5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】三型 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:08:43.05 ID:0z1IknzL
陸軍単座戦闘機の最後を飾り、パイロット達の士気を大いに高めたキ-100 五式戦闘機について語りましょう
五式戦に絡めてならキ-61 三式戦闘機「飛燕」の話題もOKです

前スレ
五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】二型 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1454677875/

2 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 01:00:59.13 ID:+QO7fcdC
The Japanese improved the quality of their planes during the war,
greatly increased the power of their aircraft engines, ultimately exceeded
United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design
and experimental stage at the end of the war. They lacked, however,
the widespread technical and industrial skill to match the United States
in quantity production of reliable planes with increased range, performance and durability.
After the initial campaigns, the United States always enjoyed superiority
in the over-all performance of its planes.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

Aircraft production of all types, including training planes, was stepped up from 700
planes per month in the summer of 1942 to 2,572 planes in September 1944.
Aircraft engine production was not only increased correspondingly in numbers,
but average horsepower was doubled.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

3 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 03:08:04.96 ID:8FbKvY/L
なぜ「四式戦闘機疾風」は、残り1年で3500機?
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/war/1255320599/

誉エンジンが批判されるが、誉エンジンの四式戦の生産数が、たった一年で3500機になる理由は何か。

4 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 03:44:23.64 ID:OFZaP14T
>>3
大東亜決戦機として大いに期待されたので大量生産計画が実行
された。その為の裁断済みの資材が大量発注され工場の設備も
四式戦に対応したものなってしまった以上量産機で不具合が多発して
いても今更生産は止められない。

5 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 04:03:04.43 ID:qqIkTQip
>>3
他に選択肢がないと勘違いしてたから
同じタイミングで空冷キ61(五式戦相当)が試作されてたらどっちが選ばれたかな

しかも日本の航空機生産が本格化しピークを迎えたのが昭和19年だし驚く数じゃない
全力出して対米戦する覚悟を決めたのが昭和17年後半という遅さだからね

6 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 04:15:03.27 ID:hDBb9wuB
発展性からみてもキ100が試作されていところでキ84の採用は変わらないだろうね

7 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 04:26:54.64 ID:qqIkTQip
>>6
中島にはどのみちキ84を生産させるほかないけど
キ100のプレゼンスは当初三式戦に期待されたようなものにはなるでしょ
資源の割り振りが一機種に集中することはなかったはず

8 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 05:39:05.96 ID:RPs29+H5
996 名無し三等兵 2016/03/20(日) 03:23:25.71 ID:y/hOQuzT
>>995
>つなぎのつもりで作ってみたら思ってたのと違って優秀機だった

1945年5月にもなって、いよいよ大日本帝国の底力が出てきたってか?

997 名無し三等兵 sage 2016/03/20(日) 03:36:39.72 ID:qqIkTQip
>>996
底力ってかハ40系が一時生産延滞したおかげで現実路線に入れただけ

誉は燃料噴射装置を欠いて、数を揃えやすかった
18気筒エンジンとしては欠陥を抱えてたからこそ大量生産できちゃった
結果は惨憺たるものだけど数は揃っちゃったというのが悲劇

9 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 05:58:25.81 ID:PW50i2My
>>4
隼三型に五式戦を加えても、四式戦の3500機には及ばないが?

10 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 06:02:38.72 ID:Asg1Kt2f
>>8
>結果は惨憺たるものだけど数は揃っちゃったというのが悲劇

43 :デイヴィッド・アーヴィング「ヒトラーの戦争」:02/08/20 12:59 ID:???
・・・前略・・・クライペ将軍が九月三日燃料状況について―すべての
爆撃機および一部の戦闘機と急降下爆撃機の作戦を切り詰めなければ
ならないほどいまは深刻であると―説明したあとで、ヒトラーは
「空軍をすっかり解体して、対空火砲を三倍にすることを考えている」
と述べ、空軍参謀総長をたまげさせた。ゲーリングが五日、“狼の巣”
に恐る恐る再び姿をみせると、ヒトラーは空軍攻撃を繰り返した。
クライベの日記はこう記録している―
 総統がまずしゃべった。空軍非難の長広舌、空軍は全然よくない、年ごとに
悪くなる、生産数字と航空機の性能についてもずっと嘘をつかれた、フランス
における完全な崩壊、地上員と無線部隊は陸軍の戦闘を援けようとしないで
命からがら飛行場を捨ててあわてふためいて逃げ出した、と。
 Me262の件が再び議論になった。なんで「高速爆撃機」しか考えられない
かについての同じ議論、将来はMe262だけ生産するとともに、対空火砲を
三倍にする考えを前より穏やかな形で再び展開。・・・・・・わが方の戦闘機の
設計はみな間違っている、四発爆撃機と闘うのに必要なのは、大口径の
機関砲を備えた双発の重戦闘機である、全国元帥の要求で、戦闘機中隊
を指揮している〔ハンス・〕ベーム=テッテルバッハが呼び入れられた。
経験から彼は、戦闘機に護衛された重戦闘機でさえも重爆撃機と闘う最善の
方法でないと説明した。ベーム=テッテルバッハは乱暴に退去を命ぜられた。

11 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 06:08:25.35 ID:9Dad/+vW
隼三型と四式戦ではどっちが上だったか。現場ではどっちが好まれたか。

12 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 06:12:18.90 ID:aTroQE8W
>>4
三式戦の生産は止められたのに、四式戦の生産が止められなかったのは何故?

13 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 06:15:49.59 ID:aTroQE8W
>>5
>他に選択肢がないと勘違いしてたから

五式戦は別としても、二式単戦や隼三型や三式戦という選択肢もあったのでは?

14 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 06:57:42.44 ID:Gk52N7LL
さすがに580`ぽっちの戦闘機にこれからを託す気にはなれないだろうな。

15 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 07:06:15.07 ID:e9+s7H7I
>>12 は日本の大きい会社で働いたことあるかい?
あるいは働いているかい?

でっかい組織ではモノゴトや方針が決まるまで信じられないくらい、
偉い人たちの稟議と決済が必要になる。これは今も昔も同じだ。
そしてそれの決まったことが致命的な失敗でも、偉い人たちの
責任問題になってしまったりするので無かったことになって
現場は延々と苦労するのも、これも今も昔も同じだ。
三菱の直噴(GDI)が同じようなかんじで大変だった。普通の
会社であれば倒産していただろう。

負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、
日本のマスプロ・テクノロジーのレベルを「まったく考慮していない
世紀の駄作”誉”」の手作り快調試作機に大喜びしてその決済の
印鑑をみんな押しちゃったんだな。そこで他の機種をセーブして
再優先で誉と四式を大量に作ることになった。後はご存知の通りだ。

1)一度決まったことをなかなか変えられない。
2)結果よりも情や”しきたり”を優先。
3)10人のうち2人が反対すると懸案事項は無かったことになる。

これが日本民族だ。年利6%だった時代に決められた年金と健保の制度は
ゼロ金利になった時に維持出来ないことが明白だったのにあれから25年
そのままなのも同じ。平和な島国に育ったボンクラは80年経っても変わらない。

16 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 08:09:51.30 ID:5YpbWIRt
馬鹿の演説

17 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 09:15:18.41 ID:ATM4bZRb
ボクの理解力や知識が低いんじゃない!
書いたやつがバカなんだ!そうだ!きっとそうだ!

18 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 09:16:13.24 ID:vvz0gN29
四式戦は機体強度の不足を
重舵で逃げたから、生産性自体はいい

曲がらないだけ

19 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 11:09:08.90 ID:FoUpzyBq
稼働率比較

1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

20 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 11:09:58.79 ID:FoUpzyBq
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/oshirase_10.htm
五式戦についての思い出  梼原秀見   手塚博文著『最後の一機』より(原文のまま)

 第三十戦闘飛行集団参謀から明野教導飛行師団司令部付となった私に対し、
 航空総監部から「比島作戦の戦訓を全戦闘隊に普及教育せよ」との命令があり、約二ヶ月あちこち回って四月一日明野に帰りました。

 丁度そのとき坂井庵少佐が五式戦をもってきておリ、乗ってみてくれとのことで早速操縦してみました。
 すると各舵の調和がとれて効きがよく、発動機の操作も隼と殆ど同じ、特に発動機の信頼性が高いので実戦むきだし、よい飛行機だと思いました。

 実戦性能をみたいと五四期の一人に四式戦に乗ってもらって単機戦闘をやりました。
 高位戦は勿論問題はなく、低位からでも四式戦には殆ど有効な攻撃をかけさせないですぐ反撃出来ました。
 そこで四式戦三機編隊と単機で戦闘をやりましたが、高位から終始有利な域闘が出来ましたし、
 低位でもだんだん態勢を挽回してゆけるので、すっかりほれこんでしまったのです。

 常陸に赴任の途中、航空本部の小森田親玄課長(三四期)と面接し、明野でやった実験を説明し、
「五式戦一機は四式戦三機以上の価値があるので、即刻五式戦の生産に全力を集中して下さい。四式戦では今の戦勢を挽回することは至難です」
 といったら、課長から

「梼原何をいうか、四式戦は大量生産に入ってどんどん出来ておる。五式戦は中京地区の工場の状態から今すぐ沢山は出来ない。
 君のような戦闘機のオーソリティが四式戦は駄目だなどと言えば、四式戦部隊の士気に大きく影響する。
 今後四式戦の悪口など言ったら即刻馘 くびきり だぞ」と叱られたことがあった。

21 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 11:11:32.49 ID:FoUpzyBq
四式戦は補助翼が重く、舵のバランスがとれておらず、又発動機の取扱いが複雑で故障が多く出足も悪いので、
 これから若い操縦者に乗りこなして戦力を発揮してもらうには不適当だと判断していました。

 前年(昭和十九年)夏、飛行実験部の今川一策大佐(二八期)が水戸にこられ、
 「梼原、四式戦をどう思うか」ときかれたので、感じたままを言うと
 「四式戦にかわるもっとすぐれた戦闘機をつくらん事にはこの戦争は乗りきれん。どうだ、新戦闘機をつくるよう意見具申せんか」
 とのことに、

「そりゃいい戦闘機は欲しいが、今から設計、試作、審査、大量生産となると戦局に間にあわんでしょう。
 四式戦の改修、性能向上の方がいいのではないですか」
 と返事すると、
「いや、今すぐ中島につくらせれば間に合うのだ」
 との意見を言われたが、私は今川大佐の言葉には余り乗気ではなかった。

 戦後確か昭和二十八年だったと思うが、久し振りに今川少将(昇進しておられた)にお会い出来た。その時に
「梼原、お前が新鋭戦闘機をつくることに反対するから敗けたじゃないか」
 と冗談まじりに不満をのべられた。

 五式戦は今川少将や私達の気持を察してか、駄目な三式戦の水冷発動機の代りに、
 その機体に星型空冷発動機をとりつけた苦肉の策であったが、ほんとに思わぬ拾い物をしたような戦闘機であった。

 グラマンと一度空戦をやってみたいと思っていたが、その機会に恵まれなかった。
 若しオクタン価九五若しくはそれ以上のよい燃料を使ったら、P51とでもよい戦闘が出来ただろうと思われる次第です。

22 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 11:40:21.67 ID:ak8ub4f/
>>9
四式戦にリソースを注力していた以上ダメだからといって簡単に
他機種に生産を移行するのは容易ではないと言うことなんだが?

23 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:23:48.84 ID:qqIkTQip
>>13
二単は四式とメーカーが一緒
生産設備がバッティングするなら四式の方がいいし
二単もU型は昭和18年10月時点で発動機不調により実戦部隊では扱いに困ってた

実際のところ三式戦も昭和19年だけで1700機も製造されてるし
ハ40系の工作の手間も稼働率も誉に近いから四式ばっかり作ってるわけじゃない
四式にばかり実用性の審査が甘かったわけでもない

しかし空冷キ61があれば初期不調を承知で四式を作りまくることはなかっただろう
発動機は川崎にも金星を作らせるしかないね
どうせハ40系も燃料噴射装置は三菱のを作らせてもらってたわけだし

24 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:35:12.96 ID:qqIkTQip
そもそも最初からキ61は金星五x型で制式採用されるべき機体だった
各種測定値は水メタなしで五式戦のカタログスペックが測定されていることを支持するし
開発段階でハ40の不調で難航してるんだから

その場合機体を改良することができるからキ119と似た尾部の長い戦闘機になり、ペラも3.2mは確保されたはず
一方で五式戦は完成した機体を改造し、本格的な再設計ができない制約でプロペラ直径は3.0mしかない
性能的には上昇、最大速度共に昭和20年のペラ3,0m額面割れ金星六二型搭載機と同等になっただろう
登場時期が早ければ、五式戦より火力は弱くなっちゃうけど

25 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:41:10.28 ID:FoUpzyBq
海軍さんの五式戦評
244戦隊

「その日、私はたまたま搭乗配置がなく、指揮所で待機していた。
 空襲警報とともに、味方の戦闘機は邀撃に発進していった。
 鹿児島湾の上空では、すでに空中戦がはじまっている。私たちは、その様子を地上から眺めることができた。
 戦闘三〇三の連中は、別のところに行っているらしく姿は見えない。空中戦をやっているのは陸軍の飛行機らしい。
 見ていると、なかなかうまくやっている。グラマンに後ろをつかれた一機が、急降下で逃げていく。
 その機が急上昇をはじめた。グラマンがそれにピタリとついていく。「いけない」と思わず私たちは叫んだ。
 しかし、前の機はぐんぐん上昇してグラマンとの距離を離して、うまく逃げ切った。
 「陸軍もなかなかやるな」と私たちは感心して見ていた。
 しばらくして、空戦も一段落した頃、陸軍の飛行機が私たちの隊に着陸してきた。燃料補給のためであった。
 その機が五式戦であった。
 先ほどの空中戦も五式戦で、その性能はなかなかのものであると、感心していたので、
 はじめて見る五式戦に私たちは興味を持った。
 三式戦の木冷エンジンがうまく働かないので、首無しの三式戦がたくさんあり、代わりに三菱の「金星」という
 空冷エンジンを積んだのがこの五式戦とのことである。
 急改造の故か、機首が馬鹿にでかい感じがした。
 そこで、蔵田分隊長が五式戦に乗り、飛んでみることになった。みんなの見る中で、蔵田分隊長は離陸し、
 上空でスタントをやり、いろいろテストをして帰ってきての感想は、頑丈で上昇性能も突っ込み加速も勝れた
 良い戦闘機だとのことであった。
 陸軍では、この戦闘機を「決戦機」として期待をかけているという話を、陸軍の搭乗員から聞いた。
 海軍ももう少し早く、ゼロ戦に「金星」を積んで馬力アップをすれば、まだ何とかなったのではないか、
 などと私たちは言いたいことを言っていた。」

26 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:42:07.06 ID:FoUpzyBq
航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。

初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

27 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:43:23.96 ID:FoUpzyBq
キ116

元満州飛行機研究部長 野田親則氏の手記によれば以下の通り。

・昭和20.3頃航空本部から呼び出しをうけ、キ116の設計試作を指示された。
 キ116 は 20.1に完成したキ100の好成績に鑑みキ84のエンジンを問題の多いハ45からハ112に換装する改造設計である。
・昭和20.4下旬帰満し、当時ハルビン工場で完成間近であったキ84の4号機(?)の機体を用いて研究開始。
・エンジン重量の差から発動機架を延長し機首を伸ばしキ46-III用のプロペラをそっくり流用。
・全備重量は約4000kgから約3500kgに下がり、徹底した重量軽減を行えばさらに100kgほど減らし得る確信あり。
・性能は(すでに終戦が近く)飛行回数が少なく確実な測定が出来なかったが、
 キ100と非常によく似た数値を示した。
・総合的な判定は非常に良好で、特に信頼性十分な発動機は操縦者に好まれた。

28 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:44:04.17 ID:qqIkTQip
昭和19年以降の日本ではとりあえず飛んでかつ事故を起こさない機体が大事

性能が額面割れしていてもとりあえず作戦してくれという話になる
14気筒の水メタ付発動機は水メタなしのバージョン並みにしか動かんけど、とりあえず飛んでくれた
水メタなしの空冷発動機は18気筒のハ104も動いてくれた
生産能力や設計能力の限界が知れてきた時期にわざわざ誉は夢見すぎ

29 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:47:00.39 ID:FoUpzyBq
戦史叢書より

「昭和二十年春季以降陸軍航空の攻撃戦力の主体は、いうまでもなく特攻隊である。
その特攻攻撃を成功させる要点は、特攻隊を目標上空に確実に到達させるための、
捜索、誘導、掩護である。陸軍航空は、天号作戦引き当ての戦力を除き残された最後の
優良人員、器材を結集して戦闘隊と偵察隊を編成した。

七月十日、第二十戦闘飛行集団司令部が編成された。
集団長は、戦闘隊の最練達者青木武三中将であった。
そして、その隷下に明野及び常陸教導飛行師団の人員、器材を基幹として編成された、
飛行第百十一戦隊(長 石川正中佐 40期)、同第百十二戦隊(長 檮原秀見中佐 38期)、を入れた。
両戦隊は編制定員四一一名、飛行機定数五式戦五五機、外に予備機二八機を有し、
当時における最強戦闘戦隊であった。」

30 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:53:16.72 ID:qqIkTQip
>>12
三式戦の機体の生産は実質五式戦用だけど終戦まで続いてる
発動機は、一次量産を止めて不良を洗い出し、中継ぎは首なし機に金星を搭載し補おうという健全な発想で五式戦誕生

31 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:55:00.93 ID:FoUpzyBq
初公開?
四式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間
昭和19年はじめの陸軍資料で

【最大速度(標準速度 km/h / 高度m)】
 542 / 1000
 562 / 2000
 589 / 3000
 594 / 3370
 591 / 4000
 584 / 4900
 586 / 5000
 610 / 6000
 624 / 6550
 615 / 7000
 594 / 8000
 569 / 9000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'09"
 2000 / 2'06"
 3000 / 3'34"
 4000 / 4'56"
 5000 / 6'26"
 6000 / 8'00"
 7000 / 9'48"
 8000 / 12'16"
 9000 / 15'34"

32 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:55:54.90 ID:FoUpzyBq
とりあえず世傑から
五式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間(陸軍資料)
珍しく高度別の速度と上昇時間の数字がわかる

【最大速度(km/h / 高度m)】
 500 / 1000
 520 / 2000
 539 / 3000
 543 / 3210
 536 / 4000
 551 / 5000
 575 / 6000
 578 / 6140
 568 / 7000
 556 / 8000
 542 / 9000
 527 / 10000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'12"
 2000 / 2'13"
 3000 / 3'08"
 4000 / 4'29"
 5000 / 6'00"
 6000 / 7'25"
 7000 / 8'56"
 8000 / 10'57"
 10000 / 20'00"

33 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:57:36.34 ID:FoUpzyBq
26 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 09:50:02.46 ID:???
キ61-IIに終戦まで数十機の生産枠が維持されたのは比較的マシな高高度戦闘機枠だな
中低高度はキ84とキ100、高高度はキ61-IIという分担になっていて
この枠はキ100-IIがうまくいけばそれに置き換わる
なのでキ100-IIは中間冷却器もない簡易排気タービンであまり高性能を狙わず高高度性能を確保した
I型と較べると8000メートル以上でII型はI型を上回り、役割分担上はそれでよかった

27 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 10:43:14.44 ID:???
それこそ雷電33型のような立ち位置だな

あれも紫電改の高高度性能が
物足らないから
烈風改が出来るまで
月産数十機整備するとかじゃなかったか

34 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 13:00:56.12 ID:FoUpzyBq
41 :名無し三等兵:2014/03/21(金) 13:04:13.79 ID:SLLIc941
二段二速のスーパーチャージャー付きエンジンって技術的にそんなに難しいの?

46 :名無し三等兵:2014/03/22(土) 09:13:46.96 ID:SiqeP0da
>>41
17年末ころの状況では。

多段過給器については、中間冷却器の大きさと重量がかさむという点が
机上研究の段階で問題視されて、あまりその先には進んでいないようだ。
官側においても高速遠距離巡航が必要とされ出し、その点でも重量のデメリットが強調されている。
それなら1段で翼車速度や翼車形状など性能向上を図った上で
中間冷却器を用いず水噴射やメタノール噴射で対応しようと。

排気タービンや駆動装置としてのフルカンについては実装実験の結果が結構出ていて
材質、潤滑冷却の問題なども意見交換が盛んだけれど、材質についてはニッケル、
潤滑については米国製オイルが前提となっていて先行きが・・・

これらがある程度確立した機械式+排気推力(ロケット効果)利用という手法と比較されている。

35 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 13:02:13.16 ID:FoUpzyBq
戦鳥にこういうレスがあるな

>2段加給機は、戦前から研究はありましたが、中間冷却機のスペースと重量が最後までつきまといました。
>研究の比較的早い段階で、軽量小型の日本機には不向きとの意見が多く、開発はほとんど中断されたようです。
>メーカー側も人手が不足していたようですし、熱意も不足していたのが実情では。
>オンブー

>先日石川島航空工業で排気タービンの設計をされていた方を訪ねましたが「中間冷却器というものについて確固たる方針が無かった」とのお話でした。
>しかし機械式二段過給器の開発が後回しに見えるのは1930年代末から二段過給器として排気タービンの開発が第一優先で進められていた為と解釈するのが妥当なようです。
>この時期、三菱、石川島、日立は排気タービンに力を注ぎ、機械式過給器の研究に専念していたのは中島のみです。
>BUN

36 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 13:24:24.43 ID:FoUpzyBq
明野って、戦争中期からは編隊空戦のみの訓練で単機空戦の訓練止めちゃったそうだな
んで本来重戦専門として分離させた常陸では数が少ないのに単機空戦訓練やらないとだめだということで単機空戦訓練続けていたとか

37 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 13:25:00.62 ID:FoUpzyBq
丸2014年6月号

一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

小峰文三

38 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 14:50:57.34 ID:s8mrClGH
>>3
なぜ? 大戦末期の陸軍主力戦闘機だったからです。
3500機も作ったではなくて、それしか作れなかった。
だから、隼等の旧型機も現役で稼働させざるを得なかったわけです。

39 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 14:56:58.34 ID:Ngutr2ti
>>26
>「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

1945年5月になって、ようやく大日本帝国の底力が出てきたってか?

40 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:00:46.95 ID:KXyDLUdW
>>15
>偉い人たちの責任問題になってしまったりするので無かったことになって

フォルクスワーゲンに見習うべきだよな。

41 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:02:51.66 ID:xk2Rgeue
>>15
>そこで他の機種をセーブして再優先で誉と四式を大量に作ることになった。

「首無し飛燕」が続出だったからなぁ。

42 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:06:54.75 ID:mYrjJo8t
>>15
>そこで他の機種をセーブして再優先で誉と四式を大量に作ることになった。

それもまた、大日本帝国の限界だったということなのでは?

43 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:09:28.53 ID:qqIkTQip
日本の底力も何も、それまで出来やしないことをやろうとしていたのが改まっただけ
戦争に負ける国なんてそんなものでしょ
登場が二年早くて然るべき機体

44 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:09:45.72 ID:mYrjJo8t
>>30
>発動機は、一次量産を止めて不良を洗い出し、中継ぎは首なし機に金星を搭載し補おうという健全な発想で

四式戦については無理だったの?

45 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:12:17.60 ID:JGIUfExk
>>43
>日本の底力も何も、それまで出来やしないことをやろうとしていたのが改まっただけ

ほんなら「無条件降伏」すれば良かった。

46 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:18:21.98 ID:Om/LrSaa
金星疾風と五式とではどっちが優秀なんだろうな

47 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:18:31.72 ID:1GzeARdW
>>43
>日本の底力も何も、それまで出来やしないことをやろうとしていたのが改まっただけ

つまり、大東亜決戦の準備は整いつつあったということだね。

48 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:27:10.06 ID:CGfLSHRL
陸軍戦闘機って、ものすごい他機種並行生産方式なんだよなw

>>19
>一式戦    411
>二式戦    325
>二式複戦   430
>三式戦    312
>四式戦    555
>五式戦     58

紫電改とか雷電とかの局地戦闘機を別とすれば零戦オンリーだった海軍と比べてどうなのか。

49 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:34:05.97 ID:6ZdC+RHk
>>40
VWは外国にバレちゃったからあーなったけれど
日本は自浄作用無いのよ。身内をかばうからね(良くも悪くも)

50 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:34:40.24 ID:NVXeLlam
ニューギニアとかビルマやフィリピンなんかだと、
互いの長所を組み合わせて戦うような事が出来てるから悪くはないんじゃないかな
海軍もバリクパパンでは雷電と零戦が上手く協調作戦をやってるけど

51 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:35:01.11 ID:0XpQmQKh
疾風は栄エンジンじゃないのか

屠龍とか名前がね陸軍のはw

52 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:41:08.55 ID:GZBugUV3
>>15
>そこで他の機種をセーブして再優先で誉と四式を大量に作ることになった。

なら赤トンボのほうが良かったってか?

三村隊長以下7機の「第三竜虎隊」は、全機、敵弾を受けて機体を穴だらけにしながら、さらに敵艦隊に肉迫します。
敵の輸送船には目もくれません。狙いはあくまで敵の軍艦です。
最初の一 機が、米軍の誇る最新鋭駆逐艦「キャラハン」の右舷に体当たりしました。
「赤 とんぼ」は、低速でしかも機体も軽いから、艦上で爆発炎上し、木端微塵になりました。
通常、これだけでは固い装甲を施した駆逐艦は沈没しません。
ところが「赤とんぼ」が、やっとのこと で吊り下げてきた二五〇キロ爆弾は装甲弾です。
爆弾は機関室まで突入し、そこで大爆発を起こしました。
「キャラハン」の機関室のすぐ脇には、対空弾薬庫がありました。
炎はこれに誘爆し、艦は大爆発炎上したのです。
そして午前2時35分に沈没してしまいました。あっという間の得出来事でした。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1768.html

53 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:42:33.66 ID:GZBugUV3
>>50
>ニューギニアとかビルマやフィリピンなんかだと、

それみんな負け戦ジャン。引き合いに出すなら大陸打通作戦だろうに。

54 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:46:21.31 ID:GZBugUV3
>>5
>全力出して対米戦する覚悟を決めたのが昭和17年後半という遅さだからね

陸軍はノモンハン敗北に懲りて北進断念してるのに、海軍はミッドウェー敗北に懲りなかったの?

55 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:49:22.96 ID:zIRVfGRO
>>15
>「まったく考慮していない世紀の駄作”誉”」の手作り快調試作機に大喜びして

大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまったからなあ。

56 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:52:38.17 ID:rqVnMol7
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ?おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

57 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:54:24.04 ID:2uFqGi49
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

 統合参謀本部は、中国情勢についての反対意見書を作成し、スチルウェルの立場を弁護する準備をした。
 その意見書は、蒋介石の誤ったシェンノート支持と、第14航空軍司令官としてのシェンノートの
戦略・戦術の幼稚さに、非難が集中した。
 ペンタゴンの軍首脳者たちの考えは、総体的に、シェンノートの航空作戦計画、およびそれを支えるた
めの大量補給の努力は、アメリカの兵力、資材の浪費であって、ほかの地域の作戦を妨害するもので
あるということに一致していた。
 シェンノートの方針は、中国において実効をあげず、ヨーロッパでの活動に制約をあたえていた。
 それは、飛行機やそのほかの装備品を、イタリアから中国に補給がえをしたためである。
 この見解は、一九四四年七月四日にルーズベルト大統領に提出された、中国の危機に関する
統合参謀本部の公式報告に記述された。
 この公式報告は、シェンノートの作戦原理に反論していて、第二次大戦中に発行された文書のなかでも、
一番おかしな内容の文書であった。
http://ktymtskz.my.coocan.jp/J/aircraft/chaina8.htm

58 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 15:57:30.05 ID:CYj6jhtq
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

中華根性というか中国人はどいつもこいつもチンピラゴロツキばかりで、
チンピラゴロツキにいくら援助してもチンピラゴロツキはチンピラゴロツキで、
それは地獄の亡者が次々涌いてきては鬼に虐殺される光景だった。
中国人の先天的かつ絶望的な知能障害と腐った脳みそは、手の打ちようがなかった。
まさに日中戦争とは日本人の中国人に対する人種的優越性を世界に示した戦いで、
中国人とは日本軍に虐殺されるために涌いてきた、殺戮の標的物でしかなかった。

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html

>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
そもそもアヘン戦争の原因は、イギリスのアヘン輸出なんかじゃない。
中国人はアヘンでチンピラゴロツキになったんじゃない、元からチンピラゴロツキだった。
チンピラゴロツキだからアヘンを貪るのであって、アヘンを与えるからチンピラゴロツキ
にされたというわけじゃないんだ。アヘンであれば現在の日本でも医療に広く使われてる、
アヘンが悪いんじゃない、悪いのは全て中国人の腐った脳みそだ。

59 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:01:22.75 ID:CYj6jhtq
>>48
最後の一年で、海軍主力は栄エンジンの零戦52型、陸軍主力は誉エンジンの四式戦疾風。
太平洋戦争の大敗北と大陸打通作戦の大勝利を比べてみよ。

60 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:02:51.64 ID:GZBugUV3
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

61 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:05:00.12 ID:GZBugUV3
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

けれども日本軍の防空がどうあれ、チャンコロは日本軍にまるで歯が立たなかった。
日本軍機が二流以下でも何でもいいが、大陸打通作戦は連戦連勝快進撃だった。
チャンコロは日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だった。
中国人を老若男女問わず徹底的に3500万人虐殺して、南京大虐殺の30万なんてどうでも良くなった。
日本刀で中国人を斬って斬って斬りまくって、昭和20年の3月まで進撃を続けてた。
レーダーが防空がなんてどうでもいいから、中国人をもっともっと虐殺しておけば良かった。
南京大虐殺の冤罪が晴れないならいっそのこと中国人絶滅収容所を作っておけば良かった。
より優れた技術大国ドイツなら、アインザッツグルッペンがパンター戦車に乗って
ウルツブルグレーダーと88ミリ砲担いでMe262でシェンノート空軍を壊滅させ、
大陸消滅作戦を発動して中国人を一人残らず虐殺してたはずだ。3500万なんて少すぎ。

P-51にとって日本軍機は撃ち抜けても、中国人の腐った脳みそは撃ち抜けなかった。
さらに言えば、中国人の敵は日本軍ではなく、中国人の脳に涌くウジ虫だった。
バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
ドイツ軍と比較するなら、ドイツ軍なら絶滅収容所で中国人を皆殺しにしてたでオシマイ。
どんなにしつこい日本軍へのネガキャンも、大陸打通作戦にだけは歯が立たない。
思えば明治以来、大陸打通作戦ほどに非の打ち所の無い完璧な名作戦は類を見ない。

62 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:09:12.59 ID:l+LOpIFH
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

日中戦争なんて最初から最後まで、日本軍のワンサイド殺戮ゲームでしかなかったからな。戦争ではなくて殺戮ゲーム。
大陸打通作戦とか、1945年以降になっても、中国人虐殺が楽しくて楽しくてやめられない止まらないカッパエビセンだった。

ってか、中国人なんて人間じゃない!

中国人という人種は、人間の部類に含まれないほどに劣った下等生物だった。いくら虐殺しても良かった。
文句があるなら米軍はノルマンディ上陸作戦を中止にして、中国人を助けに行けばよかった。

63 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:15:17.68 ID:SUoyPNaB
大陸打通作戦は欧米人に、「対日戦争はおまけで、日中戦争はおまけのそのまたおまけ」と言わしめた。
こうして中国は戦勝国としての地位を失った。

64 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:16:13.80 ID:Om/LrSaa
なんだかなあ。二式戦の名前、「鍾馗」は中国人の名前なんだぜ。

65 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:20:31.19 ID:8b87R33l
>>64

それ言ったら七福神の内、六柱が外様だわ。

66 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:28:23.90 ID:Om/LrSaa
>>65
昔は世界には三つの国しかなかった。
即ち、唐土、天竺、本朝。

67 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:31:26.64 ID:0XpQmQKh
秀吉は唐天竺まで攻め取る気概があったので
豊臣の姓まで賜ったが

鐘馗は金星エンジンじゃないのか

68 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:31:40.52 ID:fozXyzs5
>>43
チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だよなw

69 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:42:45.07 ID:0XpQmQKh
天竺って今のインドあたりな
豆だけどもw

70 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:43:01.99 ID:Om/LrSaa
戦艦大和武蔵の建造に使う労力を翔鶴型空母、航空機のエンジンにふりわける脳みそがあれば少しは違っていたかもな

71 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:48:47.68 ID:fozXyzs5
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

 大陸打通作戦の第一次作戦(河南作戦)/昭和一九年(一九四四)四〜五月・・・・・・戦車第三師団、
戦車総数二五五両が参加。師団全体の踏破距離一四〇〇キロ、日数は三〇日(一日あたり四六・六キロ)。
師団捜索隊は約二〇〇〇キロ、三〇日(一日あたり約六七キロ)。
<中略>
 ここに示した日本戦車隊の長駆進撃も、連合軍側を大いに混乱させ急速な勝利をもたらした
典型例なのである。ちなみに、「電撃戦」と称賛される独ソ戦初期(一九四一年六〜七月頃)のドイツ
機甲部隊の場合と比較してみると、グデーリアンが率いる第二装甲集団が踏破距離約六五〇キロ、
日数二五日(一日あたり二六キロ)、マンシュタイン上級大将の第五六装甲軍団が約三三〇キロ、
四日(ドヴィンスク急襲時、一日あたり八〇キロ)で、日本戦車隊の"快速ぶり"はこれらに劣る
どころか優れた成果を上げているといえる。
<「陸軍機甲部隊」(学研)158頁  文・古是三春>

72 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:51:23.35 ID:NBvCu3FP
>>70
マリアナでまとめてボカチンされるくらいなら、その戦力を大陸打通作戦に向けとくべきだった。
栄エンジンの零戦52型よりも誉エンジンの四式戦のほうが上。

73 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 16:54:10.85 ID:0XpQmQKh
護衛空母量産してたアメちゃんと思想が違うもんな
しょうがないわな大鑑巨砲主義()ってやつよ

74 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 17:31:01.17 ID:IHdGErS5
>>73
>大鑑
中世の古文書か何かけえ?

75 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 19:58:58.73 ID:Om/LrSaa
>>72
零戦よりも疾風のほうがオリジナリティという点では一日の長がありそうなことには同意

76 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 20:14:46.94 ID:Gk52N7LL
何だかんだ海軍と違ってノモンハンで本格的な消耗戦やらかした陸軍は
海軍航空隊とは違い消耗戦に強い組織だったよなあ。機体にもそれが表
れてる。

77 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 20:18:24.53 ID:NVXeLlam
ソロモン・マリアナ・台湾沖・九州沖と何度も米軍に壊滅させられながら、
その度に戦力を取り戻して米機動部隊と戦い続けた海軍と比べて
フィリピンで一瞬で消耗し尽くした陸軍が消耗に強かったとは言えないと思うが

78 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 20:21:36.38 ID:hDBb9wuB
>>76
海軍どころか陸軍のことも知らないのなw

79 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 21:05:19.35 ID:Gk52N7LL
まあ海軍が零戦を全部潰して隼に変えたら損害は半分で済んだだろう。

80 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 21:15:59.86 ID:hDBb9wuB
ジョークのセンスがゼロだねw

81 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 21:41:46.62 ID:6NlRknRM
>>77
ニミッツと第5艦隊と第7空軍が日本海軍を壊滅させてる時に
マッカーサーと第3艦隊と第5空軍が日本陸軍を壊滅させていたから、
そう変わらんだろ。

82 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 22:43:26.59 ID:vvz0gN29
>>77
マリアナ以外は基本的に
陸海一緒

ソロモンは後半陸軍の方が主力だし

フィリピンも結局
キング2作戦で消耗していって
台湾沖で陸海共に消耗しきった感じだな

台湾沖は陸海併せて1000機近い作戦機用意して
3日で稼働機300まで減らされたw

83 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 22:44:41.95 ID:Asg1Kt2f
栄エンジンの零戦52型と、誉エンジンの四式戦疾風。海軍と陸軍では、どっちが賢い?

84 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 22:49:06.53 ID:NVXeLlam
>>83
横須賀に置かれた四式戦が
大して評価もされないまま朽ちていったのを見たら
答えは自明

85 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 22:51:31.61 ID:9Dad/+vW
>>84
マリアナで大健闘した零戦52型は凄かったからなぁ。

86 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 22:55:43.69 ID:JEyrRLyj
>>85
あのCAP相手に離脱に成功した機体が多いしね、
壊滅的な打撃を受けたのは無茶な反撃を余儀なくされた二航戦くらい

87 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 22:59:22.83 ID:JEyrRLyj
まぁただ、対機動部隊への特攻機としては四式戦に一日の長があったのは確かだろうね
対輸送船団中心の陸軍の中で、唯一四式戦だけは対機動部隊用として運用されてる

88 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 23:05:43.83 ID:hDBb9wuB
運用されていたが空母に突入できなかった四式戦と米正規空母に見事突入した零戦

ま、こういう単細胞の書き方ならなんとでもかけるわなw

89 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 00:47:55.85 ID:ObJf5cqZ
以前レスした内容だが、陸軍はどう考えていたか?

航空総監部が昭和二〇年初頭に出したガイドラインでは
陸軍特攻は基本的に上陸作戦防禦のため敵上陸部隊のうちとりわけ輸送船を主目標とする
また輸送船団は比較的防御力が弱く攻撃しやすいとみられていた
ただし、それが機動部隊に掩護されている場合は
対機動部隊特攻により空母の甲板破壊をおこなうものとされた

対機動部隊特攻には優速機材が選ばれ、具体的には司偵・四式重・四式戦とされた
突入機は5機以内、掩護部隊は四式戦とし突入機の倍の機数とし爆装、誘導機・戦果確認は司偵なるべく2機
攻撃は夜間・払暁・薄暮攻撃、1機動群に2〜3の攻撃隊を指向する
装備爆弾は500kg以上

対輸送船団特攻は比較的機材、要員ともに劣ることとなることが前提
突入機は1隊6機、機材は一式戦、戦果確認は司偵、または軍偵
装備爆弾はなるべく500kg

そこで装備爆弾は重爆は海軍800kg通常爆弾2発、その他双発機同1発、97戦・2単戦のぞく戦闘機は250kg2発
突入時の存速は270〜300km/hとされた

その後三月上旬には比島作戦の戦訓に基づき進攻、接敵、突入要領の詳細化が図られた
進攻高度は強襲の場合高々度急速接敵、奇襲の場合超低空接敵とする

ただし敵機動部隊のレーダーは優秀であって
進攻高度が中空の3000mで200km、超低空の50〜100mでも40kmで探知されると認識されていた
掩護戦闘機隊は直接掩護を突入部隊の前後、間接掩護を後上方1000〜2000mに配置するとされた

7月には、決戦方面の重点配備戦力として二個戦隊からなる第二〇戦闘飛行集団が編成される
機材は五式戦、当面は特攻掩護制空を任務とした

90 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 01:41:08.05 ID:7o80jdRZ
>>89
レイテの頃
既に対艦攻撃はしてる

台湾航空戦でほとんどの優等機材は損失したので
その後はほとんど出涸らし

99式双軽の部隊が特別に反跳爆弾の訓練を受けた部隊を約20機
疾風が20機くらいで護衛してたが

99式双軽はほぼ全機、護衛空母のFM-2に撃墜され
一機だけ突破して対空砲火にやられた

レーダーあるし、FM-2わんさかいるし
FM-2でも爆装状態で振りきれる機材すら
既にほぼ無い

91 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 02:03:28.06 ID:U4oxV50u
>>89
>その後三月上旬には比島作戦の戦訓に基づき進攻、接敵、突入要領の詳細化が図られた

それなりに戦訓の吸い上げをやってるんだな

92 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 02:06:42.51 ID:lsF4avFP
>>90
四式戦編隊は九九双軽編隊との会合に失敗していた。

93 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 02:19:58.95 ID:U4oxV50u
>>89
>7月には、決戦方面の重点配備戦力として二個戦隊からなる第二〇戦闘飛行集団が編成される
>機材は五式戦、当面は特攻掩護制空を任務とした

111戦隊になるにあたってわざわざ四式戦から五式戦に機種改変してるんだよな

94 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 05:56:48.04 ID:hzBfSnZG
大陸打通作戦←これが藁ねw

どこが勝ってんだよw
殺戮を勝利と勘違いして戦線を四方八方に拡散させて
収拾がつかずにグダグダ()

95 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 07:33:25.39 ID:lennhHhD
>>90
疾風でもF4Fにかなわんとは・・・

96 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 07:38:39.20 ID:5SBSKLmQ
8.9_でも撃墜されるんだろ
しょうがないわな木製ソードフィッシュと変わらんやんけ

97 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 09:06:40.66 ID:ug883Pta
>>94
バグラチオン作戦の輝かしい大勝利の裏には、チンピラゴロツキの情けない敗走があった。

98 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 09:22:51.25 ID:7o80jdRZ
>>92
FM-2側のパイロットは
双軽を護衛してた戦闘機との交戦証言がある
http://togetter.com/li/606322

99 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 10:25:13.90 ID:HmL6S3N8
内容は戦闘機と交戦じゃなくて交戦を避けて99双軽を攻撃したって証言に見えるが…
機動について具体的で面白い証言ではあるな

旋回射撃で横滑りして当たらないってのは低速機に強く起きる挙動で普通はラダーを
踏んで修正するもの
ベテランなら無意識にできるが飛行時間長くてもできない感の悪い人も居るらしい…

100 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 10:39:01.71 ID:LRCTWl/X
艦隊護衛の任務として双軽への攻撃を優先させただけで四式戦が護衛していた証拠には変わりないね

101 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 11:10:38.39 ID:U4oxV50u
>>92
10/24、攻撃の軽爆第3戦隊22機と制空の第1戦隊、第11戦隊の四式戦16機、軽爆隊が出発時の事故で発進が遅れたため、確かに会合に失敗してそれぞれ単独進行になってるね

四式戦側は制空担当時間内には敵一機と遭遇したのみとのこと

102 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 11:22:51.38 ID:0yz6BB0u
この日、第一戦隊と第一一戦隊の四式戦が任務に失敗したことは日米どちらの証言でも一致するね。
どのように失敗したのかは食い違うけど。

「会合失敗による任務失敗」だとしたらこれが一番痛い。敵戦闘機に対して、戦わずして負けているわけだから。

103 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 11:28:31.55 ID:HmL6S3N8
単座戦闘機の航法でしかも陸軍機だからな
巡航速で同行できる百式司偵なんかがエスコースする場合が多いんだけど付いてなかったのか…

104 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 11:54:46.64 ID:U4oxV50u
四式戦戦隊と軽爆隊は同じルソン島のリパから出撃、それぞれ目的地への航法そのものは問題なかったようだ
制空方針(先行して制空か、同行して直掩か)やそれに伴う出発順の認識も双方相違があり、それが相互連携の失敗につながっており、事前の調整不足が要因として挙げられている

105 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 12:14:56.11 ID:HmL6S3N8
戦闘機が先行して敵機の高度を下げさせて上空から攻撃隊が攻撃ってのが理想なんだけどな

106 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 12:29:41.74 ID:LRCTWl/X
巡航速度が異なるので直掩では四式戦の負担が大きくなる

107 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 14:52:05.53 ID:0b6IxdD2
リパからタクロバンまでは約510kmか。

この距離での戦爆連合作戦に失敗したことをどう評するか難しいところだな。

時期と場所が違うが、参考になりそうな数字を探してみた。

ラバウルtoガダルカナルが約1000km、ブインtoガダルカナルが約550km。
高雄toクラークフィールドが約760km。

108 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 14:58:01.02 ID:HmL6S3N8
速度の遅い攻撃機と速い戦闘機が一緒に飛ぶ時はバリカン運動でジグザグに飛んで
速度を合わせたりするな

109 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 17:37:08.97 ID:C4DsgpM/
一緒に発進、集合しないと難しいなあ
ろ号作戦でも敵機動部隊攻撃では連携に失敗して殆ど全滅してるし

110 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 22:45:14.78 ID:HmL6S3N8
一緒に飛んでても護衛無視の一過攻撃にはあんまり意味がないんだよな
逃げた奴を追うと高度が落ちて新手に対応できないしソロモンの戦いで散々経験済み

だから裏をかこうと色々と工夫はしてたんだけど

111 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 23:15:33.43 ID:7o80jdRZ
双軽の攻撃目標は上陸作戦中の艦隊で
ほとんど沿岸、洋上航法もいらないんじゃないかな

4式戦がもたついたのは、飛行場がぬかるみまくってたかららしい
戦闘後の着陸損失・殉職が結構多数発生

FM-2のパイロットの証言にあるように、この辺はアメリカ軍側も同じ感じ

112 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 23:25:01.62 ID:HmL6S3N8
米軍はブルドーザーでならして穴あき鉄板敷けばずっとマシな滑走路になるけど
Bf109も顔負けの狭い主脚でコケル機体は多かっただろうな…

113 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 23:43:37.62 ID:ju2MM0Gy
>>110
むしろズームアンドダイブは零戦とP-38の主流戦法だった模様

114 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 23:55:35.70 ID:zOzfcT8F
ワイルドキャットの主脚の狭さもかなりひどいものがあるしな。
でもあまりあれで問題があったとか日本の本見る限り出てない
ところ見るとアメリカ人の腕がいいか教育制度が優れていたの
か。まあ両方なんだろうけど。あいつらが使うとどんな戦闘機
でもかなり手ごわくなるし。イギリス人お前らはマジでダメだ。

115 :名無し三等兵:2016/03/21(月) 23:58:24.26 ID:7o80jdRZ
>>112
上陸して、占領ホヤホヤの空港だからな
流石の米軍でもそこまで早くできんで

116 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 00:00:04.38 ID:qbjnY/TV
>>114
しかもあの脚手動で上げ下げするんだぜ…
離着陸時のパイロットの忙しさもひどい

117 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 01:05:24.43 ID:xMpfi445
>>114
米海軍の着艦失敗画像を検索するとそれこそどの機種でも山ほど出てくる時点でお察し・・・

118 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 06:30:57.41 ID:o+LGbXFa
>>114
すでに突っ込まれてるけど世傑No.35グラマンF4F,F6F,F8FにはF4Fの主脚の狭い
ホイールトラック幅がしばしば事故を起こす原因になったと紹介されてるな
F4Fの手動の引き込み脚操作が負担でF6FやF4UからFM-2に機種転換したパイロットから
苦情の的になったとも

まあパッと見ですぐ予想できるような欠陥は実際に問題になってる罠

119 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 11:36:03.40 ID:ZJG0wy1T
Bf109やスピットはエンジン架と主翼付け根と主脚部をまとめて重量軽減するために
敢えて飛んでしまえば何の問題にもならない主脚幅の不利を我慢した

F4Fは元々薄翼の複葉機だった設計を単葉機にしたんで最初から翼に収容できない脚を
胴体内に引き込むようになってた
主翼保持部も重心設計の関係で中翼になってエンジン架と片持ち翼の中央翼ボックスに
主脚保持部がバラバラに分散して逆に重量増加になってる

見た目は似たような幅の狭い主脚でもBf109やスピットとは全く別物の残念設計

120 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 14:51:30.07 ID:jpEDhTwO
>>119
おいおいスピットの下面図ぐらい確認しろよ

121 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 15:34:21.75 ID:o+LGbXFa
スピットは翼が薄すぎてタイヤハウスが極端に内側になったんじゃね

122 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 15:54:40.12 ID:WqOdcQLA
>>111
リパからタクロバンまでどんなコースで飛んだかにもよるな。
最短距離で飛ぶにはシブヤン海を飛び越えることになるから海上航法必須だが、
ルソン島の海岸沿いに南下するなら陸軍得意の地文航法で行ける。

ただ、九九双軽はともかく四式戦でこれをやると往復の行程だけで航続距離の4分の3くらいになる。

一般的な戦闘行動半径は往路と復路で航続距離の3分の2、戦闘含むその他に残り3分の1を充てることにして
算出するから、もし四式戦が海岸沿いに飛んだのなら余裕が無い運用だったろう。

123 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 16:54:53.90 ID:YzQgJaLF
>>15
> 日本のマスプロ・テクノロジーのレベルを「まったく考慮していない世紀の駄作”誉”」

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

124 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 17:08:21.20 ID:MXEZgIxm
>>15
> 日本のマスプロ・テクノロジーのレベルを「まったく考慮していない世紀の駄作”誉”」

   9 7 式 中 戦 車 チ ハ

 このすばらしい戦車については、いまさらこと詳しく言及するのもはばかれるほど、
すでに多くのことが語りつくされている。文句なし、文字通り今次大戦のわが戦車のチャンピオン、
当時の世界の戦車の代表であり、世界の戦車の歴史を通じても、その出来ばえにおいて、
そのうちたてた偉業において、これに比肩するものは見出しえないほどの神品である。
 97式中戦車チハが優れた戦車であることを肯定しながらも、装甲が弱い、砲力が弱い、
M4とは戦えないなどといろいろの批評を目にすることがある。
 その多くは一知半解の妄言がおおい。また、もしそうであったところで考えてみられたい。
いったい世界のどこに、これだけ大勢の中国人を効率よく殺戮した戦車が存在するのかと。
まさに殺戮がやめられないとまらない、カッパエビセンであったのだ!!

125 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 17:26:00.03 ID:ZJG0wy1T
>>120>>121
翼の主桁と機体側構造材を見るんだよ
機体で丈夫に作るのはエンジン架と両翼を繋ぐ中央翼の接続部でそこに
主脚の巻き上げ部が来るのがBf109とスピット

翼の主桁の前に主脚を引き込むか後ろに引き込むかがBf109とスピットの違い
どちらでも主脚が外に開く一般的な機体より軽量化できる

中翼のF4Fは複葉機時代の構造が残ってて主脚の保持部が本来上翼と下翼の
保持部になる前胴体上下に付けられてる
主翼の中央ボックスは本来の接続部と別の構造材で保持されてて強度が必要な
個所が無駄に増える羽目になってる

126 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 18:11:23.53 ID:o+LGbXFa
>>125
言いたい事は分かるけどそれって飛行機としてどうかで軍用機としてじゃないよな
翼にハードポイントも付けるだろうし不整地での運用が重要になる場合もある
だから多少の機体の合理化のために運用に不自由が出る設計が優れてるとは思わん

F4Fが無駄に重くなる構造だと思うのは同意だが…

127 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 19:14:26.07 ID:qbjnY/TV
中翼は足が長くなってろくなことがないって紫電が言ってた

128 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 19:33:18.99 ID:ZjKLisdE
だったら逆ガル翼にすればいいじゃないって、流星が言ってた。

129 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 20:10:26.41 ID:KuSMsM3x
翼に脚を収納するF-4なんかは今は古臭く見えるね

130 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 20:39:21.95 ID:qbjnY/TV
>>128
コルセア「あれはあれで特に艦載機にすると問題がな…」

131 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 20:44:23.34 ID:KuSMsM3x
コルセアは視界不良だと思うよ

132 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 20:46:26.78 ID:r5SsfI4U
実は烈風も逆ガル翼

133 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 20:54:56.53 ID:KuSMsM3x
実はF6Fも逆ガル翼

134 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 21:12:43.28 ID:Yh2Ogg5J
今読んでるのはボクガール

135 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 21:30:26.49 ID:tBYSU/pC
F8F「翼端なんて飾りです」

136 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 21:35:56.15 ID:KuSMsM3x
三式戦は零式戦のようなパクリ疑惑が無いのがいい

137 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 22:11:11.15 ID:xMpfi445
零式戦って何?

138 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 22:14:48.15 ID:KuSMsM3x
零式艦上戦闘機を知らないのかい?

139 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 22:22:49.55 ID:xMpfi445
それは知ってる。でも零式戦なんて呼称はしないからね。

140 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 22:34:21.84 ID:KuSMsM3x
じゃ、零式戦闘機で

141 :名無し三等兵:2016/03/22(火) 22:52:33.30 ID:xMpfi445
なら零戦のパクリ疑惑なんてのは存在しないね。
証拠もない、ただの難癖でしかない。

142 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 01:46:55.33 ID:GW+4Cjrh
エンジンは模倣しきれないから
出来る範囲で自国開発………

143 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 02:42:29.01 ID:TvLtyRXr
実用品にパクリ云々とか発想がナンセンス、とくに結果が全てである兵器の世界では尚更。

144 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 09:14:29.71 ID:2x8yZn4d
パクるのって大変なことだよ。
パクったことがあるやつならわかる。
基礎工業力が無いとパクれない。

145 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 10:03:07.72 ID:QRUB094Q
日本の航空機産業は黎明期から欧米メーカーの製品や特許を買ってたんだから
独自開発の部分以外は欧米の技術が使われてて当たり前なんだが…

146 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 12:17:46.23 ID:lnK8KNX4
起源の主張と、そう変わらん話だな

147 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 12:55:19.50 ID:4GHx6s8Q
>>144
中国人を虫けら同様に殺戮した97式な中戦車チハの設計は、ナチスドイツの技術供与による。

148 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 13:48:10.52 ID:YG8hrDMj
>>145
その上、設計の素になってる理論は当時最先端だった研究結果を誰もが使ってるわけで
空冷エンジンで紡錘形の胴体でて低翼でバブルキャノピーだから同じに見える! なんつったらもう世界中がね…

149 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 16:47:57.38 ID:nbqeuVHp
欧米の航空機産業も多国間で特許購入や合併でお互いの開発品を利用しあってた
ライト兄弟でもリリエンタールやラングレーの研究を参考にしてたのにパクリとか意味不明w

150 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 19:48:14.82 ID:yL0dhHM1
欧米諸国もESDパクったからお互いさまやー

151 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:02:16.22 ID:uM8xhX8L
>>145
FW190のBMW801エンジンもP&Wのパテント。
https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW_801

152 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:09:47.10 ID:SjSk94CQ
>>142
人間、目で見える範囲内でしかパクリようがないよね。(聴覚、味覚、嗅覚、触覚を除くとして)

153 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:19:10.42 ID:SjSk94CQ
>>141
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/image.php?qid=1195786676&aid=226682641

154 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:34:42.64 ID:pz7Ew9TB
>>153
意味不明。結局、パクリではないわけだが。

155 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:40:35.30 ID:SjSk94CQ
>>154
意味を教えてあげようか

"なお、本機の外見は零戦とよく似ているとし、性能値に漸近した点が話題になることもある[2]。"
https://ja.wikipedia.org/wiki/グロスター_F.5/34

156 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:44:37.58 ID:SjSk94CQ
"既存のものに似た作品やネタを作ること、あるいは極めて似た作品やネタを発表すること(ネタをぱくった、など。本来は剽窃、盗作)。"
https://ja.wikipedia.org/wiki/ぱくり

157 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 20:58:48.79 ID:pz7Ew9TB
>>155
うん。やはり意味不明だね。
パクリの証拠がまったくないw

158 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:01:13.90 ID:4GHx6s8Q
>>155
妄想に取り憑かれているの?

159 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:01:54.74 ID:pz7Ew9TB
ID:SjSk94CQは無知だから教えてあげるけどw

航空機の世界でパクリというのはTu-4みたいなのをいうんだよ
https://ja.wikipedia.org/wiki/Tu-4_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

160 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:03:50.79 ID:SjSk94CQ
>>157
文盲か?「疑惑」に証拠なんぞあるわけがない

161 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:07:51.07 ID:pz7Ew9TB
>>160
おまえがなw
証拠もないのを「疑惑」とは言わない。
妄想に取り付かれた精神病患者の戯言というんだよ。

162 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:08:22.98 ID:YG8hrDMj
なんだ、カビ生えたようなアホネタを持って来て叩きのめされたら最後は
「ボクちやんが疑惑をもったから、パクリなの〜〜〜!!」ってかw
はいはいそうでちゅねー

163 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:10:13.28 ID:SjSk94CQ
>>159
どうか知らんがJ-31のようなのもパクリと一般的に言われてるよ

164 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:11:48.10 ID:pz7Ew9TB
ID:SjSk94CQは誰か一人が適当に思いついただけでそれを「疑惑がある」と言い張るつもりか?

I「D:SjSk94CQは精神病患者ではないか」と私がこうして書き込めば、
「ID:SjSk94CQ には精神病患者だという疑惑がある」と言えるわけか。

まともな人間生活できんの?これで・・・

165 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:13:43.36 ID:SjSk94CQ
>>161
アホか?証拠があったら疑惑ではない。
証拠があったら「疑惑が晴れる」事はない。

166 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:25:41.16 ID:pz7Ew9TB
精神病患者では何言っても無駄かw

167 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:26:18.70 ID:XD2rKCJo
三式戦なんてHe100のパクリだろエンジン支持付近とかまるぱくり

168 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 21:35:25.36 ID:SjSk94CQ
He100は翼平面形が前縁一直線なところが97戦から始まる小山氏のシリーズに似ているな

169 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 22:16:21.06 ID:SjSk94CQ
グロスター F.5/34は上反角が零戦のようにはついてないが、翼型が同じであるのならかなり黒い、同じでなければパクリとはいえない、と言っとく

170 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 22:22:39.85 ID:50LOqTq5
零戦はボート143を参考にしてるから英国機は関係ない

171 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 22:28:10.11 ID:SjSk94CQ
引き込み脚も大事だが主翼はもっと大事だと思うよ。

172 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 22:35:08.99 ID:Y9vGLOBw
肝心のグロースターF5.34を堀越が仔細に観察した形跡が全くないからなぁ
疑惑ではなく、都市伝説の部類だと思うが

173 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 22:38:09.14 ID:SjSk94CQ
そうだといいね、零戦ファンが幻滅しないためにも

174 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 22:58:38.08 ID:XD2rKCJo
He100のパクリも知らないにわかの零戦パクリの新発見w

175 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 23:10:52.54 ID:VDnxnJAp
グロスターの構造は原始的で学ぶべき点はない
つーか紡錘形、流線型の胴体は七試艦戦からのテーマであってな

176 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 23:36:53.74 ID:PTb0c3AG
>>174
翼が似てなければどうでもいい話

177 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 23:48:20.98 ID:zxs9hXkN
つまり99艦爆はスピットファイアのパクりであり
流星はF4Uのパクりなのだ

178 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 23:54:39.83 ID:PTb0c3AG
テンペストの翼はP-47のに似てるようで違うのでいろいろ飛行特性も違うのな

179 :名無し三等兵:2016/03/23(水) 23:59:50.60 ID:PTb0c3AG
99艦爆はHe70だろ

180 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:02:17.01 ID:2EnhYE+f
>>179
翼が似てればパクリなんだろ?

181 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:06:18.23 ID:sJoAxho2
似てれば...程度にもよる

182 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:08:43.66 ID:sJoAxho2
平面形、寸法、翼型、全て同じなら完璧なパクリだな

183 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:12:10.74 ID:rDG/1iLG
>>133
違うよ。F6Fの内翼部は水平だ。

184 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:22:11.26 ID:9O3gj+1K
紫電改は零戦のパクリ


というか戦闘機経験の少ない川西スタッフが伝説的な零戦を参考にしたのではないかと想像
腕比変更装置といい自動空戦フラップといい、局地戦闘機のはずなのに零戦を意識してるかのような装備が

185 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:26:56.56 ID:7MuEH+6q
やはり、このように緩い後退翼+緩い逆ガルくらいのオリジナリティが欲しい

http://livedoor.blogimg.jp/hyamagu3/imgs/b/5/b5e6e14d.jpg
http://q-zon-fighterplanes.com/wp-content/uploads/2010/06/Blackburn-B48-Firecrest.jpg

186 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:46:00.93 ID:sJoAxho2
>>183
翼の根元のほうで曲がってさえいればガル翼と言うそうだよ。だからF6Fは逆ガル翼

187 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:51:35.02 ID:ENkyRPRd
内翼が水平なら「逆」とはいわんだろ。ただのガル翼

188 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 00:58:59.73 ID:/KwD1A3F
ガルウィングってI-153の上翼みたいなやつだぞ

189 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 01:07:02.05 ID:ENkyRPRd
失礼。間違えた。F6Fまで含めるとタイフーン、テンペストや烈風も逆ガルになってしまうな

190 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 01:22:53.61 ID:jiIaSJUb
翼の付け根が下反角でなくても普通に逆ガル翼に含まれる
低翼でもプロペラ直径が大きくできる脚を短くできる等のメリットは変わらんし

191 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 09:35:01.38 ID:rDG/1iLG
>>190
俺様定義を展開されてもねー
ばーーーーか

192 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 09:53:43.04 ID:pn6BxpVd
ええやん。どんなでも。紫電改は誉ヌキでも良い機体だったみたいだし。

ところで紫電改には金星積めなかったかしらん?

193 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 10:42:11.94 ID:mhYG7uOc
F6Fの正面図見れば分かるが主翼付け根はわずかに上反角の付いてる二段上反角
付け根が下反角になってないのは逆ガルとは呼ばれないのが普通

二段上反角だろうが逆ガルだろうが主翼桁の変形分割が必要なんで強度的には
重量増加になって不利だが艦載機で折り畳み翼ならどうせ分割部ができるからな

194 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 13:28:24.53 ID:PbegyBiM
内翼部は上反角ついていないよ。
生産性向上の為直線の貫通材が左右貫いてるんだから。

195 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 13:40:44.31 ID:mhYG7uOc
>>194
あの程度の上反角なら主桁をV字にしなくても上下幅を変えるだけで付けられるんよ
元々翼端に向かって細くなってるから

196 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 13:49:45.35 ID:PbegyBiM
だから上反角なんて付いてないってw
どこのお絵かき図面見てるんだよ。

197 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 13:54:18.41 ID:mhYG7uOc
>>196
世傑の折込三面図だが?
機体の基準線と主翼のキャンパー中心線みればわずかに上反角が付いてるのが分かるな

198 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 15:43:05.37 ID:jiIaSJUb
>>193
だから軍用無視過ぎだろ折り畳み機構無しの陸上機でも逆ガルの機体はいっぱいあるし
翼に重量物吊るんで耐加重やハードポイントが低くできるのも利点
バヤオ大好き九試艦戦も折り畳み無しのガル翼だったな

199 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 16:28:05.50 ID:mhYG7uOc
堀越技師は正式の96艦戦じゃ楕円翼に変えて次の零戦はテーパー翼にして
烈風でまたガル翼にしたりで単なる試行好きだろう

土井技師は三式戦の改良で翼型を層流翼にしようと提案した部下にそんな
生産の負担になる改良は要らんと否定した逸話があるな

200 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 16:34:57.95 ID:1UtoxyLF
でも土井さんが生産負担が空冷の倍以上もするエンジン選択してるシナ。

201 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 16:42:51.04 ID:mhYG7uOc
いや事情に詳しいわけじゃ無いが開発経緯を見ると陸軍がドイツのBf109の活躍に
目を奪われてDB使った水冷戦闘機を作れと川崎に命じてる
土井技師はDBに合わせて機体を設計しただけでエンジンの選択には関わってないだろ

202 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 18:15:29.46 ID:PbegyBiM
事情に疎いだけじゃ無くて知識自体がないんだろ。
世傑は新しい方のNo.71の方はマニュアル転記の寸法基準表が載ってるが(故に長さはインチ表記)内翼部は水平、外翼は7.5度になってるよ。

それにガル翼連呼してる物もガル翼じゃなくて逆ガルだってーw

203 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 18:58:33.31 ID:jiIaSJUb
ガル翼書いたのはミスだった吊られた馬鹿は知らんけど(笑
で世傑の方はF6Fは逆ガル翼となってるのかね?

204 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 19:52:58.49 ID:sJoAxho2
世傑買い漁ってたころは2ちゃんの準拠本になるとは想像だにしなかったw

205 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 21:04:08.22 ID:sds8d5lk
正面からみた写真だと僅かに上むいたり下向いたりでガル翼や逆ガルに見えるから古い世傑の図面はそういうの見て起こしたんでしょう。
F6Fは構造的に内翼部分に角度をつける意味がない。
折り畳み部から上反角を付けたのは構造的に(生産性からも)意味があるんだからね。

206 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 23:24:55.37 ID:DWx+lbOe
もしグロスターの設計図を盗むというP51の空力特性をスパイに盗ませた
レッドサンブラッククロスの日本並みに技術を盗むのに努力を傾けるなら
グロスターなんぞのを盗まないで普通にもっと優れた機体のを盗ませただ
ろうなあ。

207 :名無し三等兵:2016/03/24(木) 23:54:11.65 ID:jiIaSJUb
P-51は元々アリソンに合わせた低空重視設計の機体がマーリン載せたら高空でも
奇跡の高性能を発揮しただけだろう…
盗むも糞も未だにオカルト理論で説明しないと速度が出る理由がわからないレベル

208 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 04:50:59.68 ID:+0lODbsv
P-51、、、そうだったのかw P51が凄いのか、マーリンが化け物なのか、、、

209 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 04:53:33.89 ID:kRAZuWG8
まあグロスターよりもV143の方が優れてるよなあwそれが実物が目の前にある時点でさあ。
スパイ使ってグロスターの設計図盗まねえだろw

210 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 08:30:19.59 ID:1AwVFcA1
>>207
失速特性が高い機体が低空重視とな........

211 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 08:44:30.50 ID:1AwVFcA1
P-51は社運賭けた機体だから
いろいろ合理的な新設計が入ってる
生産性もいいしね

ノースアメリカンはその後も名機をいろいろだしてるから
堀越みたいな零戦以外ダメだったのと一緒にしたらアカンで

212 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 10:56:46.76 ID:u3DYVCU7
>>210
失速の前触れが分かり難いなんてのは実際に作って飛ばしてみないと分からんからな…

213 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 11:39:04.68 ID:N+en3l5M
低空と低速を勘違いされてもねー
層流翼が悪いのは低速時の失速特性であって高度は関係無いだろw

214 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 14:00:08.04 ID:7UiLJoo/
三菱の一主任設計士な堀越技師一人とノースアメリカン社を比較してドヤってるアホは何なんだw

215 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 14:40:45.14 ID:4hqlH5fZ
いやP-51の速度はそこまで魔法じゃないず

216 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 17:24:33.53 ID:h1aMzwHL
三二型だけは翼の形が違うからグロスターのパクリ疑惑を解除してあげよう。

そして、一式戦はP-36のパクリであることに気がついたよ。
上から見た翼の形がそっくりだ。

217 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 17:40:00.59 ID:vYuz4eO/
似てれば何でもパクリか…

218 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 17:46:41.76 ID:TLnHHDWH
その似てるも恣意的ないいがかりではな
ムーとか本気で信じてるアホの子なんだろうなぁ・・・
親御さんが可哀想だ

219 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 18:03:22.66 ID:4hqlH5fZ
つか今更ながらの弱小列伝のパクリでしょw

220 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 18:34:32.30 ID:EY/a47g3
そもそも金星62型を別の機体に搭載してる場合じゃなかったし5式と金星62を量産すべきだったんだけどな
エンジンさえ容易してくれれば3式金星62型という限りなく酷似した機体を容易できたのだが

4式とか艦上戦闘機以前に真っ先に5式というまともな最低限の性能をもった迎撃機を優先する手配がないと駄目だろう

5式は普通の空軍計画からすれば最優先の機体だったしより早く量産することは難しくなかったと思う。
無駄な自滅機の海軍機や、4式作ってる場合じゃなかったろう。
あんな重要な計画が平然と無視されてしまうあたり、政府や天皇の政治指導力がまともに働いてないことが現れてる

日本はとにかく資源、化石、鉄鋼を非効率的に使いまくったけど、真っ先に5式を開発して量産してレーダー、防空砲も含めて防空警戒体制作るしかないわけだ

221 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 18:45:18.18 ID:TLnHHDWH
>>220みたいな後知恵が許されるのは小学生までだよねw

222 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 18:54:24.54 ID:61V1OHco
>>216
ほんとだ、翼の後縁の角度がほぼ一致してるな。隼の前縁は一直線でP-40の前縁は少し角度がついてるけどな。問題は翼型だ。

223 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 19:06:28.37 ID:/GNejq0z
当時は、よっぽど酷い機種じゃなければ、ベテラン搭乗員が乗ればソコソコ戦えた。
五式戦闘機は、トータルバランスに優れた機種だったから、ベテラン搭乗員から高評価を受けた。

224 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 19:07:57.64 ID:qRkMpja+
苦し紛れの一手が「最優先の計画」?
「真っ先に開発」?
何を言っとるのかねチミは

225 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 19:46:35.82 ID:ntvpmVwL
オレも震電がライトフライヤーのパクリだという事に気づいてしまったぜ!

226 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 19:47:08.55 ID:52tGe2PB
まぁ確かに自分たちのことを合理的かつ客観的に理解していれば
ハ40やら誉やらは作らんかったろうねぇ
でも指導力の問題ではないと思うぞ笑

227 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 19:57:15.00 ID:61V1OHco
アメリカが疾風を最優秀機言ってるのはトーマスマクガイア搭乗のP-38撃墜によるものもあるだろう。第2位のエースパイロットに敬意を評して...

228 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 20:15:51.28 ID:4hqlH5fZ
まー合理的かつ客観的というならそもそも戦争しないっていう

229 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 20:24:15.90 ID:01HZjj8L
P-40って太平洋戦域では航続力不足で消えていったのは分かるけど
欧州戦線では何で消えていってしまったんだろ

230 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 20:52:32.74 ID:TLnHHDWH
欧州でも航続力不足でしょ。B-17、B-24の護衛ができない

231 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:07:43.11 ID:0KQNyo3/
アメリカで日本陸海軍最優秀機と紹介展示されているのは紫電改
疾風はどーでもいいのでほっとかれた、テストパイロットがスゲーって感想をいった程度

232 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:07:44.88 ID:xOa0ksMZ
ソ連にはより駄作機のP-39あげたし
イギリスにはそもそも必要ない

233 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:09:11.98 ID:1AwVFcA1
P-40はソロモンの戦いではほぼ主力だろ

基本的に
ニューギニア北の日本軍と
南の連合軍の戦いで

こっちがメイン、それほど距離はない

海軍の零戦がフルボッコにされたので、後半のラバウル航空隊は
陸軍が主力

ガダルカナルは南のポートモレスビーを攻めきれなかった海軍が
適当に手を出しただけ

234 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:12:19.62 ID:5W19kzPb
>>227
隼三型( ^ω^)・・・

235 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:28:06.22 ID:TLnHHDWH
>後半のラバウル航空隊は陸軍が主力

またそういうウソをつくw

236 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:43:18.17 ID:7smpK9H7
>>227
マクガイアをマニューバキルに追い込んだのは隼の方ですよ

237 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:56:10.45 ID:61V1OHco
ベテランパイロットが日本機と同じ土俵に立って無理な急旋回をしたとは思えないが。今となっては真相は闇の中。

238 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 21:58:18.06 ID:qRkMpja+
そもそも零戦がP-40を終始圧勝したという証拠はない

239 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 22:04:57.61 ID:5W19kzPb
>>237
隼に追われている僚機を救援しようとして増槽を付けたまま低空で無理な
機動を試みた為に失速墜落。マクガイアはこれらの機動をマニュ
アルを作って部下に配布して戒めていたのに自ら禁を犯して戦死とは。

240 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 22:09:54.48 ID:61V1OHco
>>239
誰の証言・目撃なんですかね

241 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 22:13:28.82 ID:5W19kzPb
>>240
四式戦搭乗員福田軍曹とマクガイアの僚機パイロットの証言。

242 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 22:36:21.13 ID:61V1OHco
じゃあこれ嘘書いてあるのか

"僚機の証言や資料によっては一番初めに杉本機によって落とされた機体がマクガイア機であったとも、
杉本機を追って無理な急旋回を行い失速・墜落、または福田機に背後をとられた僚機を救出するため急旋回を行い失速・墜落したともされ、
実際の詳しい戦闘・戦死の状況は分かっていない。"

https://ja.wikipedia.org/wiki/トーマス・マクガイア

243 :名無し三等兵:2016/03/25(金) 22:59:09.38 ID:01HZjj8L
>>238
P-40のラバウルでの戦績はP-38より良いくらいだからな

244 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 00:07:13.00 ID:MQt5qDZC
>>242
両論併記で一見公平に見えてその実疾風贔屓の見解だな
丸に掲載された本人の手記と秦氏の記事をちゃんと読めばそのような記述にはならない

245 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 00:28:58.47 ID:DEvj/mAs
5式戦は過剰な高評価ってイメージしか無いな。
なんでこのスレこんなに活発なの?

246 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 00:49:02.25 ID:bbJG62fB
英語版では杉本の隼説だな
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Thomas_McGuire

247 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 01:18:26.52 ID:Akwxm70v
米軍側から隼と疾風の区別が付いたかどうか怪しい…というか無理じゃね
日本パイロットでも部隊標識やアンテナマストが見える所まで近寄らないと分からんと思う

248 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 01:27:53.00 ID:07x/HvKo
米軍側証言に拠ると杉本機と福田機を同一の日本機と判断していた
のでマクガイア機とリトメイア機の墜落は福田軍曹の証言とは時系列
が逆転している。

249 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 01:43:37.80 ID:sMccIFBV
同一機なら両方福田軍曹が落としたということでFAだな。

250 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 06:25:35.52 ID:X6UmdVIQ
>>245 毀誉褒貶があるということは議論の余地があるということだし
終戦間際、比較的経験と実績のある少なくないパイロット複数名が
異なる機会に「四式戦よりずっとマシ」と証言しているのでまぁ
70年後の僕らの興味を引き立てるのには充分な材料なわけで別に
議論されるのはいいんじゃないの?
君みたいなアンチはタイトルがageになっているだけで不愉快なんだろうけれど。

251 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 08:25:46.51 ID:sMccIFBV
丸2014年6月号

一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

小峰文三

252 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 09:20:01.53 ID:yACQ+jLF
>>251
金星零戦最高や!紫電改なんていらんかったんや!

253 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 10:11:12.86 ID:B3ZKQ2i6
二式戦より遅くて
四式戦(乙)より軽武装で
一式戦より鈍重で
九七戦より信頼できない

254 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 10:23:11.61 ID:fy36rB6l
そんなポリカルポフの私はなりたい

255 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 11:05:59.51 ID:A/sqjCL0
隼に金星積めばいいんじゃね

256 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 11:07:07.92 ID:CFUEI39r
一式戦より重く
二式戦より遅く
三式戦より不細工で
四式戦より数が少ない

257 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 11:15:17.04 ID:Dias8NqQ
零戦は翼が高揚力過ぎて相当高高度向きエンジンにしないと最高速は伸びないな
P-51くらい高高度で速度が出れば紫電改みたいに急降下で浮き上がりが抑えられない
なんて事にはならん

258 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 13:24:08.98 ID:9GAL4nF9
アパッチより強く!
F-16より強く!
F-111より強く!
どれよりも安い!!

259 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 13:24:49.58 ID:qnwpGCo/
クリプトン成人よりは遅いがな

260 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 13:42:25.92 ID:coXtZYfZ
>>245
終戦間際で生産数少ないし
それだけ飛んだ回数も少ない
証言や資料もごく僅か

想像で語り易い下地が揃ってる

261 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 14:17:22.70 ID:GffZ+zph
金星1500馬力が1942年に生産できてればなあ。

262 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 14:42:08.78 ID:gc7r9hjd
1500馬力といったら鍾馗の火星と同じだからな

263 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:05:37.03 ID:xyu6B/XF
>>245
疾風の3倍も強けりゃ高評価は当然

264 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:24:53.49 ID:GffZ+zph
疾風の三倍強いって政治評論家が言う解散総選挙の可能性80%とか
根拠ない数値と同じだろ。

265 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:31:22.03 ID:rxIJV862
昭和20年の金星六二型は1500馬力も出ないよ
水メタ装備の発動機はだいたい非装備の水準まで落ちていたと考えた方がいい
額面割れしていた司偵用のエンジンを持ってきて付けた試作機も同様
水メタを積まなくてもいい分だけ金星五x型搭載の方が性能が高かったかもしれない

266 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:34:51.57 ID:2EB71plq
つまり隼V型は実質的に零戦52型と大差ないってこと?

267 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:39:25.27 ID:rxIJV862
四式戦は日本のFw190だから
上昇力と操縦の機敏さがないので劣位を逆転できない
フィリピン戦でそれなりに戦えたのは日本側の方が情勢が有利だったころだけ
敵より数が少なくしかも相手が単発機だと辛いだろう

268 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:41:22.72 ID:rxIJV862
>>266
そもそもカタログスペックで大差ないですし

269 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:42:41.66 ID:wWF05nf/
あなたは疾風を信じなさい
あ、ホレ信じなさい

270 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 15:43:26.96 ID:vbLbq9y6
エンジンは疾風のハ45より五式のハ112IIの方が扱いやすかった
三舵のバランスも良く機体も頑丈で思い切り振り回せた
スペックに現れない部分での使いやすさというものが好評価に繋がってるんでしょう

271 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:06:49.59 ID:rxIJV862
四式戦は航続距離の長いFw190でFw190Aはロールが速い四式戦
数や体制が対等ならP-51とも戦えるけど、哨戒力も数も劣りがちな大戦後半では機敏な方がいい
五式戦が遅いといっても、最大速度は決定的条件じゃない
P-39やP-40は零戦二一型より一割程度も最大速度が速いけどよくて互角にしか戦えなかった

272 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:07:02.25 ID:xyu6B/XF
>>264
五式戦1機が疾風3機と模擬空戦して勝てたんだから凄いと思う

273 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:11:22.80 ID:A/sqjCL0
日本が欲しかったのは航続距離の長いF8F

274 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:17:29.84 ID:2EB71plq
>>273
エリコンを変なカラクリくっつけて魔改造するくらい
火力強化に飢えてたのにイスパノ4門で満足するわけがない
烈風改で5式30mmが六門なんだぞ

275 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:23:02.36 ID:gc7r9hjd
急に武装の話?

276 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:36:39.04 ID:5OBXvx2a
>>262
雷電混じってますw

277 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 16:47:19.29 ID:rxIJV862
二単が火星一x装備だったら稼働率がずっと上がるし
U型相当の空戦能力が開戦時から付与されるけど
航続距離が太平洋で戦うレベルじゃないな

278 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 17:14:11.99 ID:XbZQt7Lg
>>258

A-10ですか?

279 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 17:43:13.48 ID:GffZ+zph
2式単一型はもう増加試作機という扱いな気がする。

280 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:14:30.56 ID:3FpokbBh
>>262
P-51Dのマリーンエンジンも1500馬力だよ。

281 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:17:42.99 ID:3FpokbBh
>>271
実戦では水平速度より上昇力や急降下速度が
物言うからね。

282 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:21:32.08 ID:rubH7n6V
稼働率とか工数とか完成度とかを数値化してトータルで装備を評価して把握してなかった
だから稼働低い機体を増やして高い機体は作らないとかいう矛盾があった。

単に稼働率だけでみれば一式×1万機+5式×1500機もあれば累計2-3万作った機体分稼働できた
0式や4式の戦力錬成計画の誤りは、稼働率が低いため性能以前に応戦できないことにあった

あれなら単に1式と5式で戦うほうが合理的で物資も燃料も節約がきいた
空母がそもそも不要で、0式4式、極地戦闘機ああいったたぐいの装備が真っ先に無駄だった

283 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:23:57.77 ID:GjBKy+bN
>>264
単なる個人の感想を、あたかもこれが定説だみたいな。陸軍機は競合他機種にもかかわらず、
四式戦闘機の生産数が残り一年で3500機になるのに、この機が最悪ただったというのは意味不明だ。
まるで太平洋戦争は気が狂った日本軍部の引き起こした、非合理極まりない狂気の産物だったみたいな。

284 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:26:48.81 ID:XEAW2b27
>>282
>0式や4式の戦力錬成計画の誤りは、

太平洋戦争が起こったのは日本軍部が発狂したからだぁ?

285 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:36:54.88 ID:cQWvmY+O
気が狂ったというのもあながち間違いではないがな
ドイツの尻馬に乗っかったと言いかえることも出来るが、いずれにせよ(アメリカからの締め付けがあったとはいえ)限りなく勝算の低い戦争を自分から吹っ掛けたわけだから
そしてそんな戦争を振り返って「こうすればよかった」などと後知恵で知ったふうな口を利く馬鹿も気が狂っている

286 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:42:19.46 ID:LvSor6xB
>>285
>ドイツの尻馬に乗っかったと言いかえることも出来るが、

ナチスドイツ勝利に国家の命運を託すのなら対ソ戦しかないはずだが?

注目すべきことは,リュティが,ソ連の侵略行動を,たんに第二次大戦の時点におけ
る現象としてではなく,「過去500年間の90年間というもの断続して」「同じ敵」から
攻撃された,という表現が示すようにほとんど歴史的宿命としてとらえていることであり,
東方からのこの「常なる脅威」を次代の者のために粉砕することを,この自衛戦争の
目標として挙げていることである。つまり,ここでは,歴史的な敵対者として指定され
たソ連の徹底的な弱体化の予想のうえに立って,防衛戦争が説かれていたといえよう。
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/5052/1/KJ00000113014.pdf

287 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 19:52:25.42 ID:Akwxm70v
零戦は元々艦隊防空用の少数生産の予定だったから工数より性能追求してたんだが
日米開戦前から連合側支援のために量産指向だった米軍機と一緒にされてもね…

288 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 20:11:15.36 ID:KWgzo4zu
>>280
V-1650-7の離昇出力はブースト圧抑え目の1490馬力だが、最大馬力は1720馬力

289 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:21:56.25 ID:C/68yNal
>>164
>ID:SjSk94CQは誰か一人が適当に思いついただけでそれを「疑惑がある」と言い張るつもりか?

>I「D:SjSk94CQは精神病患者ではないか」と私がこうして書き込めば、
>「ID:SjSk94CQ には精神病患者だという疑惑がある」と言えるわけか。

>まともな人間生活できんの?これで・・・



残念ながらグロスターF.5/34と零戦は世界で普遍的に関連があるとされているようだ。
例えばこのドイツ語のサイト
http://www.fliegerweb.com/de/lexicon/Geschichte/G-0

290 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:34:49.61 ID:uGoPSvvI
>>289
ドイツ語で書いてあることは何でも信じるのか? またドイツ語は世界共通語なのか? それともわが闘争?

291 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:37:38.25 ID:2EB71plq
>>287
エンジン2つ、排気タービン2つのP-38を
量産する積もりだった無茶苦茶国家と比べられましても

292 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:41:10.56 ID:C/68yNal
>>290
他の言語の例も取り上げて欲しいのか

293 ::2016/03/26(土) 21:43:14.68 ID:47KFDlrz
>>287 零戦は元々艦隊防空用の少数生産の予定だったから工数より性能追求してたんだが

それを大量生産させたところなんかもまったく非合理的でクソやなぁ・・・

294 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:44:24.34 ID:hlZ43m3c
>>292
やっぱり「わが闘争」ねw

295 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:47:24.90 ID:lezXdKxZ
ID:C/68yNalは何処の国にもオマエみたいなバカがいて嬉しかったんだろうw

296 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:47:41.52 ID:EjVb6sMK
>>289
>残念ながらグロスターF.5/34と零戦は世界で普遍的に関連があるとされているようだ。

ところでイギリスの核開発はソ連の三年遅れって知ってるか?

旧ソ連の核開発
1949年 8.29. セミパラチンスク核実験場で原爆実験に成功し、アメリカの原爆独占を終結させる
1953年 8.12. 水爆実験に成功
イギリスの核開発
1940年 原爆生産の可能性を検討する科学者委員会が設置される
1943年 アメリカのマンハッタン計画に参加
1946年 原子力研究所を設立し、独自の原爆開発計画を推進
1952年 10.03. オーストラリアのモンテベロ島で原爆実験に成功
1957年 5.15. クリスマス島で水爆実験に成功
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/Peace/J/pNuclear1_1.html

ソ連の核開発はイギリスよりも3年早く、アメリカの世界一極支配に終止符をもたらした。
ソ連の核兵器は一人の人間も殺すことはなく、世界平和に貢献した清潔な核兵器だった。
ソ連の戦争は祖国防衛戦争で世界を変えたが、イギリスの戦争はただの植民地戦争で影響力ゼロ。

 あ り が と う ソ 連 邦 !

297 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:49:18.06 ID:EjVb6sMK
>>294
大ベストセラーだけど、あの本信じてソ連を攻撃した結果…

298 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:49:30.95 ID:C/68yNal
>>294
君一人の主張と一般的なドイツ人の主張とどっちをとるかと言われたら後者をとるかなあ(笑

299 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:51:14.55 ID:EjVb6sMK
>>298
>一般的なドイツ人の主張

わが闘争?

300 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:52:16.47 ID:l1t8mWk3
>>288
V-1650-7 は2000馬力でてる
http://www.wwiiaircraftperformance.org/mustang/V-1650-7-25lbs.jpg

301 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 21:54:55.68 ID:C/68yNal
>>299
自分というものを持ってない可哀想な人

302 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:12:35.50 ID:rxIJV862
零戦は首なし機が待機してて、完成機もテスパイ待ちで滞留してた
機体の工数が少なかろうが多かろうが大勢に影響はない
航空機生産の隘路は発動機の生産であって機体じゃない
滞留機がいるからといって発動機の生産もどうでもよかったかというと違う
テスパイが足りてなく配備数が少ないと、余計発動機の予備や部品がいる
結局大事なのは発動機の生産性だ
四式戦と零戦を同列に語るのは誤り

303 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:16:34.00 ID:2EB71plq
>>302
海軍が必死に作った誉を横取りしていく陸軍が悪いのか
貴重な誉を銀河に彩雲にと無駄に使いまくる海軍が悪いのか

304 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:23:22.06 ID:rxIJV862
>>303
誉やハ43は気筒は多いし新機構は盛ってるし生産力を考えただけで望みが薄い
昭和20年になるまで投入してよい製品じゃなかったと思う
14気筒で限界まで迫ってみたほうが絶対によかった
しかしもとから稼働率が下がりやすい双発機や稼働率が命の艦上機に採用した海軍のセンスがより以上かな

305 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:40:47.93 ID:2EB71plq
>>304
瑞星・金星・火星・栄・護・ハ109

太平洋戦線で使う事を考えれば燃費喰いのエンジンは
単発戦闘機には使いたくないので、事実上栄一択よなぁ・・・
三菱系のエンジンの抜本改良を行うくらいなら、18気筒に注力した方がまだマシだし

一例として火星で主力戦闘機を作るとして、
雷電を母体にして水メタタンクを諦めて120Lぶんガソリンに回したとしても、
胴体内タンクで1300kmに届くかどうか

306 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:50:43.02 ID:x5rr3s9l
結局、飛龍に頼るのがなんとも残念感

307 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:55:09.41 ID:UbbyMACM
前縁の角度が〜 ってのがパクリ疑惑になるなら、さぞや他の機体も全部調べたんでしょうねえ…
あの時代の空冷機をNACAの紡錘形理論で作ろうとすりゃだいたい同じ形になるわ

308 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 22:55:33.30 ID:bq+8mWbJ
発動機については異論がある
誉は陸軍・海軍共用という話だったが
海軍が100オクタンガソリンベースのエンジン開発を主張して強行
開戦当時のハイオク燃料は敵国アメリカの密輸品で開戦一年目でほぼ消費
国内企業に同等品を要求するが手作業で研究所レベルの生産量がやっとの始末

戦前に欧州から小型プラントを調達してた実業家から強引に譲り受け
精製所を本格操業始める寸前になぜか米軍の大爆撃にあい焼失
仕方なく陸海軍ともに91オクタンに水メタノール加給機で誉エンジンを使用し
実戦投入するが勤労学生による工作不良続出で計画出力が出せず
零戦の後継機烈風の試作では公称2000馬力がベンチレスト1300馬力が発覚
烈風の開発延期という惨状に追い込まれた

これだけでなく潤滑オイルから工作機械の切削オイルまでが欠乏し
ほとんど勤労学生のヤスリ一本が銃後の支えという有様で帝國は崩壊した。

309 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:02:47.28 ID:l1t8mWk3
>>308
戦前に欧州から小型プラント なんてあるわけねーだろw
あのハイオクはイギリスですら
生産設備は無く、輸入だからな

何処の会社が作ってたのも知らんだろ

それと米軍が使ってたのは100オクタンではない
だから馬力競争に負けた

310 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:02:57.41 ID:GffZ+zph
アメリカと同盟組んで戦うという架空戦記的な展開ならエンジンの系譜も
面白い事になってただろうね。

311 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:05:40.64 ID:XbZQt7Lg
戦前、まだ禁輸措置が取られる前に、ドイツの様に本格的に人造石油の研究と必要な資材の調達をしておかなかったからな。
戦争始まって足りんとなってから、慌てて研究に力を入れ始めても遅いわな。
最終的にドイツでは96オクタン価のガソリンと潤滑油は、人造石油が9割近くを賄った。

312 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:08:59.08 ID:l1t8mWk3
>>311
ドイツの95オクタンの精製方法と
アメリカのハイオクは根本的に精製方法が異なる

だからドイツは95オクタン止まりまでしか作れなかった

アメリカはどんどんハイオク自体を高性能化していった

313 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:10:20.00 ID:2EB71plq
BMW801Dのライセンス権でも買っときゃ良かったんかね

314 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:16:21.42 ID:GffZ+zph
1941年に戦闘機用1500馬力エンジンがないというのは致命的だよなあ。
栄と誉の間が存在しない。

315 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:16:23.19 ID:l1t8mWk3
英語の方のR2800の
https://en.wikipedia.org/wiki/Pratt_%26_Whitney_R-2800_Double_Wasp

Fuel type
を見れば、どういう燃料使ってるか書いてある

金星やら誉じゃ根本的なところで別次元

316 :名無し三等兵:2016/03/26(土) 23:37:11.38 ID:EjVb6sMK
【傑作機か】四式戦闘機疾風Part20【欠陥機か】
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1391685435/

Aircraft production of all types, including training planes, was stepped up from 700
planes per month in the summer of 1942 to 2,572 planes in September 1944.
Aircraft engine production was not only increased correspondingly in numbers,
but average horsepower was doubled.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

>average horsepower was doubled.

競合他機種な陸軍機でかつ残り一年な四式戦を3500機生産した日本軍部はキチガイということなら、
それ以前に太平洋戦争を決断した日本軍部はキチガイということになるはずだ。
四式戦は誉エンジンが悪かったというが、栄エンジンの零戦52型は防弾が悪かったといわれる。
また太平洋戦争は連戦連敗だが大陸打通作戦は連戦連勝、制空権の無い戦場で地上軍がどうやって進軍するのか。
バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
対日戦争はおまけで日中戦争はおまけのそのまたおまけというなら、仏印進駐やハルノートもおまけとなる。
何のためのシェンノート空軍だったのか、また朝鮮戦争のソ連義勇空軍と比べてどうなのか。
米国はソビエト大祖国戦争と中国抗日戦争を支援したのに、これでは恩を仇で返されたことになる。
ちなみにトルーマンはヨーロッパの戦いが終わった後の1945年7月にスターリンとのポツダム会談に臨んでいる。
なお連合国と日本との戦争終結は1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約であり、
第二次世界大戦と朝鮮戦争とを別々に切り離すことは出来ない。
1943年のカイロ宣言と1952年のサンフランシスコ講和条約では台湾の扱いが違っているが、
これは連合国は対日戦争方針を、戦争終結までに大きく変えたことをはっきり示している。

あるいは米国にとっての真の敵はナチスドイツでも大日本帝国でもなく、ソ連と中国だったということなのか?
日本軍が嫌いで、日本軍のやることなすこと全てを否定しないと気が済まないのか?
あるいは大日本帝国の底力が発揮されるのは、五式戦闘機が出現した1945年3月以降だってか?

317 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:18:36.42 ID:lKPoCZwU
>>305
栄は額面通りの出力が発揮できるのが実戦配備から1年以上後なのが問題だな
昭和17年における2号零戦の評判も発動機に関する限りとても悪い
ハ5系列を弄らないで栄一本槍でいくなら見劣りしないペースだったかもしれないけど

陸軍はハ40を選択する位だから燃費は気にしてない
海軍の場合も雷電が無謀だとわかっていたら金星に換わっていたと思う
昭和17年にも金星換装が打診されて、三菱はこれを断っている。これが転機

318 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:25:20.45 ID:lKPoCZwU
>>315
金星やら誉やらの話は出力云々以前の問題だよ
どっちも予定通りの性能が出てなかったことには異論がないだろ今どき
問題は額面割れでも装備機を作戦できたか否かという点

319 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:37:45.28 ID:lKPoCZwU
一式戦V型が善戦したのは中部太平洋や外南洋より有利な戦況で適切な運用をした結果
投入できたのも昭和19年後半と遅い
一式戦U型の推力式排気管装備機を使い続けたほうが航続力でも稼働率でもよかっただろう
能力は零戦五二型と一式戦U型推力式排気管装備機と横並びだし本当に1300馬力も出てたのかね

320 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:41:25.45 ID:6FtdkC7K
>>318
稼働率の低下は、工作精度以外にも

結局、ここまで出力差があると
日本機は常に緊急出力に近い稼働を余儀なくされる
逆に米軍側は常用域で悠々稼働できる

緊急出力は制限時間まで使ったら、オーバーホールなので
予備機・予備エンジンが無い場合、即稼働機が減る

これが台湾沖航空戦でのように3日で1000機あった稼働機が300機なんてことになる

321 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:42:40.31 ID:qhUL/Jp3
国力小さいくせに色んなエンジンに手を出し過ぎなんよな
瑞星・護・ハ5・ハ40・ハ44系列は開発を続けない方が良くて、
残り余力を金星・火星・ハ109・ハ43・栄・誉・ハ51に全力を傾けた方が

322 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:48:11.10 ID:lKPoCZwU
額面割れの金星六二型で飛んだ五式戦や零戦六二型こそ、1300馬力戦闘機
急改造ゆえプロペラ径が無駄に小さいことを考えれば一式戦V型の能力は本来これを凌駕しなければならない
20ミリ機銃と13ミリ機銃を2丁ずつ搭載して、ペラがたったの3.0mでも最大速度が時速572qとか580qなんだよ
一式戦V型がそれなりに戦えたのは発動機が新型だったからじゃなくて作戦指揮が適切だったから

323 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 00:58:14.34 ID:EoSbZgjO
>>322陸軍はそんな感じだろ。海軍は作戦がへたくそというかさ搭乗員の損耗を
考慮しないようなやり方ばかり

324 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 01:09:03.06 ID:lKPoCZwU
>>321
瑞星の開発は金星より優先してて、三菱としては小型機用に瑞星、大型機用に火星が本命だったらしい
これが金星四六型が戦闘機用の発動機の選考から外れた理由だろう
実際瑞星で行われた全開高度の向上を金星で実現してたら金星四六型の登場時期は1年早まる
2速過給も火星、瑞星、金星の順で優先してたので瑞星失敗で割りをくってる

325 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 01:11:44.33 ID:EKZ5ei2A
>>300
全てのV-1650-7が最初から2000馬力出ているわけじゃないから勘違いしないようにね

326 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 01:19:11.08 ID:lKPoCZwU
>>323
空母艦隊決戦や中部太平洋の防衛なんて高度な航法の技術がある乗員じゃないとできないのに
ソロモンなんかで危険に晒しては後が持たないし
緒戦の無敵期ならともかく経済速度でのみ実現できる500浬以上の単座戦闘機の侵攻なんて
敵の本土に対してやらないと割に合わないしそれで零戦の改良を定めること自体頭おかしい

327 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 02:52:40.71 ID:kMyd/xyR
>>318
>どっちも予定通りの性能が出てなかったことには異論がないだろ今どき

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

328 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 02:54:58.84 ID:iaRy8CCj
>>326
>空母艦隊決戦や中部太平洋の防衛なんて高度な航法の技術がある乗員じゃないとできないのに

なら独ソ戦や日中戦争はどうなの?

329 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 06:12:35.93 ID:EoSbZgjO
>>326一回こっきりの艦隊決戦で済むという思想から抜け出せなかったんだろうねえ。
あとそれ以前の航空撃滅戦であっさり勝ったという記憶から抜け出せなかった。
ようするに敵をなめてた。中国で航空撃滅戦は所詮は航空機と乗員の補充能力に左右
されると学んでいたのにさ。陸軍みたいにノモンハンレベルの状況に追い込まれないと
身につまされなかったのかもしれない。

330 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 08:45:08.77 ID:0PgPAlVM
艦隊決戦一回で終わると思ってたら艦隊保全に走りすぎとか言われないわけだが…

331 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 11:12:27.07 ID:EoSbZgjO
>>330いつか来る艦隊決戦のために保全にはしっただけじゃね?ニューギニアでもやらかしてたし。
決戦が起る〜って。

332 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 12:47:14.01 ID:0PgPAlVM
>>331
それなら端から艦隊分遣せずに占領地も南方に広げてないだろ
米軍は日本の重油が無くなるの待ってるだけで勝てるのに指咥えて餓死するわけにいかん

333 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 13:42:01.54 ID:iaRy8CCj
>>329
>陸軍みたいにノモンハンレベルの状況に追い込まれないと

日本陸軍はノモンハンでの敗北に懲りて対ソ戦を断念したとのことだが、海軍のほうは
何故かミッドウェー海戦の敗北に懲りて対米戦を断念するという動きはなかった。

334 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 13:47:11.96 ID:E14sCR/N
>>333
どう(言う風に)やって断念するの?

335 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 14:06:06.04 ID:g5/Fuj6A
>>287
戦争は、ゲームやスポーツの試合じゃないんで
勝てばよろしい

336 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 14:12:50.93 ID:1V+EGXg9
つーかもし日本がアメリカに勝利したとしても
対米進駐軍として何個師団必要なんだって話でさ

残った部隊で中ソを相手にするのは無理ゲーだろ

337 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 15:05:01.03 ID:rxvi2UOH
アメリカ本土決戦の計画って西海岸放棄して山脈を盾にしたゲリラ戦をやって…とかやるみたいだったし、多分他の戦域の部隊全部突っ込んでも足りないだろうから駐留も無理じゃね?

338 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 15:07:07.31 ID:VGMBC19n
有利な条件で停戦・講話するつもりなだけで駐留する気はなかったんではないか

339 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 15:22:33.34 ID:0PgPAlVM
むしろ当時のアメリカに独力で勝てる国にソ中風情が太刀打ちとか無理だろ
宇宙からの侵略者レベル

340 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 18:00:45.89 ID:FZRCmglq
技術者は、日本のエンジンがどうしようも無いレベルなのと、機体製作も外国
の試作モデルのパクリでしかないのも知っていたはず。

341 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 18:24:06.50 ID:VGMBC19n
バーカ

342 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 19:32:23.25 ID:TfhYjnUY
「日本は工作精度ガー」って言う人がいるが、エンジンに関しては設計も駄目だった。
火星の振動問題がそれ。

343 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 19:33:44.11 ID:EoSbZgjO
まあ糞でないなら陸軍機のほとんどの制式採用戦闘機のエンジンが問題ありとは
されないだろうな。まともなのが隼しかないとかさ。

344 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 20:01:43.46 ID:E14sCR/N
>>342
他国はどうなんだい?

345 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 20:29:31.77 ID:0PgPAlVM
米軍のF4FがR-1830のベアリング割れをはじめトラブルの連続で開発が遅れて
初飛行の数ヶ月後に設計開始した零戦の初飛行が社内テスト終了の2ヶ月後
計画時点でずっと早かったF4Fが零戦と同時期の機体になってたな

346 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 20:50:32.78 ID:EoSbZgjO
>>345零戦も正式採用後トラブル続出だがな。安定したのが開戦直前あたり。
歴史群像に出てる。

347 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 20:53:04.69 ID:xWf/kNv0
どこの国もどんな企業でも開発は試行錯誤だよ。

戦後の自動車のエンジンだって最初はメルセデスやルノーをエンジンを
丸パクリ。丸パクリのやつはなんとか動くんだけれど、ちょっと
改造しただけで不具合続出で?????となる。
流入する燃料のパイプの形状や長さ、冷却フィンのちょっとした
角度等など、自分たちで作り上げた歴史が無いと解決まで途方も無い
時間と手間がかかる。

今だって石川島播磨がライセンス生産で大馬力のジェットエンジンを
長年作り続けているにも関わらず同じようなものがオリジナルでは
なかなか作れない。

348 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 20:57:03.04 ID:0PgPAlVM
ライセンスに抵触しないような構造にするのが面倒なだけなんだが…
戦後10年も開発禁止されてたからな

349 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 20:59:15.71 ID:ERJIaQT6
>>346
トラブルなんて実戦で見つければいいってソ連が言ってた

350 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 21:10:42.87 ID:xWf/kNv0
医学と医療技術を最も加速させるのは人体実験オールフリー

351 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 21:42:33.88 ID:XOIW35n0
いやー辛いっすわー技術力あるのにライセンス抵触が怖くて高性能エンジン作れないからなぁ〜

...

352 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 22:27:33.89 ID:0PgPAlVM
今開発中のスリムエンジン用の新素材はアメリカにも提供してるからな

353 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 22:41:09.92 ID:xWf/kNv0
>>352 それって強制ではなく純粋にビジネスとして?

354 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:06:02.34 ID:6FtdkC7K
純粋なエンジン開発だけの差じゃないからなぁ
ドイツも日本も燃料品質開発競争で負けたんだよ
かなり決定的にやられた

355 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:32:03.53 ID:EoSbZgjO
日本は部品の信頼性なり品質管理とかが試作機や試作品の実用化の足もろ引っ張ったよなあ。

356 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:33:00.99 ID:E14sCR/N
>>355
ガンダムみたいな試作機マンセーが
生まれる土壌があるわけやね

357 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:39:01.75 ID:aJM/rVkV
>>356
試作モデルが量産型より高性能というのが理解し難い。

358 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:45:43.96 ID:1V+EGXg9
>>357
      .ii                              i           /   .|.   ヽ
      .ii           ,.ィニi=‐,-- 、,_  .,- 、.,_  .|        /    |    l
      .ii_,,.. .-―――‐‐<'_/___/ |__,,..>"――`‐┴―――― '´____l__   }
    =' ´ |            }   / zoooooo     _∧_        ̄ ̄ ゙|゙ ̄__,ノ
    `>!、_          `/´´ ̄ ̄ `` 、     (> <)    _,,...±-‐¬'"´
      .ii  `` ¬‐-±,,__r´_ー―――  ` 、_, ±- ^―¬'''"´
      .ii           `` ー―――‐¬'´
      .ii             //゙`´´   | |
                  //Λ_Λ  | |
                  | |( ´Д`)// <うるせぇ、P-39ぶつけんぞ
                  \      |
                    |   /
                   /   /
               __  |   |  __
               \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
               ||\            \
               ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
               ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

359 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:54:33.98 ID:ERJIaQT6
Ba88とか
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/Ba.88_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

360 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:56:19.54 ID:ERJIaQT6
あれ、Ba.88が正しいのか?ピリオドはいるのかいらないのか

361 :名無し三等兵:2016/03/27(日) 23:57:56.86 ID:E14sCR/N
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/世界の駄っ作機

ちゃんと登場機のリンクリストまである成りよ…

362 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 00:04:59.10 ID:v0bxcGYl
駄っ作機には試作の時点でどうしようもないうんこな機体も入ってるけどな
まBa88知ったのもその本なんだけどw

363 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 01:02:45.00 ID:GYYUB9sY
>>355
>日本は部品の信頼性なり品質管理とかが試作機や試作品の実用化の足もろ引っ張ったよなあ。

The Japanese improved the quality of their planes during the war,
greatly increased the power of their aircraft engines, ultimately exceeded
United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design
and experimental stage at the end of the war. They lacked, however,
the widespread technical and industrial skill to match the United States
in quantity production of reliable planes with increased range, performance and durability.
After the initial campaigns, the United States always enjoyed superiority
in the over-all performance of its planes.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

364 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 06:32:32.89 ID:ZgcanL/a
ホンダ、スズキ、ヤマハ、カワサキが世界中にバイクうるくらいの
モータリゼーションがもちっと早く来てれば・・・。

365 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 10:56:21.43 ID:MO7xSRTM
資源レベルで不利もある
高オクタンガソリン生産のキーになるクラッキングは触媒の試行が重要なのに
十分なレアメタルが用意できなかったしエンジンオイルは占領地の油田ですら
適した油質の油井がほとんど無かった

ジュラルミンは朝鮮満州のアルミを使うと珪素鉄の混じった焼き戻しの必要な
生産効率の悪い物しかできなかったんで南方産ボーキに切り替えマグネシウム使う
米企業系合金に転換
逆にクロム使った超々ジュラルミンは零戦を捕獲した米側がパクって7000系合金作った

366 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 14:28:37.48 ID:pL37RaCv
それをわかっていながら最大の石油輸入相手国に喧嘩を売ったのはどういうわけなんですかねえ?

367 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 15:41:21.32 ID:pnC5qIwl
五色戦闘機って夢があるなぁ

368 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 15:44:35.22 ID:MO7xSRTM
日本はブロック経済でヨーロッパから締め出されたアメリカのお得意様だったわけだが…
戦争で植民地体制が崩れて掌返しされるとは思わなかったからな

369 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 15:47:52.35 ID:anyvknYU
五色戦隊クウレイジャー

370 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 18:24:19.83 ID:snc+fMkD
クロームやモリブデンは結構使われてたような、オイルにモリブデン添加とかはこの時代的には無理筋か
糞オイルを水素系ブチ混んで改質するとか
無理だよな…

371 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 18:44:08.40 ID:oguH16jb
朝鮮中国で取れるレアメタルは何とかなったからな
だがニッケルてめ〜は駄目だ

372 :名無し三等兵:2016/03/28(月) 19:43:05.55 ID:d7X09hn8
タングステンも大量にあったから、20mm機銃のかわりにゲルリッヒ砲でも積めばよかったなw

373 :名無し三等兵:2016/03/29(火) 02:22:23.54 ID:mvcA9san
>>242
マクガイアの件について
梅本さんは杉本准尉説だった

374 :名無し三等兵:2016/03/29(火) 04:15:14.70 ID:iV4tRsoh
日本機の性能なんてどうでもいいんだよ
性能ならスピットファイアが好き
でもさ日本機は現存機が殆どないんだよねこれは飛行機好きにとっては墓場に眠ってるのと同じ

375 :名無し三等兵:2016/03/29(火) 08:44:10.59 ID:d1Oj8uCV
チラシの裏にでも書いてろ

376 :名無し三等兵:2016/03/29(火) 10:53:25.34 ID:dvlJCM7c
>>374みたいな馬鹿は意味なく自己主張するw

377 :名無し三等兵:2016/03/29(火) 21:07:20.80 ID:BogU58nL
スレタイトルも読めないクズのレスなんてゴミ以下の価値もない

378 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 02:21:21.33 ID:zR+YFE2A
>>366
ケンカを売ってきたのはアメリカの方からですが。

379 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 02:49:14.96 ID:1KbiwvOt
アメリカは中国利権問題で既に確執があった所に日本がファシズム国家と手を組んだので制裁措置をとった。
日本はアメリカに経済的従属している現状を考えれば大人しく引っ込むべきところを裕仁の無能とドイツへの他力本願によって国際法を犯して真珠湾に奇襲をかけた。
これはアメリカが喧嘩売ったのではなく日本が勘違いして逆ギレしただけ。
基本的に孤立主義のアメリカからすれば経済的締め付けで干し殺しにするんで充分な所を、日本が喧嘩売ったせいで武力が出てくることになった。

380 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 03:13:37.01 ID:T2pjVn2B
>>379
>裕仁の無能とドイツへの他力本願によって国際法を犯し

1942年2月に外相ヴィッティングが告白しているところによれば輸入食糧の実に93パーセントはドイツ
からのものであった。そして,同年中のフィンランドの輸入総額の72パーセント,そのうちの穀物
輸入総額の100パーセントは,実にドイツが占めるにいたっていた。
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/5052/1/KJ00000113014.pdf

381 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 08:36:38.41 ID:ykYB+epF
>>371自分の領土内の管理も統括も開発も出来ない時点で海外の資源地帯を
占領してもどうなるものでもねえよなあ。海外の資源地帯を占領してそれ
を活用できるインフラを短期間に作れるのお前等って思うわ。

382 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 10:03:19.38 ID:CVXxOftw
朝鮮満州は国内と変わらん資源開発してたんだが南方占領地と勘違いしてるのか…

383 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 12:03:44.33 ID:xCYnSGjJ
脊髄反射だろう

384 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 21:24:01.93 ID:SlMurkEw
>>169
零戦の翼型 根本NACA2218 端NACA2209
グロスターF.5/34 根本NACA2315 端NACA3309

385 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 21:52:58.62 ID:KfWBtaja
「零戦はグロスターのパクリ」論者に質問だが、もしパクリだとすれば、日本はいつどこで
グロスターの設計図と現物を手に入れたのか。

386 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 21:56:20.77 ID:76gQXw64
脳内妄想のパクリ論者がそんなことまで考えるわけないでしょ

387 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 22:19:59.05 ID:SlMurkEw
なんにしても概観はよく似ているな。翼の平面形パクるのなら設計図は要らないだろう。真上真下からの写真で十分。

388 :名無し三等兵:2016/03/30(水) 23:12:20.64 ID:YZPd9hWD
知識な豊富な人にはまるで似てるようには見えない。
知識の乏しいニワカほど似て見えるw

389 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 07:54:20.58 ID:ctk6DcCf
ワシ、ガルパンのキャラとラブライブのキャラの見分けがつかん。
声も同じようにしか聞こえん。

390 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 10:10:46.15 ID:I0CF+TAh
んなこと言うたら、ごちうさのリゼとがっこうぐらし!の恵飛須沢胡桃が同じに見えて

391 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 10:30:10.89 ID:ZuLQu5nO
五二型と五二型甲と五二型乙と五二型丙と五三型と六二型と六三型が同じに見える

392 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 14:49:46.93 ID:eswAqQ4e
心配するな、世間じゃ一式戦、五式戦どころかFw190、はては三式戦にP-51まで「ゼロ戦」って呼ばれかねん

393 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 15:03:20.72 ID:k3t9/ksO
そんなのググれば一発やろ(笑→コスプレアニメ少女ですた

394 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 15:44:08.74 ID:xFxrnOX6
>>385
パクるのに図面が必要なほど日本の技術者はバカではなかった。ただ、良い航空機
を造るには、試作の数がモノを言う。ドイツは航空禁止期間が痛かったし、日本は
カネが無かった。

395 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 16:05:17.13 ID:qObAB9tJ
ID変わってるのに「あ、こいつ昨日の馬鹿だ」とすぐわかるというのはある意味才能だな。可哀想w

396 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 19:08:12.13 ID:Nn41K22u
飛燕に似ている外国機は見た事がない

397 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 19:32:51.00 ID:S6q0EoD3
DBのコピーを搭載前提だから機首はどうしても似るけれど
機体構造のオリジナリティ度は高い模様。

398 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 19:45:35.50 ID:Hd5uJ7+B
>>396
っMC202

399 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 19:56:27.63 ID:k3t9/ksO
パイロットはP-51と飛燕を見間違えるくらい飛んでる時は識別が難しいからな…
引き金引く時は見方でない事を祈って撃つレベル

400 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 20:01:45.75 ID:Nn41K22u
いや、機首を含んで胴体だけならHe100にパクリと思えるぐらいに似ている

401 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 21:01:29.61 ID:ir/aT4XE
三式戦のエンジンマウントとフレームを兼ねた構造はHe100を真似ました

402 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 22:44:46.73 ID:XXEL5yxD
つまりオリジナリティ溢れるHe162は屈指の傑作機だった...?

403 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 23:07:41.59 ID:krW9MH2A
>>396
っyak-9

404 :名無し三等兵:2016/03/31(木) 23:57:44.32 ID:hdGoGqms
>>401
日本はいつどこで、He100の図面と現物を手に入れたの?

405 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 00:35:18.85 ID:c1cXw96q
>>397
コピーとライセンスの区別くらい付けようよ

406 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 00:43:08.46 ID:yhUoJMYU
>>404
海軍が1940年に輸入してるよね。それを陸軍側の技師が見たかは知らないけれど

407 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 01:27:15.98 ID:zQsua3uD
飛行機とハインケルの技師がセットで来日しているね
独ソ戦勃発で帰国出来なくなった技師は
Ki61とKi64の翼面蒸気冷却に協力したらしい
翼面蒸気化したKi61の写真みたことないなあ速度が+40km/hになったそうだが

408 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 01:28:51.41 ID:UqvgnWX0
陸軍省と海軍省が別個に輸入して、別個にライセンス料を払ってるよね。
ユダヤ商人を否定するナチスが、非常に悪い意味でのユダヤ商人みたいな商売してたって話。

409 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 01:31:36.91 ID:UqvgnWX0
なんか、メッサーシュミットのエンジン載せた飛燕と彗星に、ハインケルのエンジンが混ざってるな。

410 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 01:31:49.32 ID:yhUoJMYU
1941年の間違いだ。

>>408
さすがに昭和の俗説をいまだに信じてるのは恥ずかしいよ。

411 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 02:02:04.38 ID:zQsua3uD
飛燕がHe100Dに似ている云々はモノグラムクローズアップなどの古い洋書
に見られるな、つまり日本の技術はパクリと言いたい訳よ

ミケッシュはそんなに日本を見下すのなら日本機本出すなよ
(多分もうお亡くなりになっているだろうが)N原さんも同様

412 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 03:06:52.71 ID:pcTnhbbc
>>411
>つまり日本の技術はパクリと言いたい訳よ

ソ連の技術はどうだろうか? これもパクリということになるのか?

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦で
戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://homepage3.nifty.com/tompei/Ph-Berlin.htm

西洋人にはこれがお似合いw

413 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 10:04:46.84 ID:C+xPDbVX
「全ての技術は試行錯誤の上に成り立ち発展していく。それを突き詰めれば
さしずめ、全ての航空機メーカーは鳥にパテント料を支払うことになりますかな」

--ゴルゴ13 第110巻- ジャパン・オリジナル--

414 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 10:36:02.98 ID:mhknEFpi
P-61はP-38のパクリ

415 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 14:32:51.29 ID:P5xZWk/8
パクリに過敏反応する奴は負け

416 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 16:00:46.71 ID:1XiwrSd+
ソ連もパクリは得意だよ。コンコルドスキーにブラックジャックにブランと遅れた
分野ではしょうがない。

417 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 16:27:14.28 ID:bh/2be6u
ロシアンゼロ22を見ればロシアのリバースエンジニアリングの技術が分かるな
しっかりオリジナルから改良してるし

418 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 19:13:06.95 ID:LQb01+Yq
パクリと言うな、インスパイアと言いたまへ

419 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 19:37:14.02 ID:+Vn7075Z
>>414
ノースロップも昔は貧相な会社だったんだな。YF-23造ったとは思えん。

420 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 19:45:06.50 ID:k9rDH4DI
米戦闘機はグラマンと言えば通じるだろ

421 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 20:02:49.85 ID:pk6TIFkX
>>416
無理して虚勢を張っているようでみっともない。パクリをするくらいなら何もしない方がマシだ。

422 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 20:34:50.49 ID:pk6TIFkX
職人は技を盗めないようではだめなんだろうけど。真似も4種類考えられる。
1.パチモン(コピー商品)
2.ライセンス生産
3.劣化コピー(形が似ていて劣っている)
3.進化コピー(形が似ていて優れている)

423 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 20:58:53.97 ID:S0NN6Zl8
類似品はライセンスか非ライセンス、粗悪か精巧かの違いだな
ライセンスでも契約内容によって独自改良はできるが何をしたかライセンス元へ通告する義務がある

リバースエンジニアリングは仕様が公開されてない製品を分析して互換製品を開発する事で
零戦の残骸を分析採寸して部品を作り"新規に零戦のような航空機を作る"のも含まれる
元の生産メーカーが未だに有効な特許を保有してる場合はライセンス料や財産侵害で訴えられる
場合もあるって話

424 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 21:11:27.47 ID:pk6TIFkX
>>423
>新規に零戦のような航空機を作る
部品の精度、材質も当時の日本と同じにしないとあまり意味がないような。今の技術を盛り込めばもっと安全で高性能になったとしてもそれはもう零戦ではないと思う。

425 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 21:22:59.02 ID:1FHqoWHT
>>414
P-38の双胴の中身知らんだろw
アレは他の機体とは全然違うよ
完全に最初からターボ前提の設計

426 :名無し三等兵:2016/04/01(金) 21:54:36.72 ID:S0NN6Zl8
>>424
ロシアで修復された22型は外板が欧米機並みの厚みになってるそうだ
エルロンタブも本物の零戦でバフェッティング起こして断念された可変タブになってた
たぶん高速時のロール性能は元の22型より向上してるだろう

エンジンはツインワスプをひっくり返しにして付けてるそうで馬力が少し上
武装が無い分他で重量増加してるはずなので旋回率自体は同じ程度と予測
主脚等一部の部品は当時の部品をそのまま使ってる

米軍に捕獲されて分解分析し修復された機体は組み立て間違えたらしく背面飛行で
エンストする変な機体になったと言われるが間違いなく零戦だし
まあロシアンゼロも零戦と言っていいかと…

427 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 00:11:07.56 ID:RoUHKVt2
翼を見れば一目瞭然

五式戦は飛燕のパクリ!

428 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 00:23:15.10 ID:HONzRxFp
オチが着いたところで閑話休題

429 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 03:45:09.65 ID:TbPA0VNo
>>412
少なくともソ連の技術開発力はイギリスよりは上。その証拠に核開発は原爆も水爆もイギリスより三年早い。

430 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 04:30:58.83 ID:u1jxNFsK
その遅れているイギリスのジェットエンジンをコピーしたのはどこの国かな

431 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 04:34:23.20 ID:Ucpma6Rz
>>430
ニーンの事を言ってるのならロールスロイスが技術を提供したのでは?

432 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 04:50:10.55 ID:u1jxNFsK
>>431
そうなん?そりゃ失礼

433 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 05:29:03.46 ID:DYa9n/PH
>>430
で、イギリスはソ連にライセンス使用料を支払わせることができたのか?

434 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 05:34:32.57 ID:PkPhdRh+
>>416
>ソ連もパクリは得意だよ。コンコルドスキーにブラックジャックにブランと遅れた分野ではしょうがない。

そのパクリのソ連に頭が上がらないドイツw

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html
ドイツは、ファシズムからの国の解放で赤軍が決定的な役割を演じたことを覚えている。
ドイツのメルケル首相が、ロシアのプーチン大統領との会談後に述べた。タス通信が伝えた。
メルケル首相は、「ドイツは開戦の責任を負っている。これは私たちの歴史的責任だ。
私たちは、赤軍がドイツ解放で決定的な役割を演じたことを常に思い出すでしょう」と語った。
http://jp.sputniknews.com/russia/20150511/319933.html

435 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 05:36:09.37 ID:u1jxNFsK
アゲてるとこ悪いけどライセンスは>>431が言っている事
俺は無許可でコピーしたと思ってたわ

436 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 09:32:02.57 ID:P18hCxdB
イギリスの労働党が関係改善のためにエンジンをプレゼントしたそうな

提供手段が友好的なだけで結局コピーじゃねえか!

437 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 09:55:03.52 ID:kHI87h0p
コピーとライセンスの違いも分からない人って面倒だな・・・

438 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 11:06:15.08 ID:2ZAN022d
ベトナムに関していえば、まさにファシスト・ドイツが無条件降伏したという知らせが入った後、ベトナム共産党は、
人民蜂起の準備を活発化し、その勝利がベトナムに自由をもたらしたのです。第二次世界大戦は、
人類の歴史に新しい時代を開いたと言ってよいでしょう。そして、その時代の特徴となったのは、ソ連の影響力の拡大と
アジア・アフリカ諸国民の独立を目指す戦いでした。」
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_09_02/86931349/

旧ソ連の核開発
1949年 8.29. セミパラチンスク核実験場で原爆実験に成功し、アメリカの原爆独占を終結させる
1953年 8.12. 水爆実験に成功
イギリスの核開発
1940年 原爆生産の可能性を検討する科学者委員会が設置される
1943年 アメリカのマンハッタン計画に参加
1946年 原子力研究所を設立し、独自の原爆開発計画を推進
1952年 10.03. オーストラリアのモンテベロ島で原爆実験に成功
1957年 5.15. クリスマス島で水爆実験に成功
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/Peace/J/pNuclear1_1.html

ソ連の核開発はイギリスよりも3年早く、アメリカの世界一極支配に終止符をもたらした。
ソ連の核兵器は一人の人間も殺すことはなく、世界平和に貢献した清潔な核兵器だった。
ソ連の戦争は祖国防衛戦争で世界を変えたが、イギリスの戦争はただの植民地戦争で影響力ゼロ。

   あ り が と う ソ 連 邦 !

439 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 16:16:56.85 ID:AuiEhvup
赤軍なんて短小空軍としか戦えない牽引野砲に頼り切りの鈍重軍隊でしょ
五式戦とか零戦とかの護衛の下、広範囲の護衛付の鉄道空襲、運河の交通途絶をやられたら何もできない
バッタ同士の共食いだからでかい方が勝っただけ

440 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 16:46:10.23 ID:dZMJCeZW
>>429
アメリカから盗んだから自国技術とは言わない

441 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 18:23:38.40 ID:6Eyorh+U
>>440
中国独自の新幹線!
韓国型戦車!

442 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 18:39:30.44 ID:NpnTB91V
大事故起こして即生き埋め→後から掘り起こしたら生存者が居て感動の救出劇には吹く

443 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:01:46.46 ID:hg76Xv5X
MiG-21はソ連版の零戦

444 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:04:38.60 ID:NpnTB91V
F-22はUS版の零戦

445 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:08:59.42 ID:hg76Xv5X
>>444
えー?!どういうところが?
>>443は単純に格闘戦性能だけど

446 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:12:51.42 ID:NpnTB91V
>>445
普通に格闘戦能力と防弾無しな所だが

447 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:16:23.18 ID:hg76Xv5X
>>446
ユーロファイターに格闘戦で負けちゃうんだよ?

448 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:18:12.56 ID:NpnTB91V
>>447
零戦も97式戦には格闘で負ける

449 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:43:13.45 ID:hg76Xv5X
高速旋回で米軍機に劣るところもMiG-21は零戦に似ているし、戦争のしょっぱなF-4を圧倒したところも。ベトナム戦争はアメリカの負けだからソ連版5式戦はない。

450 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 19:43:37.51 ID:JivGkQCk
>>443
ウソこけ。局地戦闘機に過ぎない足の短さなのに、どうして零戦って言えるんだよ?

451 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 20:30:39.60 ID:+rNn5Aiz
5式戦は''零戦よりこっちの方がイイ!"と、当時のパイロットに思わせる唯一の機体。

452 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:01:20.28 ID:etQa3zyG
>>450
0戦はいい機体じゃ全くない。稼働率ネックもあっていいわけじゃない
工程評は1式の戦果誤認
高度戦闘機は5式、主力は1式
これ以外ない。他のは稼働ネックなどで扱いきれない。

5式2000機、1式4000機だけで本土防空はできたと思う。

453 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:04:39.44 ID:1wcEIoi+
>>452=馬鹿の考え休むに似たり

春休みですなぁ

454 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:17:33.99 ID:Xgp/xCiK
>>453

考えない奴は、馬鹿より始末が悪い老害。

455 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:45:23.50 ID:cE/4xOUO
>>452
本土防空の主役
飛行第244戦隊
ですら、5式戦受領後の一月もせずに
福岡の大刀洗飛行場に移動して
特攻隊護衛任務なんだが......

456 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:49:28.92 ID:ehQDx3pM
初歩的な質問なんだけど五式戦の航続距離ってどれくらいなの
九州から沖縄沖まで往復出来るの

457 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:50:06.93 ID:YWwS1iIh
>>440
盗まれる方が悪い。

458 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:54:07.93 ID:Wxgukg7h
>>436
ソ連封じ込めの足並みを乱したのだから自業自得w

459 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 21:57:44.39 ID:Wxgukg7h
>>440
ソ連の核兵器は、誰一人殺してない清潔な核兵器。

460 :名無し三等兵:2016/04/02(土) 23:40:30.14 ID:HONzRxFp
ソ連の五式戦はラボーチキンLa-5やろ

461 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 00:16:46.52 ID:LE2iWxh0
>>459
日教組か

462 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 00:23:28.92 ID:N8fm6AjI
>>451

ゼロ52より確実にいい機体… 五式,疾風,紫電改,隼V型
結構あるな

463 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 01:54:51.60 ID:oNfLKfW5
毎度思うが隼好きだなお前ら

464 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:24:45.23 ID:dkbmHtcr
>>462
疾風は違くね?

465 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:32:13.06 ID:JPRw3lAZ
海軍は防弾軽視な上に編隊空戦がなってなかった
少々個人の腕が良くても米軍機の編隊が波状攻撃してきたら一方的に消耗してしまう
陸軍機はその点多少進んでいたが、今度は航法がなってなくて海上の戦線で主力になれないという
それにしても米軍機はタフで20ミリをガンガン撃ち込んでもなかなか燃えないし
やっとの事で落としてもパイロットはしっかり生還して機材もすぐ補充される始末
数も少ない故障だらけの飛行機でこんなモンスターマシーンの大群とよく戦ったと尊敬するわ

466 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:32:55.06 ID:MpbKRUnk
>>463
ほっそりした機体に貧弱な武装でP-51を撃墜したり不利な状況
なのに米陸軍No2エースを戦死に追い込んだりと日本人好みの
エピソードが多いから。

467 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:35:07.65 ID:lckUxJ9z
P-51は被弾には弱かったし

468 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:48:26.68 ID:JPRw3lAZ
マスタングは比較的脆かったとはいえ零戦や紫電改と違ってパイロット周りの防弾板がないなんてことは無いし
なんだかんだでスピードの乗ったマスタングに追いすがるのは好調な疾風以外の日本機では至難の技。
増槽つけてたり低空で舐めてかかってきたりすると返り討ちにあってるけど。

469 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:51:31.69 ID:n3Oj3Hor
手持ちの資料には
ベテランの操縦するフランク(疾風)に空戦を挑む奴はバカで神に祈るしかないという
グラマンパイロットの絶叫が記録されている

470 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 02:57:25.12 ID:JPRw3lAZ
隼は松本零士の漫画での活躍が印象に残る気がする
メコンの落日とか夜の蜉蝣とか
五式戦はレッドスカルとかなんか微妙な扱い…

471 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 03:16:00.00 ID:447KwgZN
>>469
シェンノート空軍が苦戦した相手は決して日本軍機ではなく、中国人の筋金入りの知能障害なのだが?

472 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 03:21:35.10 ID:SsUDKcc0
シェンノート空軍がいくら「ヤーボ」で日本軍を攻撃しても、中国人の脳みそは腐っており、
たった一人の日本兵に百人の中国兵が追い散らされる体たらくだった。

473 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 04:25:21.57 ID:+5QP8CVo
           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,. 
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、 
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′          一般的な日本兵(想像図)
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 我汚物消毒也!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡          一般的な中国兵(ほぼ再現)
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

474 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 08:22:34.80 ID:+79eo/0j
液怜機はなんか全体に脆い気がする。スピットもそうだし。

475 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 09:37:50.46 ID:dG0tqY0o
そうだそうだ 航空機も自動車も構造が単純な空冷がいいんだ

476 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 10:04:19.88 ID:oNfLKfW5
>> 474
IL-2

477 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 11:29:23.21 ID:u2IQ+iH/
四式・五式は過大評価されすぎ

478 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 12:32:44.55 ID:LD85UFiX
>>462
疾風、紫電改は誉の信頼性の問題で不評だった。隼と5式戦だったらどっちを選ぶんだろうな。

479 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 12:36:37.97 ID:lckUxJ9z
むしろ後期のパイロット錬度を考慮すれば過小評価だろう
シムだと初めて一ヶ月は落とされる一方で零戦乗ってもベテランの欧米機にすら回り負ける
欧米機はどれも凄い速度で飛んでて全く追いつけないのに自分が乗ったら全然速度が出なくて
周りの奴全部チートに見えるレベル

480 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 13:05:07.10 ID:srTCdoJt
>>478
機銃が機首にしか積めない隼は戦闘機として論外。
生き残るためというのであればありだが

481 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 13:10:29.48 ID:NVDaKKGX
>>475
本田宗一郎乙

482 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 13:11:19.64 ID:n3Oj3Hor
>>478
紫電改の稼働率について具体的な証言ってあったっけ?

483 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 13:19:19.66 ID:LD85UFiX
>>482
特にないけど紫電改の誉と疾風の誉が違うという理由も特に考えられない

484 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 13:22:40.92 ID:4US0yUpE
>>480
機関砲をつめばいいじゃない

485 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 14:35:30.81 ID:z7UvS6Yt
>>461
ソ連の核兵器は、日本人の誰も殺してないが?

486 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 14:38:06.54 ID:z7UvS6Yt
>>440
イギリスはアメリカの同盟国だったのに、何でソ連よりも核開発が大きく遅れてるの?

487 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 14:41:18.86 ID:z7UvS6Yt
>>461
原爆落とされた日本が悪いというのが日教組。原爆落とさなったソ連を褒めるのは反日教組。

488 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 14:41:55.28 ID:lckUxJ9z
パンジャンドラムの開発に死力を尽くしてたので遅れた

489 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 14:52:09.90 ID:Os9PZP2/
>>440
>アメリカから盗んだから自国技術とは言わない

 ウクライナ危機をめぐりヨーロッパとの関係が悪化すると、ロシアはすぐさまヨーロッパの「過去の過ち」
を声高に批判し始めた。下院では、ドイツが第2次大戦中にソ連に及ぼした損害を算定し、4兆4700億ドル
の賠償金の支払いを求める動きも進んでいる
 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナの現政権を支持する人々をネオナチ呼ばわりし、
ヨーロッパ各地でネオナチが急速に台頭していると警告してきた。
 下院に提出された法案は、ルフトハンザ、シーメンス、BMWなどに対し、ラジオ、テレビ、印刷媒体での
広告でナチス政権に「協力した」事実を明示するよう求めている。
 この法案を提出した民族主義政党「ロディナ(母国)」のアレクセイ・ジュラフレフ議員は、ロシアのラジオ局
ガバリット・モスクワに対し、他にも大手小売りグループ、メトロ傘下のメトロキャッシュアンドキャリーや
コカコーラなどが対象企業のリストに入っていると語った。
「われらが同胞の血の犠牲に乗じて巨利をむさぼった企業、言い換えれば、ファシスト政権に協力した企業は、
少なくともその事実をロシアの顧客に知らせる義務を負う」と、ジュラフノフは語気を強めた。
 ロシアの日刊紙イズベスチヤの報道によると、法案は明示の仕方を詳細に定めているという。
 ナチス政権と「商業的なつながり」があった企業は、ラジオ広告を出す場合、その事実を告げる3秒以上の
メッセージを入れなければならない。テレビ広告ではメッセージの長さは5秒以上で、それに伴う画面上の
表示は画面全体の少なくとも7%を占めなければならない。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/06/post-3726_1.php

490 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 15:04:14.01 ID:rEq0qu9D
>>489
日本だって慰安婦とか戦時徴用の件で、アジア諸国から文句言われてるよ。

491 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 15:11:29.78 ID:u4lUXvL5
>>412
ソ連のT-34はソ連独自の新技術開発で、日本のパクリ零戦とは全く違う。

492 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 15:12:29.71 ID:w10IWdhM
>>478
隼は金星エンジンの4型(キ43-IV)?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BC%8F%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F#.E5.90.84.E7.A8.AE.E5.BD.A2.E5.BC.8F

493 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 15:46:51.07 ID:+5QP8CVo
>>490
「アジア諸国」って国レベルでグダグダ抜かしてるの極東三馬鹿だけじゃん。
うち一つは全ての国に対して文句言ってるし

494 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:07:39.85 ID:xSqSgRRf
>>486
ソ連は盗んだから早かった、イギリスは正々堂々独自開発したから遅れた。

495 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:11:04.50 ID:mCy7WBjQ
>>422
ソ連のコピーは進化コピー(ミグ15)、日本のコピーは劣化コピー(三式戦飛燕)。

496 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:12:28.80 ID:mCy7WBjQ
>>494
ならイギリスは同盟国アメリカから梯子外されたってか? 可哀想にw

497 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:15:16.17 ID:+5QP8CVo
>>496
味方から盗むわけにはいかないだろjk
プライドの問題もあるし

498 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:16:23.49 ID:xSqSgRRf
>>497
同盟国ならライセンスを売ってもらえば良いのでは?

499 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:20:29.51 ID:E+8J+NG1
>>494
数学だって自力で考えるよりも他人の解法パクって暗記したほうが効率的。

500 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:23:49.04 ID:6mLyA72D
>>498
原爆は最高機密で、同盟国にも気軽にライセンス供与は出来ない。またソ連が得た情報は参考程度。

501 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:27:00.10 ID:6mLyA72D
>>412
むしろパンターやシャーマンこそT-34のパクリで、T-34の独創性は際立ってる。
欧米のライセンスをカキ集めただけの零戦とは比べものにならない。

502 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:27:05.20 ID:+5QP8CVo
>>498
可能不可能で言えば可能だろうけど
幾ら掛かるのか、それは自主開発より安いのか
どう考えても課せられる運用制限をどうするのか

実際には不可能だろう。

503 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:30:11.54 ID:4US0yUpE
>>501
何かき集めたの?
後、T-34ってBT=クリスティ式の発展型だろ

504 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:38:20.62 ID:xSqSgRRf
>>503
T-34ってソ連の零戦だよな。

505 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:45:19.92 ID:xSqSgRRf
>>412
日本の航空技術が西欧のパクリだと信じてる奴らには、ソ連のT-34がお似合い。
なお五式戦闘機はエンジンも機体も国産設計で、かつ日本最優秀機。

506 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:47:42.88 ID:6mLyA72D
>>440
パクリのソ連の尻に敷かれるヨーロッパw

507 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:54:12.42 ID:4US0yUpE
>>504
はあ?

508 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 16:58:35.35 ID:oNfLKfW5
別のとこでやれ

509 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 18:42:34.46 ID:JQQdZ7AD
>>316
>バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。

馬鹿のために打通ごっこの顛末を説明すると、

制空権は握られたまま無意味に地図上の線だけつないだ机上の空論を実行させられ、無意味どころか行くところすべてでさらに憎まれた挙げ句、
湘西会戦(シ江作戦)で決定的に敗北した日本軍は点の防衛能力まで失ったとさ
中国軍が拠点制圧に乗り出さなかったのは、単に攻勢にでる必要がすでになくなっていたから
日本側は共産党にすでに全面的に脅かされており、軍艦挺が海を渡る能力をもすでに喪失、沿海地域と日本本州との連絡すら絶たれ「南京準備政府」と称して蒋介石総統を南京にお迎えすると独り言をつぶやいていた(もちろん無視された)

510 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 18:58:34.10 ID:+5QP8CVo
>共産党に



511 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 19:22:15.93 ID:lckUxJ9z
シナじゃ異世界の歴史を教えてるのは分かった

512 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 19:25:32.72 ID:kyF8yUWk
共産党ファンタジーwwww
中国人って外国の言葉を学んでも結局こういう事を主張するためだから誰からも尊敬されないで嫌われるんだろうな
同じ人間として恥ずかしいわ

513 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 20:56:13.97 ID:gERj8++3
>>483
343空は3月18日に紫電改造48機、紫電12機を出撃させて、
翌日にも紫電改50機、紫電7機を出撃させている。

343空という環境も含めると疾風と同レベルの可動率ということはなかろうよ。
>>478には具体的な根拠がない。

514 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 21:20:19.06 ID:lckUxJ9z
343空は隊長クラスにベテラン揃えられたくらいだから整備状況も良かったんじゃね
水冷の三式戦や彗星も本土で部品と整備が行き届いてたら高稼働率だったしな

515 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 21:20:21.59 ID:6YTI7DZ2
>>513

本誌 誉エンジンは、不具合が多かったということですが。
岡安 エンジンのテストはもちろんエンジン屋さんが主力だったんですが、私も参加してずいぶんやりましたよ。
誉というのは非常に出力の大きいエンジンで、あれのおかげで紫電改の性能があれだけ上がったわけですが、なんとなく未完成のかんじが強かったですね。
いまの機材とかでやれば問題はなかったでしょうが、当時はものもないし、まあ無理だったですね。担当の者は相当苦労していたようです。
初飛行なんかでも、10回くらい上がっても合格しないのが続出するんですが、これは機体じゃなしにエンジンに関連した問題なんです。振動が多くてだめだとか・・・

世界の傑作機 No.53 強風、紫電、紫電改

516 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 21:47:50.09 ID:gERj8++3
>>515具体的な数字がまったくないんじゃねぇ。

517 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 21:49:04.28 ID:hqAe3As6
「敵味方ともに、本格的な航空撃滅戦を実施する条件、環境になかったのではないか。
 すなわち土地の広大なこと、飛行場の数は多いが、保有戦力が少ないこと、たが
いに補給が困難なため現有勢力は虎の子の貴重なもので、のるかそるかの決戦がや
りにくかったこと、地上協力から輸送妨害、哨戒、要地に対する散発的爆撃、防空、
掩護、敵飛行場など任務の範囲がひろすぎ、航空撃滅戦をおこなう余裕がなかったこと、
たとえ実施したとしても効果が期待薄であったこと、などの理由によるものだろう。
 とにかく両者とも、兵力をあまり消耗せずに各種任務をうまく遂行しようとしたよ
うに受け取れた。
 しかし、少数機によるゲリラ的活動はかなり活発で、ちょうど蝿を相手にしている
ような具合で、たたこうと思えば逃げ、ほおっておけばうるさくチョッカイをかけて
くるという、やっかいで気のゆるせない相手だった。
 もうひとつの特徴は、相互に情報網が発達していたため、これを十分に活用して、
きわめて上手な戦闘をやっていたことだ。たとえば、某基地に多数の敵機が集中して
いるという情報でわが方が奇襲攻撃をかけようとすると、離陸とともにその情報が
敵に伝わり、敵機はすばやく対比してしまう。逆に敵側がまとまった兵力でわが方
に攻撃をかけるべく離陸すると、まもなくこの情報はわが方に伝わる。そこで、わが
方が本格的な邀撃をおこなうべく大挙出勤すると、敵編隊はいちはやくそのことを知
って攻撃を断念、途中から引き返すといった具合で、双方がまともにぶつかって大空
中戦を展開する機会がほとんどなかった。
 しかし、パイロットたちはたびかさなる出勤で日を追って技量をあげ、戦場周辺の
地形、気象から敵の戦法にいたるまですっかり呑みこみ、初陣の若武者たちも戦争に
なれて戦果はしだいにあがっていった。
 やはりキ84は優秀で、米空軍のP47、P51などとは互角以上に、B25クラスの爆撃機
に対しては格段の差をもって戦うことができた」
<在支第5航空軍整備隊長の中村大尉の証言 >

「決戦機 疾風 航空技術の戦い」(碇義郎 光人社NF文庫)

518 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 21:55:28.17 ID:6YTI7DZ2
>>516
疾風は具体的な数字があるとでも?

519 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 22:03:27.06 ID:6YTI7DZ2
>具体的な数字

本土防空戦にて、飛行第47戦隊は整備指揮班長を務め「整備の神様」と謳われた刈谷大尉のもと、戦隊内に指揮小隊を設けそこで機体整備に関する全てを掌握し、厳密なる飛行時間の管理、
点火プラグの早期交換、定期的なオーバーホールなど、徹底的かつ適切な整備を施すことで部隊の四式戦稼働率を常時87から100パーセントに保っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/四式戦闘機

520 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 22:21:50.72 ID:6YTI7DZ2
完調な疾風だったら5式より戦力的には上だろうね。金星62がメンテナンスフリーなエンジンだったわけで。

521 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:01:00.67 ID:ZW3jZ1Uu
おなじみのコレ

稼働率比較

1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

522 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:10:08.24 ID:6YTI7DZ2
>>521
一式戦が四式戦より低いのはナゼ

523 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:10:56.20 ID:ZW3jZ1Uu
47戦隊も、特攻援護の都城進出途上で27機中8機の脱落機を出していたりして、稼働率100%の実態は疑問視されてるね

524 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:13:56.25 ID:ZW3jZ1Uu
>>522
二型まではすでに生産終了、生産中の三型は特攻に優先的に回ったためじゃないですかね
この表は特攻各部隊は含んでないようなので

525 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:18:53.30 ID:w10IWdhM
金星エンジン3兄弟。
5式戦闘機 零戦54型 隼4型。

526 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:19:03.32 ID:6YTI7DZ2
>>524
いや、俺の言ってるのは「甲」の割合

527 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:19:19.06 ID:Hzcc+ki9
>>520
少し違うな
金星六二型は「腐っても鯛」で本調子は出なくとも金星五x型並み、1300馬力で動く

誉は調子の良しあし云々の問題でブースト制限しても飛ばすのが難しく
試運転の制約事項が多すぎて整備点検の制約が大きいという追い打ちがかかる
金星が1500馬力を出せたから不調の出力低下誉と同等、というわけでなく
飛べるか飛べないかという根本的な違いがある

作戦的に優勢で整備補給に不安なく大量の部品を当てがわれた部隊だけが四式戦や紫電を満足に運用できて
その稼働機のうちブースト制限下のカタログスペックを出せた個体がP-51と戦える
特定の部隊や戦線での活躍が目立つのはマニュアルとか教育とかそういう問題じゃなくて環境の違い
しわ寄せがいった部隊が不満を持つのは仕方ない

528 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:20:25.52 ID:qLA5L7Ih
完調の四式戦は無敵とか、完調の野口みずきは北京オリンピックで
金メダルをとれたとか言うくらい空虚なんでやめれ

529 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:25:03.86 ID:ZW3jZ1Uu
>>526
だから「甲」の割合についてですよ
この時期の二型などは耐用時間ギリギリとかじゃないですかね
部品供給も優先順位低いでしょうし

530 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:25:37.53 ID:Hzcc+ki9
>>526
ハ115も初期不調が長く続いていたから意外な数字ではない
あるいは、誉の生産が優先されたせいで充分な補充の部品が来なかったとか
五式戦でも予定外の金星需要と東海大地震が重なって部品が足りず、稼働率5割以下、なんて部隊もあった

531 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:29:15.50 ID:6YTI7DZ2
>>527
どこも違わないじゃんw

532 :名無し三等兵:2016/04/03(日) 23:33:03.22 ID:oNfLKfW5
1、すでに古くてポンコツだった
2、部品がこない
3、遠方に配置されていていろいろ条件が悪い
4、前線で一番酷使されていたので必然的に稼働率は低くなる

理由は思いつくけどこの数字だけじゃわからんな

つか両二式がこんなにあった(残って)ことが驚きだわ
発動機二つあってもこの稼働率の複戦地味にすごいぞ

533 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 01:40:22.13 ID:RCF6haOg
>>532
二単は八幡の防空戦で早くから使われてたから、
本当の前線に出まくってた機体に比べたら残ってたのかもね

いや、勿論前線に出てた二単も居るけどさ

534 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 07:25:16.64 ID:CbmQFLbS
>>501
T34はクリスティー戦車のパクリ

535 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 17:13:56.97 ID:258F3RA9
>>470
松本零士の父親は本物の帝国陸軍戦闘機パイロット。
川崎のテスパイ→第32教育飛行隊隊長→南方で終戦。

父親の影響が強いので戦場漫画シリーズは隼や四式戦の
イメージばかりになってしまったのだと思われる。

536 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 17:26:26.40 ID:Nr7oqawJ
洗浄マンガシリーズに三式戦のもあったやろ
筒内バクハツ〜な奴

537 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 17:29:40.23 ID:BiGIV1OA
竜騎兵にゲスト出演したやん
どうしょうもない役だったが…

538 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 18:42:47.81 ID:+FHQ3mhU
米軍が日本の標識付けたまま飛ばして出てきた日本兵を撃つって話だったが
当時は誤爆なんか珍しくもなかったからそうでも言わんと収まらんかっただろうな

ノルマンディーでドイツの戦車いっぱい吹き飛ばしてやったと自慢するP-47の
パイロットと毎日見方誤爆しやがって叩き落して八つ裂きにしたかったと怒る
シャーマン乗員のインタビューにワロタ

539 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 20:38:42.52 ID:b/+Kywre
>>536 三式戦も数回はあるよ。一番かっこよかったのは
実戦試験中の四式中戦車を監視する役だったけどw

540 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 20:41:10.95 ID:b/+Kywre
それにしても松本零士の二式戦はかっちょええなぁ
suruga-ya.jp/database/pics/game/603060980.jpg

541 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:05:03.61 ID:+FHQ3mhU
シムで三式戦乗ってると出会ったみんながカッコいい!て話しかけてくるよ!
何しろほとんど乗ってる奴見ないから(笑

離陸してすぐ戦闘のシムだと上昇力が酷い三式戦が不利なんで敬遠されるんだけど
エンジン不調の無いシムじゃタイマンで負ける気がしないんだが…

542 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:16:47.01 ID:iYpm62OZ
>>538
その当時の敵味方識別装置は大して役に立たなかったのか?

543 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:22:18.04 ID:+FHQ3mhU
米軍の使ってたIFFは日本のレーダーにも反応して探知距離を伸ばしてくれただけ(笑
もちろん航空機にしか付いてないんで陸上部隊は友軍に攻撃され放題

544 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:25:46.48 ID:cBC+W4ND
>>523
やっぱりそうなのか!
いくら整備方法を工夫したと言っても、当時の状況で100%稼働は無理だよな

545 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:26:33.37 ID:DertSNH4
ドイツ夜戦の敵味方識別装置は自機の位置を必死にモスキートに教えてたな

546 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:28:03.07 ID:z6Wif5xJ
>>543
>もちろん航空機にしか付いてないんで陸上部隊は友軍に攻撃され放題

こういう戦場では、あまり意味ナイのでは?

世にも奇妙な「空軍であって地上戦闘軍」
<中略>
 ドイツ空軍地上軍の半分以上は,高射砲部隊に属していた.
 いちばん多いとき(1944年末)は100万の兵士(数千人の女性兵士含む)が,2万基以上の空軍
(陸海軍所属の高射砲は別にある)の対空砲とサーチライト部隊に配属された.
 連合軍の進撃にともない,これら後方基地の高射砲部隊が前線に位置する結果になった.
ドイツ軍は地上の敵と戦うことも予想して高射砲をデザインし,兵士をも訓練してあった.
――――――第二次世界大戦 あんな話こんな話 / J・F・ダニガン/著 A・A・ノーフィ/著
http://mltr.ganriki.net/faq08a12d.html

同じころ、ドイツ空軍戦闘機部隊は中部 ドイツに大々的に兵力を集中させた。九月十二日には四〇〇機以上
が防空任務に 出撃できる体勢にあったが、悪天候のため離陸命令は取り消された。ところが ゲーリングは
この決定に納得せず、自らしゃしゃり出て戦闘機に出撃命令を出 してしまった。この馬鹿げた命令 によって
戦闘機部隊は出撃機の一〇パーセ ントを失ったといわれ、そのため 九月の戦力収支決算はますます落胆
すべき ものとなった。本土防空に投入された 戦闘機は三七一機の損失に対し、敵機撃墜 は三〇七機であった。
ただしドイツ 空域に侵入した連合軍機の数は、防空側戦闘機の出撃数よりも一八倍も多く、 損失率はそれぞれ
〇.七パーセント対一 四・五パーセントとなるのである。 この数字はとても引き合わないどころでは すまないものであった。
<ヴェルナー・ジルビッヒ「ドイツ空軍の終焉」>

547 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:28:46.90 ID:Abrc4rXw
>>541ゆーのすロードスターと同じでカッコだけなんだけどな。

548 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 21:32:52.70 ID:+FHQ3mhU
>>547
カッコだけとか思ってる奴はエネルギー管理の下手な日本人
大抵の日本人が乗ってる欧米機は全然速度出ないから簡単に落とせるな

549 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 22:11:54.27 ID:nNKmifIb
5式戦よりキ83にロマンを感じるのは俺だけだろうか

550 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 22:28:04.82 ID:DertSNH4
>>549
F7FでさえF8F相手は辛いわけでなぁ
貴重なハ43二基使って作るもんじゃねーな

551 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 22:28:08.93 ID:cBC+W4ND
>>532
二式複戦に使われたハ105とかの栄20系統は信頼性よかったみたいだね

552 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 22:36:20.12 ID:+FHQ3mhU
F8Fも高速時の旋回率が高いだけなんで吊られるようなヘボが乗ってれば一捻りなんだけどな

553 :名無し三等兵:2016/04/04(月) 23:57:06.51 ID:cBC+W4ND
>>549
ロマン感じるよ。なんと言っても最高速度762km/hだろ
それだけで十分だ

554 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 01:26:49.21 ID:3KcoENJp
>>523
飛ぶまでは100%なんだろ

555 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 11:39:54.65 ID:YA/ZWxTO
F8Fは高翼面加重の小さい翼だが肉厚翼で意外に失速速度が遅い
中高度以下で使用可能な速度域はki-61と互角だろう運動性も舐めてたらやられる
むしろ高空で急降下するとヤバいレベルの翼型

556 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 16:31:27.49 ID:/dHuBvJ/
>>525
キ116「なんでワイが入っておらんのや」

557 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 19:30:47.23 ID:xEQC/rWc
>>500
中国原爆に携わったのは、日本陸軍で開発を手掛けてた人みたいね。
社会主義に片足突っ込んでいたらしく、特高警察に引っ張られ、陸軍が手をまわして
取調室で計算に没頭してたとか。

558 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 19:54:18.81 ID:v0qvPUup
>>550
烈風、紫電改五、震電、どれならF8Fに敵うの?

559 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 20:09:00.90 ID:5FyRQOTv
>>558
その中だと紫電改5が一番有望でしょ

震電は武装も速度以外はなんも要らないくらいの割り切り設定だし、
烈風もせめて烈風三速じゃないと同じスタートラインにさえ立てないかと

560 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 20:12:31.64 ID:+I82C+ck
両方下手糞が乗ったら日本機に勝てる欧米機なんか無いな
たぶん実戦数回程度ならまだ日本機には勝てないレベル
双方分隊長レベルでやっと互角だろ

561 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:01:33.19 ID:v0qvPUup
F8Fは格闘戦で最強の戦闘機かもしれないが、F4Uこそ太平洋戦争でも役にたって、朝鮮戦争でも戦闘爆撃機として使えた「最良」のP&W R-2800搭載機だ

562 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:11:48.20 ID:+I82C+ck
F8Fの格闘能力は米パイロットの乗った零戦なら勝てる程度に過ぎんよ
ベテランパイロットの乗った日本機相手ならF6Fと変わらん一撃離脱しか無理

563 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:27:46.37 ID:v0qvPUup
零戦と複葉機と巴戦やったら複葉機が勝つわけで、それでも複葉機は最終的には零戦に落とされる。これを格闘戦という。

564 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:33:47.38 ID:+I82C+ck
>>563
それは格闘戦(dogfight)とは言わない米軍は対零戦テスト読んでみ

565 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:44:53.77 ID:v0qvPUup
そうか、言葉の解釈を間違えていた、スマん

566 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:50:55.08 ID:v0qvPUup
>>564
ちなみに一撃離脱戦を英語でなんていうの?

567 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:52:16.88 ID:dPZ5OYcy
ヒットアンドアウェイじゃないのん?

568 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 21:52:39.21 ID:v0qvPUup
Hit & Away とかはなしで

569 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:00:40.62 ID:+I82C+ck
一撃離脱はDive and ZoomでD&ZとかBoom to ZoomでBtZなんて言ってた
格闘戦はTurn and BurnでT&B
一撃離脱だろうと格闘戦だろうとエネルギーの削り合いで敵を射線に捕らえるのは変わらん
どっち向きのパラメーターの機体かの違いに過ぎん

初心者は目の前の敵を闇雲に追い回さないと射線に入れられないから格闘に強い機体が有利
ベテランは相手の動きを先読みして射線に誘い込めるから旋回性能が劣っても射撃チャンスがある
それだけの話

570 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:19:18.95 ID:lRTGPRXm
英語のwikiでは
連合軍機は
対零戦で、一撃離脱なんて言葉は一言もでないけどね

571 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:22:02.66 ID:v0qvPUup
ちなみに英語版ウィキペディアの"Air combat manoeuvring"の項目には
Air combat manoeuvring (also known as ACM or dogfighting)
とあって、
Example manoeuvringにはThach Weaveも含まれている。日本ではサッチウィーヴは格闘戦に入らないよな?

572 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:26:06.74 ID:Qz0msY8g
サッチウィーブは編隊空戦のバリエーションでしょう

573 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:29:43.10 ID:v0qvPUup
>>572
それでもACM即ちdogfightingに含まれる

574 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:30:34.11 ID:+I82C+ck
今やってる日テレの零戦特集のコメンテーターがちょっとあれだな

575 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 22:58:40.32 ID:C84b48iH
ズームアンドダイブを多用してたのは零戦とP-38かと

576 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 23:18:07.20 ID:+I82C+ck
編隊空戦じゃ囮が敵機を引き付ければ他の機に射撃のチャンスを作れる
タイマン勝負と違って数の有利で個々の機動力の不利をカバーできた
どれくらいの優位でひっくり返せるかは指揮官の技量次第だが

577 :名無し三等兵:2016/04/05(火) 23:38:00.33 ID:C84b48iH
あいつらおとり作戦やるから引っかかるな編隊乱すなってのは米軍でも話がある

まあ隊長前に縦列になるから編隊機は囮ですよと言えば事実上囮なんだが
後ろから食われるので

578 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 00:50:11.76 ID:fCqa52Ar
数回の米軍機撃墜例だけ取り上げてあたかも一式・四式・五式などがP47やP51を常に圧倒したかのように書くのは悪質
もちろんこれはその他の陸海軍機にも言えるが上の三つは特にひどい

579 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 02:01:33.71 ID:kA50IlEk
ギュンター・ラルばりに見越し射撃が上手い日本軍パイロットて居ないのかな

580 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 03:52:25.73 ID:juv13CR9
末期がん患者に残されたわずかな時間における
生活の質を高める処置というのは有意義だろう

虫歯を治して噛めるようになれば、
死ぬ前に食べたいものを噛んで味わうことができる
たとえ飲み込むことが出来なくてもそれはとても大切なことだ

あるいは前歯を綺麗に治せたなら、口を開けて笑う事ができる
死ぬ前に友人や家族と談笑し記念撮影でもできたならそれは大きな価値があるに違いない

そう考えれば打通作戦は瀕死の大日本帝国にとって価値があったと考えるべきだし
打通作戦で活躍した疾風やチハは大日本帝国の死に水をとってあげた傑作兵器と言って良いのだ

581 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 05:22:55.01 ID:+l4JLG/N
>>579余りというかいないね。射撃がうまいパイロットでいえば西沢さんとかいるけど
見越し射撃をやったとかは書いてないな。

582 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 09:55:08.09 ID:2Jjt6iek
ヘッドオンや奇襲で真後ろから撃つ以外は必ず見越し射撃が必要
交差角や距離で難易度が変わるだけの話
初心者は見越しの小さくて済む後方からの追跡射撃じゃないと当たらないだけ

格闘に強いパイロットは見越し射撃だけじゃなくて敵の動きの先読みも凄い
マルセイユはまるで射撃してる位置に敵機が自分から飛び込んでいくみたいだった
と言われてるな

583 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 10:44:01.99 ID:8PLMIdwR
八、対戦闘機空中戦の心得

(略)
2.極力奇襲に努む
3.支援隊の協力
 第一撃は、協力同時攻撃、編隊を緊密になすことが肝要なり。

九、空戦の本随
1.見張り
2.集団威力
3.緊迫一撃必墜
4.長追いするな
5.集合

・単機の巴戦は絶対に避ける
・追尾射撃は十分警戒を要す。初心者は追尾を禁ず
・最大限四分の一旋回
(略)
・敵の二機編隊は極めて巧妙。二機決して離れず格闘戦に入らず。

●対戦闘機戦闘ノ照準法

(イ)一点照準 敵ノ一倍前ヲ常ニ照準。
(ロ)ペラボス照準 敵ノスピンナーヲ照準、R150ノトキハ必中。
(ハ)流シ照準 尾部カラ頭ニカケテ。
(ニ)果跟修正。

以上ノ照準法ハ決シテ混用スベカラズ。

584 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 11:49:41.50 ID:TxI4eWQS
そんな単純なもんじゃないよ
実線じゃ敵機を射線に捕らえるにはエンジンカウルで隠れて敵機が見えてない位置から
感で弾を撃ち込まないと当たらないとパイロットが証言してる

一部のパイロットが多用した下からの突き上げ射撃は敵機の位置は見えるが未来位置予測が
難しくて難易度が高い
追跡射撃は敵機に追従しようと舵を切るとP-ファクターやアドバースヨーが発生して機首が振れる
凄腕パイロットならラダーを踏んで無意識に補正するがベテランでもできない奴は駄目で射撃時は
必ず直進しろと教えられてた

米軍の当たらない射撃教法もそうだが実戦じゃ経験と感が頼りなんだよ

585 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 11:52:32.53 ID:L9RlagXp
シム厨が史実を否定か

586 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:01:30.65 ID:TxI4eWQS
史実と文献見ただけの妄想を混同するのはちょっとw

587 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:06:53.12 ID:L9RlagXp
>>584
>米軍の当たらない射撃教法

これって現物みたの?

588 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:12:27.58 ID:TxI4eWQS
>>587
公開してるwebで見たけど見越し角とか射撃距離に必ず発生する遅延を考慮してない
その通り撃つと絶対当たらない代物だったな

589 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:14:31.29 ID:L9RlagXp
>>588
インチキな代物見たんだろ
どこのサイトだ?そのインチキサイトは

590 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:18:38.32 ID:TxI4eWQS
>>589
前に米軍の見越し射撃技術はトップだったてドヤ顔で張ってた馬鹿のリンクで見た

591 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:24:28.10 ID:L9RlagXp
>>590
責任転嫁はいいからどこだ?

592 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:27:33.70 ID:TxI4eWQS
>>591
どっかの過去スレにあるだろアドレスなんか忘れたから自分で探せ

593 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:29:12.14 ID:L9RlagXp
結局インチキサイトのインチキ解説者のインチキ記述がソースか

アホかお前

594 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:31:33.34 ID:TxI4eWQS
>>593
そいつの張ってたのが偽者だって主張するなら本物を見せて貰おうかw

595 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:37:36.12 ID:L9RlagXp
>>594
本物を見てその言なら単なるアホで
偽物に騙されたなら単なるマヌケだな

お前が現物を見たのではない事はワカったから十分だな

596 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:44:13.92 ID:YfRk2G+o
お取り込み中すみませんが文献ベースのお話ならこちらのスレもご活用お願いしますよ

WWII 航空戦術スレ [無断転載禁止]&#169;2ch.net・
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1449245252/

597 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 12:48:39.32 ID:TxI4eWQS
>>595
当時の教範に個人差のある遅延なんて考慮した物があるなら出してみろ
何も書かれた物が無ければ当時はそんな事は教えられない事だった
書いた物が一つでもあれば書かれてない物は考慮されてないって話だ

理解できたか?馬鹿

598 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 13:35:50.80 ID:L9RlagXp
何を怒ってるんだ
変な奴だな

599 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 13:44:06.11 ID:TxI4eWQS
>>598
いやお前みたいな無知なパンピーに親切に教えてやっても理解できなくて空しいだけ

600 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 14:03:12.48 ID:L9RlagXp
でも射撃教範の原本すら
見たこともないんだろ?

601 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 14:21:24.92 ID:YfRk2G+o
いい資料お持ちでしたらブログで紹介するとアフィで小銭稼げますよ

602 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 14:24:13.69 ID:TxI4eWQS
>>600
航空機のはまだ無いな

603 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 14:30:56.55 ID:L9RlagXp
>>602
その回答で十分だということだ
能書きは不要

604 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 14:37:43.08 ID:TxI4eWQS
>>603
昔の射撃教範の原本を見たかどうかなんかは何の意味も無いけどな

605 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:03:27.29 ID:YfRk2G+o
海外のwwiiフラシムチームなんかでは当時の射撃教範をアーカイブしての勉強会なんかやってるな
俺もそこから分けてもらったことがあるわ

606 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:20:25.79 ID:EsUjnHFD
ID:TxI4eWQSの英語力が皆無でFA
豚に真珠だな

この馬鹿以外、教本を見て>>584のようなことを言ってる人間がいない時点で察しろ

607 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:33:11.94 ID:TxI4eWQS
>>605
フライトシムじゃ機体の挙動や操作の簡略化で実際の航空機より単純なフライトモデルに
なってるのがほとんどだな
その代わりにゲーム性を高めるのに変な補正してる
IL-2系だと機体の実サイズより小さい垂直尾翼のフライトモデルになってたりしたな

フライトモデルの簡略化はスローロールしてみると分かる
操縦桿を横に倒しただけだと綺麗なロールにならずバレルロール気味になるシムは
機体挙動が細かく設定されてる

>>606
残念だがお前ごとき無知パンピーでは英語を読めても何を意味してるのか分からない
当時の文献も航空機に無知な馬鹿には豚に真珠なんだよ

608 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:40:51.04 ID:sKP68cxk
どんどん言い訳めいてくるな

609 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:46:24.15 ID:TxI4eWQS
別に無知を責めてるわけではないパンピーは知らなくて当然だからな
だが貴重な文献を見ても間違えた理解しかできないのが哀れだ

610 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:47:25.66 ID:EsUjnHFD
>>607
図星だったようだね。
必死に取り繕うとしてますますボロがでるw

当の米パイロットたちも教本が使えないなんて証言していないしね。
所詮、シム厨のたわごとだな

611 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:54:31.35 ID:WIxGLkok
>>609
単に無知はこの人では

612 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:55:15.15 ID:fCqa52Ar
てかフライトシムが何の根拠になると思ってそんなに強弁してるんだ?

613 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 15:57:49.31 ID:TxI4eWQS
意味が分からん
シムはフライトモデルが簡略化されてるからあんまり参考にならんと説明してるんだが?

614 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:15:25.90 ID:3Fdr69LH
たたみ水練というか、ここは本一冊読んだだけでアレコレ語ってるのがほとんどだろう。

しかし実機を乗り回す事なんて不可能なのだから、現代の性能が向上したシムを利用して
当時の空戦状況に関する理解を深めるのも、一つの手法と思う

615 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:29:58.61 ID:TxI4eWQS
だからその理解って事に知識が必要なんだよ
機を滑らすとか横滑りしてると弾が当たらないとかよく聞く話だが文章読んでるだけの奴は
何が起きてるのか全く理解できない

シムやってる奴は機を滑らすのはラダー踏んで進行方向を欺瞞するんだろうなって理解
実機の挙動を理解してるとアドバースヨーで機首振ってるからラダーで補正が必要って分かる
つまり基本的な知識が書かれてる事を理解するのに必要なんだよ

616 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:33:38.03 ID:L9RlagXp
何だまだやってるのか
ヒマな奴だな

617 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:43:26.75 ID:TxI4eWQS
書いてる事理解できない馬鹿は無理にレスしなくていいぞw

618 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:47:09.41 ID:u+tekExN
最近じゃパイロット育成にもシムが取り入れらてるくらいだから、
何もやらないよりましだろう。ロールレイトの重要性とかシムでないと
体感できんし。

619 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:50:20.36 ID:TxI4eWQS
訓練用シムは市販ゲームと違って細かく挙動を再現してる全く別物
グラがショボイのが多いんで簡単なプログラムだと勘違いしてるパンピーは多いがw

620 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 16:52:21.83 ID:7jhdaiJO
無知パンピー君は前スレで捨て台詞残して消えた奴だろ
よく相手してるなお前ら時間の無駄だぞ

621 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:00:18.06 ID:L9RlagXp
まぁ読んでもない資料にレスを付け
どこで見たかも定かでない教範を
云々した時点で
後は居直るしかないのは確定だったな

622 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:05:55.10 ID:TxI4eWQS
むしろここまで航空機に無知な奴が大戦機を云々してる方が驚きだな
飛行機に興味無いのに何でスレに張り付いてるの?w

623 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:13:24.24 ID:EsUjnHFD
飛行機に興味があって航空機の造詣に深いというID:TxI4eWQSが
教本の原本ひとつここで示せない方が驚きなんだけど・・・

624 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:19:56.62 ID:TxI4eWQS
古文書マニアでもないんで自分で収集しようとは思わん

625 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:41:24.84 ID:L9RlagXp
>>584
>米軍の当たらない射撃教法

結局現物示せないからな
ロクに知らないものなら
口を出さねばいいだけの話

626 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:47:26.45 ID:TxI4eWQS
>>625
だからどっかの過去スレに張ってあるから勝手に見ろ
そんなのが本物じゃないと言い張るなら本物張って見せてみ?

627 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:48:16.61 ID:WUu5LWBE
ああ… 例の「俺様はシムやりこんで空力わかってるんだじょー!」クンか… 懲りずにまあ

628 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:50:27.85 ID:TxI4eWQS
>>627
だからシムなんかいくらやっても空力や機体の挙動は分からんとあれほど

629 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:50:34.73 ID:L9RlagXp
知りもしないことに口を出すから
ここまで引っ張ることになる

幾つか知らんがやっぱアホだわ

630 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:51:26.87 ID:IqONw3h7
どっかのスレで米軍教範の射撃法はよく当たるからシム初心者もオススメとか言ってたよ
どっちか嘘ついてるな

631 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 17:59:22.98 ID:EsUjnHFD
実用最優先の米軍なんだから
当たらない教本なら修正されるし、当時の証言も多数出てくる。本当ならね。

・・・それがないってことはウソをついてるのが誰かなんて明白でしょ
ウソをついてるのを自覚してないって典型的なサイコパスの症状だよねぇ
おれはわかってるという意識高い系とも言えるかなw

632 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 18:01:51.55 ID:TxI4eWQS
>>629自己紹介乙w

>>630
そのゲームじゃ資料に使って当たるように細工してるのかも知れんなw
現実じゃそのままの距離射角じゃ当たりようが無いがw

633 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 18:11:53.31 ID:2Jjt6iek
>>632
いや、それはおかしい
現実に距離射角は当たるように計算されてるはず
その位置になった時に引き金を引いてたら間に合わなくて当たらないって話なんだろ
つまり少し早い目に撃てばいいだけのはず

634 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 18:17:47.47 ID:qFX+O/+3
チャットなら過疎ってるこっちでやって下さいよ
WWII 航空戦術スレ [無断転載禁止]&#169;2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1449245252/

635 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 18:25:12.82 ID:KsH8vXEJ
>>569
Turn and Burnは「反転してアフターバーナーを点火する」という意味だぞ

636 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 18:49:07.89 ID:2Jjt6iek
>>634
こんなのあったのか
でも空戦談義とかアンチの沸くフライトシムネタくらいしかないし
ちなみに教範なんて講習に使ったPIPER ARCHER-IIのしか持ってない(笑

637 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 18:50:36.49 ID:L9RlagXp
漫談ばかりでもアレなので教範から
基本的なモデル図抜粋

https://or2.mobi/index.php?mode=image&file=124940.png

で最終的に機種ごとの射表にいたる

638 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:04:53.63 ID:KsH8vXEJ
>>550
そういえば五式複座戦闘機の活躍は聞いたことがないね。双発で戦闘機として成功したのはP-38だけかな。

639 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:11:08.51 ID:PJifXlu7
>>638
暴ファイターはどうなります?

640 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:14:16.87 ID:so0qk5Uk
>>638
P-38だって零戦限定だろ

641 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:15:14.07 ID:KsH8vXEJ
>>639
1600馬力2基積んで最大515kmじゃあやっぱり性能不足といわれても仕方ないね

642 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:21:26.68 ID:KsH8vXEJ
>>640
足が長いもの同士の洋上対決となると零戦しかないでしょうね

643 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:25:09.66 ID:Rc78xybA
屠龍だって相手がP-26やF3Fなら勝てるわ

644 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:42:41.76 ID:KsH8vXEJ
Do335はなにが悪くて生産数が38機にとどまったんだろう?

645 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:54:22.62 ID:EsUjnHFD
>>638
戦闘機としてって普通に各国の双発戦闘機が成功してるだろ。

646 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:54:54.85 ID:7jhdaiJO
あんなもん全部ダメだろ
戦争末期にエンジン二個も食う大型戦闘機なんて作られるわけがない

647 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:56:26.95 ID:PJifXlu7
>>646
ホーネット?

648 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 19:57:56.98 ID:7jhdaiJO
いやドイツの話な
そら連合国はF7Fとかあるけど
ジェット双発機はもちろん別よ

649 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 20:01:20.41 ID:KsH8vXEJ
>644はたぶんこれだ

前後のエンジンの回転軸が完全に一致しないと、原理的には相当な振動が生じる事になる
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドルニエDo335

650 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 20:14:09.09 ID:Rc78xybA
キ64は双発機と呼べる?

651 :名無し三等兵:2016/04/06(水) 20:25:59.67 ID:2Jjt6iek
BD606が至高!

652 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:14:51.21 ID:lcD2/uLM
>>637
90度の真横から撃って当てるのか

653 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:23:06.10 ID:6Rm2/jED
たんに説明としてわかりやすくしてるだけじゃね

654 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:31:30.63 ID:lcD2/uLM
こういうのがあったんで
対戦闘機戦で横から撃って当ててんのかと

戦訓による戦闘機用法の研究(抜粋)
昭和十八年五月三日 横須賀海軍航空隊
小福田少佐所見

一・南東方面敵空軍の状況(十八年三月現在)
最近南東方面に現れたる敵空軍の状況概ね次の如し

(ヘ)敵戦闘機中(特に「グラマン」)には、我が戦闘機に対し下方よりする「ブラ下り射撃」、或は前方若しくは側方射撃を実施し、而もその精度侮り難きものあり。

655 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:38:12.33 ID:sUsE4GuG
誰も実機に乗った事無いんだから何とも言えないよね

656 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:40:01.54 ID:lcD2/uLM
まぁスレ違いだし過疎スレの方に移動するわ

657 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:45:55.79 ID:6Rm2/jED
乗ったことがないというか
この場合「側方射撃」というのがどれぐらいの角度で側方なのかわからんという点だろう

658 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:45:56.05 ID:OpncKffN
343空みたいな日米検証本でも米軍が横から撃って当ててる証言は出てくる。

43年のい号作戦時に進撃する零戦に対して遠距離、斜め前からの対進攻撃でP-40が命中させてるとかあるね。

659 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:52:27.26 ID:sUsE4GuG
高度差を活かした一撃離脱戦法
敵機より小さく旋回して後ろを捕る格闘戦法
敵機の動きを読んで確実に当てる見越し射撃
エースパイロットはこの3タイプだろ?
職人の世界と一緒でパイロットそれぞれの才能の話なんだから
感覚を言葉で説明するのは無理だろ。
少なくとも格闘戦法で後ろを捕るパイロットが
初心者なんて言うのは勘違いも甚だしい。

660 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 01:52:34.55 ID:lcD2/uLM
こっちに移動してみた

WWII 航空戦術スレ [無断転載禁止]&#169;2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1449245252/

>>658
ゲンツルと梅本本?
資料出してるあなたのレスコピーさせていただきます

661 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 09:00:19.32 ID:eQQErT3E
フライトシムなら真横から撃っても当てられるな
敵機が照準器に入らない位置から狙わないと駄目なんで完全にマグレ当たり狙いになるが

662 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 11:01:00.67 ID:aLbEjlpf
>>659違う
格闘しようが一撃離脱だろうが相手の動きを読んで未来位置に銃撃しないと当たらないのは同じ
初心者は相手の動きがあまり読めないんで後ろを追い回さないと射撃チャンスが無いだけ

ヘッドオンか全くの奇襲で真後ろから撃てたなら見越し射撃は要らんが

663 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:19:34.49 ID:0+14n6Jf
米軍は必死になって熟練パイロットを保護・救助したのにクソ日本軍ときたら消耗品扱い。その時点でもう負けてる。

664 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:24:20.89 ID:OpncKffN
にわかは>>663みたいな勘違いするよなw

実際は日本も出来得る限り、パイロットを救助してる。

665 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:27:11.88 ID:1/PuCTDF
ソロモン戦の時とか秋津洲が必死に出張ってたりするからな

666 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:27:25.91 ID:0+14n6Jf
>>664
背後の防弾は?

667 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:28:42.93 ID:0+14n6Jf
落下傘は?

668 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:31:34.70 ID:0+14n6Jf
生きて帰ってくるなってか

669 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:35:25.17 ID:TnURAgqs
>>663
ソ連軍も兵隊の命を大切にしたからな。

670 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:35:53.00 ID:eQQErT3E
パイロット拾うのに配置されてた日本潜が米パイロット拾って待遇の良さに感激されてたな…
米軍はパラ撃ち上等なのに日本のパイロットは卑怯だと言ってやらなかった

671 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:36:40.81 ID:1/PuCTDF
>>666
防弾つけてもパイロットがせっせと外すし
落下傘付けてもパイロットが邪魔だとバンドを付けずに出撃するような国民性ですから・・・

672 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:38:18.41 ID:0+14n6Jf
実際、「そんなに命が惜しいのか」と兵隊の間で言いあう風潮があったようだよ。上官の責任だけではない。

673 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:40:00.72 ID:VarleHO3
>>671防弾がない飛行機ばかり作って外す防弾板がないでしょうに。

674 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:42:06.28 ID:eQQErT3E
爆撃機の乗員が邪魔だならってパラシュート付けなかったのは両軍共だろ
酷いのになるとパラシュート付けてると席につけない機体もあった(欧米機)

675 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:45:00.83 ID:0+14n6Jf
>>674
捕虜になると虐待されちゃう(米軍機)

676 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:51:06.16 ID:eQQErT3E
>>675
そりゃシナ派遣の日本軍
国民党軍に捕まったら虐殺され晒し者確定なんで生きて虜囚の辱めを受けずってのは
それから始まったとか
アメリカの人種差別も筋金入りで日本人を人間扱いしてなかったけど

677 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:58:56.32 ID:0+14n6Jf
最近の米軍の兵隊によるイラク軍兵士の虐待も酷かったけどな

678 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 20:59:04.16 ID:VarleHO3
戦闘機の防弾板を外すという話を陸軍機では聞いたためしはないなあ。
B29を撃墜するために軽量化すると特殊事情ではあったけどさ
海軍では通信機を外すというのは聞いたけどさ。

679 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:06:43.18 ID:0+14n6Jf
初期型は防弾皆無であった零戦と違い、隼は最初から防弾板と防弾タンクを装備(ただし着脱選択式)しており、、12.7mm弾に耐える防弾設備がされていた。さらに量産途中で防弾性能を強化する余裕があった。

ただし、防弾版を装備すると性能が落ちるので、外す事は多かったのだとか。

http://dic.pixiv.net/a/一式戦闘機

680 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:10:08.24 ID:OpncKffN
>>670
>米軍はパラ撃ち上等なのに日本のパイロットは卑怯だと言ってやらなかった

残念ながら有名なウソ。
日米英ともにパラシュートや地上、海上に落ちたパイロットを撃ってる例はたくさん出てくる。
常態化しているといえるほどね。

681 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:11:56.56 ID:OpncKffN
>>678
むしろ海軍機より早くに防弾板がつけられた陸軍機の方が下ろした例は多い。
64戦隊とかね。

682 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:21:02.13 ID:0+14n6Jf
TBDデバステーターは防弾云々以前に空飛ぶ的みたいな酷い機体だったな。零戦でなくとも生きて帰ってくるのが絶望的な確率。

683 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:22:04.65 ID:eQQErT3E
>>680
それが本当なら米軍が必死になってパイロットを救助しようとしたのは無駄だな
日本軍機が日常的にパラ撃ちしたと統計はどこに書かれてるのかね?

684 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:29:07.17 ID:4DQ7FrZS
>>680
居るにはいるが異常者扱いされてたりするようだが

大空の侍か何かで執拗にパラシュート撃ちまくる奴が出てきて
「こいつ目がヤバイ壊れてる」とか言われてた

685 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:35:17.87 ID:OpncKffN
>>683
梅本本のラバウル航空隊とビルマの64戦隊をはじめとした各戦隊

当時の搭乗員の証言も交えて「常態化」していることが書かれている。

河原に不時着したP-51から逃げ出すパイロットを撃ったとかね。

686 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:39:23.88 ID:eQQErT3E
>>685
なんでその本に書かれてる例だけで日本軍でパラ撃ちが日常化してたなんて思ったの?

687 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:43:17.16 ID:0+14n6Jf
落下傘降下が白旗あげたかどうかの解釈だな。救助されてまた戻ってきて攻撃に参加するとなると撃たないと、って事だろうな。

688 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:44:20.62 ID:OpncKffN
>>686
日本海軍の主戦場や陸軍を代表する戦隊で行われていたことが他ではいっさい行われていなかったってなんで思えるの?頭大丈夫?

689 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 21:47:49.77 ID:eQQErT3E
>>688
主戦場なんか転々としてるし一部地域の一部部隊でやったと思われるだけだな
日常化してたならそんな一部の例にならないだろ?

690 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 22:08:35.49 ID:OpncKffN
>>689
難癖つけても調べた上で「常態化していた」と書かれてるから。
ラバウルに配備された多数の海軍航空隊や軍神部隊として特に著名だった64戦隊を「一部」というのはさすがに無理がありすぎる

日本が非人道的なことをしたはずがないとか思いたいのはわかるけどね。

パイロットを撃つ撃たないは個人の意思によるが、
これらのパイロットを撃つ行為が日本の組織で、あるいは上級者が特に戒められていないということから何が考えられるかわかるでしょ。

691 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 22:16:13.43 ID:LCYHpCy9
パイロットは捕虜ではないので撃ってもルール違反にはならない。

そんなことやってアメの戦力を削いでも勝てなかったけどね。

692 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 22:17:01.73 ID:LCYHpCy9
>>691

落下傘降下中のパイロットな

693 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 22:19:40.64 ID:eQQErT3E
>>690
米軍のパラ撃ちを目撃する機会のあったパイロットが報復としてやった可能性はあるだろう
航空優勢ならパラシュートを探して高度を捨てるなんて危険な行為も可能だろう
逆に言うと余裕が無い日本機がそんな危険な行為が日常的にできるはずが無いんだよ

694 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 22:27:40.87 ID:0+14n6Jf
>>676
朝鮮人捕虜監視員の米兵虐待については聞いたことがある

695 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:07:44.25 ID:VarleHO3
でもさ合理的判断だよな。降下中のパイロットの殺害。ジャクなら次戦場に返ってきた時には
経験を積んだ恐るべき強敵になってるわけだし

696 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:14:04.00 ID:OpncKffN
>>693
>逆に言うと余裕が無い日本機がそんな危険な行為が日常的にできるはずが無いんだよ

>>685で書いたのは昭和20年の事例。終戦のわずか数ヶ月前のできごと。余裕のある時期ではないね。それでもやっているわけだが。

証言でもわざわざパラシュートを探して撃つというよりも撃墜した敵機からパラシュートが開傘したのを目撃してそれを狙っているものが多い。
海上に落ちた落下傘を撃ってる証言もあるけどね。

そうやって妄想たくましく擁護して論破される前に自分で調べてみれば?

697 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:14:13.89 ID:OslXJ/FX
坂井がきっちりサザーランドに止めを刺しとけば死なずにすんだ日本人何人かいるしな

698 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:21:30.45 ID:0+14n6Jf
ダメダム弾が非人道的なように、パラ撃ちも非人道的な匂いがするな。

699 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:26:03.21 ID:0+14n6Jf
最初から戦争なんかしなければいいという話なんだが

700 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:27:24.41 ID:eQQErT3E
>>696
妄想も糞も上空に敵機が残ってるのにパラシュート撃ちに行く馬鹿なんて居ないわけだが…
それこそ敵機が残ってない状態でないと無理
大和が沈んだ時に漂流者の銃撃してたF4U二機が通りかかった疾風に叩き落されてたな

701 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:28:02.21 ID:0447y9NP
http://www.powresearch.jp/jp/archive/pilot/seibu.html

1945年7月10日午前0時15分ごろ 福岡県門司市(現・北九州市)部崎の沖合

B29(機体番号42?93939、第314航空団6爆撃 群所属)が墜落。
 (注)作戦任務第256号(目標:下関海峡・新潟・七尾、第313航空団から出撃31機、損失1機)

搭乗員12人のうち、機長のRobert R.SCHMIDTなど11人死亡。
このうち溺死したAndre JACQUES軍曹とRobert STRIKLAND軍曹の2遺体が門司市部崎に漂着、
現場付近に埋葬。1946年6月に米軍が回収。
 Jack J. ROY軍曹が関門海峡付近で駆逐艦冬月に救助され捕虜。
西部軍司令部へ送られ、8月10日に油山で処刑された

702 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:32:08.42 ID:VarleHO3
むしろ賞賛すべきだろうに。パラうち

703 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:39:03.30 ID:0+14n6Jf
バラ撃ちは無防備で手も足も出ない状態に一方的だから武士道精神からみるとどうなんだろうねえ

704 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:40:55.13 ID:0+14n6Jf
あ、武士はパラシュートなんか使っちゃダメなのか

705 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:42:34.71 ID:JsJSjVSc
>>700
その二機のF4Uは米軍には大和攻撃時の損害としてカウントされて
いるのかな?

706 :名無し三等兵:2016/04/07(木) 23:55:12.23 ID:eQQErT3E
>>705
それは知らんが確認したら記録では五航艦の戦闘303飛行隊(岩本徹三小隊長指揮)が
坊ノ岬260度100キロ付近の海面でF4Uコルセア3機を撃墜になってるな
疾風じゃなくて零戦だったのかも?

707 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 00:06:17.52 ID:YYsjBaUX
>>706
その零戦隊なら大和を救援しようとして駆けつけたけど間に合わなか
ったと聞いたことがある。
大和攻撃時の米軍機の未帰還は九機乃至十機だけど岩本隊の三機
も含まれているのなら対空砲火での戦果は六機乃至七機になるから
それが気になったので。

708 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 00:06:21.35 ID:Rq2uWy0J
>>703
生麦事件じゃ武士の情けで「介錯してやった」だからな

709 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 00:15:23.37 ID:Ks/9p9ju
原爆投下は武士道精神からいくとどう評価されるのかな

710 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 00:56:58.09 ID:OO2Xgnv/
民間人虐殺なんて士道に背く事したら切腹
 ※ただし九州は除く

711 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 01:41:08.14 ID:NAS6WCvK
―西部戦線では、パラシュートで降下するドイツのパイロットは、非常にしばしばアメリカ機によって撃たれたことが知られています。
東部戦線でもこのようなケースはありましたか?ドイツのパイロットはロシア人を、逆にロシア人はドイツ人を撃っていたのでしょうか?
 いいえ、ロシア戦線ではそういうことはありませんでした。そのような出来事は一度も耳にしていません。ロシアでは、
両軍ともやらなかったですね。地上からは撃たれましたが、戦闘機同士であれば決して撃ったりはしません。戦後、
何人かのアメリカ人将校と会った時、アメリカ人はパラシュートで脱出した搭乗員をいつも撃っていたのに対し、
ロシアではそんなことは一度もなかったと言うと、彼らは私の言葉を全く信じようとしませんでした。私が最後に撃墜された時、
それはアメリカの戦闘機に落とされたのですが、私は8000メートルから地表ギリギリまでパラシュートを開かずに落下し、
アメリカ機に撃たれるのを避けました。もしもそうしていなかったら、空中で撃ち殺されていたでしょうね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

712 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 01:53:57.20 ID:232rl26T
>>701
>搭乗員12人のうち、

12人はどんな任務だったのか。ちなみにランカスターは7人乗り。

713 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 02:19:43.60 ID:kOZw6LkV
>非常にしばしば

ワケワカラン日本語で信憑性台無し

714 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 10:52:59.95 ID:kJ8b147X
ジュネーブ条約 第四十二条 遭難航空機から落下傘で降下する者は、降下中は攻撃の対象としてはならない。
は1949年の追加事項なんでセーフ
第二条約(海上にある軍隊の傷病者、難船者の状態の改善)
は1906年からの条項なんで漂流者銃撃はアウト

715 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 18:38:10.51 ID:Ks/9p9ju
人道的にはいつやった事だろうが関係ない。やってしまった事実は永久に残る。

716 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 19:16:53.18 ID:ITC0nZaL
シムでもパラ撃ち批判が強くなって撃つと自機被弾になるようにパッチが当たった事あるな
いや☆いっぱい付けてるAltiMonkyが自国領でベイルアウトすると思わず撃ちたくなるけど(笑

717 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 19:38:57.08 ID:Ks/9p9ju
シムやったことないんだが、F4Uは座席の位置がかなり後ろにあって、五式戦は前の方にあるけどやはり座席の位置はできるだけ前にある方が視界が良くて敵に弾をあてやすいものなの?

718 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 19:55:11.03 ID:ITC0nZaL
射撃にはエンジン下が見えないのは同じで発射時の座りの良さのが重要だと思う

シムだと鼻面が長い方が斜め前下方視界が悪くて優位の時に下方確認の時に
バンクが余分に必要なのと離陸時に前が見えなくて不安なだけ
着陸は機首下げるんで空母みたいに狭い所に降りるんじゃなければ問題ない

719 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 20:46:57.37 ID:c87KBsZ1
アメリカ、オーストラリアなど黄色人種見下しまくりの軍はえげつない
ダンピール海峡での漂流兵士を何度も補給して繰り返し機銃掃射しまくったり

720 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 21:44:53.23 ID:Rq2uWy0J
そういや弾が水の中に入ると急速にエネルギーを失うからSPRの冒頭シーンはウソとかあったね。

721 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 22:12:16.26 ID:ITC0nZaL
普通の弾は水中に入ると口径の80〜100倍距離で殺傷力が無くなるらしい
水中で小銃を発射する実験だと40cmの距離にある2cmの松板7枚以上貫通してた

722 :名無し三等兵:2016/04/08(金) 23:32:53.43 ID:xq1ljRxk
>>684
まず大空の侍書いた本人自体がそうとういかれてる気が…

723 :名無し三等兵:2016/04/09(土) 04:41:06.09 ID:D2kzDIcC
>>15
>負け続けて藁にもすがりたい当時の軍のお偉いさん方はだな、

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

724 :名無し三等兵:2016/04/09(土) 21:08:30.07 ID:68IIzyar
他に移動したという発想がないのがすごいな。
結論ありきでワロス

725 :名無し三等兵:2016/04/09(土) 23:46:32.76 ID:aDDau43H
当時の中国にマトモな統計があったということ自体が驚きです

726 :名無し三等兵:2016/04/10(日) 10:23:45.68 ID:pO7PVOeE
勝てば官軍って言葉が日本にある

727 :名無し三等兵:2016/04/10(日) 14:55:16.10 ID:m6trLBkQ
国共内戦の犠牲者も入ってるなw

728 :名無し三等兵:2016/04/10(日) 15:30:50.15 ID:MkOOPlb1
春秋戦国時代の遺骨も忘れないでください

729 :名無し三等兵:2016/04/11(月) 21:56:47.92 ID:4S/FC04v
日の丸あげて読んだ
五式が主役なのは斬新だが、やはり五式らしく終盤にちょっと出た挙句打ち切り…

730 :名無し三等兵:2016/04/11(月) 22:45:03.05 ID:E4HoX4Kl
エアレースってシーフューリーは出てくるけどスピットが出てこないのはなぜなのか

731 :名無し三等兵:2016/04/11(月) 22:57:20.09 ID:wLYCC8nG
スピットの生産がなくなって部品供給に難があるからと聞いたことあるな

732 :名無し三等兵:2016/04/12(火) 04:13:26.80 ID:qdsF141Q
毎年のようにエアレースが日本で開催されてチケット売り切れの今であれば
日の丸あげても打ち切りになるまいて。

ジェントル萬(1991年)→日本INDY(CART)初開催(1998年)
ガッデム(1988年)→日本WRC初開催(2004年)

733 :名無し三等兵:2016/04/12(火) 09:26:48.76 ID:TPAf6o2d
>>712
ランカスターなんてオモチャは、対日戦争では使い物にならんよw

734 :名無し三等兵:2016/04/12(火) 10:05:20.16 ID:h2gDWo+2
>>730
スーパースピット系でも機体構造は古い設計だからもともと戦闘力は弱い。
またエアレースのベース機はほとんどが実戦には出てない余剰生産機や戦後機。
スピット終末機はグリフォンでグリフォンはパーツ数などの関係でチューニングシステムが確立していないので戦闘力は低い。
一方のシーフューリーは戦闘力のある奴はオリジナルのセントーラスではなく
R2800やR3350などに換装されてる。

735 :名無し三等兵:2016/04/12(火) 10:17:56.63 ID:50Z5HkWK
ドイツ降伏後の対日戦でイギリスは使おうとしてなかったっけ?>ランカスター

736 :名無し三等兵:2016/04/12(火) 17:20:56.53 ID:Ccy9Snac
>>735
関門海峡トンネルをぶち抜く予定だったらしいけど
正確な場所分かったんかいな?

737 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 00:15:43.88 ID:fApX+MwI
日本の糞爆撃機がランカスターを笑えるのか?

738 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 00:44:11.62 ID:4eX7nrZp
少なくともマンチェスターは笑えるな。
ランカスターは対空火力の貧弱さとか貧弱過ぎる装甲とかが問題か。
大型爆弾搭載能力以外は生存率の高いキ49あたりのがマシそう。

739 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 01:07:49.99 ID:vMr/D37A
対日戦争なんて二流のオマケだってなら、日中戦争は三流以下のオマケのそのまたオマケ。
けれどもマッターホルン作戦で中国戦線には最新鋭のB-29が配備されていたはずだ。
1945年5月9日にヨーロッパの戦いは終わっているし、また米英はヤルタ協定でソ連に対日参戦を依頼してる。
従って対日戦オマケ論でランカスターが対日戦争に参加していない理由を説明することはできない。

740 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 02:35:52.61 ID:4eX7nrZp
日中戦争に対する日本兵の感想が
「逃げる中国兵追いかけ回してた。楽しかった。」
というあたりお察し。

741 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 04:13:13.72 ID:LkdyVXr0
五式戦とか調べる価値もないな
米「何それ?いたの?」

742 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 08:34:29.82 ID:LuXnIFUH
まぁメリケン仕様にしたときの伸び代は疾風の足元にも及ばないだろうな

743 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 12:07:42.64 ID:LKBDm5xy
同じ金星系列の百式司偵は伸びたけど

744 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 16:24:43.34 ID:LkdyVXr0
メリケン仕様とか関係無くね?
日本が運用した、その結果が全て
敗戦後とか、死んだ子の歳を数える様なもんだぜ

745 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 18:09:59.06 ID:v+bgGSiB
結果が全てで評価するなら
SBDドーントレスが太平洋戦争の
最優秀軍用機と言えるだろうな

746 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 18:59:59.33 ID:kn7LM7ZX
結果が全てのヨーロッパ西部戦線最優秀軍用機は
スピットファイアMk.II
ホーカーハリケーン
P-51D
のうちどれか
東部戦線はわからん

747 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 19:44:25.71 ID:LKBDm5xy
>>746
La-5かな
赤軍反抗期の主力戦闘機

748 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 20:33:56.04 ID:HoPWeLEO
>>745
軍需施設を爆撃したB-29かも

ミッドウェイで主力空母4隻を沈めなければその後の戦局に大きく影響した
or
ミッドウェイで主力空母4隻が残ったとしてもB-29がなければアメリカの日本占領はなかった

749 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 20:42:18.03 ID:HoPWeLEO
訂正
ミッドウェイで主力空母4隻が残ったとしてもB-29があればアメリカは日本を占領できた

750 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 21:10:08.69 ID:HoPWeLEO
>>749
そのB-29を一番墜としたのが飛燕というオチ

751 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 21:40:21.93 ID:VB0zcjp+
日本側じゃB-29高高度過ぎタフ過ぎ与圧キャビン排気タービン羨まして評価なのに
米軍じゃ爆弾当たらんから低く飛べ被弾に弱すぎ与圧怖すぎエンジン不調過ぎで
まるで逆評価なのがなんとも…

752 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 21:45:51.12 ID:Ve9UfK5O
>>750
なら何で飛燕の生産は打ち切られたの?

753 :名無し三等兵:2016/04/13(水) 22:07:31.03 ID:HoPWeLEO
>>752
二型に載せるハ140はハ40に輪をかけて歩留まりが悪かったから
だっけ?

754 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 00:40:12.05 ID:1y9i6E5/
>>748
B-29は最優秀どころか戦争に寄与しなかった駄作機になる

戦後の戦略爆撃調査団によるレポートでシーレーン破壊したから日本はB-29で爆撃しなくても崩壊してたと結論してる

755 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 00:46:08.82 ID:UxUEfx36
B-29が無敵要塞だったは、もはや過去の幻想
国家総力戦だと勝つ方だって肉壁を必要としたわけだ
まあ、本土生産拠点を米戦略爆撃機の射程に捉えられた時点で詰み

そうなった元を辿ると
>>745の言うドーントレスが太平洋戦争MVPかもね

756 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 10:16:31.02 ID:9gQTNyUk
デパスさんの犠牲があったからこそだけどな…

757 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 13:07:25.74 ID:GxVCDs8d
>>756
デバステーターな

758 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 15:41:38.47 ID:2sh/7XU+
すると出刃ステーたーがMVPでよろしいですね

759 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 17:14:12.07 ID:3iAwjBJS
>>758
さんを付けろよデコ助野郎

760 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 17:29:39.04 ID:2MUDrKo7
>>754
対日本だけであればそのとおりだが
ソ連の参戦と占領を考えると日本が干されるのを待っていられない。

761 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 18:34:02.06 ID:OBk8bCZK
艦爆なんて所詮艦攻の前座にすぎない

762 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 20:08:31.62 ID:2sh/7XU+
>>759
ガタガタぬかさずにしゃぶれよ

763 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 20:15:48.84 ID:CCz6c+aZ
>>754
大陸打通作戦の大勝利は、太平洋戦争の大敗北を吹き飛ばしてしまい、日本降伏はソ連参戦まで持ち越し。

764 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 21:44:05.08 ID:zkjPXAlA
>>760
貧すれば鈍する的に、どう考えても動けないソ連を引っ張りこもうとしなければ・・・
そもそもやらんでもいい対日戦をセッティングして赤いパンドラの箱開けたこと自体・・・

765 :名無し三等兵:2016/04/14(木) 21:52:52.30 ID:f4CVEx+i
>>764
日本は太平洋戦争では大敗したが、大陸打通作戦では大勝してた。だからソ連の対日参戦は必須。

766 :名無し三等兵:2016/04/15(金) 20:51:27.08 ID:ryHwCOLM
大陸打通作戦は病死が多いし、戦略的に失敗だろ。硫黄島の戦いのほうが遥かに立派だ。

767 :名無し三等兵:2016/04/15(金) 21:01:27.56 ID:dBjnrapd
大陸打通作戦←逃げる敵を追い払いながらただダラダラと進軍したのは良いがその後の補給ラインをなんら維持出来なかったというアホの3乗作戦。

768 :名無し三等兵:2016/04/15(金) 22:45:13.21 ID:JMV7A1A+
>>767
中国人を虫けらのように虐殺して、地球環境の保全に貢献した。

769 :名無し三等兵:2016/04/15(金) 22:46:56.76 ID:JMV7A1A+
>>766
米軍主力は太平洋ではなくヨーロッパ。だから日本軍だって太平洋戦争のりも大陸打通作戦でいい。

770 :名無し三等兵:2016/04/15(金) 22:51:17.17 ID:BdK4WVny
>>766
大陸打通作戦は欧米人に「対日戦争はオマケで、中国抗日戦争はオマケのそのまたオマケ」と言わしめた快挙。
これで中国は欧米からは相手にされなくなり、戦勝国クラブであるはずの国連でさえ、中国は1971年まで排除されてた。

771 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 00:19:56.14 ID:lBQtV6zq
>>770
中華民国を知らんのかい

772 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 00:26:08.58 ID:zR8bamr7
>>771
バグラチオン作戦の輝かしい大勝利の裏には、チンピラゴロツキの情けない敗走があったことを忘れてはならない。

773 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 00:58:40.27 ID:akeorHK3
なお、大陸打通作戦の現実は「ゼロの進軍」を参照の事

774 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 09:48:36.14 ID:9oMRCrpk
大陸打通作戦が心の支えになってる百姓

775 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 15:10:17.48 ID:G8CFVWSK
馬鹿のために打通ごっこの顛末を説明すると、

制空権は握られたまま無意味に地図上の線だけつないだ机上の空論を実行させられ、無意味どころか行くところすべてでさらに憎まれた挙げ句、
湘西会戦(シ江作戦)で決定的に敗北した日本軍は点の防衛能力まで失ったとさ
中国軍が拠点制圧に乗り出さなかったのは、単に攻勢にでる必要がすでになくなっていたから
日本側は共産党にすでに全面的に脅かされており、軍艦挺が海を渡る能力をもすでに喪失、沿海地域と日本本州との連絡すら絶たれ「南京準備政府」と称して蒋介石総統を南京にお迎えすると独り言をつぶやいていた(もちろん無視された)

776 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 16:11:07.13 ID:PiBu8nXF
シナじゃそんなアナザーワールドな歴史になってるのか(笑

777 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 19:28:13.52 ID:lBQtV6zq
>>775
攻勢に出る必要ではなく、戦力がなかったんだよ。
勝ったと騒いでいる唯一の事例ですら攻勢作戦に出た日本を推し戻すだけで戦力を疲弊し尽くしている。
米軍から日本側よりも圧倒的に勝る質量の兵器を供与されていたにもかかわらずだ。

778 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 19:51:43.57 ID:/O+SMkSn
>>773 この本、最近出たんだね。知らなかったよ。
大陸打通作戦なんて元士官のオナニー話の本しかなかったからなぁ

陸上のあんな長い補給線を維持出来ると考える脳みそが完全腐敗w

779 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 20:38:31.71 ID:VhRAx+c7
>>778
>大陸打通作戦なんて元士官のオナニー話の本しかなかったからなぁ

戦果ゼロのマリアナ作戦よりは百倍マシでは?

780 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 21:18:47.30 ID:lBQtV6zq
>>778が単に無知というだけでは?

781 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 21:54:10.76 ID:HfBFfJQ6
>>778
>陸上のあんな長い補給線を維持出来ると考える脳みそが完全腐敗w

バルバロッサ作戦よりはマシだろう。

782 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 22:25:34.61 ID:uOnpY4t5
>>770
>「対日戦争はオマケで、中国抗日戦争はオマケのそのまたオマケ」

英語の原文は?

783 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 23:30:01.16 ID:KFKRY7uc
>>780
こんな駄作戦の読み物の新刊を心待ちに常時ウォッチするオマエよりは
確かに無知だな(笑)

784 :名無し三等兵:2016/04/16(土) 23:44:25.38 ID:lBQtV6zq
>>783
なら無知らしく、そうやって恥を掻かないようにいい加減なことは書き込まない方がいいよ

785 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 00:18:20.55 ID:w72Di4r4
>>783
確かな事はお前の腦が腐っていることだろうなw

786 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 03:15:55.24 ID:TZMvu0Ua
>>782
冷戦時代のハリウッド映画では?

787 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 06:44:35.08 ID:5DPlJALN
五式戦のスレに旧日本軍のアホ作戦ネタを仕込む粘着:lBQtV6zqに怒られたw

788 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 07:51:16.77 ID:o+50FuYf
無知を自覚できてよかったな。
それと、そもそも打通作戦のレスをしだしたのは無知のほうなんだがw
捏造するなよ卑怯者

789 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 09:21:38.31 ID:E5fwrEeA
大陸駄痛作戦そのものがなんら庇えないので相手の人格攻撃に切り替えて撃って出る模範的な戦い方を御覧ください。

790 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 10:24:24.08 ID:o+50FuYf
>>789は日本語が読めないんだね。
>>777の平易な日本語も読めないからそういう無知なレスしかできないんだよ。

791 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 13:39:55.00 ID:+8ZbVBNm
打通作戦はバクラチオン作戦ではなくラインの守り作戦と同程度のもの

792 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 14:30:44.07 ID:wDwh8jqd
先月の丸飛燕特集号にP-51が撮った5式戦ガンカメラ写真特集あったけど
真後ろから見るとエンジン無理やり付けた感半端無くて泣けた

793 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 15:05:48.60 ID:oydzwU0R
WW2機スレって
苦しくなると、大陸駄痛作戦で煙に巻こうとする人が居るな
煙に巻くどころかやぶ蛇ですよ

794 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 15:37:58.07 ID:1ZcHqgIW
て優香
最近どのスレもデタラメじゃんw
WW2機知ってる世代はもう氏に絶えてしまったのかのぅ・・・

795 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 15:50:18.85 ID:0NhoNpDZ
>792
ガンカメラ写真へのコメントが、
「いずれもP-51の射撃をたくみに回避しており」
「操縦者の高い練度を覗わせる」
と、日本側を精一杯庇護しているところが「丸」らしかった。
物は言い様。

796 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 15:53:31.32 ID:v+CObkIZ
>>792
アリイのプラモだけど真後ろからはそれ程感じないが、真上から見ると相当不格好

797 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 16:05:06.99 ID:wPbKxR4x
まあ俺のチンコは今シュトルモビクと言われ女たちに恐れられてるわけだが…・

798 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 16:08:04.24 ID:LVDal8BL
長女に栄、次女に誉と付けるのはまぁ分かるとして、
長男に護と付けるのは苛めだと思う

799 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 16:15:40.43 ID:v+CObkIZ
>>798
寿の性別は?

800 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 16:15:43.87 ID:K0coNe8H
シュトルモビクの後席から突き出してる爪楊枝のことかw

801 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 16:18:44.00 ID:yroViAzX
誉も十分虐めだとおもうが。
>カタログスペック倒れ

802 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 16:40:41.88 ID:0+n4NLHn
いまだに「誉だけがダメだった」とか信じてる奴いるんよね

803 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 18:46:53.92 ID:yroViAzX
他の先進国から見れば全部残念だろうが
少なくともほかのエンジンは動いたべ。
大戦末期はどれもろくな稼働率じゃなかったが。

804 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 19:07:56.36 ID:o+50FuYf
誉が動かないんなら疾風や紫電改や銀河、彩雲らはなぜ飛べたんだろうな?

805 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 19:13:32.07 ID:yroViAzX
言葉遊びしたいなら他所でやれ。
運転制限かけてたり、歩留まりが悲惨だったり、動いてもカタログスペック達成できなかったりするのを
まともに動いてたというなら知らん。

806 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 19:24:21.68 ID:o+50FuYf
>>805
>運転制限かけてたり、歩留まりが悲惨だったり、動いてもカタログスペック達成できなかったりするのを

紫電改では確証のない話だな。
はい、論破

807 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 19:26:10.91 ID:o+50FuYf
>>805みたいなのは定義すら明確でない「まとも」を連呼して何がしたいんだろうな?印象操作か?

808 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 20:02:49.00 ID:sr6ddomA
>>802
ラチェのハンチングトラブルはほぼ解消していたのでは?

809 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 21:08:22.17 ID:yroViAzX
>>806
別機種になると突然不具合起きなくなるわけがないだろ。
何がどう論破なんだよw

810 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 21:39:27.69 ID:ITo/1+U0
>>793
だって日本軍なんて大陸打通作戦しか勝ったためしが無いんだから。

811 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 21:42:38.09 ID:ITo/1+U0
>>802
四式戦闘機を3500機造ったのが狂気ってなら、太平洋戦争をやった日本軍は狂気ってことになるよなw

なぜ「四式戦闘機疾風」は、残り1年で3500機?
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/war/1255320599/

812 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 21:45:03.34 ID:u/EOYzHL
>>805
>運転制限かけてたり、歩留まりが悲惨だったり、動いてもカタログスペック達成できなかったりするのを

けれども日本軍の防空がどうあれ、チャンコロは日本軍にまるで歯が立たなかった。
日本軍機が二流以下でも何でもいいが、大陸打通作戦は連戦連勝快進撃だった。
チャンコロは日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だった。
中国人を老若男女問わず徹底的に3500万人虐殺して、南京大虐殺の30万なんてどうでも良くなった。
日本刀で中国人を斬って斬って斬りまくって、昭和20年の3月まで進撃を続けてた。
レーダーが防空がなんてどうでもいいから、中国人をもっともっと虐殺しておけば良かった。
南京大虐殺の冤罪が晴れないならいっそのこと中国人絶滅収容所を作っておけば良かった。
より優れた技術大国ドイツなら、アインザッツグルッペンがパンター戦車に乗って
ウルツブルグレーダーと88ミリ砲担いでMe262でシェンノート空軍を壊滅させ、
大陸消滅作戦を発動して中国人を一人残らず虐殺してたはずだ。3500万なんて少すぎ。

P-51にとって日本軍機は楽勝、でも中国人の腐った脳みそは難敵だった。
さらに言えば、中国人の敵は日本軍ではなく、中国人の脳に涌くウジ虫だった。
バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。
ドイツ軍と比較するなら、ドイツ軍なら絶滅収容所で中国人を皆殺しにしてたでオシマイ。
どんなにしつこい日本軍へのネガキャンも、大陸打通作戦にだけは歯が立たない。
思えば明治以来、大陸打通作戦ほどに非の打ち所の無い完璧な名作戦は類を見ない。

813 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 21:46:28.33 ID:u/EOYzHL
>>805
>運転制限かけてたり、歩留まりが悲惨だったり、動いてもカタログスペック達成できなかったりするのを

43 :デイヴィッド・アーヴィング「ヒトラーの戦争」:02/08/20 12:59 ID:???
・・・前略・・・クライペ将軍が九月三日燃料状況について―すべての
爆撃機および一部の戦闘機と急降下爆撃機の作戦を切り詰めなければ
ならないほどいまは深刻であると―説明したあとで、ヒトラーは
「空軍をすっかり解体して、対空火砲を三倍にすることを考えている」
と述べ、空軍参謀総長をたまげさせた。ゲーリングが五日、“狼の巣”
に恐る恐る再び姿をみせると、ヒトラーは空軍攻撃を繰り返した。
クライベの日記はこう記録している―
 総統がまずしゃべった。空軍非難の長広舌、空軍は全然よくない、年ごとに
悪くなる、生産数字と航空機の性能についてもずっと嘘をつかれた、フランス
における完全な崩壊、地上員と無線部隊は陸軍の戦闘を援けようとしないで
命からがら飛行場を捨ててあわてふためいて逃げ出した、と。
 Me262の件が再び議論になった。なんで「高速爆撃機」しか考えられない
かについての同じ議論、将来はMe262だけ生産するとともに、対空火砲を
三倍にする考えを前より穏やかな形で再び展開。・・・・・・わが方の戦闘機の
設計はみな間違っている、四発爆撃機と闘うのに必要なのは、大口径の
機関砲を備えた双発の重戦闘機である、全国元帥の要求で、戦闘機中隊
を指揮している〔ハンス・〕ベーム=テッテルバッハが呼び入れられた。
経験から彼は、戦闘機に護衛された重戦闘機でさえも重爆撃機と闘う最善の
方法でないと説明した。ベーム=テッテルバッハは乱暴に退去を命ぜられた。

814 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 21:50:46.09 ID:u/EOYzHL
>>793
大陸打通作戦は、制空権が敵に奪われているのに、地上軍が快進撃だったのか?
中国人の筋金入りの知能障害は、シェンノート空軍の航空優勢を台無しにしてしまったのか?

815 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 22:30:43.52 ID:o+50FuYf
>>809
キミの数字も定義もない難癖でしょ
>>806に反論できない時点で認めたのと同じ

816 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 22:51:15.50 ID:yroViAzX
論破とかなんとか叫んでるだけで
何に反論すりゃいいんだ?

817 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 22:54:42.63 ID:fsRkOqmJ
紫電改の誉は
運転制限かかっていたのだろうか。

818 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 23:09:25.74 ID:o+50FuYf
>>816
キミ突っ込みどころしかない>>805を論破されてると認めているならそれで終了
妄想ではないといいたいなら数字と定義を示せといってるだけ。

819 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 23:27:32.19 ID:+8ZbVBNm
紫電改がまともに動いていたという確証が無ければ論破したことにはならんな

820 :名無し三等兵:2016/04/17(日) 23:41:18.88 ID:fsRkOqmJ
ここ五式戦スレだった
質問撤回

821 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 00:21:39.79 ID:ThaDTe+h
テスト飛行だと運転制限かかってたけど、量産機はどうなんだろう

822 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 00:22:52.79 ID:XgH7BoLu
>>819
つ343空
はい論破

823 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 00:45:46.12 ID:nFz2m6q0
運転制限があったとしても中高度ならF6Fより速いんだから問題なかろ

824 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 01:08:45.54 ID:qkfa1rAG
>>791
バグラチオン作戦の輝かしい大勝利の裏には、チンピラゴロツキの情けない敗走があったわけだが?

825 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 01:20:57.23 ID:S40yQsqh
>>793
WW2航空機スレで、大陸打通作戦について語ってはいけない理由があるのか?

826 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 01:23:33.93 ID:S40yQsqh
>>813
米軍ご自慢の「ヤーボ」も、大陸打通作戦だけは歯が立たなかったんだよなw

827 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 03:09:22.37 ID:ZmS00Vtj
大陸打通作戦がやれたのは、米国がドイツ打倒優先で米軍主力をヨーロッパへ向けたから。
大陸打通作戦の輝かしい大勝利の裏には、ドイツの悲しい犠牲があったことを忘れてはいけない。

828 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 03:28:58.79 ID:Y0P9l5zr
ロンパールームと大陸打通しかいねぇ
困ったもんだ。

829 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 04:13:35.96 ID:XgH7BoLu
>>763のいつもの打通に釣られる馬鹿がいたから

830 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 06:04:27.34 ID:JyTADsWW
>>829
世の中には相手するだけ時間の無駄なキチガイが本当にいる
こんな奴の相手してたらスレまで無駄になる
理屈もへったくれもない滅茶苦茶ですっとんきょうなことを言ってる輩が居たら相手にせず、即NGにぶっ込んで無視することを勧める

831 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 06:09:54.16 ID:SRrroHr4
はい、論破*\(^o^)/*

832 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 07:09:13.33 ID:aeFeN51Q
>>826
日本軍機には楽勝だけど、蒋介石ら中国国民党幹部の無能ぶりが…

833 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 07:21:06.18 ID:RFKT+9I0
中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
P-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

834 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 08:13:41.63 ID:Pp8E/x57
大陸駄痛作戦は日本の完全勝利!誉は世界最高のエンジン!厨が出てくるたびにスレが劣化して残念だ

835 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 08:44:32.79 ID:XgH7BoLu
「駄痛」とか書いてる方が痛い・・・

836 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 09:06:44.63 ID:1+ukSuGk
>>834
誉エンジンも悪かったけど、中国人の脳みそはそれより遥かに悪かった。

837 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 09:18:17.22 ID:/dCAypjv
>>836
誉エンジンも中国人もガラクタ。

838 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 13:07:40.78 ID:OqD12gfL
誉は烈風開発時の「全然馬力でてねえ」発言もあってアレだが、当時の運転制限状態を考えれば「それで妥当」だし、
「心配になって他のエンジンも計ってみたら全然馬力出てなかった」なんだよねー
「期待の2000馬力エンジンと聞いていたのにそれほどでもない」てのが悪評の大きな理由じゃねえの

839 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 14:04:30.78 ID:vT2obApQ
>>837
97式中戦車チハは素晴らしいチンピラゴロツキ殺戮マシーンだった。

840 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 14:37:12.67 ID:xGKj3u/M
同じ時期に同じ誉エンジンで紫電改が好成績を出したからねぇ

841 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 14:52:09.99 ID:E05eHYkb
>>840
2000馬力級エンジンで最高速度600q/hでない機体が好成績って

842 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 14:53:14.84 ID:1+ukSuGk
>>841
大陸打通作戦は好成績だったが?

843 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 15:08:45.41 ID:E05eHYkb
大陸打通作戦と紫電改に何の関係が?

844 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 15:16:03.70 ID:xGKj3u/M
>>841
紫電改の試作機は運転制限下で620キロ出してるよ

845 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 15:28:54.50 ID:1+ukSuGk
>>843
四式戦闘機疾風は大陸打通作戦に参加してるが?

846 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 15:40:51.91 ID:E05eHYkb
>>842>>845
>>841は量産型で600q/h出んかった紫電改より疾風の方がすごかろって話なんだが
なんでそのレスに打通作戦持ち出してさらに疾風の方がすごいって絡むわけ?
ひょっとしてアンカーミス?

847 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 15:43:58.38 ID:vT2obApQ
>>846
>なんでそのレスに打通作戦持ち出してさらに疾風の方がすごいって絡むわけ?

中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
P-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

848 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 16:05:24.25 ID:SRrroHr4
そのチンピラゴロツキに今脅されてて悔しい
とは読める

849 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 16:07:08.56 ID:SRrroHr4
また負けそうで悔しい、かな?

850 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 16:15:21.82 ID:4PEJ8lUz
>>844
うろ覚えだが、堀越さんの本では、紫電改の試作型は量産型ではない誉だったと書いてなかったかな?

851 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 19:46:12.22 ID:Y0P9l5zr
大戦末期の日本機の性能低下度合と
測定方法の差による最高速度差の検証は面白そうだが
真面目な議論できるスレじゃないのがな

852 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 19:48:00.70 ID:piC5JRKp
ありきで強弁するロンパーがいる限りムリ

853 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 19:54:27.08 ID:1+ukSuGk
>>851
大陸打通作戦の輝く栄光の3000キロ勝利行軍は、四式戦闘機疾風が制空権を確保したおかげだ!

854 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 21:04:43.98 ID:Y0P9l5zr
機種によるけど無荷と軽荷で最高速度10%位違うから
陸軍機ならF6Fより優速になったりと
資料が揃えば今までの鈍足日本機というイメージを覆す面白い結果になりそうなんだがな。

まー歩留まりの悪さが全部台無しにしてるんだが

855 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 21:41:04.19 ID:wLpOVVa8
鍾馗ェ

856 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 22:46:56.42 ID:evVmhgt3
鍾馗は米軍テストで最高速が日本計測と変わらなかった唯一の可哀想な子

857 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 23:05:03.02 ID:Y0P9l5zr
鍾馗は同時期の欧米機に速度で匹敵し、格闘性能では優越してるから
格闘バカが乗りこなせなかっただけで、名機と言っていいと思うんだがな。
実際似たような重戦闘機に乗ってた米軍では高評価だし。

858 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 23:45:09.08 ID:ajAiDp4A
鍾馗ってペラ4枚でも良かったんじゃね?馬力からしたら。

859 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 23:47:03.50 ID:XgH7BoLu
>>857
匹敵するといっても欧米機に比べて遅く、格闘性能もキ43と比べて悪いから欧米機のような戦い方をしても勝てないんだよ。

インドネシアで十分に訓練を積んでビルマに配備されたキ44装備の87戦隊はキ43装備の他の戦隊が戦果を挙げる一方、ほとんど戦果を挙げられずに戦力を喪失している。

860 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 23:48:31.56 ID:75mC7UV6
>>857
Fw190との比較では加速度互角
動力性能の差を軽さで補った

技術力の劣勢を軽さで補う何時もの日本機でしかない

861 :名無し三等兵:2016/04/18(月) 23:51:06.20 ID:fruqEEoc
>>850
堀越奥宮零戦本を確認したが、そういう記述はなかった

862 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 00:52:47.93 ID:VJOjq7Cq
>>859
鍾馗は基本的に迎撃機だから足短いもの・・・
攻勢時にはついていけない。

つうかなんでそんなもん持ってたって話なんだが。

863 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 01:26:53.93 ID:W9YSLBMQ
>>862
ショーキは重単座戦闘機であって迎撃機ではない

864 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 01:33:58.43 ID:VJOjq7Cq
>>863
重戦闘機として作ったけど
スペック的には完全に迎撃機ですやん

いや欧州機と比べりゃ足長いけど

865 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 05:32:08.25 ID:UgaU9kjz
>>860でも武装がどうしょうもなく差があるよなあ。それってすごく重要でしょ。
インターセプタ―として爆撃機を撃墜するのにさ。鍾馗のあれではB17は撃墜
困難でしょ。

866 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 06:54:09.24 ID:00qphg+v
>>860
チャンコロって日本人の軍刀に斬り伏せられるためだけに生まれてきたみたいな生き物だよなw

867 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 07:01:52.45 ID:n2vIyu7a
>>859
中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。
P-51のパイロット達は日本軍機には圧勝しつつも、中国人の知能障害には涙を呑んだ。

868 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 07:18:16.82 ID:8Mi2UhgA
>>865
なぜ、B-17は対日戦争で使用されなくなったのか?

869 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 10:56:44.04 ID:m38qlitm
>>864
やはり「重戦闘機作っちゃいました」の第一号なわけで… いいコなんだけど
やっぱ武装足りなくね? 燃料足りなくね? 速度ももっと欲しくね? っていじったら機体はもっとでかくなったっていう

870 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 12:16:10.54 ID:MIGZDXcq
少なくとも設計士は最高傑作と思ってるよ

871 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 18:32:33.40 ID:9JW1sB+6
>実際似たような重戦闘機に乗ってた米軍では高評価だし。
えっ
とりたてて特筆すべきものはない、みたいな評価だったと思ったんだが・・・

872 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 19:09:19.34 ID:cfhxI2ZP
重戦闘機っていう括りがよくわからないんだが
重戦闘機ってボーファイターとかP-38みたいな双発戦闘機のことじゃないの?
日本でいえば屠龍とか月光とかさ

873 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 19:17:22.07 ID:KhDsbtx/
戦前の陸軍の区別だと単発単座の重戦は存在した
ki-60はヨーロッパのBf109なんかの運用を参考にした速度と火力重視の重戦として計画されてた
Ki-61のが性能良好だったんで採用されなかったけど

874 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 19:46:45.57 ID:H5fSmqC/
日本重戦の源流はキ28

875 :名無し三等兵:2016/04/19(火) 20:15:53.82 ID:VJOjq7Cq
>>871
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%BC%8F%E5%8D%98%E5%BA%A7%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F#.E7.B1.B3.E8.BB.8D.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E8.A9.95.E4.BE.A1
ソースが正しいはしらん。

876 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 04:30:42.91 ID:SOklZwLl
>>872開戦前まではそういう定義だったな。

877 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 12:21:56.63 ID:6w1YCCPA
>>871
いや、インターセプターとしていい、って書いてたはず

>>872
陸軍には軽単座戦闘機と重単座戦闘機って区分があって、実際の重量とか翼面荷重じゃなくて
「戦闘機とは喧嘩できるソコソコなの」と「爆撃機や欧米の新鋭機ともガチでやれる凄いの」みたいな分け方
結局は「重戦が量産できればそれでいいじゃん」になってこの区分はなくなるけど、「いきなりそんな凄いのはできないなあ」
って時代の、期待の本命とその保険、みたいなもんかな

878 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 13:01:22.40 ID:laPWLYNh
速度と火力重視なのと軽快な格闘戦重視だろ?

879 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 16:24:18.74 ID:6w1YCCPA
戦い方で言えばそんな感じ
大型機や新型高速機とやり合うには速度と火力が欲しかったけど、
やったことなくて不安だから従来と同じようにクルクル回れて軽武装だけなのも作っとけ、ってとこかな
「だからって500km出るか出ないかでは遅すぎる!」で一式戦は葬られかけたわけだけど

880 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 17:50:03.33 ID:PdYBeczQ
しかし43とキ61は割りと長めな航続距離を持って開発されたのに
何で次期主力戦闘機の本命たるキ44だけあんな短足に作ったのやら

キ60も短いのかね?

881 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 18:45:35.55 ID:39hmv1Tq
むしろ陸軍は大陸方面を主戦場に想定してたから航続力長くする必要が無かった
対地攻撃力と防弾を伸ばすのが正解

882 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 18:50:56.07 ID:ScEKgaji
重戦闘機というのは重武装の戦闘機。

883 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 19:06:03.50 ID:S6g757u1
五式戦と紫電改
http://imgur.com/oAdG7wL

884 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 19:32:58.28 ID:S6g757u1
五式戦と疾風
http://imgur.com/MBSoB4Y

885 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 20:27:28.25 ID:S6g757u1
仮想対戦になるが、烈風とF8F
http://imgur.com/UOkGG46

886 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 23:02:39.99 ID:+GCfS1uM
陸軍は
基本的には洋上航法訓練もしないし
装備もない

ニューギニアとかでも実際に
長距離攻撃などせずに
ニューギニアの南北を挟んだ戦いで
それほどの航続距離のある作戦自体はしていない

逆に航空基地はP38・B24に一方的にアウトレンジ攻撃受けまくってる

887 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 23:04:08.13 ID:45TcWD3X
>>885 コレで重量同じ馬力ほぼ同じなんだから
格闘戦やれば烈風が強かったのは明白なんだなコレが

888 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 23:08:35.84 ID:+GCfS1uM
>>887
ねーよw
F6F-5は水メタ対応して
2400馬力でる

F6Fはある程度の速度でてれば零戦以上の旋回性で
ロールレートはF6F-5でかなり改善してる

烈風は翼からして、ロールウンコだろ

889 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 23:14:12.09 ID:3ot620WD
だから何としか
ロールだけで決まるわけでもないし

890 :名無し三等兵:2016/04/20(水) 23:16:30.58 ID:+GCfS1uM
>>889
縦線回でも負けるよ
速度・馬力でも負ける
ロールもダメ
武装と防弾も負けて
米軍は耐Gスーツがあって
射撃装置は3世代くらい違って、命中率も段違いで、ジャイロついて、見越し射撃も可能

891 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 00:03:56.76 ID:FSkP34bE
>ある程度の速度でてれば零戦以上の旋回性で

維持旋回率かなにかと混同してないか?

892 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 00:06:35.95 ID:cEJzUMKI
>>890
水メタ使用時限定で重量がはるかに重いのを無視されてもねぇ

なんか都合のいい部分しか見てないレスだね

893 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 00:18:33.33 ID:Z8m5WZaH
>>846
中国人を虫けらのように徹底的に殺戮した、大陸打通作戦の輝く栄光の3000キロ勝利行軍は凄い!

894 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 01:14:10.41 ID:mtvuJ8rf
>>892
そうだな、一番大事な
全開高度を忘れてたよ

一弾二速で高高度性能が無い誉では
二段二速のR2800に一方的に上方を占位されて
常に一方的に不利な戦いになる

ここが一番痛い

895 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 01:17:51.68 ID:ZrCPq42f
烈風が積むのはハ43で
一段三速を積んだ機体が12月には完成予定・・・

896 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 01:22:24.38 ID:cEJzUMKI
>>894
やっぱバカだわw

897 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 01:23:20.38 ID:FSkP34bE
烈風量産機に誉積んでると思ってる知識で偉そうに語ってたのか。

898 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 02:28:46.24 ID:AduagfYN
>>887
烈風の巨大な空気抵抗を無視して良いならそうなるな

899 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 02:41:52.70 ID:LXviOu4n
小福田さんは
烈風とF6Fの関係を零戦とF4Fの関係に
なぞらえていて一長一短としていた
烈風とP-51だとP-51が高速を出すと
烈風は戦闘にならないとしていた

審査担当者の点は辛い

900 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 05:21:49.79 ID:Bi+LhfV6
疾風や紫電改にA20積めば素晴らしい戦闘機になったろうけどな。
あんな烈風みたいなふやけた機体じゃあなあw

901 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 08:25:31.65 ID:Bqt+a9ca
『本機は甲戦としても乙戦としても各種の性能優れ、比較的低翼面過重と小馬力過重とは特に高高度性能の優秀性を保証し
真に現在世界無敵の戦闘機と称し得べし。更に戦闘機としての任務のほかになお多くの攻撃兵器の搭載も可能』
小福田少佐(官民合同研究会)

この烈風がTa152みたいに少数でも実戦に間に合ってくれていたら良かったのだが〜

902 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 08:31:37.64 ID:Bqt+a9ca
「他の諸性能を総合すると、烈風の総合戦闘能力は、当時すくなくとも一、二年間は、これに太万打ちできる戦闘機はまずでてこないであろうと」
「零戦開発物語」小福田氏著

903 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 08:46:40.61 ID:LXviOu4n
これは奇遇
>>899の内容も「零戦開発物語」NF文庫版P424にあるな

904 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 09:33:09.09 ID:Bqt+a9ca
>>903

>アメリカ陸軍の代表的優秀機P51ムスタング、P47サンダ−ボルト、P38ライトニングなどであるが〜共通の特徴がある。
それは高速で上昇カもいいこと。翼面荷重が大きく旋回性がおとること。航続力も長大であるが
一般に鈍重で動きが大わぎであることーその他、アメリカ機共通の「防弾の充実」と「火力も優秀」ということであろうか。
これらアメリカの新鋭陸軍機との戦闘は、双方、それぞれ「異質の特長」があり、おたがい違った戦法で立ちむかうであろうから、簡単に優劣勝敗の判断がつけがたいと思う。

>高高度からの長大な奇襲的一撃パンチでくると、「烈風」もこれの回避に手一杯
「零戦開発物語」小福田

なるほど異なる戦法では優劣判断は難しいと。しかしP38 ,P47,P51らの上空からの奇襲・一撃離脱に手こずるのは、幾ら空戦性能に優れた烈風でも仕方ないね。

905 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 09:48:38.95 ID:9vQuaB/3
ここ笑うところ

906 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 09:58:27.10 ID:DyFiTRiA
小福田さんは
身もフタもない事をさらっと言うのが
面白いのでホルホル厨には諸刃の剣

>そしてときどき、「なんでこんな航続力の馬鹿でかい戦闘機をつくりやがったのか?」と怨みたくさえなった。
>これは零戦パイロットの偽らぬ気持ちであった。

> 小福田租  「零戦開発物語」

907 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 10:03:08.65 ID:DyFiTRiA
> 「このP38が零戦と戦うようになつたはじめのころは、ただ一直線に上昇、降下を繰り返すぱかり」
> 
> 「後ろに食い下がられると、もうあとはオタオタと直線運動するぱかりで、どうしても零戦を振り切れず、案外簡単にポロポロと撃墜された。」
> 
> 「それで零戦パイロットから、”あいつ馬鹿じゃあるまいか?”と「ペロ八」というあだ名がつけられていた。」
> 
> 「零戦開発物語」 小福田晧文  P258

908 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 10:03:54.74 ID:DyFiTRiA
> ガダルカナル方面は、そのうちこのP38がどんどん増強されてくとともに、敵は零戦に対する戦闘法を研究し、
>
> 零戦の旋回戦闘を敬遠し、高高度、優速を利用した雄大、かつ大業な長槍戦法でまったく零戦を寄せつけなくなった。
>
> そして隙を見て遠距離、高高度からさーっと超高速で突っ込んできて、必中の猛射一撃をくわえ、あとは物凄い速度で降下離脱し、
>
> やがてはるか彼方を急上昇して、零戦のはるか上空にちゃんと占位し、またつぎの一撃を狙う、
>
> という零戦としては手も足も出ない戦闘法を取りはじめた。
>
> 「零戦開発物語」 小福田晧文  P258

909 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 12:09:57.46 ID:e76GB97p
烈風とか論外中の論外でしょう
実戦経験どころか量産もされなかったし
アホか

910 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 16:00:35.45 ID:cEJzUMKI
ということは末期につくられた各国試作機はすべて論外中の論外か

アホか

911 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 17:05:07.51 ID:ns/iW7LH
烈風は、試作エンジンを載せた試作機。そんなもの、物になるわけがない。
貴重な試作エンジンを載せた、防弾無しの軽い機体が、英米で実戦配備が始まった敵機より100q以上遅い。
(それどころか、実戦配備されている疾風・紫電改より遅いのは致命的)

912 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 18:50:38.97 ID:FSkP34bE
>>898
烈風の空気抵抗係数はWW2の戦闘機の中で最小なんですが・・・

913 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 19:09:57.45 ID:GthPEghF
それであの速力?

914 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 19:16:20.06 ID:19cKsQVm
係数が小さくても面積が大きいんじゃないの。

915 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 19:18:36.15 ID:ScoN3w3+
P-51の空気抵抗係数はいくつなんですか

916 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 19:39:27.46 ID:6fadaWo6
水冷エンジンより空気抵抗が少ない星型エンジン?

917 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 19:58:47.19 ID:p8Rd8QTz
>>916
Cd値がが少ないのであって空気抵抗が少ないわけでは無い。

Cd値×前面投影面積じゃないと正しくは無い。
更に機体全体の摩擦抵抗も問題になる。


俺の乗っているハイト系コンパクトは初代ソアラよりCd値は低いが
ソアラより空気抵抗は大きい。

918 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:11:37.70 ID:FSkP34bE
投影面積大きいつっても抗力係数(空気抵抗係数,cd値)が在来機の1/2程度なのに対して
他の戦闘機の2倍あるわけでもなし
側面抵抗に至ってはディンプルでもしてなきゃ考えても仕方ないべ

919 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:13:00.12 ID:/2i7Z+V8
ラリーカーで言えば、グループB「烈風」とグループA「五式戦」

920 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:31:01.71 ID:4oytybUJ
>>918
飛行機のCd値は主翼面積に乗じる。自動車なら前面投影面積だけどね。

>在来機の1/2
烈風の空力設計はP-51を遥かに凌ぎP-80並みなのか。
是非資料を教えて欲しい。

手元の「零戦」(堀越二郎、奥宮正武共著)には
A6M30.0215
0.0265
0.0207
0.0219

921 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:32:31.98 ID:4oytybUJ
途中送信してしまった。

各機の抵抗係数はこう書かれている。飛行試験成績からの算出値だ。

A6M3   0.0215
J2M3   0.0265
A7M1   0.0207
A7M2   0.0219

922 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:35:33.31 ID:4oytybUJ
「飛行機の空気抵抗は前面投影面積で決まり、翼面積は関係ない」と言う主張は
いったい何に書かれているのかも教えて欲しい。

923 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:40:27.87 ID:gii43jXT
翼面積は揚力に関わり揚力は誘導抵抗を生む
形状抵抗は速度の二乗に比例し誘導抵抗は速度に反比例する
つまり翼による抵抗比率は速度によって変化する

924 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:44:56.74 ID:FSkP34bE
>>920
ファ!? 航空機の代表面積って主翼面積なの?
誘導抗力が支配的ということか。

>在来機の1/2
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%88%E9%A2%A8#.E7.89.B9.E5.BE.B4
出展がないから、怪しいかも
スピナーで大きく減ったとは聞くが

925 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 20:56:27.82 ID:19cKsQVm
Zero-lift drag coefficient
P-51 0.0163
F6F 0.0211

Lift-to-drag ratio
P-51 14.6
F6F 12.2

926 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 21:48:13.78 ID:mtvuJ8rf
>>895-897
キチガイが恥の上塗りwwww

二段二速わかってないのを自ら証明したなw
一弾三速どういうものかわかってねーだろ、全開高度に関係ないのに馬鹿だなぁ

二段二速と一弾三速じゃ全然違う

ハ43と同世代だとR-3350になるので更に差が開く
R2800でもハ43より前に戦中間に合った最終型ですら2850馬力でる

どっちでも永遠に馬力も全開高度も差がつきまくる

927 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 22:02:51.79 ID:cEJzUMKI
>>926
で?量産機も誉積んでると勘違いしていた恥はどうなるのw

928 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 22:39:06.24 ID:Bi+LhfV6
1942年時点で翼面荷重150を目指すとかがまずキチガイすぎる。

929 :名無し三等兵:2016/04/21(木) 22:44:56.67 ID:ZrCPq42f
高翼面荷重の陸戦としては試製陣風が居る
烈風まで高翼面荷重にする意味がない

930 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 05:09:19.88 ID:MAqSr+Q9
陣風と烈風では試作開始時期がまるで違います。

931 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 08:44:28.23 ID:xKnQyByQ
>>928-929
用途ごとに翼面荷重を指定する時点でキチガイすぎる。

932 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 09:12:09.18 ID:2z9MlYGO
カタパルトのない日本の艦上戦闘機に翼面荷重を指定するなという方がキチガイ

933 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 09:44:27.94 ID:7ItkLqwt
自由に戦闘機作らせた山本五十六は偉かった

934 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 09:57:52.82 ID:xKnQyByQ
翼面荷重でなく発艦滑走距離を指定するなら正気だが、翼面荷重を指定するのはキチガイだ。

増大係数の無い世界に住んでるなら別だけどな。

まあ、このスレには飛行機の翼面積が空気抵抗に関係しないなんて世界の住人まで居るけど。

935 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 10:06:28.33 ID:2z9MlYGO
>>934
当然、滑走距離を踏まえたうえでの翼面荷重だよ。詭弁だな。

936 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 10:52:24.71 ID:lFoqf/uN
烈風は、出力制限を受けていた誉とはいえ同じエンジンを積んだ紫電どころか
零戦より低性能だったのだから素性は知れている。
実戦配備されても戦闘機というより、より大きな爆弾を積め速度が速い特攻機になるだけ。

937 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 11:00:50.28 ID:7ItkLqwt
>>936
当時は同じエンジンを積んだ紫電や彩雲も300ノット前後しか出てなかったのだから仕方ない。

938 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 11:37:28.12 ID:MY0Xqkg5
量産されなかった烈風は、特攻機 剣にも劣る存在w

939 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 12:20:00.95 ID:/uGUNKys
零戦の後継機としては紫電改が一定の成功を納めた訳で、
烈風の開発遅れより、三菱で紫電改への転換生産が遅々として進まなかった方の
問題が大きいような気がするが

940 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 12:22:32.13 ID:yNERCri4
>>935
軍が最高速度や航続距離を指定するのは良いが、翼面荷重を指定するのは無意味。
これは当時の技術者も言っている。

941 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 12:31:55.37 ID:wXVUwoXJ
離着陸や旋回性能や高高度性能に関わる数値を指定するのが無意味…だと?

942 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 12:37:14.50 ID:xKnQyByQ
>>941
翼面荷重は設計者が決めるもので発注側が決めるものではない。

たとえば搭載物の重量が予定より増大したときに「翼面荷重○○以下を死守」なんて要求があったら
主翼設計に立ち戻ってやり直しになる。

そして主翼面積を増やしたときに機体の構造重量が増えないとか、
あるいはそれに合わせてエンジンパワーが増えてくれるという条件が無い限り、
機体はどんどん大型化してゆく。

13試陸上戦闘機が陸軍軽爆並みの巨体になってしまったのがその例。

もちろん構造重量や馬力荷重と無関係に「翼面荷重だけ」決定できるなら話は別だ。

しかしそんなことは不可能。

>>940 無意味を通り越して有害。

943 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 12:58:01.45 ID:u93LCTZ0
1942.12の航空本部資料にて空技廠による陸戦構想が述べられている
内容は以下の通り

1.陸戦を作る必要がある
2.本機の第一特質は高々度性能の優秀であることである
3.最大速度が大きいことは必要だがこれを多少犠牲にしても降下制限速度を
  できるだけ大きくする必要がある(現在、零戦はP40等に対して徹底的に
  攻撃できないのは降下時の加速が少ないことと制限速度が小さいためであって
  水平速度が若干劣るためではないと認められる)
4.本機1機種で進攻する場合は空戦性能に原則をおいて翼面荷重150kg/平方メートル
  程度であることが必要である
5.十七試艦戦との共同進攻を行う場合は翼面荷重180〜190kg/平方メートルとし
  できるだけ最大速度の大きい陸戦が必要である
  この場合の航続力は艦戦と同じでよい

横空所見として

1.侵攻作戦において敵に負けない戦闘機(格闘戦に強いもの)と敵を逃がさない
  (高々度、高速のもの)が必要である

十七試艦戦と陸戦、棲み分けが想定されている

944 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 13:30:31.80 ID:wXVUwoXJ
>>942
十三試陸上戦闘機って月光の事か?
翼面荷重の指定があったなんてどこにも無いが?

945 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 14:43:45.85 ID:vbQtEJU8
どのみち離着陸速度指定されてりゃ翼面荷重はそんなデカくなんねーよ
モメた挙げ句、なし崩しに150案が通ってるし
とはいえモノになるかどうかわからん発動機つけさせろと主張する三菱もどうかと思うな
A20が必要な機体規模でなきゃ収まらない性能要求が間違いとも言えるが

946 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 16:27:36.53 ID:2z9MlYGO
>>942
>たとえば搭載物の重量が予定より増大したときに「翼面荷重○○以下を死守」なんて要求があったら

なら烈風は死守されてないから無関係だな
自分で「烈風の場合は翼面荷重の指定は問題ではない」と認めたわけだ。

で?何が言いたいの?
烈風=駄作と決め付けたいだけで合理的な説明をまったくできていないのがID:xKnQyByQなわけだが

947 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 17:58:37.79 ID:10lyjBT/
烈風はF6Fの存在を知った上でのデビューならF6Fよりチョイ上ぐらいの性能じゃね?F8Fには劣るかもしれんが。

948 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 18:14:49.45 ID:10lyjBT/
烈風とF6Fの模型を並べて撮ったのみたい奴おるか?すれチだしつまらんと言われそうで気がすすまん。

949 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 18:45:08.30 ID:Ier2tEp6
http://tabletopwarrior.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_387/tabletopwarrior/A7M2_04-43103.jpg?c=a0
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-7b-93/uruseikai144/folder/980215/75/25680575/img_0?1312025376
http://ho-blog.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_4a3/HO-blog/zero55.jpg?c=a2
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/09/0000641409/45/img1b97ffd6zik8zj.jpeg
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-7b-93/uruseikai144/folder/980215/12/26054212/img_6?1313451437

950 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 18:57:09.80 ID:YyZ0fyTP
烈風は登場時期があと一年早けりゃ傑作だったけど遅すぎて比較対象がF8Fとかシーフューリーになる悲しい子

951 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 19:01:17.32 ID:10lyjBT/
じゃ、あり得ない明灰白色の烈風とF6F
水平尾翼が>>885とは違うが、どちらがどうなのかは知らない
http://imgur.com/OCINI7B

952 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 19:28:21.37 ID:10lyjBT/
悲しくならないシーフューリーとF8F
http://imgur.com/fmvrzwB

953 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 19:31:05.52 ID:Ier2tEp6
>>950 紫電改より1年早く出来てないと芽は無かったな

954 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 19:48:30.77 ID:WWMATz/j
雷電なんかで油売ってるから

955 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 19:54:34.67 ID:Ksko0ENX
売るほど油があったらあんなことにはならなかった

956 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 20:09:32.90 ID:10lyjBT/
一応雷電は四天王の中にはいってるんじゃね?
疾風、紫電改、五式、雷電

957 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 20:44:52.64 ID:Zp1B9tlu
奴は四天王の中でも最弱とか言われるんですね
わかります

958 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 20:52:20.70 ID:DfG8AZO6
>>919
240RSとランエボですか?

959 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 20:52:58.30 ID:wExVH0Q7
雷電は三面拳じゃなかったけ。

960 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 20:59:44.24 ID:7hKaeSQ9
スレチごめん

この映像詳しい人いる?パヤオもオシイも超えた凄い映像なんだが
https://www.youtube.com/watch?v=AjXr9Nj5ZbI

961 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 21:04:34.48 ID:10lyjBT/
>>957
いや、この雷電マニアの外人のBest 4をなんとなく思い出しただけなんだが
http://forum.axishistory.com/viewtopic.php?t=76571

962 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 21:21:30.38 ID:MAqSr+Q9
>>950あれおそらく実戦参加はどんなに早くても1946年くらいになるぞ。
3年早くないとだめだわ。

963 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 21:23:31.21 ID:FuSECKrB
1946年に入ればハ44がラインに乗るだろ

964 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 21:46:32.53 ID:abs1N7G1
そして誉の二の舞になるんですね分かります

965 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 21:49:22.44 ID:10lyjBT/
中島(スバル)の隼(インプレッサ)と三菱の零戦(ランエボ)は永遠のライバルなのさ

966 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 22:03:48.24 ID:J3krr/wA
ステラとデイズだろ

967 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 22:42:44.02 ID:DfG8AZO6
スペック詐称は中島から三菱へと受け継がれたな

968 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 22:50:14.80 ID:Ll82G60N
烈風がウンコ性能になったのは
日本がカタパルト作れなかったので
高揚力じゃないといけなかったから
でかい翼が必要で、当然翼の空気抵抗がデカイし
零戦の後継らしく、翼の強度不足

米軍機はカタパルトがある分、それほど揚力いらんし
離陸時の重量も燃料消費も遥かに有利な上に

発進間隔が凄い短いという利点がデカイ

F6Fは烈風より全幅が1m近く短く済んでる

969 :名無し三等兵:2016/04/22(金) 23:39:39.26 ID:Zp1B9tlu
日本側は戦況の推移で使う事が無かったが発艦が困難な場合はRATOを使う予定で準備されてた
ちなみにカタパルトにセットするには人が手で押してたんで素で飛ぶより発進間隔は遅い

970 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 00:42:38.61 ID:VDFBDZ3U
カタパルトで打ち出すのはいいが
着陸は・・・というのがF6Fやらコルセアなわけでして。

だからこそF8なんてゼロ戦見て作った軽戦作っちゃったわけだが。

971 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 00:59:22.44 ID:iow3DXEH
>>968
> でかい翼が必要で、当然翼の空気抵抗がデカイし

でも日米の二千馬力級大型戦闘機を比べると翼の大きさは大体同じくらい

三菱・烈風一一型
 自重 3,267kg 翼面積 30.86m2

グラマンF6F-5ヘルキャット
 自重 4,190 kg 翼面積 31 m2

チャンス・ヴォートF4U-1Aコルセア
 自重 4,073 kg 翼面積 29.17 m2

リパブリックP47-Nサンダーボルト
 自重 4,980kg 翼面積 29.65m2

972 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 01:08:05.91 ID:bVbOxUPt
烈風は駄作というイメージで語る人が多いからな
>>968みたいなw

973 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 02:03:16.79 ID:uFd04QIH
>>971
重さがだいぶ違うからなー
まあ米軍でも常にカタパルト使ってたわけじゃないが

974 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 02:51:05.97 ID:t3VnBaZF
>>965
零戦だったらランエボの車体にインプレッサのエンジンを載せないと。

975 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 05:23:13.79 ID:3EjweN2K
>>971烈風の重さ考えると翼面積は25くらいにせんとやばいだろうに。
驚くことに馬鹿海軍は当初翼面荷重を130にしようとしてたんだぜ。

976 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 05:32:11.83 ID:skRc7q3/
> だからこそF8なんてゼロ戦見て作った軽戦作っちゃったわけだが。

何処でそんな妄想を拾ってきたんだ?

977 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 05:53:35.61 ID:bVbOxUPt
>>975
烈風の重さ考えると翼面積は25くらいにせんとやばいだろうに。

素人がいい加減なこと言ってるw

978 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 07:14:04.55 ID:yN4hnUdQ
>>975 坊や嘘はいかんぞ
海軍は最初150kgを想定してたが○○技士が
150kgでは零戦程度の空戦性能確保が出来ないとごねたので救済案として
最高速を少し犠牲にして130kgにする案というのを出して
両方試作する予定だったのが結局130のみになってしまった

979 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 07:17:19.66 ID:VDFBDZ3U
>>976

ゼロ戦の後継機(2000馬力級軽戦)想定して作ったもんだろあれ。
ジープ空母でも運用できるように軽戦という目的はあるだろうが

980 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 07:29:24.75 ID:Q9Ss1034
>>971
一番大事な全長と全備重量が抜けてるだろ

烈風 烈風一一型
全幅 14.0m
全備重量 4,719kg

F6F-5
全幅:13.06 m
最大離陸重量:6,990 kg


つまりF6Fの翼は縦方向に面積がある
烈風は堀越が何も考えずに長い翼にしてしまったので
1mもF6Fより空気を受ける領域が広いんだよ

だから完全な失敗作

981 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 08:48:05.53 ID:czCFcamU
じゃあ紫電改で離艦は無理だな

982 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 08:56:48.77 ID:pIsnJwHo
どういう理屈なんだ…翼幅荷重が低い方が揚抗比がいいだろう
不利なのはロール

983 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 10:54:42.10 ID:7M3QaBnC
零戦もF4Fより大きくて、馬力は小さいんだよな
F8FとかP-47Nは兎も角、F6F-5とならまぁまぁ良い勝負するんじゃないかね

984 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 11:39:08.04 ID:5Dkc04+c
とはいえ最終的に翼面荷重150越えてるわけで、最初から150を想定してるとなんだかんだでもっと重く
推力さえあれば急加速して発艦できるかも、だけど

985 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 11:40:05.19 ID:x0CJ0fFk
紫電改でいいじゃん。烈風と紫電改なら似たり寄ったりだろ。

986 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 13:24:54.62 ID:am9CLScZ
紫電改はあのフィレットがなあ

>やはり同じエンジンの「疾風」と比べると「紫電改」の空力設計は一歩及ばないと言わざるをえない
http://d.hatena.ne.jp/spanglemaker/touch/20050806/p1

987 ::2016/04/23(土) 13:28:05.85 ID:MnHvyXSP
プロペラの経がタリンとか疾風も大概やな

でっちあげの五式戦がいっちゃんマトモなんだからまったく。

988 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 13:45:49.40 ID:skRc7q3/
>>979
Fw190の設計思想を採用しただけの事

989 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 14:09:32.02 ID:yN4hnUdQ
先月の丸の5式戦ガンカメラ写真の真後ろからの写真見ると
思い切りエラを開いた魚みたいなんだが、もしかして
戦争末期の資源欠乏急速改造だったから整形フィレット付けずに
そのまま空冷エンジンポン付けしただけの機体もあったんじゃないか?
sssp://o.8ch.net/arar.png

990 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 15:24:40.99 ID:HJP3/3m6
次スレ
五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】四型 [無断転載禁止]&#169;2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1461392643/

991 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 15:26:44.79 ID:am9CLScZ
>>989
丸4月号で一番面白かった記事は何ですか

992 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 17:23:17.77 ID:SHU8fSzY
>>989

五式戦は、あえて整形なんてせずに排気管を隙間にまわして、抵抗になる渦を吹き飛ばしていたんだけどな。

993 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 17:24:44.25 ID:VDFBDZ3U
>>988
Fw190からの参考って大馬力エンジン積むことだけで
あっちは戦闘爆撃機として使える重戦やないか
そもそもFwの設計思想に小型化や格闘性重視なんてのはない。
どの設計思想を参考にしたというんだ。

994 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 17:59:46.96 ID:q2NBvRCK
零戦ってプラモ作った分かるけど
零戦は1000馬力弱の機体としてはかなり大柄の機体だよ
零戦にしても烈風にしても大きく軽く作るって方向性が共通してあって、
小型化ってファクターは見られないね
(出来るだけ小さく作れって項目はあるにせよ)

995 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 18:01:28.63 ID:yN4hnUdQ
>>992 写真見れば一目瞭然なんだが
5式戦は段差を小さくするフィレットは付いてるが
問題の機体はそのフィレットも付けてないとしか思えないほどの
段差なんだよ

996 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 18:55:28.16 ID:pIsnJwHo
カウルフラップ全開になってるのをカウルのサイズと勘違いに1ジンバブエドル

997 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 18:57:19.43 ID:yN4hnUdQ
>>997いいからとっととamazonで中古買って問題の写真見てみろりん

998 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 19:11:08.80 ID:pIsnJwHo
笑えばいいのか
恥ずかしい画力を披露しないで張ればいい写メでもいいのよ?

999 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 19:18:27.30 ID:yE5O8Fim
>>997
その丸持ってるけど、世傑なんかに載っている後ろからの写真と較べても特に違和感は無いよ

1000 :名無し三等兵:2016/04/23(土) 19:21:13.90 ID:yN4hnUdQ
>>1000なら>>999の目は節穴

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 34日 20時間 12分 31秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


270 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)