに「僕がやるか」と名乗り(!?)をあげた。

ってニュースならあるんだけどね。

228 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 18:18:00.63
グランタ掲載 オルハン・パムク「窓から眺める」

【感想】
二人の子供の父親が失踪する話。日本人作家勢の小説と比べて違うのは、
このように筋が一言で言えてしまうシンプルさだ。(滝口の作品もそうだったな)
枚数はグランタ掲載短編にしては多めで20ページ。
文体も簡易で、グイグイと次の行を目で追わせてあっという間に読了させてしまう。
父が失踪しても、普通の日常が淡々と続いていくのに哀愁がある。読めば読むほど哀愁は深まる。
主人公の子供は、父が失踪した件よりも、学校で予防接種をすることの方がつらい。
ラストの一行で、何の変哲もない日常のシーンで母親が涙を見せて幕が閉じる。
描かれていないけれど、母親は父が失踪したことでいろんな感情が沸き起こり、
現実を受け入れ、立ち向かい、感情を回復させ、再生していこうとしていたに違いない。
母親の涙のシーンが多くを物語っていて、静かな感動が押し寄せた。

以上です。

229 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 18:26:58.48
>>227
文学ニュースじゃないだろ。

230 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 19:33:02.50
>>228
こういう話がたまらんのよね。

231 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 19:37:40.53
グランタ、海外ものは期待できそうだね。

232 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 20:53:35.44
「編集者なんて結婚経験者の半分以上は離婚経験者だよ。離婚してない人はかなりの確率で不倫してるし。ほんと鬼畜たぜ編集者っつーのは」w『マザーズ』より

233 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 20:56:56.25
単芝の下品さってあるよな

234 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 21:17:24.03
>>232
旦那のこと?

235 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 21:23:41.57
金原ひとみの旦那さんはオラオラ系らしいよ。僕は女性にオラオラするAV男優とか嫌いです。

236 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 21:24:12.09
そういう話じゃないのか…

237 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 21:30:30.77
マザーズ最後まで読んだ人いるんだ。
俺は冒頭で挫折した。

238 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 21:39:32.88
僕は町田康のCD目当てで買った文芸誌に載っていたのを見た。金原ひとみさんを応援しています。

239 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 21:41:17.72
「持たざる者」なら読んだ。

240 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:11:27.13
グランタの海外ものの2作目読んだ。
具体的な感想は明日うpするけど、これもラストで泣く話なんだよな。
涙の意味は違うけどさ。ラストがかぶるとなぁ。
前スレで滝口の感想うpしたとき、必ずしも泣かなくてもいいじゃないかって
ご意見を下さった人がいるのを思い出した。
それを考えてみると、滝口が表現した犬が死んでも泣かない飼い主ってのもアリだな。

241 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:16:31.29
>>238
見ただけ?読んでないの?

242 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:20:03.19
>>241
それはひみつです

243 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:20:26.78
付録目当てってあるよなw

244 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:21:15.38
毎号付いてくる付録を組み立てると文豪のフィギュアが出来たりしたら…誰も買わないか。

245 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:24:08.98
http://i.imgur.com/4VB1Duu.jpg

金原ひとみ「マザーズ(五)」が載っているからどうしても捨てられないでいる新潮2010年5月号

246 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:24:57.35
新潮文庫の裏表紙の角っこにある三画系のマークを集めたら、
文豪の写真入時計の景品プレゼントってのあったよな。
特に欲しくなかった。

247 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:25:52.41
あったね!Yondaグッズは欲しかった気がする(笑)

248 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:26:55.15
よんだパンダはよかった。

249 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:27:10.02
友達の部屋に行って、太宰が俯いてる写真が貼ってある時計があったら、「なんで?」って訊くよね。

250 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:27:41.10
>>245
そんなに好きか?その小説。
ママのあそこにパパが指入れるシーンが冒頭にあって引くものが合ったんだ。
エロ嫌いじゃないけどさ。
マザーズに関しては駄目だった。

251 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:28:20.08
>>250
いや、まだ読んだ事がないので。そんなにダメなんですか…

252 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:29:31.94
>>245の町田康のCDは面白かったよ。前衛を感じた(笑)

253 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:30:12.40
ヨンダの時計景品写真は、夏目・太宰・川端だったっけ。

254 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:33:06.07
>>252
古い文芸誌を大事に持っておくのもいいけど、
今月号か来月号を買って読んで、ここに感想をうpして下さい。

255 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:33:06.31
もう、逆にお洒落かも知れない(笑)Yonda文豪ウォッチ
http://i.imgur.com/bUhvr6i.jpg
http://i.imgur.com/ScNBkKR.jpg
http://i.imgur.com/vlvzUWr.jpg

256 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:33:32.26
>>254
頑張ります!!

257 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:42:33.55
文豪時計じゃなくてパンダのマグカップがいい。

258 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:43:30.86
新潮文庫って今なんかくれるの?

259 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:44:57.06
発売される文芸誌を次々読むという更新を俺はしたい。
なぜそんなに文芸誌を読みたがるのかは自分にも解らないが(笑)
読みたい特集があっても購入にいたらなかった文芸誌は図書館で借りる。

260 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:48:49.05
>>258
いまは何ももらえない。
新潮文庫買う意味なくなったな。

261 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 22:56:31.46
予算がないんだろうね。

262 :吾輩は名無しである:2016/03/17(木) 23:08:24.84
>>259
心の底から最高だと思います。

263 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 05:56:28.98
文芸誌を読むのに気負う必要はありません。

264 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 07:23:23.41
【一口エッセイ】ある日のすばると俺

俺は図書館ですばるのバックナンバーを予約することにしました。読みたい対談があってずっと気になっていたからです。ふだんは文學界と新潮を中心に読んでいて、すばるは買ったことも借りたこともまだありませんでした。
近所の図書館は、残念ながらすばるは置いてありません。その図書館は、文學界と新潮と群像ならあるのです。
すぐに借りられないのは面倒ですが、仕方がないのでリクエストカードに記入して窓口に提出しました。他の図書館から取り寄せるしかないのです。
すると、予約したその日のうちに携帯電話に図書館からの着信履歴があるではありませんか。他の図書館からの取り寄せになるのに早すぎる、と訝しい。
翌日、図書館に折り返し電話すると、リクエストした本があります、という。たまにはそんなこともあるだろうと気にしないことにして、時間の空いたときに図書館に赴きました。

リクエストした本が届いたって電話がありましたが〜と、いって図書カードを窓口に立っている小太りした中年の女性に渡したところ、バーコードで打って確認してから俺に渡してきた雑誌は、「すばる」ではなく「小説すばる」でした。
「あのう、僕が注文したのは、すばるという雑誌です」
「ええ、その本ですよ」
女性は自信を持って断言しました。
「違います。これは、小説すばるですよね。注文したのは、すばるという雑誌です。すばる、です」
「えっ、えっ?」
女性は困っています。通じていないようです。俺は少し苛立ってきました。
「だから、小説すばるを注文したんじゃありません。すばるという雑誌があるんですよ。
す・ば・る、です。リクエストカードにも書いてありますよね?」
女性はリクエストカードの書名欄に「すばる」と書いてあるのを確認して、やっと事情が分かったようです。
「……すみません、手違いです。……」と言いながら、パソコンのキーボードを打って何か確認中。
「すばるはこの図書館には置いてないですよね。だから取り寄せになるはずですよね」
「……はい、ご用意できたら、またご連絡します」
俺は焦燥しながら家路につきましたとさ。
(了)

265 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 07:48:10.70
「私と文芸誌の思い出」でシリーズ化しよう!

266 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:08:21.71
そう頻繁に書けるものではないけどね。
>>264のようにマヌケな出来事があれば晒せるだけで(笑)
今後も何かあったら書く。

267 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:13:34.01
たまに息抜きに小話もいいね。

268 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:15:25.61
うん。でもすばるが一般人に認知度ないのは切ないな。
これが発行部数7000部雑誌の実態。

269 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:21:17.98
「私と文芸誌の思い出」でなくてもいろいろあるだろう。
「私と作家○○」とか、「私と作品○○」とか、「私と文芸時評○○」とか。
読んでどんな反応をし何か影響があったのか。
ズッコケ譚でもいい。

ここを意識したみんなのエッセイ募集中!

270 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:26:53.01
今日の夜はへービーで真面目なネタが連続で投下される。
今のうちに生き抜きしておこう。

131 : 吾輩は名無しである2016/03/16(水) 22:24:37.53

感想うp予告

3月17日(木曜) 
 18時〜18時半頃 グランタ掲載 オルハン・パムク「窓から眺める」

3月18日(金曜) 
 18時〜18時半頃 グランタ掲載 イー・ユンリー「夢から夢へ」
 19時半〜20時頃 群像4月号掲載 人生の意味特集【評論】若松英輔「幸福論」

271 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:27:13.11
なんとかエッセイ賞みたい。
公募ガイドに載ってそうw

272 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:31:45.70
ああ俺>>264は某エッセイで最高賞とったことあるから。
文章力こそ足りないだろうけど、エッセイは書き手の熱重視だから。

273 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:35:23.31
すばるから芥川賞を出して知名度をあげよう!

274 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:38:10.66
たなしんがすばるに「共喰い」書いて芥川賞受賞したやんけ。

275 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:43:29.44
それでも知名度なし

276 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:43:31.38
もうだいぶ時間経ってるから。

277 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:46:17.55
このスレすごいな。
元作家もいればエッセイ最高賞受賞もいる。
尼の元上位レビュアーもいる。

278 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 08:51:18.74
才能を持て余した者たちが自然と集まってくるのさ。

279 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 09:05:47.15
文学ニュースが入ってきてたぞ

室生犀星文学賞に山路時生さんの「稲荷道」
読売新聞 3月17日(木)22時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00050137-yom-ent

第5回室生犀星文学賞(読売新聞北陸支社主催、金城学園共催)の受賞作が17日発表され、
埼玉県所沢市の山路時生(やまじときお)(本名=山田修治)さん(66)の小説「稲荷道」に決まった。

 表彰式は26日、金沢市の雨宝院で行われる。

 受賞作は、主人公の少女が、不仲な両親の代わりに世話をみてくれた老人を亡くし、
少年の幽霊と交流する幻想的な物語。山路さんは「受賞の一報を聞いた時、驚いて足元がふわふわした。
宙を舞うような気持ち」と喜びを語った。

 同賞は室生犀星没後50年を記念して2011年度に創設された。
未発表の短編小説が対象で、正賞は九谷焼の文鎮、副賞は50万円。

280 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 09:18:06.42
九谷焼の文鎮なんてオサレ。

281 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 09:21:10.47
でもまた幻想譚か

282 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 09:32:00.31
まあ流行りだから。

283 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 10:06:11.45
面白ければ幻想譚でもいい。

284 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 10:16:30.57
ポッポは戻ってきたと思ってたけど出て行ってしまったのかい?

285 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 10:20:47.50
ポッポ書いてくれよ。

286 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 10:58:26.40
ポッポ

287 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:09:22.70
切ないな

288 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:18:28.43
創芸板に探しに行ったけどいなかった。
2ちゃん自体にいないようだ。

289 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:24:43.38
小谷野敦 ‏@tonton1965 · 2時間2時間前

,小学館の編集者の給料は43歳で58万。集英社39歳で54万。岩波44歳で42万。河出35歳で34万。筑摩41歳で39万。平凡社44歳で33万。京都書房62歳で26万。

290 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:27:30.09
けっこうもらってるね。

291 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:29:02.54
前に鹿児島市長だったかが職員の給与を掲示板に張り出してそれを破り捨てた職員と免職騒ぎの裁判になったがその職員が40代で給与70万だったな

292 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:30:22.38
手取りじゃないよね?

293 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:31:08.46
>>285
創作で忙しいのだろう。

294 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:32:02.74
でも編集者はふだんの日は明け方まで働いて休む暇ないんだろうね。

295 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:33:36.34
土日祝日とお盆と正月ぐらいは休めるだろう。
いくら編集者でも。

296 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:33:42.88
昼から出社で、年収600万くらいか

297 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:36:09.45
創芸板見に行ったら、文学界はそろそろ最終候補に連絡が来るXデー?
文藝・すばる・新潮は今月末が締め切り。
ワナビが押し寄せてこないわけだ。

298 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:37:33.85
>>294
校了前だけは徹夜。

299 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:37:47.95
>>286
でもうらやましくないなw

300 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:38:27.73
300

301 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:39:39.46
>>297
文學界とっくに連絡いってるだろ。発売日来月8日だぞ。もう決まって写真も撮っただろ。

302 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:40:48.27
>>298
校了後は気が抜けて、尼に表紙うpする気も起きないんだろうな。

303 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:42:07.05
>>296
こないだの万引きで捕まったTBSの人は年収1200万らしいね。

304 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:43:53.13
>>301
文學界スレ見に行ったら「状況だけでも教えてくれ!」とかって悲痛な様子の人がいる。
なんかまだ待ってるような人がいたけど目の錯覚だったのかな。

305 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:44:43.77
現実が受け入れられないのだろう。

306 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:46:10.42
>>304
いつもだらだら電話待ってるやついるよ。俺はまだいけるとか勝手に希望持って電話待ってるの。

307 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:47:19.73
>>296
昼出社深夜帰宅だぞ

308 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:47:35.78
予選通過者のうpしてくれーって声もあった。
誰かここに来て
「読んだ人いたら文学界スレに来て通過者の県名とPN冒頭のうpお願いします〜」
って言えば、誰かやってくれそうなのにね。
このスレは優しい人多いから。

309 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:50:17.62
読者って安らかな立場なんだな。
そのかわりスリルはない(笑)

310 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:51:06.68
>>308
俺それ書いたけどスルーされた。発売当日の朝いつも文芸誌チェックしてるので、別に聞いてくれてかまわないんだけどね。

311 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:58:55.04
>>289
こんな数字どっから湧いてくるんだろう

312 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 12:59:20.05
ワナビを相手にすると荒れるから、やめとこ

313 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:00:20.02
>>289
一年目から一千万の大台にのるとされる講談社はさすがに調べきれなかったようだな

314 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:07:19.32
小谷野はどんどん暴露すべき

315 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:09:44.21
小谷野氏の年収は?

316 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:15:22.07
それは秘密にしてる小谷野w

317 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:21:33.78
小谷野さん新書はばかすか出してるよね。

318 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:24:01.24
でも尼の評価低いw

319 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:27:09.21
尼レビューなんか信用できないよ。

320 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:42:58.94
夜勤や休日勤務のある仕事は給料が高い。
地方だと、大手メーカーの正規工場労働者の年長者は基本給が高いので、
シフトの夜勤手当も高く、物価の低い地方では豪邸を建ててお殿様生活を送っている。
都会で少々給料が良くても、物価、地価が高いので有り難味があまりない。

321 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 13:58:49.72
マッサージ夜勤は安いよ。

322 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:04:19.46
たまに小説に編集者出てくるのあるけど、とてもじゃないが働きたいとは思わない。

323 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:05:15.16
ニート最強

324 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:11:14.83
人の金で飯食うのが一番だよね。

325 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:15:31.04
それテレビで羽田が言ってたこと。さてはおぬし!?

326 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:20:23.06
917 名前:吾輩は名無しである [sage] :2016/03/18(金) 12:41:20.58
羽田圭介のクッキーがひどくグロい件
http://i.imgur.com/w3z24vw.jpg

327 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:22:38.61
羽田w

328 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:29:27.10
羽田、そのうち読んで感想うpしてやるからな。
覚悟しとけよw
変な文章あったら晒すぜ。

329 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:40:47.46
羽田っちはもう読むことないな〜

330 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:44:19.49
前にテレビに出てた講談社の羽田の担当編集者はコケシと違ってまともそうだったね。

331 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:44:31.14
うんこみたいなクッキーだな

332 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:46:16.96
>>330
そうだね。
文學界編集部が濃いの多いのかも。

333 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:47:02.01
333

334 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:49:49.26
まともな編集者には変なあだなはつけられない。

335 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:51:17.49
そうですね。

336 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 14:55:35.35
変種者って変換されるときがある編集者w

337 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:00:22.94
まあ確かに変わったのが多い。

338 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:02:00.22
作家さんも変わったの多いんだろうね。

339 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:05:18.43
過去スレでもレスあったな。
「ライター業で文芸編集者と接したことけっこうあるけど、
変わった人多い」っていうレスがあった。

340 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:06:49.45
このスレすごいな。
元作家もいればエッセイ最高賞受賞者もいる。
尼の元上位レビュアーもいる。
ライターまでいるのか。

341 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:08:18.94
このスレにも変わった人は多そうですね〜

342 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:09:40.48
一番変わっているのは小説家だけどな
半分以上が社会不適合者だろ

343 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:10:03.25
>>341
悪かったねw

344 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:11:21.10
確かにあまりにも器用に生きている人の文学って魅力に乏しいかも知れないね。

345 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:12:10.58
ああ、俺も変わり者だぜw

346 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:15:09.32
愚直に生きてる人が書くといいんです。

347 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:23:25.77
さあ、みんな!
文芸誌を読もう!

348 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 15:28:20.38
>>131
>3月18日(金曜) 
> 18時〜18時半頃 グランタ掲載 イー・ユンリー「夢から夢へ」

あと3時間切ってる

349 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 16:35:12.42
イーユン・リーな。
中黒付けるとこがおかしい。

350 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 16:35:30.04
楽しみだな

351 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 16:59:21.22
文学界の最果タヒ読んでる人の感想も楽しみにしてますよ!

352 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 17:12:28.25
あと1時間きった。

353 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 17:49:20.61
ドキドキ

354 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 17:53:58.78
うp前の静けさかな

355 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:10:12.19
静かに。

356 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:11:12.71
グランタ掲載 イーユン・リー「夢から夢へ」 感想

【あらすじ】
 主人公の女性は厳格な母親に育てられ、父親は一風変わった人だった。
大人になってから、「人間は結婚するものだから」と、軽い気持ちで愛のない結婚をし、
軽い気持ちで不倫をするが、そのことにより家庭が破綻した。安らぎを求めて自殺未遂をし、
精神病院に隔離される。過去をまき戻したいが無理だと絶望し、泣くのであった。という話。

【感想】
重い話の上、回想だらけで読みにくかった。
日本の現代文学の場合だと、重い内容を軽やかに書いている作品が、文芸誌によく載ってる印象がする。
けれど、この話は重い内容をどこまでも重く書いて、最後は絶望で終わる。
現実には希望をもてないまま生きてる人もいるのだし、
このような生易しくない小説が存在するのもアリかなと。

一点気になったのは、これもラストで泣く話なんだよなってこと。
前日に読んだオルハン・パムク「窓から眺める」もラストで登場人物が泣いて終わっていた。
涙の意味は違うけどさ。ラストがかぶるとなぁ。
前スレで滝口の感想うpしたとき、必ずしも泣かなくてもいいじゃないかって
ご意見を下さった人がいるのを思い出した。
それを考えてみると、滝口が表現した犬が死んでも泣かない飼い主ってのもアリだな。

「夢から夢へ」の主人公は、自分を肯定しているわけでもないし、自分に失望している。
そんな心境のまま生きていくのは不幸なものだ。
容易なことではないだろうけれど、何かをきかっけに自分を好きになって欲しいという気持ちになる。
たまに印象に残る以下の言葉がちりばめられているのが、この作者の魅力となっている。
人によっては理屈っぽいと思うかもしれないけれど。

357 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:12:20.48
(つづき)
・人生に慰めを見つけられることと作り出せることは、根本的に違うこと。

・人は生きるときと同様、死ぬときも他人に迷惑をかけてはいけない。
 でなくとも、せめてきちんとするように努めなくては。

・人は墓穴を掘るが、そこに別の人間が埋められることもある。

・個人主義と利己主義は、人の魂を生きたまま食らう虫なのです。

・人にはそれぞれ運命があり、痛みを負わせる者もいれば、それに耐える者もいる。
 だったらいさぎよく運命を受け入れようではないか。しょせんはな、我が子よ。
 しょせんは何もかも、どうということはないんだ。

358 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:13:07.11
以上です。

359 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:29:01.49
>>356
ヤバいな、そういう話結構好きかも。

360 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:34:15.20
外国人勢のほうがおもしろいの多そう。

361 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:39:04.14
教条主義の臭いがして、これは苦手。
不倫、家庭破綻、自殺未遂、精神病という流れがちと安直で、
精神病になったら泣かないんだよね。ただ精神活動が沈潜するだけでね。

362 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:39:53.54
まあ感じ方はひとそれぞれでしょうね。
イーユン・リー「夢から夢へ」 やオルハン・パムク「窓から眺める」は、
エンタメ要素を期待する人だと絶対に面白くない。

363 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:41:10.96
>>361
苦手な人が多そうな作品だよ。

364 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:42:30.16
バムクは良かった。同じ泣きで終わっても、表現手法がリーとは対極にある。

365 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 18:51:51.62
早稲田文学は外国人作家の方が面白いからな

366 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 19:04:47.98
>19時半〜20時頃 群像4月号掲載 人生の意味特集【評論】若松英輔「幸福論」

次は幸福論の感想うpだ。
あと30分を切ってる。

367 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 19:10:43.94
執筆の衝動、本業の葛藤、そして決意…【小説家・加藤ミリヤ】が語る「音楽と文学の奇妙な類似」
サイゾー 3月18日(金)14時30分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160318-00010000-cyzoz-ent

「先生の脚、ほそく青く」漱石の大病、生々しく
読売新聞 3月18日(金)18時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00050186-yom-ent

368 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 19:47:06.85
群像4月号掲載 人生の意味特集【評論】若松英輔「幸福論」 感想

【総括】
アランの言葉を中心に偉人の語った幸福に関する言葉で幸福とは何かを語らせる形式で進むので、引用が多い。
おそらく3分の1を占めるのが引用文だ。引用しつつ若松氏がコメントを述べる。
けれどすでに誰か他の人も別の表現に置き換えて語っているような感じで真新しさがない。
幸福についてはすでに語りつくされていて、あとは例を出すしかないものなのだろうかと残念だった。
幸福感を情動のひとつで、人間の情動は身体と密接な関係にあるとまで語っているからには、
ストレスや免疫など、医学的な側面の関係とも結びつけてみて欲しかった。
「〜かもしれない」「〜だろう」「〜のようだ」が多用されていて、この評論はとりわけ頼りなかった。

【印象に残った点】
プラトンの言葉だが、幸福と光は同じ物の二つの呼び名であるという。
「光をまざまざと描き出そうとするとき、言語はあまり適していない。
画家たちの方がよほどそれをいきいきと伝えてくれる。
幸福とは何かを考えるとき、私たちは内なる哲学者だけでなく、
隠れた芸術家を呼びさまさなければならないのかもしれない」と若松氏はいう。
言語で適していなくても、読み専としては希望を創作して欲しい。
それに、幸福とは何かを考えるのは、何らかの表現者だけの特権だと考えるのはさびしい。
人間には誰しもが芸術家を秘めているってことかなって、この部分が引っかかった。
少し脱線するけれど、九州芸術祭文学賞受賞者の小山内恵美子が、
受賞後のある作品中に「光」という言葉を多用して、月評様から、
「そうだからといって、その作品が光っているわけではない」と酷評されているのを思い出してしまった。
そういえば、喧嘩別れした知り合いで画家がいるけど、彼も光と影の描き方に力を入れていたな。
彼は逆境にあるが、前向きで幸せそうだ。

369 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 19:49:07.33
(つづき)
他に、次の言葉が印象に残った。どこかで聞いたことのある言葉ではあるが。

・(要約の形で)「幸福とは、時が何か善きものによって満たされた状態のことで、
 それは刻々と刹那から刹那へと流れるときに持続的に生起する出来事だ、
 ――人間の生活において大切なのは、今の一分間が次の一分間にどんなふうにつながっているかという
 つながり方だ。このつながりを実現していくために、各人のからだと心とたましいにおいて、
 何よりも注意力の訓練において、どれだけの努力がついやされたかが大切なことである。」
 (『工場日記』田辺保訳より)

 →とはいいますけど、幸福な時間を数珠つなぎにしては生きていけないってエヴァの台詞でもあったしな。
 いつか幸福には終わりが来る。そして別の幸福を作らないとならない。幸福は数珠つなぎのループ?

・『幸福論』の著者であるにもかかわらずアランは「幸福を」定義していない。
 幸福が何であるかを端的に、また誠実に語るのは、アランのような人物にとってもなお、
 極めて困難な営みだったことは記憶しておいてよい。

 →それでも幸福とは何かを語ろうと試みる若松氏に敬意を感じます。

・幸福とは、魂の飢えが満たされることであるなら、魂とは何かを考えることはそのまま幸福とは
 何かという問題につながってゆくだろう。

・幸福とは誰かから奪うものではなく、むしろ、他者と自分の大切な何かを分かち合うところに生まれるらしい。
 食べ物をめぐっていえば、自分も食べたいと切望するときに、あえてそれを、さらに必要とする人に分け与える、
 こうしたところに幸福を感じるようなのである。
 ――しかし、分かち合うことが幸福の原点だとしたら他者はかけがえのない同労者になる。
 幸福とは、自分だけが幸いであると感じる出来事であるだけでなく、同時に未知の他者もまた、
 そう感じているときに沸き起こる、充溢の出来事なのかもしれない。

・私たちの幸福は、世にひとつしかないものだろう。

 →本当ですか?

370 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 19:50:01.66
(つづき)
【感想 終わりに】 
 最後まで読んで思ったけど、幸福って意味もなしにふつふつと沸いてくることだってあるけど。
 食べ物を分け与えるのも大事だが、自分が3度のご飯を食べてるときも幸せを感じる。
 人は一日に最低3回は幸福になれるのです。

371 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 19:50:36.99
以上です。

372 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:08:57.28
幸福を論じるのは難しい。
以前、女性と食事をしていたとき、彼女が「幸せ」と呟いた。
そのとき、おれはぞっとした。
同じ事象でも人によって感じ方が違う。

373 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:11:42.11
>>372
その女性に惚れられちゃってるんだよ。憎いぜw

374 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:12:34.77
幸福論懐かしいな。昔読んだわ。もうすっかり忘れたがなw

375 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:14:30.89
好きな人と食事してると、ご飯はまずくても幸せですよ?

376 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:17:40.64
立場によるって話。

377 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:31:10.90
何が幸福かは人によって違うよね。
文芸誌は希望を与えるにしろ絶望で終わらせるにしろ、読者に読む幸福を与えて欲しい。

378 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:41:38.73
酷評さんマダー?

379 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:49:40.70
群像はなんでこんな特集組んだのかね。

380 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:51:17.41
答えなんてないのにね。
対談を注文された作家さんや評論家さんも困りながら語ってる。

381 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 20:54:03.54
>幸福とは何かを考えるとき、私たちは内なる哲学者だけでなく、
隠れた芸術家を呼びさまさなければならないのかもしれない

俺たちは2ちゃんねらという名の芸術家。
匿名芸術家。

382 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 21:21:19.22
グランタと群像の感想をうpしてる住人Bです。
群像の特集感想のうpは今日で終了です。
対談がまだあと1個残っていますが、目で追ったところ苦手な分野なので読むのをやめておきます。

風邪を引いて熱が出てるので、明日は感想うpはおやすみすると思います。
可能でしたら誰か他の人が何か感想をうpしていただけたらと。

383 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 21:25:25.23
>>382
いつもありがとう。ゆっくり休んでください。

384 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:00:33.11
住人Bって何が苦手なの?

385 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:04:44.75
お話は熱が下がってからにしたら。

386 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:16:00.81
はい。

387 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:31:33.28
>>382
お疲れ様です!

388 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:33:23.53
感想なら、最果タヒがどんなの書いたのか気になる。
読む気がしないって人ばっかみたいだけどさw

389 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:34:13.02
死という字から「タヒ」という名前をとったの?

390 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:34:59.37
なるほど

391 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:36:28.05
文学界買って最果タヒ読んでる人いるよね。
挫折してなかったら感想お願い〜。

392 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:38:28.38
タヒる - ニコ百
(アドレスは規制で貼れなかった)

まさか2ちゃんねる用語?

393 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:39:21.96
多少のドラゲナイを感じる。

394 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:47:01.96
何かモニタリング君が滝口の芥川賞受賞第一作の感想書くって前スレで言ってたよ。
20日までに感想書くそうだ。

746 吾輩は名無しである 投稿日:2016/03/13 22:15:15
モニタリングはいいから、君も一冊くらい文芸誌買って読んで感想買いたら?

759 吾輩は名無しである 投稿日:2016/03/13 23:09:56
じゃあモニタリングしながら文芸誌読んで感想を書きなさいな。

760 吾輩は名無しである 投稿日:2016/03/13 23:16:40
うん、滝口の芥川賞受賞第一作の感想を1週間以内に書くよ。

395 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 22:49:39.03
>>179から前スレをざっと読み返してみたけどドラマがあったんだなあ。

396 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 23:13:56.51
前スレの流れ

前スレ37巻を立てたら某住人がスレを潰すと予言したり、
ピースを出禁にしたら潰さないといってたらしいが、そこで住人Bがピース出禁のスレを立てる。

変なのがいるからしばらく感想を書かないと言った者が2名あらわれる。

スレ内でピース出禁を解こうという声が高まる。
「交換条件で立つくらいならスレいらねーよ。ピースかわいそう、等」

住人Bの失言

「もうここには来ない」宣言して名無しの住人一人と住人Cの二人出て行く。
(住人Cは38巻目で帰ってくるが、名無しになる)

ピースを出禁にしたらスレを潰さないといった某住人と住人Bの話し合いがある。
「ピース出禁解除を住人Bへの信頼から許す」と回答がくる。
晴れてピース出禁解除となる。

モニタリング君に感想書きなさいの意見。

住人Bが失言の件で謝罪声明

397 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 23:27:39.62
>某住人「ピース出禁解除を住人Bへの信頼から許す」と回答がくる。
正しくは「新スレ立てを住人Bへの信頼に免じて(許す、そっとして)おこう」の回答がある。

398 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 23:31:05.28
某住人キター
でもあなたもウェルカムだからね

399 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 23:38:49.77
住人Bは苦労して今になって体壊したんだよ。
お大事に。

400 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 23:39:32.07
400

401 :吾輩は名無しである:2016/03/18(金) 23:41:31.69
某住人も優しいところがあったんだね。
人情があるっつーか。

402 :住人C:2016/03/18(金) 23:59:17.96
>>396
俺はその流れに便乗したけど、Bの失言は関係なくて、
単に面倒な作業をやらなくちゃいけなくなったからだよ。
すぐに終わったので戻ってきたけど。
あと、私はもともと名無しです。

403 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 00:11:06.16
小谷野敦 ‏@tonton1965 · 1 時間1 時間前

,先に載せた編集者給料は『出版ニュース』より。

404 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 00:11:42.66
コテでの発言は大きいからこわいね。
ましてやBはここの運営。
名無しが気楽。
でも結局離れてった住人はそんなにいなかったんだね。

405 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 00:33:10.79
小谷野さんは2ちゃんねらーが喜ぶ発言ばかりするな。

406 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 05:16:39.95
>>388
いくつか読んだけどもういいかな、タヒは。
という感じ。

407 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 05:40:01.82
文藝に載ってた冷凍女学院読んで嫌気がさした。

獣とかはよかったのに。

408 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:08:16.55
タヒなんてよくいくつも読めたな。
おれは文藝にのってた「わたしたちは永遠の裸」の冒頭だけで読むのをやめた。

409 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:08:28.21
おはよう\(^o^)/

410 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:14:11.76
おはよう!

411 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:26:16.11
タヒの「空が分裂する」というイラスト詩集は読んでみよう。

412 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:38:03.67
>>408
わかる。
あれ読んで離れた人多いと思う。

413 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:38:27.32
罪深い文藝。

414 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 06:49:10.53
これが文藝のセンス

415 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 07:03:31.84
今日はパワーレスヤーの住人Bが熱で居ないだろうけど盛り上げていきましょう。

416 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 07:41:53.65
オールの旅と読書と甘いものって特集いいな。

417 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 07:49:00.65
猫特集がいいにゃん♪

418 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 08:02:20.89
猫神様おはよう\(^o^)/

419 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 08:34:45.93
418が猫好きさんだと思ってたが別の人だったのか

420 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 08:44:39.97
群像みたいな特集は気難しそうで一般ぴーぽーも敬遠しがちだろう。
もっと普通の特集にしたほうがええ。

421 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 08:50:40.08
短編たくさん載せてくれてる雑誌がいいんだけど、
どこも同じ作家しかいないから飽きる。

422 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 09:18:22.31
3連休は消えます。

423 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 09:43:37.64
俺も。

424 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 10:38:44.54
3連休明けに会いましょう。
いってらっしゃい。
居る人はなんか書いてね♪

425 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 10:42:24.51
>>420
群像は変な特集ばかりするよな。

426 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 11:28:55.35
某住人は優しい人には優しく、厳しい人には厳しいのだろう。

427 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 12:07:08.23
>>392
そうじゃない?
ちょっと昔にニュー速あたりでよく使われていたよ

428 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 12:18:08.44
異類婚姻譚の飼い猫を山に捨てる件は
残酷極まりない

429 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 13:30:44.84
タヒるは上に一本線を加えたら意味がわかるもんな
あ、タヒの小説は申し訳ないがちょっと読むに堪えない
本人ではなくてオファーした編集者の責任だろうが

430 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 15:12:29.83
>>428
だよね。ひどすぎる。

>>429
文学界でタヒの小説半分読んだって人かな?
無理はしないで下さいね。
時間がもったいない。

431 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 15:17:35.68
本屋にタヒのイラスト詩集「空が分裂する」を買いにいったけどなかった。
前はおいてあって、パラパラみていつか買おうと思ってたのに。
だから尼書店が一人勝ちする。

432 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 15:51:08.99
>>431
ここで需要がないように、本屋でも需要がないのだろう。

433 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 15:53:11.37
田舎もんはアマゾン使ってりゃいいよ。

434 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 15:56:56.93
リアル書店がつぶれていくのは悲しい。
なるべく尼は使わないでリアル書店を利用したい。

435 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 15:58:32.59
いま都会に住んでても引きこもってリアル書店にも行かず尼買いする人が増えてるよ。

436 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:00:18.46
>>434
俺も。なるべく地元の書店で買ってるよ。
発売日の朝には手に入るしね。
尼とかネットで買うとたまに折り目ついてたりするからできるだけ
買わないようにしている。

437 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:01:21.68
てか、アマゾンナウで1時間以内に届けてくれるとかありえんよな
世田谷の倉庫から八キロ以内限定やけど

438 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:01:44.79
尼だと中身が確認できないからね。
本屋で実物の中身を確認しないとこわくて買えない。
特に文芸誌は。

439 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:09:13.23
各リアル書店も存続が厳しいな。
文房具とかカフェも同時にやって生き残りをかけてる所が増えてる。
でも文房具やカフェも店内で実施する分、本の置き場も縮小しているわけで。
特に書籍コーナーが縮小してて本好きにはこたえる。

440 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:14:17.54
ジュンク堂みたいな面積の広い店は雑誌書籍も充実してるがな。
街の本屋は厳しいだろうね。

441 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:14:20.89
なんで文壇はタヒばかり押してくるんだろう。

442 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:15:23.15
アマゾンでないとない本もあるから難しいよね

443 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:17:24.10
明日、何駅か離れてるけどジュンク堂に行って来るよ。
そこでタヒの「空は分裂する」を探してくる。

3連休は本屋と図書館くらいしか行かない。
どっかに出かけようと思ったけどお金をあまり使いたくない。
いちばんお金のかからない趣味は読書だからな。
大人しく本探したり読書したりしてるよ。

444 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:18:07.38
444

445 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:18:41.35
さすがにジュンクにはあるでしょタヒ

446 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:20:31.63
ジュンク堂に期待。

447 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:23:07.93
俺も本はできるだけ地元の書店で買ってるな
ホンヤクラブに入っている書店だから取り寄せもできるし
それまでアマゾンを使っていたけど、すぐに届いても積読になるだけだと判明したから今は使い分けている

448 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:25:15.33
尼で買うと後払いでカードからお金が引かれる。
借金してるみたいで気持ち悪い。
現金をレジで払って買うのが落ち着く。

449 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:25:50.23
本屋ぶらぶらするの楽しいじゃん。
アマゾンは情報収集だけでじゅうぶんだよ。

450 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:26:16.95
書店にないのはアマゾン

451 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:28:16.19
書店に足を運んで探したり取り寄せになるより、
尼で注文して商品を受け取るほうがめんどくさい。
いつも留守の時に届いてて再配達になる。
再配達の電話をかけたり、商品が届くまで家にいなきゃいけないのが嫌。

452 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:32:14.45
このスレはリアル書店を応援します。

453 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:43:02.58
本屋がめぐり楽しい\(^o^)/

454 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:44:53.78
その通り。
歩かなくなったらおしまいだ。

455 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:47:32.30
田舎は本屋ないから仕方ない。

456 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 16:48:36.86
田舎暮らしとか絶対したくないわ。
本屋も図書館も徒歩圏にない生活なんて!

457 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:06:54.94
俺は本屋と図書館がないと死ぬ。

458 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:15:06.53
まあでも、ネット通販に淘汰されていく流れはとまらないからなあ
カフェもそうだが、作家の対談とかあるいはイベントみたいなもので、その場にいる価値を生み出さないとどうにもならない気がする

459 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:22:19.13
自分の目できれいなの確認して買ったほうがいい。
本に限らず、靴とか服とか試着しないと嫌だし。

460 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:24:22.51
その場にいる価値は普通に感じるな。
ジュンク堂にいくと。
本棚にはさまれているというライブ感がたまらない。

461 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:25:41.65
>>460
それでは金にはならないんだよね

462 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:27:30.31
>>461
はい!
なるべく買うようにします!

463 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:29:24.82
本屋でぶらぶらしておもしろそうな本見つけてペラペラ見て買うことは
よくある。

464 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:30:28.03
うん。神保町の古本屋めぐりも好き♪

465 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:38:10.85
文房具売り場のある近所の書店がつぶれたばかりだよ

466 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:47:20.81
紀伊国屋書店も店舗によっては小さいよな。
ただワセブンとかマニアックな文芸誌でもちゃんと置いてあるのが嬉しい。
買わないけど立ち読みしたいからな。
(しかもワセブンはなぜか文芸誌コーナーでなく、評論コーナーに置かれている)
文芸誌を買うと何も言わなくても紙カバーつけてくれるのもいい。
町の小さい書店で文芸誌買ってもカバーつけてくれない。
言えばつけてくれるんだろうけど申し出にくい。

467 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 17:58:36.29
ポッポ創作板にいたわ。
元気そうでよかった。

468 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:10:10.18
元気なのが何よりだね

469 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:15:45.59
ほんと、具合悪いと本も読めない。

470 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:16:35.14
創作板見に行ってきた。
ポッポはいま受賞のことで頭がいっぱいなんだね。

471 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:17:33.91
>>469
大丈夫?気候が変だしねー

472 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:25:04.51
ワナビには大変な時期だね。

473 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:27:45.62
読者は気楽でええわ

474 :モニタリングくん:2016/03/19(土) 18:32:36.24
滝口の芥川賞受賞第一作の感想の締め切りが明日までに迫っている。
読んだけど難しくて感想書けないや。
図書館にいって群像に載ってる山田詠美の短編を半分読んだ。
誰かが感想書いてて面白そうで読みたいと思ってたんだ。
これなら少しぐらい感想書けそうだからこっちを明日書くね。

746 吾輩は名無しである 投稿日:2016/03/13 22:15:15
モニタリングはいいから、君も一冊くらい文芸誌買って読んで感想買いたら?

759 吾輩は名無しである 投稿日:2016/03/13 23:09:56
じゃあモニタリングしながら文芸誌読んで感想を書きなさいな。

760 吾輩は名無しである 投稿日:2016/03/13 23:16:40
うん、滝口の芥川賞受賞第一作の感想を1週間以内に書くよ。

475 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:36:48.07
でも買わなかったんだw

476 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 18:40:40.89
えー、滝口の感想がいいよ。

477 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 19:01:31.53
>>474
SMの文字に反応したのかい?w

478 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 19:17:30.90
>>477
ええ、まあ。ははっw

479 :モニタリングくん:2016/03/19(土) 19:23:54.72
コテ付け忘れた。

山田詠美の『跪いて足をお舐め』って自伝的SM小説が好きなぐらいだしね。
ショッキングだったよ。
変態小説には反応する。

480 :モニタリングくん:2016/03/19(土) 19:26:47.94
移人称使いの滝口もある意味変態だ。

481 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 19:33:30.81
物語をキッチリと作れる能力がないから視点がバラけてダラダラ綴る。
それを移人称で書いていると言っているだけ。タダの無能。

482 :モニタリングくん:2016/03/19(土) 19:47:55.79
文学界3月号に載ってる「滝口論・切り開かれた、あたらしい語りの地平」
では滝口の移人称ベタ褒めでよくわからなかったんだ。
抜粋する。

 このような視点のスイッチングが作品内で自在になされる語りの形式を、
昨今の複数の小説作品から摘出しうるひとつの潮流とみなし、
「移人称」と名づけたのは渡辺直己である。日本の近代小説の、
長らくメインストロリームたる自然主義的リアリズムの強い呪縛から、
意識的に小説を開放すること。
ある人称の持つ制約を逸脱することで「世界」の多面的な捉え方を模索すること。
あるいは小説を映像作品のように構築すること。
そのように考える作家たちが、たまたま同時多発的に出現しているのが現代の文学シーンなのだとして、
滝口悠生はたしかにその一端を担ってきた。

483 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 19:55:18.96
>長らくメインストロリームたる自然主義的リアリズムの強い呪縛から、
意識的に小説を開放すること。

自然主義的リアリズムに呪縛されたままでいたいんだけどね。
駄目かな?

484 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:01:12.51
移人称の限界は、それを書いてる作家は一人の人格でしかないってことにある。
移人称にリアリティを持たせられる作家は、多重人格=精神分裂=統合失調症にならざるをえない。

485 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:03:29.45
滝口はそのうち狂って自殺する。

486 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:06:41.98
お前ら、そんなに滝口好きなら死んでいない者買ってやれ。
いまだに初版だぞ。

487 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:08:54.02
自然主義的リアリズムが長らくメインストリームで何が悪いの?
意識的に開放しすぎて、文芸誌掲載作は奇妙なものであふれている。

488 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:10:28.77
>自然主義的リアリズムに呪縛されたままでいたいんだけどね。
駄目かな?

文芸編集者たち「駄目です!」

489 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:13:31.12
>>486
もう文学界で読んじゃったよ。

490 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:15:23.77
読んでもファンなら単行本出たら買うもんだろ。
俺は好きな作家のときはそうするぜ。

491 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:15:47.26
書いている人たちの多くが保坂和志に影響されていると言っているし
たまたま同時代的に出てきたのではなくて何か源流があるでしょうよ

492 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:18:16.17
>>490
本谷のが好きだな。
来月になったら異類婚姻譚買うかもしれない。

493 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 20:19:24.26
滝口の評価はおいといて、注目すべき作家であるのは確かだ。

494 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 21:11:34.17
住人Bです。午前中に内科に行きました。
薬飲んで安静にしてたら熱が下がりました。
病院の待合室でグランタの海外もの1本読み終わりました。
でもまだちょっとフラフラするので3連休はロムる中心でいます。
連休明けにまた何か感想をうpできればと思います。
その前に予告をアナウンスします。

>>384
歴史や宗教学など他。

>>474
楽しみにしてます。

>>476
じゃあ近日モニタリングくんのかわりに自分が滝口の芥川賞受賞第一作の感想書きます。
文學界3月号持ってるので。

495 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 21:27:40.91
>>494
無理しないでゆっくり休んでくださいね。

496 :モニタリングくん:2016/03/19(土) 21:31:55.65
>>494
はい〜よろしくお願いします。
お大事に。

497 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 21:37:56.60
具合悪くても本読んじゃうんだよね。わかる。

498 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 21:41:22.90
本読むのが生き方になってるとね。
習慣だよ。

499 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 21:56:14.77
文藝秋号持ってるんだが、
そのうちブックオフに売ろうと思ってたら紙が黄ばんできている。
同じ頃に買ったほかの文芸誌は黄ばまないに。
これでは売れない。
どんだけ悪い紙使ってるんだ?
河出の経営状態って大丈夫かな。

500 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 21:56:50.84
500

501 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:10:33.13
群像の紙質もやばそうだよねw

502 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:15:47.22
文学ニュース入ってきたぞ

井上ひさしさんの未発表原稿=「オール読物」4月号に掲載
時事通信 3月19日(土)19時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00000104-jij-soci

503 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:17:20.30
講談社はセコイから各雑誌の編集部は独立採算でドンブリにしないでしょ?
純利益が出てないと編集部員はボーナスが基準最低保証額になるから
売れてないなら製本コストを安くして必死で利益を出すんでしょ(笑

504 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:18:58.35
文学界の紙質が一番好き。

505 :499:2016/03/19(土) 22:24:27.04
文藝秋号は日当たりの良い場所においてたわけではないよ。
それでもヤケたんだ。

506 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:34:19.39
>>503
>売れてないなら製本コストを安くして必死で利益を出すんでしょ(笑

いや、群像は発行部数7000部だから最初から利益なんてないよ……。

507 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:37:43.72
>>501
群像はわら半紙みたいだよなw
まだ文藝のほうがまし。

508 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:40:43.18
紙質の良い順番

文学界>>>>新潮>>文藝>すばる>群像 ?

509 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:43:31.97
文学界以外は製本コスト抑えてるよな。
表紙が写真とか絵でなくなった。
まあ読めればいいんだが。
あとでまとめて古本屋に売るから、
購入後1年以内に紙が黄ばむのは勘弁してほしいw

510 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:58:41.89
でも文學界の表紙はセンスない。あれなら金かけてなくてもすばるや群像みたいなのでじゅうぶん。

511 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 22:59:35.97
>>508
なんだかんだで又吉効果かな

512 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:04:21.83
>>510
読めればいいよな。

>>511
まあそのおかげで写真ページも作れたんだろうな。

513 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:08:03.07
又吉懐かしいな。

514 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:15:00.50
もう過去の人w

515 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:17:45.54
尼で文学界はバックナンバーの方が売れている
ナオコーラ号が

516 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:24:02.03
>>514
二作目出ないし、もう旬を逃した感じ。二作目も用意しておけばよかったのに。

517 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:26:11.19
ネットニュースで綾部がじゃまするって言い訳してたなw

518 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:28:14.09
結局一発屋だったのか。
芥川賞もらい逃げ。

519 :吾輩は名無しである:2016/03/19(土) 23:38:19.36
眠くなってきたので寝ます。
おやすみなさい。

520 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 00:15:20.55
お休みなさい。

521 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 06:54:13.56
朝日新聞デジタル

■(思い出す本 忘れない本)『文体練習』 鈴木優人さん
 http://news.asahi.com/c/ad42dlmn4psjiGa3

『文体練習』/レーモン・クノー〈著〉

 バッハに通じる言葉の遊戯 作曲家・指揮者・鍵盤奏者、鈴木優人(まさと)さん

 言葉遊びが好きで、こういう本に目がないんです。
 物語とも言えない短い出来事を、99通りものバリエーションで書き分けた本です。


■(売れてる本)『火星の人 新版』(上・下) アンディ・ウィアー〈著〉
 http://news.asahi.com/c/ad42dlmn4psjiGal

茶目っ気たっぷりの科学者

 有人火星探査のミッション中の事故で宇宙飛行士のマークは、たった1人で火星に取り残される。
次に火星探査船が来るのは4年後。だが、食料は1年分しかない。本作は日本で今年公開された映画
『オデッセイ』の原作でもある、火星での生活を題材にしたSF小説である。
ひとことで言えば…

522 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 07:36:45.65
世間的には(というか業界的にも…)純文作家なんて芥川賞とればアガリなんだから
別に次回作なんて書かなくてもいいよ一発でとったんだから

523 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 07:54:52.26
まあ9.5割の芥川賞作家には興味なくなるわな。
文芸誌に作品が載っててもスルー。
でも中には次が出たら読んでみたい作家もいるけどな。

524 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:01:25.40
芥川賞は新人賞なのにな。

525 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:07:21.12
芥川賞取ってからも読んでる作家は結構いるよ。
小山田さん藤野さんとか。

526 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:11:48.49
俺は賢太ずっと読んでる。

527 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:15:55.16
たなしん、朝吹、綿矢、金原etc

受賞後も読まれてるのいっぱいいるだろ。

528 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:27:22.29
羽田のはむしろ受賞前のを読み漁りたい気分なんだよな。

529 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:28:40.04
特にこのスレで人気あるのは朝吹だな。
来月の新潮に連載3話目が載る。
楽しみだ。

530 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:28:58.71
本谷さんのも昔のやつがおもしろい。

531 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:37:08.77
うん、それでグランタや群像を読む片手間で本谷の「乱暴と待機」も今読んでる。
初期作品によく見られるキョドリ系女子が出てくる。
痛いけど可愛いので許されるキャラなんだが、読んでて苦痛になってきた。
20ページ読んだけど、全部読むのやめようかなと思った。
本谷は「嵐のピクニック」から作風が変わってきて、
結婚を期に「異類婚姻譚」では初期の良さである乱暴さがなくなった。
芥川賞の選考委員も指摘した点だけど。
俺は本谷は洗練されたと思う。今となっては昔のを読むのがつらい。
でも感じ方は人それぞれだな。
「乱暴と待機」はアマソンレビューの評価が異常に高いので、
がんばって引き続き読んでみる。

532 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:42:39.16
でも「異類婚姻譚」は猫を山に捨てるのが酷い。
愛猫家作家の保坂が読んだら怒るぞ。

533 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:44:54.87
住人Bは熱下がったのか

534 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:48:35.59
現在36.1度。

535 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 08:57:16.15
朝吹、綿矢、西村、津村、藤野あたりは受賞後も読んでる。

536 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 09:03:41.60
>>534
よかったね(^-^)

537 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 09:04:31.30
今日は二度寝してからジュンク堂に行ってくる。

538 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 09:25:31.57
>>537
昨日のタヒ買いの人かな。いってらっしゃい。

539 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 11:55:49.91
やっぱ3連休だから旅行にでも行ってる人多いのかな。
人が少ないね。

540 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 12:09:32.99
>>538
午前中はごろごろしてた。
これから行ってきまーす。

541 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 12:39:16.18
今日は天気もいいから出かける人多そう。

542 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 12:39:40.14
気持ちいい陽気だね

543 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 14:23:13.87
こちら図書館からです。ガラケーで群像4月号に載ってる
山田詠美の短編・蛍雪時代の感想をお送りします。
過去スレで感想がうpされてて、SM小説とのことで興味をもって読んでみました!
おもしろくて図書館だというのに爆笑しながら読みました!
これ笑えるSM短編です!
本屋で立ち読みしたって人はよく笑わずにすんだなあwwwwwww
結婚してる年増の男・西条と蛍子がめくるめくフェッティシズムの世界を目指す根性ものでもある!
特に笑えたのは、西条のセリフ「ぼくね、世の中に数限りなくあるフェチの世界を統括するのが夢なんですよ」wwwww
西条は本気だ。遊びではない!w
そしてプレイは日を追うごとにエスカレート!
蛍子は西条を師匠と呼ぶようになりますが素敵な師匠ですね!wwwww
突っ込みいれたいのは西条理論といわれる次のもの。
「最高のサディストは、最高のマゾヒストである。もちろん逆も真なり」
西条理論じゃねーよ。一般論だよ!おれだってよくサドの友人がいてよく聞かされたもんwwww
エイミー、がっかりだぜー。
最後に西条の妻が二人に出刃包丁をふりかざしてくる。
蛍子は、こんなのはじめえていただきましたと、何よりもアブノーマルなものを感じるんだ。
世の中逆転してるぜい!
SMより仲のこじれた夫婦の方がアブノーマルなんだ!!!

感想終わり。図書館からお送りしましたー!wwww

544 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 14:28:55.92
おれはノーマルだがなwwwwww

545 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:41:15.56
日本人はSMに(民族として)フラッシュバックしないんだな。
そりゃ拷問・残忍な処刑はあっても西欧異端審問のアレじゃない。
売春窟も、娼妓の目を潰す(客の選り好みをさせない)歯を抜く(フェラ好きのために)なんてインド・中国みたいなことはしてない、で。
だからお遊びなんだな、およそのSMが、お笑いの。
だからゾッとすることが無い。
どっちみちおよそ文学じゃないよ。
そんなものを売りにしてる詠美なんてくだんない。作家と言う以前に女として。

546 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:41:41.25
SMは遊び、夫婦喧嘩は本気だから。
本気はアブノーマルを凌駕する。

547 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:48:09.96
フェッティシズムは谷崎がいいね。
アブノーマルでなくても普遍性があって共感できる部分がある。

548 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:50:57.54
鬼畜が(嗤

549 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:52:39.96
えっ?

550 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:55:09.22
んっ?

551 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 14:57:25.97
おれは鬼畜じゃないもーんwwwwww

552 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 14:59:01.31
モニタリングくんは野獣系

553 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 15:00:13.90
ええっ??

554 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 15:02:59.54
野獣系男子っていう言葉があるよね。
草食系男子の逆で。
野獣系男子ってモテるんだってね。
良かったね。

555 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 15:03:36.67
555

556 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 15:11:24.11
山田は黒人書くのはやめたのか。

557 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 15:27:21.33
やめた。

558 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 15:47:12.51
個性的な住人たち(笑)

559 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 17:46:48.72
>>556
島田雅彦の「食い物の恨み」(講談社文庫版 2007年刊)の解説を読むと
山田詠美はそうとうこたえていたようだけど。

560 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:09:45.86
島田雅彦ってたま〜におもしろい小説あるよね。

561 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:12:23.15
ジュンク堂行ってきた。
タヒの詩集買えたよ。

562 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:15:33.31
>>560
文学界で連載してた傾国子女はよかった。
島田雅彦はいかがわしい話が面白い。

563 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:24:12.33
今日は風が気持ちよかったね。

564 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:29:23.19
>>562
10年くらい前に六本木ヒルズで見かけたけど、かっこよかったよ。確かにもてそうだね。

565 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:34:25.96
誰かが佐々木敦の「ニッポンの小説」の感想を書いてたから、
プロローグだけ立ち読みしてきた。
ここの住人にはすでに周知の事実であることしか書かれてなかったよ。
月評様が芥川賞選定の参考にされてるなどさ。
他の章は面白そうじゃなかった。
これはプロローグだけ立ち読みすればいい本だね。

気になったのは、
「文学の専門誌である文芸5誌」って表現が出てきたことだ。
マジか!? そんな自覚ないで読んでるけどw

文芸誌は、文学の専門誌なんですか?

566 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:36:25.42
文学の専門誌を鑑賞するおれたちは凄い(笑)

567 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:44:08.18
結構熟読してるもんな(苦笑)

568 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:44:26.98
>>564
昔、島田雅彦のインタビューがダ・ヴィンチに載ってたけど、
年増が好みなんだって。
「若葉より紅葉がいい」と語ってたのを忘れられない。
しかも結婚したその日に浮気して妻にも俺はこういう男だ、
というのを納得してもらってると言う。
雅彦こそ鬼畜。

569 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 18:45:50.85
文学の専門誌である文芸5誌wwwwwwww

570 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 18:58:54.05
俺は今日、岩波文庫のチェーホフ短編集買ってきたよ。
900円以上した。
まずは「谷間」から。

571 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:02:32.18
朝倉かすみってエンタメの人だよね。
文学ニュースで著作について流れているけど。

572 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:07:37.02
文芸5誌は、もっと文学の専門誌らしいことを書いて下さい。

573 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:24:23.99
>>568
昔、文藝に夫婦で出ていたよな。

574 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:24:29.53
中島!

575 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:24:41.59
大畑!

576 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 19:25:01.32
文芸誌4月号 尼でのモニタリング 

文学界
3月06日(日)19時 文芸・総合カテゴリ16位
3月07日(月)20時 文芸・総合カテゴリ04位
3月07日(火)20時 文芸・総合カテゴリ06位
3月10日(木)21時 文芸・総合カテゴリ20位
3月11日(金)20時 文芸・総合カテゴリ15位
3月12日(土)22時 文芸・総合カテゴリ14位
3月13日(日)20時 文芸・総合カテゴリ15位
3月14日(月)22時 文芸・総合カテゴリ18位
3月20日(日)19時 文芸・総合カテゴリ27位

新潮
3月06日(日)19時 文芸・総合カテゴリ18位
3月07日(月)20時 文芸・総合カテゴリ05位
3月07日(火)20時 文芸・総合カテゴリ03位
3月10日(木)21時 文芸・総合カテゴリ05位
3月11日(金)20時 文芸・総合カテゴリ05位
3月12日(土)22時 文芸・総合カテゴリ01位
3月13日(日)20時 文芸・総合カテゴリ02位
3月14日(月)22時 文芸・総合カテゴリ05位
3月20日(日)19時 文芸・総合カテゴリ10位

577 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 19:25:51.81
群像 
3月06日(日)19時 文芸・総合カテゴリ52位
3月07日(月)20時 文芸・総合カテゴリ08位
3月07日(火)20時 文芸・総合カテゴリ12位
3月10日(木)21時 文芸・総合カテゴリ33位
3月11日(金)20時 文芸・総合カテゴリ33位
3月12日(土)22時 文芸・総合カテゴリ24位
3月13日(日)20時 文芸・総合カテゴリ17位
3月14日(月)22時 文芸・総合カテゴリ20位
3月20日(日)19時 文芸・総合カテゴリ70位

すばる
3月06日(日)19時 文芸・総合カテゴリ48位 
3月07日(月)20時 文芸・総合カテゴリ25位
3月07日(火)20時 文芸・総合カテゴリ21位
3月10日(木)21時 文芸・総合カテゴリ25位
3月11日(金)20時 文芸・総合カテゴリ28位
3月12日(土)22時 文芸・総合カテゴリ33位
3月13日(日)20時 文芸・総合カテゴリ91位
3月14日(月)22時 文芸・総合カテゴリ83位
3月20日(日)19時 文芸・総合カテゴリ37位

578 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 19:28:58.55
「モニタリングしながら文芸誌の感想も書きなさい」
と言われてプレッシャーになって15日〜19日のモニタリングするのど忘れしたwwwww
感想苦手だから感想は1スレにつき1話にさせてくれwwwww

すばるの順位が1週間前と比べると上がって、
群像が急落してる。
ここで酷評されてるからか?

579 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:31:11.77
モニタリングくんお疲れ様です!!

580 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:33:34.45
>>578
そうなの?俺ここでの感想読んで群像買おうかと思ってたのに。

581 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:34:16.53
グランタは?

582 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:39:31.10
>>578
>>580
住人Bが群像で酷評してるのは若松の幸福論だけ

>>368
>>369
>>370

583 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:44:41.62
新潮は売り切れてるのに10位なのが凄い。

584 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:49:33.90
群像は一般向きではない。
むしろ文学オタクなこのスレの住人向き。
ここでのうp感想と、その反応レスとを照らし合わせながら、
斜めに構えて読めば勉強になるよ。

585 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:56:01.74
新潮は、今年一年の編集方針は決まった。
朝吹の連載がある月は、数学者最終講義みたいな読者層開拓の企画ものと抱き合わせ、
朝吹の連載のない月は、蓮実みたいな異色の書き手の書き下ろしで勝負する。

586 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 19:58:46.43
わかりやすい新潮。
また上田に書かせようとしている。
又吉の2作目掲載も狙っている。

高橋君はまだかー?

587 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:02:31.87
高橋弘希のツイッター、去年の11月で更新が止まってる。
スランプかな?

588 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:05:41.32
Twitterに興味を失っただけかも知れないですね。

589 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:06:33.60
なるほど、それで先日は上田のステマに出たわけか。

590 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:07:05.98
新潮の野望

・長良たんに芥川賞
・高橋君に芥川賞
・上田君に芥川賞

591 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:07:10.49
前田さんのも止まってる。諸隈くんは相変わらず海外豪遊ニート。

592 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:08:39.06
興味ある作家のツイッターほど止まるなあ

593 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:12:02.78
滝口は頻繁に更新してるね。

594 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:15:22.48
栗原裕一郎
@y_kurihara
文芸誌の死者ブームが再燃してる感が…

595 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:15:49.41
うーん、パリのカフェでたむろしているニートの前に気品のある女性が出て来て、
「あなたたちは皆、失われた世代の人たちです」と言う小説を書くとしたら、
諸隅になるのか?
滝口なら、名護と宜野湾の居酒屋だな。

596 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:16:11.92
栗ちゃんも頻繁に更新してるね。

597 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:20:52.76
>>595
何その読みは?

598 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:25:58.76
次の異色の書き手は、ずばり林修だ!

599 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:25:58.87
読んでないからわからないんだろ(苦笑)

600 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:26:27.89
600

601 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:27:39.00
599は597へのレス

602 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:30:52.57
舞台にするなら、パリのカフェよりもトルコのイスタンブールかアンカラだろうな。
中東をヒッチハイクしてるニートが必ず立ち寄る。

603 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:32:09.60
Twitter見るとドイツ好きみたいじゃん。

604 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:32:54.38
じろうの話ばっかりしてるからラーメンのイメージしかないw

605 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:34:49.02
ドイツなら近場のセルビアを舞台にする。
世界民主革命のオトポールの本拠地がある。
そこに全米民主基金を装ったCIAのエージェントが現れて

606 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:35:44.29
そんな作風じゃないだろ。
熊の結婚。

607 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:36:41.99
諸隅君、執筆のことつぶやかなくなったね。
ついに干されたのかな。

608 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:39:18.76
エリンギ改革で干されたんだよ。

609 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:43:22.33
最近、極右政党が大勝したハンガリーを舞台にしてもおもしろい。
その極右政党からナショナリスト・グローバル会議の招待状を貰った嫌韓右翼の領袖が
ブダペストのウィーン風カフェに現れる。
そこでの秘密会議は世界を国粋主義化することであった

610 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:43:51.07
田中さんからはがきがきて異動を知りみたいなこと書いてたけど、
賢太みたいに紹介はしてもらえなかったんだな。

そういえば熊の結婚みたいな作風はエリンギ嫌いそうだよな。

611 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:46:21.46
弱小新人の悲しさよ

612 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:47:46.55
甘露のひとはよく復活できたなw

二作目4年後とか逆にすごい。

613 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:49:14.43
しかも面白いんだろw

614 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:52:17.67
甘露の人、文フリに出てたみたいだよ。
何書いたんだろ。
文フリのウェブカタログがソースだけどさ。
文フリ行こうか迷っていかなかった。
行ったら行ったで無駄な出費をしてしまうから。

615 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:54:55.61
あのさ、そういうちまちましたのはもういいのよ。
あたちは、ガートルード・スタイン女史みたいな知的な女性が現れて、
「ロスト・ジェネレーション」と一喝する、気宇壮大なニート小説が読みたい。

616 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:56:44.49
なんで「ロスト・ジェネレーション」と一喝するの?

617 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 20:58:07.61
「ロスト・ジェネレーション」といいましても、それは永遠のことになってしまった。
日本の編集者が目をそらす現状。

618 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:02:51.92
ちまちましたのでも、日常の何気ない美をきれいに切り取ったものなら読みたい。

619 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:04:59.85
目をそらしてはいかん!
日本的ロスジェネの因果を分析し、そこに生きる者の現状を批判し、
未来への薄ぼんやりした暗雲を描くことこそが文学の役割だ。
そこを回避しては、日本文学の復興はない!
文学が否定的な未来を描くことで、こりゃまずいと現状改革の活動が始まるのだ!

620 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:12:10.86
>>619
住人Bですが、グランタ読んで、海外は日本の文壇だと目をそらすような暗雲を扱ってるのがわかったよ。
詳しいことは知らんがね、日本に文芸誌が発明される以前の文芸の役割が失われていないままだと感じる作品もある。

621 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:14:14.01
幻想や妄想で薄らぼんやりしたものが日本の流行り。

622 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:18:07.46
日本の文壇は文体の拡張ばかり求めている。

623 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:19:34.46
ヘミングウェイを見よ!
第一次大戦で傷つき、ローリング・トウェンティースのニートを描いた。
スペイン内戦でファシズムに敗北し、共和国派の男女の内紛、
スターリンソ連との共闘の限界を描いた。
日はまた昇る、誰がために鐘は鳴る、武器よさらば
そこから、ゴールデン・シックスティーズの時代が始まる。
また別の問題が起きたのではあるが

624 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:21:59.78
>日はまた昇る、誰がために鐘は鳴る、武器よさらば

10代の頃チャレンジして挫折した駄目なおれ……。
いまなら読めるかな〜。

625 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:25:52.63
滝口が熱ければ…

626 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:29:47.91
>>615
>>623

熱いあなたたちが書いてよ。俺はただの読者だからさ。
遺言のような気持ちで託すよ。

627 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:34:14.94
最初は「俺が文壇を変えてやる!」と意気込んでた熱い作家たちも、
冷たい編集者の前に敗北せざるを得ない。
それが現状。

628 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:36:46.27
ヘミングウェイのスペイン内戦ものの男女の絡みってさ、
妙に連合赤軍の男女のもつれに似てるんだよな。
闘争に恋愛は御法度なんだろうな。

629 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:46:23.89
骨抜きにしてきた彼女が実はスパイで、
闘争の前に内部分裂しましたとさ、って話なら読んだが、
タイトルと作者は忘れた。
そういう闘争する人間たちの失敗まで隠さずに暴露する作家は偉大だよ。
これから闘争しようって読者たちに失敗談から教訓を与えようとしている。

630 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:49:30.87
>>613
俺はああいう話好きだけどね。つまらん芥川賞候補作よりは全然いいと思った。

631 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:51:18.40
候補作選定の基準が分からないよな。

632 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 21:52:51.59
ああ、全部読んでないんだっけ。

633 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:00:08.87
>>630
上田、タヒ、村田とか読んで疲れるよりはずっといいよな。

634 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:05:46.04
タヒのイラスト詩集買った者だけど、小説よりは詩の方がましだな。
イラストは著名な漫画家やイラストレーターたちが書いてて、
詩に満足できなくても、イラストで得した気持ちにさせられる仕様だ。
詩は全部が良いとは思えないけど、中にはピタリと自分の感性にフィットするものもある。

635 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:09:16.17
タヒは文學界初登場のときは巻頭の詩だったよね。
あれは悪くなかった。

小説でまあまあよかったのは獣だけ。

636 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:10:10.15
まあタヒは詩の方が良いといっても、
カクヨムのラノベみたいな痛さのもあるけどな。
素人っぽさがいいんだろうね。
俺は未映子の詩の方が好きだね。

637 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:12:12.04
文学界の巻等表現は嫌いではなかったりする。

638 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:13:28.52
ミエコでいいのはヘヴンだけ。

639 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:18:15.06
群像に「お花畑自身」って短編書いてたな。
良かったと記憶してるが内容は忘れてしまった。

640 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:20:54.72
でもタヒのイラスト詩集「空が分裂する」はよく文庫化したな。
詩集はただでさえ売れないのに。
未映子の詩集の中にすら、文庫化したものはない。
いまをときめく詩人であるのは確かだ。

641 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:27:27.28
タヒはコアなファンがいそう。

末映子はもっと一般的なファンがいそうな感じ。

642 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:31:13.82
未映子が小説本を出したら必ず買う・借りるって層はいる。
新刊が出れば町の小さな本屋でも平積みされてるしな。

643 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:40:16.97
未映子の「愛の夢とか」は女同士でキスするシーンがある。
挨拶のようなものだと解釈してたが、
グランタ掲載短編はシリアスな女同士の同性愛だったので、
愛の夢とかのは挨拶程度と解釈してはいけないな(笑)
レズも未映子の重要なモチーフの一つとなった。

644 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:41:54.01
子供産んだからこれからはママ小説家みたいになるんじゃね。

645 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:44:02.62
未映子の詩小説「水瓶」良かった。
もう詩は書かないのかな。
売れないから。

646 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:47:21.44
選考委員で食っていけるから。

647 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 22:48:32.38
尼のグランタの順位をモニタリングしてるわけではないけど、
ときどき観察する。
順位がどんどん落ちてる。
売れてないね。
1冊2000円もするからね。

648 :モニタリングくん:2016/03/20(日) 22:50:02.29
住人Bさんがここでネタばれしてるからかな?

649 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:52:10.42
発売日からだいぶたったからだよ。

650 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 22:54:36.90
イーユン・リーの短編が微妙そうだったのが痛手だな。

651 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:09:50.64
住人Bが感想を書いてくれたおかげで買ってみようかという気になったがな。

652 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:14:09.70
感想はスレに大事だな。

653 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:28:33.48
住人Bですが、そういっていただけると嬉しいです。
感想をここに書き続けて何か意味があるのかな?とときどき立ち止まりますが。
感想を参考に購入して読んでみたけど、Bが言ってるように面白くないよとか、
Bが酷評してるけど面白いよ、などあると思います。
基本的に、面白くてもつまらなくても楽しんで読んでます。

654 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:37:16.99
真面目で几帳面な住人Bなのでありました。

655 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:37:51.73
登場するたびに「住人Bですが」というのもアレだからコテになった方がいい。

656 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:39:32.49
>>654
名無しの住人Bはけっこうやんちゃですよ(笑)

657 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:43:57.98
>>655
次から感想書くときそうしようかと検討します。
今までが名無しだったのでそっちでなじんでしまっているんですよね。

658 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:46:10.29
>>657
それが普通です。

659 :吾輩は名無しである:2016/03/20(日) 23:56:01.04
コテのメリットデメリットってあるよね。

660 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 00:26:03.66
最果タヒと木下古栗がたまにごっちゃになる

661 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 00:31:35.38
なんでー

662 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 00:37:08.58
最果タヒの詩集買って良かった。
変な文章あったら晒そうとたくらんでたけど今のところない。

663 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 00:42:23.62
>>660
全然違うやん。

664 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 02:15:57.38
読んだことないんだろ。

665 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 02:31:50.80
古栗もタヒも文藝で書いて変になった。

666 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 02:32:30.21
666

667 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 05:03:24.35
>>665
文藝に書いた両作品が似てるの?

668 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:05:19.88
>>667
だから、似てないって。なんで似てることにしたいの?

669 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:14:08.94
この話はやめよう。

670 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:19:46.72
谷崎とだけ言われると、潤一郎と由依がごっちゃになるか潤一郎の方だと思っちゃうけどな。

671 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:33:59.76
>>670
ゆいはそんな知名度ないだろ。文芸誌読んでるようなやつしか知らん。潤一郎は一般人でも知ってる。

672 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:34:42.51
芦屋の記念館はよかったな。

673 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:40:06.50
由依の作品は藤野のに比べるとぱっとしないね。
でも群像3月号に書いてる短編「黒板」は月評様の評価が高い。
これから読んでみる。

674 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:53:50.14
>>673
ゆいは消えたかと思ったが地味に生き残ってる。デビュー作しか読んだことないが。

675 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:54:27.42
月評様の評価が良いと読んでみたくなるね。

676 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:55:39.70
>>673
芥川賞取る人と候補にすらならない人の差だよ。

677 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 07:57:04.75
>>674
今は無きエンタクシーで読んだことある。
藤野も書いてた。藤野の後に読むと特に地味で目立たない。
読んでも内容を忘れるほど印象に残らない。

678 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:00:09.13
>>674
円城の同期だっけ。

679 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:04:37.92
夏樹静子亡くなったのか。

680 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:04:50.69
wiki見ると、二人とも2007年文学界新人賞受賞組だね。

681 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:09:59.30
ゆいは化けるかな

682 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:13:04.96
由依は近畿大学講師やってるんだな。
芥川賞とらなくても講師の話が来るんだ。
あ、ナオコーラも講師やってるか。

683 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:14:24.49
>>679
夏樹静子さんのご冥福をお祈りします。

684 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:18:28.49
>>682
島田雅彦もそうね。あとユイちゃんは翻訳の仕事もしてなかったっけ?

685 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:20:46.37
今日は日中出かけるので消えるね。
夕方戻ってくる。

686 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 08:21:39.59
>>684
してるしてる。

687 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 10:30:36.70
中島!

688 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 10:31:07.24
大畑!

689 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 11:57:14.29
突然死だよな・・・

690 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 13:00:47.70
純文学誌とか。。購買層がいるのが信じられんな。

691 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 13:35:43.36
最近知ったんだけど保坂が新人賞の最終候補の半分くらいは出来が悪く、
応募作のほとんどが小説になってないと発言してるとか。
そうだよな、保坂の小説を基準にしたらほとんどの名作は小説になってないからな。
文芸誌がつまらなくなるのも道理だよな。

692 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 14:45:59.57
最終候補作までは下読みと編集が拾い上げるから保坂の基準は関係ないでしょう。
まあ、中上没後に柄谷や蓮實のような輩が跋扈した結果、
批評ズレのした作品が増えたとは容易に推測できるのだけど。

小説家が物語構築を放棄して借り物の理論を振りかざすようになったらおしまいです。
そういうのは批評家に任せておけばいいし、小説家が批評家に媚びる必要も無いのです。
吉行淳之介あたりが適当なことを言って新人を蹴落としていた時代よりも悪い。

693 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 15:37:48.72
まじっすか

694 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:00:49.71
柄谷や蓮実の罪は、ポストモダンを庶民のグッチやエルメス程度にしか理解していなかったことにある。
ポストモダンに達する前の日本で、ファッションとしてのポストモダンをエルメスのバッグに喜ぶ日本女子のように持ち上げた。

アメリカのフォークナー、スタインベック、ヘミングウェイの提起した課題は、
60年代のケネディ-ジョンソン政権においてほぼ解決された。
そのとき文学は終わったとされ、アメリカ文学はポストモダンへと向かう。
米ソ核戦争の見えぬ脅威を描くにはピンチョンのようなポストモダンは有効だったかもしれない。
また、アメリカで一部は身辺小説に向かった。
ところが、60年代のアメリカこそ文学が取り上げねばならない波乱の時代だった。
文学が無視した題材をジャーナリズムが取り上げ、19世紀ヨーロッパ・ロマン小説の手法でジャーナリズムがやった。
大河小説的ジャーナリズムとしてのニュージャーナリズムが勃興する。
時代遅れで日本も同じトレンドとなり、日本でもフィクションは嘘でノンフィクションが真実を書いてるとの誤解が生じる。
日本に真実を突き詰めるニュージャーナリズムなど一度も無い。真実の欠片も無いノンフィクションが氾濫している。
もっとも、日本には欧米流のモダン小説さえ存在しなかった。
だから何?

695 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:05:42.41
下読が時給1000円以下のアルバイトで真面目に読むと思うかw将来の文豪を発掘したいのならもう少し選考システムを考え直す必要があるぜw

696 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:09:25.49
グッチは音楽の王族とか。エルメスは大馬主とか貴族の画家じゃないの卿みたいな。
庶民といえば庶民だけど、庶民派というより頂点だよ。
東大程度の柄谷とか蓮実には届かないさ。まだ上層さらなる厚い。

697 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:11:43.04
>>692

保坂の基準って「まだ誰も読んだことがない新しい小説」だから、保坂が選ぶ小説が悪いって話ではないよ。

698 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:12:45.25
プラダとかの方が好きだけど。最近は。かなり昔でしょ。

699 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:13:57.05
まだ誰も読んだことがない新しい小説
古い表現だな。小説は純文学じゃなくて。

700 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:17:03.63
700

701 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:17:09.19
>>699
どうなんだろう
とりあえず小説=純文学と読み替えていいとは思うが

702 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:17:50.45
>保坂の基準
保坂が小説書けて読めるとは俺も思えないね、そんなのがまともに選考出来るのかねw保坂もそうだが保坂の評価する作家も売れないだろw
保坂の評価する作家リストアップしてみろよw

703 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:22:01.73
保坂の体制派からの称賛は、文学を無力化したことにある。
そういった意味で保坂は、日本文学壊滅の巨人と言ってよい。

704 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:22:23.25
文学の純度純粋性を追求してるモノなのに小説のわけないじゃん。過去の文学賞も
勘違いや売名行為があれば出来れば総はいでおくべき。

705 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:22:56.18
しかし、保坂の影響を受けたと自称する作家がいま若手として出ているわけでしょ
滝口とか上田とか

706 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:23:47.15
日本文学?日本人が?海外の兵が壊滅などありえず、というより、
日本人の日本文学だけじゃん。それもなめてるし。

707 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:24:55.82
保坂の評価する作家リストアップ
滝口
上田

これも売れないクズ作家だよなw読者をなめてるwまだいるぜ

708 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:26:45.67
>>707
自称なのだから、逆でしょう
上田や滝口が保坂を評価している
どうしてこんな簡単なことを読み違えるのか

709 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:27:17.71
保坂いまチェックしたけど大したことないさ。

710 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:30:38.35
そもそも保坂のは小説になってないからな

711 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:30:46.88
あなたたちの評価する作家は誰なのか聞いてみたい
書いてくれたら読みますよ

712 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:32:05.65
リルケ

713 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:32:45.83
って文学者。

714 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:35:10.55
そういえば、新潮世界文学のリルケを積んだままだった

715 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:35:46.14
保坂が評価するのは柴崎友香、 青木淳悟、磯崎憲一郎とかね。
ウリポ、ヌーヴォーロマン、マジックリアリズムといった
ふた昔以上のまえの前衛小説の手法や影響のある作家といってもよい。
もう、この種の「前衛」は飽きました。

716 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:39:53.57
アール ヌーボー の建築のがよくない?ネタとして。

シュルレアリスムも簡単じゃん。中米の絵画以外。

難易度からすると、文学やりこみの人たちはだめなんじゃ。

717 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:39:59.01
>>711
金子薫
村田喜代子
水原涼
西村賢太
藤野可織
前田隆壱
本谷有希子
津村記久子
高橋弘希
篠原勝之

718 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:41:05.63
今の文学の最先端ってどの辺にあるの?
自分は小説自体は読んできたけど、批評方面はあまり読んでこなかったので
文学の歴史や最先端のトレンドを知ることができる本があったら教えてほしい

719 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:42:10.30
>>715
今のトレンドはどういうものなの?

720 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:42:51.17
過ぎ去ったなあ。

721 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:43:05.31
>>717
ほぼ全員読んでいるが、微妙な顔ぶればかりだな

722 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:43:09.53
>>711
大畑勇貴
中島英樹

723 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:44:08.28
>>722
滅してください

724 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:45:29.88
売れるより、メールで文通とか、それが面白かったから、
そういう礼儀態度が大事な時代じゃないかな。僕らは。

725 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:45:35.29
>>690
それは俺だ。今月文芸誌で3000円の出費をした。
そんな奴だっているんだぜ、世の中には。

>>694
一時期新書を読み漁っていたけど、
ノンフィクションにしろ評論にしろ、問題や現状をあぶりだすまでは成功してても、
問題解決の章に入ったとたん失速する。
社会悪と闘うのが目的でなくネタのために書いてるだけ。

726 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:48:22.93
寿司ネタ ピザネタ 具ネタから極めてる人もいるのに。
とことん自然に優しい。

727 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:48:32.66
>>719
移人称の滝口がもてはやされている。

728 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:50:05.25
>>725
問題解決が簡単にできたら政治はいらないからね
学者がいくら効果的な処方箋を提示しても、基本的には政治的な変数を考慮していないから机上の空論と言われる
逆に政治的な変数を考慮すると偏向と言われる
コンサルタントや経済評論家はそもそも胡散臭くて信用できない
彼らは分析の時点で中立性から程遠い位置にあるから

729 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:51:13.76
滝口がトレンドならもっと売れるだろ

730 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:51:58.86
>>727
ナオコーラの美しい距離も人称なしなんだっけ?
どうして人称の問題が出てきたんだろう

731 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 16:53:58.93
軍記物とかが純文学のルーツじゃないの。

732 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:57:00.83
日本の場合、ジャーナリストも信用できない。
一流と呼ばれる一部の人々を除けば、彼らは会社員に過ぎないからね。

733 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:57:14.40
>滝口がもてはやされている
渡部直己の脳無しが(自分の)タメにする批評であっちこっちにステマで書きまわってるだけ

734 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:57:50.81
読みたい作家がいないね

735 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:57:57.86
>>730
滝口がー人称がーって騒いでるのがひとりいる。

736 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:59:08.82
>>730
美しい距離は主語のない一人称だった気が。
(だいぶ前に読んだのでうろおぼえ)
確かなのは、人称はいじってないことだ。

視点のスイッチングがなされる語りの形式は最近の潮流で、
移人称と名づけたのは渡辺直己。
その著書「小説技術論」で詳しく書かれているんじゃないかな。

737 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 16:59:48.43
保坂の評価する作家リストアップ
滝口
上田
柴崎友香
磯崎憲一郎
これも売れないクズ作家だよなw読者をなめてるw

青木淳悟は読んだことないが同じような糞作家だろうw

>上田や滝口が保坂を評価している どうしてこんな簡単なことを読み違えるのか

俺の保坂基準とはその影響化にあるということだ、保坂に聞いてみろ、評価しているんじゃないのかw

保坂基準それ系統の糞作家というのもいる、これらが今の日本文学の腐敗を招いていると俺は思っているんだがw

738 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 17:00:24.51
人称なんて中学レベルだろ。

739 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:02:09.78
>>717
津村記久子の本で好きなものを教えてください。

740 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:02:42.93
>>737
青木淳悟の「匿名芸術家」なら途中まで読んで挫折したことがあるけど、
つまらなさの地平を切り開いている作家だという印象。

741 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:05:07.37
>青木淳悟の「匿名芸術家」なら途中まで読んで挫折したことがあるけど、 つまらなさの地平を切り開いている作家だという印象。

俺の保坂基準そのものだなw滝口や上田にも言えるw

742 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:05:52.14
ろくなのいない

743 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:06:19.53
>人称なんて中学レベルだろ。

人称も分からない作家もいるんだぜw

744 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:06:40.03
>>739
・ポトスライムの舟
・とにかくうちに帰ります
・ワーカーズ・ダイジェスト
・カソウソキの行方

745 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:08:44.21
みんな保坂の小説論読んでるんだねw
俺は立ち読みして買わなかったな。

「猫を比喩に用いてはならない」の一文が目に飛び込んできて興ざめした。
私情出しすぎw

746 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:09:19.93
朝吹がいるじゃないか

747 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:10:20.64
でも保坂の猫バカ本「生きる歓び」だけは、どんなに保坂が嫌いでも読んでみる価値があるぜ。
特に猫好きさん。
このスレにもいるよな。

748 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:12:59.67
死んでいないんもの Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,648位

もう一冊も売れないレベルの順位だから今現在の売れた部数で決算だな。
発売から2ヶ月にも満たないのにこれだし、ひょっとして1度も1000位をクリアできなかったんじゃないか?
結局で総計5千部くらいか?売れたのは? 完全に早稲田文想のタメだけの贔屓の引き倒しだったな。
こうなるとむしろ滝口は被害者なのかな?w

749 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:13:08.58
なあみんな、佐々木敦が文芸誌のことを
「純文学の専門誌」って言ってるけど、マジなの?

750 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:14:31.56
>>747
猫好きだけど、一冊読んでつまらなかったので、もう読む気がしない。

751 :モニタリングくん:2016/03/21(月) 17:14:47.07
>>748
うわあwww
その順位ヤベエよwwwwwwwww

752 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:15:29.15
滝口は原稿料稼ぎに血眼になったらええんや

753 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:17:14.88
滝口は文学界のインタビューによりと、いままで書いたことのない枚数の長編を書きたいんだって。

754 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:17:39.68
又吉はいったいなんだったんだろうね

755 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:19:01.31
一発屋。

756 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:19:58.79
>>744
ありがとうございます!その4作品にあえて順位を付けるとどうなりますか?

757 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:21:59.09
「翻訳図書、徐々に増加…村上春樹のような作家が韓国からまもなく出る」
中央日報日本語版 3月21日(月)12時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160321-00000017-cnippou-kr

758 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:23:47.18
滝口の夜曲もひでえよなwどうするんだこんなクズ作家デビューさせてよ、新潮はw

759 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:24:17.46
いつまでも初版作家って言われちゃうね、滝口くん。

760 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:25:53.82
>>756
1位カソウソキの行方
2位ポトスライムの舟
3位とにかくうちに帰ります
4位ワーカーズ・ダイジェスト

個人的な好みだが。
津村記久子は、「カソウソキの行方」で芥川賞をとるべきだった。
村上龍がこの小説の男女について、「寝そうで寝ない」と批判していたが、
そこが新鮮なんだよ。

761 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:26:08.14
仕事辞めて失敗だね

762 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:27:41.19
>>758
読んだんだ。住人Bが感想うpすると宣言していますが、
あなたの感想も聞かせて下さい。

763 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:28:06.16
小山田さんの『穴』もすごい売れなかったよね。
それでもその後活躍してるから、滝口くんもきっと大丈夫だよ。

764 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:29:14.70
>1位カソウソキの行方
カソウスキの行方なw

765 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:30:22.46
>>760
カソウスキの行方 (講談社文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/406277044X/

ポトスライムの舟 (講談社文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4062769298/

とにかくうちに帰ります (新潮文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4101201412/

ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/408745200X/

ありがとうございます!

766 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:30:45.84
朝吹ねw

767 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:32:11.56
>>764
ごめん。

768 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:33:46.28
朝吹は連載楽しみにしてる
来月号の新潮だよね

769 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:36:16.57
来月号、買えるのあればいいけどな。
文芸誌ウェルカムなんだぜ。
財布の紐をかたくしてるわけではない。
それなのに1冊も欲しいものがないなんてなったら勘弁してほしい。

770 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:38:34.66
とりあえず来月号の新潮は買う

771 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:41:51.59
来月号は文學界新人賞発表だから、本屋で見てみて気になったら買う。
たいした新人じゃなさそうなら図書館で読む。

772 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:42:30.34
ああ、文学界があるじゃないか。
新人賞受賞作が楽しみなんだ。

773 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:48:42.93
今注目してるのは朝吹だけだな

774 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:49:49.93
それもさびしいw

775 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:54:32.70
いま帰ってきたけど夕方から盛り上がってるね。

776 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:58:11.17
>>728
カ○マのことだなw

777 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 17:59:05.45
777

778 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:00:37.80
>>775
もう夜だけどw

779 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:01:32.41
>滝口の夜曲
飲み屋での気の知れた連中のバカ話wジジイが俺には子がいるで盛り上がる駄作w

780 :住人B:2016/03/21(月) 18:04:32.72
感想うp予告

3月22日(火)
 18時〜18時半頃
  文學界3月号掲載 滝口悠生「夜曲」(芥川賞受賞第一作)
20時〜20時半頃  
グランタ掲載 リュドミラ・ウリツカヤ「胸。おなか。(2010-2012)」

3月23日(水) 
18時〜18時半頃
  グランタ掲載 ミロスラブ・ペンコブ「血の金」

781 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:06:24.87
ウリツカヤ楽しみ。

782 :住人B:2016/03/21(月) 18:08:13.69
PCが故障して保存した感想がおじゃんにならないかぎり、感想を落とすのは可能です。
これからはなるべくコテつけるようにしますが、感想への反論などありましたら遠慮なくレスして下さい。

783 :住人B:2016/03/21(月) 18:09:58.58
>>779
人称についてはどう思いましたか?
非人称になる部分がありましたよね。

784 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:13:28.48
チェーホフ読んでる人、読み終わったかな。

785 :住人B:2016/03/21(月) 18:16:43.18
チェーホフの短編集は「谷間」を収録している岩波文庫を昨日購入しました。
いま、本谷有希子の「乱暴と待機」を読んでるところなので、その後に読むのを楽しみにしています。

786 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:22:31.56
いろいろ読むなあ。

787 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:34:34.37
>>785
感想楽しみにしています。

788 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:42:35.90
>>768
また4ページだったりしてなw

789 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:47:59.75
マイペースでいいんじゃね
朝吹好きだからな

790 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:51:07.04
レズの前奏曲って言ってた人いたよね。

791 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 18:54:17.69
ノーマルアブノーマルごっちゃまぜでないかな

792 :モニタリングくん:2016/03/21(月) 18:55:30.23
読もうかな朝吹wwww

793 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:00:25.87
そーゆーのって一番安直なんだよな。同人作家みたいな安っぽいもの書くなよ、だけだな。
エコヒイキといって言いくらいゆっくり書かせてもらってる、これから、の人はやっちゃいけないな。
もっと考えて考えて作りこんで作りこんで書いて行かなきゃ。
なんのためにモラトリアムを貰ってんのさ。

794 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:01:50.68
まだ連載する力ないのかもね。

795 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:04:48.42
焼け野原になった文学業界で売り出せそうな若手が朝吹しかいないんだよ。
だから、腫れものに触るような扱いをしてる。
このスレを見て、編集者や滝口、上田らが覚醒してくれれば、特別扱いをしなくて済む。

796 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:05:51.92
まだ次の文芸誌発売日まで2週間以上ある。
何を楽しみにしたらいいんだろう。

797 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:07:26.67
>>795
千年に一人の逸材扱いだからなー。

798 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:08:36.30
文学業界は何で焼け野原になっちゃたんだ?
何か悪いことしたの?w

799 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:12:33.68
つまらないから。

800 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:13:05.01
>>795
高橋、金子がいるよ。

801 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:13:13.27
800

802 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:14:01.67
朝吹の連載つまんないじゃん。
やる気なさそうだしさ。

803 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:15:12.01
高橋といえば高橋弘希。
もうひとりのデブスだけは勘弁してくれ。

804 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:16:36.92
>>803
もちろんだよ!デブ女は誰も話題にすらしてない。

805 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:18:02.07
なんで焼け野原になっちゃったかってば
日本産じゃ太刀打ちできないB29の大編隊絨毯爆撃で、じゃなくて、
限りなくとかクリスタルとかから始まって
ポモ・サブカル・それいつの時代の?のアバンギャルドとかとかで
手っ取り早くの焼畑農業をやったからさ。

806 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:20:22.99
源ちゃんとか?

807 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:22:19.48
俺の留守中にスレを盛り上げてくれた人に大感謝。

808 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:24:50.85
文学界はホモまみれだったよな。

809 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:24:52.67
いま「挿入」が流行ってるよね。
チオルみたいに文章の合間にブログ文章挿入したり、
源ちゃんの恋する原発のように、チャリティーAVつくる話の合間に
文学論を挿入したり。
それってどうなんだ?

810 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:26:51.46
「さようなら、オレンジ」ではファックスの文章まるまる挿入してたよねw

811 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:29:15.11
チオルのブログ文章は創作合評で評価されてた。
ブログ文章の方がリアルだって。

812 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:32:39.60
滝口はジミヘンで獲ってれば売れてた
上田は惑星で獲ってれば売れてた
長良たんは話題性でどれでも売れてた

813 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:35:43.09
おう、ジミヘン好きだぜ

814 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:43:04.90
レバタラは北海道。死んだ子の歳を数えたって仕方が無い。
とゆーことで期待は長良タン一択w
とにかくあの子を、変な擬古文なんかを誉めそやしたりしてダメにせず、
生物学的社会派正統リアリズムで育てよう。

815 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:43:30.85
>>809
「恋する原発」は挿入された文学論の部分が光っている。
例えば、「福島原発はナウシカのパクリ」は不謹慎であるにもかかわらずダークな愉快さがある。
川上弘美の小説を引き合いに出されているので、その本も読んでみないことには挿入されてある文学論を完全には理解できないが、
そろそろ無神論国家ニッポンであってもカミサマがいるのなら登場して原発を何とか解決してもらわないと今より日本はヤバくなるのかね、という危機を感じた。

816 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:44:54.61
>>809
枚数稼ぎのワナビみたい。

817 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:46:06.35
言い切ったなw

818 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:50:52.84
>>803
高橋弘希もスケールの大きさは感じないんだよなあ
滝口と同じようなモチーフで書くタイプだよ

819 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 19:53:18.51
病気もの以外で勝負に出たら芥川賞かな。

820 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:00:32.53
>>814
レバタラは北海道ってなんのこと?

そうなんだよ、
長良たんはまだ女子大生だし
ちゃんと育てれば
きっとまだ処女だし

821 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:01:07.40
医学部生なんだから、
人間ってなんだ?命ってなんだ?ここはどこ?私は誰?
ってもの凄いショックを受けてなにがなんだかわからなくなる「実際の」事件にもそのうちぶちあたることもあるでしょ。
その後でいいんですよ。それまでは新潮からモラトリアム貰って文章表現力アップに努めるだけでいい。
下手な小説で若年芥川賞なんか狙ってそんなので貰ったら、羽田みたいに(文学者としては)ダメになるだけ。

822 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 20:03:32.31
看護の文学のほうがまたいい賞取りそうだな。

823 :学術デジタルアーカイヴ@院教授:2016/03/21(月) 20:04:58.46
頻繁に。

824 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:06:08.52
>>821
羽田くんはだめなのか?w

825 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:17:57.33
>>821
新潮なら医療小説大賞もあるしね。

826 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:18:14.12
>>818
じゃあ上田と高橋を足して二で割ればいいw

827 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:26:29.72
俺の保坂基準それ系統の糞作家を挙げとくぜい、他にもいると思う奴は挙げてくれい、認定するからw

保坂基準それ系統の糞作家リスト
諏訪哲史
小野正嗣

828 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:28:33.72
保坂基準の糞作家リスト
滝口
上田
柴崎友香
磯崎憲一郎

売れないクズ作家だよなw読者をなめてるw

候補
青木淳悟
高橋弘希
朝吹

829 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:36:27.00
高橋弘希はあと2,3作は見てやろうではないか。
マリリンはどーでも許す。理由は許すしかないからw

830 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:41:50.65
恐竜のほうの高橋はダメだったん?

831 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 20:58:40.86
>>830
びっくりするほどごみだったよ。
え、これがあの新潮新人賞ですか?みたいな。すばる文学賞がかなりまともに見えた。

各評論家も酷評だったし、実際皆にスルーされるほどのひどさ。

832 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:23:56.12
>びっくりするほどごみだったよ。
新潮新人賞はクズ作家の宝庫かよw

833 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:33:09.48
高橋弘希という人がやっている「株式会社破滅派」の公式サイトに明らかに虚偽の住所が記載されているけど、果たして、この会社は大丈夫なのだろうか。

834 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:40:35.49
>>833
何それ

835 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:42:31.26
>>834
文芸同人誌の会社みたいだな

836 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:45:58.15
すみません人違いでしたm(_ _)m

837 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:47:30.26
おい、高橋文樹だ。名前を間違えるなw

838 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:48:45.69
すみません人違いでした、で済むか! 坊主になれ!(怒

839 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:50:31.44
高橋くんかわいそう。
新人いじめですか?

840 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:51:23.22
スキャンダルで潰す。
文春みたい。ゲスすぎる。

841 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:56:50.62
>>828
最果タヒもいるだろw

842 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 21:58:09.94
タヒちゃんの冒頭だけ文學界のサイトで読めるけど、
すでにつらい。

生きづらい私たち、中高生ものはもう勘弁してほしい。

843 :住人B:2016/03/21(月) 21:59:31.07
読みづらい最果タヒ

844 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:06:49.33
こんなラノベみたいなのが文學界に載る時代なんだね。
おじさんは悲しいよ。

845 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:08:58.12
最果タヒ 十代に共感する奴はみんな嘘つき(文学界4月号) 冒頭

 感情はサブカル。現象はエンタメ。
 つまり、愛はサブカルで、セックスはエンタメ。
 私は生きているけれど、女子高生であることのほうが意味があって、
自殺したどっかの同じ年がニュースに流れて、ちょっと羨ましい。
パスタが食べたいけどお金がないから、家でミートソースばかり
作ってもらって食べている。バターを節約したパスタはちょっとだまに
なって食べづらい。

846 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:12:13.20
タヒたそは、可愛いの?

847 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:14:27.32
画像でてるやん

848 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:15:28.30
>>846
顔は知らないけど、以前NHKラジオに出てたので、声だけ聞いたことある。
普通の感じだったけど。

849 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:15:56.86
好みじゃない。

850 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:17:11.90
やっぱり普通の小説がいいなあ。

851 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:18:15.74
>感情はサブカル。現象はエンタメ。
 つまり、愛はサブカルで、セックスはエンタメ。

何のこっちゃ??

852 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:19:31.98
>>838
はい。写真は晒さないけど…

853 :住人B:2016/03/21(月) 22:19:50.52
共感できないように書いてるのだろう。
読者に反感持たせたら勝ち。

854 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:20:17.25
よくわかんない…。
先読めばわかるのかな。でも読む気しない…。

855 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:21:51.24
俺も。

856 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:22:46.26
けっこう可愛いやん?

http://kai-you.net/press/img/BqZhyh4CEAA5Rqz.jpg

857 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:27:59.36
可愛くても小説がアレじゃあなあ……。

858 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:28:38.91
>>856
それ、本人なの?

859 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:29:32.60
本人だと思ってたけど?

860 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:30:35.35
>最果タヒ
文学界は中学生作文デビューさせるなよwどうしたいんだ、文学界ww

861 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:32:04.01
エリンギ、顔が良い子は作文でも書かせるんだよ。
メンクイめ!

862 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:34:41.42
もう30歳なのにこんな文章書いてたらつらいだけだよ。

863 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:35:36.18
>>861
そのうちチヲルとかもきそうだな。
イタイやつ。

864 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:36:17.82
最果タヒは保坂基準うんぬん以前の問題なんだがなww 

865 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:36:26.94
中二病の文章だよなw

866 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:37:43.81
詩の方はまだマシだよ。

867 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:40:08.32
タヒって女性なのか。それなら痛くていいかもな。

868 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:40:30.37
痛い子は可愛い。

869 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:40:53.20
本日200res突破。久々じゃん。2〜3週間以上ぶりだ。
昼間さんざん過疎ってたのに。

870 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:41:09.23
キテるな。

871 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:41:23.37
>>867
あれでおっさん出てきたらマジひくわ。

872 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:41:44.66
>>871
だよねー

873 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:42:00.54
>>869
今日は俺が結構書き込んでるw

874 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:42:38.70
しー。
栗ちゃん、タヒのファンなんだぞー。

875 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:42:39.34
ガンガン書き込むべき!!!

876 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:43:31.73
栗原さん?Twitterをよく拝見しているような気がします

877 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:43:57.85
>>873
乙乙です!スレは救われた。

878 :住人B:2016/03/21(月) 22:45:05.90
俺が感想をうpしない方がみんな伸び伸び書き込んでる気がするw

879 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:45:43.37
仕事忙しくて本読んでなかったらイライラしてしまった。
心の安らぎのためにも読書は必要だな。

880 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:45:55.83
だから、感想うpの後に訪れる静寂は神聖なものなんだって

881 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:46:14.62
俺が書きだしてレスがのびたからなw

882 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:46:42.23
俺も久しぶりにチェーホフ読むよ。
結局過去の名作のほうが安心して読める。

883 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:46:55.27
感想うpに向けてみんな書いてるんだから。

884 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:47:03.40
名誉の沈黙だよ。

885 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:48:49.09
本読むと落ち着くのはあるね。スマホを一日中いじっているとか割と気違い沙汰なんだけど、けっこうやっている(笑)

886 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:50:57.81
電子書籍はこれ以上伸びないでしょう。スマホで本を読むのは違うと思う。重い本なんて持ち歩けないからスマホでも読みたいというのは超わかるけど。

887 :住人B:2016/03/21(月) 22:53:08.98
昨日、チェーホフの『ともしび・谷間 他7篇』 (岩波文庫)を購入した。

『六号病棟・退屈な話(他5篇) 』(岩波文庫)は医者としてのチェーホフをテーマに編んだアンソロジーなんだってな。
俺、理系だからこっちの方が合いそう。

888 :住人B:2016/03/21(月) 22:53:36.69
888

889 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:54:12.25
住人Bは理系か。

890 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 22:57:17.96
>>881
毎日来て下さい!

>>882
チェーホフ読んだらあなたの感想もここで聞かせて下さい。
このスレはチェーホフを応援します。

891 :住人B:2016/03/21(月) 22:58:21.71
明日の夜は感想うpでスレを沈黙させます。
それに抗って下さい。

892 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:00:05.46
つーか、明日は新スレだよ。

893 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:00:43.66
>>887
六号病棟も名作だよ。自分は中二階のある家が好き。

894 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:02:43.31
>>892
ガンガン行こう!

895 :住人B:2016/03/21(月) 23:03:45.38
>>893
いいね。それも読まなければ。

896 :住人B:2016/03/21(月) 23:07:06.76
>>1にグランタも入れるようにしよう。
次スレ立てる人は頼むね。
俺が立てる場合は名無しで立てる。


主に「新潮」「群像」「文藝」「文學界」「すばる」に掲載された作品について語るスレです。

「早稲田文学」「三田文学」「江古田文学」
「太宰賞ムック」「GRANTA JAPAN with 早稲田文学」掲載作品の話題も可です。

897 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:09:46.70
>>847
ないぞ

898 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:10:32.50
>>856
これはモデルさんです

899 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:11:44.60
>>897

>>856じゃないの?

900 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:12:23.67
900

901 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:13:08.44
>>898
なんだー

902 :住人B:2016/03/21(月) 23:14:12.20
昨日までのペースだと、スレ立て予定日は明後日だった。
明日になったか。

903 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:23:53.99
滝口の感想ならいくらか伸びるだろ。
住人Bが好意的な感想を書いて反感のレスが殺到するのが目に見える。

780 : 住人B2016/03/21(月) 18:04:32.72

感想うp予告

3月22日(火)
 18時〜18時半頃
  文學界3月号掲載 滝口悠生「夜曲」(芥川賞受賞第一作)
20時〜20時半頃  
グランタ掲載 リュドミラ・ウリツカヤ「胸。おなか。(2010-2012)」

3月23日(水) 
18時〜18時半頃
  グランタ掲載 ミロスラブ・ペンコブ「血の金」

904 :住人B:2016/03/21(月) 23:31:49.71
一つ褒めてあとは酷評だよ。夜曲は。

905 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:34:42.26
>>800
中島、大畑もいるよ。

906 :吾輩は名無しである:2016/03/21(月) 23:36:17.75
一つでも褒められるところあるのか……

907 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 00:19:19.57
探せばひとつくらいあるだろう。

908 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 00:19:48.17
寝る

909 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 00:20:41.09
芥川賞作家だもんな。

910 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 00:33:32.56
おやすみ\(^o^)/

911 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 02:09:55.56
眠れないからお茶飲んで本読む。

912 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 02:55:06.06
深夜は静かだから、読書や執筆に最適ですよ。

913 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 06:40:42.96
早く目が覚めたから本読む。
早朝も読書に最適。

914 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 07:04:04.45
だね。

915 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 07:39:31.14
おはよう\(^o^)/天気がいいよ!

916 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 07:50:45.32
>>898
ヤパーリ

917 :住人B:2016/03/22(火) 08:02:47.77
おはよう!

918 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 08:09:33.47
みんなおはよ!

919 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 08:12:38.70
今日も本読むよ〜

920 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 08:26:26.00
読んで感想をUPしよう、みんな。

921 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 08:28:07.33
come on now

922 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 08:37:46.72
I cannot do it immediately.

923 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 08:58:07.05
I'll do my best

924 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 09:03:19.80
Go for it!

925 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 09:11:30.14
言葉の亀裂に佇む作家のほれぼれする立ち姿 [評]鴻巣友季子――『コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。』
Book Bang 3月22日(火)8時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160322-00010001-bookbang-ent

片岡義男がとうとう自伝的小説を発表した。一九六〇年、早大の二年生の頃から始まり、
たった三カ月の貿易会社勤めを経て、一九七三年、作家として活動する頃までの四十四編。
各編に氏の愛好する音楽が登場するが、全121枚のレコードのジャケ写がカラーで併載されている。

926 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 10:23:20.87
こうのすゆきこさんはポエムな書評を書いたりポエムな文で翻訳の独創性を発揮する前に
日本語をもっと勉強されたほうがいいと思います

927 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 10:25:48.34
ドーナツ盤とか家に沢山あったらお洒落だね。そもそもタンテを持ってる時点でかっこいい。

928 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 11:04:54.21
漱石「道草」、自筆原稿18枚 個人蔵、創作過程示す書き込み 26日から横浜で公開
2016年3月22日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12269941.html?ref=nmail_20160322mo

長く所在不明だった夏目漱石の小説「道草」の自筆原稿18枚を神奈川県内の個人が所蔵していることがわかり、
26日から横浜市の神奈川近代文学館で公開される。漱石の小説の原稿がまとまって見つかるのは珍しい。
原稿のあちこちに書き込みや削除の跡がみられ、創作過程がうかがえる。

929 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:30:23.17
お昼ごはんo(^o^)o

930 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:31:28.87
蕎麦くった

931 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:40:30.47
いまだに鍋食ってるぞ。
エリンギは入れない。

932 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:41:47.32
手書きの時代は作家もたいへんだったね。
現代はパソコンがあって便利になった。

933 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:43:16.49
今でも手書きの人結構いるじゃん。

934 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:46:53.87
田中慎弥とか

935 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:47:19.63
たなしんはまだ手書きなのかな?

936 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:49:30.31
手書きみたい。最新のワインバー読書会?で語ってた気がする。

937 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:51:17.85
コピー用紙に細かい字で下書きを書いてから原稿用紙に清書するんだって。

938 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 12:54:47.83
手書き原稿のほうが死んでから価値が出るんじゃない。

939 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 13:10:19.31
そうだな。
時代はパソコンになって何かが失われた。

940 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 13:14:04.63
中上健次の原稿は火事によって失われた

941 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 14:18:02.00
あーあ

942 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:47:49.25
最果タヒ 詩 医学

みんなというものがぼくにとって必要でないみちばたにおちている用途のわからないねじのようにね、
ころがっているだけだ それなのにあちこちにある うるさい音をだす
言っている言葉はたいていおなじでぼくが手をふりはあうと
あわれみの言葉と満開の、シロツメグサを供えてくる
これはね すてきな愛なんだよ ということらしく
ぼくは しね、 っていう
わかってもらえないことは多い
あいつらは人体が炭素ではなく愛や絆でできていると勘違いしている
医学から勉強しなおせよ そして欠陥だとぼくは思う
しっているかさみしいっていのは
なにかが欠けているからわきおこる感情なんだぜ
きみたちはうまれたときにママの、おなかに、忘れ物でもしたんだろう
こうげきされるほうがまだましだ 玉奥に引っ越せばだれもおとずれはしない
むかえにくるからやっかいなんだ という、
この詩をよんでもきっとだれかは、
「このひとは本当はさみしいんですよ」と読解するんだろう バーカ

943 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:50:18.86
玉奥に引っ越せばだれもおとずれはしない

訂正 山奥に引っ越せばだれもおとずれはしない

944 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:55:14.33
>>942
気持ちはわかるけどこれが売れるのはわからんな

945 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:56:16.64
若い子に受けていそう。

946 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:56:52.30
この詩は2ちゃんねらが書いたのか?

947 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:58:15.33
くりりんみたいなおっさんにもウケている。

948 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 15:58:15.95
最果タヒです!
2ちゃんねらが書いたように見えるのかw

949 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:00:12.04
2ちゃんねらよ、許すから最果タヒに対抗して詩を書いてみて。
ここ、元作家も住人なんだろ?
テーマは「医学」か「愛」で。

950 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:03:35.90
二階堂ふみ×最果タヒ「わからない」を肯定する二人の言葉談義
http://www.cinra.net/interview/201601-gendaishihanatsubaki

こんな感じの子で「顔出しNG」なんだね。

951 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:07:57.91
でも、顔出しNGで他の髪型似てる女の子の顔写真を表紙とかに使うのはズルいと思うな。

952 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:10:16.89
二階堂:最果さんの詩を読んで、これは頭で考える前に体で感じる詩なのかな、って。

最果:ありがとうございます。詩はわからない方がいいと思っていて、「わからないけど好き」
と言われるのが一番嬉しいんです。私には特に書きたいことはなくて、でも書いている、という状態なんです。
詩からメッセージを受け取ってほしいわけではなく、「あっ、私が探していた言葉だ」と感覚的に捉えてもらうのが理想なんですよね。


―最果さんが、詩の中で「死」や「愛」のようなストレートな言葉をためらわずに使うのは、自分自身のことをどう捉えられたって構わない、
という潔さがあるからなのでしょうか。

最果:ストレートな言葉を使わないと、多くの人に届けられないだろうと思っています。

953 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:10:28.25
>>942
ところどころ平仮名になるのはどういう意味があるんでしょうか?

954 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:11:54.93
わからん

955 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:12:06.66
>>951
ビリギャルと一緒で、知らないと出版社のイメージ戦略にまんまとはまってしまうよね

956 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:13:18.69
愛は苦手
医学は嫌い
どっちもあたしを試そうとするから
あたしはあたしであたしであり続ける
何ものにもあたしを触らせない
きみは孤独だねって耳元でささやかれると
あたしはその唇を引きちぎってやりたくなる
あたしを愛や医学みたいに試そうとするやつらは
みんな滅びてちょうだい
チラシの裏にこう書くと
おじさんが救いたいんだと深刻になって
その憐れっぽい顔を近づけてくる
あんたが救いたいのはおまえのちんぼだろ ばーか

957 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:16:12.51
>>955
広告屋みたいな軽薄な連中の掌で踊るのは嫌だよね(笑)

958 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:16:48.35
>>956
乙です。心に響きました。

959 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:18:59.94
「私」じゃなくて「あたし」って書く女苦手だ。

960 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:21:34.36
おっさんだけど、タヒのひとりに対する考え方には大いに共感するなあ
勝手に孤独とか寂しいとか言ってんじゃねーよと

961 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:35:00.64
タヒの詩はいいね。
『空が分裂する』の文庫版、押見修造がイラスト書いてるやつほしい。

小説は『星が獣になる季節』がよかった。

文藝に載ってた小説が残念すぎたので、それから読む気なくした。
おそらく今月号の文學界のも読むことはないだろう。

962 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:52:29.67
みんな「鹿の王」とか興味ないの?あれとか純文学とエンタメとオタクカルチャーの会合点じゃないかと思うんだけど。それほど素晴らしいとは思わないけど、それなりに面白かった気がする。

963 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 16:53:41.75
それに加えて「鹿の王」はサブカル臭さがないのも良かった。

964 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:10:29.55
「鹿の王」興味あるよ。
読むものがいっぱいあって追いつかないだけで。

965 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:12:10.69
優先順位があります。

966 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:12:16.01
次スレ

純文学5誌総合スレ第39巻目
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1458633048/

967 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:12:35.32
だよね。人生のリソースは有限だからな

968 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:24:43.08
>>966
乙です。

969 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:26:06.55
>>966
ありがd

970 :住人B:2016/03/22(火) 17:31:21.91
>>942
>>949

【詩】小宇宙 (テーマ:医学と愛)

私たちは
C(炭素)と
H(水素)と
O(酸素)と
N(窒素)で
できている

私たちの成分含量は
宇宙(そら)のものに近い

だから私たちは
小さな小さな宇宙です

おっと
P(リン)も
忘れてはいけないよ

まだまだ忘れてはいけないものは
いくつかあるけれど
やっぱり
I(愛)を
お忘れなく

愛は必要な要素ですね

注:I(ヨウ素)

971 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:32:59.33
これはやっちまったな

972 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 17:40:00.81
詩というよりは歌詞だと思う。
ギターかき鳴らしながら、がなり立てたらいい。椎名林檎ふうに。

973 :住人B:2016/03/22(火) 17:46:01.71
椎名林檎は好きだ。

974 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:03:59.86
 詩 : 医学と愛

スピロへータはミドリムシの一種で原虫だと思ってた
だからオレは塩酸キニーネを水でといてペニスに塗ったくって風俗に突撃してたんだ
ペニシリンにしときゃよかった(T_T)
紛らわしい毛なんか生やしてるなバカ細菌
愛はパイパンだ!
しかし そうだ やはり愛は螺旋なのだ

975 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:07:28.14
いろんな人の詩の表現が読めておもしろいなあ。

976 :住人B:2016/03/22(火) 18:17:32.03
文學界3月号掲載 滝口悠生「夜曲」(芥川賞受賞第一作)

【感想】
舞台はどこか田舎町の飲み屋で、登場人物は店のママと常連客4人。
その5人の紹介をしながらページが進む。

「夜曲」キャスト
▼ママ 過去は謎。誰も聞かない。
▼近藤 実家の布団屋を継いでいる。店内で一番酔っている。結婚していないが、子供がいるかもしれない。
    夜曲の主役的存在。
▼茅野 役場の観光課勤務。店の常連の中では一番若い。
▼早川 水道局に勤める。体がずんぐりしている。
▼春日井 中学教師。市の広報科にエッセイの連載枠を持つ。

全体的に、特に感慨は沸き起こらなかったので、引っかかった文章にのみコメントするという形で。
登場人物たちは印象が薄くて、いるのかいないのか分からない。
タイトルを「居るのか居ないのか分からない者」に変えるべき。

「こんないろいろも、あとになれば、薄く薄くこの店の歴史の層になって見えなくなる。
 ほとんど何も、今この瞬間の光景は思い出せなくなる。」

 →はい! あまりにも薄くて、読んでるそばから内容を忘れていきます。
  (もう痴呆が始まったかなと心配になるぜ)
  だから「歴史」だなんて言って惜しまないで!

「たとえ毎日、代わり映えのしない面子の会話であったとしても、そこには必ず捨て置けない差異があり、
 その差異とともにこの店のささやかな時間が蓄積し、歴史となる。」

 →差異と言っても、近藤が少し目立っているだけですが。
  この店の常連の会話はつまらないな。
 「長い時間生きてるといろんな可能性を捨てながら生きてしまったんだな」とか、
  サラリーマンがよく言う台詞で差異はさほど感じない。2ちゃんねるの会話の方がまだもっと中身が濃いぞ。

977 :住人B:2016/03/22(火) 18:18:40.05
(続き)
「酔った人間のすることはわからない。何をしたっておかしくない」

 →しかし何もこの店では起こらない(笑)
  だったら何かして盛り上げてくれ。
  滝口はこの一文を伏線に、無人称を効果的に炸裂させるべきだった。
  近藤の言動を中心に描かれているが、もはや4人は酔っ払ってしまって、どれが誰の意識か
  分からないのを表現するために。そうすれば、お、何だ滝口面白いじゃんとなったかも。

【総括】
 滝口は、飲み屋に行くと人々の会話を聞いて、そこに必ず捨て置けない差異を感じるのだろう。
 どこにでもいるような一般人の飲み屋でのひとこまにきらめきを見出して、
 掬い取ろうという姿勢には敬意を感じます。
 たとえ読者には伝わらなくても。
 滝口の狙いはさらに、田舎の小さな街での、ある店でのひとつひとつを読者に見つめてもらい、
 何でも愛おしくさせることではないだろうか。
 読者がこの店を愛おしく思うように描けていたなら成功した。

978 :住人B:2016/03/22(火) 18:19:44.57
感想以上です。
詩で盛り上がっているところを失礼しました。

979 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:27:08.48
微妙に読んでみたくなっw

980 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:31:37.96
住人Bは感想書くのうまいよな。
思わず買って読みたくなる。

981 :住人B:2016/03/22(火) 18:32:51.34
えっ、酷評なのに?

982 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:40:44.22
>>981
うん、逆にどんだけひどいのか読みたくなるw

983 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:41:31.99
>>970
縦読みで「ピンチョン」になってる!

984 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:42:07.50
下手な尼レビューより参考になる。

985 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:42:18.18
俺の感想も褒めてくれよw

779 : 吾輩は名無しである 2016/03/21(月) 18:01:32.41
>滝口の夜曲
飲み屋での気の知れた連中のバカ話wジジイが俺には子がいるで盛り上がる駄作w

986 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:43:09.96
>>985
それは無理w

987 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:43:40.07
ひどいものが読みたくなる事はあるよね。映画だと特にそうだな。日本文学で今一番ひどいのは中原昌也か平山夢明だと思う。

988 :住人B:2016/03/22(火) 18:44:31.70
>>985
昨日盛り上げてくれて本当にありがとう。

989 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:47:26.30
985はユーモアがあるね。

990 :住人B:2016/03/22(火) 18:49:57.55
ウリツカヤの感想うpを控えているんだが、
このスレも短くなってきたので次スレにうpしたい。

感想うp予告

3月22日(火)
 
18時〜18時半頃
  文学界3月号掲載 滝口悠生「夜曲」(芥川賞受賞第一作)
20時〜20時半頃  
グランタ掲載 リュドミラ・ウリツカヤ「胸。おなか。(2010-2012)」

3月23日(水) 
18時〜18時半頃
 グランタ掲載 ミロスラブ・ペンコブ「血の金」

991 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:51:45.65
よろしくお願いします。

992 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:52:30.68
このスレの人優しいな。

993 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 18:54:16.93
そだね。

994 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 19:17:07.15
住人Bってワナビだったのかな。

995 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 19:32:39.46
というか、ワナビじゃないの?ワナビだと思ってました。

996 :住人B:2016/03/22(火) 19:33:57.45
あまり詳しいことは言いたくないのだけれど、
俺は元作家です。
>>47
>>57
>>65は俺のレスです。
自己申告なので信じてもらえなくても仕方がないけど。

997 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 19:38:49.81
何か人を惹きつける文章だなと思ってました。

もう書いてらっしゃらないのですか。

998 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 19:39:51.87
丹下健太か?

999 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 19:43:10.07
Bの素性が明らかにw

1000 :吾輩は名無しである:2016/03/22(火) 19:44:04.20
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 6日 21時間 36分 0秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


181 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)