5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】二型 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 22:11:15.80 ID:g77z+MUA
陸軍単座戦闘機の最後を飾り、パイロット達の士気を大いに高めたキ-100 五式戦闘機について語りましょう
五式戦に絡めてならキ-61 三式戦闘機「飛燕」の話題もOKです

前スレ
五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1394613486/

2 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 22:41:04.49 ID:/jR37zWc
>>1

3 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 00:05:34.13 ID:QQY47q5j
やっぱりトップスピードが速いだけじゃだめだよね。

加速や上昇に優れた五式こそ日本最良。

4 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 02:00:54.69 ID:ZrUF9zTD
烈風「フフフ」

5 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 03:26:45.34 ID:5CQKh7LB
昭和15年前後に、川崎に支給されたプロペラはクラークY翼型。
4-5年経過しても、キ100のペラブレードはクラークYだったのか?

中島は、キ27の時代は、糸川センセが空力計算して、こんなペラを作ってネ、と
ヤマハにお願いしたこともあるようだし、三菱にもそういう事例はあるようだが。

6 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 15:30:04.29 ID:oZdQTl3f
軍人の勝手で過剰な要求を効かず、理想を追わず(追えず)に
現実の中で合理的に寄せ集めて作っちゃったのが(それが偶然にしろ)
良かったんだろうな。そういう意味では五式戦が佳作になったのは
偶然の流れの中で必然なのかもしれない。別に飛行機でなくとも
インテグレートを伴うもの作りであったり、
ソフトウェアやシステムでも良くある話だから。

7 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 21:04:04.22 ID:BL8tA9cZ
過剰な要求をしなければいつまで経っても技術革新できないけどな

8 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 22:05:31.00 ID:CCOCV1Xu
バランスが一番大事。

9 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 22:54:00.93 ID:ymwliDnc
飛燕は試作機は良かったがエンジンの不具合や重装備、運用環境の悪さなどで劣化していった
五式は馬力アップと軽量化で本来想定していた性能が出せたという感じかと
土井氏の構想そのものはBf109とスピットと零戦のいいとこ取りでかなり欲張ってる

10 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 13:17:04.46 ID:3CGLmR6g
>>7 過剰な要求をしなければいつまで経っても技術革新できないけどな

ご説はごもっともなのだが、
平時であったり余力があったりする時に限るわな。
1943以降は「ありものでなんとかする」ってのが一番正常な判断。

11 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 13:27:30.94 ID:F/+EzPAo
元祖のFw190がそもそも制約だらけの中で作ったらうまくいっちゃいました・的な。

12 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 14:25:35.30 ID:Mkfg88pC
技術的に達成出来る見込みの無い事をやろうとするから飛燕みたいな
失敗作が生まれるんだよ。

13 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 14:43:46.99 ID:5Cw+DbUg
零戦やki-61辺りの機体は戦争での大量生産大量消費前提で要求されたわけじゃない
消耗戦になると決まった時点ですぐに切り替えできなかったんで不利になっただけで
別に技術的に達成できなかったわけでも失敗作でも無い

14 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 15:09:28.56 ID:ZiiViap4
>>11制約というのはエンジンと実用性くらいで他は野放しだろ。エンジンは十分なパワーソースあったし
日本と違って航続力だの旋回性だのあれやこれや追加してくる馬鹿もいなかったし

15 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 16:10:27.76 ID:Mkfg88pC
>>13
実用品を作るのに、実用的なものを生産出来るか考えないから、
飛燕みたいな失敗作ができあがるんだよ。

16 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 16:22:12.05 ID:KM5cCrl7
三式戦は、生産にも中島系の各戦闘機よりも、大幅な時間を要するから、
戦時中である事を考えれば即刻生産を停止すべき・・なんて感じで
BUN氏が書いてたっけ。
碇氏などは、日本でも1機種ぐらいは立派な液冷式戦闘機を育ててゆきたい
・・って思いが上層部に根強かったから、空冷化が遅れてしまった なんて書いてた。

17 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 16:54:01.64 ID:GxTIREVp
>>16 前者は単なる本人の感想だろw

18 :名無し三等兵:2016/02/07(日) 18:07:41.67 ID:5Cw+DbUg
>>15
3,000機も生産されて実戦でも整備が行き届く基地での運用なら問題無かったのに
実用品じゃないとか失敗作とかないわ

19 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 01:12:46.59 ID:5eHpHMK4
>>18 整備が行き届く基地で

この時点で実用品としては若干失格

実用的な兵器はAK的でないと

20 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 02:48:20.11 ID:NZx3Wk/S
Bf109Gを戦後もライセンス生産してたルーマニアが、日本より優れた工業国とは思わない。

21 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 09:44:50.37 ID:gBShZgjr
飛燕なんてペロハチにボロ負けしたけど、Bf109はどうやって
ペロハチと戦ったんだ。

22 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 10:09:14.78 ID:41iFeZKT
>>20
ルーマニアについて調べてから書き込んだ方がよかったな。
日本よりも遙かに飛行機先進国なんだが。

23 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 10:30:24.94 ID:R/HDBuYh
>>21
戦えてないんじゃね?
双胴の悪魔とか呼ばれてたみたいだし、日本とあまり変わらないかも

24 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 16:33:19.28 ID:5eHpHMK4
ドイツと日本の戦闘機はアメ公様のエンジンの出来と12.7mmのハリネズミに負けますた

25 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 19:39:54.54 ID:vrJofvbU
ぜんぜんちがいまーす

26 :名無し三等兵:2016/02/08(月) 23:26:31.63 ID:yy86J1ca
日本は負けても、五式戦は負けとらん。

27 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 00:07:54.16 ID:pqLGShAV
頑丈な機体 防弾装備 えがったえがった

28 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 03:47:38.50 ID:lVc3fNRe
五式戦の書籍って、すぐに検索でかかったのが
世界の傑作機と歴史群像のですが
どっちが手頃な内容なんでしょうか?
2冊とも絶版ではありますがね…

29 :.:2016/02/09(火) 08:18:31.02 ID:zZU/rjTm
常磐線が上野東京ラインの開通で様々な列車とすれ違う動画が満載です。

こちらから動画をご覧になれます
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%B8%B8%E7%A3%90%E7%B7%9A+%E4%B8%8A%E9%87%8E%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3+%E9%83%BD%E5%BF%83%E3%80%80%E3%81%99%E3%82%8C%E9%81%95%E3%81%84+-%22%E5%89%8D%E9%9D%A2%E5%B1%95%E6%9C%9B%22
---

30 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 09:26:04.01 ID:Z6nXtaKG


31 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 10:34:34.46 ID:c2lxL6Cj
五式戦が様々な米軍機と刺し違える映像をクレ

32 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 11:05:41.28 ID:c2lxL6Cj
五式戦が様々な米軍機と刺し違える映像をクレ

33 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 19:50:47.44 ID:vFGkYCXx
ガンカメラを日本機は搭載していないよ僕ちゃん。

34 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 20:29:18.92 ID:6mZzDT/1
零戦54型が間に合ってたら似たような性能になってたかしら。

35 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 21:48:30.52 ID:T8JG2Qtf
>>21メッサーは知らんがFWに関しては末期まで互角に渡り合ってるな。

36 :名無し三等兵:2016/02/09(火) 22:15:27.72 ID:ypZ6AXV8
よくまあそんなウソをつけるな。
射的の的だったFWというのが現実だよ

37 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 03:34:30.09 ID:Q36FgB7V
>>35
>メッサーは知らんがFWに関しては末期まで互角に渡り合ってるな。

43 :デイヴィッド・アーヴィング「ヒトラーの戦争」:02/08/20 12:59 ID:???
・・・前略・・・クライペ将軍が九月三日燃料状況について―すべての
爆撃機および一部の戦闘機と急降下爆撃機の作戦を切り詰めなければ
ならないほどいまは深刻であると―説明したあとで、ヒトラーは
「空軍をすっかり解体して、対空火砲を三倍にすることを考えている」
と述べ、空軍参謀総長をたまげさせた。ゲーリングが五日、“狼の巣”
に恐る恐る再び姿をみせると、ヒトラーは空軍攻撃を繰り返した。
クライベの日記はこう記録している―
 総統がまずしゃべった。空軍非難の長広舌、空軍は全然よくない、年ごとに
悪くなる、生産数字と航空機の性能についてもずっと嘘をつかれた、フランス
における完全な崩壊、地上員と無線部隊は陸軍の戦闘を援けようとしないで
命からがら飛行場を捨ててあわてふためいて逃げ出した、と。
 Me262の件が再び議論になった。なんで「高速爆撃機」しか考えられない
かについての同じ議論、将来はMe262だけ生産するとともに、対空火砲を
三倍にする考えを前より穏やかな形で再び展開。・・・・・・わが方の戦闘機の
設計はみな間違っている、四発爆撃機と闘うのに必要なのは、大口径の
機関砲を備えた双発の重戦闘機である、全国元帥の要求で、戦闘機中隊
を指揮している〔ハンス・〕ベーム=テッテルバッハが呼び入れられた。
経験から彼は、戦闘機に護衛された重戦闘機でさえも重爆撃機と闘う最善の
方法でないと説明した。ベーム=テッテルバッハは乱暴に退去を命ぜられた。

38 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 03:35:51.49 ID:Q36FgB7V
>>22
ルーマニア空軍の戦歴について、詳しく教えて下さい。

39 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 10:38:48.81 ID:9/a/XtuP
テメーで調べろ馬鹿〜

40 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 10:52:18.26 ID:Q+gVK92r
調べてみたがルーマニアかなり凄いんだな
ジェット機分野でも飛ばせなかったとはいえ先駆的存在だし
日本が優位を主張できるのは艦上機、水上機の分野くらいか

41 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 19:08:21.15 ID:O3riJjTr
普通に戦闘機その他も優位を主張できるでしょ
何調べたんだか

42 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 21:49:35.97 ID:48z+43GG
ルーマニアは1942年くらいに劣化零戦レベルのを創っとるな

43 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 22:03:48.37 ID:CbXMGzbg
I.A.R 80どすえ。

44 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 22:19:11.80 ID:Fd7OXJ/S
国力的にはルーマニアはポーランドにやや劣るくらいで東欧の中堅国家って感じ。

45 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 22:38:56.25 ID:or6C1cOY
>>41
控えめに言わないと>>22が噛み付いてくる

46 :名無し三等兵:2016/02/10(水) 22:41:04.41 ID:O3riJjTr
>>22のようなバカに噛み付かれたところで何の問題があろうか。

47 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 02:26:16.53 ID:6QwhQj37
>>26
戦争に負ければ、五式戦も負けたって事だよ

48 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 02:29:46.39 ID:SyBcj9yZ
リフティングだけ上手くても
バロンドールは獲れないしなw

49 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 10:34:47.17 ID:+YKE4YMD
零戦54型が間に合ってたら似たような性能になってたかしら。

50 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 11:23:57.28 ID:5SzWb4wI
>>47
確かにFw190と五式戦がどんなに優秀だろうが
スピットとP51、F6F、F4Uを前にしたら口を噤むわな

次はうまくやりたいものだ。

51 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 12:31:31.91 ID:buty76id
>次はうまくやりたいものだ。


日本の敗者復活戦があると思ってるのか?
バカバカしい。

52 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 13:25:56.55 ID:7imJ0T1k
過疎スレでキレすぎだろww

53 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 14:18:53.97 ID:5SzWb4wI
>>51
お前は50年後の世界を読めるのか?
何があるかわからんぞ。

54 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 19:46:50.52 ID:6QwhQj37
50年後?
少子高齢化で斜陽化した日本は見える

55 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 19:55:02.90 ID:QSvHXtTn
少子高齢社会は日本に限った話ではないんだが・・・

そういう意味では今の中国の50年後は日本よりはるかにやばいよなw

56 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 20:00:08.77 ID:QSvHXtTn
http://www.garbagenews.net/archives/2021496.html

2065年の中国推定人口比
人口約13億人
0-14歳 13.0% 15-64歳 54.1% 65歳以上 32.9%

57 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 21:30:33.75 ID:Jbwu0Ibf
じゃあ極東全部終了。

58 :名無し三等兵:2016/02/11(木) 21:31:03.37 ID:Jbwu0Ibf
また負け組入りか

59 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 00:12:08.34 ID:ReUVfE8z
五億年後はどうなってるかな

60 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 04:24:54.96 ID:TFKQDFEC
>>20
DBエンジンは、ドイツの特殊な工作機械が無いと製造しにくかったというが、
それが出来たからといってナンボのものだったか、大した値打ちは無かったように思える。
ルーマニアはドイツの工場ドイツの技師ドイツの機械ドイツの技術をふんだんに取り入れ、
国権の全てをドイツに委譲し、ドイツと一緒にユダヤ人狩りもやったが、その末路は悲惨だった。

61 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 05:11:05.14 ID:bVoBKOEC
アメリカは一見、少子化していないように見られるが
WASPの富裕層はすごい少子化していて増えているのは
ヒスパニックの貧困層だから他の先進国と同じ。

50年後はアフリカやブラジルがのしてきているかもしれん。

62 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 11:14:29.87 ID:9K9Gb2L6
欧州だと、国民の年齢構成比で若い国家は
ポーランドあたりか

63 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 19:44:19.58 ID:o2cOX1xy
飛燕のエンジンは、ニードルベアリングの信頼性が最後まで足かせになったって航空科の人は口を揃えるよ。
ただ、この中には97式戦闘機の旋回半径馬鹿とかも混じってる。

64 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 21:35:16.13 ID:nZzymn1P
だが内地で快調なハ-140を載せたKi-61-IIは最強

65 :名無し三等兵:2016/02/12(金) 23:25:05.18 ID:8xEcfG7Z
飛燕二型改の水滴風防タイプは何よりスタイル的に最強

66 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 00:00:39.63 ID:aR6LXMcv
飛燕二型改がP51並の性能をもっていたら日本の戦闘機談義も
もう少し楽しく明るく出来るのだがなぁ

67 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 00:15:15.29 ID:DU/fNQYl
(前略)この将校は紫電改を持ち帰り自ら操縦するP-51と模擬空戦を繰り返したが
どうしても紫電改には勝てなかったという。

68 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 01:32:31.87 ID:LMPGkjSo
日米独ソ…と様々な書籍・文献で
虚々実々のエピソードや記録が載ってるからな
自分が信じたい話だけ信じれば幸せだろうけど
日独伊は総力戦で完敗した事実は変わらんな

69 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 01:46:04.08 ID:tKIAt/9G
>完敗した事実
そこに意異を唱える奴はおらんと思うが・・

70 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 02:31:08.70 ID:cjIFHAcG
いや、打通さん…

71 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 06:59:11.50 ID:aR6LXMcv
>>模擬空戦

そんな話をしだしたら96に零戦はかなわないわけでさ。

72 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 07:55:38.98 ID:gK2ET0dx
隼も水平旋回メインの模擬空戦では九七戦にかなわなかったが
その垂直面の機動をメインにすることで九七戦を圧倒できた

73 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 09:40:36.59 ID:MPaQEJ0R
航空機マニアになって知れば知るほどWW2当時の戦闘機って実は能力の差は
大してなかったのではないかと思える。
飛行性能差以外の部分で勝敗が決まってるような気がする。

74 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 10:02:42.34 ID:ykCdoMBS
>>73
最終的にはその通りだと自分も思う。
燃料が無いとか、使い方間違ったとか・ね。

それでも戦闘機の開発オリジンな話として確実に逃れられないのが
「自国の国情を前提にして開発されているか・どうか」という点。

高オクタンの燃料が無理なのにソレ前提で開発しちゃった誉とか、
大馬力エンジンを搭載する予定だったのに機体を小さく作っちゃって
プロペラの直径が足りずにムリムリ四翅になった四式の機体とか()

3式はFw190のように巴戦ではなく、ズームとダイブを中心とした戦いを
意識して機体設計をした点が評価されてしかるべきだし、駄目駄目だった
エンジンがコンサバな空冷星形になったことでやっと本領を発揮した。
そういうところまで加味して考えるとあの時代の、あの日本の中で
最優秀・という評価がしばしばされてしまうのも
何となくわかる気がするんだよね。

75 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 10:10:21.15 ID:JE4QjrkP
>>7172 P-51で日本機に旋回戦で勝とうとするわけないんだから
速度を活かした戦法でやっても紫電改にはどうしても1vs1では勝てなかった
てことだろw

76 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 10:21:21.54 ID:u8qIPcOQ
Ki-61は優位からの反復攻撃っていう日本軍機の基本戦術に有利な設計で
腕自慢パイロットのスタンドプレイだった格闘に向いてなかったから不評なだけ

77 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 10:33:08.81 ID:o7y9X80d
>>75
そもそもあの時代の戦闘機で1 vs 1の格闘戦を想定すること自体
虚しい妄想かつ現実逃避だしオナニー。
編隊で優位なポジションから襲いかかるのがセオリーなのだから。

まぁでも紫電改は色々な面で見るべき点があるとは思っている。
(少なくとも四式戦よりは)

78 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 10:41:55.98 ID:A7VJ7a0M
>>73
個々の戦場に必要とされる機体適性や
必要な数を生産・戦力化出来ていたとか
稼働率の高さが重要かな
その上でより高性能なら上々

79 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 11:42:29.67 ID:JE4QjrkP
>編隊で優位なポジションから襲いかかるのがセオリー
両軍イコールコンディションなら、半分は襲いかかられる立場になるわけで。
最新のジェット戦闘機といえども格闘性を捨てられてないどころか
格闘性重視ってことからも分かるだろw

80 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 11:58:19.71 ID:o7y9X80d
>>両軍イコールコンディション

この定義というか仮定が既に若干お花畑だと思うが。

81 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 12:02:40.02 ID:JE4QjrkP
末期の日本VS米軍であっても米軍が日本本土空襲に来た場合は
日本側が高度優位をもって襲いかかれた場合が多かったわけで。

82 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 12:17:23.48 ID:Tq9FYcPZ
有視界戦闘に限った場合、ミグ25がマッハ3で一撃離脱繰り返せばイーグルに勝てる
そう思っていた時もありました

83 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 12:28:08.27 ID:xqqV0HId
最高速度と戦闘速度は違うんだよ!ウラー!
という例のコピペ厨を呼びそうな流れ・・

84 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 13:14:40.27 ID:MPaQEJ0R
五式戦スレじゃスレ違いかも知れないけど
高位の絶好のポジションからP-47Nに対して攻撃を開始した紫電改が
行かせなかったケースもあるな。毎回そうであったかは疑問はあるけど。

五式戦も言われてるほど優秀かどうかは交戦機会がすくなかったので一概には言えないでしょ。
244の戦闘なんかこの時期は日本機は交戦をしないと認識sレていた時期で不意をつかれたって
言う感じだし米軍の被害実態は日本側の記録とは相当異なるしね。

85 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 16:51:09.68 ID:hAz1KGBs
五式戦のカタログデータを基にした評価はむしろ凡作としか言えないでしょ
整備性も疾風と同様劣悪だし翼面荷重は紫電改より高い
防弾も武装も航続距離も平凡

ただ、実際に乗ったパイロットからは九七戦の再来、稀代の名機等と絶賛されているので
カタログに表れない魅力のようなものはあるのかもね

疾風との模擬空戦ではだんだんと劣位を挽回しているので、
反転上昇と旋回時のエネルギー保持が優秀だったのではないかと想像してみる

86 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 17:12:06.31 ID:Tq9FYcPZ
「結局、物を言ったのは上昇力であった。」
しかし数値的には上昇力も抜きん出てるわけではないよね
むしろ疾風の方が上昇力良いはずだが

87 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 18:07:20.62 ID:dy/KFqrC
米軍テストで疾風は上昇力機動性でP-51を上回ったんだから
いかに馬力が落ちてたのかを如実に示してるということだろ
5式戦も米軍テストでどこまで化けたのか見てみたかったな

88 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 19:18:28.97 ID:u8qIPcOQ
ki-61の主翼は高アスペクト比で翼面荷重を高く翼幅荷重を低くして高速と高迎え角での
抵抗を小さくする工夫がされてる
ロール速度で不利だが引き起こしでエネルギーロスを最小に押さえ、捻り下げの付いた翼端で
低速時の誘導抵抗も減らしてる

さらに機体も最小限の形状抵抗のために水冷エンジンを搭載してる
優位から降下上昇を繰り返す一撃離脱の反復攻撃ではカタログスペックより遥かに優れた
機動力を発揮できる

89 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 20:38:17.91 ID:dy/KFqrC
>降下上昇を繰り返す
ところが肝心の上昇がダメダメ過ぎたからなぁ・・

90 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 20:40:24.82 ID:a/gvJ5dA
>>88
昭和のおじいちゃんですか?

91 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 20:46:09.03 ID:o7y9X80d
>>むしろ疾風の方が上昇力良いはずだが

ヘタレ誉がそんな実馬力出してたら部隊から
大量のクレームが出ているわけがないだろうが。

92 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 21:04:36.99 ID:HpRysr5m
ウォーサンダーだとどういう感じになるんだろうな5式とか。

93 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 21:07:21.85 ID:dy/KFqrC
>>89 爆装した爆撃隊の上昇にもついていけなかった伝説><

94 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 21:42:49.92 ID:bZu+8R1P
>>68
>日独伊は総力戦で完敗した事実は変わらんな

大陸打通作戦は日本の大勝利だったが?

95 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 22:52:49.23 ID:u8qIPcOQ
降下加速して上昇減速で反転の繰り返しなんで上昇力なんか関係無いわけだが

96 :名無し三等兵:2016/02/13(土) 23:05:16.64 ID:1qBNrg6O
上昇してるのに上昇力が関係無いとかアホの子か?

97 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 00:31:41.10 ID:aXMC58mk
>>85

疾風は急降下が苦手だったから,五式がパワーダイブと上昇を
繰り返したら,疾風の上昇力を上回ったのかなと想像してみる。

あとは,20ミリの胴体装備でバランスがよく,操作性が良好だったってのも
あるかも。

98 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 00:54:14.91 ID:baqzZQ/Y
中国打通作戦は成功?したけど
日中戦争には敗戦しましたおしまい。

99 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 00:55:27.76 ID:XBsdBJCD
本来2000馬力のはずが1300馬力しか出てなかったのでは上昇どころではあるまいよ・・

100 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 01:06:04.24 ID:lJi7w/Em
優位から降られたら馬力が二倍あっても追いつけんよ
上昇力が負けてたら相手が失速する角度で急上昇すればいいだけ

101 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 03:21:37.33 ID:2wrRYJVD
>>99
>本来2000馬力のはずが1300馬力しか出てなかったのでは上昇どころではあるまいよ・・

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

102 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 03:57:49.81 ID:u7i8xY87
>>98
ゴミのような中国人がいくら日本軍に虐殺されても、米英にとっては大きな問題ではない。
大陸打通作戦で日本軍に虐殺される中国人を助けるために、「ドイツ打倒優先」を放棄することはできない。

103 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 08:46:47.18 ID:Yiut766G
Fw190がそんなに加速がウンコだったらエゲレスでも日本のテストでも
あんな風には記録されんだろう

801は1690から進化してきた、ダブルワスプと由来が同じ
エンジンだが日本と違ってナトリウムバルブやインジェクターの
元祖みたいなものでアップグレードして実用的なモノにしてるし。
今見ても手作り感溢れる誉と比べ物にならないぞ、コイツ。
https://en.wikipedia.org/wiki/File:BMW_801D_Duxford.jpg

104 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 12:02:34.18 ID:o84iU9wv
ウォーサンダーで五式戦が実装されたら
一番にマスタングに挑んでみるつもりだ

105 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 13:32:53.38 ID:Bp0zKo9m
>>104まあ馬力は三式よりはあるから加速や常勝は劇的に改善されトップスピードはあれになってるが
高高度で劣ることになりそうだ。

106 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 14:10:25.60 ID:SXbX3RAJ
ヲーサンダーの話出したら無視されてファビョって
コピペで荒らして自演とかもうね

107 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 15:28:24.64 ID:tLK5VhJv
例のコピペ荒らしは○ォーサンダー工作員なのか

108 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 18:01:20.51 ID:lJi7w/Em
エンジンが不調にならんゲームならKi-61のが普通に強いだろ
現実と違って周囲の状況も分かり易いからタイマンに持ち込んで詰め将棋みたいに落とせる

109 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 19:29:10.98 ID:Bp0zKo9m
>>108ぼろ負けしとるよ。しかしよくわからんがなんかこのスレ住人に
ウォーサンダーって恨みでも買ってるんか?

110 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 21:47:08.82 ID:kvuauNdI
>>91
>ヘタレ誉がそんな実馬力出してたら部隊から大量のクレームが出ているわけがないだろうが。

43 :デイヴィッド・アーヴィング「ヒトラーの戦争」:02/08/20 12:59 ID:???
・・・前略・・・クライペ将軍が九月三日燃料状況について―すべての
爆撃機および一部の戦闘機と急降下爆撃機の作戦を切り詰めなければ
ならないほどいまは深刻であると―説明したあとで、ヒトラーは
「空軍をすっかり解体して、対空火砲を三倍にすることを考えている」
と述べ、空軍参謀総長をたまげさせた。ゲーリングが五日、“狼の巣”
に恐る恐る再び姿をみせると、ヒトラーは空軍攻撃を繰り返した。
クライベの日記はこう記録している―
 総統がまずしゃべった。空軍非難の長広舌、空軍は全然よくない、年ごとに
悪くなる、生産数字と航空機の性能についてもずっと嘘をつかれた、フランス
における完全な崩壊、地上員と無線部隊は陸軍の戦闘を援けようとしないで
命からがら飛行場を捨ててあわてふためいて逃げ出した、と。
 Me262の件が再び議論になった。なんで「高速爆撃機」しか考えられない
かについての同じ議論、将来はMe262だけ生産するとともに、対空火砲を
三倍にする考えを前より穏やかな形で再び展開。・・・・・・わが方の戦闘機の
設計はみな間違っている、四発爆撃機と闘うのに必要なのは、大口径の
機関砲を備えた双発の重戦闘機である、全国元帥の要求で、戦闘機中隊
を指揮している〔ハンス・〕ベーム=テッテルバッハが呼び入れられた。
経験から彼は、戦闘機に護衛された重戦闘機でさえも重爆撃機と闘う最善の
方法でないと説明した。ベーム=テッテルバッハは乱暴に退去を命ぜられた。

111 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 21:50:29.62 ID:ZPmTNvwM
>>103
>本と違ってナトリウムバルブやインジェクターの
>元祖みたいなものでアップグレードして実用的なモノにしてるし。

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦
で戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://homepage3.nifty.com/tompei/Ph-Berlin.htm

112 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 22:59:33.90 ID:eNlD7nhc
>>108
P-51に飛燕が優っている所は何一つない
運動性にしてもP-51が下手くそでよほどスピードを落としていない限り飛燕の方が劣る
高空性能は問題外
実際日本軍が鹵獲したP-51と飛燕の模擬空戦でも飛燕は全く相手にならなかった

113 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 23:10:37.67 ID:lJi7w/Em
>>112
ki-61の旋回性能は日本機の中じゃ低いが素でFM-2以上でP-51など追従すれば錐揉みで墜落する
失速特性と低速時の舵の効きもP-51とは段違いなんで優位から吊り上げれば落とすのは簡単

114 :名無し三等兵:2016/02/14(日) 23:47:12.73 ID:WTkbhYpi
五式戦の新刊そろそろ欲しいぞ!

115 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 00:20:00.69 ID:m5oqDnj3
「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-

https://m.youtube.com/watch?v=cUGu73hnjdY

戦闘機は戦争をするためにあるもの。戦争は多くの人の命を奪う。安易に戦闘機カッコイイ!と言ってる人はこの動画を見てほしい。

116 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 01:31:05.39 ID:ZCiJDGnl
>>113
残念ながらP-51は旋回半径は大きくとも高速で旋回できるので三式戦の低速に付き合う必要は無いんだよ。

117 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 01:32:31.47 ID:jBE9osNW
>>111
ベルリンに揚がった赤旗とベルリンに置かれたT-34は、勇戦敢闘したドイツ軍兵士への勲章だが?

118 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 10:10:20.63 ID:Yx2aENBv
空中機動のエネルギー管理の基本は旋回時に速度を高度に変換して減速する事
何故かと言えば旋回時に速度が出てるとエネルギー損失が非常に大きいから
そしてレシプロ戦闘機の推進力は損失を補うには小さすぎる

リアル系フライトシムで一月も落とされ続ければ高速旋回などすればするほど
不利になるだけなのが分かるだろう

119 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 10:36:13.96 ID:/tXvj8dm
>>115
戦闘機はカッコイイし日本刀は美しい 何が悪い?
思想を取り締まるのがお前らの趣味かw

120 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 11:10:56.05 ID:FZlbXSfC
飛燕はもっとヤーボ的運用に注力すべきだった

121 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 11:16:03.23 ID:Yx2aENBv
陸軍の戦闘機は海軍と違って対地支援も任務なんで防弾も爆弾搭載量もマシ

122 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 16:00:56.26 ID:ZCiJDGnl
おや?零戦は50番(500kg)を積めたが陸軍の戦闘機にあったかな?

123 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 16:51:44.44 ID:/xxB/ywN
爆戦投入はマリアナからで隼や飛燕は一年以上前から250kg爆弾2発搭載できたからな

124 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 17:42:08.77 ID:5TnPj4xe
架空の存在であるガンダムも
WWUの戦闘機も似たようなもんだと思ってる
自分が開発に携わったわけでも
運用したわけでも操縦したわけでも無いしね
ただ単にかっこいいメカってだけ

125 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 21:40:30.81 ID:hOvA2cqq
>>120ヤーボに使う期待はそれこそフォッケの様に軍馬と言われるほど頑丈で
信頼性ないとダメだから。5式ならこの条件を満たしてる。

126 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 22:35:36.67 ID:MbagorsH
>おや?零戦は50番(500kg)を積めたが陸軍の戦闘機にあったかな?

そりゃ、特攻の為、使い捨てだから積んだだけ。
しかも、500s積んだら、特攻するどころか、離陸するのも困難だし。
高度を50mに達するにも、すごい時間がかかるようになる。
そもそも、250s爆弾を積むと七面鳥になる零戦に、500sなんて積んだら飛んでいるだけの標的にしかならない。

127 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 22:46:06.32 ID:pDHek8aV
500kg積んだらどんな単発機も飛んでる的だろ
それとも爆装して戦闘するのが前提なのか

128 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 22:56:55.94 ID:Yx2aENBv
零戦より500キロ以上重くて馬力の大差ない同世代の欧米機をdisるのは止めたまえ

129 :名無し三等兵:2016/02/15(月) 23:28:25.39 ID:hOvA2cqq
>>128爆弾詰んだ時の空気抵抗がまるで違う。あとワイルドキャットの事を言ってると思うがあれ零戦よりも
三割エンジンが強力だから。

130 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 01:55:57.32 ID:6naJmDA0
伝説だけが先走る零戦がフルボッコ

131 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 02:20:40.86 ID:FJ4thWKf
>>103
>日本と違ってナトリウムバルブやインジェクターの
>元祖みたいなものでアップグレードして実用的なモノにしてるし。

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

132 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 02:27:03.58 ID:FJ4thWKf
>>103
>日本と違ってナトリウムバルブやインジェクターの
>元祖みたいなものでアップグレードして実用的なモノにしてるし。

イエナには世界最大の光学機器メーカー、カール・ツアイスの本部があった。イエナはチューリッヒ州にあるため、
ソ連占領地であることが合意されていた。ところが、ソ連の占領がもたついたため、カール・ツアイスの確保をもくろんだ米国は、
イエナをいち早く占領してしまった。しかし、ソ連の抗議によって、最終的には、イエナはソ連に引き渡された。結局、
実際の現場のドサクサ紛れの占領よりも、首脳間の合意が優先するという、当たり前の結末に至っている。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2007/07/01/1617254

133 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 02:32:25.39 ID:FJ4thWKf
>801は1690から進化してきた、ダブルワスプと由来が同じ
エンジンだが
>日本と違ってナトリウムバルブやインジェクターの
>元祖みたいなものでアップグレードして実用的なモノにしてるし。

Losses per theater(戦線別ドイツ軍戦死者統計)
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/axis-nations/germany-a-austria/144-germany-unsorted/statistics/2461-german-losses-per-theater

134 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 02:39:38.35 ID:7vGmOMb7
>>103
>日本と違ってナトリウムバルブやインジェクターの
>元祖みたいなものでアップグレードして実用的なモノにしてるし。

ドイツは、ファシズムからの国の解放で赤軍が決定的な役割を演じたことを覚えている。
ドイツのメルケル首相が、ロシアのプーチン大統領との会談後に述べた。タス通信が伝えた。
メルケル首相は、「ドイツは開戦の責任を負っている。これは私たちの歴史的責任だ。
私たちは、赤軍がドイツ解放で決定的な役割を演じたことを常に思い出すでしょう」と語った。
http://jp.sputniknews.com/russia/20150511/319933.html

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html

135 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 02:53:27.04 ID:YXC4GUwA
>>132
イエナ社とソ連当局は、お互いを必要としていた。イエナ社復興はソ連当局の支援によるものだが、
ソ連もまた光学機器生産のノウハウを取り入れることができた。ウィンウィンの関係。

136 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 02:57:29.39 ID:YXC4GUwA
>>131
ロシアとドイツは、互いに尊敬しあい感謝しあっているんだよな。

137 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 03:01:11.83 ID:1gKaPa00
烈風のほうがマシだろ

138 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 06:59:33.17 ID:NqcsD9tD
烈風はろくに飛んでもいないから候補にすら()

139 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 11:17:14.74 ID:0/oaf65j
五式戦にマダラ迷彩とか、銀色カウル上面のみ黒というバージョンはなかったのかな
緑一色ではなんか寂しいのう

ザ・コクピットでの五式戦はレッドスカルが印象的だな

140 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 12:06:20.46 ID:6qIA16Oq
短い末期の防空戦で地上撃破対策用に迷彩しない訳にはいかないから
バリエーションがないのはしょうがないよ。
緑ベースでもこういう派手な塗装もあるよ
http://yokubo.air-nifty.com/happy_modeling/WindowsLiveWriter/D2X_2311.jpg

141 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 14:09:03.19 ID:parqo3Ws
>>140
かっこいいなぁ

142 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 15:33:37.53 ID:fQzzF3Jw
日本陸軍機って割と尾翼とかマーキングが自由だね
海軍のはまさに役所って感じ

143 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 17:47:43.56 ID:DMjybjJZ
パイロットの割り当て機体が固定されてないんじゃ勝手にできないからな

144 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 18:11:49.11 ID:6qIA16Oq
ww2当時は海軍も長機は基本専有でしょ。
有名な菅野機の15番とか谷水機とか。

145 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 18:50:58.83 ID:YEg3Fkva
普通の長機は小隊長赤一本中隊長赤二本とか書いてるだけだが

146 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 19:55:34.70 ID:xPMSZOoj
折鶴部隊の隼が好きだったな
第58振武隊の疾風も地獄の死者的なヤバい魅力がある
海軍機だと352空のでかい稲妻雷電が派手だね
五式戦はバリエーション乏しいけど、59戦隊のダークグレー?は渋いね

147 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 20:15:58.78 ID:h75uDjYl
>>116
キ-61にマーリンエンジン搭載したらどうなっていたか

148 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:03:11.49 ID:/IiDfsvL
>>147機首の武装がなくなる。

149 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:06:21.10 ID:r425wnTd
アリソンP-51のようなレイアウトで積んでいたかもw
まあマーリンでもどのタイプ積むかで違ってくるよね。
とマジレスしてしまったw

150 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:21:04.79 ID:h75uDjYl
P-51と同じエンジン載せれば700キロ近いスピードが出たんじゃないかな
ムスタングより何年も後に設計された機体だから出て当然なんだけども

151 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:27:33.03 ID:/IiDfsvL
>>150どう考えても出ないだろ。1100馬力がU型で1500馬力に代わっても610`しか
出てないじゃん。

152 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:30:00.52 ID:ZY0MB3uo
全開高度

153 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:47:48.06 ID:r425wnTd
ほーらやっぱりマーリンのタイプも知らない妄想タラレバ君だったね。
二段過給器タイプのマーリン搭載なんて全く現実性のないってわからないんだろうね。だから700kmなんてアホな数字が出てくる。

154 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 21:56:05.28 ID:h75uDjYl
>>151
ドイツのエンジンを完全にパクりきれてないからその馬力の数字はどれだけ
信憑性があるかわからないよ。マーリンの2段式過給器で空気抵抗の小さい
高高度をとべばスピットIX型の670キロ以上はいきそう、そしてドッグファイトは
スピットとごかくとみた。

155 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 22:19:45.25 ID:YAVMBz17
というか、マーリンあっても
日本のガソリンじゃ馬力でないからなw

アレは高性能ハイオク使ってナンボのエンジンだから

156 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 22:26:27.36 ID:/IiDfsvL
>>155アメリカの潤滑油と高オクタン価燃料で三割能力上がってるという
話だな。日本ではそれは実現できない。

157 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 22:32:28.06 ID:6qIA16Oq
日本機スレにいる人って日本機以外は知らないのかな?
飛燕とスピットと比較すると飛燕の方が遥かに大きくて重い。
P-51に比べれば空力的な煮詰めが甘くとても速度が出るような機体じゃない。
60系マーリン積んで米軍のハイパフォーマンスガソリンを使ったとしても670kmなんて絶対出ないだろね。

158 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 22:36:00.01 ID:h75uDjYl
敵国のエンジン載せたらとかあり得ないこといってるんだから
燃料もパイロットもあり得ない設定に決まってるだろ。
問題にしてるのはキ-61の優劣

159 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 22:55:03.17 ID:h75uDjYl
たいして変らん

スピット IX
自重(kg) 2633
全備(kg) 3311
キ61 I丁
自重(kg) 2630
全備(kg) 3470

160 :名無し三等兵:2016/02/16(火) 23:32:54.02 ID:AJ+KcWlL
>>157
>飛燕とスピットと比較すると飛燕の方が遥かに大きくて重い。

    三式戦    スピットファイア
全長    8.74m      9.12 m
全幅 12.00m     11.23 m
全高 3.70m      3.86 m
翼面積 20m2       22.48 m2

え?スピットの方が大きいんだけど・・・

161 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 03:45:35.28 ID:+wsJ03jB
知ったかぶりニキと架空戦記ニキのドッグファイト

162 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 05:19:31.75 ID:pG9anvX1
>>160じゃあP51と比較してなんでP51ってあんな高速出せるの?

163 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 08:22:30.24 ID:WDIFRJyN
日本機スレにいる人間よりも外国機を知らない>>157がドヤ顔していると聞いて

164 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 10:16:31.00 ID:v3eH8nr2
最大速度については最低限高度・WEP使用の有無・重量を揃えないと何とも
二式単戦一型は機体磨き上げなどの工夫で50キロ近く速くなってるし
細かい条件の違いでも結構変わる

165 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 10:36:11.01 ID:SqebexDJ
頭でっかち

166 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 11:01:09.13 ID:rnFzz9iC
三式戦・スピットとサブタイプも記さないで言われてもね・・
あわててWikiから引っ張って来たんだろうけどw

167 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 11:10:11.93 ID:fDR5q7X2
国ごとに計測方法・計測仕様などは異なるだろうし
日本だと海軍と陸軍でも異なるだろうし。
カタログスペックはまぁアテにならんねぇ

168 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 11:10:50.90 ID:WDIFRJyN
サブタイプを書いても事実は変わらない
>>166は恥の上塗りだねwww

169 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 11:14:53.12 ID:xrMlb/18
P-51は単に低揚力の翼だったから最高速度での機首下げが少なくて速度が出ただけ

170 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 13:45:13.95 ID:+wsJ03jB
カタログスペックでカタログスペックを非難するな

171 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 13:46:09.15 ID:KyLbN5R/
P-51Dの704kmは軽荷重だし高度高いしWEPで1700馬力以上叩き出しとるし
戦闘状態で690kmくらいって記録もあるけどこれも高度がバカ高い
6000mだと660kmとかそのへん

172 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 18:42:37.32 ID:BOsk61t9
わかりやすく言えばキ-61に誉エンジン載せたら疾風よりも速いんじゃないかということ

173 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 21:31:26.58 ID:gedDWHaP
マーリン60系は戦中最後期は2000馬力でてる
高性能ハイオクが出る度に真っ先にガンガン馬力あげていったからね

174 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 21:46:47.99 ID:xrMlb/18
そっから過給器回すだけで300馬力くらい食われてるんだっけ

175 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 21:52:01.42 ID:TebsSas3
>>154
>ドイツのエンジンを完全にパクりきれてないからその馬力の数字は

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

176 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 22:26:39.17 ID:pG9anvX1
日本がP51をテストしたらすべての面でP51が優れてる
結果になったわけなんだがな。

177 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 22:54:56.84 ID:HjaGzhUx
陸軍審査部は
P-51一番!派と
Fw190一番!派に
二分されたとゆう

178 :名無し三等兵:2016/02/17(水) 22:58:04.56 ID:pG9anvX1
>>177たしか「もう飛燕最悪〜」だった気がする

179 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 11:06:30.97 ID:jltY24Fi
零戦みたいに復元機が飛ばせるようになれば適当なホラ話なんかより実際の性能が分かるようになるだろ
フライトシムじゃ三式戦のがP-51よりずっと強いけどな

180 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 11:20:22.67 ID:ujYG2Edo
>>175 フォッケが東部戦線で今一つ
だったのは、ソ連機が飛んでる2〜3
千メートル辺りが、発動機のトルクの
谷間か出力の谷間になって、力を
発揮出来ないって見たことがある。
逆にコブラは、その辺りの高度が
発動機は力を発揮できる。

181 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 11:31:42.11 ID:N2RSAE9r
なぜか米軍の上のほうは飛燕を高評化
現場は日本機の癖に格闘戦に劣るカモ扱い

182 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 12:00:09.99 ID:iRYssOVO
運動性そこそこながら頑丈で突っ込みのきく米軍機に近い特性が評価されたんじゃないの
まぁ米軍内の評価といっても一枚岩じゃないだろうし
単にスマートだから好きというだけの奴もいるだろ

183 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 12:30:48.44 ID:WFRtj2r/
一撃離脱に優る戦法はない

184 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 12:37:45.33 ID:FtvJsVjj
飛燕2型の予想性能がすごそうで慌てた、もアリ

185 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 12:54:47.00 ID:XdpmGs5m
不調状態も復元出来てないと意味ない

186 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 12:57:05.94 ID:5qS2MA1E
五式戦が海軍の基地に着陸→海軍のパイロットが試乗して大好評だった
みたいな話を昔見たんだけど、知ってる人とかいますか?

187 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 13:08:25.84 ID:a1trY2jz
マーリンなんて現実性の無いifを考えるよりもハ140をまともに量産できる方法を考えた方が・・
もっともハ40の高回転・高圧縮によるパワーアップって当時の日本の生産技術・燃料事情から考えて現実的な方向だったのかっていう議論はあるとはおもうが。

188 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 13:43:05.03 ID:aO5AWIUi
>>187
上層部がアホだから無理
"また本来DB 601では、クランク軸をはじめとした重要な部品はニッケル入りのクロムモリブデン鋼で作られていた。しかし、陸軍はハ40エンジン生産にあたり川崎にニッケル不使用を指示した。"
Wilkipediaより

189 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 14:21:44.08 ID:0K/MpOej
>>182
日本では離着陸速度が問題視された二式単戦も
米軍では無問題だったらしいし
評価の基準が全然違うんだろうな

190 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 14:50:03.60 ID:bnoIySvO
>>172
それは無いだろうな。急降下制限速度が高いからといって
空気抵抗が少ないわけではないからな。
Gに耐えられる頑丈な構造だったから高速にも耐えられたのかもしれない。

191 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 16:24:59.93 ID:jltY24Fi
いや明らかに空気抵抗も小さいが?

192 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 16:34:12.68 ID:8wg7ry+v
>>186
予学13期出身の土方中尉の話に出てきた話だな。

193 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 17:58:35.73 ID:m/f56Frq
>>187
そもそもハ40系列を作らずに置いて、
川崎のエンジン部門でBMW801のライセンスでもやってた方がマシ

194 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 18:45:00.47 ID:2Mib3Pcg
ボッシュが燃料噴射装置のライセンスも嫌がったのにコマンドゲレート日本で作れってか…

195 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 19:40:25.21 ID:kAZkkdBo
要は誉エンジンより優秀だった金星62型 (ハ112-II)エンジン。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%98%9F_(%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3)

196 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 20:35:09.61 ID:t2sMyefB
だから金星6X系は史実の時期よりも前には登場できなかったんだってw
しかも燃料噴射・水噴射系のトラブル続きだったから史実よりも早く金星飛燕が出ても
不調で低性能だった疾風以下だったと思うよ。

197 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 20:47:03.26 ID:8wg7ry+v
史実より前にすると金星5×系だから栄と比べてもメリットよりデメリットの方が大きいんだよな

198 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 20:50:38.20 ID:YisHOVg+
疾風に金星62載せたら五式より速いのか遅いのかって問題だね

199 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 21:10:03.30 ID:/Y8n6czr
>>198
972 名前:名無し三等兵 [sage] :2014/02/06(木) 20:29:20.44 ID:???

元満州飛行機研究部長 野田親則氏の手記によれば以下の通り。

・昭和20.3頃航空本部から呼び出しをうけ、キ116の設計試作を指示された。
 キ116 は 20.1に完成したキ100の好成績に鑑みキ84のエンジンを問題の多いハ45からハ112に換装する改造設計である。
・昭和20.4下旬帰満し、当時ハルビン工場で完成間近であったキ84の4号機(?)の機体を用いて研究開始。
・エンジン重量の差から発動機架を延長し機首を伸ばしキ46-III用のプロペラをそっくり流用。
・全備重量は約4000kgから約3500kgに下がり、徹底した重量軽減を行えばさらに100kgほど減らし得る確信あり。
・性能は(すでに終戦が近く)飛行回数が少なく確実な測定が出来なかったが、
 キ100と非常によく似た数値を示した。
・総合的な判定は非常に良好で、特に信頼性十分な発動機は操縦者に好まれた。

200 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 21:11:08.62 ID:/Y8n6czr
>>186
42 :名無し三等兵:2014/02/06(木) 23:34:16.30 ID:???

海軍さんの五式戦評
244戦隊

「その日、私はたまたま搭乗配置がなく、指揮所で待機していた。
 空襲警報とともに、味方の戦闘機は邀撃に発進していった。
 鹿児島湾の上空では、すでに空中戦がはじまっている。私たちは、その様子を地上から眺めることができた。
 戦闘三〇三の連中は、別のところに行っているらしく姿は見えない。空中戦をやっているのは陸軍の飛行機らしい。
 見ていると、なかなかうまくやっている。グラマンに後ろをつかれた一機が、急降下で逃げていく。
 その機が急上昇をはじめた。グラマンがそれにピタリとついていく。「いけない」と思わず私たちは叫んだ。
 しかし、前の機はぐんぐん上昇してグラマンとの距離を離して、うまく逃げ切った。
 「陸軍もなかなかやるな」と私たちは感心して見ていた。
 しばらくして、空戦も一段落した頃、陸軍の飛行機が私たちの隊に着陸してきた。燃料補給のためであった。
 その機が五式戦であった。
 先ほどの空中戦も五式戦で、その性能はなかなかのものであると、感心していたので、
 はじめて見る五式戦に私たちは興味を持った。
 三式戦の木冷エンジンがうまく働かないので、首無しの三式戦がたくさんあり、代わりに三菱の「金星」という
 空冷エンジンを積んだのがこの五式戦とのことである。
 急改造の故か、機首が馬鹿にでかい感じがした。
 そこで、蔵田分隊長が五式戦に乗り、飛んでみることになった。みんなの見る中で、蔵田分隊長は離陸し、
 上空でスタントをやり、いろいろテストをして帰ってきての感想は、頑丈で上昇性能も突っ込み加速も勝れた
 良い戦闘機だとのことであった。
 陸軍では、この戦闘機を「決戦機」として期待をかけているという話を、陸軍の搭乗員から聞いた。
 海軍ももう少し早く、ゼロ戦に「金星」を積んで馬力アップをすれば、まだ何とかなったのではないか、
 などと私たちは言いたいことを言っていた。」

201 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 21:19:22.90 ID:YisHOVg+
>>199
トン、それが本当なら五式に誉載せたらやはりほぼ互角なのかな

202 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 21:27:41.20 ID:luU4VkQN
>>201
> 誉

そんなロクに動かないポンコツ載せても意味ないだろ。

203 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 21:35:39.13 ID:YisHOVg+
>>202
600キロ以上の速さの伸び方が翼型で違ってくる

204 :名無し三等兵:2016/02/18(木) 22:40:54.81 ID:Zg9si+4b
>>201
生産性は段違いで四式の方が上になるけどね

205 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 02:08:46.63 ID:OBG7r2TY
>>201
5式が重たくなる。おそらく4トンいくんじゃないのか?

206 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 08:50:55.55 ID:xBbDlqZJ
だから単純に誉が駄目で金星は信頼性が高いって思ってる人いるみたいだけどちょっと違うんだよね。
まず昭和20年ぐらいになると栄でさえトラブルが頻発してる。まして金星の60系は新機構のトラブルが多数でている。
それに対して誉は信頼度が増してきている。それを考えるとこの時期には誉の方が却って信頼性は高かった筈。
空中勤務者の証言はかなりの部分先入観からきてる感じだな

207 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 09:40:08.42 ID:px3/FiVq
>>206

343は昭和20年でも誉の稼働率めちゃ悪かったって証言無かったっけ?

208 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 13:08:33.05 ID:ZNIjyFXk
部隊によっても違うし、誉の方も最後はまともに作れなくなってるから
(誉だからずっとダメだったとか、他のエンジンは常にちゃんとしてたってのは間違いだが)

209 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 15:48:27.83 ID:Ic9QZpfp
1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

210 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 18:27:24.83 ID:px3/FiVq
四式戦440機もあったのか。スゲーな。

211 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 23:38:46.02 ID:ODo6ESIH
>>200
渡辺洋二の飛燕にこれ書いてあったような記憶

212 :名無し三等兵:2016/02/19(金) 23:57:13.92 ID:YmA66gd0
>>200は私が>>192の著書から以前写したレスだよ。

213 :名無し三等兵:2016/02/20(土) 00:13:55.41 ID:ehBDBNpk
じゃあNF文庫の土方さんのか

214 :名無し三等兵:2016/02/20(土) 01:31:21.00 ID:0YuGlEzw
三式戦の木冷エンジンがうまく働かない
そろそろ直してさしあげろ

215 :名無し三等兵:2016/02/20(土) 01:49:33.35 ID:BkFlawwb
>>213
いや、ハードカバーのやつから
スキャナで撮ってOCRかけたら木冷エンジンになっちゃった

216 :名無し三等兵:2016/02/20(土) 07:47:32.69 ID:Ueeu7okl
>>214
金冷エンジンに載せ替えるんだ

217 :名無し三等兵:2016/02/20(土) 23:06:25.30 ID:BL3Gz10D
>>205
四式戦の自重から誉の乾燥重量を引くと1868kg
五式戦の自重から金星62型の乾燥重量を引くと1850kg
この単純計算だと疾風の首無し機体の方が重い
金星62型(ハ112-II)
乾燥重量:675kg
誉一一型(ハ45-11)
乾燥重量:830kg
五式戦闘機
自重:2,525kg
四式戦闘機
自重:2,698kg

218 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 00:00:04.35 ID:NWamGfZ/
>>217
その程度の差なら、誉搭載に伴う補強の際に容易に逆転しそうだが・・・・

219 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 01:40:02.49 ID:/fwxOZiM
>>218
補強はそれ程必要ないと思われる。以下は五式の改造についての解説。
"さらにエンジン自体もハ40にくらべて約八十キロも軽く、ハ140にくらべて百六十キロも軽く、..."
『戦闘機「飛燕」技術開発の戦い』碇義朗著より

220 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 01:54:30.75 ID:00gx1Plj
マンガ「戦空の魂」の締めを飾ったのも五式戦やったね

「真っ先に敵に襲いかかるハイエナ」たるにふさわしい割と渋い役どころだった

疾風が大東亜決戦機なら、五式戦は本土決戦機とでも言おうか
五式戦には夏の暑さと蝉の声が似合う

221 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 02:59:42.63 ID:TWXSUPna
>>219
DBのライセンスは、日本には要らなかったみたいな。

222 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 04:30:39.63 ID:hwSoxFlW
154 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 22:57:37.44 ID:weBx++qo
>>139
>陸軍の航空技術研究所なんかは
>昭和17年夏ぐらいにはDB605,603あわせて液冷エンジンに見切りをつけてたらしい

891 :名無し三等兵:2011/07/31(日) 01:37:49.47 ID:???
>>887
ところが・・・
昭和17.9の時点で、総合的には以下の判断。
DB605は日本製空冷発動機に較べ出力不足、
予圧高度低いため高速発揮に不利、の理由で採用する理由なし。
DB603についても出力こそ2000馬力を見込めるが
やはり予圧高度低く日本製空冷発動機に較べ採用する理由なし。

さらに、かりに予圧高度を向上させたDB603改搭載キ61性向(表面冷却)を
想定したとしても液冷機は空冷機に較べて最高速で有利な面があるが
全備重量が800-1000kg増大するため操縦性、運動性が空冷機にはるかに劣る、
このため推進機関廻りの重量低減により一層の努力が必要と判定されている。
ここで比較対象になっている日本製空冷発動機とはハ145とハ211。

この航技研の研究を見ると、DB系発動機を以てしても
日本の環境では液冷機には伸びしろがないと言っているも同然。

まあ、それだけにキ61が終戦まで生産された事情というのは興味深いものがある。

84 :名無し三等兵:2011/11/12(土) 10:32:25.76 ID:???
昭和17年の時点で、雷電性向型(ハ211換装)/中島単発性向型(ハ145換装)/キ61性向型(DB605改換装)を比較し、
雷電性向型を最上位と評価したのが、陸軍航空技研が記した航技報第2442号「重戦研究計画」の結論です。

223 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 07:06:38.79 ID:N1LF1YUM
そういえば五式戦には強制冷却ファンは装備されていないが
熱は大丈夫だったのかね?

224 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 09:06:24.47 ID:FdASbYLO
アホ過ぎるなw
壮大に失敗したハ140はDB601N相当だよ
BF109Fに積んでたエンジンすら作れずに
BF109G相当品が力不足とか

225 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 14:28:09.84 ID:S/NeKjs9
ダイムラーの新型エンジンきても生産できないだろうし。アリソンはどうか知らんけど。
ソ連の液怜は生産できそうだがソ連の液怜エンジンは日本製並みに馬力がない

226 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 15:01:59.69 ID:4gq3rRqU
ハイオク使って馬力出せないボルシチエンジンと一緒にしないで貰いたい

227 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 16:57:17.62 ID:VFrBBV4u
>>225
>ソ連の液怜は生産できそうだがソ連の液怜エンジンは日本製並みに馬力がない

もしもドイツ空軍が本当に西高東低型の対応を取っていたのであれば、彼らはソ連軍をなめており、
その代償を支払わされたと言うしかない話だ。結局のところ、ドイツの戦争はソ連軍にベルリンへ突入
されたことで終わったのだから…
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/nastuplenie2.0.html

こうなると敵を恐れる必要はなく、私らは自ら戦いを求め、これでもか!とばかりに喰らわせてやったのさ。
クルスク・ベルゴロド作戦以降は怖いものなしの状態だった。皆すでに勝利を確信し、搭乗員たちの士気
は非常に高かった。出撃する度ごとに戦果を挙げられたよ。空中戦では負け知らずだった。逆にドイツ軍の方も、
モスクワの頃とは、それどころかスターリングラードの頃とも違っていた。我々と遭遇するや否やすぐに
逃げてしまい、戦いを挑んでくる気配がない。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/gorelov6.html

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦で
戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://homepage3.nifty.com/tompei/Ph-Berlin.htm

228 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 16:59:07.66 ID:/fwxOZiM
五式も金星エンジンに合わせて胴体を丸く改造すればかなりカッコ良くなりそうだな

229 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 17:17:41.90 ID:sxntV46V
>>227
独ソ戦はまさに最強対最強の戦いで、ドラゴンボールで言えば、孫悟空とビルスの戦い。
ベルリンに揚がったソ連国旗とベルリンに置かれたソ連戦車は、勇戦敢闘したドイツ軍兵士への勲章だ。

230 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 17:39:35.43 ID:S/NeKjs9
ソ連機は必要最低限以外のものをすべて排除してるからなあ。
とりあえず旋回性能とかそういうの完全に無視で加速がよけ
ればいいという感じ航続力なんかもう無視っぽいし。
そりゃ1200馬力であの速度出ますわ。

231 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 22:58:58.48 ID:FdASbYLO
ソ連の液怜は
ベースはBMW系とイスパノ系だろ
ハイオクって言っても所詮100オクタンまでしか貰えなかったからなw
そりゃ性能でるわけない

232 :名無し三等兵:2016/02/21(日) 23:01:45.90 ID:FdASbYLO
ミクーリンAM35も95オクタンだから
ドイツとそれほど事情変らんな
http://forum.valka.cz/topic/view/141223/Mikulin-AM-35A

233 :名無し三等兵:2016/02/22(月) 00:29:32.37 ID:pK6b3/dA
Grumman F-14 Tomcat

http://i.imgur.com/p1WuB4R.jpg
http://i.imgur.com/ONWYp4l.jpg
http://i.imgur.com/nQCag0G.jpg
http://i.imgur.com/Fo0x6jz.jpg
http://i.imgur.com/eaXlih9.jpg
http://i.imgur.com/xc4mJV7.jpg
http://i.imgur.com/mJc4aQS.jpg
http://i.imgur.com/Gb0AYfj.jpg
http://i.imgur.com/aaxTqdY.jpg
http://i.imgur.com/2VmN9YX.jpg
http://i.imgur.com/fW2llSx.jpg
http://i.imgur.com/Gy8xbAH.jpg
http://i.imgur.com/5P2RvzS.jpg
http://i.imgur.com/Y7enTNI.jpg

234 :名無し三等兵:2016/02/22(月) 00:58:37.89 ID:OIs2q2Cy
五式戦が好きな俺は、彗星33型も好きだ。

235 :名無し三等兵:2016/02/22(月) 15:28:07.55 ID:Kfwy2r8n
今日は猫の日

236 :名無し三等兵:2016/02/23(火) 13:26:49.71 ID:uDwmTphQ
金星・彗星って特攻機のイメージが強くて・・・
実際は芙蓉部隊で地味に粘り強い闘いにも使われていたんだけど。

237 :名無し三等兵:2016/02/25(木) 18:20:48.05 ID:V2+ehvpb
五式の1/32は出ないのか?

238 :名無し三等兵:2016/02/25(木) 19:13:34.64 ID:85AewzC6
三式戦買って百式司偵のカウルを付けるんだ

239 :名無し三等兵:2016/02/25(木) 20:23:07.21 ID:3IxEuKfI
ハセガワの次が52丙だからその次あたりではなかろうか>五式

1/32のハセで残ってる単発陸軍戦闘機は97戦だけどそれよりは五式だろうなぁ

240 :名無し三等兵:2016/02/25(木) 20:51:46.85 ID:uhdq/tUU
凝る人は釣り糸を使って操縦桿を倒すと補助翼が動くように作るって本当かね?

241 :名無し三等兵:2016/02/25(木) 21:02:33.60 ID:iL32QrXj
五式は男のロマン

ガタイは良いが心臓が生まれつき弱いアヒルの子が心臓を入れ替えて強くなるという。

242 :名無し三等兵:2016/02/25(木) 22:06:03.53 ID:vSaDTVOz
>>238
ほほー1/32の百式司偵のキットが君の世界にはあるのかw

243 :名無し三等兵:2016/02/26(金) 20:58:35.71 ID:BuBZrSc8
金星エンジンの五式戦は時期的に三式戦として間に合う事ができたんだな。

244 :名無し三等兵:2016/02/26(金) 22:22:07.91 ID:5kiM2PnQ
その場合、金星は6×ではなく、5×だから性能がしょぼーんだけどね

245 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 07:19:50.72 ID:pnIRt4sc
速度530キロ程度になって上昇力もしょぼくなるだろうなあ。

246 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 07:36:10.67 ID:mN83DI27
ワイルドキャットの悪口はそこまでだ

247 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 07:38:41.77 ID:bN4I8HIw
えっ?

248 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 10:21:47.40 ID:e15pYkE3
>>244 堀越氏は「本来なら金星零戦は昭和18年には登場出来ていたはずで
ヘルキャットを駆逐できていたであろう」と書いてるけど
18年だと金星は何馬力でつか

249 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 10:35:07.72 ID:q9hrTFpr
FM-2
最大速度534km/h 高度8778m
上昇力 高度6096mまで8分
自重2475kg 全備3752kg

仮想金星51型飛燕
武装は1943年登場の飛燕一型乙(ホ103×4、弾丸各250発)と同じに設定
ハ112-II(金星62型)よりパワーは200馬力ほどダウンして離昇1300HP
五式戦よりエンジンで33kg、機銃で28kg、弾丸で16.55kg、全備で76.55kg軽量
単純計算で自重2464kg、全備約3418kg

FM-2が信頼性以外の面でも高評価であることを考えれば
金星51型飛燕でもそう残念なものではないと思われる
整備性を考えれば、外地ではまともに飛べなかった液冷飛燕より使えそうではある

250 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 10:44:10.13 ID:q9hrTFpr
うお、弾丸のとこ15.55kgの間違いだった
自重・全備は訂正なし

251 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 10:56:42.24 ID:/sBCWALr
FM-2は米軍機の中じゃ小回りが効くってだけで零戦にすら追いつけない上に
旋回性能は三式戦以下で上昇率も大差無い体たらく
取り柄は小型空母で運用できるだけで他の米軍機と張り合える性能じゃない

252 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 11:53:37.78 ID:c5Kr1SJF
F6F>FM-2=紫電>ゼロ52

当時の日本人搭乗員の評価。
出典は忘れた。

253 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 12:00:26.85 ID:/sBCWALr
日本側はF4FとFM-2の区別もしてなかったのに嘘丸出しだな

254 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 12:05:18.56 ID:5CLX2AsO
>>252
紫気は鈍重で対戦闘機戦では零戦に劣るが
火力は評価された

255 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 12:32:47.82 ID:g5G1d/1D
海軍戦闘機だけで言えば
日本相手はF4Fアップデートだけでもアメちゃん勝利は変わらんな
烈風なんぞ生産されないし

256 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 12:45:07.28 ID:/sBCWALr
ティーガーにシャーマンが何百両吹き飛ばされてもドイツが負ける事に変わりないからな

257 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 13:05:00.56 ID:otJCnoQA
0202 名無し三等兵 2016/01/15 19:33:18

現場の評価はよかったみたいね<紫電

台湾沖航空戦ノ経過及ビ概要所見 昭和19年11月4日

「紫電」ニ対する所見
性能極メテ優秀(F4F・F4Uニ対シ)
格闘戦有利
長期ノ格闘戦不利
防弾ガラス・・・13粍貫通セズ
翼タンクノ防弾モ有効
侵攻用モヨシ

ちなみに台湾沖航空戦にF4F、FM2は
参加していない

258 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 13:06:58.21 ID:otJCnoQA
571 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 18:38:45.58 ID:???
台湾沖航空戦で疾風の評価

飛行第11戦隊附四至本廣之丞大尉の回想

「グラマンF6Fの性能は、わが四式戦(キ八四)より優秀であり、
 特にスピード、上昇、出足において優れていた。
 艦爆は四式戦の良い目標であった。」

(戦史叢書「沖縄・台湾・硫黄島方面 陸軍航空作戦」)

259 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 13:47:11.40 ID:nxF4oDEG
>249
機首を延長する前の一型乙をハ-115かハ-112(水メタなし)に換装すれば
自重/全備重量が2380kg/3130kg⇒2180〜2230kg/2930〜2980kg程度になり
キ61試作機と同等かやや良好な馬力荷重を得られそうです。
なお、史実の二型⇒五式戦よりも減量が少なめなのは、
一型の方が二型よりも冷却器や尾部のバラストが軽量だったかもしれない
との推定で、彗星が空冷化した際のマイナス150kgと同程度と
勝手に想像しています。
誰か冷却器やバラストの重量について知っている人いますか?

260 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 13:48:49.59 ID:/aWiVu6x
>>255
それは違うなFM-2の実力過大評価し過ぎでしょ。
別スレでもやったがFM-2の真価は主力であるF6F・F4Uのエンジンも含めて生産を妨げずに
艦隊防空用の戦力を維持できた事にある。
F4Fに比べても航続距離も低下してるしF6FやF4Uの戦力を代替え出来るほどではないよ。
実際には戦爆以外の零戦との戦闘は多くない。撃墜数の実態はほとんどが特攻機を含む攻撃機だよ。

261 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 14:35:09.32 ID:pnIRt4sc
確か零戦というか日本軍機ってFM2にもワンサイド決められてること
多いよな。

262 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 14:49:03.81 ID:pnIRt4sc
>>257虚偽報告だらけの戦いだからなあ。

263 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 15:02:30.61 ID:mzxqM3Lf
金星エンジン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%98%9F_(%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3)

主要諸元

金星44型
タイプ:空冷複列星型14気筒
ボア×ストローク:140mm×150mm
排気量:32.34L
全長:1,646mm
直径:1,218mm
乾燥重量:560 kg
燃料:気化器式
過給機:遠心式軸駆動式過給器1段1速
離昇出力 
1,060HP/2,550RPM
公称出力 
1,080HP/2,500RPM(高度2,000m)

金星51型
全長:1,660mm
直径:1,218mm
乾燥重量:642 kg
燃料:気化器式
過給機:遠心式軸駆動式過給器1段2速
離昇出力 
1,300HP/2,600RPM
公称出力 
一速全開 1,200HP/2,500RPM(高度3,000m)
二速全開 1,100HP/2,500RPM(高度6,200m)

金星62型 (ハ112-II)
乾燥重量:675 kg
燃料:直接噴射式
過給機:遠心式軸駆動式過給器1段2速 (陸軍名称:ハ112-IIルは排気ガス駆動式過給器)
その他:水メタノール噴射装置
離昇出力 
1,500HP/2,600RPM
公称出力 
一速全開 1,350HP/2,600RPM(高度2,000m)
二速全開 1,250HP/2,600RPM(高度5,800m)

264 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 15:04:11.92 ID:/aWiVu6x
>>261
だから大部分は特攻機や攻撃機なんだよ。
フィリピン戦あたりからの戦闘報告は日本側も相当精度が低いが負けず劣らず米側の報告も精度は甘い。
日本側の出撃数の数倍の撃墜数を記録されてるあたりは米側の方が精度が低いぐらいだよ。

265 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 15:46:19.74 ID:sSY28G8t
>>259
でもその時期だと両エンジンともに回せる余地なんてまるでないから現実感に乏しいよ。
第一そんななら三式戦の存在自体無意味で機体の製造自体を停止して隼かなんかのライセンス生産した方が遥かに戦力になったんじゃないかな?
ツマラナイ話かも知れないが史実以上の事はどうやっても起こらないだよね。

266 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 15:49:38.60 ID:8pmu5Qqs
戦闘機が攻撃機を撃墜するのだって戦果じゃないの?
特攻機は日本が生んだ真の脅威だったし

267 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 17:21:55.97 ID:ibbMaYIe
>>248
結局、32型の頃に52型ができたであろう、程度なんだよね
まあ歓迎はされたかもしれんが劇的な変化ではないとゆー

268 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 19:05:08.60 ID:DnZuATeW
Wikiのこの記述は嘘なの?
三型(キ46-III)
さらなる性能向上のため、エンジンをハ112-II(出力1500HP)に換装、
増設燃料タンクや落下タンクを装備し航続距離を拡大、
さらに風防を機首先端まで伸ばし段差をなくして完全な流線型に
したものが1943年3月登場の三型(キ46-III)であり、
最大速度は630km/h/6,000mを、さらに推力式単排気管への
換装で約642km/hを記録。

269 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 19:31:53.41 ID:/FDvAXzp
ファッ!?

270 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 19:41:05.21 ID:DnZuATeW
ハ112-IIが1943年3月に登場した、は嘘なの?

271 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 19:47:19.60 ID:UHb7dEAn
百式司偵III型試作機の完成が昭和18年3月だけどエンジンが生産に乗るのは結構後だからな
誉なんかハイオク輸入できた戦前からの開発だし

272 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 19:58:37.86 ID:DnZuATeW
工業製品は初期不良がつきものだから初号機から量産型まで時間がかかるんですかね

273 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 20:04:00.57 ID:PE2QvaCi
>>266
馬鹿がFM-2戦闘機も圧倒してるような事言ってるからね。

274 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 20:08:12.89 ID:5CLX2AsO
ハ104を三式戦に付けられなかったかな?
性能はハ112-Uにさして劣らないし

275 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 20:45:09.33 ID:q7tWwAbL
「ロシアの砲兵らは日本製の大砲が軽量で使用しやすく、射撃速度が速いと評価していた。
有坂銃は信頼性が高く、これに類似した米国製の銃の半額でロシアは買い付けることができた。」
日本の軍産品があまりに高品質であったため、ロシア側の研収員らはかなりの部分の
武器品目の受け入れ納入品の作業を日本人自身が行うよう任せた事実をパヴロフ氏は指摘している。
ロシア人の役人、閣僚は日本製武器の価値を指摘し、これなしにはロシアは戦うことは一切
できないことを認めている。
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2014_04_20/271449284/

―チャーチルの供与はもっと後からでしたよね。
 そうそう、後からだっけ。で、1943年以降になると、私たちはこれらの戦車を断ってしまった。やたらに欠点
が多かったからね。特に、1トンに対し12〜14馬力しか出せないのは問題だった。あの当時は、トンあたり
18〜20馬力は発揮するのがよい戦車だと思われていたものだ。3つの戦車のうちでは、カナダ製のヴァレンタイン
がベストだったな。装甲は流線型だったし、長砲身の57ミリ砲を持っていたのが大きかった。それから、私たちは
1943年末にはアメリカのシャーマンに乗り換えた。キシニョウ作戦の後で、我が軍団は第9親衛機械化軍団
と名前を変えたんだ。さっきは言い忘れたが、どの軍団も4個旅団で編成されていた。私たちの軍団は3つの
機械化旅団と1つの戦車旅団を抱えていて、私はそのうちの戦車旅団にいた。一方、戦車軍団は3個戦車旅団
と1個自動車化歩兵旅団で成り立っていた。そんなわけで、私たちの旅団には1943年の末から
シャーマンが配備されていた。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/loza1.html

276 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 20:54:23.21 ID:G/5qJTTQ
>実際には戦爆以外の零戦との戦闘は多くない。撃墜数の実態はほとんどが特攻機を含む攻撃機だよ。

護衛の零戦は?
真っ先に逃げたのかな。
というか、FM−2の主任務は艦隊護衛であり、上陸部隊の上空支援。
一番の攻撃目標は、特攻機であり爆撃機。
艦隊護衛のくせに、護衛の戦闘機にまず向かっていくどこぞの国の自己満足パイロットとは違うんじゃないかな。

277 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 21:14:37.16 ID:Jyouf01u
いやそれ以前にFM-2は普通に戦闘機としての零戦52型と戦っているんだが。

キミら無知であほなの?

278 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 21:58:06.08 ID:g5G1d/1D
FM-2は高高度性能は捨てたけど
F4F-4(FM-1)と比べて
更に日本海軍機と渡り合えるだけの性能アップを実現してるはず

279 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 22:36:10.85 ID:UHb7dEAn
F4Fは2段過給器で高空で更に不利になるのを辛うじて抑えてたのにそれは無い

280 :名無し三等兵:2016/02/27(土) 23:37:54.48 ID:7X1NLqSp
レイテ島の戦いでCVE73ガンビアベイに乗ってた
FM-2エースCapt. Joe D.McGrawの記事では

FM-2部隊は

44年10月23日
飛行第3戦隊の九九双軽22機・は第30飛行集団主力(四式戦)22機
に対して、四式戦の攻撃をかわしながら九九双軽21機を撃墜、残る1機は対空砲火で撃墜

栗田艦隊との戦い後
同日、12機のゼロに護衛された15機のVal(99艦爆)の迎撃

ここでも99艦爆を多数撃墜し、艦爆隊を味方に寄せ付けず

つまりFM-2の速度でも爆装したまま米艦隊に突っ込める爆撃機がほとんどない
そしてレイテの戦いがある程度たった頃には
戦闘機だけは残っているが、爆撃機はほとんど撃墜され
対艦攻撃能力が無いという状況になる

それで産まれたのが例のアレ

281 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 00:23:44.60 ID:CqHb8rUR
急降下でも240kt(432km/h)の九九艦爆相手で速度が足りてるとか…
彗星艦爆ならF6Fでも振り切られてるんだが

282 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 01:38:23.20 ID:2YeWwSJS
>>281
なんか勘違いしているようだが
急降下爆撃時は照準のために故意にスピード抑えてるぞ。

283 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 04:23:55.34 ID:CqHb8rUR
>>282
照準のために速度を落とすんじゃなくて引き起こすために落としてる
元々減速降下前提の九九艦爆は降下耐久は高くないな

飛行時間100時間で15回ほど急降下した機体全部が後方主翼桁前後方に
鋲折れ亀裂起こして空気抵抗板使用禁止、降下各45°230ktに制限された事がある
アジ暦C14120229200

284 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 07:41:53.23 ID:rJAzgZFW
爆撃機の急降下についていけない戦闘機なんか聞いたことねえなあw
あの急降下制限がついてる零戦や隼でさえ追いつけるだろうに

285 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 08:01:32.11 ID:P3Fpl+3U
>>222
ダメとわかった「事実」や「現実」よりも組織や偉い人の「判断」の
無謬性の方が優先されるのは日本では珍しいことではないからね。

「その判断は誤りであった」ということが(決定した)人物や組織
の評価を物凄いネガティブにさせてしまうのは日本もアメリカも同じ
なのだがアメリカじゃ、(例外もあるが)次点の策か、他の人で
次やろっか・と考えを切り替えるが、日本の場合は「それはかわいそう」
とか「ここでそれを認めたら組織の権威が◯X△」とか情緒的なもの
ばかり優先されることの方が多い。

太平洋戦争ではそれが満州から日中戦争に続く諸々だったり
誉だったり水冷EGだったり牟田口が特に責任追及されず
作戦の理不尽さを訴えた佐藤 幸徳は左遷とか・もうね。。。
五式戦のアイデアも最初は全力で反対されたらしーじゃん?
「水冷を一生懸命改良している時になんて不謹慎な!」だって()

最近じゃ原発関連がまんまそれだな。福島の設備もそうだし
もんじゅも同様。内向きには平和な雰囲気満載の日本だが、
より合理的判断を優先する国家・民族と戦うと確実に負ける。

286 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 09:29:11.17 ID:5fg/yQ+i
age馬鹿の法則

287 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 16:10:49.75 ID:VeSx7oJ+
>>172
ノーズヘビーになるから後部胴体延長で胴長五式戦になりそう。

>>191
ハ四〇よりは直径が大きいのでは?

288 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 16:29:24.62 ID:487sfFcm
液令より空冷のほうが前後の長さがない分、重心が翼よりになる

289 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 16:47:52.32 ID:6JRp9asL
>>287
ハ140の重量は金星62より150kg重かったらしい。
誉の乾燥重量は金星62のそれより150kgぐらい重いので、
飛燕2型の機体に誉を胴体を延長することなく載せることができる。

290 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 17:01:09.35 ID:6JRp9asL
疾風に金星62を載せなかった理由

そして、さらに幸運なことに、三式戦(飛燕)の主翼と重心位置の合わせかたが楽にできるレール式になっていたことである。
液冷エンジンは縦に長いのに対し直径が大きく縦に短い空冷エンジンとは当然エンジンの重心位置は大幅に変わり、機体全体の重心位置も変わってくる。
四式戦(疾風)のような作り方だと前部胴体と主翼が一体構造なので五式戦のようにはいかない。
http://rikukaigunki.nobody.jp/riku-seisiki/gosikisen.html

291 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 17:17:24.51 ID:KGk/hrAD
>>290
つ キ116

292 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 17:29:48.32 ID:6JRp9asL
満州飛行機で金星疾風が製造されたが、公式に陸軍の要求で作られなかったのは
金星を疾風の胴体に据えるための工程の煩雑さがあったのではないか。

293 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 23:04:05.47 ID:P3Fpl+3U
ハ40、アツタに注ぎ込んだ時間、人的リソース、資材を金星のアップデート全て使っていたらどうなっていただろうな。

294 :名無し三等兵:2016/02/28(日) 23:04:06.63 ID:b3/kadYB
元満州飛行機研究部長 野田親則氏の手記によれば以下の通り。

・昭和20.3頃航空本部から呼び出しをうけ、キ116の設計試作を指示された。
 キ116 は 20.1に完成したキ100の好成績に鑑みキ84のエンジンを問題の多いハ45からハ112に換装する改造設計である。
・昭和20.4下旬帰満し、当時ハルビン工場で完成間近であったキ84の4号機(?)の機体を用いて研究開始。
・エンジン重量の差から発動機架を延長し機首を伸ばしキ46-III用のプロペラをそっくり流用。
・全備重量は約4000kgから約3500kgに下がり、徹底した重量軽減を行えばさらに100kgほど減らし得る確信あり。
・性能は(すでに終戦が近く)飛行回数が少なく確実な測定が出来なかったが、
 キ100と非常によく似た数値を示した。
・総合的な判定は非常に良好で、特に信頼性十分な発動機は操縦者に好まれた。

295 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 10:11:34.07 ID:w6b0WVmN
そうか、五式戦の成功をみてから後を追いかけるように
金星疾風を作りはじめたから間に合わなかったのか

296 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 10:56:39.06 ID:r2LTRNtd
ハ112-II疾風が元より軽快になるのはいいとして
頭が軽くなる分さらに突込みがきかなくなりそうだが

297 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 11:18:25.53 ID:V49PzbcC
>>293
資材はともかく会社が違うのに人的ソースをどう生かせとw

それに金星は大型機用として開発されていたから守勢一点張りになったこの時期になって
始めて利用が可能になったんだから早くから金星性能向上に勢力を傾けるって言うのは現実的ではないのだよ。

298 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 13:05:32.88 ID:IPqi7Fmt
>>297
80年前の妄想話なんだからそんな正直なツッコミしてもなぁ
つまらんやつだ

299 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 13:18:43.32 ID:O0J0wb5r
>>297
金星って大型機用だっけ?火星なのでは?

300 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 14:17:28.50 ID:y0eVyyJW
後知識で語るのはビギナーのお約束だな。
妄想やタラレバってリアリティがなきゃ意味ないだろw

301 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 15:36:06.06 ID:X1rSieqD
出てきたなぁ オレサマちゃん

302 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 16:33:37.78 ID:V49PzbcC
age馬鹿の法則w

303 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 17:42:06.43 ID:NuebkdJS
>>299
元々は大型機用で96陸攻で使われた
その頃の三菱の小型機用発動機の本命は瑞星

304 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 17:58:36.68 ID:Q+/4UJE0
瑞星は零戦に乗せようと思ってたけど栄に変更させられて早々脱落してる
三菱が0Gバルブ開発に見切りをつけて燃料噴射に転換して頃

305 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 17:59:56.57 ID:1pfrEal9
>>300
海軍の雷電に使われたのが火星エンジンだよね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7%E9%9B%BB_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

306 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 19:54:39.48 ID:6937Me5q
キ-61は垂直降下の速度がMe109Eを少し上回るらしい
翼面積が大きいのにこれは意外

307 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 20:13:39.88 ID:Vbl4+h7x
垂直降下とか普通に空中分解するまで加速できるだろう
引き起こし限界速度が高いって話ならBf109Eは尾翼が弱くて元々限界速度は低いはず

308 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 20:26:05.66 ID:6937Me5q
>>307
"増加試作機の3号機であったと思うが、立川においてMe109Eと急降下の
速度競争をしたときに起こったものである。キ-61を操縦したのは川崎の
片岡飛行士で高度6000mからキ-61とMe109の両機が同時に垂直降下に
はいったのであるが、キ-61がMe109より少し速かった。"
飛燕&五式戦/九九双軽 光人社より

309 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 20:37:24.41 ID:Vbl4+h7x
水平速度450km/hだとして1000mも降下しないうちに10秒ちょいで余裕で950km/h超える
降下加速が速かったって話だろうな

310 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 20:56:57.56 ID:cvmFtt5l
>>304
百式司偵に搭載されていなかったっけ?(陸軍だから瑞星では無いと
言うのは無しで)

311 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 20:58:27.91 ID:Ddv7uhE7
age

312 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 22:01:14.05 ID:6937Me5q
>>307
垂直安定板に水平尾翼つけたんじゃ強度よわいわな

313 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 22:04:19.78 ID:/8n4as2H
日本の戦闘機って馬力の割に速度遅くね?
海外だと1500馬力で時速650から700キロ位が普通な感じじゃん。

314 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 22:06:45.95 ID:s8Sp3SSq
>>313
>海外だと1500馬力で時速650から700キロ位が普通な感じじゃん。

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
スピードが落ちてそれっきり、だよ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

315 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 22:10:04.40 ID:lHYf0V51
>>313
カタログデータで海外が誤魔化してるだけだよ

316 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 22:39:23.74 ID:/8n4as2H
1500馬力で時速650くらいが普通じゃん。
ソ連の戦闘機とか馬力低めなのに速くね?
てかなんで質より量のソ連が難しい液冷エンジンを大量生産しちゃってんの?

317 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 23:05:34.58 ID:0uU99tKP
>>313
馬力と速度はそれほど関係ない
A-1スカイトレーダーなんか2700馬力あるけど
500kmちょっとだろ

318 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 23:11:54.36 ID:cvmFtt5l
>>316
空冷と較べて液冷エンジンは前面投影面積が小さい。つまり空気抵抗
が少ないから。

319 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 23:15:50.32 ID:lHYf0V51
>>316
ソ連はしっかり作るところは作る。雑でいいところは効率重視という合理主義の塊だから。
大戦中にMig-3が日本に機体ごと亡命してきたときに
陸軍で試験した結果の評価がこれ。

320 :名無し三等兵:2016/02/29(月) 23:24:10.50 ID:Vbl4+h7x
Bf109Eの水平尾翼が垂直尾翼に付いてるのは、迎え角で主翼の乱流に入り難くするために高い位置にしてある
昇降舵トリムは零戦のように昇降舵に付いてるのじゃなくて、水平安定版自体の角度を変えるようになってた
空力で有利な代わりに構造が脆弱で補助の支柱を付ける羽目になった

主翼は空気抵抗の少ない小さい翼なんで揚力を補うために受動式前縁フラップ付きで補助翼はフラップを降ろすと
下向きにチルト角がかかりフラップを補助するようになってる

エンジン支持部と主翼取り付け部と主脚取り付け部は集められ重量軽減の助けになったがそのせいで主脚幅が狭くなり
離着陸安定が損なわれた

つまりは欠点と利点が表裏一体でどちらのメリットを取るかの選択でああなった
速度と格闘性能も同じで旋回能力の良い高揚力の翼にすると高速では揚力過大になって機首下げの深い抵抗の大きい
姿勢で飛ばないといけなくなって最高速度が出なくなるわけ

321 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 00:42:17.12 ID:63Anr4tt
>>313
最高速度と言っても色んな事が絡んでくるので難しいぞ

・当然ながら空力設計の洗練の問題
・高度の問題(高高度ほど空気が薄いので、高高度性能のいいエンジンならやたらに速くても低高度ではそうでもなかったりする)
・液冷エンジンは空冷エンジンより空気抵抗が少ないので概して速い(ただし重いので加速はそうでもなかったりする)
・概して軽いほど加速が良く、他の条件が同じなら最高速度も高めになる(実戦では最高速度より加速度の方がモノを言うことも少なくない)
・ペラの効率が良いほど速い(日本機の弱点の一つ)
・ペラ直径が大きいと加速が悪くて最高速度が高く、直径が小さいと加速が良くて最高速度が低い(このあたりは設計者の意図次第)
・エンジン周りの信頼性が高いほど良い(日本機の弱点の一つ)
・計測条件の違い(燃料満載とか武装なしとか機体磨き上げとか色々)
・最高速度が単なる計算値あるいは予想の場合など(Ta152H-1の762km/hとか震電の750km/hとか)
・機体のバランスの問題(速度が上がると主翼の揚力が増し普通は機首が上がるので、エンジンがフルパワーを出す前に機体の水平を維持できなくなる事がある)

322 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 08:17:22.98 ID:ZLqVHdFP
>>321
> ・ペラ直径が大きいと加速が悪くて最高速度が高く、直径が小さいと加速が良くて最高速度が低い(このあたりは設計者の意図次第)
逆。

323 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 09:02:33.51 ID:erggRSsO
Bf109は前縁フラップなんかないよーw

324 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 12:34:53.58 ID:+EbFeDbh
>>322
プロペラの直径を抑えることで機体重量を軽くできるから軽快性は増すけどね

325 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 12:39:44.34 ID:MniB92JQ
>>323
前縁スラットな
https://youtu.be/2Rmmh2Jd9uM?t=1314

326 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 13:10:00.17 ID:ILadPdqz
>>313
まず日本機は翼面大きめで抵抗の面で損してる
あと「1500馬力」と称してるのが例えばP-51なら、ありゃWEPで計ればもっと出るし、
改良重ねて後期になったらさらにキチガイブーストで2000馬力近く出してる
でもって空気の薄い高度高いとこで計れば、そりゃ速度も出る(そんだけブーストできるのはエラいけどな)

327 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 13:18:24.86 ID:MniB92JQ
P-51 翼面積:21.7 m²
ki-100 翼面積:20m²

328 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 13:25:20.45 ID:MniB92JQ
コピペしたら化けた
最高速時の高度じゃ翼面積の大小は抵抗にはあんまり関係ない
てか速度が上がるほど全体の抵抗に占める翼の抵抗の割合は小さくなるんだが

329 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 16:04:44.88 ID:ILadPdqz
>>328
であるにしても「1500馬力級」なんてざっくりしたくくりで、低速を要求された艦上戦闘機と翼面荷重200kgに迫ろうかって機体を一緒にされてもアレだぞ
それに元のカキコに書いた通りP-51は1500馬力なんかじゃ済まない

330 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 16:50:19.32 ID:MniB92JQ
いやP-51なんか後期のバブルキャノピーになって逆に速度落ちてるし
レシプロ機の推進力程度じゃ多少の馬力差より抵抗の大小のが重要

331 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 17:06:43.91 ID:Xcou5wM9
>>329
P-51が速度出たのは空気抵抗の小さい機体だからで
馬力では無いぞ。

332 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 18:47:19.26 ID:ix6gxxfm
「高速になるほど誘導抵抗の影響は減る」のは正しいが、
「高速になるほど翼面積は空気抵抗に関係なくなる」はとんでもない誤解だ。

333 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 19:08:05.71 ID:Bfp/iAfx
翼面積自体には関係が無くて揚力に関係がある

334 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 21:26:39.58 ID:ErjamdJU
軍板の良心

335 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 21:41:19.89 ID:51EIwU1I
紫電改に金星62型載せたらどうゆうことになるんだ?

336 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 22:27:02.85 ID:J/lykja1
>>331
その理屈だと同じエンジン積んだ
モスキートの高速性が説明できない

337 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 22:43:02.49 ID:4lAZlxJZ
木製で表面ツルツルにできるモスキートか
なかにはワックスかなんかでツルッツルのピッカピカにしたこともあるそうだな

流石にすぐばれるってやめたという結末だった気がするけど

338 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 22:47:35.89 ID:4lAZlxJZ
>>320
>速度と格闘性能も同じで旋回能力の良い高揚力の翼にすると高速では揚力過大になって機首下げの深い抵抗の大きい
>姿勢で飛ばないといけなくなって最高速度が出なくなるわけ

そんな重心と主力の揚力の位置にしないだろ(空力作用点だっけ?)
それじゃフラップ下げたら機首下げちまう

339 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 22:57:01.32 ID:tLjYbMIy
対称翼を採用したキチガイ戦闘機とか無いかな・・・

340 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 23:03:37.27 ID:r16SidTF
ガソリン表面に塗って空気抵抗を減らそうとしたって本当なのかな

341 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 23:05:30.36 ID:Bfp/iAfx
>>338
まずトリムについて分かって無い
同一高度を飛ぶ時に速度が増減すると揚力が変わって勝手に高度も変わってしまう
水平に飛ぶために昇降舵を使ってたら手が疲れて仕方ないんでトリムで調整してる

どうなってるかというと昇降舵を使ってる時と同じく機体が水平方向に対して
俯仰角を付けたまま水平に飛んでるて事
巡航状態だと機体が水平で一番抵抗が少ない状態になるように設計するんで
それより速いと機首を下げた状態で水平に飛んでるわけ

342 :名無し三等兵:2016/03/01(火) 23:30:53.23 ID:Bfp/iAfx
フラップを降ろすと一時的に翼の揚力が増えるんで機首を下に向けないと上昇する
空気抵抗が増えるんで普通は減速するけど、もし速度を落とさないように推進力を
増やせば凄い機首下げをしないと水平に飛べない

小型機で着陸する時にはフラップ全開で凄い機首を下げして降りてくるよ

343 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 09:44:12.06 ID:GWXAq6aX
機首下げというか
機首が上がらないように操縦桿を頑張って前に押す操作するってことね
着陸時に機体が前傾姿勢になるみたいでわかりにくいと思う

344 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 10:30:59.46 ID:U/UvvwdL
>>337
まだ表面に木がむき出しだと思ってる馬鹿がいるよw
モスキートは木の上に布を巻くから木の部分は露出しないんだってw

345 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 10:40:28.49 ID:I9cp9huw
アプローチは操縦桿押しながら降りたりしない
そんな事したら力加減でフラフラするんでトリムホイールをグルングルン回して
ピッチ下げのまま着陸する
タッチダウン直前に引き起こして風向きに合わせてラダー踏むだけ

346 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 11:18:50.15 ID:Wq6NCuEo
パンピーの感覚だと機首が下向いてるのに上昇するとか理解できないからな…
速度500km/hで失速するとか意味不明だし

347 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 12:15:25.76 ID:iGjRGQWf
そういえばこういう機動の話が出来る人って、やっぱり小型機の免許取得用教本とか読んでんのかな。
ネットの情報とか戦記だけだといつまでたっても理解できんから、いい加減買おうかと思ってる

348 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 12:55:03.19 ID:8f4AaSs7
揚力が大きいと高速では機種上げするからー、ってのも「常用する迎角やトリムがどの辺か」によるんだよねえ
巡航速度程度で抵抗最小にして最高速付近ではむしろ機種下げなのか、巡航でもアップトリムで迎角増やしてるか

ところでP-51が抵抗小さいのは事実だが6000m、戦闘装備での速度なんか見てると別にマジックは使っとらんぞ
普通にパッカードマーリンのWEPで馬力絞り出せばこんなもんかな、レベル

349 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 13:05:59.94 ID:Wq6NCuEo
無料フライトシムMOとか投売りしてるシューティングじゃないフライトシムでも
遊べば基本的な事は分かる

350 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 15:06:17.66 ID:tCQf/qzb
この細身にデカいエンジンという歪(いびつ)ぶりが
ムリムリエボルツィオーネでタマラン
park.geocities.jp/tmfc2007/list/STYPE503.jpg

351 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 16:48:14.37 ID:I9cp9huw
速度が増えて揚力が増えても機首は上がらない機体が浮き上がるだけ
だから水平状態から高度が変わらないようにトリムを取ると機首は必ず下を向いてるし
巡航状態でトリム中央(水平)にならないなら、それは設計上の巡航状態じゃない

352 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 16:54:32.56 ID:DIwHXFpm
sa

353 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 17:02:42.77 ID:58j1jQ/h
>>350

こうして見ると、胴体をカウルに合わせたら、二式単座戦闘機みたい。
翼面積が五式戦の方が幾分大きそうだから、汎用性は高そう。
優秀ながら、五式戦は登場時期が遅く、鍾馗は運用が上手くいかなかった、残念な機体だよね。

354 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 17:19:58.63 ID:Wq6NCuEo
鍾馗はシムで登場した時はかなり評判良かったな
上昇力とロールがいいんで欧米機に追従しやすかった

355 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 19:26:59.17 ID:yLVuaXB0
二式単戦は欧米機と相性が悪過ぎる。
速度では劣り、旋回性能では大差なく、上昇力も優れていない。
事実、戦記を読むと一式戦の健闘に対して驚くほど二式単戦は戦果を挙げていない。

356 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 20:09:00.27 ID:tCQf/qzb
(およそ戦闘機でもクルマでもバイクでも同じだと思うが)
最高速度とかは思っている程重要なファクターではないと思うんだよね。
五式戦やFw190って最高速はたいしたことないけれどパイロットが
登場時に絶賛したのはおそらくスロットルをあけた時の鋭い加速とか
急降下時の舵の効き方とかそういった部分だったろ?
クルマで言えば70km/h〜150km/hとかの中間加速とか
エンジンのレスポンスがいいとか、フルブレーキング時の
ハンドリングの応答性とかそういった数字になり難い部分。

357 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 20:40:26.82 ID:J6JwYg+v
飛燕に信頼性のある1400馬力エンジンを積めれば五式戦なんぞいらなかった

358 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 20:57:46.07 ID:3lZNBNZF
MC.205Vみてるとつくづく航空機は発動機だなあと思う

359 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:09:35.59 ID:EdDyktKD
Me109の後継機候補として同じエンジンを積んだMc205がリストアップされる辺り
やはりエンジンだけじゃないなと思う

360 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:22:46.61 ID:3lZNBNZF
MC.202と比較して言ったんだが

361 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:33:55.75 ID:YIHV2/0i
>>356
5式とFWの速度を同列に扱うのは失礼すぎる。

362 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:34:36.11 ID:ke9QUCAB
>>357
何処のBF109Gだよw

363 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:40:27.92 ID:3lZNBNZF
>>359
そうだな、零戦や隼に高出力のエンジンは積めないもんな

364 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:48:24.35 ID:NvDsvKLD
>>360>>363
二度レスかっこ悪い(´・ω・`)

365 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 21:53:38.16 ID:sHgj+UnB
>>355
一式戦は「対爆撃機」では武装が圧倒的に不利なのだよ。
対爆撃機には二式単戦な訳。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%BC%8F%E5%8D%98%E5%BA%A7%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F

米軍による評価[編集]
TAIC(米海軍航空情報部)では、鹵獲した二式戦鍾馗二型の1機を使用し、実際に飛行テストと性能調査を行っている。
報告書によれば「急降下性能と上昇力が傑出(Excellent)しインタ−セプタ−としてもっとも適切(Suitable)な機体」と論じている。
同機関では他にも、雷電21型、紫電11型、三式戦飛燕、四式戦疾風などの鹵獲機を調査しているが
、二式戦はこれらの中で迎撃戦闘機(インタ−セプタ−)として最高の評価を得ている。[1

366 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:02:18.34 ID:gxShlfq6
土井さんは軽戦至上主義の風潮の中でよく三式戦のような欧米基準の機体を造ったよな

367 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:09:26.00 ID:sHgj+UnB
ハ5 (エンジン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F5_(%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3)

鍾馗に使われた中島ハ109エンジンは14気筒1500馬力なのだが金星エンジンんと比べてどうなの?

368 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:13:14.81 ID:yLVuaXB0
>>365
不利と言っても実際には対進攻撃中心でB-24をバタバタ落としていたわけでね。
逆に二式単戦はB-24相手でも戦果はイマイチ。

米軍評価を鵜呑みする前に実際に運用していた陸軍の戦果を見るといいよ。

369 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:20:13.05 ID:sHgj+UnB
ハ44 (エンジン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F44_(%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3)
離昇馬力  2,450 hp / 2,800 rpm

370 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:23:07.02 ID:sHgj+UnB
>>368
それは13mm機銃2門の隼。
7.7mm機銃では2門では無理。

371 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:24:36.08 ID:CGnR9sJL
>>369
ハ44も実戦化には手間取りそうな段階で終わったっぽいがなぁ
夢のエンジンならハ51があるし

372 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:25:01.80 ID:9Qem0g9w
米軍評価を鵜呑みにすると日本の最優秀は疾風だが実際に運用していた陸軍
によれば最優秀は五式戦となるのかな

373 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:27:52.40 ID:sHgj+UnB
零戦が米軍爆撃機に有利だったのは20mm機関砲の威力。
米軍の12.7mmからアウトレンジで撃破出来た。

374 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:30:11.58 ID:CGnR9sJL
ともに四式(或いは四式と思われる戦闘機)より高く評価された
紫電改か五式かって所かな・・・
同時期に九州に進出してたけど、模擬空戦とかの記録はないんだろうかね

375 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:33:32.84 ID:yLVuaXB0
>>373
>零戦が米軍爆撃機に有利だったのは20mm機関砲の威力。
>米軍の12.7mmからアウトレンジで撃破出来た。

( ゚д゚)ポカーン
・・・それはギャグで言ってるのか

376 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 22:47:42.93 ID:9Qem0g9w
>>363
隼を欧米基準で設計し直したのが疾風と言えなくもないかもしれない

377 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 23:00:37.96 ID:OgvMt8KS
>>366
軽戦至上主義や欧米基準云々というのはよくわからないが、三式戦は軽戦だから格闘性能求められるのは当たり前

378 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 23:07:10.27 ID:9Qem0g9w
軽戦じゃないでしょ軽戦はダイブすると空中分解する

379 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 23:08:13.76 ID:I9cp9huw
三式戦は昔はよくBf109Eがモデルみたいに言われてたけどエンジン以外かなり違う構造で
よくSEPECAT ジャギュアとT-2/F-1の違いが引き合いに出されるな
見た目と違って旋回性能も重視した機体なんで二式単戦やki-60のが日本機離れしてると思う

380 :名無し三等兵:2016/03/02(水) 23:16:29.00 ID:gSp4+5sA
ひとたび怒ればボーイングもスピットファイアも一叩きの新鋭機である鍾馗さんを馬鹿にするな

https://www.youtube.com/watch?v=mPpeQc4NzbY

381 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 02:44:40.54 ID:s1Sa4UU0
>>351
JAL123便は推力の増減のみでピッチコントロールをしていた
よ。

382 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 07:45:42.64 ID:b50iUI6q
単発だとできない推進力での姿勢コントロールが多発機でできるのは推進作用点の違いだな
エンジンの付いてる場所を考えれば分かる

383 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 11:06:43.32 ID:9xhAcw9P
B747みたいな後退翼だと翼端失速が始まると揚力中心が前に移動して機首上げモーメントが起きる
つまり速度が落ちると逆に機首が上がって失速を促進する欠点がある

JAL123みたいに動翼が動かない状態で生存性のある不時着は絶望的だったな

384 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 11:50:08.59 ID:qiH7ca2j
別に速度が落ちるだけなら普通に降下するよ、そして加速されて機首上げになる

後退翼で動翼がやられても不時着できないわけじゃない
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89%E8%88%AA%E7%A9%BA232%E4%BE%BF%E4%B8%8D%E6%99%82%E7%9D%80%E4%BA%8B%E6%95%85

それでも死傷者出てるし運がよかった面も多い事件だけど

385 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 12:32:27.31 ID:9xhAcw9P
JAL123はあんな落ち方でも4人生きてたからな…
それにユナイティッド232は不時着時でも384Km/hで失速速度以上出してたから
機首上げ起こさなかったようだ
新幹線が全速で脱線したようなもんだから火達磨で転がりまわったのも当然だが
あれで乗客乗員が3/5助かったのが奇跡的だな

386 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 12:55:19.81 ID:b50iUI6q
そのJAL123の事故を見てエンジンでの姿勢制御をシミュレーターで研究してたパイロットが
UAL232に乗ってたのがすでに漫画のような奇跡だろう普通そんな偶然無いって…
おかげで着陸条件も救援態勢も整った空港まで飛べた

387 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 14:31:13.38 ID:9xhAcw9P
脱線しすぎたが…
速度の増減で機首が上下するのは尾翼の風見効果でピッチが変わるだけだから
実際に進行方向から上下に移動しないと向きが変わらん

増速しても上昇が始まる速度になるまで機首が上がらないんでドルフィン運動
起こして左右のエンジンの出力を変えて向きを変えるよりずっと制御が難しい

388 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 18:06:56.89 ID:wddB4+kA
>>386
JAL123便の事故の時にこそ、JAL123便の事故を
研究した教官が乗り込んでたら良かったのに

389 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 18:48:26.97 ID:b50iUI6q
それは奇跡じゃなくて超常現象

390 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 19:31:32.55 ID:zNQateGZ
>>361
確かに。

エンジン単体は801が1050kgで金星62が680kgだから
馬力ないぶん重量は軽いんだな。
誉でさえ830kgだし。
5式戦の素性が良くわかるわ。

391 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 21:25:34.63 ID:B+mZe1/0
>>379まずキ61の事を中戦とか言ってる時点でメッサーとは性格が
まるで違うだろ?

392 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 21:44:48.93 ID:b50iUI6q
海外じゃ軽戦だの重戦だのって分類がすでに日本の認識とズレてるからな

393 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 22:59:54.51 ID:hJozXb7K
帝国陸軍でも1943年頃には軽戦重戦で分けた開発指示は無くなって、区別はうやむやになってたかと

394 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 23:05:21.29 ID:B+mZe1/0
そもそもメッサーとそっくりなのはキ60の方だし。性能も全く同じだったと思う。

395 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 23:14:56.11 ID:b50iUI6q
そういやBf109もki-61とki-100みたいに空冷化考えなかったのかと思ったらあった
BMW801搭載のBf109Xはあまりに不細工に変わりすぎワロタ

396 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 23:39:23.86 ID:UuJR7n2X
>>395
星型空冷エンジンのBf.109Xは格好良いと思うぞ。
http://www.airwar.ru/enc/fww2/bf109x.html

397 :名無し三等兵:2016/03/03(木) 23:43:29.75 ID:UuJR7n2X
BMW 801
https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW_801

形式:空冷星型複列14シリンダー(7シリンダー × 2列)
離昇出力/回転数:1,600 hp / 2,700 rpm[1

398 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 07:11:45.12 ID:nuG4RdBi
>>387
時々理屈の通じない話書いてるのがあると思ってたけど考えたら空力とか理解して無いと
勘違いするのが普通な話も確かにあるな…
一々説明してたら長くなるから端折ると誤解されるような書き方になるし面倒な話だわ

399 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 10:34:15.91 ID:Got83OL5
パンピーが大戦中の戦闘機のスペック比較して妄想する分には要らん情報
それこそ実機操縦するなら必須の知識でも噴飯ものの珍説で否定されて苦笑するのがオチ

400 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 12:06:31.62 ID:pXTqYxvP
>>392
認識がっていうより、日本陸軍の軽戦・重戦は独自のカテゴライズなわけで

401 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 16:15:56.46 ID:nuG4RdBi
車やバイクじゃないんだから操縦の知識とか無しで語っても変じゃないですし

402 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 17:11:17.90 ID:Got83OL5
基本的な事知らないとトンチンカンな事言い出すのは車やバイクの話でも変わらん
加速すれば機首が上がるとか機体の挙動に無知なのは典型だな
なんでそうなるのか理解してないから話が通じない
説明の無駄レベル

403 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 17:56:13.89 ID:WS1zUtnT
で、四式戦より五式戦のほうが突っ込みの特性がいい訳は?

404 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 18:05:12.36 ID:WS1zUtnT
>>396
かっこいいね。ドイツ機はどれも見た目がいい。塗装とか、スピンナーの
敵味方識別マークがおしゃれだよね。日本機の敵味方識別マークは英国の
真似をしたのかな。

405 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 18:20:17.82 ID:jniS3vaG
>>402
こういう能書きだけの人が役に立ったレスをした試しが無いのも定番だな

406 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 18:48:29.53 ID:nuG4RdBi
ハワイで操縦習ったペーパーパイロットでも勘違いしてる事はあるから無問題(笑

407 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 22:00:35.08 ID:Y2HxtV+3
遠くから見ると飛燕の胴体はカジキマグロみたいでかっこいいなあ。
ハ140がうまくいっていたら陸軍の主役になっていただろうに。

408 :名無し三等兵:2016/03/04(金) 22:09:56.92 ID:qjZcujvI
五式戦の新刊はまだか!

409 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 00:10:41.93 ID:tIqSaYPK
この中で五式戦に乗ったことがある者だけが石を投げなさい

410 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 01:00:07.88 ID:pB3tbJUG
>>409
シミュ・・・シュミレーションは乗ったうちに入りますか?

411 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 02:38:53.84 ID:A91SufbJ
ウォーサンダー早く五式戦実装されんかな

412 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 05:44:51.82 ID:B3VNgay5
ロシア人のゲームだからなあ。正確に性能とか表現できるか心配だわ。
いくらなんでも日本機がもろいとはいえ一発で火だるまはねえだろw

413 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 09:03:24.14 ID:+J4YpVoZ
昔米製フライトシムMMOやってたけど最初は三式戦でも650km/hで空中分解してたな
アップデートでリアルになったら外人がこんなタフで速いのがあるわけないって
文句言って770km/hで空中分解するようになった

414 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 09:34:36.11 ID:mmkXHcp3
>>395 鍾馗の偉大さがよく分かるなw

415 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 11:05:04.85 ID:6i2LAycA
>>405
能書きも糞も航空力学どころか飛行機が飛ぶ理屈も知らん奴が機体の優劣語ってる
>>348なんか翼の設計の基準が巡航=トリムが要らないってのも知らず珍説開陳
まだフライトシムやって実機知ったような勘違いしてる奴のがマシなレベル

416 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 12:53:46.81 ID:v7FUVu9N
空力騙ると重心君とか翼幅荷重君とか湧くからねえ

417 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 13:38:08.13 ID:mmkXHcp3
Bf109X見るとドイツ航空技術が進んでたとはとても思えないな

418 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 14:53:47.82 ID:4ffYxCc1
フライトシムやると、自動空戦フラップとか自動で上げ下げして欲しいってのがわかる。

419 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 15:03:31.94 ID:ZN4ey7GN
>>403
普通に機体の強度が良いから。
三式戦も同じ。

http://karen.saiin.net/~buraha/hien.html
日本機でも屈指の急降下性能を持っており、ダイブして逃げようとする
米軍機の後を追うことも得意であったと伝えられています。

420 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 15:18:49.38 ID:GrIQtWYd
飛燕二型改

全備重量2855kg…だと…

421 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 15:35:00.93 ID:zg4ySasm
翼の構造が三菱とも中嶋の系統とも違うらしいからな。
発動機ミスチョイスのおかげで評判も評価も悪くなってしまったけれど。

422 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 15:47:47.86 ID:nkF43Qfs
どうやら土井さんがこのスレにはいらっしゃるようでw
存命中は大ぴらに三式五式の批判はできない空気があったんだよね。だから元々エンジンが完調でも性能悪いのにエンジン不調で活躍出来なかった悲運の機種って空気が出来たんだよね。
没後はその反動で極端に批判される機体に成った、

423 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 15:49:39.71 ID:B3VNgay5
>>420
一トンたらんよ。そんな軽量ならもう別物になるし恐らく凄まじい上昇力。運動性能に
なると思うわ。

424 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 15:52:12.51 ID:Lo2nALQ1
丸の最新号が三式戦特集で
BUNさんが書いてるようだね
読んだ人いる?

425 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 16:37:10.42 ID:+J4YpVoZ
フライトシムでも上昇力の無さはキツかったな
他の日本機より一つ後ろの基地から飛ばないダメなくらい
高度十分なら欧米機と一撃離脱の応酬で優位取れる機動性があったが

426 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 18:46:43.22 ID:zg4ySasm
三式戦(&五式戦)って機体クソだったのか?

427 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:10:52.38 ID:IPzdmokC
>>419
機体が頑丈だと急降下の加速がいいのかい?航空力学は関係ないと?
俺は翼断面形とアスペクト比が関係してると思ってるが意義がある人いるか?

428 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:15:10.42 ID:+J4YpVoZ
三式戦の機体は超狭くてラジエタ処理で最高のP-51に投影面積差で勝ってるくらい
高アスペクト比翼はロール性能で若干不利な以外強度は欧米機以上で抵抗の少ない優れもの

がエンジン込みだと降下加速と限界がやたら高い整備不良のFM-2て感じ…

429 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:34:24.05 ID:IPzdmokC
高度6000メートルで出力1400馬力あったら時速650キロ以上は出ていただろう→飛燕2型

430 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:43:46.84 ID:IPzdmokC
日本人てエンジンの出力上げないで機体にバカ穴開けまくって軽量化するのが好きなのな

431 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:51:32.09 ID:af2xaaYK
>>429
>高度6000メートルで出力1400馬力あったら時速650キロ以上は出ていただろう→飛燕2型

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

432 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:53:48.28 ID:bHcYSDcX
>>430
>日本人てエンジンの出力上げないで機体にバカ穴開けまくって軽量化するのが好きなのな

−P.クロステルマンは、1944年の状況について次のように書いています。
「…フォッケウルフFw190やメッサーシュミットBf109との戦いでは、タイフーン部隊はしばしば12機中6〜7機
の損害を出していた。スピットファイアは無力であった…」
タイフーンというのはイギリスの戦闘爆撃機で、戦闘機スピットファイアがこれを護衛したわけです。それで質問なのですが、
あなたのいた戦闘機連隊が護衛した襲撃機も、1944年には同じような規模の損害を出していたのでしょうか?
 いいや。あんた、何を言ってんだ?!12機の襲撃機で出て6機落とされるなんて、護衛機の隊長は軍法会議ものだよ。
議論の余地もないね。1944年はおろか、1943年だって許されないレベルの損害だ。
−それでは、どの程度の損害までなら許容されたのでしょうか?
 12機なら1機、多くても2機だな。もしも6〜10機のヤクに対し、12〜16機の「メッセル」が襲ってきた場合の話だ。
それだったら、あるいは許してもらえたかもしれん。許してもらえるといったって、それは軍法会議にかけられないだけの話で、
いずれにしても護衛隊の長機は陰で色々言われることを覚悟せにゃならんがね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

433 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:56:49.38 ID:IPzdmokC
ドイツは東部戦線でソ連に負けたんじゃない。
冬将軍と補給路を断つゲリラに負けたんだ。

434 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 19:59:45.72 ID:D6gj55IZ
>>433
>ドイツは東部戦線でソ連に負けたんじゃない。冬将軍と補給路を断つゲリラに負けたんだ。

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

ドイツは、ファシズムからの国の解放で赤軍が決定的な役割を演じたことを覚えている。
ドイツのメルケル首相が、ロシアのプーチン大統領との会談後に述べた。タス通信が伝えた。
メルケル首相は、「ドイツは開戦の責任を負っている。これは私たちの歴史的責任だ。
私たちは、赤軍がドイツ解放で決定的な役割を演じたことを常に思い出すでしょう」と語った。
http://jp.sputniknews.com/russia/20150511/319933.html

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦で
戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://homepage3.nifty.com/tompei/Ph-Berlin.htm

             あ  り  が  と  う  ソ  連  邦  !

435 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:01:14.95 ID:B3VNgay5
>>429それができないから問題なのであってだな。烈風だって誉積んで610キロは出る予定だったし疾風だって680は
出る事になってたのにあれだったし…日本機は計画値よりも大体一割落ちる速度になる。この法則で震電を計算する
とあれは660キロ程度になってしまう

436 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:02:13.41 ID:NCVWW0hY
>>430
>日本人てエンジンの出力上げないで機体にバカ穴開けまくって軽量化するのが好きなのな

サフォーノフは2機を落とし、3機目に襲いかかったのですが、そこで雲の中から出てきたメッサーシュミット
の攻撃を受け、海へと落下したのです。友軍機はヴァエンガに駐留していました。ただ、飛行機と言っても
実情はどうでしょう?30機か40機がいただけです。その後になって、イギリスからハリケーンが供与される
ようになりました。けれども、本当に馬鹿みたいな飛行機だったよ!どうしてか分かるかね?ドイツのメッサー
シュミットBf109は、簡単にハリケーンを落としてしまったんだから。イギリス人は黄金と引き換えにハリケーン
を送ってきたのです。私たちは、イギリスで作られている他の飛行機を供与してもらうべく交渉を始めました。
しかし、チャーチルは結局それを断ったんですね。一方、ルーズベルトは私たちに「コブラ」を送ってくれました。
いい飛行機だったけれども、ベアリングの調子が今ひとつ思わしくなかった。私たちはこれを伝え、
アメリカ人も改修を施したので、それから我が国に供与されるようになりました。後に、ポクルィシキンも
コジェドゥープもこの機体でメッサーシュミットを落としたのです。エアラコブラというのは、あれは本当に
いい飛行機でしたよ。ルーズベルトはきちんとした人だった。アメリカ人の中でも、ハリマンとホプキンスは
とりわけよく私たちを助けてくれました。彼らは[ソ連に]やって来て、ロシアを支援すべきだと報告したわけです。
それで、ルーズベルトは支援を行った。たくさんの飛行機、戦車もたくさん送られてきました。一方のチャーチルは、
自分がいらないものをみんな送りつけてきただけです。私たちは80トン近い金を引き渡しました。けれどもこれ
らの金は、船で運ぶ途中にほとんどみな沈んでしまったのです。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/beseda74.4.html

437 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:07:39.15 ID:IPzdmokC
新田てどうも好きになれんな。後ろにプロペラがあるのは問題な気がする。
現代で後ろにプロペラがついてる飛行機は見たことないし。

438 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:09:02.86 ID:h4kAuJK8
>>433
>ドイツは東部戦線でソ連に負けたんじゃない。冬将軍と補給路を断つゲリラに負けたんだ。

1. 第二次世界大戦終了60周年記念式典
 冒頭、小泉総理より式典参加は意義深かったとして、式典の成功に祝意を述べたのに対し、
プーチン大統領より「隣国であり重要なパートナーである日本の総理が参加されたことは
極めて重要である。」と述べて、小泉総理の参加に対して謝意の表明があった。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/j_gmn_05/j_r_gai.html

小泉総理は日本代表として、モスクワの第二次世界大戦終了60周年記念式典に出席し、
式典の成功に祝意を述べた。赤軍がナチスドイツを撃破してベルリン入りを果たしたのは、
自由主義共産主義の理念対立を越えた偉業であり、日本人の一人として自分も祝意を表明する。

旧ソ連の核開発
1949年 8.29. セミパラチンスク核実験場で原爆実験に成功し、アメリカの原爆独占を終結させる
1953年 8.12. 水爆実験に成功
イギリスの核開発
1940年 原爆生産の可能性を検討する科学者委員会が設置される
1943年 アメリカのマンハッタン計画に参加
1946年 原子力研究所を設立し、独自の原爆開発計画を推進
1952年 10.03. オーストラリアのモンテベロ島で原爆実験に成功
1957年 5.15. クリスマス島で水爆実験に成功
2002年 2.14. アメリカと共同で臨界前核実験を実施
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/Peace/J/pNuclear1_1.html

ソ連の核開発はイギリスよりも3年早く、アメリカの世界一極支配に終止符をもたらした。
ソ連の核兵器は一人の人間も殺すことはなく、世界平和に貢献した清潔な核兵器だった。

 あ り が と う ソ 連 邦 !

439 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:22:41.51 ID:qBmtyEqi
ラジエターのはいちはP-51に似るが煮詰めが足りないから抵抗と冷却効果は雲泥の差だな。
あの自画自賛の土井技師で渋々認めてるからな。

440 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:28:03.27 ID:IPzdmokC
>>437
あっ、プレデターがあった。あのキモイ飛行機w

441 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:29:33.26 ID:+J4YpVoZ
飛行機の元祖ライトフライヤーに謝れ

442 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 20:31:44.76 ID:IPzdmokC
そうか、後ろにプロペラがあるとパイロットが脱出できなくなるからかな。
プレデターは無人飛行機だし。

443 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 21:23:10.92 ID:IPzdmokC
>>439
Fw190D-9のラジエーターの抵抗はどうなんだい?

444 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 21:25:06.73 ID:B3VNgay5
>>443だからP51と似たような馬力と重量で640`しか出ない。

445 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 21:26:37.50 ID:Gm3pQC91
>Fw190D
あれラジエター小さすぎね?

446 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 21:30:54.56 ID:IPzdmokC
>>444
P-51の速度は層流翼のおかげもあるんじゃね?

447 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 21:37:46.85 ID:BENQr7JK
三式戦の悪口を言ったら土井が殴りにでも来るのか?(笑)

厨は相変わらず独自のLogicで妄想を事実のように語るのが大好きなようだなw

448 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 21:38:47.14 ID:B3VNgay5
>>446でもやはり60`も差が出るとは思えないんだよ。

449 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 22:35:32.42 ID:+J4YpVoZ
最高速度出す高度が違うからじゃね
6,000mと8,000mの空気密度は54パーセントと43パーセントの差がある
空気抵抗が二割違うと同じ馬力で二割速く飛べる
6,000mと8,000mで同じ馬力出せたらそっちのが凄いが

450 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 22:46:37.94 ID:eR9OZyPo
>>427
また、アホな日本機厨がでてきたw
急降下ってのは45度以上で

零戦・隼含め、多くの日本機は翼・機体強度が無いので
高速での引き起こしができないんだよ

だから米軍機がよくやったのは
45度以上で高速ダイブをすれば零戦がついて来ないなんて話がわんさかある
急降下さえすればとりあえず逃げれたわけだ

ニューギニアの頃、それが唯一通用しなかったのが飛燕

451 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 22:57:41.30 ID:9F2rRsb2
>>450
そもそもの問題提起は>>403な訳で零戦・隼は関係ない

452 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:01:15.59 ID:eR9OZyPo
ここの住人は
二段過給ってのがわかってない人が多いな

453 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:03:30.08 ID:eR9OZyPo
>>451
4式戦も翼強度、5式戦より劣る
強度不足に舵を重くして対応だからw
だから曲がらない

かわりに4式戦は生産性いい
三・5式戦はしっかりした構造なので
生産性はよくない

454 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:08:49.00 ID:zErW8iwu
01/11(水) 13:03:04.11 ID:???
さらに現場ではどうか。
第五空軍で1944.5 に作成された対日本機戦術資料(マクガイアが記述)によれば

トニー:
この飛行機の通常の武装は二丁の12.7mm機関銃であり、プロペラに同調している。
それぞれの翼には一丁づつの12.7mm機関銃を装備する(最新型では各翼に一門づつの20mm機関砲)。
重武装と良品質の防漏タンクにより、この機体はよくヒットさせない限り、
ゼロやオスカーのようにたやすく爆発したり炎上したりするという傾向はない。
直列戦闘機としては我が軍のP-40に類似して、トニーは高高度戦闘機ではない。
しかしながらジークよりも水平速度において速く、また降下において非常に速いことによってこれを補っている。

この機体に対する成功した回避戦術は、以下の通りである。
・降下時であれば、右方向に旋回することである。高速においてはトニーは右方向への旋回能力は低く、
 日本人パイロットはこの方向への旋回に苦労する。
・地表近くで追尾されたのであれば、高速で浅い上昇を行えば、射程外に逃れ脱出することができるだろう。

ひとりのパイロットがハードな体験によりこれを発見した。
彼はウエワク攻撃からの帰路、3機のトニーから脱出した。そのとき彼は20000フィートにあって、
浅い降下を開始し地表に至ったときは100マイル南方に離れてしまっていたが、トニーは彼の右後方にいた。
彼は戦術を変えることを強いられ、高速を出し浅い上昇を行うことでトニーから離れることができた。
彼の経験はトニーとその同種のものに対する最初のものであり、
この先駆的事例が多くの者を同じ過ちに陥ることから救ったのである。

もし君が地表近くにいたとして、高速での右方向への急旋回は緊急操作として行うかもしれない。
しかしそれは確実に最後の手段であり、敵のパイロットの君への照準を逸らすにすぎないのである。

455 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:12:24.57 ID:+J4YpVoZ
つか零戦ですら引き起こし強度12.6Gで超々ジュラルミン桁材一体構造の堅牢な主翼だな
外板が極端に薄いんで押し込み現象でリベット飛んだりするのは後期型で直して制限も上がってる
舵の構造が低速向きなんで高速だと効きが悪くなるだけ

456 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:20:09.70 ID:eR9OZyPo
>>455
その速度制限もあくまで暖降下(45度以内)だからな
零戦の桁、物凄いペラペラだよ
だから翼が捻れてロール性能が低い(エルロンリバーサル)

零戦で45度以上での高速降下は基本的に翼折れるの覚悟
だから基本的に急降下についていかない

457 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:22:15.69 ID:9F2rRsb2
>>453
つか4式戦はダイブすると機首が持ち上がって昇降舵が重くなるっていうぞ

458 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:25:58.86 ID:+J4YpVoZ
翼が捩れる話は実際に計測されてるわけじゃないんで仮説だな
たぶん当時の技術じゃ硬すぎで曲げ加工できず削り出ししてた超々ジュラルミン材の
特性知らん人が言い出したんじゃね

459 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:35:45.17 ID:c8Iiq3ky
四式戦がヤワとかどうかは先ごろ戦鳥で話題になってたな

460 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:47:55.83 ID:BENQr7JK
三式戦にモノホンのDB搭載して無双しちゃうオナニー漫画はありますか

461 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:50:42.90 ID:+J4YpVoZ
ついでに言うと45度以上の降下できないような機体じゃループとか無理
シムでやれば分かるけど70度くらいで降下追跡しないと釣った敵機に銃撃できない
向こうも失速反転するからな

462 :名無し三等兵:2016/03/05(土) 23:51:05.20 ID:B3VNgay5
>>460架空戦記は結構ある。

463 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 00:15:40.14 ID:wwpChbBj
>>427
意義がある人ねえ・・
無いとでも?

464 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 00:21:05.91 ID:M1aeznJV
>>456
すみません
暖降下というのはあったかくてヌルい降下のことですか?

465 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 03:24:39.65 ID:OKubVQi5
たまにいるよな。
「かん」降下を「だん」降下だと間違って覚えてるにわかが。>>456みたいな

466 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 08:43:12.14 ID:Rib2qSyf
しかしウォーサンダーに5式が現れるとするならどういう感じにすれば
いいのかね。火力と防弾、上昇が4式並みで速度が鈍くなって急降下と
運動性が4式よりも上がった感じかな

467 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 09:01:31.20 ID:M1aeznJV
名無し三等兵:2015/07/20(月) 18:10:14.69 ID:0ubZpwhC
とりあえず世傑から
五式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間(陸軍資料)
珍しく高度別の速度と上昇時間の数字がわかる

【最大速度(km/h / 高度m)】
 500 / 1000
 520 / 2000
 539 / 3000
 543 / 3210
 536 / 4000
 551 / 5000
 575 / 6000
 578 / 6140
 568 / 7000
 556 / 8000
 542 / 9000
 527 / 10000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'12"
 2000 / 2'13"
 3000 / 3'08"
 4000 / 4'29"
 5000 / 6'00"
 6000 / 7'25"
 7000 / 8'56"
 8000 / 10'57"
 10000 / 20'00"

468 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 09:02:22.52 ID:Q5XNrsfJ
ただの誤読&誤字じゃねーか。
ホント、自称not ニワカのマニアくんはケツの穴の小さい粘着質の奴が多いな

469 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 09:03:56.28 ID:M1aeznJV
477 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 22:44:05.14 ID:0ubZpwhC
初公開?
四式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間
昭和19年はじめの陸軍資料で

【最大速度(標準速度 km/h / 高度m)】
 542 / 1000
 562 / 2000
 589 / 3000
 594 / 3370
 591 / 4000
 584 / 4900
 586 / 5000
 610 / 6000
 624 / 6550
 615 / 7000
 594 / 8000
 569 / 9000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'09"
 2000 / 2'06"
 3000 / 3'34"
 4000 / 4'56"
 5000 / 6'26"
 6000 / 8'00"
 7000 / 9'48"
 8000 / 12'16"
 9000 / 15'34"

470 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 09:25:28.49 ID:5PIJDX32
>>427
急降下の加速では無く急降下の最高速度だよ。
零戦や隼は急降下での制限速度が低かった。

471 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:00:00.52 ID:caovocBU
実戦では敵機に追いつく・敵機を振り切る加速も大事だよね

472 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:11:40.18 ID:caovocBU
>>463
誤字に異議あり!

473 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:16:27.60 ID:kARDtDal
例えば零戦とF4Fの降下加速は差が無いんで限界速度になるまでは引き離せない
だから高速での舵の効きの差が出せるスプリットSで振り切る手が有効
追跡するとオーバーシュートした零戦が劣位になってしまう

対応するには追跡せずに逆にインメルマンで高度を維持して反転追跡
徐々に高度を下げて追いついて再び高度を捨てさせる
地表近くに追い落としてF4Fの詰みだが実戦でそんな悠長な追跡は危ない

474 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:20:16.90 ID:caovocBU
>>473
それは実際ですか、シュミレーションゲームでですか

475 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:22:10.31 ID:6fSn9+Z0
>>470
急降下制限速度

零戦52甲型 740km/h
F6F-5 730km/h

・・・ふむ

476 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:25:41.47 ID:kARDtDal
>>474
フライトシムでも実戦でも基本は変わらん
なんのためにシミュレーターで訓練すると思ってるんだ…

477 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:30:39.35 ID:XhQp/LR1
>>471
「私が指揮した飛行隊は、最上空について上空直掩を担当しました。
・・・そうしたら運良く、十数機のF6Fが八日市飛行場を銃撃し始めた・・・・突如機関砲が故障してしまった。
そこで私は上昇しながら機関砲の故障を調べているうちに、今度は私が敵機の銃弾を浴びることになったんです。別の1機が私の後方に忍び寄っていたんですよ。翼端に敵機の銃弾を浴びながら、私は急上昇しました。すると敵機は失速して落ちていったんです。
・・・・ 私は、『五式戦』のおかげで命拾いしましたよ」
(飛行第244戦隊 飛行隊長 竹田五郎)

 この日、飛行第244戦隊は大

478 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:32:52.36 ID:GkAeEV6g
最高速よりも加速と急降下のアドバンテージが
対戦闘機戦では命かもしれんな

479 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:35:30.14 ID:caovocBU
>>476
今は飛ばせない、極限の飛行ができない、機体のデータをどうやって集めるのかと

480 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:43:58.00 ID:kARDtDal
>>479
昔の記録を元にフライトモデルを作るが復元機で取ったデータ使う場合もある
ゲームの場合はフライトモデルそのものが歪曲されてるのも多いが…

481 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:45:07.04 ID:U6cojt6/
>>473
FM-2 VS 零戦52型で、1対3ですら急降下で余裕で振りきれる

レイテにおけるFM-2パイロットの回想 (Joe D.McGraw)
http://togetter.com/li/606322

彼はスプリットSで雲目掛けて急降下し、私は後に続こうとした。
彼は急旋回で私の腹の下に入って射線を逃れる。上空を確認すると、
右に1機、左に1機のゼロが私を包囲しようと迫っていた。
私は一機に向けて威嚇射撃を送ると、スプリットSの急降下で離脱した。

引き起こすと、空には敵機も味方も見えなかった。
やがてウィングマンと編隊長ウィングマンと合流し、
暗くなる中をマニラベイへと帰還した。この日の飛行時間は実に11時間半にも及んだ。

482 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:47:47.17 ID:kARDtDal
>>481
米側の振り切った証言は零戦側が米機の特徴を把握してて安易に追跡しなかった証拠だな

483 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:50:36.23 ID:kARDtDal
ちなみに上昇率で零戦を圧倒してる米軍機も低速で上昇する零戦を追跡するのは禁止されてた
吊り上げられたらそれこそ赤子の手を捻るように落とされるからな

484 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 10:57:32.89 ID:caovocBU
F4FもF6Fも見た目かっこ悪いよな。F8Fはいいと思うよ。

485 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 11:03:41.32 ID:GkAeEV6g
F8F、OREもかっこいいと思うのだが褒めると必ずアンチが出てくるのがめんどい。
零戦よりも小型でSTOLでキャノピーも流麗。
旋回半径よりも旋回率を優先したところ等はとても冷静で好感度大。

486 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 11:44:41.12 ID:z7g1IFzp
F8Fも五式戦も、Fw190の影響を受けてるのが面白いな。

487 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 11:53:47.06 ID:th2ixV2N
テンペストIIもそうだよね。みんな先進国を追いかけた。

488 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 11:59:44.54 ID:+Jx3Hrsr
ほかのくにはともかく日本は鋼管フレームのヤク7やハリケーン
を追いかけるべきだった
クラークYの厚い主翼で初心者でも扱いやすく
鋼管フレームでアルミいらず
この機体にシンプルな星形9気筒1700馬力エンジンをつければWW2ベストファイターだった

489 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 12:05:17.12 ID:kARDtDal
いや日本がアルミに困るようになるのは輸送船も辿り着けなくなる44年末以降だし

490 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 12:47:40.66 ID:M1aeznJV
零戦の降下性能についての空技廠の見解

987 :名無し三等兵:2012/07/04(水) 21:13:04.71 ID:???
また>>986と同時期1942.12の航空本部資料にて空技廠による陸戦構想が述べられている
内容は以下の通り

1.陸戦を作る必要がある
2.本機の第一特質は高々度性能の優秀であることである
3.最大速度が大きいことは必要だがこれを多少犠牲にしても降下制限速度を
  できるだけ大きくする必要がある(現在、零戦はP40等に対して徹底的に
  攻撃できないのは降下時の加速が少ないことと制限速度が小さいためであって
  水平速度が若干劣るためではないと認められる)
4.本機1機種で進攻する場合は空戦性能に原則をおいて翼面荷重150kg/平方メートル
  程度であることが必要である
5.十七試艦戦との共同進攻を行う場合は翼面荷重180〜190kg/平方メートルとし
  できるだけ最大速度の大きい陸戦が必要である
  この場合の航続力は艦戦と同じでよい

横空所見として

1.侵攻作戦において敵に負けない戦闘機(格闘戦に強いもの)と敵を逃がさない
  (高々度、高速のもの)が必要である

十七試艦戦と陸戦、棲み分けが想定されている

491 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 18:05:46.51 ID:5PIJDX32
零戦は急降下スピード650kしか出せないそうで
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12102363867

飛燕の急降下時の速度制限は約850km/hとありますが
http://ansqn.warbirds.jp/logs-prev/A001/A0004623.html

492 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 19:11:16.63 ID:OD6aa956
>>491
そら土井センセ設計お約束の過剰強度だからの
当然重量も過大だが

まあ土井センセは片手に算盤なキャラといい郷里の星だしで嫌いじゃないが

493 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 19:38:24.53 ID:th2ixV2N
飛燕の機体設計は来るべき出力向上型(2型)を見越してのものだろう

494 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 19:44:03.38 ID:kARDtDal
武装強化でバラスト追加する羽目になる前はそんなに重くなかったし上昇力も良かった
つまり飛行機作るのは上手かったが兵器を作るのは苦手だったんだよ…

495 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 19:54:26.94 ID:th2ixV2N
>>494
>バラスト追加
どこにそんな記述があるの?w

496 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 19:57:57.81 ID:kARDtDal
>>495
さすがに五式戦スレで知らなかったとか釣りだよな?

497 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:01:02.56 ID:th2ixV2N
だからソースは?

498 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:05:14.12 ID:kARDtDal
>>497
五式戦の設計に携った小口富夫氏が航空ファン38年8〜9月に書いてる手記
世傑の五式戦特集にも転載されてるな

499 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:07:05.50 ID:eFzbiWFL
>>498
どんな内容?

500 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:09:54.62 ID:th2ixV2N
>>498
世傑No.23陸軍五式戦闘機ここにあるが、何ページだい?

501 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:13:28.88 ID:kARDtDal
>>499>>500
度重なる武装強化で飛燕の尾部に追加されていったバラストが空冷化で機首が軽くなって
要らなくなったんで余計に軽量化できたって話だよ
ああ新版の世傑には載ってないのか?1973版のNo.36だ

502 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:21:16.80 ID:th2ixV2N
重心位置と主翼の風圧中心とをできるだけ一致させる設計を行うが、どうしても若干の違いが出てくるため、
最終的には尾部にバラストを積んで重心合わせを行う。しかし、三式戦(飛燕)は主翼と胴体をレール式に
移動できるようにしたため、重心位置が変わっても容易に重心合わせができるのである。この設計はのちの
五式戦を制作するときに役立つこととなる。

http://rikukaigunki.nobody.jp/riku-seisiki/hien.html

503 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:23:49.30 ID:kARDtDal
>>502
いやそんな事は設計者なら分かってるしそれで間に合わなくてバラスト載せてたわけだが…

504 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:25:21.31 ID:eFzbiWFL
>>503
新版のセケツでは
その小口さんの手記で

機首に20ミリを積んだところ
榴弾が信管の問題で砲口を出るや
暴発するという事故が頻発し
しかも信管の改良を待つこともできないため
厚い鋼板で発動機覆いを補強せざるをえず
その結果尾部に平衡用錘を取り付けなければ
ならなかったとあった

この話?

505 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:27:44.22 ID:th2ixV2N
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12129352997

506 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:28:36.71 ID:kARDtDal
>>504
No.36の記述では改良の度に重量が増加してそのつど尾部にバラストを追加したとなってるな

507 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:32:10.80 ID:eFzbiWFL
>>506
逆にその版では
暴発がどうとかいう記述は無いんだ

508 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:35:40.05 ID:kARDtDal
>>507
機銃の不具合に関する話は全く出て無いな

509 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:40:01.21 ID:eFzbiWFL
>>508
ナルホドね
取り寄せて較べてみるかな

510 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:43:28.59 ID:kARDtDal
>>509
三式戦の機体にハ112を合わせる時の苦労話で語られてるんで逆に新版だとソノ辺りの話が
どうなってるのか知りたいな

511 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:50:15.18 ID:jd9+3lV2
>容易に重心合わせができるのである
出来なかったから尻に重り積んだんだがw
主翼は移動可能な構造でもラジエター周りの位置は変えられないから
結局移動不可能wというオチ
この移動可能説は自画自賛ヨタ話だろw

512 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:54:56.51 ID:eFzbiWFL
>>510
新版の小口さんの手記のタイトルは
「ダイムラー・ベンツDB601の国産化」
というもの

それはそれとして平衡錘云々の件は
重量増加の一例として語られている

513 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:56:10.46 ID:th2ixV2N
三式戦の尾部のバラストの重さはどれ程だったのかね

514 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 20:58:07.40 ID:kARDtDal
>>512
tyですウーン新版もやっぱり手に入れないとイカンね

515 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:05:34.48 ID:th2ixV2N
これの信憑性はどうか知らんがFw190Dは尾部に20kgのバラストを積んでいる
http://homepage1.nifty.com/HARPOON/Fw190/D9.html

516 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:13:02.96 ID:Rib2qSyf
歴史群像でキ64の記事を見たがDB601って購入当初から出力増大を考えて
購入したタマのほとんどが研究用にまわされてるのな。詳細は買って見て
くれ

517 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:16:47.07 ID:eFzbiWFL
さて例の重心調節メカについては
土井さんの手記では
一型改で20ミリ積んだとき主翼を40ミリ前進
二型になったとき一型に対し80ミリ前進と
使ってはいるんだね

>>514
新版というものの初版は1989年ですね

518 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:27:08.74 ID:kARDtDal
航空機の重心と揚力点はイメージとちょっと違ってて実は離れててもいいんで
無理にバラスト載せて均整取らなくても飛べる
巡航高度と速度を変えれば水平状態での飛行ができるんで問題にならないんよ
旅客機が重量配分計算を緻密にするのはその巡航状態の算出に必要だから

ただ翼の揚力点からあまり重心が前に行くと飛行の安定が増す代わりに操縦の
反応が鈍い機体になる
だから後ろにバラスト積むのは運動性を上げるのが目的になってる

519 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:36:09.00 ID:th2ixV2N
つまり、機首が長いレシプロ戦闘機はあまりよろしくないと

520 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:38:27.55 ID:jd9+3lV2
P-51「ふっw」

521 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:38:56.85 ID:kARDtDal
機首が長くて重心が前に寄ってるなら揚力点がその分前の方に来るように
主翼を設計すればいいって事になるな

522 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:43:29.50 ID:th2ixV2N
スピットMk14はかなり前が重たそうだが尾部にバラスト積んでるのかな

523 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:47:54.56 ID:Rib2qSyf
>>519後期の戦闘機は全て前が長くなる。

524 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:47:56.19 ID:9yBd7AoJ
>>518
いや… バラストなんて無駄な重量なんだから積まなくていいなら積まねえわさ
不都合なほど重心がずれるのがわかってて、といって尾部延長もやってられねえからバラストで押さえただけで

525 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:48:55.73 ID:KGgMF3DI
>>521
一から設計しなおしかよw
それより水平尾翼を大きくしよう

526 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:51:12.21 ID:kARDtDal
胴体後部にタンクのある機体なら燃料が入ってる間は操縦に敏感=不安定
無くなると操縦に鈍くなる=安定が増す
P-51は胴体後部のタンクに燃料が入ってる間は格闘不可だったはず
何事もほどほどがあるって事だな

527 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:51:37.47 ID:KGgMF3DI
水平尾翼でかくしたら逆だw

528 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 21:58:15.39 ID:th2ixV2N
日本機でどんどんエンジンでかくしていった機種は飛燕以外にないってことか

529 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 22:01:21.49 ID:kARDtDal
いやハ140も重量は増えてるけどボアアップしてないから…

530 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 22:02:36.96 ID:Rib2qSyf
>>528零戦くらいじゃね?最終的に1.5倍まで出力あげたし隼もそんくらいあげてる。
疾風も2200馬力まで上げる予定だったんだよな。速度が670まで上がる予定だった。

531 :名無し三等兵:2016/03/06(日) 22:55:21.95 ID:th2ixV2N
>>522
やっぱりバラスト入ってるわ

The larger engine involves a much longer engine cowling
and the extra weight forward has been balanced by ballast in the tail.

http://www.spitfireperformance.com/spit14afdu.html

532 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 01:25:02.88 ID:7G2bvm74
複座練習機のヤク7を生産した301工場はヤク7を戦闘機に投入するよう提案した

ヤコヴレフは練習機など重いためトンデモナイと拒否したが

テストすると性能はまったく低下しておらず、むしろ練習機改造のための後部座席や主脚強化
が重心移動にプラスに働いてヤク1より操縦性がすぐれてると判定、設計士の反対意見は却下
喜んだ301工場はただちに大量精産にうつった。
時間がないため後部座席は当分そのままだったが不要のためベニヤ合板で覆われる

初心者用に大型化した車輪や主脚格納を移動したのが功を奏して、重機関砲やロケットなど
重装に適した機体として重宝されるようになる。
37ミリや45ミリ機関砲を搭載し、重心位置を是正するため座席を大幅に後方に移動した
ここでも練習機用の後部座席がプラスに働く

この特殊改造は極少数しかつくられないイメージも有るだろうが、ヤク7やヤク9の
重機関砲タイプはなんと三千機もつくられてタンクキラーとして大活躍した

533 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 10:52:46.08 ID:idVlIMls
エンジン馬力や火力と引き換えの数百kgの重量増加をたった数十kgのバラストでチャラにできるのに
鬼の首取ったみたいに言う奴がアホだろ
車のタイヤ交換してホイールにバランサー付けたら車の設計が悪いとクレームつけるのか?w

534 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 11:06:47.82 ID:QGaA7yxe
そりゃ数十kgの重量増加すら嫌って防弾板を降ろしたり、穴を空けたりしていた当時を
現代の感覚で鬼の首取ったみたいに言う>>533がアホだろ

535 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 11:23:42.08 ID:idVlIMls
>>534が底抜けアホを晒してるので教えてやるが防弾版を外すのは運動性を上げるためなんだよ
後ろのバラスト付けないと運動性が落ちるの分かる?
重さが同じだから等価だと思っちゃう辺りが救いようが無い

536 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 12:14:36.87 ID:QGaA7yxe
バラストを必要としなければその分運動性が上がることも理解できないほど>>535が救いようの無いバカだとは十分理解できたよ

537 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 12:21:56.60 ID:idVlIMls
>>536
それはバラストが何故必要になったのか理解できませんと言う白雉宣言なのかw

538 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 13:25:59.67 ID:bUYQWzLL
>>504
一型丁の生産に入ってからの暴発事故対策なので、機首に鋼板積んで尾部にバラスト積むというドロナワ対策になったんかね。

539 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 14:27:29.44 ID:11y/ctgg
戦中アメリカに認識されてないってあったけど、あいつら何の機種だと思ってたんだろう

540 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 14:34:31.85 ID:q6t0wnV1
>>533
馬鹿なの?
もともとは「バラストを積んで重心が後ろに寄るのは運動性があがる!」とか言う人がいたから
「いや最初は最適値に合わせて設計してあるもんでしょうが」って話だよ?
だから「頭が重くなったのに合わせて尾部を再設計なんぞしてられないから、まあバラスト積むかってことになるけど」
つってんのよ

541 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 14:35:44.34 ID:q6t0wnV1
ひょっとして「予定通りの機体にバラスト積んだらもっとよくなる! 設計者よりボクちんの方がお利口なのー!」とか言いたいのかねバラスト君は

542 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 14:43:00.46 ID:idVlIMls
>>540
文盲にも程があるだろw
馬力や武装強化で狂ったバランスを直せば機動力が回復すると言ってる
だいたい前が重くなったからって後ろをどう直せば元に戻ると思ってるんだ?
まさか延長すればいいだけだなんて言わないよな?w

543 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 15:51:59.56 ID:jfoR2LFL
どうも書いてある事をチャンと読まずに脳内解釈に変更する人が多いようだが…

改造で前が重くなると機体の重心が前に進んで翼の揚力点から離れる
すると昇降舵が同じだけ動いても姿勢の変化が小さくなるって事
逆に近すぎると少し動かしても大きく姿勢が変わるんでフラフラして直進安定が無くなる

544 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 16:30:34.18 ID:X4MjsPQN
>>199
>・エンジン重量の差から発動機架を延長し機首を伸ばしキ46-III用のプロペラをそっくり流用。

キ84の胴体にハ112を載せたこのケースでは頭が軽くなったため重心から離すようにしているね

545 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 17:14:18.37 ID:idVlIMls
鳥人間コンテストでも理工系学校の機体が重心と揚力力点一緒にしてフラフラで飛んでるからなw
2chのパンピーに理解しろってのが無理w

546 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 18:21:02.60 ID:tYUnoIDD
三式戦が戦績悪いのに空冷化して無駄が増えた五式戦が強いとは思えんよ。

547 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 19:03:55.54 ID:jfoR2LFL
シムだと五式戦はスピードの出る零戦て感じでベテランが乗ってるとえらい強かったな
自分が五式戦に乗ると生還できんから三式戦に乗る方がkillレート良かった(笑

548 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 20:28:53.68 ID:OaIC6gjv
思えないのにファンスレに書き込まないと気が済まない粘着が今日もやってきた

549 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 21:10:53.78 ID://7cBGvr
要は三式戦と五式戦は米軍機との「一撃離脱」合戦でも
有利に進めた訳でしょう。
四式戦や紫電改は五式戦程の急降下性能が無かった。

550 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 21:26:00.77 ID:N6XjIs2s
馬力不足で劣速なのに有利に進めたとかもうね

551 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 21:42:42.62 ID:HmQSlkLR
>>550
>馬力不足で劣速なのに有利に進めたとかもうね

■夜の魔女はどんな人たちだったのか
 Po-2の乗員はパイロットと航空士から構成されていたが、航空士は主に女子大生だった。ポリーナ・ゲルマンは
モスクワ大学歴史学部、イリーナ・ラコボリスカヤはモスクワ大学物理学部、ライサ・アロノワはモスクワ航空大学
で学んでいた。3人は講義を行い、雑誌を発行し、また誌を書くなどして、特別な空気を連隊に吹き込んだ。
 第46親衛夜間爆撃航空連隊の隊長はエヴドキヤ・ベルシャンスカヤ。女性唯一のスヴォロフ将軍勲章の所有者だった。
ベルシャンスカヤ隊長の連隊は終戦まで戦い抜いた。戦争中、第46親衛タマン赤旗勲章・スヴォロフ勲章航空連隊
の隊員は、約2万4000回出撃した。
 隊員は戦勝の日をベルリン近郊で迎え、この幸せな日まで生き延びることのできなかった仲間のことを考えた。
母国のために英雄的な死をとげた33人の女子たち...9人の隊員はソ連の英雄になった。

ナチスドイツ兵を恐怖に陥れたソ連の「夜の魔女」…女子115人からなる第46親衛夜間爆撃航空連隊!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/43984959.html

552 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 21:46:24.19 ID:5FVvUGc2
>>550
>馬力不足で劣速なのに有利に進めたとかもうね

三村隊長以下7機の「第三竜虎隊」は、全機、敵弾を受けて機体を穴だらけにしながら、さらに敵艦隊に肉迫します。
敵の輸送船には目もくれません。狙いはあくまで敵の軍艦です。
最初の一 機が、米軍の誇る最新鋭駆逐艦「キャ ラハン」の右舷に体当たりしました。
「赤 とんぼ」は、低速でしかも機体も軽いから、艦上で爆発炎上し、木端微塵になりました。
通常、これだけでは固い装甲を施した駆逐艦は沈没しません。
ところが「赤とんぼ」が、やっとのこと で吊り下げてきた二五〇キロ爆弾は装甲弾です。
爆弾は機関室まで突入し、そこで大爆発を起こしました。
「キャラハン」の機関室のすぐ脇には、対空弾薬庫がありました。
炎はこれに誘爆し、艦は大爆発炎上したのです。
そして午前2時35分に沈没してしまいました。あっという間の得出来事でした。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1768.html

553 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 21:52:35.66 ID:N6XjIs2s
>固い装甲を施した駆逐艦
とかもうね

554 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 22:08:25.60 ID:jfoR2LFL
RvRで複数機だと下位で戦ってる機は上昇すると上空の敵機に撃たれるんで
進路転換時に速度と高度の変換が自由にできない
旋回能力の高い日本機が時間当たりのエネルギー喪失が少なくて有利だった

逆に速度を高度に自由に変換して戦える上位の機は使用できる速度域が広い方が
機動中のエネルギー喪失が少なくて有利
米軍機や三式、四式戦が強いのはこっちの戦いだが五式戦はどっちでも戦えた

555 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 22:20:21.30 ID:ck6rX7sy
>>551
馬力不足で劣速なPo-2さえ撃墜できないナチ空軍w

556 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 22:33:25.64 ID:6ogmc6m6
ゲームでP-38とかで日本機追いかけて、一撃で仕留められずに追いかけようと考えた段階でかなり危険
自分で優速捨ててよく曲がる相手に付き合うアホさは分かっていても、ずっと撃ちたいからついつい付いて行っちゃう
うわやばいって全速で逃げようとしても、向こうも怒ってるし必死だからそれなりの時間撃たれてただじゃ済まないし

557 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 22:34:30.05 ID:8bQsG8Et
夜間爆撃の戦略的効果は何ら実証されていない件。

558 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 22:44:09.95 ID:jfoR2LFL
欧米機で日本機を撃墜したい時は囮に上空から突っ込ませて低空を一目散に逃げさせる
見方の待ち構えてる下に誘い込んで上から降り放題で簡単に落とせる
ポイントは上空に日本機が居ない状況を作って上昇反復攻撃できるようにする事

逆に日本機で米軍機を落とすには部隊を分けて先行する部隊を低空に後続を上空に配する
上昇できないようにすれば米軍機はみるみる速度を失って入れ食いのカモになる
ポイントは上空の部隊まで熱くなって低空に降りて格闘を始めない事
上の見方が居なくなったらすぐ逃げられる

559 :名無し三等兵:2016/03/07(月) 22:46:50.28 ID:K2Z9HVhy
>>558
>ポイントは上空に日本機が居ない状況を作って上昇反復攻撃できるようにする事

―にも拘わらず、東部戦線でFw190が「上手くいかなかった」のは何故だとお考えですか?ソヴィエトのパイロットからは、
いい戦闘機だがそれ以上のものではない、という程度の評価しか得られていませんが、西部戦線の「フォッケル」は
一大センセーションを巻き起こしたわけですから。
 全くその通りで、強力な戦闘機だし、一応の「水準」には達しているが、戦闘能力となると際立ったものは何もなかった。
実際のところ、ドイツ人はこの飛行機にとても大きな期待をかけていたが、しかし明らかに過大評価をしており、
性能を高く見積もっていたという印象だ。
 例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんな
ことがあったのだ。最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃を
かけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、
全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱
とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
 垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」
に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、
彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。長時間の格闘戦で「ヤク」
やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

560 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 07:18:41.45 ID:h1Khwa5g
>>555
夜間爆撃が迎撃困難なのは、東京大空襲で証明済だが?

561 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 07:56:12.00 ID:igYoT5w1
>>555
ルフトバッフェが弱かったからではなく、夜の魔女が強すぎたから。

562 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 12:11:00.30 ID:QOcggkjl
まあ高度と速度の変換とかパンピーには何の意味があるのか理解できんし
ゲームと違って現実だと視認性や識別が難しくて詰め将棋みたいには勝てないわけだが

限られた視界と判断で目の前の敵機を必死で追いまわすのが普通だった当時じゃ
単純に回り勝てる日本機が強かったのは当然だし馬鹿みたいなラフベリーやサッチウィーブが
効果的な機動だったのもまた事実

563 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 13:50:47.84 ID:6Tt7OiDa
>>542
ちゃんとレス辿れよ馬鹿
バラストの話題にいきなり「バラストを積むと機動性がよくなるんだもん!」って書いて来た阿呆がいたわけよ
ほうほう、すると最初の設計では「機動性をわざわざ悪くする設計」だったのかね
でもってバラスト積んで重量増やしてまで安定性マージンを捨てて、尾翼に揚力積んで必死で飛ぶ競技機みたいな設定にしたと
そりゃ最初の設計が安定性過剰だったか、バラスト積んだ後がヤバすぎるかであって、エンジンや武装の変更に伴うバランス修正とは全然違うだろうが

ついでにFw190D-9が尾部延長してんのも知らねえヴォケか?

564 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 15:10:48.21 ID:QOcggkjl
>>563
どこにそんな事が書いてあるんだ?お前は捏造大好き朝鮮人なのかね

565 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 15:17:37.83 ID:lXOg8DJr
つうさー重心じゃなくて空力的な中心のバランス取る為じゃないの?

566 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 17:20:36.31 ID:m+1Xu7Gn
>>550
P-51も1500馬力じゃん。

567 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 18:08:03.94 ID:10Gso70V
>>549
紫電改のあのフィレットは急降下性能が悪そうだな。パンピー目には。

568 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 18:18:26.55 ID:10Gso70V
五式戦の活躍ってさ、もし水冷エンジンが高出力で信頼性があったら、と妄想をかきたてるよな。

569 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 18:55:45.74 ID:20yr4IIx
フィレットは整流効果のために付いてるんで基本的に抵抗が減る
五式戦のフィレット外すと中に三式戦のフィレット部がそのまま残ってたりして
ヤッツケ仕事なのが分かる(笑

570 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 19:02:06.94 ID:10Gso70V
紫電改の模型造った事のある人ならわかると思うけど、
あのフィレットは大袈裟すぎないかって話。もっと小さく整形できたろうに。

571 ::2016/03/08(火) 19:14:47.16 ID:8merNakd
>>568
それは五式戦ではなく、三式戦な

572 ::2016/03/08(火) 19:15:58.42 ID:8merNakd
>>568
あ、五式戦であれだけ好評だったのだから(三式戦なら)という意味だったな。
すまん、オレの早とちりだ。失礼。

573 ::2016/03/08(火) 19:22:36.33 ID:8merNakd
DBを国産化せず、そのまま完成品および
補修部品の輸入だったら三式もそれなりだったろうな。
もっとも手段が無いが。イ400のスケールで輸送用に
特化した潜水艦を造っていたらどれくらいDB搭載できただろうか。

574 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 19:24:34.12 ID:20yr4IIx
マウザー砲なんか輸入しないでクランクシャフト輸入すればもっと活躍できたと言われてるだろ…

575 ::2016/03/08(火) 19:28:57.65 ID:8merNakd
もっと言えば戦争になる前にアメリカから高精度工作機械を輸入すべきだったか

576 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 19:34:35.38 ID:20yr4IIx
高精度工作機はドイツが輸入してて足りなかったのはクランクケースなんかを作る
ドリルとかがいっぱいセットされた専用工作機械で生産機に合わせて作る代物
戦争中に汎用工作機はたくさん作ったんで朝鮮ベトナム特需で大儲けできたわけだが

577 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 19:43:33.50 ID:10Gso70V
イタリアの技師を顧問として招致するとか

578 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 19:55:11.07 ID:10Gso70V
>>577は「次はイタリア抜きで...」のブラックジョークのアンチテーゼとして

>>572ドンマイ

579 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 20:12:44.12 ID:uqmozGmt
>>575

貧乏で汎用工作機械しか輸入出来なかったから、
いざ精密専用の工作機械を作ろうとしたら、それを作る技術もノウハウもなかったって落ち。

580 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 20:22:16.56 ID:UjH4A0Cy
>>576
>戦争中に汎用工作機はたくさん作ったんで

○林(百)委員 そうすると、朝鮮事変か擴大されても、六百五十億以上の費用は持たないという、
いかに擴大してもこれ以上日本は費用は持たないという答弁と私は解釈しますが、それでいいかどうか。
 その点とそれからもう一つ、実は本日の新聞にも出ておるところでありますが、国防分担金にからまりまして、
米軍が最近発注する兵器が工場渡しになつておつて、米軍の照明弾二百二十九万四千発、ナパーム爆弾用
タンク十万二千個大阪機工へ注文しておる八十一ミリ迫撃砲四百八十九門、小松製作所及び大阪金属両社の
同砲弾六十二万五千四百発、豊和工業の銃身三千百九十ちよう、迫撃砲弾三十六万三千発、照明彈三万二千発
の入札が在日米軍の調達本部で行われて、
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/013/0082/01306140082034a.html

○福井(勇)委員 前回私が佐々木説明員に説明を聞きました場合に、外国から終戦後入つた機種は、
兵器製造用のマザー・マシンとしてわずかに百二十一台しかないようであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0798/01502180798021c.html

581 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 20:55:58.89 ID:20yr4IIx
RvRシムは日米独英ソで仏伊無しだったから機体に関する印象が無いんだよな…

582 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:31:10.46 ID:k3+gDaL0
そういえばウォーサンダーにイタリアの5シリーズが出たらすごく強そうだな。

583 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:34:20.98 ID:20yr4IIx
ウォーサンダーって課金システム無双でもはや性能とか何状態じゃね?

584 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:42:02.79 ID:k3+gDaL0
そもそもロシア機が無駄に強すぎて頑丈。アメリカ機が弱すぎて
日本機が無駄に弾が命中しない脆弱すぎる。

585 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:47:43.30 ID:20yr4IIx
それは元のIL-2の時からだな(笑

586 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:51:08.10 ID:Wr+eFJJ4
ところで「大陸打通作戦」をシミュレーションゲームにした場合、設定はどうしたらいい?

敵制空権下で97式中戦車チハが連戦連勝快進撃ってのは、どうしたらいい?
日本兵一人で中国兵十人を瞬殺ってことにするのか?

587 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:53:09.74 ID:Wr+eFJJ4
それと同時に、ビルマ戦線の中国軍との戦いも。ラモウトウエツミートキーナとか。

588 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 21:57:15.34 ID:Wr+eFJJ4
但し1945年4月のシコウ作戦は日本軍が敗退してる。中国軍が強くなったのではなく、
単に日本軍の航空戦力が枯渇したからだ。さもなければ国共内戦は国民党が勝ったはず。

589 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 22:40:02.67 ID:XkMi9VXJ
敗退というか日本が攻勢発起点まで戻っただけだよね>シ江作戦

590 :名無し三等兵:2016/03/08(火) 23:26:24.98 ID:Q9MYI/nD
>>566
wiki信じてる馬鹿発見w

591 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 00:10:52.95 ID:Auc1+z7r
ハ40の場合はニッケルを使えなくなったのも痛いな

592 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 11:51:51.49 ID:1fAIjC8R
それにしても>>563なたいな航空機の飛ぶ理屈も理解してない馬鹿が脳内理論で語ると噴飯だなw
前が重くなったからFw190Dは尾部延長した(キリッとかw
主翼と尾翼の面積と距離が緻密に計算されてるのも知らんとか…
延長すればどんな影響が出るのかも知らずに書いてるんだろうなw

593 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 14:05:22.29 ID:8qoqP5u7
三式戦に1700馬力のDB605積んでみたかった、超絶高性能だったろうな

594 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 15:15:59.03 ID:bQcfGIGT
>>593
陸軍航空技術研究所で性能試算されてるよ

595 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 15:43:20.04 ID:twbma2W5
三式戦用じゃないがDB606も輸入されてたな
DB601を横に二つ繋いだ怪エンジン…

596 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 16:12:23.70 ID:IZDDGD47
足回りなんてBF109よりずっと堅牢だったろうから三式戦+DB60Xって
割とドイツで好評になったりしてw

597 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 16:46:52.67 ID:8qoqP5u7
>>594
まあ、電卓でも単純計算出来るけどな
1型の590kmをベースに計算すると667km出る計算になる
武装強化や防弾で重量増えたとしても650kmは堅かったろうな。

598 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 19:51:40.29 ID:8SYWOhC/
それほどまでの能力を秘めたDB605のオリジナルが有りながら
ドイツは何であんなに苦戦したんだろ

599 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 20:07:55.64 ID:2fwh7ttj
>>598
そりゃ、P51と同じエンジンを積んだ戦闘機が二年も前から飛んでる戦場だからな
二段過給とハイオク無いから悲惨なもんだ
http://www.spitfireperformance.com/spit9v109gspeed.jpg

600 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 20:43:29.25 ID:twbma2W5
アメリカでマーリン作らされてる間にイギリスはグリフォン作る気だって下衆の勘ぐりしてたそうだが

601 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 20:54:43.07 ID:d2SU5zuU
154 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 22:57:37.44 ID:weBx++qo
>>139
>陸軍の航空技術研究所なんかは
>昭和17年夏ぐらいにはDB605,603あわせて液冷エンジンに見切りをつけてたらしい

891 :名無し三等兵:2011/07/31(日) 01:37:49.47 ID:???
>>887
ところが・・・
昭和17.9の時点で、総合的には以下の判断。
DB605は日本製空冷発動機に較べ出力不足、
予圧高度低いため高速発揮に不利、の理由で採用する理由なし。
DB603についても出力こそ2000馬力を見込めるが
やはり予圧高度低く日本製空冷発動機に較べ採用する理由なし。

さらに、かりに予圧高度を向上させたDB603改搭載キ61性向(表面冷却)を
想定したとしても液冷機は空冷機に較べて最高速で有利な面があるが
全備重量が800-1000kg増大するため操縦性、運動性が空冷機にはるかに劣る、
このため推進機関廻りの重量低減により一層の努力が必要と判定されている。
ここで比較対象になっている日本製空冷発動機とはハ145とハ211。

この航技研の研究を見ると、DB系発動機を以てしても
日本の環境では液冷機には伸びしろがないと言っているも同然。

まあ、それだけにキ61が終戦まで生産された事情というのは興味深いものがある。

84 :名無し三等兵:2011/11/12(土) 10:32:25.76 ID:???
昭和17年の時点で、雷電性向型(ハ211換装)/中島単発性向型(ハ145換装)/キ61性向型(DB605改換装)を比較し、
雷電性向型を最上位と評価したのが、陸軍航空技研が記した航技報第2442号「重戦研究計画」の結論です。

602 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 21:50:36.96 ID:ppInuVyo
もっとも、その空冷発動機も方も背伸びしたけど全然伸びしろが無かった訳だがな。

603 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 23:18:37.88 ID:nleKhNZV
>>602
>もっとも、その空冷発動機も方も背伸びしたけど全然伸びしろが無かった訳だがな。



The Japanese improved the quality of their planes during the war,
greatly increased the power of their aircraft engines, ultimately exceeded
United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design
and experimental stage at the end of the war. They lacked, however,
the widespread technical and industrial skill to match the United States
in quantity production of reliable planes with increased range, performance and durability.
After the initial campaigns, the United States always enjoyed superiority
in the over-all performance of its planes.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

604 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 23:26:16.00 ID:qIA11t19
>>602
>もっとも、その空冷発動機も方も背伸びしたけど全然伸びしろが無かった訳だがな。

Aircraft production of all types, including training planes, was stepped up from 700
planes per month in the summer of 1942 to 2,572 planes in September 1944.
Aircraft engine production was not only increased correspondingly in numbers,
but average horsepower was doubled.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

605 :名無し三等兵:2016/03/09(水) 23:31:41.82 ID:FNizjm7x
>>604
これって同じエンジンの馬力が2倍になったというわけではなくて
生産したエンジンの平均馬力が2倍になったってこと。
量産エンジンを栄から誉に変えたような話。

606 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 00:27:05.74 ID:FwwJfb0A
>>603
> improved the quality of their planes during the war,
>greatly increased the power of their aircraft engines, ultimately exceeded
>United States fighters in fire power and had first-class aircraft in the design
>and experimental stage at the end of the war.

これは褒めすぎ。ドイツのMe262あたりに捧げるべきお言葉だろう。

607 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 00:41:52.08 ID:DOX+tU21
>>606
>これは褒めすぎ。ドイツのMe262あたりに捧げるべきお言葉だろう。

Production from the synthetic plants declined steadily and by July 1944 every major plant had been hit.
These plants were producing an average of 316,000 tons per month when the attacks began.
Their production fell to 107,000 tons in June and 17,000 tons in September. Output of aviation
gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to 30,000 tons in July and 5,000 tons in September.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

>Output of aviation gasoline from synthetic plants dropped from 175,000 tons in April to
>30,000 tons in July and 5,000 tons in September.

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

608 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 01:09:06.77 ID:FwwJfb0A
ソ連て死者数からいくとワーストの負け組だよな

609 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 02:06:41.26 ID:ibdihdAJ
だから戦後は若い男子がいなくて悲惨だったわけで

610 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 03:30:55.27 ID:PmBBOWMm
>>442
脱出装置が凄いのだが?

611 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 14:00:33.87 ID:sHeXd5VA
>>592
馬鹿が何を喚こうがFw190Dの尾部はAシリーズと比べて延長されて、それでも重心合わないぶんをバラスト積んでるよ
「綿密に計算されてる」はずなのに「重心を下げたらー運動性あがるのー!!」とか言って無駄なオモリ積むとか
どんだけ馬鹿な設計だよww

612 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 15:01:56.78 ID:wdhbQkHd
>>611みたいな無知は延長した理由もバラスト積む理由も理解してないから補うために
両方やったなんて勘違いするわけよ
だから重心下げたら運動性が上がるなんて自分が説明もできない事を言い出す

機体のどこに重心があって主翼の揚力力点と尾翼と主翼の合成揚力点がどう動くか
迎え角が変わったらどうなるかも想像もできないんだろうな
パンピーが思ってるような単純な設計じゃないんだよw

613 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 16:05:01.62 ID:42MXtE+I
200馬力の軽飛行機でもバラストの砂袋載ってたな
旅客機だと燃料を前後に移動して巡航時と離着陸時のバランス変える機体もある
本来軽量化と切り離して考えないといけないんだけど素人目には無駄に見える罠

614 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 16:35:06.32 ID:wdhbQkHd
まあ尾翼断面形を変えたりする場合もあるけどな

615 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 17:17:33.23 ID:WzWULd8b
>>573
ドイツも戦争やっているのだからエンジンを日本に
輸出出来る余裕は無い。
其れに輸送船は米潜水艦の標的。

616 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 18:40:18.00 ID:42MXtE+I
逆キャンパー水平安定板こそ設計者の敗北って評価らしいけど(笑

617 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 18:45:24.63 ID:JfkLrpA6
ニッケルって夢の物質だよな。とりあえず混ぜておけば高強度になるし。

618 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 19:25:27.82 ID:42MXtE+I
戦前はニッケル産出国が北米に集中してて枢軸側が苦労したのは有名だな
日本はニューカレドニアから輸入してたけど戦争突入でスズメの涙の国産ニッケル合金だけになった…

インドネシアやフィリピンで鉱床が見つかってたら満州の低質原油みたいな当時はどうしようもなかった
資源よりずっと役に立ったのにな

619 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 23:20:28.28 ID:0vQm6HIL
ニッケル無いのがわかっているのにDBコピーを作ろうとするお馬鹿な国

そりゃアメリカにケンカもうるわなぁ

620 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 23:28:23.23 ID:ibdihdAJ
ならドイツはもっと馬鹿な国ということになるな

621 :名無し三等兵:2016/03/10(木) 23:41:42.28 ID:ZugvGstr
ドイツはアメリカから買った石油で戦争を続けてたのに
なぜアメリカは日本にニッケルを売ってくれなかったのか

622 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 00:58:00.10 ID:2J+OpOzc
差別してたから

623 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 06:53:54.75 ID:g0tieswd
第二次世界大戦中、北米のニホンジン、日系人は全て
強制収容所に入れられた。ドイツ人およびドイツ系に
対しては特段そういった措置はとられなかった。

以上

624 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 07:39:33.58 ID:FFVZNOmt
例外もある
ハワイは実際に日本軍に攻撃を受けたにも関わらず30パーセントもの住民が日系人だったので
収容所生活に必要な職種から選抜した住民を人質として収容しただけだった

真珠湾攻撃直後に飛び立った米軍戦闘機は日本軍機を探すどころか周辺の米国漁船を銃撃
当時のハワイ漁業が日系人の寡占状態だったために報復として行ったと言われる
ハワイ州法は停止され戒厳令が引かれ日系人の漁業は禁止
以後3年半に渡ってハワイはアメリカ軍の占領状態が維持された…

ちなみに当時の現地日系人は明治時代にハワイがアメリカに乗っ取られる前の王朝時代に
移民した人たちで2/3は日本語すら話せないれっきとしたアメリカ人だった

625 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 08:04:46.49 ID:JEZpHani
>>624
エンタープライズの艦上機ですらハワイの米戦闘機に攻撃されたんだから漁船を誤って銃撃することもあっただろうな。

626 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 08:22:55.92 ID:HIxyqRh7
>>621
ドイツの石油は
ルーマニア油田と
石炭からの人造石油

627 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 10:33:42.99 ID:ze1kyaoE
空襲直後で上空から攻撃される恐れがあるのに漁船銃撃するために低空に降りるとか
素人ゲーマーレベルの低脳だろ
まさか映画のパールハーバーみたいに離陸直後の米軍機が優位の零戦とまともに戦える
なんて勘違いしてるパンピーなのか?

628 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 12:20:41.20 ID:llmdz6hj
>>627
当時は本当に思ってたらしいよ
97式戦闘機をもとに考えてたとかなんとか

629 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 20:44:28.72 ID:8QROZ/0D
>>597
MC.205Vより優秀じゃん

630 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 20:58:15.30 ID:0PA9Vfkg
>>629単純計算通りの速度が出ないのが日本機だろうに

631 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 21:09:16.66 ID:8QROZ/0D
MC.202の最大速度が600キロだからなあ

632 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 21:20:41.64 ID:+rbH0uzF
突然で申し訳ないんだけど、どなたか五式戦か三式戦の性能について詳しい資料をご存知の方は居ませんか?
三式戦の降下速度と機体剛性が優れていたというエピソードはよく聞くのですが、具体的な数値や事例の公式記録が見つからなくっていまいち判然としないです。
850km/hが仕様上の降下制限速度とは聞きますが、これも裏付けとなる資料はまだ見たことがありません。
取扱説明書や又は米軍の記録でもいいんですけど何か良い資料をご存じないですか?

633 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 21:49:34.03 ID:8QROZ/0D
>>632

"降下加速の点では概ねP-40と同等で、同時期の(欧)米戦闘機に対して劣勢です。
降下する三式戦はP-38、P-47、P-51、F4Uで容易に捕まえられ、
機を失せず追撃すればP-40、F6Fでも捕捉可能であると米軍は評価しています。
トップスピードがでかくても、そこに達するまでに時間が掛かってしまうのだと。
また、ということは即ち速度計を振り切るところに達するにはそれなりの
高度から降下を始めなければならないということでもあります。
突込みが利くという評価に対しても「日本機としては」という但書きが必要なようではあります。"
http://ansqn.warbirds.jp/logs-prev/A001/A0004623.html

634 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 22:11:41.35 ID:0PA9Vfkg
ドイツ機に急降下で追いつくからな米軍機

635 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 22:53:22.93 ID:+rbH0uzF
>>633
ありがとうございます。一応そのサイトの飛燕の速度関連は一通り見たのですが、資料を見つけることができなかったので・・・・
飛燕はアンダーパワー気味だから降下するにしても加速が遅かったというのは頷ける話ですね。工作精度もさほど高くはなかったでしょうし、表面の空気抵抗も、F6Fなどの工業製品的な機体はおいておくとしてもP51のような高速機には比べるべくもないでしょう。

ただ、トップスピードが大きくて機体が頑丈というのは高G旋回にもある程度は耐えられたとも思うのです。もちろん耐Gスーツなしなので中の人の事情がありますけどね。
純粋に降下制限速度という点では850km/hが公式とされていますが、その裏付けとなるような資料があれば非常にうれしいです。

636 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 23:16:40.17 ID:HIxyqRh7
飛燕がニューギニアの頃善戦していたという話なので
P40・F4Fとの対比でそれなりだったという話
P38、47、51辺りにはそりゃ分が悪い

P40で対処しきれないからP38を呼んだ

あと飛燕は巡航速度が零戦・隼より100km速いので
B25・ボーファイター・A-20 辺りのインターセプトが有利だった
この辺の爆撃機の巡航速度は零戦より50kmくらい優速

637 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 23:19:00.31 ID:8m/dwtNh
実際に850もでたらP-38やP-47とかがなった問題が起きてたろうな

638 :名無し三等兵:2016/03/11(金) 23:53:52.60 ID:+rbH0uzF
>>637
まあ高速域での操作性は悪かったというし戦闘機動はまず取れないだろうね。

639 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:20:32.01 ID:IcoZUkZ7
とりあえず土井さんは「強度については、急降下制限は850キロ(460ノット)としていたが
いかなる急降下速度でも空中分解を起こしたことは一度もなかった」とあった

上のリンクもみたいにメーターのことも書いてあるけど

しかし急降下のテストの時にキ61のほうがMe109より少し早いとあるな
Me109のどの型だ?

640 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:28:58.88 ID:63K+9+2V
>>639
やっぱりそうだよね。降下で空中分解はなかったとあの堅実で現実的な設計をする土井さんが言ってるんだし俺もそれが本当だと思うんだ。
今それを外人と議論してたんだけど、みんな笑うだけでソースを出せというから「すまないけど日本のソースしか無いんだ」と言って数冊分の引用をwikiから引っ張ってきて本を書いてきたとこなんだ
「後は機体構造や機体の表面、舵面が耐えられると思うのかい?900km/hやそこらで舵が効くとでも?(つまり、その速度が出ていたら操縦不能になって墜落してるからそんなものはデマだ)」と言われて悔しい思いをしてる。


急降下のテストが日本で行われたのならE7のはず。
日本が輸入したのはBf109-E7とFw190-A5.

641 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:33:50.13 ID:NFrFUat2
>>639
E5

642 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:35:45.39 ID:NFrFUat2
>>640
E7って増槽が付けられたタイプ?

643 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:39:16.88 ID:63K+9+2V
>>642
そうだね。エンジンを1200hpの物に換装(E4/N)したものに落下式増槽つけられるようにしたのがE7
のはず

644 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:54:10.64 ID:AOi9CaE+
巡航速度が速い有利とか急降下速度制限云々するのになんで高度による空気密度考慮しないん?
巡航高度によって巡航速度は変わるし同じ速度でも抵抗が全然違うんだが…

高度6,000mで350km/h出してる機体と高度3,000mで400km/h出してる機体だとどっちが有利だと思うの?

645 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 00:59:49.37 ID:IcoZUkZ7
>>640
俺も外国人の意見に同意だなぁ
土井さんの証言は「850kmの速度でも耐えられるように設計した」という意味であって
実際に850km出して証明した、という意味ではないと思うよ


速度の話は基準がめんどくさいやな
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E6%B0%97%E9%80%9F%E5%BA%A6

646 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:02:05.37 ID:63K+9+2V
>>644
対気速度で換算すれば密度は単純な速度において考慮しなくてもいいんじゃないかな
高度差によるエネルギー量の差は重要だけど。
飛燕が相対的に中期以降の米軍機に不利であることはほぼ間違いない。会敵時の状況にも大きく左右されるけど機体性能で見たらまず頭上を取られたら何もできないだろうね。

647 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:10:08.97 ID:63K+9+2V
>>645
俺もさすがに900km/hは無理だと思うんだけど、でもそうなると急降下で750km/hまで計器が振り切れるから交換したという話はどうなるのか、と思うんだよね。
ただ単に計器類の精度が低かったとしても機体はあくまで設計上だが850km/hまでは保証されてるんだし、750は確実に超えていたと思うんだ。
wikiに乗ってる45年2月17日の事例(F6FとU型で戦闘し、急降下中に1000km/hの針が振り切れて故障。)というのはおそらくピトー管周辺で空気が一部流速を増した結果だと思ってるけど。
それと工作精度の低さを鑑みても850km/hっていう数値は割と信憑性があるのではないかと思うんだよね。

648 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:20:46.85 ID:AOi9CaE+
むしろピトー管による速度計測は高度によって低くなる誤差が出るんで換算表があった
外人は日本機は急降下するとすぐ空中分解すると思ってるから三式戦の降下性能認めないだけ

649 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:26:24.55 ID:63K+9+2V
>>648
まあ「日本の機体は速度に脆い」というのがゼロ戦や隼で固定化されてる部分がありますからね
そのうえ英語の資料なんかも日本では手に入れにくい(日本語資料である程度知れる)からね
飛燕の説明書とかテスト記録とか仕様書とかの画像が見られるor日本で見られるならそれを当たるしかないのかな。
飛燕関連の公式なデータが現存してるのかが非常に厳しい所だけど。

650 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:30:02.65 ID:ZaNnK4l3
P-47Jが水平飛行で820km/h出してたと何かで見たけど
件の外人の意見によれば水平飛行でも空中分解寸前ってことか
P-51Hも水平飛行で780km/h出してるが、Dより脆弱と言われる機体でそんなに出して大丈夫なのか?

651 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:35:22.34 ID:63K+9+2V
>>650
俺もそれは思うんだよね。ただ、P-38なんかは遷音速の0.7倍ぐらいの速度で機体の一部に遷音速をこえる気流が発生して操縦不能になったからダイブブレーキを付けたという例があるし、一概には言えないものだと思う
ただ、セミモノコックで尚且つ主翼と動体を頑強に固定してある飛燕でその速度域だとバラバラになるというのは考えにくいよね。

652 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:44:23.49 ID:ZaNnK4l3
>>651
ヘルキャットでも700キロ台の制限速度だし、実際には800キロに耐えれば急降下の制限速度としてはそれ以上必要なさそうに思える

日本機も中期までの零戦隼以外は急降制限速度についてははそこそこ優秀だと思うんだけどね
二式単戦、雷電→「800キロからの引き起こしにもビクともしない」
四式戦→「日本機としては頑丈で時速800キロの急降下にも耐えた」
紫電改→背面降下で796キロを記録

653 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:44:40.91 ID:ge8bpUQ6
日本機と外国機の工作精度の差は考慮しなくていいのか?

654 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 01:54:26.95 ID:7Brkrmr2
(1)生産能力と技術者・労働者の温存
 戦争中に軍需生産の必要や、陸軍の要求した生産力拡充計画等によって、重工業・化学工業はそ
の設備を増設した。そのかなりの部分は戦後に残存した。例えば、銑鉄生産設備は1937年には
300万トンであったが、戦争中の最高能力は660万トンに達し、敗戦時にも560万トン分がなお
残っていた。工作機械生産能力も1937年度には2万2千台だったが、戦時中には6万台を超える
能力ができ、敗戦時にも5万4千台分の能力が残っていた。
 重化学工業の設備が残存し、その技術者や労働者が残っていたことが、戦後の経済復興が重化学
工業を中心にして進められる条件になった。
http://www.mof.go.jp/pri/research/special_report/f02_2010_11.pdf

駐日満州国財務官の発表では、1937年9月時点で承認件数は839件、承認総額は9,251万7,000円であった。
表〜2にみるように、ソ連の技術装備を高めるような機械類や船舶類の輸出の割合が高く、機械類では
移動式発電装置、電動機、発電機、変圧器、電気溶接機、電気起重機、各種ディーゼル機関、車輪、旋盤、
ポンプ等である。船舶類は川崎船、蟹漁船、カッター、等の生活必需物資が供給される一方、人絹、
織物類が輸出されて日本製品を身につけたロシア人がモスクワのメインストリートを闊歩する姿がみられたという。
このいわば奢侈品はモスクワ政府が仕入れ値段よりはるかに高価な価格で市民に販売することによって
国庫収入を増やすことを目的としたものであった。
http://www.ier.hit-u.ac.jp/COE/Japanese/discussionpapers/DP98.4/honbun2-2.htm

655 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 02:02:54.47 ID:NFrFUat2
>>649
零戦に襲われたP-400がダイブして振り切ろうとしたら零戦も付いて
来た。そこで更に降下して「ジークの翼が舞い落ちるのを見ようと振り返っ
たらジークの翼は依然として健在だったので死ぬような思いをして
何とか振り切った」というパイロットの証言が「Zero Fighter」で読んだ
記憶が有る。

656 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 02:18:33.61 ID:7/pHJa7T
>>652
防弾が脆いっていうので曖昧にされてしまってるよね。多分。
発動機以外は他国と並ぶ技術があったと見て良いと思うなぁ。


>>653
それは設計の段階で考慮されてると思うよ。工作精度と安全マージンの取り方は各国によってまちまちだし同じ係数で計算してあるとは思えない。それでも考慮するとしたら粗悪機体の割合だろうね。

657 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 02:22:54.48 ID:AOi9CaE+
むしろ米軍機の翼とか工夫が無くて何も優位が無い
多少工夫があるのがP-51くらいなレベル

658 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 03:07:26.26 ID:DKOOaHe+
飛燕の取扱説明書が現存してるか調べたらあったよ
ttp://www.aero.or.jp/isan/isan-katsudo/201502kikin-katsudo.htm

ただ、内容を閲覧できるのかどうかは不明
割と近所だから閲覧できそうだったら見てみたいと思う
そうすれば諸元や制限が分かるかもしれない

659 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 09:58:28.88 ID:jyixtUoU
>>632
お前戦鳥で相手されなくなったパンジャンドラムだろ

660 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 10:34:45.14 ID:6GjXoOIi
>Bf109-E7とFw190-A5.
サブタイプの正しい表記も出来ないやつがwwwww

661 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 10:42:39.17 ID:jyixtUoU
パンジャンドラムことちくわさんの知恵袋
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/edygigdcbnhcgufjfhrgujdg

662 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 11:01:24.60 ID:r3ajRdUv
>>646
零戦とF4Fみたいに速度も旋回性能も負けてたらタイマンじゃ逆転困難になるが
三式戦は欧米機に旋回効率で勝ってるんで交差射撃の時に逆に吊り上げるように
機動すれば優位を逆転できるぞ

663 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 11:02:28.59 ID:7uJOZHg/
>>640
それはなんか妙だな
制限速度ってのは「これ以上出すとぶっ壊れますよ」であって、その速度で機動できるなんて保証はしてないだろう

664 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 11:05:24.27 ID:jyixtUoU
>>640
その外人と議論してたサイトってどこ?

665 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 11:22:37.73 ID:r3ajRdUv
別に900km/hで舵が効かなくても分解するわけでも引き起こせなくなるわけでも無いな
巡航の倍以上なんだから降下角に関わらず相当なダウントリムしてないと直進できん
むしろ舵が効かないならどうやって降下角を維持してるのか問い詰めたいレベル

666 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:37:36.40 ID:IcoZUkZ7
つかアメリカはパワーダイブすると舵が効かなくなって引き起こせなくなって事故った(というか降下角が垂直どころかマイナスまで下がった)
マッハ数が関連するもんで高度が下がると回復したりするそうだがそれはそれで突然舵が効いて最悪機体がへし折れる
対策としてつけたのがダイブリカバリーフラップで、速度を下げるのが目的のダイブブレーキとは違う

667 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:43:45.79 ID:DvcFAw3p
>>663
確かに急降下は逃げる時に使うわけだから。
兎に角速ければとりあえずは。

668 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:50:20.34 ID:s8m0IokI
>>663
まあぶっ壊れなければ操縦性は極悪でもいいんだけどね・・・・
事実、高速域での舵は割と重かったみたいだし

>>664
英語がクソ下手だからあんまりさらしたくないんだけどここ
ttp://live.warthunder.com/post/373611/
スレ主が私

669 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:52:34.43 ID:jyixtUoU
>>668
お前パンジャンドラムか?

670 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:53:41.13 ID:s8m0IokI
>>669

英国面に堕ちた覚えはないけど・・・・

671 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:55:03.83 ID:jyixtUoU
>>670
ここでは聞かないのか?
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/edygigdcbnhcgufjfhrgujdg

672 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 12:55:46.26 ID:jyixtUoU
>>670
戦鳥のパンジャンドラムだろ?

673 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:24:30.85 ID:jyixtUoU
>>632
>850km/hが仕様上の降下制限速度とは聞きますが、これも裏付けとなる資料はまだ見たことがありません。
>取扱説明書や又は米軍の記録でもいいんですけど何か良い資料をご存じないですか?

お前自分で解答書いてるやん

It is 850km/h in instruction manual.

674 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:34:09.33 ID:r3ajRdUv
>>666
ダイブリカバリーフラップ付きってP-38の事だと思うがP-38は胴体釣ってる主翼の
極厚部の作った圧縮性流れが機体が音速に達するよりずっと早く超音速に達して
揚力を喪失する

ダイブリカバリーフラップは揚力を付加してバフェティング現象起こして舵が
効かなくなってる状態からでも機体を浮き上がらせて回復できるようになってた
改修後は制限降下角が45度から60度、制限速度15〜20mph向上の効果

675 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:38:50.49 ID:s8m0IokI
>>673
その一次資料がほしいんだよね
米軍でターミナルダイブまでしてるかは正直微妙だから、日本の物でもいいけど画像であったり写しがほしい。
日本航空協会はデータは持ってるけど一般への公開はしていないし手詰まりだからね。おそらく正式名称は陸軍航空審査部三式戦闘機取扱法
降下制限速度に関する部分だけ見られればいいんだけど、その部分を引用している書籍なんかも知らないからここで聞いてみた。
「精密図面を読む10」または「精密図面を読む1」に一部取扱説明書の引用があるらしいから今取り寄せてる最中だけど、絶版書籍だから手に入る保証もないしね。

676 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:41:28.61 ID:jyixtUoU
>>675
疾風の取説持ってる奴がいた戦鳥で聞けばいいだろ?

677 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:44:19.68 ID:jyixtUoU
>>675
一次資料が欲しいもクソもお前がインストラクションマニュアルにあるって英語で断言してるやん
一次資料で確認したから断言したんだろ?

678 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:55:28.66 ID:s8m0IokI
>>677
4式戦じゃなくて3式戦若しくは機体がほぼ同じ5式戦の物が必要なんだけど・・・

多くの書籍やウェブサイトにおいて「取扱説明書によれば850km/h」とされている以上、最も一般的な説だからそう書いてある。
しかしながらそれをゲーム運営に訴えるとなると一次資料が必要不可避だから、一次資料を欲しがってる。

679 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 13:55:52.31 ID:IcoZUkZ7
>>674
F8FにP-47もついてるよ

680 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:01:31.00 ID:r3ajRdUv
>>679
F8Fは何でか知らんがP-47は飛行高度の想定が高いんで付けたんだろう
高空で空気密度が下がると音速も下がって衝撃波のできる速度も遅くなる
どっちにしても主翼の空気の流れが音速超えて揚力が無くなる

681 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:11:31.97 ID:jyixtUoU
>>678
手前でインストラクションマニュアルにあると断言して引っ込みつかなくなっただけじゃねえか
だから戦鳥でもレスがつかなくなるんだよパンジャンドラム

疾風云々ってのはその手の資料持ちは戦鳥くらいしかいないだろって話

682 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:18:58.00 ID:IcoZUkZ7
>>680
P-47は38と一緒で実際に事故多発したから後付(命かけて事故再現テストしてる)
つけるまでは高度三万フィートで計器速度約400km
一万フィートで計器速度約800kmの制限というから大変だな

ちなみにF6Fもいっぱいで急降下したらやっぱり途中引き起こし不可能になったが
ダイブリカバリーフラップはつけられず、その理由は不明だそうだw
高度8400mだそうだからそんな戦闘はあまりないと予想されたのだろうか???

主翼もそうだけど水平尾翼も関連する

飛燕も850kmも出したらおそらくこの手の問題が起こっただろう
翼の形が関係するから一概には言えないけど、スピットやP-51は不必要だったし

683 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:26:09.25 ID:r3ajRdUv
>>682
スピットやP-51が不要だったのに三式戦だと問題が起きると予想する根拠が理解できんな
尾翼で起きる問題は主翼で起きる物とは違うんだが理解せずに書いてるんだろうか?

684 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:27:18.74 ID:IcoZUkZ7
>>683
んじゃ起きないとする根拠はなによ

685 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:29:55.09 ID:s8m0IokI
>>681
ええ・・・別に引っ込みがつかなくなったという訳ではないのだが・・・
でも確かに「in instruction manual」でなくて「According to instruction manual」のほうがニュアンス的には正しかったかなとは思うけど
「説明書では」と「説明書によると」では後者のほうが不確実なニュアンスが出るから。

一般に降下制限速度が850km/hであるというのが最も一般的な説であって、しかしそれを海外の運営会社に伝えるためには一次資料かまたはそれに類する資料がほしいわけで。
だから向こうでもどなたか資料をお持ちの方は居ませんか?と言っている訳です
別にまともな資料が出てきて「正しくは降下制限速度が750km/hです」と言われれば俺も納得するし、べつにそれでよいと思ってる。
何も「飛燕の降下速度は絶対に850km/hであるべきである!」と断固言い張りたい訳ではないからね。

それと戦鳥ってWarbirdsっていうゲームのことだと思ってたんだけど、調べてみたら同名のサイトが出てきたんだけどもしかしてこれのこと?
今まで見たことがないサイトだったからちょっと向こうもログ漁ってみるわ
有益なサイト教えてくれてありがとう

686 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:30:21.67 ID:r3ajRdUv
>>684
P-38は厚すぎる主翼、P-47は高高度飛行が問題を起こすと考えられるからだが?

687 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:35:07.66 ID:IcoZUkZ7
>>686
P-47は高度一万フィートでも800km制限だよ?
三式の翼はP-38と比べてそんなに薄いの?

まあ正直言うと翼厚比がよくわからんから一概には言えないと書いたんだけど

688 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:35:10.18 ID:jyixtUoU
>>685
>それと戦鳥ってWarbirdsっていうゲームのことだと思ってたんだけど、調べてみたら同名のサイトが出てきたんだけどもしかしてこれのこと?
>今まで見たことがないサイトだったからちょっと向こうもログ漁ってみるわ

↓で言ってることと辻褄あってないぞ

>>635
>>633
>ありがとうございます。一応そのサイトの飛燕の速度関連は一通り見たのですが、資料を見つけることができなかったので・・・・

689 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:37:57.17 ID:jyixtUoU
>>685
>でも確かに「in instruction manual」でなくて「According to instruction manual」のほうがニュアンス的には正しかったかなとは思うけど

アホかお前
インストラクションマニュアルそのものを見たことも無いし取説にそう書いてあるということすら未確認なんだろ

in とか according to とか言う問題じゃ無いだろうが

690 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:42:22.92 ID:s8m0IokI
>>688
「飛燕 降下速度」でググったらそこのスレが引っかかったんだよ
そこがあなたが言ってる戦鳥っていうサイトだとは思わなんだ

検索からじゃなくてサイト内からログ洗うってことなんだけど一々言葉尻の揚げ足とられても困るんだわ
わざわざそんな偏屈な物言いする必要ある?訳のわからんコテハン認定したり、ただただネチネチ言って楽しんでるようにしか見えないぞ

691 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:44:52.92 ID:jyixtUoU
>>690
はいはい
さっさと戦鳥で聞いてこい
ここより有益だろうよパンジャンドラム

692 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:46:34.16 ID:r3ajRdUv
>>687
P-47の低空での制限は800km/hなら普通に構造限界だろう
P-38の翼が分厚いのは外見でも確認できるんじゃね

693 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:54:01.26 ID:s8m0IokI
>>689
それを言ってしまうと、二次資料全般の情報は全く信用ならんという話になってしまうだろ
一次資料の価値が圧倒的に高いのはもちろんだが、複数の二次資料で確認できている事柄で出所も合致していたらある程度の信用はおける情報と言える。
最終的な目的は海外の運営会社にプレゼンすることにあるんだから、複数の二次資料渡してそれを確認してもらうなんて手間がかかるより一次資料をポンと渡せたほうが良いのは明らか。
だから一次資料を探してるの。基本的にああいう会社は常にユーザーから資料提出されてるようなもんだから、スピーディーに確認できないものは相手にされない。

あなたが言うように「一次資料で確認したことがないのならば言及するべきでない」というスタンスでやるのならば日本機の多くは終戦時の資料破棄でそれらが失われてるから語ることはできない。
それに三式戦の取扱説明書の現存は確認できてるし(鈴木幸雄氏保管、日本航空協会データ所持)「降下制限速度850キロ」と記してある資料の裏付けでもある。
取説に書いてあることを確認、というのは俺は複数の二次資料から見てほぼ間違いないと思っているが一次資料そのものを見て確認できたわけではない。

694 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:57:15.25 ID:uivABjgj
五式戦自体がちゃんと制式化されたかどうかもはっきりしない記録よりも記憶に残るレベルの戦闘機だから
五式戦の操縦マニュアル見つかったらちょっとしたニュースだろうな
飛燕はまだ可能性あるだろうけど

695 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:58:24.12 ID:uivABjgj
あった

696 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 14:59:08.94 ID:jyixtUoU
>>693
そもそも取説に何が書かれているか分かりもしないのに思い込みだけで「インストラクションマニュアル」と書いてしまうお前の杜撰な頭の問題だよ

分かりもしないことを無理に出しゃばる必要はない

697 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:15:29.40 ID:s8m0IokI
>>696
とりあえずあんたに何言っても無駄なことは分かった。
あんたの論旨は「お前は馬鹿だ」でいいんだな?
二次資料の裏付けとなる一次資料探しをしているのに分かりもしない事と言われてもだから資料探してるんですがとしか言えないな。

だがWarbirdsのサイトについては非常に有益だった。ありがとな。

698 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:20:42.71 ID:kYVEdGlG
日本陸軍の場合、説明書の制限数値は控えめで、二式戦二型の650キロとか(記憶)四式戦の750キロとかだもんね

699 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:28:40.65 ID:NLDirGST
零戦の降下速度でも源田の剣で若いパイロットがプラス30〜40ノットぐらいは平気(うろ覚え)とか言ってたし、安全率結構とってるのかな

700 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:46:48.13 ID:AOi9CaE+
米軍のレポートでも速度を出すと舵が重くなるとは書かれてるが破壊するとは書かれてないだろ

701 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:50:35.28 ID:7uJOZHg/
初期の零戦は制限速度を計算しなおして大幅引き下げ、
次は恐る恐る、ってとこはあるかもね
それでも紫電改なんかが降下しながらの回避機動で尾部を破損したりしてるが

702 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:55:20.47 ID:7uJOZHg/
>>693
もう済んだようなもんだが、資料のスタンスがどうとかいうより、言葉の問題として
in あるいは acording to the instructionだと「そう書かれている(断言)」なんだよ…
どう思われようが、あなた自信が何らかの資料を確認するか、出典の明確な記述を見つけるかしない限り、
「一般にそう言われているし、研究本にもそのように書いてある」としか言いようがあるまいし、
「一次資料ではこうだ」と書いてから「どこかにないか」ってのは順番がおかしくねえか、って指摘だろう

703 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:59:16.67 ID:IcoZUkZ7
三二以降なら少なくとも引き起こしで零戦が壊れることはないと思うよ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E5%88%87%E6%9D%BE%E9%9B%84

>1943年(昭和18年)初頭に行われた零戦三二型による荷重実験では、8.6Gもの荷重に耐え、専門家を驚かせた。

704 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 15:59:30.43 ID:JgO3GeDl
>>692
P-38の翼が分厚いのは主翼にエンジン付いているからでしょう。
http://karen.saiin.net/~buraha/P-38.html

705 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 16:18:47.67 ID:r3ajRdUv
>>704
P-38は双胴機の真ん中にコクピットを吊ってる構造なんで主翼にエンジンナセルを
付けてるのと尾翼の応力もかかる点が違う

706 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 16:23:00.80 ID:r3ajRdUv
>>701
水平尾翼と違って垂直尾翼は常時強い応力を受けないんで強度を低くして重量を軽くする
日本機は回避でラダー踏んで機を滑らせる事が多かったんで余りに高速だと損傷もありうる

尾翼が吹き飛んだ事があると言われる彩雲のようにカウンタートルクでエンジンをオフセット
してる機の方が垂直尾翼をオフセットしてる機より強度マージンが低い可能性はある

707 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 17:00:46.32 ID:s8m0IokI
>>702
なるほど。理解できた。
つまりはこの書き方だと「二次資料によって確認した一次資料の内容」が「一次資料によって確認した内容」となってしまうということか。
だから然るべき書き方をするならば「According to some military books」(複数の軍事書籍によると)という書き方にしたほうが良いのかな。
こればっかりは私の英語力のなさが原因だからご指摘ありがたい。

708 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 17:56:55.44 ID:AOi9CaE+
>>706
カウンタートルクは初期零戦や三式戦みたいに固定タブを手曲げして調整するのも
Bf109みたいに非対称断面の垂直尾翼のもあるし結構バリエーション多い

垂直尾翼は設計者の個性が一番よく出るっていうくらいだしな…

709 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 18:23:40.34 ID:JgO3GeDl
震電の様な前に水平尾翼が有る場合
急降下速度はどうなのだろう?
http://www.ne.jp/asahi/airplane/museum/cl-pln10/2004cl/shinden.html

710 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 18:31:53.30 ID:8ApAIxpk
>>698
じゃ三式戦ならちょうどその間で700km毎時でいいね

711 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 19:25:13.90 ID:jyixtUoU
戦鳥で回答を得たようだな
まあ俺のおかげか
だが

I am sorry for my poor English.
Some japanese corrected my words.

>It is 850km/h in instruction manual.

is not exact words.
I should write it with

>Has been that it is 850km/h in general terms, according to a number of military books.
>They are written based on the Ki61 instruction manual and interview of Dr.Doi

まだインストラクションマニュアルとか書いてやがる
つくづく物分かりの悪い奴だ

712 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 20:11:09.78 ID:s8m0IokI
>>711
おかげさまで有益な回答を得られました。
その表記に関しては一般に850km/hとされている理由として土井さんの証言とキ61操縦法に書いてある700km/hとい数値を加味したものであるからですね。
つまり、仮にキ61操縦法において降下制限速度が680km/hとされていたら速度計が振り切れていない=700km/h以下であると言えますが、速度計の最大速度で書いてあるということ少なくとも700km/hは出ていた証左になります。
そのため、下の箇条書き欄に700km/hまでしか測れない98式速度計を装備していたから700km/h以上は計測不能だったためであると思われる旨を書いています。

とりあえず英語のほうでおかしいと思う部分と日本語のほうでおかしいと思う部分を教えて下さい。
先ほどのあなたの主張も他の方の補足によって理解できましたし、指摘していただけると推敲のうえで大変参考になりますので。

713 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 20:21:05.72 ID:jyixtUoU
まず98式速度計
700キロまでだな
http://s.ameblo.jp/ja10-master/image-11825585688-12911644093.html

714 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 20:27:00.31 ID:s8m0IokI
>>713
http://gunsight.jp/b/a-keiki05.htm
こちらでも見つけた。どうやら2タイプあるみたい。

715 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 20:31:15.38 ID:jyixtUoU
>>712
だから直接確認してもいないインストラクションマニュアルに触れるのをやめろって
850キロには土井手記以上の根拠は無いんだ
ろ?

>Has been that it is 850km/h in general terms, according to a number of military books.
>They are written based on the Ki61 instruction manual and interview of Dr.Doi

この文章を素直に読むとミリタリーブックスに記されてる850キロという数字はインストラクションマニュアルと、さらに土井インタビューに基づくということになる

716 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 20:53:01.77 ID:IcoZUkZ7
土井も700kmまで目盛りと言ってたから750kmってなんだろと思ってたんだ

ところで>>652はどうやってはかったんだ?

717 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 20:55:36.41 ID:s8m0IokI
>>715
ふむ、確かに素直に読むとそうなってしまうか。
私としては今の考えだとインストラクションマニュアルに700km/h以上を保証する価値を感じていないから、そうなると例えば

Has been that it is 850km/h in general terms, according to a number of military books.
They are written based on interview of Dr.Doi.
Because it is written down for ki61 control manual with 700km/h, as for 700km/h, there is the evidence that appeared even at least.

とすればいいかな。土井博士が850km/hを降下限界速度と定めたとする書類の具体的名称が分かっていない以上、それについて850km/hとして定めた証拠として言及するべきではないということでしょう?

718 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 21:00:43.25 ID:s8m0IokI
>>717
訂正
>保証する価値を
>保証する価値しか

719 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 21:01:25.89 ID:kPF3I138
五式戦と零戦が高度6000メートル以下で普通に格闘戦やったらどっちが勝つのかね

720 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 21:19:44.73 ID:igqo22gr
「丸」最新号

五式戦の写真 五式戦 vs P51 白黒 ガンカメラから

三式戦の復元 川崎重工における復元 フルカラー

721 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 21:21:33.11 ID:s8m0IokI
>>720
俺にとって非常にタイムリー・・・
明日買って来よう

722 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 21:42:48.63 ID:jyixtUoU
>>717
大体そんなもんかな
「操縦法」は米機なんかではトレーニングマニュアルに近いか、これはあんたに任せるわ

防研には「キ61操縦法」「三式戦闘機取扱法」と二点あるようだがいずれも昭和18年なので一型なんだろうな

723 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 21:52:11.07 ID:s8m0IokI
>>722
おk。訂正して来た。
書類の名称の対応については詳しくないから、これも資料を見に防研に行ったときに何かないか見てくる。
Warbirdの証言を見る限り、T型のものみたいだね。
後はもしかしたら乙型の図面(土井さんの持っていた物の写し)に何か書いてあるかもしれないけど、これは相当望み薄だと思うし多分閲覧の方法がない。
とりあえずは明日丸を買ってきて、なおかつ時間があるときに防研に行ってみる。なにか面白い記述があったら報告する。

最初にわけのわからんコテハンと言われたからつい喧嘩腰になってしまったが、すごく助かった。ありがとう。

724 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 22:56:17.38 ID:38tTzS2f
>>719
武装と防弾に優れる5式戦かなあ

725 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 23:05:19.15 ID:AOi9CaE+
700km/hまでしか計れないメーターがそれ以上の速度を計れた理由は実物の写真見れば分かるわけだが…
指針が350km/hで1周回り二週目から350〜700km/hになる
三週目に突入すれば700km/h以上の計測値だけど簡単に三週目に入ってしまうんで一周500km/hのに変わった

726 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 23:39:45.87 ID:kPF3I138
>>724
なら五式は低空でコルセア相手ならかなり善戦しそうだね
これみると実戦はやはり武装、防弾、それに加速が重要だと感じるね
https://m.youtube.com/watch?v=nr0F1wJYTpY

727 :名無し三等兵:2016/03/12(土) 23:49:25.19 ID:AOi9CaE+
シムの経験じゃ高度に勝る優位無しだったが…
速度か旋回効率のどっちかが相手より上でないと逆転が難しい

728 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 11:55:14.12 ID:C+NrV4b9
>>726
戦闘機は翼をつけた機関銃

729 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 12:16:46.18 ID:0VZKSiuc
>>728
Ba349「ほう・・・」

730 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 13:40:23.39 ID:C+NrV4b9
>>729
桜花「なんのなんの」

731 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 14:17:57.51 ID:C+NrV4b9
>>730
零戦「お前じゃ当たらない」

732 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 15:52:40.60 ID:ZNd3+5it
>>729
MiG-25「試験飛行で終わったくせにw」

733 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 18:47:13.78 ID:pMEfDhSI
桜花は460km/h出しても舵が軽快で意外に飛行性能は良かったらしいな
重心が前過ぎで降着に難有りだったのは仕方ないが

734 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 19:01:21.73 ID:JpzHVgBc
五式戦絡みは小林戦隊長が無断でF6Fの迎撃に出て撃墜したが
超怒られ&解任かというところで昭和天皇から褒められて
不問にされたエピソードがマンガ・アニメレベルで誠に楽しい。
25歳で少佐ってのもシャア並の出世速度でアニメ並。

735 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 20:45:44.08 ID:828EUrVH
四式戦と五式戦を両方使った戦隊はありますか?

736 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:05:06.35 ID:j34q6XB/
>>726
武装と防弾はほどほどじゃないと鈍重で戦闘機戦ができなくなる

737 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:12:52.45 ID:rmTHk1UZ
>>736
太陽を背にして高速で不意打ちの射撃、一撃離脱が最も消耗が少ない理想の戦法
防弾があれば逆に不意打ち食らってもパイロットの命を守る

738 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:20:49.09 ID:pMEfDhSI
アニメで登場させたらリアリティーが無いと批判されそうな閣下も居るしな

739 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:36:04.47 ID:rmTHk1UZ
空中戦において不意打ちを卑怯と感じるか、
合理的と捉えるか、国民性もあるだろうな

740 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:39:06.49 ID:gLrvXyG8
>>739
ww
古今東西空中戦の基本は先制攻撃・不意打ちだよ。

741 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:41:07.11 ID:vyNQzGwF
>>725
二周で止まったりはしないのか?

742 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:42:45.99 ID:j34q6XB/
>>737
お前バカだろう

743 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:45:43.50 ID:qZB1whZG
>>725
本題には関係無いが二週目とか三週目とかオリコンランキングみたいだな

744 :名無し三等兵:2016/03/13(日) 23:50:18.18 ID:rmTHk1UZ
>>740
華奢な零戦は先制攻撃を受けることを想定しない設計だったのかな
>>742
バカってどこが?

745 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 00:02:14.69 ID:c/JqU8hx
>>741
速度メーターはピトー管のダイアフラムの電気抵抗を測ってるんでストッパーが無いと
何周でも回る
ダイアフラム自体の反応量は徐々に小さくなるので指針も誤差分目盛りの間隔が小さく
なるように書かれてて目盛りの先はその分を見積もる必要があるな

746 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 00:04:11.60 ID:o7f6on1p
>>744
端的に言えば優位な場所占位するのにどうすんだよ
毎回毎回そんなことできると思ってるのか
護衛任務はどうするんだ

747 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 00:06:49.42 ID:VCy6moHp
>>741
土井手記では「速度計の指針が700km/hのストッパに止まってしまって」とあるな

748 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 00:07:23.22 ID:emsM9jVI
>>746
暗号解読、無線傍受、スパイ、レーダー、高高度で巡行できるエンジン、等々

749 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 00:26:21.04 ID:emsM9jVI
巡行→巡航
バカだと思われるから訂正しとくw

750 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 00:36:36.47 ID:Tuhf8cqb
>>746
護衛任務なら有馬機護衛時の多段配置がたぶん最適解
上層三式、中層一式&零爆戦、下層四式

迎撃側は攻撃機を攻撃しようとすれば必然的に三式に被られる

751 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 01:26:14.29 ID:w5wB5hfo
まー防弾はあるに越した事はない、というかあるべきなんだが、
重量増加で出来ないことが増えるのもヤだ、って面もあるわなあ
それにしても零戦は防弾なさすぎではあるけどもね

752 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 01:31:00.49 ID:c/JqU8hx
>>747
体験談見ると速度計はある程度振り切ると壊れて戻らなくなるんで実際はストッパーが無いようだ

753 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 01:33:14.74 ID:Ejnn5f7j
防弾を充実させた結果、F2Aがどういう目に遭ったかとか
零戦52型が小気味良く射撃をかわす一方で、重装甲化したFW-190が成す術なく逃げ惑う動画とか、
そう言うのを見ると一概には言えないと思うけどね

754 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 02:07:50.73 ID:3gFrbyCn
まあそうやって極端に装甲などを施した重戦と身軽さを追求した軽戦で意見が分かれてる中、土井博士が「あほくせぇ」って言ってできたのが三式戦の始まりなんだから、このスレ的にはどちらがいいというよりバランスが大事という結論になりそうだな

755 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 02:51:26.95 ID:PSho9Kp9
>>752
その体験談は具体的に誰の?

756 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 08:46:01.85 ID:c/JqU8hx
>>755
小山進氏が著書のあゝ飛燕戦闘隊で計測限界の780km/hを超えて壊れたと書いてるな
荒蒔義次氏はII型の試験中にF6Fと遭遇して1,000km/hのメーターを振り切り壊れた
ストッパーは壊れないように付ける物なんで付いてれば壊れるのがおかしい

757 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 09:41:08.40 ID:IzFn+fyN
小山はライターの創作をまず疑うべきだな
信じる方がトンマだわ

758 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 09:51:44.58 ID:S9/oc5xz
>>753 >どちらがいいというよりバランスが大事という結論になりそうだな

これ

戦争はじめて最後の最後で、しかも企図したものでは
無かった産物の五式戦がソレだったというニホン()

負けるわな

759 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 10:41:22.45 ID:zu3dqw8o
また仕組みも知らん雑魚がウンチクしてるのかw
航空機の速度計の構造も知らずに速度が計れたか議論してるとかアホ杉だろw

>>745の言ってるような電気式は当時使ってないしダイアフラム式速度計は電力喪失でも
計測できるんで最新のジェット機にも未だに使われてる
仕組みは単純明快でピトー管から取り入れた空気圧で速度計のダイアフラムを動かして
カムを介して半円ギアを動かしメーター指針軸に付いてるギアを回してるだけ

360度回転しないメーターの場合はストッパーが必ず付くが件の速度計みたいに二回転する
メーターだとダイアフラムで動かせるカムで何回転もできんから半月ギアのが先に端まで
回りきって空回りする

空回りした分は速度が落ちても元の位置に戻らないんで壊れた状態になるんだよw
だから普通は目いっぱい回ってもギアを使い切らない分のマージンがある
だいたい目盛りいっぱいでカチッと止まる航空速度計なんか存在すると本気で思ってるのかw

760 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 12:13:15.64 ID:wdPgfRuX
>>754
いや… 重戦と軽戦はそういう区分じゃないぞ(言いたいことはわかるが)
とはいえ一式戦だって防弾板は積んでるからなあ(あまりに重そうなんで現地で外した例もあるようだが)

761 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 12:16:19.44 ID:ESM3BVTo
fast look fast shot fast kill

762 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 13:26:31.33 ID:M6uUcjf1
>>759
こうきう中途半端な自称工学系が思い込みで与太を飛ばすからな
本人に自覚が無いだけにタチが悪い

763 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 13:36:39.15 ID:zu3dqw8o
>>762みたいなパンピーが恥ずかしげも無く負け惜しみをほざくのを見るのが面白いから
教えてやってるんだ有難く拝聴してろよw

764 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 14:35:39.20 ID:aEY/E3kr
拝聴と言ってもゴミだしな

765 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 15:08:05.73 ID:3gFrbyCn
>>760
ああ、重戦と軽戦の区分で話したのは間違いだったな。
重戦のほうが軽いぶん色々積んでる印象があってついついそう書いてしまった。
防弾はあるに越したことないけど、十分に効果を発揮できる厚みや重量を考えるとやっぱり一長一短だよねぇ

766 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 15:33:27.59 ID:c/JqU8hx
確かに速度計は電気式じゃなかった
今の小型機は360度回らないんで2回転もするのはてっきり電気式だと思ってたわ…

767 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 16:35:26.20 ID:zu3dqw8o
まあ当時でも排気温度計、回転計、気筒温度計は電気式だったけどな
ジャイロと旋回計は空気式でエンジンから圧縮空気送ってた

768 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 17:35:00.18 ID:fjt1pUVj
落下式増加装甲で米軍機の一撃をしのぎ
その後は装甲捨てて身軽になって勝つる

と厨房の頃妄想した

769 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 18:09:48.10 ID:S9/oc5xz
アーマード・五式戦

770 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 19:05:18.07 ID:c/JqU8hx
12.7mmの抜ける装甲など要らんさ

771 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 19:31:04.07 ID:emsM9jVI
軽戦といえば土井氏は翼面荷重より翼幅荷重を重視したとか読んだような

772 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 22:18:00.01 ID:fP0bbhV7
でも防弾装甲も機銃の直撃を防げないとしても被弾してもそこからちぎれ飛んで機体が
バラバラにならないという効果もあるな。零戦とか被弾するとそれこそちぎれて吹っ飛
ぶ映像とか腐るほどある。松山上空戦で紫電改とやりあって機体に被弾したF4U見たが
なんか穴が開いてるだけで全然平気だったし。紫電改相手だと20ミリだろあれ?零戦と
か日本機なら当たってそこから空気抵抗でバラバラになってるだろ。

773 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 22:30:19.08 ID:tCi+mqvX
>それこそちぎれて吹っ飛ぶ映像とか腐るほどある
吹かしきたーw
そんなにねーっつの

774 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 23:45:03.31 ID:t6QPGxSf
>>772
ちぎれて吹っ飛ぶ映像って例えば?

火達磨の映像ならよくあるけどな。

775 :名無し三等兵:2016/03/14(月) 23:58:42.11 ID:NhbHg3WE
煽りじゃなく見たい、どこの動画なんだろ

776 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 00:50:03.34 ID:eRZA8s1E
>>454
>重防御と良品質の防漏タンクにより、この機体はよくヒットさせない限り、
>ゼロやオスカーのようにたやすく爆発したり炎上したりするという傾向はない。

飛燕は燃えにくいのか
その代わり重くなったか

777 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 06:01:30.37 ID:loTfHWdX
https://www.youtube.com/watch?v=oSAnYHatFB0

ようつべだとこれが有名だが

778 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 08:10:30.73 ID:SOK3PRy1
桁に機銃弾が直撃したらB-24だって真っ二つになるがな・・・

779 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 08:11:22.23 ID:C2NbJ/Y3
>>771
翼が高アスペクト比だと揚抗比が高くなる
三式戦と雷電は翼面積が同じだけどシムでも翼型の違いが飛行特性に出てるな

780 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 13:09:20.56 ID:ZtvgUk/F
機体構造の堅牢さと装甲の有無が関係無いのが理解できないパンピーw
戦車みたいに機体が装甲で出来てると思ってるのかw

781 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 13:19:48.69 ID:qfmDAVyV
防弾うんぬんより高速化に対応して機体が頑丈になってるだけなんじゃまいか <バラバラ
そーいや松本御大がどっかにそんなコマ入れたたな

782 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 15:08:35.52 ID:2L+qKIKe
衝撃降下90度

扉絵の雲がまた松本零士していてグっとくる
http://blog.goo.ne.jp/saitamaev/e/cf598aab28a2a1f1b86b3b5ddeb8391e

783 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 15:38:56.81 ID:C2NbJ/Y3
被弾に脆いイメージは零戦なんかの薄過ぎる外版が裂けるって話からだろう
実際に被弾した写真とか見ても穴の開き方とか欧米機と変わらないわけだが

784 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 16:12:38.36 ID:ZtvgUk/F
戦闘機の外板がジュースの缶みたいな唯のアルミ板だと思ってるんだろw

785 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 17:08:25.93 ID:3bgBbdd7
>>780
F6Fなんか機体外皮ですら固そうなイメージ

786 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 17:39:11.30 ID:qfmDAVyV
思い出した、空中分解じゃなくて自動消火装置とか防漏タンクだ
「ガンカメラ映像を見ると、大戦末期になると脚やフラップが飛び散るほど撃たれても火が出ていない事がある」
だっけか

787 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 17:59:13.35 ID:ZtvgUk/F
当時の機体は今のジェット機にも使ってる24S系超ジュラルミンの円框と縦通材に
24S系超ジュラルミンを腐食しにくい純アルミで挟んで焼入れしたクラッド材の外板を
リベット止めしたセミモノコック構造で材質は同じ

日本は外板の厚みが薄目なんで強度を持たせるのにリベットの間隔が狭くなってた
後期の機体は外板の厚みも増えてリベットが減ってるんで全然変わらん
ちなみにリバースエンジニアリングの復元機は外板も欧米機並みにしてあるんで
翼の上をドタドタ歩けるらしいw

788 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 18:19:17.99 ID:CRZBzUmy
ナルノ
も要らないのか
部分的に羽布貼りなかったかっけ?

789 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 18:50:46.14 ID:C2NbJ/Y3
さすがにフラップの上は踏めんだろう…
舵の帆布張りは知らんがカナダのロシアンゼロ22はタブが自動可変になったスーパー零戦だったな

790 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 20:44:34.93 ID:L+DgEoXv
>>779
零戦と飛燕、雷電と飛燕はそれぞれ全幅12メートル、翼面積20平方メートルと
そこまで細かく軍から要求されて設計されたかもしれないきっかり数字

791 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 21:00:43.98 ID:3l3EFHul
零戦は艦上機でエレベーターの大きさ制限があったから

792 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 21:02:50.87 ID:L+DgEoXv
それでも翼端折り畳んでるけどね

793 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 21:21:33.64 ID:SOK3PRy1
震電も実は空母のエレベータのサイズに合わせて作られてたりする
まさかの艦上機化計画でもあったのだろうか

794 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 21:32:15.25 ID:eXER8Nyn
プロペラと着艦用のフックはいったいどうなったんだろうかw

795 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 21:50:59.28 ID:DdhzMRRe
機首の30ミリのかわりに爆薬詰めて
飛んだら二度と帰らない想定

796 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 22:10:32.89 ID:mHge8vmV
>>776
それ以前に
零戦は翼に燃料タンク積みまくっててたから
的がデカイんだよ

飛燕はほとんど胴体燃料しか無いので
的としては小さい、この辺もデカイ

797 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 22:26:30.37 ID:3l3EFHul
>>796
翼内燃料タンクの大きさをしらべてみな。たいした大きさではないとわかるから。

798 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 22:33:19.17 ID:mHge8vmV
>>797
22型から
外翼に積み出しただろ

799 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 22:49:36.14 ID:L+DgEoXv
スレちになるが、零戦て21型が最も活躍したのに「零戦といえば52型」
ぐらいに52型が人気があり、あらゆるところに出てくるのはナゼ?

800 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 23:02:38.40 ID:bXOVsuYE
零戦がもろいのはバカ穴のせいだろ。

801 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 23:04:01.95 ID:O1tp6XZ/
>>799 21型は機首がカッコ悪いからな

802 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 23:21:54.02 ID:bXOVsuYE
>>799零戦シリーズで生産されたので大半が52型系列だから。零戦全生産数の
7割くらいが52型じゃなかったかな。

803 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 23:55:22.36 ID:ljjOkd3H
>>772
Fw190と零戦 回避性能の違い
https://www.youtube.com/watch?v=-HnW861moHI

防弾装備の有るFw190。
でも機体が重くなって回避性能低下したら本末転倒と
日本軍パイロットは考えた。

804 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 23:58:49.73 ID:gmOjZqev
陸軍は防弾してたけどな

805 :名無し三等兵:2016/03/15(火) 23:59:47.75 ID:L+DgEoXv
>>801-802
なんとなくわかったような気がするよ
一般の人(それこそパンピー)は戦況の歴史など知らないし、知ろうともしないからね

806 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 00:13:38.55 ID:wawQgwms
四発重爆を迎撃するために重装甲化したFw190と
四発重爆を迎撃するために装甲板を降ろした三式戦の対比が面白いね

807 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 00:19:46.60 ID:CZyc5XjG
戦後すぐからしばらくは52丙とかが人気で、
大空のサムライとか勝ち戦のエピソードのせいか20世紀末までは21型が一番人気
で、今は戦争中盤から後半の戦史も割りと知られるようになって52に戻ったという感じ

808 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 00:25:23.31 ID:Ts1ia98E
フル武装全部載せみたいな感覚で丙が人気なのはまあ分かる

809 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 00:34:46.99 ID:lb7eT561
>>803
性能が元々不足してるのを理解したうえで防弾版を装備したフィンランドの選択のほうが面白いな

>>806
そらまあ高高度に到達できないと戦いすらできないんだから降ろさざるをえんだろう

810 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 03:53:21.86 ID:CCZrKAHG
話をぶった切るが、五式戦の話は?

811 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 05:03:28.99 ID:BtUMyiG3
ひどい通説が性能が少ししか上がらなかった52型なぞ生産せずに21型を
作り続ければよかった的な通説だな。歴史群像の零戦52型の話でこれが
とんでもない素人通説であったことがよくわかったわ。

812 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 06:14:48.04 ID:pORn6kgl
>>811
52型がなぜ最多なのか、その合理性を説明しなくてはな。四式戦が残り一年で3500機ってのも。

813 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 06:33:54.14 ID:CW9PVrhj
>>810
零式と四式を語らずシて三式&五式を語るなかれ

814 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 08:25:08.63 ID:d1mGTMlK
またキチガイかよ
疾風スレで暴れてろよ

815 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 12:07:02.03 ID:JXujUNAE
ゾンダーコマンド・エルベ<…

816 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 13:10:40.64 ID:Fz1A99eS
>>800は零戦の穴開きフレームの実物見た事無い馬鹿
全部の穴が押し出しフランジになってて一枚板より強度が出るようになってる

817 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 14:26:37.59 ID:sh8V1Sgw
五式戦は244戦隊で短い運用期間中に胴体砲の同調不良で12件もの事故が起きてる。
20mmのプロペタ圏内搭載はやはり無理が・・・

818 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 16:25:56.79 ID:eHDaShtg
>>812
零戦52型は主翼を短くして主翼の先端を折らなく
でも空母のエレベーターに乗せる事が出来た。
要は生産性が上がった。

零戦21型
http://www.webmodelers.com/image/m07973.jpg

819 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 16:55:53.32 ID:oIwaPJPg
飛燕のときは事故起きなかったの?

820 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 20:18:49.39 ID:wv0OgVgT
>>807
>大空のサムライ
親父も愛読していたんだが、嘘偽りありのノンフィクションだと知ったときの
ガッカリ感と言ったらなかったよ。痛快な時代劇のようなものなのだろうが、
やはりノンフィクションは真実だけを伝えるべきだと思う。

821 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 21:06:27.00 ID:XAglEnuk
>ノンフィクション
現実はミリオタライターが戦時中の生き残りにちょっとインタビューして
中身の大半はほとんど創作してるんだから仕方ないべ

822 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 21:10:04.75 ID:JXujUNAE
秘めたる空戦なんかも創作部分が多いんで史実に近い部分が分かり難いな
永遠のゼロみたいにフライトシム脳で創作されたのはアレだが…

823 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 21:22:10.67 ID:SpOO/oPO
>>812
中島が作ってくれたお陰だな
4式戦も中島

つまり中島頑張ったということだな

824 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 21:36:04.27 ID:wawQgwms
三菱は東海地震で壊滅してたし・・・

825 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 23:21:49.88 ID:BtUMyiG3
>>816お前本当に頭悪いなあwどこの超理論だよ。
その学説を学会で発表してノベル賞とってみ?

826 :名無し三等兵:2016/03/16(水) 23:37:53.21 ID:JXujUNAE
え??
立体プレスの肉抜きって車のフレームじゃ普通だけど?

827 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 00:02:27.59 ID:WvjzPjbH
じゃあなんでああも簡単に空中分解したり機銃撃つと歪んで
ああも命中精度が悪いんだよ。現実受け入れろ

828 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 00:16:49.55 ID:4WJNnCxN
そう簡単に空中分解しないし(試作機は悲惨なことになったが)
肉抜きはグラマン鉄工所でもやってるよ

829 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 00:19:51.68 ID:j7T9zjcF
機銃を撃ったら歪む説も裏はとれてないからなぁ
52丙になって命中率が落ちたなんて話も聞かないんで
ぶっちゃけただの言いがかりだと思う

830 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 00:31:45.66 ID:SJiOaNcJ
零戦から紫電改に乗り換えた搭乗員の証言では20mmが当たるようになったとあるけどね。

>>827みたいな妄想は擁護不可能だけど

831 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 00:35:56.34 ID:j7T9zjcF
同じ機銃で揃ったから当てやすくなっただけじゃね?
補強したら反動1.5倍の5号銃にすら耐える零戦の機銃支持構造が
そうそう簡単に歪むとは思えない

832 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 07:42:51.04 ID:8kXirFgo
零戦との比較でも元の零戦が2号銃付きなら比較対象にはなるけど
練戦の1号銃との比較だったりしたら話にならないよね。
空中分解とか連呼する人居るけど試作機時代はそういうのは良くあるのしらないのかな?

833 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 08:14:56.42 ID:SJiOaNcJ
>>832
零式練戦は翼の20mmは搭載してないよ

834 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 10:06:29.99 ID:ZCYirYc3
同じ銃でも4門になれば弾道交差距離を変えられる
つまり打ち上げ角を二種類にできるんで距離の目測の難しい交差射撃で当て易い

835 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 11:00:26.52 ID:mz3W3V2s
>>825はフランジやビードみたいな立体成型補強が存在しない世界から書き込みしてるのかw
加工工法の特許ならともかく形状で超理論とかノーベル賞とかどこの未開文明なんだwww
パンピーとか無知とか通り越して知能障害疑うレベルw

836 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 11:58:52.71 ID:8kXirFgo
確かに練戦は胴体銃しかなかったね。
失敬。

837 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 12:45:57.38 ID:1utj7g/z
>>835
お前もいい加減にしろ。無知は罪だが
その罪を嘲笑っても得るものはないだろ?
黙ってスルーしろ。お前に知性があるならば。

838 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 14:14:04.76 ID:y0I9NwAb
なるほど、スルーできない>>837には知性はないのか

839 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 14:22:23.66 ID:mz3W3V2s
だいたいそれを言うなら「無知の知」だろ
無知が恥なんじゃなくて無知だと自覚しないのが恥

840 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 15:10:58.72 ID:+sXUnoYa
>>825 ←真性のバカ
>>835 ←知識はあるが品が無い粘着系

841 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 19:11:30.03 ID:JdKBYOhu
零戦の急降下速度制限は空中分解では無く
舵が効かなくなって地面に激突するからでないの?

842 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 19:54:38.76 ID:4WJNnCxN
そんなの聞いたことないけど多分やりたくてもできないだろう

五二型でも過速すると頭を上げる傾向があって操縦桿を抑えきれず急降下爆撃は困難ってぐらいだから

843 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 19:56:04.98 ID:t5VJEg0J
>>841
それは引き起こし不能による墜落。機体強度が不足しているとフラッタ
が発生して機体破壊に至る。

844 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 20:20:09.05 ID:4YnkK7JP
このスレ、五式戦闘機とは関係ないレスばかりだけど、一番真面目なスレじゃね?

845 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 22:50:51.64 ID:SJiOaNcJ
>>834
>つまり打ち上げ角を二種類にできるんで距離の目測の難しい交差射撃で当て易い

残念ながら343空ではやってないので>>830にはあてはまらない。
というか日本でそれやってる例が思い当たらない。

日本では大体200mで交差する照準だね。

846 :名無し三等兵:2016/03/17(木) 23:11:27.16 ID:t5VJEg0J
>>784
日本ニュースで撃墜されたB-24の裂けた胴体を見たら
外板が思ったよりもペナペナだったのには意外な気がした。

847 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 07:27:48.31 ID:LKr7V5hQ
強度不足ならフラッター発生で壊れるが、フラッターそのものは機体強度とは別な要素もある。

848 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 07:45:36.48 ID:TTgsYX5U
>>827
>じゃあなんでああも簡単に空中分解したり機銃撃つと歪んで

大陸打通作戦を成功に導いた「四式戦闘機疾風」
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1354384442/

849 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 08:13:33.21 ID:F8ltBZxH
フラッターは空力計算の間違いで強度の問題じゃない

850 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 10:12:57.96 ID:v2QaI0xP
>>845
海軍は乗機固定じゃなかったから調整の変更はしなかったと思うが陸軍は個人的に
工夫してたパイロットが居たそうだ

851 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 13:24:09.65 ID:1V4rGB+R
フラッターは強度つか剛性の問題でもあるよ
フラッター自体は必ず起こってるだろうけど、「それが破壊に至るレベルか」って問題だからさ
零戦の場合は「この強度なら絶対壊れないだろ」と思ってたら実験のやり方に問題があって、はるかに低い速度で壊れました、だし

852 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 13:35:51.99 ID:D11tCbEA
零戦の急降下制限は翼の特徴を理解してれば分かる話
航空機が高速時にダウンピッチで飛んでるって話は既出なんで省く

零戦くらい高揚力の翼だと機首下げも大きい上に翼端に捩じり下げもあるんで
同じ強度でもダイバージェンス現象を起こす速度が低くなる
これが翼の復元力で自励振動を起こして古典的な捻りフラッターになる

引き起こし強度12.6Gの堅牢な桁構造でも周期振動の損傷は避けられないんで
制限速度を下げてた
だから外皮厚を増やしただけで欧米機並みの速度制限にできたわけ

開発時の事故は一つは低速向けの補助翼が高速時に重くなるのは分かってたので
可変タブを付けたら補助翼自体の震幅増加に働いて損傷起こすフラッターになった
これは原因のタブを固定タブに変更しマスバランスを付け対策

もう一件は昇降舵のマスバランスが損傷してフラッターを起こしたので構造強化した

853 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 19:04:02.25 ID:v2QaI0xP
高速時の機首を下げで主翼の捻り下げが迎え角の増大と同じ意味になるって事なのか
それだと急降下中の浮き上がり押さえの困難と引き起こしの重さの説明がつくな

前から急降下中に機首が上がるってのは引き起こしに力が必要になる話と整合しないと
思ってたんだよな…
追跡中だと目の前に目標があるんで浮き上がりを機首上げと勘違いってのは考えてたが

854 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 19:13:37.14 ID:F0xpvogT
零戦厨ってなんで無理筋な零戦ねつ造やるんだろうな。20ミリが弾道特性に問題ないとか
急降下性能に問題がないとかさ。そんなの使用してた零戦乗りがダメだって言っとるのに

855 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 19:52:12.57 ID:gEUa7HAW
>>854
でも皇軍が虐殺した中国人は多ければ多いほどお国自慢になるし、また進歩的でリベラルだと思うぞ。

856 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 19:55:46.38 ID:1V4rGB+R
いまだに弱小列伝がネタになると思ってる化石みたいな馬鹿もいるんだな

857 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 20:05:50.24 ID:F0xpvogT
零戦乗りが実際にダメだと言ってるからしょうがないね。現実は直視しよう。

858 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 20:12:47.64 ID:SXDLB1En
>>853
ロールうって逆落とし状態での急降下の話じゃないの

859 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 20:19:06.19 ID:gEUa7HAW
>>857
>零戦乗りが実際にダメだと言ってるからしょうがないね。現実は直視しよう。

−P.クロステルマンは、1944年の状況について次のように書いています。
「…フォッケウルフFw190やメッサーシュミットBf109との戦いでは、タイフーン部隊はしばしば12機中6〜7機
の損害を出していた。スピットファイアは無力であった…」
タイフーンというのはイギリスの戦闘爆撃機で、戦闘機スピットファイアがこれを護衛したわけです。それで質問なのですが、
あなたのいた戦闘機連隊が護衛した襲撃機も、1944年には同じような規模の損害を出していたのでしょうか?
 いいや。あんた、何を言ってんだ?!12機の襲撃機で出て6機落とされるなんて、護衛機の隊長は軍法会議ものだよ。
議論の余地もないね。1944年はおろか、1943年だって許されないレベルの損害だ。
−それでは、どの程度の損害までなら許容されたのでしょうか?
 12機なら1機、多くても2機だな。もしも6〜10機のヤクに対し、12〜16機の「メッセル」が襲ってきた場合の話だ。
それだったら、あるいは許してもらえたかもしれん。許してもらえるといったって、それは軍法会議にかけられないだけの話で、
いずれにしても護衛隊の長機は陰で色々言われることを覚悟せにゃならんがね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

860 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 20:20:19.83 ID:zcrFhZW1
>>857
>零戦乗りが実際にダメだと言ってるからしょうがないね。現実は直視しよう。

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

861 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 22:34:30.52 ID:0p+NCq2Z
飛燕は金星62型に換装したが零戦はしなかった。これは単に強度の問題なんじゃないか

862 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 22:39:12.11 ID:rGtQu2kc
>>861

零戦五四型丙は金星六二型装備だが?

863 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 22:44:11.67 ID:0p+NCq2Z
>>862
実戦配備されなかったという意味

864 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 23:19:14.08 ID:0KAQg0VN
彗星ですでにエンジン使ってるから零戦にまでまわすのはなぁ。強度関係ないでしょ。

865 :名無し三等兵:2016/03/18(金) 23:56:11.70 ID:BtPraGDm
金星を積むと全備重量が大きく増えるので機体補強しないと荷重制限7Gを割り込んで戦闘機として使えなくなるかも…

866 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:18:30.26 ID:Lxuzig4G
首無し飛燕に金星ポン付けで行けたから五式戦は実戦に間に合った
首無し零戦52型に金星ポン付けじゃ使えないから64型は実戦に間に合わなかった
と言うのはあるだろうね

ただ、飛燕に金星がポン付け出来たのは
強度云々じゃなくて全くの偶然によるものだから

867 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:23:06.95 ID:lfxFHpv2
キ100の場合軽くなる方向だったので補強云々の話は無くて良かったな

868 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:23:17.49 ID:/N8DSVh3
零戦54型のテストパイロットはこの戦闘機を賞賛していたということだし、程なく量産の話にはなってるので特に大きな問題は無かったはず
1500馬力クラスで全備重量3150キロというのは常識外の軽さで、武装も防弾も十分で電動操舵系も装備
速度と急降下ではやや劣りそうだが総合的には五式と甲乙つけがたい気がする。
まぁ量産に至らなかったので結局は五式以上に間に合わなかった失敗作なのだが。

869 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:23:34.19 ID:6NnQLOI7
>>866
海軍が水メタノール噴射の栄三一型に固執していて金星採用による
開発期間の増大を認めなかったからでは?

870 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:26:32.37 ID:lfxFHpv2
>>865
「金星装備により機体補強せざるものは航続力四割減且強度6Gにして実用価値なく之を考慮せず」

871 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:29:17.23 ID:Lxuzig4G
>>869
仮に栄31型に固執してても
金星ポン付け出来るなら、石川島のチョンボで
首無し零戦が溢れた時期に金星零戦が登場してたろ

逆に金星ポン付け出来ないなら、ハ140の生産遅延で並んだ飛燕の首無し機は
そのまま終戦まで野晒しだったろうさ

872 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:34:09.85 ID:lfxFHpv2
零戦に金星が回ったのは百偵三型の増産中止の余禄では無かったかと

873 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 00:43:54.82 ID:Rrfe8uxe
>>858
背面降下ってループする時には必ず起きるけど操作困難になるって話は無い
つまり降下角じゃなくて速度が問題だという事になる
通常はアップピッチで翼端失速を防ぐのに働く捻り下げが高速時のダウンピッチで
下向き迎え角を増やす結果になって起きる現象だと説明がつく

874 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 08:06:25.99 ID:dK7uRmrM
>>873
背面せずに急降下すると過速で頭上げになるから急降下できない
背面降下で速度あげると問題が起きるんだろう

そもそもそん頭下がらんと思うぞ
F2Aに乗った荒蒔義次が「操縦性は鈍重かもしれない、敵器に向かって突進すると沈みがちでよほどレバーを入れて突進しないと直進できない。
しかし高速一撃離脱にはかえってもってこいかもしれない」
速度あげてそんなに頭下げる機体は修正が大変で操縦性が悪いことになる

P-40もトリムの奴隷とか言われるぐらいひどかったそうだが(初期の)米軍機はそういう傾向が高かったのかな?

875 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 08:30:54.24 ID:qYwnuwu4
>>868 >零戦54型のテストパイロットはこの戦闘機を賞賛していた

第2次世界大戦ブックス愛好家キターw

876 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 08:37:23.12 ID:Rrfe8uxe
>>874
加速で頭上げを起こすって奴がよく居るけどピッチアップのモーメントがどこで発生するのか分からん
機体の重心は翼の揚力点より前にあるから加速するとピッチダウンのモーメントになるんじゃね?

877 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 09:31:01.31 ID:lfxFHpv2
霞ヶ浦航空隊作成「戦闘機操縦者空中戦闘要領」より

===
五.零戦に依る降下爆撃法

五二型の急降下爆撃は、一般に困難。過速になると、頭を上げる傾向を生じ、操縦桿を抑へきれず。
降下角30度位の緩降下は比較的容易なり。
(略)
1.抵抗版無きため、過速となり制限速度を超過することあり。降下速度が一定ならざるため、
  投下諸元がその都度異なり、又、過速となりたるときは照準投下困難。而して被害減少の
  ためには、速度を大となさざる可らず。
2.測風装置、降下角装置なきため、勘によらざる可らず。
(略)
●突撃要領
 接敵は高度6000米以上。徐々に機首を下げ、20度以上に保ち、降下角大となるに従ひ、
 発動機を絞り、加速となるを防止す。
(略)
 投下時の高度は300米、投下時の機速は計器速度300kt。
(略)
 二一型の場合は、強度が問題となるため、終速を制限する(計器速度260〜280kt)。
===

878 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 09:57:51.20 ID:Rrfe8uxe
>>877
こういう文章見て浮き上がりと機首上げを混同してるんじゃないのかね?
航空機は進む方向に向こうとするから浮き上がれば当然機首も上向くわけだが…

879 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 10:20:56.39 ID:lfxFHpv2
後付けの言い訳を見るのは面白い

880 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 10:31:20.84 ID:lfxFHpv2
零戦の降下性能についての空技廠の見解

987 :名無し三等兵:2012/07/04(水) 21:13:04.71 ID:???
また>>986と同時期1942.12の航空本部資料にて空技廠による陸戦構想が述べられている
内容は以下の通り

1.陸戦を作る必要がある
2.本機の第一特質は高々度性能の優秀であることである
3.最大速度が大きいことは必要だがこれを多少犠牲にしても降下制限速度を
  できるだけ大きくする必要がある(現在、零戦はP40等に対して徹底的に
  攻撃できないのは降下時の加速が少ないことと制限速度が小さいためであって
  水平速度が若干劣るためではないと認められる)
4.本機1機種で進攻する場合は空戦性能に原則をおいて翼面荷重150kg/平方メートル
  程度であることが必要である
5.十七試艦戦との共同進攻を行う場合は翼面荷重180〜190kg/平方メートルとし
  できるだけ最大速度の大きい陸戦が必要である
  この場合の航続力は艦戦と同じでよい

横空所見として

1.侵攻作戦において敵に負けない戦闘機(格闘戦に強いもの)と敵を逃がさない
  (高々度、高速のもの)が必要である

十七試艦戦と陸戦、棲み分けが想定されている

881 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:09:50.37 ID:T8sxJZjF
なんちゅう酷いパンピー議論w
飛行機の飛ぶ理屈も知らん奴が語るとデタラメになるって典型でワロタwww
>>878
航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw
爆弾積んだ零戦は水平飛行するにも相当なアップトリムとらないと飛べないんだよ
つまり最初から凄い機首上げモーメントがかかってるの

0G降下なんかしたら機体を支えてた分の機首上げがもろにかかって凄い頭上げが起きる
高度が低い上に爆弾投下スイッチはトリムやスロットルから離れてるんで降下中の操作もできん
だから機体にかかる重力があまり変わらない角度と速度でないとまともに飛べん
こんなのドヤ顔で張ってる>>877も恥さらしの馬鹿だがw

882 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:12:12.27 ID:lfxFHpv2
俺理論を否定されて
資料否定に走るのを見るのも面白い

883 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:17:13.60 ID:T8sxJZjF
資料否定なんてしてないが?w
なんでそうなるのかプロ向けの文章読んでも理解できないパンピーに説明してやってるんだよw

884 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:20:22.06 ID:lfxFHpv2
>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

現実は作ってるから仕方ない

885 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:23:58.34 ID:T8sxJZjF
>>884
だからお前は馬鹿なんだよ
お前みたいな素人が理解できるような回りくどい説明なんかパイロットにするわけないだろw

886 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:26:23.49 ID:lfxFHpv2
まあこのスレは史実の存在を語るスレなんで
脳内でヒコーキ飛ばしたい人は他所でどーぞ

887 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:29:05.49 ID:T8sxJZjF
>>886
説明見ても理解できない馬鹿こそ戦記小説でも読んで空想してろよw

888 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:34:26.52 ID:lfxFHpv2
脳内零戦の説明より史実としての練習航空隊の教範の方が資料価値は高いかな
残念ながら

889 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:39:35.34 ID:T8sxJZjF
>>888
資料価値はお前みたいに読んでも意味が分からない馬鹿にとっては皆無なんだよ?
最低限の航空工学知識を身に付けてから読もうなボウヤw

890 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:41:05.97 ID:lfxFHpv2
ということは

>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

これは撤回すると

891 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:44:08.39 ID:lfxFHpv2
ということでまとめると

>>876
>加速で頭上げを起こすって奴がよく居るけど

>>877
>五二型の急降下爆撃は、一般に困難。過速になると、頭を上げる傾向を生じ、操縦桿を抑へきれず。

表現まで一致
よく居る元祖は練習航空隊でした

892 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:44:47.57 ID:T8sxJZjF
>>890
それは>>878が浮き上がりと機首上げを混同してる文章だと言ってるからプロは
そんな素人表現はしないと言ってる

893 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:46:21.03 ID:lfxFHpv2
ナゼか不思議な>>878擁護で1ポイント?

894 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:48:26.41 ID:lfxFHpv2
まぁ書いてあるものはしょうがない
としか言えんな
そういう時補正すべきはヲタ思考かな

895 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:50:47.93 ID:T8sxJZjF
>>891
それはお前みたいに>>877のような特殊な状況での飛行説明を見て常時そうだった
と勘違いするパンピーが言い出したんだろうな
多少なりでも飛行に関する知識があればそんな勘違いはしないがw

896 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:55:14.06 ID:lfxFHpv2
あと省略部分には
やたら細かいトリム度数とか
追風横風向風のときの補正の方法とか
プロペラピッチや油冷却器や
カウルフラップなど
細かい数字や設定がありますがバッサリ略しました

いやはや大変ですね

897 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:56:01.94 ID:lfxFHpv2
>>895
ということは

>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

これは撤回するということですね

898 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 11:57:33.66 ID:T8sxJZjF
>>896
そこまで細かい説明があったのに意味が分からないまま張ってたとか救い難い低知能だな…

899 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:00:05.38 ID:lfxFHpv2
>>898
そりゃモノホンの教範ですからねえ


>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

これは撤回するということですね?

900 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:02:40.52 ID:lfxFHpv2
>>898
省略部分はちゃんと
「略」って書いてたでしょ?
単にあなたが軽率だったんですよ

901 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:05:58.56 ID:T8sxJZjF
>>897>>899
何を言いたいのか分からんw
当時のプロがプロに分かるように書いた説明を無知なパンピーのお前さんが読んで
勝手に勘違いしたってだけの話だし

902 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:08:49.63 ID:lfxFHpv2
つまるところ>>877の引用の元本は
戦争末期の零戦の現場での運用を知る上で
数少ない資料

これについて知らない時点で
軍板で史実の存在としての零戦を語るには
まあ物知らずと言っていいでしょうね

903 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:12:36.38 ID:KmHSrehK
まー速度が変われば舵面に働く空力やらも変わりますんでね
そない単純に飛べるならそもそも教本いらんっていう

904 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:14:45.94 ID:lfxFHpv2
>>901
そろそろ引き際ですよ?
勝利宣言でシメますか?

905 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:15:24.13 ID:T8sxJZjF
>>902
その運用を知る事ができる貴重な資料を読んでも理解できない時点で>>902
生きてる価値が無い屑だな
むしろデタラメ吹聴するしかできない害毒と言っていい

906 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:41:29.45 ID:lfxFHpv2
はい勝利宣言乙です

>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

が一転

>>905
>その運用を知る事ができる貴重な資料を読んでも理解できない時点で

結局貴重な資料で落ち着きました

907 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 12:44:28.54 ID:dK7uRmrM
>>905
毎度思ってたんだけど速度あげると頭下がるとか爆弾積むとすごい頭上げとか実際何度ぐらいになるのよ

908 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:00:05.95 ID:lfxFHpv2
>>907
それはまず
>>905が玄人ならではの数字を出す
そして資料の数字を出されてキレる
この繰り返しかと

909 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:10:34.98 ID:T8sxJZjF
>>906
>>892で書いてる事も理解できない知能しかないのか…

>>907
トリム角なんか機体や高度や速度で変わるのにどう示せとw
これだからパンピーは…

910 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:16:34.72 ID:dK7uRmrM
うんまあ絶対こう言って逃げると思ってたわ
そんなこと言ったら最高速度だって条件によってかわるわけであって
わかるだけの条件も書けばいいだけ

911 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:22:37.88 ID:T8sxJZjF
>>910
お前は何の前提も指定も無しで最高速度いくらよ?なんて聞く間抜けに答えを出せるのかw

912 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:34:06.68 ID:lfxFHpv2
まあ史実の資料を
ガセネタ扱いした時点で詰んでるな

913 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:37:41.43 ID:T8sxJZjF
>>912
史実の資料をまともに読めなかったお前が底抜け恥さらしだっただけだが?w

914 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:39:32.80 ID:T8sxJZjF
>>912
史実の資料をまともに読めなかったお前が底抜け恥さらしだっただけだが?w

915 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:44:55.15 ID:lfxFHpv2
ガセネタ扱い君は
こちらの出した>>896
意見を変えたようだが
所詮論争相手の出す情報如何で
判断を左右されるようでは
パンピー以下としか言えんな

916 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:48:09.48 ID:lfxFHpv2
しかし

>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

重ね重ねこれは面白いご意見
実際に作ってるのである

917 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:50:10.39 ID:T8sxJZjF
>>915
2016/03/19(土) 11:17:13.60 ID:T8sxJZjF
資料否定なんてしてないが?w
なんでそうなるのかプロ向けの文章読んでも理解できないパンピーに説明してやってるんだよw

最初からガセだなんて言ってないが?馬鹿なパンピーが勘違いしてたから教えてやっただけw
悔し過ぎて捏造ですかwシナ朝鮮の血でも入ってそうだなww

918 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:51:15.91 ID:lfxFHpv2
残念

>>881
>航空隊がそんな素人みたいな説明の教本作るわけないだろw

言っちゃってるね

919 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:52:23.17 ID:T8sxJZjF
>>916
底抜け馬鹿だなw
お前みたいな馬鹿な素人が読んでも意味が分からないだけでプロにはチャンと分かる説明なんだよw

920 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:52:42.08 ID:lfxFHpv2
いちいち念入りに付けている
草や煽り文句が虚しく響くな…

921 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:54:06.62 ID:lfxFHpv2
ということで内容面では

>>876
>加速で頭上げを起こすって奴がよく居るけど

>>877
>五二型の急降下爆撃は、一般に困難。過速になると、頭を上げる傾向を生じ、操縦桿を抑へきれず。

表現まで一致
パンピー元祖は練習航空隊でした

922 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:55:21.95 ID:T8sxJZjF
>>920
お前みたいな恥さらしの素人が真っ赤になって恥の上塗りするのを見るのが楽しくて堪らんw

923 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:56:56.86 ID:lfxFHpv2
捏造疑惑も晴れたようなので改めてFAをば

>>876
霞ヶ浦航空隊作成「戦闘機操縦者空中戦闘要領」より

===
五.零戦に依る降下爆撃法

五二型の急降下爆撃は、一般に困難。過速になると、頭を上げる傾向を生じ、操縦桿を抑へきれず。
降下角30度位の緩降下は比較的容易なり。
(略)
1.抵抗版無きため、過速となり制限速度を超過することあり。降下速度が一定ならざるため、
  投下諸元がその都度異なり、又、過速となりたるときは照準投下困難。而して被害減少の
  ためには、速度を大となさざる可らず。
2.測風装置、降下角装置なきため、勘によらざる可らず。
(略)
●突撃要領
 接敵は高度6000米以上。徐々に機首を下げ、20度以上に保ち、降下角大となるに従ひ、
 発動機を絞り、加速となるを防止す。
(略)
 投下時の高度は300米、投下時の機速は計器速度300kt。
(略)
 二一型の場合は、強度が問題となるため、終速を制限する(計器速度260〜280kt)。
===

924 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:58:24.64 ID:lfxFHpv2
>>922
まあ自称プロや玄人は何処にでもいますので

925 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 13:59:24.36 ID:lfxFHpv2
省略部分の細かい数字は自分で資料探してね

926 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:01:01.08 ID:T8sxJZjF
>>922
論破済みのコピペはつまらん
もっと頑張れよw

>>923
特殊飛行の説明見て通常飛行も同じだと思っちゃった感想はどう?w
ちょっと勉強しようと思ったかな?ボクちゃんw

927 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:06:06.57 ID:lfxFHpv2
さて空技廠の見解は>>880
現場の見解は物足らんというわけですね

928 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:14:35.08 ID:T8sxJZjF
まあその所見を見ても>>927は何を書いてるのかよく分かってないんだろうな…

929 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:17:15.15 ID:lfxFHpv2
所詮この二資料が
初見でしかない人が何を言っても

市販書籍ベースでいいので
玄人でプロの>>928に出典を紹介して
もらいましょうか

930 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:27:56.77 ID:KwD4kdQZ
25番抱えても頭が上がりますか

931 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:29:31.54 ID:T8sxJZjF
>>929
別に古書やアジ歴で原文探さなくても変な捏造改変してないコピペなら読んだだけで
理解はできるな
全文説明して欲しかったら張ってみ?

932 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:34:33.08 ID:T8sxJZjF
>>930
そういう素人丸出しの質問は面白いけど答えるのが面倒なんだよな
まず飛行機が飛ぶ理屈を理解してから始めたまえ

933 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:49:27.15 ID:dK7uRmrM
>>932
それよりお前は零戦が速度あげると頭が下がるとか爆弾積むと頭上りがひどいとか何に書いてあるのか教えてくれよ
ぶっちゃけ一般論を言ってるだけじゃないのか

934 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 14:57:03.31 ID:T8sxJZjF
>>933
いや速度でピッチがどう変わるかは状況で違ってくるから速度が上がれば機首が下がるとは限らん
同一高度で巡航基準以上の速度だとダウンピッチにしないと直進できないだけ

もちろん爆弾とかで重ければ増速やビッチアップが必須で大抵速度は出なくなるんで
ピッチアップする
降下で加速や重力の変化が起きるとピッチアップ分機首上げモーメントが働く
根本的に理解してないパンピー模範質問有難うw

935 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 15:01:30.07 ID:dK7uRmrM
要するにお前零戦等個別の話にについてなんも知らんのだろ
というか航空知識多少があるだけで軍用機自体にそもそも全くもしくはほとんど興味がないんだな
つまりは釣り師乙ってことだ

936 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 15:11:16.67 ID:BZHuJ9Th
自分が可愛いのは誰でも一緒ですね^^

937 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 15:11:50.97 ID:VNlKHtPK
五式戦も彗星三三型も液冷から無理矢理換えたせいでペラを短くせざるを得なくなってるのが惜しい
零戦五四型なんて彗星三三型の機首を転用してるから無駄にペラが短くて速度が出ない
はじめっから空冷で設計してればよかったのにね

938 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 15:27:29.86 ID:Rrfe8uxe
荷重分のピッチアップは失念してたがパンピー呼ばわりは傷ついた(笑
つかスレでピッチの話最初に出したの自分なんだが…
あれだな戦闘妖精雪風でゲイの指令が言ってた空を飛ぶには翼は硬すぎるって話だな

939 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 15:45:56.29 ID:VNlKHtPK
>>861
零戦に対する金星搭載で強度云々という話は複雑で発動機が重いからとかいう話じゃない

金星搭載だと航続力が低下するので燃料タンクを増設しなければ、という前提がある
そして、後継機の開発の為、零戦の主翼を本格的に再設計させられる状況ではなかった
だから、零戦の後部胴体を強化して燃料タンクの設置をすることが必要だった

もし燃料タンクの容量がそのままで満足すれば、金星五〇シリーズまでなら小改造で換装はできる
しかし、金星六二型は燃料噴射ポンプがあるので栄からの換装だと燃料系統を弄る必要があった

それと比べ三式戦のDBは燃料バカ食いなので金星に換えてしまってもむしろ航続距離は向上する
燃料系統も噴射ポンプ対応だからポン付けできたというわけ
特に後者の要因は大きくて、零戦五四型は燃料系統の改修が最大のトラブルで時間を食ってる

940 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 16:42:39.83 ID:T8sxJZjF
>>935
航空工学舐めてるの?
お前のだいちゅきなせんとうきも当時の工学の粋を集めて作ってるんだよ
昔の機体を調べるのはどんな工夫があってどんな効果が出るとか欠点は何で
解決策は何だとか知識を広げるのに重要なんだよ

まあ子供図鑑見てるレベルの馬鹿をからかうのも面白いからまたきてやるよw

941 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 16:51:14.01 ID:rzjekMk7
2chで航空工学とかホザく奴 面白すぎw

せいぜい日大レベルだろう?(嘲笑)

942 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 16:52:16.56 ID:lfxFHpv2
まあ変なのがどう言っても史実はコレだ

霞ヶ浦航空隊作成「戦闘機操縦者空中戦闘要領」より

===
五.零戦に依る降下爆撃法

五二型の急降下爆撃は、一般に困難。過速になると、頭を上げる傾向を生じ、操縦桿を抑へきれず。
降下角30度位の緩降下は比較的容易なり。
(略)
1.抵抗版無きため、過速となり制限速度を超過することあり。降下速度が一定ならざるため、
  投下諸元がその都度異なり、又、過速となりたるときは照準投下困難。而して被害減少の
  ためには、速度を大となさざる可らず。
2.測風装置、降下角装置なきため、勘によらざる可らず。
(略)
●突撃要領
 接敵は高度6000米以上。徐々に機首を下げ、20度以上に保ち、降下角大となるに従ひ、
 発動機を絞り、加速となるを防止す。
(略)
 投下時の高度は300米、投下時の機速は計器速度300kt。
(略)
 二一型の場合は、強度が問題となるため、終速を制限する(計器速度260〜280kt)。
===

943 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 16:53:13.65 ID:lfxFHpv2
んでコレ

零戦の降下性能についての空技廠の見解

987 :名無し三等兵:2012/07/04(水) 21:13:04.71 ID:???
また>>986と同時期1942.12の航空本部資料にて空技廠による陸戦構想が述べられている
内容は以下の通り

1.陸戦を作る必要がある
2.本機の第一特質は高々度性能の優秀であることである
3.最大速度が大きいことは必要だがこれを多少犠牲にしても降下制限速度を
  できるだけ大きくする必要がある(現在、零戦はP40等に対して徹底的に
  攻撃できないのは降下時の加速が少ないことと制限速度が小さいためであって
  水平速度が若干劣るためではないと認められる)
4.本機1機種で進攻する場合は空戦性能に原則をおいて翼面荷重150kg/平方メートル
  程度であることが必要である
5.十七試艦戦との共同進攻を行う場合は翼面荷重180〜190kg/平方メートルとし
  できるだけ最大速度の大きい陸戦が必要である
  この場合の航続力は艦戦と同じでよい

横空所見として

1.侵攻作戦において敵に負けない戦闘機(格闘戦に強いもの)と敵を逃がさない
  (高々度、高速のもの)が必要である

十七試艦戦と陸戦、棲み分けが想定されている

944 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 17:31:05.77 ID:VNlKHtPK
降下爆撃と敵機を追撃するときでは機体の姿勢が違うのでは

945 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 17:42:38.21 ID:VNlKHtPK
空戦時の急降下性能と急降下爆撃の能力の制約って同列に語れるんですか?
前者で苦労したのは零戦二一型の、背面降下に移る動作が鈍かったから困ってた
後者の問題に関しては300ノットもの高速での接敵を強いられたらどんな機種でも直面しませんか?

946 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 18:36:26.10 ID:Rrfe8uxe
元は零戦は速度が上がると機首上げが凄くて急降下できない説のソースを出したら
実は爆装時の説明で爆装だとそういう現象が起きるだけだった

結局>>942>>943から分かるのは初期型零戦の急降下加速と制限速度は高くない
改善されてるはずの52型でも爆装状態では急降下は困難て結論だろう
欧米機だとどうなのかは調べてないんでまだ分からんけど

947 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 18:44:43.89 ID:dK7uRmrM
当たり前だけど零戦五二型も反転すれば普通に急降下できるよ
背面降下は可能

どうも米軍機は背面にならずとも急降下が継続できるような機体が多い気がするがよくわからん

948 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 18:45:05.04 ID:VNlKHtPK
>>946
爆装しているか否かよりも機動の種類や高度の問題だと思うのですが
操縦の話はよくわからないだけになんとなく納得できない

949 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 18:47:32.11 ID:Rrfe8uxe
P-40を追跡するのに機首上げ云々言われてない時点で背面なんかしなくても降下できると思う…

950 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 18:53:12.36 ID:VNlKHtPK
重防御の欧米の機体でも対地攻撃では損害が多く
降爆は緩い角度でも降下を続けるために速度を殺して危険を冒す行為なのでは
それを最大水平速度に近い速度でやろうとすれば頭を下げるのは難しいと思います

生還のための制約がない体当たり攻撃では、爆装した零戦五三型が70度の背面降下でまず五〇番を投下
次いで零戦も命中した例があります

951 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 18:59:29.66 ID:dK7uRmrM
>>949
そりゃ急降下自体はできるだろ
急降下を続けて過速すると問題が起きるのであって

952 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:03:44.65 ID:CynCgfjO
>>871
金星エンジン搭載 零式艦上戦闘機五四型(A6M8)
http://hobbycom.jp/workshop/library/zero/10.html

http://hw001.spaaqs.ne.jp/te-cbr-1000-rr/mga/00zer54/00zero54.htm

953 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:04:52.27 ID:VNlKHtPK
問題は急降下の際、速度が付くと急角度を保てなくなるのが問題でそれが他の機体と比べて顕著なので
高速急角度での降爆も苦手ということ?

954 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:08:23.41 ID:Rrfe8uxe
爆装でダイブするから速度過剰になるだけで通常状態でエンジン絞れば速度調整はできろだろう
ダウンピッチしてる時点で相当空気抵抗増大してるし
なんで爆装状態とかパワーダイブしか頭に無いんだ…米軍機でも1000mもパワーダイブしたらバラバラよ

955 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:10:30.80 ID:dK7uRmrM
問題点は零戦と違うと思うがダイブブレーキもなしに高速で急降下爆撃するなんて普通しないと思うぞ
危険だから
(まあダイブブレーキは速度下げるものだからダイブブレーキありで高速というのも変な表現になるんだが)
Fw190はやってたようだが

ついでに照準機も対応してないと結局あたらない

956 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:14:06.26 ID:VNlKHtPK
>>955
それはわかります
高速の急降下爆撃ができないことを以て零戦の急降下性能が低いという論調がよくわからなかったので

957 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:18:36.34 ID:Rrfe8uxe
むしろコクピット視界だと急降下せずに命中させる方が難しいんだよな…
垂直降下に近いほど当て易い
20度なんて降下じゃ投下の遥か前に目標が見えなくなるんで命中させるのは
達人技に思える

958 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:33:41.99 ID:JziWcl9c
>>957
実際には90度に近くなると機体の修正が難しく、最適なのは60度。
というのが急降下爆撃戦術を研究していた奥宮正武氏が書いてる

959 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 19:46:56.69 ID:+N8nEkAp
>>861
高出力のエンジンに伴う飛行に対する強度不足もあるかもしれないが、
そもそも高速で舵が重くなる零戦に高出力のエンジン積んでも意味がない

960 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 20:12:02.87 ID:Rrfe8uxe
>>958
その辺はシムで実際との誤差を体験できるな
垂直だと思ってる降下をリプレイすると70〜60度くらいで60度?と思ってると
45度以下なくらいしかないが現実じゃスキーでも恐怖で降りられない絶壁(笑

過速状態のダウンピッチや着陸前かなり機首下げてるように思ってるとシムで
マイナス5度くらいで実機だと沈み込みが大きいせいかマイナス1度程度なのに
前のめりで突っ込んでいく気分になる

961 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 20:20:25.04 ID:VNlKHtPK
>>959
上昇力と離艦性能が向上するし、武装も強化できます
だから意味はあるんです

同じような形状のエルロンの烈風は操縦特性を改善してますし本気で開発すれば速度も活かせます
要は雷電や烈風にかけた手間を零戦の改良にかけるかどうかというところ
例えば翼型の変更を伴うような改良を零戦に対して施せるなら二号零戦は1300馬力の金星搭載でもよかった

技術的な限界よりも機種の開発優先度の設定が改良の可否を決めていたのです
このスレの主役たる五式戦だってそんな事情で速度やら加速やらが決まっているでしょう

962 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 20:27:54.05 ID:VNlKHtPK
三式戦改造ではなく三式戦の発展型として開発されていれば五式戦はキ119と似た姿になっただろうし
爆撃時の視界確保を気にしないから操縦席の位置が低くなるだろうけどね
金星六二型装備機は百式司偵やキ96以外みんな無理のある改造の痕跡もあらわでそこが面白くもあり
もったいない感じもする

963 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 20:56:50.10 ID:+N8nEkAp
いずれにせよ金星零戦が遅れたのは登場させる意義が希薄だったんではないかね

964 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 20:59:36.71 ID:lfxFHpv2
昭和17年12月にキ61(量産機と思われる)を試乗した海軍のコメントでは

・座席のまわり整理され乗り心地よし、満足す
・高速時やや舵重き感があるも三舵の釣り合いよろし
・低速時の舵よろし
・縦安定 正 小
・方向安定 正 大
・前方視界悪い。座席上げ不十分
・性能向上を要す
・航続力は海軍の思想からすれば少なし
・上昇悪い
・油圧操作装置重し
・舵の重きは急降下中の重さは双発機に類する
・急降下中の坐りは著しく良好である
・急降下の出足よろし

全体としては、機体は良好だが発動機の馬力不足で上昇力が悪いという判定、
との事

965 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:02:36.70 ID:VNlKHtPK
>>963
雷電や烈風や紫電が早く完成すれば、ね
延長軸やら冷却ファンやらを装備した機体を早期に量産配備できると思うなら
実践的でない審査しか通ってないエンジンを装備した機体が完成すると思うなら
零戦の改良を後回しにするし、実際そうしたわけだが
帝国陸海軍、航空機開発生産の実力、過大評価しすぎ
ドイツ製のエンジンを国産化の見通しが立つ前から採用しちゃうしさあ

966 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:15:47.72 ID:cqoHCwmr
>>950
機体だけで体当たりしても車に卵ぶつけるようなもんだろ
ベテランの意地かな
本宮のマンガで昔あったような

967 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:20:57.29 ID:VNlKHtPK
>>966
どうせ引き起こせないんで海に自爆するか、敵艦にぶち当たるしかないんですよ
逆に、引き起こせないような速さと低い投下高度(爆弾抱いたまま当たることも多かったみたいだけど)でやる
じゃなきゃ対空砲にやられたり、訓練を積んでないから戦果が挙がらない

でも、レイテ沖海戦では爆装してない護衛の零戦まで護衛空母に突っ込んだそうです
それこそ気持ちの問題だったのかもしれませんがレーダーなどに数日間修理が必要な程度の損害はあったようです

968 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:35:38.76 ID:Rrfe8uxe
礼号作戦で爆弾に信管付けるの忘れるほど慌ててて出撃した米軍も足柄にP-38が
突っ込んでるしな
もう理屈とか無しでやっちゃうんだろうな…

969 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:39:32.55 ID:+N8nEkAp
自爆攻撃はかっこ良くないと俺は思う。人間の命軽すぎ。

970 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:46:46.49 ID:TfOh2FiK
>>965
堀越が軟弱なのが悪い

971 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:46:52.41 ID:JziWcl9c
機体で体当たりすると搭載していた航空ガソリンが甲板上に撒き散らされるので損害が増やせるんだが。

972 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:52:42.71 ID:VNlKHtPK
>>970
三菱の設計陣は一度多忙を理由に金星換装を断ってる
だから金星零戦の登場が遅れたのは堀越氏も誤った結果ではないかと土井氏は指摘してる
土井氏は三式戦の金星換装について、必死で努力している川崎の発動機部門の同僚を思うと
空冷発動機への換装は言い出せなかった、と正直ですね
「鬼の土井も人の子だった」なんて評論されているくらい

973 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 21:56:08.46 ID:j2FYCWC3
>>902
特攻機にされた爆装零戦52型が、急降下して米軍艦に突っ込むシーンはよくあるからな。

974 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:20:16.26 ID:+N8nEkAp
金星62型の成功の秘訣はなんですか?

975 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:31:04.36 ID:IXXYBBxU
>>970
同僚への情に溺れてくれたおかげで
戦場ではへなちょこ水冷発動機のおかげでみんな
死んでいったんだから日本人の非合理性は救い難いな

976 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:36:09.35 ID:OXL5HZpi
>>974
排気量に余力があった点と、
三菱エンジン部門が中島よりかは余裕があった点かな
素性自体は栄の方に分が有るわけだし
中川の夢想した1400馬力版栄が現出してれば金星なんてぶち抜けたろう。

結局、誉(と護)の存在が栄の足を引っ張った

977 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:37:18.16 ID:+N8nEkAp
ミッドウェー敗戦で降伏すべきだった。あとは泥沼で勝ち目なし。

978 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:38:46.89 ID:VNlKHtPK
社運より国運が強く意識されるのはよほどの非常時だろう
まあどう考えても亡国どころか日本社会の危機の渦中にあったんだが
危機感が足りなかったんじゃないかな
戦争に負けるのは油断した方で、勝ったアメリカは日本が本気を出せば1947年とか1949年まで粘ると思ってた
陸海軍の方が大船に乗った気分でメーカーに強く命じないし、工業力を過信して敵を甘く見てた
民間人が油断するのも当然だったと思う

979 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:40:34.28 ID:+N8nEkAp
>>976
エンジン自体のメカニズムにはこれといった新機軸はないんですかね?

980 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:40:46.69 ID:i2v8encY
火星18気筒化がハ42
金星18気筒化がハ43
だったっけ

981 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:44:55.32 ID:OXL5HZpi
>>979
金星って栄より古いタイプのエンジンだし・・・

982 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:52:16.34 ID:VNlKHtPK
>>976
栄シリーズは採用から定格出力が出るまで1年以上かかってる
誉はたとえ運転制限をしてもロクに動きやしない
どう考えても金星シリーズ(火星、ハ42含む)の方が信頼性で上だった

でも水メタ搭載の金星六二型や火星二x型は不調が多くて
初期不良を解消する頃には生産体制が悪化して水メタなしの発動機とたいして変わらない出力しかない

たとえば零戦五四型/六四型の速力は、1300馬力の栄三一型搭載の予定性能とどっこいだった
もちろん彗星の機首だったからペラが小さくて馬力を活かせてないというのもあるだろうけど

同時期の金星六二型搭載機である百式司偵は大幅に性能低下してる
その司偵からエンジンを流用した五式戦だって1500馬力で戦えてたわけがない
このスレの半ばで具体的なデータを挙げて、実は五式戦も水メタなしの状態で測定、運用されたという推定もされている
キ100並みの性能の戦闘機は金星五x型を装備して昭和18年初頭に三式戦として現れてもよかったんじゃないかな
零戦六四型相当の機体だって同じだと思う

983 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 22:57:02.39 ID:i2v8encY
>>982
>このスレの半ばで具体的なデータを挙げて、実は五式戦も水メタなしの状態で測定、運用されたという推定もされている

そんなレスあったっけ

984 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:00:07.31 ID:KPWBwqa7
過給システムの問題

985 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:00:53.99 ID:VNlKHtPK
金星六二型の不調が発動機の問題だけではなくて、百式司偵や彗星向けの生産計画しかないところへ
いきなり改造機の需要が出来て交換部品が足らなかったというのもある
昭和17年とかその辺りから金星零戦や金星キ61の整備計画を立てないと無理だね

986 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:06:38.64 ID:VNlKHtPK
>>983
前スレかな!?
五式戦T型の高度ごと上昇時間のデータから、高度3000mと6000mに出力のピークがあるので
水メタ噴射を使って出した数字ではないかもしれないよ、ということだった
金星六二型だと一速の全開高度が2000m、第二速が5800m
金星五x型だと一速3000m、二速6200mで上昇力データと一致する

987 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:08:36.31 ID:i2v8encY
昭和19年夏、百式司偵三型部隊に同行した三菱技術者の手記を見ると金星62の水メタの調整と整備員への伝習に苦労しているのがうかがえる
さて五式戦の出てきた昭和20年ではどうだろう

988 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:09:20.04 ID:0z1IknzL
次スレ

五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】三型 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1458396523/

989 :名無し三等兵:2016/03/19(土) 23:27:04.94 ID:i2v8encY
なるほどね、当時の審査基準からみると、キ100では1000m毎のほか1速公称3210m、2速公称6140mで数字が取られてるな

990 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 00:58:22.24 ID:+QO7fcdC
>>982
>誉はたとえ運転制限をしてもロクに動きやしない

それでは誉エンジンの四式戦闘機疾風が、残り一年で3500機生産された理由が説明できないと思うが?

991 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 01:06:23.35 ID:qqIkTQip
>>990
生産計画はそう簡単に変わるもんじゃなし

992 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 01:12:23.13 ID:qqIkTQip
三式戦、二式単戦U型は昭和18年になっても発動機が不調ってな状況で四式戦に期待が寄せられるのは当然
そんな状態で四式戦も稼働率低いから一式戦V型や五式戦が大歓迎されてる
外地でもハ45の交換部品や潤滑油が充分なら稼働率は高かったけどそんな当たり前の幸せは帝国にはなかった

993 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 02:05:02.25 ID:btrnbcFb
1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

994 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 03:05:36.56 ID:zzLoga4o
>>992
>そんな状態で四式戦も稼働率低いから一式戦V型や五式戦が大歓迎されてる

一式戦V型と五式戦両方合わせても、四式戦の3500機には及ばないが?

995 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 03:15:33.50 ID:qqIkTQip
>>994
だからなんだという
四式戦が優秀機であることが期待され、大量生産の準備が間に合っただけの話
三式戦や二式単戦との比較で優劣が判定され、五式戦の性能は予想外だった
つなぎのつもりで作ってみたら思ってたのと違って優秀機だった

996 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 03:23:25.71 ID:y/hOQuzT
>>995
>つなぎのつもりで作ってみたら思ってたのと違って優秀機だった

1945年5月にもなって、いよいよ大日本帝国の底力が出てきたってか?

997 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 03:36:39.72 ID:qqIkTQip
>>996
底力ってかハ40系が一時生産延滞したおかげで現実路線に入れただけ

誉は燃料噴射装置を欠いて、数を揃えやすかった
18気筒エンジンとしては欠陥を抱えてたからこそ大量生産できちゃった
結果は惨憺たるものだけど数は揃っちゃったというのが悲劇

998 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 05:27:49.28 ID:Gk52N7LL
鍾馗に金星積むとか考えれなかったんかね。あのエンジンも大概酷いぜ。

999 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 12:30:15.03 ID:oj+j2+yx
3500機太郎はだつおだろ
巣に帰れよ

1000 :名無し三等兵:2016/03/20(日) 13:50:10.04 ID:v/Agr4wG
日本陸軍最強の戦闘機、五式戦

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 43日 15時間 38分 55秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)