5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】四型 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 15:24:03.84 ID:HJP3/3m6
陸軍単座戦闘機の最後を飾り、パイロット達の士気を大いに高めたキ-100 五式戦闘機について語りましょう
五式戦に絡めてならキ-61 三式戦闘機「飛燕」の話題もOKです

前スレ
五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】三型 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1458396523/

2 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 15:55:29.31 ID:bVbOxUPt
>>1

3 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 19:22:39.23 ID:UjF3xbzi
【傑作機か】四式戦闘機疾風Part20【欠陥機か】
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1391685435/

Aircraft production of all types, including training planes, was stepped up from 700
planes per month in the summer of 1942 to 2,572 planes in September 1944.
Aircraft engine production was not only increased correspondingly in numbers,
but average horsepower was doubled.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

>average horsepower was doubled.

競合他機種な陸軍機でかつ残り一年な四式戦を3500機生産した日本軍部はキチガイということなら、
それ以前に太平洋戦争を決断した日本軍部はキチガイということになるはずだ。
四式戦は誉エンジンが悪かったというが、栄エンジンの零戦52型は防弾が悪かったといわれる。
また太平洋戦争は連戦連敗だが大陸打通作戦は連戦連勝、制空権の無い戦場で地上軍がどうやって進軍するのか。
バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
対日戦争はおまけで日中戦争はおまけのそのまたおまけというなら、仏印進駐やハルノートもおまけとなる。
何のためのシェンノート空軍だったのか、また朝鮮戦争のソ連義勇空軍と比べてどうなのか。
米国はソビエト大祖国戦争と中国抗日戦争を支援したのに、これでは恩を仇で返されたことになる。
ちなみにトルーマンはヨーロッパの戦いが終わった後の1945年7月にスターリンとのポツダム会談に臨んでいる。
なお連合国と日本との戦争終結は1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約であり、
第二次世界大戦と朝鮮戦争とを別々に切り離すことは出来ない。
1943年のカイロ宣言と1952年のサンフランシスコ講和条約では台湾の扱いが違っているが、
これは連合国は対日戦争方針を、戦争終結までに大きく変えたことをはっきり示している。

あるいは米国にとっての真の敵はナチスドイツでも大日本帝国でもなく、ソ連と中国だったということなのか?
日本軍が嫌いで、日本軍のやることなすこと全てを否定しないと気が済まないのか?
あるいは大日本帝国の底力が発揮されるのは、五式戦闘機が出現した1945年3月以降だってか?

4 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 19:34:35.15 ID:pIsnJwHo
よーしパパ水エタノール噴射しちゃうぞ

5 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 19:50:49.04 ID:MnHvyXSP
わぁい水エタノール あかり水エタノール大好き

6 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 20:21:20.39 ID:pIsnJwHo
昨日、五式戦に乗ったんです。五式戦。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、欲しがりません勝つまでは!、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、水冷エンジンが足りないくらいで普段乗らない五式戦に乗ってんじゃねーよ、ボケが。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で五式戦か。おめでてーな。
よーしパパ水エタノール噴射しちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、マウザー砲やるからその席空けろと。
五式戦ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
三式戦に乗ってる奴といつエンジンの取り合いが始まってもおかしくない
空を飛べるか工場横に首無しで転がるかそんな雰囲気がいいんじゃねーか。初心者は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、フイレット大盛りで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、フイレットなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
お前は本当にフイレット付けて飛びたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、フイレットって言いたいだけちゃうんかと。
五式戦通の俺から言わせてもらえば今、五式戦通の間での最新流行はやっぱり、
単排気管、これだね。これが通の頼み方。
単排気管てのは排気で空気抵抗になる渦を飛ばす。そん代わり上から見るとオタマジャクシ。これ。
で、エンジン不調も無い。これ最強。
しかしこれを頼むと次から米軍機にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、四式戦にでも乗ってなさいってこった。

7 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 20:56:20.12 ID:am9CLScZ
五式は疾風より上なのか...当時最強ってこと?

「明野教導飛行師団における1式戦III型、3式戦II型改、4式戦との模擬空戦では、上位、下位いずれの想定場面においても5式戦は有利に戦えることが実証され・・・」
世界の傑作機 No.23 文林堂

8 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:05:21.25 ID:NMu/UkNB
とりあえず世傑から
五式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間(陸軍資料)
珍しく高度別の速度と上昇時間の数字がわかる

【最大速度(km/h / 高度m)】
 500 / 1000
 520 / 2000
 539 / 3000
 543 / 3210
 536 / 4000
 551 / 5000
 575 / 6000
 578 / 6140
 568 / 7000
 556 / 8000
 542 / 9000
 527 / 10000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'12"
 2000 / 2'13"
 3000 / 3'08"
 4000 / 4'29"
 5000 / 6'00"
 6000 / 7'25"
 7000 / 8'56"
 8000 / 10'57"
 10000 / 20'00"

9 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:06:21.87 ID:NMu/UkNB
四式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間
昭和19年はじめの陸軍資料で

【最大速度(標準速度 km/h / 高度m)】
 542 / 1000
 562 / 2000
 589 / 3000
 594 / 3370
 591 / 4000
 584 / 4900
 586 / 5000
 610 / 6000
 624 / 6550
 615 / 7000
 594 / 8000
 569 / 9000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'09"
 2000 / 2'06"
 3000 / 3'34"
 4000 / 4'56"
 5000 / 6'26"
 6000 / 8'00"
 7000 / 9'48"
 8000 / 12'16"
 9000 / 15'34"

10 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:07:43.54 ID:yN4hnUdQ
思わぬ拾い物のような出来に嬉しくなって計測したのだろう

11 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:10:14.41 ID:NMu/UkNB
稼働率比較

1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

12 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:12:45.84 ID:pIsnJwHo
零戦もそうだけど上昇率より上昇速度が利く場面があるてか作れる
上昇率が遥かに上の欧米機でも低速上昇する零戦を追跡するのはタブーにされてた
失速速度の差で日本機みたいに低速で上昇するとあっと言う間に失速するから
それを利用する戦術がループだったりスパイラル上昇だった

13 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:16:38.90 ID:am9CLScZ
上昇率で勝って、最大速度で負ける
これは何を意味している?

14 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:20:32.01 ID:pIsnJwHo
違う、上昇率は馬力の大きい欧米機のが高い場合が多い
わざと減速する機動になる上昇する事で欧米機の失速を狙う
失速しないように上昇すると上昇角度を下げないといけないので日本機の前に飛び出す
つまり速度が速いのが仇になるわけ
対応するには追跡せずに別方向に飛んで高度を稼がないと駄目

15 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:28:47.96 ID:am9CLScZ
つまり、戦い方によっては4式戦は5式戦に勝つと?

16 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 21:31:48.48 ID:pIsnJwHo
どっちも日本機ならループ戦術は微妙
四式戦と五式戦なら五式戦有利じゃね

17 :,:2016/04/23(土) 21:34:03.65 ID:Sis+zqul
……………………


土手の下から見上げる常磐線(佐貫駅の1番線から出発する上野東京ライン常磐線特別快速上りE531系)

https://www.youtube.com/watch?v=AoIoJlmCCHI
……………………

18 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 22:00:52.08 ID:am9CLScZ
丸2014年6月号尼で凄い値段ついててワロタ

19 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 22:53:34.89 ID:NMu/UkNB
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/oshirase_10.htm
五式戦についての思い出  梼原秀見   手塚博文著『最後の一機』より(原文のまま)

 第三十戦闘飛行集団参謀から明野教導飛行師団司令部付となった私に対し、
 航空総監部から「比島作戦の戦訓を全戦闘隊に普及教育せよ」との命令があり、約二ヶ月あちこち回って四月一日明野に帰りました。

 丁度そのとき坂井庵少佐が五式戦をもってきておリ、乗ってみてくれとのことで早速操縦してみました。
 すると各舵の調和がとれて効きがよく、発動機の操作も隼と殆ど同じ、特に発動機の信頼性が高いので実戦むきだし、よい飛行機だと思いました。

 実戦性能をみたいと五四期の一人に四式戦に乗ってもらって単機戦闘をやりました。
 高位戦は勿論問題はなく、低位からでも四式戦には殆ど有効な攻撃をかけさせないですぐ反撃出来ました。
 そこで四式戦三機編隊と単機で戦闘をやりましたが、高位から終始有利な域闘が出来ましたし、
 低位でもだんだん態勢を挽回してゆけるので、すっかりほれこんでしまったのです。

 常陸に赴任の途中、航空本部の小森田親玄課長(三四期)と面接し、明野でやった実験を説明し、
「五式戦一機は四式戦三機以上の価値があるので、即刻五式戦の生産に全力を集中して下さい。四式戦では今の戦勢を挽回することは至難です」
 といったら、課長から

「梼原何をいうか、四式戦は大量生産に入ってどんどん出来ておる。五式戦は中京地区の工場の状態から今すぐ沢山は出来ない。
 君のような戦闘機のオーソリティが四式戦は駄目だなどと言えば、四式戦部隊の士気に大きく影響する。
 今後四式戦の悪口など言ったら即刻馘 くびきり だぞ」と叱られたことがあった。

20 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 22:54:18.61 ID:NMu/UkNB
四式戦は補助翼が重く、舵のバランスがとれておらず、又発動機の取扱いが複雑で故障が多く出足も悪いので、
 これから若い操縦者に乗りこなして戦力を発揮してもらうには不適当だと判断していました。

 前年(昭和十九年)夏、飛行実験部の今川一策大佐(二八期)が水戸にこられ、
 「梼原、四式戦をどう思うか」ときかれたので、感じたままを言うと
 「四式戦にかわるもっとすぐれた戦闘機をつくらん事にはこの戦争は乗りきれん。どうだ、新戦闘機をつくるよう意見具申せんか」
 とのことに、

「そりゃいい戦闘機は欲しいが、今から設計、試作、審査、大量生産となると戦局に間にあわんでしょう。
 四式戦の改修、性能向上の方がいいのではないですか」
 と返事すると、
「いや、今すぐ中島につくらせれば間に合うのだ」
 との意見を言われたが、私は今川大佐の言葉には余り乗気ではなかった。

 戦後確か昭和二十八年だったと思うが、久し振りに今川少将(昇進しておられた)にお会い出来た。その時に
「梼原、お前が新鋭戦闘機をつくることに反対するから敗けたじゃないか」
 と冗談まじりに不満をのべられた。

 五式戦は今川少将や私達の気持を察してか、駄目な三式戦の水冷発動機の代りに、
 その機体に星型空冷発動機をとりつけた苦肉の策であったが、ほんとに思わぬ拾い物をしたような戦闘機であった。

 グラマンと一度空戦をやってみたいと思っていたが、その機会に恵まれなかった。
 若しオクタン価九五若しくはそれ以上のよい燃料を使ったら、P51とでもよい戦闘が出来ただろうと思われる次第です。

21 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 09:48:21.74 ID:uGw12xlF
戦史叢書より

「昭和二十年春季以降陸軍航空の攻撃戦力の主体は、いうまでもなく特攻隊である。
その特攻攻撃を成功させる要点は、特攻隊を目標上空に確実に到達させるための、
捜索、誘導、掩護である。陸軍航空は、天号作戦引き当ての戦力を除き残された最後の
優良人員、器材を結集して戦闘隊と偵察隊を編成した。

七月十日、第二十戦闘飛行集団司令部が編成された。
集団長は、戦闘隊の最練達者青木武三中将であった。
そして、その隷下に明野及び常陸教導飛行師団の人員、器材を基幹として編成された、
飛行第百十一戦隊(長 石川正中佐 40期)、同第百十二戦隊(長 檮原秀見中佐 38期)、を入れた。
両戦隊は編制定員四一一名、飛行機定数五式戦五五機、外に予備機二八機を有し、
当時における最強戦闘戦隊であった。」

22 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 14:44:30.75 ID:rU4757ib
アメリカが疾風を最優秀機に選んだ疑問が残るが・・・

23 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 15:46:11.61 ID:+H97JmX7
☓全米が選んだ
○乗ったテスパイが俺様的に選んだ

ちなみにそのテスパイは5式戦には当然乗ってないわけだからなw

24 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 16:48:28.65 ID:rU4757ib
水冷から空冷星形に変えてそれ程飛行特性が変わらないと思われていたのかな

25 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 18:03:58.07 ID:IhduGVhB
最初からハ112で試作機を作った方がもっと性能がいいのができたんじゃないの?
機体強度とか間違えて計算してる機体なんでしょこれ?

26 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 18:46:27.03 ID:rU4757ib
逆に言えばP-51に然るべき空冷星形エンジンを載せれば、さらに性能がアップするってことか

27 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 18:53:56.70 ID:b4pVBHVp
液冷エンジンをまともに作れない日本の技術力の問題だからな

28 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 19:13:41.10 ID:1t0TANu2
 848 名前:名無し三等兵 投稿日:2009/11/05(木) 04:07:05
  昭和18年上期にはすでにハ40改修のため生産が停滞し
  航空本部内では発動機換装が検討されていたのではないかとされ
  今川氏の進言もこの頃ではないかとされる

  またキ100の番号はこのころ付与されていたと推定される
  キ99とキ101の試作指示は昭和18年7月であるから

  (民明書房「月光・雷電・飛燕」より)

29 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 19:15:52.54 ID:1t0TANu2
その後昭和37年の今川氏の回想を入手できた それによれば昭和18年8月のこと

引用すると

「これは最初にキ61に機種改変を行った第14飛行団が、改変早々ラバウルへ転進を命ぜられたが、
 その移動の途中、発動機の故障と航法の誤りのため、主力がほとんど海中に沈んでしまうと言う事態が発生し、
 これ以来キ61は”殺人機”として第一線パイロットの信頼を全く失ってしまったのである。
 そこでキ61の発動機の信頼性を増すことと、また量産に入ったハ40が性能が段段低下する傾向にあるので
 この対策と、この2つの解決に迫られて18年8月の会議となった。
 このとき、筆者(今川)の意見では、ハ40は近い将来に信頼性・耐久性が向上する見込みはなく、
 とても戦争に間に合わない、機体そのものは非常によいのだから、思い切って信頼性のある空冷発動機に換装
 すべきではないか、と強硬に主張したのである。ところが軍需省、陸軍省、航空本部が一緒になって、
 川崎の発動機向上の能力をフルに発揮せねば戦争遂行に差し支えがあること、また水冷発動機を中止すると
 技術者の研究意欲が低下すること、などを理由に強硬に反対し、2ヶ月後にはなんとか解決することを条件に
 そのままになってしまった。」

「そこで筆者(今川)らは、それなら何とかしてこっそり空冷改変機をつくって、目にもの見せてくれよう
 というわけで、技研の飛行機部や川崎の技術者に研究を命じたところ、空冷改変は簡単にできるし、
 冷却器関係だけでも150kgも軽くなるので性能もまさるとも劣らないだろうという結論が出た。
 しかし、これを現実に試作しようという段になると、現場にいる軍需省や航空本部の監督官という
 連中が、余計な仕事をしているというのでしかってやめさせるのでどうしてもできない。
 とうとう19年秋まで1年以上おさえつけられてしまったが、ついに人目をぬすむようにして
 試作した空冷キ61の試作機3機が完成し、飛んでみせたところこれはよいと大好評で、
 みんなソレと飛びついてしまった。

30 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 19:16:44.93 ID:1t0TANu2
そこで航空本部もあわてて前から試作命令を出してあったような
 顔をし、昭和20年春にキ100(5式戦)として、ほとんど審査もなしに採用してしまったが、
 いわばキ100はまったくの私生児、しかも1年前に誕生していたはずの私生児なのである。
 もし本機が昭和19年春に完成していたならば、と今でも痛こんにたえない思いである。」
「キ100はたしかにすばらしい戦闘機であり、運動性と速度とがよくマッチした日本的な「中戦」として
 明野飛行学校などは大喜びで飛びついた。」
「1年も出現をおくらせた当局の責任は何といってもせめられるべきである。」
「ここで本機にも関係あることだから、軍需省というものの功罪について一言ふれておく。
 戦いたけなわな最中に軍需省を設置したことにすでに当時論議があったが、そのものの当否は
 別として、量産ばかりをいそがせるあまり、規格をどんどん下げ、ただ生産数ばかりを上げて
 実績を誇っていたのは軍需省の最大の欠点であった。」

31 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 20:07:36.55 ID:r7loeVZN
>>29
「これを現実に試作しようという段になると、現場にいる軍需省や航空本部の監督官という
 連中が、余計な仕事をしているというのでしかってやめさせるのでどうしてもできない。」

実質性・合理性<建前・義理・人情

      ↑
  日本人・日本の組織

32 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 21:52:47.84 ID:GQR0F9nk
負けるべくして負けたおかげで
我々は今こうして2chなんてやってられるわけでなぁ

33 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 22:41:17.61 ID:b4pVBHVp
まー典型的な末期症状だったからな。

34 :名無し三等兵:2016/04/24(日) 22:49:43.62 ID:1t0TANu2
さて>>29>>30にて航空審査部の今川氏の回想を紹介したが
一方で航空本部サイドではいかがだろう
航空本部岩宮氏の回想を中心に要点を

・ハ140を装備する二型の試作は昭和17年9月から開始されたが発動機に故障が多発して審査は進展しなかった
・この頃海軍においても彗星艦爆の性能向上型においてDB601性能向上型発動機に故障が多発したため
 空冷発動機に換装する計画があった
・これを知って航空本部岩宮少佐は川崎の土井技師にキ46-IIIが装備するキ112への換装を打診したが、
 土井技師はこれを断った
・また航空本部側でも原因貞憲少将がハ112の生産が不足している現情と、ハ140を断念すれば川崎の発動機工場が
 遊休状態となることを理由に、この構想には反対であり、更に技術関係においても、一般の空気として水冷式
 発動機を断念する気持はなかった。
 このように航空本部内の意見もまとまらなかったので、この構想は立消えの状態になっていた。
・その後、審査に直接携わる航空審査部からハ140の根本的解決は期待が薄く、対策としては発動機の換装以外に
 ないということになり、昭和十九年春、川崎にハ112への換装を提案した。
・ハ140の改善が依然として困難であった川崎では、先に航空本部担当者の提案があり、重ねて航空部からも提案が
 あったので、予備研究と変則試作を開始した。しかし、発動機の換装といえども、水冷式発動機の特徴を生かし、
 幅840粍というぎりぎりに断面積を切詰められた胴体に、直径1,220粍の空冷式発動機を装着するのは、
 簡単な作業ではなかった。
・この間に、川崎ではハ140の生産遅延により、各務原飛行場に200機の「首なし飛行機」が並ぶようになった。
 この窮状打開のため、十九年夏ごろ、岩宮少佐は再度発動機換装問題で川崎の意向を打珍したところ、
 その意を得るに至った。
・かくして十九年十月、この換装機はキ100として試作が正式に下令された。これまでに予備研究と、変則試作が
 あったために翌二十年二月一日には試験飛行が可能となった。

 (戦史叢書「陸軍航空兵器の開発・生産・補給」 より)

35 :名無し三等兵:2016/04/25(月) 17:16:13.49 ID:vnWiAtQa
昭和十九年九月の時点でもハ140を作る気満々でトヨタと川崎の合弁工場作ってたよ
十二月の空襲後に三菱のエンジン工場の疎開先に指定されて結局作らなかったが…

36 :名無し三等兵:2016/04/25(月) 17:41:21.98 ID:QPAYlCBO
海軍は大戦中盤には熱田32型を実戦配備していたと言うのに
陸軍と来たら

37 :名無し三等兵:2016/04/25(月) 20:41:44.56 ID:UDUeyClp
今川少将の…

38 :名無し三等兵:2016/04/25(月) 21:04:49.92 ID:+//d4j5E
Me262が43年に実戦配備されてたらレベルで無意味な話だな

39 :名無し三等兵:2016/04/25(月) 21:41:00.51 ID:/P6cYpgp
>>38
>Me262が43年に実戦配備されてたら
ロシアで燃料凍って動かないMe262どうしようって話になってたんじゃね。

40 :名無し三等兵:2016/04/25(月) 21:46:36.80 ID:9Bs5jRhQ
>>39
エンジンそのものが問題の時期
信頼性と生産量のどちらも問題が山積みだった。

41 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 01:21:19.88 ID:STevobJZ
海軍さんの五式戦評
244戦隊

「その日、私はたまたま搭乗配置がなく、指揮所で待機していた。
 空襲警報とともに、味方の戦闘機は邀撃に発進していった。
 鹿児島湾の上空では、すでに空中戦がはじまっている。私たちは、その様子を地上から眺めることができた。
 戦闘三〇三の連中は、別のところに行っているらしく姿は見えない。空中戦をやっているのは陸軍の飛行機らしい。
 見ていると、なかなかうまくやっている。グラマンに後ろをつかれた一機が、急降下で逃げていく。
 その機が急上昇をはじめた。グラマンがそれにピタリとついていく。「いけない」と思わず私たちは叫んだ。
 しかし、前の機はぐんぐん上昇してグラマンとの距離を離して、うまく逃げ切った。
 「陸軍もなかなかやるな」と私たちは感心して見ていた。
 しばらくして、空戦も一段落した頃、陸軍の飛行機が私たちの隊に着陸してきた。燃料補給のためであった。
 その機が五式戦であった。
 先ほどの空中戦も五式戦で、その性能はなかなかのものであると、感心していたので、
 はじめて見る五式戦に私たちは興味を持った。
 三式戦の木冷エンジンがうまく働かないので、首無しの三式戦がたくさんあり、代わりに三菱の「金星」という
 空冷エンジンを積んだのがこの五式戦とのことである。
 急改造の故か、機首が馬鹿にでかい感じがした。
 そこで、蔵田分隊長が五式戦に乗り、飛んでみることになった。みんなの見る中で、蔵田分隊長は離陸し、
 上空でスタントをやり、いろいろテストをして帰ってきての感想は、頑丈で上昇性能も突っ込み加速も勝れた
 良い戦闘機だとのことであった。
 陸軍では、この戦闘機を「決戦機」として期待をかけているという話を、陸軍の搭乗員から聞いた。
 海軍ももう少し早く、ゼロ戦に「金星」を積んで馬力アップをすれば、まだ何とかなったのではないか、
 などと私たちは言いたいことを言っていた。」

42 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 01:51:36.54 ID:O9qlk3NZ
木冷エンジンて、OCR並みの誤変換だな

43 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 03:03:03.50 ID:lImzaPaJ
>>33
大陸打通作戦だけは大勝利だったが?

44 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 11:11:22.71 ID:igSTHmbL
大陸打通作戦→日本が国民党軍を蹴散らしたおかげで共産党が中国を牛耳る
ことになり、世界単位で意味不明どころか汚点を残してくれた。
まったく戦略意識欠如の世界3大おバカ作戦の1つとして有名。

45 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 11:34:50.15 ID:HYWuJ+WW
三式戦の空冷化を進めた航空本部総務課技術主任岩宮満少佐ってその後空自入って2009年までご存命だったんやな。

46 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 12:49:17.47 ID:RoBjI5Nv
航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。

初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

47 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 13:10:52.49 ID:KaI0WGQe
その高高度ダメな四式は誉がタコだったのか?それとも機体の特性なのか?

48 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 14:28:14.39 ID:NKxw145M
高度1万メートルくらいだと地表の4割くらいしか空気密度が無い
つまり失速速度が2.5倍になるわけで疾風じゃ350km/h以上出てないと水平飛行も困難
旋回で舵を切りすぎたりしようものなら500km/hで飛んでても手裏剣みたいになって落ちる
米軍機も変わらんけど

49 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 15:25:02.73 ID:gQo6Kzgb
>>48
大筋正しいけど平方根を忘れてる。
大気密度40%ならば失速速度は1/0.4=2.5倍ではなくて√(1/0.4)倍になる。

50 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 17:25:28.04 ID:NKxw145M
失敬220km/hがフラップ下げ時で280km/hがフラップ上げ水平速度だた
欧米機だと300km/h超えが普通なくらいで急旋回禁物なのは同じ

51 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 18:29:01.72 ID:rGoMY6K+
五式戦が一年早ければフィリピン戦が少し違っていたんだろうかね

52 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 19:08:33.44 ID:duZHFKTY
>>51
Me262でさえ戦局を動かすことは出来なかったと言うのに

53 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 19:44:37.45 ID:rGoMY6K+
>>52
こんなこともあったじゃない


「人類の歴史で、かくも多くの人々が、かくも少数の若者に救われたことは、かつて無かった。」

54 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 20:13:46.17 ID:CafaDx6f
BoBでも英戦闘機は独戦闘機の1/3は居た
Me262が連合軍戦闘機の1/3も居れば恐ろしい事になったかもな

55 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 20:59:45.15 ID:JC31fP/k
フィリピン戦はほとんど出涸らし

台湾沖航空戦が後半の
日本機を唯一集めきった戦いだろうな

台湾沖航空戦 → 1251機
フィリピン戦 → 概ね300機台

台湾沖航空戦の数日の戦いで、一気に作戦機が 1/4にまで減った

56 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:05:02.10 ID:UEv42X/C
太平洋戦争なんて全て止めてしまって、大陸打通作戦だけをやれば良かった。

57 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:07:48.27 ID:0pEoiv/D
>>55
>台湾沖航空戦の数日の戦いで、一気に作戦機が 1/4にまで減った

1/4を失った、の書き間違いでは?

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/台湾沖航空戦

58 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:14:14.38 ID:JC31fP/k
>>57
稼働機な
失ったとは書いてないだろ

59 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:16:51.50 ID:rGoMY6K+
五式戦が一年早ければフィリピン戦が少し違っていたんだろうかね

60 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:18:00.95 ID:JC31fP/k
レイテの戦い
https://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Leyte_Gulf

日本側の戦力

300+ planes (including land-based aircraft)[2]

61 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:23:18.40 ID:kNp9m6ky
俺の好みだと日本の大戦機は雷電一択だけど五式戦に何の魅力があるんだ?
稼働率の良い飛燕じゃん

生産数が少なく、搭乗員からの評価が高い機体だから論議の余地があるからかね?

62 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:26:03.72 ID:rGoMY6K+
>>61
上昇力
旋回性能
急降下性能

63 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:32:10.69 ID:I+Pg+diG
>>61
機体の頑丈さ
扱いやすさ

64 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:47:19.84 ID:kNp9m6ky
>>62-63
両方ともきちんと稼働した飛燕じゃないの?

なぜ五式戦にこだわるのか

65 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:50:26.54 ID:O4/OhHsf
雷電は対戦闘機の活躍無いから評価し難い

66 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 21:50:34.20 ID:aByBaT9E
>>64飛燕にあんなパワーはない。飛燕は筋肉がない隠れ肥満な豚野郎。

67 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:07:55.35 ID:0Lqo7rnS
>>65
対戦闘機戦闘だけがすべてじゃないと思うがな。
>>66
初期生産の飛燕は整備がしっかりしてればソコソコでしょ。かくれ肥満まで言わなくても。
その整備か厳しかったのだが

主翼が2桁でトラス式。剛性は出せるが桁間が狭く銃器が設置しにくい。
良い機体だと思うがやっぱ雷電

68 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:11:52.53 ID:ZxDNS775
重爆についていけない上昇力ではな

69 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:13:09.51 ID:QzgLehrH
>>64
きちんと稼働した飛燕より五式の方が優っている。
重量大幅低下、翼面荷重大幅低下、そこから来る上昇率UP他等等

70 :67:2016/04/26(火) 22:19:06.87 ID:kNp9m6ky
スマホで書いたらID変わったな

五式戦にはまだまだ夢があると言うことですね。
もう書かないので皆さん続けて下さい

71 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:19:47.30 ID:jaWxihhV
きちんと稼働した飛燕II型があったなら

72 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:20:40.41 ID:duZHFKTY
飛燕二型改ならキ100とも良い勝負するかも

73 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:27:46.87 ID:aByBaT9E
雷電を良い飛行機というか使える飛行機として扱うにはあと速度が70キロは必要だな。
そうでないと一撃離脱にも使えない。そもそも格闘戦では使いようがないからこれは
絶対条件。

74 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:31:21.55 ID:jaWxihhV
紡錘形に拘ってないでFw190の推力式単排気管にすべき

75 ::2016/04/26(火) 22:39:20.44 ID:WSaN8uQ+
雷電は高出力発動機ありきの企画だったから
かわいそうと言えばかわいそう。

五式がラッキーだったのは金星の直径の小ささと出力が当時では
そこそこ担保されていたので棚ぼた的に名機足り得た。

76 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 22:55:00.88 ID:9b2seeT4
雷電はF8Fみたいにまとめてれば300kg軽くなって細くコンパクトで
F6Fなんか寄せ付けない名機たりえただろJK

77 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 23:00:09.58 ID:aByBaT9E
>>76日本機はもともとあのレベルでコンパクト。あの非力なエンジンで
米軍機並みの無駄の多い設計やってたらどうなった事やら…

78 :名無し三等兵:2016/04/26(火) 23:05:17.24 ID:duZHFKTY
>>76
火星2xで金星6xよりやや強いくらい、
発動機径が大きくて燃料ドカ喰いな事を思えば、
五式よりもやや劣るレベルの機体になって
「鈍重なので対戦闘機では零戦に劣る」
と言う紫電そのものな評価を頂戴しただろう

当時の海軍パイロットの零戦への信頼は実に高いから・・・

79 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 00:49:11.36 ID:WzqsSUaP
凡庸戦闘機五式戦闘機

丸2014年6月号

一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

小峰文三

80 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 18:45:05.03 ID:RJMFrMI1
五式戦がP-51と対等に渡り合えるのならトラブルのない飛燕2型ならP-51と同等な高性能戦闘機ということか

81 ::2016/04/27(水) 18:57:04.92 ID:fjIoG479
トラブルのない飛燕Uつーか、DB605を載せた飛燕はP51並とか

82 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 19:26:45.63 ID:RJMFrMI1
でも最大速度610kmは遅すぎじゃないか?

83 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 20:15:14.78 ID:RJMFrMI1
アリソンエンジン1200馬力のP-51Aは最大速度628kmでてるし

84 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 20:36:06.11 ID:K5oDZaAk
その最高速度は高度どれくらいで出したやつよ?

85 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 20:39:43.96 ID:RJMFrMI1
628/6,096

86 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 21:13:24.86 ID:K5oDZaAk
へぇぇ 速いなぁ 空力?重量?

87 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 21:58:25.97 ID:RJMFrMI1
Wiki出典だともっと速い

エンジン Allison V-1710-81
最大速度 409mph(658km) at 10,000ft(3,000m)

https://en.m.wikipedia.org/wiki/North_American_P-51_Mustang_variants

88 :名無し三等兵:2016/04/27(水) 22:48:58.02 ID:NR/fP2B5
全備じゃないからあんまり意味ないけどな

89 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 00:13:06.21 ID:tA0ZA8wb
当時の米軍機のカタログ性能なんて今の三菱以上に信用ならんだろ

90 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 00:15:47.55 ID:8kUAOBN2
信用できないのは三菱じゃなくて
三菱自動車だべ。

だってあそこ重工のゴミばry

91 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 16:49:52.45 ID:Ea9Ai9zJ
5式戦はホモしか乗れないからな。

92 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 18:14:54.76 ID:+vUNEilN
変態飛行するしな

93 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 18:44:00.93 ID:A+LUX7Dc
一番最後に実った他よりちょっとだけ大きいドングリ

94 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 19:32:42.46 ID:EmooalOs
ドングリって形容、いいなぁw 五式戦に似合ってるヨ

95 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 19:46:02.82 ID:zbHby7n0
だけどそのドングリが川崎ハヤブサに繋がっていくんやで・・・

うそだけどw

96 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 19:47:17.26 ID:zbHby7n0
ハヤブサはスズキだった。ごめんw

97 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 20:01:06.79 ID:J7Rk0nyR
そういやカワサキのZ1000は空冷からスタートじゃったな。

NinjaNinja ZX-10Rモデルを五式戦のカラーリング(緑暗色+)で出さんやろか。
水冷やけど。バイク糊にはそんなロマンを解するヤツはおらんかw

98 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 20:10:48.87 ID:YbIW6/xP
五式戦マジおたまじゃくし

99 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 20:54:20.56 ID:A+LUX7Dc
Ninja H2R, とてつもない速さで欲しくなるけどあの翼は街乗りではちょっとはずかしいような

100 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 21:16:31.48 ID:J7Rk0nyR
せやからZX-10Rでええねん。

101 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 22:01:39.94 ID:Ea9Ai9zJ
そういえばバイクには日本ぽい名前付けるけど車にはそういう名前付けないよね。
疾風とか紫電とか雷電とかいう車がない。さすがにアルフォンすとかいらねえけど

102 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 22:38:05.74 ID:LwnsZoIX
>>101
あ?おまえ光岡自動車に喧嘩打ってんの?

103 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 22:39:50.31 ID:A+LUX7Dc
>>101
スバルが「東條」というのを作ったじゃないか。あ、飛行機か。

104 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 22:41:07.61 ID:J7Rk0nyR
光岡は頑張っとるけどオリジナリティが無いなぁ

105 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 23:04:37.82 ID:A+LUX7Dc
五式戦闘機が愛称をつけてもらえず、米軍からもコードネームをもらえなかった件

106 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 23:34:04.24 ID:As9VzcW5
トヨタカムリ
トヨタノア「煌」
いすゞアスカ

107 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 23:47:30.63 ID:ZsyD1k+U
日本最強戦闘機は,捕獲されたP-51C

108 :名無し三等兵:2016/04/28(木) 23:54:28.42 ID:LwnsZoIX
>>107
F-15Jに勝てるとは思えんが

109 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 06:47:41.62 ID:Gtj8ebDn
>>101あるフォンスはアニメだろwしかもミーハーな女隊員が勝手につけたのであって
アニメ設定で原作にはない設定。メーカーはイングラムという正式名称付けてる。

110 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 20:51:55.85 ID:8Ouno7rl
>>103
スバルのエンブレム中島飛行機に張り替えたいわ(笑)

111 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 21:49:21.24 ID:oLiwiuqg
5式戦Loveなおまいらはみんな当然カワサキのスクーターに乗ってる
でおkですか

112 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 22:22:13.20 ID:eTw8LaH6
イメージ的に

三菱=ホンダ
中島=ヤマハ
川崎=スズキ
川西=カワサキ

113 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 22:34:02.57 ID:uLsTdCmD
なんで川崎がカワサキじゃないんだy

114 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 22:35:45.66 ID:eTw8LaH6
技術のホンダ
芸術のヤマハ
変態のスズキ
漢のカワサキ

とも言う

115 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 22:42:31.52 ID:8sIareBt
五式は好きだが,バイクならホンダ一択だな

116 :名無し三等兵:2016/04/29(金) 22:50:48.65 ID:eTw8LaH6
>>111五式戦は三菱のエンジンに負うているから純粋のカワサキじゃないな

117 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 05:32:43.01 ID:s3hYzXFV
>>80
中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
P-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

118 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 08:00:40.87 ID:8i94D1tr
まあそもそもキ61の頃からこの程度のパワーソースが必要な重い機体で
それが終戦間際にようやく与えられたってだけかなと。

119 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 08:32:56.62 ID:avJw11Hn
キ61をテストした荒蒔氏はその手記で、
キ61試作機を無装備でかつオリジナルのDB601装備であった(これは異説あり)と前置きし、
「操縦性と格闘性」はのちに手に入った「P-51Cとまったく同じくらい」と述べています。

また
「諸装備をつけ、タンク容量を大きくした結果は重量の増加、重心位置の後退などのため上昇性、
 旋回性が低下し、急降下性能が勝っていたくらいに後退してしまった」としています。

「諸装備」が何を指すかですね。
参考までに陸軍の採用した規定では機体自重には武装は含まれず、搭載量に含まれますので、
「諸装備」を搭載量と等価に理解すれば非武装ともとれます。

搭載量の内訳としては以下のようなものです。
燃料、滑油、武装および弾薬、乗員、落下傘、無線機、照準器、酸素吸入器
乗員、落下傘、無線機、照準器、酸素吸入器は合計120kg程度となります。

そして昭和17年12月、おそらく甲型を試乗した海軍は「上昇悪い」「性能向上を要す」とのコメントを残しています。

さて
手記では荒蒔氏は続けて、五式戦を評価するコメントを残しています。

「この大きな原因は、馬力過重、翼面荷重の増加によるもので、ハ112を取り付けた五式戦は重量が軽く、
 馬力が向上したため前面抵抗による速度の若干の減少以外は初期のキ61に近くなり、
 わずかな期間ではあったが、航空審査部でわれわれは大気炎をはいたものである。」

120 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 08:45:28.13 ID:8i94D1tr
>>119そりゃあ武装も何もつけなければ完全武装のP51に匹敵するだろうにw
完全武装の陸自隊員と軽装の普通の人をマラソンで争わせるようなもんだろう
wそれ情けなくないか?

121 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 08:54:14.71 ID:g2PJ7XYL
米軍がコードネーム付けてたらやっぱTurtleHeadになったのだろうか

122 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 09:02:56.89 ID:YJTfgh8B
wikiで四式戦の689kmのところだけ太字になってるの気持ち悪い

123 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 09:14:07.46 ID:kE5YC/QI
>>122
四式厨は四式の最高速数値だけが自分のプライドの最後の砦で
それだけを頼みに生いている人々だからね。そっとしておいておあげ。

124 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 09:16:00.05 ID:kE5YC/QI
>>122
四式厨は四式の最高速数値だけが自分のプライドの最後の砦で
それだけを頼みに生いている人々だからね。そっとしておいておあげ。

125 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 10:09:54.44 ID:L5t+cQO5
・はからずも疾風とFw190を乗りくらべるような形になったのだが、戦闘機としての実力は、
 どうもFw190のほうが上だったのではないかという気がする。
・疾風は2000馬力の最新鋭機であったが、Fw190は1700馬力で(日本に来たのはA5型だった)。
 すでに完成いらい3年ほどたっている機体だったから、数字的にはもちろん疾風の方がいいに決まっている。
 が、軽快さという点ではFw190のほうが上だったと思うし、たとえば信頼性とか操縦性とか、
 数字にあらわれない要素も考えに入れると、どうしてもそんなような気がする。

・疾風は2000馬力、Fw190は1700馬力である。ところが、どうも疾風のほうが重い感じがする。
 もちろん速度は疾風の方が出る。しかし、翼面荷重や馬力過重などの数字を見るとどうも疾風は重い。
 上昇も旋回もFw190(A5)の方が上である、これで格闘戦をやったら疾風が負けるだろう。

・これは、1つには疾風のエンジンが規定通りの力を発揮していなかった可能性がある。しかしそれよりも、
 疾風はどちらかというと高速を高空で進入する敵機を迎え撃つような役割の、つまり格闘戦一本槍ではない
 戦闘機の必要が感じられはじめたころに計画された機体である。
 そして実さいにも疾風の相手はムスタングあたりであったし、
 これとはまずまず互角に近い戦闘をしているのだから、それはそれでよいのであろう。
 ただ、Fw190は疾風にくら べて大変軽い感じがした、ということで、
 それについてはいくらか思いあたるフシがあるということである。

・前に疾風はムスタングとまずまず互角に戦ったと書いたが、逆に言えば、やや分が悪かったということである。
 しかし、五式戦ならムスタングと十分に戦えた。
 これは、日本に来たムスタングがあまり高高度を飛ばず五式戦のレンジで戦ったということもあろうが、
 数字だけを見れば五式戦は、最高速度では三式戦に劣り、疾風にももちろん劣るのである。
 結局ものをいったのは上昇力であった。

・空戦では上昇力、旋回中の余剰馬力というものがきいてくる。この点でもFw190は一級品だった。

・それにしても、Fw190の操縦性能は魅力的であった。

by荒蒔

126 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 10:35:04.49 ID:UQpYSFAC
和製メッサーのようなものを空冷化したら、
和製フォケのようなものが出来たでござる

127 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 10:39:06.03 ID:L5t+cQO5
>試作機の性能についての採点は間違ってはいなかった。合格点がつけられた。
>その後に増加要求項目が出てきた。
>航続力を増やすために、胴体タンクを大型化せよ。パイロットのための防弾鋼板をとりつけよ。
>翼内タンクに防弾ゴムの被膜をつけよといった内容だった。
>この条件を充たした結果、機体が急に重くなった。当然のことだ。
>馬力荷重の増加をもたらして、大事な馬力の余裕が失われた。
>飛ばしてみたところ上昇力の低下、重心位置が後退したための旋回性能悪化がめだち、
>速力が落ち、離着陸性能も悪くなった。
>つまり、無装備で審査試験にパスしたあと、実用化のための装備を付加していったのだ。
>完成後の全装備重量では、これまでの慣習通り、特に審査をしなかったというわけである。
>最初から全備重量(最終装備を含む全重量)を前提にした計算のもとに設計にとりかかっていればこんなバカな結果は出ない。
>「飛燕」の場合は、1100馬力のエンジンではパワーが小さすぎたのである。
>審査を担当した荒蒔少佐も「-以前は無装備で試験をしても、実用機として追加するものはせいぜい機関銃と弾丸、
>酸素ボンベぐらいであったが、今大戦では諸装備のため数百キロの重量増加となり、この差が大きすぎた」と語っている。

「幻 ニューギニア航空戦の実相」より

128 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 11:03:13.61 ID:L5t+cQO5
昭和17年秋 陸軍航空審査部と海軍空技廠飛行実験部 鍾馗・飛燕・屠龍と雷電・月光のりくらべ

いよいよ飛燕の番がきた。そのとき海軍側のパイロットが立ち上がった。ベテランらしい兵曹長だった。
「私が今まで乗った飛行機の中で、飛燕ほど舵のよくできたのに乗ったのは初めてです。
 荒蒔少佐、どうして作ったかお教え願います」

土井技術部長は、やおら立ち上がって説明をはじめた。
「川崎では昔から水冷の関係もありますが、角形胴体を使用しております。それが一番大きな原因では
 ないでしょうか。」

129 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 11:10:36.73 ID:L5t+cQO5
荒蒔のP-51観「むしろ日本的」

「(離陸直後)P-51は快調に出力効率を上げ、馬力過重の小さい特徴を発揮してドンドン上昇を続け、(略)高度300m(略)」

「(P-51は)速度、上昇力等の飛行性能がすぐれ、戦闘機としての格闘性も同クラスのどの飛行機よりも数段すぐれていたようだ。
(略)強馬力のエンジンが開発され、飛行機のスピードが大きくなるにしたがって、旋回性が失われ、一撃離脱の方向に進みつつあった当時の諸外国にあって、むしろ日本的に近いものであった。」

by 荒蒔

130 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 11:23:26.71 ID:kE5YC/QI
つくづく新谷かおるの日の丸あげてが打ち切りになったのが残念だ。

レッドブルのエアレースが開催されるような15年後の今ならそこそこ
人気が出ただろうに、、、、

131 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 12:16:54.19 ID:+FBVFs8n
すっげぇ操縦しやすい!!

132 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 18:14:03.30 ID:QggOnke4
GTOコピペの5式戦版なんでない

133 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 19:47:42.55 ID:75rtY9+s
前スレの989あたりの話なんだが、確かにかなり目立つ。特に右側。これはカウルフラップがどう言う訳か飛行中に開いてしまったのではないかな。

134 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 23:24:17.75 ID:d37X2olQ
>>129
これは酷いなw
P51は翼の設計が流石に新しいだけあって
WW2の中でも高速域での運動性が高いんだよ

日本的にというのもかなりおかしい
層流翼のせいで、失速域が米軍機内でもかなり高い
日本機パイロットは着陸や低速域でかなりの違いがあるはずで

また一撃離脱などというものは米軍には存在しない

135 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 23:31:40.60 ID:e+69R4Px
>>134飛行機操縦したこともないただのオタのおまいよりよっぽど信頼出来る話なんだがなw

136 :名無し三等兵:2016/04/30(土) 23:40:22.52 ID:MVaGYsid
P-51は兆候なく失速したりしないから旋回はやりやすい
日本の航空隊は陸も海も旋回半径や横転速度よりも更に操縦の容易さにはうるさかった
パイロットの養成能力が低い国としては必要だったんだろうけど

137 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 00:41:56.80 ID:jxL9+7dQ
層流翼は高精度で造られたP-51をもってしても無意味だったって判明してんじゃなかったっけ?

138 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 00:55:53.95 ID:m4aJo5eY
P-51は兆候無しで急に横転したり妙な癖があったって話だが

139 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 01:54:44.83 ID:dJo6gsOJ
マーリンメッサーはちゃんと使えるレベルの性能を叩き出してるけど
もしDB605マスタングがあったら、そこそこ使えるレベルになったかな?

140 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 06:08:42.78 ID:9t2NWrF+
まぁマーリンあってのP-51ってのは間違いないだろう。

141 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 07:47:56.72 ID:dJo6gsOJ
>>140
アリソンでもそこそこ動いたんだから、
DB605でもそこそこ動くだろ・・・

142 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 08:46:09.87 ID:Zbot0ZiE
マーリン飛燕があったらやっぱり速いのかな

143 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 09:08:13.32 ID:2NjCDTmp
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b1/HA_1112-M1L_and_Bf_109G-2.jpg
こんな飛燕見たいのか?

144 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 09:33:18.89 ID:n5nt/4i0
DB605とマーリン60系がどれくらい絶望的な差があるか知らん
アホが多いな

http://www.spitfireperformance.com/spit9v109gspeed.jpg

145 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 09:34:24.28 ID:Zbot0ZiE
飛ぶ飛燕、そんなでもいいから見てみたい。修復プロジェクトの飛燕2型改は飛ばないし。

146 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 09:49:22.68 ID:Zbot0ZiE
>>144
エンジンだけじゃなくて機体の違いもある

147 ::2016/05/01(日) 10:45:29.22 ID:eNWSiTzo
そういや日の丸あげて・でもDB605をめいっぱいチューンしても
マーリンやダブルワスプにてんで敵わないって描写があったな

148 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 10:51:40.26 ID:n5nt/4i0
マーリン・ダブルワスプどうこうというか

二段過給と一段過給自体が全く別物なんよね

一段過給では二段過給には絶対に敵わない
一段過給しか作れなかった日独機は概ね2万フィートで性能が落ち始める

全開高度を並べればわかるよ

149 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 11:15:03.08 ID:roY3LsAg
高高度性能に関して二段過給器が優位なのは確かだがそんな高高度性能が必要な局面っていうのはたくさんあったのか?
通常の戦闘が多く行われる中高度では一段のでかい過給器は二段付きの複雑な構造だの重量だの考えれば充分なんじゃないか?
ドイツの液冷エンジンはモーターカノンの為に過給器位置が側面にしかスペース取れず大型化出来なかったのがパワーをあげられなかったじゃなかったけ?

150 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 11:27:12.50 ID:d082pI6B
少なくとも東部戦線ではいらんかっただろうな。
>>148はウソということだ。

151 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 11:36:17.47 ID:n5nt/4i0
>>149
>>149
一撃離脱なんてアホ話信じてるから、こういう馬鹿が真顔でアホな話をする

一撃離脱戦法のwikiの英語側に戦闘機の項目なんてない
https://en.wikipedia.org/wiki/Hit-and-run_tactics

彼らがやっていたのは一撃離脱ではないから、無くて当たり前

基本中の基本、Energy managementやっていたからで
https://en.wikipedia.org/wiki/Basic_fighter_maneuvers#Energy_management

高度と速度が大事だから
高高度性能が無い飛行機は一方的に不利となると
書いてある

152 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 13:10:10.28 ID:m4aJo5eY
エネルギー効率が重要だと分かってたらそんな結論にはならないけどな
どんなに高く飛べようが弾の届く範囲は数百メートルに過ぎない
至近距離に近寄ってエネルギーの奪い合いをするんだからいくら高く飛べても意味が無い

153 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 13:55:02.61 ID:2q3JFUZf
高く飛ぶことが重要なのではなくて
やっぱズーム&ダイブの時の加速度が大事何じゃねーの?
戦闘機と戦闘機って。

154 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 14:26:07.51 ID:HzkuugqR
高度を貯金と考えれば、高高度性能が高いほどエネルギーを貯金できるわけで、
意味無いというわけでもない。

155 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 14:33:44.47 ID:n5nt/4i0
>>152
エネルギー効率じゃねーよ

managementの英語もわからんのか
管理だ
幾らなんでも適当過ぎだろ

高度と速度は返還できるので
常に高度と速度を管理していれば
有利になるということ、アホ過ぎ

この戦術を基本にP38のリチャード・ボングとかは
日本機相手に一方的な戦いをしていた

P38に限らず、energy tactics, というのが英語wikiにあって
一撃離脱なんて言葉は英語wikiには一言も書いてねー

156 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 14:56:46.22 ID:roY3LsAg
↑こいつ馬鹿だからまともに相手するの無駄だよw

157 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 15:09:43.63 ID:m4aJo5eY
いやエネルギー管理はパイロットはみんなやる事
その効率が問題なんだよ

158 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 15:18:08.49 ID:XscuNE0D
スペインでマーリン積んだメッサーがあるけどどれほど性能に違いが出たんだろうな。
それでマーリンとDBの差がわかるだろう。

159 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 16:35:31.69 ID:Zbot0ZiE
マーリンエンジンではなくてイスパノ・スイザエンジンでは?

160 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 16:43:18.18 ID:Zbot0ZiE
いわゆる一撃離脱戦法というのは不意打ちのことだな。高高度から太陽を背にして急降下し、敵に気づかれぬうちに一斉射撃をしてそのまま速度をおとさずに敵機の傍を通り越し降下してまた上昇して位置エネルギーを保持する。

161 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:03:27.86 ID:Zbot0ZiE
五式戦闘機は急降下に優れていたから、高度を速度に変換するエネルギー変換効率に優れた戦闘機といえる。

162 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:13:38.98 ID:jxL9+7dQ
スペインのメッサーはイスパノだけど最終型はマーリン

163 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:25:58.39 ID:Go5cCg4U
DB603系列でもマーリンには負ける?

164 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:26:56.74 ID:2q3JFUZf
そして計画よりもずっと軽くなった機体重量のおかげで
一度落とした高度を再度稼げるというオチ。

165 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:29:02.52 ID:cC1Ws7Xo
>陸軍の航空技術研究所なんかは
>昭和17年夏ぐらいにはDB605,603あわせて液冷エンジンに見切りをつけてたらしい

891 :名無し三等兵:2011/07/31(日) 01:37:49.47 ID:???

>>887
ところが・・・
昭和17.9の時点で、総合的には以下の判断。
DB605は日本製空冷発動機に較べ出力不足、
予圧高度低いため高速発揮に不利、の理由で採用する理由なし。
DB603についても出力こそ2000馬力を見込めるが
やはり予圧高度低く日本製空冷発動機に較べ採用する理由なし。

さらに、かりに予圧高度を向上させたDB603改搭載キ61性向(表面冷却)を
想定したとしても液冷機は空冷機に較べて最高速で有利な面があるが
全備重量が800-1000kg増大するため操縦性、運動性が空冷機にはるかに劣る、
このため推進機関廻りの重量低減により一層の努力が必要と判定されている。
ここで比較対象になっている日本製空冷発動機とはハ145とハ211。

この航技研の研究を見ると、DB系発動機を以てしても
日本の環境では液冷機には伸びしろがないと言っているも同然。

まあ、それだけにキ61が終戦まで生産された事情というのは興味深いものがある。

84 :名無し三等兵:2011/11/12(土) 10:32:25.76 ID:???

昭和17年の時点で、雷電性向型(ハ211換装)/中島単発性向型(ハ145換装)/キ61性向型(DB605改換装)を比較し、
雷電性向型を最上位と評価したのが、陸軍航空技研が記した航技報第2442号「重戦研究計画」の結論です。

166 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:45:11.84 ID:2q3JFUZf
>>83
一度決まったことを覆すと決めた人のメンツに泥を塗ることになるのでそのまま続く。
この点は中国人と同様の非合理的アホバカ民族に良くある話。
間近くは三菱自の直噴(GDI)も同じ要領で開発も生産も販売も継続された。

167 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 17:56:46.37 ID:Zbot0ZiE
>>162
それは1,600馬力のマーリン500/45というやつで比較の対象としては適切ではないだろう

168 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 18:21:58.88 ID:Go5cCg4U
>>165
そのコピペは良く見るけど
現実に日本はハ140とか熱田32型とかDB605よりも
明確に劣るエンジンを最後まで開発してた訳で
17年9月よりも後で何か方針の転換があったような気がするがなぁ

ハ145は所定の性能を出せなかったし

169 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 18:24:41.21 ID:m4aJo5eY
ハ140の生産を終戦の年まで諦めてなかったのはトヨタの社史みれば分かるだろ

170 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 18:49:28.02 ID:mrbdjIGm
>>168
>あったような気がするがなぁ

うん、そうだね!

171 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 20:46:30.78 ID:Zbot0ZiE
P-51は優等生といわれるけど「優等生」の定義は?


53 :名無し三等兵:2014/03/24(月) 23:38:38.45 ID:QBKcWjhQ
自分で棺桶選べるなら、P−51よりもF6FかP−47がいいなぁ。
P−51は優等生イメージがありすぎで、好みじゃない。
日本軍なら、同じく疾風や紫電改よりも五式戦が好きなんだな。これが。

172 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 22:08:01.78 ID:xyDpfT9s
やった、やった、優等生を撃墜した

173 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 22:42:19.14 ID:qBMcULPN
ハ40は
DB 601 Aaのコピー
BF109Eの前期型に積まれてたもので


DB 601自身はこの後
DB 601 N
DB 601 E
と改良されていく

ハ140・熱田32はDB 601 Eレベルを目指していたわけだが
ドイツがBF109Fに搭載したようなエンジンを
終戦間際になってすらロクに生産できなかった

174 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 23:02:01.59 ID:xyDpfT9s
ニッケルさえあればまともな液冷エンジン作れたんだろうか

175 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 23:06:17.48 ID:dJo6gsOJ
>>174
+ドイツの工作機が無いことには・・・
工作機さえ手に入るなら15試ヌ号だって作れる

176 :名無し三等兵:2016/05/01(日) 23:42:39.71 ID:m4aJo5eY
東海飛行機工場でハ140月産200台に必要な歯車加工用工作機292台のうち1944年内の
納入予定は81台で遅い物は五年後の納期になってたそうだ
実際ドイツから入れた機械が無くても作れたがペースが違いすぎる

177 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 00:03:14.41 ID:BfytA7RO
>>174誉の方に優先しただろう。

178 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 02:52:29.67 ID:q1JYPs4I
>>173
ルーマニアだって戦後もMe109Gを生産してたのにねw

179 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 05:58:24.72 ID:srb1OkNR
機械精密加工は機械単体良いものがあって材料があるだけじゃ成り立たんよ
素材の組成や硬度を使用目的に合わせてドンピシャで決められたり
ゲージを含めた度量衡の厳格な基準が業界全体で統一されているとか・な。
要するに日本の作ったものなんざ、今の中国並の猿マネに毛が生えたレベルだった。
まぁそれがあったから戦後も今もあるわけだが。

180 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 08:15:29.82 ID:BbglZnWs
鈴木貫太郎首相も終戦時に日本の技術力不足を指摘し、その向上の必要性を説いてる。
つまり日本の技術大国化は戦後からで、零戦や大和を持ち出して日本が戦前から技術大国だったと主張するのは歴史を知らないアホ

181 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 09:07:50.42 ID:nM9lDIbv
>>179
>>180
チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だよなw

182 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 10:56:22.89 ID:kpRv7S+S
大戦当時に航空機から艦船まで全部国産で作れる国がどれだけあったかと…

183 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 12:53:42.79 ID:ZK6hSE3b
溶接すらまともに出来なかった技術大国。

184 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 12:57:28.03 ID:kpRv7S+S
それは自壊で沈没しまくったリバティー船を揶揄してるのかね

185 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 15:33:35.40 ID:e7QQx98/
>>182
勿論当時のトップ7カ国(米・ソ・英・毒・仏・伊・日)
の中での話だし、自国で全て賄い開発出来る国と、
そうでない国との差はキツかったよねって話。

日本もペーパー上のオリジナリティで言えば素晴らしいものがいくつも
あったのだが、マスプロ・エンジニアリングは試行錯誤の蓄積が物を
言うので数年で追いつくことは出来ない。

186 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 15:35:15.14 ID:e7QQx98/
>>181
そう、得意になってチャンコロを刀で切りまくっていたらそのあと
白人に撃ちまくられてたのがイェローJAPってわけだw

187 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 15:44:25.24 ID:eIvS3kh3
戦前日本は軍事に偏り過ぎてた感ある

188 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 16:18:27.60 ID:e7QQx98/
>>187
外交と軍事が両輪だってことを知らない田舎者ですた

189 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 18:08:18.25 ID:r8OJie0d
>>187
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。
だから全体として大東亜戦争はやって良かった戦争だった。

190 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 18:41:07.17 ID:KIxbCFGY
>>183
>技術大国

福一のメルトスルーはいただけないな

191 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 20:11:21.82 ID:e7QQx98/
福一は人災だから

つ女川原発

192 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 20:38:52.05 ID:KIxbCFGY
もんじゅとか見てるとほんと危なっかしい

193 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 21:11:35.06 ID:Agjk4LWi
何かと理由をつけて最悪のケースから目を背ける傾向があるからね
そのツケは下っ端の命で贖うんだけど

194 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 21:28:44.48 ID:KIxbCFGY
零戦てつっこみ性能はどうなの?
零戦54型が
最大速度572km、上昇率6000mまで6分50秒
五式戦が
最大速度580km、上昇率6000mまで7分25秒

旋回性能はやはり零戦が上なのか

195 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 21:34:15.21 ID:Agjk4LWi
こんなんどうすか

>>41
> そこで、蔵田分隊長が五式戦に乗り、飛んでみることになった。みんなの見る中で、蔵田分隊長は離陸し、
> 上空でスタントをやり、いろいろテストをして帰ってきての感想は、頑丈で上昇性能も突っ込み加速も勝れた
> 良い戦闘機だとのことであった。

196 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 21:39:04.67 ID:Agjk4LWi
こんなんも

>1942.12 航空本部の報告にこんなのがあるよ

>3.最大速度が大きいことは必要だがこれを多少犠牲にしても降下制限速度を
>  できるだけ大きくする必要がある(現在、零戦はP40等に対して徹底的に
>  攻撃できないのは降下時の加速が少ないことと制限速度が小さいためであって
>  水平速度が若干劣るためではないと認められる)

197 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 21:49:03.41 ID:KIxbCFGY
やはり降下の加速が鈍いとダメか

198 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 22:09:38.04 ID:jmInm4ad
降下角度で加速も変わってくるからな
急降下番長の三式戦でも緩降下加速は鈍くて欧米機に引き離されるそうだし
シムでもそれは同じだった

199 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 22:22:41.02 ID:G+hXAmyU
というか、戦訓だと三式よりF6Fの方が急降下速度稍大なりとかあって驚いた
加速が悪いと追いつけないということかなぁ

200 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 22:29:02.40 ID:vHCli8nZ
そもそもパワー不足だからな

201 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 22:31:31.87 ID:Agjk4LWi
こんなんもどうすか

昭和17年12月にキ61(量産機と思われる)を試乗した海軍のコメントでは

・座席のまわり整理され乗り心地よし、満足す
・高速時やや舵重き感があるも三舵の釣り合いよろし
・低速時の舵よろし
・縦安定 正 小
・方向安定 正 大
・前方視界悪い。座席上げ不十分
・性能向上を要す
・航続力は海軍の思想からすれば少なし
・上昇悪い
・油圧操作装置重し
・舵の重きは急降下中の重さは双発機に類する
・急降下中の坐りは著しく良好である
・急降下の出足よろし

全体としては、機体は良好だが発動機の馬力不足で上昇力が悪いという判定、 との事

202 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 22:59:14.57 ID:Wz023xmq
>>201
比較対象が何とも分からないけど
高速時の舵の効きは零戦に劣るって感じなのかな
航続距離で三式を上回る海軍単発戦闘機は当時は零戦くらいだし

203 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 23:00:32.63 ID:KIxbCFGY
>>201
>縦安定 正 小

縦安定が少ないってこと?
それと急降下性能と関係あるのかな

204 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 23:13:52.21 ID:Ojg99iuF
>>201
海軍機乗りからしたら
高速時の運動性にビックリするはずなんだがなぁ
あと、横転性能の所見が無いように見るが....

205 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 23:15:08.04 ID:OcI2pUMr
>>201
>・高速時やや舵重き感があるも三舵の釣り合いよろし

三式戦の舵がいいってのは荒蒔さんの身内贔屓かと思ったらマジなんか

206 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 23:19:44.04 ID:Ojg99iuF
んなわけねーだろw
零戦の高速時の低性能は
米軍機パロットが全員口を揃えている

逆に3式戦だけが違うってのが
米軍側評だ

207 :名無し三等兵:2016/05/02(月) 23:39:26.32 ID:Wz023xmq
>>206
米軍の評価は21型へのもので、
>>201が32型と比較したものだったとすれば、
一応は説明がつくよ・・・

21型はフィリピン戦まで現役だし

208 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 00:27:24.44 ID:qyt71BQh
>>207
ねーよ各型でそれほどの違いはない
零戦は根本的に翼が貧弱だし

そもそも、剛性低下式操縦索
の仕組みわかってねーだろ

原理的に中速域以上では使い物にならん

209 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 00:32:31.18 ID:k1Ovp4MP
川崎と舵といえば…

キ44の舵を川崎を入れてまで改修しようとしたお話し

>史実でも、キ44, 60 の試作当時、キ44 の舵が「キ60と比較して特異の点」を
>持つため、「一日も早く対策を講じる」ために官側が指導して
>中島・川崎共同で調査研究を行うこととしています。
>昭和16.10 の時点では川崎側からキ44, 60 の風洞模型を交換して研究したいと申し入れがあり、
>中島も同意、よって官において「可及的速やかに」その希望を実現するようにと記録されています。

210 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 00:37:01.50 ID:qyt71BQh
52型でもこの有様だからな
ちなみに、実際にこのFM-2パイロットは
52型と戦って、縦旋回での巴戦をして、内側に回り込んで勝っている

高速域では、零戦は完全なクズ

レイテにおけるFM-2パイロットの回想
http://togetter.com/li/606322


FM-2は180kts以下に速度を下げるかループ機動に付き合わないかぎり
ゼロに負けることはなく、旋回戦では200ktsをキープするよう心がけていたと
McGraw氏は語ります。


私は4Gの急旋回でこの敵機と相対した。
敵パイロットは私をワイルドキャットと認識しただろうが、
新型のFM-2とは知らなかったらしく、絶対の自信を持って巴戦を挑んできた。

私は彼の後方に回り、エンジンめがけて機銃を撃ち込んだ。

211 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 00:59:34.07 ID:jq/InJav
>188
>外交と軍事が両輪だってことを知らない田舎者ですた

明治期は知ってたけどな。そして今も。

何時までもそれを理解できないご近所さんとは違うて。

212 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 01:10:06.11 ID:ibTd3fva
>>208
剛性低下式操縦索は昇降舵・方向舵に使われていたもので
問題とされる補助翼には使われていないはずだが・・・
それに32型52型で高速横転性能が改善してるのは
サイパン零戦とかラバウル航空隊で報告されてる。

>>210
四式戦と零戦を誤認するようなパイロットが、52型と21型を区別できるわけもないかと。
また同時期にフィリピンに展開した陸軍の99襲撃機も対艦攻撃を実施してるので、
そこで書かれてる戦闘機が一式や四式である可能性さえある。

213 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 01:10:58.35 ID:ibTd3fva
>>212
後半部捕捉

当時の米軍は99襲撃機をしばしば99艦爆と誤認している

214 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 01:15:24.41 ID:0ss9fU3Z
太平洋戦線の米パイロットは基本的に機種識別が全くできない素人だらけだし・・・
日本軍がドイツ軍レベルで次々機体送り出して来たらキルレートが酷いことになるんじゃね。

215 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 01:45:52.53 ID:qyt71BQh
>>212
ロールは剛性低下式操縦索に関係なく
翼がひ弱だから、エルロンリバーサルが起きてきて
ロールしなくなる

縦旋回は剛性低下式操縦索が使われてるため
速度が出ると、縦線回率が下がる(縦旋回でも負ける:FM2に内側に回りこまれた)

つまり180kts以上で、縦旋回もロールも低下してきて
高速域ではまっすぐしか飛べない飛行機ってこった

この速度域の話は、別にFM-2のパイロットに限らん、全員だいたい同じことを言う
そして皆零戦を叩きのめしてる

零と格闘するな ではなく
零と低速で格闘するな

なんだよ

216 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 01:51:47.38 ID:jq/InJav
>>215
その叩きのめしてるのがそもそも「零戦」ではない可能性があるって>>212は言ってるんでしょ。
日本側の史料と照らし合わせたの?

こういう日本機批判をする人は日本側の史料は信じないくせに連合軍側の史料は無検証にホイホイ信じるような

217 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 02:12:47.93 ID:xNk6/AAx
>>215
その翼も米軍がフィリピン戦時に既にテストしていた21型・32型、ちょうどテスト中の52型、
フィリピン戦の主力の52乙・52丙とどんどん強化されてるしね

218 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 04:45:55.75 ID:TVvbqblX
>>216
> その叩きのめしてるのがそもそも「零戦」ではない可能性があるって>>212は言ってるんでしょ。

その可能性は排除できないだろうが零戦の高速域での運動性が極めて劣悪であることは
戦闘相手の米軍パイロットたちだけでなく米軍の手に落ちた後のテストのレポートでも明確に記載され
それをもとにして米軍は零戦への対策を立てたわけだから、210で引用されている戦闘の相手が零戦であろうとなかろうと
高速域での零戦は剛性低下方式のせいで真っ直ぐにしか飛べない(しかも最高速度での優位性はない)残念な戦闘機であったのは
事実だよ

210で引用している1事例が事実か誤認かは本質的じゃないんだよ
総体として大戦中期以降は零戦の高速域での致命的な欠点が敵に知られてしまい
その欠点を突いてくる戦い方を強いられて零戦は戦闘機としては有効な戦力でなくなってしまいつつあったのだ

1事例が事実か誤認かを執拗に問う些末な議論に陥らずに零戦が(その長所と言われている格闘戦闘の面でも)大きな欠点を抱えていた、
そしてその重大欠点故に大戦中期以降はどんどん劣勢に立たされる一方であったというマクロな事実を素直に認めたらどうだということだよ
つまり誤認の可能性を追及しているだけの>>212>>210がその事例を持ち出して主張しようとしている高速域での零戦の大欠点という立論に対する
有効な反論にはなっていないということだ
なぜなら210はその大欠点を露呈した1事例として米軍パイロットの1証言を取り上げてるだけで、同様の事例と証言は山ほどあるし
なによりも米軍による零戦のテストレポートでその大欠点は明確に報告されて今日までレポートが残っているのだから

個々の証言を疑い無敵の零戦神話を信仰する零戦無敵信仰は見苦しいのすら通り越して科学技術立国やモノ作り立国を標榜する現代日本の人間として恥ずかしい限りだ
もはや事実とは全く無縁の単なる一種の宗教でしかないからね

219 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 08:37:30.45 ID:xR7G/Kw8
>>189
制空権は米軍が確保してるのに、なんで中国軍は敗走すんだ?
ってルーズベルトが中国に疑念を持ち始めたのが打通作戦。

220 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 08:47:17.73 ID:0QydMvmH
戦闘機単体が万能ではあり得ないわけで。

戦闘機の優劣を語るのと同等か、それ以上に
運用シチュエーションと投入したタイミングが大事なことよ
向き・不向きを前提に置かずに優劣を語る虚しさ()

零戦の太平洋戦争後半における悪評や疾風のグダグダ稼働の謂わば逆説として
五式戦の評判がある気もするんだよね。
爆撃機と付随・護衛する戦闘機を迎撃するのに
”当時の日本機としては”ドンピシャでハマったという。

例えそれが苦し紛れの偶然であったとしても。

221 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 08:54:28.40 ID:f6bhLBXB
>>218
>なによりも米軍による零戦のテストレポートでその大欠点は明確に報告されて今日までレポートが残っているのだから

対中援助に寄与したアメリカの「フライングタイガー」
フライングタイガーは「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」の略称であり、1942年4月に創設し、
1946年4月、戦争終了後に解散された。創始者はアメリカ人飛行教官の陳納徳(シェンノート)氏であった。
1938年8月、宋美齢の求めに応じて、シェンノート氏は昆明市の郊外に航空学校を設立し、アメリカ軍の基準
で中国空軍を訓練し、中国空軍の対日戦に積極的に協力した。
1941年、ルーズベルト政府のひそかな支持の下で、シェンノート氏は個人団体の名義で巨額の資金を出して
アメリカ人パイロットとエンジニアを募集した。その年の7月と10月に、200余人もの勇敢で危険を恐れぬ隊員たちが、
対日戦参加のために中国に来た。
31回の空中戦で、フライングタイガーの志願者は5機ないし20機のP-40型戦闘機をもって217機の敵機を撃墜し、
みずからの損失はわずか14機だった。それ以後、「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」はフライング
タイガーのマークを使い始め、そのサメの頭の形をした戦闘機も世に名を知られるようになり、「フライングタイガー」
というニックネームも知られるようになった。抗日戦争が終わるまでに、フライングタイガーは敵機を2600機撃墜し、
積載量223万トン相当の船舶、軍艦44隻、100トン以下の内陸河川の船1万3000隻を撃沈するかあるいは大破させた。
また日本軍将兵6万6700人を撃ち殺した。フライングタイガーの隊員のほとんどは中国政府から賞を授与された。
10余人の飛行士はアメリカ、イギリス政府から飛行十字勲章を授与された。
http://japanese.china.org.cn/japanese/170095.htm

222 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 09:05:47.02 ID:c+b3lbge
>>219
米軍はなぜ、朝鮮戦争で中国軍に勝てなかったのか?

223 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 11:16:59.45 ID:pYtaKO2E
まぁ話は逸れまくったけど、元に戻すとして
>>201のテストで海軍が念頭に置いたのは恐らくは零戦x2型であって
三式戦は零戦x2型より高速時の舵が重い可能性が高いって結論でOKよね?

224 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 11:34:38.47 ID:k1Ovp4MP
零戦と急降下ご参考…

五.零戦に依る降下爆撃法

五二型の急降下爆撃は、一般に困難。過速になると、頭を上げる傾向を生じ、操縦桿を抑へきれず。
降下角30度位の緩降下は比較的容易なり。
(略)
1.抵抗版無きため、過速となり制限速度を超過することあり。降下速度が一定ならざるため、
  投下諸元がその都度異なり、又、過速となりたるときは照準投下困難。而して被害減少の
  ためには、速度を大となさざる可らず。
2.測風装置、降下角装置なきため、勘によらざる可らず。
(略)
●突撃要領
 接敵は高度6000米以上。徐々に機首を下げ、20度以上に保ち、降下角大となるに従ひ、
 発動機を絞り、加速となるを防止す。
(略)
 投下時の高度は300米、投下時の機速は計器速度300kt。
(略)
 二一型の場合は、強度が問題となるため、終速を制限する(計器速度260〜280kt)。

225 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 11:49:07.85 ID:JF/VSnFo
零戦の横転性能とエルロンリバーサルの関係に関するソースキボン
妄想だろどうせ

226 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 11:52:33.76 ID:WJVmNID2
三式戦闘機って資源と労働力の無駄だったな
こんな戦闘機を3000機近く作ったのは無駄としか言いようが無い
川崎に水冷発動機の生産技術を維持させるのは良いが生産数は二式単戦くらいの数で良かった

227 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 11:55:26.53 ID:tJMsw/T6
>>221
そんな宣伝広報よりも「日本陸軍便覧1944」が正確。

228 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 13:29:43.49 ID:TRk6Vwl5
>>224
それは急降下じゃなくて急降下爆撃で爆装時だから通常飛行と全く違うと論破されてただろ…

229 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:04:43.03 ID:k1Ovp4MP
>>228
いいんですよ
否定肯定どちらでも
そういう反応を見るのが面白いのです

230 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:35:15.15 ID:TRk6Vwl5
>>229
いや肯定否定じゃなくてミスリード狙ってるのが糞すぎ
零戦に爆弾乗せたらこうなっちゃうよと書けって話

231 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:42:09.34 ID:k1Ovp4MP
>>230
あくまでママ引用したまでです
ミスリードするもしないもあなたのご自由

232 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:44:13.10 ID:JF/VSnFo
離脱のための急降下と爆撃のための急降下は違う
後者の場合突っ込みが良いのは困るんだよ。敵艦に衝突するか狙いが付かない
45度以上の角度かつ低速の急降下が求められているのでね

233 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:46:09.17 ID:k1Ovp4MP
議論をお楽しみ下さい

234 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:49:40.21 ID:TRk6Vwl5
>>233
他人の議論を楽しむ前に何が書かれてる文章なのか理解しろな

235 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:55:32.74 ID:k1Ovp4MP
それはあなたにお任せします
私は次々投下します

236 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 15:56:56.40 ID:k1Ovp4MP
それにあれこれ理屈をつけるのを見るのが
酒の肴にちょうどいいんですよ
>>232とかね

237 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 16:09:16.57 ID:fvRjL8+g
やたら結論をつけたがるパンジャンドラム症候群ってあるよね

238 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 16:41:29.12 ID:qyt71BQh
>>216
>>223
まずその日本側の証言が出所も出自も
扱ってるデータもあやふや過ぎだろ

だいたいメーカーがちゃんとテストしてるなら
全備重量とかもあるだろ

海軍のコメントと書きながら
機体名称もソースもなし

速度域も高度の記載もない

証拠不十分過ぎ
よって、単に怪しい怪情報ということでFA

239 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 17:39:45.99 ID:k1Ovp4MP
こういう反応を見るのが面白いのです

240 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 17:49:33.31 ID:TRk6Vwl5
>>239
では言い直そう
>>224
>2016/05/03(火) 11:34:38.47 ID:k1Ovp4MP
零戦と急降下ご参考…

お前の張ったののは参考にもならん代物だバーカ(笑

241 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 17:52:51.35 ID:k1Ovp4MP
どんどん品が悪くなりますな

242 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 17:55:51.29 ID:TRk6Vwl5
>>241
反論すらできん負け惜しみは書かなくていいぞ

243 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 17:57:43.50 ID:k1Ovp4MP
単に私はネタを投下するのみ
どう料理するかはあなた方の度量です

244 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 17:58:40.47 ID:TRk6Vwl5
>>243
だから例にもならん文章をドヤ顔で張る馬鹿だと評価してやってる

245 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:02:10.81 ID:k1Ovp4MP
投下元ごと拒否というのも反応の一つです
>>224はリトマス紙のようなものですね

246 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:03:54.06 ID:TRk6Vwl5
>>245
>2016/05/03(火) 11:34:38.47 ID:k1Ovp4MP
零戦と急降下ご参考…

お前の馬鹿さの判定して欲しいんじゃないのか?

247 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:06:19.22 ID:k1Ovp4MP
ちなみに
>>224そのものは事実として
爆装時の急降下で頭の上がる零戦が
戦闘時の急降下だとどうなのか説明すると
説得力が増してよろしいでしょう

248 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:07:06.67 ID:k1Ovp4MP
>>246
その程度ですかね
もう退場されては?

249 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:09:16.64 ID:TRk6Vwl5
>>247
それこそ探してきて張るのが張るだけ自慢のお前さんの仕事だろ?

250 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:09:37.96 ID:qyt71BQh
>>247
そもそも急降下性能の参考といいながら
緩降下のデータしかだせてない

急降下というのは45度以上

251 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:11:53.81 ID:lg8zQ1eE
ID:k1Ovp4MP
はBUN氏だよね。言葉遣いが同じ

252 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:15:05.39 ID:TRk6Vwl5
違うだろ(笑
あれだけ色々調べてる奴が爆装時と通常時の違いが分からんとか思えんわ

253 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:19:31.28 ID:k1Ovp4MP
そういえば情報をある程度ぼやかして
小出しにするのもBUNさんのお家芸ですね

254 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:24:42.32 ID:k1Ovp4MP
まあ早急に結論めいたものを求めるよりは
虚心坦懐に情報を集め
比較吟味することを積み重ねていっては
いかがでしょう
それが楽しいんですよ

255 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 18:30:52.88 ID:k1Ovp4MP
さて>>238が怪情報とした>>201
これは丸2016年4月号のBUNさんの記事にも
引用されていますね
まだバックナンバーはありますよ

256 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 19:51:05.36 ID:JF/VSnFo
爆撃ならF6Fだって急降下では実施できないよ
ダイブブレーキななければどんな戦闘機でも同じようなコメントになるだろうよ
2000m以上の落差を急角度(しかも一直線に)を保って降下し続ける機動と比べても無駄

257 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 19:59:37.26 ID:cXon2Avj
土井技師はハ40からハ112IIに換装すれば必ず性能が向上するという確信が持てなかったのだろうか

258 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 20:23:20.82 ID:AnJR5Ths
>>257
違う。当時ハ40が酷い出来だったのでその改造を担当していた
スタッフの労苦を思う土井氏がその労苦を裏切るような行為(ハ40を
捨てて空冷に乗り換える)は出来ないと空冷化を拒否していた。
要するに極めて日本人的な情緒と義理人情優先のお話。
土井氏が了承して空冷化に前向きになってくれていたら
遅くとも1944年の夏くらいまでに五式戦は登場していた。

259 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 20:31:23.46 ID:cXon2Avj
最初から空冷飛燕の胴体に設計しなおしてエンジンをとってつけたようにしなければ、最大速度も少しは上がっただろうね

260 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 20:43:59.47 ID:AnJR5Ths
いやー金星の直径は変えられないからねぇ

格好はもうちょっとなんとかなったかもしれないけれどw
やっぱFw190の方がカッコいいよねw

261 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 20:48:16.61 ID:cXon2Avj
>>260
胴体の設計だと書いたんだが伝わりにくい文章だったかな

262 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 20:50:35.80 ID:k1Ovp4MP
保育園の砂場を見るような

263 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 20:55:18.45 ID:JF/VSnFo
胴体を再設計して伸ばせばプロペラの径を発動機にふさわしい3.2m以上に拡大できるわけよ
されば、五式戦の速度上昇力はあんなもんではありますまいて
その場合キ119みたいな外見になるね

264 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:00:47.28 ID:hpiTyYbL
250kg2発積んで駆逐艦爆撃した隼

265 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:02:44.08 ID:cXon2Avj
ロケット排気管があるとは言えあのおたまじゃくしの段差は空力的に抵抗になってるだろう。もっと丸い胴体でないと。

266 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:30:04.20 ID:qyt71BQh
もう滅茶苦茶だな
ハ40じゃなくてハ140だろ

267 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:37:11.72 ID:qyt71BQh
>>255
だからさ、ちゃんと読めよ

全備重量ないし
低速とか高速とか書きながら
速度表記ないでしょ

旋回とかも米軍側のデータは
何kmで何度旋回とかあるわけよ

なんだよこの

よろし
とか
正 小
とか

全然参考になりません

268 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:40:02.41 ID:cXon2Avj
>>266
ハ140では遅すぎる。三式戦2型改が完成したのは19年4月。

269 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:41:16.48 ID:k1Ovp4MP
まああなたには合わなかったということで
いいんではないですかね

270 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 21:55:24.78 ID:cXon2Avj
今度は三菱自動車が燃費のとこで槍玉に上げられてるのか。金星62作った伝統のある会社らしくないな。

271 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 22:00:20.50 ID:ibTd3fva
>>270
燃費と言う面では金星は余り優秀じゃないし

272 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 22:14:04.05 ID:cXon2Avj
川崎の創業者が薩摩藩出身とは知らなかった。三菱の土佐藩と合わせて五式戦闘機は文字通り官軍だわな。

273 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 22:28:04.79 ID:JF/VSnFo
ハ40、ハ140のほうが巡航時の燃費が悪い
だいたい火星と同じ

274 :名無し三等兵:2016/05/03(火) 22:30:21.53 ID:0FN0ewxp
>>252
BUN氏はいろいろと調べている人ではあるけど、航空工学の教養はヒトカケラも無いと思う。

275 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 12:26:01.71 ID:lDkn2Eu4
あまし登場が早いと金星50系だからなー

276 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 12:59:53.67 ID:Jztuu1dk
>>275
昭和20年じゃ金星六二型も五一型も出力は一緒よ
エンジンの転用元の司偵も額面割れしてるし五式戦の試験機だけ偶然そうだったわけじゃない
みんな1300馬力で戦っていたと考えるべきだろう
それが水メタ噴射付発動機の悲しい現実

六二型のメリットは燃料噴射式で空戦の機動がやりやすいというだけになるんで
正直水メタの重量を燃料に回せるか軽くできる分だけ五一型装備のほうが使える

277 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 13:35:27.76 ID:1lF5YzSL
>>276
ソース何ですか

278 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 16:06:47.59 ID:IdHAEEsQ
テンペストMk.IIも液冷→空冷だが
カウルを比べると形状が違う
テンペストは円筒形で段差が大きい
五式は球根のような形
どちらの形が空力的に良いのか興味がある

279 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 17:09:46.09 ID:/5SzYFKe
>>276
仮に昭和20年に6×型が定格割れしているなら5×型も当然同様に定格割れしているわけだが・・・

280 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 19:36:30.94 ID:LF7qjdC5
燃料噴射のトラブル分6xの方が不利かも。

281 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 19:45:10.11 ID:1lF5YzSL
>>280
燃料噴射が20年もトラブってるソース何ですか

282 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 20:25:30.80 ID:xXR4VjTe
60系の燃料噴射装置系のトラブルは色々な本にでてて常識だと思うけど。
ソース君は知らないの?

283 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 20:32:17.61 ID:/5SzYFKe
隼V型は19年の配備当時は燃料噴射装置系でトラブッてたが45年ごろになると改善されてるな

284 :名無し三等兵:2016/05/04(水) 20:39:39.73 ID:1lF5YzSL
>>282
19年時点だと三菱の社内誌など百偵の現地調整の話とかありますが20年に至っても改善されていないというソースは何ですか

285 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 00:02:20.36 ID:IJ8R6cHr
>>279
水メタ装備なしの発動機に関しては発動機出力が低下している話は聞いたことがないです
また昭和18年より前の計測値しか知らないけど金星五x型装備機の試験結果は良好です
登場時期も早く、もしかすると本命のキ60に対しキ61にこいつを載せるという手も
>>283
燃料噴射装置付の栄とは?
>>284
燃料噴射装置に関してはハ104の状況を見る限り昭和19年後半にはそれなりに出来上がっていたのでは
ただ製造数は伸びにくいでしょう
昭和18年には大量生産の計画を立てておいてもらわないと一基につき14個も難しい部品がある発動機は揃わない

286 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 00:31:31.97 ID:IJ8R6cHr
>>277
三菱の社内調査では新司偵(キ46V)の量産機は最高速度に於いて7%の減
同じ高速偵察機の彩雲の量産機速度低下では最大速度に対して2%くらいは表面仕上げの
質の悪化が原因でした
新司偵の場合プロペラの機構が難しいものではないため、発動機出力低下が4〜5%の速度低下を
もたらしていたと見れるでしょう。大体15%の出力低下です


さらに、彗星の量産機から首を持ってきた零戦五四/六四型は、零戦五三型の計画性能を
やや下回る性能を示しています
彗星の都合でペラが短くなって速度を発揮できない点、表面仕上げの悪化を考慮すれば、昭和20年の金星六二型が
大体栄三一型のカタログスペックと同等の出力、金星五一型並みだった傍証となります

五式戦はどうだったのかといえば、テンプレにもある通り水メタなし、五一型の出力と全開高度で
性能を測るような状況だったようです
異常を総合し、また稼働率から考えても、金星六二型の出力は水メタを使えない分だけ低下してと考えられます

287 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 00:33:06.00 ID:IJ8R6cHr
>>286
栄三一型のカタログスペックというより計画性能というべきですね
あれはほぼ栄二一型と変わらない出力しか出てませんから

288 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 00:38:07.09 ID:IJ8R6cHr
五式戦や新司偵の装備発動機はハ112-Uだけど金星六二型とほぼ同じものです

289 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 01:03:03.20 ID:fyi+uXCB
>>285
なんか勘違いしてるみたいだけど
水メタ自体で出力が騰がるわけじゃない

水メタで何をするのかわかってる?

290 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 01:08:23.84 ID:IJ8R6cHr
酔っぱらいついでに書いておくと零戦五四/六四型は二段全開高度で最大速度325kt/h出る予定が実機は309kt/h
仕上げの悪化を考えても発動機が原因と考えられる4〜5%の速度低下が発生している
五式戦や零戦五四/六四型が試験された当時の金星六二型、ハ112-Uの性能は出力が約15%低下していたとみるべきではないか
1500馬力であの性能だから金星五一型の時機に金星に換装していたら更に性能が低下するというよくある意見は賛成できないな

新司偵やキ96やキ102の例を考えれば、もし五式戦が昭和19年上旬までに初飛行していたら1500馬力戦闘機としての性能が記録されただろう
そしたらもっと評価は違っていたと思う

291 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 01:29:07.28 ID:IJ8R6cHr
>>289
混合気の冷却

292 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 01:37:56.36 ID:fyi+uXCB
>>291
そんなもんで出力騰がるわけねーだろw
冷却だけで出力は上がりません。

冷却した結果、あることができて、出力が騰がるの

293 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 01:47:19.20 ID:IJ8R6cHr
>>292
そのあることとやらも均等で適切な量を噴射する装置がなければ運転に異常が発生して不可能
どのみち旧式の発動機と同じような圧で運転するしかないのよ
あるいは水メタ噴射自体行わないで運転を制限する

294 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 01:48:50.72 ID:IJ8R6cHr
高圧運転を前提としている発動機が水メタ噴射の不調で額面性能を発揮できない現象を出力低下と呼ばないのかね?

295 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 03:45:35.58 ID:tbaJg7Pf
>>286
>五式戦はどうだったのかといえば、テンプレにもある通り水メタなし、五一型の出力と全開高度で
>性能を測るような状況だったようです

これ数スレ前から繰り返してるあんたの持論では

296 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 06:40:49.15 ID:nxLiYP8g
てことはキ100は5×型程度の出力で580km/hも出たってこと?
なら本来の出力であれば610km/hの飛燕と遜色ない速度が出た?
眉唾だね

297 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 06:41:43.42 ID:a1FDcmcB
夜中の酔っ払いの戯言がw
言葉多くて内容無しw

298 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 08:43:55.25 ID:fyi+uXCB
>>293
結局、水メタで何やるのかわかってないので
騒いでたのかw

299 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 09:02:43.25 ID:ZDNr6SX2
ニトロみたいなものだと思っているのでわ

300 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 10:05:27.77 ID:p/Xyzm5n
金星62はフューエルインジェクションになって燃費が向上したのかな

301 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 11:56:01.59 ID:YcqDN2Hb
水メタ噴射は簡単に言えば、熱膨張して熱くなりすぎた亀頭に水をぶっかけて冷やす
また熱くなったら水かけて冷やす、この繰り返し。
これで持続時間が長くなる。

302 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 12:02:03.20 ID:Wuy8kFf+
気筒、だよね?
そっちでも意味的に通じるのがw

303 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 12:46:47.73 ID:fyi+uXCB
>>301
その説明だと
単なる冷却不足の設計失敗w

304 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 13:19:14.67 ID:NPkkk3bG
ハ112-II の水メタについて 三菱 曽我部技師 手記では…

ところが従来の気化器万式が燃料噴射ポンプ方式となり、
かつ水噴射装置がつけられていたので、
現地の実施部隊では、調整その他の整備についての取扱いに不慣れのため、
所期の性能が発揮できずまた稼動率が低下した。

そこで南方の実施部隊からの陸軍航空本部を通しての要請により、
陸軍から機体担当として藤村中尉、津崎准尉、
三菱からエンジン担当として曽我部技師、浅井工長、小見山伍長の総計5名が
グループとなって南方へ出張した。

昭和19年8月〜10 月の閻、サイゴンとビルマで第81戦隊、パレンパンで独立第九中
のキ46-III 型についての整備援助を行なった。
III 型の不調、振動の出る原因その他の不具合は次のようなものであった。

1.点火系統の不調、特に点火栓の損粍。
2.水及び燃料調整の不良。その上調整の困難がその主原因。
3.全開高度が不足。
4.速度が出ない。
5.油温が上がる。
6.油漏れが多い。

その整備援助の結果、飛行機の状態はよくなり、稼働率は向上したが、
III 型をもってしても敵の防禦は手ごわく、未帰還機が相次ぎ
より高性能のIV型や次期機キ95(双発戦闘機キ83と同型)の早期出現が
熱望されるようになった。

305 :名無し三等兵:2016/05/05(木) 23:39:34.36 ID:/UvFPb+S
実際に乗ったパイロットの感想や実戦の様子と
今まで流布されているあの今ひとつな性能値との乖離が大きい事、
世傑の性能値のピークがちょうど金星54型の全開高度と一致している事、
全備重量,公称出力,プロペラの幅広な形状,失速特性の良い主翼と
類似点が幾つか見受けられるFM-2が以外に高い上昇率を示している事、
以上から、あの性能値は水メタ不使用の数値ではないかと考えました。
実戦で水メタが使えなかったとまでは言っていないし、
仮に金星54型程度の出力であれば、あの様な評価は受けなかったかと。
丸メカの99双軽の性能値でも上昇時間は公称出力未満の条件ですし、
百式司偵三型も公称出力での馬力荷重が非常に小さいのに上昇時間はとても渋い値です。
上昇時間の測定は必ずしもぴったり公称出力で行われるものでは無い様です。
特に戦争後期の水メタ噴射が無ければ公称出力の運転が不可能なエンジンを
搭載した機種は、その時間的な制約から、連続上昇時間の測定に使用しても
意味が無い(敵機の高度まで上昇したところで水メタ液が半減していては
空戦が可能な時間がより短くなる等)との意図も有ったのではと思われます。

306 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 00:19:00.32 ID:n7LHiHvX
>>305
FM-2は9気筒しか無いエンジンで
バッファローと同じR1820
栄よりちょっと排気量多い程度で、金星より遥かに小型

R1820と金星を比べるのは、かなりどうかと

FM-2のR1820は何でバッファローの頃から出力が騰がってる?
FM-2のR1820の使ってる燃料は何?

この辺がわかると、水メタの話もちょっとスッキリしてくる
あと時間的な制約って、水メタ使わなくてもあるもんだよ

307 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 02:11:01.79 ID:zszhOf0M
ハ112-IIはブースト+200から水メタ効き始めるけどそれ以下の過給圧でテストしたということだろうか

それからFM-2の上昇力って、いいですか?
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/15953-climb.jpg

308 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 02:11:25.50 ID:Xj4NnaCH
>>296
飛燕が最大速度610qというのは実測じゃないでしょ
計画では640出るはずだけど発動機の成績悪いしこんなもんでしょという推算では

309 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 09:49:41.08 ID:mUNLLvF4
FM-2の上昇率は鹵獲三式戦との比較テストでも毛が生えた程度しか変わらん最低性能だったな

310 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 10:52:30.99 ID:WYTLDKIC
でも軍板ではFM-2の上昇力は零戦52型を遥かに上回るみたいに言われる事が多いよね

311 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 11:23:26.88 ID:9NCLXr29
FM-2ってプラモ組んだらわかるけど
コロコロ丸っちくて可愛いんだよ
翼畳んだら特にな

312 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 11:51:29.12 ID:xQQnKRti
FM-2

最大速度534km/h 高度8778m
上昇力 高度6096mまで8分
自重2475kg 全備3752kg

F4Fの軽量改良型だけあって二線級としては十分な性能
つーか二線級ですら4000機以上も生産できてるのが最大の脅威

313 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 14:11:09.20 ID:oNTx13di
FM-2を過大評価するのが軍スレのさいきんの傾向だが軽量化っていってもF4F-4に比べて初期で100kg.水噴射装置付きで60kgの差だからさほど軽量でもないんだよね。
一段過給機で海面高度からの上昇力が向上したのは事実だが、本質は補完戦力としてR2800付きの主力機の生産を損なわずに装備出来た点だよね。

314 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 14:38:57.80 ID:1Qd1VHm3
>>313
戦後のF4系の評価が低すぎるだけで、過大評価じゃなくて適性評価でしょ。

315 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 20:17:10.52 ID:HjdSls9+
三式戦の場合ラジエーターが無くなる分で頭がでかくなった抵抗増が大分チャラになりそう

316 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 20:40:15.75 ID:n7LHiHvX
FM-2が水メタとか何処の怪情報だよw
重くなるし、開発費かかるし
わざわざ二線級のR1820をそこまでして使わんよ

寧ろ、FM-2の注目点は
水メタも使わず、二線級のR1820さっくり
水メタ対応の栄より上の、1350HPまで上げた事の方

当時の米軍は、これを簡単にやれるところ

317 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 21:41:09.02 ID:6/dQJLcm
>>315
三式戦より高馬力のエンジンで最高速落ちてるんだからそれはない

318 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:03:06.68 ID:DjSaPv3L
>>316は少なくともこういうものの存在は知らんのだろうな
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/fm-2.html

319 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:28:07.04 ID:2lnmPTum
>>307
そのホムペから、FM-2のR-1820は、1500m辺り以下の低高度で
1250馬力前後の公称出力を発揮する事が分かり、馬力荷重は2.6〜2.7程度となります。
これは五式戦の2.76よりやや有利で、零戦52型の2.71とほぼ同等、
32型の2.56よりやや不利です。(これらの数値は全て海面高度)
そして、FM-2はこの辺りの高度で950〜1050m/分程度の上昇率を発揮し、
零戦32型の約900m/分を相当上回る様です。
それまでのF4Fシリーズに対して、プロペラブレードがFw190や五式戦に似た
先端が幅広な形状になっている事も、上昇率の高さに寄与していると思われます。

320 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:37:24.31 ID:n7LHiHvX
>>318
自分の発言と矛盾する点は見つからんが
何が言いたいのか意味が分からん

321 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:45:23.12 ID:Xj4NnaCH
FM-2の一部はR-1820-56W装備でないの?

322 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:52:56.05 ID:Xj4NnaCH
>>321
要約じゃなくてリンクがある報告全文を読みましたか
価値があるのはそっちでしょ

323 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:55:16.18 ID:Xj4NnaCH
>>320
>>321
>>322
安価ミス
水噴射に関して言及がありまっせ

324 :名無し三等兵:2016/05/06(金) 23:55:58.50 ID:n7LHiHvX
>>321
R-1820-56W とかあるわけねーだろ
何処の架空エンジだよ

出てるスペック的に、この程度じゃ水メタいらんがな

このHPに水メタの機種もあるから、決定的に違う部分があるよ

325 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:00:30.10 ID:9jg+rk3L
>>318の水噴射テスト機の装備エンジンが
R-1820-56W だな

http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/16169-level.jpg

>>316>>324については発言の逆張りをすればよいのかな

326 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:05:49.91 ID:Mv1oGlnG
>>325
おい、いい加減にしろ、この写真
R-1820-56
としか書いてねーぞ

何処にWがあるんだよ
水メタも書いてねーぞ

いい加減英語読めないの認めろよ

327 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:08:28.81 ID:Mv1oGlnG
>>325
この写真の上から7行目位に
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/16169-level.jpg

MODEL R1820-56 ENGINE

ってズバリ書いてあるだろ
何処にWがあるんだ、いい加減にしなさい

328 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:11:03.94 ID:9jg+rk3L
おまけ

http://www.aircraft-reports.com/wright-r-1820-56-56w-56wa-62-62a-66-72w-72wa-74w-76-cyclone-aircraft-engine-service-instructions-manual-english-language/

329 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:14:25.58 ID:Mv1oGlnG
>>328
キチガイ
結局FM2に水メタ積まれた証拠ねーじゃねーか
いい加減自分の間違いを認めろ

330 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:16:26.91 ID:9jg+rk3L
>>326
その切り取り画像が掲載されている元レポートが水噴射のテストレポートなんだな

もう徹頭徹尾水噴射
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/fm-2-16169.pdf

331 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:17:25.73 ID:Mv1oGlnG
>>330
ますこの写真の
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/16169-level.jpg

MODEL R1820-56 ENGINE

について説明しなさい
Wは何処にある?

332 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:18:40.47 ID:Mv1oGlnG
>>330
そこにも水メタは書かれていません

文章を抜き出してみなさい
英語ができないバカ

333 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:20:04.27 ID:9jg+rk3L
water injection の文字が見えないかな?

334 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:22:09.14 ID:Mv1oGlnG
>>333
ここの何処に?
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/16169-level.jpg

335 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:25:01.28 ID:9jg+rk3L
>>334
その画像は下記水噴射テストの一部なんだな
http://www.wwiiaircraftperformance.org/f4f/fm-2-16169.pdf
テストした機体番号も同じ
つまりwという名がつく前の水噴射版

336 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:27:43.98 ID:9jg+rk3L
>>316
>FM-2が水メタとか何処の怪情報だよw

>>324
>R-1820-56W とかあるわけねーだろ
>何処の架空エンジだよ

テストレポートも存在しサービスマニュアルも存在したと

逆張りでいいよね

337 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:33:05.19 ID:9jg+rk3L
というかあなたには感謝してる
この手の人が断言すると大抵逆張りに真実がある

果たしてあった
大いに勉強になった

338 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 01:47:06.52 ID:7Of+pRcf
そもそも水噴射を行う仕様のR-1820-56を装備したFM-2の性能を試験しているわけで
噴射液体の容量も記載されている
試験段階では発動機や機体の名称がいろいろあるのはよくあることだ

報告書を読むときに目的や計測方法や条件を確かめるのは当然のこと
図表や結果を先に見ても無意味なのは科学実験とかと同じ

339 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 08:26:36.06 ID:FTkOdZ8E
世傑にも401号機以降はライト製水噴射装置付きR-1820-56W、422号機以降は-56WAを装備してるって書いてあるぞ。
無知馬鹿が暴れすぎ。
素直に認めないで開き直るって典型な2チャン馬鹿だなw

340 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 08:57:47.34 ID:xaonYSbZ
ググってみたら普通に56Wシリーズあるじゃん

http://cdn6.bigcommerce.com/s-noei7xnm/products/1680/images/2053/R_1820_56_56W_Ov_02A_35GD_3__06904.1420606925.500.750.jpg

F4Fについて詳細に書いてるホムペだとFM-2の後期に56Wと56WAを搭載してると書いてるし
>Some later aircraft had the -56W or -56WA engines, with water injection.

http://users.skynet.be/Emmanuel.Gustin/history/f4f.html

341 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 12:44:13.77 ID:7Of+pRcf
騰がってるさんの水メタ噴射の効能に関する認識も気になってくるなー

342 :名無し三等兵:2016/05/07(土) 23:50:19.02 ID:nNVfBzw6
五式戦闘機の搭載したエンジンだがさ
新機軸の燃料噴射で故障頻発とか書き込みをたまに見るけどなんなの!?

逆だろ逆!キャブのせいで故障頻発!主に誉と護。
誉の18気筒キャブがボロボロ過ぎて、火星やハ42の燃料噴射が上手く行き過ぎていたんだよ!海軍の栄のキャブですら19年に不具合出してるんだぞ?誉だって燃料噴射にしたかったけど中島だから仕方なく二四型だか何だかになるまで待たざるを得なかったんだよ。
燃料噴射よりむしろキャブレターの方がやばかった。

343 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 01:25:25.48 ID:0aIM8iRy
>>342
>>304

344 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 02:07:09.66 ID:/lNcE7P+
話を元に戻すと
五式戦の計測性能は水メタなしでの計測なのではないか
という>>305の/UvFPb+S氏の見解をまとめると

1試作機は必ずしも実戦と同じ状態で計測が行えるとは限らない
2計測された性能のピークが金星五x型と一致
3敵機との交戦を考慮すると上昇時間の測定に水メタ噴射をするのは趣旨に反する
(ゆえに水メタ噴射を行わなかったのではないか)
4同じような機体特性のFM-2のデータは五式戦のものと類似しており、性能の測定時に発揮していた馬力を推定できる

こんなところでしょうかね
実戦では金星六二型の性能を発揮できるようになって
カタログデータよりも高速、敏捷なために戦後の高評価につながったと

345 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 02:09:06.78 ID:0aIM8iRy
自演まとめ乙

346 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 02:13:28.30 ID:/lNcE7P+
>>342
金星六二型や火星二x型の不調に比べハ104の評判は良いので
燃料噴射ポンプ自体は昭和19年中に成熟していたと思います
もしかすると水噴射も改良が続いて使えるようになっていたか…
均等な燃料の配分がなければ、水噴射という技術は活かしがたい
18気筒、キャブレターと燃料分配が困難な要素しかない発動機に水噴射まで追加した誉は異常

347 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 02:14:20.36 ID:/lNcE7P+
>>345
自演じゃねーよ
俺は酔っぱらいの人

348 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 02:20:01.79 ID:0aIM8iRy
じゃ同類のアホ

349 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 02:54:02.20 ID:/lNcE7P+
>>348
んじゃ五式戦が金星六二型の公称出力であの性能という根拠は?
上昇力は重量とペラで大体決まってるし
速度に関しては三式戦U型の計画性能640q/hに対して一割近くも低下したと?
空冷発動機に換装した彗星の例と比較するとそれはかなり怪しい
三式戦の場合冷却器の配置が抵抗の大きいものだから、無くなるだけで相当な空気抵抗が消えているんだよ

350 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 03:31:02.06 ID:0aIM8iRy
ますます自演臭い

まず20年に至って金星が水メタの使用に耐えんという証言なり資料が必要だな

四式戦のマニュアルでは全力上昇性能試験において公称吸気圧力を用いると明記されており各高度における回転数も吸気圧力も記録されている
もちろん水メタも自動に任せている

まともなマニュアルの一つでも見た方がいい
閲覧容易な海軍の審査要領も見たこと無いんじゃないか?

セケツの乏しい資料だけで素人計算で数字を弄って妄想世界に入り込む前にもっと資料でも調べた方がいい

351 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 08:14:22.81 ID:lvTkJA4Q
>>342
キャブレターと燃料噴射の関係性が分かってないようだな
燃料供給の方式について調べろよ

352 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 09:42:23.97 ID:ua9wXQ0w
>>351
いや合ってるはず
燃料噴射の方が実は信頼性高いんだ
この頃になると優秀と言われる中島のキャブでさえ不具合が出てる。陸軍じゃなくて海軍の栄だけど。
特にハ42は18気筒の癖に上手くいったのでたまげられたそうな
燃料噴射とキャブの関係性も何も、ただの格上じゃないの?

353 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 09:56:01.42 ID:ua9wXQ0w
新機軸の燃料噴射が上手くいって、旧来からあるキャブがみるみる信頼性が落ちていった(特に誉と護)と認識しているが、違うのかな…
そもそも飛燕の燃料噴射が失敗過ぎてマイナスイメージが払拭できないのもあるが、どのみち五式戦闘機が就役した頃は燃料噴射はもはや新機軸ではないと思う

354 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 10:41:12.14 ID:lvTkJA4Q
そうじゃなくて、燃料噴射々いってるけど、キャブレターをなくしたとおもってる?ってこと

355 :305:2016/05/08(日) 10:48:02.50 ID:Oj7havHR
>>344とは別人で、自演では有りません。
上にも書きましたが、上昇時間の測定は丸メカの99双軽の値や、
馬力荷重が下手な単発機よりも良好な百式司偵三型の渋い値から、
必ずしも公称出力のみで行うものでは無い様です。
実際に疾風の取り扱いマニュアルや海軍の要領書を見てないのでアレですが、
紫電改や疾風でも何種類かの速度/上昇時間のデータが有る様に、
性能評価は実戦で想定される様々な条件に従い実施されると思われます。
(その機種の最高性能を見る『全力上昇』のみならず)
空襲の合間をみてテスト飛行を行う様な終戦間際の状況で
記録のまとめや整理もままならず、戦後にたまたま残っていたあの値が
引用、引用で一人歩きしてしまったのが実情ではと考えます。
尚、世界の傑作機では、データの流用元は「陸軍公式資料」とあります。
これが見られればいいんですけどね…

356 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 11:24:43.83 ID:ua9wXQ0w
>>354
なくしたんじゃないの?
あと、俺の書き込み方が悪かったな。燃料噴射が故障頻発という指摘は逆で、むしろ他の機種のキャブが故障頻発だったと言いたかったんだ。

357 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 11:29:29.32 ID:lvTkJA4Q
飛燕のもともとのエンジンのDB601はストッロルバルブやアネロイドを使ってて気筒内への直接燃料噴射だが
誉等はキャブレターのベンチュリー式の燃料供給を噴射式にかえたもの

358 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 11:45:17.86 ID:lvTkJA4Q
キャブレターにはブーストコントロールの機能もあるし

359 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 12:35:21.80 ID:QIerw4Se
誉の大半は機構的にはオーソドックスな
フロート式気化器

ただし負圧に依存するベンチュリー方式では
過給器の二段化に対応することが困難
米国では浮子無しのダイアフラム式と
なっている

そこでブースト圧に連携し流量制御する
水メタ噴射機構を応用して
過給器翼車の入口から環状溝を通じ
燃料を散布するスリンガー方式の
低圧燃料噴射装置が開発される
ここでは燃料流量は
ブースト圧と回転数に応じて直接制御される
ただし装備開始は終戦直前

三菱の気筒直噴機構はバレル式と呼ばれるが
写真などを見ると納得

360 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 17:23:01.91 ID:JyxnTewS
日本ってアリソンやマーリンもやはりまともに生産できないのかねえ。
DBはこれらに対してかなり精緻な設計されてるとか書いてたけど

361 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 17:30:01.18 ID:SUCA/U92
>>360
アリソンは有望だけど、単体だと性能イマイチ、マーリンはハイオク無いと無価値やで・・・
川崎が液冷にぶち込んだリソースを栄・誉なんかの改良にぶち込んだ方が絶対に効率が良い

どうしても液冷エンジンが欲しいならJUMOくらい

362 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 17:49:27.57 ID:lvTkJA4Q
回想録でJumoならって思ってるんだろうけど、これでも無理だろう

363 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 17:58:15.98 ID:PVSS75ui
ハ45はいらない
最近の元中島発動機技術者も否定的な意見だった
試作機の超性能ではなく、量産機の安定した確実な性能こそ戦争では必要
凡庸でも無理をしないエンジンを開発量産するべきだった
いくら軽くて高性能でもエンジン不調で実力発揮出来なかったり飛べない飛行機より、確実に飛べる飛行機を

五式戦はある意味、それに近い存在だったのでは?

364 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 18:53:07.35 ID:WQfHZhx1
>>363
いやむしろ三式戦こそ不要な存在だったと言いたいがそれ言うと五式戦の存在を否定する事になるので言いづらい…けど言う

三式戦およびハ40は不要だった
しかし五式戦は必要だった。川崎や陸軍に液冷への願望を捨てさせるきっかけさえあれば…
疾風は計画より1.4倍の重量になってるが、計画通り鍾馗の正統後継機として完成してればむしろ必要だったよ。当初の要求は680km/h、4分30秒/5000m、ホ-5搭載というものだった。のちの疾風は660km/hに要求が引き下げられたがね。

365 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 18:56:25.86 ID:WQfHZhx1
>>360
フランスのイスパノスイザ製エンジンだな。川崎が死ぬほど苦労してモノにした発動機。性能は微妙だが、ソ連が弄りまくってクリモフエンジンへと昇華させたからポテンシャルはあった(かもしれない)

366 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 19:01:57.84 ID:JyxnTewS
>>361アリソンは1425馬力で止まってるよね。

>>365煽ってもあれも1365馬力で止まってて機体設計で何とかしてるね。
無駄を排しまくってるソ連機。信じられなくらい軽いし

367 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 20:02:36.18 ID:lvTkJA4Q
川崎がやったのはBMW VIエンジンじゃね?

368 :名無し三等兵:2016/05/08(日) 20:07:18.16 ID:lvTkJA4Q
アリソンはVee's for Victory!: The Story of the Allison V-1710 Aircraft Engine 1929-1948 (Schiffer Military History)
こういう本にしっかり構造や性能が載ってるから読んだほうがいいぞ

369 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 19:11:05.13 ID:F2rZ5HTA
鹵獲P-40は訓練で使うと日本機に全く歯が立たないのに碌な整備もせず放置しても
燃料入れただけで快調に飛ぶのが憎らしかったて話

370 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 21:35:56.35 ID:UOxc2wsT
実戦ではP40にぼろ負けこいてるけどね。

371 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 22:02:22.80 ID:DpRQb55H
そら訓練での単機のタイマンの性能と
実戦での状況で相手がレーダーで待ち構えてたり、無線で連携上手くとったり数で優ったりしてる状況とじゃ一緒にできんわな

372 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 22:27:43.75 ID:37n5cveO
米軍戦果を見て言ってるんだろうが米軍の戦果は実際の数分の一なのが常で
P-40を運用してたフライングタイガースの場合1機撃墜に大して22機撃墜とか報告されてる。
実際のキルレートは爆撃機を含まなければ、むしろ日本側優勢といったところ。

早期警戒システムありきでこれだから、単機性能で見た場合は劣ってるのは明らか。
ただし高速域での旋回は日本機に勝ってるので、ベテランなら勝つことは可能だった。

373 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 22:42:27.66 ID:mROlwym3
アリソンは2000馬力まで出てる
3000回転とハ140より良く回ってたし

P63・ツインマスタングで二段過給もP38でターボも実現してる

P39・P40もニューギニアの大事な戦いの最中に馬力上げてきて
戦局を有利にしていった

374 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 23:01:29.03 ID:4gUXRrKl
P-40Nのラバウルでの戦績はP-38より良いからね・・・
間違っても雑魚ではない

375 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 23:31:18.10 ID:dd0tK3gI
P-40が実際には手ごわかったのは間違いないが、
>>374
ラバウル航空隊と交戦したニュージーランドのP-40Nは零戦に負け越しと言えるくらいやられているが。

376 :名無し三等兵:2016/05/09(月) 23:48:32.98 ID:mROlwym3
>>375
なんか勘違いしてるな

P40は基本的にはニューギニアの南側のポートモレスビーとかにいて
ニューギニアの北側のウエワク(第4航空軍)・ホーランジア
辺りの陸軍航空隊との戦いがメインで、これが前線

ラバウル基地ってのは、後方基地
ラバウルまでP40が来るってのは、後方基地まで攻めこまれてる
というかなり情けない状態

377 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 00:35:36.18 ID:57MkYMB2
『・・・1942年から43年の間、P−40航空隊は北アフリカ、
シシリー、イタリアの航空戦で鍵となる役割を果たした。ある日の彼らの
任務は爆撃と機銃掃射であり、別の日は中爆の戦闘護衛であった。
その欠点にもかかわらず、この種の航空戦においてカーチスP−40は
優れた兵器であった。それは決して高速で高高度を飛行できる機体では
なかったが、タフで、信頼でき、重武装で、相当量の爆弾を携行でき、
そして中国や太平洋と異なり、交戦した敵機よりもマニューバブルであった。
P−40パイロット達は、より最新のライトニングやサンダーボルト
やマスタングで飛びたいと願っただろうが、ウォーホークはその時点での
唯一の米国戦闘機であり、彼らはそれでベストを尽くしたのだった。・・・』
(カール・モールスワース、MTOのP−40ウォーホークエース
(オスプレイ社刊)より引用)
http://www.geocities.jp/yoyuso/p40/p40gall.html

378 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 00:39:44.99 ID:RsZFLvvq
アリソン連呼してる人多いけどアリソンはエンジン名じゃないぞw

379 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 01:31:29.91 ID:kq6Cdp4U
>>376
いきなり的外れなことを書かれても・・・
ソロモンとかニューギニアではなく、>>374でわざわざ「ラバウルの」と書いてるのにその言い訳は苦しすぎるな

380 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 02:50:49.75 ID:vaugAyOX
P-40Nといえば疾風に中国戦線でボコられてたな…
五式戦はついに合間見える事は無かったが、焼夷榴弾と榴弾を持つ20mm機関砲と防弾を備えるこいつらには零戦の様には行かなかったとおもう

てか13mm装甲が無力って評価するとか米軍なにしてんの…(P-51:8mm)

同じ防弾の疾風の例だが、P-47を振り切れずに、気を捨てて脱出しようと減速したらオーバーシュートして撃墜して帰ってきたって話があったが、その人曰く、防弾板が無ければ死んでいたと。何さんだっけな…

381 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 03:01:11.77 ID:vaugAyOX
てか米軍調査の飛燕(五式のも共通)の13mm装甲無力疑惑なんだが、これが謎過ぎる。厚みだけならP-47に匹敵するし。

アメリカって戦後も、信濃の装甲持ち帰って、意味不明の垂直近距離射撃設定で16インチ砲で貫通してホルホルしてたな…

382 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 08:29:39.95 ID:9GpPRLUi
防弾版だけ見ればそうだろうけど
P-47は頑丈すぎてFw190に全弾叩き込まれても帰還できたとかいう化け物だから
比較しちゃいけないとおもうの

383 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 09:34:21.29 ID:e9wFqsBH
そもそも無力って何に書いてあるの

384 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 09:39:07.09 ID:ndif9tiu
米陸海軍共通の識別帳FM 30-30によれば飛燕は

1943.11 版
この単座の日本戦闘機の胴体と翼はHe113に似ており、翼はより長くより細い。
日本戦闘機においてパイロット後方の防弾板が始めて確認されている。
動力は12シリンダーであり60度に配置されている。
推定馬力は15000フィートで1060である。燃料タンクは胴体と翼の根元にあり、防漏である。
武装は2丁の12.7mm機関銃がプロペラを通して発射され、翼に2丁の7.7mm機関銃を装備している。
プロペラ・ハブへの機関砲の装備が準備されている。

1944.8 版
トニーは液冷エンジンを用いる唯一の日本戦闘機である。
とりわけハリケーンやP40といった連合国戦闘機と大きな類似点を有する。
非常によい戦闘機(very good fighter)で、重武装でありよく防弾されている。
2丁の12.7mm機関銃は同調されており、翼には2門の20mm機関砲を備える。よく研究しておくように。

385 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 10:24:45.23 ID:J6G/ein5
さらに現場ではどうか。
第五空軍で1944.5 に作成された対日本機戦術資料(マクガイアが記述)によれば

トニー:
この飛行機の通常の武装は二丁の12.7mm機関銃であり、プロペラに同調している。
それぞれの翼には一丁づつの12.7mm機関銃を装備する(最新型では各翼に一門づつの20mm機関砲)。

重装甲と良品質の防漏タンクにより、この機体はよくヒットさせない限り、
ゼロやオスカーのようにたやすく爆発したり炎上したりするという傾向はない。
直列戦闘機としては我が軍のP-40に類似して、トニーは高高度戦闘機ではない。
しかしながらジークよりも水平速度において速く、また降下において非常に速いことによってこれを補っている。

この機体に対する成功した回避戦術は、以下の通りである。
・降下時であれば、右方向に旋回することである。高速においてはトニーは右方向への旋回能力は低く、
 日本人パイロットはこの方向への旋回に苦労する。
・地表近くで追尾されたのであれば、高速で浅い上昇を行えば、射程外に逃れ脱出することができるだろう。

ひとりのパイロットがハードな体験によりこれを発見した。
彼はウエワク攻撃からの帰路、3機のトニーから脱出した。そのとき彼は20000フィートにあって、
浅い降下を開始し地表に至ったときは100マイル南方に離れてしまっていたが、トニーは彼の右後方にいた。
彼は戦術を変えることを強いられ、高速を出し浅い上昇を行うことでトニーから離れることができた。
彼の経験はトニーとその同種のものに対する最初のものであり、
この先駆的事例が多くの者を同じ過ちに陥ることから救ったのである。

もし君が地表近くにいたとして、高速での右方向への急旋回は緊急操作として行うかもしれない。
しかしそれは確実に最後の手段であり、敵のパイロットの君への照準を逸らすにすぎないのである。

386 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 14:07:38.87 ID:mX4C5i7w
対戦相手の資料って言うのは警戒の為に過大評価気味だから
鵜呑みには出来ないよ。

387 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 14:21:42.86 ID:0J1qY55N
>>386
>対戦相手の資料って言うのは警戒の為に過大評価気味だから鵜呑みには出来ないよ。

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

388 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 14:55:48.39 ID:RsZFLvvq
出ました。
一見レスに見えるダツオのロボット書き込みw

389 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 16:40:52.08 ID:i19XhN6i
>>386
にしても効果の無い防弾板というのはどこに?

390 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 18:52:14.98 ID:1HHittbP
>>386
でも降下速度は速く上昇速度は遅いとかジークやオスカーよりマシな防弾とか
そんなに盛ってない印象

391 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 19:02:08.81 ID:vaugAyOX
>>389
ソースはWikipediaの鍾馗。AN-M2の射出する12.7mm弾に対して無力だそうだ

無論、そんなわけはない。

392 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 20:08:56.78 ID:bjlp6a2u
戦車の場合、日本陸軍の装甲品質が劣っていて同じ装甲厚でも諸外国の戦車の方が硬かったとか言う話なかったっけ?
物凄いうろ覚えだしソース無いので、「そんな事はないドアホ!」とか詳しいかたお願いします

393 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 20:32:38.02 ID:8UXRGI2U
>>392
中国人に対戦車バズーカを供給すれば、日本軍の大陸打通作戦は阻止されたか?

394 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 21:08:58.74 ID:RbQ1N1ZD
>>392
俺が聞いたのは諸外国のより硬過ぎて、ぱっくり割れる事もあったという話だが

硬さではなく粘りがないとかなんとか
装甲は素人なんで俺もしらんが

395 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 21:38:40.51 ID:jC2bziqH
>>380
誉搭載機の空戦は所詮こんな感じだけどな

源田の剣 改訂増補版 米軍が見た「紫電改」戦闘機隊全記録


今回も戦闘は米軍側が高度劣位の「紫電改」を一方的にリードする形になった。(中略)

P51は「紫電改」を上回るスピードをもち、しかも上空にいた。

「すべて敵の方が優位である。味方が四千メートルぐらいで、 P51が降ってくる。
それを回避しながら、態勢を整えて攻撃に入る。攻撃をかけてきた敵機は、これまた凄い上昇力で、
どこまでも高度をとっていく。紫電改はこれ以上の上昇力はない
そこで機体を水平に戻すと、また上から降ってくるのである。

396 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 21:39:57.87 ID:9d3Ppmd0
ニッケルを添加すると靭性が向上します

397 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 21:44:02.44 ID:ITWUxsHt
>>391
TAIC資料のTOJOの項目だな
確かに .50 calibre fire に ineffective と書かれているな
ただ、13ミリではなく 10.6 ミリになってるけど

398 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 22:02:27.55 ID:kq6Cdp4U
ドイツの大戦末期はニッケル不足で戦車の装甲が被弾で割れたという話は有名だな

399 :名無し三等兵:2016/05/10(火) 23:37:45.13 ID:9GpPRLUi
>>393
拿捕されて南洋で米軍がひどい目に合いそうだな

400 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 00:23:21.35 ID:IE/2VmKH
打通の時期じゃ現地活用でせいぜい本土に送るだけでしょ。
米軍とは交戦しないよ。

401 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 00:24:31.23 ID:afCRJzMh
>>397
同じ資料内でキ61については、
「トニーは防漏タンクとパイロットの後方と下方に配置された防弾板を装備している。
燃料タンクとパイロットへの良好な防護によって、この航空機は、日本の戦闘機の明確な改善を示している」
とされてる

402 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 02:40:44.97 ID:tMslXZ01
防弾板13ミリと書かれてる四式戦とか
ハーフインチと書かれてる一式戦二型は
防弾が弱いとか一切書かれていない
三式戦は>>401のとおり

結局米軍調査で10.6ミリだった二式戦二型
だけが効果が無いとか書かれてる

403 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 05:02:31.69 ID:1uKNSjZv
>>394日本軍の戦車の装甲が硬度がありすぎて割れるとかなんとか。3式で変わったけど

404 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 09:33:42.92 ID:A2lrwiOa
>>397
>>401
>>402

ありがとう。長年の疑問が晴れた

五式や疾風は12.7mm弾に耐えられる機体だったんだな…。

まあ、五式を以ってすれば一方的に負けることはない。

405 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 10:25:59.94 ID:n+qU3HPb
刈谷さんの手記なんかでは、キ44の防弾板の厚さは13ミリで、総重量60キロとかあるけど、どうなんだろうね。

406 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 10:52:45.30 ID:oTBNLp8H
ホント、三式にパワフルな”ちゃんと動く”液冷が載っていたら
どんなんだったんだろうなぁ 残念残念

407 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 11:01:17.49 ID:sXS5X2YO
ハ40ではちゃんと動いてもパワー不足というかオーバーウエイトなんだよ。
いくら丈夫に作ってもオーバーウエイトで性能落ちるなら設計なんて適当で良いことになるだろ。

408 ::2016/05/11(水) 11:08:22.24 ID:vO07bgu7
だからぁ、 ”パワフルな” ね。ハ40はムリよ。

409 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 11:28:52.25 ID:ro1JWB1d
もともとキ61性能推算の段階では
速度550km/h程度
武装も上昇力も十分でなく
陸軍も試作機にとどめ採用する気は無かった予定

そもそもハ115など1000馬力級のエンジンを
陸軍が手にしつつあった以上
離昇1175馬力のDB601そのものを国産化しても
手間がかかるだけでメリットはあまりなく
陸軍では発動機換装を折り込んでの
キ61試作であったという

幸か不幸かキ61試作機が590km/hを出したがために
制式化が決定された
制式化と同時に武装と防弾と航続距離の強化増大が
求められた

キ43では550km/h以上の速度向上と武装強化は困難であり
キ44は南方での航続力の不足と
発動機に起因する稼働率の問題を抱えていた

500km/h台後半の速度を持ち
南方での使用に耐える航続力と
すくなくとも12.7mm4門を搭載可能な
プラットフォームとしては
キ61しかなかったのではないだろうか

410 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 12:10:32.68 ID:UmBpT+vn
キ62-U改にDB605相当を積んだら
敵と味方の整備員を大いに苦しめられたろうにな

411 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 12:36:20.74 ID:sXS5X2YO
だからもっとパワフルな発動機があったっていうのがナンセンスなんだよ。
重くしか作れなかった設計者が無能なんだよ。

412 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 12:43:21.10 ID:vO07bgu7
そーゆーの含めてるから"残念"ってんじゃん。一々つっかかんなよ。

413 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 13:31:49.23 ID:A2lrwiOa
横からすまんが、飛燕でも、馬力荷重見るとP-40やP-51Aより全然マシという…

しかもそいつらは重量すら武器に戦った

エンジンさえまともに動けば、飛燕に価値はあるよ。じゃなきゃ隼作ってる。

まあ、結果的にエンジンはまともではなかったから飛燕は価値のない存在に近いと俺は考えているがね。

414 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 13:53:54.31 ID:Y371mASH
にしても陸軍重戦の本命であるはずの二式戦より沢山作ったわけで、これはどういう判断なんだろう?

415 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 14:17:08.82 ID:a56M17GS
実は結構活躍していたという事実が明らかになっ…

416 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 14:50:52.66 ID:PcUKkGaQ
>>414
航続距離の差だべ
ウェワク辺りで使うには2式戦は足が短いし

417 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:02:38.69 ID:+7kcBd+0
>>414
>>409
>キ44は南方での航続力の不足と
>発動機に起因する稼働率の問題を抱えていた

ただそれ以前にすでに、二式戦と三式戦、昭和17年暮れに計画される18年度の生産計画数からしてだいぶ違うんだよな。

418 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:27:44.18 ID:5BZQ5QZQ
>>414
・一応二式戦より汎用性があった
・川崎の工場をヒマにさせている余裕はない
・海軍も彗星作ってるし負けられねぇという陸軍の意地
・水冷エンジンも欲しいなぁという素朴な願望

敢えて理由を探すならこんなところかなー

川崎にアツタを作らせていれば多少は稼働率が上がった可能性はあるかも知れないねぇ

419 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:28:31.57 ID:wEboMz6Q
二式はやっと作ってみた重戦の第一号、本命はキ60のつもりがキ61が以外にいいんで、
キ61-2まで育ててゆくつもりだったけど色々時間切れだったでござる、って感じかねえ

420 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:44:03.47 ID:+7kcBd+0
>>127
こういうの見ると陸軍も焦ってたんだろうなと思うし、冗長性というか汎用性あったためにキ61に期待が集中したんだろうな。

421 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:47:20.11 ID:5BZQ5QZQ
>>419
本来は二型が完成品というか
目指す地点だったんだろうけど
ハ140がデリケート過ぎて挫折しちまったというところなのかもね

422 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:56:00.85 ID:IE/2VmKH
>>414
予想外に開戦以来のキ44の評判が悪かったからだろうな

423 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 15:58:02.12 ID:ro1JWB1d
陸軍はキ61の年末のテスト直後に
性能向上型の開発を決定している

・昭和17年1月27日 キ六一性向開発決定

・昭和17年5月2日
 『飛行機並ニ試作機武装ニ関スル件』
 "尚十八年九月完成予定機ヨリ
  ホ一〇三(2)ヲホ五(2)ニ改正予定"

・昭和17年6月5日
  川崎はハ一四〇の審査を
  年末までに終える見通し

・    同      
  ホ五搭載二型翼設計17年12月末予定

・    同      
  キ六一性向(二型)試作一号機
  昭和18年4月予定

予定ではこうだった

424 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 16:30:05.68 ID:ro1JWB1d
その3ヶ月前
陸軍航技研の昭和16年10月段階の
試作機主要諸元一覧では、次の通り

キ43性向 ハ115 離昇1130馬力
537/6000 4'18"/5000
16.12 第一号機完成予定、年度内審査完了を要す

キ44性向 ハ109 離昇1550馬力
620/5400 未記入
年度内審査完了予定、
現在最も整備の可能性のある唯一の重単戦ゆえ極力促進

キ61   ハ40  離昇1175馬力
550/3700 4'30"/5000
16.11 第一号機完成予定
13mmを20mmに小型方位探知機、無線は近距離

性能推算時点でのキ61は性能面では
キ43性向と代わり映えしない内容で
武装を除きこの時点では採用する意義は薄い
むしろ重戦の装備のテストベッドにでも
するつもりかとすらみえる
つまり全く期待されていない

この時点で最も期待され
速度でもダントツのキ44性向、
しかも極力促進となってるが
史実では速度は605km、審査完了17.12。
キ61の審査完了は17.6。
この時期の差が18年の生産計画の差になったのかも

425 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 16:39:40.38 ID:wEboMz6Q
要するにキ44の完成が長引いた上、20mmを装備できるのがキ61の方だった、と
そしてキ44は20mm搭載以外にその他ネガを潰していったらキ84と同じものになっちゃうから
もうそれでいいや、か

426 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 18:13:48.72 ID:A2lrwiOa
だよな。ただ、それはエンジンがまともだったらの話だから、エンジンの補正をかけると一式戦に負けるよな…

あと、航続半径は550kmにまで落ちて実際は鍾馗よりちょっと長い程度という疑惑がある

胴体燃料タンクを降ろしてたらしい。タンクの重量バランスが悪く評判が良くなかったかららしい。まあ、現地部隊の判断だから本来のスペックに含めるには不適当だと思うけど

427 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 18:26:22.06 ID:1uKNSjZv
鍾馗はもう二十ミリ積んでもらえない時点でどういう扱いかはわかるだろ。
40ミリとか妙なのは積んでたけどあれを陸軍航空の主兵装にはできない

428 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 18:32:21.70 ID:OUlB1JNP
ホ5は無理でも存外99式2号は載ったりしないかな?

429 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 18:46:36.11 ID:IDoT/rum
ホ5を機首配置で

430 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 18:50:24.74 ID:s7jG78Am
飛燕の場合、
「ケツの下に燃料タンクがあるのが気に入らん」
と、燃料を入れたがらない操縦士が多かったとか聞いた。

431 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 19:24:23.39 ID:A2lrwiOa
>>427
だってホ-5が出揃う頃には生産終わっとるがなw

432 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 19:26:05.28 ID:OUlB1JNP
>>430
燃料タンクの上に座ってた
F6Fのパイロットに謝れと言いたくなるな・・・

433 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 20:46:05.36 ID:rXeAWPKG
燃タンが座席のMe109モナー

434 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 21:54:28.70 ID:2Z90nW+t
米軍の鍾馗の二式戦評は
やはりロール性能が低いということで

概ね、零戦・1式戦・二式戦は同じ戦い方でだいたいやれるという感じ

高速域では運動性が落ち
ロール性能が低い

435 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 21:54:36.93 ID:NLfTNbqr
五式戦の前方防弾ガラスって最後までなかったの?

436 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 22:32:13.28 ID:pUdN604F
>>434
ソースは何ですか?

437 :名無し三等兵:2016/05/11(水) 22:54:42.77 ID:A2lrwiOa
>>434
ソース出せよ

438 :名無し三等兵:2016/05/12(木) 19:11:07.27 ID:B0771Bk7
F4Uみたいにコクピットの前に特大タンクがあるのはちょっと…

439 :名無し三等兵:2016/05/12(木) 21:03:38.74 ID:zy1dBhKv
スピット「じゃあどこだったらいいんだ!!?」

440 :名無し三等兵:2016/05/12(木) 23:27:41.78 ID:bU/3/9Xt
一式陸攻「翼」

441 :名無し三等兵:2016/05/12(木) 23:50:10.81 ID:TtgYYmb6
胴体タンクといえば四式重爆
燃料の半分を胴体に搭載。13mm対応防弾タンク(初期型のみ7.7mm対応)とタンクに装甲まで備える集中防御
ちなみに主翼のは増槽代わりでセミインテグラルタンクという割り切り。ソースは世傑

主翼は消化器だけというね…

ちなみにスピットファイアも同じスタイルで、主翼は無防御だが胴体に防弾タンク装備。BF109は胴体タンクにパイロット装甲もかねて装甲化してる

飛燕も座席下に積んでいれば良かったんだが、そうはいかなかったのが残念

442 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 12:10:32.62 ID:yH4vLuU+
翼のタンクがダメなら現代の大型機はほぼ全部欠陥品

443 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 13:15:58.07 ID:b12utWfC
結局量稼げないからな
スピットにBf109もご覧の航続距離

444 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 15:09:05.48 ID:3NZG4JST
>>442
翼がダメなんて一言も…
もっと胴体に詰めと言っているのだ

445 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 15:15:26.15 ID:b12utWfC
もっと胴体に詰めたら重心が変わって危険だって廃止されたじゃないですか

つか土井さんによると飛燕の機体燃料755リットルで零戦520〜600リットルだそうだからめっちゃ積んでるで

446 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 15:27:27.20 ID:JQT//3r1
>>445
栄とハ40の燃費の差もあるだろうから
搭載量の差はそこらも絡むかもね
土井氏がキ61に相応の航続力を与えようとしたのは
並行してキ60も試作していたから
両者の差別化という意味でも合点は行くわな

447 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 16:16:09.13 ID:8qUzSVCG
ソ連のヤクとか、燃料タンクに排気ガス引き込んで、可燃ガスが
できない様にしてるとか聞いた。

まぁ、他国で真似されてる技術じゃないから、ねぇ・・・

448 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 17:45:34.50 ID:yH4vLuU+
96中攻は前線で翼内タンクに送気管付けて空になったタンクの揮発ガスを抜いて
爆発防ぐ工夫してたな

449 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 17:49:58.97 ID:EELSiYWc
雷電とかあんだけ太いんだからさぞかし燃料積んでたんだろうと思ったら
驚きの590Lしかないのよね・・・
雷電より遥かにスマートな疾風は737Lも積んでる

雷電の燃料タンクのレイアウトに致命的な失敗があったようにしか思えない

450 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 17:53:55.80 ID:Pc47rNBS
>>449
雷電と疾風じゃ、使用目的が違うから・・・

雷電は、上昇して降下する迎撃戦闘機
疾風は、どちらかと言うと制空戦闘機
だから。

451 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 18:00:22.30 ID:JQT//3r1
>>449
それは機体設計よりも要求性能なり機体の用途が原因なのでは?
主力機ないしは汎用機としての用途をある程度想定した疾風と
迎撃戦闘に特化した雷電では求められる航続力は異なるだろうし
雷電の所期の用途を考えれば
要求された航続力を賄う燃料さえ確保するならば
後は軽量化して上昇力改善を狙うなり
武装強化の余地を残した方が理に適うから
無駄な燃料を積む必要はないとも言えるかな

452 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 22:06:28.93 ID:5/Bj03LE
にしても三式戦一型丁の重量増加は酷いな
たかが23kgから37kgに増えて機銃が17cm伸びた程度では50-60kg程度で済むもんだが、機銃の信管がな…
五式の時は克服されてたはずだがあの処置は一時的なものであってほしいな…
ところで隼三型乙もこんな感じ?全備重量いくらか分かる?

453 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 22:11:05.87 ID:R+mVwzDw
>>449の知識に致命的な欠陥があったようにしか思えない

454 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 22:17:00.92 ID:5/Bj03LE
あと、五式の積んだホ-5の初速は740m/sだが、実はそれは減装弾で、本来のスペックは820m/sだったが、試作段階で信頼性が低かった為に落としたって本当?

455 :名無し三等兵:2016/05/13(金) 23:22:55.33 ID:3nu3cL1X
自分でロクに調べもせずアホみたいにダラダラ問いかけを繰り返すのをパンジャンドラム症候群と名付けようか

456 :名無し三等兵:2016/05/14(土) 02:38:22.87 ID:6c7Qm0vR
どっちもちゃんと調べたら分かった
木製尾翼なのね…。全備は分からなかったけど、まあ3トン?くらいかな

五式戦闘機はエルロンを細めではなくP-51みたいにしてれば至高の1500馬力戦闘機になれたと思う
最高速度なんて飾りさ

457 :名無し三等兵:2016/05/14(土) 11:35:19.47 ID:iz3HUoU6
Ta152H-1も翼内にめちゃんこ燃料タンク増設してるよね
スピットMk.XVIIIも翼内タンク付き

458 :名無し三等兵:2016/05/14(土) 16:29:19.74 ID:O+QbQSxc
基本的に航空機って空飛ぶ燃料タンクですもんね

459 :名無し三等兵:2016/05/14(土) 16:45:09.57 ID:iJQeAzPr
当たらなければどうという事はない
下手に動くとかえって当たるぞ
こんな小さな目標を狙えるものか
あれに当たるわけにはいかん
当たりどころが悪いとこんなものか
ヘルメットがなければ即死だった
しかしもう遅い

460 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 07:54:42.40 ID:hktofgaG
まあ筋肉とゼイ肉がついてる奴が急所が少ないとかと同じだろ軍用機。米軍はデブマッチョで
馬力もあるという感じしかも妙な装置で一時的に馬力が急速に上げれるのはステ使ってるのと
同じだし。日本機は筋肉も何もないけど痩せすぎて機動性とか稼いでる。

461 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 08:28:48.19 ID:Zv7ucbi2
そういう喩えならボクサーのヘビー級、ライト級みたいな喩えのほうがいいな。

462 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 09:27:21.77 ID:CrYsruGI
ヘビー級なのに12.7mm多砲門という手数で稼ぐボクサーなのが面白いな>アメリカ機

463 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 10:05:55.52 ID:rrcLoVu9
P-51は見た目に反して、P-40より肉ついてるからなぁ…
まあ、航続距離が伸びたんだし贅肉ではないが

飛燕が馬力不足なせいで米軍機より性能劣るとかいう奴は、一度でいいからP-40の後期型やP-51Aの馬力と全備重量みたらたまげるだろうな
F2Aが意外とまともに見えてくるぞ

飛燕は現地部隊で重量バランスの悪い胴体タンク降ろした場合、その分だけ軽量化されているし重心もまともになってる。
特に一型甲/乙/丙の胴体後部タンクを取っ払った型は米軍液冷機と比べればかなり軽量な部類だよ

464 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 11:32:31.87 ID:XUCm5BH0
米軍が12.7mmで通しきれたのは
日独が、B17のような爆撃機を作れなかったので
12.7mmで対処しきれたから

P38とかP39の37mmは
アメリカが相手もB17のような爆撃機を作るのを想定した兵器

465 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 11:36:14.76 ID:yKt8vNxC
He177にはどうやって対抗したんだろ

466 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 11:41:49.00 ID:XUCm5BH0
>>465
ヒント 防空任務は米軍がメインじゃない

467 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 11:53:16.75 ID:R21jdu/g
>>462

つデトロイト クロンクジム

468 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 12:02:10.69 ID:XUCm5BH0
>>465
He177の項目見てたら
1944年には、他の双発爆撃機同様
燃料不足で地上に残置とあるので

対処もしなくていいようだ

469 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 12:57:00.42 ID:hktofgaG
>>462火力値でいうと12.7ミリ6丁は99式2号銃4門に匹敵するぞ。

470 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 13:09:31.37 ID:rrcLoVu9
>>469
榴弾や焼夷弾忘れんな
二号銃の信管なら大穴が空くぜ

471 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 15:10:04.38 ID:DppzSElW
海軍の見立てで52丙型とF6Fは、火力では52丙が劣位
3式13mmはほぼブローニングM2と同じとして
ブローニングM2×3門 > 99式2号×2門と考えてた模様

472 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 15:15:50.29 ID:vjCj6R9S
99式2号は単純に当たらないから対戦闘機用に考えてないだけやろ。
ソ連の一部部隊みたいに低速大口径機関砲でも当たらないことはないようだが

473 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 15:24:45.27 ID:4P4NegsG
なんでや!二号銃他の機体だと当たるやろ!

イヤ本当になんで零戦だけ二号銃当たらないのか?ウワサ通り翼がしなるのかねぇ

474 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 16:10:48.39 ID:vjCj6R9S
>>473
違う口径の機関銃を混載すると
弾道曲線が合わないからどっちかを当てようとするとどっちかが当たらなくなるってのある。
どこか一点で曲線を交わらすことは可能だけど、それでもその点以外じゃ当たらないからね

475 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 16:12:59.87 ID:2xTDCEOu
現代の戦闘機のミサイルみたいに翼端に積めばしなるんじゃね
零戦の二号銃の発射速度が遅過ぎるから>>472みたいな試験結果があるんだろう。てかソースクレ

476 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 16:31:34.59 ID:2xTDCEOu
ちなみに当の米海軍は20mm×4>13mm×6と見なしていた模様
つってもFFSベースのHS404だけど
隣の芝生は青いもんさ

つっても新しい分、ホ-5の方が二号銃より進んでる感はある
二式曳光徹甲弾は119.5gあるしな

477 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 16:46:03.52 ID:LRKYHWHf
イスパノのそれは当時の航空機用20mmじゃマウザーさえかなわない最強機関砲だからエリコン系ミドル級の99式2号では比較にならない
ついでに重量も容積も最高だから日本機にゃ載らないしね

478 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 17:06:12.55 ID:G18Ter5i
F8Fもシーフューリーも20mm x 4になったね。

479 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 17:30:18.58 ID:DppzSElW
>>477
容積は兎も角、重量だとイスパノXよりも零戦32型が積んだ2式30mmの方が重いから
バルジ張り出せば載せられんこともないかも

480 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 17:30:53.10 ID:hktofgaG
零戦みたいに20ミリと7.7ミリでは弾道がまるで違うしなあ。
しかも7.7とか末期では豆鉄砲でしょ。

481 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 17:33:44.52 ID:DppzSElW
>>480
末期の零戦は7.7mm積んでないよ・・・

482 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 17:36:01.82 ID:t9WHPqBC
52丙は翼内の13ミリを降ろす部隊があったが,13ミリを残して
20ミリを降ろす方がよかったんじゃね?

483 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 17:45:48.64 ID:2xTDCEOu
ホ-5は威力と発射速度がバランス取れてて良いと思うな
弾道の違いはドイツじゃさほど問題にはなっていないから実はさほど問題じゃなかったんじゃないか
MG17とMGFFの初速の差なんて零戦どころじゃない。
マウザーなんか薄殻榴弾で800m/s、徹甲弾で700m/sだから同じ機銃ですらここまで差がある
むしろマ202の初速を820m/sから減装して735m/sの徹甲弾に合わせた日本の方が失敗だった気がする
いやドイツが全て正しいとは言わんのだけど、調整してあるなら、戦闘機が射撃する様な距離で凄いばらけるなんてないと思うぞ。よほど遠距離から撃たなければ

484 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 18:52:28.22 ID:B18h0+yR
シムだと7.7mmの曳光弾見ながら20mm発射すると当て易かった
弾道が違うと言っても150mくらいならほとんど変わらん現実

485 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 19:00:06.91 ID:vjCj6R9S
当ててる奴もいるし調整してなれりゃ当たるんでしょ
殆どのパイロットが慣れようとすらしなかっただけで

まぁパイロットに当てるから7.7mmで十分とかいう坂井氏みたいな変態もいるんだろうが

486 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 19:48:32.84 ID:hktofgaG
坂井じゃあなあw撃墜マークの3/4が嘘っぽいし

487 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 20:02:32.31 ID:vjCj6R9S
米軍のエースなんてもっと酷い
あっちは戦果確認すらしないから

488 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 20:06:33.72 ID:BLuX+bzb
52丙は翼内の13ミリは降ろしたのでなく足りなくて装備してない例もあったな

489 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 20:08:32.64 ID:LRKYHWHf
52丙の13mmはコクピットに突き出ててイヤがってた搭乗員もいたしね

490 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 20:17:47.04 ID:R21jdu/g
>>486

ドイツのトップエースとは全然違うよな。

491 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 20:31:18.56 ID:2xTDCEOu
この時期にはほぼ同じ長さで9kg重いだけの強化ブローニングM2ことホ-5がある。徹甲弾で119.5g、初速735m/s、発射速度750発/分と、マウザーより発射速度が少し見劣りするだけの20mm機関砲
海軍にもこの時期にこんなのがあればエリコンだのブローニングM2だので悩む必要性もなくなるだろうにな可哀想に

492 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 20:33:51.22 ID:yKt8vNxC
>>491
ホ5は機関部がデカいので、
専用設計のキ84でやっと主翼に入るレベル

493 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 22:17:36.89 ID:hktofgaG
MG151はパクれなかったし。あれ載せた三式は戦闘力倍増した。

494 :名無し三等兵:2016/05/15(日) 22:47:22.96 ID:ZTBM8dQ+
このスレって五式戦だけじゃなくて、2次大戦の航空機全般って使い方でいいのかな?

495 :名無し三等兵:2016/05/16(月) 00:08:15.31 ID:yQ4uP9Fs
比較したりすると必然的にそうなる。

零戦の20mm当たらないって人はなら7.7mmで米軍機が落ちたと考えてるの?
その方がありえないんだけど。

496 :名無し三等兵:2016/05/16(月) 13:20:56.51 ID:hvuS3b6O
>>492
零戦は主翼に30mm収まって無かったか?

どのみち、主翼に収まらなかったのが翼弦狭過ぎの鍾馗だったり、高アスペクト比の主翼でまた翼弦狭過ぎで翼厚の少ない飛燕に収まらなかっただけでしょ

497 :名無し三等兵:2016/05/16(月) 14:24:06.00 ID:5F1xXfmZ
>>496
二式30mmについては試験的に装備した零戦はあったみたいだけど
その後に制式化された五式30mmだと収まらんだろうなぁ

498 :名無し三等兵:2016/05/16(月) 18:10:53.90 ID:45lr19/D
>>497
零戦は確認できないけど雷電や烈風には載るから
例の如くバルジつければ載るんじゃないですかね

499 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 04:19:37.82 ID:L9EEu39e
そもそも陸海軍で機銃すら統一できない時点で終わっとる。
まあそうなると99式系列が陸海軍の統一20ミリになるけど。

500 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 08:45:10.37 ID:8Kydlt+7
ぶっちゃけ千回ぐらい機銃統一を〜、って見てきたし、俺も機銃統一を〜、って10回以上書き込んだ事ある
これいろんな所で書き込めるよな

501 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 10:04:13.10 ID:T/6gqL2j
99式もホ5も一長一短だからなぁ・・・

502 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 12:54:07.25 ID:h7U9OnwO
機銃の統一で思ったけど
エンジンから機体開発まで自社でやってる三菱とか中島って世界で珍しい方?
要は機銃会社とかエンジン専用会社とかわけて供給してたら統一できるよなぁとちょっと思ったんで

503 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 14:20:02.27 ID:X69h0yps
機銃やペラ、ショックアブソーバー、無線機のような装備品は官給品だから
飛行機メーカーは関係ない。
機体とエンジンは其々専門メーカーなのが欧米では普通だが日本の航空産業の場合は
下地が伴わない軍事一色のつけ刃的な整備なので分業の体制が出来ない黎明期だったんだろうね。
それでも生産は栄のIHIがやったりジェットエンジンはそのIHIが開発したりという形になって行く。
問題なのはどこの軍でも陸軍と海軍などは仲が悪いがとりわけ日本は幼稚な目先の争いに両軍が終始してるって点だな。

504 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 14:28:19.61 ID:cBOabDnt
日本を幼稚と言うなら海軍の空母に航空機配備するのを邪魔した独伊はもっと幼稚と言う事になってしまう

505 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 16:26:03.74 ID:aOdaOFGd
そもそも対ソ、対米で向いてる方向が逆であることが主因なのにそれを「幼稚」というのはどういう思考なんだろうね?

506 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 17:36:05.10 ID:8Kydlt+7
そもそも英独伊ソは対立するはずの海軍が貧弱過ぎて勝負にならなかっただけ。合理思考とかじゃないからw
アメリカが異常なんだよ

507 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 17:40:40.55 ID:8Kydlt+7
ぶっちゃけ、陸海軍対立厨は陸軍軍の間にしか目がいってなくて、諸外国の空軍と海軍や、空軍と陸軍の対立に目がいってないな

508 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 17:52:51.53 ID:U92aFhHf
>>507
真偽は今では不明だが
ハ40よりも多少性能が安定していたアツタを陸軍に供給しなかったのは
両者の対立よりも「そもそもアツタの供給能力に限界があった」のが主な理由だという説もあるしね
一般に日本の陸海軍の対立と言われているものの中には
むしろ陸海軍以外に原因があるものもかなり混在しているようには見える
ハ40系とアツタを統合するなら
それこそ陸海軍よりも軍需省辺りの役目だろうし
そのために軍需省を作ったんじゃね?というのが素朴な感想

509 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 18:20:44.10 ID:lb8Zujfu
工場で電装を共用にする。
これが出来ただけでも生産その他の影響や波及効果が結構違うよね
少なくともJISが戦前に採用できてたら、と思う

510 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 22:57:27.45 ID:L9EEu39e
誉は中島が海軍に提案したと思った。で海軍が大乗り気になった。

511 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 23:18:29.93 ID:jLW0ynQy
>>509
工業規格自体はあったよ
あとJISできても運用できないでしょ
製造機械自体の精度がガタガタ、運用する技術者はいない
そして規格作ってもそれに統一するコストを払う余裕がない。
開戦前じゃ売り上げにつながらない品質管理を企業が嫌がるだろうしね。


話は変わるがJISも大半が古臭い遅れた規格になりつつあるから
大々的に国家が音頭とって、改正せにゃそろそろヤバイでよ
幾何公差回りなんてJISの中身自体がガタガタだし

512 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 23:24:32.43 ID:NTJ4R13b
>>510
陸軍は誉の開発に後乗りサクサクなんだよな・・・
海軍に対抗して三菱か川崎に何か作らせてれば良かったのに

513 :名無し三等兵:2016/05/17(火) 23:37:54.71 ID:U92aFhHf
>>512
陸軍はこと航空機エンジンに関してはノウハウがイマイチ足りないんだわな
エンジン関連はディーゼルに注力したせいなのかも知れないが

514 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 09:01:19.83 ID:2A7R6LQD
>>511
それはあるだろうけど
昭和に入ってからは満州事変を皮切りに
太平洋戦争に突入する以前に戦争状態が長引いていたから
太平洋戦争が始まる前にもう少し環境整備が出来なかったか?とは感じるか
すぐにどうにか出来るほど簡単な話じゃないのはたしかだが
それを踏まえても生産体制や品質管理に対する整備の出足が遅すぎた感は否めない
その辺は生産のみならずエンジンや機体の整備等の運用面にも言えることではあるが

515 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 12:38:37.47 ID:nd7bfQ6U
陸海軍そして民生品も部品共用できてたら、が無理な状態で
近代戦やれというほうが本来おかしいわな
旧軍の戦備参謀あたりはどう考えてたんだろう

516 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 13:11:41.50 ID:HKWTZueK
飛燕のエンジンがオーバーヒートでなかなか冷えん

517 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 13:29:17.95 ID:UKYJJKkp
五式戦闘機は2200km/5時間30分と、巡航速度が速い。
ちなみにF6Fは296km/h…。
なお米独ソは航続距離気にしなくていいからもっと凄い模様

518 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 13:44:12.13 ID:UKYJJKkp
あ、英独ソね。書き間違えた…

519 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 14:46:34.98 ID:zWSvpX7/
>>516
土井さん指揮だから

520 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 16:45:53.76 ID:HKWTZueK
マ砲の威力ってすげー、まるで魔法みたいだ

521 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 17:27:47.22 ID:0O0N6jA5
>>旧軍の戦備参謀あたりはどう考えてたんだろう

だって戦争で勝つことよりも面子が大事なんだもん>日本人

522 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 17:33:47.14 ID:QU6P76V5
鍾馗に乗って故郷に錦を飾る

523 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 17:47:37.70 ID:UKYJJKkp
延々とループする定番の機銃統合論…
かくいう俺も軍オタ一年目の中1で既に書き込んでいた内容…
これから先も100回200回と見ることになるだろうし、未来の軍オタも相変わらず同じ事を繰り返す
多分、ネット上に存在する全ての機銃統合すれば論をかき集めればとんでもない量になると思う

さあさあこれからも無限に機銃統合すれば論を繰り返すのだ
俺は正直繰り返し過ぎてまたかとしか思えなくなるほどには見てきた

524 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 17:50:22.05 ID:vHDjJN0X
なるほど
機銃を統合して四連装一基搭載ですまそうとそういうことか

525 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 17:55:42.01 ID:UKYJJKkp
>>524
そこは思い切ってガスト式にしたいな

526 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 18:30:44.49 ID:u4F+Ppxs
推進式にすれば胴体に全部つめるよ!


                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ 積めるよ!
                ヽ  〈 _ _
                 ヽヽ_\  ' ,
                 ,´\彡,ヘ_ _ .i
                  i  ` <ノ. ,.'
                 '., , ','. , '
                  ` " " ´

527 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 18:48:01.40 ID:UKYJJKkp
>>492
亀レスすまんが、零戦の主翼は翼厚比18%とかいう凄い厚翼なんだよ

528 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 19:07:21.24 ID:5soujmYs
>>527
しかし、二二型以降で20ミリ弾100発入りマガジンを翼内に
収める為に、”バルジ”をつける必要があったとか。

529 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 19:23:17.98 ID:0jBEyXvg
>>490
最近になって、チンピラゴロツキ3500万の大戦果が、中共政府から発表されたが?

530 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 22:27:25.42 ID:mJXu5Yc3
>>512陸軍規格のエンジンは大体失敗だしなあ。鍾馗と飛燕がああなったのは全て
陸軍規格エンジンのせいだし。鍾馗なんか金星シリーズ載せるべきだったわ。
飛燕お前は液怜にこだわり続けてるうちはダメだ。

531 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 22:59:15.61 ID:zwsY/ejH
>>530
海軍つっても護と誉が不調で、割と手堅くいったハ42は上手くいってるぞ?
そもそも空技廠が本格的に肩入れした誉を除いては、先に制式採用したかどうかの違いでしかないから海軍だのモノだの陸軍のモノだのという観念を捨てられない時点で、後世の俺たちも本質は変わってないといえる

532 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 23:17:19.07 ID:zwsY/ejH
>>530
規格のせいじゃないに決まってんだろ
ハ25と栄で信頼性が違うみたいな言い方だな?
石川島で生産された栄は19年に製造不良が見つかって大騒ぎになっているが、そうした生産管理が仕上がりを左右するんだよ
ちょうどハ40とアツタの明暗を分けた様にな。

533 :名無し三等兵:2016/05/18(水) 23:42:39.01 ID:nYpHsFTK
しかしハ-115-IIは間に合って栄32型は間に合わないとか
もう少しなんとかならんものだったのか…

534 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 00:07:53.27 ID:jFPS8nWz
>>532
生産管理ないしは生産性の部分に関して言えば
陸軍の方がより生真面目というか
日本の国情に合わせることをメーカーに求めた傾向はあるかもね
海軍は陸軍とは逆の傾向ゆえに
愛知のアツタは(海軍が国情をあまり見なかったせいで)川崎のハ40よりは品質も性能も安定したし
その反面で海軍が国情をあまり考慮しないことのマイナスの現れとして
質の高い燃料や潤滑油
更にはかなり精密かつ煩雑な工作精度を要求された誉を生み出し
その量産に過度に肩入れしたという
陸海軍のどちらがマシなんだかアタマが痛くなる歴史が刻まれたつーところか

535 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 01:28:27.81 ID:ruyRHXCQ
陸軍は信頼性の高い火星一○型は使っても水メタ追加して一時期危うくなっていた火星二○型は控えたよな
だけどニッケル取ったのは陸軍の方がアウト
DB601のライセンス生産に関しては海軍が正解だし、最初から作らなければ良かったとかは言わんから、陸軍も川崎も一型のうちから飛燕を見切って言われた通りに四式重爆を転換生産していればよかった
確か史実じゃ工場壊滅もあって川崎での転換生産は極少数で終わりだったはず…

536 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 01:40:46.67 ID:fArZubMl
>>499-500
>ぶっちゃけ千回ぐらい機銃統一を〜、って見てきた

日本陸海軍の機銃統一という話しだが、その前に規格統一ついて

以前はソニーのBlu-rayと東芝HD_DVDが有った。だが2008年に東芝が撤退してBlu-rayに無事に統一。
ただ東芝は生産機材をすべて放棄するので数千億円ほどの損失を被った。
また販売済のHD_DVD再生機器とメディアも全部ゴミ。

つまり規格統一というのは莫大な損失に耐えられる経済大国にしかできないこと。

もしも旧日本軍の機銃を仮に海軍のものに統一しようとしたとする。すると巨費を投じて作られた
陸軍の工場の機械も機銃も全部スクラップ。そして日本国の機銃の生産力も半減する。

この損失に戦前の日本が耐えられるはずもない。また史実通りでも機銃や機銃弾は
全然不足していたのに、生産力半減など論外。

世界一の超大国アメリカが機銃の統一に成功したからといって、まだまだ未熟だった日本が真似するなんて到底無理。

537 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 12:10:16.83 ID:lNuQZTjK

皆、黙ってしまうくらい正論だな

538 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 14:26:55.78 ID:PDerbEB8
windowsとmacを規格統一できない今のアメリカは衰退してるってことだな(w

539 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 14:54:10.42 ID:p+r3KxU+
マジレスすると数が少ない方が規格統一しやすいに決まってるので
経済大国どうのこうのは関係ない
外に働きかけるならでかくないと影響力が出せないのでしょうがないのだが内輪の話だし

540 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 19:13:02.71 ID:8mkF23jG
でも統合しすぎるとF-111やF-35みたいになるし、
競争も必要かと

541 :名無し三等兵:2016/05/19(木) 21:44:43.08 ID:ruyRHXCQ
ぶっちゃけ遠回しに言ってたけど要は機銃統一だのつまらない主張がくど過ぎるんだよね。んなの誰だって思いつくし何千と繰り返されてきた話題だから見飽きた。何の面白みも無いくせに旧軍に関係あるならどこにでも書き込める汎用性だけはあるから迷惑
別に機銃統一すれば良かったのは誰でも知ってんだしいちいちドヤ顔で書きんでんじゃねえよ…
しつこいんだよ見飽きたわ
陸軍だろうが海軍だろうが何だろうが大戦期のネタになるとバカの一つ覚えみたいに繰り返しやがって
そしてこれからも何千と繰り返されていく
歳のせいで痴呆の親が何度も何度も同じ話題を振ってくるのがイラッとくるのと似ている

542 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 01:30:35.14 ID:pkXy41K1
 ここでやや先回りして、1941年10月の独ソ戦線全般における総括をしてみよう。
赤軍航空隊参謀部の資料によると、この月の損害は1729機に上り、しかもその内
の931機は敵戦闘機や高射砲による撃墜、あるいは戦闘任務から未生還、事故による
損壊のいずれにも分類されていない。損害の54%を占める飛行機の辿った運命は
いまだもって不明なままなのである。特にたくさんの襲撃機(308機中225機)が
「未確認損失」欄(赤軍内部では機体数計上方法の整理をした際に浮かび上がった、
撃墜、未生還などの戦闘損失や故障などの非戦闘損失のいずれにも該当しない原因
不明の損失)に記帳されている。どうもこれは、当時頻繁に発生したAM-38型エンジンの
故障と予備部品の不足から修理が不可能であったことと関係がありそうである。また、
およそ70%もの赤軍航空機は、空戦で失われたのではなかったといっても過言ではなかろう。
<モスクワ上空の戦い 知られざる首都航空戦1941〜1942年>

 また,2個の機甲擲弾兵連隊,ひいては師団全体の状況を推測するうえで参考にして
いただきたいのが,SS第26連隊第2大隊は,アルデンヌ攻勢開始当初に装備されていた
105台の自動車のうちの38台を喪失し,1月末の数字では残された67台のうち34台,
つまり最初の数字の32%が稼動状態を保っているという車両装備状態であった。興味深いことに,
保有されていた車両の内幕(牽引車を除く)は以下の通りで,これら6種類のメーカーのうち,
3種が捕獲車両であった。フォードV8 13台,オペル・ブリッツ 10台,ブラガ 1台,
フィアット 14台,スチュードベーカー 2台,ベッドフォード 1台。
 このようにしてみると,部品の交換や修理に相当苦労したであろうことは,想像に難くない。
<ヒットラー・ユーゲント SS第12戦車師団史 下 / フーベアト・マイヤー/著>

543 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 04:47:44.96 ID:onEAVbGf
規格もない土人がなんで無謀な戦争と思っちゃうのは人情だろ。

544 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 10:10:55.59 ID:e7iOHrkx
>>543
いくらやっても終わりのない無限ループやぞ
ここで答えてもまたしばらくすると沸いてくる。また答える、またしばらくして沸いてくる。
そもそもお前の土人の定義厳し過ぎじゃね
同口径機銃統一したところで工場あたりの生産力は史実と変わらんし、お互いに機銃や弾丸を回す余裕なんてない状況
酷いやつだと海軍の機関銃に合わせると生産効率上がるとかいう奴もいたな
別の工場で作っているんだからさほど大きなメリットは無い
そして陸軍内、海軍内の7.7mm、12.7(13)mm、20mmの主力航空機銃はちゃんと統一されている
少数生産された機関銃まで鬼の首を取った様に持ち出すからおかしくなる
陸海軍の

545 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 10:15:49.71 ID:e7iOHrkx
この途中で送信しちゃった
陸海軍の生産工場を移転させて統一するわけでもないんだったら問題ないんだよ

前線じゃあ陸軍と海軍の航空基地は戦線が違うのもあってさほど統合されていないから機銃の融通も気にするメリットは無い

546 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 14:48:59.26 ID:CgQfhKaM
>>544
この流れに関しては機銃限定でもないからね
発動機に絡む話もあれば
生産効率や精度管理のような話もある

機銃の統一そのものが無理
あるいは効率的ではないとしても
規格を定めたり生産効率を上げることに対する否定にはならんだろうさ
実際にエンジンのパッキンが殆ど規格外のシロモノで
それが誉の油漏れを更に助長したなんて情けない話もあったりする

個人的には機銃統一論争自体には全く興味はないが
生産管理や品質基準等の意味で
この議論に興味がある

547 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 14:52:26.55 ID:+alEbfRf
戦前戦中の時点で日本が品質管理導入する余裕は無かったと思うけどね

548 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 14:58:06.63 ID:ifzN30iA
一応、JESって工業規格があったはずだが、あまり
役に立ってなかった模様。

549 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 15:16:57.05 ID:CgQfhKaM
>>547
それでも三菱の生産現場で一種の流れ作業に近い生産方式を導入して一定の成果を上げていたり等
改善の余地を見込める部分が多分にあったと思わせる事例もある
本当に改善の余地なり余裕があまりないんだとしたら
その時点で当時の先進国に対して戦争を挑む資格がないってことだわなぁ
そうした下地が出来てはじめて近代戦なり総力戦が可能になるということだからねぇ

550 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 17:48:33.75 ID:1KcO7w0R
パッキンが…ってのはよく聞くが、あれは「適切なものを作ったつもりなのにマチマチ」なのか
「作れと言われたものが間違ってました」なのか「要求したものが届いてませんでした」なのか

551 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 17:49:34.91 ID:4UGCHJJv
だからボロ負けしたんじゃないか。言わせるな恥ずかしい

552 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 18:11:22.65 ID:4KfkVyiu
あと知恵ハードルあげすぎ

553 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 19:14:05.49 ID:XOf5yLGK
>>550
東郷平八郎「ビーフシチューを作れ」
料理人「えっ」

みたいな無茶ぶりがあったんじゃね?w

554 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 19:14:23.23 ID:onEAVbGf
>>549まあ米国と対立する様相になった時点で大陸で何かしら譲歩してでも
開戦は避けるべきだよなあ。それこそ大陸からの全面撤退をしなくてはな
らなくなってもさ。まあ日本にはその政治決断をできるほどの独裁者がい
ないというのがあれだが。

555 :名無し三等兵:2016/05/20(金) 20:33:34.08 ID:K2EBYK+S
目の前にぶら下がった利権に夢中&政権中枢が真っ赤に染まったアメリカとの対立の回避はほぼ無理だし
譲歩なんぞしたら政情不安の当時の日本はクーデター祭り挙句に赤化しかねん。

それを実施できるだけの政治力のある人間がいればそもそもそんな状況になってないし

556 :名無し三等兵:2016/05/21(土) 04:29:09.77 ID:HmoJBowF
日本が譲歩したってアメリカが石油の輸出を再開してくれる保障は無いし

557 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 05:12:28.44 ID:TI9gQQPx
譲歩してあっちがこれでいいというなら全面的に解禁するだろそりゃ。
何のための交渉なんだよ…・

558 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 07:12:09.78 ID:79PPl5g3
まあアメリカの石油屋だって営利企業なんだから政府の規制なしに商売したいだろうし

559 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 07:28:45.43 ID:TI9gQQPx
基本的にアメリカは政府も国民もアジアで起ってたことに無関心だった。
当面の問題が解決されたならそりゃまた無関心に戻るだけだろうな。
そのうちドイツがやらかすし

560 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 09:15:14.97 ID:j6u9Xkna
サミュエル商会とかはもともと日本の貿易で財を成したのを考えると
いろいろと皮肉だわ=石油の禁輸にいたる顛末 

561 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 14:58:10.58 ID:gmtfFeB4
開戦要因が多すぎて・・・・

日本要因
・パイを分割しなかった
・無駄な中国進出
・農村と都市の激しい経済格差から農民をとりあえず軍人する政策=バカ軍人量産
・戦前も戦後もろくでもないマスコミ
・アメリカの想像の及ばないレベルでgdgdな日本政府
・天皇の名前を利用して好き勝手する軍部
・ソ連しか見てない陸軍
・アメリカしか見てない海軍
・右往左往するだけの内閣
・英国流気取って最後の最後まで干渉しなかった天皇
・責任者不在
・閣僚近辺が真っ赤(尾崎ゾルゲ)
:投機的な作戦計画
・対米開戦が8割方ヤケになって何とかなるさレベル
・ノイジーマジョリティーに先導されるアホな国民

アメリカ要因
・どう見ても深く考えずに始めた対日制裁(アジア人とか劣等人種wwww)
・あまりにも甘い戦前の対日戦計画
・交渉する気がない外交交渉の不味さ
・開戦前に参戦してるのバレバレ
・アメリカの対日分析担当の無能さと赤化具合
・ルーズベルトとハルがかなりバカっぽい(自著の開戦前後の記載が事実誤認だらけ)
・大統領近辺まで真っ赤(そして戦後に関係者が大量レッドパージ)
・そもそも日本がどこにあるか知らない大多数の国民

562 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 15:47:01.08 ID:KiVhJwy0
ここは一体何スレなんだ……
飛燕って、初期の一型甲の2950kgって、長くて重いDB601積んでいる事を差し引けば、栄で設計したら2700kg強ぐらいになりそうだよな

そしたら隼より200kg重いだけでめちゃくちゃ頑丈に作られた空冷戦闘機に相当するわけだから、実績では中島かも知れんが、最終的な機体設計のスキルの高さは中島より川崎の方が上な気がするな
というか土井の力が大きい

563 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 17:45:54.12 ID:n3sWO8Cb
でも結果として隼よりも飛燕のほうが米軍機のカモになっているし、やっと相応?なハ112IIが完成しても土井氏は拒否している。五式戦は発動機を開発した深尾淳二氏の功績が大きいと思う。

564 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 21:14:53.35 ID:V920xDwb
お手上げだった隼や零戦と違って三式戦なら格闘になっても何とか戦えただけの話
カモなんてタイマンで余裕で勝てる相手だけ

565 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 21:35:46.52 ID:W/Ss53Ob
三式戦は戦闘訓練不十分のまま前線配備されたりしてるのも大きい気がする
一式戦乗ってたパイロットに訓練不十分で三式戦で戦えって言っても全然コンセプトが違う飛行機だし

566 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 21:37:34.98 ID:FFJ+DBS+
>>564
なんかそれ読んでると米軍戦闘機の被撃墜率が上回っているような

567 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 22:10:10.12 ID:KiVhJwy0
実際、隼と飛燕だと>>563の様に飛燕の方がカモられたのかな?どっちだろう
隼二型と飛燕比べると、350〜600kg近く全備重量で違ってくるから隼の方が加速が良くて逃げやすかったかも知れんし、飛燕の方が突っ込みが効くから飛燕の方が逃げやすかったかもしれん
てか米軍にP-40Nと互角って評されたのは名誉なのか不名誉なのか…

一応、一撃離脱で戦果を挙げた機体だから好意的に受け取れば、凄いダイブ加速と頑丈な機体を持つとも受け取れるが、悪く言えば、ただのアンダーパワー戦闘機だからなぁ

568 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 22:18:58.31 ID:T3jeecwL
>>567
交戦した高度や空域によって違うだろうからねー
低空での戦闘や最前線の配備なら隼が上手だろうし
比較的高い高度や
部品や潤滑油の補給が見込める戦局なら飛燕が隼よりも有用だった可能性もある
そこらは難しい判断かもなぁ

569 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 23:07:09.96 ID:V920xDwb
日本側の評価だとP-40と三式戦じゃ3,000m以下に降りなければP-40は怖い相手じゃなかった
シムで戦った感想だとP-40N相手で互角かやや三式戦が有利
P-40だと三式戦に上を取られたら逃げるしかないけど三式戦は劣位でも高度が十分あれば勝てた

570 :名無し三等兵:2016/05/22(日) 23:15:03.66 ID:TI9gQQPx
基本的にP40EとNの差がよくわからない。馬力は多少上がってるけど

571 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 12:15:04.04 ID:5N9CRKZH
P-40Nって近年再評価著しく、中高度以下なら運動性も良くてかなり評価高いはずだが

572 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 13:50:43.90 ID:deSVuoF3
P-40は低空に日本機を引き付ける噛ませ犬で海兵隊のF4Fが優位を取る助けさせられてたって
パイロットが回想で怒ってたな

573 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 16:34:23.47 ID:RYXQj9Ns
>>572
志村、それP-40じゃなくて中高度以上で性能が落ちるP-39や

574 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 16:46:18.36 ID:ywQIHKgs
ガダルカナルのP-400の話っぽいね

575 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 17:14:52.48 ID:deSVuoF3
同じエンジンで中高空はダメなのは変わらん
ガ島じゃ酸素ボンベの調達が間に合わなくて余計に不利だったし

576 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 17:42:21.69 ID:wm3V9KfF
結局>>572はどこの話なん?

577 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 17:56:51.97 ID:deSVuoF3
ソロモン戦初期

578 :名無し三等兵:2016/05/23(月) 18:15:06.82 ID:wm3V9KfF
となるとP-400か

579 :名無し三等兵:2016/05/24(火) 06:04:23.33 ID:+AViRH90
カクタスはいいよな 高いところ飛べてよ

580 :名無し三等兵:2016/05/24(火) 23:37:30.76 ID:DkMHQzya
すまんが無知な俺に教えてくれ
同じプロペラならエンジンの出力はプロペラ性能を最大限に出せる出力以上は
いらんのではないの?

581 :名無し三等兵:2016/05/25(水) 08:46:38.11 ID:/AurdbXY
>>580
まあスピットみたいにプロペラ本数増やすとか、ドイツみたいに幅広にするとか、アメリカみたいに長くするとか、相応の面積はいるんじゃない?俺も詳しくはないが

582 :名無し三等兵:2016/05/25(水) 10:35:37.24 ID:PFx+tD9q
プロペラは太ければ太いほどかっこいいし
突起物は多ければ多いほど無骨でいい

583 :名無し三等兵:2016/05/25(水) 11:04:54.38 ID:BAlsiSZF
Me163「は?」

584 :名無し三等兵:2016/05/25(水) 13:53:53.24 ID:5dmm0rwp
>>582
そんなあなたにAvia S-199

585 :名無し三等兵:2016/05/26(木) 00:07:48.05 ID:EvMCzCrO
>>582
XP-72(二重反転プロペラ)「一理ある」

586 :名無し三等兵:2016/05/26(木) 15:42:14.54 ID:wwOWXH4p
>>582
突起物いっぱいあるよ!
https://ja.wikipedia.org/wiki/AC-130#/media/File:AC-130H_Spectre_jettisons_flares.jpg

587 :名無し三等兵:2016/05/26(木) 22:33:23.48 ID:C3xV5YKm
飛燕は試作機は素晴らしい操縦性だった
んだから、通じない無線機降ろして武装も13mm☓2で我慢してれば
もっと活躍できたんじゃないの

588 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 10:33:38.47 ID:86RNEOqW
通じない無線機は海軍の方だろ?

589 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:06:19.96 ID:KVrnR8M9
64戦隊で無線整備してた人も通じないと証言してるね

590 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:07:07.15 ID:cbSSxgO5
>>588
陸軍もあまり通じてはいなかったという話は
搭乗員の回想なんかには良く出てた記憶はある

591 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:14:52.91 ID:yea6zTGL
確か、聞いた話だと、海軍の無線機は日本無線とかいう、それどこ?みたいなメーカーだったが、陸軍のそれは日本電気(のちにNECを名乗る会社である)で、両者の無線技術力の格差はそのまま戦後の会社の明暗を分けたらしい

ちなみに陸軍の無線機は飛行第64戦隊では多用されていて、加藤戦隊長もそれを使用して空戦していた
ちなみに赤鼻のエースが所属した飛行第22戦隊?だっけか、空中戦の様子を無線で地上基地に実況して士気を盛り上げたというエピソードがあった気がする

592 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:20:28.92 ID:Hbtb8Zq2
>>591
日本無線って大手じゃないって

593 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:27:32.27 ID:yea6zTGL
あと元飛行第64戦隊の黒江大尉の「ああ隼戦闘隊」では隼どうしが無線で連携を取りあっていたとあるし、陸軍の無線はまだまともなほうだな

594 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:44:17.85 ID:KVrnR8M9
343空での「おーい、今俺が撃ったの落ちたか?」「今のは落ちた。本田一番」なんかもまともな方だといえるな

595 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 12:54:18.94 ID:cbSSxgO5
>>594
小福田皓文の『零戦開発物語』辺りでも
「終戦間際はやっと使い物になった」みたいな話は出ていた記憶がある

小福田曰く「もっと早くこうなっていたら戦局もだいぶ変わったのでは」と書いていたのは印象に残ってる

随分昔に読んだ本だから記憶は多少曖昧だが

596 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 13:00:20.71 ID:qAcJ/dVI
日本無線(JRC)って今でも業務用無線機などで大手なのに
携帯電話初期の電話機は日本無線が多かった
零戦の九六式空一号無線電話機の通話性能が悪かったのはアースの取り方で失敗していたからでは
海軍機の無線は鹵獲機のアースの取り方を真似てからは性能が上がったはず

597 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 13:50:17.43 ID:WUDNchWf
嘘か誠か零戦虎徹は単座戦操縦しながら電鍵叩いて連絡取り合ってたとか
あの本どこからライターの創作かわからんが

598 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 15:05:33.92 ID:7szZ+Df0
編隊戦闘を重視し始めたころから陸海軍共々無線機をなんとか使えるように努力
し始めた感じ。海軍は343空くらいしか無線機使い物にならんかったけど。
どうも部隊ごとに努力しても海軍としては無線機を使い物になるように動いてな
い感じかな。

599 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 18:13:22.52 ID:Foc/zNIL
無線がまともなら空中指揮機とかあればなあ、とか夢が広がるが

600 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 18:48:24.90 ID:CkYscGST
>>599
343空は彩雲の偵察データを元に迎撃をしてたから、ある程度は空中指揮機を使ってたと考えて良いんじゃね?
疑い無くレーダーの管制下にあるとか言われたり、
(最終的な勝敗は兎も角)優位から仕掛ける事に成功するケースがあったのは、
その辺りの連携がキチッとしてた証左かと・・・

その結果があの彩雲の損失率な訳で

601 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 20:07:13.72 ID:15jBgiCd
無線といってもマイクに向かってしゃべる電話とツートンツートンのモールス信号で送るのは別物だし

602 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 22:08:50.77 ID:KVrnR8M9
本土で使えていたのに南方に行ったら通じなくなったというのは陸海共通。
アースの取り方を教えてもらって改善したというのは戦争後半の海軍の話。

>>598
>海軍は343空くらいしか無線機使い物にならんかったけど。

無知ほどこういうウソを書くんだよなぁ
零戦で後ろに敵機と無線で知らせて部隊が奇襲に気づいて助かった話とか知らないからこういうことがいえる。
いい加減なことを書く前に調べろよ。

603 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 23:12:18.23 ID:wTU1Nbii
無線機の性能が改善してたかはしらんけど,編隊空戦のスキルではずいぶん劣ってたらしいね。
あと,日本側は操縦はうまいけど射撃のスキルはだめだった。

ソースはゲンツル。

604 :名無し三等兵:2016/05/27(金) 23:33:08.10 ID:ImI/vPHG
>>598
日本軍機の航空無線が使い物にならなかったというのは都市伝説だが?

「目下P51を追尾中・・・・・・距離二百五十・・・・・・二百・・・・・・撃てー。<射撃音入る>
・・・・・・敵機、白煙を噴いて降下中・・・・・・発火、分散す・・・・・・。
 P40六機、広東に向けて侵入しつつあり。われこれに接敵中・・・・・・反航優位から
反転・・・・・・間もなく射距離にはいり・・・・・・三百・・・・・・二百五十・・・・・・照準・・・・・・
<射撃音>われ撃墜す」
 これは若松大尉の余裕ある空戦実況無線放送で、広東地域で実際に傍受したものである。
「撃墜王列伝 大空のエースたちの生涯」(鈴木五郎 光人社)

 日本軍の航空用送信機および受信機は、頑丈かつ簡潔に製作され、仕上げおよび
材質は優れている。整備性の難易度よりも、簡潔な設計により多くの配慮がなされ
ているようである。多くの場合、機器はそのように設計されている。いくらかの
真空管には取り外しを容易にするため、皮製の把手が付いていることが言及され
ている。日本製の機器には大量のアルミニュームを使っているので、嵩張った機器
さえ異常に重量が軽い。防錆および菌類に対する予防対策はとられていないが、
1940年以降に作成された機器は、それ以前の形式よりもはるかに優れていると報告
されている。新型無線機器は、電気的および機械的に連合軍の水準に近づいているようである。
 日本軍の飛行機は、すべて無線機器を搭載しているとは限らないことが知られている。
無線方向探知機が中・重爆撃機では標準装備であるのに対し、通常、戦闘機に無線方向
探知機が搭載されているという報告はない。
 いくらかの零式戦闘機(ジーク)には、全部または部分的のいずれかであるが、米国製の無線
機器が搭載されていたことが判明している。部品の大半は日本製であるが、構成部分がドイツ製
または英国製であることも言及されている。米国およびドイツ製の寸分違わぬ模倣も報告されている。
実際のところ、すべての装備は手作りで、出来栄えは良好であった。大部分の無線機器では送信機
および受信機の周波数を制御するため、良質の水晶片が使用されている。
(日本陸軍便覧 米陸軍省テクニカル・マニュアル1944 米陸軍省編 菅原実訳)

605 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 00:06:33.56 ID:sqmk1oys
>>602残念ながらそういうどこの馬の骨の言った大嘘な一例をあげて
全てがそうだというようなのは馬鹿左翼と同じやり口だぞ。
ほとんどの零戦乗りは無線機は使い物にならんと言って外したり
邪魔者扱いしてる。それは零戦乗りの手記を見れば明らか。
無線機が使い物になるなら何で手話で意思疎通する必要がある?

606 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 00:07:49.57 ID:b1ocSgT7
現場のパイロットの評価

第47戦隊 大石正三少尉の手記 より
(昭和19年12月頃:2式単戦から4式戦への転換に際して)

「この改変には別段トラブルは起きなかった。着陸の容易さは前とは比較にならなかった。
 何しろ座敷ほどの大きな主翼がついているので失速の心配はなかった。

 そのかわり、今度は昇降舵の効きが悪く、どんなに引いても3点姿勢にはなかなかならなかった。
  大東亜決戦機と期待された疾風ではあったが、増産機は試作機ほどの速度は出なかった。
 巡航速度は鍾馗の方が15km/hくらい速かった。突っ込みも液冷機のようには加速がきかなかった。
 操縦桿を押してもせいぜいが20度くらいしか頭が下がらないのである。

  プロペラのピッチ変更も今までは米国式の油圧式で故障はなかったが、今度はフランス式の
 ラチェの電気式で故障が多かった。B29の腹の下をすりぬけて降下旋回に移った途端に
 プロペラのガバナーの調節範囲を越えてしまい、エンジンのシリンダーが一本抜けて、
 真っ黒な煙を吐きながら辛うじて成増にたどり着いたことがあった。
 また無線機も真空管がパンクして故障だらけで満足に使えたためしがなかった。」

607 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:12:19.55 ID:lI/Pdvu+
>>605
無線が通じたという戦記も知らないほどオマエが無知なだけだ。
実戦で無線を通して部隊の奇襲を防いだ本人がウソの証言をしてどうする。

無知ほど自分の知らないことを否定しようと必死になるよなw
クズ曝しage

608 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:23:03.14 ID:s2Q4/i1u
とりあえず間をとって
使える場合もあったし使えない場合もあったということで

609 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:26:40.99 ID:vf2X0Wd/
まぁそんなところかな

610 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:49:05.71 ID:lI/Pdvu+
間も何も>>607もそういってる>608

おかしな>>598が343空「しか」なんて根拠不明の大嘘を書いてるから指摘しただけ

611 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:50:59.41 ID:lI/Pdvu+
本土防空戦のころになると空中無線でのスイッチの問題点も改善されたんだが>>605は当然知らないだろうな

612 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:53:34.60 ID:yXYsMMIb
>>607は痛そうなので却下

613 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:57:34.71 ID:VVDFqVTe
うむ。IDごとあぼんでいいんじゃね

614 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:57:34.93 ID:lI/Pdvu+
正々堂々と反論できない無知はガキの悪口みたいな負け惜しみしか言えないだろうな

615 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:58:11.69 ID:VVDFqVTe
つうかこんな大昔の事どうでもいいからな

616 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 01:59:36.47 ID:7mQth06g
確かにな。たとえば>>598が根拠不明の大嘘だとして誰か困る奴いるのかね?

617 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 03:43:35.35 ID:lI/Pdvu+
このスレに来ている意味のない阿呆がいるなw

618 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 03:45:38.50 ID:uIo0W49d
このスレそのものが存在意義などないんじゃね

619 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 03:48:54.49 ID:lI/Pdvu+
阿呆には意味がないだろうな。黄金も価値のわからない人間には無価値なのと同じだ。

620 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 03:49:57.32 ID:pfLza72M
そもそも五式戦のスレだしな

621 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 03:51:18.65 ID:lDr5lA7A
スレ違いの話を延々やってるアホがいると聞いて

622 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 05:21:33.54 ID:sqmk1oys
ID:lI/Pdvu+が妄想を垂れ流すスレとかした件。

623 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 06:10:05.59 ID:lI/Pdvu+
無知だとバレて誤魔化すのに必死だなw

343空以外の零戦部隊でも無線が使えた部隊があった。その証言も残っているでFA
誰も全部隊が使えたとも言っていない。

>>622は知らなかったようだがなw

624 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 09:40:28.32 ID:CsUO0r30
>>623
>343空以外の零戦部隊でも無線が使えた部隊があった。その証言も残っているでFA

それは何で読むことができますか?教えてください

625 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 11:48:26.25 ID:lI/Pdvu+
秋本実氏の伝承零戦だったか。
様々な零戦搭乗員の証言をまとめたもので各自が数ページ程度の印象に残ったエピソードを投稿するという体裁のもの。

本土空戦で迎撃に出たものの筆者の零戦だけが少し遅れてしまい、前を行く部隊を追っているときに後方をふと振り返ると
米軍機が後上方から攻撃をしかけようとする瞬間であった。
あわてた筆者が空中無線で後方に敵機と伝えると部隊は奇襲を受ける前に散り散りに避退することができた、というエピソード

626 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 12:16:47.06 ID:PX1TN4ba
>>625
とりあえず伝承零戦の1、2、3巻を準備しました。3巻っぽいですが、何ページでしょう?

627 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 14:09:42.22 ID:gaRnCfXR
ガダルカナルで戦ってる辺りまで米軍側も頻繁に無線が通じなくて手信号使ってた話は見た

628 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 15:35:49.63 ID:OEGCxr8W
湿気がなんか影響するのかな?

629 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 15:43:51.21 ID:24tk5EBY
日本軍機は被覆に紙巻いただけとかいう伝説のホラ話が事実ならそうなるんじゃねw

630 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 16:23:04.50 ID:G/9aBpyG
元々ゴム被覆のケーブルでも内部に絶縁強化のために紙が巻かれてた。
当時の工員の話としてマレー陥落後、戦略物資であるゴムの節約のために紙の上からエナメルや漆を塗ったのものが使用されるようになった。曲げるとエナメルが剥がれるので塗りなおした。
といった話が出てくるあたり事実じゃね。
戦闘機に使用してたかまではわからんが

631 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 17:09:18.47 ID:OEGCxr8W
そうすると
ゴム節約前→米軍好評価
ゴム節約後→使えない話
なのかな?

632 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 17:38:14.90 ID:gaRnCfXR
馬鹿なのか
日本は南方進出で天然ゴム使い放題だったから合成ゴムの開発が進まなかったというのにw

633 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 19:01:56.33 ID:G/9aBpyG
海上輸送ができなくなった時期にそのゴムをどうやって持ってくるのか

634 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 19:25:45.90 ID:ExNBiqdi
日本でアルミやゴムが不足するのは南方からの輸送船が凹られるようなる44年以降
マレー攻略後から節約してたのは軍需省が統制配給してた民間用物資だな

635 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 19:31:42.00 ID:ExNBiqdi
当時は導線にゴム皮膜し布や紙を巻いた上から樹脂で固めたケーブルが一般的で
熱や油に弱く劣化すると導線がむき出しになって絶縁不良を起こした

劣化した配線を見た物がゴム皮膜も無いのが普通だと勘違いして広まった伝説
連合軍は熱や油に強い合成ゴムやナイロン繊維の被覆をふんだんに使えたから
よく知らない物が見ると勘違いするのも仕方ないが

636 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 19:33:57.07 ID:jZulwdwc
>>635
そのあたりソースは何ですか?

637 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 19:54:20.46 ID:ExNBiqdi
>>636
昔の一般的な電気ケーブルは少しググれば出てくるから出すまでも無いだろ
エンジンなんかの絶縁配線はチオナイトゴムで調べれば当時の合成ゴムが分かる
ようするに劣化に強い被覆じゃなかったからむき出しになっただけ

638 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 19:57:37.13 ID:jZulwdwc
>>637
ソース出せないなら与太ですね
NGIDに登録して放流しておきますわ

639 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:00:30.74 ID:ExNBiqdi
>>638
つまらん因縁付けだったのか教えて損した(笑

640 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:01:22.81 ID:jZulwdwc
>>639
むしろゴミ情報を読んで損したというべきですね

641 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:03:35.31 ID:ExNBiqdi
>>639
ググった奴は真実を知りお前は無知のまま終わるわけだ

642 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:07:33.29 ID:QvgrYZAF
たとえばこれ

日本軍 電線 紙

http://togetter.com/li/870420

これの受け売り?

643 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:14:07.85 ID:ExNBiqdi
だいたい日露戦争当時に国産のゴム被覆のキャプタイヤーで自前で海底ケーブル引いて
大陸との通信に使ってたのになんで日本がゴム被覆もできなかったなんて与太話が出るんだ(笑

644 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:22:35.99 ID:G/9aBpyG
技術的にできないのと、資源の問題でできないの区別位はつけようぜ。

あるだけなら既にビニール被覆もあるにはあったし。

645 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 20:30:01.46 ID:ExNBiqdi
いや天然ゴムは44年まで使い放題だったわけで資源も足りないわけじゃないんだが

646 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 21:15:29.12 ID:sqmk1oys
海軍厨は自称撃墜王と同じで嘘しか言えない。

647 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 21:17:52.14 ID:a1Fx8DU9
ネットの聞きかじりをドヤ顔して開陳というのもなあ

648 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 21:56:53.32 ID:lI/Pdvu+
海軍のことに無知なのにいい加減なことかいてりゃそりゃ叩かれるわな
しかも無知を指摘されると相手を厨と決め付けて逆ギレで学ばないとか最悪だわな

649 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 22:09:02.24 ID:F2Pugtkr
何か変なのが来たぞ

650 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 22:14:20.14 ID:lI/Pdvu+
単発ID自演が必死すぎて笑えるw

651 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 22:22:31.81 ID:G/9aBpyG
これは酷い

652 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 22:27:47.54 ID:24tk5EBY
ぶっちゃけ同じドヤ顔でも「日本軍の被覆は紙巻いて油ぬっただけ」とかドヤ顔で語る方が数十倍多いしなぁ…

艦これオタとかそんな感じのが多かった印象。
てか現に俺もそうだった覚えがある
当時の逼迫した状況知ってる俺カッケー的なノリで…

それ故の反発として近年は被覆論への反発があったんだし
とにかくその書き込み見た時のドヤ顔感に腹が立つんだろうなぁ
軍オタ同士のやりとりでも、被覆に紙とかドヤ顔で書く奴なんなの?、みたいなのはよく記憶にある

653 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 22:37:46.74 ID:G/9aBpyG
油塗ってどうするんだ? 防錆?

654 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 23:00:58.57 ID:24tk5EBY
記憶が曖昧だが油じゃなくて塗料だかなんだかを塗ったどうこうだった気がする…。ネットの書き込みなんてそのレベル

てか俺も紙派だったから曖昧な知識でそんな感じで書いてたなぁ…
そもそも紙巻いてのりで張り付けただけだと考えてたぐらいだから何か塗るどころの話じゃなかったなぁw

てか>>630の元ネタって>>642で、しかも>>635の元ネタも>>642なんだろ?ネットって広い様で狭い…

まあ、ちゃんとしたソースも無しに紙巻いてなんか塗っただけとか言うのはあかんと思う
それにそのちゃんとしたソースでさえ>>642のネタをアテにするなら間違いの可能性がでかいしさ

655 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 23:10:45.34 ID:VgtRMK+1
>>654
>ネットって広い様で狭い…

けだし名言ですね

656 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 23:28:11.94 ID:ExNBiqdi
ここに紙巻配線と勘違いされた理由を分析してるのがあるぞ
http://home.f04.itscom.net/nyankiti/ki43-sub5-electronic%20network.htm

657 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 23:50:40.17 ID:sRNvFgAj
>>656
これに挙げられている当時の電線の例だと、電線、紙、ゴム、布またはパラフィンってわけか

http://home.f04.itscom.net/nyankiti/Japanes%20warbords%20electoronices%20cable1.jpg

>>642によれば大戦末期だとこういう証言もあるんだな

@
私の父は、大正生まれで、戦時中に海軍工廠におりましたが、大戦末期の昭和19年頃受領した電線は、ゴムの欠乏で被覆は銅線に紙を巻いた上からエナメルを塗ったものを使用していたそうです。曲げると剥落するため、配線した後にエナメルを塗り直したそうです。

@
銅線にエナメルを塗った上から和紙を巻き、その上からさらに厚めに、ぼったりとエナメル塗料が塗ってあったそうです。曲げると塗膜にヒビが入って剥落するので、塗り直しの手間が大変だった。と聞いております。

658 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 23:56:31.02 ID:G/9aBpyG
戦前の日本の場合、他の列強ならあって当然の基本的な製造施設が足りてないというのがあるから
ビニール被覆やゴム被覆設備が足りなかったとかもありそうだな。
いや、可能性だけの話だけど。

659 :名無し三等兵:2016/05/28(土) 23:59:05.10 ID:ExNBiqdi
最初からゴムやアルミ不足なんかは大戦末期の話だと言ってるだろ

660 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 00:04:38.38 ID:Z39vy0tN
誰かそれを否定してたか?

661 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 00:07:45.34 ID:nRsyvvwn
ネット情報の又聞きでドヤ顔されても

662 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 00:14:21.55 ID:o1ATx9SO
ネットではあまり見ない話としては、海軍関係者の手記に、電線の絶縁被覆にアミラン樹脂を用いたとの話がありますね。

663 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 00:34:41.54 ID:iHSjdNSh
滝沢聖峰のマンガであったな>電線に紙

664 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 00:49:08.38 ID:k6JeXWo+
戦後もしばらく電信柱で紙巻きエナメル被覆の電話線が使われていて、雑音や故障の原因になってたと聞いた

665 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 00:56:44.17 ID:vwRV+d1h
電線の被覆の中に紙使うのは戦後の70年代でも普通だったぞ
ドイツ製の電気スタンドの差込付け直したら線の中から巻紙出てきた

666 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 04:28:42.05 ID:3sgwMS7c
>>665海軍厨の馬鹿はそんな常識も知らんのだろうなw

667 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 08:47:14.25 ID:m2weVyYP
つまるところハナっから

>>642
>>656

とレスするだけで済んだ話か

668 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 10:39:10.41 ID:11jelESC
>>660
マレー後からすぐ規制とかレスバトルになってたやんけ

669 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 11:24:56.69 ID:iHSjdNSh
>>666は知らなかったみたいねw

670 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 16:50:58.34 ID:3sgwMS7c
零戦の自称撃墜王は滑らせて逃げるという事すら知らなかったらしい。

671 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 17:17:02.18 ID:vwRV+d1h
そりゃ後ろ取られるような迂闊なパイロットしか要らないテクだからじゃね
つか相手に気付かれない内に一撃で落とせる位置に占守できるのが真の撃墜王だろjk

672 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 18:37:08.88 ID:iHSjdNSh
またいい加減なこと書いて恥も掻いてるねw>>670

673 :名無し三等兵:2016/05/29(日) 21:05:56.83 ID:RNpthTAi
ソ連では愛16戦闘機をつくったポリカルポフは戦闘機の王様といわれた
ポリカルポフ一派は空冷星形エンジンが最も優れてると力説した

これは合理性が合ったのだが、スターリンは激怒してポリカルポフ一派を「懲罰」した
若いヤコヴレフを空軍次官に抜擢してポリカルポフ一派をおさえ
ヤコヴレフは「ナウい」水冷12気筒を主力に据え、空冷エンジンの迫害を始めた

ラボーチキン戦闘機は最後の工場もヤク戦闘機用に押収される寸前であったが
1700馬力の空冷エンジンを搭載し、よみがえる
なおラボーチキンはポリカルポフ設計局のメンバーだった

大戦後ヤコヴレフの政治力は続くと見えたが、スターリンは
「恥ずかしい木製機ばかりつくりおってこのクズが」とヤク設計局をしりぞけた

674 :名無し三等兵:2016/05/30(月) 05:45:28.28 ID:TI/KjTaZ
愛、震える愛 それはポリカルコフ

675 :名無し三等兵:2016/05/30(月) 09:11:04.35 ID:/7dxfQtE
拾う骨組み燃え尽きて
アルミ板も土に還る

676 :名無し三等兵:2016/05/30(月) 18:54:33.49 ID:lfUoNPUv
荒野に落ちる I-16の列

677 :名無し三等兵:2016/05/30(月) 20:43:29.51 ID:r6bCkQxO
合板ゆがんで 真っ赤に燃える

678 :名無し三等兵:2016/06/01(水) 20:37:47.06 ID:eXkZpOwC
愛、命の愛 それはラボーチキン

679 :名無し三等兵:2016/06/06(月) 12:51:16.11 ID:tvzhyjRW
自惚れるなよ小僧、お前の実力ではない
その、戦闘機の性能のおかげで勝ったのだ!!

680 :名無し三等兵:2016/06/06(月) 13:20:15.74 ID:ML75p+8Y
マチルダわ〜ん

http://ww2tanki.ru/images/tanki/anglijskie-tanki/tank-matilda/tank-matilda-5.jpg

681 :名無し三等兵:2016/06/06(月) 23:04:19.19 ID:uP1+EvL0
ええい直撃のはずだ!
連邦のLaGGは化け物か!?

682 :名無し三等兵:2016/06/08(水) 00:44:48.53 ID:TrxA3CdM
五式戦ってla5みたいなもん?

683 :名無し三等兵:2016/06/08(水) 11:22:43.88 ID:UJrAK/3L
んだね。Fw190、la5、そして五式戦。
M16よりもカラシニコフ。
M2よりもM42

兵器はタフ&シンプルが一番だで。

684 :名無し三等兵:2016/06/08(水) 12:14:16.97 ID:R/g3Coxn
いまどきM16よりもカラシニコフとか素人丸出しだな

685 :名無し三等兵:2016/06/08(水) 12:31:25.08 ID:fVUR8BBm
Fw190Aを参考にあの排気管配置を踏襲した戦闘機
La-5,7,9、五式戦、フューリー,シーフューリー、F8F、ブラックバーン・ファイアブランド
それとコモンウェルス・カンガルーの元構想もこのタイプ

686 :名無し三等兵:2016/06/10(金) 10:28:51.53 ID:gP8OF9Rh
Fw190、最終的な実績は兎も角、

合理的な目的の決定
合理的な目標の設定
合理的な設計

において比類ないな。こういう仕事がしたいよ。

687 :名無し三等兵:2016/06/10(金) 11:31:02.24 ID:nGw7MCzC
そのフォッケも液冷関連ではグダグダ

688 :名無し三等兵:2016/06/10(金) 13:01:40.97 ID:9xyQhdmy
カタログスペック詐欺
しかもテスト時軍まで関与説浮上

689 :名無し三等兵:2016/06/10(金) 23:26:31.19 ID:jvvCjKPk
ドイツの超エースはBf109が多数派。

フォッケは対戦闘機は強くない。

690 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 08:58:15.51 ID:Lelo6iXw
クルト・タンクは騎兵上がりでたいして知能はよくなかった
バイエルン社でメッサーシュミットと働いてるときに近代機ノウハウを得ることが出来た
バイエルン社は倒産したがフョッケ社の主任となる
ドイツ軍の仕事が取れると期待されたからである

騎兵はなんといってもドイツの花形で騎兵科上がりの将軍が出世した
その期待通り、タンクは軍人好みの仕事をしたが高翼パラソル戦闘機を作りメッサーに敗れる
しかしメッサー戦闘機もあつかいにくいものだったので
エリート騎兵科上がりのドイツの将軍は、古い部下のタンクに命令してあつかいやすい空冷で簡素な190をつくりあげる

クルト・タンクの地位は上がり兵器生産計画の委員長になり思うがままに戦闘機をつくれるようになった
190が役に立ったのかカタログ性能が疑わしいのも軍の癒着があった
戦後もジェット戦闘機をつくるがT型尾翼の不良で駄作に終わったから、タンクの技術はたいしてよくなかった
エリート騎兵というコネを活かした元軍人の出世物語の側面が強い

691 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 11:31:43.23 ID:mFTdgsl1
Fw190がインチキ/低性能だったらなんでイギリスが強奪作戦企画するんやねん

692 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 11:42:23.13 ID:wZ3MXNaj
Ta152はカッコ良い!

693 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 15:35:20.33 ID:KZZBw52w
>>691
イギリスの場合、全ての説明はイギリスだからで片付きます。
特に兵器開発や軍事作戦の場合は!

694 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 16:14:57.15 ID:UpRb6mlw
イギリス紳士の作戦は合理的
駆逐艦でUボートを狩るより駆逐艦をUボート基地に特攻させる方が効率がいい事に気がつくレベル

695 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 16:16:33.68 ID:Qdojf68x
>>689
しかし、ルーデルさんは、フォッケウルフで
エースになってたとか。


あ、あの人は特別か。

696 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 16:18:47.67 ID:TT/Z/i/D
Ju87のハンス・ウルリッヒ・ルーデルさんのことなんかな

697 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 16:24:41.98 ID:TT/Z/i/D
スピットMK\>>Fw190>>スピットMkXと結論済み

698 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 16:29:05.15 ID:KZZBw52w
なんでスピットはタイプで分けてるのにFwはタイプ分けしてねぇんだよw

699 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 17:25:23.63 ID:mFTdgsl1
最終的に性能アップグレード大会(イタチごっこ)に勝ったのはエゲレス
だったが、少なくともエゲレス人が慌てる程にはスピットVを圧倒したわけだ

700 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 17:48:21.89 ID:zN3dDHcD
隼U型≧スピットMK\>>Fw190>>スピットMkXと結論済み

701 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 18:21:26.03 ID:rzYrSOkc
>>700
>隼U型≧スピットMK\
じゃあ陸軍さん単戦は隼だけに生産集中させときゃ良かったね

702 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 20:00:55.21 ID:aLQwlDgy
FW190の翼面荷重やばすぎ
鍾馗一型が軽戦に見えるくらい
やっぱり思考が違い過ぎて比較できない

703 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 20:05:38.74 ID:Lelo6iXw
戦前のドイツ陸軍で騎兵はごっつい、ものすごい超エリートなのだよ
空軍元帥ゲーリングの父ハインリヒは騎兵将校であり
親の七光りでバーデン大公国の幼年学校にねじこむことができた
ゲーリングはエリート連隊「プリンツ・ヴィルヘルム」(バーデン大公国歩兵連隊)に入隊
父のコネでリヒトホーフェン隊の隊長になる

704 :695:2016/06/11(土) 20:09:02.95 ID:iaYPUNYt
>>696
そです。
ハンス・ウルリッヒ・ルーデルさんです。

いつもはJu87で戦車とか潰してますが、日によっては
ガーデルマンを置いて、Fw-190(対地攻撃仕様)で
出撃してたようです。
戦車を潰して身軽になった後、飛行機も落してたとか。

705 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 20:49:41.11 ID:Vyi5+Jx9
Fw190ならガーランドとかプリラーじゃね

706 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 21:04:44.30 ID:Vpv2Rx42
まあここの戯言より実際にFw190に乗った黒江少佐の証言の方が参考になるわな。

707 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 21:34:04.26 ID:Lelo6iXw
合理的な設計と称される190だけど
メッサー109も110もきわめて合理的で量産しやすようになってる

機体を小さくまとめて翼は取り外し式、エンジンフレームはマグネシュウム鍛造で
エンジン架に脚も取り付け強度部品の集中をはかる109
110は一般にはしらないだろうがこれも合理的な構造で機首そっくり武装モジュール化で交換とか

ウイリー・メッサーの思想を「見た」クルト・タンクがおなじく合理的な機体構造のモジュール化をはかっても
とくにめずらしいことでもない結果として空冷でも水冷でも容易に対応したが
英国シーフューリーに影響を与えたと言ってもこれはホーカー社の主任シドニーカムが基地外ということにすぎない
「後退翼はドイツの屁の臭いがするのでイモ臭い。嫌だ」と言い放った基地外だからね

708 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 21:38:39.65 ID:Vyi5+Jx9
有力水冷エンジン二つ使ってあの性能のMe110が合理的…だと?

709 :名無し三等兵:2016/06/11(土) 22:37:51.83 ID:t4Fgfipt
合理性と性能は一致しないのね
でも整備員だとしたら、110のエンジン二基交換と飛燕のエンジン一基交換なら110の方がいいわな

710 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 02:19:41.85 ID:RxJ/unIL
>>708
戦闘攻撃機としてみりゃ妥当でしょあれ
戦闘機としてみるから終わってるだけで

711 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 09:02:25.33 ID:JL1NZXAq
>>698
スピットはマーリンの馬力がガンガン上がっていったが
FWはたいして向上しなかったどころか
重爆対策で、装甲つけて、重武装化して
空戦性能自体はどんどん下がっていったから

712 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 09:14:18.75 ID:2SOHrSU9
>>706
日本機と旋回戦しようとするとすぐ失速して勝負にならなかったと述べているやつだね

黒江さんと荒蒔さんの二つの評価があるけど、俺も黒江さんの評価を取るね。黒江>>>>荒蒔なのは揺るぎようがないからね

713 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 09:44:24.99 ID:qq9M8fM0
ドイツは石油は出ない。代わりに石炭は出るからファンルベン社が石炭液化工場作り人造石油
人造石油はオクタンが低い問題がある。オクタンを高める加工もありファンルベン社は米国に売った

同盟国の日本には売ってくれなかった。かわりに米国はファルベン社の爆撃はしない秘密協定
このハイオクタン加工は高圧高温に耐える鋼鉄が必要でどのみち日本には作れず
それどころか日本は石炭液化工場すら失敗した。一応北海道に作りはした・・

結果としてドイツは石油に困らないが、オクタン価は限界があり
日本は石油がでず石炭液化すら出来なかった
アメリカはオクタンの高いカルフリニア原油がありさらに処理で
オクタン100以上も140でも可能になった

石油資源は偏在してるが石炭は地球上どこでも出る、戦争をするならまず石炭液化工場が必要
ヒトラーは政権を取ると戦争の準備としてまず石炭液化工場を作った
この石炭液化はげんざいではコストが見合わないので放棄されてる技術だが
ちなみに中国は奥地に石炭液化工場作り今年辺り操業する予定w

714 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 09:50:08.96 ID:JL1NZXAq
>>713
アメリカのは不正解

アメリカの高オクタンハイオクは
4エチル鉛添加の

有鉛ガソリン

この技術は当時アメリカしかなかった

715 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 10:16:28.03 ID:PpvnWbbS
>>707
シーフュリーはFw190の影響が〜てのは良く言われるけど、
排気管やオイルクーラーの配置を多かれ少なかれ参考にしてる機体は多いしその程度の話だろ
コマンドゲレートは、シーフュリーやF8FだけじゃなくてF4Uの戦後型もAEC導入してるし、
フォッケの艤装や細部の処理に先進的なところがいろいろあっただけ

716 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 17:59:31.00 ID:+ynNmTHI
ここ見てるとなんのスレかわからなくなる

717 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 18:46:23.17 ID:yh8RntXR
>>713
>結果としてドイツは石油に困らないが、



Production from the synthetic plants declined steadily and by July 1944 every major plant had been hit.
These plants were producing an average of 316,000 tons per month when the attacks began.
Their production fell to 107,000 tons in June and 17,000 tons in September. Output of aviation
gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to 30,000 tons in July and 5,000 tons in September.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

>Output of aviation gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to
>30,000 tons in July and 5,000 tons in September.

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

718 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 20:19:46.14 ID:TGQNJ3QT
>>711空冷機の宿命だな。馬力向上に限界があるのは。零戦は空冷機としては
向上ができた方。

719 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 20:51:49.43 ID:xE5egnf1
それは物を知らなさすぎ

720 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 21:19:55.34 ID:qmxE5uCZ
下手すぎる釣り針が恥ずかしくなって自分で釣られたフリとかもうね

721 :名無し三等兵:2016/06/12(日) 21:57:40.74 ID:bXV4Rodg
つかマーリンエンジンだけ改良と出力向上のペースが頭おかしいレベル
他は液冷でも常識的な範囲に収まってる

722 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 20:46:57.70 ID:GI1dh4f+
どなたか三式戦闘機及び五式戦闘機の降下制限速度及び主翼の耐G性能や強度が載っている資料や書籍をご存じないでしょうか。
Warthunderというゲームでの三式戦闘機の降下制限速度が730km/hとかなり低く、資料さえあれば運営に申し出て修正してもらえるのですがなかなか見つかりません。
今回のアップデートで三式戦二型が実装され五式戦も実装予定なのですがこのままでは降下制限速度が実際よりかなり低いまま五式戦も実装されるのでなんとかしたいのですが…

723 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 21:17:22.62 ID:8mTqx1Bv
数か月前に戦鳥で似たようなやりとりがあって750km/hで決着ついたはずだが、過去ログの新しいのが見れんな…
操縦参考書なるものには750km/hとあるかららしい
土井さん曰く800km/hまで耐えるから、かなり余裕を見込んだ数字だと思われる

724 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 21:31:50.75 ID:Y8/OiXCI
この人か?

: 名無し三等兵2016/03/11(金) 21:20:41.64 ID:+rbH0uzF
突然で申し訳ないんだけど、どなたか五式戦か三式戦の性能について詳しい資料をご存知の方は居ませんか?
三式戦の降下速度と機体剛性が優れていたというエピソードはよく聞くのですが、具体的な数値や事例の公式記録が見つからなくっていまいち判然としないです。
850km/hが仕様上の降下制限速度とは聞きますが、これも裏付けとなる資料はまだ見たことがありません。
取扱説明書や又は米軍の記録でもいいんですけど何か良い資料をご存じないですか?

725 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 21:50:32.72 ID:pr+zFuTH
取説の飛行制限の数字は余裕を見るからなぁ。
例えばキ84操縦参考書だと、急降下の制限は750キロメートル毎時以下。

726 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 22:08:31.69 ID:IHAxE301
昔あったFighterACEなんかサービス初期は三式戦は急降下速度650km/hで翼がもげてた(笑
バージョンアップで770km/hになったが急降下で四式戦に余裕でちぎられる加速
もちろん空中分解する速度なんで実際は750km/hくらいでエンジン絞らないと引き起こしもできない

ただゲームによっては高度が高くなるほどメーターの表示大気速度が低くなるのが再現されてる
可能性はあるけどね

727 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 22:40:08.31 ID:nwts5rKZ
急降下して音速越えたとか逸話は目にするが、確かに正式にどうなのか知りたいね。

三式戦の米軍計測での評価は低いのに、何で日本側での評価が逸話中心で高いのかも謎だわ。

728 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 22:40:09.50 ID:7cwKNPR3
四式戦はあくまで重舵で曲がらないようにして
翼モゲ対策しただけで

翼強度自体は3式戦に劣る

729 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 22:54:44.52 ID:IHAxE301
米軍の鹵獲機テストってターミナルノーズダイブとかしてないんじゃね

730 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 23:00:36.84 ID:GI1dh4f+
>>724
違います、すみません

飛燕の制限速度に関して逸話などではすさまじいなどと聞きますがゲームの資料として提出可能かどうかわからないものが多かったので質問させていただきました
件のゲームでは分解する速度がbuffされているとはいえ零戦21型と同じだったので流石にそれはないと思った次第です
あと制限速度ですが、設計上は850km/hであるというものも見ましたがこれに関する資料などもあれば…

731 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 23:10:37.48 ID:Y8/OiXCI
これのスレ主かと思った
ttp://live.warthunder.com/post/373611/

732 :名無し三等兵:2016/06/13(月) 23:16:29.63 ID:pr+zFuTH
でまぁ
キ84操縦参考書では急降下速度1000km/hでの荷重状態を想定して荷重倍数も記してあったりする
防研にあるキ61の資料も一型のもののようだし、資料さえあればねぇ

733 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 03:03:56.48 ID:L95hRSsR
どうでもいいだろ
たかがゲーム

734 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 06:58:56.64 ID:u6HS+YpN
ゲームをリアルにしろって話なら速度限界よりフライトモデルの再現のがもっとデタラメだからな
実機の操縦に必要な操作や機体の挙動なんかゲーム性優先で簡略化や改変が酷い
設定が細かいのが売りのIL系のゲームでもそれは変わらんな

735 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 08:08:55.01 ID:3U8ngbA1
まあ、確認されているだけでこんなに投稿があったんだから、これだけ多くの人間がゲームにおける三式のダイブ制限の扱いに不満があったという証左だろう

736 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 09:08:21.81 ID:u6HS+YpN
バージョンアップ直後にバグで一時的に急降下制限が無い状態になった事があったけど
三式戦の攻撃可能高度差がトンでもなく大きくて凶悪化しててワロタ

737 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 09:15:40.05 ID:VBkzTU+K
まぁ同じ人間が繰り返し書き込んでいるんだろうな

738 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 09:17:07.01 ID:8tB7LFnO
実際には片手であまる人数だわな。
少数派こそ声が大きいというのは真理だ。

739 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 14:16:10.60 ID:TLpQ5x6v
翼のアスペクト比が大きいくせに無駄に剛性も高いのが飛燕系の特徴であろうと思うので
その辺無視されるとどうかという気もする

740 :名無し三等兵:2016/06/14(火) 14:43:41.84 ID:u6HS+YpN
米軍機と同時に引き起こしてズーム上昇するとアップアップしてる米軍機を好きに撃てたから
ゲームでも揚抗比の良さや高迎え角時の誘導抵抗の低さは再現されてたのかも知れん

741 :名無し三等兵:2016/06/22(水) 18:42:49.96 ID:BcRXDra8
空力をそんなに忠実に再現したゲームなんか無いやろ
リアルにしたら欧米機がすぐに墜落するからな

742 :名無し三等兵:2016/06/22(水) 22:21:31.45 ID:cdqszq4V
四式戦に比べ上昇力で勝っていたっていうのは事実なんでしょうか?

743 :名無し三等兵:2016/06/24(金) 22:41:38.98 ID:34nVBnrZ
四式戦で上昇力を語るのは本質的じゃない。

だってそもそも稼働率が低いのだから。

四式厨は調子が良ければ・とか、
高オクタン価のガソリンなら、、等良くホザクが
そんな条件つけてる時点で兵器としてはもう()

744 :名無し三等兵:2016/06/24(金) 22:47:16.91 ID:JmJ9K/tJ
稼働率が低いとかデータもなしにホザク方がもう()

745 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 10:46:45.31 ID:xd2xkVT5
反論の為の反論厨はデータとソースが好きだなw

これだけかつて議論し尽くされてかつ、五式戦登場時の
搭乗員の大量のコメントがあっても念仏のように「データだせ!」か?w

「四式戦は日本最高の大戦機!(キリッ)」は
それしか言い返す余地なくて憐れそのものだな。

746 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 13:23:48.44 ID:YJOwqQKC
大量ねえ… w

747 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 13:28:22.10 ID:rT/gmJTq
>>745
データで客観的に示せないのを必死に誤魔化すことしかわからないやw

748 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 14:09:09.15 ID:FjuA3rxd
稼働率については>>11に実際のデータ出てます

>稼働率比較
>1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて
>一式戦    411
>二式戦    325
>二式複戦   430
>三式戦    312
>四式戦    555
>五式戦     58
>キ102     7
>キ109     5
合計    2103

>一応、同条件での機種別「甲」の割合。
>一式戦    40%
>二式戦    57%
>二式複戦   60%
>三式戦    37%
>四式戦    42%
>五式戦    72% 
>キ102   14%
>キ109   80%
>もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

双発の屠龍とキ109の稼働率が高いのと隼がエラく低いのがビックリ
単発と双発の違いがあるとは言え同じエンジンのキ100とキ102の大差も興味深い

749 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 14:24:14.93 ID:rT/gmJTq
>>748
>もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

日本語読めますか?

750 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 15:49:50.57 ID:57JRkUJj
あームダムダ

どんなデータ出してきてもケチつけるのはいつものことよ♪

751 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 15:53:47.21 ID:rT/gmJTq
これも出せない言い訳の定番だわな(失笑)

752 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 17:51:58.57 ID:FjuA3rxd
>>749
だから君が他のデータを自分で出せばいいんじゃないの?

753 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 20:43:08.34 ID:muLOYbdj
まあ,米軍が整備した疾風なら五式より上じゃないの

実戦部隊の評価なら五式>疾風

754 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 20:57:41.39 ID:ae5YCbye
特に疾風ファンってわけじゃないが、3500機も造られて大戦末期には海軍の
零戦に次いで数が多かった疾風と、400機未満の生産数で配備された戦隊も
限られていた五式戦との比較は難しいのでは と。

五式戦が配備された戦隊は、三式戦からの機種変のケースがほとんどのようで、
上昇力劣悪の三式戦(特に丁型)に比べ、上昇力が格段に向上し、旋回性も
隼なみとみなされた点が高評価につながったと思う。

755 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 20:59:52.08 ID:rT/gmJTq
>>752
バカ?主張するバカ自身に論拠を示す義務があるんだよ

756 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 21:03:51.84 ID:rT/gmJTq
1945年7月 5式戦 59戦隊稼動率48%

>11の>四式戦    42%
と大して変わらんね

757 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 21:22:13.47 ID:FjuA3rxd
そう?最終的にはやっぱり差があるみたいだけど

昭和二〇年九月三〇日 
東海軍管区航空兵器現状表(第五十一航空師団調査) 

      程度上 程度下  合計 程度上/全体 
一式戦    33  57  90 37% 
二式戦     6  34  40 15% 
三式戦    27  63  90 30% 
四式戦    49  73 122 40% 
二式複戦    7  30  37 19% 
九七戦    10  21  31 32% 
キ100   49  10  59 83% 

九九式襲    1  11  12 8% 
五式双     0   2   2 0% 

九九双軽    5  59  64 8% 
九七軽     1   4   5 20% 

四式重    16  14  30 53% 
百式重     2  17  19 11% 
九七重     7  28  35 20% 

百式司偵   14  12  26 54% 

758 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 21:27:19.53 ID:mWe+BWVy
7月なんてもうどこもダメだろ。発動機以前に
何もかも無いのだから。

759 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 21:28:56.24 ID:JLJdx8zH
以外に四式戦の数値が他機種に比べ悪くない感じが・・。
よくいわれる最悪時に比べれば、稼働率・性能とも持ち直してきた・・のかな??。

760 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 21:30:16.16 ID:rT/gmJTq
>>758
そういうこと言い出すと疾風もフィリピンみたいな外地だから一式戦ですら稼動率悪いだろ、となる。

761 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 21:48:01.40 ID:8Eo5qEo0
20年の9月30日って連合軍に引き渡す物を除いて破壊命令が出た後じゃね?

762 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:07:31.86 ID:hZRcdufg
>>759扱いに慣れてきたというだけかと。零戦も最初はひどいもんだぜ。
扱いに慣れて来て信頼性の高い戦闘機になったけど中国デビューの頃
は本当にいろいろ難題な戦闘機だった。

763 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:12:56.82 ID:KsXu+syD
>>762
せっかくの20ミリ機銃から弾が出ない
とか、
折りたたみ脚が空戦中に飛び出す
とか
無線が使えたものじゃない
とかでしょ?

764 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:30:16.09 ID:8Eo5qEo0
引き込み脚の飛び出しはすぐに直せて実戦で起きた話は隼の方だったような

765 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:33:21.42 ID:hZRcdufg
>>763歴史群像を見てくれ。いきなり二十ミリが爆発したりとか。

766 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:53:37.27 ID:eZ7Ds/3W
上昇力についてはなせよ

767 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:58:07.30 ID:8Eo5qEo0
上昇力なんて飾りですよエロい人には分からんのです

768 :名無し三等兵:2016/06/25(土) 22:58:09.81 ID:rT/gmJTq
というか零戦の栄自体が初期は故障頻発で安定してなかったんだよなぁ

769 :名無し三等兵:2016/06/26(日) 07:32:22.96 ID:UxlEuBGY
日中戦みたいな大戦末期と違う緩い状況で落ち着いて成熟できたのも
疾風と違うな。

770 :名無し三等兵:2016/06/26(日) 18:03:08.85 ID:bYluvHCH
四式戦の方が到達時間早いよ

771 :名無し三等兵:2016/06/26(日) 20:35:30.51 ID:vAjRyuXu
四式戦が五式戦より上昇時間短いのはごくごく抵高度のみ、3000m以前に逆転して高度が上がるにつれ少しずつ差が大きくなってゆく
もちろん最大速度は全高度で四式戦が上
四式戦が五式戦に対し速度・上昇共に優位なのは2000m前後で速度で差がつく3千〜4千mでは上昇で劣り再び速度差が大になる7千m前後では上昇で圧倒的に不利になる
超低空では四式戦優位(アスペクト比が小さいので運動性も低空では四式戦の方が機敏)だが、高度が上がるにつれ五式戦が有利になる(アスペクト比が大きな五式戦の方が必要馬力が軽減される)

五式/四式 最大速度 上昇時間
1000 500/542(-42) 1'12″/1'09″(+3″)
2000 520/562(-42) 2'13/2'06″(+7″)
3000 539/589(-50) 3'08″/3'34″(-26″)
4000 536/591(-55) 4'29″/4'56″(-27″)
5000 551/586(-35) 6'00″/6'26″(-26″)
6000 575/610(-35) 7'25″/8'00″(-35″)
7000 568/615(-47) 8'56″/9'48″(-52″)
8000 556/594(-38) 10'57″/12'16″(-1'19″)
9000 542/569(-27)  ?/15'34″
10000 527/? 20'00″/?

772 :名無し三等兵:2016/06/26(日) 21:18:42.71 ID:6C2yE4X3
その四式戦の数値はまだテスト時の熟成半ばでの結果ではないかと。その後単排気管に換装
(2速で約15キロ最大速度が向上って碇氏が書いてたが連動する上昇性も幾分は
向上してるはず)したりペラを3.1mに増加させたりしている。

773 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 11:51:18.66 ID:dyx+HWf7
4式って上昇率どんなもんだったの?
1式、5式に限らず日本の戦闘機は実践の空域でコンスタントにだせる速度そのものが600km弱しかなく
4式は燃料都合で600km前後と1式後期モデルの5-7%程度速い速度しか出なかったんだよな。

能力とコスパ上は一式→5式が実用的なスペックでのレベルアップでその他の0式、4式、海軍の0式後継の失敗機はそもそもコスパと稼働率上クソだった

1式100機を応戦可能な稼働状態に常に置くには、練習機20、整備ローテーションざいもうよび機60-80、部品取り分解機40くらいの計220-240機がいる。

5式も同様の稼働率なら部品含み生産240に対して100が稼働する。

0式になると稼働率が低いので100の稼働に対して300-350機いる。また1機の値段は1式の1.5倍以上なため1式の2.5倍くらいのコストが発生する。

4式も同様に負担がかかる。またパイロット、使用燃料コスパも大きく悪化する。

まともなコスパ感覚でいけば1式と5式意外実用機と到底呼べない

774 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 12:53:52.94 ID:3LcmUcWa
小文字よりはよっぽど役に立つから心配すんな

775 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 21:30:53.99 ID:bpvC7CIk
疾風の速度に関しては、古い世傑(昭和49年刊)には、悪条件下でも大体において
610キロ以上確実に出ていた機体が多かった って感じで書かれてるけどね。
その後の記述で、乙型試作機は660キロ(高度6000m)を記録してる とも書かれてる。

776 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 21:45:59.96 ID:bslUtxlK
疾風の燃料に関しては、最低でも91オクタン、その後、大戦末期には、
一式戦と三式戦は91から87オクタンに下げるが、四式戦には95オクタンを
使用せよ って通達?があった ってBUN氏や大塚氏が書いてるが。

777 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 22:11:43.52 ID:M7QLczlW
ま戦記見ると、カタログ値で最大速度650キロ前後のスピット8やP-38J型が
離脱する四式戦になかなか追い付けなかった なんて記述があったような・・。

778 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 22:21:26.63 ID:cU8i7Un8
はやての熟成が完了するのって46年の半ばくらいだよなあ。

779 :名無し三等兵:2016/06/27(月) 22:29:27.86 ID:6J7XN/VG
南方からの輸送船が撃沈されなかったり、本土空襲がなければな

780 :名無し三等兵:2016/06/28(火) 11:52:47.06 ID:XGqmyaRe
>>777
離脱の場合は相手に行き足がついてたりするから、それを追って加速するのが大変、って意味だったりはするだろうけども

781 :名無し三等兵:2016/06/28(火) 15:29:45.00 ID:UFEkYY8X
>>482
対空砲火で尾翼がちぎれかけている零戦は20mm下ろして13mmだけ
になってた。

782 :名無し三等兵:2016/06/29(水) 03:37:36.61 ID:wA7YuPjz
飛燕が大馬力液冷エンジン前提で頑丈に設計されててよかったな

783 :名無し三等兵:2016/06/29(水) 05:21:51.60 ID:h9Yb93sp
>>780
まあそういうケースは多々あるとは思うが、元ネタは梅本氏本だったと思うが
高速で離脱する四式戦に同高度で追撃したが追い付けなかった って感じだったと思う。

784 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 04:23:51.81 ID:VPaPwxCy
機体は最高 エンジンのせいで数奇な
運命をたどる事に

785 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 12:07:23.14 ID:QTVtljTz
エンジン乾燥で超パワーアップできたのに、そういった試作すらそく行えない、気づかない体制こそがダメなんだよな。

十分1943年から5式を量産して、一式の後継主力戦闘機にして、3式、1式砲戦車を整備して山砲などを多数台湾、沖縄、フィリピンに配置することは十分1943年からできたのだが
そのあたりで軍事デザインや計画が空白かしてしまうのがダメ

786 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 12:16:51.63 ID:D5kSEr1G
アホかその頃はソロモンの消耗戦で手一杯で五式戦のエンジンも用意できとらんわw

787 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 12:30:28.56 ID:GYClwhQE
まぁでもソモソモ、液冷を作って飛ばすって企画が
分相応なのか、不相応なのかを判断出来なかったのが残念だったネ

格闘からズーム&ダイブ重視のトレンドに近寄った機体が
やっと出てきたと思ったら発動機がアレという悲劇。

788 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 12:31:14.54 ID:LLuAyCfC
 848 名前:名無し三等兵 投稿日:2009/11/05(木) 04:07:05
  昭和18年上期にはすでにハ40改修のため生産が停滞し
  航空本部内では発動機換装が検討されていたのではないかとされ
  今川氏の進言もこの頃ではないかとされる

  またキ100の番号はこのころ付与されていたと推定される
  キ99とキ101の試作指示は昭和18年7月であるから

  (民明書房「月光・雷電・飛燕」より)

789 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 14:20:05.97 ID:3qthBhXw
>>787
愛知はまがりなりにもアツタを量産出来てはいたからねぇ
そこは陸軍の材質に関する要求や
川崎の生産体制にも何らかの問題はあった可能性はある

790 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 14:46:10.66 ID:lbtBbcAi
そもそも1942年頃の金星って1500馬力出てたっけ?

791 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 15:08:42.87 ID:QweznFpI
その後昭和37年の今川氏の回想を入手できた それによれば昭和18年8月のこと

引用すると

「これは最初にキ61に機種改変を行った第14飛行団が、改変早々ラバウルへ転進を命ぜられたが、
 その移動の途中、発動機の故障と航法の誤りのため、主力がほとんど海中に沈んでしまうと言う事態が発生し、
 これ以来キ61は”殺人機”として第一線パイロットの信頼を全く失ってしまったのである。
 そこでキ61の発動機の信頼性を増すことと、また量産に入ったハ40が性能が段段低下する傾向にあるので
 この対策と、この2つの解決に迫られて18年8月の会議となった。
 このとき、筆者(今川)の意見では、ハ40は近い将来に信頼性・耐久性が向上する見込みはなく、
 とても戦争に間に合わない、機体そのものは非常によいのだから、思い切って信頼性のある空冷発動機に換装
 すべきではないか、と強硬に主張したのである。ところが軍需省、陸軍省、航空本部が一緒になって、
 川崎の発動機向上の能力をフルに発揮せねば戦争遂行に差し支えがあること、また水冷発動機を中止すると
 技術者の研究意欲が低下すること、などを理由に強硬に反対し、2ヶ月後にはなんとか解決することを条件に
 そのままになってしまった。」

「そこで筆者(今川)らは、それなら何とかしてこっそり空冷改変機をつくって、目にもの見せてくれよう
 というわけで、技研の飛行機部や川崎の技術者に研究を命じたところ、空冷改変は簡単にできるし、
 冷却器関係だけでも150kgも軽くなるので性能もまさるとも劣らないだろうという結論が出た。
 しかし、これを現実に試作しようという段になると、現場にいる軍需省や航空本部の監督官という
 連中が、余計な仕事をしているというのでしかってやめさせるのでどうしてもできない。
 とうとう19年秋まで1年以上おさえつけられてしまったが、ついに人目をぬすむようにして
 試作した空冷キ61の試作機3機が完成し、飛んでみせたところこれはよいと大好評で、
 みんなソレと飛びついてしまった。

792 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 15:11:00.65 ID:QweznFpI
そこで航空本部もあわてて前から試作命令を出してあったような
 顔をし、昭和20年春にキ100(5式戦)として、ほとんど審査もなしに採用してしまったが、
 いわばキ100はまったくの私生児、しかも1年前に誕生していたはずの私生児なのである。
 もし本機が昭和19年春に完成していたならば、と今でも痛こんにたえない思いである。」
「キ100はたしかにすばらしい戦闘機であり、運動性と速度とがよくマッチした日本的な「中戦」として
 明野飛行学校などは大喜びで飛びついた。」
「1年も出現をおくらせた当局の責任は何といってもせめられるべきである。」
「ここで本機にも関係あることだから、軍需省というものの功罪について一言ふれておく。
 戦いたけなわな最中に軍需省を設置したことにすでに当時論議があったが、そのものの当否は
 別として、量産ばかりをいそがせるあまり、規格をどんどん下げ、ただ生産数ばかりを上げて
 実績を誇っていたのは軍需省の最大の欠点であった。」

793 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 15:25:42.72 ID:idX/1LCX
>>790
全然ムリ 金星60系がモノになるのは昭和19年も終わり頃、頑張ったら多少は早くなったかもしれんけど
一方で末期の金星62がちゃんと1500馬力出てたかどうかも微妙で、
まあ金星50系、1300馬力くらいあったらそこそこイケたんじゃないかって気もしなくはないが…

794 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 18:55:24.49 ID:/MdoPzGT
いっそ火星でも載せろ ← 頭でかすぎなんじゃぼけ

795 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 19:10:40.62 ID:Bg0i9I/U
後知恵になるが、WW2レベルの日本の技術で実現できる最善は
空冷星形9気筒単列、これにつきる

例えばライトサイクロン9はB17のエンジンといえば通りが良いが
つまるところフィンランドのバッファロー戦闘機のエンジンで

これで金星とほぼ同排気量で1500馬力まで発展し500キロと軽量で
星形単列のシンプルさから戦後も長く使われる

複列18気筒と単9気筒をくらべれば製造の手間も半分であり
部品数も半分で重量も半分で済むハズであり
あえていえば5式戦に軽量9気筒サイクロンエンジンをつめば
格闘性能も上昇力も圧倒した

つまり当時のエンジンカタログを並べて仔細に見聞するに
日本が選べる最高のエンジンはライト社の空冷9気筒しかなかった

796 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 19:33:57.15 ID:BzwJaiaQ
ライト社の空冷9気筒というと、九七式艦攻1型が使ってた”光”とか?

797 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 20:32:29.02 ID:Bg0i9I/U
まずライトサイクロンの会社のゆえんだがライト兄弟にあまり関係なく
イスパノV12エンジンのライセンス生産していた会社である

大戦ではフランスのイスパノV8エンジンが戦闘機に積まれて
大活躍したこともあって航空エンジンと言えばイスパノスイザであった時代
日本もイスパノをぱくり、ソビエトはWW2もイスパノ12Y使い倒した

まだイスパノV12は空冷エンジンでは追いつけぬ領域であった
しかしライト社のフレデリックレンチュラーは空冷星型エンジンで
神であるイスパノエンジンをこえることを夢想したがライト社の役員会は納得せずレンチュラーは辞表を叩きつけ
数名の技師を引き抜いて農機具メイカーのプラット・アンド・ホイットニーにうつり、傑作ワスプを作る
ライトに残った技師もこれに負けずに次々と傑作ライトサイクロンを発表

WW2の殆どの空冷星型エンジンは日独でもワスプのコピーであると言われる

798 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 20:43:14.96 ID:YiS4V7Q4
無駄
ライトサイクロンは何度もマイナーチェンジ繰り返して
改良された上での長寿だし

100オクタン燃料前提での高圧縮化、振動対策のカウンターウェイト追加、
冷却フィンの改善、燃焼室形状の変更、ナトリウム封入バルブ、
ローラーベアリング、潤滑システムの改良…

日本がかたちだけ真似したって駄目なんよ

799 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 20:51:02.14 ID:4pjmAYFo
>>790
99式艦爆のが1300でてた気がする

800 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 23:00:31.41 ID:AqCwSbpe
ゆとりはネットの馬力だけみて時系列や内容までには頭がまわらないんだろうな

801 :名無し三等兵:2016/06/30(木) 23:27:16.92 ID:YiS4V7Q4
>>796
「光」は1930年代初頭にサイクロンEを模倣して開発が進み、
結局、34年に改良されたサイクロンFの権利を購入してるけど、
本家の方は37年にGシリーズへと発展してるから、
元が同じとはいっても実質1世代古い

この辺から日米関係が悪化してだんだん「ネタ」自体が入ってこなくなるし

802 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 01:34:37.44 ID:LMie0NWH
>WW2の殆どの空冷星型エンジンは日独でもワスプのコピーであると言われる

どのエンジンがどれのコピーなのかね?
まさかサイズや基本構造まで違う栄とツインワスプがコピーだとか言い出すんだろうか
復元零戦にワスプ載せるのに上下ひっくり返してるくらいなんだが

803 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 07:33:12.08 ID:sxbOuOZO
忠実なコピーだったら良かったんだけどねえ

804 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 07:49:20.55 ID:sxbOuOZO
戦時中のトラック用エンジンで日産よりトヨタの方が評判が良かったのは
トヨタの方はシボレーの数年遅れのコピーだったから。

805 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 08:39:54.71 ID:LMie0NWH
ライセンス生産したDC-3はサイクロンの代わりに金星載せたんで元の機体より性能上がったけどね

806 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 09:34:18.98 ID:i+89IETn
さて>>791>>792にて航空審査部の今川氏の回想を紹介したが
一方で航空本部サイドではいかがだろう
航空本部岩宮氏の回想を中心に要点を

・ハ140を装備する二型の試作は昭和17年9月から開始されたが発動機に故障が多発して審査は進展しなかった
・この頃海軍においても彗星艦爆の性能向上型においてDB601性能向上型発動機に故障が多発したため
 空冷発動機に換装する計画があった
・これを知って航空本部岩宮少佐は川崎の土井技師にキ46-IIIが装備するキ112への換装を打診したが、
 土井技師はこれを断った
・また航空本部側でも原因貞憲少将がハ112の生産が不足している現情と、ハ140を断念すれば川崎の発動機工場が
 遊休状態となることを理由に、この構想には反対であり、更に技術関係においても、一般の空気として水冷式
 発動機を断念する気持はなかった。
 このように航空本部内の意見もまとまらなかったので、この構想は立消えの状態になっていた。
・その後、審査に直接携わる航空審査部からハ140の根本的解決は期待が薄く、対策としては発動機の換装以外に
 ないということになり、昭和十九年春、川崎にハ112への換装を提案した。
・ハ140の改善が依然として困難であった川崎では、先に航空本部担当者の提案があり、重ねて航空部からも提案が
 あったので、予備研究と変則試作を開始した。しかし、発動機の換装といえども、水冷式発動機の特徴を生かし、
 幅840粍というぎりぎりに断面積を切詰められた胴体に、直径1,220粍の空冷式発動機を装着するのは、
 簡単な作業ではなかった。
・この間に、川崎ではハ140の生産遅延により、各務原飛行場に200機の「首なし飛行機」が並ぶようになった。
 この窮状打開のため、十九年夏ごろ、岩宮少佐は再度発動機換装問題で川崎の意向を打珍したところ、
 その意を得るに至った。
・かくして十九年十月、この換装機はキ100として試作が正式に下令された。これまでに予備研究と、変則試作が
 あったために翌二十年二月一日には試験飛行が可能となった。

 (戦史叢書「陸軍航空兵器の開発・生産・補給」 より)

807 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 12:29:35.32 ID:Uq8uRR5U
>>803
アホか採用でアリソン風情に負けた振動持ちの欠陥品にライセンス料払うのかよw
しかも日本で作って自分で改善も改良もしろて言うのかw馬鹿杉

808 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 17:22:57.49 ID:+4ZJxSiq
無知で質問するのも恥ずかしいんだけど
星形エンジンってOHVの1シリンダ2バルブなの?

809 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 17:48:57.74 ID:sxbOuOZO
例外もあるが基本的にOHV2バルブ。

810 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 18:07:40.74 ID:Uq8uRR5U
ヘッドが一方に集まってる水冷だとSOHCの4バルブとかもあったけどなDB601系みたいに

811 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 18:19:03.87 ID:sxbOuOZO
https://oldmachinepress.com/2012/09/01/1935-monaco-trossi/

2stの星型エンジン

812 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 18:44:34.62 ID:LMie0NWH
初期の空冷だとジュピターがOHV4バルブだったらしい

813 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:00:57.19 ID:fEL7Hehp
>>631
ただ2014年に山本五十六の書簡や極秘資料が公開されていて、今では山本五十六の真意は相当把握されていている。
もしも真珠湾奇襲が失敗してハワイの米艦隊が出撃してきたら、戦艦長門以下、決戦部隊を挙げて邀撃して撃滅する算段だった。
いずれにしても開戦初頭に米軍に大打撃を与え「アメリカ国民に精神的な痛手を負わせ、早期講和への道を開く」というのが山本の考え。
アメリカ人の国民性を理解しない山本五十六・・・
「山本五十六 戦後70年の真実」 NHK取材班より

その後はどうするの気だったのか? 

山本長官の考えは「航空主兵による連続決戦」。マハンの一回だけの艦隊決戦など論外。時代遅れ。
航空戦による決戦を強要し続け、アメリカ軍に多大な損害を与え、停戦講和を目指すというもの。

もちろん失敗に終わり挙げ句に山本五十六は戦死した。彼は戦況を把握することを失敗している。

山本五十六主導による戦争中盤の航空消耗戦だが、日本はアメリカ軍の艦艇を次々に撃沈し続け、多大な戦果を挙げていると
錯覚し続けていた。そして最前線に悠々視察に行こうとして米軍に撃墜された。

山本五十六は死ぬまで自身の作戦ミスに気付かなかったと思われる。

814 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:01:27.74 ID:fEL7Hehp
ゴメン 誤爆

815 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:04:52.85 ID:zJuGIFo5
ブリストル系は4バルブ実現してる
多バルブはイギリスエンジンが頭一つ上

816 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:09:33.64 ID:tOmhYB+w
フレデリックレンチュラーが米国星型空冷エンジン
高出力を成し遂げたのはクランクケースを常識的なアルミ鋳造でなく
アルミ鍛造品から削るだすとぜいたくな工法を取ることになる
腰下、つまりクランクケースの剛性強化は、レーシングエンジンも常識である

ライトサイクロンはヘッドまでアルミ鍛造削りだしである
日本は、アルミ鋳物を選んだ、厚い冷却フィンのおかげでエンジンが冷えない

けずりだしの冷却フィンは手間もかかる、機械工作も大掛かりになるが
誉エンジンでアルミ板の鋳込みという奇手を日本もうちだす
しかしこれの元ネタは米国であってしかも量産不可能という結果も出ていたが
日本はこれに飛びついてやはり生産不可能で鋳物と最悪に転落してゆく


エンジン高性能化に奇策はない。すべて手のかかる基礎研究と削り出しの職人仕事のみで
このつみかさねでアメリカの空冷エンジンはなりたっていた

817 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:13:58.96 ID:zJuGIFo5
ハーキュリーズに至っては5バルブ
セントーラスも4バルブ

818 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:15:48.36 ID:+4ZJxSiq
4バルブもあるには有るんだね
星形のカムシャフトってどうなってるの?
プッシュロッドがクランクケースに向いてるからクランクに波型のフライホイールみたいなのが付いてて波の部分がカムシャフトに相当してるんじゃないかと勝手に想像してるんだけど

819 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:24:22.01 ID:zJuGIFo5
ブリストル系が4バルブ実現できたのは
ポペットバルブでなくスリーブバルブだから

スリーブバルブは当時は高級エンジンの代名詞
生産が凄い難しい

820 :798:2016/07/01(金) 22:37:51.73 ID:B9kCDtOS
>>816
単列9気筒だから単純で〜みたいな考えは間違いで、
R-1820を1200〜1300馬力まで持っていける技術力とノウハウの蓄積があったら
普通に護も誉もモノにできるんだよなあ

821 :TFR ◆IBMOSAtBIg :2016/07/01(金) 22:42:09.19 ID:maRax8AP
        /^l'"'"~/^i'ツ'ッ.,
      ヾ         ヾ.
___  ミ´ ∀ `       彡
\   \ ッ       _     ミ
  \   \_.,,._,,.,.(,,_,ノ,._,,.__,,~)
    ̄ ̄ ̄  ̄
>818 OHVの星型エンジンの場合、こういう風にカムリングが用いられるもさ。

ttp://philsradial.blogspot.jp/2012/09/cam-assembly.html

おまけ
OHVでなおかつシリンダー毎4バルブのブリストル・ペガサス
ttp://i.imgur.com/sRS90am.png

822 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 22:42:46.74 ID:JcYCbLgJ
スリーブバルブを4バルブだの5バルブだの馬鹿なの?
4ポート5ポートだろ

823 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 23:11:34.73 ID:JcYCbLgJ
>>821
排気リングw
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5a/BristolPegasus.JPG/1024px-BristolPegasus.JPG

824 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 23:13:03.44 ID:tOmhYB+w
誉エンジンや日本の空冷星型の弊害として
日本でモノにできない液冷Vへのほっそりした胴体への嫉妬や羞恥心が挙げられる
いわば手に入れられぬ金髪巨乳ボイン美女への劣等感のようなもので
最悪の選択して
星型エンジンの直径を小さく絞るという要求をやってしまった

これをやるとコンロッドは短くピストンも薄く短くなる
するとピストンは首振して誉はオイル上がりでプラグが汚れるトラブルという結末になった

ピストンスカートを短くするのはレーシングの領域であって短時間では高性能になるもののエンジンは損耗し使い捨てになる
これにたいして米国製の本家はコンロッドを長く取り大型でもピストンのフリクション摺動抵抗をおさえた
信頼できるエンジンになった、これぞ本物

お手本としてドイツのBMW空冷は、おなじく米国空冷ワスプの流れではあるものの出力はおさえぎみであった。
けっして誉のように、童貞少年が金髪ボインに目がくらみピストンを振るような愚行は犯さず
冷静に急所をおさえて昇天するまでゆっくり愛撫する。これこそ技術スピンオフの王道といえる

825 :名無し三等兵:2016/07/01(金) 23:17:57.95 ID:0LGhJKa/
コテハンってほんとシーラカンスだな

826 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 00:15:38.76 ID:DTaVkipZ
>>816
フィンを一発鋳造する新技術が出来たけど、準備が間に合わないからとりあえず鋳込み鋳造をやってそれから一発鋳造に変更したってのが本当のところだそうだ

でもどっちにしろ運転制限はかかるというね、何というかね…

827 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 01:04:35.29 ID:a2P585Nd
1年早く制式化されてたら発動機不調の4式より5式送れとか言われたんだろうか?

828 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 01:09:56.52 ID:Q5q0Km8P
>>827
金星50系1300馬力のプロト五式戦と1600出てるかどうかの四式戦だと
まともに動く方がマシって話になるんじゃなかろうか

829 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 01:30:11.07 ID:hAQSrlwH
1300馬力の金星でも飛燕一型の機体に積めば悪くなかったんでは?
武装と装甲が貧弱だが、軽い分機動力では史実の五式戦とそう変わらないかと。

830 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 01:33:31.31 ID:Rn00B/Dc
>>806によれば空冷化はあくまで2型の話のようだけれど

831 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 01:44:34.93 ID:/tngLkdb
重い三式戦一型に
さらにどんどん装備や武装を
増やしていった流れは仕方ないとして
二式戦二型をもっと活用できなかったかねえ

832 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 03:14:21.77 ID:mXdEb7OS
主任の中村良一が誉を設計したのは20代そこそこの時。
そんなことは何も思いが至らずただただ高出力のエンジンを追求。

833 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 03:31:12.12 ID:a2P585Nd
本来飛燕が出てきた頃には戦争終わってる前提だったもんな
水冷エンジンも少量生産ならなんとかなったんだろうけど

834 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 05:03:12.60 ID:mztOF6jJ
>>824
>お手本としてドイツのBMW空冷は、おなじく米国空冷ワスプの流れではあるものの出力はおさえぎみであった。

Production from the synthetic plants declined steadily and by July 1944 every major plant had been hit.
These plants were producing an average of 316,000 tons per month when the attacks began.
Their production fell to 107,000 tons in June and 17,000 tons in September. Output of aviation
gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to 30,000 tons in July and 5,000 tons in September.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

>Output of aviation gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to
>30,000 tons in July and 5,000 tons in September.

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

835 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 05:06:21.48 ID:lV6SsGSQ
粗製乱造してる奴だとカムシャフトがバッキーンッて折れたりしそうで怖い

836 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 07:15:54.47 ID:9xJn1w8k
戦前の三菱は「V8の三菱」といわれて液冷V12へのこだわりは強かったが
ある日、「もう液冷Vは廃棄する、空冷星型に全社をあげて転換」と申し渡された

その理由としてV12の長大なクランクやシリンダーブロック、鋳造のヘッドが巨大なものになりすぎ
空冷星型ならコロンとした小さな鋳物ヘッドを作ればよく、小さな町工場で作れる
これをたくさん組み立てればいくらでも馬力だせる、とどの詰まり、お手軽ランチ、という理由だった

星型9気筒でたりないとなれば2つ掛けあわせて複列18気筒になる。これは模範回答のように思える

多重エンジンは後ろのシリンダーが冷えない、理論上は二倍でも馬力が出ない、ということになる
千馬力を倍の気筒にしても二千馬力でなく、二・三割ほど低かった。つまり一四〇〇馬力しか出ない
これが誉エンジンの実態

液冷エンジンは12気筒どまりだから、それならば空冷も単列のまま9気筒から11気筒に
そうすればエンジンは冷えて理論上は完璧に馬力が出る

サイクロン9が排気量30リッター1500馬力、これを11気筒化するならば36リッター1900馬力は見込める。しかも
完全に動くのだから、ホマレ18複列などという動きもしないポンコツの屑鉄も、全く相手にならない高性能

直径は増え頭でっかちだが、信頼性の高い単列空冷を飛燕や紫電改に装備すれば多少カッコ悪いが
本土防空は無敵になり歴史は変わったことに間違いない

837 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 08:19:41.22 ID:XS6T8Kfl
で空気抵抗が増えて速度が落ちると
誉でも潤滑油とプラグと燃料さえアメリカ製ならカタログ値出るんだから
批判するなら構造より日本の実情に合わない設計だろう

838 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 08:28:25.83 ID:CQhEnBj3
>>836
12気筒って.....

つ ネイピア セイバー at 3500HP

839 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:03:25.62 ID:IAs/ZT2n
>>837
いやだからそういう構造にした設計をみんなで悲しんでいるのだが。

840 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:09:20.08 ID:uIe4Ckdk
猛者さん久しぶりにみたな〜

841 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:18:26.82 ID:Q5q0Km8P
>>836
散々上で否定されただろバカタレ
本家は1937年に1000馬力超え達成してたけど、光は800馬力強で
トラブル出てフェードアウト、これが我が国の実力

R-1820が1500近く叩き出したのは燃料噴射+水メタと組み合わせた大戦末期

842 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:18:52.48 ID:U5Wg6XWX
直径小さくすれば機体も細く小さく軽くなって資源的にもお得って考えなんだろう
実際は小直径で馬力を出そうと無理な設計したおかげで稼働率下がって使えない機体ばかり、これなら直径大きくとも確実に動いて飛べるエンジン設計すべきだった

誉は奇跡のエンジンでもなんでもない、単なるガラクタ、実情知らない新規大卒者がやらかした失敗作
近年になってようやく中島発動機関係者がそう言う発言をしだした

843 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:27:18.15 ID:Q5q0Km8P
>>842
放熱も摺動もコンロッドの処理も振動対策も駄目駄目なんだから
余裕のある大排気量エンジン設計したって同じことだよ
むしろ誉の方がオーソドックスな栄の多気筒化という意味では、
高回転高出力さえ求めなければなんとかなるくらい

844 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:29:50.94 ID:mztOF6jJ
>>842
>誉は奇跡のエンジンでもなんでもない、単なるガラクタ、実情知らない新規大卒者がやらかした失敗作

中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
P-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

845 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:34:56.03 ID:mztOF6jJ
>>844
抗日戦争とは名ばかりのゴロツキ集団をドツキ回したのは、別に四式戦闘機の活躍とは関係ないよな。
それは警察がギャングの群れを一網打尽にしたってだけで。

846 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:36:32.09 ID:mztOF6jJ
しまった、レス間違い。とはいえ内容それ自体は誰も反論できまい。

847 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:39:02.19 ID:1SWv4tQq
西部戦線とは比較にならないほどに広大なシナ大陸で、湧いてくるチンピラゴロツキを次から次へと殺戮していった。

848 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:43:36.58 ID:UDe4SIE7
チンピラゴロツキが湧いてくるだけの不毛なシナ大陸では、近代的な航空基地の運用なんてできるわけない。
いくら米軍のヤーボが強くても、いくら米軍が支援しても、中国人には「豚に真珠」でしかない。

849 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 09:56:55.47 ID:9xJn1w8k
9気筒を2つ重ねた18発よりも、7気筒をふたつかさねた14気筒の方が
おなじ複列でも、後列パワーダウンは少なかった

18気筒の誉は失敗。地味だが14気筒の火星や金星が成功
ドイツBMWもソ連のシュベツホフも14気筒だった。ダブルワスプ級の14気筒が
ほぼ世界的に使われ18気筒のほうは見向きもされず放置

18気筒の成功例はじつはすくない。B17のサイトサイクロンエンジンは信頼できたが
B29のデュプレックスサイクロンは信頼性に欠け、不評であった。
18気筒のP47もお金がかかりすぎるとして戦後全て廃棄スクラップヤードに晒され
朝鮮戦争で安価な12気筒のP51がちょこっと活躍した

つまりWW2レベルの航空兵器としてみれば9気筒から14気筒のあいだがいい
誉いぜんに、18気筒という分野は未完成
欧米美女に憧れる少年のピストンが激しく首振して白いオイルを盛大に噴くような恥ずかしいしろものであった

850 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 10:27:11.34 ID:Q5q0Km8P
>>849
だから多気筒化しなければしないでボアストローク160×180みたいな
巨根に走ってこけるのが中島なんだからどっちみち無理なんだってw

粗チンと馬鹿にされてもめげずに金星と仮性、じゃなかった火星で
ひたすらテクを磨いた深尾氏の三菱が偉かったのは認める

851 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 10:49:46.11 ID:cq4eT4mX
多気筒化進めなくても馬力が出るの根拠が末期や戦後のカタログスペックな時点で
破綻した持論だな

852 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:12:07.09 ID:E8ZjHtEm
>>849
P47のR2800の系列は大成功で今でもクラシック機が飛びまわってますがなにか

853 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:14:22.38 ID:r4ShDmsV
後だしジャンケンで「あれが駄目これが駄目ダメダメダメだからあいつらは」ってグチって憂さ晴らしってのもねえ…
多気筒・多列化はどこでもやってたことだし9×4の36気筒なんて化け物までできてっからな

854 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:20:30.87 ID:CQhEnBj3
P47が高いのはターボ機だから
F6Fとか安いよ
F4Uは新規設計でいろいろ手直ししたらから
結構高いけど

855 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:22:12.31 ID:E8ZjHtEm
>>849
朝鮮戦争で18気筒のF4Uの生産が再開されちょこっと活躍した

856 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:25:41.50 ID:CQhEnBj3
Aircraft Engine Prices.
$25,000 Packard built RR Merlin engine.
$19,000 Allison V-1710 engine.
$16,500 Wright R-2600 engine.
$10,000 Wright R-1820 engine.


P38 US$97,147 in 1944
P47 US$83,000 in 1945
P51 US$50,985 in 1945[
P40 US$44,892 in 1944
P39 US$50,666 in 1944
F6F $35,000 in 1945



案外アリソンは高価だがマーリンの方が高価
P51にアリソンを積むとP40と値段が逆転する

見ての通り、ターボ機がとにかく高い

857 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:43:03.70 ID:Q5q0Km8P
>>853
ただ中島の開発体制ではむしろ成功作の方が偶然の産物に近いからなあ
寿と栄だけが成功だったからこそ、ただの多気筒化ではなく
ここで大ばくち打たないと、という状況だったんだろうし

858 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 11:54:11.12 ID:Q5q0Km8P
失敗に程度の差はあるけど発展性という意味で光とハ-5系、護が全部コケたというのは
想像以上に厳しかったと思う

859 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 12:12:24.18 ID:9xJn1w8k
神風号で有名な写真を見てほしい、この神風号の光エンジンを切り取り
飛燕に貼り付けるとそれがサイクロンエンジン版の六式戦の想像図となる
あたまでっかちで美しいだろ?黒いカリ高の頭で

最高速度は低下しないと思うな。
それより軽量による運動性と加速が抜群に良くなる

P51も、戦後は軽量なサイクロン9に換装すればよかった
朝鮮戦争のロケット弾攻撃なら空冷エンジンのほうが被弾に強く向いてる
まぁ米軍パイロット的には頑丈なP47のほうが残したかったらしいがな

860 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 12:27:09.71 ID:c2QoGN25
患者さんお薬の飲み忘れてますよ

861 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 14:49:54.17 ID:Qm+HQD+X
>>844
突然どうした?発作か?

862 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 14:56:40.43 ID:d+n6s2bz
>>861
効いてる効いてるw

863 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 21:58:10.10 ID:Gxtzbe1g
>>861
大陸打通作戦を誇りに思わない日本人は居ないはずだが?

864 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 22:14:53.86 ID:KxsEel6p
まあ5式戦はグラディエーターやI15にさえ実戦で負けてるのは
有名だから。

865 :名無し三等兵:2016/07/02(土) 22:42:41.99 ID:cq4eT4mX
脳内妄想が有名とか(笑

866 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 08:40:05.33 ID:AfhrXQLm
>>821
カムリングってのはカムスリーブの手前にあるやつかな?これにタペットローラーを介してプッシュロッドを押してる感じか

まじまじと見たのは初めてだから興味深い

867 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 09:50:48.09 ID:GxPLNyzq
金星が稼働率が良かったのは14気筒でよく冷えたということらしい。
それなら5式戦も疾風も火星を積んだほうがよく、そのような案はなかったのだろうか

空冷エンジンにシャッターを付けるほど寒い北ヨーロッパの戦いでは
18気筒は何ら問題無さそうだがBMW802は18気筒で2500馬力級と理想的に
見えるがドイツはこれを気持ち悪いとして採用せず没にしてる
納屋の扉と言われた18気筒のP47も軽爆なみの大型機で英国にもうざがられ
やはり18気筒というのは爆撃機用エンジンであって戦闘機には重すぎるということか

868 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 12:17:55.43 ID:lhMb6nmF
P47ターボのシステムで大型化してるわけだし18気筒のF6FやF4Uは主力戦闘機になってるし
14気筒好きの妄想家か?w

869 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 12:32:20.33 ID:rTTslyW7
ブリストルセントーラス積んだシーフューリーとダブルワスプ積んだベアキャットがレシプロ最強戦闘機の双璧だから18気筒批判は謂れの無い難癖

″納屋の扉″はメッサーシュミットに対する皮肉でむしろこの場合P-47に対する賞賛みたいなものだし
18気筒批判するなら枢軸限定だね

870 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 12:45:42.73 ID:BQFsXOGD
R2800が開発遅れたのは

Grade100/130燃料の対応部分が(粘度が違うのでうまく噴射できない)大半で
18気筒とか別に関係ない

それと、二段過給器とかターボとかの過給器側のリソース大半で

一段二速ですら手間取った誉とは次元が全然違う

871 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 13:18:42.61 ID:GxPLNyzq
WW1の時はイスパノV8が全盛だったとき米国は、更なる巨乳ボイン・リバティV12を生産して欧州マニアの性的支持を得た
WW2も欧州がV12ならウチラはV8を連結してV16だともりあがるが
残念ながらV16クライスラーは2500馬力級を誇ったものの重量増加できらわれ
そんなわけでP47につんだV16ヘミエンジンは紫電改やムスタングより低い速度しか出ないで廃棄された

当然ながら物事には限度があり、9気筒より18気筒が良い、いや50気筒
いや100気筒だ、というわけにはゆかぬわけで100気筒ならエンジンの重さは10トンになってしまう。物事には限度がある

同じような性能が出るなら24気筒のタイフーンより12気筒グリフォンのスピットがよい。これが英国の考えだ
ようするにエンジンが煮詰まってきたらよりシンプルに物事はすすむ

872 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 13:44:00.70 ID:7+VP/9cs
一段二速なんか栄でも実現してるだろ

873 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 16:53:40.25 ID:IG9CFVUi
単純にボアアップしたらいいという大雑把な考えもあるぞ

874 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 17:01:35.84 ID:7192ltqk
五式戦がI15と戦ったってことを初めて知ったは

875 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 17:38:13.99 ID:bx6Fm1JR
ビッグボアは気筒数増やすよりよほど難しい場合もあるんだがな
頭おかしい奴に説いても無駄か

876 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 17:43:40.52 ID:rTTslyW7
多くの発動機メーカーは手掛けるボアストロークが数種類と決まっている
永年手掛けてきた以外のボアストロークではどんな支障が出てくるかわからないからだ

日本では中島発動機が新し物好きで外国の著名発動機を真似してチョイチョイ全く違うボアストロークに手を出してグダグダになってる

877 :875:2016/07/03(日) 18:12:26.60 ID:bx6Fm1JR
あ、「頭おかしい」は長文連投してる奴のことで>>873のことではないので念のため
紛らわしい書き方ですまん

878 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 18:14:19.77 ID:GxPLNyzq
豪華な18気筒エンジンの2500馬力は欲しいの山々だが
そこはぐっとこらえ貧乏人用の14気筒の1800馬力でそれなりに速くなるよう
機体を軽くしたりして知恵を絞るのが戦争ってもんでしょ

ソ連はドイツに劣る旧式のイスパノエンジンしかないから鋼管フレームのベニヤ張りで
小さい主翼で速度がでるように工夫したがいまひとつなので
更に小型の機体を作ったりなんだか信じられないことをしてる

879 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 18:16:30.06 ID:7+VP/9cs
急降下したら日本機より先に分解するソ連機とかちょっと…

880 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 19:03:54.26 ID:JdlXj7iE
ソ連の戦闘機用水冷エンジンは大戦中最大で1360馬力どまりで
日本と変わらんのだよな。まあ空冷も日本と同じレベルどまり。
ただ機銃は素晴らしい

881 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 21:04:30.98 ID:7+VP/9cs
ソ連戦闘機の武装って貧弱で弾が心細いイメージしかないな

882 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 21:33:29.18 ID:sw8HveOq
20mmか23mmの機首集中武装とかしてますやん

883 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 22:30:31.59 ID:BQFsXOGD
>>871
ネイピア・セイバーは過給器性能が低いから使い物にならなかっただけ

ロールスロイスは当時一番の流体力学兼過給器の専門家がいたので
過給器性能が他より突出していた

そしてこの過給器だけの改造というのが、理論どおりうまくいった
過給器の専門家もいない日本のエンジンとは次元が違う

884 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 23:34:34.07 ID:7+VP/9cs
ローイスロイス社だけが優秀な過給器技術者持ってただけで他の会社は駄目だった
と自分で言ってるのに日本のエンジンとは次元が違う(ドヤッ
ID:BQFsXOGDはずいぶん破綻した思考の持ち主のようだ

885 :名無し三等兵:2016/07/03(日) 23:50:41.30 ID:tE45nrJX
>>884
他は駄目ったってあくまでRRと比べての駄目だろ?
日本はスタートラインにも立ってないレベルじゃね

エンジンに関してはその道の権威が一人いるだけでも
全然違うと思うけどな、MITのE.S.テイラーとか

886 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 00:24:43.07 ID:wvgTAf3j
>>885
他の会社の過給器は日本製のよりどれだけ優れてたとか全然知らないのにスタートにも立ってない(ドヤッ
とか主張するも滑稽だな
一社だけ飛びぬけてもその技術が供与されてないから他の会社は同等品作れないんだよな

887 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 01:05:02.44 ID:j4cFkaQ2
>>883
>ロールスロイスは当時一番の流体力学兼過給器の専門家がいたので

−P.クロステルマンは、1944年の状況について次のように書いています。
「…フォッケウルフFw190やメッサーシュミットBf109との戦いでは、タイフーン部隊はしばしば12機中6〜7機
の損害を出していた。スピットファイアは無力であった…」
タイフーンというのはイギリスの戦闘爆撃機で、戦闘機スピットファイアがこれを護衛したわけです。それで質問なのですが、
あなたのいた戦闘機連隊が護衛した襲撃機も、1944年には同じような規模の損害を出していたのでしょうか?
 いいや。あんた、何を言ってんだ?!12機の襲撃機で出て6機落とされるなんて、護衛機の隊長は軍法会議ものだよ。
議論の余地もないね。1944年はおろか、1943年だって許されないレベルの損害だ。
−それでは、どの程度の損害までなら許容されたのでしょうか?
 12機なら1機、多くても2機だな。もしも6〜10機のヤクに対し、12〜16機の「メッセル」が襲ってきた場合の話だ。
それだったら、あるいは許してもらえたかもしれん。許してもらえるといったって、それは軍法会議にかけられないだけの話で、
いずれにしても護衛隊の長機は陰で色々言われることを覚悟せにゃならんがね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

888 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 01:09:47.82 ID:ublBEOF+
>>876
>日本では中島発動機が新し物好きで外国の著名発動機を真似してチョイチョイ全く違うボアストロークに手を出してグダグダになってる

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

889 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 14:31:31.30 ID:g8bKNIB0
「すたーとらいん」にも立ってないレベルであれだけやれた!日本はすげえ!! って言ってんじゃね(鼻ほじ

890 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 14:57:13.79 ID:iOlYZYlQ
ふと思ったけど、
三式戦がアンテナ支柱(ポール)を真っ赤に染めたら 
ポール・真っ赤ートニーになるんだな・・・

891 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 16:36:41.14 ID:aUTKywtj
だれうまw

892 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 16:45:09.33 ID:naf8uq8H
当時の日本では、工作精度が低すぎるんだよ。
って話だな。

当時のアメリカやドイツにはとても追いつけず、英国にも追いつけなかったとか
言う話じゃないか。

だから、カタログ性能は高いドイツのDB系水冷エンジンのライセンス権(×2)を買っても
同じ物が作れずに、技術者は頭を抱えたとか・・・

893 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 18:11:43.10 ID:+CZj2yBN
日本のエンジン技術が戦中までお話にもならなかったなんて
コピペ厨がわざわざ暴れるほどのことか?

火炎伝播とか熱設計とかほとんど基礎研究やってないし
見よう見まねで作ってた段階だろ

894 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 19:04:05.76 ID:wvgTAf3j
当時の日本は基礎研究も基礎工業も遅れてたから実験機器を用意するだけで大変だった
欧米なら必要な機材や計測機器が必要なら電話帳めくって作ってる会社にTELするだけ

日本じゃ技師が自分の専門外の事まで勉強して用意しないといけなかったんで開発が遅れた
が技術者の知識が専門外まで幅広くなっかのが戦後の日本の技術改良が凄くなった理由
外国人に工場作らせ改良も外人任せな今のシナじゃそんな進歩は無理だけどね

895 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 19:27:31.53 ID:EkyRG5zU
中国を貶さないと自尊心を保つのが難しくなった日本って感じだな。

896 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 19:39:33.27 ID:wvgTAf3j
欧米と日本の違いからシナとの違いに言及しただけだが?

897 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 22:38:55.79 ID:AgP6n8Qs
三式戦の水冷エンジン開発やめて、五式戦をあと2年早くに配備してれば、少しばかり話も変わっていただろうなと妄想を抱きます。

898 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 22:44:54.09 ID:t/xjIIv/
今さらだが、ハ112-Uが熟成し、量的にも充足してゆくのは1944年中期くらいからだから。

899 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 23:17:43.91 ID:JL6S85oa
>>892
>当時の日本では、工作精度が低すぎるんだよ。

だが中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
大陸打通作戦でP-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

900 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 23:19:16.29 ID:wOPvThTd
>>895
え? もしかして中国人って「人間」だったんですか?

901 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 23:22:29.06 ID:wOPvThTd
>>895
チンピラゴロツキ3500万の大戦果は、日本人として誇らしいわけだが?

902 :名無し三等兵:2016/07/04(月) 23:24:12.42 ID:wOPvThTd
>>892
> カタログ性能は高いドイツのDB系水冷エンジンのライセンス権(×2)を買っても

 さて、私たちは飛行場に戻り、「3,500トンタンカーを炎上させました」
 と報告しました。
 しかし司令官は「37ミリ砲弾38発でタンカー1隻が炎上するものか」と、
 私の報告を信じてくれませんでした。 38発で3,500トンです!
 私は、「それで十分じゃないですか。」と返事しましたがね。
 間違いなくそいつに38発を叩き込んだのです。
 初めは皆が私たちを笑いました。しかし情報員がその後確認しました。
 その3,500トンのドイツタンカーはすっかり燃え尽きていました。
 これで十分でしょう。37ミリ砲弾は38発で、3500トンの船舶を始末できます。

エアラコブラとYak2 ゴロドニコフ氏の回想
http://bf109.exblog.jp/1912731/

903 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 00:49:20.82 ID:3jCNJLeF
>>886
別に技術供与してないわけでもない
マーリンの過給器をアリソンに付ける為に渡したりしたんだが
うまくいかなかった

マーリンの設計はエンジンと過給器の冷却系を併せて考えていて
別パーツでビルドする余地が無い

過給器の冷却もどうせするから液冷でいいじゃんというのもあるわけで
P47も結局ターボのためにデカイ配管やら冷却系を積みまくってる

904 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 09:20:06.16 ID:zT+lkHpG
Rolls-Royce Heritage Trustのシリーズや
Merlin in Perspectiveも見ないで言ってるるならぼろが出るからやめておけよ

905 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 09:24:24.99 ID:TgTYWwCF
>>904
いや、そんなのは読む必要はないよ

906 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 10:01:25.34 ID:Qjp5VAPp
洋書読み込んだ上で>>884>>886の発言というのもずいぶんお粗末な気が

907 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 10:14:11.82 ID:FI+VO+OI
技術を供与されててRRと同等の工作機も使えるのに比べ物にならん製品しか作れなかったの?

908 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 10:39:44.06 ID:zT+lkHpG
>>905
読んでないから勘違い発言に気がつかないんだよ

909 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 10:42:28.67 ID:Qjp5VAPp
>>907
例えば米企業は技術力で言えば別に劣ってるわけではないけど、
じゃあマーリン以上のエンジン作れるかっていうと話は別
逆にGEのターボスーパーチャージャーとか英が技術開示受けても
すぐに凌駕できたとは思わないし

その国の基礎や蓄積あっての製品だからね
で我が国は…基礎自体が無い状態だったw

910 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 10:51:06.55 ID:FI+VO+OI
>>909
いやRR以上どころか全然及ばない製品しか作れなかったんだよね?

911 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 11:04:09.27 ID:RbxXok/e
>>908
別に構わんだろ?誰か困るのか?

912 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 11:10:11.80 ID:aqYRPsMS
中国人なんてゴミみたいなものだ。

913 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 11:11:47.61 ID:Qjp5VAPp
>>910
V-1710に関していえば、すべてに劣っているとも言えないけどな
振動は明らかにマーリンより少なかったと証言してる人も多い

アリソンはより大型でターボを前提にしてるエンジンだから、
マスタングのような機体のパワープラントに向かなかったけど、
それだけをもってRR以外はゴミみたいな印象は間違ってると思うよ

914 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 11:31:55.88 ID:1soLXBAn
パイロットが感じる振動はエンジンが機体に載った状態で初めて分かるのに
エンジン単体の性能みたいに語るアホw

915 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 11:41:04.61 ID:Qjp5VAPp
>>914
いちいち揚げ足とってマウンティングしないと気が済まないのかお前は

916 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 12:01:51.53 ID:Qjp5VAPp
http://www.enginehistory.org/members/articles/V-12TV.pdf
アリソンはP-39が長大な延長軸を装備していた関係で、
クランクシャフトの制振に相当気を使っている
ちなみに、この分野で一番先んじていたのはライトサイクロン

917 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 12:37:58.10 ID:1soLXBAn
それにP-39等の延長軸に合わせて振動対策したのはV-1710Eシリーズと書いてあるだろ
P-38にはイギリス向けのモンキーモデル用タービン無しV-1710-C15Rやら
米軍用の回転が逆のタービン付きV-1710-51と55みたいに機体に合わせたバリエーション
作ってるし振動も当然機体によって違うんだよ

自分で引っ張って来た資料読んでない馬鹿なのかw

918 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 13:02:34.25 ID:kDJuFHaL
V-1710の振動はマーリンより少なかったということと個別に対策してるあるということは別問題だろ
話の切り分けの出来ない馬鹿なのか

919 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 13:56:46.09 ID:FI+VO+OI
アリソンがマーリンより振動が少なかったてソースを疑われてるんじゃね
例えばP-51だと元々アリソン積む設計だったからマーリンに変えて振動が出たとか
なら根拠にならないだろ?

920 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 14:06:49.50 ID:ZVqal+yx
マーリンは冷却系のフローなんかに微妙なとこで気を使っててあれはさすがノウハウの蓄積だけどさ
じゃーアリソンがアカンかっていえば十分いいエンジンでね
早々にターボに見切りをつけたRRにターボつきアリソンやP47が作れんのかっていえば無理な筈で
でもって日本はその辺のノウハウで後れていたのは当然なわけだが、それを「だからクソJAPは」とか言っても
別に何の益もないというか一体誰と戦ってるんですかねえとしか

921 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 16:09:13.24 ID:1soLXBAn
>>918
馬鹿が>>916でアリソンはP-39に使われたから振動に気を使ってた←ホラ話
て書いてるだろ文盲めw
シナチョンが日本がスタートにも立ってない(キリッとかやたらにホザくのは
本当にスタートにも立ってなかったシナチョンと同レベルだと信じたいんだろw

922 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 20:07:42.50 ID:3jCNJLeF
スーチャーは推力排気管により10〜15%程度の推進力増加ができるが
ターボは推力排気管が使えないんよね

923 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 20:17:07.51 ID:7pPHZAcQ
5%ぐらいじゃなかったっけ?

924 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 20:26:09.79 ID:Qjp5VAPp
>>917
>それにP-39等の延長軸に合わせて振動対策したのはV-1710Eシリーズと書いてあるだろ

Eシリーズで導入された振動対策はP-39限定ではなく、以後のV-1710、
したがってP-40D以降とP-51A、P38F以降に共通の仕様

925 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 21:42:53.90 ID:7fqYitN9
西部戦線ではP-40よりも使用頻度が低かったP-39だが、ソ連では大好評だったとのこと。
米国にとってソ連へのレンドリースは、渋々ながらもってけドロボーみたいな感じだったのか。

AAF Fighters in the European War, 1942‐1945
Type Sorties Tonnage Los
P-47 423,435  113,963 3,077
P-51 213,873  5,668  2,520
P-38 129,849  20,139 1,758
P-40 67,059   11,014  553
P-39 30,547   121   10
http://www.americancombatplanes.com/p51_3.html

 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

エアラコブラというのは、あれは本当にいい飛行機でしたよ。ルーズベルトはきちんとした人だった。
アメリカ人の中でも、ハリマンとホプキンスはとりわけよく私たちを助けてくれました。
彼らは[ソ連に]やって来て、ロシアを支援すべきだと報告したわけです。それで、
ルーズベルトは支援を行った。たくさんの飛行機、戦車もたくさん送られてきました。
一方のチャーチルは、自分がいらないものをみんな送りつけてきただけです。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/beseda74.4.html

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html

926 :名無し三等兵:2016/07/05(火) 22:38:18.57 ID:HSHQwAXQ
小粒だが ピリリと辛い 五式戦

927 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 01:11:04.11 ID:FV2w5zZk
そのコピペ飽きた

つーか、それしかないんだろ?(笑)

928 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 02:07:12.29 ID:18YXA2qA
>>895
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

929 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 02:11:10.88 ID:6TXYsd7+
なんなのこの人

930 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 02:15:36.12 ID:18YXA2qA
>>929
大陸打通作戦を誇りに思わない日本人は居ないはずだが?

931 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 02:17:16.61 ID:6TXYsd7+
なんだ糖質か

932 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 05:07:17.28 ID:1Lyw1PHi
打通とか書き込んでるこの馬鹿、他板でもおなじ様な
コピペしまくってんだわ。まじで病気
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1467626947/l50

933 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 09:35:07.14 ID:R4T5AERe
いや、ホントこの打通は気が狂っていて(勿論、本人は至って真面目)
延々とこのコピペ続けるのよ。。。

934 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 09:50:42.11 ID:9XVEt1if
ただのコピペじゃなくて気まぐれにレスアンカ打ったり
単語に反応して会話に割り込んで来るから読みにくくなって鬱陶しいな

935 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 11:10:45.52 ID:B65GvToj
コピペも無視できずに一々反応するアホ初心者は半年ROMてろよ

936 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 11:56:16.74 ID:ObJjpP6F
スルーのコピペどこいったっけ?

937 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 12:20:35.67 ID:9XVEt1if
>枯死するまで孤独に暴れさせておいて

枯死した試しがないっていう
荒らしじゃなくてマジキチだから当たり前だけどw

938 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 21:50:30.94 ID:gk3XT4dN
>>933
大陸打通作戦は日本人の誇りだから。

939 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 21:57:33.03 ID:ir9ItWsI
なに言ってんだか
満州でやめとくのが最善手
満州事変のまねっ子したかった残念な作戦

940 :名無し三等兵:2016/07/07(木) 22:49:59.33 ID:1WyVZpT8
>>939
そいつ会話できない病人だからスルーだよ。

941 :名無し三等兵:2016/07/08(金) 07:33:12.95 ID:cPc/BOC+
>>939
チンピラゴロツキ3500万の大戦果は、日本人の誇りだが?

942 :名無し三等兵:2016/07/08(金) 17:56:46.12 ID:ck4GH0Zx
チンピラを3500万殺したけれど
アメ公に300万虐殺されたイエローモンキーwwww

943 :名無し三等兵:2016/07/08(金) 22:39:55.85 ID:4hNi039I
五色の短冊 私が書いた

944 :名無し三等兵:2016/07/09(土) 09:41:45.70 ID:UmfitavE
3Dプリンターの高性能・大型化が進んで二次大戦時のレシプロをリプロでパシパシ作れる時代に早くならないものだろうか

945 :名無し三等兵:2016/07/09(土) 22:49:05.41 ID:E0CqBqYd
今更だがキ-100じゃなくてキ100が正しいんだな

946 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2016/07/10(日) 16:50:30.41 ID:Lk3ouxTL
キ100、めっちゃかっこええやん!!
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/c/c1/Ki-165Russel-Car.jpg

947 :名無し三等兵:2016/07/10(日) 20:32:21.05 ID:h9iFRxwW
ラッセル車じゃなくて何車っていうんだっけ

948 :名無し三等兵:2016/07/11(月) 16:09:19.84 ID:3uqg2aL4
>>947
ラッセル車で良いんじゃね?

949 :名無し三等兵:2016/07/11(月) 23:32:27.10 ID:yy+tEvIw
>>939
>満州でやめとくのが最善手


満州事変自体が最悪手。
あれで中国との紛争を慢性的に抱える羽目になった。
陸軍が組織ぐるみで行った亡国の所業。

950 :名無し三等兵:2016/07/12(火) 00:11:21.29 ID:MewZDyFn
>>949
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまった。

951 :名無し三等兵:2016/07/12(火) 00:18:08.80 ID:3IGqGR7h
なにこのチェーンコンボ

・朝鮮半島に無駄な出資して東北を貧困のままに

・貧困層を半島に棄民する官僚
・新領土利権で儲けた中小財閥の勃興=領土拡大ロビー活動

・金貰って煽るだけ煽るマスコミ

・その気になって勝手に戦争始める現場のバカ参謀

・感情論でバカ参謀を庇うバカ将軍

・開戦=予算増えるまでしか考えてない軍部

・『政治的解決』で毎回先送りにする完全に腰が引けてる政治家(陛下激おこ)

・完全に政治の統制がなくなる軍部

そして太平洋戦争へ

952 :名無し三等兵:2016/07/12(火) 09:27:38.81 ID:H1FmuvEs
日本、チェーンコンボすきだよね。

東芝やシャープ、サンヨーなんかも詳細な流れと都度都度の
判断を見ていると満洲事変から太平洋戦争突入と殆ど同じ
思考様式というか、しょーもない判断の連続だもん。

953 :名無し三等兵:2016/07/12(火) 19:27:20.80 ID:3IGqGR7h
シャープはチェーンというか売りたい物と売れる物の違いが理解できてないという根本的な問題じゃないかと。
プラズマクラスター至上主義に走ってみたり、地デジ死亡フラグを全力で踏みに行ってみたり。

パナソニックは、まだ客の方を見てるが完成度が押し並べて低め。
芝は売る気ないし、サンヨーは会社自体がもうない。

954 :名無し三等兵:2016/07/13(水) 09:55:27.73 ID:3wt+OS0l
次スレ
五式戦闘機ファンクラブ【キ100】五型 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1468371263/

955 :名無し三等兵:2016/07/15(金) 22:29:56.25 ID:IE2wcwPQ
絶好調の疾風ならともかく、当時の平均的な疾風相手なら負けなかったのは証明済み
疾風はもっと強度上げて重くしてでもポテンシャルを急降下性能に振っても良かった
紫電改は武装と旋回性能が良いけど、機体が強度不足気味だし防弾板ないのがマイナスだな
上下にブンブン飛び回るやり方なら雷電も強いと思うんだけどな

956 :名無し三等兵:2016/07/15(金) 23:27:27.97 ID:zfGMmVFm
.50cal防げない防弾版なんか意味無いし一発で火を噴かなかったら十分

957 :名無し三等兵:2016/07/16(土) 23:35:16.10 ID:Kw1jtpGX
>.50cal防げる防弾版


斜めだったらはじくかもしれないし,無駄ではないと思う。

958 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 01:07:26.10 ID:OLERlvdq
ゲンツル読んでたら
アメリカ機はいくら撃ち込んでもなかなか落ちないし、落とされてもパイロットは生き残る
紫電改はちょっと撃たれたらすぐバラバラになるしパイロットもすぐ死ぬ
って感じで紫電改がほぼ一方的にやられてて泣けるんだよね
ムトキンも防弾板あれば死なずに済んだかもしれない

959 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 01:34:11.90 ID:XR08Dw6t
あれでもマシな方なんだぞ。それまでの戦場に比べたら

960 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 02:32:48.10 ID:KBL6aNIX
>>949
満洲事変を止めてれば日本人は満州から追い出されて朝鮮半島まで後退する。

そしてロシア・中国と慢性的に紛争を抱える場所が満州から朝鮮半島に変わるだけ。

961 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 09:30:11.35 ID:CY5iEk3o
>>960
その手の苦しい弁護は
満州が抱える広大な国境線を維持できるだけの兵力を確保できない以上は
純軍事的に考えても絵に描いた餅だねw

満州事変で外交政策は破綻したしもはや論外としか

962 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 10:58:34.70 ID:KBL6aNIX
>>960
ついでに朝鮮半島を手放したとしても、ロシア・中国と慢性的に紛争を抱える場所が朝鮮半島から北方領土・尖閣諸島他に変わるだけ。

963 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 14:43:35.66 ID:4hRGuMLM
朝鮮半島までといってもな・・・

中朝国境が1400キロ、露朝が40キロ
大国2つ相手にそれだけの長大な国境線維持できると思えんわ

964 :名無し三等兵:2016/07/17(日) 15:32:42.98 ID:CY5iEk3o
まずシベリア出兵によってソ連とは敵対的関係になり
次に満州事変によって中国と完全に敵対関係になった
おまけに国連から非難されて国際的に孤立し、
単独で中ソとガチで対峙する羽目になった

こんな状況を生んでおいて良くまあ弁護する気になるわな
腦に虫でも湧いているんだろうきっと

965 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 01:48:59.87 ID:CTDa1/g3
>>964
今でも世界各地で紛争起こしまくっている中国・ロシアを擁護するとはさすがw

966 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 03:29:20.47 ID:fAw8fDe9
>>964
だが残念ながら…ソ連は日ソ中立条約で満州帝国を公式承認している。

967 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 05:26:54.65 ID:+rjRSu4H
幣原喜重郎が、ニコラエフスク事件で補償占領した北樺太を返すなんて
暴挙をやったのが悪い。満州なんかより北樺太の油田の方が重要だった。

968 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 07:15:50.58 ID:AHS4srn9
政局だけ見て「統帥権干犯」などといい気になった売国政治家を忘れてるぞ
犬養は「話せば分かる」と死ぬまで浮世離れが治らなかったし、
鳩山に至っては現代まで売国を受け継ぐクズの血脈

969 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 09:52:29.57 ID:hlL5X+Or
>>968
それを利用して自己の利益を図った挙げ句に帝国を滅ぼした軍部のクズっぷりは許すのか?

970 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 12:57:47.11 ID:CTDa1/g3
>>969
いや中ロ相手には利益の拡大を目指さないとダメだろ。おとなしくしてたら今の東南アジア諸国や東側諸国のように食い物にされる

971 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 14:06:17.77 ID:Cvl6jpjh
>>966
でナチスと手結んでソ連の敵の味方になったわけだ
日本の外交センスは精神破綻しているとしか言えんよなw

972 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 14:10:35.28 ID:Cvl6jpjh
>>970
その結果がアメリカへの完全屈服w
中露を挑発してアメリカの下僕になるのがお前の望みなわけだw

愛国心なんて欠片も無い愚かものばかりだなw

973 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 14:47:28.38 ID:iju7i4Ks
単に歴史的に見ても日本にとって中国とロシアは一番信用出来ない相手でアメリカはまだしも話が通じる相手と言うだけだろ
少なくとも中国やソ連に屈服するよりは百万倍もマシ
ドイツでさえ降伏相手はソ連より米英の方が遥かにマシと判断してたし

国力的に現代史の主人公はアメリカであって日本ではなかった
普通なら日独と共にソビエトロシアを潰すべきだったのだけど、先祖が中国貿易で阿片で荒稼ぎしてた事への罪悪感と当時上流階級のお坊っちゃんに共通していた社会主義への憧憬と脇の甘さが相まって中ソに肩入れしてしまったルーズベルトがバカなだけ
日独と中ソ、どちらと手を組み叩き潰すかの選択権はアメリカにしかなく英仏は補助的役割しかない
そして日本とロシア&中国は相容れない間柄なのだからやはり選択権は無い

974 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 17:37:24.62 ID:WuYl/X9f
>>973


それで,お前は満州事変をどう正当化するわけ?
あれこそが亡国の一里塚にほかならない。

975 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 20:13:16.94 ID:AeRiD0N3
>>971
フィンランドはナチスと結んでソ連を攻撃したのだが?

976 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 20:15:05.36 ID:AeRiD0N3
>>974
ナチスと結んで米英を攻撃した日本は「無条件降伏をしたのに、北方領土を返還しろ」と主張してるのに、
ナチスと結んでソ連を攻撃したフィンランドは「有条件降伏をしたからカレリアを返還しろ」とは言わない。
クリミアは住民投票の結果ロシア領土になったという主張と、北方四島は日本が無条件降伏した結果ロシア領土になったいう主張は、
どちらが正しくてどちらが間違いなのか、あるいは両方間違いなのか両方正しいのか。

977 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 20:26:25.73 ID:iju7i4Ks
>>974
なんで自分が正当化する話になってるのよ?
満州国は日本の傀儡として日本人が主導しようが、石原莞爾の理想通り漢人が主導しようが人口的に圧倒的に中国人が多いのだから最終的に腐敗するのは目に見えてる
日本にとっても中国にとってもろくなモンにはならない

ただし歴史に正しいとか間違ってるなんてのも筋違いで、たとえ満州国が成立しなくとも日本が関係しなくとも中国で凄惨な事態は頻発していただろうし、日本も順風満帆に進めたとも思えない
大陸に陸軍を展開しなくとも海軍偏重になる事は陸軍は看過しないし、例え海主陸従になっていたとしてもアメリカに勝つ事なんて出来はしない
あるとすれば「まだマシ」なくらいの推移でベストな答えなんてありはしない
個人的には中国や朝鮮とは絶対関わり合いたくはないがそう思えるのも関わってしまったからで、史実は痛過ぎて高過ぎる授業料ではあるが人の世なんてそんなもんだろう

もちろん自分の中にもアメリカに対する複雑な気持ちはあるが、それでも中国やソ連に支配されたり、あるいはまかり間違って日本が中国大陸を制覇して日本が中華王朝化するより史実の方がずっとマシだと思ってる
連合国が日独を永遠に出汁にして正義を標榜している現実もちゃんちゃらおかしいとも思うけどね

978 :名無し三等兵:2016/07/18(月) 22:55:53.18 ID:XRlAqbOn
スレタイも読めずにおかしなこと言い出す阿呆にのる阿呆

979 :名無し三等兵:2016/07/19(火) 11:10:26.35 ID:sFkW1y3c
欧米人みたいにシナ朝鮮人を家畜扱いすれば良かった
なまじ教育して人間扱いするからああなる
仕事なんかチンパンジーに芸を仕込むように教えればいいんだよ
頭が良くなれば日本人みたいに道徳心が芽生えるなんて勘違いも甚だしいw

980 :名無し三等兵:2016/07/19(火) 12:56:31.43 ID:Vnt/Os/w
五式戦は隼三型乙の上位互換

981 :名無し三等兵:2016/07/20(水) 06:24:42.76 ID:fQqrZmO0
>>972
アメリカはまた別問題だな。いずれ口実作って対日侵略戦争を始める予定だったアメリカだが、それが1941年だったと。

アメリカ問題が無ければ、日本の対中国・ロシア政策は順調に行き、いずれは満州の大油田も発見される。
それで石油問題は一挙に解決。軍艦と飛行機と戦車の開発と運用も快調に進む。

そして極東に安定した平和な時代がもたらされる

982 :名無し三等兵:2016/07/20(水) 09:51:15.39 ID:BOJWrAGL
そして五式戦は生まれずこのスレもなかった。

983 :名無し三等兵:2016/07/21(木) 00:34:59.97 ID:FQyEFZUx
1800馬力の火星積んだ五式も見てみたかったぞ

984 :名無し三等兵:2016/07/21(木) 05:54:12.16 ID:sDf1KDBD
>>944
中国はロシアの戦闘機の部品を3dプリンタでバシバシ作ってるらしいから、
技術的にはもう可能なんだろう。
あとは資金さえあれば

985 :名無し三等兵:2016/07/21(木) 09:08:04.91 ID:9tecQQjK
>>984
昔ガチャピンのモデルがスペオペ書いてて、形状模造細菌というのを出したのを思い出す
高価なパーツをガンガンコピーして使いまくったら細菌にしてはどういうわけか寿命が短くて…という話
設計時点で配慮してあるならともかく、粉末を溶融結合したものと塊の母材を加工したものの物理特性が同等になる保証は(特に中華には)ない

986 :名無し三等兵:2016/07/22(金) 12:28:04.71 ID:xa2IzGPj
五式戦の愛称は結局何がよろしいか?
飛燕改→海軍機じゃないんだし…
空冷飛燕→空冷冷えんみたいでカッコ悪い
飛鷹→飛竜もそうだけど空母みたいで…
五式戦自体が愛称だろ→実はちゃんと制式化されてた可能性も…

987 :名無し三等兵:2016/07/22(金) 14:01:15.38 ID:xAxENpF4
神様系であれば玄武、鳥系であれば梟盧とか面白いぞ。

梟=頭でっかち なんでスタイリングにも通じるものがある。
梟は猛禽類なので隼、疾風のつながりもグー

988 :名無し三等兵:2016/07/22(金) 14:35:41.33 ID:h+ulqcqw
百舌鳥(モズ)なんかどうだろ
あるいは飛燕の流れだから燕(ツバクロ)でもいいかも

989 :名無し三等兵:2016/07/22(金) 15:13:36.23 ID:0qSlEyu9
バレット・ティルマン「硫黄島のムスタング」

ムスタングは多種多様の日本機と相対することとなった。
ジャックだけがP-51の速度を有していた。
そしてどの日本機もムスタングの加速力と高空性能に対抗できなかった。

最も多数の日本戦闘機は、
最新のゼロである A6M6 を含む海軍のミツビシA6M の系列だった。
日本陸軍航空隊が帝国の上空にもっとも広く配備したのはナカジマKi84、
アメリカ人の言うフランクだった。

ジークはムスタングよりおよそ100mph遅くて、
旋回性能と低高度から中高度にかけての上昇性能に期待するのみだった。

最も速い敵の戦闘機の間で、フランクはノースアメリカンの機体よりも
依然50mph遅かったが、上昇性能と旋回性能は優れていた。
しかし、ムスタングが速度を出しすぎていなければ、
P-51はコンバット・フラップを使う事によってフランクを仕留めるのに十分な時間、
フランクに追従することができた。
さもないと、P-51が射撃を始めたとき、フランクはタイトな旋回で逃れてしまうだろう。

カワサキKi61は、日本人によりツバメと名付けられ、連合国軍からはトニーと呼ばれているが、
P-51に対抗するには貧弱なものであり、唯一の優位性はより軽い翼面荷重だけであった。

990 :名無し三等兵:2016/07/22(金) 15:14:41.30 ID:0qSlEyu9
しかしながら皮肉なことに、深刻なエンジン不足がツバメをタカに変えたのである。
Ki61が設計された1160hpの液冷エンジンの不足に直面して、
ただちに日本人は余剰となったトニーの機体に2000hp空冷エンジンを
フィットさせる手段を開発した。

その結果、戦争中のほとんどのアメリカ戦闘機に対抗できるものとなった。

Ki100と称される、空冷エンジン・トニーは、
連合国軍のコードネームを与えられることはなかったが、
突然かれらの速度優位性を大きく減じさせられた
ムスタング・パイロットによってリスペクトされる存在となった。

しかし、ムスタングの優れた高高度性能は、
日本側が迎撃を試みたほとんどの場合において、優勢をもたらした。
B-29はしばしば20,000フィート以下で爆撃を行なったが、
ムスタングは常にボーイングの上方にあった。
そして、日本人はP-51の良好な性能を発揮する領域で戦わなければならなかった。

激しい対戦闘機戦闘は、
P-51が低空までおりる必要のある対地攻撃任務において発生したのである。

991 :名無し三等兵:2016/07/22(金) 21:17:08.80 ID:dJh9On8a
>>988
飛燕の愛称がドーラになるんですねわかりま

992 :名無し三等兵:2016/07/23(土) 07:47:15.29 ID:2n5TftyB
狼のつく熟語調べてたらゲシュタルト崩壊おこした
愛称っぽいのは虎狼か餓狼くらいしかないな
燕は飛燕以外ぱっとせん
あるいは百舌?

993 :名無し三等兵:2016/07/23(土) 09:16:15.08 ID:5CAdbyUl
五式は例外的に愛称要らんと思うんだ。
キ-100で、なんかこの制式名称自体が愛称としても使えるネーミングだと思う。当時の人は「きのひゃく」って呼んだそうだが、これで十分良い響きじゃない?

994 :名無し三等兵:2016/07/23(土) 14:28:31.86 ID:/cr20Xjt
鬼ノ百って書くとカッコいい

995 :名無し三等兵:2016/07/23(土) 14:31:08.17 ID:/cr20Xjt
そうか百鬼だ!
仮想戦記で使おう

996 :名無し三等兵:2016/07/24(日) 10:02:13.70 ID:5x0jFg8q
キって機体の意味だから「機ノ百」で良い
渋いじゃん

997 :名無し三等兵:2016/07/24(日) 10:08:39.63 ID:ypTWOJcC
機ノ百はかっこいいな

998 :名無し三等兵:2016/07/25(月) 09:44:16.02 ID:IudWMa1P
日の丸あげてだと最大速度560km/hになってたな
ただし劇中の機体は色々好条件なので金星が本気出して1800馬力出るから600km/hはかたいとも
どうせなら五式戦二型でやってほしかった

999 :名無し三等兵:2016/07/25(月) 17:01:57.99 ID:40n1/QfG
999なら、次の人
1000どうぞ。

1000 :名無し三等兵:2016/07/25(月) 17:15:00.55 ID:UxAfo/FD
五式戦は御朱旗戦

錦の御旗を掲げる戦士だ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 93日 1時間 50分 57秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


299 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)