5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

五式戦闘機ファンクラブ【キ100】八型 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 15:27:06.41 ID:OO+vWoVx
定刻陸軍単座戦闘機の最後を飾り、パイロット達の士気を大いに高めたキ100 五式戦闘機について語りましょう
五式戦に絡めてならキ61 三式戦闘機「飛燕」の話題もOKです

前スレ
五式戦闘機ファンクラブ【キ100】七型 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1477489773/l50

2 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 15:28:44.18 ID:1hlIIYA2
【傑作機か】四式戦闘機疾風Part20【欠陥機か】
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1391685435/

Aircraft production of all types, including training planes, was stepped up from 700
planes per month in the summer of 1942 to 2,572 planes in September 1944.
Aircraft engine production was not only increased correspondingly in numbers,
but average horsepower was doubled.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

>average horsepower was doubled.

競合他機種な陸軍機でかつ残り一年な四式戦を3500機生産した日本軍部はキチガイということなら、
それ以前に太平洋戦争を決断した日本軍部はキチガイということになるはずだ。
四式戦は誉エンジンが悪かったというが、栄エンジンの零戦52型は防弾が悪かったといわれる。
また太平洋戦争は連戦連敗だが大陸打通作戦は連戦連勝、制空権の無い戦場で地上軍がどうやって進軍するのか。
バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
対日戦争はおまけで日中戦争はおまけのそのまたおまけというなら、仏印進駐やハルノートもおまけとなる。
何のためのシェンノート空軍だったのか、また朝鮮戦争のソ連義勇空軍と比べてどうなのか。
米国はソビエト大祖国戦争と中国抗日戦争を支援したのに、これでは恩を仇で返されたことになる。
ちなみにトルーマンはヨーロッパの戦いが終わった後の1945年7月にスターリンとのポツダム会談に臨んでいる。
なお連合国と日本との戦争終結は1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約であり、
第二次世界大戦と朝鮮戦争とを別々に切り離すことは出来ない。
1943年のカイロ宣言と1952年のサンフランシスコ講和条約では台湾の扱いが違っているが、
これは連合国は対日戦争方針を、戦争終結までに大きく変えたことをはっきり示している。

あるいは米国にとっての真の敵はナチスドイツでも大日本帝国でもなく、ソ連と中国だったということなのか?
日本軍が嫌いで、日本軍のやることなすこと全てを否定しないと気が済まないのか?
あるいは大日本帝国の底力が発揮されるのは、五式戦闘機が出現した1945年3月以降だってか?

3 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 15:29:53.18 ID:CLEfEwzJ
日本は戦争中彼らの航空機の品質を改善し、航空機エンジンの推力を多いに増加して、最終的に火力で
アメリカ戦闘機を上回り、終戦時、設計と実験段階で第一級の航空機を持っていた。しかしながら、航続距離、
性能、耐久性を増した信頼できる航空機の大量生産でアメリカに匹敵する広範囲な技術と工業的熟練に欠けていた。

The Japanese improved the quality of their planes during the war, greatly increased the power of their aircraft engines,
ultimately exceeded United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design and experimental
stage at the end of the war. They lacked, however, the widespread technical and industrial skill to match the United
States in quantity production of reliable planes with increased range, performance and durability.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

4 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 16:05:42.76 ID:VC0OXBVu
定刻

5 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 16:45:28.57 ID:vkAK/uv5
まず液冷というのは空冷には不要な冷却器やタンクを装備しなければならず
しかもエンジン下にラジエーターを合体したP40やテンペストならともかく
わざわざボテ腹までひっぱってラジエーター装備した飛燕は

オイルクーラーまでひとまとめにしてボテ腹に引っ張っていったため、
操縦士はオイルの高温で熱くてたまらず高圧高温のオイル配管から油漏れが多発

油漏れするオイルクーラーは水冷却器の内部にあるという悪意の塊のような設計だったため
オイル系をハンダ付けで修理するのは重い超巨大ラジエターもおろすという大変な力仕事になる

地上でエンジン吹かすとオーバーヒートして「お湯沸かし」で飛べなくなる飛行機までいた
しかもこの蒸し熱い飛行機を熱帯のニューギニアに派遣して戦わせたのだから
暑さで気が狂って密林に墜落してしまう飛行機が多発した
ニューギニアの星と言われた50機撃墜の竹内大尉も密林に突入し消えた

のちに空冷化したあと、除去された飛燕の冷却器が330キログラムに達していたことが明らかになった
330キロもの悪性癌が腹に張り付いていたのだから飛燕が性能を悪いのもうなずける

6 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 17:37:52.62 ID:OO+vWoVx
ラジエーターの位置は間違って無かったとゆーか
むしろ適切だったんだけれど設計と精度がねー

7 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 17:45:22.90 ID:11JIHKYy
これコピペだったのか

8 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 18:10:49.22 ID:pg0eZXuI
パイロットの回想じゃ操縦席のすぐ横を冷却パイプが通ってて暖かくて良かったて話
戦闘機の飛ぶ高度は気温が低いんでP-38なんか寒すぎて過酷だったそうだ

9 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 18:28:24.18 ID:9OH2KhPY
上昇中より下降中の方が外気が入り易くてつらかったそうな。

10 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 18:50:06.24 ID:RFi2mZzR
クソみたいなレスでスレ消費しちゃってまぁ

11 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 20:17:15.11 ID:8XDVjR3I
>>6
それは前スレで解決済
「冷却温度が異なる潤滑油クーラーとエンジン冷却液クーラーを同じ冷却能力で冷やそうとしたため」
P-51も液冷彗星も吸気口は一緒だが、クーラーとフラップが独立で個別に温度調節できる構造
そのあとで境界とかいつもの荒らし文句を書く輩でスレが一時的に乱れた

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1477489773/455
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1477489773/466

12 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 20:40:32.57 ID:vkAK/uv5
堀越技師が賞賛した液冷V12は機体を細くでき、なおかつ大パワーも得られるが
小さい代わりに、詰め込みすぎで冷却面では最悪の構成。
空冷V12は空冷サイクロン9気筒に比べてまったくパワーが得られない
鉛筆のようにほそいV12は寒い北ヨーロッパが産んだ地域限定エンジン

イギリスやドイツのエンジンは冷却器を小さくほとんど無視でき抵抗を削減できた
双子エンジンのハインケル177グライフは寒冷地専用爆撃機で
ドイツではたちまち炎上したが寒いロシアでは調子良かった
寒い地方では熱いオーバーヒート気味のエンジンのほうが快調動作した

熱帯で湿度の高いアジアでは液冷は通用せず
最新式のロールスロイスでさえ東南アジアでは性能低下起こし日本軍旧式にカモられてた

寒冷地用戦闘機・熱帯用機はもっと分化してよかった気がする
ヨーロッパやロシアでは疑いなく液冷V12気筒がすぐれていた
すかすかの空冷はロシアでは調子が悪く、エンジンを密閉するシャッターを付けた

であれば日本がダイムラーにはらった3億円は公務員のむだつかい、税金の丸損
空冷に比べ、ただ330キロ重いだけの低性能。ヒトラー総統の言うデブのドイツ婦人です

容姿スタイル面で液冷導入するならイスパノスイザV12が空冷エンジンより軽量を誇り、さらに
1500馬力まで発揮でき30ミリ・モーターカノン搭載で、スレンダーなフランス巨乳女ができたでしょう

13 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 21:16:44.42 ID:cnTb/eBH
ニューギニアの戦いでは

ラバウル航空隊は元々海軍航空隊のみで
空冷の零戦は液冷のP40にフルボッコにされ、制空権を失い
陸軍地上部隊はまともな援護も受けれず
装備もロクに運べなかった

ポンコツ零戦ではどうしようもなくなった海軍は
陸軍に泣きつき
まずは空冷の隼を投入するも、やはり液冷のP40の敵ではなく
液冷の3式戦の投入によってなんとか持ちこたえた

海軍の零戦がフルボッコにされたので
仕方なく3式戦を引っ張りだしてあげただけで
零戦が上手くやれてれば、3式戦を無理に南方に出す必要はなかった
本当に迷惑な零戦

14 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 21:22:14.17 ID:8XDVjR3I
マリーンの冷却不足は、「そこまで冷却能力は不要だろう」として戦闘機を設計したやつの責任
あと初期は使用温度範囲が狭いグリスを使用したため、上空へ上がったらグリスが固くなって抵抗が増え、推進力が大幅に奪われたのもある

15 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 21:56:06.16 ID:vkAK/uv5
ところがニューギニアをはじめ前線部隊では欠陥機・飛燕の評判は最悪で
陸軍や川崎への憎悪となり、最大の標的は審査部が受けることになった

もとより「日本にも液冷一本ぐらいは育てたい」という純粋な技術興味もあり
超大国アメリカでも国産液冷は三流メーカー・アリソンの一本であるから
模型作りとしては良い趣味だが、日本位の小国はそんな余裕もなくなっていた

東條内閣が倒れた月にカワサキのダイムラーエンジン生産削減が命令される

抑えに抑えた不満がドッと吹き出してきた

東條は息子東條輝雄が飛行機技師で、メッサーそっくりの陸軍機は同盟国ドイツの
参戦のようで頼もしく、みずから土井武夫に勲章を授与し、手を握って激励
しかも土井の月給150円時代に1万5千円の封筒まで渡した(現貨にして一億円ほど)
ダイムラー国産計画は東條内閣のお気に入りで、政治身分を保障されていたのであった

したがって東條がきえることで懸案の陸軍リストラが断行された、つまり陸軍の最大最凶の癌
これこそ
戦争の役に立たず血税を浪費するダイムラー国産エンジンの模型飛行機なのであった
まぁ役に立たぬ液冷を3千機つくったのは小国日本では頑張り過ぎであった

しかしクソエンジンは喜んで止めるとしても機体の生産計画をとめるわけにゆかず
キー100ができたというわけである。まぁエンジンは何でも良かったのでした

16 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 22:05:31.05 ID:0mI5N5op
>>13ID:cnTb/eBH

何年も同じ妄言を書いて失笑を買うキチガイ

17 :名無し三等兵:2017/01/21(土) 23:55:12.86 ID:8XDVjR3I
排気量と気筒数でどの国も大体出力上限は同じ
筒径を増やせば、より真円度が低下
行程を増やせば、空気抵抗が増す
気筒数を増やせば、密集してホットスポットが発生しやすくなる

栄に固執した陸海軍各航空部門責任者の責任は重い

18 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 00:04:14.12 ID:J3WLbkkb
五式戦闘機vs金星零戦
戦闘爆撃機としても戦闘機としても五式が格上?

19 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 00:19:05.29 ID:EPaXAOG3
三式戦は重戦と公式文書に在る
重たく量産も考えられてない作りで、機体としては四式戦のほうが単純で量産しやすい
金星疾風なら軽くなるから性能は上がる。紫電改も部品数は減らしたと言うが
どちらが造りやすいかは不明。
紫電改が合理的構造なら両軍統一の金星市電という線もあるのではないか

20 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 00:22:18.11 ID:oF8gS86Y
キ44もキ84も重戦だから重たいか
キ61iiは重戦だから重く
キ100は軽戦だから軽いのかな

21 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 00:25:45.71 ID:HPEzJoip
金星疾風

元満州飛行機研究部長 野田親則氏の手記によれば以下の通り。

・昭和20.3頃航空本部から呼び出しをうけ、キ116の設計試作を指示された。
 キ116 は 20.1に完成したキ100の好成績に鑑みキ84のエンジンを問題の多いハ45からハ112に換装する改造設計である。
・昭和20.4下旬帰満し、当時ハルビン工場で完成間近であったキ84の4号機(?)の機体を用いて研究開始。
・エンジン重量の差から発動機架を延長し機首を伸ばしキ46-III用のプロペラをそっくり流用。
・全備重量は約4000kgから約3500kgに下がり、徹底した重量軽減を行えばさらに100kgほど減らし得る確信あり。
・性能は(すでに終戦が近く)飛行回数が少なく確実な測定が出来なかったが、
 キ100と非常によく似た数値を示した。
・総合的な判定は非常に良好で、特に信頼性十分な発動機は操縦者に好まれた。

22 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 00:30:20.81 ID:J3WLbkkb
確か満州飛行機で転換生産始めた四式戦闘機だけど、本土から誉が届かずに首無し機続出だったというのが一番の開発理由らしいな
エンジン不足の原因はどうあれ五式も金星疾風も開発理由は似てるんだな

23 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 01:19:56.92 ID:EPaXAOG3
ダイムラーや誉は論外、金星はちと小排気量で出力向上の余地がない、となれば
エンジンは昭和7年に開発された海軍工廠九四式発動機が最適かと思われます

これはイギリスのネピアライオンをもとにしたW型で
ライオンを参考にロレーヌ発動機が作られ、ライセンスした日本軍が
外国への技術依存の脱却を目指しW型ネピアライオンこそ可能性があると睨み
海軍工廠が25リッターから46リッターに独自に排気量アップしたものです

これならば本家ネピアライオンよりも二倍近いアップを果たし、クランクも短く問題ない
ダイムラーや誉より排気量は10リットル以上も大きく、海軍倉庫から引っ張り出して
チューニングすれば2200馬力はまちがい無し

現実に夢のW型エンジンはあったのですが、日本人はこれすら忘れ果てた

24 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 02:20:25.62 ID:D38ipg84
寝言はW型の技術的問題を知ってから言おうな
知ったら言えないけどな

25 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 08:46:10.59 ID:uxTx8TTt
>>18
同程度の機体なら制限のない陸上機の方が性能は上

26 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 09:06:46.83 ID:b3iZjQf6
高温地域でオーバーヒート起し易かったのは当時のエンジンが暖気運転を必要としたから

エンジンオイルは通常運転で必要な粘性を保つように調整されてるんで始動時は粘性が高すぎる
凍結対策で作動にエンジンオイルを利用するタイプの恒速ピッチプロペラを装備してる機体は
余計に無理できない
空冷星型エンジンなら暖気運転を10分以上行わないと飛べないのが普通だった(艦載機は特に)

液冷エンジンは油温が上がるまで搭載された冷却液の蓄熱量でシリンダ温度上昇を抑える事になる
空冷エンジンは地上でもシリンダの冷却が見込めるが待機が長いとオーバーヒートを起すのは同じ

スピットファイアはオイルヒーターを装備してたんでヒーターを入れて2分でエンジンを始動すれば
僅かの暖気で離陸可能だったがエンジンを始動すれば5分以内に飛べないとオーバーヒートした

27 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 10:13:01.78 ID:uxZMAvDH
クーラーにクーラークーラーだな、クーラーなだけに

28 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 10:46:01.56 ID:ScQkuZ78
スピットファイアはVIまでエンジン冷却液ラジエターが右翼下の1つだけで、高温地域の地上〜低空域ではオーバーヒートが多発
そのため、エンジン冷却液ラジエターを左翼下にも増やしたVIIIからはそのような問題は激減した

VIまでは右翼下の一つだけ
VIIからは左右翼下に各1

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/22/Supermarine_Spitfire_Mk.Vb,_Historical_Aircraft_Restoration_Society_(HARS)_JP6898927.jpg Mk.Vb
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Supermarine_Spitfire_Mk.VIII,_Private_JP6898706.jpg Mk.VIII

29 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 10:55:39.37 ID:b3iZjQf6
>>28
エンジン始動後5分で飛ばないとオーバーヒートする話はスピットファイア\の例で
ラジエター増やした後ね

30 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 11:18:56.24 ID:yVvBRl9F
素人目には翼ラジエータって
翼にとって凄く悪そうに見えるんだけど欧州のトレンドだったってことは
そうでもないんかな

31 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 11:33:25.99 ID:b3iZjQf6
翼は上面の方が重要だから下には色々ゴテゴテ付けるけど上はあんまり弄らない
上面にタンク付けるイギリス人には通用しない話だけど…

32 :ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j :2017/01/22(日) 11:51:03.33 ID:sNNC9TDj
>18
格上というのがどういう基準で何を比べてのことか判らないが、

同じエンジンで五式戦のほうが金星零戦より性能的に上になったというのは、単にベースの三式戦の設計年度が零戦より2年以上新しいからだろうと。


まあ碇義朗氏の飛燕本の受け売りだが、これだと飛燕のハ40エンジンは出来不出来以外に

・整備技法、手順が作業者に周知できてないという整備上の問題があった

という話もあって色々悲しい。

33 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 13:56:49.70 ID:maQnkhWr
アメリカに倣って漫画入りのマニュアルを作ればよいのに

34 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 14:46:11.64 ID:OEaSshkH
本土決戦用にヤンキーへの蹴り方をイラストで解説してたやん!(遅すぎる)

35 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 14:53:54.89 ID:ek/3hCP8
>>31
そやね
http://www.warbirdphotographs.com/LCBW10/FW190_doppelf-s.jpg

36 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 14:54:53.08 ID:j9KBVi+g
アメリカ兵にカミさんや恋人は本土でよろしくヤッてるぞって
エロ漫画散布したやんか
さすがHENTAIやで

37 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 14:55:55.99 ID:ek/3hCP8
>>31
つーか上に乗せると落としにくいからってだけのような…

38 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 15:03:02.41 ID:gCn5VhEW
あれってタイガーのマニュアルのパクリだよね

ミリタリー物ブームの今あれを萌えイラストで
リメイクして出版したら絶対売れると思うんだ

39 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 15:10:26.30 ID:aboTBhgu
田川水泡とか、長谷川町子に描かせればいいのか

40 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 15:13:56.33 ID:b3iZjQf6
翼の上面の気流剥離は抵抗増だけじゃなくて揚力減になるから揚効比低下する

41 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 18:13:45.72 ID:EPaXAOG3
機首ラジエーター・・・プロペラ効率が下がる
おそらく数%の速度低下で600キロ出るものが570キロとかになる
しかし小さくユニットまとめれば軽量で済み整備も楽

翼下ラジエーター・・半埋込み式でも冷却でき抵抗は少なくなる
翼の効率低下は免れない

胴体後方ラジエーター・・・プロペラも主翼も邪魔しないので理想
いかにも配管が長くなる。おもくなる。ほぼ主流

42 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 18:27:00.51 ID:BO97UmP6
アゴラジエーターはいかにも頭重そうでピッチングまわりのモーメントが大きそう
環状ラジエーターは空冷っぽくて液冷の魅力半減

なんだかんだで胴体下でええんじゃないの

43 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 18:57:18.99 ID:EPaXAOG3
しかしホーカーハリケーンの胴体配置をシドニーカムは新型タイフーンで
カーチスふうのアゴラジエーターに改めてる
現場の声「アゴの大きいほうがシャークマウス映えるし強そうでね?」
シドニーカム「採用!もう2500馬力もあれば安価な戦時省力型でいきましょ」

ソ連のヤク戦闘機は機首に油冷却器、胴体後方に水冷ラジエータとしてる
これは、高温オイル配管をエンジン直下まとめる
川崎もキ60ではそうだったのでロシアと同レベルだが、どうもオイル過熱しがちで
キ61はすべてボテ腹にまとめてひっぱり水ラジエータのなかにオイルをいれて
いわば水冷オイルクーラーとして油温安定を図る

寒いロシアではなんとかなっていたが、オイルクーラーが機首にある
抵抗増大はわかったので後期タイプでは、主翼から吸い込む形にあらためてる

ソ連機はドボチアンD520やマスタングのような美しいラインを手に入れ
スターリンはご満悦であった

44 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 19:24:06.01 ID:OEaSshkH
>>41
胴体前方ラジエーター・・・防護力が上がり、生存性が高くなる
…ぐらいしか知らないけど、実際は機体性能にどう影響が有るんだろう。因みにIL-2はコレ

45 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 19:46:59.09 ID:douNHMwG
>>44
>胴体前方ラジエーター
フェアリー バトルとかも

>防護力が上がり、生存性が高くなる
そりゃシュトルモビクは埋め込みで露出してないうえ装甲で防御してるからだ

46 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 19:57:54.38 ID:b3iZjQf6
ラジエターに穴が開いたら真っ先に不時着できる場所探さないとダメなのに場所変えて
生存性が上がるとか無いんじゃね…

47 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 20:04:13.46 ID:ScQkuZ78
>>44
V型ならプロペラ軸は機体中央より上部なので、下部設置よりも胴体断面外に出る面積は減り、プロペラ効率が上がる
倒立V型ならプロペラ軸は機体中央より下部なので、胴体上部に大きく冷却器が出るため、プロペラ効率が下がる

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b1/HA_1112-M1L_and_Bf_109G-2.jpg/800px-HA_1112-M1L_and_Bf_109G-2.jpg
左がマーリン500-45搭載のHA-1112-M1L
右がDB605搭載のBf109G

http://drawingdatabase.com/wp-content/uploads/2014/03/Krilya-264.jpg
Il-2内部構造図
AM-38はV型

>>29
そうだったのか
IXもVIIIと同じ60系を搭載しているから、VIIIでもありえたはずだよなぁ

48 :名無し三等兵:2017/01/22(日) 22:02:11.38 ID:spXroY3v
表面冷却最高や!

49 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 01:15:59.73 ID:F1yOIsTe
506th Fighter Group - 1 June 1945 Black Friday
We had flown a few missions, but the mission on June 1st 1945 would last in memory forever.
http://www.506thfightergroup.org/missionjune1blackfriday.asp

史実でも、硫黄島の第7戦闘機集団のP51パイロットの負担はかなり大きかったみたいで、多数の戦闘外損失を出してます。
特に6月1日の、大阪大空襲の護衛機だったP51が悪天候もあって、28機が戦闘外の要因で墜落しています。(搭乗員全員死亡)
ラバウル航空隊だって、一回の出撃でガダルカナルでこんな大量な戦闘外損失は出してないでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14128875069

50 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 04:18:29.23 ID:ZJ1GZ7uz
その時期の米軍ならすぐ補充できるので大した問題でもなさそう

51 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 07:25:06.68 ID:QGgH2IWo
議事録には次のようなイーカーの言葉が引用されている。
「日本にたいし航空兵力のみの使用を主張する者はきわめて重大な事実を見過ごしています。それはつまり、
航空機のみが敵と対決するときは、航空兵の死傷者数は決して低下しないという事実です。現在の航空兵の
死傷者数は一度の任務につきおよそ二パーセントであり、一月当たりでは約三〇パーセントです」
イーカーは続けた。「時期を逸すれば、敵が有利になるだけです」
「日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌」(T・アレン&N・ボーマー著)
"GENERAL EAKER said that he agreed completely with the statements made by General Marshall
in his digest of the memorandum prepared for the President. He had just received a cable in which General
Arnold also <page 559> expressed complete agreement. He stated that any blockade of Honshu was completely
dependent upon airdromes on Kyushu; that the air plan contemplated employment of 40 groups
of heavy bombers against Japan and that these could not be deployed without the use of airfields on Kyushu.
He said that those who advocated the use against Japan of air power alone overlooked the very impressive
fact that air casualties are always much heavier when the air faces the enemy alone and that these casualties never
fail to drop as soon as the ground forces come in. Present air casualties are averaging 2 percent per mission,
about 30 percent per month. He wished to point out and to emphasize that delay favored only the enemy
and he urged that there be no delay.
http://www.endusmilitarism.org/casualty_projections_Giangreco.html

52 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 08:52:28.57 ID:PQ2VuStW
>>47
飛ばないと冷却液の温度を下げられないんでラジエターを増やしても地上じゃ意味が無い
オイルを加熱するスピットの離陸手順だと暖気不要だけどその分地上で早くオーバーヒートして当たり前

逆に言うとスピットは油温が上がる前に冷却液が沸騰する事は無いので暖気ではオーバーヒートしない

53 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 09:46:14.54 ID:VLVu+j8E
>>50
士官が30人近く死んだんだから笑えないと思うが
米軍はソ連とかと違って自軍の犠牲者の数をかなり気にする方だ

54 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 10:23:09.42 ID:HoZtMXLu
でもね、俺こいつすきなんよ
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/f0/93/e9/f093e98d6188202bfe0705ad74c06a2e.jpg

55 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 10:59:57.32 ID:PQ2VuStW
上手い絵だな…

56 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 16:54:40.89 ID:7NHzTJ8Z
>>53
敵軍はどうでもいいあたりが土人

57 :名無し三等兵:2017/01/23(月) 17:32:15.78 ID:uwO8q+dH
平和とか言ってくるくせに火炎瓶な人たちも
意見が異なる人にはえらく攻撃的になるし
外の奴にはまぁたいていそんなもんよ

58 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 10:20:46.58 ID:rkGCAyg1
モスクワ、レニングラード、スターリングラードでソ連兵士は2百万人ほど死んでるはず
一方米兵がたった六千人死んだだけの硫黄島が、米国の由緒ある古戦場の一つとして強襲揚陸艦の名前にまでなるという

59 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 10:28:04.03 ID:TBPj8KEj
スレ違沼

60 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 12:39:59.62 ID:BNdwdas3
大陸打通作戦で3000キロ進撃して、行く先々で中国チンピラゴロツキが次々と虐殺されていった。
これはナチスドイツのバルバロッサ作戦でさえもなし得なかった快進撃ぶりだった。
中国抗日など日本軍の敵ではなく戦線は次々と突破され、中国抗日戦争なる化けの皮は剥がれた。
チンピラゴロツキを虐殺するのは楽しいし、また虐殺したチンピラゴロツキから物資を調達できた。
さらに言えば中国人を虐殺して、虐殺した中国人をすり潰して脂を抽出して、航空燃料にすればよかった。
ドイツは戦争責任を反省しているのではなくて、東と西で徹底的に粉砕されて平身低頭してるだけ。
これに対して日本は太平洋戦争では負けても日中戦争は連戦連勝で、日本人は中国人よりは優れて
いたという優越感はそのままで、チンピラゴロツキと差別することもできる。中国人の先天的かつ絶望的
な知能障害とその腐った脳みそは、米軍がいくら支援をしてみたところでどうにもならなかった。
他の反ファシズム連合国が一斉に勝ち進む中で、ひとり中国だけが連戦連敗を喫した。
チンパンジーにいくら言語教育を施しても、チンパンジーは人間の言語を話すことはできない。

ちなみに米軍は朝鮮戦争でこの「チンピラゴロツキ」さえ撃破できなかった。

61 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 12:41:39.97 ID:BNdwdas3
>>58
我が国の海自も、空母「打通」とかやってみたいよな。

62 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 20:52:18.19 ID:tdGs15cn
大陸打通って、何の意味があったのか解らない

63 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 21:39:13.30 ID:BNdwdas3
>>62
チンピラゴロツキをどつき回して、3500万のゴキブリを駆除して、地球環境を守った。

64 :名無し三等兵:2017/01/24(火) 21:54:44.74 ID:tdGs15cn
何が面白いの?

65 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 00:24:28.30 ID:3M4LxFMf
もう200馬力あればな、5式戦
1500馬力って武装も防弾も速度も何もかも中途半端にしかならん

66 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 00:36:05.44 ID:kCwc77o1
ハ42積めばよかったと言いたいのか。まともに動くのはそれしかないぞ

67 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:00:00.04 ID:KmUFjgm0
>>64
日本人は中国人よりは圧倒的に優秀だが?

68 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:06:33.63 ID:Av2xKEvl
馬力なんかより
この時期に一段二速って方が問題
明らかに能力不足

69 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:08:18.45 ID:KmUFjgm0
>>68
>明らかに能力不足

チンピラゴロツキの3500万では、まだ殺し足りなかったか?

70 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:12:32.40 ID:67hV8b9A
なら一段三速でいいんじゃね

71 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:14:18.20 ID:3M4LxFMf
>>66
誉は1700馬力級で決めておけばあそこまで酷くなかったろう。

72 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:19:48.03 ID:ZoUPyfVE
そんな中途半端なのはいらん
はい論破

73 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:34:49.27 ID:3M4LxFMf
実際、その程度しか出ておらんだろう誉

はい論破

74 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:39:26.95 ID:LswrL32r
出すつもりで機体設計してたのでアウツ!
はい論破

75 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 01:39:53.68 ID:KmUFjgm0
>>71
>誉は1700馬力級で決めておけばあそこまで酷くなかったろう。

中国人の知能障害はさらに酷かったが?

76 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 07:21:14.72 ID:2AAvbW2C
日の丸あげての金星はいいオイルと燃料使って1800馬力

77 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 08:11:13.54 ID:A8tX8r1G
誉は量産型で1000馬力を少し超えるくらいだから、
疾風の小さなプロペラが結果的に正解だったのだww

78 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 09:28:10.49 ID:EdQRkYXW
それもそうだな
まあ大昔の話だし

79 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 10:11:04.43 ID:sz7wh5Ic
烈風の時でさえ高度6000mで1300馬力だから
一速全開なら1500〜1600馬力程度

80 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 12:47:21.40 ID:TJextt6b
ヤマハに調節させればあるいは・・・

81 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 13:21:36.63 ID:ffkIG2hY
時でさえつーか、あれが一番アカン時やがな

82 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 13:34:46.10 ID:YYL4TPU1
当時のヤマハはプロペラは作ってたけどエンジン作り始めたのは戦後の話

83 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 13:38:18.52 ID:TJextt6b
>>82
プロペラのテストするのにメンテしていて鍛えられたそうな

84 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 13:45:27.01 ID:c5QCsv/t
>>81
そこから先でも、工場も破壊され物資も不足し誉がよくなる理由なにもないだろ。
不具合は解決される目処は当時立っていた、とかドヤ顔で語るのいるけど、19年20年の
希望的観測というか妄想としか言えない予測だらけの中で、なんで当時の資料だからといって
信じる気になるのかわからん

85 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 14:01:32.96 ID:02aCsLOR
ここの住民ならコレ↓買うよな
ttp://deagostini.jp/ww2/backnumber.php?id=49839&issue=28

86 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 15:09:40.34 ID:na7sHR52
報道管制とかあったので、案外南方輸送船団がほぼ無傷で日本と行き来していた昭和18年までは、内地人は不憫なほど楽観視している
しかし、南方輸送船団の被害が続発し始めた昭和19年半ば以降、そんな楽観ムードは一掃されてしまった

栄・瑞星の14気筒28リットル程度 850〜1150
P&W R-1830 TwinWaspの14気筒30リットル程度 800〜1350
金星の14気筒32リットル程度 1060〜1500
P&W R-2000 TwinWaspの14気筒33リットル程度 1300〜1450
P&W R-2180-A TwinHornetの14気筒36リットル程度 1200〜1500
P&W R-2180-E TwinHornetの14気筒36リットル程度 1500
ハ5の14気筒38リットル程度 950〜1500
Shvetsov ASh-82の14気筒41リットル程度 1570〜1900
BMW 801の14気筒42リットル程度 1560〜2000
火星の14気筒42リットル程度 1530〜1820
Wright R-2600 TwinCycloneの14気筒43リットル程度 1300〜1900

誉の18気筒36リットル程度 1800〜2000
共通ハ42の18気筒42リットル程度 2200
P&W R-2800 DoubleWaspの18気筒45リットル程度 1850〜2800
Alfa Romeo 135の18気筒48リットル程度 1100〜1765
Bristol Centaurusの18気筒54リットル程度 2520
ハ104の18気筒54リットル程度 1900〜2500
Wright R-3350 Duplex-Cycloneの18気筒55リットル程度 2200〜3800

87 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 15:41:11.60 ID:cAbpBCFG
>>84
資材が枯渇しかけた末期誉も初期誉よりかはましだろうね
内地の銀河の稼働率は非常に良好だったし

88 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 15:47:55.00 ID:cjnHRhup
最終型が1950年代のエンジンと比べたら見劣りして当たり前だな

89 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 16:09:06.09 ID:kf2+6BKI
初期量産品がボロボロだったのはポートの鋳型崩れとか軸受けの配合間違いとかいう資材枯渇云々以前の問題だからな
そのへん解消した後はマシになったろう
実際米軍が鹵獲テストしたのは量産機だし

90 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 16:10:59.13 ID:3acSFgu/
なぜ日本は2段過給器が出来なかったのだろうか

質問です
馬力によって最高速が変わる、上昇力が変わるって事はプロペラの最大効率を
使えてないって事だよね。
つまり1500馬力でペラのピッチなど最大効率が実現できる機体なら
2000馬力になっても性能はかわらないって事であってます?

1500馬力もあればプロペラの最大効率を使えそうな感覚なんだが。

91 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 16:28:27.57 ID:WYt/DkJK
単列9気筒のサイクロンも1944〜45年頃になると1420馬力までパワーアップしているんだな

92 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 16:44:40.63 ID:cjnHRhup
アホか…

93 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 17:29:42.61 ID:ffkIG2hY
>>84
そういうことは吸気ポートの型くずれやらフィンの変更やら水メタ追加やら運転制限やら…とヒジョーにややこしい誉のことを少しは知ってから言おうね?

94 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 18:20:12.85 ID:YYL4TPU1
>>90
恒速ピッチプロペラは回転を一定に保てるんでプロペラサイズによる推進効率の低下は減らせるけど
馬力に関わらず推進力を一定にする物じゃない

馬力が変わっても推進力が変わらないとしたら操作に未熟で不適切な回転数を選択をしてるて事になる

95 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 19:20:51.12 ID:3acSFgu/
>>94
うーんと、よくわからないのが
同じ機体(ペラも)で1500馬力と、2000馬力 の発動機があったとして水平全力で何が違うんですか?
回転数は同じなのでピッチ角しか違いはないですよね。
1500馬力でも充分にプロペラの効率を出せるのでは?って事です。
爆装で過荷重ならちがうでしょうが、

96 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 19:48:28.66 ID:K0uzBNVJ
水噴射ときくと今の飛行機やバイクでは、耳慣れないせいかエンジン内部に水を噴射するなんて
そんなイカサマで馬力が上がるなら苦労せんわ! ゴットリープ・ダイムラーやヴィルヘルム・マイバッハに謝れ!
と言いたくなるし100キロの重量増加ときけば、「まぁ無い方が良いわ」と軽視されがちだ


水メタ導入の隼3型1300馬力では、同じ栄でも水メタ導入しなかった海軍の零戦にくらべても高評価で
「隼VあればP51にも勝てる」とすらいわれ
しかし零戦があのありさまだったので、世間では同じエンジンの隼も同じはず、好評は全て捏造。
いや陸軍の負け惜しみで隼は零戦より悲惨な末路のはずとされてる
しかも現在のエンジン技術ではもっともあやしげなパワーアップ法とされる水噴射とくればなおさらだ。

じっさいはドイツでも水噴射は多用され、BMW1700馬力が2000馬力にあっぷしたりカナリ活躍してる
アメリカは優れたエンジンがあるからやや遅れてるがF6Fヘルキャットに2200馬力で装備してる
しかしドイツでも・・のひとことでコロリと評価が代わるのは、白人コンプレックスかな

97 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 19:53:39.73 ID:IXjRp1G8
>>96
>じっさいはドイツでも水噴射は多用され、BMW1700馬力が2000馬力にあっぷしたりカナリ活躍してる

Production from the synthetic plants declined steadily and by July 1944 every major plant had been hit.
These plants were producing an average of 316,000 tons per month when the attacks began.
Their production fell to 107,000 tons in June and 17,000 tons in September. Output of aviation
gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to 30,000 tons in July and 5,000 tons in September.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

>Output of aviation gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to
>30,000 tons in July and 5,000 tons in September.

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

98 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 19:58:15.82 ID:os+dyjUs
ただ水を噴射してるわけないだろ、水噴射は気化潜熱でしらべてから来いよ

99 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 20:12:46.51 ID:os+dyjUs
高温の給気に噴射して一瞬で蒸発、気化するときに熱を奪う給気冷却
インタークーラーみたいなもんだからな

100 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 20:15:00.85 ID:os+dyjUs
あとニトロ噴射もニトロ化合物じゃなく亜酸化窒素だからな

101 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 20:16:00.40 ID:kCwc77o1
水噴射はトラブルの発生源。うまく動くようになったエンジンもかなり時間かかったし
大概はどうにかなる前に戦争が終わった」

102 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 21:07:23.54 ID:YzFCa+nc
水噴射したってブースト上げられなかったら馬力向上にはならない
あれはブースト上げた時に高温でシリンダー内で燃料がディスティネーションを起こさない為に亀頭冷やしてるだけだから

103 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 21:57:27.64 ID:TR0TVCw4
>>96みたいにどうして隼信者は零戦のことに無知なんだろうね?
いや隼のことすら無知かw

104 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:15:25.91 ID:Av2xKEvl
>>96
また馬鹿がドヤ顔でアホ言ってる

BMW801はMW50の使用は
諸々の理由により基本的に禁止されている。

別の手法で代用してる。

105 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:20:31.53 ID:Av2xKEvl
>>90
連合軍側も
2段過給は基本的に戦争後に実用だから
日本側は基礎も無いので
原理も実装方法もわからないし
実用化は基本的に不可能

連合軍エンジンも2段過給化できたエンジンは少ない
まして高性能な2段過給となると
あまり無い上に、戦中の中盤〜終盤での実用化だし

一段過給しか作れなかった日独機は
全開高度概ね6000mを超えれないので

常に頭を押さえられ不利な戦いになる

106 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:30:28.15 ID:os+dyjUs
これまたひどい無知がきたな

107 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:39:12.64 ID:os+dyjUs
二段過給機の連合軍戦闘機
スピットファイアMk. IX
P-38
P-63
P-51B〜D
P-47
F4F
F6F
F4U等

108 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:40:55.14 ID:o6aaJrgK
酷すぎてワロエナイ

109 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:46:33.08 ID:os+dyjUs
出力曲線の山で見るとドイツのDB601は山二つ、無段階変速といっても2段の谷間を埋めること

110 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:49:15.06 ID:os+dyjUs
R2800のP-47やV-1710のP-38はエンジン本体の過給器と排気タービンの2段過給

111 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:50:40.55 ID:os+dyjUs
F6FやF4UのR2800は一段過給器+一段二速で出力曲線は山3つ

112 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:53:41.70 ID:Av2xKEvl
>>107
変なのが混ざってるぞw

113 :名無し三等兵:2017/01/25(水) 22:53:44.42 ID:os+dyjUs
ドイツのDB601は一段二速で出力曲線の谷間を埋めることね

114 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 00:06:52.92 ID:kNnGJQWC
>>95
回転数が同じでプロペラピッチ角が違うという事は推進力が変わる事になる
速度に対してピッチ角が過大になって推進効率が落ちる場合は回転数の選択が間違いなだけで
例えば戦闘時に巡航回転で全開運転してるとかのミスなわけ

そうならないように全開時はピッチレバーをフルフォワードにしろとか基本的操作を訓練する

115 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 00:44:55.44 ID:F4mVknLa
実戦なんてやらないで妄想しているだけの方が楽しいな

116 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 01:51:07.58 ID:HPg8+N4+
そらそーだ
誰だって殺し合いはしたくない

117 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 02:18:59.57 ID:uxzze06I
というか他人が死ぬのならOK

118 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 05:57:47.80 ID:bsTPqLTB
>>25
制限のない陸上機が上ってのは陸上機の方が軽くできるからであって
陸上機でも無駄に重いから零戦の方が上

119 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 06:12:22.68 ID:+pV0y7S2
>>2
>大陸打通作戦は連戦連勝、制空権の無い戦場で地上軍がどうやって進軍するのか

飛行機も追いつけない物凄い速さで、皇軍兵は中国人を殺戮していった。

120 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 06:14:24.28 ID:bsTPqLTB
金星装備の単発機の自重比較
零戦54 自重2,150kg
彗星33 自重2,501kg
五式戦 自重2,525kg

121 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 11:13:37.10 ID:DaUM0BaO
確かにフライトシムはスポーツ感覚で楽しめるし殺し合いは無いに限る
RvRで敵対心むき出しでパラ撃ちやバルチに必死な奴は居るが大抵タイマンで勝てない下手糞

まあ初めて飛んだら一ヶ月は落とされるばっかりで変になる奴が沸くのは理解できるw

122 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 11:20:06.89 ID:/iMRDOE6
末期の枢軸空軍体感出来てええやん
とはならんか

123 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 11:24:46.38 ID:DaUM0BaO
実体験できるほどリアルなゲームなら敵機に撃たれる以前に離陸もできずに諦めるだろw

124 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 12:28:41.10 ID:TKAUOUyS
末期の特攻の使い捨ての弾用になる前は、軍に入る前から体力も学力も学校でトップみたいな
超人しか戦闘機に乗せてくれないしな。

125 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 12:58:02.86 ID:K7/UOYWV
二段過給でまともに動いて量産されたエンジンって実は少ないのな
特に液冷なんてRRの独壇場、つか連合軍代表のスピットとP-51が暴れ回ったから「みんな二段過給」みたいに感じるだけで
まあターボ装備のアリソンもあるけど

126 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 13:12:21.67 ID:H8Sz54Qx
あまり構造を複雑にしてもな、兵器はカタログスペックではなく信頼性だよ

127 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 18:25:27.00 ID:Z/p+Wbkp
エンジンは同じものを延々改修し続けてパワーアップさせていくのが
当時も今も常識で、まったくの新型なんてめったに開発しない。だからもともと種類が少ないんだよ

128 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 18:34:20.67 ID:kNnGJQWC
シムで初心者が手も足も出ないのは小回りするコツが掴めないからで実際の戦いとは結構違うと思う
実戦じゃ大抵の体験談で見張りで先に発見して優位取れるかが重要だったみたいだし

129 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 21:16:54.84 ID:Q1AiT1q+
本家DB605の改良はボアアップによる排気量36リットルへのUP
そしてバルブタイミング変更による効率アップで1475馬力と本格派

それにくらべるとDB601(ハ40)からハ140への変更はブースト圧のUP
と水メタノールのみで、随分安っぽい。でも水メタ1500馬力

MW 50装置(メタノール 水 50)を使用した本家DB605は2000馬力で
MW 50の噴射は素晴らしい効果があった。またFw190D-9に搭載され
たJumo 213A-1は2240馬力にまで向上した

戦争後半のエンジンの設計にはすべてMW 50システムの搭載を考慮した設計
となり特にユンカース ユモ 213はブーストしない時の性能を犠牲にしてでも
性能を最適化するように設計していた

130 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 21:47:03.84 ID:RJEsQ1aB
DB605はバルブオーバーラップをレースエンジン並みに大きくしていたな。

131 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 22:01:50.80 ID:rzJboe1k
>>129
はい、ほとんど外れな
DB605は初期運転制限あったから
その馬力はでてません。

ハ140は過給圧以外も手を出してます。
DB605の水メタの馬力も不正解

132 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 22:07:22.43 ID:tlrkxraP
DBについてなんか語りたいならスケールアビエーションで連載していた阿部氏の記事のバックナンバー揃えてからにしたほうがいいよ

133 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 22:15:24.04 ID:tlrkxraP
Jumo213A〜Eの連載もあった
語るほうも突っ込みいれるほうもよくわかっていないということがままある

134 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 22:23:54.83 ID:rzJboe1k
>>125
結局、二段過給で単発機に積まれたて
実用化されたのは

R1830 : F4F
R2800 : F6F・F4U
アリソン : P63
マーリン60系〜 : P51・スピットIX〜・その他
グリフォン : スピットXIV〜

位で

F4Fは全開高度イマイチ
P63は登場遅すぎ
R2800系も全開高度イマイチで、B17がどれだけ落とされようが第8空軍ではF6FもF4Uも使うなんて議論もしない

まともな高高度性能ってのは、連合軍側が答えをだしていて、結局第8空軍で使ったかどうか
第8空軍が使ったのは、P51・スピットIX・P38・P47でターボ機以外はマーリンしかない。
第8空軍が使った機体の全開高度を見れば、F6FだとかF4Uは全然使い物にならない。

135 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 22:38:45.02 ID:rzJboe1k
そもそもJumo213を語るなら
回転数の方だろ
当時屈指の高回転エンジン

136 :名無し三等兵:2017/01/26(木) 23:07:36.94 ID:JaE6hSd2
所属が違う海軍機と陸軍機の違いが分からないガイジ

137 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 01:07:49.59 ID:+6MX0vdO
>>134
>まともな高高度性能ってのは、連合軍側が答えをだしていて

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

138 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 01:10:50.08 ID:+6MX0vdO
>>134
>まともな高高度性能ってのは、連合軍側が答えをだしていて

25. 15歳のサーシャ・チェカリンとリョーニャ・ゴリコフ、14歳のヴァーリャ・コチク、マラト・カゼイ、
ジーナ・ポルトノワの、学校の生徒5人が、独ソ戦のソ連邦英雄の称号を受けた。
26. 戦中の戦闘に参加したのは計3447万6700人のソ連の軍人。
27. ラヴォチキンの軍用機の一部部品(けたと小骨)は、国内の深刻なアルミ不足により、
デルタ合板でつくられていた。スターリン自身が材料の品質を確認した。
28. 空中戦の大半は最大4500メートル上空という高さで行われていた。

大祖国戦争の33の事実
http://jp.rbth.com/arts/2015/06/22/33_53353.html

139 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 01:12:49.26 ID:+6MX0vdO
>>125
>つか連合軍代表のスピットとP-51が暴れ回ったから

−P.クロステルマンは、1944年の状況について次のように書いています。
「…フォッケウルフFw190やメッサーシュミットBf109との戦いでは、タイフーン部隊はしばしば12機中6〜7機
の損害を出していた。スピットファイアは無力であった…」
タイフーンというのはイギリスの戦闘爆撃機で、戦闘機スピットファイアがこれを護衛したわけです。それで質問なのですが、
あなたのいた戦闘機連隊が護衛した襲撃機も、1944年には同じような規模の損害を出していたのでしょうか?
 いいや。あんた、何を言ってんだ?!12機の襲撃機で出て6機落とされるなんて、護衛機の隊長は軍法会議ものだよ。
議論の余地もないね。1944年はおろか、1943年だって許されないレベルの損害だ。
−それでは、どの程度の損害までなら許容されたのでしょうか?
 12機なら1機、多くても2機だな。もしも6〜10機のヤクに対し、12〜16機の「メッセル」が襲ってきた場合の話だ。
それだったら、あるいは許してもらえたかもしれん。許してもらえるといったって、それは軍法会議にかけられないだけの話で、
いずれにしても護衛隊の長機は陰で色々言われることを覚悟せにゃならんがね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

140 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 04:54:03.81 ID:PrkaQqMy
はじめまして、こんにちは
私たちは皆さんが元気になれる粉や錠剤
そして野菜を販売しております
銃火器も同様に販売しております
発送はもちろん国内から行います

カタログや取引方法などを全て下記の書類にまとめました (商品の画像も添付しました)
http://imgur.com/a/qV92q
もし興味があればお話だけでも構いませんので
mailをいただけますか?
そこで納得していただけるようであれば
私たちは皆さんに商品を販売いたします
まずはお話だけでも良いので気軽にmailをお願いいたします
drug_gun_merchant@protonmail.com

お客様の安全は確保しておりますので
心配なさらずにmailを送信くださいませ

なお質問などは全てのmailでの対応となります
全ての問い合わせはmailからお願いいたします
書き込みに対しての反応は行えませんので宜しくお願い致します

141 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 12:25:21.53 ID:6FZIHAnP
カタログってのは高校野球ピッチャーの紹介文みたいなもんだ

142 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 13:09:09.57 ID:aSh91LUa
まー実際のとこその「まともな高高度性能」ってのがどんだけ使われたかではあるが
少なくとも太平洋戦域では侵入高度上げて航続距離かせぐくらいしかあまし使ってない
B29にしても高高度爆撃は最初だけだし… とはいえ迎撃のために上空で待ち構えるなら高高度性能は欲しくはある

143 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 15:48:12.60 ID:SWGl2TRE
中低高度爆撃でも高高度で日本に接近して降下加速しながら目的地に侵入してた
護衛のP-51が置いてけぼりになる高速なんで爆撃前に迎撃とか最初から無理
B-17なんかとはわけが違う

目的地上空から太平洋上に離脱するまでの間に追いついてきたP-51に妨害されず
B-29を落とすには相当な高度優位と進路予測の感が要る

144 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 16:01:29.45 ID:PFKJ0GDt
88mm高射砲でええんや

145 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 17:18:39.07 ID:NpyoJ/sJ
高射砲はあちこちにあったけど高射機銃の配備がほとんど無かったんで超低空だと
お手上げだったとか
日本は小銃まで対空照尺つけてたのにね…

146 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 18:23:25.65 ID:Dig0x1Ni
しかし民間需要でいいから飛行機にしろ、平時から
船にしろ常にある一定以上の生産能力をkeepするって
国防の観点からも重要だよなぁ

147 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 18:49:04.49 ID:AP1gkzXD
ドイツの高高度爆の脅しにおびえて高高度戦闘機を作るイギリスだけども
じっさいはドイツの高高度爆撃機は小鳥の糞のように小さい爆弾をポトポト落とすだけで終わり
ドイツの科学力は世界一ィイイイではあったが、そのドイツですら高高度爆撃は利点がないと思われてた

アルコールの高いジャガイモ焼酎(シュナップス)で酔っ払いえるのになぜ手間を掛けてウィスキーのようなものを
作らればならぬのか?ドイツウィスキーはスコットランドから原種を仕入れてる。ドイツ人は合理的なのだ。

ソ連もミグ3という高高度戦闘機を作るけど、低高度用のラグやヤクのほうが高性能とされ見捨てられてる
戦後もながく愛好されたレシプロ機はP51ではなくF4Uコルセアであって生産は1950年代まで続いた。

朝鮮戦争もF51は低空で戦爆任務が多く、高空性能は宝の持ち腐れ
アメリカではP51の高高度性能は価値がないと思われてた

148 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 19:15:33.06 ID:+cFYzOB3
>>145
>>146
日本は自動車工業が未成熟なのが致命的でしたな。アメリカの自動車会社は
戦時には多種の兵器生産に転換できた。
https://www.youtube.com/watch?v=u8ryXclE2Ww
このボフォース機関砲工場の女性労働者たちも、平時は自動車タイヤ生産に
従事していたと言っている。

149 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 19:22:59.03 ID:+cFYzOB3
ていうか、ファイアストーンだなこの会社は。今はブリヂストン傘下の。

150 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 19:34:01.22 ID:NpyoJ/sJ
むしろ逆に自分で全く作れなかったら蒋介石みたいにアメリカから買ってたら
見方して貰えたから戦争に勝ててた
その後の自国の発展や進歩には繋がらなかったけどね

151 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 19:40:49.69 ID:soN/K1pM
>>148
>日本は自動車工業が未成熟なのが致命的でしたな。

ソ連とドイツは自動車産業が発達していて、戦後はソ連と東ドイツが合体して、世界最高の自動車生産が続いた。

152 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 19:42:18.77 ID:soN/K1pM
ソ連と東ドイツの技術者は戦後仲良く手を取り合って、東ドイツは社会主義国の優等生と呼ばれた。

153 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 20:54:52.09 ID:AP1gkzXD
日本は高高度エンジンを作れなかったがために
B29の自由な飛行をゆるし原爆投下を許したところに悔いがある
しかしここに拘泥しすぎるように見える

当時の記録を見るとB29は一連射を加えても頑丈でビクともせず
たとえエンジンを一基壊したとしても余裕があり悠々と帰ってしまう
日本陸軍で広く使用されたホ103機銃は米12,7ミリ重機のコピーであるが
スペック上の初速をあげるため玉は3割ほど軽く、オリジナルより打撃力は低下した
たとえ日本に高高度エンジンがあったところで、これでは致命傷は与えられない

朝鮮戦争でB29はソ連機にバタバタと落とされてる。
ロシアの23mm機関砲は優秀だった。 この23mm機関砲の設計者は
一説によれば反動が大きすぎると非難されNKVDに捕まり怠慢として有罪判決を受け
23mm機関砲で処刑されたと言う、鉄砲には妥協を許さぬ姿勢
さすがカラシニコフを作り出したお国柄である

ホ103のごときウンチの採用はロシア人やドイツ人にしてみれば島国土人のヌルさ
あるいは賄賂や汚職にまみれた後進国に過ぎない
なにせ想定より威力があり過ぎるとして有罪にされるのだから日本と正反対だ

154 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 21:39:30.30 ID:O05RFzTK
>>153
>朝鮮戦争でB29はソ連機にバタバタと落とされてる。

中国−ビルマ−インドとマリアナ基地からの作戦全般を通じて第20空軍は、あらゆる原因によるものを含め、
B-29爆撃機485機、戦闘機212機を失った。この間、戦死または行方不明となった搭乗員は合計3041名に達し、
攻撃行動中の戦傷者は332名。他方、B-29爆撃機延べ33047機、戦闘機延べ6276機が日本爆撃に出撃した。
損害率は、B29は1.5%、戦闘機は3.4%であるが,B29搭乗員の死傷率は1%にも達しなかった。
(戦後刊行された『アメリカ戦略爆撃調査団報告第66号』「B29部隊の対日戦略爆撃作戦(第20航空軍)」
;本土空襲の記録引用)
http://www.geocities.jp/torikai007/war/1944/b29.html

正真正銘のB-29です。尾翌の番号から、機体製造番号は、45-21739で、
米国のB-29関連のHPに記載の番号と同じでした。展示説明板には、
ハングルの他に英文で次ぎのように説明していました。
『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して
任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。
この超空の要塞は、18個に分解され、1972年3月にカリフォルニアの
チャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

155 :名無し三等兵:2017/01/27(金) 22:07:19.74 ID:t7dvJU06
>>153
>朝鮮戦争でB29はソ連機にバタバタと落とされてる。

ソ連はごく一時期にごく少数の義勇空軍を派遣しただけ。朝鮮戦争で制空権は国連側が圧倒してた。

During the war, FEAF units flew 720,980 sorties and delivered 476,000 tons of ordnance.
For these numbers FEAF estimated it had killed nearly 150,000 North Korean and Chinese
troops and claimed the destruction of more than 975 aircraft, 800 bridges, 1,100 tanks,
800 locomotives, 9,000 railroad cars, 70,000 motor vehicles, and 80,000 buildings.
This damage was inflicted at the cost of 1,841 men killed, wounded and missing,
and 750 aircraft destroyed by the enemy.
http://www.state.nj.us/military//korea/factsheets/air_f_fs.html

日本にとって朝鮮戦争は危機にはならないどころか、特需景気でウハウハだった。

156 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 02:27:59.69 ID:h7JbZbNA
ひとつだけつっこんどくがホ103の弾頭が軽いのは初速を稼ぐためではない

157 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 04:20:39.19 ID:ZCEz+d9o
なんだぁ?経費削減かw?w

158 : ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2017/01/28(土) 05:22:28.63 ID:L6j76jxe
     ∧_∧
    <丶`∀´>     ∧_∧
    /     \   (    ) はぁ?黙ってろ在日w 
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ 氏ねよクズ   \|  (    ) 
  |     ヽ           \/     ヽ. 祖国に帰れよ
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /

159 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 09:16:05.25 ID:wtFXRnVH
>148
名古屋MがMRJ頑張るのは結局そういった要素もあるんだろうな
基礎工業力は技術の高さもさることながら規模もあるしな

160 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 10:22:03.80 ID:8fQV9VrL
ダイムラー・ベンツ601をコピーするにあたり難題となったのはバネ鋼が折れてしまうこと
ドイツ本国はスェーデン鋼で処女鉄でつくってるため折れないが、資源に乏しい日本は
米国輸入のくず鉄を再製した非処女の鉄なので、脆い
いまでいうと100均の中国製品みたいなもんだ
鋼鉄の質の低さはクランクやベアリングなどあらゆるところに影響がある
戦艦大和も米国のくず鉄で作られていた

ニッケルは鋼鉄の脆さを改善するために重要な物資で装甲板はニッケルによって強靭なものとなったが
ハ40のクランクにニッケルを使ってはならないと言う通達があった。軍は限られたニッケルは
排気タービンやターボジェットなど新兵器に大量に使う見込みが出てきたので節約しておきたかった
焼入れで対処することにしたが歩留まりが非常に悪化した
戦争になるとニッケルが不足する代表なので戦時回収のため今もニッケル硬貨採用される
戦艦大和もニッケル抜きの代用装甲で作られていた

日本製の鋼鉄はニッケル抜きで質が悪いこともあり、欧米の使用した火砲に比べて3割がた貫徹能力が低かった

161 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 10:44:54.28 ID:OyWmzeYS
ニッケルをくれ工エエェェ(´д`)ェェエエ工

162 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 11:09:29.57 ID:4EkhNBq9
戦後ソ連と東ドイツの技術交流が進んで、フォルクスワーゲンとT-34が組み合わさって、
東ドイツは「社会主義国の優等生」として世界中から賞賛されていた。

163 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 11:13:33.26 ID:tY+SBvyA
未だに>>160みたいに事実誤認の昭和風説を真に受けてる馬鹿が居る不具合w

164 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 11:52:16.34 ID:aeOJjdjV
まークランクシャフトが代用鋼使って具合悪かったのは事実だがな
装甲もやや落ちたのではないかとも言われている
そのへんを拾ってくっつけると「大和なんか駄目だもん!」の出来上がり

165 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 12:10:30.98 ID:4EkhNBq9
 また,2個の機甲擲弾兵連隊,ひいては師団全体の状況を推測するうえで参考にして
いただきたいのが,SS第26連隊第2大隊は,アルデンヌ攻勢開始当初に装備されていた
105台の自動車のうちの38台を喪失し,1月末の数字では残された67台のうち34台,
つまり最初の数字の32%が稼動状態を保っているという車両装備状態であった。興味深いことに,
保有されていた車両の内幕(牽引車を除く)は以下の通りで,これら6種類のメーカーのうち,
3種が捕獲車両であった。フォードV8 13台,オペル・ブリッツ 10台,ブラガ 1台,
フィアット 14台,スチュードベーカー 2台,ベッドフォード 1台。
 このようにしてみると,部品の交換や修理に相当苦労したであろうことは,想像に難くない。
<ヒットラー・ユーゲント SS第12戦車師団史 下 / フーベアト・マイヤー/著>

166 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 12:24:10.26 ID:pm8qILfx
実際に出てきたのは
トラバントだろ

167 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 12:25:29.46 ID:SyNbT6WT
>>160
逆に航空機の機銃の銃身にはニッケルがふんだんに使用され、戦後チャーチルから日本は戦争経済を知らない、と呆れられていた

168 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 12:28:46.62 ID:WjlMbmuk
これのパクリ?

0318 名無し三等兵 2016/06/27 22:09:14
チャーチルが日本の機銃の銃身にニッケルを使ってるのを聞いて、
「日本は戦争経済を解ってない」と言ったんだっけ?

たとえば希少金属使って2万発撃てる20mm機銃造るより、希少金属使わないで
2000発程度しか撃てない機銃で十分だってことだよな

搭載弾数が100発だとして、毎回出撃するごとに100発撃ち尽くしてきたとして
20回しか使えないけど、そもそも20回帰還してくる機体がどれだけあるか

169 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:02:40.53 ID:L4OfD2ok
エンジンを拾ってきて付けなおすくらいだから銃身も使いまわすに決まってるやろ…

170 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:04:49.85 ID:4QkDzVO4
ソ連はアルミを大型機に回して、戦闘機は木材を利用した。

171 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:06:52.05 ID:L4OfD2ok
日本はアルミは困ってなかったからね…
末期に本当に困った時は木製の機体を計画したけど

172 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:33:42.59 ID:FmNzAf9P
アルミに困ってなかったというより、困るほど製造できなかったからね
ボーキサイトのほうが余ってしまった

173 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:37:08.64 ID:tY+SBvyA
何寝ぼけてるの?w
日本は小銭から子供の弁当箱までアルミで作ってたアルミ大国だったんだが?w

174 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:47:44.32 ID:FmNzAf9P
1944年の日本のアルミ生産量11万トン
同じ時期のアメリカ77万トン
アルミ大国w闇でアルミが横流しされ、弁当箱や薬缶になっていたのをアルミ大国ww

175 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:50:28.76 ID:tY+SBvyA
アホ過ぎるw
当時のアメリカと日本の経済規模と発電量の差を見ればアルミの生産量が異常に多いのが分かるはずw
何もかも桁違いのアメリカと比較して少ないwとか思考停止の馬鹿丸出しw

176 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:52:49.64 ID:FmNzAf9P
具体的な数字で否定されたら、今度はおかしな前提を持ち出して来たな
どこが大国だwww小国じゃねえか

177 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:54:14.51 ID:tY+SBvyA
面白い日本より大国を挙げてもらおうかw

178 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:58:21.87 ID:FmNzAf9P
アメリカがあがってるじゃん。どうせまたおかしな前提またつけて馬鹿げたこと言い出すんだろうがな

179 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 13:59:30.92 ID:tY+SBvyA
アメリカしかないのか?世界第二位で大国じゃないとか頭沸いてるの?w

180 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 14:15:42.40 ID:zYyQBWfn
米軍とロシア軍、ここが違う!

欧州「金を払うからロシア軍は出て行ってくれ」(ソ連邦解体)
欧州「金を払うから米軍は出て行かないでくれ」(トランプ新大統領)

つまりだ。フィンランドが「中立」だったり、ドイツのシュレーダー政権がロシアとの交流を深めたりするのは、
決して彼ら欧州人がロシアとかロシア人に好意があるからではなく、ロシアからの報復を恐れているからだ。
安倍首相の言う「ロシアが経済的な制裁に、無責任な報復をするかもしれない」 は正論。

181 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 14:35:09.74 ID:8fQV9VrL
アルミの話というわけじゃないんだけど、徳川慶喜が明治の頃に造幣局をおとずれて
「これは兵がめしをたくのに使う飯盒というものでございます」
「ぜひ使いたい。一個くれ」
「しかしこれはアルミという新しい金属でございましてお体に影響あるかも・・」
これをきいた慶喜は銀塊をおくってこれで飯盒を作るように頼んだ
毎日、庭で銀の飯盒で煮炊きして兵隊遊びに熱中してたという

明治には軽く錆びないアルミは軍の飯盒につかわれてかなり大量の需要があった
まぁ米食民族だからか、そこからアルミはわりと普及すると

軍用飯盒はヨーロッパ起源と思われるがその歴史は浅い。鉄をはじめとする金属
がその比重の高さゆえに携行に適さず、調理器具を携帯することが現実的でなかった
ためである。アルミニウムが発見され、その量産が可能になったことで携帯を前提とする
野外用の調理器具が現実的となった、『西部戦線異状なし』でドイツ兵たちが
食事を受け取る際に使用されているのを見ることができる。

182 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 15:11:54.84 ID:SyNbT6WT
アルミとアルマイト

日の丸弁当で腐蝕するのはどっちだったっけ?

183 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 15:19:50.10 ID:L4OfD2ok
アルミの弁当箱が梅干で穴が開くんでアルマイトが使われるようになった
航空機に使われるジュラルミンは耐食性が劣るんでアルマイト加工されてた

184 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 17:39:45.96 ID:h7JbZbNA
>>169
墜ちた機体からどうやって銃身回収すんだ

185 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 19:28:02.08 ID:bgSMMXK1
>>181
先週くらいにヤフオクで純銀の刻印が入った飯盒が出てたけど、もしかして…?

186 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 19:30:32.12 ID:+umKMWvN
>>168
ニッケルじゃなくてクロムじゃなかったっけ?
日本だと軽機関銃、戦後に至っては小銃にまでクロムメッキする勿体ないおばけが実体化したようなつくりだったからな

187 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 19:57:21.40 ID:4metmnvR
1944年当時各国主力戦闘機
日本はキ43-IIIもキ84-I甲と思う

日 キ43-III ハ115-II 空冷14気筒27.86リットル・1190PS
日 キ84-I甲 ハ45-21 空冷18気筒35.8リットル・2000PS
米 P-51D V-1650-7(マリーン66) 液冷12気筒27.04リットル・1315PS
英 スピットファイアMk.IX マリーン66 液冷12気筒27.04リットル・1315PS
独 Bf109G-6 DB605A-1 液冷12気筒35.7リットル・1455PS
ソ La-5F ASh-82F 空冷14気筒41.2リットル・1650PS

日 キ100-I甲 ハ112-II 空冷14気筒32.34リットル・1500PS

面倒な事に、最大馬力は、空冷が離昇時・液冷が高度2000m程度時

クロムメッキは96式軽機関銃から。なので、38式歩兵銃も44式騎兵銃もクロムメッキはしていない

188 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 20:11:09.25 ID:L4OfD2ok
64式小銃は全員が分隊支援火器装備する発想で作ったからああなったて話
確かに重量とボルトの重さは小銃のレベルを超えてた

189 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 20:11:12.36 ID:pl4R+7IJ
九九式小銃はクロムメッキしてあるぞ

190 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 21:44:21.88 ID:pm8qILfx
首都防空の要
244空ですら、5式戦に改変後は
首都防空任務は終了して
沖縄方面の特攻援護だからな
5式戦は3式戦の代替にはならない
B29には無力
244空もマスタングの撃墜スコアはない

191 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 21:47:20.96 ID:pm8qILfx
>>187
また馬鹿が無知晒してるwww


>米 P-51D V-1650-7(マリーン66) 液冷12気筒27.04リットル・1315PS
>英 スピットファイアMk.IX マリーン66 液冷12気筒27.04リットル・1315PS

これ全部ハズレ
デマ撒き散らすとか二度と書くな

192 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 21:52:09.27 ID:4metmnvR
>>191
じゃ、真実をかけよ

193 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 21:55:15.22 ID:pm8qILfx
>>192
そもそも
キ100は1945年の実用化だろ
既に滅茶苦茶だ

5式戦と比べるなら
同じ年代は

グリフォンスピット
タイフーン
P47N
F4U-4

辺りになる

194 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 21:59:56.26 ID:4metmnvR
>>191のぼく、わかっている?
1944年で多くの部隊に多く配備されていること
だから、日本は2種併記したわけ
このスレの主役であるキ100は1944年には出ていないから一行空けて書いているだろ

195 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 22:04:11.16 ID:pm8qILfx
>>194
もう5式戦スレと関係ないだろ

ほら
マーリンの馬力のソース
http://www.wwiiaircraftperformance.org/merlin-lovesey.pdf

1944年で比べたいなら
2100馬力強

一年違うとマーリンは概ね250馬力ずつ違う

196 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 22:30:33.14 ID:4metmnvR
資料はありがとう
でも、離陸時馬力Take-Off Powerはそれでいいのか?

197 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 22:54:07.09 ID:pm8qILfx
>>196
日本の離昇と同じテスト条件かと言うと
違います

日本の離昇 → 5分間連続運転を複数回
連合軍のWEP → 7時間半の耐久審査

日本と同じ条件のテストなら
もっと上の馬力が出せるでしょう

198 :名無し三等兵:2017/01/28(土) 23:03:47.44 ID:oazfQ2At
>>190
244空www

199 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:10:26.60 ID:vFBZXuee
>>197
>連合軍のWEP → 7時間半の耐久審査

サフォーノフは2機を落とし、3機目に襲いかかったのですが、そこで雲の中から出てきたメッサーシュミット
の攻撃を受け、海へと落下したのです。友軍機はヴァエンガに駐留していました。ただ、飛行機と言っても
実情はどうでしょう?30機か40機がいただけです。その後になって、イギリスからハリケーンが供与される
ようになりました。けれども、本当に馬鹿みたいな飛行機だったよ!どうしてか分かるかね?ドイツのメッサー
シュミットBf109は、簡単にハリケーンを落としてしまったんだから。イギリス人は黄金と引き換えにハリケーン
を送ってきたのです。私たちは、イギリスで作られている他の飛行機を供与してもらうべく交渉を始めました。
しかし、チャーチルは結局それを断ったんですね。一方、ルーズベルトは私たちに「コブラ」を送ってくれました。
いい飛行機だったけれども、ベアリングの調子が今ひとつ思わしくなかった。私たちはこれを伝え、
アメリカ人も改修を施したので、それから我が国に供与されるようになりました。後に、ポクルィシキンも
コジェドゥープもこの機体でメッサーシュミットを落としたのです。エアラコブラというのは、あれは本当に
いい飛行機でしたよ。ルーズベルトはきちんとした人だった。アメリカ人の中でも、ハリマンとホプキンスは
とりわけよく私たちを助けてくれました。彼らは[ソ連に]やって来て、ロシアを支援すべきだと報告したわけです。
それで、ルーズベルトは支援を行った。たくさんの飛行機、戦車もたくさん送られてきました。一方のチャーチルは、
自分がいらないものをみんな送りつけてきただけです。私たちは80トン近い金を引き渡しました。けれどもこれ
らの金は、船で運ぶ途中にほとんどみな沈んでしまったのです。しかしその一部は送り届けられましたが、
一部は今でもバレンツ海の海底に横たわっています。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/beseda74.4.html

200 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:12:27.76 ID:vFBZXuee
>>197
>日本の離昇と同じテスト条件かと言うと

日本軍機の米軍テスト結果は、以下の通り。

Memorandum Report ENG-47-1673-A on Japanese Zero Fighter
Zeke 32 (Hamp), TAIC 102C Performance and Characteristics
Memorandum Report TSFER-1973 on Zeke 52 Airplane No. EB-2
Zeke 52, TAIC 102D Performance and Characteristics
Ki-43 - Oscar 2, TAIC 152A Performance and Characteristics
Ki-44 - Tojo 2, TAIC 155A Performance and Characteristics
Ki-61 - Tony 1, TAIC 154A Performance and Characteristics
Ki-61 - Tony 2, TAIC 154B Performance and Characteristics
Memorandum Report TSFTE-2001 on Frank I, T-2, Serial No. 302
Ki-84 - Frank 1, TAIC 156A Performance and Characteristics
J2M Raiden - Jack 11, TAIC 105A Performance and Characteristics
N1K1-J - George 11, TAIC 107A Performance and Characteristics
http://www.wwiiaircraftperformance.org/

201 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:17:05.53 ID:vFBZXuee
ユーロファイターではロシア空軍には勝てない。欧州空軍はずっと前から『役立たず』だった。
戦後から現在に至るまで、欧州は米軍に頼るしかない状況。

202 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:18:46.63 ID:vFBZXuee
英連邦が誇るランカスター爆撃機も、対日戦争には参加していないという役立たずぶり。

203 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:26:57.75 ID:dWC+1TIh
P-39エアラコブラ(1200馬力) ≫ Fw190フォッケウルフ(1800馬力)

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

204 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:32:45.72 ID:dWC+1TIh
もしロシア空軍が欧州空軍に劣るようなら、ロシア人は大祖国戦争を戦ったご先祖様に申し訳が立たなくなる。

205 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:40:37.41 ID:dWC+1TIh
>>96
>じっさいはドイツでも水噴射は多用され、BMW1700馬力が2000馬力にあっぷしたりカナリ活躍してる

だがソ連軍のベルリン解放に関しては、現在のドイツ連邦政府の立場としては、
泣きながら『感謝』するしかない。

トランプ氏に「壁造るな」 分断の歴史持つベルリン市長呼び掛け
2017年01月28日 16:51 発信地:ベルリン/ドイツ
http://www.afpbb.com/articles/-/3115798

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

206 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 01:43:33.16 ID:dWC+1TIh
ところでソ連はなぜ、1945年8月に北海道を爆撃しなかった? あるいはできなかった?
北海道上陸は予定して無かった? 満州朝鮮取る方がずっと楽だから?

207 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 06:16:27.93 ID:r/HgcmHF
占領し、自国の領土にすることが優先だから。
たとえそれが小さな島でも。

208 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 07:04:00.77 ID:yY5CU+aI
戦争は正しかったぞ。戦争しなければ植民地で日本に未来はなかったからな。戦わない生き物は滅ぶだけだ。今の日本のようにな。

209 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 08:00:51.99 ID:twhbnDOs
>>208は妄想癖が酷い患者だね

210 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 17:01:22.73 ID:Pz9CySPW
戦うにしても 地の利がある戦いを
わざわざ 戦線拡大して無駄に戦死者増やす戦いを
正当化する気になれない

211 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 21:47:52.98 ID:6hhr++W9
>>207
ソ連は片手間の対日戦争でも、立派に樺太千島を得た。対する英連邦は失うばかり。

212 :名無し三等兵:2017/01/29(日) 21:52:28.92 ID:6hhr++W9
>>207
米軍は日本空襲をしながら、沖縄攻略もしてるぞ?

213 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 12:49:26.27 ID:zqzWtUF2
>>195
ラボで出したカタログスペックでドヤッとかw
そんな馬力前線で出てるとか思ってるなら誉でも2000馬力出てる事になるなw

214 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 13:07:53.28 ID:xpUge13q
>>213は栄が1000馬力が前線では出てなかった思ってるアホなん?

215 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 13:11:31.47 ID:zqzWtUF2
>>214
アホはお前だw栄も最初は1000馬力も出てないし前線じゃ1000馬力発揮できない個体なんて珍しくもないわw

216 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 13:16:37.44 ID:VtrgjpvQ
そも1700〜2000馬力出てなきゃP-51の速度なんか魔法になっちまうわ
そーりゅーよくガーとかラジエータガーとか信じてる奴もたまにいるけど

217 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 13:27:08.77 ID:zqzWtUF2
アホかカタログ速度なんか本当に戦場で出るとか思ってるのかよw
もし水平速度700km/hなんかで飛んでたら急降下始めたとたん空中分解するっちゅうのw

218 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 13:44:18.10 ID:xpUge13q
ID:zqzWtUF2 の妄想がアホすぎる
出てない証拠も出せない屑が何の根拠もなくピーピー騒いでも無駄だわなw

219 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 14:04:48.38 ID:ytl6Kx7+
関係ないけど、隼3型の1190馬力ってのはウィキペディアにもあるけどあれ元になった資料誤載らしいよ
本当は離昇1300馬力、一速全開1230馬力と低空での出力が大きく上昇しているんだと
6000mあたりだとあんま変わんないけど

220 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 14:47:19.25 ID:I2Q78B8P
みんなよく間違えるけど
栄32型・ハ115-II・ハ35-32
水メタなしの離昇は1190馬力
水メタありの離昇は1300馬力

陸軍発動機番号のハ115は3つある
ハ115(無印)→共通ハ35-21・栄21型
ハ115-I →共通ハ35-31・栄31型
ハ115-II →共通ハ35-32・栄32型

水メタは効果があったものの、整備に手間がかかるデメリットもあった

221 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 15:14:39.79 ID:zqzWtUF2
>>218
お前みたいなお子ちぉまは子供図鑑でも見て速度比較でもして喜んでればいいんだよw

222 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 17:44:11.01 ID:VtrgjpvQ
TAICのデータも見ないフリして「さいこうそくどなんか、でないもん!!!」ってか
まあ馬鹿は一生馬鹿ってことだろうな

223 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 17:56:14.34 ID:1ReQj6bm
米軍でも遥か彼方の前線基地じゃ稼働率ガタ落ちでカタログスペックなんて
とても出なかったのは稼働率のデータや証言が示してるけどね

224 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 18:50:09.59 ID:Q0awFuov
黒江の捕獲機テストよればP51は650は確実に出る、みたいな言い方
日本機は足の早いやつは630ぐらいだから、まぁそれほど差はない
Fw190は600キロ強
グラマンはカタログ最速速が611kmと低めだから580キロぐらいかも
これだと飛燕の590キロが早かった・・いや早いかもね

225 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 19:12:16.08 ID:/wZOITfj
アメのカタログ詐欺なんて今に始まった事じゃないからな
日本の場合は工業力がしょぼいんで試作機のを量産機でも発揮出来ないだけなんだが、アメリカやフォッケウルフ社の場合は故意的にカタログの方を理想環境で測定すんだよねぇ

226 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 19:30:24.96 ID:/WwPvuw8
>Fw190は600キロ強

NAA審査だと550kmしかでなかったぞ。
しかも後期型になるほど、どんどん武装増えて重くなってるから、もっと落ちてたんじゃないか。

227 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 19:49:17.85 ID:oH4ZVI0+
エンジン全開でじわじわ到達するトップスピードにあまり意味はない
空中戦ではダッシュ力が肝心だ

228 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 22:03:49.37 ID:6F4rKegR
問い:I-16はそれほどメッサーシュミットに劣る機体なのでしょうか?
基本型式のI-16-10、-17、-21は、技術的にも攻撃装備の面でもBf-109Eには劣っていたが、
それほど開きが大きかった訳ではない。もちろん、それより旧いI-16-4および-5はメッサー
への太刀打ちはできなかった。
しかし後期型のI-16-28と-29モデルになるとメッサーのE型より優れていた。速度と運動性
は同等であり、とくに垂直面ではI-16のほうが良かった。
問い:メッサーのほうが劣るというのはおかしいと思います。どの資料によっても、I-16の-28および-29の
高度3000メートルでの水平最大速度は440-460キロメートル台であり、一方Bf-109Eのそれは570キロ
メートルとなっていますが。それに垂直面の機動でもI-16が勝るというのも初耳ですが?
実際の空戦では誰も最大速度を出そうとも思わないし、ましてや最大速度を出したヤツはいないのではないだろうか?
原理的にもI-16ならば速度500キロは容易かつ急速に出すことができる。
メッサーE型は確かにそれよりも速いが、その差はさほどでもない。空中戦では双方の速度にはほとんど
差が出ない。I-16は加速性能が大きく、とくにM-63エンジン装備の場合は爆発的ともいえた。先に挙げた
水平面の運動性能に加えて、この加速性能も2つ目の特長といえる。
その当時ソビエトで生産されていた最新型を含む、どの戦闘機タイプよりも加速性能には優れていた。
Yak-1の加速はI-16に匹敵したが、それでもやや遅いくらいだった。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/aviatorstale/Russianpilot.htm

229 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 22:24:09.59 ID:Q0awFuov
日米英独露もそれぞれ手に入るエンジンには大きな格差はあったにしても

非力なエンジンしか手に入らぬロシアでも軽量によってこれを補う

まぁパワーウェイトレシオの法則は誰でも心得ており
装甲板・機銃を外したり無線機おろしたり手はある。

馬力のある豪勢なエンジンでも、豪華絢爛な装備をすれば重くなって同じ
だからどこも実戦では調整されて意外なほど差はつかない

ロシア機といえば四万もつくられたヤーク戦闘機は主翼に機銃装備できず
胴体武装のみなので火力が弱い。
ソ連機は速力のみふりわけて装備貧弱、ここが非力の落とし所だった

230 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 22:51:51.68 ID:zZQHTuzE
小口径クラスでは最強のshkas機関銃を持ち
中後継クラスではまたもや最強のUB機関砲を持ち
20mm口径クラスでもやはりまた最強のB-20機関砲を持つソ連がか?
ソ連軍機の武装は質より量やで
日本やイタリアの機銃とは一丁あたり性能が違うんだよ

231 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 22:52:59.76 ID:zZQHTuzE
誤字
量より質なw

232 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 23:00:22.01 ID:Q0awFuov
弱い木製の主翼では泣いてもワメいてもしょうがあんめえ
モーターカノン一丁と機首二丁、そんなところだ

233 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 23:36:21.31 ID:1ReQj6bm
ソ連機って弾が変に少なくて心細いイメージなんだが

234 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 23:41:01.08 ID:WiSluJBM
機数増やせば問題ない

235 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 23:47:24.12 ID:Q0awFuov
千馬力のエンジンしか無い国でも軽量化対策をほどこせば1500馬力や2000馬力に対抗できる
しかし軽いという意味は手に何も持ってないということで
大馬力機は強力火器やら装甲で頑丈な機体やらロケット弾ひっさげて戦闘できる
貧乏国は贅肉で無駄とか罵るわけだけど。もちろん戦では大馬力が有利になる

236 :名無し三等兵:2017/01/30(月) 23:54:05.14 ID:q7iR+fcg
ソ連は大粛清の影響で日米開戦まで新規エンジンの量産をする余裕がほとんどなかった
ただし、質は意外とよいものの、耐久性と排気量に対しての馬力は悪かったが、航続距離はほとんど必要なかったため、それでよかった
良くも悪くも1930年代後半の戦闘機設計思想そのままだったりする

237 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:01:31.65 ID:idqsJaZ7
>>233
>ソ連機って弾が変に少なくて心細いイメージなんだが

 37ミリ砲が[本機の]弱点だと断言できはしないが、37ミリ砲のおかげで他に優越しているとまでは言えないのも確かだ。
M-4機関砲には、確かに長所もあれば短所もあった。長所は活かすべきだし、短所はできる限り補ってやらなければならない。
 短所としては以下のようなものがあった。
1.低い発射速度。3発/秒にしかならない。
2.弾道はひどかった。弾は急角度で落下してしまうから、大幅な見越し射撃が必要となる。ただ、これも遠距離で射撃する時の話で、
とりわけ地上掃射の際には大変だった。地上目標を狙うなら、「目盛り」2つ分は先んじなくてはならない。
3.装弾数が少なかった。わずか30発だけだ。
 これらの欠点は全て、射撃の際に正しい距離を選択することで修正可能だった。正しい距離というのはつまり50から
70メートルで、これなら発射速度は充分だし、弾道も我慢できる範囲に収まったから、見越しは最小限ですんだ。従って、
ここで述べた37ミリ機関砲の短所というのは、遠距離で射撃する場合にだけ関わってくるものなのだ。
 今度は長所の方をご紹介しよう。
1.砲弾は非常に威力があった。敵戦闘機であれば、通常は1発命中するだけで…ドカン、だ!それに、攻撃目標は戦闘機
だけではない。爆撃機や舟艇なども狙うことになる。これらを射撃する際には、37ミリ砲は極めて効果的だった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov1.html

238 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:04:47.95 ID:76pKQLO9
イスパノスイザをクリモフVK107で2バルブからから
4バルブに改め、ダイムラーやマーリンに並び最新ヘッドを持つに至る

VK-107は大戦末期生産され、 Yak-9U戦闘機で使用されたが25時間で壊れる
整備性の悪いへそ曲がりエンジンとして悪評であった

239 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:07:19.35 ID:EScqsETM
>>224
フィリピン戦で、零戦とF6F-5で速度に差は無かったとか言う報告があるからなぁ
当時の零戦は52無印が540km/h前後まで落ちてた頃だし
F6F-5(初期型)でも590km/hは到底出なかったんじゃないかね
594km/hの紫電改に至っては、敵味方ともに紫電改の方が優速と報告してるし

240 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:21:36.84 ID:/jKYpHxI
>>239
それ、岩井勉氏の著書のでしょ。追いかけていたのは-5だという明確な証拠はあるの?
当時の米機動部隊は機種変更中で-3と-5の戦闘飛行隊が同じ空母で運用されてるんだが。

あと高度によって最高速度は変わるのその証言だけで単に速度差の小さい高度だったというケースもある。
ラバウルの零戦がF4Uと10ノットしか変わらないとかね。

紫電改に関しては343空の証言で調子のいいときは600km/h超えてたというものもあるからそもそも公式の速度からして怪しい。
キ84もそうだが

241 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:33:57.37 ID:SJLejYMV
594km/hの紫電改とか茅手の624Km/h は1800馬力制限時じゃなかった?
制限解除されて2000馬力出せる調子の良い個体だとそれ以上出てもおかしくはない

242 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:55:51.62 ID:+1xmqOim
>>241
疾風のは一割よりもっと低いで。
疾風の624km/h発揮時はまだ試作機で取り敢えずの測定だから一割抑えてその上に更に下げてる。出力制限の更に下。ブーストが+185mmHgにまで抑えられてる。
運転制限のない完調の誉なら推力排気管が単式になったのと合わせて660km/hの設計時の想定は出るんだけどな
紫電改も実際じゃ加速の違いが大きいのかもしれないが爆装コルセア-1D程度ならぶっちぎれた

243 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 00:57:25.72 ID:hNsS4oLn
低空だとゼロ戦もF6Fも大してかわらんよ

244 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 01:54:11.61 ID:WqXXUL6f
>>242
>疾風の624km/h発揮時はまだ試作機で取り敢えずの測定だから一割抑えてその上に更に下げてる。出力制限の更に下。ブーストが+185mmHgにまで抑えられてる。

185って初耳。ソース何?

245 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 02:27:55.57 ID:VyCIYiBi
どうでもいいけど20km/hの差は小さくないぜ(´・ω・`)

246 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 02:47:41.69 ID:qMfWQxLZ
>>232
メッサーさんディスってんの?

247 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 07:57:32.33 ID:kceRP9y6
>>244
幻の疾風操縦参考書。
624km/hの元ネタがこれ。
水メタは+125mmHgから入れろとか624km/h発揮した時の高度や回転数、ブースト圧なども併記されてる

248 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 08:15:52.80 ID:jDxAMasW
そもそも戦闘で追いつかれた>最高速度同じくらいだろうって推定がおかしいんだよ
最高速度なんて大して意味ないってことでもあるが

249 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 08:26:17.85 ID:qfAW9y/f
五式戦の水メタ噴射はブーストが一定以上で自動で作動したそうだけど疾風は手動だったんかね?

250 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 09:19:00.39 ID:zciqB1u3
「最高速は意味がないので500km/h出れば十分」

251 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 09:23:53.42 ID:HKT6NcPN
>>247
「幻の」とはいったいどういうこと?

252 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 11:29:03.04 ID:YS0YjFly
>>251
単に存在があまり知られていないだけ

253 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 11:57:04.61 ID:k/oIxqZl
最高速度差で追いつくとかエンジン馬力で加速するとか航空機の飛び方知らないパンピーの発想だな
馬鹿みたいに全開運転して加速するよりローヨーヨーする方が遥かに早く加速する

254 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:03:53.19 ID:5l9H1MHO
まあ余剰推力がでかいことに越したことはないんで、その辺が速度差としてスペック上は見えてるわけだが
とはいえ戦闘機動中の「追いつけた」「追いつけなかった」を最高速度だけに求めるのは間違いだろう
一方で「戦闘中に追いつけなくて困る」なら「じゃあもっと速度を」となるのも当然ではある

ま、「最高速度を云々しても意味がない」なら「よんしきなんか、そんな速度でないもん」はさらに無意味つーことでもあるが

255 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:10:35.12 ID:k/oIxqZl
余剰馬力なんて発想が車の運転程度しか理解できないパンピーのレベル
ましてカタログデータの最高速度なんか高高度で馬力が出る方が有利な無意味な比較でしかない

重要なのは射撃位置を先取するために必要なエネルギーの削りあいの駆け引きなんだよ
だからベテランに初心者は勝てない

256 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:15:58.42 ID:idqsJaZ7
―どの工場で生産された戦車を使っていましたか?
 最初はソルモヴォ[ゴーリキー(現ニージニー・ノヴゴロド)市のクラースノエ・ソルモヴォ工場]製が来て、
その後はソルモヴォ製とタギル[ニージニー・タギル市。大規模な戦車工場があった]製がごっちゃになった。
タギルのやつの方が少し砲塔が大きく、使いやすくはあった。まあ、ほとんど一緒だけどね。ある時、
ヴァレンタイン戦車が送られてきた。我が隊にアメリカの戦車[実際にはヴァレンタインはイギリスの戦車だが、
カナダでも生産されていたためアメリカ製と誤解されたのかもしれない]が来ると聞いて、みんな技術部長
のところへ通い、自分の戦車の文句を言い始めた。エンジンの調子が悪いだとか何とかかんとか、あらゆる理由
を見つけてはアメリカ製に乗り換えようとしたわけだ。で、実際に送られてきてみると…おやおや、これはまた
何という戦車だろう…我々の戦車は内装などは全く粗雑なもので、表面はざらつくし、溶接の痕が盛り上がっ
ていることもある。一方、ヴァレンタインの中に入ってみると、柔らかい革が貼られ、入口、出口、発射など全て
金色の文字で表示してある。だが、ガソリンエンジンはロウソクのようによく燃えた。またヴァレンタインの履帯
はゴムと金属を組み合わせたものだった。パレードをやるには結構かもしれないが、戦場で使うと、
ちょっと傾いただけですぐに外れてしまう。ヴォロチカ・ソモフ、さっき話に出したあの男だが、彼はある時でかい
ハンマーを持って戦車によじ登り、装甲板をぶっ叩いたことがある。するとどうだ、ハンマーは20ミリほどもめり
込んだじゃないか!後から説明を受けたところによれば、彼らは柔軟な装甲板を採用していたのだ。砲弾に貫通
されても破片は飛び散らない、ということだった。また、砲の威力も弱い。あの戦争では全くもって使い物に
ならない戦車だった。その後、ヴァレンタインは次々に火災を起こしたが、おそらく故意にやったのだろうと思う。
私も1両、そういう経験をしている…あの戦車で戦うのは大変だ。乗るだけで怖くなってしまう。T-34とは比べ物にならない。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/shishkin5.html

257 :打通狂の詩 ◆t0moyVbEXw :2017/01/31(火) 12:21:53.44 ID:ADacEEzB
独断と私見。

>>255
>余剰馬力なんて発想が車の運転程度しか理解できないパンピーのレベル
>ましてカタログデータの最高速度なんか高高度で馬力が出る方が有利な無意味な比較でしかない

ヨーロッパの恵まれた環境で測定されたカタログデータなんて、ヨーロッパ以外の戦場では通じない。
インフラが乏しく過酷なロシアの戦場では「机上の空論」にしかならない。

>>256
>パレードをやるには結構かもしれないが、戦場で使うと、ちょっと傾いただけですぐに外れてしまう。

ヨーロッパの軍隊は、工業化が進みインフラが整備されたヨーロッパの中でしか活動することができない。

                    逆  境  に  弱  い  !

258 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:25:03.43 ID:DovyzkVL
白兵戦から逃げる、腰抜けナチ軍!

第62軍司令官に任命されたワシリー・イワノビッチ・チュイコフ中将

http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU/sobiet5.htm
またドイツ軍の歩兵は、近接戦闘を好まないということに気がついた。ドイツ兵は、一〇〇〇メートルもさきから、自動火器の弾丸をばらまきながら前進する方法を好んでとっていた。
これら二つの要素――つまり協同戦闘と、近接戦の不得手――にたいしとるべき戦法は、できるだけ敵に近接することだ、と彼は結論した。

259 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:25:47.68 ID:OZH5nGO1
ローヨーヨーって何?

260 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:29:38.81 ID:k/oIxqZl
航空機スレでローヨーヨー知らんとか釣針デカ杉だろw

261 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:36:02.22 ID:HgYWJRK4
>>252
それはどこで見ることができるの?

262 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 12:39:52.54 ID:qfAW9y/f
ローヨーヨーは高度を下げると速度が上がるのを利用して加速する技術
逆に高度を上げると速度が落ちるのを利用して小回りするのがハイヨーヨー

263 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 15:58:53.41 ID:bD/85Cq4
居酒屋

264 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 17:08:47.38 ID:Tfrxtyrw
そして、ええいいやあキミからもらい泣きするのが、ヒトトヨー

265 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 18:24:23.40 ID:IbY0a7Pi
大昔にはやったのがローラースルーゴーゴー

266 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 18:57:02.66 ID:76pKQLO9
つまるところ飛行機の操縦は高い雪山から滑り落ちるスキーとかスノーボードみたいなものだから
山を登る脚力の差など関係無いと言いたいのでは

267 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 18:59:00.90 ID:ahgQiphh
コズミックサイクラー星空サイクリング☆

268 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 19:10:49.24 ID:qfAW9y/f
スキーやスノボみたいに降るのは楽で登るのが大変て感じじゃなくて速度や高度の変更が面倒

フライトショーなんかでレシプロ戦闘機が縦横無尽に飛んでるのを見ると何か簡単に見えるんだけど
あれって一定の高度の間で速度と高度を変換してるだけなのよ

速度がほとんど高度に変換されるとそれ以上登るのは凄いダルいし高度が限界速度まで変換されると
凄いエネルギーロスで元の高度に全然戻れない
空中戦て結局手持ちのエネルギーの削り合いってのはそういう意味だと思う

269 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 20:39:13.47 ID:ZQxY20On
説明ありがとう。よく分かったよ。

でも・・・分かった上で正直言うと、
>>253のコメントはひどいなあ。
当たり前過ぎて返す言葉が見つからない。

270 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 21:15:18.29 ID:ahgQiphh
他にこれといって取り柄の無い人間は
その限られた知識が唯一お披露目出来る場所で他人の無知を指摘して
精一杯虚勢を張るしか生きる糧が無いものだ

271 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 23:49:26.67 ID:qfAW9y/f
無知とかのレベルじゃなくてパイロットにでもならないと全く無意味な話だな
そんなのは知らなくても恥でもなんでも無いです

272 :名無し三等兵:2017/01/31(火) 23:58:44.63 ID:76pKQLO9
まぁ腕があればバッファローでもP51や紫電改を落とせると言うことですな

273 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 00:15:49.18 ID:vFUMC2C7
ジェット戦闘機の機動の解説であったローヨーヨーの受け売りいってるだけ

274 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 00:49:54.34 ID:g7zwCkgs
バーチャルパイロットバイブルしかないんです。勘弁して下さい

というか、レシプロ機用の戦闘機動本誰か書いてくだしあ

275 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 08:52:24.76 ID:B6fvjddm
レシプロ機用のマニューバとか今誰が使うんだよ
練習機か第三世界のcoin機くらいしか使いどころねえだろハゲ

276 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 09:56:30.55 ID:wLPIuYe4
自衛隊でも初等練習機は単発のターボプロップ機だし・・・
挙動をジェット機に似せてあるらしいけど

277 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 11:35:42.19 ID:wjBrCdfu
ヨーヨーさえできればいいもん! だったら各国の機体が必死にパワーを上げーの、速度も上がりーのしてた理由がないっていう

278 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 12:36:29.23 ID:RlnDEvON
>>276
初等練習機で戦技教育はしないんだけど

279 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 16:46:43.33 ID:cHoYRYER
ヨーヨーみたいなエネルギー管理機動は相手を追尾するんじゃなくて進路を予測して
一見全然違う向きに飛ばないといけない

頭に血の登った初心者じゃ一瞬目を話したとたん敵味方が分からなくなるくらいなんで
どうしてもで目の前の敵機を追いかけるからね

マルタのジョージ・バーリングや北アフリカのハンス・マルセイユみたいな達人は別格にして
敵機の動きを見て冷静に先が読めるベテランじゃないと自然に機動できないだろう

280 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 18:43:04.49 ID:BBUrO2la
初心者には高度とって、ダイブ&ズームが一番というかそれしかできんというか

281 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 18:59:15.84 ID:cHoYRYER
たぶんそんな戦い方できる初心者は居ない優位からでも敵味方の識別がでかないから

当時の体験談だと隊長から離れず付いて行って隊長が撃ったら引き金を引けってのが指示
何回か生きて帰ってこれたら自分の前の見方機を見失わないように飛べるようになって
その見方機の後ろに付く敵を撃てるようになる

自分で敵機を発見して自分の判断で機動するなんてベテランの域の仕事

282 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 19:08:30.29 ID:MElSi12i
その点中期以降の日本軍は関係ない話だな。
ごく少数の機体で戦爆連合のB-24などに殴り込むわけだし。敵味方の区別など要らない。
問題は隼も疾風も急降下が苦手だという事。やはり鍾馗と五式戦が正解だった。

283 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 19:16:11.17 ID:cHoYRYER
体験談だと地上からの誘導で敵機の迎撃をする場合でもどこの基地から何機飛んだ
なんて情報は正確に伝わらなかった

情報を元に推定位置に向けて飛ぶわけだけど遭遇方位では敵味方識別ができなかったんで
監視所から敵機の高度を報告して貰ってその高度で飛んでる機影を攻撃してたそうだ

284 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:23:51.48 ID:SVAoKGds
沖縄から飛んでくる
B24どころかB25すら
護衛戦闘機のせいで、一方的にやられて
日本機はほとんど爆撃機落とせなかったけどね

285 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:36:39.11 ID:MElSi12i
沖縄戦後なら仕方なくね

286 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:43:43.10 ID:SVAoKGds
>>285

自分で書いたばっかだろ、基地外だな
年でも反論したい反抗期かよw

>>282
>その点中期以降の日本軍は関係ない話だな。

287 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:44:25.81 ID:7y+BYUge
>>284
>日本機はほとんど爆撃機落とせなかったけどね

中国−ビルマ−インドとマリアナ基地からの作戦全般を通じて第20空軍は、あらゆる原因によるものを含め、
B-29爆撃機485機、戦闘機212機を失った。この間、戦死または行方不明となった搭乗員は合計3041名に達し、
攻撃行動中の戦傷者は332名。他方、B-29爆撃機延べ33047機、戦闘機延べ6276機が日本爆撃に出撃した。
損害率は、B29は1.5%、戦闘機は3.4%であるが,B29搭乗員の死傷率は1%にも達しなかった。
(戦後刊行された『アメリカ戦略爆撃調査団報告第66号』「B29部隊の対日戦略爆撃作戦(第20航空軍)」
;本土空襲の記録引用)
http://www.geocities.jp/torikai007/war/1944/b29.html

正真正銘のB-29です。尾翌の番号から、機体製造番号は、45-21739で、
米国のB-29関連のHPに記載の番号と同じでした。展示説明板には、
ハングルの他に英文で次ぎのように説明していました。
『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して
任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。
この超空の要塞は、18個に分解され、1972年3月にカリフォルニアの
チャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

288 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:51:52.83 ID:TQqNglCk
>>284
>日本機はほとんど爆撃機落とせなかったけどね

対中援助に寄与したアメリカの「フライングタイガー」
フライングタイガーは「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」の略称であり、1942年4月に創設し、
1946年4月、戦争終了後に解散された。創始者はアメリカ人飛行教官の陳納徳(シェンノート)氏であった。
1938年8月、宋美齢の求めに応じて、シェンノート氏は昆明市の郊外に航空学校を設立し、アメリカ軍の基準
で中国空軍を訓練し、中国空軍の対日戦に積極的に協力した。
1941年、ルーズベルト政府のひそかな支持の下で、シェンノート氏は個人団体の名義で巨額の資金を出して
アメリカ人パイロットとエンジニアを募集した。その年の7月と10月に、200余人もの勇敢で危険を恐れぬ隊員たちが、
対日戦参加のために中国に来た。
31回の空中戦で、フライングタイガーの志願者は5機ないし20機のP-40型戦闘機をもって217機の敵機を撃墜し、
みずからの損失はわずか14機だった。それ以後、「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」はフライング
タイガーのマークを使い始め、そのサメの頭の形をした戦闘機も世に名を知られるようになり、「フライングタイガー」
というニックネームも知られるようになった。抗日戦争が終わるまでに、フライングタイガーは敵機を2600機撃墜し、
積載量223万トン相当の船舶、軍艦44隻、100トン以下の内陸河川の船1万3000隻を撃沈するかあるいは大破させた。
また日本軍将兵6万6700人を撃ち殺した。フライングタイガーの隊員のほとんどは中国政府から賞を授与された。
10余人の飛行士はアメリカ、イギリス政府から飛行十字勲章を授与された。
http://japanese.china.org.cn/japanese/170095.htm

289 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:52:37.61 ID:TQqNglCk
>>284
>日本機はほとんど爆撃機落とせなかったけどね

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

290 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 21:57:27.23 ID:mh/DaQdg
>>284
>日本機はほとんど爆撃機落とせなかったけどね

日本人の多くはきちんとした初等教育を受けていたが、中国人は文盲ばかりだった。
中国人の男女は道端でも平気でセックスをするが子育ては殆どしないので、ストリートチルドレンが大発生した。
日中戦争とは中国人のストリートチルドレンの大発生の矛先が日本に対する憎しみへと転嫁されて生じたものである。

291 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 22:41:40.27 ID:MElSi12i
>>286
??
全く関係なくて真意が分からない。

292 :名無し三等兵:2017/02/01(水) 22:41:42.55 ID:cHoYRYER
米陸軍戦闘日誌だと沖縄戦後は日本側が戦力温存で迎撃を控えるようになったんで
護衛が付いた爆撃機はほぼスルー状態

それで大部分が戦闘機と爆撃機をバラバラに爆装して低空攻撃させてて稀に爆撃機に
日本機の迎撃がある程度
日本機が出現すると米爆撃機は爆弾を投棄して退避してるんで空中戦自体希になって
スルーされた米戦闘機が白い物なら干したフンドシでも銃撃って有様になってた

293 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 00:17:31.64 ID:MnoJTZAB
>>282
>敵味方の区別など要らない。

343空の紫電改が四式戦に米軍機と間違えられて危うく攻撃されそうになった事例も知らないニワカか

294 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 00:21:54.84 ID:U70+kJD5
日本軍機は勇敢に米軍機と全力で戦ったがとうとう刀折れ矢尽き・・というイメージが
誤って流布されたものなんだな、つまり。歴史の書き換えが行われている。

295 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 00:42:26.39 ID:++o3CgWd
>>292
機雷をばら撒かれて海上輸送が不可能に
それも一部は「本土決戦をしたくない」として、自爆期限を最長にセットして投下していた
それが発覚するのは、昭和22年だったりする
そして戦闘機が列車銃撃を実施したため、7月中旬以後南九州の物流はほぼ夜間輸送だけに
7月下旬に九州中部・九州南部の基地では備蓄が最終決戦出撃時分しかなくなり、事実上行動不能に
原爆投下をしてもなお鉄道が稼働していたため、8月中旬よりまず岩国を爆撃(8/14)し、逐次中国地方の物流を遮断する予定だった

296 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 01:02:30.35 ID:ZT/uSIzJ
>>295
>機雷をばら撒かれて海上輸送が不可能に

実はこのルート、米英からソ連に渡った補給物資の半分以上が使ったとも 言われているそうだ。
太平洋にはドイツ海軍がいなかったので、安全だったのだろう。ナチスドイツの側からすれば、日ソ中立条約があるとはいえ、
同盟国・日本の目の前(おそらく津軽・宗谷両海峡)を最大の敵国・ソ連の戦争を支える資源や補給物資が
通過していくのだから、 さぞや悔しい話だったと思う。日本の陸軍・海軍も、目の前を行く「同盟国最大の敵」
ソ連の輸送船団をそのまま通していたのだと思うと、なんというか。
http://ameblo.jp/kimipogo/entry-11212949404.html

297 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 01:20:38.78 ID:k8hfEuBS
>>296
>太平洋にはドイツ海軍がいなかったので、安全だったのだろう。

つまりデーニッツ提督の通商破壊戦は、戦略的には全くの無意味w

298 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 01:23:23.82 ID:k8hfEuBS
>>295
>機雷をばら撒かれて海上輸送が不可能に

日ソ中立条約厳守で日本近海を通るソ連へのレンドリースを見逃してやったのに、恩を仇で返された。

299 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 01:40:39.89 ID:vX8MfLl3
>>297
戦艦ビスマルクを失った以降のナチ海軍は無力。

300 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:18:26.37 ID:L1yHo48T
>>297
つかムルマンスク行きの援ソ船団は政治的な意味合いが大きいから
大西洋の戦いの方が実質的に重要

301 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:23:15.62 ID:L1yHo48T
デーニッツ、というよりヒトラーは目先の戦果求めて、
ノルウェーや地中海にUボート分派しすぎ…て何のスレだよ

302 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:26:19.47 ID:vX8MfLl3
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

 なぜ対戦相手、参戦国、または戦争地域のことを示唆しない、大祖国戦争という名称がロシアで使われているのだろうか。
ロシア人やソ連諸国の人民にとっ て、この戦争は祖国の戦争以外の何物でもなかった。自由と祖国の独立を求めた戦争であり、
生き残るための戦争だった。
 ではなぜ頭に大がついているのだろうか。それはこの戦争の勝利には多くの国が貢献しているものの、ソ連がドイツ国防軍を
倒した中心国で、その役割を強調しているからだ。ドイツ軍はソ連軍との戦いで、1340万人中74%にあたる1000万人を喪失した。
 アメリカのルーズベルト大統領は第二次世界大戦の最中の1942年5月、ソ連軍の活動とそ の影響を評価してこう記した。
「ロシア軍が連合国25ヶ国の軍隊よりも、対戦国の厖大な兵士と兵器に打撃を与えているという明白な事実を無視することはでき ない」。
 ロシア人がこの勝利を誇りに思い、多くの戦線のひとつととらえたがらないのは当然のことだ。そしてドイツとその同盟国であるイタリア、
ルーマニア、クロアチアが84万人を喪失したスターリングラード攻防戦と、ドイツとイタリアが3万人を喪失したエル・アラメインの戦い
が同レベルの戦いと見なされることを理解できないでいる。ヨーロッパ諸国の多くの歴史教科書では、第二次世界大戦としてこの2つの
戦いが同等に扱われている。
http://jp.rbth.com/society/2013/05/09/42899.html

「しかしソ連への攻撃は行われなかった。だがそれは日本の宣伝家たちが主張しているよ
うな、日本が中立条約の条件を誠実に遂行したからではなく、ドイツの『電撃戦』が失敗
し、ソ連の防衛力が同国の東部で維持されたからだ。いつ始まるかわからない日本の攻撃
を撃退するための準備として、ソ連軍全体の28パーセント超に相当する549万300
0人の中から156万8000人と数千台の戦車や航空機が極東と南の国境近くに配置さ
れた。この戦力は、ソ連とドイツの前線で効果的に使えたはずだ。そのため、軍国主義日
本の政策が、戦時中に中立条約の規定に違反し、全体として大祖国戦争と第二次世界大戦
を長引かせ、ソ連や他の国民の犠牲者を増やしたと考える十分な根拠がある。」
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160414/1955357.html

303 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:29:17.16 ID:vX8MfLl3
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

――たしかに、ブランデンブルク門に似ている。上には、勝利の女神、ヴィクトリアの銅像がある。
「ソ連兵は、西ベルリンに毎日、自由にやってくる。それに、1961年にベルリンの壁をつくってからも、
記念日には、ソ連軍はベルリンの壁を越えてきて、パレードするから、西ベルリン市民の怒りをかっている」
と、ガイドも怒っている。
ベルリンの壁をつくって、東西ベルリンの行き帰を遮断しておいて、ソ連は西ベルリンへ、フリーパスというから、
――西ベルリン市民が、パレードに石を投げる気もち、離散家族のやりきれない気もち、怒る気もちはわかる。
http://blog.goo.ne.jp/mulligan3i/e/a26d5bfa4c84a7c567da9567e8decb72

304 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:32:59.77 ID:j39Ltnx+
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html


ドイツは、ファシズムからの国の解放で赤軍が決定的な役割を演じたことを覚えている。
ドイツのメルケル首相が、ロシアのプーチン大統領との会談後に述べた。タス通信が伝えた。
メルケル首相は、「ドイツは開戦の責任を負っている。これは私たちの歴史的責任だ。
私たちは、赤軍がドイツ解放で決定的な役割を演じたことを常に思い出すでしょう」と語った。
http://jp.sputniknews.com/russia/20150511/319933.html

305 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:35:25.09 ID:j39Ltnx+
ソ連はなぜ、1945年8月に北海道を爆撃しなかったのか。できないのかしなかったのか、どっちなんだ?

306 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:36:24.26 ID:Ed/olw23
話が空中機動なんて日常と縁遠い話になったら福知山線のごとく脱線するのが自然の成り行き
普段のスペック談義に戻ればみな正気に戻って平常運転になるでしょう

307 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:39:39.63 ID:j39Ltnx+
ちなみに米軍は、沖縄やフィリピンを攻略しながら、日本本土空襲もしている。
つまり赤軍や英連邦軍には、米軍に匹敵する空軍能力が無かった。

308 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 09:52:49.93 ID:MnoJTZAB
イギリスは重爆を太平洋に移動中で戦争が続いてたら日本上空に来てたよ

309 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 10:36:15.90 ID:J231y7JF
すでにイラストリアス級の空母艦載機が沖縄や北海道とか攻撃してるし
9月以降も戦争続いてたら陸上機も順次参戦してただろうな

310 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 10:37:29.25 ID:j39Ltnx+
>>308
>戦争が続いてたら

『タラレバ』論?

311 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 10:42:40.91 ID:iMNZq/zR
オーストラリアは決して『植民地』ではなく、イギリス本土と同格扱いだったはずだ。

連合軍による(元)蘭印(インドネシア)などへの攻撃に、
オーストラリアの基地が使用される事を遅らせるため、
日本帝国海軍や日本帝国陸軍の航空機が、
1942年2月19日〜1943年11月12日まで計64回にわたり、オーストラリア本土、
地域の主要空域、周辺諸島、沿岸輸送ラインの船舶などを攻撃した。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-523.html

昭和18年初春から行われたオーストラリアのダーウィンに対する、チモール島からの日本海軍
のキャンペーンでは、ゼロ戦と中攻部隊が健闘しています。
753空(一式陸攻)と202空(ゼロ)のコンビ+陸軍の百式重が参加し、相手は欧州戦線で鳴らした
クライブ・コールドウェル中佐率いる1FW(457sq&457sqRAAFプラス54sqRAF)のスピット5型で、
アゴフィルターつきのやつです。
同年3月から9月までの半年間、戦闘損失はゼロが3機に対して、スピット38機(双方ともすべての
未帰還機の累計)です。これは双方の自軍損害レポートによるもので、いわゆる「誇大戦果」ではありません。
日本側の出撃回数は半年間で大小合わせて20回足らずですが、そのうち200キロメートル内陸部、
USAAFのB-24部隊がいたフェントン飛行場へは6回攻撃をかけています。いずれも高度は7000メートル以上。
相手のスピットを考えての行動であり、特に他の戦線に比べて陸攻の被害も少なく、豪側からは「爆撃機
の防御砲火も比較的堅固であった」のようなコメントもあります。
追記2006/02/06 一式陸攻は高高度性能に優れていて、ダグラスP-70(A-20ハボックにレーダーを搭載
して夜間戦闘機としたもの)などは上昇性能で及ばなかったといいます。
戦訓による陸攻の自動消火装置も有効に作動した、と記録に述べられています。
(資料出所:「第8章 ダーウィン上空の零戦」、秦郁彦著「過信の結末(下巻)」から、中公文庫#532)
http://www006.upp.so-net.ne.jp/aviatorstale/Zero_VS_Spit.html

オーストラリアは1943年11月まで『バトルオブブリテン』だったのか?

312 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 11:05:02.30 ID:J231y7JF
>>311
五式は関係ないが、隼や屠龍が防空戦闘を結構やってるな
船団の護衛とかもふくめて

313 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 11:16:07.63 ID:mZNSAZwH
>>309
>9月以降も戦争続いてたら陸上機も順次参戦してただろうな

ソ連はオマケの片手間の対日戦争でも立派に樺太千島を確保してるのに、英連邦は何をもたついてた?

314 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 11:40:30.97 ID:z2nJEZ1R
>>312
アメリカの航空団側の手記にも「双発の日本機が40mmくらいの大口径砲を撃ちまくりながら突っ込んで来て恐ろしかった」とかあったはず

315 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 12:31:01.28 ID:Ed/olw23
一式陸攻の高高度爆撃は手強くてソロモン方面の米軍でも評価が極端に分かれてるな

316 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 12:49:52.38 ID:CzY5oQkQ
ガ島航空戦読むと、一式は自爆未帰還のオンパレードで、海兵隊の連中がタフというのとは逆だな

317 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 13:01:24.68 ID:Gseio5nK
匿名掲示板なんだから多少口が悪くてもいいと思うけど、
頭が悪いのはダメだ。話が噛み合わない。

318 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 13:24:38.73 ID:z2nJEZ1R
使う側は「うわ思ったよりダメだ」と思い、やられた側は「うわ思ったより強ええ」って思うのは普通じゃないかね

319 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 13:54:22.69 ID:WX8oiEz5
B-29ですら乗員はちょっとの被弾で外に吹き飛ばされる恐ろしい機だと思ったくらい

320 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 14:02:40.56 ID:109zJev1
>>316
タフというより足が速くてドイツの爆撃機より相手しづらいと言ってなかった?

321 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 15:11:09.41 ID:6OFFW1+/
スピットやハリケーンの7.7mmには
意外とタフだったんだよな

322 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 15:16:05.40 ID:Ed/olw23
陸軍の重爆は修理不能で廃棄処分にするしかないほど蜂の巣にされても戻れた話は結構あるな

323 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 16:22:18.34 ID:nbL81/hC
ベルリンから帰ってきたハインケルと同じやね

324 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 18:07:41.33 ID:Ed/olw23
それはイギリス軍の7.7mm炸裂弾のせいかも知れない…

325 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 20:56:52.09 ID:/lnoFLKx
日本側が戦力温存で迎撃を控えるようになったのは
単に護衛機がつきだして
ワンサイドゲーで被害ばっか増えて、ロクに爆撃機を落とせなくなったからだろ
順番が逆だ

マスタングが飛んでくると
後方基地に急いで緊急避難してたからな

326 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 21:09:04.98 ID:F82JB8Bi
日本軍の爆撃機思想は、速度と航続距離重視で、爆弾の量は控えめでよいというもの
爆弾の少なさは、繰り返し爆撃することで補う発想

速度と航続距離を切り下げていいなら、桜花みたいに1.5トン爆弾ぐらいは積める

327 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 21:25:04.87 ID:mqYkKkdr
小型爆弾パラパラ落として、日本人はなんでこんな無駄なことをやるのだろうと
アメリカ人に不思議がられるわけだな

328 :名無し三等兵:2017/02/02(木) 23:04:13.12 ID:MnoJTZAB
>>327
開戦劈頭のフィリピンじゃ大活躍だったが?

329 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 07:59:59.34 ID:7w9Je5Ps
>>327
ヒント 面制圧 破壊効率

330 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 08:05:20.98 ID:NR3MXvaq
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

さてそのベルリンの中心部、東西ベルリンの境界に位置するブランデンブルク門の近くには、
ソ連の戦勝記念碑が立っている。第二次世界大戦の末期、ベルリンへ突入したのはソ連軍で、
突入戦の戦没兵士2500人を祀ったもの。廃墟となったヒットラー総統官邸の資材が使われ、
碑の両脇にはベルリンへ一番乗りを果たしたソ連の戦車が鎮座していたが、記念碑の場所は東ベルリンではなく、
西ベルリンのイギリス軍占領地区だった。西ベルリンにあってここだけはソ連軍の管轄区域で、
カマトンカチの赤旗(ソ連国旗)を先頭に、ブランデンブルグ門から記念碑まで警備を交替する
ソ連兵が毎日西ベルリンをパレードしていた。
国会議事堂を占領したソ連軍。で、ソ連国旗を持っている兵士は飛び地出身の人。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/zatsu/hitano.html

 史上最良といわれた独露関係の風向きが、人権重視のメルケル独新政権の登場によって変わりつつある。 ロシア外務省は三月末、
ベルリンにある旧ソ連軍記念碑が何者かに冒涜されたとしてドイツに抗議する声明を出し、
「前例のない破損行為で正当化できない」と批判した。この記念碑はこれまでも何者かにペンキを塗られたことがしばしばあったが、
ロシアが抗議声明を出すのは異例のことだ。 メルケル首相は一月中旬に初めて訪露した際に、
ドイツ大使館に人権活動家らを招き、「ロシアの強権的政治体制を憂慮している」と述べ、
連帯を表明した。さらに首脳会談後の共同会見でも、チェチェンでの人権弾圧を批判し、隣にいるプーチン大統領を刺激した。
http://www.fsight.jp/2620

331 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 08:06:43.84 ID:NR3MXvaq
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

イギリス国民に勝利を宣言するウィンストン・チャーチルのスピーチ「明らかな国家元首である
デーニッツ元帥」という部分は事実上、少なくとも無条件降伏の瞬間までフレンスブルク政府を当局として
認識していたことの証拠であった。しかし、連合国はフレンスブルク政府を即座に解体することを決定した。
5月20日、ソ連政府はそれまでのフレンスブルク政府について考えられていたことを白紙にした。
彼らはデーニッツ政府(彼らは「デーニッツ・ギャング」と呼んだ)がどんな権力を持つことも許さず、
どんな考えでも厳しく批判、これを攻撃した。プラウダには以下の通り記述された。
デーニッツ周辺のファシストギャングどもの威信についての議論はまだ続いており、いくつかの目立っ
た連合軍の集団はデーニッツとその協力者の「活動」を利用することを必要と考えている。イギリス議会
でこのギャングどもは「デーニッツ政府」と呼ばれている。(中略)反動的な新聞『ハースト』の記者は
デーニッツの兵籍編入を「政治的に賢明な行為」と称した。このように、ファシストの物書きどもはヒトラー
の弟子たる略奪者と協力することを正しいと考えている。同時に、ドイツの右翼が差し迫った混乱に
似たおとぎ話を作り出したとき、1918年のドイツが条件付けたことを大西洋両側のファシスト報道機関
は広めようとしている。その後、降伏の直後、無傷のドイツ軍部隊が東方で新たな冒険に使われた。
現在の政治活動にも似たようなものが存在し、連合軍の多くの反動的な集まりはクリミア会議に基づ
いた新たなヨーロッパを作ることに反対している。これらの集まりはファシスト体制の維持を考えており、
すべての自由を愛する国々の民主主義の成長を阻害する手段を取ろうとしている。・・・(後略)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E6%94%BF%E5%BA%9C

332 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 08:08:35.36 ID:NR3MXvaq
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

ロシア外務省は、ポーランドにあるソ連赤軍兵士の埋葬地の尊厳がしばしば冒されるとして、
ポーランド政府に抗議した。シュチェチンでは、この半年間で2度、何者かが、街の中心部の広場
に立つ赤軍兵士に対する感謝の記念碑を汚す行為をした。
ロシア外務省の文書の中では、次のように述べられている-
「蛮行がしばしば繰り返される事、その冷笑的性格、そして、そうした行為がポーランド当局の黙認、
さらには直接的扇動のもと起っているという事実は、我々に、自分達は歴史修正主義を基礎とした
国家政策と戦っていると主張する根拠を与えている。ポーランド当局は、我々の歴史に関係した
モニュメントの保護を保証せず、自分達が署名した国家間合意にも全く無関心だ。」
このように指摘したロシア外務省は、犯罪者を罰し、記念碑をもとの形に戻す事、将来こうした出来事
が繰り返されないよう周到な措置を取る事を、ポーランド側に要求した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20160117/1448410.html

333 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 08:48:15.57 ID:NR3MXvaq
>>300
>ムルマンスク行きの援ソ船団は政治的な意味合いが大きいから

チャーチルとデーニッツの大西洋戦争が、戦後どのような政治的意味合いがあったというのか。

334 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 09:20:26.66 ID:rBergIqn
硫黄島の第7戦闘団戦闘要約ではP-51はB-29の護衛を始めた45年4月から終戦までに延べ6273機出撃し
日本軍機230機撃墜を主張しP-51の被害は335機だった

日本機を掃討どころか撃墜主張より被害が多い有様で日本パイロットが米艦載機は手強かったが
P-51は怖くなかったと証言してるのが米側記録で裏付けられる結果

漏れの酷いダンボール製の特大増加タンクは抵抗大で爆弾満載のB-29に追従できずお荷物呼ばわり
パイロットは酷い振動とエンジンの不安に耐えラバウルーガダルカナル間を超える1.200km超もの
長距離進出を行ったが目的地によっては戦闘時でもタンクを捨てられなかった事が原因といわれてる

335 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 10:35:55.92 ID:16+gX40+
>>334
どこの火葬戦記だ?w

336 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 10:58:45.03 ID:7w9Je5Ps
>>335
増槽付けた飛燕は800kg二発積んだ特攻四式重爆に付いていけなかったから有り得る話だったり

337 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 11:00:39.32 ID:z/dVsH6K
日本の陸軍爆撃機は前線支援が任務で塹壕や砲兵陣地爆撃を想定して小型爆弾多数装備だった
防弾も考慮されてるが航続距離は重視じゃない

海軍陸攻は艦船攻撃が主任務だったから魚雷や大型爆弾装備して長距離進出を想定してた
全然指向性が違う

338 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 11:37:47.46 ID:16+gX40+
>>336
その飛燕がついていけなかったのは速度ではなく、上昇力だよ
それに史実ではP-51が中高度で飛ぶB-29の護衛を見事に果たしているから>>334はありえないんだよ

339 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 11:47:05.66 ID:z/dVsH6K
>>338
上昇力で一式陸攻のが飛燕より上とか寝ぼけてるのかw
増槽付けてても空荷の一式陸攻より飛燕のが上だぞ

爆撃機に付いていけないのは燃料に余裕がある大型機のクルーズクライムに付き合って
小型機が全開してたら燃料が足りなくなるからなんだよ

340 : ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2017/02/03(金) 11:54:09.82 ID:QtbmlyUx
     ∧_∧
    <丶`∀´>     ∧_∧
    /     \   (    ) はぁ?黙ってろ在日w 
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ 氏ねよクズ   \|  (    ) 
  |     ヽ           \/     ヽ. 祖国に帰れよ
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /

341 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 12:01:30.30 ID:z/dVsH6K
なんだまた飛行機の飛び方知らないシナ朝鮮人の火病かw

342 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 12:03:29.01 ID:NR3MXvaq
いずれにしても、ランカスターやソ連空軍では、日本爆撃は不可能だった。
もしできるのなら、猫の手も借りたい米軍から依頼されていたであろう。

343 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 12:08:02.78 ID:NR3MXvaq
>>300
>大西洋の戦いの方が実質的に重要

ソ連へのレンドリースの半数以上は太平洋方面なので、大西洋戦争の戦略的価値は低いと思う。
そして戦後の欧州におけるソ連と英国の影響力と発言権の差は、第二次大戦の結果がそのまま現れている。

344 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 12:11:47.02 ID:NR3MXvaq
1945年8月に、ランカスターやソ連空軍が日本空襲に参加していないことの合理的理由を説明できるか?

345 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 12:14:58.17 ID:NR3MXvaq
>ソ連兵が毎日西ベルリンをパレードしていた。

戦勝パレードをやるのはソ連軍だけで、米軍やイギリス軍やフランス軍はやらない。
つまりソ連軍こそがナチスドイツ打倒に決定的な役割を果たしたのである。

346 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 12:36:32.18 ID:/7mNeKnK
発進して上昇する重爆についていけなかった、ってのは有名な話だな
もちろん運転状態の問題はあろうが、他の機体では聞いたことがない

347 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 13:25:38.45 ID:NR3MXvaq
>>308
>イギリスは重爆を太平洋に移動中で戦争が続いてたら日本上空に来てたよ

やるやる詐欺?

348 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 13:28:32.50 ID:NR3MXvaq
>>308
>イギリスは重爆を太平洋に移動中で戦争が続いてたら日本上空に来てたよ

ソ連の対日参戦と比べても遅すぎだが、ランカスターはシベリア鉄道よりも遅いのか?

349 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 13:32:05.81 ID:NR3MXvaq
ナチスドイツを打倒したのは圧倒的にソ連で、欧米連合軍はオマケにすぎない!

>ソ連兵が毎日西ベルリンをパレードしていた。

対独戦勝パレードをやる権利があるのはソ連だけで、他の欧米連合国にそういう権利は無い!

地上に生き残るための戦い
 なぜ対戦相手、参戦国、または戦争地域のことを示唆しない、大祖国戦争という名称がロシアで使われているのだろうか。
ロシア人やソ連諸国の人民にとっ て、この戦争は祖国の戦争以外の何物でもなかった。自由と祖国の独立を求めた戦争であり、
生き残るための戦争だった。
 ではなぜ頭に大がついているのだろ うか。それはこの戦争の勝利には多くの国が貢献しているものの、ソ連がドイツ国防軍を
倒した中心国で、その役割を強調しているからだ。ドイツ軍はソ連軍と の戦いで、1340万人中74%にあたる1000万人を喪失した。
 アメリカのルーズベルト大統領は第二次世界大戦の最中の1942年5月、ソ連軍の活動とそ の影響を評価してこう記した。
「ロシア軍が連合国25ヶ国の軍隊よりも、対戦国の厖大な兵士と兵器に打撃を与えているという明白な事実を無視することはでき ない」。
 ロシア人がこの勝利を誇りに思い、多くの戦線のひとつととらえたがらないのは当然のことだ。そしてドイツとその同盟国であるイタリア、ルーマニ ア、
クロアチアが84万人を喪失したスターリングラード攻防戦と、ドイツとイタリアが3万人を喪失したエル・アラメインの戦いが同レベルの戦いと
見なされ ることを理解できないでいる。ヨーロッパ諸国の多くの歴史教科書では、第二次世界大戦としてこの2つの戦いが同等に扱われている。
http://jp.rbth.com/society/2013/05/09/42899.html

350 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 13:39:01.77 ID:Jo8Zw17t
イギリスの戦艦が静岡に艦砲射撃してたくらいだしなぁ

351 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 13:43:08.50 ID:QtbmlyUx
惨式鮮以外に上昇する重爆に付いてあがれないという話しが出ない件w

352 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 14:07:26.01 ID:NR3MXvaq
>>350
日本だってオーストラリア空襲してるが?

353 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 14:08:49.06 ID:NR3MXvaq
>>308
>イギリスは重爆を太平洋に移動中で戦争が続いてたら日本上空に来てたよ

ソ連軍はランカスターよりも素早く対日参戦して、樺太千島を獲得した。対する英連邦は失うばかり。

354 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 15:40:38.41 ID:z/dVsH6K
爆撃機のクルーズクライム速度は戦闘機の最良上昇率速度よりずっと速い
速度が速いほど増槽の空気抵抗で戦闘機の方がロスが大きくなってエンジン出力が余分に要る

飛燕は比推力の不利を空気抵抗の少なさで補ってるんでクルーズクライムは不得意だった
実際の飛行では上昇中は最良上昇率速度で先に高度を上げて巡航すればすぐに爆撃機に追いつける
ゲーム脳のパンピーが何も考えず飛べばP-51だろうが同じ事になる

355 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 15:49:09.51 ID:QtbmlyUx
     ∧_∧
    <丶`∀´>     ∧_∧
    /     \   (    ) はぁ?黙ってろ在日w 
.__| |    .| |_ /      ヽ クルーズクライム速度という言葉が使いたかっただけだろ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ 氏ねよクズ   \|  (    ) 上げバカは剤チョンの法則
  |     ヽ           \/     ヽ. 祖国に帰れよ
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /

356 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 15:49:35.55 ID:O1AX+YD1
B-29の可動機がアメリカにあるけど、招待して広島の原爆記念日に原爆ドームの上を当時と同じコースでB-29飛ばそうよ
当時、アレが地上からどんな見え方をしたのかこの目で見てみたい

357 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 15:51:48.64 ID:QtbmlyUx
鮮人土井を必死で擁護する在チョンw

358 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 15:59:36.23 ID:16+gX40+
四式重爆と>>336に書いてあるのになぜ>>339は無関係な一式陸攻の話を・・・

359 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:00:52.98 ID:z/dVsH6K
だから航空機の飛び方を理解できないシナ朝鮮人は黙ってろよw

360 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:04:16.46 ID:z/dVsH6K
なんで無知なパンピーの分際で粋がるのかw
ちょっとお前みたいなお子ちゃまでも理解できるように講義してやろうか?w

361 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:09:27.49 ID:16+gX40+
それ以前に日本語を理解できないID:z/dVsH6Kであった
こんな間違いすら素直に訂正できない狭量なガキには何言っても無駄だろうけどなw

362 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:16:44.87 ID:z/dVsH6K
なんだビビって関係ない話で逃げるのかよ
お前みたいなパンピーは必死でググっても基本的な事を理解してないから的外れな事しか言えないんだよw

一式陸攻だろうか四式重爆だろうが飛べは同じ事が起きるんだよw
機種が違えば違うと思ってるあたりがパンピーw

363 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:31:51.03 ID:QtbmlyUx
>>359
> だから航空機の飛び方を理解できないシナ朝鮮人は黙ってろよw
自己紹介乙w

364 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:33:12.02 ID:QtbmlyUx
火病起こして上げ続けるID:z/dVsH6Kが2chの使い方知らないチョンだって事は誰もが解っていることw

365 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:38:07.38 ID:z/dVsH6K
ID:QtbmlyUxは言うに事欠いて2chの使い方とかほざき出したのかw
便所の落書きの作法を云々するとか腐れシナチョン在日らしい発想だなw

366 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:48:10.24 ID:z/dVsH6K
いくら便所の索が木でも無知なパンピーの逃げ口上ばっかりでツマラン
ちょっとまともな航空知識のある奴は居ないのかよ

もうシナチョンはまとめて国外追放でいいなw

367 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:49:25.63 ID:2oeeUcfA
あの、5式戦とそれらはどういった関係で?

368 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 16:57:25.67 ID:z/dVsH6K
五式戦は三式戦より軽くて比推力が上だからクルーズクライム速度も三式戦よりは速い
実戦じゃそんなノンビリ上昇なんかしてたらカモになるのは変わらんけどな

369 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 17:57:25.27 ID:rBergIqn
>>354
P-51がB-29に追従できなかった話は目標前の降下加速での事な

B-29はサイパンから飛んでP-51は硫黄島から飛ぶんで一緒に上昇する事は無い
P-51のエスコート用にB-29を用意しないといけなかったんで足手まとい呼ばわりされた

当時のパイロットの回想ではとにかくP-51の振動が酷くて参ったそうだ
長距離飛ぶのにエンジンが不安だったのは単発機全部に言えて太平洋戦域の話はヨーロッパの
冒険談みたいな話は少なくて陰気で暗い話ばっかりが多い

370 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 17:59:21.50 ID:TgqA5uFb
議事録には次のようなイーカーの言葉が引用されている。
「日本にたいし航空兵力のみの使用を主張する者はきわめて重大な事実を見過ごしています。それはつまり、
航空機のみが敵と対決するときは、航空兵の死傷者数は決して低下しないという事実です。現在の航空兵の
死傷者数は一度の任務につきおよそ二パーセントであり、一月当たりでは約三〇パーセントです」
イーカーは続けた。「時期を逸すれば、敵が有利になるだけです」
「日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌」(T・アレン&N・ボーマー著)
"GENERAL EAKER said that he agreed completely with the statements made by General Marshall
in his digest of the memorandum prepared for the President. He had just received a cable in which General
Arnold also <page 559> expressed complete agreement. He stated that any blockade of Honshu was completely
dependent upon airdromes on Kyushu; that the air plan contemplated employment of 40 groups
of heavy bombers against Japan and that these could not be deployed without the use of airfields on Kyushu.
He said that those who advocated the use against Japan of air power alone overlooked the very impressive
fact that air casualties are always much heavier when the air faces the enemy alone and that these casualties never
fail to drop as soon as the ground forces come in. Present air casualties are averaging 2 percent per mission,
about 30 percent per month. He wished to point out and to emphasize that delay favored only the enemy
and he urged that there be no delay.
http://www.endusmilitarism.org/casualty_projections_Giangreco.html

371 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 18:39:31.10 ID:O1AX+YD1
>>369
そりゃ、日本本土空襲は地上に墜ちたらアジアの野蛮人共に串刺し、洋上へ落ちたらサメの餌って恐怖が常にあるからな
欧州の上と飛ぶのとは緊張感半端ないだろうよ

372 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 21:05:00.27 ID:DwAHITJ/
日本の爆撃機は基本的に航空殲滅戦を想定した戦術爆撃がメインだっただけ

航空殲滅戦は

基本的に
相手の空港を爆弾で使えなくするか
占領するかどっちかしかない

戦闘機同士のやり合いはあくまでジャブの応酬みたいなもので
決定打は爆撃で相手の空港を完全に使えなくしないと意味がない

なので、

・相手の爆撃機を撃墜できない
・味方の爆撃機を護衛できない

ものは制空戦闘機でも何でもない

だから、自分の領土が一方的に爆撃されてるのに戦力温存するとか
一方的にフルボッコされない限りはしない
ドイツもP51にボコボコにされて、すぐ空戦しないで逃げるようになった

戦力温存しなければいけない程、ワンサイドゲーだっただけ

373 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 21:34:29.43 ID:ICeX8gPv
誤爆じゃなきゃ池沼だな

374 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 21:46:56.80 ID:rBergIqn
航空撃滅戦を勘違いしてる
当時の飛行場は今みたいにハッキリした舗装滑走路なんて無いので爆弾落として穴を開けても効果が薄かった
さらに上空から識別し難い未舗装飛行場もたくさん作られてたので正にもぐら叩き状態
だから日本側も敵機をおびき出して落とすのに腐心してたし飛行場攻撃も地上の敵機を破壊するのが主任務

ヨーロッパでもP-47の戦果が大きいのはタフさと兵器搭載量に物を言わせて地上撃破したのが多かったから
飛んでる敵機を撃墜するより飛ばない間に地上で破壊する方が遥かに効率がいいのよ

空中退避できれば一番簡単だけど暖気に時間の必要な当時の機体だと敵機を早く発見できなければ破壊されるのが
分かっててもどうしようも無い事も多かった

375 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 22:56:39.50 ID:kQjZCirR
クルーズクライムwwwww

376 :名無し三等兵:2017/02/03(金) 23:52:36.06 ID:5cL3qBvA
>>374
機体がそれほど供給されていない場合は地上撃破が有効
逆に機体が潤沢に供給されていたら空中撃破が有効
なぜって?
パイロットをどれだけ戦闘不能にするかが航空撃滅戦の意義だから
なので、日本もドイツも末期には飛行機型デコイが多く作られ、そればかりを連合国機は攻撃していた

377 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 00:53:48.55 ID:JgVWQ47Y
BOBの時はファイタースイープで英空軍が相当被害うけとるな

378 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 02:57:55.84 ID:ZSZGvM4z
>>356
原爆の日にやると非難轟々になりそうだけど、あと5,6機そろえて6000mぐらいを編隊飛行してるところが見たい

379 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 08:41:23.66 ID:7qjj8SjR
>>374
P-47の地上撃破は飛ばせなくて放置されてる機体も相当含まれてるから
派手な割りには効果が低いんじゃないかって話もあるな
パイロット殺害する方が効率的なのは確か

ただ、地上撃破って危険な割りに地味な地上攻撃やるパイロットへの
「ご褒美」的な意味合いもあるからね

380 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 08:44:05.48 ID:7qjj8SjR
地上攻撃>対地攻撃 だなw 日本語おかしくなった

381 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 09:11:35.05 ID:jYfCgdTW
P-47やタイフーンのような2500馬力級の大型機は戦闘爆撃機として有用だが
ドイツ空軍も109みたいな小型機じゃ安いけど使えんわと非難してウイリーメッサーが激怒していたし
ソ連ではイリーシュリン シュトルモビィク襲撃機が600キロ爆弾が積めて
なんにでも使えるから赤軍はパンのように欲しいといい戦闘機も兼用でという方針に決まりかけた

しかしP-47みたいな凝った機体は下手な爆撃機より重く高価で、マーリン2つ積んだモスキート双発機というものがあり
イギリスの軍事評論家によれば大戦で最も役に立ってる兵器はモスキートだそうで大局に立ってみれば、双発機を量産すれば
英国は勝てたのだろう

モスキートをややカッコよくした後継機ホーネットは最高速780キロを叩き出してる
P-47をカッコよくした後継機XP-47Hは最高速度760キロを目指して660キロしかでず廃止となり
戦後はデブの重戦は大飯食いで役に立たぬと憎まれて、軽戦闘機のP51が朝鮮戦争で爆撃機として働くハメとなった
となるとやはりイギリスの分析どおり、モスキートがあれば他はいらない子

382 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 09:22:58.16 ID:flS63r81
>>381
>戦後はデブの重戦は大飯食いで役に立たぬと憎まれて、軽戦闘機のP51が朝鮮戦争で爆撃機として働く

AAF Fighters in the European War, 1942‐1945
Type Sorties Tonnage Los
P-47 423,435  113,963 3,077
P-51 213,873  5,668  2,520
P-38 129,849  20,139 1,758
P-40 67,059   11,014  553
P-39 30,547   121   10
http://www.americancombatplanes.com/p51_3.html

383 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 09:25:54.42 ID:flS63r81
>>370
日本本土空襲はまさに、米軍にしかできないほどの困難ぶりだった。欧州とは違い、
ソ連空軍やイギリス空軍は参加していないのはその動かぬ証拠。ウルツブルグも88ミリも要らなかった。

384 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 09:26:45.83 ID:mxjsO7xn
>>379

それは、P51の登場で爆撃機が何処でも爆弾を落とせるようになり
そこで決定的だったのは石油施設を爆撃した結果

ドイツは燃料がほとんど無くなり
双発機はほとんど飛ばせなくなり
地上に置いておくことしかできない状況に持っていったから

概ね週に500機ほどが地上で一方的に撃破されていった

385 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 09:43:26.54 ID:flS63r81
>>97
>Output of aviation gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to
>30,000 tons in July and 5,000 tons in September.

僅か五ヶ月で航空燃料産出が35分の1になったとのことだ。

386 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 09:52:47.62 ID:mxjsO7xn
実際、3式戦もいた
陸軍航空隊の最期は

1943年8月17日のウエワクへ爆撃で
100機程が撃破され、稼働機30機ほどに激減

ラエ・サラモアも基地を攻撃され

再建を目指すも
その後はホランジアへの爆撃で150機以上が地上撃破され
ほとんど航空戦力がなくなった所に
ホランジアに直接上陸されて壊滅

海軍ラバウル航空隊も
その前のトラック島空襲で壊滅した結果

ラバウル航空隊は引き上げて終了

日本の航空隊はこうして、空襲、上陸で次々絵に描いたような航空殲滅戦で終焉を迎えている

387 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 10:05:11.71 ID:9R9MrcFA
>>376>>379
例えば敵の機体供給が少ないほど欺瞞は巧妙になって地上撃破率が落ちる
逆に敵の供給が多いほど航空優勢を取るために地上でできるだけ撃破したい

航空撃滅戦で敵地へ進出するのは敵のパイロットを減らす目的では合理的じゃないのよ
敵地で撃墜されればこちらのパイロットの方を失う可能性が高いから

あくまでも航空優勢の確保や陽動のために敵地でのリスクを犯して積極的に戦うのが航空撃滅戦

388 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 10:20:37.42 ID:jYfCgdTW
シュトルモビィク襲撃機を戦闘機転用するというと「低速機になにを血迷ったのか」と
日本では非難されがちだが
P47や烈風も主翼面積はたいして変わらないから、軽量化したりそれなりにつかえそうな雰囲気だった

Il-2主翼面積はスカイレーダーと同じで、スカイレーダーもジェット戦闘機を撃墜してるから
いずれそのうち攻撃機一本としても、これを万能機としてあつかっても、無謀でもないと分かる

というかむしろ日本には爆弾搭載600kgで足も頑丈な襲撃機に該当する機体が無いわけだが

389 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 10:28:50.50 ID:9R9MrcFA
スカイレーダーがMigを落とした話は零観がグラマン落としたレベルの話だし
SBDが敵機に意外にダメージを与えてた話のがまだ説得力があると思う

IL-2でも敵機は落とせるけど積極的に空中戦に使うような機体じゃないでしょ

390 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 14:24:29.77 ID:ZSZGvM4z
陸軍に襲撃機あるよ

391 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 14:29:23.08 ID:ngcm3vmG
>>388
>というかむしろ日本には爆弾搭載600kgで足も頑丈な襲撃機に該当する機体が無いわけだが

一式陸攻と桜花(バカボム)はどうか。銀河と一式陸攻ではどちらが上か。

392 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 14:37:34.38 ID:wEQxcXSv
IL2を軽量化したら
存在意義が無くなる
と思う

393 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 15:20:23.50 ID:06Hilvo9
金星が誉よりも調子がエンジンってどこから出た伝説なの?
四式の稼働率落ちたのは足が原因なんだけど。

394 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 15:45:03.42 ID:RGPqH5H3
>>393
それこそどこから出た伝説だよ

395 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 15:49:14.90 ID:thC9eq/e
調子がエンジンってなんか語呂の感じが良いね

396 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 16:50:22.59 ID:srBXeSto
IL2なんかロシア製のシムのせいでまともに飛べる機体だと勘違いされてるだけ
空気密度の大きい北方の低空で使われたからな

太平洋のソロモン方面だったら空戦どころか爆弾積んだらまともに高度も取れなくて
カモにしかならん

397 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 16:53:50.76 ID:lm1ck/yI
>>138
>28. 空中戦の大半は最大4500メートル上空という高さで行われていた。

すると低高度航空戦こそが、最先端テクノロジーの攻防だったのか?

398 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 16:57:00.68 ID:fd3gQTKe
疾風の足が、よく折れたのは本当で、設計者自身が戦後、軽量化ばかり気にするんじゃなく
もっと頑丈に作ればよかったと言ってる。それはそれとして誉がまともに動かんクソエンジンてのも本当だ

399 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 17:12:19.50 ID:lm1ck/yI
>>398
>それはそれとして誉がまともに動かんクソエンジンてのも本当だ

中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
P-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

400 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 17:20:41.44 ID:srBXeSto
それこそ昭和の航空誌に出た間違った回想だった

401 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 18:45:56.06 ID:UdH3V92v
なんか紫電改と混じってそうやなー

402 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 18:48:26.00 ID:nIh9LwX6
>>400
大陸打通作戦は敵機が飛び交う敵制空権下で、勇敢な皇軍兵が飛行機も追い付けない速さで、
暴れん坊将軍のように中国人という中国人を片っ端から日本刀で斬って斬って斬りまくった。

403 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 18:53:49.14 ID:nIh9LwX6
だから日本は、中国とだけ戦争すればよかった。マリアナ決戦を放棄して大陸打通作戦だけにすべきだった。
そうすれば米国のほうもドイツ打倒優先で、もっと早くからノルマンディ上陸がやれたはずだ。
大陸打通作戦の背景として最も重要なのは、米英側が「ドイツ打倒優先」だったこと。
米軍主力が対独戦に向かったことで、日本は大陸打通作戦を遂行することができた。
ドイツとの同盟は大正解だった、ありがとうドイツ。

大陸打通作戦の輝かしい大勝利の裏には、ドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。

404 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 18:56:31.65 ID:nIh9LwX6
米軍が『ドイツ打倒優先主義』を遂行するにあたってはまず、中国とか中国人とかは丸ごと棄ててしまうことが大切。
戦略的に考えれば第二次大戦において中国は連合国の足を引っ張るだけの邪魔な存在でしか無かったはずだ。

405 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 18:57:12.66 ID:8cP49fnA
五式戦は搭乗員も少なく偏った評価は拭えないよな

406 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 19:05:37.73 ID:9R9MrcFA
むしろ機種転換のベテランに割り当てられて正確な評価が多かったんじゃないかね

407 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 19:10:15.42 ID:QNO1rpEP
総統閣下は、皇軍兵士の規律正しさと勇敢さに感嘆すると同時に、装備と技術の悪さを嘆いた。
そこで訪独潜水艦にドイツ兵器を満載して、これで大陸打通やってこいと激励してくれた。
わがドイツ国防軍は米ソの生贄となるが、後は日本の盟友たちに全てを託そう、と。
ドイツ打倒優先ということで米軍主力が欧州に向かったことで、大陸打通作戦をやらせて頂いた。
大陸打通作戦の大勝利の裏には、こうしたドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。
ドイツは皇軍の大陸打通作戦のために犠牲になってくれた、ありがとうドイツ。

408 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 19:14:59.56 ID:QNO1rpEP
大陸打通作戦は欧米人に『対日戦争はオマケで日中戦争はオマケのそのまたオマケ』と言わしめた。
カイロ宣言やシェンノート空軍は、半ば意図的に忘れられていった。

409 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 19:59:17.78 ID:Ek7s0apN
>>398
本当?どこソース?

410 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 20:00:15.22 ID:CYICDxm5
SBDは12.7を機首に同調装備しているのか。米では珍しいパターンだ

411 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 20:09:54.03 ID:fd3gQTKe
>>409
日本軍用機の全貌
四式戦の項にある

412 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 20:36:18.33 ID:9R9MrcFA
米軍も複葉機時代は機首の同調機銃だったし大戦前から現役だった機体は単葉でも結構ある

413 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 21:03:14.00 ID:Ek7s0apN
>>411
わかった。ありごと

414 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 21:03:29.86 ID:Ek7s0apN
ありがと

415 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 21:07:15.76 ID:9R9MrcFA
末期だと材質よりパイロットの腕の劣化が脚折れの原因だろうな
錬度の低下を見越して強度を上げなかったミスだとは言えるけど

416 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 21:24:11.33 ID:jYfCgdTW
ほんらいは胴体に機銃つけるのがエンジン架もあるので丁度いい
主翼に機銃となると桁を貫通したり良いことはない。

しかしイギリスの研究によって主翼に小口径銃を大量装備するのが一番良いとされ
威力は低いが飛行機は脆弱な部分もあるので穴だらけになれば致命的と思われた
アメリカはこの戦訓にもとづき主翼に大量の機銃を装備するようになるがエアコブラのように
モーターカノン重武装もある、なぜか米国ではこれを嫌ったようでソ連送りの刑に処す

417 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 21:29:29.46 ID:Ek7s0apN
しっかしクソ短い脚でそんなにポキポキ逝ってたのかー
でもそんなに問題ならなんで全く通説どころか話題にも挙げられていなかったんだろうか。
エンジンやプロペラの問題はあがってたのになぁ。
四式戦は脚折れる機体だったならこのネット社会でそれを隠し通すのは不可能なはず

418 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 22:16:50.69 ID:9R9MrcFA
パイロットに聞くと折れた事は無いって話だけど終戦直後の昭和20年の航空朝日に
脚折れが頻発して戦力にならなかったと書かれてたそうだ

四式戦の場合は錬度不十分なパイロットがいきなり乗って壊す事は考えられるんで
機体固有の問題と勘違いされて流布された可能性はある

419 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 22:39:27.62 ID:3aI1awN9
>>416
大戦間に機体が頑丈になってどうするのがいいか、って問題があったんよ
一つは(戦闘機無用論などもあって)「戦闘機でも大型のモーターカノン積んで撃っちゃえ」
もう一つはイギリスみたいに「徹甲弾と焼夷弾まぜて穴空けて燃やしちゃえ」
で、結局は戦闘機が大型化して「機関砲いっぱい積んでも大丈夫じゃね?」に

大型機が編隊組んで高速で爆撃しに来るって恐怖にとらわれると「防御機銃の射程外からデカい砲で撃ちまくれ」
米陸軍の試作機が変な大口径砲積んでるのは多分そのせい

420 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 22:59:16.61 ID:jYfCgdTW
イギリスの長年付き合った薄翼の複葉機では主翼装備はとうていむりで
厚い翼で単葉機となると、主翼機銃も手の届く嫁となる
ハリケーンのあとのタイフーンでも、機関砲装備のためぶ厚い主翼が強硬に要求されて
速度が出ねえとなってから薄い翼がゆるされテンペストとなる

421 :名無し三等兵:2017/02/04(土) 23:32:38.74 ID:fPPzudhC
イリューシン Il-2は防御力にすべてをつぎ込んだので、運動性能が悪く、エンジン冷却もあまりよくなかったので、
緩降下爆撃までで、戦争中盤からは編隊としてのクラスター爆弾一斉爆撃や戦車が群がっているところに23mm弾をばら撒くような感じで攻撃していた

四式戦の脚折れは材質悪化もあるけど、ほとんどは滑走路の転圧不足によるもの

アメリカもイギリスもV型水冷はプロペラ軸を機体重心線より上側へ出せる利点があったものの、逆に機首上部へ武装を配置することが難しい欠点がある
ソ連クリモフもV型だが、小さいので機首上部へ武装を配置できた
DB600系統は倒立V型水冷は機首上部へ武装を配置することができるものの、逆にプロペラ軸を機体重心線より下側に出るため主脚を長くしたり機首が長くなる欠点がある

SBDは艦載急降下爆撃機共通目的として、防空戦闘時に敵攻撃機攻撃任務があったため、機首同調機銃を装備
もちろん、SBDを問わず、SBCからずっと

422 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 00:50:45.50 ID:lghsPX6c
>>416
何を頓珍漢な事言っているんだか
プロペラ圏内に装備するとモーターカノンを除けば同調で発射速度が落ち火力が落ちる
米国はP-39のモーターカノンを嫌ったのではなく搭載エンジンの高空性能不足を嫌ったんだよ
低空で対地戦術爆撃を行うの敵機の迎撃が主な任務だと高空性能不足が問題にならなかっただけ

423 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 01:05:38.75 ID:V+E2IHLy
欧州空軍が役立たずなのは、現在のユーロファイターに始まったことじゃないんだよw

424 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 01:09:27.06 ID:D6rrAuyZ
ミラージュ3>メリケンセンチュリー雑魚軍団

425 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 02:05:26.64 ID:sysasIYR
>>405-406
格闘戦よりの評価が多い気がするのはベテランばかりだからかねー

426 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 04:06:08.22 ID:HM2yMgEL
>>425
格闘戦寄りといっても翼面荷重170kg/u程度で、海軍の基準でみたら
立派な重戦闘機なんだけどね>五式戦

427 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 08:39:52.55 ID:TjyTL5hj
五式戦が配備された部隊は

飛行第5戦隊、二式複戦屠龍から機種転換
飛行第17戦隊、三式戦飛燕から機種転換
飛行第18戦隊、三式戦飛燕から機種転換
飛行第59戦隊、三式戦飛燕から機種転換
飛行第111戦隊、明野陸軍飛行学校の教官や助教で編成された部隊
飛行第244戦隊、三式戦飛燕から機種転換

二桁戦隊は南方から引き上げて戦力回復と戦力抽出後の残留隊でベテラン少数に補充の新兵が多数だった

428 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 09:23:38.69 ID:WnA5DCqW
112戦隊も装備してたのでは?

429 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 10:01:53.66 ID:Fm/TEtJ4
戦史叢書 「陸軍航空の整備と運用(3)」より 第111・112戦隊編成の経緯

「昭和二十年春季以降陸軍航空の攻撃戦力の主体は、いうまでもなく特攻隊である。
その特攻攻撃を成功させる要点は、特攻隊を目標上空に確実に到達させるための、
捜索、誘導、掩護である。陸軍航空は、天号作戦引き当ての戦力を除き残された最後の
優良人員、器材を結集して戦闘隊と偵察隊を編成した。

七月十日、第二十戦闘飛行集団司令部が編成された。(略)
そして、その隷下に明野及び常陸教導飛行師団の人員、器材を基幹として編成された、
飛行第百十一戦隊(長 石川正中佐 40期)、同第百十二戦隊(長 檮原秀見中佐 38期)、
を入れた。
両戦隊は編制定員四一一名、飛行機定数五式戦五五機、外に予備機二八機を有し、
当時における最強戦闘戦隊であった。」

第二十戦闘飛行集団カッケー!戦闘機100機の集中運用!!

430 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 10:35:25.35 ID:TjyTL5hj
抜けてますタ
飛行第112戦隊、陸軍常陸教導飛行隊の教官で編成された部隊
共に四式戦の使用部隊でもあるそうな

431 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 10:53:50.79 ID:xY7F3N+c
>>426
言いたい事はわかるけど重戦闘機は陸軍が一時期使ってた区分で海軍は関係ないし
軽戦と重戦は翼面荷重で分けてたのでもない

432 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 11:02:37.00 ID:mVSPig47
>>427
結局、どれもB29はうまく落とせてないんでしょ?
244空ですら機種転換後はB29迎撃任務辞めたし

433 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 11:25:11.55 ID:k+D7zTdx
>>426
五式は翼面荷重こそ見れば雷電クラスだが、翼幅荷重だと

434 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 11:26:42.98 ID:k+D7zTdx
途中で送信しちゃった
>>426
翼幅荷重だと烈風と零戦の中間だぞ

435 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 11:40:23.97 ID:TjyTL5hj
>>432
B-29迎撃任務で本土に戻った飛行第5戦隊は屠龍から一〇〇式司偵三型改に機首転換予定で
訓練をしてたけど実戦で間に合わせの改造機では効果が薄いと分かり中止になった

でこの機体に使ってたのが五式戦と同じハ112-IIだったんので扱いに慣れてるだろうと五式戦
を配備されたらしい
それで隊の任務が対戦闘機戦が含まれて機首転換後に訓練が始まったそうだ

B-29に対しては五式戦の高評価を見た陸軍がタービンを装備して迎撃に使おうと計画してキ100-IIが
開発したけど生産開始は9月の予定で試作機3機が作られただけで終わった

436 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 11:56:25.32 ID:PuCU5E7G
>>430
たしか本来すべてキ100で装備する予定だが不足分をキ84で埋めたはず

437 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 12:27:15.71 ID:mVSPig47
>>435
>>435
P51がついてから、もっと高性能な双発機持っていたドイツでも
B17にとりつけなくなったから、実用化できてもダメだろう

5式戦のサイズでタービン化は不可能なのでこれも実用化できなかっただろう

そもそもタービンもない三式戦で元々対B29任務してて、それなりに撃墜できてたんだから
高高度性能は三式戦に劣ると見ていいでしょう。

438 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 12:36:44.44 ID:q7dL+8Ur
>>435
キ61-IIに終戦まで数十機の生産枠が維持されたのは比較的マシな高高度戦闘機枠

中低高度はキ84とキ100、高高度はキ61-IIという分担になっていて
この枠はキ100-IIがうまくいけばそれに置き換わる予定

なのでキ100-IIは中間冷却器もない簡易排気タービンであまり高性能を狙わず高高度性能を確保した

I型と較べると8000メートル以上でII型はI型を上回り、役割分担上はそれでよかった

439 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 13:38:14.86 ID:TjyTL5hj
>>437
P-51がB-29の護衛をしてたのは行程の一部だけで爆撃目標から太平洋上までは護衛が無い事が多かった
実際に一〇〇式司偵三型改がB-29を攻撃した時もP-51は居らずB-29の防御砲火で被害を受けた

爆撃も3,000m以下で行われてて迎撃が困難だったのは飛来時の巡航高度が高いのと目標前の降下加速時に
追いつけなかったからで爆撃後の離脱時に高度を上げて待ち受ければ追いついて攻撃が可能だったのよ

440 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:00:31.51 ID:M9Fjlok9
>>427
なんだこりゃ
三式戦や二式複戦からの機種転換なら、「加速があっていい!」「軽快で格闘戦向き!」ってなるのは当然だなw

五式戦の好評は、実は比較対象は四式戦でない可能性すらある。
というか四式戦乗ったことある奴いるのかと。

441 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:03:22.09 ID:CivxLMpM
>>440
>>429の111、112戦隊はもともと四式戦も装備してたけど五式戦にまとめようとしてるよ

442 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:08:04.32 ID:fBr4U6wv
四式戦経験者なら

航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。
初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

443 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:09:14.85 ID:M9Fjlok9
wiki情報見たら、111戦隊が編成されたのって1945年7月18日という末期な上、「戦闘には参加していない」と堂々と書いてあるんだが・・・。

飛行第111戦隊
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E7%AC%AC111%E6%88%A6%E9%9A%8A

>陸軍戦闘機隊のなかで第112戦隊と共に最後の陸軍戦闘機部隊。戦闘には参加していない。

あと一応四式戦は装備してたね。

>使用機種:五式戦闘機(4個中隊)、四式戦闘機(1個中隊)

444 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:12:06.34 ID:M9Fjlok9
>>442
四式戦より一式戦の方が高空性能が上、という主張を信じてもいいものか・・・。
というか、1万m以上で編隊が組めたっていうのは三式戦の話では?

445 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:13:59.58 ID:23DME8eJ
四式戦はエンジンの調子が悪いのにあたると、8500mまで上昇できないこともあったそうだし

446 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:14:53.00 ID:FR4K3NJ/
>>443
戦闘参加の有無というより装備方針として四式戦を押し出して五式戦で揃えようとしていたんですよ
一個中隊残った四式戦は五式戦の未充足分

まして同じ戦闘飛行集団を形成する112戦隊長のユズハラさんの四式戦五式戦の比較の話は周知でしょう

447 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:16:23.73 ID:TjyTL5hj
そういえば偵察型B-29を1万mの高高度で撃墜したのは零戦だったな
飛行高度11,000mで出力は地上の二割しか出なかったが1撃で撃墜してる

448 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:22:03.22 ID:JHvp8ZYT
なかなか実際の性能発揮は難しかったのかな…?

『悲劇の発動機「誉」』所収 「『航空ファン』1961年7月号「四式戦闘機『疾風』のすべて」 からの引用
談:吉澤鶴寿(元中島飛行機テストパイロット)

「量産型のエンジンでは悪いところが出るというので、結局ブーストを下げて、馬力制限をしたんですね。
 そういうときには、また前の試作エンジンを持ってきて飛んでみると、とてもいいんです。
 しまいには、試作と量産ではこれだけちがうのか、とあきらめちゃった。(中略)
 試作の時百オクタン価をつかってやったんですけども、高度八〇〇〇メートルで、640キロくらい出しましたね。(中略)
 量産だと五八〇キロくらいのものだったでしょう」

沖縄戦では速度590km、上昇限度8000m程度まで低下した戦隊もあって
大東亜決戦機とはほど遠い状態であった事もあったそうです。 (世界の傑作機「疾風」昭和49年)

449 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:28:54.40 ID:uRGeV6E9
キ61については
もともとキ61性能推算の段階では
速度550km/h程度
武装も上昇力も十分でなく
陸軍も試作機にとどめ採用する気は無かった予定

そもそもハ115など1000馬力級のエンジンを
陸軍が手にしつつあった以上
離昇1175馬力のDB601そのものを国産化しても
手間がかかるだけでメリットはあまりなく
陸軍では発動機換装を折り込んでの
キ61試作であったという

幸か不幸かキ61試作機が590km/hを出したがために
制式化が決定された
制式化と同時に武装と防弾と航続距離の強化増大が
求められた

キ43では550km/h以上の速度向上と武装強化は困難であり
キ44は南方での航続力の不足と
発動機に起因する稼働率の問題を抱えていた

500km/h台後半の速度を持ち
南方での使用に耐える航続力と
すくなくとも12.7mm4門を搭載可能な
プラットフォームとしては
キ61しかなかったのではないだろうか

450 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:45:15.56 ID:sysasIYR
そういやぁ三式で「回らない」だの「飛ばない」だの「壊れる」だのはよく聞くけど、「出力が出ない」はあまり聞かんような

451 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 14:52:11.03 ID:k+D7zTdx
んや、まともに稼働してない状態だとロクに出力も出てなかったんじゃないか
不調の一式陸攻二二型から二四型になったとたん最高速度が20キロ上がっているし極端な誉やハ40だともっと顕著に現れたんだろう

452 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 15:19:35.67 ID:TjyTL5hj
空冷エンジンだと地上で割りと長い間回して調子を見れるけど液冷エンジンは
すぐオーバーヒートするんで回しながら調整にあまり時間をかけられない

そうなると暖気でちょっと調子悪いともう飛べない機体になる罠

453 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 16:16:35.01 ID:lghsPX6c
>>426
それは無駄に重いからだw

454 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 16:43:36.08 ID:wMTfbM/d
五式戦と雷電21型を比較した場合
翼面荷重は同じくらいで、
馬力荷重は雷電の方が強い

雷電の設計に致命的な問題があるとしか思えん

455 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 16:55:35.07 ID:TjyTL5hj
たぶん胴体設計より面積が同じ主翼でもアスペクト比の差が大きい
高アスペクト比なほどロールレートが不利になるが誘導抵抗が減る
低速時や旋廻中ほど差が大きくなる

456 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:04:19.37 ID:k+D7zTdx
雷電は失速特性の問題だろ。
馬力荷重は良いしロールレートも日本機としては良好で、本来なら横転も馬力荷重もイマイチなF6F相手に空戦で遅れを取るはずがないわけだが実際には雷電でF6Fと空戦出来るのは赤松ぐらいだと言われちゃったくらいには足引っ張っている。これは三菱と空技廠の誤算だね。

457 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:10:02.95 ID:k+D7zTdx
>>440
君、四式戦闘機3機と五式戦闘機単機での模擬空戦の話知らないの?

458 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:10:30.97 ID:GeSLewjl
単に19年年の大増産の結果の品質低下と非熟練パイロットの増加の結果かと

459 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:11:26.15 ID:buvdJzMk
>>457
知らんよそんなの
勿体つけるなら説明しろよ能無し

460 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:17:58.63 ID:k+D7zTdx
>>459
って事は新参か。五式戦闘機関連なら飽きて嫌になるくらいみたはずのコピペなんだがなぁ。
なんでもかんでも教えてクレクレではダメなんだよ。
梼原秀見って人が五式戦闘機と四式戦闘機3機で模擬空戦した結果五式の方がいいって判断下してるの。そっから先はググるくらいの知能はあるだろ無能よ

461 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:28:16.62 ID:V+E2IHLy
>>460
五式戦がデビューした頃は、大日本帝国の底力がようやく出てきた時期だからなぁ。

462 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:36:26.07 ID:yWj6l48g
教導団隊長梼原の意見は軍部に却下された
4式がすでに大量生産に入ってるのに批判するのは兵の士気を下がるものだという理由で
実際問題3式の機体構造は量産向きではなく急増できず
四式は構造簡素なので短期間に3000も量産され、5式は390機にとどまるので軍が正しい

教導団の立場上は、金星疾風や足の強化など疾風の問題点の改善を具申すべきだったので大間違い

463 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 17:36:29.02 ID:Ts30uCYq
五式戦のデビューのころは、陸軍指導部と審査部が、混迷からすっかり立ち直ってきた。

464 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 18:15:46.15 ID:lghsPX6c
四式戦をディスるヤツってウインドウズの使い方を知らないマッカーみたいできもいわ
結局は四式戦の乗り方、戦い方を理解できないヤツの巣窟の明野が全て悪い
明野に機体の特性を理解出来る赤松みたいなヤツが居なかったことが四式鮮の悲劇

465 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 18:37:41.45 ID:TjyTL5hj
三式戦をディスるヤツってウインドウズの使い方を知らないマッカーみたいできもいわ
結局は三式戦の乗り方、戦い方を理解できないヤツの巣窟の明野が全て悪い
明野に機体の特性を理解出来る赤松みたいなヤツが居なかったことが三式鮮の悲劇

466 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 18:53:12.60 ID:BLV/kgGa
生産実績比較
        五式戦    四式戦(中島太田:プラスは中島宇都宮)
 20年1月    3    276+81
 20年2月   11     87+42
 20年3月   36    149+67
 20年4月   89    122+63
 20年5月  131     83+115
 20年6月   88     90+78
 20年7月   23    137+47
 ※20年2月に中島太田の生産数が落ち込んでいるのは中島太田被爆のため。
 ※20年6月28日の川崎岐阜工場被爆で五式戦の生産はほぼ停止。

467 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:04:29.05 ID:BLV/kgGa
陸軍の計画では月産200機だったけど
岐阜工場被曝後の一宮、都城工場の立ち上がりまだまだ
その上三菱の名航名古屋の19.11被爆後の静岡工場移行も進捗はかばかしくなく
先行して最優先の四式戦とハ45に較べると残念な結果に

468 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:12:45.69 ID:yWj6l48g
五式戦が四式戦に優れる部分は軽さと運動性で・・・

つまるところ五式戦が四式戦に勝つ理由は97戦とキ43の対決にそっくりで
キ43は敗者とは言え酷評されるほどの存在ではないから軍も
いつまでも固定脚では不味いと
明野をなだめ航続力に優れるという理由でむりやり隼を生産させ交替を促した

この見解がただしかったことはP51に勝てる隼3型で裏付けられた

明野の世界では固定脚でも水メタでP51に勝てるかもしれなかったが・・

469 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:16:51.98 ID:TjyTL5hj
実戦が初めてのP-51パイロットなら複葉機に落とされても有り得ないとは思わないけどね

470 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:18:48.49 ID:k+D7zTdx
>>468
全然そっくりではない
運動性だけでなく突っ込みや舵の出来など多くの面での五式より問題の多い飛行機だった
四式戦闘機が好きなあまり隼試作時の失敗例に無理やりこじつけようとしているが見苦しい

471 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:19:16.62 ID:GboNqDLv
>>469
二式高等練習機に落とされてたりしたしなぁ・・・
戦闘機の性能が戦力の絶対的差で無いことを教えられる

472 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:19:54.44 ID:BLV/kgGa
明野は実は一時期、どちらかというと単機格闘戦に否定的でその訓練の必要なし、編隊空戦のみ実施すべきとしていた
その方針で教育されたのが航士56期乙種学生

473 :ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j :2017/02/05(日) 19:25:10.83 ID:GRhJcd/X
>450
>451
光人社NF文庫:戦闘機「飛燕」技術開発の戦い 碇義朗著 手元の第三刷のP128-P131から抜粋(改行位置変更)

>「阪井准尉殿、エンジンの力がありません。どうしたらよいでありますか?」
> 救世主到来とばかり、独特の陸軍式言葉づかいで、船体の整備員が阪井の顔を見つめていう。陸軍用語の「処置なし」が、その困惑の表情にありありと読みとれた。
> 阪井は、これまでの審査部での経験からすぐにピンときた。フルカン継手の調節不良にちがいない。戦隊ではもてあましもののハ40のエンジンを阪井は完全にモノにしていたから、
>ポイントさえ押さえれば悪くないエンジンだと思っていた。

(中略、フルカン継手の構造説明/ほぼトルコン)

>しかしオイルの調節が悪いと扇車間での回転の伝達がなめらかにゆかず、エンジンの馬力ばかり食って一向に出力は増えず、低高
>度でアップアップという悪現象が出る。したがってフルカン継手に流れるオイル量の調節が重要だった。
> この調節は、エンジンの吸気マニホールドと扇車のすぐ後ろと二ヵ所の吸入圧力を見ながら、エンジン回転を上げたり下げたりしてやるのだが、エンジン全開にすると飛行機は前に
>つんのめってしまうので、尾部が上がらないように機体の後ろに杭を打ってロープで縛りつけなければならない。

(中略、調節時のオーバーヒート防止にラジエーターにホースで水かける話)

> 阪井は、エンジン回転の上げ下げを三回くらいすれば、たいていのフルカン継手の調節をやってのける自信があったので、片っぱしから不調の機体をなおしながら整備員の教育もやっ
>た。

この件とオーバーヒートの件をとりあえず手当して、審査部に戻って、二週間後にまた呼び出されて行ってみたら相変わらず同じ故障ばかりで何も改善されていなかったとか。

これが昭和17年末から18年初頭くらいの明野の飛行第六十八戦隊での話。
仮にエンジン本体が大丈夫でもまだパワーが出なくなる罠があったのだと。

しかし明野でこれじゃ南方でベストコンディション維持はなあ、という感じ。

474 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:26:51.09 ID:yWj6l48g
金星疾風にして足を強化すれば軽くなって運動性もおとらぬし
量産性もある

つまり明野の意見具申はもはや過去の隼たたきと固定脚擁護で威力を失い

また同じようなオナニーしてらぁと思われてしまう

475 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:54:00.95 ID:TjyTL5hj
脚を丈夫にしたら折れる代わりに逆立ちして下手糞パイロットが死ぬだけで終わるな

476 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 19:54:16.26 ID:EmNxO/Im
明野ってそもそも隼を叩いたっけ

477 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 20:28:58.78 ID:yWj6l48g
まロシアのヤーク7は練習機だがタイヤを若干大きくしてオリジナルより直径を5センチました
練習機ヤク7を量産したいという301工場の要求にヤコヴレフは性能が落ちると怒りをしめした

軍はヤク7が爆弾搭載にたえるということで興味を示し
タイヤ大型化によって離着陸が簡単になるばかりでなく重心位置も前進し運動性はヤク戦闘機を上回る

ヤコヴレフは小型高性能のヤーク3で反撃したが301工場は第二弾ヤーク9をだす。
ソ連軍はヤク7・9シリーズが有用との結論を出しており国を挙げて大量生産に入り
ヤコヴレフは301工場を閉鎖するが301工場の設計はヤコヴレフ本家より多く使われることになる

478 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 21:12:29.20 ID:HM2yMgEL
>>476
BUNの論みたいにになっちゃうけど、頑迷固陋な明野って見方は
割とステレオタイプなんだよな
陸軍航空の大勢は一貫して欧米機と張り合える高性能機寄こせだし

479 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 21:23:52.27 ID:yWj6l48g
明野の世界では固定脚でもP51に勝てるかもしれなかったが・・

480 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 21:27:26.44 ID:TjyTL5hj
そりゃ欧米機を買って使ってた航空機マニアの蒋介石と戦ってたしな
ソ連機や二線級の米機と戦ってる間はいいけどそのうちハイオク仕様の一線機と
対峙するのは目に見えてたんでハイオク仕様の誉が開発された

481 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 21:42:03.89 ID:o1NLa0Kq
>>480
>そのうちハイオク仕様の一線機と対峙するのは目に見えてたんで

対中援助に寄与したアメリカの「フライングタイガー」
フライングタイガーは「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」の略称であり、1942年4月に創設し、
1946年4月、戦争終了後に解散された。創始者はアメリカ人飛行教官の陳納徳(シェンノート)氏であった。
1938年8月、宋美齢の求めに応じて、シェンノート氏は昆明市の郊外に航空学校を設立し、アメリカ軍の基準
で中国空軍を訓練し、中国空軍の対日戦に積極的に協力した。
1941年、ルーズベルト政府のひそかな支持の下で、シェンノート氏は個人団体の名義で巨額の資金を出して
アメリカ人パイロットとエンジニアを募集した。その年の7月と10月に、200余人もの勇敢で危険を恐れぬ隊員たちが、
対日戦参加のために中国に来た。
31回の空中戦で、フライングタイガーの志願者は5機ないし20機のP-40型戦闘機をもって217機の敵機を撃墜し、
みずからの損失はわずか14機だった。それ以後、「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」はフライング
タイガーのマークを使い始め、そのサメの頭の形をした戦闘機も世に名を知られるようになり、「フライングタイガー」
というニックネームも知られるようになった。抗日戦争が終わるまでに、フライングタイガーは敵機を2600機撃墜し、
積載量223万トン相当の船舶、軍艦44隻、100トン以下の内陸河川の船1万3000隻を撃沈するかあるいは大破させた。
また日本軍将兵6万6700人を撃ち殺した。フライングタイガーの隊員のほとんどは中国政府から賞を授与された。
10余人の飛行士はアメリカ、イギリス政府から飛行十字勲章を授与された。
ここ20年来、生き残りの元フライングタイガーの隊員たちはしばしば中国を訪れ、困難や危険にめげず飛行機の
残骸や戦友の遺骨を探すことに取り組んでいる。
http://japanese.china.org.cn/japanese/170095.htm

482 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 21:55:50.07 ID:A0ht9xL2
昭和の戦記講談ばかり読んでた人は
明野が重戦教育一辺倒だった時期を知らないのだろうね

483 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 21:58:35.32 ID:TjyTL5hj
>>481
日本は頑張りすぎたんだよ
蒋介石は日本の兵学校で学んでた時に日本が欧米機を買いながら独自で開発を行って
自力で欧米並みの航空機を作るのを見てしまった

日本の国策でまず有色人種を見下げる欧米に力を認めさせようとやっきになってたからだが
蒋介石は日本人にできるなら中国人にもできると勘違いしてしまった
戻った蒋介石は米軍より早く空軍を創設して輸入機の組立工場を作り日本は欧米機と戦う羽目になった

当の欧米はそんな日本の苦労を知らず中国人は武器を買うのに日本人は買わないからと中国人にテコ入れ
日本軍に惨敗の蒋介石軍の不甲斐なさを見たドイツは日本に乗り換え、アメリカは航空機の売り上げに響くと
アメリカ人のパイロットを送り込んだのがフライングタイガース

フライングタイガースはスコアで賞金が出たので戦果の水増ししまくりでホライングタイガースと呼ばれ
本国に送った零戦の情報も米軍情報部に一笑に付される有様だった

484 :名無し三等兵:2017/02/05(日) 23:57:53.59 ID:cRBQGCim
ホライングタイガースって誰が呼んでたんだ?

485 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 00:38:28.85 ID:YZKuKeKA
疾風は
結局、台湾沖航空戦〜レイテ位までしか
大量運用できてない、この辺であらかたすり潰されて
以後は陸海軍の航空機は出涸らし状態

台湾沖航空戦ではほぼ戦果なし
空戦撃墜確実は3式戦のみ

台湾沖航空戦の3日で1000機の作戦機は
レイテが始まる頃にはわずか稼働機は300機ま一方的に減っている
これも絵に描いたような航空殲滅戦でやられている

疾風はレイテでも護衛していた99双軽が、FM-2相手に全滅させられたりと
こちらでも戦果はイマイチなまま

486 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 00:40:57.42 ID:YZKuKeKA
>>468
4式戦は運動性は悪いよ
翼の剛性が無いから、重舵にして対応だから
曲がらなくてして翼の剛性が悪いのをごまかしてるだけ

487 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:01:03.56 ID:9B3LAspY
妄想猛々しく中身皆無

中華民国空軍
最初はアメリカからの指導を受けて発足
そのあと、中独合作でドイツから、第二次国共合作宣言後の中ソ不可侵条約でソ連から、それぞれ指導・機材を得て、満州事変くらいから日中戦争の前半まで推移した
しかし、中ソ不可侵条約を結んだことでヒトラーが態度を硬化させ、しかも日独伊防共協定の締結によって、日本のみならずイタリアからも中国から手を引くように言われたヒトラーは、
1938年に陸軍の反対を押し切ってドイツ顧問団・通商団の引き上げ命令を下した
それに慌てふためいた蒋介石は奥さんパイプを使ってなんとかアメリカから援助を引き出すことに成功し、フライングタイガースを派遣
あまりにも撃墜数が多すぎるため、情報部が調べたところ、本当に水増ししていたことが発覚し、以後「法螺話」として報告はほとんどのアメリカ人に無視された

488 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:09:25.16 ID:MWVDKg1v
大陸打通作戦はヨーロッパの戦いにも影響を及ぼしたとのことだ、スゲェよ帝国陸軍!

 ペンタゴンの軍首脳者たちの考えは、総体的に、シェンノートの航空作戦計画、およびそれを
支えるための大量補給の努力は、アメリカの兵力、資材の浪費であって、ほかの地域の作戦を
妨害するものであるということに一致していた。
 シェンノートの方針は、中国において実効をあげず、ヨーロッパでの活動に制約をあたえていた。
 それは、飛行機やそのほかの装備品を、イタリアから中国に補給がえをしたためである。
 この見解は、一九四四年七月四日にルーズベルト大統領に提出された、中国の危機に関する
統合参謀本部の公式報告に記述された。
 この公式報告は、シェンノートの作戦原理に反論していて、第二次大戦中に発行された
文書のなかでも、一番おかしな内容の文書であった。
http://ktymtskz.my.coocan.jp/J/aircraft/chaina8.htm

489 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:13:17.03 ID:MWVDKg1v
>>483
>当の欧米はそんな日本の苦労を知らず中国人は武器を買うのに日本人は買わないからと中国人にテコ入れ

日本が危険視すべきは、「ドイツシステム」が中国との接近の道を今後ますます模索するだろう
ということだ。 トッド氏によれば、ヒトラーも1930年代、中国か日本かで揺れ、蒋介石の軍に資金を注入し、
教練を行っていた。 現代では、事実上、他ならぬドイツこそが「ウクライナ問題」を引き起こし、
日本にとって極めて重要 だったロシアとの接近を寸断した。
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160206/1563797.html

490 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:15:55.81 ID:MWVDKg1v
>>483
>当の欧米はそんな日本の苦労を知らず中国人は武器を買うのに日本人は買わないからと中国人にテコ入れ

 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。
<ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著 >

491 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:19:05.03 ID:MWVDKg1v
>>448
>沖縄戦では速度590km、上昇限度8000m程度まで低下した戦隊もあって

九州から飛び立って沖縄まで行けたってのは凄くね? その多くは特攻または特攻支援だとしても。

492 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:24:16.11 ID:7x+0vZ5f
>>491
沖縄まで行けたのは対地銃撃任務だよ
特攻護衛では徳之島で折り返している

493 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:31:05.44 ID:Cz408651
>>492
徳之島は米軍に攻略されなかったの? あるいは出来なかったの?

494 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:35:03.52 ID:vjELKjJM
疾風を特攻に使うなんてもったいないとは思うけどそんなことすら考えられない機知外上層部ばかりだったんだろうな、こりゃ負けるべくして負けるわ

495 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:36:13.14 ID:7x+0vZ5f
>>493
占領はされていません
不時着基地または中継基地になっていました

496 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:38:29.76 ID:Cz408651
>>495
>不時着基地または中継基地になっていました

基地機能あったんか? よく破壊されずに残ってたものだな。

497 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:41:05.27 ID:7x+0vZ5f
>>494
無闇に投入したわけではなく
司偵・4式重とともに、高速性を生かして対機動部隊特攻に用いられていました

その指針を記したガイドラインも残っています

498 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:42:40.31 ID:bluSBPzl
>>494みたいに調べもせずにいい加減なこと言ってる方がキチガイだわな

499 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:43:14.41 ID:7x+0vZ5f
>>496
もちろん鬼界ヶ島とともに米軍の航空制圧下にあったので大変ではあったようです

500 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:46:13.49 ID:7x+0vZ5f
念のため補足しますと

>>492
>沖縄まで行けたのは対地銃撃任務だよ
>特攻護衛では徳之島で折り返している

折り返しというのは着陸・再発進するわけではなく、ずっと空中にあって徳之島付近で折り返す、という意味です

501 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 01:46:59.69 ID:zKbDU5OA
考えてみると芙蓉部隊とか彗星で沖縄まで行ってるんだな

502 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 03:25:11.55 ID:cUrUjuwE
かなり燃料ギリギリだったらしいがな
沖縄まで2時間半で到達できなかったら帰って来い、だったか

四式戦の沖縄飛行場銃撃は全機未帰還だったとおもう

503 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 04:45:04.69 ID:Cz408651
>>500
>ずっと空中にあって徳之島付近で折り返す

撃墜されないのか?

504 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 09:29:11.27 ID:W1cttBhF
>>482
陸軍の航空行政は力及ばずな部分が多いけど、考え方自体はまともだよ
それだけ中島におんぶにだっこだったということでもあるけど
一歩一歩着実に前に進んでるし、ある意味海軍よりよほど欧米に近い場所にいた

505 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 09:41:12.24 ID:gwY+rjee
奄美は伊江島から飛来する米軍機に毎日爆撃されたし米機動部隊の迎撃機の進出点に近いんで
周辺でよく空戦が起きた
足の短い戦闘機はこの辺りで戦闘したらすぐ引き返さないと本土まで戻れない

506 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 10:34:37.77 ID:gDYB1wXZ
>>485
疾風を擁護すると戦史叢書によれば関東防空戦で艦爆をボコったらしいし中国戦線ではP-40Nもよく撃墜してるから局地的運用でそれなりの相手なら相応の活躍してるそうだ

507 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 11:06:40.29 ID:PL68kky0
結局川崎の軍用機って実績ゼロなんじゃない?
作れば作るほど駄作機ばかりじゃ資源の無駄だったな

508 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 11:41:56.51 ID:GAU0amyi
>>486
妄想が耳から漏れてるぞ、包帯でも巻いとけ

509 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 11:42:15.60 ID:gDYB1wXZ
にわかかな

510 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 12:02:36.33 ID:eSd9yD8F
三式戦は紫電改なみの少数生産で本土やボルネオ防空専用なら傑作機として後世に伝えられただろ

511 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 12:12:11.17 ID:W1cttBhF
500機もいないのに評判がアレな雷電さんの気持ちも考えてください!

512 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 12:26:30.70 ID:eSd9yD8F
雷電さんは昔やってたよ近代的な仕事をね

513 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 12:32:55.92 ID:hxl4kC4b
>>506
艦爆に勝てない戦闘機ってなんだよ。中国も陸軍戦闘隊撃墜戦記によると疾風もよくと言えるほど、落としてねえぞ
戦果報告は過大になるのは常識だろ

514 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 13:14:59.79 ID:fs9lizku
506には「艦爆をボコった」と書いてあるように見えるが

疾風擁護と最初に書いてあるし、はて?

515 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 13:27:11.45 ID:zKbDU5OA
艦爆に勝っても自慢にならんと言いたいんじゃないかな

516 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 13:35:29.44 ID:eSd9yD8F
F6Fは一時間も彗星艦爆を追い回して落とせなかったというのにおまp

517 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 14:44:35.47 ID:QZjJvzmz
煙を吐いて急降下する米軍機を
撃墜と誤認するのも愛嬌だよ

518 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 15:58:15.18 ID:MqZqdp6z
台湾沖航空戦で疾風の評価

飛行第11戦隊附四至本廣之丞大尉の回想

「グラマンF6Fの性能は、わが四式戦(キ八四)より優秀であり、
 特にスピード、上昇、出足において優れていた。
 艦爆は四式戦の良い目標であった。」

(戦史叢書「沖縄・台湾・硫黄島方面 陸軍航空作戦」)

519 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 16:29:38.12 ID:eSd9yD8F
当時の加速ポンプ付きエンジンはいきなり全開すると米軍機に限らず黒煙吹く
だからビックリアタックされると黒煙噴きながら急降下するが全開で戦闘中なら必ず噴くとは限らない

520 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 17:07:12.57 ID:bluSBPzl
>518
オスプレイ本のドーントレス、ヘルダイバー、アベンジャーを読むとまあ日本機は米艦爆、艦攻を落としてないんだよね
日本側の撃墜報告はほとんど誤認で

521 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 17:32:52.68 ID:eSd9yD8F
米軍の被害報告じゃ相当落とされてるのに変な話だな

522 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 17:40:07.96 ID:bluSBPzl
>>521
対空砲火って落ち

523 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 17:48:15.00 ID:gwY+rjee
ミッドウェーで日本空母に爆弾命中させたドーントレスは47機中14機が落とされてるけど
そんなに凄い対空砲火だったのか!

524 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 18:16:54.60 ID:bluSBPzl
F4Fがほとんどいないおかげで直掩の零戦が活躍できた唯一の例ともいえるミッドウェー海戦かあw
どうせミッドウェーの例を上げるなら壊滅したアベンジャーやデバステーターの例もあげれば?

ま、日本が優勢な短い時期の例外を挙げても>>520の反証にはならないがw

525 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 18:34:00.48 ID:gwY+rjee
F4Fが居ないとか零戦落としてドヤ顔のサッチさんdisるのもいい加減に汁(笑

526 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 18:51:27.59 ID:Ei5mZe2e
落ちたが落とされた訳ではない…
というのが多いな
落とされたことにしたほうがお互いにいいからな

527 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 18:56:45.86 ID:bluSBPzl
>>525
「ほとんど」という日本語が読めない人はレスしなくていいよw

>>523で落とされたSBDのうち、もっとも損害が大きかったマクラスキー隊は護衛のF4Fがいなかったおかげで
爆撃後に零戦に散々やられた(32機中エンタープライズに帰還できたのは16機)と報告しているんだから

528 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:04:33.83 ID:bluSBPzl
極端な例だけあげてドヤ顔してるID:gwY+rjeeみたいな無知には以下の数字をだしておこう

SB2Cの22ヶ月(43〜45年)に及ぶ太平洋における戦闘での出撃回数18808回
戦後集計された公式統計では対空砲火での損失271機、敵機による損失18機

敵機に撃墜された機体は本当に数えるほどしかない

529 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:10:17.51 ID:e2e1sykj
ジャンボリー作戦もそうだけど、煙吐いて逃げる日本軍機を同様に米軍も誤認しちゃってるんだよね。あちらはガンカメラの戦果確認という厳しい基準があるんだけど、パイロットの視点で見ている限りは一緒。地上からの戦果確認が無いからね。
って事で損傷を与えても逃げられるのが航空戦では問題だったんだから重武装の戦闘機は必要だったわけだ。疾風は米軍機の様に主翼6丁にしてホ-5を積んじまえば良かったんだよ。あと機首にも。
8門のホ-5で弾幕張れば良かった。
三式戦も機首と主翼とモーターカノンにホ-5を積んで5門体制に出来た筈だがプロペラが作れねえのとホ-5の機関部が大きくなってしまったという技術面での不足があった。

530 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:13:18.57 ID:gwY+rjee
>>527
ほとんど居ないなんてのが嘘だから仕方ない
珊瑚海海戦のがずっとF4Fが少なくてSBDを防空に駆り出して零戦にバタバタ落とされてるぞ
レキシントン上空で零戦18機とF4F8機とSBD16機が空中戦してF4F全機とSBD機が撃墜されて
零戦の被撃墜1と帰還後不時着6

空中戦で落とされてないとか何を見て言ってるんだか…

531 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:13:55.57 ID:e2e1sykj
どうせ日本軍機は一番鈍重な三式や四式でさえ欧米から見りゃ中身スカスカだったんだ。若年パイロットが多いんだから、もっと武装をてんこ盛りにして頭真っ白にして引き金引きながら突っ込むだけで良かったんだよ。

532 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:14:54.54 ID:gwY+rjee
肝心の数字が抜けた(笑
SBD機が15機落とされてね

533 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:24:30.05 ID:GAU0amyi
>>529
銃の供給が間に合わん上に重量過大でせっかくの重武装を使う機会もない哀れな戦闘機しか見えん

534 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:29:49.06 ID:Ei5mZe2e
雷電以降の20x4って重武装じゃねーの?

535 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:30:56.89 ID:e2e1sykj
>>533
落ちるのは得意になるからむしろ敵機を捕捉しやすいだろう
F6Fの空戦損失270機に対してその他885機ってのは被弾させはしたが取り逃がしている事を表す
必要なのは必ず、そして一撃で撃墜出来る戦闘機

536 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 19:55:21.31 ID:VOSc20Rs
射撃可能時間は1〜2秒だぞ
弾幕張る方が効果的

537 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 20:15:02.37 ID:gwY+rjee
弾幕っていうか敵機の進路に連射して敵機が飛び込んでくるのを待つのが見越し射撃
真後ろから撃ってもある程度の見越し角を考えないと当たらないのが普通

538 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 21:48:22.22 ID:YZKuKeKA
四式戦の運動性能

・舵が重くて操縦桿を最大まで引けないので格闘戦も向かない
・急降下で機首が浮いてしまって押さえつけれず、銃口が向けれないので一撃離脱もできない
・翼の剛性がないのでロールも悪い
・急降下で逃げる敵には、重舵のせいで引き起こしで負ける
・それほど重くないので急降下も負ける。
・対重爆に使うには高高度性能が足りない

実際に米軍側の未帰還機と照らし合わせると、ほとんど撃墜できてない。
護衛してた味方もほとんどやられる。

539 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 22:19:26.29 ID:B35GOF1c
一撃離脱に使える様な剛性を持つ飛行機ではないが、米軍レポートによれば横転性能と旋回性能は零戦五二型に僅かに劣る、とある。
どっちかというと軽戦よりなんだろうな。
五二型の横転性能は雷電や鍾馗に次いで日本機としてはかなり良い部類だと思うから疾風も及第点といったところでは。

540 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 22:24:28.41 ID:B35GOF1c
操縦に要する力はP-51より軽いとされているのでその時のメリケンや黒江みたいな腕っ節のある奴とかが使えば零戦より僅かに劣る程度の格闘性能発揮出来た
零戦より僅かに劣るという事は高速ではあんまり激しく機動したり急降下したりという事はせず高速爆撃機に対して優速攻撃でケツから追いかける考えなのだろうな。

541 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 22:54:40.32 ID:bluSBPzl
>>530
>ほとんど居ないなんてのが嘘だから仕方ない

で、そのウソだという証拠を出せないアホなキミは何がしたいんだ?
>>527で書いたとおり、「ほとんどいない」証拠をこちらは出したのにキミは何も出せないわけだ。
>>524の反証にもなっていないし。

>>518で44年の台湾沖航空戦の話をしているのに
42年の海戦を出してドヤ顔とか頭がおかしいとしか思えないんだが・・・

542 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 23:04:53.82 ID:bluSBPzl
>>530>>532
戦前の運用思想のまま、南太平洋海戦でも防空に使った結果、損害続出で以後ドーントレスは防空に使われなくなったわな

で、何時誰が防空任務のドーントレスの話をしたんだ?見当違いの例を出されても意味がないんだが。
>>518の四式戦が戦った艦爆が「防空用」だったとでも妄想してんのか?
話の流れが読めない人間ってホントにいるんだなぁ

543 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 23:19:59.51 ID:mnZ/Zj7D
一番いい戦闘機、いいって意味は難しいけど1式戦3型だろうね。
楽なんだ、総合的に。パイロットで言えば感覚的には1式戦だろうな。
4式戦は馬力が足りなかったな。だから上昇力が足りない、旋回性にちょっと問題がある、感じとして「重い」んだよね。
(航空審査部 黒江保彦少佐)

544 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 23:36:28.82 ID:YZKuKeKA
>>542

防空?なんだそれSBDはそんな任務ついてないだろ?
scoutの事か?
何処の仮想戦記だか知らんが、scout任務のSBDはscoutの狙いどおり
南太平洋海戦では瑞鳳に初弾を与えて無事立派な戦果をあげでいてる。

At 06:45, a U.S. scout aircraft sighted the carriers of Nagumo's main body.
[33] At 06:58, a Japanese scout aircraft reported the location of Hornet's task force.
[34] Both sides raced to be the first to attack the other.
The Japanese were first to get their strike force launched, with 64 aircraft,
including 21 Aichi D3A2 dive bombers, 20 Nakajima B5N2 torpedo bombers,
21 A6M3 Zero fighters, and two Nakajima B5N2 command and control aircraft on the way towards Hornet by 07:40.
[35] Also at 07:40, two U.S. SBD-3 Dauntless scout aircraft, responding to the earlier sighting of the Japanese carriers, arrived and dove on Zuih?.
With the Japanese combat air patrol (CAP) busy chasing other U.S. scout aircraft away,
the two U.S. aircraft were able to hit Zuih? with both their 500-pound bombs,
causing heavy damage and preventing the carrier's flight deck from being able to land aircraft.[34]

545 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 23:40:34.90 ID:siyfagZz
いかにもwikiからコピってきましたという

546 :名無し三等兵:2017/02/06(月) 23:50:23.12 ID:YZKuKeKA
>>539
52型の横転性能と旋回性能は
FM-2に劣るから
連合軍で横転性能ワーストになるグラマン機に負けるようだと
連合軍機全てに劣る

>>540
重舵にしたのは翼の剛性がないからで
万一、無理に曲げたら単に翼が分解するだけ
翼がもげるから、重舵にして対処しただけ
順番が逆な

547 :ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j :2017/02/07(火) 00:02:26.10 ID:pUPCIgJe
剛性と言いたいのか強度と言いたいのかどっちなんだろう。

548 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:05:33.17 ID:Dr/RVEYB
六式戦でも妄想しよう

549 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:09:25.97 ID:VlW+xGFP
>>546
FM-2は中低速ならP-51より横転が良いけどな?

550 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:14:58.87 ID:VlW+xGFP
零戦五二型はIAS220マイル以下ならP-51より僅かに横転性能勝るとされている。
そこから推察するに疾風もまたかつての格闘戦の名残があった機体なんだろう。

551 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:21:35.57 ID:re/5LSMI
>>548
火龍「・・・」

552 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:23:36.72 ID:TtZo7xx9
>>550
FM-2が出るような頃になると
大量の鹵獲零戦で模擬空戦してから
来てるので、FM-2のパイロットでも零戦に対して
有功な速度域と戦い方を身を持って体験して来てるので
そのような速度域で戦闘が起こることは基本的にはない

よって中低空、中低速での戦闘は起きないので
考えなくていい

零戦はレイテでFM-2に得意の格闘戦の
縦のループ機動で負け
全ての面で完敗している

553 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:28:43.17 ID:VlW+xGFP
>>546
四式ならマニュアル上は+7G耐える筈だが。ひ弱な零戦でさえフラッタこそあれど旋回中に桁が負けて折れる事件はなかったから大丈夫だろう。

554 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:30:07.33 ID:ZtuORdmQ
キ84マニュアル持ってる人また来ないかなあ
教えて欲しいことがあって

555 :ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j :2017/02/07(火) 00:40:32.71 ID:pUPCIgJe
>大量の鹵獲零戦で模擬空戦してから

米軍そんな事してたっけ?

>よって中低空、中低速での戦闘は起きないので
>考えなくていい

それって米海軍の公式見解か何か?

556 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 00:46:29.52 ID:uazPsym6
源田の剣とか読むと中低空中低速の戦闘よくある印象だけど

そういう時米軍機は交差機動と水メタ噴射で切り返してる

557 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 01:56:57.58 ID:unmxxm3d
>>553
零戦はひ弱どころか旋回なら+12Gまで耐える
最大1トン近いガソリンがほとんど主翼にあるんで重量負担が軽くて一体構造の翼と
超々ジュラルミンの主桁のおかげで片持ち翼胴体タンクの米軍機より遥かに強い

558 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 03:52:58.93 ID:B8CRl+iB
陸軍の撃墜戦果って基本的に「海面/陸地に落ちたのを他者が見た」のが条件じゃなかったっけ
B-29でも陸地に落とさないと確実にしてもらえなかった、とかなんとかどっかで読んだぞ

559 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 07:53:18.28 ID:2rAvxzoJ
>>557
急降下制限速度がアレだとばれて以降、F4Fにずいぶんと舐められてるけどな

560 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 09:13:03.76 ID:AY4i8CvY
エンジン馬力がほとんどない。でも高性能機を作れ
※重量・馬力については諸説あるものの一つを記載
ソ連→小型機Yak-7最大離陸2935kg/1050HPやYak-9最大離陸3117kg/1110HP
日本陸軍空冷→軽量機キ43を軽量のまま(IIIで満載2725kg/1300HP)
イタリー→どうにか作るけど、改良は高馬力エンジンを探してきてねMC.200最大離陸2395kg/870HP
米海軍→軽量機FM-2最大離陸3752kg/1350HP (F4F-4が最大離陸3974kg/1200HP)

日本海軍→軽量機零戦を重武装にして相対的性能低下
 21型全備2421kg/940HP→52型丙全備2955kg/1130HP

日本陸軍水冷(キ61)→迷走のあげく空冷化
 1型乙全備3130kg/1175HP→2型全備3825kg/1500HP→空冷キ100全備3495kg/1500HP

マーリンの魔法(P-51)
 A型運用3084kg/1330HP→D型輸送時最大離陸5262kg(運用3363kg)/1590HP

561 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 09:33:53.70 ID:unmxxm3d
>>559
そんな事実は無いぞ
鹵獲零戦でターミナルダイブのテストはしてないし米軍の報告でも限界速度は示されてない
日本側の運用制限を知ってたなら報告書に書いてあるはずだけどそれも無い

一定の速度を超えるとロール性能が逆転するのが分かっただけでF4Fは降下加速が優れてるわけでもない
上昇力も速度も旋回性能も負けてるのにブレイクに成功する方法が分かっただけで舐めプとか無理

562 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 09:37:35.05 ID:GCxW9bBw
二式 燃料がすぐなくなる
三式 連合軍パイロットに出会ったらラッキーとまで言われた
四式 エンジンが出力詐欺

一式と五式しか使えるのないな。一式の3型が一番だという評価もわかる

563 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:03:13.45 ID:agacZ6mI
五式戦についての思い出  梼原秀見   手塚博文著『最後の一機』より(原文のまま)

 第三十戦闘飛行集団参謀から明野教導飛行師団司令部付となった私に対し、
 航空総監部から「比島作戦の戦訓を全戦闘隊に普及教育せよ」との命令があり、約二ヶ月あちこち回って四月一日明野に帰りました。

 丁度そのとき坂井庵少佐が五式戦をもってきておリ、乗ってみてくれとのことで早速操縦してみました。
 すると各舵の調和がとれて効きがよく、発動機の操作も隼と殆ど同じ、特に発動機の信頼性が高いので実戦むきだし、よい飛行機だと思いました。

 実戦性能をみたいと五四期の一人に四式戦に乗ってもらって単機戦闘をやりました。
 高位戦は勿論問題はなく、低位からでも四式戦には殆ど有効な攻撃をかけさせないですぐ反撃出来ました。
 そこで四式戦三機編隊と単機で戦闘をやりましたが、高位から終始有利な域闘が出来ましたし、
 低位でもだんだん態勢を挽回してゆけるので、すっかりほれこんでしまったのです。

 常陸に赴任の途中、航空本部の小森田親玄課長(三四期)と面接し、明野でやった実験を説明し、
「五式戦一機は四式戦三機以上の価値があるので、即刻五式戦の生産に全力を集中して下さい。四式戦では今の戦勢を挽回することは至難です」
 といったら、課長から

「梼原何をいうか、四式戦は大量生産に入ってどんどん出来ておる。五式戦は中京地区の工場の状態から今すぐ沢山は出来ない。
 君のような戦闘機のオーソリティが四式戦は駄目だなどと言えば、四式戦部隊の士気に大きく影響する。
 今後四式戦の悪口など言ったら即刻馘 くびきり だぞ」と叱られたことがあった。

564 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:04:06.55 ID:aG6BCyEm
  || ̄ ̄ ̄ ̄|
  || //     |
  || ∧_∧ |
  || <#`Д´ |
  ||__∧_∧_|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   <     >  < 52型の横転性能と旋回性能は
   .(  O  )    | FM-2に劣るから
    .u―u'     \____________

565 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:04:38.90 ID:agacZ6mI
四式戦は補助翼が重く、舵のバランスがとれておらず、又発動機の取扱いが複雑で故障が多く出足も悪いので、
 これから若い操縦者に乗りこなして戦力を発揮してもらうには不適当だと判断していました。

 前年(昭和十九年)夏、飛行実験部の今川一策大佐(二八期)が水戸にこられ、
 「梼原、四式戦をどう思うか」ときかれたので、感じたままを言うと
 「四式戦にかわるもっとすぐれた戦闘機をつくらん事にはこの戦争は乗りきれん。どうだ、新戦闘機をつくるよう意見具申せんか」
 とのことに、

「そりゃいい戦闘機は欲しいが、今から設計、試作、審査、大量生産となると戦局に間にあわんでしょう。
 四式戦の改修、性能向上の方がいいのではないですか」
 と返事すると、
「いや、今すぐ中島につくらせれば間に合うのだ」
 との意見を言われたが、私は今川大佐の言葉には余り乗気ではなかった。

 戦後確か昭和二十八年だったと思うが、久し振りに今川少将(昇進しておられた)にお会い出来た。その時に
「梼原、お前が新鋭戦闘機をつくることに反対するから敗けたじゃないか」
 と冗談まじりに不満をのべられた。

 五式戦は今川少将や私達の気持を察してか、駄目な三式戦の水冷発動機の代りに、
 その機体に星型空冷発動機をとりつけた苦肉の策であったが、ほんとに思わぬ拾い物をしたような戦闘機であった。

 グラマンと一度空戦をやってみたいと思っていたが、その機会に恵まれなかった。
 若しオクタン価九五若しくはそれ以上のよい燃料を使ったら、P51とでもよい戦闘が出来ただろうと思われる次第です。

566 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:11:08.90 ID:aG6BCyEm
>>562
実績のない五式を三式を除く陸軍単座戦闘機より高評価とか火葬戦記厨ですか?
こうなるはずニダの朝鮮人と同じ発想なんだが

567 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:13:09.12 ID:ER+o27wj
>>562
>一式と五式しか使えるのないな。一式の3型が一番だという評価もわかる

日本人の多くはきちんとした初等教育を受けていたが、中国人は文盲ばかりだった。
中国人の男女は道端でも平気でセックスをするが子育ては殆どしないので、ストリートチルドレンが大発生した。
日中戦争とは中国人のストリートチルドレンの大発生の矛先が日本に対する憎しみへと転嫁されて生じたものである。

568 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:23:57.77 ID:GCxW9bBw
>>566
檜大尉がP51を撃墜したり、244戦隊が天皇直々のお褒めの言葉をもらった戦いの時に
使ってた機体の何が実績が無いのかわからない。火葬脳?

569 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:28:01.47 ID:enWZh4bk
丸2014年6月号

一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

小峰文三

570 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:32:05.09 ID:ER+o27wj
>>568
>檜大尉がP51を撃墜したり

戦果はしばしば誤認するもので、戦果よりは出撃と生還が大切だと思うぞ。

 ただ単なる抽象的な「撃墜数」なんてのは、何の意味も持っていやしない。
 繰り返しになるが、我々は攻撃機の護衛が主な任務だった。ルールとしてはこんな感じだよ。
つまり、1機の襲撃機も失わず1機の「メッセル」も落とさないで帰ってくるやつの方が、
3機の「メッセル」を落とす一方でたった1機でも襲撃機を失ってしまうやつよりも上なんだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

終戦時に残っていた陸軍機で、一番多かった機種は何だった?

571 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:43:37.97 ID:M2SK0yzb
>>524
護衛のF4Fが居たにも関わらず攻撃機がボコボコにされたのに日本が優勢な時期だからノーカンw
米軍が圧倒的に優勢な時期の被害を見せて落とされてない(キリッ
馬鹿の見本みたいな奴だなw

572 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:47:37.63 ID:ER+o27wj
>>520
>日本側の撃墜報告はほとんど誤認で

ところで太平洋戦線でアメリカは27,000機もの航空機を失ったって知ってるか?
欧州戦では未生還機に修理不能損傷機(damaged beyond repair)を加えても18,000機なのに対し。

事故機や地上破壊を除いても、皇軍は米軍機を8700機を撃墜している!

Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
British planes were lost or damaged beyond repair.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

573 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:48:45.68 ID:M2SK0yzb
>>552
また飛行機の飛び方知らないシナチョンかw
妄想書くのはチラシの上にしておかないから要らん恥をかくんだよ

FM-2は一段過給器で高高度性能も零戦よりずっと劣るの知らんとかw

574 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 10:54:39.65 ID:aG6BCyEm
>>568
一度や二度の事を過大に評価するから火葬厨なんだよ
鍍金が剥げる時間がなかっただけだし、何よりも一定数揃えて戦力化さえ出来ていない
五式は三式という廃物のリサイクルとさえ言えない苦肉の物でしかない
主翼の過強度による重量過多を解っていながら軍に隠匿し煮ても焼いても食えない詐欺の産物

575 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:06:33.44 ID:ER+o27wj
>>573
日本海軍は1943年11月までオーストラリア空襲してるのに、零戦がスピットやF4Fに負けるなんてありえんよなw
>>311

576 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:07:36.36 ID:M2SK0yzb
>>574
アホだろ日本機にしては重いだけで欧米機から見ればまだ軽量
むしろ耐G強度で欧米機に勝ってる上に機動時のロスも少なく近代的エネルギー戦で
超優秀なのが三式戦

577 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:08:58.12 ID:ER+o27wj
>>562
競合多機種の陸軍機で、性能の悪い機種が終戦まで生産されるなんて有り得んだろう?

578 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:15:33.95 ID:ER+o27wj
過去の中国指導者はドイツ訪問期間、主に産業施設を視察した。ある外交消息筋はロイターに対し、「過去ドイツを訪問
した中国最高指導者のうちに第2次世界大戦犠牲者関連施設を訪問した前例はないと把握している」とし「習主席が
“日中歴史戦争”に飛び込もうとしている」と述べた。第2次世界大戦戦犯を合祀した靖国神社と対照的な場所を訪問し、
日本とドイツの違いを浮き彫りにしようという狙いだった。
http://japanese.joins.com/article/545/182545.html

>第2次世界大戦戦犯を合祀した靖国神社と対照的な場所を訪問し、日本とドイツの違いを浮き彫りにしようという狙いだった。

【韓国の反応】ドイツの外交官「ドイツは、中国が第2次大戦と関連して、
継続的に日本とドイツを比較することを好まない」と不快を表明
http://oboega.blog.jp/archives/37477726.html

>行くのを不許可にするというのはどういうことだ。
>観光客も訪れる場所なのに、国家主席が訪問することを許さないなんて…
>日本の顔色をうかがってるといわれても、何も言い返せないだろう…

 史上最良といわれた独露関係の風向きが、人権重視のメルケル独新政権の登場によって変わりつつある。 ロシア外務省は三月末、
ベルリンにある旧ソ連軍記念碑が何者かに冒涜されたとしてドイツに抗議する声明を出し、
「前例のない破損行為で正当化できない」と批判した。この記念碑はこれまでも何者かにペンキを塗られたことがしばしばあったが、
ロシアが抗議声明を出すのは異例のことだ。 メルケル首相は一月中旬に初めて訪露した際に、
ドイツ大使館に人権活動家らを招き、「ロシアの強権的政治体制を憂慮している」と述べ、
連帯を表明した。さらに首脳会談後の共同会見でも、チェチェンでの人権弾圧を批判し、隣にいるプーチン大統領を刺激した。
http://www.fsight.jp/2620

579 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:17:34.65 ID:ER+o27wj
>第2次世界大戦戦犯を合祀した靖国神社と対照的な場所を訪問し、日本とドイツの違いを浮き彫りにしようという狙いだった。

それで、何が浮き彫りになったのだろうか?

>ベルリンにある旧ソ連軍記念碑

580 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:17:52.51 ID:AY4i8CvY
全ては軍部も含む行政の発動機に関する認識不足
それ以上に中島発動機部門が1920年代の認識で限界すれすれの発動機しか製作しなかったのもあるが

581 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:21:41.34 ID:ER+o27wj
>>580
>全ては軍部も含む行政の発動機に関する認識不足

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

582 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:24:30.03 ID:ER+o27wj
>>580
>全ては軍部も含む行政の発動機に関する認識不足

日本は戦争中彼らの航空機の品質を改善し、航空機エンジンの推力を多いに増加して、最終的に火力で
アメリカ戦闘機を上回り、終戦時、設計と実験段階で第一級の航空機を持っていた。しかしながら、航続距離、
性能、耐久性を増した信頼できる航空機の大量生産でアメリカに匹敵する広範囲な技術と工業的熟練に欠けていた。

The Japanese improved the quality of their planes during the war, greatly increased the power of their aircraft engines,
ultimately exceeded United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design and experimental
stage at the end of the war. They lacked, however, the widespread technical and industrial skill to match the United
States in quantity production of reliable planes with increased range, performance and durability.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

583 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:26:09.97 ID:ER+o27wj
>>580
>全ては軍部も含む行政の発動機に関する認識不足

日本軍とドイツ軍、ここが違う!

1 ドイツ軍はスラヴ人を大量虐殺したが、スラヴ人は断固反撃してファシストドイツを粉砕した。
2 日本軍はチンピラゴロツキを懲らしめるために出征し、チンピラゴロツキは小便ちびって逃げ回った。
3 チンピラゴロツキは逃げ回った恥を隠す為に、極悪な日本軍に虐殺されたと騒ぎ出した。

584 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 11:27:16.40 ID:M2SK0yzb
>>580
中島の誉は対米開戦前からハイオク前提で開発されてるのは周知の事実なのに
AVGASが高オクタンになる前の1920年代の認識でエンジンを作ってたとかw

トンだ無知を晒したもんだなw

585 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 12:32:13.77 ID:AY4i8CvY
>>584
その高オクタン(ハイオク)ガソリンはどこから輸入していたんだ
当時、ハイオクガソリンは接触分解法でしか得られず、
そうしなくても90台のオクタン価ガソリンが生成できる原油の油田がアメリカ国内にあった
当然中島の社長は海軍士官として1916年までおり、海軍大学校も専科学生で卒業もしているので、
ロシア艦隊を打ち破った後の帝国海軍の敵となるのは、アメリカしかないのは知ってのとおり

でも、中島の発動機部門はそこまでアメリカを意識してなかったのも確かで、ライト社とべったり状態
海軍も海軍で「簡単に燃料問題も片付く」と考えていたフシがあり、
誉の製作にあたって空技廠のバカは設計時に「最高の材料・燃料・潤滑油を使用する前提で作れ」とほざいているが、
2年もしないうちに「100オクタン価ガソリンの供給は無理」と再通告しなおした(悲劇の発動機『誉』より

はい論破

586 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 12:43:38.48 ID:u+tGeMz7
黒江さんはハリケーンは鴨にしていたが
P40には苦戦してんだなぁ

587 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 12:45:04.94 ID:M2SK0yzb
>>585
全然論破になってなくて糞ワロタw
アメリカからハイオクを輸入するつもりだったから開発してないと勘違いしたとでも言いたいのか?w

だいたい海軍がアメリカを仮想敵にしてようが陸軍や中島には関係の無い話
日本はシナで蒋介石の欧米機と戦ってたからハイオク使うエンジンの開発も必要だった

完全論破w

588 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 13:03:08.89 ID:MVjUsmCb
五式は悪い機体じゃないが中島を憎んでも別に五式がよくなるわけじゃない件
しまいに「補助翼が重かった」との回想や「突っ込みすぎないようにした」との談話から
「うんどうせいが、れつあくなんだもん!!」にまで妄想が膨らむと単なるビョーキ

589 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 13:03:55.31 ID:MVjUsmCb
回想を持ち出していいなら四式には「あれは重戦だが軽戦のやりかたもできたんです」「上空でも楽」「火力は十分だった」
などの想い出もあるわけで

590 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 13:11:09.01 ID:AY4i8CvY
あのー、誉は海軍との共同開発って知っている?(爆笑)
あのー、のちの四式戦となる二式単戦の発展型としての万能戦闘機の試作命令には、エンジンの指定はなかったんだけど(核爆)

これほどまでの糞かまってちゃんはなかなかいない

591 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 13:17:23.01 ID:M2SK0yzb
>>590
蒋介石と対峙してた上海をはじめ中部シナは海軍が警備してた
上海事変でも陸上に飛行場を持たない日本は艦載水上機や空母でシナ人の乗る欧米機と戦った
当然海軍機にハイオク仕様が求められるのは当然

完全論破w

592 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 14:01:56.32 ID:yt9BCx+U
桁を細くしろって言ったのはテスパイの発言で、その意見に沿って主翼の強度を落とした
という事実は無いよ。実際、四式戦は高い強度と剛性を持っていて、強度不足を原因とした
分解事故は起こしていない。

補助翼が重いと言うのは昇降舵の間違いだと思う、「昇降舵、方向舵は重く補助翼は軽い」
「ロールは実にスムーズ」などの発言がある。

いい加減断片的な言葉を寄せ集めてでっち上げするのはやめたら?
だから五式厨は嫌われんだよ。

593 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 14:05:47.05 ID:pal6852o
>>592
競合多機種の陸軍機で、終戦まで勝ち残ってきたつーのは、それなりの理由があるんだよな。

594 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 14:07:41.45 ID:aG6BCyEm
誉をけなすがその誉以上に劣悪なのがハ-40と140ブーメランが得意とか朝鮮人みたい梁w

595 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 14:08:29.37 ID:aG6BCyEm
>ID:pal6852o
上げバカは朝鮮人の法則w

596 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 14:24:35.02 ID:M2SK0yzb
ID:aG6BCyEmみたいに朝鮮連呼だけする奴もシナチクやろw
中国はチベットを侵略してる韓国は竹島を不法占拠してるって書き込んでみろよw
シナチョンまとめて国外追放汁

597 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 15:10:38.51 ID:AY4i8CvY
>>592 >>593
パイロットの特性に部隊配置場所が合わさって、評価はすべて違う
キ43が良いというパイロットもいれば、キ44が良いというパイロットもいる
全ての機体に乗ったパイロットはいるかもしれないが、それでも内地と外地では違うであろう

プロペラ機はジェット機みたいに一概に数値化できないのがそれを助長している点を考慮しなければ、
糞かまってちゃんのように破れかぶれの自論しか押し付けないバカになってしまうよ

598 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 15:28:21.33 ID:unmxxm3d
>>597
ジェット機もプロペラ機と変わらん個性があるぞ
飛行速度で特性の変化があるだけ

500km/h超えるプロペラ機はジェット機のライセンスが要るんだけど知らん人も多いな

599 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 15:40:44.65 ID:M2SK0yzb
>>597
必死で調べてドヤ顔で披露したのを論破されたら涙目でかげ口とか惨めな奴だなw
客観的事実を認められない奴を馬鹿っていうんだよw

600 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 15:48:36.95 ID:B8CRl+iB
流石に擁護できない
アホすぎる

601 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 16:08:11.91 ID:AY4i8CvY
>>598
特にレシプロエンジン機はプロペラピッチや高度でジェット機とは比べ物にならないほど差が出てしまう
そのため、ジェットエンジンは推力の表記ができるけど、レシプロエンジンは推力の表記ができない

602 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 16:33:21.80 ID:unmxxm3d
>>601
それはレシプロとジェットのエンジン特性の話でジェット機でもプロペラ機と変わらないくらい
個性のある飛行特性があるのは変わらないのよ

同じジェットエンジンでも直線翼と後退翼で全然変わるみたいな

603 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 16:48:17.36 ID:AY4i8CvY
>>602
確かに推力を考慮しない飛行特性ならやる気はしないけど数式化できる

604 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 17:35:33.74 ID:M2SK0yzb
またパンピーが適当な事言い出して草生えるw

605 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 17:39:26.04 ID:lxcKRh4e
草に草生やすな

606 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 18:07:00.14 ID:unmxxm3d
草生やされるほどパンピーじゃないんだけど(苦笑
プロペラ機でも新規に開発ならちゃんと推進力の算出して挙動をシミュレートできるようにする
昔の機体に何億も出してデータ取りしてシミュレーター作る人は居ないと思うけど

607 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 18:41:10.23 ID:eIbAxn8+
>>606
>プロペラ機でも新規に開発ならちゃんと推進力の算出して挙動をシミュレートできるようにする

ティルトローター総合 29 [V-22オスプレイ]
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1481870632/

608 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 18:48:45.29 ID:unmxxm3d
>>607
誘導されても特殊な機体はよくわからん
まさかオスプレイは違うとか言いたいんだろうか?

609 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 19:27:52.92 ID:aG6BCyEm
>>596
チョンが図星突かれて顔真っ赤にして火病発狂なうw

610 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 21:31:37.16 ID:WUXQtJzy
>>606
ターボフロップはレシプロに比べれば簡単
オスプレイも固定翼機モードなら簡単に出よう

611 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 22:09:34.39 ID:unmxxm3d
>>610
レシプロよりターボプロップの推力計算が簡単になる要素が思い当たらないんだけど
オスプレイの水平飛行状態ですら主翼全体がプロペラスリップストリームに入って
凄く面倒くさい計算になる予感…

612 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 23:20:33.97 ID:TtZo7xx9
疾風は元々ロール性能が悪い
1式戦・2式戦とそれほど構造変えずに出したから
ロール性能がウンコなのは確定

アホが当てずっぽうで馬鹿な強度性能を出してるが
単にそれらは操縦系で曲がらないようにしたから折れなかっただけで

零戦は剛性低下式操縦索
4式戦は重舵

高速ではどちらも全然曲がらなくなる

Gに関しては、旋回戦では耐Gスーツの実用化ができなかった日本は4Gで人間が先にギブアップで
連合軍機にまず敵わない

翼がもげるってのは、急降下からの引き起こしのことで
日本機はダイブした後の引き起こしに全くついていけないので
連合軍機は簡単に逃げることができ
疾風も零戦もダイブされたら打つ手がない

逆に後ろにつかれた日本機はロールもダイブもできないので
簡単にやられてしまっている

翼の強度が無い日本機は急降下爆撃もできないので
爆装零戦は全然あたらず
特攻するしか無いとい自体になってしまった

613 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 23:35:36.77 ID:X/OS6dp0
>>612
知識ガバガバだなぁ
疾風の昇降舵は重く補助翼は軽めでよいとのアドバイスを受けてセッティングされてるんだよ
んで、昇降舵重いのは欧米機と同じ発想なんだよ。疾風が舵重過ぎる駄作なら欧米機も同じって事になる。

更に言えば急降下の引き起こしについていけないんじゃなくて急降下そのものが遅いのが理由なんだよ。引き起こす以前に加速しない。引き起こししか見てないお前の理屈だと400ノットの急降下速度を持つ零戦と雷電は一緒のダイブ性能になるだろ。
疾風がクソだとしたら引き起こし出来ないんじゃなくて加速しない事。

614 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 23:37:06.06 ID:Dr/RVEYB
メリケンさんからは四式戦の評判がいいんだっけ
五色戦は存在自体がちゃんと把握されていなかった節もあるけど

615 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 23:57:23.60 ID:unmxxm3d
>>612
前に別のスレで説明した事のある話で概視感が…
剛性低下式操縦索は速度が上がると少しの操作でトンでもなく舵が利いてコントロールが
難しくなるのを防ぐ工夫で現在の航空機には全て応用されてる

フライバイワイヤになってない小型機は当時の同じ伸縮性が大きい金属ワイヤを使ってるけど
動かしてみると分かるけど速度が出ててもある大きく引けばちゃんと大きく動く
もし当時の戦闘機が全速で力いっぱい操縦桿を引いたらどんな機体でも空中分解か失神する

Gスーツも当時のレポートで個人の耐G限界を1〜2G底上げするだけで個人差未満の補助だった
体格の小さい日本人が元々欧米人よりGに強かったと思われるのでアドバンテージとは言えない

爆装で急降下爆撃なんか米軍戦闘機でも無理だしもう滅茶苦茶な主張だな

616 :名無し三等兵:2017/02/07(火) 23:59:47.33 ID:XOWsFtwH
逃げるものは追わない疾風パイロットの心意気

吉沢 黒江保彦さん(元少佐)も述べていたようですが,突っ込みがよくなかったと思いますね。

馬場 加速性が悪いのですか?

吉沢 つまり,突っ込みますと,昇降舵に応えて重くなり, 押さえがきかなくなってしまう。
だから,機首が持ち上がってしまう。

小山 あの時の思想としては,ある程度突っ込んでいったら, 機首が起きるほうがよいと記憶しています。
どんどん突っ込んでいったら,どんなことになるか分からぬ。
そういうことを審査員が心配されたので,意識して「昇降舵は速度を増してくると重くなる」といっていましたよ。

吉沢 敵がどんどん逃げたら,どうしょうもない。

小山 そう,逃げる者は当時としては追わぬ,戦闘機パイロットの思想としては……。

内藤 結局,戦法が変わっちゃったのだから……。」

「知られざる軍用機開発」下巻 中の座談会『キ87高々度戦闘機の思い出』酣燈社より

617 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 00:50:39.17 ID:/rNWISZE
各国の有名戦闘機の急降下制限速度ってそれぞれ何キロだろう?

618 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 02:06:03.94 ID:f/5MySgv
まず疾風は?

619 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 02:39:24.84 ID:6besGeh9
調べてから聞けよ

620 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 03:03:31.76 ID:teIBFhcm
>>614
結局は四式戦の乗り方を解せぬ軽戦至上主義の明野のボンクラが悪いでFAだなw

621 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 07:49:17.57 ID:ctr9+Jns
472 名前:名無し三等兵 [sage] :2017/02/05(日) 19:19:54.44 ID:BLV/kgGa
明野は実は一時期、どちらかというと単機格闘戦に否定的でその訓練の必要なし、編隊空戦のみ実施すべきとしていた
その方針で教育されたのが航士56期乙種学生

482 名前:名無し三等兵 [sage] :2017/02/05(日) 21:55:50.07 ID:A0ht9xL2
昭和の戦記講談ばかり読んでた人は
明野が重戦教育一辺倒だった時期を知らないのだろうね

622 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 10:38:24.66 ID:0l2ZmDVE
>>616
たぶん重い欧米機と同じ速度で引き起こすと先にVa限界超える恐れがあるんで重い操舵にしてた
それでも米軍のテストではまだ米軍機より軽かったそうだから慎重な操縦が必要だったはず

623 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 11:19:32.37 ID:QcHBxCnB
>>618
航空審査部作成の操縦マニュアルによれば
毎時750キロ以下
なお加速度制限は5G以下

もちろん設計上の制限は荷重倍数込みで保安7.0規定12.6です

624 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 12:27:27.22 ID:9wXE/GQ7
欧米の機体のようにロールを軽く、昇降舵を重くするように言ったってのはテスパイが名言しとるな <四式

625 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 13:06:50.67 ID:AagDATa+
>>616の吉沢がテスパイで、小山が設計者だっけ?

626 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 13:18:37.71 ID:0l2ZmDVE
レベルターンなら荷重倍数の目安が分かるけど引き起こしだと勘しかないんで
限界は経験でバックプレッシャーを体得しないと分からないんだよな…

627 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 16:50:48.15 ID:zS8n2Wcb
設計者が何でこんなに人ごとみたいに
そもそも「いっていましたよ」って誰が言っていたんだ?

>>616
>小山 あの時の思想としては,ある程度突っ込んでいったら, 機首が起きるほうがよいと記憶しています。
>どんどん突っ込んでいったら,どんなことになるか分からぬ。
>そういうことを審査員が心配されたので,意識して「昇降舵は速度を増してくると重くなる」といっていましたよ。

628 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 16:56:31.32 ID:6besGeh9
当時の私はそう言っていた、ちう過去進行形ではないかに

629 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 17:05:06.69 ID:dE9potPa
私は意識してその点を強調して説明していた、と読んだ

630 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 19:50:55.49 ID:rLlOiJyL
急降下爆撃ってダイブブレーキで速度落とさないと出来ないんじゃなかったっけ?

631 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 19:56:09.36 ID:rLlOiJyL
>>612
どのくらいの高度からどのくらいの速度で急降下爆撃してると思ってるの?

632 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 20:01:47.00 ID:rge+og+r
戦爆は基本緩降下爆撃だろ

633 :名無し三等兵:2017/02/08(水) 20:04:18.98 ID:0l2ZmDVE
ブレーキ無しで急降下爆撃して加速状態になるとマイナス荷重で凄い機首上げが起きる
押さえ込めるくらいダウントリムにしてると爆弾落とした後でも引き起こせなくなる

だから一定速度で急降下できないと浮き上がって狙いが付かないか爆弾と一緒に自分も突っ込む

634 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 00:06:05.09 ID:em9Uu6Bn
設計者・テスパイ四式戦を語る

馬場
 (前略)4 式戦「疾風」(キ84)では、B-29の邀撃は不可能だったのですか?

吉沢
 キ84 じゃ難しかったでしょうね。

馬場
 戦闘できる高度は?

吉沢
 私の経験では8,000m ぐらいまでです。

馬場
 一般の人はデータをみて、「11,000m まで昇れるのにけしからん」(笑) 。
 もっともな話ですがね。

小山
 試作l時代は念入りに作り、あらゆる点を十分整備してやってますがね、
 マスプロになるとそうはいかなくなる。それに、ただ昇って行くのと、戦闘をするのとでは、大分条件は逃いますよ。
 試作機だって10,000m以上じゃ空戦はできない。

青木
 調布飛行場におったK 隊長の話では、3 式戦「飛燕」 (キ61-1)のほうが、もっとみじめだったらしい。装備品を全部おろし、機銃の弾丸が片銃50発だそうです。そして30分前から昇っている。そんなことをしても攻撃はたった1回。

吉沢
 キ84でも、宇都宮付近で一撃を加えると、第2撃を加えるのは大洗の海岸あたりになる。

(以下略)

635 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 00:07:51.58 ID:em9Uu6Bn
続き

馬場
 「疾風」(キ84) はよい戦闘機と思われますか?

吉沢
 もしも額面通りの馬力が出たら、確かにいい飛行機でしたね。

小山
 エンジンが悪いのか、ガソリンが悪いのか。

吉沢
 エンジンでしょうね。私は2年近く、そのために苦労した。

青木
 この間、馬場さんに見せていただいた米国側のテスト結果によりますと、大分いいんですがね。

馬場
 ガソリンが91オクタン価と140オクタン価では、 大分差がありますからね。

吉沢
 しかしね、 試作1、2 号機についていたエンジンは、 とてもよかったですよ。

馬場
 中島の「誉」というエンジンは、精密品ですからね。

青木
 圧縮比を下げましたね。

吉沢
 下げました。はじめは7でしたが、これじゃとてももたぬというので…。
 マスプロのエンジンは悪かったですね。

636 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 00:08:24.08 ID:em9Uu6Bn
続き

馬場
 脚関係が問題だったのではありませんか?

吉沢
 脚そのものの故障ではなくて、ミスでしょうね。
 会社では、脚が出なくて胴体着陸したのは、ほとんどなかった。

青木
 はじめは、ちょっと弱かった。

小山
 一度補強しましたね。飛行経験の少ない人が乗るようになってから、
 脚の問題が出てきた。

(以下略)

637 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 00:54:47.09 ID:4T5pF2PF
四式戦の話題はこちらで
【傑作機か】四式戦闘機疾風Part21【欠陥機か】
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1458991474/

638 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 11:41:41.14 ID:/rL/IVZR
B-29と10,000mで戦ってると戦後でも信じてたとか設計者どころかテストパイロットでも
実戦の様子が伝わってなかったのか

639 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 13:21:52.77 ID:qlzDBJxW
米軍のテストってほんとに140グレード使ってたっけ?

640 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 13:34:08.43 ID:Uo4FhU4M
91/96 の米軍規格燃料だよ

641 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 13:56:16.25 ID:Meeai9Fc
>>638
B-29の低空爆撃はカーチス ルメイが始めた45年3月以降でそれまでは一万m上空で戦ってた
開発は対抗できる高空性能を要求されてたからずっと高空で戦ってると思ってたんじゃね

もう高空爆撃はほとんど無くなったからイラネって言われた話は見た事無いし

642 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 14:00:48.77 ID:oMN0a9ky
ウソ乙
B-29は当初から1万なんてほとんど飛んでないし、
日本側の報告でも高度は6000、7000mと正確に報告されている

643 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 14:02:18.19 ID:7ttHLIJC
>>641
それすらも嘘
高度10000mでの戦闘は偵察機型のF-13だけ。
爆撃機B-29の迎撃は8000m。

644 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 14:41:17.65 ID:/rL/IVZR
九州にB-29が飛来しだした44年8月でも交戦高度は5,000m〜7500m
雷雲を避けて高高度でレーダー爆撃した時でも高度8,500mで効果は皆無

ようするにそんな高度でも正確に爆撃できなかったから3,000m以下の低空爆撃になった
B-29高高度爆撃伝説w

645 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 15:33:31.18 ID:qlzDBJxW
侵入時に会敵してさらに上から襲いかかるためには日本機にはツラい高さまで上がる必要はあったんだろうけども

646 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 15:47:19.01 ID:/rL/IVZR
そう思ってたら下から斜銃で撃たれて凹られたB-29w
実は高高度でも与圧のせいで機体が裂け乗員が吹き飛ばされ全然安全じゃなかったっていうw

647 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 15:54:37.23 ID:LwfApOoS
ごく初期の高高度迎撃の話は>>442

648 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 16:44:18.30 ID:A/X3C9Fz
海軍でも「高高度での運動性は零戦のほうがまだマシだった」ってのあるし、そんなもんかね

649 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 17:11:06.93 ID:Vo9PT9O+
海軍でも疾風と同じエンジン積んだ紫電改の高高度性能が物足らないので雷電33型を当座の高高度戦闘機として生産するという話もあったな

650 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 17:12:38.16 ID:/rL/IVZR
零戦が高度10,000mで偵察型のB-29落としてるしな
米軍のテストでどの高度でもずっと馬力の出るP-51が機動で零戦に勝てなかったくらいw

651 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 17:35:30.27 ID:abcwrIME
B-29が低高度爆撃メインで既存機で対応できる戦術しかとって無かったのに
何で一方的に国土焼け野原にされちゃったんだろ?素朴な疑問

652 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 17:42:29.59 ID:exDlTjTk
防空より沖縄決戦に航空戦力を割いたからねぇ

653 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 17:49:10.43 ID:t8n7kcIY
>>651
>何で一方的に国土焼け野原にされちゃったんだろ

オスプレイの「B-29 Superfortress Units of the Korean War」には、21,000ソーティーでの損害数は34機。
そのうち戦闘機によるものが16機、対空砲によるものが4機、その他の理由が14機。1000ソーティーあたりの損害率は1未満、って書いてあるんだよね。
念のために書いておくと、朝鮮戦争が行われたのは1950年6月から1953年7月ね。
あ、付け加えておくと、アメリカ軍の「損害」には、帰っては来たものの壊れて使い物にならなくなったのも入ってるんだって。
だから、『これには「帰還はしたけど損傷が酷くて廃棄」というのはカウントされていない。 』(軍事板初心者質問スレまとめ(FAQ)- B-29)っていうのは誤りだよ。
「対日戦では無敵、朝鮮戦争では損害が続出」っていうのが正しいなら、対日戦での損害の方が少なくて、朝鮮戦争での損害の方が多くないとおかしいよね。
実際の数字が示す結果はどうかな?
上でも引用したWikipediaには『基地までの距離が短いことやF-86などの強力な護衛戦闘機があったこと 』が損害の少ない理由だって書いてあるけど、
それをいうなら横田から軍事境界線までの1,143kmと硫黄島(不時着場だけどね)から東京までの1,224kmの約80kmの違いでそこまで損害に差が
出るモンなの?とか、P-51などの強力な護衛戦闘機があった対日戦は?ってコトになるよね。
「対日戦での教訓があったから、それを生かして朝鮮戦争では損害を低く抑えることができた」って考える方が事実に合ってるような気がするけどねー。
http://ameblo.jp/amo-un-pomodoro/entry-11115324361.html

654 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 17:55:46.76 ID:abcwrIME
いやB-29の損害がかつて思われてたのより相当多かったのは知ってるが結局
日本の国土を焼け野原にするって言う戦術目的は完璧に成功してるじゃん。
有効に対応できる機材が揃っていながら阻止できなかったのは何故?って質問で
朝鮮戦争での話なんてどうでもいいんだが?

655 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:10:20.41 ID:7ttHLIJC
>>653
話の流れが全く噛み合わないんだけど。
池沼?

656 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:12:08.26 ID:7ttHLIJC
ああ、コピペガイジか。
会話もまともに掴めないとか引きこもりなんだろうな

657 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:22:17.57 ID:z+jPly+q
絶望的な物量の差がね

658 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:37:48.62 ID:SgmM+S4d
ルメイの奴が言ったように、損害がでてもより大きな戦果があがれば、最終的に日本の防衛は破綻し
結果として短期間で終わるから損害は減る

659 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:37:58.17 ID:UD2yDLTv
47戦隊や244戦隊も特攻援護に出してるしねえ

660 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:53:09.26 ID:YjOwW3ZG
>>658
>最終的に日本の防衛は破綻し結果として短期間で終わるから損害は減る

広島、長崎における米国の野蛮な原爆投下ではなく、ソ連の対日参戦こそが日本政府をして、
戦争継続の無意味さを悟らせ、降伏を受け入れる決断をさせた。それは日本民族を本土決戦から救い出した。
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_02_20/66504824/

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

661 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:54:39.52 ID:YjOwW3ZG
>>654
>日本の国土を焼け野原にするって言う戦術目的は完璧に成功してるじゃん

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

662 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 18:56:00.37 ID:abcwrIME
いろいろご返答ありがとう。結局物量差と攻め特化の旧軍ドクトリンが原因って理解でOKかな。

663 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 19:01:20.06 ID:Meeai9Fc
>>651
低空でも夜間爆撃が多かったし昼間でも爆撃前の加速が凄くて反復攻撃できなかった
よく言われるほどP-51は護衛の役に立ってなかったが迎撃機で落とせるのは攻撃後

逆にドイツに比べて心細い高射砲はとてもよく働いて七割以上の戦果は高射砲
実態と伝承がかけ離れてるのは体験談を伝える人の立場の違いと人数のせいだろうな

664 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 19:02:49.49 ID:BlNfPuJv
>>662
チャンコロを血の海にしてやったんだから、差し引きすれば日本の勝ち。

665 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 19:07:35.34 ID:7ttHLIJC
>>651
戦術だけで対抗出来るわけねえだろ
素朴どころか間抜けな疑問

666 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 19:15:11.44 ID:abcwrIME
>>663
ああ、やっぱり機材面も有効性に問題あったってことですか。
高射砲は思われてた以上に頑張ってたんですね。これは彼我の損害記録から
導き出された結論でしょうか?やっぱり戦闘の実情を知るにはデータの摺合せが
大事ですね。これは詳細な記録を簡便に検索できるようになったネット時代の
恩恵なんでしょうね。あとなんかID変えながら意味不明な長文書いてる人が居る
みたいですが無視することにします。勉強になりました。ありがとうございました。

667 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 19:16:12.83 ID:SgmM+S4d
>>663
艦載機による反復攻撃と、特攻援護に防空戦隊から引っこ抜かれて迎撃機が少ねえからだよ
いない戦闘機じゃB29は落とせんよ

668 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 20:27:08.52 ID:Meeai9Fc
>>666
高射砲の被害が想像以上に大きいのは米軍側の被害を照合した話

低空爆撃のB-29は巡航高度から降下始めたら護衛のP-51が追従できないくらい速いんで
爆撃前に落とすのには有効な機材なんてジェットかロケット機くらいだろうな
逆に爆撃後は身軽になって離脱するのを反復攻撃で複数撃墜に成功してる

669 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 20:28:45.51 ID:10qWU6pp
秋水じゃなくてナッターをコピーしようとすればよかった

670 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:26:00.00 ID:coJJtXzl
これってソース何?

>>668
>低空爆撃のB-29は巡航高度から降下始めたら護衛のP-51が追従できないくらい速い

671 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:28:55.26 ID:YLFrPkAV
本土上空での戦闘なのに敵機の方が多いんだから
もう勝ち負けを云々する段階ではないよね・・・

672 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:30:02.01 ID:OwRHVe/B
B-29は幾らアホな史料持ってきても意味がない

戦後、B29で日本を爆撃で一方的に壊滅させ
原爆を落とし

本土上陸もなく戦争を早く終わらせたということで
余りに感謝感謝した源田実自ら
戦後カーチス・ルメイを叙勲し功績を讃え

アメリカでも
戦後独立した空軍を設立し
空軍トップに立ち、地位・予算・名声・権力を我が物にし

こうして戦後日米共に国家の公式見解で
B29で日本をフルボッコにした
カーチス・ルメイの功績は認められている

673 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:44:18.47 ID:Meeai9Fc
>>670
P-51がB-29に追従できなかったのはパイロットやカーチスルメイの回想から
減速操作無しで巡航高度から3,000m以下に降下して行けば同じだけ高度下げない限り
ついていけないんで当たり前の話だが

674 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:47:35.38 ID:pZ5woJrh
じゃあ下げれば良かったんじゃね?

675 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:47:44.26 ID:HnDl3prq
戦争での爆撃の効果は、工業については殆ど無いんだなコレが

そんなことはアメリカ本国でも散々言われてるし
日本の何倍も爆弾おとしたドイツでも産業に致命的な影響はなく、
唯一ドイツに効果があったと判定されたのは鉄道線路の破壊で、これによって生産物は輸送が滞ること
しかし鉄道網は戦後すぐなおり、工業大国の西ドイツが復活する

日本の爆撃も効果はない。こんなことは日本もわかっていた。だから放置して本土決戦戦力たくわえる
唯一効果があったと判定されたのは潜水艦のよる通商破壊で、これによって原料の輸送が滞ること
しかし輸送船は戦後すぐなおり、工業大国の大日本帝国が復活する

676 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:53:00.01 ID:Meeai9Fc
>>674
護衛機が爆撃機と同じ低空まで降りたら護衛にならない
だからエスコートのB-29を付けてP-51の誘導が必要で足手まとい呼ばわりされたんよ

677 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 21:57:11.75 ID:bDchfRlZ
>>675
飢餓作戦こと機雷封鎖は?

678 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 22:11:22.25 ID:pZ5woJrh
>>676
いやそこまで極端にはならんでしょ
数百メートルならいざ知らず千メートル単位で護衛対象から高度変えるともう見失っちゃうよ
実際のP-51とB-29の戦爆連合の様子を見てもあまり高度が離れていない

679 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 22:20:51.59 ID:Meeai9Fc
>>678
いや完全に見失うからエスコートのB-29に誘導して貰って合流するようになってた
当然往路から合流に失敗する事もあるし復路で合流に失敗してる事も珍しくない

B-29の方からすると降下加速中のが減速して護衛して貰うより安全だったんで突っ走る
P-51も高度維持して追従するために敵機も居ないのに全開運転何十分もした燃料切れる

680 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 22:39:59.24 ID:OwRHVe/B
P-51の護衛の仕方は
概ねB29の情報1000フィート上を飛んで
B29はP51がいる場合6000m位を飛ぶ

日本機がギリギリ行ける高度を飛んで、おびき寄せて
日本機が低空からB29を狙って上昇すると
P51が上から重力加速をつけて降ってきて
日本機がズーム&ダイブに全くついて行けずに
バタバタ落とされる

681 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 22:54:35.86 ID:pZ5woJrh
>>679
そうなのか
P-51は足手まといやったってのはマジだったのか。
しかし緩降下で何キロぐらい出てたんだろうか

682 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 22:55:49.84 ID:Meeai9Fc
巡航時に遭遇すればそんなケースもあるかも
タンク付けたP-51は三式戦でも楽に振り切れたそうだけど五式戦のパイロットの
回想でも指揮官がP-51に気が付つかず寮機を落とされた話がある

回想主はP-51に何回も攻撃されたけど危険を感じなかったと書いてるけど

683 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:15:25.84 ID:OwRHVe/B
馬鹿が多過ぎる

P-51の巡航速度 560km
三式戦の巡航速度 400km
B-29の巡航速度 350 km

真に受けるやつは小学生から算数やり直してこいw

684 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:17:25.30 ID:Nnhv9xB9
>>683
P-51の巡航速度デマだろそれ
増槽どこいったんだよ

685 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:23:54.97 ID:OwRHVe/B
>>684
算数できない馬鹿が必死だな
P-51がどういう戦闘機なのか知らないアホ
そもそも数年前日本で作った三式戦ですら400でてるんだから
そんなたいした数字じゃないだろ

まあ巡航速度で並べたほうが面白いけどね
疾風・零戦・隼辺りとか

686 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:26:26.73 ID:Nnhv9xB9
>>685
増槽は付いているのかと聞いている

687 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:29:51.75 ID:OwRHVe/B
>>686
先にソースを出しなさい

688 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:31:23.68 ID:Nnhv9xB9
>>687
何のだよ?

689 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:34:33.04 ID:OwRHVe/B
>>688
お前が言い始めたんだろ
その増槽がついたP-51の話のソースに決まってるだろ
バカだろやっぱまともに日本語も理解できない基地外なの?

690 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:36:48.09 ID:Nnhv9xB9
>>689
いやいや、増槽ありでそんな巡航速度出るわけねえだろ、増槽あるかないか出せよという意味だぞ
増槽は付いているのか?

691 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:44:01.46 ID:OwRHVe/B
>>690
さぞかし自身があるから聞いてやったのに
ソースなしかよ、バカだろ
そんな当てずっぽうの話とかどうでもいい
全部お前の馬鹿な主観じゃねーか

692 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:44:45.97 ID:Meeai9Fc
巡航速度は常に一定じゃない
機体によって高度と荷重で揚抗比のいい速度がある
どんな装備ならどの高度でどれだけ速度を出せばどれくらいの距離飛べるか
算出してミッションによって必要な行程と各地点の巡航速度を決める

693 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:48:22.47 ID:Nnhv9xB9
>>691
いやいや、増槽付いてないかもしれないからソース出せよという疑問に対して「お前が増槽有りだとソース出せ」はおかしいんじゃないか
・俺はお前の主張を疑っている。
・お前は自分の主張に確信を持っている。
どちらが証明すべき立場かは一目で分かるぞ

694 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:55:05.08 ID:oMN0a9ky
ID:Meeai9Fcは>>641
>B-29の低空爆撃はカーチス ルメイが始めた45年3月以降でそれまでは一万m上空で戦ってた

こんなウソを書いておいて訂正もしない、具体的な史料名もださない。

『B-29日本爆撃30回の実録』という44年11月から45年6月までに日本爆撃の任務飛行30回をこなして
本土に帰ることが出来たB-29のパイロットの回想録にはID:Meeai9Fcが書くようなことは載っていない

話半分・・・いやほとんどガセだと見たほうがいい

695 :名無し三等兵:2017/02/09(木) 23:56:21.24 ID:OwRHVe/B
>>693
そんな根拠0で増槽どうこうの話続けようとしてる時点で
十分基地外だよ

全然意味がわかりません。
お前ががソースも根拠も示せない時点でこの話は終わり

なんでもいいから単に文句つけたいバカにしか見えない

696 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 00:06:50.51 ID:GztobiV0
>683 : 名無し三等兵2017/02/09(木) 23:15:25.84 ID:OwRHVe/B
>馬鹿が多過ぎる
>P-51の巡航速度 560km

増槽無しの速度ということですね

697 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 00:42:34.87 ID:McqL4Ki6
スレタイからはかけ離れてしまったが、一部の長文馬鹿を除き良いスレとなった

698 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 01:03:45.33 ID:0HvD43+r
>>672
日本降伏は原爆ではなくてソ連参戦だが?

699 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 09:59:14.18 ID:eJvSUuaO
>>681
実はB-29に護衛が付いたケース自体意外なほど少ないし日本機との交戦もわずかこれだけ

4月からP-51が護衛が付き4回中2回日本機と交戦したが1回は往路でB-29との合流に失敗
5月は2回P-51が護衛が付き1回日本機と交戦
6月は5回P-51が護衛が付き3回日本機と交戦したがP-51は大量遭難で27機を一気に失った
7月は護衛は全く無し
8月は1回P-51が護衛が付き1回日本機と交戦し1回P-47が護衛が付き1回日本機と交戦
(アメリカ陸軍航空軍戦闘日誌)

B-29の乗員は護衛機と日本機の区別が付かなかったので近寄るB-29以外の機影すべてに射撃した
さらにP-51はB-29護衛時だけでなく単独任務時でもエスコート役のB-29数機を必要とした

B-29護衛のP-51はドイツ本土爆撃護衛と大違いのお荷物だったのが現実

700 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 11:12:24.23 ID:S0RDqCRI
まあルメイの回想を含めてB-29側からみれ多数の犠牲を払って爆撃を行ってきて
3月の夜間大都市無差別爆撃で趨勢が決まっってきたあとに護衛についたP-51は
ドイツ爆撃時のB-17よりもありがたみが薄くて「お荷物」感が強かったんだろうね。
だがP-51が初護衛についた4月7日の三鷹中島工場への爆撃は昼間爆撃では異例の
4500mという高度で侵入して大喜びの日本迎撃に対して2対20の撃墜比率で圧倒、
B-29の損失も101機中3機だった事から決してお荷物ではなかった事がわかる。
4月後半は海軍の要請で九州方面への戦術爆撃に従事したから護衛機はつかなかったが
損失も少なかった。
もう五月ぐらいだと迎撃も散発的ないなってきて護衛機の存在意義自体が薄れてきたからね。

701 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 11:23:27.35 ID:uJeauAGI
つまり最初の護衛以外何の役にも立たなかったお荷物と言えるな

702 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 13:04:02.62 ID:VYW0bntv
>>700
ルメイの回想ってなんて本?

703 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 15:38:03.98 ID:WUG8qTG0
>>692
米海軍機の巡航速度とか低めだけど、
あれはどっちかつーと経済速度とか哨戒速度だしな

704 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 15:53:47.44 ID:uJeauAGI
つか>>685馬鹿杉糞ワロタw
こいつ計算以前に当たり前の事が分からない知障だろw

705 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 16:17:51.66 ID:TCBmOvkk
じゅんこうそくどがはやいから、こうげきできない! とかブツブツ言いだすアレでそ
巡航速度ってのは巡航時にその速度でなきゃならない何かだと思ってるとしか

706 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 17:54:10.26 ID:297tx38N
B29は機雷を方々の港や海峡にばらまいていたそうですが、日本側は迎撃できなかったんでしょうか。そもそもB29はどのように機雷を投下していたのかどなたかご存知ないですか?

707 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 19:34:00.18 ID:LEOpbNjd
算数もできないソースも無しの基地外共の話をまとめると

B29は戦闘機の護衛も無いのに
1〜5式戦も海軍機が束になっても全く敵わず
為す術なく好き勝手に日本中を爆撃され、原爆を落とされ

B29は日本中を恐怖に陥れ
B29のお陰で日本は降伏、
カーチス・ルメイのこの偉業に
戦後源田実が感謝感激して、叙勲に尽力したということだな

708 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 20:03:41.68 ID:eJvSUuaO
事実誤認も甚だしいだろう
B-29の戦闘総被害は米軍記録で3,111機で大戦中生産した2,500機全てが撃墜破された以上の数
B-17の倍の価格の爆撃機は出撃毎に4〜5機失われたが1/3しか飛べなくなっても街を焼き払うのに
十分な機数を用意できたアメリカの国力が桁外れだっただけ

カーチス・ルメイは戦後航空自衛隊育成に功績があったとして日米関係修復の証として勲一等
を授与されたが昭和天皇は通例に反して自ら授与はしなかった

709 :名無し三等兵:2017/02/10(金) 21:45:36.17 ID:n15jxQOo
>>707の方がソースも数字もないんだよなぁ

日本機の迎撃が激しかったなんてのはB29クルーの回想読めばでてくる話だし

710 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 01:46:20.14 ID:zbA/ltSY
出撃累計機数35016機中
戦闘損失508機、戦闘外損失266機 (ともに墜落もしくはスクラップ場行きのみ)
実戦配置数がはっきりしないが1945.8までの生産数は3700機程度とされており、
単純計算で1944.3からの18か月で平均月産206機程度、総生産機数が3970機なので、だいたい合う

そこそこは落としたものの、アメリカの国力(生産力・整備力・兵士の技量)にはかなわなかった
伊達に1940年でも18歳人口の半分が高校を卒業し、自動車運転がほぼ当たり前だった国は違う

711 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 01:58:25.73 ID:4G1Zx+FG
本土上陸すればアメリカは破産し、停戦に追い込まれるところだった。

712 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 04:50:43.90 ID:MxZcshai
まー米軍も損耗の激しさに作戦考え直しかけてたわけで
全力で迎撃に上がればB29も止められたかもしれん
ただし日本も燃料もパイロットも枯渇して何もできなくなっただろうってことやね

713 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 05:06:07.62 ID:vOVxM0r+
燃料よりもパイロットよりも機体そのものだとおもう

714 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 05:22:03.47 ID:bz59y2qD
>>712
本土決戦用に拘置してた部隊使ってたら
もう少しは戦果上積み出来ただろうが、今度は継戦不能に

715 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 07:54:42.38 ID:gYogveoN
>>709
のバカは
お前も元ソースなしだろ

見ろ
>>708-714

まで全部元ソース無しだろ

>>673
はカーチス・ルメイの回想と言いながら
書籍がなんだかずっと書いてない

>>682
の馬鹿が増槽ガー

と言い出したのでソースは聞いたら
全部主観で元ソースなし

事実誤認と言いたいなら元ソースくらいだしなさい

716 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 09:41:38.22 ID:cghI3pTb
>715
ソースが見たいなら張っておこう
http://www.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/a542518.pdf

717 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 10:12:58.29 ID:kpRVKfvy
>>715のバカは>>694も読めないと

他人のレスも読めないバカは恥掻くだけだわな

718 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 10:40:30.04 ID:sGspUyMi
ルメイの回想は謎のままだな

719 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 11:43:34.48 ID:cghI3pTb
戦鳥の書き込みだとルメイの回想録に書かれてるそうだ
米陸軍航空軍戦闘日誌を見れば護衛の有る無しで損害がほとんど変わらない
あまり意味が無いから護衛を付けなかったのは分かるな

同じくP-51は全出撃での損害が撃墜主張数より多くて日本本土が遠すぎるからだろう
日本軍のラバウルからのガダルカナル攻撃の失敗と同じパターン

720 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 12:59:38.90 ID:cghI3pTb
スレタイから外れすぎもなんなのでちょっと前の本に書かれてた体験談も
http://www.news-postseven.com/archives/20150530_325273.html

世傑の五式戦特集に載ってる角田氏の探検談と同じ8機編隊のP-51との戦闘で
優位から攻撃をかけるP-51に対して危機感を感じなかったのが共通

実際に被弾してるし当たり所が悪かったら死んでると思うがP-51が一過攻撃に
徹して回避する五式戦に追従しなかったのが危機感の無い原因と思われる
一発で火を噴く日本機に有効だった戦法が効かない相手だったとも言えるだろう

721 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 13:17:25.34 ID:cqMvalM8
五式戦闘機の防弾は三式二型や四式に準ずるだろうから簡単には火を吹かないはずだろうな。

722 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 14:13:41.44 ID:QlkacDPh
意外に機体は残っていたよね

723 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 15:49:42.57 ID:s0KOmevg
意外にもB29の方が火を吹きやすかった
マグネシウムを多用した為に被弾に弱く
また余圧キャビンも脆弱性に貢献した
問題は被弾を与えることだった

724 :名無し三等兵:2017/02/11(土) 23:57:14.32 ID:pZIU+U4n
レーザーバック風防は、もとが109コピーの飛燕ということで理解できるが
雷電も低い風防は死ぬほど叩かれて、量産で上げさせられてるので
よく陸軍のパイロットが胴体にめり込んだような109コピーのレーザーバックをがまんしたものだと思う

五式で水滴型風防に取り替えたらむしろ軽量になり性能はアップしたとのことで
後部の型枠を変更しただけで胴体のほうも手間もかからないという

水滴風防がそんなに気軽にできて良いものならP47やP51Bのレーザーバックもアレはなんだろう

725 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 00:03:53.45 ID:vjFae203
>>724
君はここの議論に参加できるレベルに無いね

726 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 00:24:57.18 ID:gK3StI5e
>>724
私はゆとり世代の池沼ですまでは読んだ

727 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 00:39:45.26 ID:vjFae203
いやむしろ団塊の老害かもな
60年代のムック本程度の知識のまま止まってやがる

728 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 02:49:00.86 ID:4Wf9FnGL
一行目の半分までで解散レベルだもんなぁ

729 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 07:21:57.11 ID:rgascgEv
>>724
いや〜飛燕や雷電がレザーバックって久しぶりにみたなw
レザーバックって後部胴体の背が尖った断面をしている物を指すので
飛燕や雷電はレザーバックではありませんよ

あと、レーザーではなくてレザー(カミソリ)ですから

730 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 08:42:50.74 ID:0ghizLFB
土井ちゃんが飛燕の風防はめんどっちぃから109をそっくりコピーしたといってるんだ
前方は一部のガラスはそっくりそのまま流用という
もとはエアレーサーの発想で後部を胴体とつなげることで抵抗減少を狙ったものだが
高速機なら一撃離脱で敵が追いつけない前提でヒタスラ逃げる。後ろを見る必要もない
エンジン技術に優れた欧米ならともかく日本の低速機ではむかないほうしきかもな

731 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 09:05:20.36 ID:VhKe01Jb
それは最初に試した横開きキャノピーの話を曲解してるだけじゃね

732 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 12:59:19.10 ID:j37ofdhD
そもそもMe109のコピーとかイタリア機のコピーとかって時点で「うぼあー」だし
「高速機だからいらない」ってんならP-51やP-47のバブルキャノピーはどうすんのよ、としか

733 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 14:35:20.16 ID:UXGxd5N6
現代機動戦理論の根幹となるOODAループが生まれた場所もバブルキャノピーのセイバーのコックピットだしな

734 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 14:50:15.78 ID:D54TrE5D
横開き風防のデメリットは幾らでも思い浮かぶけど
メリットってなんかあるんかな?

735 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 15:28:45.88 ID:VhKe01Jb
飛行中に開かない現用機はスライド式じゃなくてハッチ式ばっかりな件

736 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 18:25:27.04 ID:7r2QzFHh
米軍測定の四式戦はかなり全備重量7940ポンド、最大重量9194ポンドとされているそうですが、それぞれの装備状態はわかりますか?

737 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 21:05:16.31 ID:hjwGYrTy
>>735
射出座席前提だから

738 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 21:58:04.31 ID:VhKe01Jb
>>737
噴出座席の普及は現用機がハッチ式が一般的になった理由だとは思われるけど
スライド式で噴出座席付きの機体も少なからずあるんでハッチ式がスライド式より
有利な点の説明にはならないんだよね

739 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 23:17:52.66 ID:7SPfsV0T
スライドのレールとかよりヒンジでシンプルだからとか?

740 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 23:38:01.42 ID:VBlUV9J2
三式がBf109コピー君は逃げたのかね?
そもそもファストバック式のコクピットなんてキ28で既にあるというのに。

741 :名無し三等兵:2017/02/12(日) 23:58:08.86 ID:yIQ2gbJS
普通クラムシェル式って言わんか?

742 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 00:16:41.97 ID:qyu64qEy
それはここでなくハセガワとか各方面に言ってくれ

743 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 10:37:07.01 ID:xsGMx0VC
なーむー

744 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 10:59:12.88 ID:1Y0j1gQW
五式戦スレでは些かスレ違いの話題で恐縮だが
シェルクライム方式の普及は与圧した時の気密性って言うのが一番。
F4Dは試作機時代にシェルクライム方式とスライド方式の両タイプを製作して比較検討したが
伝統的に事故に備えて離着艦時キャノピーは開けたままにするテスパイ達からはスライド式を支持していたのにもかかわらず
シェルクライム式で生産されることになった。
1950年代の冷戦期は東側の高高度侵攻してくる爆撃に対しての迎撃が一番のミッションだったので高高度飛行の必要性が強調されていた。
二次的にはスライド式はフレームの強度が必要で重量的にはマイナスだった。

745 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 11:49:03.44 ID:X2slBOJd
与圧コクピットの機体のが珍しいだろw
スライド式だと被弾時に歪んだレールで開かなくなる可能性がある

>>733
そんなものは大戦中のベテランパイロットなら自然に身に着けてた生き残り術
新米パイロットにも分かるように教育したってだけでBf109の戦車みたいに
視界の悪いコクピットでもやってた事だ

746 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 16:15:52.57 ID:2oe+wHg4
>>740
惨式鮮ならBf109コピーした方がマシだった件w

747 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 16:21:11.55 ID:tNpW0C9j
>>745がOODAループを知らないことはわかった
これは恥ずかしい

748 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 16:32:11.15 ID:X2slBOJd
>>747
糞ワロタw現代機動戦理論だとか書いてるから勘違いしてるんじゃないかと思ったが
コイツまさかループってついてるから空中機動の事だとでも思ったのかw

749 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 16:42:51.12 ID:X2slBOJd
>>746
Bf109はP-51に手も足も出なかったが三式戦を空冷エンジンにしただけで8対1でも
恐れるに足らない高性能だったわけだが?w

750 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 16:47:11.65 ID:2oe+wHg4
メタボピザの誤式戦が恐れるに足らない高性能(笑)

751 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 16:55:49.30 ID:X2slBOJd
五式戦にとってはP-51などその程度の相手だったという事
Bf109なんぞ所詮ナチのプロパガンダでエンジンの特許を買わされただけの代物

752 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 17:27:56.72 ID:TlJxxbHv
だつおなみの馬鹿だな

753 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 19:21:35.17 ID:xfxXp18P
>>746-747
横だが、日本語WikipediaのOODAループの解説は相当偏ってると思うけどね
https://ja.wikipedia.org/wiki/OODA%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97
https://en.wikipedia.org/wiki/OODA_loop

「すなわち、F-86のほうが視界が良好であったために敵機の状況をより適切に把握でき、
また応答時間が短かったことから情勢変化に即応できたのである。」
いやいや、そういう話じゃないからっていうw

754 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 19:31:29.59 ID:xfxXp18P
日本のビジネス本とか、この手の説明してるのが多いみたいだけど
"observe"を文字通り「視界」だけの話だと思ったり、
機体の応答性の問題に矮小化しちゃってる
だったらヘルキャットとか永遠に日本機に勝てねーよw
てツッコミたくなる

755 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 19:32:03.07 ID:IAwgSXFZ
なんかハルトマンのコーヒーブレイク挟んでハンティングしてた話を思い出した
百機も落としてからがスタートなエースだとニュータイプ的な状況判断できたんだろうか

結構ベテランでも機種判別どころか敵味方間違えたり目の前飛んでる敵機見落としたり
するのがザラにあったそうだけど

756 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 20:21:25.57 ID:Kg5vh/N/
横開き式は地上で素早く開閉でき、キャノピーのロック機構も
スライド式より簡単になります。ただし飛行中は開閉できません

素早く開閉

ここが109の採用理由だな
インターセプター迎撃機が、出撃でもたついては話にならない
F104スターファイターも横開き式だった

757 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 21:07:12.46 ID:IAwgSXFZ
現用ジェットはともかくBf109の時代は閉めなくても離陸できたからスライド式のが早く飛べる罠

758 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 21:35:28.25 ID:4ZAXo1iB
今の車じゃないんだから暖気してなきゃとべねーし
整備員がとっくに開けてるわ

759 :名無し三等兵:2017/02/13(月) 22:16:15.47 ID:tNpW0C9j
>>748
こちらが書いてもいないことを妄想して勝手に笑ってるとかもはや重度のコミュ障としか
こんなキチガイなんて親が可哀相だ

760 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 10:58:32.65 ID:5tCl6c/A
>>759
OODAループを知らないことはわかった (キリッ
とほざきながら何も説明できずに逃げ口上だけとかw
やはり図星だったようだなwこれからは無知の分際で知ったかは止めておけよw

761 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 12:28:08.00 ID:Ef+7tbUW
ODAループってアレだろ、アフリカとかに援助した資金が国内の企業に利益となってかえってくる奴

762 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 12:49:15.14 ID:wuGE1lNT
>>760
図星指されて必死だなw

763 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 12:52:59.99 ID:5tCl6c/A
>>762
糞ワロタどう図星なのか言ってみ?w

764 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 14:28:35.39 ID:t+t7uowo
お前ら砂場でやれ

765 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 17:59:06.54 ID:17BwZYu6
むしろ凄い自信がありそうなんで是非OODAループについて講釈して欲しいな
よく知らん話なんで

766 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 20:36:22.42 ID:wuGE1lNT
>>763
さすがコミュ障w
妄想で決め付けてる>>748の自分のレスをもう忘れたらしいw

サイコパスだったか

767 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 20:52:56.62 ID:17BwZYu6
>>766
空中機動のループの事なの?wikiと全然違うんだけど…

768 :名無し三等兵:2017/02/14(火) 21:01:10.74 ID:wibO6K0C
おっ!おだ!の事か

769 :名無し三等兵:2017/02/15(水) 09:17:23.72 ID:GV9zTUP7
>>745>>753を見るとOODAループとはF-86から始まった空戦思想ではなくて昔から使われてる
戦術だという話のようだ

wikiを見ても正直よく分からん
>>747は別の事だと主張してるので説明して欲しいだがID:wuGE1lNTが同一人物だよね?

770 :名無し三等兵:2017/02/15(水) 10:37:09.61 ID:btt3NoYZ
>>766
何それw自分で知らなかったと認めるんだな?w
こいつ論破されるとソースソースとほざきながら自分で何も出せないいつものシナチョンだろw
逃げ口上繰り返すばっかりで何も説明できないのが証拠だなw

771 :名無し三等兵:2017/02/16(木) 04:51:01.10 ID:F4L1uVqH
OODAループ自体は名前ついてなかっただけでずっと前からあった筈

772 :名無し三等兵:2017/02/16(木) 09:38:22.46 ID:amODFzt/
F-86が使われた時代にパイロットの教育に取り入れられたって認識でいいんじゃないかな
確かにwikiの記述だと自軍の主張する撃墜比率がいい事で提唱されたとか意味不明すぎる(笑

773 :名無し三等兵:2017/02/16(木) 11:31:03.83 ID:iAspnwuF
>>771
さらに言うと空戦に限らない。

野球の守備なんてほとんど全てOODAループで動いている(この場合、"observe"はアウトカウントとランナーの位置と味方守備位置の確認)が、
あまりに当たり前過ぎてOODAループなんて言葉を使うことさえしない。

774 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 03:04:40.32 ID:LRB0K8bW
一五〇〇馬力w

775 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 20:37:08.73 ID:uDBsuPjT
五式戦は敵戦闘機に対してのみそこそこ勝ち目ある補助戦闘機でしかなく、立場的には

対爆撃機:二式戦
対戦闘機:一式戦

の一式戦みたいなもん。

実際、五式戦の評価って一式戦とそっくりだからね。

「ちょっと馬力と火力があるけど、運動性は鈍い一式戦」が五式戦の本質。

しかし、一式戦にすらP-51を叩き落としたエピソードもあるのに、五式戦には皆無。
対戦闘機やるだけなら、一式戦三型でいい。

五式戦は馬力増えてるのに、空力悪いのと機体重量増加で、1100馬力の三式戦より性能低下するとかありえん。

776 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 20:48:17.58 ID:qH4TD2VA
リベンジでP-51を落とした超有名な話を知らない奴が語ってもねー
馬鹿としか言いようがないな。

777 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 20:54:56.55 ID:91ovs8Fq
戦闘機って戦争遂行で重要な存在ではない、騎士のようで一騎打ちはロマンチックではあるけど
もちろん重要なのは双発の高速爆撃機で、反撃不能とされていまの核ミサイル的な切り札だ

強い国は爆撃機を多数取り揃えてるし、弱い国は爆撃機はゴミ、軽戦闘機でなんとか戦えるという位置

778 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 21:02:52.64 ID:uDBsuPjT
>>776
>リベンジでP-51を落とした超有名な話を知らない奴が語ってもねー

やったね、一式戦と同レベルだねw
五式戦の存在価値って何?

779 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 21:03:42.61 ID:IBA6XfCn
当たり前とかマヌケなことを書いてるのは理論構築が如何に重要か理解できないアホなんだよな

コロンブスがタマゴを立ててから「そんなの誰でもできる」と騒ぐ愚鈍と同類w

780 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 21:33:10.54 ID:inMrk7gD
檜さんのエピソード知らない様じゃ、彼の五式戦闘機についての知識はお察しレベルだろうな

781 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 22:03:16.65 ID:P4ouc3Gs
レス乞食だろ。くだらないな。

782 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 22:28:24.18 ID:PKuaaiEg
ずっと居座ってる無知君だろ。
大した知識が無いくせに自分絶対主義。
五式戦は確かに過大評価されてるとは思うが実績が皆無なでは無いのはこの馬鹿以外の全ての人が知ってるw

783 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 23:16:45.47 ID:ar8dBmiF
戦鳥のパクリでドヤ顔されても

http://ansqn.warbirds.jp/logs-prev/A001/A0004622.html

四式戦闘機は高速で米軍機全般に対抗できる主力戦闘機。
五式戦闘機は低速で米戦闘機に対してのみ有効な補助戦闘機。
陸軍の評価はそのようなものです。
BUN

784 :名無し三等兵:2017/02/17(金) 23:59:18.31 ID:SuMcIrLj
それは評価というより位置づけじゃね
実力の事じゃなくて生産体制やら方針てものがある

785 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 00:04:12.48 ID:tCkSA0ku
Fw190も最初の予定はBf109の補助戦闘機だったわけだが

786 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 00:29:36.08 ID:yYMq7Rw8
でもなんで実際、1500馬力もあるのに三式戦より速度低いんだろ?

787 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 00:33:12.14 ID:Lm65cJHT
四式戦の中高度での上昇力は五式戦より悪いし

788 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 00:46:51.28 ID:yYMq7Rw8
>>787
それ言ったら一式戦や二式戦のほうがもっと「上昇力ある」し。

一式戦 5,000mまで4分48秒
二式戦 5,000mまで4分26秒
三式戦 5,000mまで7分00秒
四式戦 5,000mまで約5分弱
五式戦 5,000mまで6分

789 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 00:59:48.55 ID:sSVUl/nL
陸軍が作った疾風のマニュアルでは5000mまで6分26秒だからなあ
劇重!!

790 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 01:15:05.52 ID:Y6RxjZSj
>>786
空気抵抗の増加

791 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 01:38:25.58 ID:zoflX4Aj
>戦闘機って戦争遂行で重要な存在ではない
出た戦闘機不要論

792 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 01:56:03.42 ID:8bMLaN3m
>>789
雷電 5分38秒/6000m
キ44が不調の陸軍が十四試局戦に期待してたのも分かるなぁ。
しっかし疾風の上昇もたつき過ぎでしょ。同じ高翼面荷重の鍾馗や五式戦でさえ全然まともな数字だから測定条件の違いとも思えないし。

どっかでのスレで聞いたが岩橋の測定時の疾風はまだ少ししか本気出てなかったとも聞くが。

793 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 02:06:09.93 ID:3UOshrkl
誉はしょっちゅう運転制限かかってるから恐らく計測時も馬力かなり控えめ
四式の設計が悪いというより「馬力相応の性能」と見るのが筋でそ

794 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 02:11:17.62 ID:nt6GDYtd
>>792
陸軍のカタログ値でキ84は6000mまで8分00秒
そら黒江から重いと言われるわけだ

795 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 02:21:33.34 ID:8bMLaN3m
>>794
そのカタログ値興味ある。
>>793
水平速力や巡行重視のプロペラも原因じゃね。

796 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 04:53:19.54 ID:F1i9tTKw
疾風は動けばな。実際は上昇限度8000m最大速度も580km程度までしか出なくなってた
大東亜決戦機ww状態だったからな。47戦隊でも、いつ不調になるかビクビクしながら使ってた
ものだから、ましてよその戦隊ではただの置物だな

797 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 05:50:02.84 ID:0xP6fApR
>>796
>最大速度も580km程度までしか出なくなってた

『最大速度』なんて、航空戦では殆ど意味ないんだが?

問い:I-16はそれほどメッサーシュミットに劣る機体なのでしょうか?
基本型式のI-16-10、-17、-21は、技術的にも攻撃装備の面でもBf-109Eには劣っていたが、
それほど開きが大きかった訳ではない。もちろん、それより旧いI-16-4および-5はメッサー
への太刀打ちはできなかった。
しかし後期型のI-16-28と-29モデルになるとメッサーのE型より優れていた。速度と運動性
は同等であり、とくに垂直面ではI-16のほうが良かった。
問い:メッサーのほうが劣るというのはおかしいと思います。どの資料によっても、I-16の-28および-29の
高度3000メートルでの水平最大速度は440-460キロメートル台であり、一方Bf-109Eのそれは570キロ
メートルとなっていますが。それに垂直面の機動でもI-16が勝るというのも初耳ですが?
実際の空戦では誰も最大速度を出そうとも思わないし、ましてや最大速度を出したヤツはいないのではないだろうか?
原理的にもI-16ならば速度500キロは容易かつ急速に出すことができる。
メッサーE型は確かにそれよりも速いが、その差はさほどでもない。空中戦では双方の速度にはほとんど
差が出ない。I-16は加速性能が大きく、とくにM-63エンジン装備の場合は爆発的ともいえた。先に挙げた
水平面の運動性能に加えて、この加速性能も2つ目の特長といえる。
その当時ソビエトで生産されていた最新型を含む、どの戦闘機タイプよりも加速性能には優れていた。
Yak-1の加速はI-16に匹敵したが、それでもやや遅いくらいだった。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/aviatorstale/Russianpilot.htm

798 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 09:59:44.88 ID:GHqpdpkl
しかしP-51ってあのクソ重い5tもある(五式戦で3.5t)機体に1700馬力程度の
エンジンでなんであんなに高性能なんだ?

799 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 10:10:57.97 ID:fjERqrAC
1 速度に重量は関係ないから
2 WEPだと(型番によっては)キチガイじみた馬力叩き出すから
3 過給器ぶん回して上空を高速でカッ飛びながら上から降って来てまた上昇すればそりゃエネルギーは失わない
4 実際、上昇力だけ見ればそんなに凄いこともない

800 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 10:12:56.08 ID:fjERqrAC
いやまあもちろん、空力設計がいいんであちこちでチョコチョコ速度稼いでるというか「つまらんとこで損してない」機体だし、
よくできてるのも確かなんだけども

801 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 10:24:45.98 ID:i9hSuZYO
ではP-47とP-51ならどっちを選ぶ?

802 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 10:37:15.57 ID:vntYoPcm
>>801
N型入れていいならP-47だな

803 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 12:31:14.84 ID:NwnNEibZ
>>801
男は黙ってサンダーボルト

804 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 12:36:55.38 ID:tCkSA0ku
>>799
高度優位から降下攻撃するなら高速で飛ぶ必要が無い
むしろ減速操作が必要になるんでエネルギーの無駄

805 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 12:45:46.33 ID:vntYoPcm
>>804
その位置の優位を稼ぐためのスピードでしょうが
ヨーヨーとかまさに高度を速度に変換するか速度を高度に変換するかだし

806 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 12:48:28.81 ID:wAOrzQ9F
P47は戦争のド素人がつくった芋臭い兵器だよ

じっさい前身は軽量戦闘機だったわけで、バトル・オブ・ブリテン戦訓によってやっぱ通用しないと
装甲・馬力・ターボ高空性能・豪華なソファー
アメリカンフルサイズV8カーのように豪華なコンセプトになり「こいつは恐竜になる」と言わしめた
あのように太い胴体になったのは空気取り入れ口を大きくしないとターボが過熱するという問題があった
にせよ、豪快にガバッとお口をクパァする、やりすぎのいんしょうはいなめない
しかしアメリカでもっとも重くしかも多数生産された戦闘機になったのだからたいしたものだが
パイロットはリパブリック鉄工所の機体を「地面が大好きでいつまでもくっついてはなれないアバズレ」と罵った

設計者カルトベリは興奮するとロシア訛で「そいつは、ダメだ、マズい」というのが口癖で
ちなみにポケットの中の戦争の北米版で「黙ってろ。おまいはジオンなまりが強すぎる」という場面は
カミンスキーがロシア語訛りの英語で話すという演出がなされている

807 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 13:22:59.65 ID:tCkSA0ku
>>805
それは勘違い
ヨーヨーみたいなエネルギー管理機動は少ないエネルギー損失で高度と速度を変換できるが
損失を抑えて変換できる速度と高度の幅が狭い

降下攻撃なら大きく速度を超過すれば機動性が落ちて引き起こしのエネルギーロスが増えるし
上昇攻撃でも高速で引き起こして高度を上げるより最初から低速で高度を上げておく方が
ずっと少ないエネルギーで済む

高度が同等なら速度が速い方が保有エネルギーが多いがそれを生かせるかどうかは腕しだい

808 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 16:49:10.47 ID:G0NnzljI
>>795
紫電改は6000mまで7分22秒なのでプロペラの影響もあるよな。
五式もプロペラ短いし、陸軍機はどうもプロペラの短小がネックになってる。
四式重爆の離陸後上昇が良かったのはでかいプロペラの恩恵もあると思う。

809 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 16:55:29.47 ID:eEUO1+n0
>>808
五式戦は6000mまで何分?

810 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:06:38.32 ID:G0NnzljI
>>809
五式戦闘機の6000mまでのデータって無かったんじゃないか?見たことないような気がする。

811 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:10:03.75 ID:G0NnzljI
一応、疾風一型の「5000mまで5分弱」という表現みたいに、めちゃくちゃアバウトだが6000mまで6分という数字はあるけど、キリが良すぎるので怪しい。

812 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:10:39.99 ID:wAOrzQ9F
計算すればいいだけだろ
5000までの値に一分足せばいい。つまり7分
ほれ

813 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:11:26.64 ID:VJ0CI1Xv
プロペラが短いのは、加速性を取ったのと脚をむやみに長くしたくなかったからじゃない?

814 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:12:17.58 ID:kj5/4CGr
世ケツに1000mごとの数字がある
それによれば7分25秒

815 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:20:35.85 ID:wAOrzQ9F
五式戦闘機が6000mまで上昇することはまずないから無意味な情報だな

816 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:23:52.62 ID:G0NnzljI
まあでも五式戦闘機は3翅プロペラなのでそこはいいけどな。

817 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:36:28.47 ID:G31HcQx/
四式戦と五式戦、4000mまでの上昇時間ならどうだろう?

818 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:38:51.28 ID:kl0kgNBy
五式戦だろ。5,000mまでで30秒もアドバンあるんだから。

819 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 17:41:47.71 ID:G31HcQx/
うーむ
四式戦が上昇時間で五式戦を上回るのはどこだろう

820 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 18:10:58.67 ID:ZJIDDrbZ
色々作りすぎだよな

821 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 18:17:51.55 ID:kl0kgNBy
五式戦1型

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'12"
 2000 / 2'13"
 3000 / 3'08"
 4000 / 4'29"
 5000 / 6'00"
 6000 / 7'25"
 7000 / 8'56"
 8000 / 10'57"
 10000 / 20'00"

四式戦1型

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'09"
 2000 / 2'06"
 3000 / 3'34"
 4000 / 4'56"
 5000 / 6'26"
 6000 / 8'00"
 7000 / 9'48"
 8000 / 12'16"
 9000 / 15'34"

822 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 18:20:34.82 ID:kl0kgNBy
うむ、2,000m超までなら四式戦の方が断然早い。
さすがは誉エンジンである。

823 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 18:31:06.27 ID:G0NnzljI
まあ過給器の間隙もあるから一概には言えんがこうして見ると雷電の上昇力って凄すぎるよな。

824 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 18:39:38.70 ID:kl0kgNBy
対戦闘機銭湯が出来ないという理由で減産したのだからもうアホかと。
目的ちゃうやろ最初から。
紫電改も結局誉に浮かれて作っちまった機体なんだよな

825 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 18:55:57.32 ID:F1i9tTKw
八丈島の電波警戒機がB29を補足して、その情報が陸軍から回ってきて
エンジン暖気して、上昇空中集合する前に、B29もう来ちゃうじゃん
空中待機させておくには雷電すぐ燃料きれるし、爆撃機迎撃にも向かないじゃん

826 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 19:23:55.39 ID:2om5C3jv
>>822
ほんまれー

827 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 20:35:23.13 ID:tCkSA0ku
地上レーダーからでも20分前に探知できるって話だし監視所で高度確認してから
離陸しても迎撃できてるから大丈夫!

828 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 21:29:03.25 ID:2om5C3jv
すごーい
たのしー

829 :名無し三等兵:2017/02/18(土) 23:56:39.45 ID:mgcueBqD
四式1型は全然馬力出とらんぞ

830 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 00:31:55.22 ID:gUELESog
>>806
P-47の胴体は側面型こそ腹が出ていて太く見えるけど平面型は太くはない
側面型が太いのは中間冷却器などの配管が通っているのと胴体着陸時の
スキッドとしての効果を盛り込んで腹の部分は頑丈に作られている
米軍パイロットで彼女に写真を送るためならP-51、実際乗って戦うならP-47
とか言った人がいるようで、生存性はP-47の方がP-51を圧倒する
P-47が不遇な事は枢軸側に高々度爆撃機が居なかったことか

831 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 06:52:33.47 ID:S8jNJQhK
カルトベリは空冷エンジンぎりぎりに茶筒のように絞り込むデザインを
できれば使用したかったが排気タービンが過熱するの恐れて致し方なく広げた
また低翼にしたかったが下を通るターボのせいで中翼になった
そこまで高空性能は必要なかったが当時はドイツが高高度爆撃で侵入すると
おもわれていた。結果的には空振りに終わる

生存性は腹部にラジエーターに地上砲火でも一発食らったらドイツに不時着
ユダヤ絶滅収容所おくりのP51にくらべて空冷エンジンならシリンダーが吹き飛んでも
帰ってこれたそうでP47が優れてるというよりはP51よわすぎだな


ちなみにアメリカのパイロットは士官でありエリート大卒が多かった
ユダヤ人も多い。ゆえにドイツに落ちると生きて帰れる見込みはほとんどなかった

832 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 09:22:07.96 ID:S28Hi4qG
つまり戦争で乘るならP-47 競技で乘るならP-51か

833 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 09:53:00.45 ID:L/82+pP9
ドイツにもっとガソリンがあったら、
He177の大編隊による高校度爆撃もあっただろうになぁ

834 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 09:58:23.62 ID:TVsyKYGO
トランプだったら高価なP47採用でなく
陸軍にもグラマンF6F重点配備していただろう

835 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 10:08:35.96 ID:/o3Yr/pu
P47は重い機体を大馬力のターボでドッカン飛ばすアメ車みたいな機体で敵と地球と財布に厳しい機体だからね
製造コストも高ければ燃料もどか食いするから戦争終わった途端にすぐ退役だ

836 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 11:30:08.67 ID:S28Hi4qG
戦闘爆撃も高高度邀撃も存分にこなせる、戦争に勝つためには
非常に有用な機体 P-47

>>833
大学入試でもするのw

837 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 11:36:26.30 ID:dGT0LFlE
>>834
マクナマラ
せやな

838 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 12:06:57.54 ID:KYsVX265
マクナマラだったらP-47を護衛空母の艦上機に指定しかねないw

839 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 12:40:20.10 ID:gUELESog
>>831
P-47はベースの設計は基本的に低翼単葉機ですよ
主翼下側の膨らみは排気タービンシステム一式を収納させるためのフェアリングに過ぎない

840 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 16:53:16.03 ID:DNWN76aQ
液冷ではじまったP-47の勇姿たち
https://www.google.co.jp/search?q=XP-47&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiPkaXb1pvSAhXBI5QKHZyxB7MQsAQIKA&biw=1743&bih=854

841 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 17:44:51.77 ID:MVC32YLR
五式戦闘機に火星二五型つめば最強の日本軍機の誕生だ。

842 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 18:49:49.33 ID:x6fyR2uP
妄想ならそんな半端なのより震電にRRのNene搭載汁

843 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 19:47:29.67 ID:gcqYOGco
>>840
やっぱり子持ちシシャモじゃないか(憤怒)

844 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 20:14:00.59 ID:gUELESog
>>841
過強度の主翼のメタボ誤死期だと火星でもパワー不足だわw
最低条件がセントーラスもしくはグリフォンだな
エンジンを大出力化すればエンジンの重量増ばかりでなく燃料タンク容量潤滑油タンク容量
ひいては燃料や潤滑油の重量も増加するって事を知らない池沼が多いw
主翼は過強度でも胴体はそれほど丈夫ではないのでそっちの補強でも重量増
惨死期と誤死期は主翼の過強度が最後まで祟った産廃でしかないわw

845 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 20:22:58.73 ID:gUELESog
>>841
更に加えると、誤死期に直系の大きな火星を積んだ日にゃ武装が主翼の豆鉄砲x2のみになるが良いのかw
過強度なくせに主翼に豆鉄砲x2しか載らないとかどうよw
こういう話しをすると必ずマウザーを持ち出してくるガイジが出てくるもんだが、陸軍正式装備品のホ-5や後に
加わるであろう30ミリとかが主翼に載らなければ意味がない
誉など更に高出力なエンジンをを乗せるような話しが軍から提案されなかった時点でお察しではあるがw
誤死期はあまりに悲惨な惨死期のリサイクル手段でしかないって事だw

846 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 20:24:08.22 ID:x6fyR2uP
>>844
ki-61の胴体強度が足りなくなるソースは?

847 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 20:38:43.01 ID:3mWcRcC7
主翼の過強度と言っても具体的にどの程度過強度であったのか言えないので
喚いているだけに終始せざるを得ないな

848 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 20:38:58.92 ID:UXvSCRGI
四式戦×3<<<五式戦

849 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 21:08:22.83 ID:IOG4pbUZ
つかギリギリで設計してたら零戦みたいに、2型か五式に発展するときに
補強することになったんじゃねーの

つかいつも気持ち悪い当て字使ってる奴が一人で騒いでるだけなんだけどさ

850 :名無し三等兵:2017/02/19(日) 23:37:07.25 ID:VPYXN3Oa
>>849
ちょっとあれは気違い丸出しだよねえ…

851 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 00:23:13.05 ID:RbreObyn
随分前から愛用しているようだ

78 名前:名無し三等兵 :2010/10/02(土) 10:22:20 ID:???
ゴミみたいな生産数で実績もクソもないというのは
育毛剤と誤死期鮮も同じ

440 名前:名無し三等兵 :2010/10/02(土) 10:20:45 ID:???
明野は格闘戦至上主義者のすくつで
その教育をうけたパイロット達もみんな格闘戦のスキルしかない
そういうやつらが疾風を使いこなせずに誤死期鮮を評価するのは当然

852 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 00:24:07.52 ID:ye14ijzc
こんな変換するのも大変だろうになぁ

853 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 00:54:27.74 ID:Z7fE6yQW
廃物利用で戦争末期に少し溜飲を下げられた性能だったのかなー?やっぱり

854 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 00:56:03.31 ID:POtvyS2k
>明野は格闘戦至上主義者のすくつ

戦鳥のパクリか

http://www.warbirds.jp/ansq/8/H2000024.html

土井武夫氏(飛燕設計者)
「陸軍の明野飛行学校の人は格闘戦の達人だったんだけれども、段々戦争が長くなると達人たちも戦死してしまう。そうすると今度は200〜300時間しか乗っていない人が戦争に出ることになる。飛行機もやはりそのようなものを作らなければならない。」

855 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 02:53:40.56 ID:uKCrf/T6
「キ61の主翼にホ5を載せるには1週間あれば十分」てWikiに書いてあるけど本当かね

856 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 03:30:48.96 ID:WBbRbpxn
>>855
載せられる物なら載せている。
載せられないから丁型で機首を延長して機首に載せた。

857 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 03:38:32.47 ID:WBbRbpxn
>>849
海とか空に浮かぶ乗り物は無駄な重量増を抑え必要な強度で作り必要に応じて発展時に
補強する足し算が正しい考え方
スピットファイアなんかもグリフォン搭載に向けて各部の補強を行っていわけで、エンジンの高出力化や
急降下制限速度向上の要求など成功した機体で過強度な物とか無いかと

858 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 04:32:05.54 ID:hXtEOO0G
>>851
当て字が痛々しいな

859 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 06:28:52.90 ID:fY6ld/ye
>>844
>主翼は過強度でも胴体はそれほど丈夫ではないのでそっちの補強でも重量増

補強なんかしたっけ

860 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 09:00:45.87 ID:jnzDjq7M
>>857
正しいけど設計変更に時間かかるし
スピットもグリフォン初期型のMk. XIIは完全な強度不足だし、
マーリンですら本来MK.IXは暫定版でMk.VIIIが本来の形

861 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 09:04:07.79 ID:jnzDjq7M
>>857
>成功した機体で過強度な物とか無いかと

米軍機は英に比べてマージン大きく取ってるよ
だからエンジン強化繰り返してるけど大して補強してない
P-51Hは逆にスピット並みの強度基準で軽量化を図った

862 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 10:11:01.40 ID:jnzDjq7M
つか日本機は発展性がないと言われたかと思えば、
ダイエットしろと怒られたり大変だなと

F4Fなんてツインワスプとサイクロンのどっちも積めるアバウトさだぜ
無駄だらけにも程がある

863 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 10:20:52.42 ID:1i+EjjsZ
別にエンジンの変更した日本機も珍しくないんだが…
デリケートなのは重量バランスで強度自体が問題になるのは速度の向上が原因

864 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 11:04:01.89 ID:MO9C5Uy0
当の五式もバラスト積んでなかったか?

865 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 11:09:38.64 ID:JxN28jzl
零戦だって瑞星から比べりゃ約2倍だもんなあ
あれを「発展性がない!!」とかいうやつは頭どこに置き忘れたのかと

866 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 11:22:32.33 ID:jnzDjq7M
>>865
もっとも栄は瑞星より30mmしか太くないし重量もほとんど変わらないけどね

867 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 11:30:47.64 ID:jnzDjq7M
だから発展したというより瑞星の出力向上の目途がたたなかったので
栄に積み替えたと言った方が実情かも

868 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 12:15:03.08 ID:xMYv5B/Z
零戦 瑞星→栄→金星(試作)
キ43 栄→誉(計画)

・・・(´・ω・`)

869 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 12:17:31.91 ID:gY1Q0A6Z
当時の三菱の降流式キャブは逆Gで作動する機構が無かったから中島の昇流式0Gキャブ付きの栄を指定された

870 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 15:26:55.87 ID:1i+EjjsZ
>>854
今だと素人でもまじめに勉強して3〜60時間飛べば初歩的な練習機で単独飛行できるようになるし
2〜300時間飛んでれば軽飛行機の事業用免許取れる事を考えれば当時の戦闘機の操縦はやっぱり
難しいんだろうな

871 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 16:06:28.13 ID:hMHfaEz/
>>864
積んで無いですよ

872 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 17:17:02.39 ID:FbYVu3Eq
>>871
バランス調整用のを積んでなかったっけ?

873 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 17:19:02.52 ID:uKCrf/T6
>>872
三式二型に比べれば軽い軽い

874 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 17:28:33.89 ID:gY1Q0A6Z
勘違いしてる奴が多いが三式戦は揚力中心を調整するのに主翼を前後に動かせるようになってたが
重心位置は装備とバラストで調整するのはどんな飛行機でも同じ

今のジェット旅客機なんかは水平尾翼まで燃料を入れでポンプで常に各タンクに燃料を移動して調整してる

875 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 17:47:21.64 ID:64vAGZfc
日本機のエンジン換装の問題は

・エンジンの供給性
・設計陣の余裕度

機体がどうのより、この2点がネックなのが主な理由

876 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 19:17:05.59 ID:0FIjykrj
エンジンと名のつくものの大量生産技術は、当時アメリカの自動車メーカーしか持ってなかった。
日の丸自動車と叫んで、フォードを追い出した陸軍の自業自得だ

877 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 19:22:06.03 ID:hYMo3SwR
>>872
世傑、丸メカ、いずれでも確認できませんよ

878 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 19:36:56.87 ID:5vBiofJX
瑞星は小さいエンジンで栄に積み替えた。瑞星は小型エンジンだったと言うが
じつは排気量28リッターで栄の27リッターより大きく
そもそも金星ショートストローク化というわけで1300馬くらいなら発展の余地も無いワケではない

むしろ高回転が期待されたほどだったがバルブスプリングのトラブルを起こし断念される。
国産ダイムラーのときにも問題になるが、ドイツはスェーデン鋼でバネを作っていたのに対して
日本はアメリカ輸入くず鉄のため折りやすく、バネを作ることが苦手だった

瑞星はバルブスプリングを改修すれば高回転も期待できそうだがそれでは大掛かりになり
新型エンジンの折にしたほうがよかろう・・ということで瑞星は見捨てることになる

879 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 20:00:36.71 ID:jwPlTtR2
>>857
君、前も同じ事言ってなかった?

880 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 20:19:20.29 ID:mfq0iwW+
>>877
そっか、無かったのか
何かに載ってたような気がしたんだけど

881 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 20:46:06.59 ID:WBbRbpxn
>>861
胴体の軽量化はまだ可能性があるな
主翼だと作り直した方がマシな感じになる
>>862
日本の実用機でダイエットが必要なのは三式系の主翼だけかと
ハ-40の生産数が伸びず、出来ても歩留まりが悪い状況ならハ-40の良品が
一定数揃うまでに主翼設計のやり直しを行う時間的余裕はいくらでもあった
のに怠った。
>>860
は-40は140の生産状況を見れば設計変更の時間など掃いて捨てるほどもある

882 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 20:48:09.54 ID:WBbRbpxn
>>880
三式戦1型丁と2型改ではバラストを積んである
五式戦でバラストを下ろした記述がない

883 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 20:54:40.96 ID:HgaP7Ptv
三式戦が重くなったのは主翼の強度過多ではない。
重心の問題だ。
初期型飛燕は米軍機より遥かに軽量。
それでいて強度もある。
ホ-5を積んだら重くなった。
主翼より前後の重量バランスの方が遥かに重量に与える悪影響は大きかった。

884 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:03:35.34 ID:0FIjykrj
このころの日本製のバネはクソだからな。エンジンの不調から機関砲の&#33157;発までバネ一つでなんでも起こる

885 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:10:22.33 ID:0cAlEg3S
>>880
古い世傑では、小口さんの手記でバラストを除去したという記述がありますね

886 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:20:53.55 ID:mfq0iwW+
三式の主翼の設計変更の理由は20mm砲を4門載せる為、だったから
で、機首に20mm載せれる様になったから主翼を変える必要がなくなった

887 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:24:56.84 ID:LVZXrgMY
五式戦闘機に対して3機がかりでも勝てない疾風
格闘戦脳の明野だの擁護しても無駄
疾風は上昇力も急降下性能もクソ

888 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:28:41.09 ID:0cAlEg3S
>>883
小口さんはこう書いています
暴発対策の鋼板を機首に載せたからバラストが必要になったということですね

「(胴体上部の20mm機関砲の榴弾が砲口を出た途端破裂し発動機の補機を損傷するという事故にふれて)
 そのため、ものすごく厚い鋼板を使用して発動機覆いの砲溝を補強したのであるが、その結果として重量がぐんと増して、3式戦は尾部に平衡用錘を取り付ける必要が生じ(以下略)」

いっぽうホ五の暴発対策としての空気信管導入は昭和19年半ば以降(国本康文氏)とされています。
キ611型改、2型、2型改の設計時期には間に合わなさそうです。
キ100の設計や艤装には反映できたかもしれません。

889 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:31:54.77 ID:0cAlEg3S
>>885
補足です
小口さんの手記を引用しますと

「(ハ112への換装に際して)
  この換装に際して交換されたおもな部分を図2に示す。
すなわちキ61の胴体防火壁より前方の発動機架構(応力外皮構造部分)、および覆類、ハ40(ママ)、プロペラ、胴体後下部の水・油冷却器および付属装置と尾部のバラストなどを取り去って、
新たにハ112およびプロペラ、発動機架(鋼管溶接構造)、覆類などを取り付けた。」

 あわせて「図2」としてキ61 II 改の略図の尾輪上方に小さな四角が記され「鉛弾バラスト」と記されています。

 (この図は現行の世界の傑作機においても掲載されています)

890 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:38:29.08 ID:0cAlEg3S
さて明野ですが
陸軍航空関係者の寄稿集に一時期から重戦教育だけを行なって単機格闘戦の教育を全く行わなくなった、などの記述があったりします
明野と言っても単純ではないですね

891 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:38:32.64 ID:gP2cZ+zH
アメリカ製のハイオクとモービルの赤缶前提のひ弱なエンジンが悪い
金星というか、三菱の重いけど日本で作れる燃料と潤滑油で動くエンジンのほうが
当時の状況ではいい成績出す

892 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:56:28.05 ID:5vBiofJX
この時代の戦闘機にどれでも乗っていいよと言われたら・・・どれを選ぶかな?
個人的には
フォッケウルフ190・・・クルト・タンクのプラモデルのような整然とした合理性が好き
ホーカータイフーン・・シドニーカムの石橋を叩いて渡る思考、鋼管フレームは頑固だが良い

ぜったいに乗りたくない

零戦・・堀越という人間がアスペできもい
5式戦・・陸軍審査部も信用できない。土井ちゃんが口上手くて信用できない。
P51・・キンデルバーガーがつくる即席ランチみたいで信用できない。外板が剥がれそう

まぁのってもいい
紫電改・・菊原静男さんの人間味が良い
四式戦闘機・・小山やすしさんが誠実そう

893 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 21:59:38.52 ID:LXJCE0KB
>>892
その条件なら零戦だな
信頼性は抜群、練習機よりも扱いやすいとされる操縦性
良好な着陸視界、頑丈な脚

別に戦えと言ってる訳じゃないだろ?
だったら一番事故死の可能性が低い機体を選ぶわ、
四式とか、転覆したらレンガの下敷きとか書かれたタイフーンなんて論外すぎる

894 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:18:34.36 ID:lcCxpczy
戦争後期の零戦は実は博打だよ。
石川島で作られた栄がリアル殺人マシーン。
数百という単位で恐ろしいハズレがあるから。
空襲や地震の次にダメージがきつかったのがこれ。
本当に大事件だった。

895 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:23:02.35 ID:jnzDjq7M
>>892
個人的にはF6F
グラマンのパイロットマニュアル読んだり、コクピットレイアウト見ると
とにかく当時としてはとてもわかりやすくできてる

896 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:23:08.44 ID:aN1LK2Zw
「低空で格闘戦に巻き込めば勝てる」

っていうのは、一式戦や零戦を「強い」と言ってる人たちと同レベルだよな…。
所詮その程度の機体。

897 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:25:05.95 ID:jnzDjq7M
パイロットマニュアル読んだり、グラマンのコクピットレイアウト見ると

書き間違えた

898 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:26:19.90 ID:aN1LK2Zw
>>891
残念ながら、金星が1500馬力出せるようになったのは1945年なんじゃ・・・。
それまでの金星の評価は「馬力は確かにあるけど、重いわでかいわで爆撃機にしか使えない」。

899 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:29:04.56 ID:NNgmymx6
四式戦は離陸直後にプロペラ制御の電気系統のヒューズが切れて墜落…

900 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 22:58:02.77 ID:xD+6o4wb
でも金星は1943年でも戦闘機用としては良いぞ
栄+水メタタンクより合計重量では軽量だからな。
実は軽量設計とされる誉も水メタタンクの重さを加えるとハ42より重い。
隼3型の機動力は1943年時点で可能になる。

901 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 23:09:20.19 ID:NNgmymx6
海軍も昭和18年に零戦の金星換装検討してるよね
でその結論

(イ) 金星装備により機体補強せざるものは航続力四割減且強度6Gにして実用価値なく之を考慮せず
(ロ) 同補強せるものは航続力二割減 速力12ノット増となる
(ハ) ロ項は翼面荷重134程度にて甲戦として使用し得るも雷電に比し性能下る
(ニ) 直に改造に着手するも十九年度夏頃に生産の見込つく程度
(ホ) 今より発動せば雷電増産にて三菱の零戦予定分は補い得
(ヘ) 十七試艦戦出現(二十年初)迄は艦戦として必要につき中島社生産分は現状のまま進む

902 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 23:27:09.13 ID:Uv809xlx
零戦はそうだよ。
だが隼は金星より重量が増す水メタ栄を積んでも性能は良かった。

903 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 23:31:51.38 ID:1i+EjjsZ
どれもエンジンに問題が無ければ三式戦二型を選ぶのが正解だろう
公称馬力同じで自重で300kg以上五式戦より重いのに5,000mまで五式戦と同じ6分で昇る
さらに降下加速で優れるという事は機動で勝つる

904 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 23:35:38.05 ID:aN1LK2Zw
雷電にまだ期待してた頃の話か

905 :名無し三等兵:2017/02/20(月) 23:35:52.80 ID:ye14ijzc
じゃぁ俺はF-5でお前らを蹴散らす

906 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 00:04:22.74 ID:nzv9wPkf
金星のライバルって、栄じゃなくて火星じゃね?

907 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 00:53:12.07 ID:OMYfLYQR
大型機用は火星
中型機用は金星
戦闘機用は瑞星

908 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 01:34:10.45 ID:MhrQAu66
>>882
>五式戦でバラストを下ろした記述がない

無知なら無知で黙っといたら

909 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 03:17:43.34 ID:B4r4zGMM
>>857
>スピットファイアなんかもグリフォン搭載に向けて各部の補強を行っていわけで、

−P.クロステルマンは、1944年の状況について次のように書いています。
「…フォッケウルフFw190やメッサーシュミットBf109との戦いでは、タイフーン部隊はしばしば12機中6〜7機
の損害を出していた。スピットファイアは無力であった…」
タイフーンというのはイギリスの戦闘爆撃機で、戦闘機スピットファイアがこれを護衛したわけです。それで質問なのですが、
あなたのいた戦闘機連隊が護衛した襲撃機も、1944年には同じような規模の損害を出していたのでしょうか?
 いいや。あんた、何を言ってんだ?!12機の襲撃機で出て6機落とされるなんて、護衛機の隊長は軍法会議ものだよ。
議論の余地もないね。1944年はおろか、1943年だって許されないレベルの損害だ。
−それでは、どの程度の損害までなら許容されたのでしょうか?
 12機なら1機、多くても2機だな。もしも6〜10機のヤクに対し、12〜16機の「メッセル」が襲ってきた場合の話だ。
それだったら、あるいは許してもらえたかもしれん。許してもらえるといったって、それは軍法会議にかけられないだけの話で、
いずれにしても護衛隊の長機は陰で色々言われることを覚悟せにゃならんがね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

910 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 11:26:40.84 ID:vnQUxX34
>>901
結局それなんよね
同時期の栄より2割増しくらいのパワーだけど微妙に大きく重いぶん、あれこれ性能を食われてアレレなことに

911 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 12:00:47.38 ID:Oj1ejslZ
>>910
大きいエンジン換装してパワーアップ、はどこの国も考えるけど
航続距離落ちるから結局やらないことが多い
上で書いたF4FもR-2600への換装考えてたけど、結局
別物に発展(F6F)か、機体規模同じで再設計(F8F)したし

換装が上手くいくのは現状より軽量化する(FM-2)か、
かなり高出力なエンジン(五式戦)が入手できる場合限定

912 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 12:13:07.00 ID:QRe8JSH5
でも隼は三型で成功したのにな。
燃費が原因なのか?

913 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 12:39:07.02 ID:SwHQ58uA
>>912
零戦は胴体前部に燃料タンクがあるから金星や水メタなどを積むとそこが圧迫され航続距離激減するからどこかで燃料搭載量を補わなければならなかった。それに加えて潤滑油タンクもあるのでエンジン強化は難しい。

隼の場合は燃料タンクは無いが潤滑油タンクがあったので胴体後部に水メタを付けたから成功した。

零戦と隼とではエンジン強化へのハードルが違う。
胴体前方に燃料タンクがあるかないかの違い。

914 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 14:05:30.13 ID:lzYDZzs0
>>912
三型は単に出力向上しただけじゃね?

915 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 16:20:42.36 ID:YbzZxu7m
>>914
「出力向上しただけ」で済んでるのがもう成功してんじゃん
零戦の場合は重量増加と航続距離が酷くなる

916 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 16:24:44.29 ID:vnQUxX34
それは零戦だけの問題なのかと…

917 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 16:32:16.04 ID:mA7SnEVg
零戦だけの問題ではないが

でも隼は金星より重い栄+水メタの組み合わせでも改良出来てるんだから

少なくとも隼と零戦の拡張性を同列に語ろうとは思わない事だ

918 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 16:39:17.01 ID:mA7SnEVg
金星が戦闘機用に向かないという為にすぐ零戦に金星の換装の事例を持ち出すけど

零戦は胴体前方に燃料タンクあるという事情があるのをすっかり忘れているんだよね

金星五x型は栄に水メタノール足した重量よりむしろ軽量という事を忘れてはならない。

919 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 17:36:10.82 ID:I73XPBPI
零戦の場合、金星換装は「栄の需要を減らすため」なんで、雷電で代替し零戦の生産数が減れば必ずしもやる必要が無かった(次期甲戦の開発も進行中だったし)
つまるところ零戦が苦しんだのは雷電と烈風の開発遅延のせい

920 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 17:36:27.31 ID:jOUFWglT
零戦に限らず、無茶ぶりばかりする海軍が悪い
陸軍も、時折やらかしたけどあれもこれもそれもみんな一つでやろうとすると駄作になる

921 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 17:42:20.57 ID:eLe4uL70
彗星のアツタ32は陸軍が無茶振りしたハ40と違って悲惨な状態にならなかったわけだが

922 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 17:50:43.57 ID:ru3yxBcQ
熱田は焼き入れの時間を長くしたんだっけか

923 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 17:57:12.14 ID:I73XPBPI
シリコンマンガンクロム鋼とクロームモリブデン鋼ってどっちのがいいのかね

924 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 20:17:42.77 ID:gi5tSWq9
愛知は水冷の経験があったし、生産の準備もしてて受け入れる用意があった

川崎は言ってみればいきなりやらされてるんだよね

925 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 20:48:30.68 ID:5o2DH+2b
実は四式戦に金星載せたバージョンがあるが、「速度は落ちたけど旋回性能は良かった」という五式戦そのものの評価になっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%BC%8F%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F#.E7.99.BA.E5.B1.95.E5.9E.8B

キ116
満州飛行機での転換生産型。発動機を信頼性の高い三菱ハ112-II(公称1,500馬力)に換装。
プロペラも3翅とし、全長が重心調整のため20cm長くなり翼面荷重は制式機より25kg程度減少したこともあり、速度がやや低下したが、飛行特性も向上したといわれる。
かつ、エンジン他での1,000kg重量減少はエンジン出力の約300Hp低下を十分補って余りあるものとなった。
特に翼面荷重はキ84の185kg/mに対して160kg/mになったために旋回性能や、離着陸性能はむしろ向上したものと容易に推定することが出来る。
試験飛行の結果は良好であったが、各種飛行特性や厳密な性能測定の直前の1945年8月9日ソ連侵攻に遭遇し、関係者の手により機体・設計図とも自らの手で処分された[28]。

926 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 20:56:02.50 ID:drw4s2eN
>>919
つか堀越が雷電を尖った仕様にしすぎw要求する海軍も海軍だけどさ、
あんなので対戦闘機戦できないとか当たり前だろがと
二単ちょっと大きくしたような局戦で素直に妥協しとけっつーの

927 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 21:44:44.18 ID:i4yt8doW
>>926
ライデンのことね
302空の「赤なんとか」(お酒と女の人が好きで有名な人)さんが
空戦フラップをうまく使えば、格闘戦も可能!といって
グラマンF6Fを相手に、ライデンで格闘戦をやっていたよ

928 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:06:28.63 ID:At+ZpXZO
>>911
F6Fも元はR2600で試験していた
R2600でいいならF6Fの初飛行もかなり前倒しできていた

まあ、ここの住人は馬力のことしか頭に無いから
R2600がなんで戦闘機に積まれず
R2800しか戦闘機に積まれなかったのか答えれる人間はいないだろう

929 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:10:00.96 ID:K0cLyMnG
>>924
川崎の開発した戦闘機は全部液冷エンジンだし愛知に経験で劣る根拠は?
KDA-3(試作) BMW-6、イスパノ・スイザ(輸入)
九二式戦 BMW-6改、BMW-7(ライセンス生産)
キ5 ハ9-I(自社開発)
九五式戦 ハ9-II(自社開発)
キ28 ハ9-II(自社開発)
キ10-II ハ9-II(自社開発)
キ60 DB601A(輸入)
三式戦 ハ40(ライセンス生産)

930 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:29:28.70 ID:V0i3hMdV
>>929
液冷古参の川崎に対してむしろいきなりやらされたのは愛知の方だよなぁ
愛知は水冷はロレーヌ12Eをごく一時期生産してただけでぷっつり終わってるのでノウハウも途切れている

931 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:34:50.93 ID:V0i3hMdV
後は少数の試作レベルしかやってないで細々と続けてただけ。
それでも愛知の熱田がハ40より質を保ったのは愛知のポテンシャルと努力と海軍の事情があったからこそで褒められるべきものだと思う。

932 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:43:54.30 ID:iqR2zjdz
>>927
雷電に空戦フラップはないよ・・・

隼の金星換装の問題点は主翼に武装積めないところだろ
金星なんて隼が積んだら武装なしの練習機になってしまうぞw

933 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:49:04.05 ID:4bMxCVbz
カワサキの体質もさることながら、ダイムラー用の工作機械を買わなかった点が大きい
買う予定は一応あったが開戦で消えたとも言われるが
ようするに海軍はあるていどの工作機械は持っていたということだろう。陸軍の差はそれだけ

イタリアはアルファロメオが容易にダイムラー国産化してるしスェーデンもDBで苦労した話はない
つまるところ道具が揃えば誰でも作れた

934 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:50:51.58 ID:5ohvXv1O
>>929
経験が無いは間違いだったな
DB601はそれまで扱ったことのあるBMW発動機とは大きく異なっていて
過去の経験があんまり役に立ってない
そんなのを充分な時間とバックアップ無しで大量生産やらされてる、と

愛知の方が昭和10年にはDB600の製造権を取得してるし、熱田11型として採用も
されてる

どっちにせよ、愛知の方が量産体制がしっかりとられている

935 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 22:57:06.41 ID:5ED6JK/Z
>>932
自動じゃ無いだけで蝶型フラップはついとるよ

936 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 23:11:18.70 ID:iqR2zjdz
>>935
蝶型ではなく、ファウラー式だけど空戦フラップついてたね

937 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 23:13:27.09 ID:K0cLyMnG
工作機械は量産する上で重要だけど生産数が少ないなら汎用工作機で代用は効く
戦前の生産計画で採用されたハ40は誉と同じで作りすぎたエンジンだっただけだろう

938 :名無し三等兵:2017/02/21(火) 23:28:10.41 ID:v7kMNTyk
つっても九八式軽爆撃機の時点で稼働率悪かったけどな。
最後の方はエンジンはまともになりつつあったが艤装がボロボロ(大型ラジェーターからの液漏れが止まらない)

実存するハ40も、ボールベアリングの加工精度は実は愛知と比べても悪くなかったから材質はともかくエンジン加工精度は頑張っていた様だが、艤装があまりよろしくない。

939 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 00:04:15.60 ID:Z4tdnX4y
というかハ40の致命的駄目なところって、寸法精度じゃなくて熱処理の方じゃ無いの?
ノンニッケルで熱処理してたから、良い熱処理屋さん捕まえないとね(アツタは少しニッケル使えたらしいけど本当だろうか?)

腕の良い熱処理屋さんを見つけるのは現代でも大変だしなあ

940 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 00:27:15.33 ID:hg4saJz4
>>927
渡辺洋二によれば、赤松中尉は雷電でひざの上に芸者を乗せてハメながらP-51を撃墜したらしいね

941 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 00:46:34.99 ID:yNyK/HMf
まだそんな与太話信じてる人が居るんだw
大体雷電のP-51撃墜歴なんてないってのが現在の定説だよ。
赤松さんは確かにP-51の撃墜記録があるが零戦52甲だよ。
赤松さんが雷電を乗りこなした数少ない搭乗者だったからそれとP-51の撃墜歴が結びついて勝手に伝説が生まれただけだよ。

942 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 01:08:59.33 ID:O6cF2cKr
しかも宴会でまわしてやったそうだ

943 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 01:17:46.54 ID:3DsADDeU
>>941
>>940はコピペガイジだ。構うな

944 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 02:53:06.47 ID:3TQRv+yt
ピーキーな問題児作ってこそのKawasaki
排気量こそ正義!メンテは他所でやれ!

945 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 09:43:14.72 ID:TMYrRKOD
>>936
手動空戦フラップは陸海で採用したけどどれも使えないとされたね
思うにフラップは揚抗比を悪化させるから旋回率はむしろ低下するはずなのでそれを嫌ったんじゃないのかな
紫電改とかの自動は良かったみたいだけどやっぱり実戦ではあまり使わなかったらしいし

946 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 10:06:29.29 ID:W+pBotPG
雷電のファウラーフラップは離着陸性能の向上が主眼であって
空戦フラップとしての機能はオマケ

947 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 10:09:34.31 ID:9/UF6MAh
当たり前だろ

948 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 10:21:00.99 ID:tj8L4453
フライトシムなら空戦で旋回率を上げたり減速してやり過ごしたりフラップをよく使うが
実際は咄嗟に操作レバーを持ち替えないと使えないんでよほど狙ってたタイミングで
身構えてないと使えないだろうな

一番有効的な使い方は失速域で落ちないように出す事だけど敵機から目を離せないんで
大気速度の低下で勝手にフラップを降ろしてくれる自動空戦フラップが素晴らしかった

949 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 11:18:31.73 ID:13DxU5JE
紫電改の空戦フラップはもっと凝ってるぞ
速度だけじゃなくて荷重倍数を感知してある程度速度が出ててもフラップが降りるし
高速時や背面飛行では出ないようになってる

フラップ開度を無段階変更できたのが重要なポイントな

950 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 11:28:09.81 ID:qKVRSGhT
>>917
そもそも零戦の強化も栄31が本命で53から導入予定だったけど減速歯車欠損事故で手が回らなくなったんだが…
結果として「積まなかった」のを「拡張性が違うからだ」って言われても

951 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 11:42:13.92 ID:musyzgAt
>>950
そういう意味じゃなくて
零戦が水メタを積んだら金星並みに翼面荷重悪化したのは拡張性が違うからって事だろ

952 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 12:00:53.56 ID:13DxU5JE
は?w

953 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 12:06:08.24 ID:musyzgAt
金星への発動機換装の検討が零戦しかない以上、このソースに固執するしかないのは仕方ないけど、零戦は胴体前方燃料タンクという事情があるという事は忘れてはならない。
決して金星5x型が戦闘機用に向かない理由にはならない。

954 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 12:16:18.91 ID:13DxU5JE
零戦は胴体タンクがある代わりに隼は主翼に増そう2つ吊れるだけ
零戦も2つ吊れるようにしたから何も変わらんわけだが

955 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 12:23:34.00 ID:SNh0wMeS
紫電のも、使えないといわれてたように実用性にかけるギミックだったな

956 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 12:47:20.13 ID:ycVDklgc
日本軍機の懸架装置や機構についてだが不具合の率とかは
連合軍に比べてどうだったんだろうね 落下増槽が落ちないだの
爆弾が落ちないだの

957 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 12:59:17.19 ID:XbhLtXHB
データはないだろうけど、保存機見る限りまあお察しだろうなあ

958 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 13:05:06.25 ID:13DxU5JE
専門家でもないくせに見ただけで不具合が分かるとか笑わせるなよw

959 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 13:05:27.78 ID:Mrp2bXZh
>>953 君は金星5x型が栄三一型と同等と考えているようだが、そうではないぞ。

確かに水メタノールなども含めた総重量,出力でも亀甲だが、金星はエンジンが重く、栄三一型は重量が分散している。

なので金星5x型を積んだ一式戦と史実の一式戦三型では、エンジンマウントの強化で重くなり前者のほうがやや性能が落ちる。
零戦は確かに栄二一型に換装しただけで燃料タンクが圧迫されるデリケートな機体ではあるが、金星の性能を引き出せる機体フレームは三式戦しかなかったと思うぞ。

そもそも金星はおろか栄に水メタノール噴射追加した三型でさえ200kg弱の重量増加をきたしているから急降下加速以外は、性能はおまり向上していない。
金星の、エンジン側の問題というより、軽戦の限界ということだな。

960 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 13:51:41.47 ID:H3M6xjOd
>>956
そういうのに関しては、空技廠のトップが連合軍機に比べてはっきり劣ると戦時中に認めてるな

961 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 14:52:34.15 ID:W+pBotPG
>>960
なぜそう言うところが劣ってるとハッキリ分かってるのに
人的リソースを景雲に回したんだよ・・・

962 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 15:03:10.68 ID:bYkN8MtV
>>961
景雲の開発スタッフを実用機の改良改善に回したとして、ほんのちょっとでも役に立つとはとても思えないなあ。

むしろその疑問は「なぜあんな自称技術者が多数在籍していたのか」じゃないか?

963 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 15:10:14.25 ID:kZgxxsZO
栄の14気筒28リットルクラスでは、水メタ使用時で1300馬力程度までしか上がっていない(未使用時1190馬力)
ほぼ似たような14気筒30リットルのR-1830でも1350馬力(R-1830-94)程度までしか上がっていない

金星も14気筒だが、こっちは32.34リットルあり、1500馬力程度まで上がっている
ほぼ似たような14気筒32.8リットルのR-2000でも1450馬力(R-2000-3)程度までしか上がっていない

隼も零戦も1000馬力程度の空冷エンジン利用を前提にした戦闘機であるが、
水冷(液冷)エンジン利用を前提にした戦闘機と比べて、どうしてもエンジン直径で胴体の空気の流れが変わってしまうため、
五式戦(正確には違うけど)とかF4F(→FM2)などごく一部以外の空冷エンジン戦闘機はエンジンを積み替える事ですべて新しく設計をし直し、結局新機種となってしまった

964 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 18:38:56.66 ID:wrKI34Yi
>金星の性能を引き出せる機体フレームは三式戦しかなかったと思うぞ。
三式戦は過強度で重すぎるから金星では役不足で機体に見合った発動機を高出力エンジンを
となると胴体銃をあきらめないと行けないから意味がない。
急降下で音速近くまで出ても壊れないとかどれだけ過強度になっているんだか

965 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 18:55:45.77 ID:tj8L4453
いや降下加速で五式戦はおろか米軍機もぶっちぎる三式戦だからその強度が必要だった
フルパワーダイブで500mも急降下すれば350km/hは加速するし1000mならどんな機体も音速超えて空中分解
優位から急降下攻撃するなら丈夫過ぎる機体など存在しない

966 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 18:55:58.61 ID:t5WjOabx
重すぎることないだろ。エンジンは兎も角、機体は。

967 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 19:00:04.43 ID:MEIORiK7
オウム真理教に殺された坂本堤弁護士(深夜自宅に押し込まれ一家皆殺し)が住んでいた団地の他の住人(7世帯)は、
全員事件の起こる半年前より後に越してきた人達だった。

そのうち5世帯が創価会員の世帯。
神奈川県警は事件当初、この住人達全員に行動確認をかけていた。
その矢先に当時の城内康光県警本部長のレイプ疑惑や
生活安全課の幹部がノミ屋を張っていた疑惑が突然次々と出始め、
行確をはずしたら、マスコミからの疑惑追及も止まった。

それで勢いの付いたオウムは脱会信者の家族らを次々とVXガス(今回の金正男殺害で使われたのと同じもの)で襲撃。
当時の官房長官だった野中広務は
北朝鮮詣でから帰ると出所不明の大量の金を政界にばらまき始め、自民党の実質的な党首におさまり
公明党を政権に引き入れた。

ネトウヨもまだいないし、韓流ブームもまだ無い頃だったけど、あの頃から俺達の国はもうおかしかった。

968 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 19:25:02.29 ID:qKVRSGhT
>>965
絶対壊れないように作ったら40トンくらいあるんだけどそもそも優位な位置につける方法がわからなくなりました

969 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 19:30:45.01 ID:tj8L4453
>>968
スペースシャトルみたいに打ち上げればいい
タイルが剥がれなければ大丈夫!

970 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 22:20:39.53 ID:E/PSOfpi
>>964
あの変な当て字やめたん?

971 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:08:04.28 ID:h2w32shG
疾風大好き過強度君は軽量化をした疾風がクソ以下の機動力と急降下性能しか無い事を受け入れるべきだ
疾風3機より五式戦1機の方が価値がある

972 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:27:32.55 ID:00mPi0u2
過強度君はそのためどれだけ翼が重くなったか数字を出せばいいのに

973 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:28:10.14 ID:wrKI34Yi
>>96
そんな強度求められていないしw
設計負荷を大きく超えて壊れない機体は設計ミスだし、その糞重いことが原因で
護衛対象の爆装重爆の上昇において行かれるとかそっちの方が問題
バカの見本の三式厨w

974 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:30:25.76 ID:wrKI34Yi
>>966
設計強度計算を間違えましたってのは土井自身が言っていることだし、
三式戦の設計重量を大きく超える完成機のの重量を見れば解ること
主力生産タイプの丁では更に重量が増えて重すぎるのは明白だが

975 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:33:55.73 ID:wrKI34Yi
>>970
それおれとちゃうし

976 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:34:58.69 ID:wrKI34Yi
>>968
現状ですでに優位な位置に付くことすら出来なかったしw

977 :名無し三等兵:2017/02/22(水) 23:54:33.02 ID:tj8L4453
急降下制限速度くらいしか勝るところが無かったF4Fは零戦より優位に位置する事は不可能だった
という結論になるな

978 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 00:23:43.89 ID:1ZAUWpNU
そもそも彼ら疾風ファンは、五式戦ファンに格闘戦でも一撃離脱でも叶わない機体だとからかわれ続けて五式戦闘機に激しい憎悪を抱くようになった。

更に教導隊のベテランに五式戦>>四式戦×3機、なんて屈辱的な事を言われ更に憎悪を深めていった。
その一人が過強度君。
彼は今もこれからも出力不足や重量過多を叫び続けるんだろうな。
それを嗤う事が出来ない四式戦から目を背けながら。

979 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 00:31:53.49 ID:bQsTdD+v
>>844

>過強度の主翼のメタボ誤死期だと火星でもパワー不足だわw

過強度君は当て字君だな

980 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 00:49:50.42 ID:nIbd1m8V
一式戦・・・陸軍航空隊のワークホース
二式戦・・・対爆撃機用の機体としての評価が高い
三式戦・・・陸軍初の20mm装備機として1943年の航空消耗戦を戦う
四式戦・・・フィリピン決戦に間に合った



五式戦・・・存在意義皆無

981 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 00:52:05.33 ID:1ZAUWpNU
マジじゃねえか

0854 名無し三等兵 2017/01/20 13:04:41
>>850
グリフォンやセントーラスでも過強度だよwターボプロップあたりで何とかw
>>851
設計強度ギリギリに作ってエンジン換装で速度が上がれば補強と言うのが正解
重く作るだけなら朝鮮猿にもできる
ID:5dltLIhK(4/5)

0915 名無し三等兵 2017/01/21 02:02:28
>>901
過強度の主翼のおかげで急降下制限速度が音速近くまであると喜ぶ惨式厨
クライアントである軍はそんなこと要求していないし、グリフォンやセントーラスを
搭載するような戦闘機でもそんな要求をしていない。
挙げ句の果てに護衛対象の爆装重爆の上昇にもついて行けないピザ体質の
メタボ戦闘機が優秀だって?
川崎の設計は戦闘機であろうと軽爆であろうとお構いなしに基本設計を流用
させて最適化した物になっていないので無駄だらけ=無駄に重い
ID:kUQkbclb(1/34)

982 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 01:17:57.13 ID:TpTUXw59
>>882
>五式戦でバラストを下ろした記述がない

>>889で即行論破

過強度君は痛いだけではなく無知でもある

983 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 01:24:21.78 ID:lvXAZm5b
この人か
7年の間にこじらせていったんだな

915: 名無し三等兵[sage]
2010/10/11(月) 16:04:54 ID:??? AAS

降下速度1000km/h出せたというのは無駄に上部に作ったという設計ミスを端的に表してるにすぎん。
グリフォンやセントーラスがあればこそ活きるが、そんな物は設計時点から最後まで計画すらない。
ハ-40ベースにどれだけ強化しても、グリフォンに足元にすら及ばない。
また、ハ-40系以外の変人を使う場合は機体の大幅な設計変更もしくは重たい鋼製のエンジンマウント必須で
いずれにしても更に重量は増えるので、グリフォンやセントーラスをもってしてでも活かせるかどうかが実は
かなり怪しい。
絶対確実な方法は、ターボプロップでも載せるほか無いがそうなれば機首武装はおそらく無理で主翼共々
新規設計する他は無くなる。別の機体になってしまうなw

984 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 01:55:57.58 ID:Ymx76rmx
一式戦・・・対戦闘機用途に絞り込んだことで劣化しなかった
二式戦・・・迎撃機としてはぴか一の上昇力を持つが、エンジンと※軽武装に泣く
※ 航空機用20mmが陸軍の正式武器になるのは、1942年の二式二十粍固定機関砲から
三式戦・・・エンジンが陸軍の横やりでどうしょうもなかったが、機体設計がよく、五式戦の土台になった
四式戦・・・完璧な二式戦だが、やはりエンジンに泣く。アメリカの整備力で「日本最良の戦闘機」となる
五式戦・・・メンツなどで作られるのが遅すぎ、実戦回数がごくわずかなため、実力不明

四式戦・・・戦時中の日本で扱える最良な内地戦闘機
五式戦・・・戦時中の日本で扱える最良な前線戦闘機(各種想定上)

985 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 02:15:37.46 ID:nIbd1m8V
>>984
三式戦は同型のエンジン装備したBf109Eに、火力と最高速で勝ってる。
しかも機体は三式戦の方が大きい=重くて空力も悪化してる。

DB601シリーズ装備の機体としては、三式戦は実はできがいい方。

986 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 03:06:51.67 ID:M1O/fM4Y
>>977
F4Fと三式だと次元が異なるからw
もちろん惨式の方が酷い意味でw

987 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 03:08:42.82 ID:M1O/fM4Y
>>985
三式戦丁の性能がどうだって?w
同時期のBf109F徳倉寝てモノを言えw

988 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 03:12:44.13 ID:M1O/fM4Y
>>983
ターボプロップでも載せるほか無いがっていうのはあたってると思うぞw

989 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 03:15:34.95 ID:nIbd1m8V
めんごめんご。
EじゃなくてFだったわw
Fなら三式戦の方が強いw
大体、Eから馬力変ってないのに、重たい20mmなんか積んだら性能落ちるの目に見えてるわな。

990 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 03:23:01.45 ID:M1O/fM4Y
火葬戦記だと五式戦が活躍しているのがレッドサンブラッククロスくらいか?
ジェットが飛び交う世界でハードポイントを増やした戦闘爆撃機としての存在だが

991 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 03:24:00.40 ID:M1O/fM4Y
>>989
丁がFより上ってどこのパラレルワールドの住人?

992 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 09:41:48.77 ID:gYK66vXK
F4Fだとそれこそ三式戦に何一つ勝てる要素が無いわけだが…

993 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 09:49:32.34 ID:7V5zwAWH
三式の降下速度1Mm/hだの音速だのウジの湧いたデマをまだ信じてるのがいるとは
レシプロのターミナルダイブではプロペラ自体が大きな抵抗源になる(流速が音速に達して大きな造波抵抗を生じる)から、
機体の空力的な損得より何より大馬力エンジンでないと降下速度が稼げない=自由落下では音速までいかない
ハ-40(あるいはハ-140)程度じゃどんなに足掻いても無理
試製紫電改がやっと850km/hに迫った程度

994 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 10:31:49.74 ID:gYK66vXK
急降下加速はすぐにプロペラの推進効率が無くなるんでいくら馬力があってもダメ
空気抵抗が小さい機体がずっと有利

995 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 10:42:44.19 ID:cETzcYGL
川西の自動空戦フラップ機構は無段階でなくて三段階でなかったっけ?

996 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 10:56:46.27 ID:gYK66vXK
>>995
フライトシムだと3段になってるんでそう思ってたけどwikiだと段階式になってないな
どっちが本当なんだ?

997 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 11:00:42.89 ID:c+T4g3ah
過強度君(=当て字君)は6年以上も呪縛霊と化して発狂し続けていたのか
哀れだな

998 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 11:13:35.85 ID:cETzcYGL
>>996
碇本だと3段階って書いてあったと思う
電極2つで三段階検知

999 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 11:22:21.09 ID:Jq+Tmcli
軍の要求仕様に逆らって配慮したことで現場であったり
兵士であったりがものすごい助かったり、発展性に寄与した例は
あまたあるからのぅ

Fw190の足回りはDr.TANKが倍の強度で設計したので
後々、新兵がラフに着地しても壊れなかったってことだし
あのカラシニコフも耐久性やメンテナンスに関する要求仕様は
もっと楽なものだったのを酷い環境下や取り扱いに慣れていない人でも
出来るだけ扱えるように・と気を配ったってコメントしていた。

1000 :名無し三等兵:2017/02/23(木) 11:33:40.33 ID:YLVQK50k
自動の場合は上げ下げと停止をマノメータで制御する無段階だが手動では操作困難だから
レバーは3段になってる

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 32日 20時間 6分 34秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

343 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)